1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 01:49:41.22 ID:z9p3raOi0
春香「ごまえー、ごまえー……」

審査員「……」

春香「頑張ってゆっきま……きゃあっ」ドンガラガッシャーン

審査員「……だめだこりゃ」

P「まずい!このままでは春香が負けてしまう……」

P「ここは……カプセルアイドルの出番だっ!!」

P「頼むぞ……やよウィンダム!!」ボンッ

やよウィ「うっうー!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374857381

引用元: P「カプセルアイドルの出番だっ!!」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny【限定盤CD+BD-A】
765PRO ALLSTARS
日本コロムビア (2016-02-17)
売り上げランキング: 102
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 01:55:37.71 ID:z9p3raOi0
やよウィ「一番大好きーな、私になりーたーいぃ!」

やよウィ「うっうー!」キラキラ

やよウィ「春香さん、助けに来ましたっ!!」

P「決まった!やよウィの必殺技『高槻スマイル』だ、審査員へのアピールは完璧……」

P「って、まさかの審査員席が全部空席だと!?」

やよウィ「……う?」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 01:59:27.35 ID:z9p3raOi0
審査員A「ふぅ、すっきりした」

審査員B「危うくもらすところだったぜ」

審査員C「……なんか増えてない?」

P「くっ……まさか審査員がトイレにテレポート(離席)するとは!」

P「しかたない、次はお前の出番だっ!」

P「頼むぞ、美希ラス!」ボンッ

美希ラス「なのっ☆」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 02:04:16.57 ID:z9p3raOi0
美希ラス「ミキラスを使ってくれてありがとうなの、ハニーのために一生懸命キラキラしてくるねっ!」

P「あぁ、頼んだぞ美希ラス!」

美希「それじゃあ、いってくるのっ!」ダダッ

P「美希ラスの勢いなら、きっと春香のことを助けられるはず……」


バチッ


P「なんだ!?」

スタッフ「すいません、停電です!!」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 02:09:37.66 ID:z9p3raOi0
審査員A「やっと直ったよ」

審査員B「今日はさんざんだな、これは中止にするしかないな」

審査員C「あの、また一人増えてませんか……?」

P「クソッ、電気のせいで美希ラスが活躍できずに終わってしまった……」

P「もう、頼みの綱はお前だけだ」

P「行けっ、亜美ラ!」ボンッ

亜美ラ「んっふっふ→」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 02:15:29.16 ID:z9p3raOi0
亜美ラ「はろはろ→審査員のにーちゃん達、亜美ラだよんっ」

審査員A「あー、君、何しに来たのかな?」

亜美ラ「な、何って、アピールに決まってるっしょ→」

審査員B「悪いけど、オーディションは中止だよ?」

亜美ラ「えっ」

審査員C「悪いけど、今日のところは帰ってもらえるかしら?」

亜美ラ「そっ、そんなっ、あ、あの、えーっと、そのっ」オロオロ

P「なんかメッチャオロオロしてる!?」

審査員A「さぁ、とっとと帰った帰った!」

亜美ラ「にいちゃーん……」ジワッ

P「それになんかメンタル弱くない!?」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 02:22:07.60 ID:z9p3raOi0
P「仕方ない、こうなったら、このメガネをかけて変身だっ!」スッ

赤羽根P「……よし!」

赤羽根P「あの、すみません……少しお時間よろしいでしょうか」

審査員A「き、君は、赤羽君!?」

審査員B「どうして君がこんなところに……」

赤羽根P「どうしてって、そりゃ私はこの子達のプロデューサーですから」

審査員C「そ、そううだったんですね」

赤羽根P「それで、一つご相談があるんですが……この子達を一位で合格にして欲しいのですが」

審査員A「もちろんだ、君のアイドルなら間違いない、今すぐ合格にしよう」

赤羽根P「恐れ入ります……では、私はこれで」スッ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 02:27:36.29 ID:z9p3raOi0
春香「ま、待ってください、あなたは一体……きゃあっ!?」ドンガラガッシャーン

春香「いったぁ……あっ、さっきの人、行っちゃった、お礼を言いたかったのにな」

春香「……かっこよかったな、Pヘッドの一兆倍」

春香「……また、会えたらいいな」トボトボ

P「おーい、春香ー」

春香「あ、Pヘッド」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/27(土) 02:33:00.36 ID:z9p3raOi0
P「聞いたぞ、一位合格おめでとう」

春香「ありがとうございます」

P「……どうした、うかない顔して、もっと喜んだらどうだ?」

春香「いえ、何でも、ちょっとかっこいい人がいたなって思ってただけですから」

P「かっこいい人?俺のことじゃないのか」

春香「もうっ、そんなわけないじゃないですか」

P「そうか?」

春香「第一、プロデューサーさんは眼鏡かけてないですし(それ以前に、Pヘッドだし)」

P「ハハハ」


こうして、Pの戦いは続くのであった


おわり