1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 19:54:25 ID:/D3nAqe2
休日、昼下がりのコンビニ――

客は俺の他には主婦と老人がいるのみ。



男(水とアイスクリームと牛丼と……あとブレスケアも買っておくかな)

男「お願いします」ゴトッ

店員「ありがとうございます!」

引用元: 男「俺vsコンビニ店員」 


 

コンビニ店員は見たっ!〜レジの裏から日本が見える〜
和田 靜香
ぱる出版
売り上げランキング: 503,942
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 19:56:39 ID:/D3nAqe2
店員「ポイントカードはお持ちですか?」

男「持っているさ……」

男「大量になァ!」バッ

俺は財布からカードを十数枚取り出すと、それらを勢いよく投げつけた。



シュババババッ!



店員の体に鋭く研がれたカードが突き刺さる。

グササササッ!

店員「ぐおおっ……!」

店員(なんて威力ッ! カードだけに、ガード不可……ッ!)

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 19:58:54 ID:/D3nAqe2
店員「やるな……」ニヤ…

店員「しかも……こんだけカードがあって、ウチのポイントカードが一枚もねえでやんの」

店員「ひでえ話だぜ……」

男「このコンビニのカードは作ってなかったからな……」ニヤ…

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:01:49 ID:/D3nAqe2
店員「さてと……オレのターンだ……」

男「来るがいい」

店員「こちら温めますか?」

店員が手に取ったのは、なんと牛丼ではなくアイスクリーム。

男(こ、こいつ……ッ!)

男(なんて露骨な挑発行為ッ!)

男(国境スレスレで核実験を行うが如き蛮行ッ!)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:04:50 ID:/D3nAqe2
男(だが……ッ! いいだろう、乗ってやる!)

男「お願いします」

店員「かしこまりました」

店員「レンジで――珍ッ!」チンッ

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:07:45 ID:/D3nAqe2
男「うわぁぁぁ、なんだこりゃあ……!」

男「ドロッドロに溶けてやがる……ッ!」

残虐非道のマイクロ波によって、無残な姿になったアイス。

狼狽する俺を見て、店員が下劣な笑いを浮かべる。

店員「ヒャハハハハハハハハハハァ!」

店員「アイスってのはなァ、温めると溶けるんだよォォォ! 勉強になったろォ!?」

男(こ、こいつの頭脳……東大級ッ!)

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:11:30 ID:/D3nAqe2
男「――ん?」ペロッ

男「いや、案外うめえぞ、これ」

男「熱により温まったアイスが、ヒートでホットな旨みを生み出してやがるッ!」

男「たとえるなら……溶けたアイスの中にいた恐竜ッ!」

店員「な、なんだとォォォォォ!?」

店員「レジ打ちはしょっちゅうミスるが、こんなミスは初めてだぜ……!」

店員「どれ、オレも食ってみるか……!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:14:14 ID:/D3nAqe2
店員「うめぇぇぇ!」

男「な? 結構イケるだろ?」





店長(フッ……あいつめ、店の商品を勝手に食いおって……)

店長(ま、今回だけは特別に許してやるがな……)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:17:51 ID:/D3nAqe2
店員「戦闘再開だ……次は水を温めてやるッ!」

男「フッ……」

男「水を温めたところで、お湯になるだけッ! 大したダメージにはならねぇぜ!」

店員「残念だったな……」

店員「さらに温めると水蒸気になるッ! 理科の授業で習わなかったかい……?」

男「バ、バカな……ッ!」



温められた水は、哀れ気体となってしまった。

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:21:12 ID:/D3nAqe2
店員「そしてェェェェェ!」

店員「水蒸気は雲となり、雨となって大地へと還るッ!」

店員「しかも昨今の環境汚染の影響で、pH2未満の酸性雨が降り注ぐッ!」



ドザァァァァァ……!



男「ぐあああああっ……!」ジュワァァァ…

強酸の雨が、俺の肉体に大ダメージを与える。





主婦「傘を持ってきておいてよかったわ」バサッ

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:24:52 ID:/D3nAqe2
男「やるじゃねぇか……」

男「だったら、俺は“追加注文”をさせてもらうッ!」

店員「どうぞ」

男「おでんください」

店員「おでんッ!?」

男「そう、O・DE・Nッ! Organized DEath Navigation!」

店員「おのれ……ッ! だが、いいだろう! 望み通りおでんをくれてやるッ!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:27:31 ID:/D3nAqe2
店員「おでんとは、漢字と書くと“御電”!」

男「なにッ!」

店員「すなわち、電気の敬称ッ!」

男「なにィッ!」

店員「ゆえに、1000万ボルトの電気を喰らえッ!!!」



バチバチバチバチバチッ!



強烈な電撃が俺を襲う。完全に計算外であった。

男「ぐおああぁぁぁぁぁ……ッ!」バリバリバリッ



店員「オレの辞書に“節電”の文字はない」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:31:38 ID:/D3nAqe2
店員「そろそろトドメを刺してやろう」

男「ぐっ……!」

店員「…………」スッ…

ビニール袋を取り出そうとする店員。

しかし、すかさず俺は――

男「あ、袋いりません」

店員(なっ……!? ビニールキャンセルッ!?)

略して、ビニキャン!!!





老人「ほう、まだ若いのにあの技を使えるとは……」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:35:40 ID:/D3nAqe2
男「どうする? その使い道がなくなっちまったビニール袋をよ……へへへ……」

店員「だったらよォ……」

店員「てめえに被せてやらぁっ!」バサッ

男「うぷっ!」

俺の頭にビニール袋が被せられた。

店員「さぁさぁさぁ! 窒息しちまいなァ!」

男(息が……できない……ッ!)

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:38:03 ID:/D3nAqe2
店員「もがけ、あがけ、苦しめぇ!」

店員「気分は……宇宙空間に放り出された宇宙飛行士ってとこかァ?」

店員「NASAの人間なら耐えられるだろうが、ただの人間であるアンタにゃ耐えられまいッ!」

店員「ヒャハハハハハハハハハハァ!」



男(く、苦しい……!)

男(息ができない……! 呼吸ができない……ッ!)

男(呼吸……そうかッ!)

俺は起死回生の名案を編み出した。

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:42:47 ID:/D3nAqe2
男「ブレスケアッ!」

男「俺の呼吸(ブレス)をケアしろォォォォォ!」

ブレスケア「了解(ラジャー)!」ビュオッ

店員「し、しまった……ッ! こいつにはブレスケアがあるのを忘れてた……ッ!」



ブレスケアがビニール袋を破ってくれたおかげで、俺はどうにか九死に一生を得た。

つまり、相手の切り札を破ったことになる。

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:45:37 ID:/D3nAqe2
男「空気がこんなにおいしいものだとはな……」スゥゥ…

男「“窒息は最高の調味料”とはよくいったもんだ」

男「さぁ、もうお前に打つ手はないはずだ!」

店員「ぐっ……!」

男「いくぞ……」ジリ…

店員(なにがくる……なにがくるッ!?)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:48:47 ID:/D3nAqe2
男「福沢諭吉、召喚ッ!」

俺はゆっくりと一万円札を取り出した。

福沢諭吉「天は人の上に人を造らず……しかし金は人の上に人を造るッ!」



店員「ぐぅおおおあぁぁぁぁぁっ!!!」

店員「一万円、入りまっすゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:52:10 ID:/D3nAqe2
あわてて計算を開始する店員。

店員「えぇと……釣銭はいったいいくらになるんだ……!?」

店員「3000……4000……5000……。ろ、6000……!?」

店員「な、7000……はっ、8000……!? バカな、まだ上昇する!」

ボンッ!

あまりに巨大な数字に対応できず、レジのコンピュータが爆発した。





店長(いかんッ! まだ未熟なあやつでは万札には対応できんッ!)

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:54:22 ID:/D3nAqe2
男「――勘違いするな」

店員「え?」

男「釣りはいらねぇ……とっときな」スッ…

俺は万札を店員の胸ポケットに入れた。

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 20:57:52 ID:/D3nAqe2
店員「な、なぜだ……! なぜ情けをかけた!?」

男「情けをかけたんじゃあない……」

男「俺はアンタがよりすごい店員になることに賭けたのさ!」ビシッ

男「その万札はチップだ……もらっといてくれや」

店員「ぐ、ぐぐぐ……ぐぐぐっ……!」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/07(日) 21:01:45 ID:/D3nAqe2
店員「ありがとうございましたァァァァァ!!!」

店員「またお越し下さいませェェェェェ!!!」

男「フッ……また買い物しにくるよ」



号泣する店員を背にして、俺は自動ドアから店を出た。

しかし、俺は当分このコンビニで買い物はできないだろう。



なぜなら――さっき渡した一万円札は俺の全財産だったのだから……。







< 完 >