1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:23:40.05 ID:0A91m7QWo
蔵馬「ああ、見た者にあの“黒の章”を遥かに超える精神的ダメージを与えるといわれるビデオテープだ」

飛影「どこで手に入れた?」

蔵馬「あまりに危険だからと、コエンマから秘密裏に処分するよう頼まれたんだ」

飛影「秘密裏に処分しろといわれて、なぜオレのところに持ってきた」

蔵馬「だって、こういうのに興味あるでしょう?」

飛影「ちっ……」

飛影「で、いったいどんな内容なんだ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455182619

引用元: 飛影「真・黒の章……?」 


 

幽☆遊☆白書 飛影 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
アルファマックス (2015-06-05)
売り上げランキング: 56,051
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:26:28.05 ID:0A91m7QWo
蔵馬「オレも中身は見てないが、人間の醜さや非道さを徹底的に記録した“黒の章”とはちがい」

蔵馬「再生した者によって内容が変わるという話だ」

蔵馬「特に大切な人と一緒に見ると、よりダメージが大きくなるとか……」

飛影「ほう……面白い」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:30:25.72 ID:0A91m7QWo
飛影「ならオレによこせ」

蔵馬「どうぞ」スッ

飛影「ちなみに見た後は、オレが処分してしまっていいんだな?」

蔵馬「ああ、コエンマには処分したと伝えておく」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:33:26.22 ID:0A91m7QWo
蔵馬「ところで飛影」

飛影「なんだ」

蔵馬「一緒に見る人は、もしかしてあの人ですか?」

飛影「……余計な詮索をするな!」ギロッ

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:38:09.86 ID:0A91m7QWo
……

……

……

ムクロ「真・黒の章……?」

飛影「誰かと一緒に見るとさらにダメージが大きいと聞いたんでな」

ムクロ「ちょうど退屈していたところだ。付き合おう」

飛影「だが、お前の過去を彷彿とさせるようなシーンが出てくるかもしれんぞ。本当にいいのか?」

ムクロ「精神的な脆さは克服したさ。お前のプレゼントのおかげでな」ニッ

飛影「……ふん」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:39:43.19 ID:0A91m7QWo
飛影「じゃあ再生するぞ」

ムクロ「ああ、楽しみだ」

飛影「…………」カチッ

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:42:46.54 ID:0A91m7QWo
飛影『オレがマヌケだと? バカ野郎が、マヌケは貴様だ!
   オレがなにもしないで女を返すと思ったのか!? ボケがァ!
   その女のひたいを見てみろ! 面白いものがあるぞ!』

飛影『はははぁ! たしかに体は返したぞ!
   だがその女の運命はオレの手の中にあるのだ!』

飛影『ははは、うれしいか? その女はオレの部下の第一号にしてやるぞ!
   その目が開き切ればその女は完全に妖怪の仲間入りだ!』

飛影『ほう……! 妖化を鎮静できる仲間がいるとはな。心霊医術の高等技だぞ。
   なかなか有能な相棒を持っているな。
   しかし、なんの秘薬の力も借りずその術を使うのはかなり体に負担がかかるはず。
   続ければ術師自身の命を削ることになるぞ』

飛影『さぁ、楽しくなってきたな! 今度は追いかけっこをしようか!
   この剣の柄の中に解毒剤が入っている!
   女を助けるためにはそれを飲ませるしかないぞ!
   欲しければオレから取ってみろ! 百年かかってもムリだろうがな!』

飛影『な、に!?』

飛影『一瞬にしてオレの間合いに入り込むとは……まるでさっきとは別人だ……。貴様一体……!?』

飛影『……なるほど。自分の仲間に危機が迫ると、実力以上の力を発揮する……。
   最もやっかいな! 最もオレが嫌いなタイプの人間か……!』

飛影『仲間の危機で底力が上昇する典型的なタイプだな。今の一撃は正直いって驚いたぜ。
   だが今の攻撃でこの剣を取り戻せなかったのは致命的だったな。
   もうオレに油断はない! 柄の中の解毒剤を取り戻すチャンスはなくなったぞ!
   もうあの女の“第三の目”が開眼し、妖怪化するのを止める術はない!』

飛影『なめるな! このスピードについてこれるか!
   どうだ!? 貴様にはオレの残像すらとらえることはできまい!』

飛影『! とった! ――ぐっ、は! くっ、そ……!』

飛影『まさか……人間相手に“変身”するはめになるとはな。ぬぅぅぅん! はぁぁ!』

飛影『倍増したオレの妖力に呼応しているようだな。
   くくく、もはや妖化が完了するのも時間の問題だな。
   だがしかぁし! 人の心配をするヒマはないぞ!』

飛影『さすがのお前もこれだけの数の邪眼の呪縛獄から逃れる術はないようだな。
   さっきまでの分、たっぷり返すぞ! は! は! は! は!
   分かったか真の実力の違いが。まあ貴様も人間にしてはよくやったよ……!
   敬意を表し、ひと思いに殺してやる! 死ねーッ!』

飛影『な、なにィ! く、蔵馬、貴様!? どういうことだ!? う! 血を!?
   うあっ、く、くそ、目が……!』

飛影『くっ……蔵馬ァ! 裏切り者め、許さんぞ、ぶっ殺してやる! ――む!』

飛影『……! し、信じられん……! 危機を脱する度、霊力が増大してやがる!
   貴様、危険だ! 恐ろしく危険な存在だぞ……! 全力をもって今貴様を殺す!』

飛影『勝てる……! 今ならまだオレの方が力が上だ! ふはは、逃がさんぞ!
   ふはは、とどめだ、死ねェ! なっ! おおお!』

飛影『……全くもって驚いたヤローだ……まだこんな切り札を隠していやがったとはな。
   だが……今のでほとんど霊力を放出してしまったようだな。
   もう少し戦うのが遅れていたら、やられていたのはオレだったかもしれん。
   ……この期に及んで見苦しいマネはよせ……。どうあがいてももうお前に勝機はない。
   フ……そうだ、それでいい。すぐに残った三人もあの世に送ってやる。安心して先に死ね!』

飛影『……ぎっ! ……!? !? な、に!? だ、だれが……一体!? あ、暗黒鏡!?
   オレがよけることまで計算して撃ったのか……!』

飛影『なんて、奴だ……』

どかっ

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 18:46:27.03 ID:0A91m7QWo
ムクロ「――ふふっ! あ、いや、すまん、失礼……ぷっ! す、すまん」 

飛影「…………」

飛影「邪王炎殺黒龍波ァ!!!」



ドゴォォォォォン!!!



“真・黒の章”は跡形もなく消滅した。







END