1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:45:18 ID:IL2vCbOo
シンジ「嫌です」

冬月「命令だ。」

シンジ「嫌だ!!」

冬月「シンジ君、聞き分けたまえ。」

シンジ「それでも…僕は!」 




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:46:53 ID:IL2vCbOo
冬月「頼む、シンジ君!」

シンジ「どうしてですか!どうして女装なんか!!」

冬月「一回だけでいいんだ!」

シンジ「嫌です!」

冬月「死のう…。」

シンジ「ままま待って下さい!!」

冬月「おお…では女装してくれるのか!!」パアアア

シンジ「嫌です」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:48:17 ID:IL2vCbOo
冬月「死のう」

シンジ「待って下さいってば!」

冬月「では、女装してくれるのか!?」ワクワク

シンジ「本当に一回だけですよ…///」

冬月「ありがとうありがとう!この恩は一生忘れないよ。」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:50:32 ID:IL2vCbOo
シンジ「しま…した///」

冬月「」

冬月「おお…美しい…ユイ君…本人ではないのかと、疑ってしまうほどだ。」ハァハァ

冬月「見たまえユイ君。」

シンジ「あの、シンジです。」

冬月「すまないな、ユイ君。」

シンジ「シンジです」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:53:37 ID:IL2vCbOo
冬月「ユイ君、ちょっと見たまえ。俺の股間はもう、サードインパクト寸前だよ」ハァハァ

シンジ「こわい」

冬月のポジトロンライフルは、ズボンの上からも確認できるほど膨張していた。

冬月「おお…ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君ユイ君」ハァハァ

シンジ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ダッ

シンジは逃げた。

シンジ「父さん!!」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:56:05 ID:IL2vCbOo
冬月「待ちたまえユイ君。あんな男のところへ行っても、何の利点もない。」

冬月「それより…どうだね。俺と、 シンジ「父さん!!」

ゲンドウ「!!」

ゲンドウ「ユイ…」

シンジ「このひとたちもうだめだ」

ゲンドウ「ユイぃぃぃ!!何で逃げるんだよォォォ!!」ドタドタ

冬月「ユイ君!!待ちたまえ!!」ドタドタ

シンジ「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああ」 


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 18:59:20 ID:IL2vCbOo
青葉「どうしたんだい?シンジ君?女装なんかして。」

シンジ「父さんと副司令が!!」

ゲンドウ・冬月「ユイいいいいいいいいいいいいいいい」ハァハァドタドタ

青葉「こっちだ、シンジ君!」

青葉「こっちに、抜け道がある!」

シンジ「はい!!」ダッ

青葉「これが隠し扉になっているんだ、さあ早く!」

シンジ「ひぇぇ!」

バタン 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 19:01:13 ID:IL2vCbOo
シンジ「狭いですね…」

青葉「でも、ここは俺だけしか知らない道だから、司令たちも来ないはずさ。」

ユイ!!ドコダ!!

ユイクン、ドコヘイッテシマッタンダネ

シンジ「でも、ありがとうございました。」

青葉「礼には及ばないよ、それより、シンジ君。」ニコ

シンジ「は、はい!」

青葉「やらないか」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 19:03:54 ID:IL2vCbOo
シンジ「ええっ!…でもぼく、青柳さんとなら…」

青葉「そうか…じゃあ決まりだな。それと俺の名字は青葉だ。」

シンジ「あっ、すみません。」

青葉「まあ、いいさ。そんなことはさ。それより、シンジ君。ケツをこっちに向けてくれるかい?」

シンジ「はい…///」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 19:06:44 ID:IL2vCbOo
一方…

日向「シゲルの帰りが遅いな…、マヤちゃん何か知ってる?」

マヤ「いえ…」

日向「ん?」

アオヤナギサン!
アッーーー!!

マヤ「不潔…」

ミサト「あらやだ、シンちゃんの声じゃない。どこから聞こえるのかしら…」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 19:10:40 ID:IL2vCbOo
シンジ「青柳さん!!!!」アッー

青葉「シンジ君、もう出るよ…って…あ」

ガチャ

日向「何やってんだ、シゲル」

マヤ「不潔…」

リツコ「こんなところに、秘密基地があったなんてね。」

ミサト「あら~、シンちゃんモテモテねぇ~。」

加治「彼こそ本当の男だよ、青葉シゲル。」

青葉「いや…これは…」

シンジ「最低だ…俺って…」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 19:13:44 ID:IL2vCbOo
青葉とシンジがアッー!していた件は、すぐにネルフ中に広まった。
無論、パイロットたちにも…

カヲル「」ワナワナ

レイ「」

アスカ「…気持ち悪い」

トウジ「何やセンセ、ゲイやったんかいな。」

シンジ「う…うぅ…」

シンジ「僕をそんな目で見ないでよ…」

アスカ「気持ち悪すぎ」 


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 19:17:07 ID:IL2vCbOo
青葉シゲルは某国の支部へ転勤になった。
しかし、その国では同性婚が認められていたので、シンジとシゲルは末永く幸せに暮らしたという。

そして、司令と副司令はユイをさがして、今でもネルフ本部をさまよっている。


【おわり】

ケンスケ「碇…男でも羨ましいよ…。」