1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:46:36.93 ID:qW3CLKCbo

<オレっ娘系犬娘編>

「よぉご主人」

「遊びに来てやったぜ」

「勝手に部屋まで来るなって?そう固い事を言うなよ」

「おや…雨が降ってるじゃないか」

「これはいけないなぁ」

「びびりのご主人じゃ震えて眠れないだろうしなぁ」

「たく仕方ないな」

「あんたがそこまで言うなら仕方ない」

「全く持って不本意だが仕方ない」

「一緒に寝てやろうじゃないか」

「光栄に思えよご主人」

「あ?そんな訳ないし」

「雷なんかでびびってねーし」ブルブル

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455198396

引用元: 男「うちの犬はどこかおかしい気がする…」【短編集】 


 

犬と私の10の約束
犬と私の10の約束
posted with amazlet at 16.02.12
(2013-11-26)
売り上げランキング: 28,888
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:48:03.19 ID:qW3CLKCbo

<活発系ロリ犬娘編>

ロリ犬娘「ご主人様ぁああああ」

「遊んで遊んで遊んで!!」

「いやっふぅううううううう」

「ばうばうばう♪」

「ボール!?ボール投げてくれんの?」

「ボール!ボール!はやく投げてよ!!」

「じらさないでよぉ!?」

「ひゃっふぅうううううう!!!」ダッ!

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:50:34.42 ID:qW3CLKCbo

<クール系幼犬娘編>

「………」クルクル

「………」クルクル

「……しっぽ」

「………」

「……おいかけるの…たのしい」

「………」

「……えへへ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:52:48.65 ID:qW3CLKCbo

<へたれクールな俺系犬娘編>

俺系犬娘「ふっ…ついにここまで来たな」

「まぁ控えめに言って…楽勝かな?」

「あぁ俺とアンタなら大丈夫だ」

「俺たちの功績を残そうじゃないか」

「おいおい俺を誰だと思ってんだ」

「しっかりこなしてみせるさ」

「…いやなんでもない武者震いだ」

「なんでもないって言ってるだろ」

「………」

「………」

「やっぱり注射はいやぁああああああああ!!!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:55:43.12 ID:qW3CLKCbo
<クンカー系犬娘編>

「………」クンクン

「………」クンクン

「くんくん…あぅ…」

「マスターの匂いは堪らないです」

「意識がぶっとんじゃいそうです」

「くんくん…すんすん」

「あっ!動いちゃだめですマスター」

「くびすじをもっと…うなじも…」

「あぁ…あはぁん…」

「あぁ…最高に幸せです…っ!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:58:12.26 ID:qW3CLKCbo
<お願いしますなんでもしますから系犬娘編>

「助けて下さい!!」

「もうわがまま言いませんから!!」

「おやつもいりません!」

「散歩もなるべく我慢します!」

「三日前ご主人の洋服に粗相したのも謝りますからぁ!」

「もうご主人の布団に潜り込んだりしませんから!あ、すみません嘘です!」


「だから注射は…いやぁあああああああ!!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:04:11.46 ID:qW3CLKCbo
<清純だけど単純系犬娘編>

「マスター!また間違えましたね!」

「あれ程安いミルクはやめて欲しいと言ったじゃないですか!」

「君の食費がかかるから…って私は食費の数十円をケチられたんですか!?」

「ひどいです!あんまりです!」

「私は数十円をケチられるような安い犬では有りません!」

「もうマスターの事なんて知りません」

「貴方の事なんて大嫌いです」

「……え?」

「今度おやつに骨を買ってくれる…?」

「……」

「も、もう一声…」

「干し肉も付ける!?ひゃっほうぅうううう!!!」

「大好きですマスター!愛してますぅうううう!!」

10: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/11(木) 23:21:48.16 ID:qW3CLKCbo
<ヤンデレ僕っ子系犬娘編>

「ふふやはり君は僕の主人にふさわしい」

「あぁ理解しているとも」

「野良犬であった僕を拾ってくれたのは君だ」

「君は僕を見つけてくれた」

「僕は君に一瞬で瞳を奪われた」

「君と出会った瞬間…運命を感じたんだ」

「そんな君という存在を忘れるはずが無いだろう?」

「君と僕が出会えた事は宿命なんだ」

「神が与えてくれた祝福なんだ」

「その運命の関係である僕たちにはさ」

「他のメスはいらないと思わないかい?」

11: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/11(木) 23:24:58.33 ID:qW3CLKCbo
<クールだけど親身系犬娘編>

「これで何度目ですかご主人様」

「えぇそうです5度目です」

「夜更かしをして朝寝坊をするのは」

「今月に入ってもう5度目です」

「……はぁ」

「お仕事が大変なのは分かりますが夜更かしはいけません」

「それでは貴方の体が壊れてしまうでしょう」

「…もうしないなんて言葉は聞き飽きました」

12: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/11(木) 23:28:14.04 ID:qW3CLKCbo

「まったく……はい?」

「え…なんですかこれ?」

「わ、私にプレゼント…?」

「あっ…新しい首輪……」

「……」

「こんな物で私の機嫌を取ろうだなんて無駄ですよ?」

「物に釣られるような安い犬ではありませんので」

「…しっぽが動いているように見えるのは気のせいです」

「…耳がひくひくしてるのは目の錯覚です」

「え?今度一緒に散歩に行こうね…?」

「……」

「よ、喜んでなんていません」パタパタ

14: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:04:53.27 ID:azF8yVUko
<おしとやかな忠犬系犬娘>

「お早う御座いますご主人様」

「お目覚めの時間ですよ」

「あぁ早くベッドから起き上がって下さい」

「あら…御髪が乱れてますよ」ペロペロ

「ふふさぁ早く一階へ降りましょう」

「私のご飯もお願いしますね」

15: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:08:03.30 ID:azF8yVUko
<年上お姉さん系ヤンデレ犬娘編>

ヤンデレ犬娘「私とご主人様の仲も長いですよね」

「えぇ貴方と最初に会ったのは…5歳の時でしたかね」

「とてもかわいらしかったのを今でも覚えています」

「貴方はいつも私と遊んでくれました」

「…うふふそうでしたね」

「私が貴方に付き合って遊んでいたんでしたね」

「私の方が大きかったのに…あっと言う間に越されちゃいました」

「そんな風に思って頂いていただなんて嬉しいです」

「貴方の事が大好きですよご主人様」

「えぇそうです、大好きですよ」

「うふふそうですか嬉しいですね」

「じゃあ私たちは両想いですね♪」

「で?」

「で?」

「とぼけないでください」

「今日の出来事はなんですか」

16: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:09:37.48 ID:azF8yVUko

「散歩の時に見かけた小型犬の事です」

「可愛かったですねぇ」

「あんなに嬉しそうに誰かを撫でる貴方は久々に見ました」

「嬉しそうに…実に楽しそうに…」

「そんなに他の子が気になるんですか?」

「そんなに他のメスが気になるんですか?」

「へーー」

「へぇーーーー」

17: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:10:43.04 ID:azF8yVUko
<野良系犬娘編>

「なんだまた来たのか」

「アンタもしつこい奴だな」

「あぁ餌はありがとう、頂くよ」

「…なんども言ってるだろ私は野良だ」

「人間に飼われるのは性に合わないんだ」

「アンタもさっさと諦めてくれよ」

「それに…あたしなんかよりもっと良い犬なんていくらでもいるだろうに」

「え?あたしだから良いんだって?」

「…ばっかじゃねーの」

「………」

「………」

「…にやけてなんかねーし」

18: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:11:32.39 ID:azF8yVUko
<クール系幼犬娘編その2>

「………」イジイジ

「………」ハグハグ

「……しっぽ」

「………」

「……あまがみするの…たのしい」

「………」

「……ふふっ」

19: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:12:15.19 ID:azF8yVUko
<お嬢様系犬娘編>

「さぁ日課の時間ですわ!」

「とぼけないで欲しいですの」

「さぁ早くしてください」

「丁寧なブラッシングをお願いしますね」

「私の毛並みは常に美しくないといけませんもの」

「んっ…中々上手いですね」

「えぇ、上々ですわ!」

「ん~♪んふふ~~♪」

20: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:13:31.76 ID:azF8yVUko

「ふぅ…さっぱりしました」

「やはりブラッシングは気持ち良いですわね」

「貴方も中々やるじゃありませんか」

「私の飼い主としてはまぁまぁですわ」

「ふふっ…えぇ上出来です」

「はふぅ」

「貴方の腕に抱かれるこの時間」

「…悪くはありませんわね♪」

21: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:15:47.34 ID:azF8yVUko
<クンカー系犬娘編その2>

「………」クンクン

「………」 スンスン

「はふぅ…今日の日課終了」

「やっぱりマスターの布団は最高ですね」

「染みついた汗の匂いが堪まりませんわ」

「さーて次は何しよっかなー」

「……え?」

「……」

「……」

「マスターの下着が廊下に…」

22: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:16:19.72 ID:azF8yVUko

「いやいや」

「いやいやいや」

「ないないそれはない」

「それは流石にないだろ私」

「マスターの下着はいけないでしょう」

「流石の私もそれはまずい事位分かりますわ」

「ましてやその匂いを嗅ぐだなんて…ねぇ」

「人としてどうよ…いや犬だけど」

23: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:18:09.43 ID:azF8yVUko

「でも片づけるだけなら?」

「その際にちょっとだけ嗅いでしまうのは?」

「きっと不可抗力です」

「不可抗力に違いありません」

「神様だって許してくれます」

「私犬ですし」

「DOGのGOD的な意味で」

「……ふぅ」

「……」

「……」

「ひゃっふぅううううううう」

24: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:22:21.56 ID:azF8yVUko
<単純少女系犬娘編>

「あれ?」

「ご主人様…私を抱えてどこへ行くんです?」

「あ、あの…なんか不穏な空気が…」

「おふ……ろ………?」

「お風呂入るの!?」

「お風呂はいやぁああああああ」ジタバタ

「あわあわはきらぃいいいいいい!!!」ジタバタ

25: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:23:01.70 ID:azF8yVUko

「だってお風呂ですよ!?熱湯ですよ!」

「息が出来なくて死んでしまいます!!」

「こんな所で死にたくありません!!」

「そんな死に方は犬死にです!!」

「犬だけに」

「……」

「……」

「お風呂はいやぁあああ!謝るから許してくださいいい」

26: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:23:30.88 ID:azF8yVUko

「あ…あれ?」

「溺れない…」

「それ所か…き、気持ち良い?」

「……」チャプチャプ

「なんか…気持ち良いかもぉ」チャプチャプ

「ふへへ~♪」

「なんかこれ良いですね~ご主人様」

「私これ好きかもです…」

27: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:28:56.72 ID:azF8yVUko
<野良系犬娘編その2>

「はぁ分かったよ」

「あんたの気持ちは十分理解した」

「まさかあれから毎日来るとは思わなかった…」

「けどいいのか?あたしなんかで」

「可愛くないし…毛並みはボロボロだし…」

「元野良犬だなんて皆いやだろう?」

「きっとあんたもがっかりするよ」

「他の犬にしときゃ良かったって…っておい!」

「や、優しくなでるのはやめろ!!」

「いや…嫌いな訳じゃないが…」

「むしろ…うぅ~~~」

28: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/02/12(金) 21:30:04.72 ID:azF8yVUko

「えっ…お前は最高に可愛いから安心しろって?」

「ば!ばっかじゃねーの!?」

「照れてねーよ!」

「はぁ…もう分かったよ」

「今日からよろしくな、…その」

「ご…ご主人様」

「…うるさい!」

「あたしなりのけじめだよ!」

「はぁ…あんたと暮らすのは大変そうだ」

「でもまぁ…そうだな」

「あんたと暮らすのは凄く楽しそうだ」




<終わり>