1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:48:33.49 ID:+vM0dflTo
男「俺は一度見た技をすぐ覚えることができる」

友人「マジで?」

男「マジで」

友人「じゃあ、ちょっとやってみせてくれよ」

男「いいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455018513

引用元: 男「俺は一度見た技をすぐ覚えることができる」 


 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:49:21.49 ID:+vM0dflTo
友人「スラッシュチョップ!」シュッ

ザシュッ!

友人「へへっ、どうだ? 木の板くらいなら、簡単に切断できるぜ」

友人「さ、やってみろ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:50:11.61 ID:+vM0dflTo
男「スラッシュチョップ!」シュッ

ペキッ!

男「あいたたたたた……!」

友人「ハハハ、なんだよ、全然できてねーじゃん!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:51:22.13 ID:+vM0dflTo
キキッ!

友人(なんだこれ? リムジン?)

黒服「こちらにおられましたか」ガチャッ

友人「え」

黒服「さ、どうぞ」

男「わざわざ迎えに来てくれてありがとう」

黒服「せっかくです、あなたもどうぞ」

友人「え、あ、うん」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:52:50.10 ID:+vM0dflTo
ワァァ…… ワァァ……



友人「ここは?」

黒服「ここは闘技場です」

友人「へえ……こんな場所があったなんて……」



黒服「ではよろしくお願いします」

男「ああ、行ってくる」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:54:07.71 ID:+vM0dflTo
黒服「あなたはこちらで試合をご覧ください」

友人「はぁ……。ところであいつは?」

黒服「男さんは、この闘技場になくてはならない人材なのですよ」

友人「……あいつが?」

友人(まさか、あいつが試合に出るってのか? あんなに弱いのに……)

友人(あ、もしかしたらさっきのは演技だったとか!?)

黒服「お、試合が始まりますよ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 20:59:12.60 ID:+vM0dflTo
男「さぁ、いよいよ始まりました!
  長らくファンから直接対決を望まれていた、格闘家と棒術達人の歴史的一戦!
  果たして勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか!?
  おっと、格闘家、いきなり得意の“正拳七連打”を繰り出してきたぁ!
  かつてこの技で105人を病人送りにしてきた驚異の連撃だ!
  しかぁし、棒術達人もさすがです!
  棒をグルグル回転させ、空を飛ぶことで難を逃れましたぁ!
  この“プロペラの舞”を行える棒術使いは、世界に五人とおりません!
  さぁ、着地した棒術達人、鋭く敵を突く“疾風迅雷突き”を放ちます!
  まっすぐのはずの棒が鞭のようにしなり、格闘家を突く突く突くぅ!
  ですが、格闘家、鉄壁の構え“鋼鉄城”により防御を固め、
  “疾風迅雷突き”をなんとかこらえている!
  おっと格闘家も守ってばかりではないとばかりに動いたァ!
  出ました、大ジャンプからの大技! “飛翔龍王脚”が炸裂だ!
  “飛翔龍公脚”の弱点であった、蹴る寸前のスキが完全になくなっている!
  よろめく棒術達人! 格闘家、さらに詰め寄る!
  棒術達人、ここで猛スピードで棒を振り下ろす“天罰撃”を出してきたァ!
  対する格闘家は――」





おわり