1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 14:26:04.87 ID:7RpbxpLV0
向日葵「先輩どれにします?」

綾乃「そうね、このどべちんラーメンってのにしようかしら」

店員「注文の方はお決まりでやすか?」

向日葵「どべちんラーメンをお二つ」

綾乃「私も同じので」


向日葵「先輩…それだとどんぶり4つくることになりますが…」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455254764

引用元: 向日葵「杉浦先輩と二人でらーめん」 


 

ゆるゆり (14)巻 特装版 (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2016-01-18)
売り上げランキング: 417
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 14:33:47.52 ID:7RpbxpLV0
櫻子「ねぇちなつちゃん、ピンクの髪ってなかなかいないと思うんだけど」

ちなつ「個性」

櫻子「地毛?地毛なの?」

ちなつ「さあ」

櫻子「わざと目立つ髪の色にしてるの?ねぇ、ねぇ?」

ちなつ「うーーん私に限ったことじゃねぇだろ殺すよ?」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 17:26:34.34 ID:7RpbxpLV0
結衣「はぁ…最近私のキャラ崩壊気味な気がするんだよな」

りせ「んなことねべ」

結衣「松本先輩?」

りせ「ありがとう私も模索中なのです」

結衣「うん…がんばろ」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:52:03.10 ID:7RpbxpLV0
京子「千歳に聞きたいことがあるんだけれども」

千歳「歳納さんなんやね?」

千歳(これはもしや綾乃ちゃんのことかもしれへん…綾乃ちゃん、うちが頑張るで)

京子「やっぱ言いづらいよ〜」

千歳「なんやねん、遠慮せんでええって」

京子「ち…千鶴がさ、最近心開いてくれたんだ」

千歳「ほぇ…?」

京子「この間は『ありがとう』とまで言ってくれてさ」

千歳(千鶴ったら、ようやく歳納さんに…)

京子「すっごいうれしくってさ」

京子「でもこれってやっぱり千歳がいろいろ手ほどきしてくれたのかなって…ありがとう千歳!」

千歳「歳納さんごめんな…じつはうちは実際は何もしてへんで?」

京子「えっ、じゃあ…」

千歳「千鶴が自分で変わりおったんねん」

京子「あんなにわたしのことを嫌ってた千鶴が…」

千歳「千鶴はああ見えても心の中では仲よくしたがってるんよ?」

京子「」

京子「も〜やっぱり千鶴はツンデレさんだったんだ」

千歳「これからも妹に明るく接してくれたらうちも嬉しいな」

京子「もっちろん!千歳もずっと友達で居よっ!」





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 21:22:26.11 ID:7RpbxpLV0
ゆき「ああこりゃひどい」

めり「もう風がびゅんびゅんだね」

ゆき「登校のときはあんなに晴れてたのにね…」

めり「じゃん!」

ゆき「ん…マフラー?」

めり「うん、ふたりでマフラーしてこ!」

ビュ------ン


ゆき「きゃはっ、ちょっとマフラー小さくない?」

めり「わぁもうゆきちゃんたら自分だけマフラー多くとろうとしてずるいー」


キャッキャウフフ





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 21:42:42.99 ID:7RpbxpLV0
あかり「しおらーめんおひとつください!」

店員「へい、塩ラーメンおまち」

あかり「わーい!」ズルルル

あかり「あちち…ふーふー」

あかり「おいしーい!」

あかり「ふう…この味をしみて柔らかくなったもやしがハムッ」

あかり「うーん絶妙だよぉ〜」


京子「やっぱ上手いな」

結衣「うん、あかりは上手いね」

ちなつ「ほんとにそこにラーメンがあるみたい」


あかり「もぉ!なんであかりはいつもこうなの!!」プンスカ







これですべておわりです
ありがとうございました。
ともあかも次は書けるようにしたいm(_ _)m