1: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:50:19.65 ID:XVADI39p0
前野「うん!! これって僕のアイデアだよ!!」

佐倉「ていうか前野さん!! その格好何!? なんで妖精の姿なの!? なんで私の前にいきなり現れたの!?」

前野「失礼な!! 僕は前野じゃないよ!! 妖精のミ・ツ・ヤ☆」

佐倉(う、うざい!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454932219

引用元: 佐倉「ええっ!? 野崎くん以外の人が私を好きになる魔法!?」 


 

月刊少女野崎くん(8) タロットカードセット付き 初回限定特装版 (ガンガンコミックスオンライン)
椿 いづみ
スクウェア・エニックス (2016-08-22)
売り上げランキング: 389
2: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:50:59.83 ID:XVADI39p0
佐倉「そ、そもそもそんなことできるの!?」

前野「できるよ!! この僕にかかればちょちょいのちょいさ!!!」

佐倉「そ、そもそもなんでそんなことやろうとするの!?」

前野「千代ちゃんの魅力を夢野先生に気づいてもらおうと思って!!」

佐倉「ええっ!?」

前野「千代ちゃんがモテモテの姿を見て夢野先生の反応を伺うんだよ!! これで夢野先生は千代ちゃんをどう思ってるか分かるよ!!」

佐倉「で、でも!!」

前野「前野マジック!! そーれ!!!」

佐倉「う、うわああああああ!!!?」

3: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:51:28.34 ID:XVADI39p0











佐倉「……っは!!!」

佐倉「……」

佐倉「なんだろう……さっきまで変な夢を見てたような気がする……」

佐倉「……でも思い出せないなぁ」

佐倉「……あっ!! もうこんな時間だ!! 早く学校行かなきゃ!!!」

4: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:51:56.10 ID:XVADI39p0
学校

佐倉「おはよう野崎くん!!」

野崎「おはよう佐倉」

佐倉(今日もかっこいいなぁ///)

野崎「今日もアシスタントに来れるか?」

佐倉「もちろん!!」

野崎「そうか、ありがとう」










御子柴「……」スタスタ

佐倉「あ、みこりんだ!! おはよー!!!」

御子柴「!!!」ドキッ

5: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:52:24.58 ID:XVADI39p0
佐倉「あれ、みこりん顔赤くない?」

御子柴「あ、赤くねーよ!!/// 」

佐倉「そ、そうかな……?」

御子柴「……な、なぁ佐倉……今日のアシスタントなんだけどよ」

佐倉「?」

御子柴「今日……お前来るのか?」

佐倉「うん!!」

御子柴(よっしゃ!!)グッ

佐倉「……みこりん? 何そのポーズ?」

御子柴「な、なんでもねーよ!!///」

佐倉「そういえばみこりんは来るの?」

御子柴「あ、あたりめーだろ!! 俺がいなきゃ花を添えられねーしな!!」

佐倉「そうだね!! みこりんあっての花だもんね!!」ニコッ

御子柴「!!!!///」ドキッ

佐倉「……あれ、もっと顔真っ赤になってるよ?」

御子柴「あ……もう行くな!! じゃーな!!///」ダッ

佐倉「う、うん。 じゃあね」

佐倉「……なんで急いでるんだろう? まだ時間あるのに……」

6: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:52:54.32 ID:XVADI39p0
御子柴「……」





佐倉『そうだね!! みこりんあっての花だもんね!!』ニコッ








御子柴「あんな笑顔で……褒められて……」

御子柴「惚れねえ方が……おかしいだろ///」

御子柴「……」

御子柴「……頭から離れねえ///」

7: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:53:22.63 ID:XVADI39p0
野崎のマンション

野崎「じゃあここにベタしてくれ」

佐倉「うん!!」ベタベタ

御子柴「……」

野崎「……? どうした御子柴、さっきから佐倉を見つめて」

御子柴「!!! お、俺見てたか!!?」

佐倉「み、みこりん……私の顔に何かついてる?」

御子柴「ち、ちげーよ!! 先輩としてちゃんとベタできてるかどうか見てただけだっつーの!!///」

佐倉「そ、そうなの?」

御子柴「そうに決まってんだろ!! ほら、手が止まってんぞ!! 動かせ!///」

佐倉「う、うん!!!」

野崎(今日の御子柴はどこか様子が変だな……)

8: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:53:53.96 ID:XVADI39p0
佐倉「じゃーね野崎くん!! お休みー!!」

御子柴「また明日な」

野崎「ああ」









佐倉「それでね!! その時野崎くんが……」

御子柴「……なぁ佐倉」

佐倉「?」

御子柴「俺と一緒に……人生という名の道を歩かねえか?」

佐倉「……へ?」

御子柴「///」

9: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:54:22.32 ID:XVADI39p0
佐倉「みこりんが私にそんな台詞言うなんて久しぶりだね」

御子柴「う、うるせえな!!///」

佐倉「でもいきなりプロポーズみたいなこと言ってどうしたの?」

御子柴「!!!」

佐倉「……みこりん?」

御子柴「い、今のは……」

佐倉「……?」

御子柴「いや、その、あれだよ……」

御子柴(言え……はっきりと好きって言え!!)

御子柴「……」

佐倉「……?」

御子柴「……野崎が今みたいなこと言ってきたらお前は嬉しいか?」

佐倉「うん!! 凄く嬉しい!!」

御子柴「そ、そうか……」

佐倉「……みこりん?」

御子柴「わ、わりい!! 早くギャルゲーやりてーから帰る!! じゃあな!!///」ダッ

佐倉「み、みこりん!!」

佐倉「……凄い速さで行っちゃった」

10: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:54:59.64 ID:XVADI39p0
御子柴「……」タッタッタッ

御子柴「最初は妹みてーなやつとしか見てなかったのによ……」

御子柴「ずっといるうちに……見方が変わっちまった……」

御子柴「つーかなんでだよ……今まで普通に話せてたのに……」

御子柴「なんで意識しただけで俺は……///」

御子柴「あいつには野崎がいる……分かってる!!」

御子柴「……けどよぉ……うぅっ……ひっく……」

11: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:55:33.20 ID:XVADI39p0
次の日

野崎「今日は来れるか?」

佐倉「来れるよ!!」

野崎「そうか、ありがとう。 来てくれて本当に助かる」

佐倉「そ、そんなぁ〜///」












佐倉「堀先輩!! おはようございます!!」

堀「おう、おはよう……なあ佐倉」

佐倉「なんですか?」

堀「今日野崎のアシスタント来るか?」

佐倉「はいっ!!」

堀「そうか」

佐倉「……?」

堀「……つーことはじっくりお前が見れるな」

佐倉「!!?」

堀「……と、わりい。 もう行くな」タッタッタッ

佐倉「……」

佐倉(じ、じっくり見れるって……どういうこと!?)

12: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:56:04.11 ID:XVADI39p0
野崎のマンション

野崎「じゃあここにベタよろしく」

佐倉「はい!!」ベタベタ

堀「……」ジーッ

野崎「……堀先輩、佐倉の顔に何かついてますか?」

堀「……なぁ佐倉」

佐倉「な、なんですか?」

堀「……お前ってヒロイン顔してるよな」

佐倉「ヒ、ヒロイン顔!?」

13: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:56:35.47 ID:XVADI39p0
堀「鹿島がヒーローでお前がヒロイン……悪くねえな」

佐倉「い、いきなり何言ってんですか!?」

野崎「確かに……佐倉は堀先輩と台本読む時も上手かったしな」

佐倉「の、野崎くん!!///」

堀「……と、変な話して悪かったな。 締切近かったんだよな」

野崎「……!! そうでした」

佐倉「……」

堀「……」ジーッ

野崎「……堀先輩?」

堀「!! わりいわりい……」

佐倉(いつもの堀先輩じゃないみたい……)

14: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:57:03.47 ID:XVADI39p0
その日の夜

野崎「今日もありがとう、気をつけて」

佐倉「じゃあね!!」

堀「またな」












佐倉「その時の野崎くんったらもう……」

堀「……なぁ佐倉」

佐倉「なんですか?」

堀「顔……じっくり見してくれねーか?」

佐倉「えっ……ええっ!?」

15: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:57:33.06 ID:XVADI39p0
佐倉「きゅ、急にどうしちゃったんですか堀先輩!? 朝から変ですよ!?」

堀「い、いきなりすぎたか……悪いな」

佐倉「か、鹿島くんしか見てない堀先輩はどこに行っちゃったんですか!?」

堀「ふと思ったんだよ……うちの演劇部にはヒーローはいるけど……ヒロインはいねーなって」

佐倉「ヒ、ヒロイン?」

堀「ああ、それで俺の周りのやつの顔を思い浮かべたんだ……そしたらいたんだ」

堀「……お前、綺麗な顔してるよな」

佐倉「!!!」

16: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:58:06.38 ID:XVADI39p0
佐倉「そ、そんな!! 私なんかより結月の方がよっぽど……」

堀「俺はお前が一番可愛いと思うけどな」

佐倉「せ、先輩!!///」

堀「なあ佐倉、お前も演劇部に入ってくれないか? そしたら鹿島と同じぐらいずっと見ていられるし……」

佐倉「すいません!! 私もう行きます!!」ダッ

堀「あっ……」











佐倉「一体堀先輩に何があったの!?」

佐倉「あんなの堀先輩じゃないよ!!」

佐倉「……堀先輩だけじゃない、みこりんもここ最近様子が変だし……」

佐倉「なんで!? なんでこんなことになってるの!?」

17: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:58:35.95 ID:XVADI39p0
次の日

佐倉「上履きに履き替えて……」

佐倉「……あれ、手紙が入ってる……誰からだろう」

佐倉「……!! わ、若松くんから!?」

佐倉「……」

佐倉「放課後に一人で屋上に来てくださいって……」

佐倉「……一体なんだろう」

18: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:59:03.70 ID:XVADI39p0
放課後・屋上

若松「佐倉先輩!!」

佐倉「えーと……若松くん、話って何かな?」

若松「話す前に確認したいことがあります……本当に一人で来ました?」

佐倉「う、うん……」

若松「瀬尾先輩は来てないですよね?」

佐倉「ゆ、結月? 来てないけど……」

若松「そっか……ならよかった……」

佐倉「……若松くん?」

若松「……佐倉先輩」

佐倉「?」

若松「俺、佐倉先輩のボディガードになります!!!」

佐倉「えっ!!?」

19: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 20:59:35.36 ID:XVADI39p0
佐倉「ちょ、ちょっと待って若松くん!! どういうこと!? 全然話が見えないよ!?」

若松「俺、知ったんです……瀬尾先輩と一番仲がいい友達は佐倉先輩だって……」

佐倉「う、うん……」

若松「だからこそですよ!!」

佐倉「へ……?」

若松「瀬尾先輩のことだから佐倉先輩にいつ何をするか分かりませんよ!!」

佐倉「わ、若松くん!?」

若松「俺なんか既にバスケットボール当てられてばっかだし……パシられてるし……振り回されてるし……」

若松「だからこれ以上犠牲を出したくないんですよ!!」

佐倉「ま、待って若松くん!! 結月は若松くんが思ってるほど悪い人じゃないよ!!」

若松「そ、そうなんですか?」

佐倉「うん! だからボディガードをやってくれる気持ちは嬉しいけど……心配しないで!!」

若松「佐倉先輩……」

若松(優しい佐倉先輩のことだ、きっと俺に気を使って……)

佐倉「……ごめん、じゃあ私もう行くね!!」

若松「……佐倉先輩!!」

佐倉「……?」

若松「何かあったら俺に言ってください!! 守りますから!!」

佐倉「……う、うん。 ありがとう」

20: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:00:03.38 ID:XVADI39p0
佐倉「私と話す時に異常に照れるようになったみこりん……」

佐倉「私の顔を気にするようになった堀先輩……」

佐倉「私を心配して結月から守ろうとする若松くん……」

佐倉「……」

佐倉「なんで!?」

佐倉「なんで私の周りでこんな変なことばかり起きてるの!?」

佐倉「……」

佐倉「……あっ! そういえば明日は結月と鹿島くんの三人で遊ぶ約束してるんだった!!」

佐倉「デパートで買い物するんだよねー……何買おうかなー……」

21: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:00:49.36 ID:XVADI39p0
ブー……ブー……

佐倉「あ、メールだ」

佐倉「……若松くん?」

『明日瀬尾先輩と遊ぶって本当ですか!?』

佐倉「も、もしかして若松くん……結月から聞いたのかな?」

佐倉「それで私を心配して……?」

佐倉「……若松くん心配性だなぁ」

『大丈夫!! 鹿島くんもいるから平気だって!!』

佐倉「これでよしっと……」

佐倉「なんだか眠くなって来ちゃった……寝ようっと」

佐倉「zzz……」

22: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:01:15.32 ID:XVADI39p0
次の日

佐倉「お待たせー!!」

鹿島「千代ちゃーん!!」

佐倉「ごめん! 待った?」

瀬尾「全然、私らも今来たところだし」

佐倉「本当!? ならよかった……」

瀬尾「私ゲーセン行きたい!! あとメシ食いたい!!」

鹿島「そうだね、色々見て回ろっか」

佐倉「うん!!」

23: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:01:42.16 ID:XVADI39p0
鹿島「あちこち行ったしそろそろ休憩しよっか、あそこにベンチあるし」

佐倉「うん! 私疲れちゃった……」

瀬尾「私もー」

佐倉「それにしてもこのデパート広いよねー……」

鹿島「……」ジーッ

佐倉「……鹿島くん?」

鹿島「……千代ちゃんってさ……やっぱ可愛いよね」

佐倉「えっ!?」

24: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:02:18.48 ID:XVADI39p0
鹿島「背ちっちゃいし、可愛いし……マスコットみたい!!」

瀬尾「あー確かになー」

佐倉「そ、そうかな……?」

鹿島「うん! あとなんかこう……守ってあげたくなる!!」

瀬尾「私も私も!! なんか千代一人だとほっておけなくなるんだよなー」

佐倉「結月まで……」

鹿島「だからさ千代ちゃん……」

佐倉「な、何?」

鹿島「……これからは私のところにおいで」

佐倉「!!?」

25: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:02:47.99 ID:XVADI39p0
鹿島「千代ちゃんに襲いかかる魔の手からは……私が全部守ってあげるからね」

佐倉「あ、ありがとう……」

瀬尾「あ、鹿島ずりー。 自分だけの物にしようとすんなよー」

佐倉「ゆ、結月?」

鹿島「……バレちゃった? いやー千代ちゃんは先生には渡せないなー」

瀬尾「なー千代、鹿島といるよりも私といる方が楽しいって」

佐倉「ま、待って!! 何を言ってるの二人とも!?」

鹿島「私、千代ちゃんが好き!!」

瀬尾「私もー」

佐倉「!!」

26: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:03:16.86 ID:XVADI39p0
佐倉「え、ええっと……私も結月と鹿島くんは好きだよ?」

鹿島「……多分千代ちゃんが思ってる好きと私達が思ってる好きは……違うと思う」

佐倉「え……どういうこと?」

瀬尾「千代の恋人になりたいってこと」

佐倉「えっ!!!!!?……ちょ、ちょっと待って!!」

鹿島・瀬尾「?」

佐倉「わ、私達女の子同士だよ!? 付き合えないよ!?」

鹿島「恋愛は性別なんて関係ないよ!!」

瀬尾「そーそー」

27: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:03:58.42 ID:XVADI39p0
佐倉「ス、ストップ!!!」

佐倉「鹿島くん、堀先輩は!? 結月も若松くんは!?」

鹿島「確かに堀先輩は憧れだよ? だから堀先輩みたいに強くなって千代ちゃんを守りたいの!!」

瀬尾「若はただの仲良い後輩」

佐倉「ま、待ってよ……みこりん達だけじゃなくて……鹿島くん達もおかしくなっちゃったの!?」

若松「そこまでですよ!!」

鹿島「若松くん!?」

瀬尾「なんでお前ここにいるんだよ、部活は?」

28: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:04:32.65 ID:XVADI39p0
若松「さっき終わったばっかですよ……先輩達がこのデパートにいるのは昨日の瀬尾先輩のメールで分かってましたから」

瀬尾「ちっ……教えるんじゃなかった」

若松「佐倉先輩は昨日大丈夫だって言ってましたけど……それでも不安で来ちゃいました」

若松「……佐倉先輩! 今すぐ瀬尾先輩から逃げましょう!!」

佐倉「お、落ち着いて若松くん!! 結月は何もしてないよ!!」

瀬尾「お前なんでもかんでも私が悪いことするやつだと思うなよ」

若松「思わない方が難しいですよ!! ……さあ早く逃げましょう!!」

鹿島「あ、分かった!! 若松くんそう言って千代ちゃんを自分の物にするつもりなんだ!!」

瀬尾「うっわーー!! ずりーぞ若!! 千代は私の物だっての!!」

若松「!?」

鹿島「違うよ!! 私のだよ!!」

若松「!!?」

29: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:04:59.11 ID:XVADI39p0
若松(佐倉先輩は瀬尾先輩の物!? そんなの……あってはいけない!!)

若松「さ、佐倉先輩は……俺の物です!!」

佐倉「若松くんまで!?」

若松(佐倉先輩を守るにはこれしかない!!)

若松(鹿島先輩は瀬尾先輩と友達って言ってたからグルという可能性もある!!)

若松(ローレライさん……許してください!!)

鹿島「私の!!」

瀬尾「私のだって」

若松「俺のです!!」

佐倉「ま、待ってよみんな!! 私は……」

堀「……俺のじゃダメか?」

一同「!!!?」

30: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:05:27.88 ID:XVADI39p0
鹿島「ほ、堀先輩!? どうしてここにいるんですか!?」

堀「いや、演劇用の服でなんか似合うのあるかなって思って来たんだ。 お前らと会ったのは偶然だ」

堀「それよりも……お前らが佐倉で争ってるのは分かった」

瀬尾「まさか堀ちゃんも?」

堀「佐倉が誰かの彼氏になっちまったら中々顔を見る機会が少なくなる……それはごめんだ」

堀「だったら俺が佐倉の彼氏になる」

佐倉「悪魔で顔目的!?」

堀「そして鹿島、お前も俺の彼女だ」

若松「何堂々と二股宣言してるんですか!?」

31: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:05:56.44 ID:XVADI39p0
鹿島「堀先輩!! 気持ちは嬉しいです!! けど……」

鹿島「私には……千代ちゃんしかいないんです!!」

堀「いや、お前ら女だろ」

鹿島「関係ありません!!」

瀬尾「じゃあ堀ちゃんは鹿島とくっついて千代は私とでいいじゃん」

若松「よくないですよ!! 佐倉先輩は俺とです!!」

御子柴「俺の女だ!!!///」

一同「!!!?」

佐倉「み、みこりん!!?」

32: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:06:37.75 ID:XVADI39p0
若松「御子柴先輩……どうしてここに!?」

御子柴「……」

御子柴(……フィギュア買いに来たなんて言えねえ)

御子柴「た、たまたまだよ」

鹿島「それより御子柴、今の『俺の女』って台詞、聞き捨てならないね」

堀「そうだな」

佐倉「も、もしかしてみこりんも……?」

御子柴「ああそうだよ……俺はな佐倉……」

御子柴「お前のことが好きなんだよ!!///」

33: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:07:05.21 ID:XVADI39p0
御子柴「お前らを偶然見かけて……佐倉で争いをしてるのを見て……俺も我慢できなくなっちまった……」

御子柴「誰にも……渡したくねえ」

御子柴「佐倉は……俺のもんだ!!」

佐倉「みこりん……」

若松「御子柴先輩なら佐倉先輩を任せられるかもしれない……けど!!」

若松「俺の方が瀬尾先輩の事を誰よりも知ってます!! だから俺の方が瀬尾先輩対策を練られます!!」

瀬尾「ひっでーな。 人を害虫みたいに言ってさ」

瀬尾「こんなやつより私といる方が楽しいくね千代?」

堀「だから女同士は無理っつってるだろ」

堀「なぁ佐倉……俺はもっと俺の顔を見たいんだ」

鹿島「堀先輩と言えども千代ちゃんに触ることは許しませんよ!!」

鹿島「ねぇ千代ちゃん!! 千代ちゃんは誰がいいの!?」

若松「佐倉先輩!!」

瀬尾「千代!!」

堀「佐倉!!」

鹿島「千代ちゃん!!」

御子柴「佐倉!!」

34: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:07:35.32 ID:XVADI39p0
佐倉「……ごめん!!!」

一同「!!!!!」

佐倉「みんなの気持ち……凄く嬉しいよ?」

佐倉「みこりんはやる時はやる人だし……堀先輩も頼もしいし……若松くんもしっかりしてるし……結月も面白いし……鹿島くんも優しい……」

佐倉「でも……ダメなの……」

御子柴「佐倉……」

佐倉「みんながどんなに私のことが好きでも……私には好きな人がいるから……」

瀬尾「えっ、千代好きな人いるの!?」

若松「誰ですか!?」

鹿島「そっか……二人は知らないんだね」

佐倉「私は……」

堀「……」

佐倉「私が好きな人は……」

佐倉「野崎くん……私は野崎くんが大好きなの!!!」












野崎「……佐倉?」

佐倉「!!!!!!?」

35: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:08:04.72 ID:XVADI39p0
御子柴「野崎……なんでお前がここにいるんだよ!?」

野崎「漫画の原稿用紙を買いに来たら……みんながいるのが見えたんだ」

野崎「……それよりも佐倉」

佐倉「は、はい!!?」

野崎「今言ってたのは……本当なのか?」

佐倉「き、聞こえてたの!?」

野崎「あ、ああ……」

佐倉「……」

御子柴「……正直に言えよ」

佐倉「みこりん……」

堀「やっぱ……こいつには敵わねえな」

鹿島「ごめん千代ちゃん……私、自分の欲を満たすことしか考えてなかったよ」

瀬尾「大人しく引くしかねーかー……私っていい女ー」

若松「自分で言わないでくださいよ……」

佐倉「みんな……」

御子柴「みんな望んでるんだぜ? お前が幸せになるのを」

御子柴「そのためにも……今ここではっきり言うしかねえんじゃねえのか?」

佐倉「……うん!!」

36: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:08:35.14 ID:XVADI39p0
佐倉「の、野崎くん!!」

野崎「!」

佐倉「わ、私の……本当の気持ちを言うね!!」

御子柴「……」

佐倉「わ、私ね……野崎くんのことが……」

鹿島「……」

佐倉「野崎くんのことが……」

堀「……」

佐倉「す……」

瀬尾「……」

佐倉「す……」

若松「……」









佐倉「好きです!!!」

37: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:09:12.74 ID:XVADI39p0
野崎「……」

佐倉「……」

野崎「……佐倉」

佐倉「!」

野崎「まさか佐倉が俺のことをそんな風に思ってるとは思わなかった……ありがとう」

佐倉「う、うん……」

野崎「俺も……佐倉の気持ちに答えないといけないな」

佐倉「!!」

野崎「俺も……佐倉の気持ちを知りたい」

野崎「だから俺からも……お願いする」

野崎「……付き合ってもらえるか?」

佐倉「……うん!!!」

38: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:09:42.20 ID:XVADI39p0
御子柴「うっ……うう……よかった……」

鹿島「あ、御子柴泣いてる!!」

御子柴「な、泣いてねぇよ!!///」

瀬尾「おい野崎、私の千代泣かしたらただじゃおかねーからな」

若松「す、末長くお幸せに!!」

堀「いや……それはちょっと早くねぇか?」

野崎「みんな……」

佐倉「私、みんなが背中を押してくれたお陰で告白できたよ!! ありがとう!!」

野崎「……!! そうだ佐倉、いきなりですまないが……」

佐倉「な、何!?」

野崎「俺のどういう所が好きか……詳しく教えてくれないか?」

佐倉「メモ!?」

39: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:10:16.33 ID:XVADI39p0
あれから月日が経ちました。

私が告白した次の日にはみんな私のことを好きだとも恋人にしたいとも言って来なくなりました。

堀先輩と鹿島くんも……若松くんと結月も……そしてみこりんもいつも通りになりました。

私は今こうして野崎くんと……じゃなかった。









……梅太郎くんと一緒にいます。

40: ◆LYNKFR8PTk 2016/02/08(月) 21:10:51.96 ID:XVADI39p0
ガチャッ

前野「たっだいまー!!」

前野『おっかえりー!!』

前野「どう!? ちゃんとみんなの恋愛成就させてる!?」

前野『もっちろん!! なんてったって僕は恋する乙女の味方だからね!!』

前野「さっすが僕!! いい事言うなーー!!」

前野「そしてそれをみんなに内緒にして自慢しない僕!! かっこいいなーー!!」

前野『言っても信じてもらえないからね!!』

前野「流石僕!! 痛いとこつくねー!!」

前野『……あっ!! また一人寝てる女の子がいる!! 早速行ってくるよ!!』

前野「いってらっしゃーーい!!」

もしかしたら妖精蜜也は今日、貴女の夢の中に出てくるかもしれません。

〜終わり〜