1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:35:29.79 ID:kt0kw3uL0
数多の世界で恐れられ

打ち立てし伝説は数知れず



湛えし力は天地を揺るがし

誰一人とて手出しはできぬ



今宵の舞台は見滝原

舞蹈の相手は五人の少女



魔の祝祭(ワルプルギス)を前にして

彼の者は何を想うのか



そんな、変わった物語の一節――――ここにて開幕

引用元: ほむら「お願い、力を貸して!」俺「ふっ……任せな!」 


 

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:38:38.17 ID:kt0kw3uL0
俺「気まぐれで何となく色々な平行世界をぶらついてみたけど」

俺「何か妙な魔力を感じると思ったら……この世界か、久しぶりだな」

俺「この世界じゃ俺のことは裏社会を除けば知られていないから、比較的気楽に過ごせそうかな」

俺「『悪魔』『死神』『ジョーカー』『黒の魔術師』『炎獄の使者』……『軌幻楼破壊神』って呼ばれた世界もあったっけ」

俺「あっちの世界じゃちょっと有名になりすぎちまって、おちおち外出もできないもんなぁ」

俺「さてさて、ここではどんな出会いが待っていることやら……」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:41:58.38 ID:kt0kw3uL0
俺「ふむふむ……ここは日本の見滝原市ね、初めて来た場所だな」

俺「さて、この魔力の原因は、と……ん?」

QB「…………」トテトテ

俺(なんだありゃ……? 見たことない生物だが、魔力を感じる……)

俺(何か、ありそうだな。つけてみるか)



さやか「まどか、こっち!」

まどか「さやかちゃん!?」

俺(……おいおい、何だか凄いことになってるぞ)

俺(キュゥべえっつったっけ? どうやらあの生物が、まどかって子に魔力を与えようとしていたみたいだな)

俺(そこにほむらって子が現れ……さやかって子が乱入してきたってところか)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:44:16.36 ID:kt0kw3uL0
俺(気になるのはあのほむらって子だ。明らかに魔力を宿している……いわば魔法少女ってとこか)

俺(本当はまだ表に出ずに色々調べ回りたかったが……)



さやか「……非常口は? 非常口はどこ!?」

ほむら(!? だめ、そっちは……魔女の結界!)



ズズ・・・



俺(……ま、さすがに放っておくわけにはいかんよなぁ)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:47:26.16 ID:kt0kw3uL0
さやか「な……何、ここ……」

まどか「さやかちゃん……怖い……」

俺「いやぁ、とんでもない所に来ちまったな」

さやか「!」

まどか「だ、誰ですか!?」

俺「いや、ふらふらしてたら迷い込んだだけさ。ところでここはどこなんだ?」

まどか「わ、わかりません……」

俺「そう……でも何か、不穏な空気がする。離れない方がいいな」

さやか「……ねぇ。あれ、何……?」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:50:46.56 ID:kt0kw3uL0
使い魔「ミー、ニャー、スィー、スィー……」

さやか「う、嘘……私達、悪い夢でも見てるんだよね……」

まどか「さ……さやかちゃん……」

俺(……この空間は、明らかに何者かによって作られた結界)

俺(てことは目の前の奴らは、結界の主の手下ってところか)

俺(しかも困ったことに、明らかに俺達に悪意を持っているときたものだ)

俺(やれやれ、仕方な……ん?)

カッ
ドオオオオオオオオオオン

マミ「あなた達……大丈夫だった?」

俺(……二人目の魔法少女、か)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:54:22.43 ID:kt0kw3uL0
シュウウウウウウ

まどか「マミさん……本当に助かりました」

さやか「ありがとうございます!」

マミ「いいのよ。それが私の役目なのだから」



さやか「なるほど、願い事が叶う代わりに、魔女と戦うのか……」

俺「なぁ、キュゥべえ。俺もその魔法少女になれたりするのかな?」

QB「男には無理だよ」

俺「ま、そうだわな」

マミ「そして……引き換えに出来上がるのが、このソウルジェム」キラリ

まどか「わぁ、綺麗……」

俺「……!?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:57:41.49 ID:kt0kw3uL0
俺「マミ。ちょっとそれ貸してくれないか?」

マミ「え? いいですけど……」

俺「…………」

まどか「ど、どうしたんですか、えっと……俺さん? ソウルジェムをじっと見つめて……」

俺「……いや、こんなに綺麗な石、初めて見たから驚いてね」

マミ「ふふ、確かに綺麗ですよね」

俺(……知らない、みたいだな)

俺(…………)チラリ

QB「ん? どうしたんだい?」

俺(えげつねぇこと、しやがるぜ……)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:00:36.67 ID:kt0kw3uL0
マミ「で、提案なんだけど、私の魔女退治に付き合ってみない?」

まどか「えっ」

マミ「その上で、魔法少女になるか決めてもらうってどうかしら?」

マミ「今すぐに返事してとは言わないわ。でも、考えておいて」

俺「……あのー。それ、俺も行ってもいいかな?」

マミ「そうですね……あなたは魔法少女にはなれませんが、キュゥべえが見えるということは何か関係があるかもしれません」

マミ「ですから、一緒に来てもかまいませんよ」

俺「ありがとな、マミ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:03:40.16 ID:kt0kw3uL0
俺(さて、今日わかったことをまとめるか)

俺(キュゥべえと契約したものは、願いを一つ叶えてもらう代わりに魔法少女となり魔女と戦う)

俺(その証として作られるものが、ソウルジェム)

俺(まどかとさやかは契約の候補者。そしてマミは契約を結んだ魔法少女……おそらく、ほむらって子も)

俺(だがソウルジェム、あれはきっと……そして、そのことを彼女達は知らない……)

俺(なんだか悲劇の予感が漂ってきたな……)

俺(もっと深く関わってみるか……携帯、携帯、と)

プルルルル

俺「俺だ。ちょっと頼みがある……調べてほしい人物が一人。それと、その近所に……」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:06:33.22 ID:kt0kw3uL0
QB「……ねぇマミ。あの男、何者なんだい?」

マミ「俺さんのこと? 鹿目さんや美樹さんと同じ、魔女の結界にいただけよ」

マミ「確かにキュゥべえの姿が見えるのは不思議だけど……」

QB(僕の姿が見えるのが不思議だって? そんなレベルの話じゃない)

QB(ただの一般人のように振舞っていても、自然と感じてしまったよ)

QB(その裏に隠された、圧倒的とも言える力に……一体、彼は……)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:09:40.71 ID:kt0kw3uL0
さやか「なるほど……そうやって魔女を探すんですね」

マミ「……近いわね。多分、ここよ」

俺「ん? 屋上の方……人が……」

まどか「あ、あの人まさか飛び降りようと!」

さやか「危ない!」

マミ「任せて! はぁっ!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:12:52.99 ID:kt0kw3uL0
俺(飛び降りた人を助け、魔女相手にも圧勝か)

俺(いざとなったら俺が何とかするつもりだったが、その必要もなかったな)

マミ「これがグリーフシード。魔女の卵」

マミ「これを使って、ソウルジェムを浄化するの」

まどか「へぇ……」

俺(おいおい、そのグリーフシードって魔力の流れと構成がソウルジェムそっくりじゃないか)

俺「……もし、ソウルジェムが完全に濁りきってしまったらどうなるんだ?」

マミ「え? ちょっとわかりませんけど……魔法が使えなくなる、とかかしら?」

俺「……なるほどね」

俺(ソウルジェムとグリーフシード、そして魔法少女と魔女……つまり、魔女の正体は……)

俺(これは想像以上にヘビーな話だな)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:15:33.85 ID:kt0kw3uL0
マミ「残りは……あなたにあげるわ、暁美ほむら」

まどか「!」

さやか「あいつ!」

俺(やっぱり、この視線はほむらか)

ほむら「それはあなたのものよ。返すわ」

マミ「そう……分かったわ」

さやか「くぅ~、嫌な奴!」

俺「…………」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:18:44.09 ID:kt0kw3uL0
ほむら(……今回のループも、前に見たパターンとほぼ同じ……)

ほむら(しかし……わからないのは、あの男)

ほむら(今までのループには一度たりとも存在しなかったイレギュラー)

ほむら(キュゥべえの姿も見えるということは、何か関係があることは間違いない)

ほむら(一体、彼は……)

ピンポーン

ほむら「……こんな時間に誰かしら?」

ガチャリ

俺「こんばんは~。隣りに引っ越してきて来たのでご挨拶に!」

俺「あれ、もしかしてさっきの!? いやぁ、凄い偶然だな!」

ほむら「…………」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:21:47.21 ID:kt0kw3uL0
俺「悪いね、家にまで上げてもらっちゃって」

ほむら「気にしないで。ちょうどあなたに聞きたかったこともあるし」

ほむら「あなたは……一体、何者なの?」

俺「なぁに、名乗るほどの者でもないさ。仮の名前は表札に書いてあるけど、大して意味ないし」

ほむら「……じゃあ。一つ聞かせて」

ほむら「あなたは男性なのに、キュゥべえが見える。こんなことはありえないわ」

俺「と言われても、見えるものは見えるとしか答えようがないさ」

俺「マミから大体話は聞いたけど、ほむらだっけ? お前も魔法少女なんだろ?」

ほむら「……そうよ」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:25:01.57 ID:kt0kw3uL0
俺「どんなお願いをしたのか聞いてもいいか?」

ほむら「……あなたには関係ないわ」

俺「はは、そう言われると思ったよ」

俺「でも、魔法少女って……何か、いいよな」

ほむら「…………」

俺「特に……あの、ソウルジェムだっけ。あんな綺麗なものを貰えるんだから」

ほむら「…………」ピクッ

俺(……なるほど。ほむらは知ってるわけか)

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:28:23.62 ID:kt0kw3uL0
俺「さ、もう夜も遅いから帰るよ。つっても隣りの部屋だけどな」

ほむら「……まだ聞きたいことはあるのだけど」

俺「こっちもあるけど、それは明日のお楽しみってことで。それより一つ言いたいことがある」

ほむら「何かしら?」

俺「一人暮らしの可愛い女の子が、夜に男を部屋に上げるなんて無用心すぎだぜ」

俺「ほら、言うじゃないか。男はオオカミなのよ、気をつけなさいって」

ほむら「……その時はあなたの眉間を撃ち抜くだけよ」

俺「冗談に聞こえないところが怖いな。じゃあ、また明日」

バタン

ほむら「……何なのよ、一体……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:31:27.33 ID:kt0kw3uL0
まどか「さやかちゃん……魔法少女のこと、どうしようか?」

QB「僕としては、契約してくれた方が嬉しいな」

さやか「うーん……私は、叶えたい願いはあるけど……」

まどか「それってやっぱり、上條くんのこと?」

さやか「ええっ!? な、な、何言ってるのかなまどかは!?」

まどか「照れなくてもいいのに……あれ、俺さん?」

俺「お、まどかにさやかじゃないか。キュゥべえも」

QB「やぁ」

さやか「こんにちはー」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:34:05.70 ID:kt0kw3uL0
俺「何してるんだ? こんな病院の近くで」

さやか「あはは、ちょっとお見舞いに……」

俺「へぇ、彼氏か何かか?」

さやか「なっ!? ち、違っ、恭介はそんなんじゃ!?」

俺「なるほど、恭介って言うのか。その彼」

さやか「はっ、はめたな! ずるいですよ!」

まどか「ふふ、さやかちゃん可愛いなぁ」

俺「ははは。だが……笑ってる場合じゃなさそうだ。見ろ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:37:37.18 ID:kt0kw3uL0
まどか「これって……」

さやか「グリーフシード!?」

QB「孵化しかかってるね」

さやか「そんな、こんなところに魔女が現れたら、恭介は……」

さやか「まどか、マミさんを呼んできて!」

まどか「……さやかちゃんは?」

さやか「私は……結界の中に、入ってみる」

まどか「そんな! 危険だよ!」

さやか「大丈夫。いざとなったら契約できるしね、願いも決まってるし」

まどか「さやかちゃん……」

俺「俺もさやかと一緒に行くよ。まどかはマミさんに連絡を」

まどか「……二人とも、無事でいて!」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:40:16.31 ID:kt0kw3uL0
さやか「うぅ……相変わらず不気味……」

俺「前みたいに使い魔が襲ってくる気配はないな」

QB「でも、奥には間違いなく魔女がいる。念のため、さやかも覚悟を決めておいてね」

さやか「うん……わかってる。でもマミさんが来てくれれば、きっと倒してくれるよ!」

さやか「俺さんも、そう思いますよね!」

俺「……あぁ、そうだな」

俺(そうなればいいけど……何か、嫌な予感がする……)

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:43:41.73 ID:kt0kw3uL0
ほむら「巴マミ! 今度の魔女は、今までのとはわけが違う!」

マミ「心配いらないわ。きっちり倒してきてあげるから」

マミ「さ、行きましょう。キュゥべえと美樹さん、俺さんも待ってるわ」

まどか「は、はい……」

ほむら(……彼も、来ているの……?)



さやか「あ、まどか! マミさん!」

QB「間に合ったね」

まどか「さやかちゃん、俺さん! 大丈夫だった!?」

俺「あぁ、何とか」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:46:39.73 ID:kt0kw3uL0
シャルロッテ「…………」

マミ「あれが魔女ね……速攻で終わらせるわよ」

マミ「体が軽い……もう、何も怖くない!」

ドンドンドン

まどか「凄い、やっぱり強いよマミさん!」

さやか「今回も楽勝だね!」

俺(……まずい、な……)

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:49:53.91 ID:kt0kw3uL0
マミ「ティロ・フィナーレ!」

ドォン!

まどか「やった!」

さやか「さっすがマミさん!」

マミ「ふふ……」

俺「…………」



シャルロッテ「……」ギュルッ

まどか「!」

さやか「あっ!」



マミ「……え?」

シャルロッテ「……」グワッ



ガブリ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:53:31.18 ID:kt0kw3uL0
まどか「嘘……」

さやか「そん、な……」

QB「二人とも! 今すぐ僕と契約を!」

シャルロッテ「……」ギロッ

ま・さ「ひっ!」

QB「願い事を決めるんだ! 早く!」

ほむら「……その必要はないわ。この魔女は、私が狩る」

QB「き、君は……暁美ほむら!」



「あぁ、そうだな。その必要はないぜ」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 18:57:15.01 ID:kt0kw3uL0
俺「やれやれ、間一髪ってところだったな」

ほむら「……ど、どういうこと……?」

俺「ほむらも来てたのか。見ての通りさ、マミはちゃんとここに抱えてるぜ」

マミ「……わ、私……生きて……え?」

まどか「マミさん、無事だったの!?」

さやか「良かった……って、俺さん!?」

俺「さ、マミ……立てるか?」

マミ「え……あ、はい……」

俺「怖かっただろう。でも、もう大丈夫だ」

俺「この魔女は……俺が倒す!」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:01:12.10 ID:kt0kw3uL0
俺「闇の淵より顕現せよ……次元を断ちし我が刃!」

ほむら「虚空から、剣が出てきた!?」

QB「やはり……彼は、只者じゃなかったみたいだね」

シャルロッテ「……」ギロッ

まどか「俺、さん……?」

俺「さて……それじゃあ始めようか、魔女さん」

シャルロッテ「……」グワッ

さやか「危ない!」



俺「……あぁ、すまん魔女さん。間違えた」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:04:54.87 ID:kt0kw3uL0
ブシュ・・・

シャルロッテ「……?」

俺「始めようか、って言ったけどさ」

ブシュッ ブシュッ ブシュッ

シャルロッテ「!!!!!」



俺「もう、終わってたな」



ドォォォォォォォォン

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:08:19.30 ID:kt0kw3uL0
俺「マミ、大丈夫か?」

マミ「は、はい……何とか……」

ほむら「私の拘束が解けたのは、死の恐怖に晒されたことで巴マミの集中が切れたからだったのね」

まどか「マミさんが無事で、本当によかったです……」

さやか「うん……それにしても、驚いた……」

QB「俺……君は一体、何者なんだい?」

俺「さすがにもう黙っているわけにはいかないか」

俺「ま……そんなに話すことが多いわけじゃないけどな」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:11:17.04 ID:kt0kw3uL0
QB「なるほど……この世には様々な世界が存在していて、それらを渡り歩いていたと」

ほむら「この見滝原には魔力を感じて立ち寄ってみただけ……ね」

さやか「なんだか突拍子もなさすぎて信じられないけど……」

まどか「あんなものを見せられちゃったら、信じるしかないよね」

俺「黙ってたのは悪かったよ。ただ、今まで俺の力は必要なさそうだったからな」

俺「それより……マミ」

マミ「…………」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:14:42.98 ID:kt0kw3uL0
マミ「……ごめんなさい。私、もう……」

俺「無理もないさ、あんな目に遭ったんじゃな。しばらく休んだ方がいい」

マミ「鹿目さん、美樹さん……ごめんなさい。魔法少女体験コースは……」

まどか「うん、わかってます」

さやか「ゆっくり休んでください!」

マミ「ありがとう……それと、暁美さん」

ほむら「何かしら?」

マミ「……鹿目さんと美樹さんを、守ってくれるかしら?」

ほむら「……わかったわ。約束する」

マミ「感謝するわ……俺さんも、お願いします……」

俺「勿論さ。出来る範囲でってことになっちまうが」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:17:27.40 ID:kt0kw3uL0
ほむら(巴マミは、無事生存できたけど戦線離脱……)

ほむら(そして俺は、恐るべき力を秘めていた……)

ほむら(もし彼がワルプルギスの夜との戦いに参加してくれたら、凄まじい戦力になる……)

ピンポーン ガチャリ

俺「よっ!」

ほむら「はぁ……上がって」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:20:35.54 ID:kt0kw3uL0
俺「いやぁ、ほむらの淹れてくれるお茶は美味しいな」

ほむら「ねぇ……あの魔女、どうやって倒したの?」

俺「見た通りさ。単にバラバラに切り刻んだだけだよ」

ほむら(見た通りって……何も見えなかったわよ……)

俺「今日聞きたいことは……ソウルジェムについてだ」

ほむら「……ソウルジェムのことなら巴マミに聞いたはずでしょう」

俺「んー……それだけじゃない気がするんだよね。ほむら、何か知らないか?」

ほむら「……その聞き方、もう見当ついてるのでしょう。いいわ、答えてあげる」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:23:42.97 ID:kt0kw3uL0
俺「……やっぱりそういうことか。全く、キュゥべえはとんだ詐欺師だな」

ほむら「あいつは……いえ、あいつらは敵よ。私達のことを利用する気でしかない」

俺「このことは、まどかとさやかは?」

ほむら「言ってないわ。それに……言っても、間違いなく信じてもらえないし」

ほむら「私からも聞きたいことがあるわ……あなたの目的は何?」

俺「目的は、そうだなぁ……うん、別に無いな」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:26:11.51 ID:kt0kw3uL0
ほむら「……ふざけないで」

俺「ふざけてなんかいないさ。この街には本当にふらりと寄ってみただけだから」

俺「ただ……お前らいい奴っぽいし、今は出来る限りの協力はしてもいいと思ってるよ」

ほむら「そんなの、あなたにとって何のメリットもないでしょう?」

俺「困っている人を助けるのは当然だろ。メリットとかいちいち考えないさ」

ほむら「…………」

俺「さ、今日はここまでにしようか。また明日な」

バタン

ほむら「……明日も来る気満々なのね……」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:28:19.26 ID:kt0kw3uL0
さやか「ほら……このCD、いいでしょ」

恭介「さやかはさぁ……僕を苛めてるのかい?」

さやか「えっ……」

恭介「こんなの、聞きたくないんだ!」ガシャン

さやか「ちょっと、恭介!?」

恭介「……諦めろって言われたんだ……」

さやか「そんな……」

恭介「もう、治らないんだ……奇跡や魔法でも、ない限り……」

さやか「……あるよ」

恭介「……?」

さやか「奇跡も、魔法も、あるんだよ」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:31:42.78 ID:kt0kw3uL0
さやか「…………」

俺「さやかじゃないか。どうした、暗い顔して……」

さやか「……俺さん、一つ……聞いていいですか?」

俺「何だ?」

さやか「俺さんって、色々な魔法使えるんですよね……怪我を治したり、とかは出来ますか?」

俺「治癒魔法か……正直大の苦手だ。全く出来ないわけじゃないけどな」

俺「物を壊すってのは一瞬だが、直すのは大変だ。消費する魔力も桁違い、治癒魔法自体かなり難しい分野なんだよ」

さやか「……恭介の、腕は……」

俺「……無理だ。魔力ダメージなら可能性はあったが、ああいう物理的なダメージはお手上げだ」

さやか「そう、ですか……」

俺「すまない、力になれなくて」

さやか「いえ、ありがとうございました。それではまた」



俺「……止める術もない、か」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:34:18.52 ID:kt0kw3uL0
ピンポーン

ほむら「……今夜は、うかない顔ね」

俺「ん……まぁな」



ほむら「そう……美樹さやかが」

俺「あの様子じゃ止めても無駄だったろうからな……」

ほむら「……でも、美樹さやかの心の奥底では見返りを求めている」

ほむら「そして……ソウルジェムの秘密を知った彼女は絶望し、魔女となる」

俺「別にそうと決まったわけじゃないだろう」

ほむら「そうなるわ、間違いなく……実際に、見てきたのだから」

俺「どういう意味だ?」

ほむら「教えてあげるわ……私の能力を」

俺「……!」



カシャッ

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:37:03.48 ID:kt0kw3uL0
俺「……驚いたな。いきなり目の前に銃を突きつけられるとは」

ほむら「これが私の能力……時を操る力」

ほむら「そして、今まで私は……」



俺「何度もループを繰り返してきた、か……成程ね、色々合点がいった」

俺「全てはワルプルギスの夜を倒し、まどかを救うため……」

ほむら「そして……あなたは、過去のどの時間軸にも存在しなかったイレギュラーな存在」

ほむら「更には私達とは比べ物にならないほどの強さも持っている……」

ほむら「この機を逃したくはない。お願い……ワルプルギスの夜を倒すのに……協力して」

俺「言われるまでもないさ。前にも言っただろ、出来る限り力を貸すって」

ほむら「……ありがとう。あなたには、全く関係のないことなのに……」

俺「…………」

ほむら「……ッ! な、何してるのよ!?」

俺「何って、頭をなでているだけだが」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:40:18.11 ID:kt0kw3uL0
ほむら「どういうつもり……」

俺「いや、よく頑張ったなって」

ほむら「…………」

俺「誰からも理解されず、誰にも頼れず……それでもたった一人で、ずっと頑張ってきたんだ」

俺「ま、そのご褒美ってところだと思ってくれればいいさ」

ほむら「ご褒美って……あなたね……」

俺「でも、もう大丈夫だ」

俺「お前の努力を、苦悩を、悲しみを……教えてもらった」

俺「だから、もうお前を泣かせたりなんかしないよ」

ほむら「…………」

俺「心配いらない。ワルプルギスの夜は俺が倒す」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:42:27.70 ID:kt0kw3uL0
俺「じゃ、そろそろおいとまするとしますか。また明日な」

バタン

ほむら「……何よ。勝手に言いたい放題言って」

ほむら「…………」

ほむら「あんな風に頭をなでてもらったこと……初めてね……」

ほむら「……寝ましょう」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:44:21.55 ID:kt0kw3uL0
杏子「マミの奴は戦線離脱、か……」

QB「でも、あの街はまた新たな魔法少女が誕生した」

杏子「そのさやかって奴をぶっ潰せば、あたしがこの街の魔法少女だ」

杏子「ポッと出の新人なんかに、あたしが負けるはずねぇさ」

QB「そう簡単にいくかな? 暁美ほむらの存在も気になるし……俺もいる」

QB「彼と戦う可能性だってある。マミが殺されかけたほどの魔女を一瞬にして葬り去る力を持つ、ね」

杏子「はっ! そんなのあたしにだって出来るさ!」

杏子「美樹さやか、暁美ほむら、そして俺……全員まとめてぶっ潰してやるよ!」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:47:37.66 ID:kt0kw3uL0
シュウウウ

さやか「これで魔女退治完了、と」

まどか「お疲れ様、さやかちゃん」

QB「さやかもだいぶ戦いに慣れてきたね」

さやか「でしょ? この街の平和は私が守ってみせるからね」

杏子「……あんたが美樹さやかか。噂以上に大したことなさそうだな」

まどか「だっ、誰!?」

杏子「あたしは佐倉杏子、魔法少女さ。ったく、チンタラした戦い方してんじゃねえよ」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:50:06.89 ID:kt0kw3uL0
杏子「大体今のは使い魔だろ。何人か喰わせて魔女になるのを待った方がいいだろが」

さやか「な……何、言ってんの……?」

杏子「グリーフシードを落とさない使い魔なんて狩るだけ無駄ってことだよ」

杏子「人助けなんかで契約してんじゃねえよ。甘っちょろい奴だな」

さやか「あんたは……」

まどか「さ、さやかちゃん……」

杏子「いずれにせよ、お前は邪魔だからな。退場してもらうよ!」

さやか「あんたなんかに……負けない!」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:53:04.38 ID:kt0kw3uL0
さやか「ぐっ!」

杏子「はん。他愛もないな」

さやか「……まだ……負けない……!」

杏子「へぇ、全治三ヶ月ってくらいに痛めつけたつもりなんだけど」

QB「彼女は癒しの力を持ってるからね。回復力も人一倍さ」

杏子「……めんどくせぇな。いっそ、ここで死ぬか?」

さやか「ううっ……」

まどか「キュゥべえ! お願い、やめさせて!」

QB「それは僕には出来ないよ。あんな戦いに割り込めるのは、魔法少女だけさ」

杏子「あばよ!」

まどか「さやかちゃん!」



ズガァァァァン!

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:56:21.64 ID:kt0kw3uL0
杏子「…………」

杏子「……あんた、誰?」

QB「そう……割り込めるのは、魔法少女だけ……」

QB「たった一人の例外を、除いてね」



俺「何か騒がしいと思って来てみたが……どうやら、いいタイミングだったようだな」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 19:59:41.91 ID:kt0kw3uL0
まどか「俺さん!」

俺「さやか、大丈夫か」

さやか「あ……はい、何とか……」

杏子「そうかい、あんたが俺か。噂は聞いてるよ」

杏子「マミの奴も今みたいに助けたんだろ? 他人を守るために戦うなんざ、虫唾が走るぜ」

俺「……初めて見る顔だな。魔法少女みたいだが」

杏子「あたしは佐倉杏子。ここは絶好の狩り場なんでな、そっくりいただきに来た」

杏子「あんたらみたいな奴らがいると面倒なんでな……相手になってもらうよ」

さやか「俺さん……こいつは、私が……!」

俺「まだ完治してないだろう。魔女との戦いの疲れも残っているはずだ」

俺「だから……ここは、俺に任せな」

杏子「いいぜ……その余裕、すぐに吹き飛ばしてやるよ!」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:02:11.15 ID:kt0kw3uL0
杏子「潰れな!」グッ

俺「…………」

杏子(……うっ!)ピタッ

QB「杏子が……槍を掲げたまま、止まった……?」

まどか「……ど、どうなってるの……」

杏子(こ、こいつ……)ダラダラ

俺「どうした、俺を潰すんじゃなかったのか?」

杏子(何なんだよ……ただ突っ立ってるだけなのに、この威圧感は……!)

杏子(ま、間違いない……攻撃したら、その瞬間……やられる!)

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:05:31.26 ID:kt0kw3uL0
杏子「くっ!」ズザッ

俺「もういいだろ。これ以上やっても無駄だ」

ほむら「……その通りよ。佐倉杏子、ここは引きなさい」

まどか「ほむらちゃん!」

さやか「て、転校生……」

杏子「……ちっ。さすがに分が悪いな」

杏子「ここは引いてやるよ。だが……また、必ず来るぜ」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:07:52.47 ID:kt0kw3uL0
まどか「さやかちゃん、大丈夫!?」

さやか「うん……ありがと、まどか」

俺「なぁ……今のは、誰なんだ?」

ほむら「彼女は佐倉杏子。巴マミが戦線離脱したことで、彼女のテリトリーを奪いに来たのね」

さやか「あいつ、絶対許せない! 他人を犠牲にしてまで、グリーフシードを得ようなんて!」

QB「確かに彼女はさやかやマミと違う。徹頭徹尾、自分のために魔法少女としての力を使う気だね」

さやか「そんな自分勝手な奴、放っておけない!」

俺「……佐倉、杏子か……」



杏子(……何なんだよ、あの俺とかいう男は)

杏子(あたしより強い、なんて次元じゃねえ……魔法少女でもないのに……)

杏子(一体、この街はどうなってやがんだ……)

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:10:25.12 ID:kt0kw3uL0
ほむら「で、今日は何を聞きに来たの?」

俺「あの杏子ってのはどんな奴なんだ」

ほむら「佐倉杏子……彼女は、自分のためだけに魔法少女の力を使おうとしているわ」

俺「なるほどねー、それでさやかと揉めたってわけか」

俺「でも……単に悪い奴ってわけにも見えなかった」

ほむら「……実際、私達の仲間として一緒に戦う時間軸も存在したわ」

俺「それよりも心配なのはさやかだ。さやかの魔女化だけは絶対に阻止しなくちゃならない」

ほむら「……そうね」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:13:04.68 ID:kt0kw3uL0
シュウウウ

俺「今日も問題なく勝てたか」

さやか「付き合わせちゃってすいません」

俺「いや、何もしてないしね。一人でも立派に戦えてるじゃないか」

まどか「でも、やっぱり俺さんがいてくれると安心できますよ」

さやか「そうそう、マミさんがいない今、頼れる人他にいませんし」

俺「まぁ、あまり気負い過ぎないようにな。それじゃあまた」

さやか「はい。またよろしくお願いします」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:15:17.47 ID:kt0kw3uL0
俺「ワルプルギスの夜が来るまであと10日……」

俺「何事もなく過ぎ去ればいいんだが」

プルルルル

俺「携帯か、珍しいな……まどか?」

俺「もしもし?」

まどか「俺さん、大変です! さやかちゃんと杏子ちゃんが……」

俺「何だって!?」

まどか「お願いです、二人を止めて下さい!」

俺「わかった、すぐ行く! どこだ!?」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:17:15.78 ID:kt0kw3uL0
さやか「そんな……」

杏子「それじゃあたし達、ゾンビにされたようなもんじゃねえか!」

QB「戦いにはこっちの方が都合がいいだろう?」

俺「……これは……どういうことだ……」

まどか「あ……俺さん……」

ほむら「……美樹さやかの、ソウルジェムが……」

俺(……遅かったか……)

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:20:17.56 ID:kt0kw3uL0
ピンポーン

ほむら「いいわよ、あがって」

俺「……ああ」



俺「……なるほど、まどかがさやかのソウルジェムを……」

ほむら「恐れていた事態が起こってしまったわね……」

俺「
『こんな体では恭介と付き合う資格なんてない』……さやかなら、そう考えるだろうな」

ほむら「今までのループをもとに考えたら、もう手遅れね」

ほむら「美樹さやかは絶望の果てに魔女となり……倒される」

俺「……何とか、ならないのか?」

ほむら「もう、私にはどうしようもないわ。多分……あなたも、そうなんでしょう?」

俺「……どんなに強くても、こんな時には何の役にも立ちはしない……」

俺「自分が情けなくなるよ、ホント」

ほむら「…………」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:23:42.23 ID:kt0kw3uL0
シュウウウウ

杏子「さ、さやか……お前……」

まどか「さやかちゃん……もうやめようよ、こんな自分を傷つけるような戦い方」

まどか「こんなやり方で勝っても、さやかちゃんのためにならないよ!」

さやか「……それじゃあ、あんたが戦ってよ」

まどか「えっ……」

さやか「自分は何もせず、ただやめろやめろ言ってるだけ。本当に私のためになりたいのなら、同じ立場になってよ」

さやか「まぁ無理だよね。ただの同情で人間やめられるわけないもんね」

俺「さやか……気持ちはわかるが、言いすぎだ」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:25:59.74 ID:kt0kw3uL0
俺「まどかが本気でお前を心配していること、わからないわけじゃないだろう?」

さやか「あはは、心配なんていらないですよ。私、死んでるようなもんですから」

俺「……そんなに自分を追い詰めるもんじゃない」

さやか「……じゃあ、私を元の体に戻して下さいよ」

俺「……さやか……」

さやか「あれほど強いんだからそのくらいできるでしょう? 今の魔女だって、一瞬で倒せるんでしょう?」

さやか「それなら……女の子一人助けることくらい、わけないんじゃないですか?」

俺「…………」

さやか「できないんですか? じゃあ俺さんも、まどかと同じですよ」

杏子「おいてめぇ、いい加減にしろよ!」

さやか「誰も……私のことなんて、助けてくれないんだ……」

まどか「さやかちゃん……」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:28:09.64 ID:kt0kw3uL0
ほむら「多分、明日か明後日にでも美樹さやかは魔女になる」

俺「……そうか」

ほむら「今回は巴マミも生存してるし……何より俺、あなたがいる」

ほむら「絶対に勝つために、できれば彼女もワルプルギスの夜との戦いに参加してほしかったのだけど」

俺「……なぁ。ワルプルギスの夜って、どのくらい強いんだ?」

ほむら「正直、私一人では勝負にならない……全員揃えばあるいは、ってところかしら」

ほむら「もっとも、過去のワルプルギスが本気だったという前提だけどね」

俺「だが……さやかはもう……」

ほむら「美樹さやかの力は惜しいけど……それでも、あなたがいればまず間違いないと踏んでるわ」

俺「……俺がいれば、か……」

俺「…………」

俺「決断が、必要かもな」

ほむら「え?」

俺「いや……今日は帰るよ、また明日な」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:30:27.83 ID:kt0kw3uL0
さやか「誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない」

さやか「私達魔法少女って、そう言う仕組みだったんだね」

杏子「さやか、アンタまさか……」

さやか「あたしって、ほんとバカ」

パキィィィィン

杏子「さやかぁぁぁぁぁぁっ!」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:33:01.06 ID:kt0kw3uL0
ほむら「今日……美樹さやかは、魔女になったわ」

俺「……そうか……」

ほむら「明日、魔女となった美樹さやかは倒される……一応、あなたには伝えておくわ」

俺「…………」

ほむら「気持ちはわかるけど、魔女となった以上美樹さやかは倒すべき敵よ」

俺「……あぁ、そうだな……」

ほむら「念のため明日はあなたも来てちょうだい。迎えに行くから」

俺「ほむらは……さやかが魔女になっても、何も思わないのか?」

ほむら「……考えても仕方ないことよ」

俺「そう、かもな……今日は帰るよ」

ほむら「……じゃあ、明日ね」



俺「……ワルプルギスの夜との決戦は近い」

俺「決断が必要……いや、考えるまでもないか」

俺「もう、俺のやるべきことは決まってるんだから」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:36:04.57 ID:kt0kw3uL0
ほむら「決心はついたかしら」

俺「……あぁ」

ほむら「佐倉杏子はまどかと一緒に人間に戻そうとしているみたいだけど、それは実らない」

ほむら「だから……行くわよ。美樹さやか……いえ、人魚の魔女を倒しに」

俺「……すまない、ほむら。先に行っててくれ!」

ほむら「ちょっと、どこ行くの!」

俺「少し寄る所がある……後で必ず行くから、それまで……もたせてくれ!」

ほむら「俺!」



俺(自分が何をしているかはわかっているさ……)

俺(この行動がどういうことを招くかってことも)

俺(でもさ……やっぱり俺は、さやかを放っておけねぇよ……だから)

俺(すまない、ほむら)

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:38:36.10 ID:kt0kw3uL0
まどか「さやかちゃん……私だよ、気付いて!」

オクタヴィア「ウウウオオオオオオオ!」

杏子「ほむら、俺の奴は何してるんだよ!」

ほむら「わからないわ! 突然寄る所があるとか言って……」

杏子「くそっ……さやか、本当に友達の顔も忘れちまったのかよ!」

タッタッタッ

俺「みんな、大丈夫か!」

ほむら「俺! 遅いわよ……って、え!?」

まどか「それ……さやかちゃんの体に……」

マミ「…………」

まどか「マミさん!?」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:41:28.62 ID:kt0kw3uL0
マミ「簡単にだけど話は聞いたわ……美樹さん、本当に魔女に……」


ほむら「どういうつもり……」

オクタヴィア「アアアアアアアア!」

杏子「いいから加勢してくれ! そろそろいい加減きついぜ!」

俺「いや……加勢するまでもないさ」

俺「たった一つの魔法だけで、終わらせる!」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:43:49.40 ID:kt0kw3uL0
俺「大の苦手分野だからな……ちょっと魔法陣の力を借りることにした」

まどか「魔法陣?」

俺「あぁ。魔法陣は円や文字を組み合わせることで、術者の魔力を増幅させる図形だ」

俺「それを……さっきまで描いていた。この結界を覆うようにな」

俺「これなら多分、いけるはずだ」

ほむら「……あなた、まさか!?」

俺「魔法少女が魔女になるのは、いわば魔力による変異」

俺「それなら……出力さえ十分なら、治癒魔法で戻るはずだ!」

QB「馬鹿な、そんなことが……!」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:46:28.13 ID:kt0kw3uL0
俺「さやか……お前、正義の味方になりたいって言ってたよな」

俺「そりゃあ人生いいことばかりじゃねえ辛いことだってある。苦しいことだってある。」

俺「でもよ、正義の味方になりたいって言って、街を守るために戦ってるお前……カッコよかったぜ」

オクタヴィア「アアアアアアアア!」



俺「だから……いつまでも絶望してないで、また立ち上がってみようぜ、さやか!」

俺「『天使の曙光(クラレ・ルーチェ)』!」



パァァァァァァァァァ



QB「嘘だ……そんな、まさか……!」

杏子「さやかぁぁぁぁーっ!」

まどか「さやかちゃん……また、一緒に遊ぼう!」



さやか「う……うぅん……」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:49:18.75 ID:kt0kw3uL0
杏子「さ……さやか……」

まどか「さやかちゃん! よかった、本当によかった……」

マミ「美樹さん、よかったわね……」

さやか「みんな……ごめんなさい、私……」

まどか「ううん、いいんだよ。さやかちゃんが戻ってきてくれれば……」



ほむら「……やったわね」

俺「…………」

ほむら「これで……最高の状態で、ワルプルギスの夜を迎えられるわ」

俺「嬉しいのはそれだけじゃないだろ? 本当はほむらも、さやかのことが心配だったんだろう」

ほむら「……否定はしないわ」



QB「やれやれ、俺……君には本当に驚かされたよ」

さやか「……キュゥべえ!」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:52:08.87 ID:kt0kw3uL0
マミ「……キュゥべえ、ショックよ……あなたにずっと騙されていたなんてね」

QB「僕としては騙したつもりはなかったんだけどね」

QB「それに、そんな浮かれ気分でいられるのかい?」

ほむら「……どういう意味かしら」

QB「確かに美樹さやかは魔法少女に戻った。でも、根本的な問題は何一つ解決していない」

QB「上條恭介のことで……結局はまた、ソウルジェムが濁り再び魔女になるだけさ」

俺「……いや、その心配はない」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:54:45.02 ID:kt0kw3uL0
QB「なぜ、そう言えるんだい?」

俺「みんな……今、ソウルジェムを持ってるか?」

杏子「え……あれ、ない!?」

マミ「私も……おかしいわ、落としたなんてことは……」

さやか「ま、まさか……」

俺「あぁ、『天使の曙光(クラレ・ルーチェ)』の効力はソウルジェムにも及んでいた」

俺「魔法少女の力こそ残っているが……それ以外はもう、普通の人間と変わりないさ。だから魔女になることもない」

QB「…………」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:56:12.42 ID:kt0kw3uL0
まどか「それじゃあ、さやかちゃん……」

さやか「私……人間に……」

マミ「……ありがとう、俺さん……私……」

杏子「へへっ、すげぇじゃんお前!」

俺「……ま、恋愛までは助けてやれないけどな。それはさやか、お前の力でやってみな」

さやか「はい。私……恭介に告白します! 本当に、ありがとうございます……」

ほむら「……よかったわね、美樹さやか」



QB「……やれやれ、すっかりお祭りムードかい」

QB「でも、彼女達は一つ大きなことを見落としている」

QB「僕にとっては美樹さやかが人間に戻ろうがどうでもいい。最終的にまどかが契約すればいい」

QB「礼を言うよ、美樹さやか。君のおかげで、僕は勝利に大きく近づいたのだから」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 20:58:27.34 ID:kt0kw3uL0
ほむら「…………」

ほむら「……今日は来ないのかしら……」

ほむら「な、何言ってるのよ! これじゃまるで楽しみにしているみたいじゃないの!」

ほむら「でも……私も、普通の体になったのね……」

ほむら「……ありがとう、俺……」

ほむら「……寝ましょう」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:00:43.37 ID:kt0kw3uL0
俺「あ……」

ほむら「昨晩は来なかったのね。まぁ別にいいけど」

俺「…………」

ほむら「ワルプルギスの夜は来週訪れる。でも私達は全員揃って最高の状態……負けられないわ」

ほむら「今夜その作戦会議をやる。当然参加するわよね?」

俺「……すまない、俺は降りる」

ほむら「……そう。まぁ予定があるなら仕方ないけど、また……」

俺「違う、この戦いから降りるってことだ」

ほむら「……え?」

俺「俺はもう戦わない。ワルプルギス戦には参加しない」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:04:02.06 ID:kt0kw3uL0
ほむら「……冗談、でしょ……?」

俺「本当だ。もうお前らとも関わることはない」

ほむら「何でよ……あの時、力の限り協力するって言ったじゃない!」

俺「すまんな、あれはなしってことで」

ほむら「意味がわからないわ! 私達、仲間じゃなかったの!?」

俺「俺はたまたまこの街に立ち寄っただけさ。仲間なんて言えるほど親しくないだろ」

ほむら「…………」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:06:29.96 ID:kt0kw3uL0
俺「第一、並みの魔女ならともかくワルプルギス相手に命をはってまで戦う義理なんて……」

パァン!


俺「…………」

ほむら「……最低!」

ほむら「ずっと……信じてたのに……」

ほむら「大っ嫌い!」ダッ

俺「…………」

俺「……じゃあな、ほむら」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:10:18.87 ID:kt0kw3uL0
まどか「俺さんが……」

さやか「そんなこと言う人には、見えなかったけどなぁ……」

ほむら「あんな奴のことはもう知らないわ」

杏子「ちっ、臆病風に吹かれやがって」

マミ「でも……これは元はと言えば、私達の問題よ。彼には関係ないわ」

さやか「そうそう。せっかく助けてもらったんだし、今度は私達が頑張る番だよ!」

ほむら「……今なら、私の秘密も話せるわね」

まどか「ほむらちゃんの秘密?」

ほむら「教えてあげるわ。私の能力と……目的を」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:13:06.55 ID:kt0kw3uL0
俺「…………」

QB「まだ見滝原に残っていたんだね」

俺「……キュゥべえか。ま、最終決戦の行方は気になるしな」

QB「正直君が脱落してくれてホッとしたよ。まどかを契約させることが僕の目的だからね」

俺「まだ勝てないと決まったわけじゃないだろう」

QB「無理さ。あれは天災と言ってもいい、史上最強の魔女だ」

QB「いかに暁美ほむら達が強かろうと、どうこうできる相手じゃないさ」

俺「とは言っても、可能性はゼロじゃない。わずかな希望にかけるとするよ」

QB「……僕はもう行くよ。君も巻き込まれたくなければ、さっさとここを離れた方がいいんじゃないかな」



俺「…………」

俺「そう、可能性はゼロじゃないんだ……」

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:16:19.64 ID:kt0kw3uL0
杏子「あと、三日か……」

ほむら「まどか、わかってるわよね」

まどか「うん、大丈夫。今までほむらちゃんが頑張ってくれたんだもん……私、絶対契約しないよ」

マミ「……結局、俺さんは来ないのかしら……」

ほむら「あんな奴、もう忘れなさい。直前になって全部放棄して逃げ出すような臆病者は」

さやか「うーん……それなんだけどなぁ……」

ほむら「何か言いたいことがあるのかしら、美樹さやか」

さやか「私には……やっぱり、俺さんが事情もなしにそんなことする人には思えないんだよね」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:19:01.06 ID:kt0kw3uL0
まどか「うん、それは私も思う……」

ほむら「何言ってるのよ。そうしなきゃいけない事情があったとでも言うの?」

杏子「まぁ、可能性としちゃ無いわけじゃないけどよ」

マミ「それとも、私達を治すことまで手を貸したから最後くらい自分で頑張れ、とか……?」

ほむら「でも、彼は確かに約束したわ。ワルプルギスは俺が倒す、って」

さやか「……あれ? ちょっと待って。そういえばあの時……」



『治癒魔法か……正直大の苦手だ』

『物を壊すってのは一瞬だが、直すのは大変だ』

『消費する魔力も桁違い、治癒魔法自体かなり難しい分野なんだよ』

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:21:20.23 ID:kt0kw3uL0
まどか「俺さんが、そんなことを……」

さやか「うん。恭介の腕を治してって頼んだ時に、確かに……」

マミ「そして、美樹さん……それに、私達を治した時に使った魔法も治癒魔法だった……」

杏子「魔女、そして魔法少女を人間の肉体に戻す……それも4人分。並大抵のことじゃなかったろうな……」

ほむら「そ、そんな……じゃあ、まさか……」

マミ「……きっと、ワルプルギスと戦わないんじゃない。戦えないのよ」

マミ「あの時に、ほぼ全ての魔力を使い果たしてしまったのだから」



ほむら「俺!」

まどか「ほ、ほむらちゃん! どこへ!」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:23:54.08 ID:kt0kw3uL0
ほむら「はぁ、はぁ……見つけたわ、俺……」

俺「……なんで、俺の居場所を?」

ほむら「知ってたわけじゃないわ。時を止めて探し回ったのよ」

俺「決戦の日の前に、魔力の無駄使いをしていいのか?」

ほむら「グリーフシードのストックはあるから、問題ないわ。それより……ごめんなさい!」

俺「…………」

ほむら「あなたのこと、何も知らずに……あんなに、酷いこと言っちゃって……」

俺「……謝ることはない。一緒に戦うっていう約束を破ることになったのは同じだしな」

ほむら「……ねぇ、俺……ちょっと、来てくれない?」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:26:22.48 ID:kt0kw3uL0
まどか「俺さん!」

さやか「……お、俺……さん……」

俺「……さやか……」

さやか「……ごめんなさい……私なんかの、せいで、俺さんが……うぅっ……」

俺「……泣くことはないさ、さやか」

さやか「だって……俺さんがいないんじゃ、みんなも……」

杏子「さやか……」

マミ「美樹さん……」

俺「はぁ……ほむらといいさやかといい、いちいち一人で背負い込みすぎなんだよ」

さやか「……えっ……」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:29:35.95 ID:kt0kw3uL0
俺「確かに俺はワルプルギスの夜との決戦には参加できなくなった」

俺「でもさ……お前はそれでお手上げです、もう勝てませんって言う気か?」

さやか「い、いや……それは……」

俺「こんなポッと出の奴なんかいなくても、お前には頼もしい仲間がいるだろ」

さやか「……仲間……」

まどか「……そうだよ、さやかちゃん!」

マミ「美樹さん……俺さんが治したのは、あなただけじゃないってこと忘れてない?」

ほむら「あなたに責任があるなら、私達にも全員責任があるってことになるわ」

杏子「そうそう、そんなことはどうでもいいから、一緒にワルプルギスの夜をぶちのめそうぜ!」

さやか「お、俺さん……みんな……」

俺「俺も……この見滝原で、最後まで見届けるよ」

俺「だから……絶対に、負けるなよ!」

さやか「……はい!」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:32:33.41 ID:kt0kw3uL0
ピンポーン

ほむら「あがって」

俺「失礼しまーす」



俺「いよいよ、明日か……不安とかは感じないか?」

ほむら「それが、不思議と全く。ふふ、おかしいわね……相手は最強の魔女だというのに」

俺「みんなも、体調は万全みたいだし、完璧な状態で臨めるな」

ほむら「本当はあなたがいたら、もっと完璧だったのだけどね」

俺「すまないな。俺は避難所で、お前らの勝利を祈ってるよ」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:36:28.75 ID:kt0kw3uL0
ほむら「あなたが来てから……本当に色々なことがあったわね」

俺「最初はヒヤヒヤしたもんだぜ。ソウルジェムのこととかさ」

ほむら「でも……今は何の憂いもない。これも全部、俺……あなたのおかげよ」

俺「いや……これはお前らが頑張った成果さ。俺はちょっと手助けをしただけだ」

ほむら「……そろそろ、私は寝るわ」

俺「睡眠はしっかりとった方がいいな。じゃあ」

ほむら「……おやすみなさい、俺……」

俺「ほむら……ありがとな。俺も、お前と過ごした日々……楽しかったぜ」

ほむら「ありがとう……だったら、ここで終わらせちゃいけないわね」

俺「……あぁ。勝って……また、美味しいお茶でも淹れてくれよな」

ほむら「えぇ、約束するわ。絶対に帰ってくるって」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:39:40.64 ID:kt0kw3uL0
「避難警報が発令されています、市民の皆さんは避難してください。繰り返します……」



ほむら「いよいよね……やっぱり戦うことは無理かしら?」

俺「あぁ。魔法抵抗力はある程度戻ったが……ワルプルギスの夜の前では役に立てそうもない」

俺「完治するには……もう一ヶ月ばかりは休まないと駄目だな」

ほむら「そう……残念ね」

俺「それにしても、別にわざわざ俺なんかに挨拶しに来なくてもよかったんだぜ」

さやか「何言ってるんですか! 私の命の恩人なんですから!」

マミ「ふふ、美樹さんだけじゃないわ……私も、助けられましたよ」

杏子「ワルプルギスの夜を倒したら、また手合わせしてくれよな、俺!」

まどか「俺さん……本当に、今までありがとうございました!」

俺「やれやれ、みんな妙なところで律儀だな」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:44:14.00 ID:kt0kw3uL0
俺「俺さ……こんな奴だから、今まで仲間と呼べる存在に出会えなかったんだ」

俺「だけど、この見滝原に来てからの日々は、かけがえのないものになった」

俺「まどか、さやか、マミ、杏子、そして……ほむら」

俺「みんな、俺の大切な友達であり……仲間だ」

俺「だから……絶対勝って、戻ってこいよ!」

全員「はい!」

ほむら「それじゃあ……行ってくるわ」

俺「あぁ……最後まで諦めなければ、きっと奇跡は起こる」

俺「頑張れよ、みんな!」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:47:36.76 ID:kt0kw3uL0
ガヤガヤ

タツヤ「キャンプなの~?」

知久「ああ、そうだよ。今日はみんなで一緒にキャンプだ」

詢子「こら、あんまりうろちょろすんじゃない」



俺「…………」

QB「やっぱりもどかしいかい? 自分が戦いに参加できなくて」

俺「……キュゥべえか。そういや他の人には見えないんだったな」

QB「見滝原に残ったんだね。死の危険があるというのに、わけがわからないよ」

俺「大丈夫さ。あいつらは……きっと、やってくれる」

QB「無理だと思うけどね。相手があのワルプルギスの夜ではね」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:51:16.12 ID:kt0kw3uL0
QB「俺……君は、本当に何の目的もなしに彼女達に協力したのかい?」

俺「……どうだかな。もしかしたら、俺も仲間ってものが欲しかったのかもしれない」

QB「…………」

俺「そんなもの、出来るはずがないと思ってたけど……心の奥底では信じてたのかもな」

俺「結局、俺も見返りが欲しかったのかな。だとしたら……」

QB「まだまだ、人間らしい……とでも言いたいのかい?」

俺「ま、生物学上は人間だけどさ」

QB「よかったね。彼女達は君のことを友人……仲間だと思っているのは間違いないだろう。特に暁美ほむらはね」

QB「でも……それも今日までさ。彼女達は鹿目まどかが契約しない限り、殺される」

俺「それはどうかな」

QB「……僕はもう行くよ。じゃあね、俺」



俺「さて、ここからは賭けだ……吉と出るか凶と出るか……」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:54:13.75 ID:kt0kw3uL0
ワルプル「アハハハハハハハハ!!」

さやか「押してる……押してるよ!」

杏子「ああ。このままいけば……」

マミ「みんな、油断しちゃ駄目よ!」

ほむら「今回こそ……今回こそ、勝てる!」



QB「へぇ、思ったより善戦してるみたいじゃないか」

まどか「キュゥべえ……私達の勝ちだよ。あなたの企みは、失敗した」

QB「それはどうかな。今は彼女達が押しているようだけど、ワルプルギスの夜の力はこんなものじゃない」

まどか「えっ……」

QB「そろそろ……本気にさせてしまう頃かな」



ワルプル「アハ・・・キャハハハハハハハハハ!!」

グルンッ

ほむら「は、反転した!?」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 21:58:34.63 ID:kt0kw3uL0
ワルプル「キャハハハハハハハハハハハハ!!」

ゴォッ!

杏子「ぐっ!」

マミ「な……何、これ……」

さやか「嘘、でしょ……」

ほむら「…………」



QB「ワルプルギスの夜は反転し、正常な姿勢となった時……本気を出す」

QB「その力は文明を滅ぼすと言われている。残念ながら、彼女達の手に負える相手じゃないね」

まどか「そ、そんな……今までのが、遊びだったなんて」

QB「だけど、まどかが魔法少女になれば話は別さ。だから、僕と契約して……」



ほむら「みんな、諦めないで!」

まどか「ほむらちゃん!?」

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:03:29.24 ID:kt0kw3uL0
ほむら「彼が言ってたことを思い出して……最後まで諦めなければ、きっと奇跡は起こるって」

マミ「……!」

ほむら「ここで私達が負けたら、今まで何のために彼が頑張ってくれたか、わからなくなるわ」

杏子「へっ……そうだな。ここでビシッとカッコいいところ見せないとな!」

さやか「そう、だね……せっかく恭介と付き合えたんだし、ここで負けたら勿体ないものね!」

まどか「みんな……頑張って!」



ほむら(そう……私は自分に誓った。絶対にまどかを救うって)

ほむら(そして、彼に約束した。絶対に帰ってくるって)

ほむら(だから……どんなに敵が強大でも、最後の最後まで諦めない)

ほむら(力の限り戦い続ける……砂時計の、ラスト一粒まで!)

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:07:13.31 ID:kt0kw3uL0
俺「…………」

俺「風が、強いな……」

俺「ほむら、みんな……ありがとな」

俺「最後まで、全力で戦ってくれて……」

俺「キュゥべえ、どうやらこの勝負……」



俺「―――――の、勝ちだ」

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:11:21.69 ID:kt0kw3uL0
ワルプル「キャハハハハハハハハハ!!」

ほむら「もう……時は、止められない……」

杏子「なんて、奴だ……」

マミ「もう……体も、満足に動かないわ……」

さやか「私達、死ぬ……の……?」

QB「まどか、この状況をひっくり返すには……僕と契約するしかないよ」

まどか「み、みんな……」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:14:35.64 ID:kt0kw3uL0
ほむら(今回のループも、駄目だった……)

ほむら(初めて全員揃ったのに、それでも手も足も出なかった……)

ほむら「まどか……ごめんなさい……」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「私の力は……結局、あなたを救えなかったわ……」

まどか「…………」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:18:35.96 ID:kt0kw3uL0
ワルプル「キャハハハハハハハハハ!!」

ゴォッ!

マミ「あ、暁美さん!」

杏子「危ない、避けろ!」

ほむら「無理よ……もう、動けないもの……」

さやか「転校生!」

ほむら「もう、ループしても……意味、ないわね……」

ほむら「さよなら、まどか、みんな……」

まどか「ほむらちゃーん!」

ほむら「さよなら……俺。最後に、あなたに会えて……よかった……」

ズガァァァァァァァァン!!

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:23:10.76 ID:kt0kw3uL0
ほむら(……私、死んだのかしら……)

ほむら(じゃあ、ここは……あの世? それとも……夢?)



「よく頑張ったな、ほむら」



ほむら(……俺の、声? あなたも……あの後、ワルプルギスに……?)

 

「みんなも……もう、大丈夫だ。ゆっくり、休みな」



ほむら(違う……これは、夢なんかじゃない!)



俺「後は……俺に任せろ!」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:27:21.56 ID:kt0kw3uL0
まどか「お、俺さん……」

杏子「俺! 来てくれたのか!」

QB「……やれやれ、ぬか喜びさせるなんて君も人が悪いね」

俺「ぬか喜び?」

QB「そうさ。君はさやか達を助けた時にほとんどの魔力を使い果たしたのは間違いない」

QB「回復するほどの時間もなかったはずさ。だから、今の君は万全の状態とはほど遠い」

俺「……そんな状態だとしたら、今の攻撃でミンチになってるさ」

QB「何だって……!? まさか、君は……!?」

俺「あぁ、察しの通りだ」

俺「今の俺は……全快だ!」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:31:51.63 ID:kt0kw3uL0
杏子「お、俺! でも、何で……」

マミ「確かに今朝の俺さんは、ほとんど戦えなかったはずで……」

さやか「多少の魔法抵抗力は戻っても、ワルプルギス戦には役に立たないって……」

俺「そこさ。多少の魔法抵抗力が戻ったってのがポイントだ」

さやか「え……?」

俺「ハッキリ言って、これは賭けだった」

俺「お前らが全力で戦ってくれることと、『ある魔法』に対し抵抗できるか」

俺「前者は心配していなかったが、今の状態で後者はどう転ぶか分からなかったからな」

ほむら「ある、魔法……?」

俺「あぁ。今までは一応効いてないフリをしていたんだがな」

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:36:17.79 ID:kt0kw3uL0
俺「何度か見せてもらったのが、功を奏したかな」

俺「そのおかげで……その魔法に対し、抵抗すること……」

俺「つまりはその魔法を、俺だけは受け付けなくすることができた」

まどか「そ、それって……」

俺「おかげで……たった一日足らずが、一ヶ月に伸びたから、じっくり回復できたよ」

ほむら「ま、まさか!」

俺「胸を張れ、ほむら。誇っていいぞ」

俺「お前の砂時計(ちから)は……確かに、まどかを救ったんだ!」

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:41:41.83 ID:kt0kw3uL0
俺「闇の淵より顕現せよ……次元を断ちし我が刃!」

ワルプル「キャハハハハハハハハハ!!」

俺「ワルプルギスの夜……文明をも滅ぼすと言われている最強の魔女」

俺「文明か……確かにそりゃ恐ろしい奴だ。最強と言われるのも納得さ」

俺「でも……俺の剣は、文明はおろか次元をも切断する……」

俺「いくぜ相棒! 一撃で、終わらせる!」

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:45:12.59 ID:kt0kw3uL0
ワルプル「キャハハハハハハハハハ!!」ドガガガガガッ!!

俺「無駄さ。そんな攻撃、俺の前には通用しない」

ワルプル「キャハハハハハハハハハ!!」

俺「ワルプルギスの夜……お前も、元は魔法少女だったんだろ」

俺「もう、何も呪わなくていい……今、楽にしてやるよ」パァァァァ

QB「け、剣が……光って……」

俺「じゃあな……ワルプルギスの夜……」

俺「虚無の神撃(グラウンド・ゼロ)!」

ズガァァァァァン!!

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:48:06.17 ID:kt0kw3uL0
ワルプル「ア・・・アハ・・・」

バチ・・・バチ・・・

俺「灰は灰に(ash to ash)、塵は塵に(dust to dust)」



ワルプル「ア・・・ア・・・」

バチ・・・バチ・・・

俺「教えてやるよ……決して明けない夜はない」



ワルプル「アアアアアアアアアアアア!!」

ドカァァァァァァァァン!!



俺「空は……お天道様に、返さなきゃ駄目だぜ」

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:52:13.94 ID:kt0kw3uL0
まどか「……終わった、の……」

マミ「勝ったのね……私達……」

さやか「ありがとうございます、俺さん!」

杏子「へへっ……やっぱりすげぇな、お前!」

俺「いや、俺一人ではどうしようもなかった。みんなが頑張ってくれたおかげさ」

ほむら「…………」

俺「……ほむら……」

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:55:56.90 ID:kt0kw3uL0
ほむら「本当に、何とお礼を言えばいいのかわからないわ……」

俺「言っただろ。困っている人を助けるのは当然だって」

ほむら「それじゃあ私の気が済まないわ……私は全てを捨てて、ワルプルギスを倒すつもりだったのだから」

ほむら「だから……これは、お礼よ」

俺「え?」

ほむら(ほんの一瞬くらいなら……時を止める力も、回復してるはず)



カシャッ



ほむら「ありがとう、俺」

チュッ

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 22:59:21.13 ID:kt0kw3uL0
まどか「お、お礼?」

さやか「別に何かしたようには……」

俺「…………」

ほむら「ど、どうかしたかしら……俺」

俺「あ、あのさ……ほむら」

ほむら「何?」

俺「えっと……今の俺って、全快なんだよ」

ほむら「知ってるわ。それがどうか……」

俺「だから、魔法抵抗力もマックスであって……その……」

ほむら「……っ!」

俺「悪い……かかったフリしてたけど、全部見えてたんだ……」

俺「時を止めて、ほっぺにチューするとこ」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:01:53.16 ID:kt0kw3uL0
さやか「えぇっ!? チューって!?」

まどか「うわぁ、ほむらちゃん大胆だね!」

ほむら「ち……違うのよ! これはお礼! あくまでもただのお礼なんだから!」

ほむら「だから、他意はこれっぽっちもないのよ! 勘違いしないでよね!」

杏子「わかりやすいなぁ、こいつ」

ほむら「わかった!?」

俺「あぁ、わかってるよ。全く他意はない、ただのお礼だろ?」

ほむら「……そう思われるのも、それはそれでなんか嫌!」バシバシ

俺「いててっ! どうしろっていうんだよ!」

マミ「暁美さんって、結構可愛いところあるのね……ふふ」

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:04:49.48 ID:kt0kw3uL0
まどか「ところで、俺さんはこれからどうするんですか?」

俺「まぁ……他に行く所もないし、しばらくは見滝原にいるよ」

さやか「じゃあ、まだまだ一緒に戦ってくれるんですね」

俺「あんまり俺に頼らず、ちゃんと自分で戦うんだぞ」

杏子「へへっ、わかってるよ」

俺「あ、そうだ。家も元の……ほむらの隣りの部屋に戻しておかないとな」

ほむら「!?」

マミ「よかったわね、暁美さん」

ほむら「な、何がよ!?」

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:08:12.24 ID:kt0kw3uL0
QB「やれやれ、どうやら僕の負けのようだね」

QB「それにしても驚いたよ。あのワルプルギスの夜を倒すなんて」

QB「彼女達だけではどうしようもなかった。そして彼だけでもまた、どうしようもなかった」

QB「暁美ほむら……彼女の力が、彼に力を与え……最強の魔女を打倒した」

QB「これが……『絆』ってやつなのかな」

QB「さて、僕は行くとするか……きっと彼女達は、もう絶望なんかしないだろうから」



俺「これからもよろしくな……ほむら!」

ほむら「……よろしくね、俺!」

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 23:09:22.92 ID:kt0kw3uL0
数多の世界で恐れられ

打ち立てし伝説は数知れず



湛えし力は天地を揺るがし

誰一人とて手出しはできぬ



今宵の舞台は見滝原

舞蹈の相手は5人の少女



魔の祝祭(ワルプルギス)を前にして

彼の者は何を想うのか



そんな、変わった物語の一節――――これにて閉幕

彼らの舞台はまだまだ続くが、それはまた、別のお話……

END