1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:00:51.90 ID:Qm/BhYwfo
――本日はよろしくお願いします。

魔法使い「よろしくお願いします」

――私も術師のはしくれなので、色々と勉強させていただきたく思っています。

魔法使い「こちらこそ」

――さっそくですが質問です。魔法使いに最も必要なものとはなんでしょう?

魔法使い「それは間違いなく、体力ですね」

――体力?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455364851

引用元: 魔法使い「魔法使いに最も必要なものは体力」 


 

初回限定版 魔法使いの嫁 5巻 (BLADE COMICS SP)
ヤマザキコレ
マッグガーデン (2016-03-10)
売り上げランキング: 17,305
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:03:01.56 ID:Qm/BhYwfo
――魔力ではなく、体力なんですか?

魔法使い「はい、体力です」

――それはいったいなぜですか?

魔法使い「魔法というのは、反動がものすごいんですよ」

魔法使い「それこそ一発撃っただけで肩が外れてしまうこともあります」

――すさまじいですね。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:06:08.41 ID:Qm/BhYwfo
魔法使い「それと……装備品」

魔法使い「杖や魔導書ってものすごく重いんですよ」

魔法使い「試しにこの杖、持ってみますか?」

――うわっ、これは重たいですね。

魔法使い「でしょう?」

魔法使い「魔法の力に耐えきるために、丈夫さと重量を追求した結果なのです」

魔法使い「でないと、すぐ壊れたり吹っ飛んだりしてしまいますから」

――たしかにこれらを扱うには、相当の筋力がいりますね。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:09:23.88 ID:Qm/BhYwfo
魔法使い「それと先ほどお話しした反動というのは、なにも衝撃だけの話ではありません」

魔法使い「たとえば火を出せば肌が焼け、水を出せばふやける」

魔法使い「雷を放てば体じゅうに痺れが残ります」

――自分にも、魔法の効果がある程度返ってくると。

魔法使い「そうなんです」

魔法使い「ですから、魔法というのはめったに使えるものではありませんし」

魔法使い「魔法使いには、あらゆるダメージに耐えうる強靭な肉体が必要になるのです」

――なるほど。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:12:09.95 ID:Qm/BhYwfo
――体力をつけるために、どのような工夫をされているんでしょうか?

魔法使い「まず、食事はタンパク質中心にしております」

魔法使い「鶏のササミや牛ヒレ肉やプロテインなどですね」

魔法使い「それと、毎日のトレーニングも欠かしてはおりません」

――どのようなメニューをこなしているのですか?

魔法使い「腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットを毎日各1000回ずつ」

魔法使い「日によっては、ジョギングや水泳などもメニューに加えています」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:15:19.06 ID:Qm/BhYwfo
魔法使い「あと、やはり自重トレーニングだけではどうしても限界があるので」

魔法使い「毎日ではありませんがジムにも通っています」

魔法使い「そこではダンベルやバーベルなどの器具を使ったトレーニングを行います」

――ご熱心ですね。

魔法使い「ハハハ、一度やり始めると、とことんのめり込むタイプなもので」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:18:13.75 ID:Qm/BhYwfo
魔法使い「それと、最近では組み手やスパーリングもこなすようになりました」

――相手はどういった方なのですか。

魔法使い「東の王国の拳法家さんや、西の共和国のボクサーさんにお願いしています」

――どちらも世界に名だたる格闘家ですね。

魔法使い「ええ、おかげでずいぶん鍛えてもらいましたよ」

魔法使い「最近では、私も彼らからダウンを奪えるようになりました」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:21:51.88 ID:Qm/BhYwfo
――それらの努力の結果が、背後にあるトロフィーや賞状ということになるわけですか?

魔法使い「おっしゃるとおりです」

魔法使い「数々の武術大会や武道大会で、結果を出すことができて嬉しい限りです」

魔法使い「おかげで“大会荒らし”なんて異名をつけられたりもしてますけど」

――これだけ鍛えたら、もう怖いものなんてないんじゃないですか?

魔法使い「うーん、そうですね」

魔法使い「たしかに今の私に弱点といえるものはないかもしれません」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:24:31.50 ID:Qm/BhYwfo
――しかし……果たしてそうでしょうか?

魔法使い「……なに?」ピクッ

――最初にも申し上げましたが、実は私も術師でしてね。

魔法使い「なんの術を使うんです?」

――状態異常を専門としています。

魔法使い「ほう……」

――これからあなたをある状態異常にかけてみせましょう。

魔法使い「それは面白い!」

魔法使い「この鋼の肉体にあなたの術が通じるかどうか、試してみるといい!」

――では、いきます。

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 21:27:44.02 ID:Qm/BhYwfo
――あなた、本当に魔法を使えるんですか?

魔法使い「…………」



魔法使いは沈黙してしまった。






                                     おわり