1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:11:52.82 ID:WjmpuvVAo

女首領「ここまでだな、ヒーロー」

ヒーロー「くそっ……!」

女首領「さぁ、崖から落としてやる!」ドカッ

ヒーロー「うわぁぁぁ……!」



女首領「フッ、この高さでは助かるまい」

手下「さすがですぜ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455275512

引用元: ヒーロー「うわぁぁぁ!」女首領「フッ、この高さでは助かるまい」 


 

僕のヒーローアカデミア 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-02-04)
売り上げランキング: 23
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:15:14.96 ID:WjmpuvVAo

数日後――

ヒーロー「とうっ! 悪事を働くのはよせ!」スタッ

女首領「なにっ!? バカな……貴様は崖から落ちたはず!」

ヒーロー「落ちたところが森だったから、助かったのさ!」

女首領「おのれ……!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:18:22.82 ID:WjmpuvVAo

……

女首領「ふん、せっかくの復活だったが、この程度か」

ヒーロー「ぐぅ……強い……!」

女首領「さぁ、橋の上から落としてくれる!」バシッ

ヒーロー「うわぁぁぁ……!」



女首領「フッ、この高さでは助かるまい」

手下「やりましたねえ!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:22:17.65 ID:WjmpuvVAo

数日後――

ヒーロー「待ていっ! 悪党ども!」ザッ

女首領「む!? 貴様は橋から落としたはず!」

ヒーロー「川に落ちたから、どうにか助かったのさ!」

女首領「くそっ……!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:26:12.33 ID:WjmpuvVAo

……

女首領「今度こそ終わりだな」

ヒーロー「がはっ……! 俺の必殺技が通用しない……!」

女首領「このビルの上から落としてくれる!」ドゴッ

ヒーロー「うわぁぁぁ……!」



女首領「フッ、この高さでは助かるまい」

手下「ひゃっほう!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:29:13.24 ID:WjmpuvVAo

数日後――

ヒーロー「お前たち、悪いことはやめろ!」バッ

女首領「なんだと!? ビルから落としたはずなのに!」

ヒーロー「下に大きなマットを積んでるトラックが止まってて、助かったのさ!」

女首領「しぶとい奴め!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:32:42.46 ID:WjmpuvVAo

……

女首領「さてと、トドメを刺してやる」

ヒーロー「うぐぐ……無念……」

女首領「この飛行船から落としてくれる!」ポイッ

ヒーロー「うわぁぁぁ……!」



女首領「フッ、この高さでは助かるまい」

手下「おっしゃるとおり!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:34:47.93 ID:WjmpuvVAo

数日後――

ヒーロー「今日こそ決着をつけよう!」シュザッ

女首領「ヒーロー!? 飛行船から落としたはずなのに!」

ヒーロー「海に落ちたおかげで、なんとか助かることができたのさ!」

女首領「なんという悪運の強いヤツだ……!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:38:59.47 ID:WjmpuvVAo

こんなことを繰り返すうち、ついにヒーローは女首領をアジト最上階へ追い詰めた。



女首領「私ももはやここまでか……」

女首領「しぶとい上に、こうもパワーアップを繰り返されてはな……」

ヒーロー「さぁ、観念しろ!」

女首領「観念などするか!」



手下「ひええ……首領サマがやられちまう! どうすりゃいいんだ!?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:43:30.94 ID:WjmpuvVAo

女首領「しかし……貴様にはいいことを教えてもらった!」

ヒーロー「いいこと?」

女首領「それは――」

女首領「こういう時は高いところから落ちれば、助かって逃げられるということをだ!」

女首領「たあっ!」ピョンッ

ヒーロー「なにっ!?」

手下「首領サマァッ!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:45:42.64 ID:WjmpuvVAo

ヒュゥゥゥゥ……



女首領(フフフ、きっとこの下にはなんらかのクッションがあって、私は助かる!)

女首領(――はずなのだが……)

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:48:07.78 ID:WjmpuvVAo

ヒュゥゥゥゥ……



女首領(もしかして、これってこのまま死ぬ流れじゃない?)

女首領(下にあるのって、どう見てもコンクリートだし……)

女首領(このままじゃ私、潰れたトマトみたいになっちゃうわ!)

女首領「いやぁぁぁぁぁぁっ!」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:51:11.30 ID:WjmpuvVAo

――ガシッ!



女首領「えっ!?」

ヒーロー「ふぅ……どうにか先回りして受け止められたな」

女首領「な、なぜだ……なぜ助けた!?」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:55:13.00 ID:WjmpuvVAo

ヒーロー「それは……お前は救いようがない悪ではないと思っていたからだ」

女首領「!」ギクッ

ヒーロー「お前は悪党とはいえ、決して弱い人たちには手を出さなかったし」

ヒーロー「俺を突き落とす時も、俺の生命力なら死にはしないと思っていた……ちがうか?」

女首領「ううっ……」

女首領(そこまで見抜かれてたなんて……恥ずかしい……)

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 20:59:27.95 ID:WjmpuvVAo

ヒーロー「女首領……」

女首領「な、なんだ!」

ヒーロー「えぇと、その……これからは正義の味方となって、俺を助けてくれないか」

ヒーロー「俺の……相棒になってくれないか?」

女首領「……」

女首領「わ、分かった……! そこまでいうのなら……相棒に……なってやる!」



手下「……落ちたな」ニヤッ







おわり