192: 2013/08/28(水) 00:58:16.23 ID:EkKBJJrp0

--------------------------------------------------------------------

俺ガイルSS『いかにせば比企谷八幡は雪ノ下陽乃の彼氏(偽)足り得るか』

--------------------------------------------------------------------

ガガガ文庫 渡航 著 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている SS 

6巻と7巻の間の話です。

予定よりも長くなってしまいました。中だるみがあったらご勘弁。

引用元: 俺ガイルSS『なぜか学校の階段には怪談話がつきまとう』 


 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX(初回限定生産)(特典CD付)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-03-04)
売り上げランキング: 5,173
194: 2013/08/28(水) 01:00:04.44 ID:EkKBJJrp0

結衣「ヒッキー、今日は一段と目が腐ってるよ!?どうしちゃったの?!」

部室に入ってくるなり由比ヶ浜結衣があいさつもそこそこに顔を引き攣らせた。

八幡「…ああ、気分転換に昔のゲームソフト引っ張り出したら、ついついハマっちまってな。気がついたら徹夜だ」

俺は自分でもわかるほどにどろりと濁った目を由比ヶ浜に向ける。
お陰で授業の内容はほとんど頭に入っていない。まぁ、それは今日に限ったことではないのだが。

ちなみに今日の由比ヶ浜の髪型は、いつもと同じピンクかかった茶髪をお団子にまとめてはいるものの、よく見ると団子の位置が微妙に違うような気がする。
もしかして俺の知らない公転周期があって、少しづつ移動しているのかもしれない。なにそれ超恐いんですけど。

結衣「気分転換って、テスト前でもないのに勉強してたの?」

八幡「いや、漫画読んでたら飽きたんで気分転換」

結衣「それ気分転換じゃないし…」

八幡「つか、おまえ一応クラスメートなんだから、放課後になる前に気がつくだろ普通」

結衣「だって休み時間の間ずーっと一人で机に突っ伏したままだったじゃない?話しかけるタイミングがないっていうか…」モジモジ

八幡「…よく見てんなー。“はっ、もしかして、あなたストーカー?社会的に抹殺されたいのかしら?”」

結衣「あ、似てるー…って、本人いるしっ?!」

振り返ると、俺の反対側、窓際の席に座る黒髪の美少女 ―― 雪ノ下雪乃が、いつの間にか俺に対して氷のような視線を向けていた。
思わず部屋の体感温度が2度ほど下がり、ついでに俺の寿命も3年ほど縮む。ついでなのかよ。

195: 2013/08/28(水) 01:03:40.55 ID:EkKBJJrp0

雪乃「あら、そうだったの。あなたの目が腐っているはいつものことだから全然気がつかなかったわ。飼い主として失格ね」

八幡「なにおまえいつから俺の飼い主になったんだよ?」もしかしておまえの正体、人気覆面作家だったりするわけ?ハサミとか振り回しちゃうの?

雪乃「しつけのなっていない犬を調教するのは飼い主の務めでしょ?ね、ヒキガヤ犬?」ニコッ

ムチとかが妙に似合いそうな超いい笑顔ですね。でも俺にそんな趣味ないですから。全力で遠慮するから。
それにそれ既にしつけじゃなくて虐待ですよね。だれか動物愛護団体呼べよ。あるいは五代将軍とか。

だがしかし、俺もただ黙って聞いているわけではない。目には目を、歯には歯を、皮肉には皮肉で返すのが俺の流儀。例え最後は一方的に罵倒されて終わるにしても、だ。そして俺には究極の最終兵器がある。例えばそう、土下座だ。

196: 2013/08/28(水) 01:04:58.46 ID:EkKBJJrp0

八幡「だったら雪ノ下、おまえ俺のこと養ってくれるわけ?」


―――― ふっ、どうだ?これなら何も言い返せまい?まがりなりにも俺の飼い主を名乗るのなら、当然それくらい…



雪ノ下&結衣「…え?」



…って、え?なに、その超ビミョーな反応。


結衣「…そ、それって、ゆきのんがヒッキーを養うってこと…?」

雪乃「…と、突然そんなこと言われても、わ、私としても、こ、困るというか…」///



八幡「…は?おまえらいったい、なに言って…」

197: 2013/08/28(水) 01:06:48.68 ID:EkKBJJrp0

平塚「うぃーす」ガラッ

オヤジみたいな声をあげながら、奉仕部の顧問、平塚静先生が部室の戸を開けて入ってきた。お陰で微妙な空気も雲散霧消する。

雪乃「先生、部室に入る時はノックを…」

平塚「ん?あぁ、そうかね?まぁ細かい事は気にするな」

相変わらずラフでフランクでアバウトでワイルドな対応ですね。俺が女だったらマジでホレちゃいそう。この先生、いっそ性転換でもしたらすぐ結婚できるんじゃね?

結衣「ひ、平塚先生も目の下に隈ができてますよ?」

平塚「“も”?…うむ、教師仲間のつきあいというやつでな。徹夜マージャンだ」かったるそうに片手で口を覆いながら生欠伸をする。おいもう放課後だぜ。まぁ人のこと言えないけどな。

198: 2013/08/28(水) 01:08:06.16 ID:EkKBJJrp0

結衣「平塚先生って、マージャンもやるんですか?」

平塚「うむ。これでも“哭きの静”といえばそこそこ名の知れた存在でな」平塚先生が自慢げに胸を張る。

いやいやいやいや確かにその胸は自慢するだけのモノはあると思いますけど、何か違うんじゃね?それって教師以前に女性としてどうよ?

八幡「…そんなことばっかしてるからますます婚期が遅れるんじゃないですか?」

平塚「ぐっ…そ、そういう比企谷も今日はいつに増して目の腐り方に磨きがかかってるようだな。そのうち女の子ではなくハエがたかるようになるぞ?」

「ははは…」「ふふふ…」乾いた笑いの応酬が部室にむなしく響きわたる。なにこれ超大人の会話。

199: 2013/08/28(水) 01:09:28.88 ID:EkKBJJrp0

雪乃「規則正しい生活を送らないとそのうち身体壊すわよ」雪ノ下が文庫本に目を落としたまま、ことさら素っ気なく呟いた。

平塚「ほう、雪ノ下が自分から他人の心配をするなんて珍しいな」

雪乃「誰もその男のことなんて心配してません」

平塚「そうかね。私も比企谷のことだなんて一言も言ってないのだがな」

雪乃「!」///

だから真っ赤な顔で俺睨んでどうすんだよ。俺だってどんな顔したらいいか困っちゃうだろ。とりあえず、笑えばいいと思うよ?

八幡「…まぁ俺のことはともかく、確かにお前は長生きしそうだよな」

人類が衰退した後でも妖精さんたちと一緒に普通に暮らしていそう。なにそれどこの調停官なの?

雪乃「比企谷くん、それはどういう意味なのかしら?」

八幡「…いや、なんでもない」

余計なこと言うと、ただでさえ摩耗気味な俺の寿命が更に短くなりそうだからな。既に風前の灯だけど。だれか命の蝋燭足してくれよ。

200: 2013/08/28(水) 01:11:36.97 ID:EkKBJJrp0

平塚「あー、実は今日、奉仕部に客が来る予定でな…」

結衣「ほわわ?お客様?…依頼人じゃなくて、ですか?」

平塚「まぁ、そうだ」

雪乃「“お客様”というからには、やはり外部の方なんですか?」

平塚「うむ。部外者は困ると言ったのだが、どうやってか総務にねじ込んだらしくてな」

平塚先生にしては、いつになく歯切れが悪い。もしかして苦手な人物なのだろうか。
この人が苦手とするなんて、石頭の教頭とねちっこい学年主任以外には、ダマグモキャノンとかアカヘビガラスあたりしか思い浮かばねぇぞ?

八幡「相当、影響力のある人なんですね」

平塚「まぁ、そうだな…キミたちもよく知っている人物なのだが…」

結衣「私たちも知ってる人…なんですか?」

八幡「部外者で、先生が苦手で、影響力があって、しかも俺たちの知っている人物…?そうか、わかったぞ!犯人は執事だ!」

雪乃「…あなたの頭はいつも平和でいいわね」

八幡「この部活は必要以上に殺伐としてるけどな」今すぐ殺人事件が起きないのが不思議なくらい。

もちろん犯人は雪ノ下で犠牲者が俺。犠牲者が犯人を言い当てるなんて斬新だな。ガリレオもびっくりだぜ。生きてるうちにダイイングメッツセージ残しちゃう?

そう言ってる傍から、部室の扉がノックされた。

201: 2013/08/28(水) 01:12:44.78 ID:EkKBJJrp0

平塚「どうやら来たようだな…入っていいぞ」

「失礼しまーす」

平塚先生の掛けた声とともに、戸がゆっくり引き開けられる。

「あ、いたいた。比企谷くん、やっはろー」

耳に心地よい明るく柔らかな声。男が夢見る理想的なボディライン。女神のように美しく整った顔だち。

そこには、強化外骨格のような鉄壁の外面を纏う美女にして奉仕部部長である雪ノ下雪乃の姉 ―― 雪ノ下陽乃が完璧な笑顔を浮かべて立っていた。

206: 2013/08/28(水) 19:14:01.83 ID:EkKBJJrp0

八幡「は、陽乃さん?!」

目の前に現れた人物のあまりの意外さに、思わずその名前を口にすると、雪ノ下と由比ヶ浜が揃ってムッとした顔を俺に向ける。

んだよ、俺がなんかしたのかよ?もしかして名前言っちゃいけなかったの?ヴォルデモードなの?

雪乃「…なぜあなたが姉のことを気安く名前で呼んでいたりしているのかしら?」

八幡「あ?そりゃ、おまえと同じ名字なんだし、ふたりとも名字で呼んだりしたら、それこそ紛らわしいだろ?」

雪乃「それはそうなのだけれど…」雪ノ下が釈然としない顔で呟く。

陽乃「あら、だったらその場合、より親しい方を名前で呼ぶものじゃないかしら。比企谷くん、雪乃ちゃんのことも名前で呼んであげたら?きっと喜ぶわよ」

雪乃「え?」///

八幡「は?こいつを?名前で?俺が?なんで?」イミフだろそれ。むしろイナフにイミフである。

つか、恐くて名前でなんかで呼べるわけねーだろ。緊張して、例え三文字でも絶対に噛む自信がある。間違いなく間違えて噛む。いや何いってんの俺?
それどころか気恥ずかしさのあまり悶絶して、呼んだ途端に自分の舌を噛み切るまであるかもしれない。
なんで女の子の名前呼んだだけで敵に捕まった忍者みたいな最期迎えなきゃならないんだよ。

207: 2013/08/28(水) 19:15:49.97 ID:EkKBJJrp0

わけもわからず当惑している俺の袖が、ちょいちょいと引かれた。

八幡「あ?なんだよ?」振り向くと由比ヶ浜が上目遣いに俺を見ている。

結衣「ひ、ヒッキー、わ、私のことも名前で呼んでいい…から…ね?」/// モジモジ

八幡「いや、おまえの場合、そもそもひとりしかいねーわけだから、それこそ名前で呼ぶ必然性皆無だろ?」

結衣「むぅ…」

なに膨れてんだよ?お前、フグなの?もしかして由比ヶ浜じゃなくて越ヶ浜だったの?

陽乃「あー、そうだっ!ならいっそのこと、比企谷くんが私のことを“義姉さん”って呼ぶのはどうかしら?」

雪乃&八幡「!」///

八幡「…なぜかその言葉には不穏なアクセントが含まれている気がするんですけど?」ヒクッ

どうかな、じゃねぇだろ。どさくさにまぎれて何言ってんだよこのひとは。

はっ?!もしかして実は妹の小町狙いなの?
俺に自分のことを姉と呼ばせることで、ゆくゆくは小町を自分の妹にするつもりだとしたら、なんという深謀遠慮な目論見。諸葛亮孔明もびっくりの策士さんだぜ。

だが“小町のお兄ちゃん”という称号は世界でただひとり、俺だけのものだ。
例え相手が姉といえど、小町に“お兄ちゃん”と呼ばれる権利は絶対に譲るつもりはない…まぁ、さすがに譲られても困るかもしれないが。姉なんだし。

208: 2013/08/28(水) 19:17:50.33 ID:EkKBJJrp0

雪乃「こ、コホン。…ところで今日はいったい何の用なのかしら、姉さん?」///

いつものことながら雪ノ下の声は、実の姉に向けるにしてはあまりにもよそよそしく、過剰なトゲが含まれているような気がする。
おまえトゲトゲしすぎだろ、クリのイガかよ?
もしこれでツンデレだとしたら、あまりにもツンツンしすぎて、デレ成分いったいどこやったんだよって感じだ。

陽乃「あら、雪乃ちゃん、ごあいさつね。お姉ちゃんがかわいい妹の様子を見に来たって別に不思議はないでしょ?」

八幡「うんうん、その気持ちわかるわー。俺だって妹の小町のことが心配で心配で、できれば24時間監視したいくらいだからな」

結衣「うわぁ…。でた、シスコン…」なぜか由比ヶ浜がドン引きしている。

八幡「あぁ?妹のいないお前に妹を持つ兄の気持ちの何がわかるっつーんだよ?」

結衣「ヒッキーのシスコンが犯罪レベルだってことくらいわかるしっ!」

ちっ、これだから一人っ子は困るんだよな、常識がなくて。
こんなのはまだグレイ・ゾーンだ。

ちなみにどこぞの電〇文庫の兄みたく、妹に告白して、あまつさえ公開プロポーズまでしちゃうのは明らかにレッド・ゾーン。
更にそこから先はトワイライト・ゾーンに突入しちゃうので素人の兄には注意が必要。コミケで売ってる薄くてアレな本とかな。

209: 2013/08/28(水) 19:19:54.89 ID:EkKBJJrp0

雪乃「姉さんが私の心配?ありえないわね。今度は何を企んでいるのかしら?」雪ノ下がピシリと言い返す。

陽乃「比企谷くーん、今の聞いたー?雪乃ちゃんたら酷いんだよー。くすんくすん」

八幡「はは…」もちろん俺の口からは砂漠のように乾いた笑いしか出ない。むしろ笑いが出ただけでも誉めて欲しいくらい。笑ゥはぁちぃまん。どーん!!!!

まぁ、この人の場合、日頃の言動からしてアレだから、妹のこうした態度も致し方ないと思うのだが。
これでも文化祭の一件依頼、いもうとのんの態度は軟化している方だ。これで柔らかくなったくらいなんだから、もとはどんだけバリバリに硬質だったんだよって感じ。
いいから誰かもうこいつのためにシカクいタイドをマルくする問題集とか作ってやれよ。

210: 2013/08/28(水) 19:21:17.26 ID:EkKBJJrp0

平塚「まぁ待て、雪ノ下。陽乃もこうしてわざわざ学校まで来たんだ。話ぐらい聞いてやったらどうだ?」平塚先生がとりなすように割って入る。

雪乃「せ、先生がそうおっしゃるなら…」雪ノ下が不承不承という感じで頷いた。

陽乃「うふっ、静ちゃん、ありがと」

平塚「その名前で呼ぶのはやめろといったはずだ」///

なぜか照れる平塚先生。でもちょっとかわいいかも。しずかわいい。俺も呼んじゃおっかな。瞬殺されそうですけど。

陽乃「でも今日はね、実は雪乃ちゃんじゃなくて、比企谷くんの方に用というか、お願いがあってきたの」

八幡&雪乃&結衣「えっ?!」

八幡「…俺にお願い?貴女が?」なんかイヤな予感がする。つか、むしろイヤな予感しかしない。

アレだ、俺の野生の勘が全力で赤信号を点している。
例え飼いならされた社畜になっても、持って生まれた本能と野生の勘をバカにしてはいけない。
俺の場合少なくともテストの時の鉛筆ころがしと同じ的中率を誇る。いやなんか微妙だなそれ。

211: 2013/08/28(水) 19:25:11.44 ID:EkKBJJrp0

八幡「…か、金ならないですよ?なんなら飛び跳ねてみせましょうか?」

陽乃「比企谷くん、私のこと、何か誤解してない?」

まぁ、確かに理解しているとは言えないが。つか、できたらしたくない。女性不信とかなりそうだし。いやそれ以前に俺、人間不信だけど。

雪乃「比企谷くんからお金を借りようなんて考える人はいないから安心なさい。あなたの懐事情なんて、火を見るより明らかですもの」雪ノ下がため息まじりにつぶやく。

八幡「なんでお前が俺のサイフの中身まで把握してるんだよっ?!」火を見るよりって、実は既に火の車なんですけどね。残念でした。俺が。

雪乃「あら、だっていつも二言目にはカネがない、カネがないって言ってるでしょ?」

八幡「え?まじ?俺、そんなこと言ってた?」

雪乃「あなたの場合、わざわざ口にしなくても、ちゃんと顔に書いてあるわよ?」

八幡「俺の顔、ツイッターじゃねぃし」

雪乃「当然よ。だってあなたの顔はフォローのしようがないもの」

八幡「うまいこと言ったつもりかっ!?」

雪乃「いい加減、お小遣いの管理くらいちゃんとしておかないと、将来借金で身を持ち崩すことになるわよ。
   あなたのような計画性のない男にお金を貸してくれるような奇特な人がいれば、の話だけれど」

うん、八幡知ってる。ご利用は計画的にって、消費者金融も明るい家族も言ってるし。

212: 2013/08/28(水) 19:27:06.10 ID:EkKBJJrp0

陽乃「あら、だったら将来は雪乃ちゃんが面倒みてあげればいいんじゃないの?金銭面に限らず色々と、ね?」

雪乃「なっ?」///

八幡「イヤだ…それだけはイヤすぐる」

きっと財形貯蓄だの生命保険だので俺の手元にはスズメの涙程度しか残らない。
昼飯代だって1コインで、それでいて自分は陰でママ友と豪勢なランチとかしてるに違いない。なにそれ具体的過ぎていったいどこの誰の話だよ。

雪乃「この男に貸すようなお金なんて一円たりとてもないわ。それならドブに捨てる方がまだましね」

八幡「いやドブに捨てるくらいなら恵まれない人たちに寄付してやれよ。そうだな、例えば俺とか。俺なんか超恵まれてないぞ、特に友達に」

雪乃「あなたの場合、恵まれている、いない以前に、最初から最期まで友達と呼べる人がいないだけでしょ?」

結衣「…最後までいないんだ」

八幡「つか、おまえなんかにカネ借りたりなんかしたら、そこいらの闇金よりも相当エゲツなく取り立てしそうだよな」

地の果てまでも追ってきたうえに、払えないなら内臓売れとか言い出しかねない。
肺や腎臓ならふたつあるからいいよね、とか。ぜんぜんいくねえし。借金返済のために臓器売買で俺の身体から臓器がバイバイしちゃいそうなんですけど。

雪乃「あなたこそ、借りた恩を十倍にして返してくれそうよね………仇(あだ)で」

なにそれどこのバブル組だよ。

213: 2013/08/28(水) 19:28:47.91 ID:EkKBJJrp0

陽乃「おやおや、相変わらず仲がいいんだねー。お姉ちゃんが許すから、もう、さっさと付き合っちゃえば?」

結衣「えっ?!」

雪乃「だ、だから」///

八幡「違うっつーの」///

なんでそうなるんだよ。目が腐ってんじゃねえの?あ、それは俺でした。

八幡「あー…、それで、お金のことじゃないとしたら、俺に頼みっていったいなんなんですかね?」

あまり心臓によさそうでもないが、一応聞いてみる。
だいたい、この人が俺に頼み事なんて見当もつかない。いもうとのんじゃないけど、やはり勘繰りたくもなってしまうのは仕方ないだろう。

陽乃「あ、そうそう!」思い出したかのように胸の前でポンと手を打つ。

自分の魅力を充分に理解してるだけに、可愛らしい仕草が逆にあざとい感じもするのだが、よく似合っているから困る。いや別に俺が困る必要はないのだが。

陽乃「比企谷くん、突然で申し訳ないんだけど、私の彼氏になってくれないかなぁ?」

220: 2013/08/30(金) 00:43:44.33 ID:35iUlKBh0

雪乃「えっ?!」

結衣「へっ?!」

八幡「はぁっ?!」

笑顔のまま、またサラリととんでもない事を言いだしやがったな。



陽乃「…といっても1日だけでいいんだけど」



八幡「ど…」

雪乃「どういうことなのかしら?」

いや、それ俺のセリフなんだけど。

八幡「と…」

雪乃「当然理由を説明してくれるのでしょうね?」

だからそれ俺のセリフだろ?なんでお前が先に言っちゃうんだよ?勝手にちはやふるなよ。かるたクィーンなの?

陽乃「あら、なぜそんなことまで雪乃ちゃんに説明する必要があるのかしら。もしかして…妬いてるのかな?」

雪乃「ば、バカバカしい。ここは奉仕部の部室で、比企谷くんは奉仕部の部員なのだから、奉仕部の部長である私が知る権利は充分にあると思うのだけれど」///

まあ、バカバカしいのは俺も同意見なんだが、奉仕部奉仕部ってやけに奉仕部を強調してるけど、これって奉仕部の活動と関係あんのかよ。

チラリと平塚先生を見る…ハイ、我関せずですねー、わかってましたけど。勝手に俺が持参したマンガ読んでんじゃねーよ。

221: 2013/08/30(金) 00:46:07.02 ID:35iUlKBh0

陽乃「仮にもしそうだとしたら、私が比企谷くんに個人的にお願いする分には、奉仕部にも雪乃ちゃんにも関係ないってことになるのかしら?」

雪乃「っ!」///

正論…だよな。しかし、なんでまたこの人は敢えて自分の妹を挑発するような言い方をするのかね。
文化祭の一件で少しは歩み寄りでも見せたかと思ったんだけど、違うの?もしかして歩み寄りすぎてそのまま擦れ違っちゃったとか?

目から火花でも散りそうな勢いでにらみ合う。あらゆる意味で対極ともいえるふたりだが、さすがに姉妹だけあってこんなところだけはよく似ている。
でもキミたち、そういうことは家に帰ってからやってくんない?

八幡「あー、今日のMAXコーヒーはまた格別おいしいなー」

結衣「ヒッキー、現実見ようよ…」

八幡「現実見てるからこそ、いたたまれなくなって逃避してんだろ」

逃避とか逃亡とか逃走とか、逃げるのは超得意。問題は逃げた後のことなのだが、それはまた別の問題だから。
とりあえず当面の問題が一時的に回避できればそれで十分だろ。
なんの解決にもなってないかもしれないけど、大抵のことは時間とか周りの人間がなんとかしてくれると思う。たぶん。
ほとぼりが冷めた頃、何喰わぬ顔して戻ってくれば全然OK。戻る場所がまだ残っていればの話だけど。

陽乃&雪乃「どうなのかしら、比企谷くんっ?!」

八幡「え?俺っ?」って、そういえば俺のことでしたね。

ずっと蚊帳の外だったんで忘れてましたよ。ついでにこのひとたちも忘れてそのまま帰ってくれるんじゃないかと淡い期待をしてたんだけどやっぱりムリでしたか。
むしろ俺が先に帰るべきでしたね。

しかし誰だよこんなトラブル連れて来たの?だから平塚先生、俺のマンガ読んでないでなんか言えよ。

222: 2013/08/30(金) 00:47:49.75 ID:35iUlKBh0

八幡「…とりあえず、俺にもわかるように事情を説明してもらっていいですかね?」

どうやらデリケートな問題みたいなので、当たり障りのないように切り出す。
いろいろと当たったり触ったりするとマズい部分もあるから。特に相手が女性の場合。もう会話にも女性専用車両とか導入すべきだろ。

陽乃「ふぅ、ま、いっか。実はね、私、ある資産家のご子息から正式に結婚を前提とした交際を申し込まれたの」

雪乃「えっ?」

結衣「ふわっ?」

八幡「…すげぇな」

平塚「?!」ピクッ

三人三様の驚き方をする一方で、約一名、耳をそばだてながら聞いてないフリをしてる人もいますが…。興味あるなら今からでも話の輪に加わっていいんですよ?

陽乃「ふふん。まぁねー」これ見よがしにふくよかな胸を張る。

だからですね僕が思うにそういう態度がですねいもうとのんの神経を逆撫でするのではないかと思うのですよ。
もしかしてわかっててやってません?
ほらみろ、雪ノ下がムッとしてるじゃねーか。ファイトだ、いもうとのん。人生あきらめたら負けだぜ?牛乳とか飲むといいらしいぞ?

223: 2013/08/30(金) 00:50:42.83 ID:35iUlKBh0

八幡「…しかし、あなたに結婚を申し込むような度胸のある男が本当にいるんですね…世の中、広ぇな」ゴクリッ

陽乃「ん?どうしてかなー?その言葉の裏には何か別の含みがあるように聞こえるんだけど?」ニコッ

八幡「いえ…別に」だからその笑顔が怖いんだってばさってばさ。なんなのこの姉妹。笑顔のままで人殺しちゃうの?離れ校舎の暗殺教室なの?

陽乃「でも、私もまだまだやりたい事があるし、この年でもう将来の事まで決めちゃうのもどうかなって思うのよね」

八幡「…やりたいことって、もしかして政界進出とか考えてたりするんですか?」

陽乃「やだもうっ!比企谷くんたら、冗談ばっかり!」

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい目が笑ってねーぞ。マジなのかおい。
ちなみに英語で言うとoi!ここまでオイとか連発してんの、パンクバンドくらいしか知らねぇぞ。中指立てちゃう?

陽乃「だから私としては、できるだけ角が立たないように上手くお断りしたいわけなの」

ならその前に妹相手に角たてんなよ。いたるところ角だらけで迷路どころか迷宮みたいな感じになってるぞ。最深奥のレベル99にラスボスでも潜んでいそう。ヒースクリフとか。しかもその反動がこっちきて大変なんだからさ。

224: 2013/08/30(金) 00:52:47.91 ID:35iUlKBh0

八幡「…んで、それが俺とどんな関係があるんですか?」

陽乃「それがね、咄嗟に“好きな人がいるから”って言って断っちゃったんだけど…」

バサッ

部室に本が落ちる音が響いた。

平塚「こ、断った…だと?」平塚先生が信じられないものを見るような目で陽乃さんを凝視しながら愕然と呟く。

やっぱ聞いてたんですね。つかそれ俺のマンガだってば。他人のものはもっと丁寧に扱えって学校で習わなかったのかよ。

225: 2013/08/30(金) 00:54:19.23 ID:35iUlKBh0

陽乃「その時、つい比企谷くんの名前を出しちゃったの」

八幡&雪乃&結衣「えっ?!」

雪乃「姉さん、それは、いったい…」

八幡「まぁ、待て」俺は片手で雪ノ下を制…

雪乃「なんのつもりなのかしら?!」…って聞いちゃいねェし。

ですよねー、俺に雪ノ下を制御できるハズありませんよねー。
こいつ、姉のことになると冷静に対応できないからな。いつものクール・ビューティー雪乃さんはどこいったんだよ。
つか、普段の俺に対する扱いがヘヴィ・デューティーに過ぎんだろ。

八幡「貴女ほどの才覚があるなら、他に何とでも言い抜けられたでしょうに、なんでまたよりによってそんなすぐバレるような嘘をついたんですか?」

陽乃「あら、嘘じゃないわよ。私、比企谷くんのこと好きだってのは本当のことだし」

雪乃&結衣「!」

八幡「…まぁ、好きにも色々ありますからね」

過去にありとあらゆる勘違いを繰り返してきた俺が今更そんな初歩的な釣りにひっかかってたまるクマ。
中学ん時にも女子の間で俺に告白する罰ゲームってのが流行ってたくらいだし…って俺よく今まで自殺しなかったよな。我ながら感心しちゃうぜ。

226: 2013/08/30(金) 00:55:21.50 ID:35iUlKBh0

陽乃「ふーん、意外に反応が薄いのね。仮にも女の子に好きだって言われたんだから、こういう時はもう少し喜んでくれてもいいんじゃない?」

陽乃さんがつまらなそうな顔をする一方で、

雪乃「さすがね。やはり伊達に目が腐ってるわけじゃないということなのかしら」雪ノ下が感心したかのように頷く。

八幡「なにそれもしかして褒めてんの?」

雪乃「あら、最上級の賛辞よ?姉に好きだと言われながら喜ばない男なんて初めて見たわ…例えそれが社交辞令だとわかっていたにしても」

八幡「ばっかおまえ、“好き”とか“大好き”なんて言葉をいちいち真に受けてたら、ますます調子にのっておねだりされちゃうだろっ、俺が小町にっ」

結衣「って、やっぱりシスコンだっ?!」

八幡「シスコンじゃねぇってんだろ?俺は必要以上に妹を溺愛してるだけだっつーの」

雪乃「…それを世間一般ではシスコンというのよ」雪ノ下があきれたようにため息をつく。

うん、まぁ、そうとも言うかもしれませんね、最近は。

227: 2013/08/30(金) 01:00:29.80 ID:35iUlKBh0

陽乃「でも、比企谷くん、そんなんじゃいざという時に女の子のOKサインを見逃しちゃうわよ?」

八幡「ふっ、上等。もしそんな機会があったら是非ともお目にかかりたいものですね」なんなら血眼になって捜すまである。

結衣「セリフはかっこいいのに、その自信が悲し過ぎる…」

むしろ俺が女の子に告白した時KOされないように、誰かタオル投入すべき。パンチドランカーになっちゃったらどうすんだよ。もう再起不能だろ。ちなみに今のところ戦績はオールKO勝ちで無敗。相手が。

陽乃「おやおや、なかなか手強いのね」陽乃さんが楽しそうに微笑む。但し、ネズミを前にしたネコが浮かべそうな剣呑なヤツだ。

だいたい、ぼっちなんて、他人の好悪感情の埒外にいる存在だからな。他人に影響を与えず、また自分も影響を受けない。天上天下唯我独人。いわゆる無縁の境地。
そんな俺が今さら年上の女性に好きとかいわれたくらいで動揺するわけがないわけがない…ってあれ?もしかして俺、今、動揺してね?

雪乃「それで、比企谷くんに姉さんの彼氏のフリをしろというのはどういうことなのかしら?」

陽乃「私が比企谷くんの話したらね、その人がどうしても一度お会いしたいって言うのよ」

うんざりした顔をしているところを見ると、相手が相当しつこかったのだろう。しつこい男は大抵嫌われる。別にしつこくなくても嫌われる時は嫌われるのだが。ソースはもちろん俺。なにそれ超悲しいんですけど。

233: 2013/08/31(土) 00:56:05.21 ID:n96scCK30

陽乃「で、申し訳ないんだけど、一日だけ比企谷くんに彼氏役をお願いできないかなってことなの」

八幡「なるほど、事情はよくわかりました。ですが…」そもそもなんで俺よ?それがよくわからん。

雪乃「それなら姉さんの有り余る人脈を活かして、もっとふさわしい男性を彼氏役に仕立てあげればいい話じゃないの?」

八幡「まぁ…そうだよな?」苦し紛れにしても人選がおかしいだろ。ミスキャストどころの話じゃねぇぞ。血統さかのぼってサンデーサイレンスかノースフライトまである。

陽乃「そう?例えば?」

陽乃さんは動ずる風もなく、逆に聞き返してきやがった。なにその余裕?
ここは彼女にとってある意味アウェーなのに、まるで自分の家みたいに落ち着いて見える。年上の貫録ってやつか?
教室の隅でいじけてるどこぞの先生とはえらい違いである。いいから俺のマンガ返せよ。それから頼むから誰か嫁にもらってやってくれ。悲しすぎるだろ、見てる方が。

雪乃「そうね、葉山くんなんてどうかしら。彼なら適任だと思うのだけど」

結衣「隼人くんかぁ。あ、それ、いいかも!」おもわず“いいね!”ボタンを押しそうな勢いで由比ヶ浜が賛同する。賛成票2票。同義的支持。

なるほど、確かに葉山なら何事もソツなくこなせそうだな。確か家ぐるみのつきあいだと聞いてるし、その点では何の支障もないだろう。
爽やかなイケメンだし、社交的だし、それこそいつ喪男の恨みを買って爆発しても恥ずかしくないほどのリア充度だ。って、爆発しちゃうのかよ、おい。

しかし、いくらなんでもそれくらい陽乃さんが思いつかないはずはない。きっと何か理由があるはずだ。葉山にあって俺にないもの…唯一俺が葉山に優っている点があるとしたら、やはりそれは可愛い妹がいることくらいだろうか。もう圧倒的大勝利。間違いない。

234: 2013/08/31(土) 00:57:09.20 ID:n96scCK30

陽乃「隼人…ね。それも考えはしたのだけれど、今回の場合はちょっとそうはいかないのよ」珍しく陽乃さんの顔が曇る。

雪乃「どういうことなのかしら?」

陽乃「実は、相手はあの岩清水さんなの」

雪乃「岩清水さんって、あの岩清水コンツェルンの岩清水静夫さん?!」

結衣「ふぇ?…こんつえる?」

雪ノ下と由比ヶ浜が同時に驚きの声を上げる。由比ヶ浜の場合は、多分意味がよくわかっていない。
字面からして千葉駅西口の立ち食いソバ屋と間違っていそうな気もするが、そこは敢えて放置。なぜなら勘違いさせといた方が面白いから。
ちなみにあれはイッ○ウェルな。

235: 2013/08/31(土) 00:59:18.33 ID:n96scCK30

しかし、岩清水コンツェルンか…一介の高校生である俺でも岩清水の名前くらいは知っている。

確か第一次世界大戦後の不況で経営危機になった岩清水財閥を引き継いだ傑物・岩清水志都美によって再建されたと言われる企業グループだ。
放蕩を繰り返してグループの経営を傾けた長男・次男を中枢から失脚させ、企業再建の際もかなりの辣腕をふるったと聞く。

石油、天然ガス、鉄鋼、電子部品から衣料、食料品に至るまで幅広く手を広げ、経済界はもちろん、政界にもかなりの影響力を持っているらしい。

その岩清水の名を名乗る以上は、恐らく陽乃さんの求婚者というのも、岩清水の本家か、少なくとも親族筋ということなのだろう。
どちらにせよ、超のつく大金持ちであることは、ほぼ間違いない。

236: 2013/08/31(土) 01:00:32.34 ID:n96scCK30

陽乃「そうなの。隼人のお父さんもお仕事の関係でお付き合いがあるから、彼はちょっとパスね」

雪乃「そう…私は直接お会いしたことはないのだけれど、岩清水さんのことなら色々とお話は聞いているわ…」

陽乃「だったら雪乃ちゃんにも事の重大さが理解できるわよね?」

雪乃「…そうね」珍しく雪ノ下が言葉に詰まる。よほど悔しいのだろう、唇を噛んでいる。

八幡「相手が相手だけに、今後のことも考えて、できるだけ心証を悪くしたくない…ってことですか」

どうやら俺が考えていた以上にデリケートな問題のようだ。

陽乃「そ。さすがに比企谷くん、高校生らしからぬ慧眼ね」

八幡「よく言われます…………目が腐ってるって」主に貴女の妹さんからですけど。

雪乃「だからといって何も…」

陽乃「だからこそ、なのよ。いっそ全く面識のない比企谷くんならって、つい名前を出しちゃったのだけれど…」

雪乃「ほ、本当に理由はそれだけなのかしら?」

陽乃「あら、何を心配しているの?いくら私だって、さすがに妹のモノを横取りするほど悪趣味じゃないわよ?」

雪乃「べ、別にわたしのモノと言う訳では…」///

八幡「おい、さっきまで飼い犬呼ばわりしてたのどこの誰だよ?」

結衣「…ヒッキーって、けっこう根に持つタイプなんだね」

八幡「そんなことはないぞ。絶許ノートなんてまだ3冊目だし」

結衣「3冊もあるんだ…」

237: 2013/08/31(土) 01:01:54.73 ID:n96scCK30

雪乃「たしかに、いくらなんでも姉さんの趣味がそこまで悪いとは思わないけれど…」雪ノ下が複雑な顔で俺を見る。

いや複雑なのはむしろ俺でしょ。本人が目の前にいるんだから、そこらへんはもっと配慮してオブラートにくるんだ会話とかしろよ。

八幡「つか、単に面識がないだけなら、別に俺じゃなくてもいいんじゃないですか。そうですね、例えば材木座とか?」

結衣「って、中二っ?!」

雪乃「…比企谷くん、これは真面目な話なのよ?」

八幡「あいつの存在はそんなに不真面目なのかよ?」

雪乃「あら、違ったかしら?」雪ノ下が素で聞いてきやがった。だからかわいらしく首をかしげるなっつーの。

八幡「…だいたいあってる」

結衣「あってるんだ?!」

八幡「まぁ、待て由比ヶ浜、俺は何もあいつの存在自体を全否定してるわけじゃないんだぜ」

結衣「そ、そうなの?」

八幡「肯定できる部分がほとんどないと言ってるだけだ」

結衣「それ、意味同じだしっ?!」

八幡「ならおまえ、材木座のいいところとか言ってみろよ」

結衣「それは……………えっと………あー…………ごめん。私が間違ってた…かも?」

材木座瞬殺だな。迷わず成仏しろよ。同じぼっちのよしみで骨は俺が拾ってやる。

238: 2013/08/31(土) 01:05:33.12 ID:n96scCK30

雪乃「いいのよ、由比ヶ浜さん。材木座くんにしろ、比企谷くんにしろ、きっと他人からは理解できない部分で、何かしら世の中の役に立つところがあるかもしれないでしょ?」雪ノ下が由比ヶ浜を優しくフォローする。

結衣「ゆきのん…」///

出たっ、百合ゆり。ゆりのしたゆりのとゆりがはまゆり。ちょっとお姉さん、あなたの妹さんが公衆の面前で百合行為に走ろうとしてますよ?なんか言ってやったらどうです?

雪乃「…例えば、ほら、死んだら畑の肥になるとか」

結衣「それ、死なない限り世の中の役に立たないってことだよねっ?!」

八幡「しかも何気に俺まで同列扱いなのかよ…」百合は百合でも雪ノ下の場合はクロユリでしたね。花言葉は“呪い”でしたっけ?

陽乃「材木座くんって、この間の文化祭の打ち上げの時にお会いした、あの面白い子?」

八幡「アレを面白いと言える貴女は正直、尊敬に値しますね」ちなみに頭の中はもっと面白い。むしろ面白すぎて逆に笑えないまである。

陽乃「そうね、でも彼の場合はちょっと…別の意味で問題があるのよね…」形の良い眉を寄せ、何やら難しい顔をしている。

八幡「別の問題?材木座に?」

俺たちは思わず顔を見合わせた。材木座に問題なんて…

八幡「ありすぎて見当もつかねぇな…」

結衣「心当り多すぎるし…」

雪乃「むしろ問題しかないと言った方がいいくらだものね…」

正直、材木座のことでここまで深刻な話になるとは予想だにしなかったぜ。やっぱりあいつは、いない時の方がシリアスな扱いなんだな。

あわよくば材木座にこの役を押しつけようと思ったが、やっぱり無理なようだ。最初から期待はしていなかったとはいえ、つくづく使えないヤツだぜ。知ってたけど。

まぁ、いずれにせよ、あいつが絡むといつもロクな事にならねーしな。だいいち、いるだけで暑苦しくて、ウザい。
だが、幸いというかなんというか、今回の件に関してのみ言えば、材木座が関与してくる余地は一ミリだってなさそうだ。
なんといっても相手は資産家の御曹司である。不確かな要素が入り乱れる中で、それだけは唯一安心できる点なのかも知れない。



…そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

239: 2013/08/31(土) 01:10:11.10 ID:n96scCK30

八幡「で、今日はそのために、わざわざ学校まで来んだりしたんですか?」コネまで使ってご苦労なこった。

陽乃「そうなの。本当は別の場所で比企谷くんをつかまえてもよかったんだけど…」

八幡「ちょっ、それって俺の居場所を逐一把握してるってことですかもしかして?」ヒクッ

結衣「ヒッキー、何あわてて体ハタいてるの?」

八幡「いや、発信器でもついてんのかと思って…」

陽乃「イヤね、わざわざそんなことしなくても、他にも方法は色々とあるでしょ?」

八幡「その方が却って怖いんですけど?」なんですかその色々って。もしかしてその辺りに手飼いの乱破とか素破を忍ばせてるの?畳の縁とか踏んだりしたらダメなの?

陽乃「でも、それだとやっぱりフェアじゃないし、変な誤解されても困るからねー」

八幡「は?この場合、別にフェアとかフェアじゃないとか関係ないんじゃないですか?」

だいたいフェアってなんだよ。幕張メッセでコンサートでも開くつもりなの?いっそのことチーバくんも呼んじゃう?

陽乃「そうかしら。たぶん、そうは思わない人もいると思うんだけど…」

そう言って陽乃さんがチラリと意味あり気な視線を向けた先で、雪ノ下と由比ヶ浜が、なぜか揃ってこれ以上はないくらい不満そうな顔をしていた。

246: 2013/08/31(土) 07:13:45.66 ID:n96scCK30

結衣「で、でも、やっぱり、それはちょっと…どうかなーって…」

陽乃「あら、なぜかしら?」

雪乃「不適合というよりむしろ不適切ね。第一、男女交際どころか、まともに友達すらいないこの男に、そんな役が務まるとは思えないわ。姉さんが恥をかくだけよ」

八幡「おい待て雪ノ下、さすがに今の発言には問題があると思うぞ」

雪乃「そうね。ごめんなさい。訂正するわ」珍しく雪ノ下が素直に謝る。

八幡「わかればいいんだ」

雪乃「あなたには、まともでない友達すらいないものね」

八幡「その発言にはもっと問題があるだろっ!?」

雪乃「真実って、いつも残酷なものなのね」俺から目を逸らし、悲しげにため息をつく。

八幡「残酷なのは真実じゃなくて、それを口にしているおまえ自身だということにいい加減気がついたらどうなんだよっ?!あとその態度やめろマジで傷ついちゃうから」

結衣「真実であることは否定しないんだ…」

247: 2013/08/31(土) 07:14:57.74 ID:n96scCK30

陽乃「そうかしら?そんなことないと思うけど。だって、この間、雪乃ちゃんとデートしてる時だって、随分楽しそうだったわよ?」

八幡&雪乃「!」///

結衣「へっ?で、デート?」由比ヶ浜がわたわたと俺と雪ノ下の顔を交互に見る。

雪乃「あ、あれは、で、デート…なんかじゃないわ」///

八幡「…由比ヶ浜の誕生日プレゼント選んでただけだし」

結衣「ふ、ふたりで選んだんだ…」

八幡「小町も一緒だったけどな」途中までだけど。嘘は言ってないよ。ハチマン ウソ ツカナイ。インディアン モチ ツカナイ。

なぜかやたら気まずい空気が流れる。例えるなら、まるで俺が女の子に話しかけた時みたいな超ビミョーな雰囲気。なにそれ例えが悲しすぎね?

陽乃「おやおやぁ、わたし何かまずいこと言っちゃったのかな?」

だから超ド級の爆弾落としといて今更テヘペロで済まそうとすんなよ。

248: 2013/08/31(土) 07:16:49.59 ID:n96scCK30

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん、とりあえず、その話はまた後でゆっくり」

結衣「う、うん」

そうそう、それくらいで常日頃から百合ゆりしているふたりの関係にヒビが入るわけがないのだ。甘いぜ、陽乃さ…

陽乃「あら、由比ヶ浜ちゃんだって、雪乃ちゃんに内緒で、夏休みに比企谷くんと花火デートしてたじゃない?」

雪乃「えっ?!そ、そうなの?」

八幡「だ――――――――っ!違うって!」

だからなんでこの人はそういう誤解を招くようなことを平気で言うわけ?!しかもこのタイミングとか、完全にワザとだろ?!つかイヤがらせ?!ホントは俺のこと嫌いなんじゃね?!俺がいったい何したっていうんだよぉっ?!

結衣「あ、あれは小町ちゃんにサブレ預かってもらったお礼でっ!」/// アセアセ

雪乃「…比企谷くん、とりあえず、その話もまた後でゆっくり」ニコッ

雪ノ下さん、超恐いっスよその笑顔。その話の後に俺の人生がわずかでも残っているのか非常に心配なんですけど?思わずノートに遺書を走り書きしたくなる。芋おいしうございました…。

俺がジト目で睨みつけるのを、陽乃さんが涼しいで受け流す。まるで柳に風だ。やはり役者が一枚上らしい。

しかし雪ノ下は俺が夏休み中に陽乃さんに会ったことは知ってたはずだから、その件はてっきり折り込み済みだと思って油断してたぜ。

情報を小出しにしておいてここぞという時に俺たちに揺さぶりをかけるなんて、雪ノ下陽乃 ―― やっぱり天使のような見た目と裏腹に、悪魔みてぇな腹黒い女だな。こんな腹黒いの千葉動物公園のレッサーパンダくらいしか見たことねぇぞ。○太くんかよ。

249: 2013/08/31(土) 07:18:19.74 ID:n96scCK30

八幡「あ、ちょっと待ってくださいよ。よく考えてみたら、この話、俺にどんなメリットがあるんですか?」

むしろこのままではデメリットの方が多い。思わず五人のゴッドハンド召喚しちゃうくらい。あれはベヘリットだが。

常に損得勘定で動く俺ではないのだが、手間暇を考えたら今回はさすがにリスクが大きい。ハイリスク・ローリターンを絵に描いて額縁に入れたまま二科展あたりに出品するレベル。

不要なリスクは極力回避するのは、なにもぼっちならずとも処世術における基本中の基本だ。なら、どう考えても断った方が無難だろ。

250: 2013/08/31(土) 07:19:54.52 ID:n96scCK30

陽乃「…そうね、雪乃ちゃん風の言い方をするなら、私に恩を売ることができるわよ?」

八幡「恩?」

陽乃「ひとつ貸しがつくれる、と考えてもいいわ」

八幡「貸し…ですか」予想外の申し出に思わず戸惑ってしまう。

陽乃「そう、貸しよ。この雪ノ下陽乃に貸しができるの。決して悪くない取引だと思うけれど」

胸に手を当て、傲然と言い放つ姿はある意味で不遜ともとれるのに、その魅力に一点の陰りも見えないのは、やはり持って生まれたのカリスマの為せる技だろう。

雪乃「姉さん、この男に借りをつくるなんて、ロクでもないことになるわよ?」

陽乃「あら、そうかしら?」

雪乃「借りは、か、カラダで返せとかいってくるかも知れないし…」

八幡「なるほど、女性の弱みに付け込むなんてホントに卑怯で卑劣で最低なヤロウだな。しかも本当に言いだしかねないところが…って、もしかしてそれ俺のこと言ってんのかよっ?」

結衣「えっ?!そうなの?ひ、ヒッキーってば、最低っ!変態っ!マジありえないしっ!」

八幡「ちょっ、待ておまえら、俺はまだ何も言ってないのに、なんでそうやって決めてかかるわけ?!」

雪乃「ほらみなさい、“まだ”ってことはこれから言うつもりだったってことでしょ?語るに落ちたわね」

八幡「だから上げてもねぇ足とるんじゃねぇよっ!冤罪だろ冤罪!俺は断固として無罪を主張するぞっ!」

雪乃「控訴棄却よ。恨むならあなたの日頃の言動を恨みなさい。あとその腐った目とか」

八幡「いつの間に一審有罪判決?!つかなんで俺が被告みたいな扱いになってるんだよっ?!」

雪乃「なにか弁明はあるのかしら?ヒコクガヤくん?」

八幡「だからそれ名前が違うだろっ!」

251: 2013/08/31(土) 07:21:19.63 ID:n96scCK30

なにこれもしかして魔女裁判か何かだったの?俺、男なのに魔女なの?いつの間に男女平等がこんなところまで浸透しちゃってるわけ?
つか由比ヶ浜も真に受けてんじゃねぇよ。明らかに風評被害とか発生してんだろ。これ以上拡散しないように報道規制とかすべき。
キミたち、情報リテラシーって知ってる?いくら普段から百合ゆりしてるからって、マイナスりてらしーじゃないよ?

八幡「だ、だいたいだな、フェミニストを自認する俺が女性に対してそんなこと…」

雪乃「全く考えてもいなかったと言えるのかしら?」

八幡「あ、当たり前だろっ!天地神明に誓ってだな…」

結衣「ヒッキー、目がすんごい勢いで泳いでるよ?」

雪乃「ふーん、腐ってるくせに活きがいいなんて、あなたの目は随分と器用なマネができるのね?」

…この流れって、もしかして俺を詰みにきてない?このまま有無をいわさず有罪判決受けて火焙りにされちゃうの?
日本は法治国家じゃなかったの?正義は何処へ行っちゃったの?

252: 2013/08/31(土) 07:22:18.39 ID:n96scCK30




陽乃「あら、それならそれで、私は別にかまわないんだけど。ふふっ」陽乃さんが艶っぽく笑う。




八幡「…………」

雪乃「………比企谷くん、なぜそこで沈黙するのかしら?」


あ、完全に詰んだわ。これ。

253: 2013/08/31(土) 07:24:07.63 ID:n96scCK30

八幡「だーっ!待てっ!だから、誤解だっつーの」

雪乃「李下の冠、瓜田の靴…ね。やはりあなたには一度キツくお灸をすえる必要があると思うのだけれど。しつけの一環として」

八幡「うわーっ、まだ飼い犬ネタ引っ張るのかよっ?!」スミマセン、もう駅の階段とかでスマホ見たりしないから勘弁してください。


陽乃「で、どうなのかしら?比企谷くんならこの申し出の価値がよくわかると思うんだけど?」


天使の笑顔を浮かべて小悪魔が耳元で囁く。我知らず背筋がぞくっとした。
有名なゲーテの“ファウスト”を例にとるまでもなく、悪魔と取引した男には大抵、悲惨な末路が待っている。だがしかし…


八幡「…いいでしょう。わかりました。引き受けます」俺は力なく言った。


254: 2013/08/31(土) 07:25:56.26 ID:n96scCK30

雪乃&結衣「えっ?!」

陽乃「きゃー、ありがとー!」陽乃さんが、俺の腕に抱きついてくる。

近い近い近い近いってば。なんでそんなに一気に距離つめてくるわけ?縮地法使ったの?勝手に俺のATフィールド無効化すんなよ。
しかもあいかわらずやわらかいし、いいにおいだなー…っておい、そうじゃねぇだろ。

結衣「ヒッキー近すぎっ!」

雪乃「比企谷くん、殺されたくなければ今すぐ姉から離れなさいっ!」

すかさず氷のような叱責がとんできた。今なんか恐いこといった!

俺は反射的に飛びすさる。なにこれパブロフの犬状態じゃね?いつの間に飼い犬根性が染みついちゃったの?

陽乃「ふふ。キミならきっと引き受けてくれると思ってたわ」勝ち誇ったように陽乃さんが笑を浮かべる一方で、

雪乃「全く、この男は、いったいどこまで失望させれば気が済むのかしら…」雪ノ下が蔑むような冷たい視線を俺に向けてくる。

八幡「…だから違うっつーの」

とっさに振りほどいたとはいえ、腕にはまだ陽乃さんの柔らかい感触が残っていた。
たしかに陽乃さんの申し出は男として魅力を感じないわけではないのだが…いや、十分すぎるほど感じるのだが、俺にはまた別の考えがあった。
しかし、それをこの場で言うわけにはいかない。少なくとも雪ノ下がいる前では。

なぜか不機嫌の絶頂といった顔をする雪ノ下と由比ヶ浜には悪いが、これはあくまでも陽乃さんと俺の取引である。

そして、雪ノ下陽乃というカードは、万が一の時に、俺にとって唯一の切り札となるかもしれないのだから。

255: 2013/08/31(土) 07:31:53.18 ID:n96scCK30

とりあえずここまでで。ノシ

今週は久しぶりに土日が休みなので、またヒマみてうぷします。

258: 2013/08/31(土) 22:28:27.12 ID:n96scCK30

陽乃「そうと決まれば話は早いわ。岩清水さんとの件については日曜日にセッティングしておくから、土曜日に一緒に服を選びにいきましょう」

八幡&雪乃&結衣「えっ?!」

陽乃「仮にも私の彼氏役なんだから、中身はともかく外見はそれなりのカッコしてもらわなくちゃね。中身はともかく」

なるほどこの場合、中身の方はどうでもいいんですね。つかなんで敢えて2回言う必要があんだよ。

八幡「俺にそんな余分なカネはないと言ったはずですよ」実のところ必要なカネすらもない。次の小遣いの日まで小町に借金しようかと考えていたくらいだし。

陽乃「あら、大丈夫よ。今回は無理なお願いを聞いてもらうんだから、それくらい私の方で持たせてもらうわ」

八幡「や、それはさすがにちょっと…俺にも男としてのプライドというか…」

雪乃「あなたにプライドなんて高尚なものがあったなんて初耳なのだけれど?」

八幡「ばっかおまえ、男にはプライドが必要なんだぜ?…いざという時に捨てる時のためとか、超必要だろ?」

結衣「捨てることが前提なんだっ?!」

八幡「プライドを捨てる時は全力で捨てるのが俺のプライドだからな」

もちろん謝る時は土下座がデフォルト、場合によったら、土下寝するまである。どこの死刑囚だよ。

雪乃「あなたのプライドは取り外し可能なオプション機能みたいなものなのね…」

ちなみに良心とか良識も状況に応じてキャストオフできるまである。まるで仮面ライダーカ○トか、美少女フィギュアのコンパチ仕様みたいだなそれ。

259: 2013/08/31(土) 22:30:14.88 ID:n96scCK30

陽乃「私としては、今回の件に関して、できるだけ万全を期したいのよ」

八幡「そういうことなら…まぁ…仕方ないですかね…俺、制服以外にあんまフォーマルな服とか持ってないし」

雪乃「でも、この際だからお父さんのスーツとかでもいいんじゃないの?」

八幡「オヤジのスーツとかって一張羅だし。だいいち加齢臭が染み込んでるからな…」ついでに妻子持ちの社畜中年男の人生の悲哀も染み込んでいたりする。できたら一生着たくない。社畜が感染(うつ)ったりしたらやだし。

結衣「ふえ?ヒッキーのパパって、そんなにインド料理とか好きなの?」

八幡「カレーの臭いじゃねぇよっ!そんなスパイシーな香りじゃねぇし!俺のオヤジ、インド人かなんかかよ?」

雪乃「インド人もびっくりね」ボソッ

八幡「…おまえ、ホントは年いくつなんだよ」さすがはユキペディアさんだな。平塚先生でさえそんなネタ知らねーぞ…たぶん。

陽乃「あ、どうせなら、共通の話題をつくるために映画なんて一緒にどう?もちろんお食事を御馳走してもいいわよ?」

雪乃&結衣「なっ?!」

八幡「って、それじゃまるで…」

陽乃「そ、デートよ。彼氏なんだもの」それが当り前であるかのように言い放つ。

一瞬、まるで地球が静止したかのような沈黙に包まれた。咳払いも躊躇われるような気まずさ。

材木座がいたなら「むぅっ結界かっ?!」とかいい出しかねないレベル。ホントよかった。いなくて。

逆に耳が痛くなるような深い静寂の中で、雪ノ下が憮然とした顔つきで睨みつけ、普段は温厚な由比ヶ浜ですら珍しく非難がましい眼を向けている。
こんな目で見られたら、普通なら大の男でもたじろいでしまうだろう。かよわい女性なら尚更だ。だがしかし…

だからなんでおまえら俺の方見てんだよ?それって睨む相手が違うんじゃね?

260: 2013/08/31(土) 22:31:28.53 ID:n96scCK30

八幡「こほん…すみませんが、俺、小町以外の女の子とデートなんて、ギャルゲーでしか経験したことないですよ?」しかも強制イベントだけだし。

雪乃「小町ちゃんとのお出かけはあっさりデートだと認めるのね…」

結衣「ヒッキー、ギャルゲーなんてしてるんだ…」

八幡「そりゃ、いざという時のシュミレーション…っておまえ誘導尋問うめぇなっ?!危なく洗いざらいしゃべっちゃうところだったじゃねぇか?!」

結衣「自分で勝手に自白してるだけだし…」

八幡「しかし、不思議なことにいつもなんでかバッド・エンドになっちゃうんだよなこれが…」

結衣「うわー…ゲームなのにリアルなんだ…」だから俺を憐みの目で見るんじゃねぇよ、ホントに泣きたくなってくんだろ。

つか、ソフト会社はもっと企業努力の一環としてゲームの難易度を下げて、もっと喪男に夢を持たせるべきじゃね?特に俺とか。

八幡「はっ、もしかしてバグがあったのか?!…俺の買ったゲーム全部っ!」

結衣「いやさすがにそれはありえないし…」

雪乃「バグがあるとすれば、それはむしろあなた自身の方だと思うのだけれど」首を振りながら雪ノ下がため息をつく。

八幡「動きゃいいんだよ、動きゃ」

雪乃「納期直前に開き直ったプログラマーみたいなこと言うのね…」

八幡「大丈夫だ。問題が起きても“あ、俺、そういう仕様ですから”…って言い張ればなんとかなるから」マニュアルにもそう書いてあるし。

雪乃「それ以上暴走する前に、あなたという存在ごとこの世から完全にデリートしておいた方がいいような気がしてきたわ」

八幡「おまえならデリートどころかフォーマットしかねないよな、この世界ごと」

雪乃「それは最終手段よ」

八幡「一応考えてはいるんですね…」おまえもしかしてマトリックスの親玉かなんかかよ。

261: 2013/08/31(土) 22:32:31.16 ID:n96scCK30

陽乃「だったら、それこそ当日失敗しないように、今から色々練習しておいた方がいいでしょ?」

八幡「げっ、マジっすか…」

陽乃「大丈夫、私がリードしてあげるから、比企谷くんは何も心配しなくていいわよ」

心配するなと言われても、なぜか安心できる要素がひとつも思い浮かばない。

それどころか、ひとりで気楽に過ごせるはずの貴重な休日が消えてなくなるかと思うと、むしろ気が沈む。
ネガティブなシンキングがシンキングしてしまうまである。

雪乃「だったら、私もご一緒させていただくわ」

結衣「あ、あたしも行くっ」

八幡「だからなんでそうなるんだよっ?!おまえら俺のこと好きすぎだろっ?!」

雪乃&結衣「っ!?」///



陽乃「あーあ、いっちゃった…」ボソッ

262: 2013/08/31(土) 22:33:45.52 ID:n96scCK30

…ちょっと待てなんだこのビミョーな空気は。おまえらそんなに俺がキライなの?まじ泣きそうになるんですけど。いやホントちょっとだけ目の端に涙溜まっちゃったし。

結衣「だ、だって、ヒッキーが陽乃さんとふたりきりでデートなんて…」

雪乃「だ、誰かがちゃんと監視してないと、あなた何をしでかすかわからないでしょ?」

八幡「俺はそんなに信頼されてねーのかよ?」

雪乃「あら、私はあなたの人間としてのクズっぷりに全幅の信頼を寄せているって言わなかったかしら?クズガヤくん?」

八幡「そんな信頼はいらねーよっ!つか名前違ぇだろっ!どんだけバリエーションがあんだよ?!」

雪乃「それに、この男をまともに仕立て上げるつもりなら、第三者の忌憚のない意見を参考にした方がいいんじゃないかしら」

八幡「おまえは逆に少し遠慮した方がいいだろ、俺に対する数々の暴言とか」

結衣「あ、そうだよね!ヒッキーの場合、ヒネてるから、素直に他の人の意見に耳を貸すとは思えないし」

八幡「おまえも日頃から人の話聞こうな、特に授業中とか」

く…、さては数に頼んで俺の退路を塞ごうって魂胆だな。せっかくデートすると見せかけて隙を見て途中で逃げ出そうかと思ってたのに、計算が狂ったぜ。

263: 2013/08/31(土) 22:35:10.71 ID:n96scCK30

八幡「…甘いな、おまえら。常に少数派に属する俺の場合、自分の意見が通ることなんて滅多にないんだぜ?」

雪乃「あなたの場合、その少数派にさえ属していない、ただのぼっちでしょ?」

八幡「まあそうともいう」

陽乃「あらあら、せっかく、土曜日はふたりきりで楽しいデートにしようと思ったのに、あてが外れちゃったわね」

八幡「ははは…。それだけは絶対にイヤです勘弁してください」全身全霊をもって全力全速でお断りする。

この人とふたりだけでデートなんて、むしろ荒行や苦行に近いものがあるだろ。真冬の滝ごりや千日回峰が、水遊びやハイキングに思えるくらい。
俺の中の新しいパワーとか目覚めちゃったらどうすんだよ。思わずレベル6に到達するまである。

陽乃「ふーん、あ、そう。でも、比企谷くんがそう言うなら仕方ないわねー。なにしろ私はお願いする立場なんだし?」

ここで絶対ひと悶着あると思ったら、意外にもあっさりと陽乃さんが引きさがった。
あまりにもあっさりし過ぎて裏でなんか企んでないか恐いくらい。

もしかしてわざと間違った集合場所教えるとか…俺に。あるいはわざと間違った集合時間を教えるとか…俺に。いやだからなんで俺なんだよ。

確かに昔みんなで遊びに行く約束した時にそんなこともあったけど…って、どうして勝手にトラウマほじくり返しちゃうわけ?
つか俺、地雷多すぎでしょ。紛争地帯なみ。ODAとか人道支援で除去してくれないの?

264: 2013/08/31(土) 22:38:02.09 ID:n96scCK30

陽乃「…ただし、ひとつだけ条件があるわ」陽乃さんがそう言いながら形の良いひとさし指を立てた。

やっぱり転んでもロハでは起きないわこのひと。藁つかんで長者になるタイプだな。ちなみに俺の場合は藁つかんで溺れるタイプ。

雪乃「…なにかしら?」当然の如く雪ノ下と由比ヶ浜がそんな彼女を訝しげに見つめる。

陽乃「日曜日に岩清水さんとお会いする時には、ふたりともついて来ちゃダメ。例え何があっても絶対に私たちの邪魔をしないこと」

雪乃&結衣「…っ!」

陽乃「さっきも言ったけど、今回の件に関しては万全を期しておきたいの。どう?約束できるかしら?」

しばらく重く深い沈黙が続いたが、

雪乃「…わかったわ」雪ノ下が観念したかのように答え、きつく唇を引き結ぶ。由比ヶ浜も無言で頷いた。

おいおい、たかだか1日だけ彼氏のフリするくらいで、何をそこまで念入りに釘をさす必要があるんだよ?逆に丑の刻参りで藁人形に釘さされちゃうだろ、俺が。

決して軽い気持ちで引き受けたわけではないのだが、なんとなく雲行きが怪しくなってきたような気がするのは気のせいなのだろうか。

どこかで根本的に選択肢を間違えてしまったのかもしれない。セーブポイントに戻ってやり直していいですかね?そうだな、人生の初めあたりから。

しかし、理由はともかく美女三人とお出かけって、一体どんなハーレム・イベントだよ。しかも全然うれしくねぇし。つか、正直苦痛以外のなにものでもない。
普通、女の子とデートって、もっと胸が弾むもんじゃなかったの?あー…、いや、どう見ても一人だけ物理的に無理な人もいますけど…。
がんばれ、いもうとのん!人生投げちゃダメだとプロ野球の投手もいってるぞ。いってねぇか。あと、イソホラボンとかもいいらしいぞ?

276: 2013/09/01(日) 08:40:33.69 ID:akxjWtVh0

八幡「あー…、ところでその岩清水さんって、実際どんな方なんですか?」念のためにヒトとナリくらいは聞いて置いた方がいいだろう。

故人曰く、己を知り敵を知れば諦めろ…って諦めてどうすんだよ。

陽乃「そうね、参考になるかどうかわからないけど、一応、写真を持って来たわ」

そういって綺麗に装丁された写真を取りだす。とりあえずとかいいながら随分と用意がいいんだな。

八幡「えっと、これは…?」その体裁は、まるで見合い写真のように見える。

陽乃「本人が送ってきたの。…バラの花束を添えて」

結衣「ほわわ、それって、ちょっとステキかも…」///

ちっ、これだからセレブリア充ってヤツは…。爆発すればいいのに。いやむしろ今すぐ砕け散るべき。俺は怨念を込めた目で陽乃さんから受け取った写真を睨みつける。

雪乃「比企谷くん、あなたの腐った目に殺気が宿ってるわよ?」

八幡「いや、殺気じゃなくて紛れもない殺意だ」

リア充、死すべし。世の喪男の嫉み、思い知れ。

八幡「…つか、いちいち腐った目言うな。それ俺にかかる枕詞かよ」

雪乃「ついでに言うと季語としては“永遠の冬”ね…なぜならあなたには春が来ないから」

八幡「ほっとけっ!」

277: 2013/09/01(日) 08:42:24.73 ID:akxjWtVh0

俺が自分の生霊が写り込むんじゃないかと思うくらいの勢いで睨みつけているその写真には、細面で眼鏡をかけた30歳位の好青年が写っていた。
口元から覗く白い整った歯並びがやけに眩しい。たぶん直射日光の下なんかで見たら乱反射してヤバイことになる。
事故防止のためにお歯黒とか塗るべき。ついでに眉毛剃れ。麿とか名乗れ。牛車で移動しろ。

陽乃さんとの年齢差は10歳くらいか。少し離れた感じはあるが、不自然というほどでもないだろう。

結衣「ほわ~、ちょっとイケメンかも…」由比ヶ浜が俺の肩越しに写真を覗きこむ。 

…顔、近えよ。おまけに髪が俺の頬に触れてこそばゆいし。つか何気に俺の肩に手を置くなよ、勘違いしてフラレちゃったらどうすんだよ?
いやまずフラレる前にホレることから始めようぜ、俺。いろいろすっ飛ばして結論に飛びつきすぎでしょ。

雪乃「わ、私も見てもいいかしら?」雪ノ下が俺の傍らに立ち、モジモジしている。

八幡「おお、いいぜ。ほれ」俺は雪ノ下が見やすいように写真を差し出す。 

雪乃「………………」なぜか急にムッとした表情になり、ひったくるようにして写真を受け取った。

なんだよそんなに俺から直接手渡しされるのがイヤなのかよ?そういえばいたよな、中学時代にそういう女子。
「比企谷くんからプリント受け取りたくないから、そこに置いて」とか臆面もなくいいやがって。自意識過剰だっての。
まぁ、問題はクラスのほとんどの女子が俺に対して自意識過剰だった点だけど。…あれ?もしかして単に俺が嫌われてただけとか?

陽乃「岩清水さんご本人には、パーティーの席とかで何度かお会いしているのだけれど…」

雪乃「なるほど、そこで姉さんを見染めたってことなのかしら?」

陽乃「まぁ、そういうことになるのかしらね…」

なぜか曖昧に言葉を濁す陽乃さんの態度に違和感を感じたが、雪ノ下は写真に集中していて気がつかなかったようだ。

八幡「それって…」

278: 2013/09/01(日) 08:43:44.85 ID:akxjWtVh0

平塚「コホン…あー…陽乃?」俺の言葉をさえぎるようにして平塚先生が割って入る。つか、まだいたんですね。

陽乃「あら、何かしら静ちゃん?」

平塚「私をその名前で…いや、まぁいい…陽乃はその話を断るのだろう?」

陽乃「え?ええ。そのつもりだけど?」

平塚「こ、断るんだったら、そ、その、わ、私に、紹介してくれてもいいんだぞ?」/// ゴニョゴニョ

陽乃&八幡&雪乃&結衣「えええええええええええええええええええええええ?」

そ、そこまで堕ちたか、平塚静よっ?!

279: 2013/09/01(日) 08:46:13.97 ID:akxjWtVh0

まるでティラノサウルスが強力なプレデター(捕食者)じゃなくて実はスカベンジャー(腐肉漁り)だったかもしれないという学説を聞いた時のような驚き。

陽乃「あー…、えーっと…ごめんなさい、今回の件はちょと…」さすがの陽乃さんが引いている。

すげえぜ平塚先生、あの陽乃さんをここまでたじろがせるなんて、もしかしてジオンの赤い彗星とタメ張るんじゃね?

平塚「そ、そこをなんとか…」食い下がる平塚先生。必 死 だ な 。




陽乃「…そ、それに岩清水さん、若いコの方が好みらしいし…」




…あ、ここで詰みですね。ありがとうございました。




平塚「…こ、これでもこの学校では若手なのだがな」平塚先生が涙ぐんで、ガックリと肩を落とす。

うう、可哀そうでもう見てられない。もし映画化されたりしたら、間違いなく全世界が泣く。

もう、いいんですよ、先生。いよいよとなったら、俺がきっともらってあげるから…。いやむしろ俺のこともらって、養ってくれてもいいよ?

290: 2013/09/01(日) 23:50:17.94 ID:akxjWtVh0

簡単に土曜日の打ち合わせをした後、陽乃さんはやっと部室を後にした。

俺はもう雪ノ下陽乃という天災に巻き込まれたものとして、全てを諦めるしかなかった。諦めるのだけは超得意。
過去に唯一諦めきれなかった事と言えば、諦めるのを諦めることだけだったし、それすらも最後には諦めるのを諦めることを諦めたことよって事なきを得た。
我ながら意味不明だが、既に説明することすら諦めているので無問題。

とにかく、つまり、要するに、だ、人生万事諦めが肝心であるということである。特に結婚生活においては必須事項。重いなそれ、いったいどこの誰のことだよ。後で平塚先生にも教えてあげよう。いらんお世話だと殴られるかもしれないけど。

つか今回の人的損害(特に俺)の反省点を活かして、気象庁は、雪ノ下陽乃注意報とか出すべきだろ。メアド登録するから俺のスマホに配信してくれよ。7秒あれば逃げ切ってみせるぜ…ってやっぱり逃げること前提なのかよ。

陽乃「じゃあね、比企谷くん、土曜日、楽しみにしてるわよ」去り際に片手を振りながら、パチコンと長い睫毛の片目をつぶってみせる。

八幡「あー…、はい」ヒクッ

ミシリと音を立てるように部屋の気圧が増す。なにこれ俺の周りだけGが高くなってね?肩凝るんですけど?

291: 2013/09/01(日) 23:52:10.93 ID:akxjWtVh0

次いで、平塚先生も長く重いため息をつきながらノロノロと退室する。しかも俺のマンガ持ってっちゃったよ。あとでちゃんと回収しとかないとな。

それからしばらくして下校のチャイムがなると、雪ノ下が由比ヶ浜に優しく声をかけ、うって変わってむっつりした表情のまま俺の前を素通りする。

戸口で一端足を止め、俺の方を振り向いて何か言いたそうな顔をしていたが、結局何も言わずにそのまま部室から出て行ってしまった。もちろん、挨拶どころか会釈すらない。おいおい、今日びATMや自動販売機だってもっと愛想よく挨拶とかしてくれんぜ?マックだってスマイル0円だし。

どうやら先ほどのことで誤解されたままらしいが、それならそれで致し方あるまい。誤解といえどひとつの解だ。既に回答欄の埋まっている以上、俺のとった行動に対して、今更別の解を求めることはできない。

292: 2013/09/01(日) 23:53:39.66 ID:akxjWtVh0

八幡「さて、俺も帰るとしますか…」ガタッ

ため息とともにひとりごちながら立ちあがると、不満気な顔をした由比ヶ浜と目があう。

八幡「んだよ?おまえも俺になんか文句とかあるわけ?」

結衣「別に文句があるわけじゃない…けど」

八幡「なら、なんだよ?」相変わらず嘘の下手なヤツだな。

結衣「…ヒッキーってさ、陽乃さんのこと、どう思ってるの?」おずおずと切り出す。

八幡「まぁ、何考えてるかわかんねーし、正直“恐い女”…かな」つかマジ超怖いし。

結衣「ふーん。だったら、ゆきのんのことは?」

八幡「そりゃ………“イヤな女”だよな」

結衣「ひどっ!」

八幡「いやむしろ俺の方がいつも酷い目に遭わされてるだろ…」

293: 2013/09/01(日) 23:54:56.55 ID:akxjWtVh0

結衣「じゃ、じゃあ…あ、あたし…は?」///

八幡「はぁ?なんだそりゃ。やっぱり“アホな女”だろ?」

結衣「なにそれっ?!まじありえないんだけど?!」プンプン

八幡「わ、わかったから、そんなに怒るなって、だ、だったらビッチでどうだ?」ちょっと三浦入ってるぞ?朱に交わって黒くなってんじゃねーか?

結衣「どうだっ…って、だからビッチいうなしっ!」

なんだよ、聞かれたから答えただけじゃねぇか。正直に答えて怒られるんなら、人に道聞かれても、授業中に先生に指されても無視するしかなくなるだろ。

結衣「…どうして陽乃さんのお願い聞き入れたの?なんかいつものヒッキーらしくないっていうか…」

八幡「おまえの言ういつもの俺ってどんなだよ」生半可な知識で勝手に俺を語っちゃったりするなよな。そういうのが一番イラッとすんだから。

結衣「え?た、例えば、テキトーな事言って、のらりくらり誤魔化して逃げちゃう…とか?」

八幡「…反論したいところだが、表現が的確だけに何も言い返せないのが我ながら悲しいな…」もしかして俺の知らない間に、比企谷検定とか受けてんのかよ。

294: 2013/09/01(日) 23:56:08.24 ID:akxjWtVh0

ま、こいつになら話してもいいか…

八幡「由比ヶ浜、おまえ、文化祭の時のこと、覚えてるだろ?」

結衣「あ、そういえば、ふたりでどこかに遊びに行く約束したよねっ?!」

八幡「あー…そういえば、そんなこともありましたね…」(遠い目)

結衣「もう忘れてるしっ?!」

八幡「あ、いや、そうじゃなくて、雪ノ下がガッコ休んで、ふたりで家まで見舞いにいったよな?」

結衣「そうだね。あの時は大変だったね。もう、さがみんったら…」プンプン

雪ノ下のことなのに、まるで自分のことのように怒っている由比ヶ浜を見て、思わず苦笑が浮かぶ。

八幡「まぁ、確かに直接の原因は相模なんだが、正直、雪ノ下の性格上、いずれああなるとわかっていながら止められなかったの俺の責任でもあると思う」

結衣「そ、そんなことないし。わ、私だって…」

八幡「まぁ待て。だけど、そうなる遠因を造ったのは、実は陽乃さんだ」

結衣「え?ど、どういうこと?」

俺は文化祭実行委員会にいなかった由比ヶ浜のために、事情をかいつまんで話す。少し俺の憶測も交えているが、たぶん大筋ではあってるはずだ。

295: 2013/09/01(日) 23:58:32.49 ID:akxjWtVh0

結衣「…ふーん。そうだったんだ」

八幡「まぁ、陽乃さんには陽乃さんの考えがあったみたいだけどな…」

結衣「でも、だからって…」

由比ヶ浜のいいたいことは良くわかる。こいつはホントいいヤツだからな。しかしだからといって必ずしも世界が平等に俺たちに優しいとは限らない。
特に俺に対しては超厳しい。もう少し甘やかしてもいいんじゃね?俺、誉められて伸びるタイプなんだけど。いや、今は俺の事は別にどうでもいい。

八幡「だから、また同じようなことが起きた時の事を考えて、今度はしっかりと雪ノ下をサポートできるようにしておきたいんだ」

結衣「あ、もしかして、それで…?」

八幡「陽乃さんに対する貸しも、いずれは何か役に立つ時がくるかもしれないからな…」

ぼっちであるところのメリットは人間関係が希薄な分、他人の影響力を受けずに済むという点にこそあるのだが、同時にそれは他人に影響を与えにくいというデメリットをも内包する。つまりは役に立たない。
だったら影響力を持つ人間の力を利用するまでだ。そして、雪ノ下陽乃という人間は、俺にはない他人への影響力というものを十分に備えている。これを利用できる機会を逃す手はないだろう。

結衣「…そんなこと考えてたんだ。や、やっぱり、ヒッキーはゆきのんのこと…」由比ヶ浜の声が急に湿り気を帯び、小さくなる。


296: 2013/09/02(月) 00:01:37.95 ID:5LGs+FSw0


八幡「…はぁ?何いってんのおまえ?やっぱりアホなの?」


結衣「だからアホっていうなしっ!…って、へ?」

八幡「いざという時に雪ノ下を助けてやれっていったの、おまえだろ?もう忘れちゃったのかよ?」

結衣「えっ?あ、そ、そうだけど…」

八幡「約束した以上は守らねーとな。なに?その…ぼっちの主義に反するっつーか…」

結衣「そ、そうなんだ?あ、そ、そうだよね?ヒッキー、基本人間のクズだけど、そういうとこ変に律義だもんねっ?!」

八幡「人間のクズ言うな」

結衣「でも、そっかー、そうだったんだー」…って聞いちゃいねーし。

なぜか急激に由比ヶ浜の機嫌が良くなっていた。なんか鼻歌まで歌ってやがる。よくわからんが現金なヤツだぜ。

八幡「やっぱりおまえは、そんな風に嬉しそうにしてる時の方が可愛いよな…」ボソッ

結衣「えっ?!」///

八幡「や、なんでもねーし」///

って、俺ってば何言っちゃってるわけ?

結衣「あ!だったら、ふたりで遊びに行く約束の方も忘れないでね?」

八幡「あー…それはまたそのうちテキトーに…」俺は咄嗟に目をそらしたが、由比ヶ浜が追うようにして顔を覗き込んでくる。あの、顔近いんですけど…。

結衣「で、いつにする?!ん?ん?」

ふぇーん、由比ヶ浜さん、その笑顔超こわいです。

305: 2013/09/03(火) 00:40:57.82 ID:h/YpjzSN0

小町「陽乃さんの彼氏?お兄ちゃんが?!」

八幡「まぁ…彼氏のフリ、だけどな」

小町の作った夕食を平らげたあと、俺たちは台所で肩を並べて食器を洗いながら、今日あった出来事について話していた。
お、こいつ少し背が伸びたかも。胸の方は相変わらずだけど。今のうちに牛乳とか飲んどいた方がいいな、さもないと大きくなってから小さくなっちゃうよ?雪ノ下みたく。

ちなみにおやじとおふくろは今日も仕事で帰りが遅いらしい。
こう毎日だと、もしかして当節流行りのブラック企業とかに勤務してるんじゃないかと少し心配になってきたりもする。
ふたりには健康で長生きしてもらいからな。少なくとも次に俺を養ってくれる相手が見つかるまでは。

306: 1 2013/09/03(火) 00:42:31.27 ID:h/YpjzSN0

小町「…ふーん。お兄ちゃんは基本クズでひねデレてるし面倒もかかるから、確かに年上の奥さんの方がいいかもしれないけど…」小町が顎に人差指を当てながら呟く。

八幡「なんでいきなりそんな飛躍すんだよ」いくらなんでも飛ばし過ぎだろ。制限速度守らないとそのうち事故起こすぞ?

小町「で、土曜日はデートなんだ?」

八幡「まぁな。小町も来るか?」

小町「えー…?それはちょっとぉ~。さすがに小町的にポイント低いって言うか~」

八幡「雪ノ下と由比ヶ浜も来るみたいだぜ。ついでに戸塚や材木座にも声かけてみっか…」俺はスマホを取り出す。

小町「ちょい待ち」パシッ

ドボンッ

八幡「うわなにすんだよおまえ、俺のスーパー・ポータブル・コミュニケート・デヴァイスが泡だらけになっちまったじゃねぇか。“組織”から緊急指令が入ったらどうすんだよ?!」

小町「中二さんみたいなこと言わない」

八幡「完全に犠牲」

307: 1 2013/09/03(火) 00:44:02.72 ID:h/YpjzSN0

小町「もしかしてデートって、四人でお出かけなの?」

八幡「ああ。なんか知らんがそういうことになったみたいだな…」

小町「やっぱり心配なんだねぇ」ニヤニヤ

八幡「まぁ姉妹だからな。超仲悪いけど」つか一方的に雪ノ下がライバル視しているだけで、陽乃さんの方は多分、歯牙にもかけていない。

小町「そっちじゃないし」なぜか小町はあきれ顔である。

八幡「え?そっちって、どっちだよ?」あっちこっち?なにそれどこの県立猫毛高校?

小町「やれやれ…お兄ちゃんに分かれって方がムリか…」

八幡「だからその兄を蔑むような目で見るのはやめれ」

小町「そうだねー…、例えば、お兄ちゃん、もし小町が誰かとデートするっていったらどうするの?」

八幡「全力で阻止する。常識だろ?」

小町「…それどこの常識だし」

308: 2013/09/03(火) 00:45:06.57 ID:h/YpjzSN0

八幡「なら、俺もついてく。心配だからな」ついでに影で色々と妨害工作するまである。

小町「だから、雪乃さんと結衣さんも多分そんな気持ちなんじゃないのかなーって…」

八幡「えっ?それってつまり…」

小町「そうそう」

八幡「百合な上にシスコンってことか?!随分と爛れた関係だな…」

小町「…小町的には爛れてるのはお兄ちゃんの頭ん中だと思う」

八幡「はっ?!わかった!もしかして妬いてるのかっ?!」

小町「あっ!お兄ちゃん鋭いっ!めずらしく!」

八幡「…いや別にめずらしかねーだろ。つか、あくまでも彼氏のフリだけなんだから、なにもヤキモチ妬く必要はないんだぜ。小町が」

小町「…あー、はいはい。そうだねー…(棒)」

八幡「…んだよ、その超テキトーな返事…」

309: 2013/09/03(火) 00:46:59.26 ID:h/YpjzSN0

小町「でも、やっぱり小町はその日別の用事があるからいーや」

八幡「え?そんなこと言ってたっけ?」

小町「だって、陽乃さんの彼氏役するってのはオフレコなんでしょ?知ってるのは4人だけってことだよね?」

八幡「ま、それもそうだな…」厳密には平塚先生も含めて5人なんだけど。

あの後また独りカラオケとか行ってウサ晴らしてんのかな。可哀想すぎて想像するだに目頭が熱くなるぜ。。
自伝とか書いたら「女教師哀史」って題名がつきそうだよな。もしくは「あゝ三十路峠」とか。タイトル聞いただけでごはん三杯分は泣ける。

小町「せっかくのデートなんだし、邪魔しても悪いしねー」

八幡「は?別に邪魔じゃねーだろ」むしろ緩衝材の役目果たしてくれそうで期待してるくらいだし、なんなら盾にするまである。

あいつらといると、もしかしてオイル切れてんじゃねぇの?ってくらいやたらギスギスしているし。

310: 2013/09/03(火) 00:49:00.92 ID:h/YpjzSN0

小町「…それに、修羅場に巻き込まれたくないからねぇ…」ボソッ

八幡「あ?なんか言ったか」

小町「んーん。べっつに~」

八幡「なにその思わせぶりなフリ。ちょっとイラっ☆とすんぞ」

小町「と・に・か・く!お兄ちゃん、しっかりね」そういって優しく俺の肩に手を置く。

八幡「小町…」

小町「ん?なにかな?」

八幡「とりあえず俺の服で泡を拭うのやめれ…あと、お土産とか期待すんなよ?」

小町「ちっ、バレたか」そう言って可愛らしくチロリと舌を出す。

いつものことながら、俺の妹はどこに出しても恥ずかしくないくらい超可愛い。もちろん、どこにも出すつもりはないが。

311: 2013/09/03(火) 00:54:47.37 ID:h/YpjzSN0

土曜日の昼過ぎ、待ち合わせ場所に指定されたカフェに着くと、既に陽乃さんがテラスの席に着いているのが見えた。

敢えて探すまでもなく、一目でわかってしまうあたりはさすがである。今日はいたって清楚な服装のようだが、そのまばゆいばかりの美しさは遠目にも人を惹きつける。

実際、俺がたどり着くまでのわずかな間にも何人かの男達が彼女に声を掛けていたが、皆一様にザコキャラのごとく見事なまでに軽くあしらわれていた。

これがもし、いもうとのんの方だったら、多分、無駄な人死にが出る。あいつをナンパなどしようものなら、それこそあの切れ味鋭い舌鋒にかかり、夢破れた漢たちの累々たる屍の山が築かれるまであるかもしれない。
この平和な日本で、しかも女の子との待ち合わせ場所に向かうというありふれた日常の光景の中で、なんで骸と血の山河を超えてく世紀末的バイオレンスなシチュエーションを経験しなきゃならないんだよ。修羅の国の人なの?

312: 2013/09/03(火) 00:55:46.03 ID:h/YpjzSN0

陽乃「あ、比企谷くん、こっちこっち」俺に気がついた陽乃さんが手を振る。

輝かく笑顔に思わず胸がドキリと脈打つ。もしかしてこれって………心筋梗塞?AEDどこよ?

周りの男たちから俺に向けられる羨望と嫉妬の視線が超痛い。今俺に注がれる視線を可視化したらたぶんウニになるんじゃないかと思えるくらい。
質量なんて与えた日には、矢襖になって武蔵坊弁慶ばりに立ち往生を遂げているところだ。

俺の磨き抜かれたステルス機能を無効化するとは、もしかして左手に幻想殺しとか宿してたりするの?どこの禁書のナニ条さんだよ。

313: 2013/09/03(火) 00:57:58.32 ID:h/YpjzSN0

八幡「ちわ」俺は周りを見回しながら苦笑を隠せないでいたが、陽乃さんの方はまるで気にもしていない。たぶんもう慣れっこなのだろう。

陽乃「早かったわね」

八幡「貴女ほどではないです」

ちらりと時計を見ると、まだ待ち合わせの時間より20分ほど早い。

八幡「もしかして待たせちゃいましたか?」

陽乃「予定より早く着いちゃったんだけど、本読んでたからそうでもなかったわよ」そう答えながら、ちょっとだけ意外そうな顔をする。

八幡「どうかしました?」

陽乃「比企谷くんって、意外と女の子に対して気の遣えるタイプだったのね。あ、ごめんなさい。そんな風には見えなかったから」

八幡「何いってるんですか。俺はこう見えて超気遣いの人ですよ?いつもは空気読まないフリしてるだけです」

気を遣ってるからこそ場の空気がしらけないように常に発言を控えてるし、相手を困らせない様に、遊びに行こうと誘われても断るのだ。誘われた事ないけど。

314: 2013/09/03(火) 00:59:25.24 ID:h/YpjzSN0

陽乃「読まないフリ…ね。ふーん」何事か納得したかのように、目を細める。

八幡「な、なんスか?」

陽乃「文化祭の時もそうだったのかな…って」全てを見透かしたような瞳を俺に向ける。

八幡「あー…読む読まないといえば、何の本読んでたんですか?」

陽乃「ふふ、なんだと思う?」

居心地が悪くなったのでわざとらしく話題を逸らしたのだが、何事もなかったかのように話に乗ってくれるあたりやはり年上の余裕というヤツを感じる。
いもうとのんならこちらが吐くまで問い詰める。つか追い詰める。心理的なプレッシャーが半端ない。たぶん、吐く前に泣く。つまり泣きながら鳴くことになる。超恐い。

315: 2013/09/03(火) 01:00:37.00 ID:h/YpjzSN0

八幡「アドルフ・ヒトラーの“我が闘争”とか…ですか?」もしくはマキャヴェッリの“君主論”とかも似合いそうですね。

この人の場合、ホントに実践しそうでシャレにならないけど。あれ、ハウ・ツー本とかじゃないんだから。

陽乃「あはは。残念。これよ」そういいながら上品な革製カバーをはずしてタイトルを見せる。

リルケ詩集 ―― 正直、意外だった。まぁ、独和対語訳ってのが、この人らしいといえばらしいか。

八幡「初期の恋愛詩集ですか。意外と乙女チックなんですね」

陽乃「あら、失礼ね。私だって乙女よ?」

八幡「え、いや、そういう意味ではなくてですね…」俺は言葉に詰まって頭を掻く。

陽乃「言ってなかったかしら?こう見えて私まだヴァ…」

八幡「誰も聞いてませんっ!!!!」///

なに、しらっとカミングアウトしようとしてんだよ。油断も隙もあったもんじゃねーな。
まぁ一見遊んでいるように見えて、その実、良家の子女なんだから身持ちは堅くて当然なのか。意外といえば意外だし、判断に困るよな…とりあえず保留。

316: 2013/09/03(火) 01:02:39.75 ID:h/YpjzSN0

当の本人は狼狽する俺の顔を見ながらクスクスと笑っている。やべ、完全に年下の初心な少年を弄んでやがるよな。やっぱり小悪魔だわこのひと。

八幡「こほん。あー、実は俺も…好きなんですよ」

陽乃「えっ?」急にポカンと口を開ける。

八幡「はっ?」俺、今、何か変なこと言った?

陽乃「えっと、それは…どういう意味なの…かしら?」///

なぜか頬を赤く染め、珍しくわたわたと取り乱している。なんかしらんけど、初めて見たよ、このひとのこんな顔。意外とかわいいとこあるのな。

八幡「“世の恋人たちを見るがいい、やっと告白したかと思えば、もう欺いている”でしたっけ?詩ではないけど、俺の好きなリルケの格言のひとつです」

陽乃「あ、ああ。えっと…“マルテの手記”の一節ね。さすがヒネてるだけのことはあるわね」

八幡「俺に言わせれば、恋愛なんて、それこそ嘘と欺瞞の塊みたいなものですからね」

陽乃「あは。それは同感かも」

いつものように計算高い表情を浮かべて笑う。でもそれはそれで変な勘違いをしないで済む分、俺にとっては安心できる類の笑顔だった。

322: 2013/09/04(水) 00:38:19.10 ID:ucYeMnvY0

「ずいぶんと楽しそうにお話中のところ、申し訳ないんだけど?」


凍てつく氷のような冷え冷えとした声に振り向くと、いつの間にか俺の背後に憮然とした表情の雪ノ下と由比ヶ浜が立っていた。

なにおまえ普段からやたら俺に冷たいと思ったら冷蔵庫だったの?フリーザーとか搭載してんの?怒ると最終形態に変身したりしちゃうわけ?

陽乃「あら雪乃ちゃん、随分遅かったのね?あ、由比ヶ浜ちゃんと一緒だったんだ。やっはろー」

結衣「あ、や、やっはろー、です」だからそれ敬語のつもりかよ?

ふたりの私服姿を見るのは久しぶりなのだが、なぜか今日は揃って機嫌が悪いようだ。
なんで着いた途端にそんな不機嫌な顔してるわけ?気分悪いんだったらいっそのこともう帰っちゃえば?なんだったら俺が先に帰っていい?…って、いいわけねぇか。

323: 2013/09/04(水) 00:40:19.35 ID:ucYeMnvY0

結衣「ヒッキーってば、デレデレしすぎだしっ」プンプン

八幡「はぁ?べつにデレデレなんてしてねーだろ」ダラダラはしてるのはいつものことだし、目もドロドロに腐っている。つまりは普段通りだ。俺的に異常なし。オール・グリーン。

雪乃「由比ヶ浜さん、この男の顔がだらしないのは別に今に始まったことではないわ。それを攻めるのは酷というものよ。本人に罪は…あるのでしょうけれど」

八幡「そうだよな。おまえの口が悪いのも今に始まったことじゃねぇしなっ」多分、未来永劫そのまんまだと思うしな。

もう日本の警察はこいつを“言論のひとり凶器準備集合罪”とかの名目で取り締まるべきだろ。ついでに治安維持法とかも復活しちゃえよ。このまま放置したらそのうち絶対ヤバイことになるぜ?主に俺が。

陽乃「さてさて、みんな揃ったようだし、そろそろ、行きましょうか」陽乃さんが、ひとつ伸びをしてから椅子から立ち上がった。

八幡「そうですね…じゃあ俺、とりあえず帰らせてもらいます」シュタッ

結衣「だから、とりあえずとかいってそのまま帰ろうとするなしっ!」

ちっ、ドサクサにまぎれてこのままバックレちゃおうか思ったのに。

324: 2013/09/04(水) 00:41:59.68 ID:ucYeMnvY0

陽乃「ちょっと待ってて。今、お会計済ませてくるから」陽乃さんはそう言ってハンドバックを取ると席を離れた。

俺はテーブルに残されたうっすらとリップ跡の残っているティーカップを見るともなしに見る。…これ、オークションに出したら高く売れねぇかな?

雪乃「私たちが来るまでの間、姉さんとなんの話をしていたのかしら?」雪ノ下が仏頂面のまま尋ねる。

八幡「あ?ごく普通の世間話だけど?」

雪乃「あなたが他人と“ごく普通の世間話”ができるとは思えないのだけれど?」

八幡「そんなことはない。“うん”とか“ああ”とか“ふーん、そうなんだ”とか言ってれば大抵の会話は成り立つようになっている。内容なんて二の次だ」

結衣「二の次なんだ?!」

八幡「当たり前だろ?日常会話なんて、だいたい当たり障りのないことだけ言ってるだけだし、内容なんてほとんどあってないようなもんだからな」

今日はいい天気ですね、とか、そんなの空見りゃ一目瞭然だろ。なんでわざわざ同意求めんだよ。俺はハチマンであってイエスマンじゃねーっつーの。世界の真ん中で、イエス・ウィ・ハチマン!とか叫べばいいのかよ?

雪乃「あなたは普段から他人に対して、その“当たり障りのないこと”すら言ってないでしょ?たまにはうんとかすんとか言ってみたらどうなの?」

八幡「うん?すん?」

雪乃「…処置なしね」雪ノ下が見放したかのようなため息をつく。こいつこういうところはやたらシビアだから、もしかして今のでホントに俺を見限ったのかもしれない。

325: 2013/09/04(水) 00:43:32.75 ID:ucYeMnvY0

陽乃「お待たせ~。さ、比企谷くん、行きましょ」

支払いを済ませて戻ってきた陽乃さんが、ごく自然な流れで俺の腕をとる。あまりにも自然すぎて、逃げることに関してはエキスパートとさえ言われる俺が思わず逃れるタイミングを失ってしまうくらい。

結衣「むぅっ…」由比ヶ浜が不満気な声をあげ、

雪乃「姉さん、その男から腕を離しなさいっ!」雪ノ下の叱責が飛ぶ。

陽乃「あら、いいじゃない。今日はデートなんだし。それにまだ反対側の腕なら空いてるわよ?」

悪びれることなく答える陽乃さんの言葉に、雪ノ下と由比ヶ浜が顔を見合せた。

いや、おまいら、これ罰ゲームとかじゃないんだから、別に無理しなくていいんだぜ?
授業で男女のペア決める時みたく、余った者同士でお互いに譲り合うフリして俺のこと押し付けるのとかやめてよね。あれ、ホントにいたたまれなくなるんだからさ。

326: 2013/09/04(水) 00:48:55.36 ID:ucYeMnvY0

八幡「ははは(棒)、腕組むのは勘弁してください」

俺はトラウマに押しつぶされそうになりながらも、できるだけ失礼のないように、やんわりと陽乃さんに取られた方の腕を引き抜いた。
ちょうど肘の部分が胸にあたってドキドキしてしまう。由比ヶ浜ならともかく、雪ノ下ならこうはならない。たぶん。怖くて言えないけど。
陽乃さんはチラリと俺の顔を見て、軽く肩をすくめて見せたが特に気分を害したというわけでもなさそうだ。

陽乃「比企谷くん的には肩を組んで歩く方がいいのかしら?」そういいながらそっと俺に寄り沿う。だから余計に近いってば。

八幡「…いや、俺の嗜好とかの問題じゃないですから」当然わかってていってますよね、それ?

適度な車間距離とか保たないと事故起こしちゃうだろ、俺の下半身が暴走してっ!

俺が飛び跳すさるように離れる姿を見て、陽乃さんは意味ありげな笑みを浮かべたが、特に無理強いするつもりはないようだ。
そのまま俺たちの先導をするために、つっつかつっつかと先へ行ってしまう。
その魅力的な後姿を目で追ううちに、俺は初めて自分の過ちに気づかされてしまっていた。


…やっぱり、女性の価値は胸よりお尻かもしれないな、うん。


安心しろ雪ノ下。おまえにもまだ望みはあるかもしれないぞ?

327: 2013/09/04(水) 00:50:47.94 ID:ucYeMnvY0

結衣「ヒッキー、どうしたの?」由比ヶ浜が声を掛けきたので、俺の崇高で哲学タイムは打ち切られ、むりやり現実に引き戻される。

雪乃「比企谷くん、なにをグズグズしているの?さっさとしないと置いていくわよっ!?」

八幡「いやだから俺置いてくって、おまえらだけでいったい何処へ何しに行くつもりなんだよ?」既に本来の目的とか忘れてねぇか?

先行する三人の後姿を眺めながら、俺はやれやれと小さくため息をつく。もうマジで早くおうち帰りたいんですけど?
まるでホームシックにかかった子どもみたいだな。つか、この倦怠感をはじめとする頭痛や眩暈の症状は、むしろシックハウスに近いかもしれない。…って、家とか全然関係ねいだろ、これ。

328: 2013/09/04(水) 01:09:00.95 ID:ucYeMnvY0

今日の予定について詳しくは聞いていなかったのだが、どうやら陽乃さんの方で色々と手配してくれたらしい。
俺は自分の意志に係らず、言われるがままについていくしかない。雷が来ても大樹の陰に寄り、長ければヘビにでも喜んで巻かれてしまうのが俺という人間のポリシーだから。

陽乃「まずはその頭からね」

雪乃「姉さん、この男の頭の中は今更手を加えてどうなるものでもないわよ?あきらめた方がいいと思うのだけれど」

陽乃「それは知ってるけど、私が言ってるのは中身ではなくて髪型の方よ」

八幡「…俺の頭の中は世間一般でいったいどういう評価受けてんだよ」

雪乃「あら、聞きたいの?あなた、意外とチャレンジャーなのね…」

八幡「…いや、やっぱ遠慮しとくわ…」

おまえの口から聞かされたら、多分しばらく立ち直れそうもないし。

八幡「…っていうか、頭だったら先月切ったばっかりだぜ?」

雪乃「あら、脳の手術でも受けたの?その時に医者からもう手遅れだとは言われなかったのかしら?」

八幡「床屋に行ったという意味だ。おまえそれ、わかってていってんだろ?」

雪乃「ならいっそのことロボトミー手術とか受けてみたらどうかしらね?そうすればあなたのそのヒネた性格も少しは素直になるかも知れないわよ?一度試してみる価値はあるんじゃない?」

八幡「一度試したらもう二度目はねーけどな」つか人道的に問題ありすぎだろ、その発言をするおまえ自身。

雪乃「ところで床屋に行ったのならその飛び出した毛はなんとかならなかったの?」

八幡「いや、一応このアホ毛が俺のトレードマークだからな。これとっちゃったら誰だかわんなくなるし」

結衣「だ、大丈夫だよ!ヒッキーにはまだその腐った目が残ってるからっ!」

八幡「…アホ毛と腐った目だけが俺のアイデンティティの全てなのかよ」

どこらへんに大丈夫な要素があるのか誰か俺に詳しく説明してくれよ。

329: 2013/09/04(水) 01:27:01.01 ID:ucYeMnvY0

陽乃さんに先導されるまま、俺達はオサレな感じの美容室に連れて行かれた。
メンズ・ノンケとかポップ・アイに載っていそうなアレだ。読んだことないけど多分そんな感じ。

オサレな店にオサレなカリスマ美容師さんとかがいて、それこそ難解でオサレな専門用語を駆使してオサレな会話をしている…ただひとつ違うのは、今日のお客様はぼっちだったのです…ってナレーションが入りそうな店だ。

つまり、普段の俺なら絶対に近寄らないような処である。むしろ鬼門といっていいくらい。方違えしてでも避けるべきだろ。だれぞ陰陽師呼べよ。

八幡「あー、俺、オサレなお店に入ると死んじゃう病気なんで…」

雪乃「…それはまた新しいパターンね。あなたの場合、そのうち行ける場所がなくなるんじゃないの?」

八幡「いいんだよ、将来的にはずっと家に籠る予定なんだから」

結衣「根っからのヒッキーなんだね…」

雪乃「もういっそのことヒキコモリガヤくんとか名乗ったらどうなのかしら?」

八幡「それならもう中学時代に名乗ってたぜ…勝手に周りが」

結衣「哀しすぎる黒歴史だね…」

八幡「だいたい、髪切られたうえに金払うってなんなんだよ?そんなんじゃ時計の鎖も買えねーだろ?」

雪乃「“賢者の贈り物”…ね。あなたはまともに数も数えられないくせに、どうしてそういった知識だけは豊富なのかしら?」雪ノ下が呆れ顔で突っ込む。

結衣「ふわ?“賢者の贈り物”って…?」

雪乃「ほら、貧しい夫婦がクリスマスプレゼントにお互いの髪と時計を売って、それぞれ時計の鎖とベッコウの櫛を購う話よ?」

結衣「あ、それなら知ってる!たしか…」

八幡「人間の醜いエゴや勝手な好意の押し付けを戒めた、有難くも救いようのない話だ。最後はみんな死ぬ」

結衣「って死なないしっ!」

雪乃「あなたにかかると道徳的なお話も全て悲劇になってしまうのね…」

八幡「俺の今までの人生は悲劇の連続みたいなものだったからな」

雪乃「顔だけは喜劇なのに?」

八幡「だからそういうセリフは小首を傾げながら可愛らしい顔で言うなっつーの…」


342: 2013/09/05(木) 00:42:10.10 ID:lcAKv6FM0

陽乃「電話で予約してある比企谷ですけど」陽乃さんがカウンターで店のスタッフに声をかける。

スタッフ「あ、承っております。男性の方、一名様ですね。こちらへどうぞ」

特に待たされることもなく案内されたイスに座ると、早速、俺を担当する美容師さんが声をかけてくる。若くてキレイ系のお姉さんだ。

美容師「いらっしゃいませー。どんな感じにしますか?」ニコッ

感じのいい営業用スマイルが腐った俺の目には超眩しい。消費電力量とか高そうだな。JISの照度基準とかに照らし合わせてもちょっと明るすぎでしょ。元気玉かよ。
俺に見せる笑顔といえば、冷笑と嘲笑と失笑と苦笑くらいしかない誰かさんは少し見習うべき。敢えて誰とはいわないが。雪ノ下とか。

八幡「は、はぁ、テキトーにお願いします」常に日蔭者の俺としては、鏡越しとはいえその明るい笑顔を直視できず、つい目が泳いでしまう。

落ち着けよ、俺。別にお巡りさんに職務質問受けているわけじゃないんだから。

343: 2013/09/05(木) 00:46:43.22 ID:lcAKv6FM0

俺は普段から髪型とかに気を遣わないなの方だが、それは単に俺自身が無精であるというだけではなく、放って置いても髪型がそれなりになんとかなってしまうからである。
まあブショウであることには間違いがないのだが、別に兜の前立てに“愛”の文字とかあしらっているわけではない。なにそれどこの義風堂々だよ。

だから朝も特にセットとかしないし、当然、整髪料も使わない。人によっては1時間近く時間をかけるヤツもいるみたいだが、そんな時間があるなら間違いなく1分1秒でも長く寝るだろフツウ。育ち盛りの若者には十分な睡眠時間が必要だし、俺なんかちゃんと8時間以上の睡眠時間を確保しているぜ。それでも足りない時は授業中まで寝てるし、超健康優良児。不健全だけど。

しかし、いくら緩いといっても校則もあることだし、今回もあまり奇抜な髪型とかにはしない方が無難だろう。それにあまり目立つと外敵に襲われる心配がある…いるのかよ外敵。


どちらにせよ適当に調髪して簡単に整えてもらう程度にすることに決め、俺はその旨をざっくりと美容師さんに伝える。いや、ざっくりと切られちゃっても困るんだけどね、首とか。

344: 2013/09/05(木) 00:48:01.89 ID:lcAKv6FM0

俺が慣れない店の雰囲気にテンパって、ひたすらキョドっているにも関わらず、その美容師さんは気にした風もなく、プロらしくちゃっちゃと作業をすすめながら気さくに話かけてくる。

仕事とはいえ、この俺に会話を仕掛けてくるとは、この人、かなりコミュ力が高えな。もしかしてスカウターとかで計測したら限界値突破してんじゃねーのか?

それにひきかえ俺ときた日には…チラリと鏡に映った自分の姿を見る。

「ふっ…コミュ力…たったの5か…ゴミめ」ボソッ

思わずセルフで突っ込んでしまうくらい悲しい。

345: 2013/09/05(木) 00:50:43.97 ID:lcAKv6FM0

美容師「ん?どうかしたのかな?」

八幡「い、いえ別に…」

美容師さんは俺がリラックスできるように、タメ口に切り替えてくれたようだ。このあたりの臨機応変に対応できるスキルもコミュ力の高さゆえなのだろう。
まるで突然十年来の友達でもできたのかと錯覚してしまうような親近感。いや俺、友達いないからよく知らんけど。

美容師「学生さん?」

八幡「はぁ、まぁ」

美容師「いくつ?」

八幡「じゅう…しち…です」

美容師「どこのガッコ?」

八幡「ち、千葉の総武高校…です」

美容師「彼女とかいるの?」

やべ、やっぱり職務質問なんじゃね、これ?もしかして事件当日のアリバイとか聞かれちゃうの?もういっそのことゲロして楽になっちゃう?
カツ丼とか食わしてもらえるかもしれないし。

つか、普段あまりしたことないから、こういうオープンな会話とかって超苦手なんですけど。
今更、日本語が喋れないフリもできねーし、ここはやはりオーソドックスに寝たフリとか?いやいっそのこと死んだフリした方が…って別にクマに襲われたわけじゃないんだから。

再び勢いよく泳ぎだした俺の眼が美容師さんのネームプレートを捉えると、そこには「日隈」と書いてあった。

…うん、やっぱり死んだフリいっとく?

346: 2013/09/05(木) 00:52:11.17 ID:lcAKv6FM0

八幡「…いえ、今はいません」

俺は死んだフリを諦めて会話を続けつつも、とりあえず“今は”の部分をさりげなく強調しておく。

本当は過去や現在は勿論、未来についても確率的にも統計的にも実に怪しいところなのだが、初対面の人にちょっと見栄を張って答えるくらいなら許されるよね?
嘘じゃないよ。あくまでも希望的観測だから。例え相手が「ってことは、昔はいたのかな?」って勘違いしたとしても、それはそれで仕方ないし。ここが日本語の難しいところだよね?うん、国語学年3位の俺が言うんだから間違いない。よかった。英語で会話しなくて。しろと言われてもムリだけど。


日隈「…ってことは前はいたってことなのかな?」

八幡「…………………………いません」


なんでいたいけな少年のわずかな虚勢さえ詰みにくるかな、この人。

347: 2013/09/05(木) 00:53:31.54 ID:lcAKv6FM0

美容師「そう?あんな可愛いコ三人も連れて、なかなか隅に置けないと思うけど?」チラリと待合室の方を見る。三人ともソファに腰掛けて俺を待っている。別に待っていなくてもいいのに。

陽乃さんはヘアカタログ系のファッション雑誌を見ているし、由比ヶ浜はちょこまかしながら、時折雪ノ下に話しかけ、雪ノ下はそれに対して適当に返事をしているようだ。
時々、由比ヶ浜が引いているところを見ると、声こそ聞こえないがなんとなく会話の内容は想像できる。

十中八九、俺の悪口だな。間違いない。

348: 2013/09/05(木) 00:54:52.20 ID:lcAKv6FM0

「ゆきのん、ゆきのん、ほら、この髪型、なんかヒッキーに似合うと思わない?」

「そうかしら?」

「あ、反応薄いー。じゃあこれなんかどうかな?悪くないと思うけど」

「ふぅー、由比ヶ浜さん、何をもってその髪型が比企谷くんに似合うと言っているのかしら?」

「え?な、なんとなく…かな?雰囲気とか…?ヒッキーも、もう少しオシャレとかすればカッコよく見えるじゃないかなーって」

「いいこと、由比ヶ浜さん、あの男は髪型を変えたくらいで更生するようなまともな人間ではないのよ?だいいちあの腐った目から滲み出るような負のオーラが…」

「あ、で、でも、ヒッキーの毛って、意外と柔らかくてネコっ毛なんだよ?」

「ね、猫?ひ、比企谷くん、猫なの?」

「え?あ、あー…、別にヒッキーが猫ってわけじゃないんだけど、確かに猫みたいな手触り…かな…?」

「わ、私も、こ、今度触らせてもうおうかしら…」///

「…ゆきのん、猫ならなんでもいいんだね…」

349: 2013/09/05(木) 00:57:09.29 ID:lcAKv6FM0

確かに見てくれはいいかもしれないが…いや、見てくれだけはかなりレベル高いことを認めるのはやぶさかではないのだが、中身はアレだから。
アレ過ぎるくらいアレだから。もうアレがアレしてナニしちゃってるレベル。具体的に言葉に出しちゃうと、俺の生命がアレしちゃってナニしそうだからそれこそ何も言えないですけどね。

八幡「あー…えーと…す、隅が好きなんです」例えば教室の隅とか。ちなみに重箱の隅をつつくのとかも超得意だし。

俺がしどろもどろにテキトーな返事をすると、

日隈「なにそれー?キミって面白いコなんだね」何がツボにはまったのか、コロコロと笑う。

ふと鏡越しに背後を見ると、雪ノ下と由比ヶ浜が、不機嫌そうな顔でこちらを見ていた。
だから俺にどうしろっていうんだよ?拘束されてんだから、逃げるわけにはいかねーだろ?
しかも相手はハサミとか剃刀とか物騒な刃物持ってるし、不用意に動いて万が一刺されちゃったりしたらどうすんだよ?


350: 2013/09/05(木) 01:04:51.97 ID:lcAKv6FM0

日隈「ね、ところでだれが本命なの?」ヒソヒソ

なんかこの人、とんでもない思い違いをしているようだ。

八幡「や、俺、競馬とかやらないんで本命とかないですから」

日隈「とかいっちゃって。そうね、私の見立てでは…」

八幡「は?」いや、だから勝手に見立てんなよ。

日隈「あの、黒髪の子かな」どうやら雪ノ下のことらしい。なに勘違いしてんだよこの人。残念でした正解は4番の戸塚です。

八幡「…どうして、そう思うんですか?」一応、念のために聞いている。今後あらぬ誤解を招かぬよう肝に銘じるためだ。なんなら座右の銘にするまである。

日隈「ふふ。内緒。でも知ってる?それ“当たりです”って言ってるのと同じなんだよ?」

八幡「…勘弁してください」

本命なんてとんでもないが、雪ノ下のことだから大穴ならあるかもしれない。例えば俺を陥れるために、落し穴掘るとか。マジでありえるから超怖い。しかも穴底に竹やりとか仕込んでいそうだし。いや、その前にむしろ俺が自分自身が穴を掘りそうな気もするんですけどね。墓穴とか。

362: 2013/09/06(金) 01:16:58.21 ID:i/BpTPJu0

セットが終わり、だいたい小一時間ほどでやっと解放された。

日隈「お疲れ様。比企谷くん…だっけ?良かったらまた来てね」

八幡「あ、あー…、はい。ありがとうございます」

去り際に日隈さんがとびきりの営業スマイルを向けてくれた。社交辞令にしても美人さんに言われるのはやっぱり嬉しいもんだな。

きっとこうやってついフラフラと飲み屋のホステスとかにお金つぎ込んで身を持ち崩してしまう男はたくさんいるんだろう…うちのクソオヤジとか。
俺もその素質を遺伝子レベルで受け継いでいるかもしれないと思うと、さすがにちょっと不安になってくる。無意識のうちに鼻の下が伸びているあたりとか特に。

八幡「ふー、拘留所から釈放された時の気持ちがよくわかるぜ。シャバの空気はやっぱうまいなぁ」俺はごまかすようにひとりごちる。

雪乃「あら、普段から空気を読むことすらしないあなたがいうと、なぜだかものすごく違和感を感じるわね…ヒギシャヤくん?あら、噛んでしまったわ」

って、何気に噛んだふりして俺の名前間違えるなよ。誰が被疑者だよ?つか、それ、ぜってーわざとだろ?

363: 2013/09/06(金) 01:19:21.17 ID:i/BpTPJu0

八幡「生きてるって実感するよなーっ」

雪乃「死んだ魚みたいな目でそんな清々しいセリフいわないでくれるかしら。とても不快だわ」

なぜか雪ノ下の機嫌が超悪い。ついでに俺に対する態度はもっと悪い。しかもそれがデフォルトだという事実が一番最悪なような気がする。

とりあえず、恐らくこれで一生分の日常会話のストックと、俺の持つ相槌スキルは全て使い果たした。
もうしばらくは誰とも話したくない気分だ。手持ちの矢弾の尽き果てた今、誰かに話しかけられたりでもしたら、マジでヤバいかもしれない。
特に相手が雪ノ下とかの場合は、言葉の暴力とかもうフィジカルな凶器と同レベルだからな。ペンは剣より強く、雪ノ下の罵詈雑言は更に強い。法律で規制しろ規制。

364: 2013/09/06(金) 01:20:56.58 ID:i/BpTPJu0

陽乃「へぇ、きれいになったじゃない。悪くないわよ?」

結衣「なんて言ってカットしてもらったの?」

八幡「や、別に…。テキトーにお願いしますって言っただけだけど」

雪乃「比企谷くん、あなたの生き方じゃないんだから、なんでも適当はよくないわよ?」

八幡「なぜ俺の生き方が適当だと断言する?」

雪乃「じゃあ、いきあたりばったりではなく、堅実な将来設計とか考えてるのかしら」

八幡「当たり前だ。まずとりあえず今の俺の学力でも入れそうな大学選んで進学すんだろ?」

雪乃「…いきなり志が低いのね」

八幡「で、在学中に優しくて可愛い彼女を見つける」

結衣「べ、別に…大学になってからじゃなくても…いいんじゃない…かな?」モジモジ

八幡「まあいいから話の続きを聞け」腰折るなよ。おまえもしかしてスズメなの?

雪乃「それで、その彼女にフラれてからどうするのかしら?首でも吊るの?随分短くて悲しい人生なのね」

八幡「いつの間にすでにフラれたことが確定してるんだよ…」つか勝手に俺のこと死なすなよ。

雪乃「だって計画にはリアリティがあった方がいいでしょ?」

八幡「リアリティだけあって、夢がねーだろ」リアルで死なすなよ。

俺の人生は夢すら見させてもらえないのかよ?まぁ、おまえといるだけで十分悪夢だけどな。ドリーム・キャッチャーとか必要なくらい。ダース単位で。

365: 2013/09/06(金) 01:22:10.51 ID:i/BpTPJu0

八幡「あー…で、卒業したらその彼女と結婚して、俺は専業主夫になり、奥さんが働いて一生養ってもらうわけだ。どうだ、これ以上ないくらいパーフェクトな人生設計だろ?」

雪乃「…どうだと言われても、そこまで目を腐らせながら嬉々として将来の夢を語る人なんて初めて見たわ」雪ノ下がかなりの勢いで引いている。

結衣「やっぱり、腐ってるのは目だけじゃなかったんだ…」由比ヶ浜がポショリと呟く。だからやっぱりってなんだよ、やっぱりって。

雪乃「由比ヶ浜さん、この男の場合、腐った性根が目に顕れているの。だからその表現は必ずしも正しいとはいえないわね。ミミズだってオケラだって、ましてやゾンビや比企谷くんだって、一応それなりに一生懸命生きているのよ?差別しちゃいけいないと思うわ」

いやいつも差別的発言を繰り返してるのはむしろおまえの方だっつーの。つか、さすがにゾンビは生きてねぇだろ。

366: 2013/09/06(金) 01:23:05.68 ID:i/BpTPJu0

八幡「はぁ?おまえら何言っちゃってるの?誰にだって職業選択の自由が認められてるんだぜ?しかも昨今の男女共同参画の風潮にも沿ってるし、専業主夫なんて、今、まさにトレンディな職種だろ」

雪乃「もっともらしい事を言ってるように聞こえるけど、要は“働いたら負け”とかいってるニートと同じレベルの理屈ね。こういう男に騙されちゃだめよ由比ヶ浜さん」

八幡「俺を悪い男の見本みたく言うな」

雪乃「あら、見本じゃなくて、まさに悪い男そのものでしょ?ホルマリン漬けのまま“腐れ目・バ科・低属・悪い男(個体名:ヒキガヤハチマン)”と書いたラベルを張って、学術標本としてしかるべき場所に展示してもいいくらいだと思うけれど」

八幡「ばっか、何いちゃってるんだよおまえ、俺は他人に悪い影響も良い影響も与えない、クリーンでエコな人畜無害の無印ぼっちなんだよっ!」

雪乃「毒にも薬にもならない男ってのが、ある意味いちばん最悪なのよね…」

だから俺の存在価値をバッサリ切り捨てるようなこと言うなよ。こいつもしかして夜な夜な辻斬りとかしてんじゃねぇの?

367: 2013/09/06(金) 01:24:21.30 ID:i/BpTPJu0

陽乃「なるほど、でもその計画にはひとつだけ致命的な欠点があるみたいね」


それまで黙って話を聞いていた雪乃さんがいきなり会話に加わってきた。つか、いつの間に“会話”って一方的な罵倒を意味するようになったんだよ。

八幡「えっ?そ、そうですか?」それは聞き捨てならねぇな。俺のこの完全無比な人生設計に欠点がある…だと?

雪乃「ひとつだけ…なのかしらね?」雪ノ下が別の意味で首を傾げる。

陽乃「さて質問です。比企谷くんは、どうやって、その可愛くて優しくて将来性のある女の子を口説き落とすつもりなのでしょう、か?」


…………しまった。盲点だったぜ。

368: 2013/09/06(金) 01:26:10.61 ID:i/BpTPJu0

八幡「…うっ、そ、それは…土下座…とか?」

結衣「いきなり土下座とかされたら女の子の方でも引くってば…」そう言いながら由比ヶ浜が既に引いていた。人間引き際が肝心だよな?意味違うけど。

雪乃「…どうやらそれについては何も考えていなかったみたいね…相変わらず、無策というか無謀というか無能というか…とにかく死んでくれないかしら?」雪ノ下が心底蔑むような眼で俺を見る。だから[ピーーー]なよ。生命は尊いんだぜ?特に俺の命とか。

八幡「そ、そんな些細なことにまで気が回らなかっただけだっつーの」策士、策に溺れるとはまさにこのことか?

結衣「…それって全然、些細なことじゃないと思う」

雪乃「つまり、あなたの言うその完璧な計画とやらは、基本設計の段階からして既に破綻してるということよ。もう、いっそのことすっぱりと諦めてもっと堅実な方法を模索しなさい、そうすればあるいは…」

369: 2013/09/06(金) 01:31:05.36 ID:i/BpTPJu0

陽乃「…だから、大学に入ってからじゃなくて、今のうちに彼女候補を見繕っておいた方がいいと思うわよ?」陽乃さんが雪ノ下のご高説を遮るようにして、意外な発言をする。

八幡「え?」あまりにも意外すぎて、この人が何を言ってるのかイマイチよくわからない。もしかして俺の頭が悪いだけかもしれないがそのあたりは華麗にスルー。

結衣「そ、そうだよっ。あたしもそう思うっ」なぜか由比ヶ浜が食い気味に賛同する。もしかして腹が減ってるのかもしれない。食い気味だけに。

八幡「え?でも、優しくて可愛くて、しかも将来性のある女子なんて、それこそある意味、絶滅危惧種みたいなもんじゃないですか?」

自分で言っといてなんだけど、どこにいんだよ、そんなの。まさしくレッドデータガール。電子機器とか壊しちゃうかもしれない。
多分、時代が時代なら同じ重さの金と交換されるくらい貴重。高翌嶺の花どころか、ギアナ高地にのみ咲く幻の蘭みたいな希少種。

雪乃「しかも、あなたみたいな腐った目をした人間のクズに好意を持ってくれる女子なんて言ったら、それこそ都市伝説みたいなものですものね」

八幡「まぁ確かに、少なくとも今現在のところ、俺の周りにはいないわな…」

結衣「そ、そうでもないんじゃないかな」/// ゴニョゴニョ

陽乃「もしかして案外近くにいるかも知れないわよ?ね、雪乃ちゃん」陽乃さんが、そういって意味ありげな含み笑いをしてみせる。

雪乃「さ、さあ。それはどうかしらね」///

いや、別に俺の彼女は白いメリーさんとか、メリーさんの羊とか、戦場のメリークリスマスとかじゃなくていいから。
“もしもしあたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの…”とか俺のスマホにかかってきたらどうすんだよ。恐くて夜ひとりでトイレ行けなくなるだろ。

370: 2013/09/06(金) 01:39:07.47 ID:i/BpTPJu0

美容室が済んだので、次はいよいよ本日のメインテーマとなる服選びである。

ス○ラスブ○ゴ、タ○・ユア・○イ、ア○アスキュー○ムとか、いったいそれどこの国の格闘技だよみたいなブランドやら店の名前言われたが、当然のことながら、あまりピンとこない。
ただし、連れてこられた店内で、チラリと値札を見ただけだが、今後生涯を通じて俺が独力で買うことも着ることもないであろうということだけはよくわかった。

シャツ一枚で俺の小遣いの三か月分は間違いなく吹き飛ぶ。もしかして半年分かもしれない。なにそれ婚約指輪かなんかかよ。
こんな高い服で気軽に外出なんかできるわけねーだろ。服着たまま誘拐されちゃったらどうすんだよ。これってもしかして床の間に飾っておくもんなわけ?

結衣「あー…、あまりオシャレなのはヒッキーに似合わないと思うんだけど…」

雪乃「由比ヶ浜さん、おしゃれな服が似合わないんじゃないの。この男に似合う服自体が存在しないのよ」

雪ノ下が由比ヶ浜に対して母が娘に懇々と諭すように話しかける。

結衣「そうかなー。あ、ボーダー柄とか似合うんじゃない?」

雪乃「それは彼の心が邪(ヨコシマ)だからかしら」

八幡「そうじゃねーだろ」

雪乃「でも、確かに囚人服も横縞よね」

八幡「それいつの時代の話だよ?」

雪乃「今のうちに慣れておいた方がいいかもしれないわよ…囚人服」

八幡「だからなぜ俺が刑務所に収監されて服役することを前提に話をすすめてるんだよ」

371: 2013/09/06(金) 01:40:18.67 ID:i/BpTPJu0

結局のところ、服のコーディネートは全て陽乃さんにお任せすることにした。

スポンサーだから仕方ないよね。いや別に俺の意見がことごとく却下されたわけじゃないから。最初から聞いてもらえなかっただけだし。

結衣「そういえば、ヒッキーって、いつもどうやって服選んでるの?」

八幡「や、かーちゃんが買ってきたのをテキトーに着てるだけだけど?」多分、ユニシロとか、そこいらのバーゲン品だと思う。

あとはテキトーに金渡されて小町と一緒に買いに行く。小町がいろいろとアドバイスをくれるんで、服選ぶのはいつもすげぇ他人任せだったりする。

372: 2013/09/06(金) 01:42:13.26 ID:i/BpTPJu0

「お、小町ぃ、これなんかいいと思わね?」

「うーん、そうかなー。でも、お兄ちゃんにはこっちの方が似合うと思うよ?」

「そ、そうか?」

「うん、全然いいよっ!カッコイイっ!モテモテだねっ!ね、これにしよ、これ」

「そうか、うん。そうだな。よしわかった。これくださーい」

「あ、でも、そうすると、ちょっとお金が余っちゃうねー。そうだっ!パフェでも食べてかない?もちろんお兄ちゃんの奢りでっ!」

373: 2013/09/06(金) 01:43:16.62 ID:i/BpTPJu0

八幡「…みたいな感じだ。どうだ、可愛くてよくできた妹だろ?うらやましいか?」

結衣「…ヒッキー、それ完全に小町ちゃんに騙されてるし」

374: 2013/09/06(金) 01:47:44.14 ID:i/BpTPJu0

まるで着せ替え人形のように、とっかえひっかえで服を着替えさせられたのだが、陽乃さんはイマイチ納得していないようだ。

雪乃「むしろ中身を替えた方が早いんじゃないかしら?」

八幡「それじゃ意味ねーだろ」

雪乃「じゃあ、せめて顔だけでもきれいなのにとりかえたら?」

八幡「いや俺アンパ〇マンじゃねぇし」

雪乃「そうよね…どう見てもヒキガヤ菌はバイキ〇マンって感じだものね」

八幡「何気にヒキガヤ菌言うな」過去のトラウマが甦ってきちゃうだろ。

くっ…俺の封じられた記憶がっ…って中二病みたいにだなそれ。

陽乃「顔もかわいいし、どの服も決して似合わないってわけじゃないのに、どうしてトータルだとこんなに不審人物に見えてしまうのかしら…?」

雪乃「確かに、身なりが整っているだけ余計に胡散臭く感じられるわね」

結衣「…なんか、結婚詐欺師みたい」

ポショリと漏らした由比ヶ浜の言葉に、雪ノ下が微妙な顔をする。つか、おまえら服選ぶ前にまず言葉選んだらどうなんだよ?

雪乃「きっとその腐った魚のような目が全てを台無しにしてるのね」

結衣「ならずっと目をつぶっているとか?」

八幡「歩けねーだろ」

雪乃「どうせなら目をつぶすとか?」

八幡「なんでそうなるんだよ」

陽乃「いっそのこと目玉ごとえぐり出してついでに鼻と耳も削ぎ落とすとか?」

八幡「…もう少し穏便な方法思いつかないんですかね?」ヒクッ

それ、いつの時代のどこの国の刑罰だよ。おまえら姉妹そろって世界刑罰大事典かなんかなの?

386: 2013/09/07(土) 00:47:47.94 ID:sNXsHqui0

八幡「サングラス?俺が?」

結衣「そ、どうかな?」

由比ヶ浜がまた突飛なことをいいだした。とっぴすぎてとっぴっぴな感じだ。スポーツ万能な緑の恐竜とか、頭にプロペラつけた茶色い雪男とか出てきそうだなそれ。

八幡「いや俺、サングラスどころか眼鏡すらかけたことないんだけど…」

雪乃「不思議ね。それだけ腐った魚のような目をしていれば、少なからず視力にも悪い影響がありそうなものなのだけれど」

八幡「そうか?むしろDHAが多く含まれていて頭がよくなりそうなもんだろ?」

雪乃「…あなたのその自分の欠点を肯定するところ、逆に尊敬に値するんじゃないかとさえ思えてきたわ」

八幡「ならもっとそれなりに敬意とか払えよ…」

陽乃「あ、ちょうど私、持ってるわよ。男女兼用のデザイナーズ・サングラスだから、別におかしくないでしょ」

俺は仕方なく陽乃さんが差し出したオサレなデザインのサングラスを受け取り、そっとかけてみる。

思ったより軽いし、視界もそれほど暗くないのな。これなら自分のコピー増やしたり、違法入国の宇宙人とかも余裕で捕まえられるかもしれない。

387: 2013/09/07(土) 00:48:39.29 ID:sNXsHqui0

結衣「…へ?」///

雪乃「…え?」///

陽乃「…あら?」///

想定外の反応にとまどう。まさか上下逆に乗せちゃったとか?

八幡「…んだよ?そんなに似合わねぇか?」

もしかして知らないうちにウルトラセブンとかに変身しちゃったわけじゃないよな。いやどっちかっつーと俺、ウルトラハチマンなんですけど。直訳すると超八幡。なんか、ぼっち臭がハンパないなそれ。

388: 2013/09/07(土) 00:52:16.72 ID:sNXsHqui0

陽乃「い、意外と似合うものなのね…」陽乃さんが戸惑いがちに呟き、

結衣「ちょ、ちょっとカッコイイ…かも」由比ヶ浜がそこはかとなく感心し、

雪乃「せっかく笑う準備までして待っていたというのに…」雪ノ下が失望の溜息をつく。

いや別にウケねらってやってるわけじゃねえし。もしかして、くまだま○し的な何かを期待してたのかよ?いや、俺にそんな持ちネタねぃし。
今日はそういう趣旨の集りだったわけ?やっぱり俺もう帰っていい?

三者三様の表現ではあるが、別にクサしているというわけでもないらしい。どうやら別の意味で期待に添えなかったようだが、それは俺の感知するところではない。

言い出しっぺの由比ヶ浜が一番驚いているあたり、なんかダメ元でその場しのぎの意見言ってみたらなんとなく採用されちゃったよみたいな雰囲気だな。
こうやってまた余計な仕事しょいこんじゃったりするんだよな社畜ってヤツは…。単なる思いつきで言ったんだから明日の朝イチで企画書なんてまとめられるわけねーじゃねーか。しかもプレゼンまでしろってか?…って、だからそれいったいどこの誰の話なんだよ。

389: 2013/09/07(土) 00:53:57.01 ID:sNXsHqui0

八幡「もういいだろ?なんか疲れてきたし。そろそろあきらめて帰らない?」

さすがに慣れない服装が苦しくなってきたので、ネクタイを緩め、ついでに髪に手を突っ込んで丁寧にセットされた髪型を少し崩す。

結衣「…あ、それいいかも!」

八幡「え?…帰っていいの?じゃ、おつかれっ!」

結衣「そうじゃないしっ。だから自然に帰ろうとするなしっ!」

八幡「なにをいう、自然回帰は人間の原点だろ」

雪乃「むしろあなたは土に還るべきだと思うのだけれど」

八幡「さらりと怖いこといってんじゃねーよ」

390: 2013/09/07(土) 00:55:21.26 ID:sNXsHqui0

陽乃「うん、でも、そのやさぐれた感じがなんかちょいワルっぽくていいかもしれないわね」

雪乃「そうね、比企谷くんの場合、やさぐれたり、うらぶれたり、おちぶれたりするのとかは得意ですものね」

八幡「うるせーよ」ついでにいうと落ちこぼれるのも超得意だったりする。現在進行形で。

結衣「あ、でもほら、孫にも衣装って言うし?!」

八幡「おまえもしかしてそれ誉めてるつもり?」

雪乃「由比ヶ浜さん、その諺のしめすところのマゴは子子孫孫の孫ではなくて、馬の子という意味なのよ?まぁどこの馬の骨ともわからない点では確かに言い得て妙かもしれないのだけれど」

八幡「馬だけにウマいこといったつもりか?!」

陽乃「30点」

相変わらず点数のつけかたがショッパイな、このひと。

391: 2013/09/07(土) 00:59:43.00 ID:sNXsHqui0

しかし、ちょいワルの馬っていったいどんなだよ?黒王号とか松風みたいなヤツのことか?俺、世紀末覇者でも傾奇者でもねぇぞ?

八幡「つーか、おまえ、もう少しなんか言いようがあんだろ?」

雪乃「ごめんなさい。言葉がたりなかったようね。その服装は本当にとてもよく似合ってると思うわ、あなたの卑小な小悪党ぶりに」

八幡「…いや、よくわかったよ。おまえに俺を誉めるつもりが一切ないということだけはな…」

392: 2013/09/07(土) 01:08:55.33 ID:sNXsHqui0

陽乃「よし、とりあえず、これでルックスについてはクリアね。後は、作法とかマナーなんだけど…」

八幡「ゲッ、まだあるんですか」

陽乃「当然でしょ。仮にも私の彼氏なんだから、完璧とはいえないまでも、それなりのレベルになってもらわなくちゃね」

経験値稼いでないんだから、装備だけ充実させてもレベルアップとかムリでしょ。

つか、あんまり彼氏彼氏強調しないでもらえますかね?なんか雪ノ下と由比ヶ浜の俺を見る視線が徐々に冷たくなるから。
あー秋も近いなよー。俺の周りだけ一足飛びに冬だけど。この分だと俺に春とかは当分来そうにないよな。

393: 2013/09/07(土) 01:10:49.38 ID:sNXsHqui0

その時丁度、どこかで聞いたことのあるような軽快なメロディが聞こえてきた。

どうやら陽乃さんのスマホに着信があったようだ。ハンドバックから取り出し、画面を確かめると、形のいい眉を顰める。

陽乃「ちょっとゴメンなさい…はい、もしもし?」

陽乃さんは少し場所を移動して何やら話こんでいたが、少し間をおいてから、

陽乃「雪乃ちゃん、ごめんなさい、先に支払い済ませててもらっていいかしら?」と慌ただしく雪ノ下に声をかける。

雪乃「わかったわ」雪ノ下はそう答えて、店員さんを捜しにカウンターに向かった。

394: 2013/09/07(土) 01:12:19.62 ID:sNXsHqui0

残された俺と由比ヶ浜は急に手持無沙汰となり、ふたり並んで立ったまま、陽乃さんと雪ノ下の戻りを待つこととなった。

何気に広い店内を見回しているうちに、正面に置かれた姿見越しに由比ヶ浜と目が合う。

八幡「…な、なんだよ」///

結衣「…べ、別に」///

なぜか気まずいような雰囲気が流れる。いや別にやましいことは何ひとつないよ?

うっすらと化粧したことで、いつもより少し大人びて見える由比ヶ浜の頬が、ほんのりと桜色に染まってかわいいだなんて思ってもいないし、目を伏せたまま手にしたポーチをちんまりと持ってもじもじしている姿がなんとなくいじましいなんてぞんぜん考えてもいない。

395: 2013/09/07(土) 01:15:08.47 ID:sNXsHqui0

だいたい俺が由比ヶ浜とふたりきりになったくらいで…って、だから上目遣いで俺の方をチラチラみんじゃねぇよ。
おまえがそうやって過剰に意識するから相乗効果でますます俺の居心地が悪くなるんだろ。

もうこの地球上に俺のいていい場所とか残されてないのかもしれない。いや流石に悲観的すぎだろそれは。

396: 2013/09/07(土) 01:17:51.24 ID:sNXsHqui0

八幡「…コホン。あー…、由比ヶ浜…」俺は現状を打破すべく、最後の手段に出る。もう最後かよ。他に方法とかないの?

結衣「え?な、なに…かな?」///

八幡「こうしてふたりだけになったわけだしさ、」

結衣「う、うん」ドキドキ

八幡「俺もう帰っていいかな?」

結衣「そうだね…って、いいわけないしっ!」

八幡「ちっ」

結衣「なんでいつもそうやってすぐ帰ろうとするかな…」

八幡「まあいわゆる動物の帰巣本能ってヤツだな」

ちなみに俺の帰巣本能は渡り鳥並み。例えどこにいても家の方向だけは直感的に把握している。

結衣「…生まれながらのヒッキーなんだね」

八幡「カッコよく、ナチュラルボーン・ヒッキーと呼んでくれていいんだぜ」

結衣「意味同じだし、全然カッコ悪いし…」

397: 2013/09/07(土) 01:19:40.04 ID:sNXsHqui0

結衣「あ、ヒッキー、ネクタイが曲がってるよ?」

由比ヶ浜が俺のキメ顔を無視して服装の乱れを指摘する。おまえいつの間に風紀委員よ?

八幡「さっき緩めたからだろ?」俺は別段気にならないが、いざ直そうと思っても普段あまりネクタイしないだけに要領がわからん。

ネクタイは社畜の象徴みたいなもんだし、できたら一生したくない。首いヒモ巻くなんて自[ピーーー]るか死刑の時意外ありえないだろ。いやどちらかというとそれがありえちゃったりしたら困るんだけど。

ちなみにうちのガッコはわりかし校則が緩いので、公式な行事に参加する時以外は、特にネクタイの着用が義務付けられていない。
材木座のように一部生徒は常時ネクタイしているが、俺は基本ノーネクタイだし、葉山なんかはオサレな紐タイを着用している。
戸塚に至ってはいつもジャージだ…いいのかそれ?でもかわいいから許す、俺が。
そういえば戸塚の制服姿って、見たことがない気もするが、超似合いそうだよな…特にスカートとか。

398: 2013/09/07(土) 01:21:02.57 ID:sNXsHqui0

結衣「もう、ホラッ。かしてみるしっ」

俺がモタモタしているのを見かねたのか、由比ヶ浜が正面に回り、ネクタイの結び目をちゃっちゃと直しはじめる。
お互いの顔の位置がかなり近いのも気にしていないようだ。こいつは時々あざといくらい女らしさを見せるかと思えば、無意識のうちにやたら無防備な面をさらす時もあるからな。俺としてもどっちが素なのか判断に困ることがある。
ふわりとしたフローラル系の香水の匂いが鼻孔をくすぐる。このシチュって、なんとなく…新婚さんみたい…じゃね?

八幡「おまえ、なんでネクタイの締め方とか知ってんの?」黙っているのも恥ずかしいので、照れ隠しに話しかける。

結衣「んー?たまにパパのネクタイとか直してあげることもあるしー…」

399: 2013/09/07(土) 01:22:30.10 ID:sNXsHqui0

「お似合いですね」


八幡&結衣「え?」///


突然、声をかけられて戸惑う。いつの間にか初老の店員さんが傍らに立っていた。どうやら雪ノ下と行き違いになったようだ。

結衣「え?ひゃっ?そ、そんなんじゃないです!」///

店員「そうですか?そんなことないと思いますよ?」にこりと上品な笑みを浮かべる。

結衣「えっと…そう…なの…かな?」/// 由比ヶ浜がチラリと上目遣いに俺を見る。

ちょっと待て、由比ヶ浜。おまえ何勘違いしてんだよ、ちげえだろ、そうじゃなくてだな…

400: 2013/09/07(土) 01:23:33.80 ID:sNXsHqui0

店員「ええ、サイズも丁度いいようですし、色もお客様によく似合ってらっしゃいます」

結衣「え?あ、そ、そっち? ですよねー。あ、あはは…」///

ほれみれ、変なこと考えてんじゃねーよ。俺の方が反応に困っちゃうだ…

店員「おふたりともお若くてらっしゃるようですが、もしかして、ご夫婦ですか?」

八幡&結衣「なっ?!」///

結衣「ちちちちちちちちち、ち、違います。そそそそそそんな、ふふふふふふ夫婦なんて言われたら…あああああああたし…こここここ困ります」/// 

そうですねー。俺もどんな顔していいか困りますよねー。つか、いい加減、ネクタイから手を離せよ、首締まって苦しいんだってば。

401: 2013/09/07(土) 01:24:53.02 ID:sNXsHqui0


「あら、由比ヶ浜さん、その男を縊り[ピーーー]なら、及ばずながら私も手を貸すわよ?」


物騒な物言いをしながら雪ノ下が戻ってきた。

結衣「あ、あ、あ、ゆきのん?だ、大丈夫だからっ!ひ、ひとりでできるしっ!」///

そう言って更にキツく俺のネクタイを締め上げる。ギブギブ。ギブアップだってば。いや、ホント、そろそろ頸動脈が締まるから。マジでやばいから。

雪乃「あ、あら、そう…」あの雪ノ下が珍しく引いている。

結衣「へ?」やっと由比ヶ浜が気がついて、俺のネクタイから手を離した。

八幡「ゲホッ…おまえ、自分で何いってるか全然わかってねーだろ…」

正直、少しだけお花畑が見えました。その向こうで、死んだじーちゃんとばーちゃんが手を振ってるのも。

412: 2013/09/07(土) 22:24:54.81 ID:sNXsHqui0

雪乃「姉さん、遅いわね…」

八幡「そういえばそうだな。もしかして先に帰っちゃったとか?」

結衣「まさか、ヒッキーじゃあるまいし…」

八幡「や、俺は今から帰るところだけど?」

結衣「だから隙見てすぐ帰ろうとするなしっ!」

雪乃「私、ちょっと探してくるわ」

八幡「…ひとりで大丈夫か?迷ったりするなよ?」

雪乃「あなた私のことなんだと思っているのかしら?」

八幡「迷子予備軍だろ?」

413: 2013/09/07(土) 22:26:10.80 ID:sNXsHqui0

こいつの方向音痴が遺伝だとすると、もしかしたら、あねのんの方もかなりヤバイかもしれない。多分、今頃アラスカあたりだろう。
ここで雪ノ下を捜索に行かせたら二次遭難に発展する恐れもある。

雪乃「失礼ね。大丈夫よ。普段からちゃんと地図とコンパス持ち歩いてるから」

八幡「大都会(俺的に)のド真ん中でフツウにオリエンテーリングとかしてんじゃねーよ」

いやむしろこいつの場合は生死をかけたサバイバルなのかもしれない。雪ノ下ならまず間違いなく住宅地とかでもフツウに遭難しそうだよな。救助隊の皆さんも忙しいんだからあんまり手ぇ煩わすなよ。一応、3日分の非常食とかも持ってかせたほうがいいのか?

414: 2013/09/07(土) 22:27:20.41 ID:sNXsHqui0

八幡「さて、じゃあ俺もちょっと…」雪ノ下が姿を消したところで、由比ヶ浜に声をかける。

結衣「え?ヒッキー、どこ行くの?あたしも行くっ!」

八幡「…いや、トイレなんだけど?おまえも一緒に来るのか?」

女子とツレションとかはさすがにちょっと絵面的にも倫理的にも問題あんだろ。これがもし戸塚なら…やっぱり問題あるような気がするけど。
もうこの際性別は、男性・女性・戸塚ってくくりでいいんじゃね?早く法律改正とかしろよ。俺が戸塚と結婚できるように。

結衣「あっ、やっ、そーゆーことは先に言うしっ!ヒッキーのばかっ!」///

八幡「なんでトイレ行くくらいでいちいちバカ呼ばわりされなきゃいけないんだよ…」

おまえ、バカって言う方がバカだって学校で習わなかったのかよ?ホントにバカだよな。

415: 2013/09/07(土) 22:28:53.97 ID:sNXsHqui0

トイレで用を足して、ハンカチで手を拭きながら元の場所に戻ろうとすると、どこからか陽乃さんと雪ノ下の低い話し声が聞こえてきた。

どうやら迷子になることなく無事姉妹の再会を果たすことができたようだな。
もしかして女子もツレションとかしたりするのかもしれない。でも個室だから会話とか超やりにくそう。壁叩いてモールス信号送ったりしてるの?

俺はふたりの姿を求めてあたりを見回す。すぐ近くにいるはずなのに、声だけはすれども姿は見えない。
仕方なく、声のする方向を頼りに歩き出そうとすると、不意にふたりの声が少しだけ大きくなる。


陽乃「…じゃあ、雪乃ちゃんにとって比企谷くんは、何なのかしら」


思わず足が止まる。なに話してんだよこいつら。

416: 2013/09/07(土) 22:31:09.41 ID:sNXsHqui0

雪乃「彼とは同じ部活動の部長と三下の部員よ。それ以上でもそれ以下でも、それ以外のなにものでもありえないわ」

おいおい三下は余計だろ。確かにその通りだけど。

陽乃「ふーん。だったら仮に、私が本当に比企谷くんとお付き合いすることになっても、別に構わないわけね?雪乃ちゃんにとって比企谷君はただの三下なんだから。」

いや、だから三下じゃなくて部員だっつーの。つか誰と誰が付き合うって?

雪ノ下「…っ!それは…」言葉をつまらせる。

やれやれ、なに張り合ってんだか。
普段の雪ノ下なら、“あら、姉さん、随分趣味が悪いのね。あんな腐った目の持ち主でよければどこへなりとも連れてってくださって結構よ。もっとも、連れて歩くだけで姉さんの評判が地に落ちることは火を見るより明らかなのだけれど”くらいのことは言ってのけるだろうに…何それ我ながら超悲しすぎね?

とにかく、お前は金輪際ギャンブルとかはやるな。絶対に熱くなって身を滅ぼす。いや、負けた八つ当たりで逆に世界の方を滅ぼすぐらいのことはやりかねん。もう一生寝てろよ。ルルイエとかで。

417: 2013/09/07(土) 22:32:19.73 ID:sNXsHqui0

雪乃「た、例え姉さんであっても、雪ノ下の家名に泥を塗るようなマネは許されないわ」

家の名まで汚れるのかよ…俺どんな汚染物質なんだよ?世間的に除染されちゃうようなレベル?排除するためにゼオライトとかベントナイトとか必要なの?

陽乃「いい加減、素直に認めたら?雪乃ちゃん、あなたは比企谷くんのことが…」

雪乃「違うわっ」

雪ノ下がひときわ大きな声で姉の声を遮る。その響きは、まるで自分自身に言い聞かせるようにも聞こえた。

陽乃「やれやれ、本当にふたりとも頑固なんだから。そんなところはよく似ているのね」

え?ふたりって俺も入ってるの?いつの間にツーマンセル?

陽乃「…それとも、お互い自分の気持ちに気がつかないフリをしているのは、もしかしたらあのコのためなのかしら?」

418: 2013/09/07(土) 22:33:53.28 ID:sNXsHqui0

その時俺の頭に浮かんだのは、今、ここにいないひとりの女の子だった。絶えず周りの空気を読み、それゆえに深く踏み込みことのできない、優しくて元気でそれでいて臆病なところもある女の子。彼女は今この時でさえ、ずっと待ち続けているはずだ。雪ノ下のことを。

雪ノ下「ゆ、由比ヶ浜さんは関係ないわ」

陽乃「あら、私はなにも由比ヶ浜ちゃんのことだなんて言ってないわよ?」

雪ノ下「…っ!」

やれやれ、ぼっちが慣れない友達を持つと、やっぱりそれだけで弱点になるんだな。その点、俺には弱点も死角もない。なんといっても友達がいないし。

419: 2013/09/07(土) 22:35:47.96 ID:sNXsHqui0

雪乃「ね、姉さんには関係のないことでしょ?」

陽乃「あら、関係なくはないわ。雪乃ちゃんは私にとってたったひとりのかわいい妹なんだから」

うんうん、その気持ちはよくわかるわー。俺だって小町のこと超大好きだし。その一点においては意外と気が合うかもしれないな。妹に向ける愛のベクトルが違いすぎるけど。

陽乃「…それに、正直、比企谷くんにも興味があるしね。もちろん、ひとりの男性として、ね」

ほらきた。だがそんな見え透いた手に引っかかるようなら、今頃山のような絵と壺と借金を抱えこんでいる。
しかし、なんといっても俺には偉大なる師匠、先達がいるのだ。クソオヤジという名の反面教師が。

420: 2013/09/07(土) 22:37:53.12 ID:sNXsHqui0

まぁ、実際のところ、俺としても決して年上の女性とかきらいというわけじゃないんですけどね。思わず平塚先生の顔が浮かぶが、もちろん拝み手でスルー。
だけど、陽乃さんのことは信用できないし、はっきり言って超苦手だ。今回の件からして、本当のところ、何を考えているかわからない。

だから今の言葉も決して額面通り受け取るつもりはない。裏書きのない小切手は空手形と同じで全然信用ならないからな。

421: 2013/09/07(土) 22:46:55.83 ID:sNXsHqui0

陽乃「比企谷くんも、なんだかんだいいながら雪乃ちゃんのために泥をかぶっているけど、そのうちにきっと笑い事じゃ済まなくなくなるわよ?」

雪乃「そ、それは…」

陽乃「今だって口にはしないけれど、随分と酷い目にあってるらしいわね。色々と隼人や静ちゃんから聞いてるわ」

雪乃「え?」

恐らく相模のシンパによる工作活動のことを言っているのだろう。確かに多少煩わしいが、それほど大したことではない。

俺の黒歴史とトラウマの繰り返しはいつものことだし、それだってせいぜい高校卒業するまでの間のことであって永遠というわけではない。
長い人生からしてみればほんの一時期である。耐えて忍んでやり過ごす。春を待つ福寿草の境地である。雑草のしぶとさをなめんなよ。
まあ、俺に春がくるかどうかは定かではないのだが………く、くるよね?

つか、それよりか、空気に流されやすい戸部の面白半分の言動とかの方がよっぽどウザい。超ウザい。だが、それとても単なる“ウザさ指数”でいえば、材木座がダントツブッチだし。

422: 2013/09/07(土) 22:51:16.58 ID:sNXsHqui0

陽乃「本来、彼のポジションとスタンスは“ぼっち我関せず”のはずでしょ?そんな彼があなたのせいで傷だらけになって行くのは、お姉ちゃん、見ていて忍びないな」

つか、俺が酷い目にあったのは元をただせばあなたのせいですよね?しかも笑いながら見てませんでしたっけ?

陽乃「それから、これはよく覚えておきなさい。いくら拙い正義を振り回しても、比企谷くんの好意に一方的に甘えているうちは、あなたはいつまでたっても“私”にはなれないわ」

それは姉に憧れる雪ノ下に対して、あまりにも一方的で断定的で、しかも決定的な宣告であった。

425: 2013/09/07(土) 23:05:23.43 ID:sNXsHqui0

俺は足音を忍ばせて回れ右をすると、その場を離れ、由比ヶ浜のところへと戻った。

結衣「あ、ヒッキー!おっそーい!もう、なにやってたの?!」プンプン

八幡「ああ、悪い。ちょっとな…」

結衣「どうしたの?なんかあったの?」俺の雰囲気から何かを察したのか、由比ヶ浜が心配そうに話しかけてくる。

八幡「いや、別に。なんでもない」

結衣「ふーん。だったら別にいいんだけど…」

全然よくもなさそうに由比ヶ浜が気遣わしげな目で俺をみつめる。俺はそんな彼女の目を直視できず、そっと逸らしてしまった。

結衣「…だけどさ、何かあったら、ひとりで全部抱え込まないで、あたしにも相談とかしてね?」

八幡「今更お前に言われるまでもなく俺に悩みなら抱えきれないほどあるけどな。欲しいなら少しわけてやりたいくらいだぜ?」

結衣「あはは…なにそれー?」

由比ヶ浜が無理に明るく笑ってみせる。そして

結衣「…でも、ホントに、嘘はナシだよ?」おずおずと付け加えた。

八幡「ああ、もちろんだ。嘘はつかない」

――― 俺はそう言って、またひとつ嘘をついた。

432: 2013/09/08(日) 21:05:19.05 ID:q4+N8Dnq0

結局、陽乃さんに用事が入ったとかで、その日は急遽そのままお開きとなった。
先程の電話で岩清水の名を口にしていたのが聞こえたような気がしたので、もしかしたら日曜日の件と関係があるのかもしれない。

あの後、陽乃さんと雪ノ下は何事もなかったかのように素知らぬ顔をして戻ってきた。
気のせいか普段から白い雪ノ下の顔が、やや青白く見える。

由比ヶ浜もそれに気がついたようだが、俺の顔をチラリと見ただけで特に何も言わなかった。

433: 2013/09/08(日) 21:07:49.61 ID:q4+N8Dnq0

車で家まで送っていくという陽乃さんの申し出を固辞し、俺は両手に大きな荷物を抱えたままひとりで店を出る。
高級な服って箱入りなのな。箱入りなのは娘だけかと思ったぜ、あるいは魍魎とか。

この世には不思議なことなどなにもないのだよ…理不尽なことなら山のようにあるけどな。

店を出てしばらくしたところで、折悪く天気予報では言ってなかった雨に出くわし、傘を持っていない俺は足止めを食らってしまった。

コンビニでビニール傘を買うにしても両手がふさがっているので、差すにさ差せない。
仕方なくシャッターの降りた店の軒先でしばし雨宿りをすることにした。

やれやれついてないな。もしかしたらめずらしく女子とお出かけなんてしたからだろうか。雪や雹に降られなかっただけまだマシなのかも知れないが。あるいはカエルとか魚とか。ファフロツキーズかよ。

そういえば小学生の頃、雨粒を目で追って数えたり、雨の水滴を除ける修行とかいって遊んだことがあるよな。え?それもしかして俺だけ?

ぼんやりしながら雨が止むのを待っていた俺の隣に、同じように雨を逃れてきたものか、パタパタと飛びこんでくる人影があった。
御愁傷様だな。狭いスペースだが少し移動して場所を譲る。譲りあいの精神は大事だよね?別に俺の店ってわけじゃないし。

「すみません…って、え、あ?比企谷…くん?」

会釈と共に掛けられた声に振り向くと、声の主は先程店で別れたばかりのはずの雪ノ下だった。

434: 2013/09/08(日) 21:09:14.73 ID:q4+N8Dnq0

八幡「なんだ雪ノ下か…まだ帰ってなかったのか?」

雪乃「え、ええ。雨に降られちゃって。あなたこそ、まだ…」

八幡「ご覧の通りだ」

雪乃「…生きてたの?」

八幡「そっちかいっ?!」

相変わらず口の悪い女である。おまけに態度も悪いし、性格はもっと悪い。これでこいつがこれほどまでに美人じゃなくて、俺がフェミニストでなかったら間違いなくブン殴って、返り討ちにあっているところだ。よかった、俺がフェミニストで。命拾いしたな、俺が。

435: 2013/09/08(日) 21:11:25.12 ID:q4+N8Dnq0

八幡「由比ヶ浜は?一緒じゃなかったのか?」

雪乃「急に雨が降ってきたから、姉さんに頼んで車で家まで送ってもらったわ」

八幡「で、お前は?」

雪乃「私は…あの車に乗るのは、まだ少し…抵抗があるというか…」

八幡「ふーん…」

先程の、あねのんとのこともあるのだろう。

それに多分、高校入学式初日、俺が由比ヶ浜の飼い犬…あのサックリとした食感とバターの風味のクッキーみたいな洋菓子のような名前の犬…サブレだっけ?…を庇って、雪ノ下の乗った車に跳ねられ、入院したことをまだ気にしているようだ。

何度もいうようだが、悪いのは俺だし、もっと悪いのは手綱を離した由比ヶ浜だし、もっともっと悪いのは車道に飛び出したサブレだし、なんといっても一番悪いのは巡り合わせというヤツなのだから、ただ後部座席に座っていただけの雪ノ下が気にするようなことではない。

つか、もっと別に気にすべきことがあんだろ?例えば普段の俺に対する扱いとか態度とか言動とか。

436: 2013/09/08(日) 21:13:01.42 ID:q4+N8Dnq0

雨脚が更に強くなり、この調子ではしばらくは止みそうもない。路面に黒い染みが広がり、雨水が溜まり始めた。急激な降水量のせいで、下水の排水処理が追いつかないようだ。

雪乃「…どうして姉の頼みを引き受ける気になったのかしら?」ごくさり気ない風に雪ノ下が話しかけてきた。顔はお互い正面に向けたままだ。

俺らしくない…あの由比ヶ浜でさえ、そう言っていた。ならば聡明な雪ノ下が気がつかないわけがない。だが、俺はそれに応えるつもりはない。だから答えは決まっている。

八幡「…別に」

雪乃「そう…」雪ノ下も無理に追及しようとはしない。それすらも俺の中では折り込み済みだ。

ブツ切りの会話だが、不思議と居心地の悪さはなかった。由比ヶ浜と違って、こいつが相手の場合、変な意識をしないで済むからだろう。
後は生命の危険だけ気をつけていれば万事OK。この状況は、まるでライフ・オブ・パイだな。雪ノ下にパイはないけど。

437: 2013/09/08(日) 21:14:47.45 ID:q4+N8Dnq0

雪乃「…あの時はあんなことを言ってしまったのだけれど、あなたのことだから、きっと何かちゃんとした理由があるのでしょうね」

八幡「そりゃ随分と信頼されたものだな」思いがけないセリフに俺が皮肉交じりに混ぜっ返す。逃げ道の確保は忘れない。逃げるのかよ。

雪乃「そうね…あなたには文化祭の時も随分と助けてもらったし」意外にも素直な返事が返ってきたことで、逆に俺の方が面くらってしまった。

八幡「…いや、あれは別にそういうんじゃねーし」あくまでも俺が勝手にやったことだ。こいつが恩とかを感じる必要は微塵もないし、そんなことは求めてもいない。

雪乃「でも、そのせいでうちのクラスの女の子たちに…」/// ゴニョゴニョ

八幡「え?おまえのクラスで、俺のことでなんか言われたりしてんの?」

もしかして俺に係ったことでイジメとか?…は、ありえねーか。雪ノ下が相手となると、イジメる方もそれ相応の覚悟が必要だからな。
こいつの場合、正論で相手をとことんまで論破して、心が折れるまでまで絶対に許さねーし。相手が俺の場合とか特に。


438: 2013/09/08(日) 21:16:35.43 ID:q4+N8Dnq0

雪乃「いえ、そうではなくて、その…あなたと、とのことで…色々と…」///

八幡「色々ってなんだよ?」

雪ノ下がなぜか赤い顔で俺の方をチラリと見たが、ひとつ溜息をつくと、意を決したようにポツポツと語り始める。

雪乃「い、インカムで、め、夫婦漫才してた…とか…」///

八幡「ぐっ」///

雪乃「か、カップルでトロッコ乗っていた…とか…」///

八幡「がっ」///

雪乃「そ、それから…」

八幡「す、すみません、雪ノ下さん、聞いた俺が悪かったです。そこいらで勘弁してください」限界です。悶え死にます。

雪乃「わ、私が休んだ日、へ、部屋に、その…お、お見舞いに来た…とか…」///

らめえええええええええええええ。もうホントやめてええええええええええええええ。

確かにホントのことだけど、他人の口から聞かされると破壊力抜群だな。
客観的事実って、案外怖いもんなんですね。

439: 2013/09/08(日) 21:20:23.67 ID:q4+N8Dnq0

雪乃「あの、私、こういう性格だからうまく言えないのだけれど…その…あなたには、とても感…」

雪ノ下が何かを言おうとしたタイミングを見計らったかのように、目の前を車が走り過ぎ、その拍子にタイヤが水溜りの水を跳ね上げた。

「うわっと」「きゃっ」

すんでのところで避けたが、少し足に水がかかる。

少し間をおいて、同じ方向から今度はトラックが走ってきた。

俺は再び水溜りの水が跳ねる前に、背を向けてひょいと雪ノ下の前に出る。

狭い軒下なので、必要以上に身体が寄ってしまうのは、仕方あるまい。
できるだけ顔をそむけたのだが、雪ノ下から漂う淡いジャスミン系の香りが認識できる程度には近づいてしまった。

八幡「てっ」

雪ノ下に気をとられたせいか、店先に立てられたの幟竿にしこたま頭をぶつけてしまう。

さきほどとは比べ物にならないくらい勢いよく跳ねられた水は俺のズボンに少しかかったが、とっさに避けた両手の荷物の方は無事なようだ。
ホッとため息をつく。これでもし汚したりでもしたら、色々と後が怖いからな。場合によったら国外逃亡とか考える必要さえあるかもしれない。

440: 2013/09/08(日) 21:21:56.10 ID:q4+N8Dnq0

雪乃「だ、大丈夫?」おずおずと雪ノ下が声をかけてくる。

八幡「ああ」

雪乃「そ、その、あ、ありがとう」/// 消え入るような小さな声。

八幡「や、別に。そんなんじゃねーし。たまたま避けた方向におまえがいただけだし」

雪乃「わざわざ水が飛ぶ方に避けることもないんじゃないかしら?」

八幡「だから、たまたまだよ。たーまーたーま」/// あまりにタマタマすぎてピジョンに喰われちゃったり、進化してナッシーになったりするまである。

雪乃「…いつもそうやって私のために泥を被ろうとするのね…」ボソッ

雪ノ下の呟きは俺の耳にも届いたのだが、雨音にまぎれて聞こえなかったフリをした。

別にゾウとかじゃないんだから、暑さ対策のためにいつもいつも好き好んで泥とかかぶっているわけではない。
もともと泥にまみれたような人生だ。今更少しくらい汚れが増えたところで誰も気がつかないし、俺も気にしない…それだけの話だ。

441: 2013/09/08(日) 21:23:11.82 ID:q4+N8Dnq0

雪乃「おでこ、ちょっと血が滲んでるわよ」

八幡「こんなのツバつけときゃ治るし」

雪乃「不衛生よ」

八幡「おまじないみたいなもんだ。それに唾液には滅菌作用があるらしいからな…」

雪乃「ふーん。そうなの。知らなかったわ」

どうやらさすがのユキペディアさんにも知らないことがあるらしい。

もしかしてそれが気に入らなかったのかもしれない。急に不機嫌そうに黙り込んでしまった。

なにこれ、女心と秋の空っていうけど、こいつの場合夏の大気並みに不安定なんじゃね?腫れ、時々血の雨、ところにより雪ノ下。
そういえばノストラダムスが予言した世紀末に空から降ってくるのって、恐怖の大王じゃなかったっけ?ま、似たようなもんだが。


459: 2013/09/09(月) 17:28:42.61 ID:MxQf4P2H0

雪ノ下の沈黙を機に、それまでとはうって変った、気まずい空気が流れはじめた。

あー、早く雨止んでくれねーかな。いっそのこと、ポケット・ティッシュで、てるてるぼうずでも作っちゃう?
そういえば、てるてるぼうずって、雨止まなかったらクビ切っちゃうんだっけ?なにそれもしかして新手のリストラかなんかなの?つか、何代目浅右衛門だよ?

雪乃「…両手がふさがっているのに、どうやってするつもりなのなのかしら?」不意に雪ノ下が口を開いた。

八幡「…は?」

なに?それ、てるてるぼうずのこと?というか、もしかしてさっきの会話まだ続いてたの?

やれやれ、言われて気がついたが、確かに道路は既に雨で水浸しになっていて、荷物を置けるような状況でもない。

八幡「…かといって、さすがに俺のベロがいくら長いとかいっても、額まで届くほどじゃないしな…」ってベロリンガじゃねぃし。

雪乃「舌の数だけなら、2枚どころか3枚くらいありそうなのにね…」

八幡「…おまえの場合は舌に棘が生えているうえに毒が含まれてるけどな。しかも致死性の」

460: 2013/09/09(月) 17:30:42.06 ID:MxQf4P2H0

雪乃「…仕方ないわね」

雪ノ下はため息をつきながら、肩にかけたポーチの中をから、パンダのパンさんの柄のプリントされた可愛らしい絆創膏を取り出した。

八幡「…おまえ、パンさん好きすぎだろ」

雪乃「うるさいわねっ。別にいいでしょ」///

八幡「もしかして、それ、俺の額に貼るつもりなのかよ…」うわー、超恥ずかしい。むしろイヤがらせに近いかもしれないな、俺的には。

雪乃「いいから黙って額を出しなさいっ!」

きつい言葉とは裏腹に俺の頭に手を乗せてやさしく引き寄せ、そっと前髪を掻き上げた。

461: 2013/09/09(月) 17:32:14.83 ID:MxQf4P2H0

わさ

雪乃「…!」

八幡「…?」


わさわさ

雪乃「……」///

八幡「……」


わさわさわさわさわさわさわさわさわさわさ

雪乃「…………」///

八幡「…………」


…なぜ俺の髪を必要以上に撫でまわす?

462: 2013/09/09(月) 17:34:23.88 ID:MxQf4P2H0

雪乃「ほ、ホントに猫の毛みたいなのね…」///

恍惚とした表情でぽしょりと呟く。

八幡「は?おまえ、何いってんの?」

問うた拍子に思わず目が合ってしまう。我に返った雪ノ下の頬が、一瞬にして赤く染まった。

雪乃「えっ?やっ?あ、あの、正視に堪えないから、その腐った目を閉じてもらっていいかしら?」///

八幡「…へいへい」なんか酷いこと言われたような気もするが、俺は大人しく目をつむる。

逆らうと後が怖いからな。別に照れたわけじゃないから。ホントだよ?

…でも、こいつってホント睫毛長いのな。爪楊枝くらい余裕で乗るんじゃね?黒く美しい髪と、同じくらい黒い瞳、磨き抜かれた大理石のように滑らかで白い肌の残像が瞼の裏に残る。そういえば、こんな間近で見る機会って日常ではあまりないもんな。恐くて半径3メートル以内とか近寄れないし。

雪ノ下にいわれるがまま、目を閉じてじっと待っていたが、なぜか不自然な間が空く。

八幡「おい…?」さすがに少し不安になってきたので、おずおずと声をかけてみる。

もしかして俺が見てないのをいいことに、顔に落書きとかしてんじゃねーだろうな?油性ペンとかマジやめてね。あれってホントになかなか落ちないんだか…ら…

463: 2013/09/09(月) 17:35:46.82 ID:MxQf4P2H0


雪乃「…おまじないよ」



突然、思いのほか近くから小さく囁くような声が聞こえ、俺の額に柔らかな感触が伝わった。

八幡「?!」俺は反射的に目を開けそうになるが、

雪乃「まだ開けないのっ!」ぴしゃりと言われて逆にきつく目を閉じてしまった。

八幡「…うぃ」///

今度は同じ位置にペタリと絆創膏らしきものが貼られる感覚が伝わる。

雪乃「…お、終わったわよ」///

俺が目を開けると、雪ノ下は既に俺から離れた位置に立ち、耳を赤くしてそっぽを向いてるところだった。

八幡「…お、おう。さんきゅーな」///

464: 2013/09/09(月) 17:38:53.43 ID:MxQf4P2H0

気がつくと既に雨は上がり、日が差し始めている。やはり一過性の通り雨だったようだ。

雪乃「…じゃあ、明日は姉さんに恥をかかせないように、しっかりね」

雪ノ下はそう言い残すと、そのまま俺の方を見ようともせずに、そそくさと立ち去ろうとした。



八幡「おい、雪ノ下」



俺のかけた声にビクリと反応して足を止める。そして赤い顔をしたまま、ゆっくりと振り向いた。

アスファルトの路面を濡らした水が雲の合間から射しこむ太陽の光を反射してキラキラと光っている。だがしかし一番輝いて見えるのはその光に彩られた雪ノ下自身だった。

雪乃「な…何…かしら…?」///










八幡「………いや、駅なら方向が逆だぜ?」




465: 2013/09/09(月) 17:41:25.18 ID:MxQf4P2H0

俺は額にパンさんの絆創膏を貼ったまま、家に向かって歩いていた。人と擦れ違う度にクスクスと笑われているような気がしたが、不思議とそれほど悪い気はしない。

八幡「しかし…なんでよりによってパンさんなんだよ…」

家に帰り着くまで、ずっと顔が火照っていた気がするのは、なにも少女趣味の絆創膏のせいだけではなかったのかも知れない。

もちろん、左の頬にくっきりと残った紅葉の跡のせいでもない…と思う。

472: 2013/09/10(火) 21:46:24.66 ID:O75JTEYo0

なんとか家に帰り着いた頃には既に辺りは暗くなりつつあった。

八幡「ただいまー」

オヤジとオフクロは仕事が追いこみらしく、今週末も出勤で、まだ帰っていないようだ。
順風満帆に社畜航路まっしぐらだな。行先はバミューダかサルガッソーのような気もするが。
しかしこうも連日となると、いかな薄情な俺といえども、さすがに不安になってくる。今度、機会見て生命保険の増額を進言しておこう。

473: 2013/09/10(火) 21:48:31.88 ID:O75JTEYo0

小町「お兄ちゃん、おっかえりー」

小町がパタパタと足音をたてながら、玄関まで迎えきた。

八幡「やれやれ疲れたぜ」俺は荷物を置いてどっかりと框(かまち)に腰を落とす。

小町「どうしたのお兄ちゃん、随分と大荷物だね」

八幡「ああ、これな?」

小町「わ、それってブランド品じゃないっ!?お兄ちゃん、こんなものいったい…」

八幡「まあ、な…」

小町「…どっから盗んできたの?!」

八幡「…おまえは兄をなんだと思ってるんだ?」

小町「やだなー冗談だってば。ところで110番って何番だっけ?」

八幡「いいから電話を置け」お兄ちゃんはそこいらの凶悪犯罪なんかより、お前の頭の方がよっぽど質が悪いような気がしてきたぞ?

474: 2013/09/10(火) 21:50:09.25 ID:O75JTEYo0

小町「ありゃ?そのおでこ、どうしたの?」

八幡「ああ、ちょっとぶつけてな」

小町「パンさんなんだ…ふーん…ってことはもしかして…ふむふむ」

八幡「どうかしたのか?」

小町「んー、別に…順調にフラグ立ってるなーって」

八幡「フラグ?俺に?それってもしかして死亡フラグのことか?」いや、フラグよりも先に俺の墓標の方が立っちゃいそうだけどな。

475: 2013/09/10(火) 21:51:41.44 ID:O75JTEYo0

小町「それで、今日のデートはどうだったの?」

八幡「別に…髪切って、服買ってもらっただけだ」

小町「ま、まさかお兄ちゃん、女の子に貢がせたの?!」

八幡「なんか聞こえが悪いな…兄をまるでホストみたく言うな」どちらかと言うと相手の方がホスト(宿主)だし。むしろ俺はパラサイト的な何かだったりする。

小町「ど、どうしよう。クズだクズだと思ってはいたけれど、これで女の子に貢がせることまで覚えちゃったら、ますます真っ当な人の道から踏み外しちゃうよっ?」

八幡「ばっかおまえ、将来的には全面的に奥さんに養ってもらうつもりなんだから、今からこれ位で慌ててどうする?」

小町「それじゃヒモ街道まっしぐらだよっ」

八幡「ヒモじゃなくて専業主夫だけどな」

小町「開き直ってるしっ?!」

476: 2013/09/10(火) 21:53:27.16 ID:O75JTEYo0

八幡「はぁ?なにいっちゃってるわけ?家の中で働くか、外で働くかだけの違いであって、働くことはすべからく尊いんだぞ」

要は社畜になるか家畜になるかの二択しかないってことだが。なにそれ自分で言ってて超哀しいんですけど。

小町「だからって、他に選択肢とかないの?」

八幡「あとはそうだな、自宅警備員とか、コンビニパトロール隊とか、ネット監視員とか、一級在宅士とか、代表戸締役とかか?」

小町「うわ、もうだめだー。世の中の迷惑にならないように、もういっそのことお兄ちゃんを殺してあたしも…」

八幡「ちょっと待て、気持ちはわかるが、お兄ちゃん、おまえの愛が重いよっ!」つか他人に迷惑かけてねーだろ、身内にはかけてるかもしれないけど。

小町「逃げる」

八幡「…って逃げんのかよっ?!」

小町「でも大丈夫、安心していいよ。…小町、きっとお兄ちゃんの分まで長生きして幸せになって見せるから」

八幡「今の発言のいったいどのあたりに俺が安心できる要素が含まれてんだよ…」

やっぱりちゃっかりしてんのな。さすが俺の妹だけのことはあるぜ。

477: 2013/09/10(火) 21:56:21.93 ID:O75JTEYo0

今日は俺が当番なので、冷蔵庫の中のありあわせの材料を使ってちゃっちゃと夕飯を作る。自慢じゃないがこう見えて主婦力は高い。

そこいらの“自称”家事手伝いとか言ってるねーちゃんよりか遥かに家事のスキルは高いと自負しているが、なんといっても一番得意なのは手を抜くことだ。

仕事にしろ家事にしろ、いかにしてそれと分からないように手を抜くかが肝心だから。場合によったら仕事のスキルそのものよりも需要だったりする。これ社会に出てから大事だから今のうちによくメモしておくように。俺は社会に出るつもりないけど。

478: 2013/09/10(火) 21:58:36.37 ID:O75JTEYo0

俺も小町も育ち盛りだけに、一応栄養のバランスを考えて、てきとーに千切った野菜のサラダとかも出したりするのだが、俺のキライなトマトだけは断固として入れない。だらか彩り的には超地味だったりする。食えりゃいいんだ食えりゃ。
ちなみに俺のトマト嫌いは筋金入り。スペインのトマト祭りなんか見に行った日には、流れ弾に当たって死ぬ自信すらある。

あとは肉、な。焼いてよし、煮てよし、炒めてよし、生でよし…ってさすがに生は危ねぇか。
育ち盛りの健康な男の子なら、とりあえず何はなくとも、肉を口に放りこんでさえおけば文句は言わない。口に肉を咥えたまま文句をいうのは、あれでなかなか至難の業だからな。


479: 2013/09/10(火) 22:00:43.55 ID:O75JTEYo0

小町「でも、お兄ちゃん、ホントにいいの?」

食事を終えて食器をかたしながら小町が俺に話しかける。

八幡「あ?何がだよ?」

小町「今更だけど、陽乃さんと恋人のフリなんてして」

八幡「まぁ…、頃合いを見計らって別れたことにするって言ってたから、別にいーんじゃね?」

俺の輝かしい戦績に、またひとつ敗北の二文字が刻まれるだけのことである。そのうち耳なし芳一みたくなりそうだな。

小町「そうじゃなくて、今日だって雪乃さんと結衣さんが一緒だったんでしょ?」

八幡「それがどうかしたのか?」

小町「やれやれ、これだからゴミィちゃんは…」

八幡「誰がゴミィちゃんだよ?」それもしかして夢の島公園の新しいゆるキャラかなんかなの?

480: 2013/09/10(火) 22:02:21.25 ID:O75JTEYo0

小町「いい?お兄ちゃん、こんなモテ期はお兄ちゃんの短い一生の中でもう絶対にこないんだよ?」

八幡「俺の一生そんなに短いのかよ…つか、モテ期?俺が?いつよ?」

小町「はぁ~。ダメだこりゃ…」

八幡「はっ?それってもしかして…」

小町「やれやれ、やっと気がついたんだ?」

八幡「戸塚のことかっ?戸塚のことなんだなっ?戸塚に違いないっ!」

小町「お兄ちゃん、戸塚さんのこと好き過ぎだしっ?!」

八幡「何を言う?俺が一番好きなのは小町に決まってるだろ?」

小町「へ?あわわわわ、お兄ちゃんたら、いくらなんでもそんな正直に。でもそれ小町的にポイント高いっていうか…」///

481: 2013/09/10(火) 22:05:10.37 ID:O75JTEYo0

わたわたと顔を赤らめる小町をしり目に、俺は全く別のことを考えていた。

確かに表面上は、明日、資産家の御曹司とやらをうまいこと騙くらかして陽乃さんお彼氏のフリを押し通せばそれで一件落着のはずである。
そして俺が晴れてお役御免となり、今回の件が全てが丸く収まり、何事もなくいつもの怠惰な日常生活に戻れるなら、全くもってお安い御用だ。

だがしかし、帰り際に誰にも気づかれぬよう、陽乃さんが俺に向かってそっと囁いた言葉が、いつまでも頭の中でリフレインしていた。

「―――比企谷くん、私は本気だからね?」

もしかして俺が偶然立ち聞きをしていたのを、彼女は知っていたのだろうか。

496: 2013/09/13(金) 01:12:59.42 ID:U9LGRM5I0

――― そして当日。

俺は昨日、陽乃さんに買ってもらったばかりの真新しい服に袖を通し、鏡の前で服装を整え、持ち物のチェックを入念に済ませる。

サイフ、よし!

スマホ、よし!

ハンカチ、よし!

ズボンのチャック、よし!

材木座、なし!

パーフェクトだな。我ながら恐ろしいほどキマっているぜ。とくに材木座のあたり。

おやつは300円までだっけ?たしかバナナはおやつに含まないんだよな…って遠足じゃねぇし。

497: 2013/09/13(金) 01:14:39.03 ID:U9LGRM5I0

俺が不得意とするところのネクタイについては小町が締めてくれた。

こうして甲斐甲斐しく世話をやいてくれる妹がいる限り、もう俺には一生ヨメなんていらないんじゃないかとさえ思えてくる。
いや、マジで実際いらないんじゃね?もう国は世界に先駆けて兄妹婚認めちゃえよ。いや俺すでにシスコンしてるけど。

小町「高そうな服だねー。どっちかというとお兄ちゃんが服に着られてるって感じ?」いそいそとネクタイを締めながら小町が話しかけてくる。

なんとなく幸せを感じちゃってるあたり、俺、超ヤバい。何がヤバイって、社畜の象徴ともいえるネクタイをすることに抵抗を感じないのが一番ヤバイ。
これってもしかして巧妙に仕組まれた人類総社畜化計画の一環なのかもしれないって思うくらいヤバい。

498: 2013/09/13(金) 01:16:09.12 ID:U9LGRM5I0

八幡「おいおい、俺は中身より包装の方が高そうな贈答品かなんかかよ?」

小町「もらってくれる人がいるなら熨斗とかつけて喜んで贈っちゃうんだけど?あんがい喜ばれるかもだよ?」

八幡「…さすがにそれはありえそうにねーな…」つか、ありがた迷惑なだけだろ。

自分でいうのもなんだが、まるでもらった方が迷惑する結婚式のビミョーな引き出物みたいな感じすらする。新郎新婦の名前入りのでかい皿とか。アレ、使うタイミングなんてぜってー来ねぃし、かといって捨てるに捨てらんねーんだよな。

小町「でも、すごくよく似合ってるよ?カッコイイ!ほんと…」

八幡「そ、そうか?」遠慮するな。もっと誉めていいぞ。俺が許す。

小町「…まるでお兄ちゃんじゃないみたいだよっ!」

八幡「…褒めてんのかよそれ?」

小町「お兄ちゃんの晴姿、天国のお父さんとお母さんにも見せてあげたかったね」小町がクスンと鼻を鳴らしながらしんみりと呟く。

八幡「いやいやいやいやいやいや、ふたりとも部屋で寝てるだけだから」

変な後付け設定とかやめてくれる?後でつじつま合わせが大変なんだから、いや、マジでオナシャス。

499: 2013/09/13(金) 01:18:00.21 ID:U9LGRM5I0

八幡「じゃあ、いってくるぜっ」

小町「あ、ちょぉっと待ったぁ~!」

八幡「なんだよ?」おまえ紅鯨団かなんかなの?いや今時そんなの誰もしらねーし。つかなんで俺が知ってるんだよ?

小町「これこれ」

八幡「…おまえ、ライターなんか持ってきて、どうすんの?」俺、タバコなんて吸わねぇぞ。もちろん放火とかもしねぇし。火遊びしたくてもする相手がいない。なら言うなよ。

小町「そうじゃなくて、ほら、時代劇とかで、ここ一番って時に、験担ぎとかいって火打ち石とかで切火してお清めするのがあるでしょ?」

八幡「お、おう、なんかしらんが気が利くな」なにこいつ時代劇とか見てるわけ?最近の女子中学生の間で流行ってるとか?もしかして歴女なの?

その割には日本史の点数、イマイチだったよな?新撰組の一番隊のメンツ覚えるなら、その前に平安遷都の年号くらい知っとけよ。ナクヨウグイスホーホケキョだっけ?なんか違うか。

カチッ カチッ カチッ

小町「んっんっんっ?なかなか点かないなぁ~」気がつくといつの間にか小町がマジで俺の背中に火をつけようとしている。

八幡「って、なにやってんのおまえっ?!」

小町「はて?カチカチ山のカッチン鳥が鳴くそうな」

八幡「俺どこの性悪タヌキさんだよっ?!つか、マジで俺の服に火とかつけるな。シャレにならんことになるからっ、俺の命がっ!」

小町に火ダルマにされたうえに陽乃さんに血ダルマにされることになりかねない。こればっかりはさすがの俺も手も足も出ない。ダルマだけに。

500: 2013/09/13(金) 01:20:50.30 ID:U9LGRM5I0

小町「そういえば、今日は雪乃さんと結衣さんは一緒じゃないの?」

八幡「ああ、そういう約束だからな。変な邪魔とかが入らないように、実は今日の場所も陽乃さんに口止めされてんだよ」

小町「でも、ふたりとも心配してるんじゃない?」

八幡「まぁ、確かに俺が何かとんでもないヘマをやらかす可能性はなきにしもあらずだからな」

小町「…やれやれ、結衣さんが手を焼くわけだよ」

八幡「はぁ?」いくらあいつが料理下手でも、まさ自分の手とか焼いたり…するかもしれねーな。うん。

小町「で、今日は幕張のホテル・ニュー・ロイヤル・リーガル・プラザ・ワ○ントン・ホテルだっけ?」

八幡「…なんかホテルが一個多いような気がするけど、確かそんな名前だったはずだ…ってなんでおまえがしってんの?!」

小町「お兄ちゃんの机の上にパンフレット落ちてたよ?」小町がさっと差しだす。

八幡「それは“置いてあった”と言うんだ。日本語で。」陽乃さんにもらったヤツだな。まったく油断も隙もあったもんじゃねぇな。

小町「で、晩御飯はどうするの?」

八幡「あー、今日は会食とかいってたからいーや」


小町「…ふーん、ってことは、レストランなんだね…」ボソッ

501: 2013/09/13(金) 01:22:26.68 ID:U9LGRM5I0

小町「でもさ、お兄ちゃんって、基本ビビリでヘタレだし、今回もなんかのっぴきならないことに巻き込まれそうで、小町、心配しちゃうよ」

八幡「まぁ、バレたらバレまでのことだけどな。いざとなったら誠心誠意…土下座すればいいだけの話だ」

小町「…お兄ちゃん、最近、土下座姿が板についてきてるよ?それにそろそろ見飽きてきたし」

八幡「カマボコじゃねーんだから勝手に板とかにつけたりすんなよ」つか、妹に土下座姿見飽きられる兄ってどんなだよ?俺、謝罪の王様かなんかなの?

小町「ま、いーか。じゃ、頑張ってねー」

八幡「おう、ちょっくらいってくらぁ」

502: 2013/09/13(金) 01:23:07.76 ID:U9LGRM5I0

「さて、と。この場合はやっぱり雪乃さんかな?結衣さんじゃ、ちょっと頼りないし…」

ピッ・ポッ・パポッ・ピピピッ…

503: 2013/09/13(金) 01:25:40.90 ID:U9LGRM5I0

---------------------------------------------------------------

to:雪乃さん

subject:心配です

body:

今、お兄ちゃんが珍しくおめかししてお出かけしました。ガーンも、もしかしてもしかしてデートなのかも?!

かわいい妹としてはお兄ちゃんのことが心配で心配でたまりません(あ、ここ小町的にポイント高いと思いません?)

でも、いくら心配でも、かよわくてかわいい女子中学生の身分ではなにもできません。しくしく。

ああ、こんな時、誰か代わりに様子を見にいってくれる親切な人でもいればいいのにっ。

例えばお兄ちゃんのことをよく知ってる人とかっ。

ちなみに兄の行き先きは幕張のホテル・ニュー・ロイヤル・リーガル・プラザ・ワシ○トンのレストランだそうです。

---------------------------------------------------------------

504: 2013/09/13(金) 01:27:07.71 ID:U9LGRM5I0

「ほい、送信っと」ポチッ


ピンピロリロリーン♪


「もう返信?!はやっ?!」

505: 2013/09/13(金) 01:28:31.01 ID:U9LGRM5I0

----------------------------------------------------------------

from:雪乃さん

subject:re:心配です

body:了解。

----------------------------------------------------------------

506: 2013/09/13(金) 01:30:38.32 ID:U9LGRM5I0

「やれやれ、全く世話のやけるお兄ちゃんだねぇ~」

519: 2013/09/14(土) 09:21:03.99 ID:vdqhRiFz0

指定された待ち合わせの場所に着くと、そこには既に見慣れた黒塗りの高級車が停まっていた。

金持ちの乗る運転手つきの黒塗り高級車っていうと、映画とかでよく見るあのダックスフントをみたいな胴長の車 ―― リムジンを想像しがちだが、道路事情の悪い日本では、せいぜいベンツかBMW、もしくはベントレーやマイバッハあたりだろう。いや俺もよくはしらんけど。
とりあえず車体の前とか後ろにやたら自己主張の強いエンブレムつけてるヤツだと思えばいい。 
俺みたいな庶民には黒塗りの高級車なんて皆同じに見えるのは仕方がない。どうせ自力では一生乗る機会なんてないしな。

俺が知る中で、最も成金趣味な車といえば、やはりあの、キンキラキンに飾られた宮型霊柩車くらいだが、もしかしたらアレなら一生のうちに一度くらいは乗れるかもしれない。最期に。

520: 2013/09/14(土) 09:22:32.80 ID:vdqhRiFz0

そいえば俺が高級車に轢かれたと聞いた時、クソオヤジが真っ先に車の方を心配をしてかーちゃんに殴られたという話は聞いている…なにやってんだよあの男は。いつものことだけど。

俺が近づくと、後部座席のスモークガラスの窓が開き、陽乃さんが美しい笑顔を覗かせた。

陽乃「時間通りね、比企谷くん」

わざわざ運転手が降りてきて後部座席の前に回り、恭しく無言で一礼するとドアを開けてくれた。

八幡「スミマセン」俺は運転手に会釈すると広い車内に乗り込む。陽乃さんが身体の位置をずらせて、俺に席を譲ってくれた。

陽乃「あ、靴は脱がなくていいのよ?」ニコッ

八幡「…一応それくらいは知ってます」

うん、もちろん知ってたし。でも一瞬迷ったことは俺の胸の内に秘めて置くことにした。

521: 2013/09/14(土) 09:25:01.53 ID:vdqhRiFz0

今日の陽乃さんの服装は、一見してフォーマルだが、鮮やかな色合いで、胸ぐりのざっくりと深いものだった。
やや露出度が高い気もするが、不思議と上品にまとまっている。
やはり自分の美しさを最大限に引き出すコツというものを知っているのだろう。

ともすれば俺の視線が陽乃さんの胸元に吸い寄せされそうになるのを意志の力で無理やり引き剥がす。俺、こんだけウィルパワー強いんならもしかしてスプーンだって余裕で曲げられちゃうんじゃねぇの?

ブラックホールの重力は、光でさえ捻じ曲げてしまうというが、陽乃さんの乳力はおれのヒネた視線ですら真っ直ぐに捕えてしまう。
思わずじっくりと肉眼で天体観測しそうになっちまったぜ。目の前の双子惑星を。

陽乃「出してちょうだい」

運転手「かしこまりました」

運転手が一礼して車を走らせる。ほとんど動き出したのがわからないような静けさだ。もしかして地面から浮いてるのかもしれない。
いやこの場で浮いているのはもしかしなくても俺一人だけなのかもしれないけれど。

522: 2013/09/14(土) 09:28:02.22 ID:vdqhRiFz0

陽乃「この車は初めてだったかしら?」

八幡「確かに中に乗るのは初めてですね…」ふかふかのシートに腰まで埋まりつつ、答える。ふかふかすぎてうまくバランスがとれない。インナーマッスルとか鍛えられそうだな、これ。

車の外観、バンパーの色とか形とか、特に硬さについては熟知している。頭ではなく身体が。 

八幡「もしかして今日の運転手さんて…?」

チラリとバックミラー越しに運転手の表情をうかがってしまう。

陽乃「違うわよ。あの時の運転手には、もう辞めてもらったから」

八幡「え?…そ、それってやっぱり俺のせいなんですか?」

陽乃「別に比企谷くんが気にすることではないと思うのだけれど?」

八幡「いえ、そうは言ってもやっぱり…」

さすがに後味が悪い。俺は改めてあの時の後先考えない自分の軽率な行動を恥じた。
過去をふりかえるだに、他にも恥じるべきことはたくさんあるような気もするのだが、とりあえず今はそこらへんについてあまり深く考えないことにしておく。更に落ち込んじゃうから。

523: 2013/09/14(土) 09:31:04.58 ID:vdqhRiFz0

陽乃「そういえば、あの事故のこと、雪乃ちゃんは何か言っていたのかしら?」

八幡「いえ、特に何も。跳ねられたのが俺だったことについても、あまり知らなかったみたいですね」

そのことに気がついていたら、多分あいつのことだ、もっと自分の事を責めるに違いない。なぜあの時ブレーキでなくアクセルを踏むように言わなかったのか、とか。 

陽乃「そう。…でも、やっぱりまだ気にしてるみたいね。あれ以来、あまりこの車に乗ろうとはしないもの」

八幡「気にすることでもないと思いますけどね。既に済んだことですし」だから他に気にすべきことはたくさんあんだろ?特に日頃の俺の扱いとか。

陽乃「あら、本人はそうは思っていないみたいよ?」

八幡「あー…あいつは潔癖なところがありますからね」潔癖なうえに肩が凝りそうなくらい完璧主義。よかったなムネなくて。大きいと色々大変らしいぞ?

しかし、加害者と被害者の越えられない一線…か…。
つまり、あの時から既に決まっていたんだな俺があいつの被害者になる運命は…しかも現在進行形ですよ?


524: 2013/09/14(土) 09:39:13.01 ID:vdqhRiFz0

陽乃「…本当は今日、来てもらえないんじゃないかと思っていたわ」

窓の外の景色に目を遣りながら、陽乃さんがポツリと呟いた。

八幡「…なぜ、そう思ったんですか?」

陽乃「だって、あなたが私に対して無理に義理立てする必要なんて、どこにもないでしょう?」

八幡「そうですか?貴女にひとつ貸しができる…それは、ご自分でもおっしゃっていた通り、俺にとって決して損な取引でもないと思いますけどね?」ごまかすように嘯く。

陽乃「ねぇ、比企谷くん、そのことなんだけど…」

八幡「はい?」

陽乃「それって、もしかして…」

彼女が何を言わんとしてるのかを察して、俺の身体が少し硬くなる。

陽乃「…雪乃ちゃんのため…なのかしら?」

八幡「…!」

525: 2013/09/14(土) 09:45:07.11 ID:vdqhRiFz0

相変わらず鋭いな。俺の浅はかな考えなんて全てお見通しというわけだ。

陽乃「…やっぱりそうだったんだね」

俺の沈黙を肯定と受け取ったのか、小さくため息をつく。

八幡「…でも、貴女もそれを折り込み済みのうえで俺を指名したんじゃないんですか?」

陽乃「えっ?」

単にカマをかけたつもりだったのだが、どうやら図星のようだ。一瞬、陽乃さんの顔色が変わる。もしかして何か地雷踏んじゃったとか?緊急脱出ボタンどこよ?

八幡「もっとも、貴女の本当の目的が何なのかまではわかりませんけどね…」

陽乃「…比企谷くん?前にもいったと思うけど、私、勘のいいガキは嫌いよ…」

陽乃さんが俺から顔を背ける。なぜかその声は小さく、いつもの陽乃さんらしくなかった。

そしてそれはまるで、スネているかのようにさえ聞こえたのは俺の気のせいだったのだろうか。

俺は彼女に気づかれないように小さく安堵のため息をつきながら、いざという時のためにドアノブに伸ばしかけていた手をそっと元に戻した。

532: 2013/09/14(土) 20:21:24.11 ID:vdqhRiFz0

予め陽乃さんから伝えられていたとおり、今日の目的地はメッセからほど近いところにある高級ホテル最上階のレストランだ。

車から降りて最上階まで見上げようとしたら首と腰が痛くなった。マジかよ。革靴じゃなくて登山靴とか履いてきた方がよかったんじゃねぇの?とりあえず現地のシェルパとか雇っちゃう?

陽乃「比企谷くん、こっちよ」

陽乃さんは、場違いな環境に戸惑う俺の腕をとり、慣れた様子でエスコートしてくれる。

その自信に満ち溢れた躊躇いのない足取りは、既に何度かここを利用した事があるに違いない。それはまさしくセレブな世界で生きてきた証でもあるのだろう。
やはり俺なんかとは住む世界が違うということを改めて痛感する。

そして雪ノ下も本来はこちら側の人間であるハズだ。俺のようなぼっちの相手をすることもなく、華々しく着飾って社交界で燦然と輝いていて然るべき存在なのだろう。それこそ陽乃さんのように。

いつもはすぐ近くに感じる雪ノ下の存在がイヤに遠く思える。俺は無意識に前髪で隠れた額の傷跡にそっと指を這わせた。
さすがに姉妹だけあって、陽乃さんと雪ノ下は見る角度によっては顔がよく似ている。昨日のことを思い出すと、少しばかり動悸が速くなった。

もしかして、これって………………不整脈?求心飲んどく?

533: 2013/09/14(土) 20:22:45.27 ID:vdqhRiFz0

そういえば、前にあったよな、こんなこと。あれは確か川…川…川なんとかさんの件で、やはりホテルのバーに行った時のことだっけ?

陽乃「もっと堂々としてていいのよ?」

八幡「いや、あまり目立つと狙撃されたりしちゃうかもしれないじゃないですか」さすがにそれはないか。弾の無駄だし。

陽乃「あまりキョロキョロしていると、不審者と思われるわよ?」

俺も聞いたことがあるが、高級ホテルのロビーを悪用して信用詐欺とかがあるらしい。そういえば先ほどから俺の一挙手一投足にガードマンの熱い視線を感じる。やれやれ人気者はつらいな。 

八幡「大丈夫ですよ…貴女と一緒でもない限り、こんな場所に来たりしませんから」一緒にいると痴漢とかストーカーに間違われるかもしれませんけどね。

534: 2013/09/14(土) 20:26:27.75 ID:vdqhRiFz0

ともすれば、いつもの癖で明るい場所を避け壁際に寄ろうとする俺だが、陽乃さんは俺と腕を組んだまま、フロアの真ん中を堂々と横切る。
勢い俺も引きずられるようにしてそちらを通らざるをえない。散歩中にイヤイヤしている犬みたいだなまるで。

でも、そうして無意識に他人の視線を避けようとしてしまうあたり、もしかして俺ってばスパイや特殊部隊の素質とかあんじゃね?キャッチセールスやティッシュ配ってるバイトさんだって向こうから避けるくらいだし。俺がフツウに歩いているだけで声をかけてくるのはお巡りさんだけである。

俺たちはフロントの前を通り抜けると、真っ直ぐエレベーターへ乗り込み、そのまま最上階のレストランへと直行した。

同乗した客や従業員の視線が俺達…というかむしろ陽乃さんに集まる。やっぱり美人だし、そりゃ当然目立つわな。
傍から見ると、俺と陽乃さんって、カップルに見えちゃったりするのかな?腕も組んでることだし。

丁度その時、音声アナウンスが次に停止する階を告げた。 

「ポーン♪ ゴカイ デース」

…ああそうかよ。

535: 2013/09/14(土) 20:29:53.91 ID:vdqhRiFz0

成層圏に届いてしまうのではないかというくらい長時間乗ったエレベーターから解放されると、すぐ目の前が件のレストランだった。

ガラス窓から下界を見下ろすと、人も車も芥子粒のように小さく見え、なんだか自分が偉くなったような錯覚を起こす。

なるほど、思わず「見ろ、人がまるでゴミのようだ」とか言いながら高笑いしたくなる気持ちもわからんでもない。しないけど。

俺たちは、レストランに入り、給仕に案内されるまま、予約していたテーブル席に着く。緊張のあまり、やはり、なんとなくそわそわしてしまう。

陽乃「比企谷くん、もしかして緊張しているのかしら?」

八幡「はぁ、まぁ」

こんな場違いな所に連れてこられて緊張しないわけがない。緊張のあまり蚊取り線香とか焚きたくなるくらい緊張しているのでやはり緊張しているのだろう。って何言ってんの俺?

陽乃「私の言ったとおりにしていれば大丈夫よ」テーブルの下で、陽乃さんがそっと俺の手に自分の手を重ねた。 

八幡「そうスか…。そ、そうですよね?」そう言われて、俺は安堵のため息をつく。 

…つか、そういえば俺、まだ何もいわれてないんですけど?なにが大丈夫なんだよ?

536: 2013/09/14(土) 20:33:05.59 ID:vdqhRiFz0

陽乃「…あ、私、比企谷くんにとても大切なことを言い忘れてたことに、今、気がついたんだけど」

八幡「は?」なんだよ今更?

陽乃「ごめんなさい。話は後よ。岩清水さんが来たわ」陽乃さんがそれとなく居住まいを正す。




「陽乃さん、大変お待たせしました」




俺の背後から、よく透る声が聞こえてきた。どうやら岩清水コンツェルンの御曹司とやらがお見えになったらしい。

ちっ、声からして既にイケメンなのな。金持ちでイケメンなんて世の中どうしてこんなに不公平なの?政府は早急に格差是正を促すべきだろ。

イラっとしながら、ゆっくりと振り向いた俺のサングラスのレンズには、










――― なぜか、材木座の顔が映っていた。

546: 2013/09/15(日) 19:28:52.79 ID:nA/JiIVh0



八幡「…ざ」



八幡「…材木座…だと…?」



御曹司「は?ざい…?」

いぶかしげに俺をみつめる男のツラはまさに材木座そのものだった。

御曹司「これはこれは、はじめまして…私は」


どごぉっ


御曹司「ふげほっ」

皆まで言い終わる前に、いきなり俺の渾身の右フックが材木座の左頬にさく裂する。

八幡「材木座!、てめぇ、ここでなにしてやがるっ?!」

殴っただけでは飽き足らず、両手で胸倉をつかんで強く揺さぶった。

御曹司「あばばばばば?な、なにをするでおじゃるるるるう?」

陽乃「比企谷くん、ストップ!ストーップ!」

陽乃さんが慌てて止めに入る。

八幡「だってコイツ、材木座ですよ?!こともあろうに材木座の分際で資産家の御曹司を騙るなんてっ!」

陽乃「違うのっ!彼は違うのっ!似てるけど違うのっ!別人なのっ!」

八幡「別人?!」俺は材木座の顔をした男と陽乃さんの顔を交互に見つめる。

御曹司「…」(白目を剥いて泡を吹いている)

547: 2013/09/15(日) 19:30:13.49 ID:nA/JiIVh0

八幡「よし、じゃあ質問だっ!答えろっ!」

俺が更に強く揺さぶると、材木座の顔をした男がコクコクと頷く。もしかして首が据わってなくてガクガクしてるだけかもしれないが、そんなのは知ったこっちゃねぇ。

八幡「セーラー○ーンに出てくるジ○ダイト役の声優の名前はっ?!」

御曹司「小○坂○也」ボソッ

八幡「やっぱ材木座じゃねーかっ!」ガコッ ガコッ

御曹司「あべほせっ」

陽乃「違うの!そうじゃないの!彼が、その人が岩清水さんなのっ!」


八幡「はぁっ?!」


俺は再度、俺に胸倉をつかまれたまま伸びている男の顔を見降ろす。



岩清水「…は、はじめましゅて…い、いわしみぢゅれしゅ…」

548: 2013/09/15(日) 19:34:27.28 ID:nA/JiIVh0

八幡「うそだっ!こんなマヌケ面がこの世にふたりと存在するはずがねぇっ!」つか写真と全然違うじゃねーか?!

岩清水「ま、マヌケ面とは失礼な」御曹司がマヌケ面で反論する。

陽乃「岩清水さん、ごめんなさい。彼、緊張のあまり、ちょっと動揺していて」

陽乃さんが、材木座のツラをした御曹司の顔にかいがいしくハンカチを当てながら謝罪する。

岩清水「う、うむ。よくわからぬのだが、ここは陽乃さんに免じて穏便にすませることにしよう」

レストラン内が一時騒然となったが、岩清水と陽乃さんのとりなしで俺の突然の暴走も大目に見てもらえたようだ。
どうやらこのホテルで二人はVIP待遇らしい。岩清水と雪ノ下の名のなせる業なのだろう。VIPといっても真空断熱材やヴァーチャルIPアドレスのことではない。誰もしらねーっつーのそんなの。

陽乃さんに宥められて、地に堕ちた威厳をとりつくろうかのように服装の乱れを直してはいるが、何気に前屈みになった陽乃さんの胸の谷間に目が吸い寄せられている。
同じ男として、その気持ちは痛いほどよくわかる。特に股間が。

549: 2013/09/15(日) 19:36:41.47 ID:nA/JiIVh0

しかし、見れば見るほど顔はそっくりだが、確かに高価そうな、よい仕立ての衣服に身を包み、材木座にはない育ちの良さからくる気品というヤツが感じられないこともない。材木座の顔から気品を感じるようなことがあるとは予想だにしなかったが。
それによく見れば、年齢もかなり上だ。やはり、別人なのだろう。
別人だとしたら、これはやっぱりシクッたのかもしれないな…ファーストインプレッションは最悪なものとなってしまった。まあ、お互い様だが。

ここはひとつ陽乃さんの顔を立てて、素直に謝罪しておいた方がいいだろう。

八幡「すみません。取り乱してしまって。知人によく似ていたものですから」

岩清水「ほう、お友達ですか?」

八幡「ちげえよっ!!誰が友達だっ?!」

岩清水「へひぃっ?!」

550: 2013/09/15(日) 19:38:16.92 ID:nA/JiIVh0

材…いや岩清水が過剰な反応を見せるのは、今日の俺の服装とサングラスという井出達が、ちょっとヤバいヤツみたいな感じに見えているからだろう。
俺には全くそんなつもりはないのだが、育ちがいいだけに無菌培養されたかのような御曹司の方が少しばかり及び腰になっているようだ。
その証拠に不安げに目でチラチラと俺の顔色を窺っているのがわかる。

陽乃さんもそれに気がついたらしく、さり気なくフォローしてくれる。

陽乃「ごめんなさい、彼、生まれつき頭が…じゃなくて目が弱くてサングラスが手放せないの」

石清水「そうなんですか。頭が…」だから納得したように頷くなよ。

なんだよ頭が弱いって。当たってるだけに何も言い返せねぇじゃねぇか。しかし材木座の顔したヤツに頭弱いとか言われると余計にハラが立つ。

551: 2013/09/15(日) 19:40:07.70 ID:nA/JiIVh0

八幡「拝見したお写真とは全然違うんですね」俺は思い切りイヤミったらしく言ってやった。

岩清水「おや、もしかしてアレをご覧になったんですか。いやはや、写真映りが悪くてお恥ずかしい」

どう好意的に見積もっても200パーセントくらい修正してある。ほとんどどころか全くの別人。多分、背景以外原型とどめてねーし。
つか、これもうサギだろサギ。クロだのシロだのいう以前に、完全なサギ。

山で罠にかかった白い大きな鳥を助けてもなかなか恩返しにこないんでおかしいと思って問い詰めたら、実はツルではなくてサギでしたみたいな感じに、ものの見事にサギだよな。
今度から見合い写真には“これはイメージ画像です”って注意書きとか、法律で義務つけるべきだろ。

552: 2013/09/15(日) 19:41:34.50 ID:nA/JiIVh0

陽乃「改めてご紹介するわ。こちらが岩清水さん」

岩清水「むほん。はじめまして。岩清水静夫です」尊大な態度で挨拶をする。

いやいやどうみても御曹司って面には見えない。藁半紙かせいぜいいいとこ再生紙だ。便所紙にしてトイレで流しても詰まりそうな顔をしている。

八幡「…どうも」俺はペコリと頭を下げ、グラスに注がれた水を口に含む。いきなり大声を出したんで、少しばかり喉が渇いた。今のうちに喉を潤しておくことにする。

陽乃「…それで、彼が私のフィアンセの比企谷くんです」

八幡「ぶっ?!」

岩清水「ぬわはっ?」

吹いた水が岩清水の顔を直撃する。顔がズブ濡れになったが、別に水が滴れば誰でもイイ男になるってわけでもねぇみたいだな。
まあ顔が材木座なんだから当然か。つか、今、陽乃さん、なんて言いました?
俺、渡辺○美じゃないんだから、モノマネなんてできませんよ?あれはビヨンセか。ちょっと違う。いや全然違うだろそれ。

553: 2013/09/15(日) 19:43:46.48 ID:nA/JiIVh0

八幡(ちょっ?ふぃ、ふぃあんせって?)ヒソヒソ

雪乃(しっ。いいからここは黙って私に合わせて)ヒソヒソ

岩清水「そうですか。あなたが比企谷くんですか。想像していた方とは随分違いますね…」育ちがいいところを見せて、慌てず騒がず顔をナプキンでぬぐう材…岩清水。

八幡「それはこっちのセリフです。俺の予想を遥かに下回る顔…てっ!?」

陽乃「比・企・谷・く・ん?」ニコッ

陽乃さんが笑顔を浮かべたまま、テーブルの下で俺のスネを蹴り、そのままぐりぐりと甲を踏みつける。
なにその足技コンボ。地味だけど超痛いんですけど?ピン・ヒール尖りすぎでしょ。もしかして毎晩研いでたりするのかよ?

562: 2013/09/16(月) 17:32:56.32 ID:5HH1KaGw0

八幡「…比企谷八幡です」俺はペコリと頭を下げて簡単に名前を告げた。

陽乃「比企谷くんは妹と同じ学校の同学年なんです」 

岩清水「妹君の?ああ、雪乃ちゃん、でしたか?」メガネを外し、丁寧に拭く。

なにぃ…?雪乃ちゃん…だと?

八幡「…おい?」

岩清水「な、なにぬね?」

八幡「雪ノ下のことをよく知りもしねぇくせに、ちゃんづけなんかで呼ぶんじゃねぇっ!!」

岩清水「ひっ、ご、ごめんなさい」

八幡「あいつにそんな可愛らしさなんて微塵もねぇだろっ!」

スコンッ

陽乃「ひ・き・が・や・く・ん?」ニコッ

八幡「…スミマセン」調子に乗り過ぎました。ってメニューの角で頭叩くなよ。マナー違反だろ、それ。金属で補強してあるし。

563: 2013/09/16(月) 17:36:44.37 ID:5HH1KaGw0

陽乃「それで、比企谷くんと妹が同じ学校の部活仲間ということもあって…」 

岩清水「ほほう」

陽乃「妹が色々とお世話になっている関係で、私も時々会う機会があって、そこで知り合ったの。そうよね?」

こくこくこくこく。怖いのでひたすら黙って頷く。ムチウチになるんじゃないかと思うくらい高速。たぶん軽く音速は超えてる。

岩清水「なるほど。で、比企谷くんと陽乃さんの妹君は、どんな部活に所属しているのかな?」

八幡「奉仕部です」

岩清水「奉仕部?」

八幡「ええ、具体的に言うと、俺が一方的に雪ノ下に労働や奉仕を強要される独裁政権…ではなくてですね…」

チラリと陽乃さんの表情を窺う。

八幡「生徒の抱える悩みや問題を解決する手助けをすることを本来の目的とする…はずの部活です」少なくとも俺はそう聞かされている。信じてはいないが。

564: 2013/09/16(月) 17:45:15.31 ID:5HH1KaGw0

岩清水「随分と地味な部活のようですね。多才な陽乃さんの妹さんなら、運動系でも文化系でも、もっと華やかな部活で活動できそうなものですが?」

御曹司がおもねるような口調で陽乃さんに話しかける。お追従というヤツだろう。

陽乃「そうですね。私も最初聞いた時は正直、意外でした」

雪ノ下が奉仕部に所属しているのは雪ノ下の意思ではなく平塚先生の考えなのだが、敢えてここでは言わないことにしておく。俺に至っては強制だし。

陽乃「でも、妹は昔から何をやっても私には叶いませんでしたから、比較されるのを避けたのかもしれまんせんね」

懐かしむような口調だが、事実のみを淡々と述べているようでもある。

確かに素質は抜群なのだろうが、体力が続きそうにないからな。だいいち、いくら雪ノ下といえども、相手が陽乃さんではさすがに分が悪い。

陽乃「テニス、バレエ、乗馬、合気道、私に隠れて必死になって練習していたものよ」

なるほど、あいつの負けず嫌いさんは筋金入りだからな。たぶん素材はガンダニュウム合金とかだろ。

陽乃「あ、でもそういば、唯一、一度だけ私が負けた競技があったかしら…たしか…」

八幡「…水泳ですか?水泳でしょう?水泳ですね?」

陽乃「あら、なぜわかったのかしら?」

八幡「…いやなんとなく」

あいつ、水の抵抗とか超少なそうだからな。思わず涼しげな胸元が脳裏に浮かぶ。

565: 2013/09/16(月) 17:50:03.38 ID:5HH1KaGw0

形ばかりの自己紹介が終わったらお決まりの御歓談タイムというヤツである。

にこやかな笑顔を浮かべながらお互い当たり障りのない会話の裏で、それぞれの腹の中を探り合う、アレだ。
自らの手の内を明かさず、極力相手の情報を引きだす情報戦。ここで下手を打つと嘘がバレてなにもかもがオジャンである。

しかしサングラスをしている分、ポーカーフェイスにかけては俺の方が有利。それにいざとなったら切り札もあることだし。土下座とか。
それに引き換え、岩清水の方はそれこそブタである。いやもちろん手札の話しだお?

岩清水「…いやぁ、しかし、陽乃さんが年下好みとは知りませんでしたね」

陽乃「あら、だって若い子の方が何かとコントロールしやすいし自分の色にも染めやすいでしょう?」

八幡&岩清水「あー…」(って、理由が怖えよっ!!!)

二人揃ってドン引きである。御曹司に至っては顔から血の気まで引いてるようだ。気持ちはわかるが、この人の本性はこんなもんではない。
人は見かけが全てじゃないんだぜ?せいぜい8割だ。でもそれほとんどが見かけってことじゃね?

566: 2013/09/16(月) 17:53:43.69 ID:5HH1KaGw0

陽乃「それに、年齢さえ重ねていれば世の中が見えているというわけでもないと思います。むしろ若くても意外と物事の本質を見抜いている場合もありますから。多少ヒネているかも知れないけれど」

意味あり気に俺を見る。なにそれ誰のことだよ?確かに服の上からでもブラのサイズいい当てられるけど。なんでそんなことまで知ってんの?

岩清水「ときに、比企谷くん、将来についてはどのように考えているのかね?」

いきなり俺に振ってきた。

八幡「そうですね。とりあえず、高校卒業後は文系の大学に進学します。大学を卒業したら…」

岩清水「ふむふむ」

八幡「結婚して、専業主夫として家庭に入り、死ぬまで奥さんに扶養してもらいます」キッパリ

岩清水「せ、専業主夫?」

予想外の答えだったのだろう。岩清水が俺と陽乃さんの顔を交互に見ている。ふ、いつの時代においてもパイオニアとパイマニアは常に奇異の目で見られる宿命なのさ。

567: 2013/09/16(月) 17:55:03.40 ID:5HH1KaGw0

八幡「はい。そのために日夜家事の腕を磨いています」俺は自慢気に胸を張る。男の胸なんざ誰も見たくない。俺だってそうだ。

陽乃「…つまり、大学を卒業したら、彼には公私共に私のマネジメントをしてもらうつもりなの」

まるで理解できないといった顔の岩清水のために、陽乃さんがフォローすることにしたようだ。

陽乃「私は家庭に縛られるタイプの女ではないですから、家事や事務処理は優秀な彼に任せることにして、仕事の方に集中したいと考えているんです」

岩清水「ほほう…なるほど。そういうことですか」

どうやら納得してしまったようだ。基本的に言ってることは同じなのだが、言ってる人間が違うだけで受け取り方も違うという好例だろう。俺も騙されないように気をつけなくては。美人が相手の場合は特に。

しかし、さすがにそれは持ち上げ過ぎだろ。いったいどこで落とすつもりなんだよ。

568: 2013/09/16(月) 17:59:18.34 ID:5HH1KaGw0

八幡「買いかぶり過ぎですよ。俺はそんなに…」

陽乃「比企谷くん、あなたは自分が思っているよりもずっと優秀よ。磨けばもっと光るわ。…それに、信念のためなら汚れ仕事も厭わないようだし」

文化祭の時の俺のヒールっぷりを指していっているのだとしたらそれは間違いだ。
例え何もしなくても、いや何もしないからこそ、俺はいつもヒール扱いなのだから。

落ちない窓の汚れ、教室の隅に放置されたゴミ。誰も気にしないからこそ安心して無視できる人間。
時々、なにかの拍子に思い出したように口の端にのるときは、悪意と軽蔑と嘲笑の対象となるような存在。

自分よりも常に下に位置付けられているからこそ、公然と叩いてもよいものだと勘違いしてるかのようだが、本当の処はそうではない。
彼らは怯えているのだ。俺を叩き、見下すことで、自分がそうではないと安心を得ようとしているに過ぎない。

確かにカーストの最下層のそのまた底辺を這いずり回るぼっち。それが俺である。別に自慢できるような立場ではないが、だからといって卑下するつもりもない。自分の信念を曲げて、友達とかいうわけのわかない虚構を相手におもねるくらいなら、俺はひとりで十分だ。
今までも、そしてこれからも。


陽乃「…だけど私なら、自分のために大切な人が…あなたが傷つくのを見過ごすようなマネはしないわ。そう、絶対にね」


八幡「…え?」


569: 2013/09/16(月) 18:02:12.78 ID:5HH1KaGw0

カシャン

プランターボックスに遮られた隣席のテーブルから大きな音が響く。

「失礼。ごめんなさい」若い女性が謝罪する小さな声がした。

だが俺は陽乃さんの言葉に気を取られるあまり、それがどこかで聞いたことのある声だったことにすら気がつかなかった。

578: 2013/09/18(水) 02:43:05.85 ID:c78n3P4/0

岩清水「なるほど、陽乃さんが御自身の将来について真剣にお考えなのはよく分かりました」

御曹司は顎の前で手を組み、感じ入ったかのように何度も頷く。

しかしやがて、

岩清水「…ですが、これはそれで片付くような簡単な話ではありません」

それまでとはうって変ったかのように、静かな声音で重々しく切り出した。

岩清水「というのも、貴女もご存じのとおり、そもそもこのお話は、あなたのお父上が当家に融資の依頼を持ち込まれたことに端を発しています」

579: 2013/09/18(水) 02:45:52.87 ID:c78n3P4/0

八幡「えっ?」

意外な話の流れについていけず、俺は思わず陽乃さんの顔を窺ってしまう。

陽乃「ええ。勿論、そのことは、存じています」

彼女はチラリと視線を返して寄こしたが、そのまま何食わぬ顔で岩清水との会話を続けた。

陽乃「…確か、両家の間で血縁関係を結ぶことで結束を強くすれば、ビジネスの上でもより大きなメリットがある…というお話でしたかしら?」

岩清水「そうです。あなたのお父上から融資の相談を受けた時、両家の間で縁談の話が持ち上がったわけです」

なるほど、いわゆる政略結婚というヤツだな。どうやら良家のボンボンが陽乃さんの魅力にのぼせ上った、という単純な図式ではなかったようだ。

そんな大事なことを今まで黙っているなんて、いったいこの人は何を考えているんだよ?いやもしかしたら俺が何も考えていなかっただけかもしれないが。

考えてみれば、相手はあの陽乃さんである。何かしら裏があって然るべきだと気がついてもよさそうなものだ。

そうとも知らずにホイホイ依頼を受けてしまった俺は、まさに道化以外の何物でもない。しかも陽乃さんの操り人形とくれば、まさに傀儡。いったいなにサーカスのあるるかんだよ?

580: 2013/09/18(水) 02:47:05.44 ID:c78n3P4/0

岩清水「…それに、たしか貴女の御母上はかなり乗り気だったと記憶しておりますが?」

陽乃「ですが、父は今回の件について私の意志に委ねると申しております」

岩清水「僕としても最初この話に関しては消極的だったのですが、実際にお会いしてみれば、このように才気に富んだ美しい姫君だ…」

芝御曹司の居がかったセリフに、思わず歯が浮きそうなる。なにこれもしかして歯周病?

岩清水「…しかし、いざ話を進めてみると、貴女には既に婚約者がいるいう話じゃないか。トンビに油揚とはまさにこのことだ」

トンビってもしかして俺のことか?どちらかというと、トンビはむしろそっちだろ?まさにタカがトンビを生んだってヤツだよな。
産院で取り違えたんじゃねぇの?今からでも遅くないからDNA鑑定とかしてもらった方がいいぜ?ついでに分子レベルに分解して異次元に転送してもらえよ。ハエとかと一緒に。

581: 2013/09/18(水) 02:49:03.54 ID:c78n3P4/0

岩清水「本来は、このお話は融資の話ごとなかったことにしてよかったのですが、僕の我儘でお互いの家に迷惑をかけるわけにもいかない」

陽乃「ご厚情いたみいります。さすが太っ腹ですことね」

恩着せがましい言い方にチクリと陽乃さんが皮肉で返す。もちろん岩清水は気がつかない。贅肉の塊だけに皮肉ぐらいでは通じないのかもしれない。

岩清水「かといって、このままハイそうですかと引き下がったのでは、僕のメンツは丸潰れだ」

陽乃「ですから私も、こうして礼を尽くして、お申し出の通りフィアンセを同席したうえで岩清水さんにお会いしているわけです」

岩清水「…そう、僕もこのような美しい女性の婚約者はいったいどれほどのものかと、是非一度お目にかかりたいと思ってムリを申し上げたわけだが…」

582: 2013/09/18(水) 02:52:19.51 ID:c78n3P4/0

岩清水「…失礼ながら、先ほどからおふたりを見る限り、とても結婚を前提にお付き合いしているような仲には見えません」

そりゃ当然だろ。どう見たって俺と陽乃さんでは全く釣り合わない。キャスティングの段階で既に無理があったのだ。

おそらく陽乃さんも俺ならば与し易いと考えたのだろうが、逆にそれが仇になってしまったようだ。

自慢じゃないが、例え相手が陽乃さんでなかったとしても、友達すらいない俺に誰かの恋人役なぞ務まるはずもないのだ。確かにに自慢にならねーな、それ。

さて、ならばここらでそろそろ俺の出番かもしれない。俺は余裕たっぷりに周囲を見回すと、土下座するのに適当なスペースを物色し始めた。


陽乃「いいえ、そんなことありませんわ。ふたりはラブラブよ。ね、比企谷くん?」


そういいながら陽乃さんは腕に抱きつくかのように見せかけつつ、その実、俺が下手な行動に出ないように腕をがっちりと捕まえている。
ご丁寧に肘関節をキッチリと極められているので、身動きすらままならない。なにこれ超恐いんですけど。

八幡「そ、そうですねー(棒)」

俺の肘関節はそろそろブラブラになりそうだけどねー。

583: 2013/09/18(水) 02:55:45.99 ID:c78n3P4/0

岩清水「そうですか。そこまで言い張るのでしたら、それをこの場で証明していただけますか?」

御曹司のメガネがキラリと不気味に光った。

陽乃「証明…ですか?」予想外の申し出にさすがの陽乃さんも怪訝そうな顔をする。

岩清水「そう、証明です」

何かとてつもなくイヤな予感がしてきた。そしてイヤな予感ほど的中率が高いというのが俺の経験則。まぁ俺くらいになると、いい予感がすることなどほとんどないが。

岩清水「そうですね。もしこの場でおふたりがキスをして見せてくれたなら、とりあえずふたりの関係をそれと認めてもいいでしょう」



八幡&陽乃「?!」



584: 2013/09/18(水) 02:57:21.76 ID:c78n3P4/0

ガタガタッ

再び隣席から、今度は先程とは比べものにならないくらい大きな物音が聞こえてきたのだが、今の俺にはそれを気にする余裕など全くなかった。


585: 2013/09/18(水) 03:04:11.08 ID:c78n3P4/0

八幡「き、キス…ですか?」

ハードル高すぎだろ。しかも人前で、陽乃さんと?

岩清水「まさか、婚約者なのに、まだ一度もしたことがないなんてことはありませんよね?」

いや別に婚約者だからというワケではなく、そもそも俺には女性とキスした経験というものすらない。彼女いない歴=年齢の俺を舐めちゃいけない。いや人生の辛酸ならイヤというほど嘗めてるけど…ってそれ関係ねぃだろ。

何か言い逃れる術はないものかと、戸惑いがちに陽乃さんの様子を窺う。

陽乃「あら、そんなことでよろしければ、お安い御用ですわ」

八幡「はぁっ?!」

何いっちゃってるの、この人?キスだぜキス。マウス・トゥ・マウスでチューだからって、別にネズミとか関係ないんだぜ?

陽乃「でも、その前にひとつ確認させていただいてよろしいかしら?」

岩清水「ほう、何ですか?」

陽乃「もし、岩清水さんの前で比企谷くんとのキスをお見せしたら、ビジネスの話に関係なく、結婚は無条件で諦めていただけるということでよろしいかしら?」

岩清水「無論、僕も男だ。二言はありません」御曹司が、椅子ごとひっくり返りそうな勢いで腹を突き出す。もしかして胸を張ったつもりなのかもしれない。

陽乃「そうですか。なるほど、よくわかりました」

その答えを聞いた陽乃さんがニコリと笑みを浮かべる。それはまるで満開の牡丹のように艶やかな笑顔だった。

589: 2013/09/18(水) 20:38:04.42 ID:c78n3P4/0

岩清水「さて、いかがですか?」御曹司が俺と陽乃さんの顔を交互に見ながら再度問いかける。

そのふてぶてしい顔からは、できるはずがあるまいという多寡を括ったような表情が見て取れた。

材木座そっくりだけに、余計にムカつくことこの上ない。

陽乃「ええ、勿論ですわ。比企谷くん、いつもみたいに、して。優しくね?」

陽乃さんは、本当にそれがなんでもないことであるかのように俺に向き直り、目をつむって形のいい唇を軽く突きだして見せた。

…って、ま、マジですか?ちょっとーちょっとちょっとー…って、俺は思わずひとりで双子芸人してしまいそうになる。

陽乃「どうしたの?岩清水さんの前だからって、別に恥ずかしがらなくてもいいのよ?」

いや恥ずかしがってるんじゃなくて、怖いだけなんですけど。超怖い。マジ怖い。ごく控えめに言ってスゲェ怖い。あと怖い。

590: 2013/09/18(水) 20:40:24.35 ID:c78n3P4/0

八幡「お、おう」

スー・ハー・スー・ハー

陽乃(…比企谷君、何してるのかしら?)ヒソヒソ

八幡(え?し、深呼吸ですけど)ヒソヒソ

陽乃(ふざけないでくれるかしら?)ヒソヒソ

八幡(あ、やっぱり?そうですよねー)ヒソヒソ

陽乃(当たり前でしょ?さ、早く)ヒソヒソ

八幡(準備体操からの方がいいですよねー?)ヒソヒソ

陽乃「比企谷くん?」小声だが彼女の声はハッキリと俺の耳に届いた。

八幡「は、はい?」思わず返事が上滑りになる。

陽乃「私、比企谷くんが相手なら…別にいいのよ?」

そう言って俺の首に両手を回し、潤んだ目で上目遣いにじっと見つめた。

591: 2013/09/18(水) 20:45:39.65 ID:c78n3P4/0

ゴクリ

俺は思わず大きな音を立てて生唾を飲み込んでしまう。

もしこれが演技だとしたら大した役者だと思ってしまいそうなものだが、恐らく十中八九これは演技であり、残りの一・二もまず間違いなく芝居である。

きっと彼女はそうやってずっと世間を欺き続けてきたのだ。その完璧に造られた外面とともに。

だから、例え今、俺と偽りのキスをしたとしても、彼女は全く歯牙にもかけぬはずだ。
そんなことは彼女にとっては取るに足らない些細な出来事であり、単なる挨拶程度、もしくは通過儀礼のひとつにすぎないのだから。

――― なら、俺は?俺はどうなのだろう。ここに至って、いったい何を躊躇う必要があるというのだろう。

客観的に見て主観的に見ても、このような機会に陽乃さんのような年上の美人とキスができるなら是非もないはずだ。
俺のファースト・キスの相手としても全く申し分ない。逆にお釣りが出てきてもおかしくないくらいだ。なにそれ自動販売機かよ。

592: 2013/09/18(水) 20:48:07.64 ID:c78n3P4/0

―――しかし、だとしたらこの心の片隅に引っ掻かっているものはなんだろう。

俺の目は陽乃さんの顔を通じてもうひとつの顔を重ねて見ていた。

同じ顔なのに、全く違う顔。同じ瞳なのに、全く違う瞳。同じ笑顔なのに、全く違う笑顔。清廉で、潔白で、決して嘘をつかないまっすぐな美しい瞳。

彼女はどんな時でも決して嘘をつかない。
そして俺もまた自分にだけは絶対に嘘はつかない…まぁ、他人にはいくらでも嘘をつくけど。罪悪感の欠片もなく。

もし、ここで俺がここで偽りのキスなんてしようものなら、恐らく、俺はもう二度と彼女に顔向けができなくなるだろう。
例えそこにどんな理由があるにしても。そして彼女もそんな俺の事を決して赦しはすまい。それこそ未来永劫、永遠に。

それは俺にとって、彼女と対等な立場に、友達になる資格を一生逃すことを意味する。彼女の性格からしても、まず間違いないだろう。
俺の知る彼女 ――― 雪ノ下雪乃とはそういう女なのだから。

そして、同じように彼女の性格を熟知しているがゆえに、俺と同様の結論に至っているであろう人物がもうひとり。

その女性は今、俺の目の前にいた。

593: 2013/09/18(水) 20:52:38.57 ID:c78n3P4/0

俺の頭の隅で警戒灯がチカチカと点灯する。

降って湧いたような幸運に身を委ねることさえできない俺の捻くれた性格に、自分自身で嫌気が差してくる。辟易したといってもいい。

だがしかし…

――― 誰もが憧れるような美女の恋人を演じたうえに、成り行きとはいえ、キスまでするだと?

もしここで材木座にこの状況の意味を尋ねたら、返ってくる返事は決まっている。

「それ、なんてエロゲ?」

どう考えても話が美味しすぎるだろ。MAXコーヒー並みに甘い。人生とはすべからく、もっと切なくて苦くて辛いものなのだ。特に俺にとっては必要以上に。だからなんでだよ?

594: 2013/09/18(水) 20:56:27.45 ID:c78n3P4/0

だったら冷静に現状を把握しろと研ぎ澄まされた第六感がささやく。或いはそれは俺のゴーストなのかもしれない。

いつものようにクールに。冷めた目で。人間心理の裏の裏まで読む。裏の裏は実は表なのだが、そこは敢えてスルー。

陽乃さんの唇は目の間に迫っている。甘い吐息が俺の頬をなぶる。ともすれば蕩けそうになる俺の脳味噌に無理やりカツを入れる。

時間がないのなら頭の回転を速くするしかない。考えろ。考えろ。考えろ。考えろ…艶々してて柔らかそうな唇だな…ってそうじゃないだろ、考えろ。

改めて今までの陽乃さんの言動の裏を読む。一見して、俺をその気にさせるような甘言の数々。思わせぶりな言い回し。意味ありげな視線。俺だって決して気がつかなかったワケじゃない。
逆に過敏に反応し過ぎていたくらいだ。特に下半身とか。

そしてその瞬間、人間心理(主に裏)のスペシャリストである俺は、ひとつの可能性につきあたる、



もしかして、陽乃さんにとって“俺”という存在は、妹の精神的な自立や成長を阻害する、邪魔者に過ぎないのではないだろうか…と。



595: 2013/09/18(水) 20:58:12.50 ID:c78n3P4/0

だとしたら―――

だとしたら、この機会に俺をたらしこんで自分に惚れさせ、そして完膚なまでにフるという筋書きの可能性は考えられないだろうか?

煩わしい求婚者と、妹についた悪い虫を同時に排除できるならまさに一石二鳥。

もし、俺を排除できないにしても、既成事実を造って、逆に雪ノ下の気持ちが俺から離れるようにしむければいいだけの話だ。


そう、だからこそ、この役は他でもない、この俺、比企谷八幡でなければならなかったのではないのだろうか―――。

596: 2013/09/18(水) 21:00:34.82 ID:c78n3P4/0

多角的に眺めても瑕疵はないこの理論の唯一無二の致命的の欠点といえば、他ならぬ俺が考えついた理論であるという点なのだが、それはこの際、脇へ置く。


しかしそれと同時に、僅かではあるが、別の可能性がないわけではない。

例えばそう、彼女が本気で俺に好意を持っているという可能性である。

俺はそのふたつの可能性、――― ひとつは可能性ともいえない可能性だが ――― を瞬時に秤にかける。

そして俺の灰色の脳細胞(腐ってるわけではない)が即座に回答を叩きだす。


結論 ――― 恐らくこれは陽乃さんによって巧妙に仕組まれたハニートラップである。


なぜなら、俺みたいな男が、こんな美女に好かれるわけがない。

雪ノ下に言われるまでもなく、真実とは常に残酷なものなのだから。


597: 2013/09/18(水) 21:03:39.05 ID:c78n3P4/0

八幡「すみません、俺にはやっぱり…」そっと彼女の肩を押しやる。

陽乃「…どうして…なの?」陽乃さんの俺を見つめる瞳が奥が一瞬だけ揺らぐ。

その目には俺の推理を根底から揺らがせるようなものさえ感じられた。

だが、罠をいう罠を全て踏みしだき、嘘という嘘に全て身を晒してきた俺は、そんな可能性さえも否定する。

そして、自分の心の動揺を押し隠すために、つい言わなくてもいいセリフすら口にしてしまう。




八幡「…もしかして、貴女は、俺を妹から遠ざけたいだけなんじゃないんですか?」




陽乃「…え?」

彼女が心底、意外そうな顔をした。


598: 2013/09/18(水) 21:07:44.92 ID:c78n3P4/0

もしかして俺は今、自分の勘違いで、彼女を傷つけてしまっただけなのかも知れない。

俺が傷つけてしまったのが、この女性の心なのか、プライドなのか、またはその両方なのかは定かではない。

だが、虚飾を全て剥ぎ取られたような寂し気な彼女の表情は、いつになく年相応に見えて、まるで、まるで妹そっくりだった。

陽乃「…比企谷君。お願い」

俺を見上げるその可愛らしい顔の破壊力たるや凄まじいものがある。俺の僅かな理性を痕跡も残らぬくらい跡形もなく砕け散らせるに十分なほどだ。

俺の心の中で天使と悪魔が葛藤する。

悪魔(別にいーじゃん、やっちゃえよ。役得、役得)

…なるほど一理ある。

天使(別にいーじゃん、やっちゃえよ。役得、役得)

…っておまえ天使だろ?!仕事しろよ?!

俺の躊躇いの間隙を突くかのように、陽乃さんの美しい顔がスッと近づいてきた。逃げようにも首に回された両手のせいで間合いが切れない。


岩清水「おおっ?!」御曹司が両手の拳を握って前に乗り出す。って、なにやってんだよ。


俺が観念しかけたその瞬間…


599: 2013/09/18(水) 21:10:04.35 ID:c78n3P4/0

バンッ


三度にわたり、隣席のテーブルから今度ばかりは凄まじいまでの音が響いてきた。

だがしかし、今の俺には…………って、さすがにそれは気になるだろ、おい?!


「ちょっと、待ちなさいっ!!」


陽乃&八幡&岩清水「…えっ?!」


俺は今度こそ、その声の主の正体に気がつき、愕然として振りむいた。

615: 2013/09/19(木) 00:07:58.54 ID:DT7yxsko0





八幡「…って、おまえ、ここでなにしてんの?」




青みがかった長い黒髪をお手製のシュシュで束ねたポニーテール。やや垂れ目がちの大きな目。左目の下に泣き黒子。

俺のクラスメートにして稀代のブラコン、小町の友達であるところの佐野厄除け大師みたいな名前のヤツの姉、それからえーと、えーと…

確か名前は、川…川…川村?川口?川越?とりあえず川なんとかサキ、略してカワサキだ。だいたいあってる、はず。多分。


616: 2013/09/19(木) 00:10:02.14 ID:DT7yxsko0

川崎「あんたこそ、こんなところで、その女と何しようとしてるわけ?」

鋭い目つきで俺を睨みつける。何怒ってんだよ、怖えな。思わず目を逸らしちゃうだろ。もし俺に尻尾があったら間違いなく巻いてるレベル。

八幡「…何ってアレだよ、ホラ、その、アレがアレしてナニだから…」逸れた目が今度は勢いよく宙を泳ぐ。まるでムーンウォーク。いやむしろムーンサルトするまである。

川崎「前のホテルでお世話になった先輩が、今はここで働いているっていうから、ちょっと挨拶がてら遊びにきたんだけど…」

八幡「そ、そうかよ。ぐ、偶然だな」

川崎「…そしたら、あ、あんたによく似た男が女連れで入ってきたから、つい気になって様子見てたんだけど、あ、べ、別に気になったわけじゃないけど…」///

八幡「…どっちなんだよ?」意味不明で俺が気になるだろ、逆に。

川崎「き、今日は、に、似合わないカッコしてるのね。に、似合ってるけど」///

八幡「…だからどっちなんだよ」

617: 2013/09/19(木) 00:12:29.13 ID:DT7yxsko0

陽乃「比企谷くん、どちら様なのかしら?」陽乃さんがニコニコしながら俺に尋ねた。なぜか背中に冷や汗が流れる。

八幡「あー…、クラスメートのカワサキ(予想)です」たぶん。

チラリとカワサキ(推定)を見ると、不服そうではあるものの、特に否定をしないので、恐らく名前は間違いないとみていいだろう。

川崎「と、とにかく、あんたはここでいったい何をしようとしてたわけ?そ、その、わ、私というものがありながらっ?」

八幡「…は?」

川崎「な、何よその態度…?」

八幡「…おまえ、何いっちゃってるわけ?頭どうしたの?」

川崎「な、なんで知ってるのよっ?ちょ、ちょっと切っただけなのに。よ、よく見てるのね。ありがとぅ…」///

八幡「いやいやいやいやいや、そうじゃねーなくてだな…」あたまの中がハッピーターンすぎんだろ。メイド・バイ亀○製菓かよ?

619: 2013/09/19(木) 00:15:28.38 ID:DT7yxsko0

川崎「え?だ、だって、あんた、あ、あたしのこと好きだっていったじゃないっ?!」

八幡「だから、は?」なにそれ初耳なんだけど。

川崎「…言ったでしょっ?!」ムッ

八幡「いつだよっ?!誰がそんな怖いこと…」


川崎「文化祭の時!教室で!あ、あたしに、その、あ、愛してるって…」ゴニョゴニョ


八幡「あー…」もしかしてそんなこともあったかもしれませんね。てへぺろ。

陽乃「ふーん…そうなんだー…へー…」

急に体感温度が2度ほどさがる。もしかして、いもうとのんでもいるのかとあたりを見回してしまうくらい。

残念、いませんでした。…って誰に言ってるんだよ?

621: 2013/09/19(木) 00:19:15.38 ID:DT7yxsko0

川崎「ほ、ほらみなさい!しかも、あ、あんた、わ、私の下着見たんでしょ?」ゴニョゴニョ

八幡「下着って…スケスケの黒のレース?」

川崎「そ、そうそう…って、透けてないしっ!!ばかじゃないのっ?!ばっかじゃないのっ?!」///

いや、それはあくまでも俺の希望でしたね。

川崎「だったら、あ、あんた、責任とりなさいよね」

八幡「責任?」

もしかしておまえと付き合えとか?いや、さすがにそれはないか。こいつ、筋金入りのブラコンだもんな。俺は徹頭徹尾シスコンだし。全く以てありえない系。

つか、そんなんでいちいち責任とってつきあわなきゃいけないんだったら、真っ先に材木座とつきあうことになっちゃうだろ?
まあ、あいつの場合は、さすがに下着とか見てないけど。いや頼まれても見たくねぇけどな。

622: 2013/09/19(木) 00:22:08.40 ID:DT7yxsko0

八幡「あー…、とりあえずサキサキ」

川崎「サキサキいうなっ!」///

八幡「事情は後で話す。機会があったら」たぶん一生ないと思うけど。

川崎「はぁ?」

八幡「ギャルソン(給仕)!」俺は映画のようにカッコつけて指をパチリと鳴らす。

給仕「はい、何か?」マジキタヨコレ。

八幡「こちらのレディがお帰りだ。丁重にお送りしてくれ」

給仕「畏まりました」

ものは試しとは思ったが、さすがに岩清水と雪ノ下のVIP効果は絶大らしい。虎の威をかる狐の気分だが、この場合は致し方あるまい。長引かせると色々めんどくさそうだし。

623: 2013/09/19(木) 00:24:54.02 ID:DT7yxsko0

川崎「え?や?ちょ?」

川崎の抵抗も空しく給仕にずるずると引きずられるようにして去ってゆく。


…あ、まぁ、一応、俺のピンチ救ってくれたわけだから、とりあえず礼くらい言っておくか。



八幡「じゃあな、サンキュー川崎!愛してるぜっ!」



川崎「や、ちょ、こ、こんな公衆の面前で!きゃああああああああああああああああああああああああ」///

遥か彼方から川崎の悲鳴のような声が長く尾を引いて響いていた。

八幡「やれやれ」なんなんだよ、いったい。



陽乃「…比企谷くん、あなた、絶対ロクな死に方しないと思うわよ?」

637: 2013/09/20(金) 09:48:03.87 ID:+0sX5OOZ0

岩清水「…い、今のはいったい?」

川崎の連れ去られた方向を茫然と見つめつつ、御曹司が誰にともなく呟いた。

陽乃「まったく、そうやって無自覚にフラグを乱立させないでくれるかしら…」

陽乃さんがこれ以上はないくらい冷たい目で俺を見ている。なるほど、雪ノ下のあの目は実は姉譲りだったんですね。納得。でも誰得なんだよそんな知識。

八幡「俺、生まれてこの方、フラグ立てた事なんて一度もありませんよ?」むしろ俺くらいになると立ててもいないフラグを自ら回収しちゃうレベル。

陽乃「あら、そうかしら?でも今私との間にはちゃんとフラグが立ってるでしょ」

そういって陽乃さんは再び俺の首に両手を絡めた。

あー、確かに今、俺の頭上にフラグが屹立したのを感じましたよ?特大の死亡フラグというヤツが。

実は俺、コレがすべて終わったら、今度こそ戸塚にプロポーズするつもりなんだ…って自分で後押ししてどうすんだよ。

638: 2013/09/20(金) 09:49:39.16 ID:+0sX5OOZ0

予期せぬ川崎の乱入のおかげで、一時的なピンチは回避したとはいえ、実のところ事態は1ミリも進展していない。いや、むしろ後退してるだろ、これ。

また俺のモノローグとかムリヤリ入れちゃう?

例えば、そうだな。俺がまだ、ぼっちじゃなかった頃の話をしてみようか…って、考えるまでもなく、俺の17年間の歴史の中で、ぼっちじゃなかった時代なんて、どこ探しても見当たらないんですけどね。モノローグ強制終了。

陽乃「さ、比企谷くん、邪魔者も消えたことだし、改めてさっきの続きをしましょうか?」

八幡「え?や、ちょ、ちょっと…陽乃さん?」

陽乃「大丈夫、痛いのは最初だけよ」

八幡「…痛いのかよ」

639: 2013/09/20(金) 09:50:25.72 ID:+0sX5OOZ0




「お、お待ちなさいっ!」




640: 2013/09/20(金) 09:51:22.54 ID:+0sX5OOZ0

八幡&陽乃&岩清水「えっ!」



…って、この場面、もうさっき済んだろ。なんか話がループしてね?あと何回やったら夏休み終わんだよ?


641: 2013/09/20(金) 09:53:13.70 ID:+0sX5OOZ0

振り向くと、そこには、なぜか息急き切って、それこそ息も絶え絶えの状態の雪ノ下が立っていた。

雪乃「…」ハァッ ハァッ ハァッ ハァッ


八幡「…!」

陽乃「…!」」

岩清水「…?」



八幡「…雪ノ下」

雪乃「な…なにかしら?」ハァッ ハァッ ハァッ ハァッ



八幡「…とりあえず、椅子に掛けて少し休んだ方がいいんじゃねぇのか?」

相変わらず体力なさ過ぎだろ、おまえ。

642: 2013/09/20(金) 10:00:07.69 ID:+0sX5OOZ0

どうやら雪ノ下は、とるものもとりあえず、急いでここまで駆け付けて来た様子だった。
 
八幡「いったいどこから走ってきたんだよ?…って、まさかお前、ここに来るまでの間に、また道に迷ってたりしてたんじゃねぇだろうな?」 

雪乃「…」///

雪ノ下が黙って目を逸らしたところを見ると、どうやら正解だったらしい。
こいつ絶対に今、JRの千葉駅とか行かない方がいいな。

とりあえず服装も着の身着のままでやってきたらしいが、こうして普段着で高級レストランにいても、違和感がない。
むしろその美しさは際立っているとさえ言えた。美人ってのはそれだけでドレスコードをも凌駕するらしい。

その証拠に、岩清水も突然現れた彼女に対して何も言えずにただ茫然と固まっていた。

643: 2013/09/20(金) 10:02:20.99 ID:+0sX5OOZ0

最初に口火を切ったのはあねのんだった。

陽乃「雪乃ちゃん、邪魔はしないでって言って置いたはずだけど?」

雪乃「ね、姉さんだって私たちに嘘をついていたわけだから、その時点で約束そのものが反故になっていいはずよ?」

陽乃「嘘?いったいなんのことかしら?」

雪乃「お話はお父さんから全て伺ったわ。もう言い逃れはできないわよ?」

陽乃「あら、私は言い逃れなんてするつもりはないわよ」

雪乃「姉さん個人のことならともかく、雪ノ下家の問題に無関係な比企谷くんを巻き込むなんてどうかしてるわ」

陽乃「無関係とはいえないでしょ?それに、私は今回の件で一度も嘘なんてついてないし」 

644: 2013/09/20(金) 10:04:50.55 ID:+0sX5OOZ0

まぁ、確かに嘘はついていないよな。真実の部分を巧妙に隠していたけど。

しかし、女ってのはなぜこう嘘がうまいんだろうな。嘘をつかずに男を騙すのとか超得意だし。

特に窮地に陥った時の女のウソ泣きなんて、あれ、もう犯罪レベルじゃね?
なんで悪くもない俺の方が逆に犯罪者扱いされてクラス中から糾弾までされちゃうわけ?それなんか違うくない?…って俺の負の経験値とかはこの際どうでもいい。

つか、だからキミたち骨肉の争いは家に帰ってからやれよ。このままだとそれこそ骨が砕け、肉が飛び散っちゃうことになりそうだろ、俺の。

645: 2013/09/20(金) 10:05:47.30 ID:+0sX5OOZ0



雪乃「そう…。あくまでも白を切り通すつもりなのね…。だったら、私は全てをお話するまでよ…岩清水さんに」



646: 2013/09/20(金) 10:08:00.67 ID:+0sX5OOZ0


雪乃「…って、え?」


御曹司に向き直った雪ノ下が、戸惑いの表情を浮かべる。

雪乃「あ、あなたは、ざ、ざ、ざ…」

そして、なぜか俺を救いを求めるかのような眼差しで見た。


八幡「…………材木座、な」ボソッ


雪乃「…ご、ごめんなさい。ありがとう」///


改めて呼吸を整え、仕切りなおすことにしたようだ。


スゥ…


雪乃「…あ、あなたは財津くんっ?!」

岩清水「ほへ?」



647: 2013/09/20(金) 10:11:22.78 ID:+0sX5OOZ0

八幡「…だから、材木座だって言ってんだろっ?!いい加減名前くらい覚えてやれよっ!」いや、ホントは違うんだけどね。

雪乃「お、覚えてるわよっ。ちょっと忘れただけじゃない」

八幡「…間違ったんじゃなくて、忘れたのかよ…」って、だから忘れんの早すぎだろ。

雪乃「ざ、材木材?」

八幡「材・木・座」

雪乃「廃材?」

八幡「ざ・い・も・く・ざ」

雪乃「産廃?」

八幡「………だいたいあってる」つかおまえそれ、途中からわざとやってるだろ?

雪乃「コホン、なぜこんなところに材木座くんがいるのかしら?冗談は、その耐えられないほど軽い存在価値だけにしていただける?」

八幡「っておまえ、いくらなんでも存在ごと根こそぎ否定すんなよ」フツウは、せいぜい顔だろ?それでも十分過ぎるくらい酷い。もちろん材木座の顔の話だ。

648: 2013/09/20(金) 10:12:52.79 ID:+0sX5OOZ0

岩清水「え?あ?お?」


事情がわからず、御曹司が右往左往してる。その顔からは戸惑いが隠せない。まあ、気持ちはわかる。雪ノ下の。

八幡「あー…、雪ノ下、そちらは材木座じゃなくて、岩清水…さん…だ。よく似てるけど別人…らしいぜ?」

雪乃「え?」

信じられないといった表情で姉の顔を伺う雪ノ下に対し、陽乃さんは軽く肩をすくめて答えた。

陽乃「そう。こちらの方が岩清水静夫さんよ」

雪乃「姉さん、いくらなんでもそれは岩清水さんに対して失礼じゃないからしら?彼はこんな比企谷くんのお友達みたいな顔はしていないはずよ?」

八幡「うんうん、確かに非常に失礼だよな。おまえのその発言が。特に俺に対して」

649: 2013/09/20(金) 10:16:31.02 ID:+0sX5OOZ0

陽乃「申し訳ありません、岩清水さん。妹の雪乃です」あねのんが、いもうとのんを御曹司に紹介する。

岩清水「え?雪乃さん…?陽乃さんの妹君にあらせられる?」

雪乃「た、大変礼しました。姉がいつもお世話になっています」戸惑いつつも、礼儀正しく頭を下げる。だが、その目はまだ半信半疑のままだ。

岩清水「こ、これはこれは、やはり姉妹ですな。よく似てらっしゃる。なるほど、妹さんの方も、陽乃さんに負けず劣らずお美しい」

御曹司が感に堪えないように歯の浮いたセリフを口にしながら、姉と妹を交互に見比べる。

650: 2013/09/20(金) 10:18:15.54 ID:+0sX5OOZ0

八幡「ところで、なんでおまえがここにいんだよ?」当然の疑問だ。

雪乃「え?そ、それは…その…気になったからに決まってるじゃない…」なぜか急に雪ノ下の顔が真っ赤に染まる。

八幡「え?もしかして…」

雪乃「そ、そうよ、あ、あなたのことが、気に…」/// ボソボソ

八幡「そんなにねーちゃんのことが気になってたのかよ?」おまえ、やっぱりツンデレのシスコンだったわけ?

雪乃「……………入らないからよ」

突然現れといて、なに怒ってんだよ、こいつ?

651: 2013/09/20(金) 10:22:03.60 ID:+0sX5OOZ0


岩清水「ふむ、よし決めた!」


場の空気を全く読んでいない御曹司が、何を思ったのか、胸の前でポンと手を打つ。

岩清水「陽乃さんが比企谷くんと婚約しているなら仕方ない。残念だがこの際、陽乃さんの事はすっぱりと諦めることにしよう」

八幡&陽乃&雪乃「…え?」

予想外の急展開に唖然とする。もしかしてこれで一件落着とか?なんでまた急に?まぁそれはどうでもいい話だけど…




岩清水「…うん。そして、ここで改めて僕は、雪乃さんに求婚することにしよう」



657: 2013/09/20(金) 23:33:43.63 ID:+0sX5OOZ0

雪乃「え?」


八幡「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ?」


さすがにそれは俺の想像の斜め上を行っていた。

八幡「ま、マジッスか?」冷や汗がダラダラと流れる。

岩清水「僕はすこぶる真面目だよ?」

いやいやいや、そんな材木座みたいな顔で真面目とかいわれても反応に困るんだけど。

658: 2013/09/20(金) 23:35:02.91 ID:+0sX5OOZ0

八幡「い、命とか惜しくないんですか?!」

雪乃「比企谷くん、それ、どういう意味なのかしら?」ニッコリ

スイマセン、俺は自分の命が超惜しいので、今の発言は撤回します。

しかし、雪ノ下の見てくれに騙されてるんだとしたら、それこそ酷い目にあわされるぜ?…俺みたいに。

だが、それ以前に、今は俺が最も気にしなくてはならないことが他にある。そう、こればかりは決して譲れない大切なものが。

八幡「お、おい、ちょっと待てよ。俺は絶っ対に認めないからなっ」キッパリと断言する。

雪乃「ひ、比企谷くん?!」///

659: 2013/09/20(金) 23:35:46.77 ID:+0sX5OOZ0

岩清水「ほう、それはなぜかね?」

八幡「材木座の顔した兄弟なんて、例え義理だとしても絶対御免だ!断固として拒否する!」

陽乃「…って、そっちなのね?」

660: 2013/09/20(金) 23:37:40.46 ID:+0sX5OOZ0

岩清水「おやおや、でもキミは陽乃さんの婚約者なのだから、私が雪乃さんにプロポーズしても関係ないだろう?」

八幡「関係はなくても問題大ありだろそれ。だいたい、なんでいきなりそうなるんだよ?」

岩清水「これはもともと雪ノ下家と岩清水家の縁談話なのだから、僕としては相手が陽乃さんでも雪乃さんでも一向に構わないのだよ」

理屈でいえば確かにそうかもしれない。だがやはり釈然としないものがある…

661: 2013/09/20(金) 23:39:38.61 ID:+0sX5OOZ0

もしかして、陽乃さんはこうなる可能性を危惧して、身を挺して妹を庇っていたのではないだろうか?

その可能性に思い当った時、俺は愕然として彼女の顔を見た。一見無表情を貫いているようだが、一瞬だけ俺に向けた目にはチラリと批難の色が見て取れた。

―― だから、あれほど早くしろと言ったのに、と。

事態の早期解決を望んで無難な俺をパートナーに選んだにも関わらず、その俺がグズグズしていたばかりに、全てぶち壊してしまったのかもしれない。

そしてそれが結果として雪ノ下を窮地に追い込んでしまったようだ。岩清水にとっては、彼女はまさに跳んで火に入る夏の虫なのだから。

662: 2013/09/20(金) 23:41:14.78 ID:+0sX5OOZ0

岩清水「…それとも、キミはもしかして、雪乃さんまで自分のモノだと言い張るつもりなのかね?」

八幡「いや、そういうわけじゃないですけど…」どちらかと俺の方が持ち物扱いされてますけどね。飼い犬とか言われてるし。

岩清水「さあさあ、二兎を追うもの一兎も得ずという諺もある。この際だ、ここでハッキリしたらどうなのかね?」

八幡「え?ハッキリって、いったい何を…ですか?」

岩清水「君は、陽乃さんと雪乃さんのどちらを選ぶのか、ということだよ」

八幡「はぁ?!」

御曹司が面白そうに俺を見ている。どうやら余裕が出てきたので、俺を嬲ることに決めたようだ。材木座顔、赦すまじ。
しかし、ちょっと待てよ。どうせならここで戸塚を選ぶって選択肢は認められないのかよ?あるいは小町とか。

岩清水「だから、キミは“ふたりの女性”のうち、いったいどちらを選ぶんだね?」

八幡「…っ!」

663: 2013/09/20(金) 23:43:14.95 ID:+0sX5OOZ0

ふたりの女性のうち、どちらを選ぶのか ―― 岩清水の言葉はなぜか全く違う意味で俺の気持ちを波立たせるものがあった。

ふたりの女性 ―― そのうちのひとりは今、俺の目の前で窮地に立たされ、そしてもうひとりは、今、ここではないどこかにいる。


いつまでも小春日和の微睡みに垣間見る夢のような状態が続くはずはない。そんなことは誰よりも俺が一番よくわかっているはずだ。

しかし、だからといって、変化することが仕方ないなんて言うのは嘘だ。変化することを諾々と受け入れるてしまった人間の詭弁である。

変わることが、変わってしまうことが常に正しい事だなんて誰にも言えないはずだ。

ただの感傷なのかもしれない。単なる悪あがきなのかもしれない。それでも、時を経ても変わらないものだってあるし、誰にだって変わって欲しくないものだってある。

だからこそ、変わらないことを願う気持ちもまた、決して間違いではないはずだ。

664: 2013/09/20(金) 23:46:00.16 ID:+0sX5OOZ0

陽乃「…そうね。でも、この際だから比企谷くんもハッキリしておいた方がいいんじゃないかしら?」

比企谷「え?」

俺は、陽乃さんの岩清水に同調するかのような言葉に面食らう。なぜ今このタイミングでそんな事を…?

陽乃「あなたはこの先、いったい“誰”を選ぶつもりなのかしら?」

だがしかし、彼女の冷静な指摘は、改めて俺の気持ちを酷く掻き乱していた。

665: 2013/09/20(金) 23:50:12.04 ID:+0sX5OOZ0



雪乃「………本当にバカな男ね。今はまだ、その時ではないのでしょう?」



俺の心の動揺を全て見透かしたように、雪ノ下の澄んだ声が響く。

その目はまっすぐ俺の目をみつめていた。一点の曇りもなく。それこそまるで透明な湖のように。

陽乃「雪乃ちゃん、あなたお呼びでないわよ。それに、あなただって比企谷くんからその答えを聞きたいはずよ?」

雪乃「そうはいかないわ。これは私たちだけの問題よ。姉さんこそお呼びじゃないわ。引っ込んでてちょうだい」ピシリと言い返す。

だが、例えさすがの雪ノ下といえども、この場ではさすがに打つ手がない。完全な手詰まり状態だ。それは彼女もわかっているのだろう、虚勢は張っていてもその表情にいつもの冴えはなかった。

666: 2013/09/20(金) 23:51:06.45 ID:+0sX5OOZ0

陽乃「あらそうかしら。でも、残念ね雪乃ちゃん」

雪乃「え?」

陽乃「今、この時点では、比企谷くんは、雪乃ちゃんでも由比ヶ浜ちゃんでもなく、この私のものよ」

そう言って、唐突に、なんの前触れもなく、そして全く躊躇うこともなく、ふたりの目の前で俺の唇に自分の唇をそっと重ねた。

671: 2013/09/21(土) 20:29:24.58 ID:3ijMDGDI0


八幡「!!!!!」



え?これもしかして俺のファースト・キスなの?記念すべきファースト・キスって、こんなんでいいわけ?なんか想像してたのと違うんじゃね?(俺的に)

なに?もっと、こう、なんつーの?嬉し恥ずかし、みたいな、あるいはリア充バクハツしろいやむしろ砕け散れキサマ的なものであって、少なくとも、こういう不意打ちというか闇打ちというか騙打ち的な何か、ではないような気がする。(俺的に)


672: 2013/09/21(土) 20:31:23.22 ID:3ijMDGDI0

永遠ともいえる数瞬が過ぎ去ると、陽乃さんがやっと顔を離した。その頬は心なしか赤く染まっている。

陽乃「ふふっ。実は私も初めてなんだ」俺の心臓を鷲掴みにするような笑顔でそっと囁く。

さすがの俺もそこで“何回目のファースト・キスですか?”とはとても聞けない。怖いし。

673: 2013/09/21(土) 20:33:34.14 ID:3ijMDGDI0

雪乃「ね、姉さん、な、なんてことを…!」

雪ノ下の顔は怒りに青ざめ、声は震えていた。

俺は思わず我に返る。

陽乃「あら、何かしら?雪乃ちゃんには関係ないんでしょ?だって比企谷くんはあなたにとって、ただの三下なんですもの」

…だから部員だってばさってばさ。

岩清水「…ずるい」

御曹司がうらやましそうに指を咥えて俺の顔を見ている。さっき自分でけしかけといて何いってやがんだよ、コイツ。

674: 2013/09/21(土) 20:35:50.39 ID:3ijMDGDI0

八幡「陽乃さん!それから雪ノ下も!ちょっと、くちづけっ!…じゃなかった、もちつけっ!」

いやいやいや落ち着く必要があるのはむしろ俺の方でしょ?

陽乃「ほーら御覧なさい。この期に及んですら、あなたは比企谷くんから名前ですら呼んでもらえない」

陽乃さんが勝ち誇ったような笑みを浮かべる。

陽乃「…やっぱりあなたの負けね、雪乃ちゃん」ニッコリ

だからなんでそうやって妹を挑発するかな、この人は。そういう言い方が、一番雪ノ下の神経を逆撫でするんだってば…

675: 2013/09/21(土) 20:36:45.54 ID:3ijMDGDI0



カチリッ



676: 2013/09/21(土) 20:37:29.70 ID:3ijMDGDI0



ん?今なんか幻聴が聞こえたような…?



677: 2013/09/21(土) 20:38:22.83 ID:3ijMDGDI0



雪乃「…負けですって?…この私が?」雪ノ下の瞳孔がすっと窄まり、その瞳から光彩が消える。

あ、やっべー…、今、絶っ対、なんか変なスイッチ入っちまったよ…

678: 2013/09/21(土) 20:43:41.73 ID:3ijMDGDI0

雪乃「…あまり私を見縊らないでもらいたいものね」

雪ノ下はそう言って、ゆっくり俺に歩み寄る。口元には氷の笑みを浮かべたその顔は鬼気迫るほど美しかった。

雪乃「姉さん」

陽乃「何かしら?」

雪乃「…確かに今はまだ、全ての面において私は姉さんの足元にも及ばないかもしれない…いえ、きっとそうなのでしょう。それは認めるわ」

あの雪ノ下があっさりと負けを認める。つまり陽乃さんとは、雪ノ下にとってそこまでの存在なのだろう。

しかし、姉に話しかけつつも、彼女はまっすぐ俺に据えた目を決して逸らさない。

そして俺といえばそんな雪ノ下に魅入られたかのように身動きすらできないでいた。

679: 2013/09/21(土) 20:47:53.84 ID:3ijMDGDI0

気がつくといつの間にか店内全体が静寂に包まれている。

今更ながら決然とした表情の雪ノ下は神々しいまでに美しく光輝いている。嘘をつくことで俗世の垢に塗れることをしないその魂の潔癖さが、更にその美しさを際立たせているのだろう。

雪乃「姉さんのいう通り、私はこの男の好意に対して、甘えることも、頼ることも、そして、この身を委ねることも決して不快だとは思っていない」

そして頬を赤らめてうつむく。おまえ今、何言った?

雪乃「…むしろそれを望んているといってもいいわ」

だから何言っちゃってるんだよ、おまえ?!

雪乃「…だけれど」

680: 2013/09/21(土) 20:50:18.18 ID:3ijMDGDI0

雪乃「だけれど、私は、いつかきっと姉さんを超えてみせるわ。私なりのやり方で」

一瞬だけ姉に目をやり、再び俺へと視線を戻す。


雪乃「…そして、この男に…比企谷くんに、私のことを名前で呼ばせてみせる」


そう言って、雪ノ下は俺のネクタイをひっつかむと、乱暴なまでに荒々しく引き寄せ、形の良い自分の唇を俺の唇へと無理やり押し付けた。

あたかも大切な何かを、強引に奪い去るかのように。






…おい、だからこんなんでいいのかよ、キスって?俺もよく知らないけど。

681: 2013/09/21(土) 20:52:16.00 ID:3ijMDGDI0


雪乃「…上書き完了、ね」///



682: 2013/09/21(土) 20:53:59.49 ID:3ijMDGDI0

そっと呟きながら雪ノ下の顔が俺の顔から離れてゆく。別れを惜しむかのように少しだけ引かれた糸を恥ずかしそうにチロリと舐めとった。



陽乃「…ふーん。雪乃ちゃん、この間の文化祭の時もそう思ったけど、やっぱりあなた、なかなか言うようになったものね」

雪乃「姉さんに鍛えられたお陰よ。感謝しているわ。…それから、この男にも、ね」そういいながら、そっと目を伏せる。

陽乃「いいわ。その挑戦、受けてあげる」そう宣言する彼女の目は、既に庇護すべき妹ではなく、一人の好敵手を見る目へと変わっていた。

それが姉妹の本来あるべき姿なのかどうかは俺にはわからない。ただ、雪ノ下はこの時初めて姉と同じ土俵に立ったのだと思う。

決して仲睦まじいとか、微笑ましいといえる状況ではないのだが、俺はつい微笑まずにはいられなかった。

…それはもしかして、苦笑だったのかもしれない。

683: 2013/09/21(土) 20:55:11.37 ID:3ijMDGDI0

そして、雪ノ下がここまで意を決して自分の役割を演じるなら、俺もまたそれなりに与えられた役を演じ切る責任があるだろう。

例えそれが単なる道化役であるにしても、及ばずながら手を貸すとしよう。

こいつが、くだらないことで引け目を感じたりしないように。

684: 2013/09/21(土) 20:55:49.65 ID:3ijMDGDI0



八幡「…おい、雪乃」




685: 2013/09/21(土) 20:57:43.54 ID:3ijMDGDI0


雪乃&陽乃「!」


初めて名前で呼ぶと、雪ノ下が目をパチクリさせて俺を見た。その頬が更に赤く染まる。

雪乃「…き、急に名前で呼んだりしないでくれるかしら?」///

八幡「んだよ、名前で呼べっつったのおまえだろ?」呼ぶ方だって充分に恥ずかしいんだぜ、これ?

日頃から三浦を名前で呼び捨てにしている葉山って、ある意味スゲェよな。もしかしてリア充って鉄の心臓なの?

雪乃「そ、それはそうなのだけれど、何もこのタイミングで…。わ、私にも、こ、心の準備というものが…」///

八幡「おまえって、さ、本当に、負けず嫌いなのな…」

雪乃「そ、そうかしら?そんなことはないと思うのだけれど」/// ゴニョゴニョ

いやいやいや、いくらなんでも姉への対抗心だけでフツウはここまでしねぇって。

八幡「…でも、おまえのそういう所、俺は決して嫌いじゃないぜ?」

雪乃「なっ?!」///

本当はむしろ好ましいとさえ思えるのだが、敢えてそれは口にしない。なぜならば、俺とは、比企谷八幡とはそういう男なのだから。

686: 2013/09/21(土) 21:01:15.20 ID:3ijMDGDI0

雪乃「コホン…比企谷くん、私のことが好きなら好きとはっきり言ってくれていいのよ?あなたの告白は回りくどくて、とてもわかりづらいわ。よくそれで国語学年三位をキープできるものね?」

八幡「ば、ばっかおまえ、何言っちゃってんだよ。誰がおまえみたいに性格の悪い女なんかに惚れたりするかっつーのっ!」つか、ここでダメ出しとかするか?フツウ?

雪乃「あら、違ったのかしら。私はてっきり…」

八幡「それに、告白だってことがちゃんと伝わってんなら日本語としての機能は十分果たしてんだろっ」ボソッ

雪乃「えっ?!そ、それって…?」///

八幡「や、例えばの話しだよっ」///

英語でいいなおせとか言われてもムリだからな。俺、そんな高度な言語スキルねぃし。いやそれ以前に2度と言えるかっつーの。


687: 2013/09/21(土) 21:03:33.30 ID:3ijMDGDI0


陽乃「イチャイチャしているところを邪魔して申し訳ないんだけど?」



688: 2013/09/21(土) 21:05:20.17 ID:3ijMDGDI0

雪乃「だ、だから、だ、だれも…」///

八幡「してないっつーの」///



岩清水「…してるし」ボソッ



陽乃「岩清水さん、これで、貴方の雪乃ちゃんへの求婚もなし、ということでいいのかしら?」

岩清水「はぽん?」

って、おまえ実はマジで材木座じゃねーの?

陽乃「だってさっきお約束しましたよね?」

八幡「あー…!」俺は彼女の言わんとすることにやっと気がついた。

雪乃「え?」雪ノ下がよくわからないといった顔で俺を見ている。

岩清水「や、約束?」そして、まるでイミフといった顔をした男がもうひとり。

御曹司が、材木座のような…じゃなかった、狐につままれたような顔で陽乃さんの顔を見ている。

689: 2013/09/21(土) 21:07:35.83 ID:3ijMDGDI0

陽乃「あら、だって“岩清水さんの前で比企谷くんとキスをしたら、結婚の話は無条件で諦める”のではなかったのかしら?」

雪乃「え?そ、そんな約束をしていたの?」

八幡「…みてーだな」

岩清水「え?!い、いやだからそれは…陽乃さんとの約束であって…」

陽乃「しかも“男に二言はない”んですよね。さすが岩清水家の御曹司だけあって、太っ腹ですこと。ステキ」

八幡「…さすがですね」…貴女こそ。

690: 2013/09/21(土) 21:15:33.30 ID:3ijMDGDI0

岩清水「え?や?ちょ?だからそれはですね…」御曹司が汗だくで必死に言い訳を考えているのが手にとるようにわかった。

雪乃「まさか、岩清水家の御曹司ともあろう方が約束を違えるようなことはなさいませんよね?」

完全に状況を把握した雪ノ下がニッコリと笑みを浮かべながら冷静にトドメをさす。

これで完全に詰み、だな。

岩清水「…む、むほん。も、勿論、と当然ですとも…」

御曹司が遂に観念したらしく、涙目になって呟いた。

691: 2013/09/21(土) 21:19:26.89 ID:3ijMDGDI0

……………しかし、陽乃さんてば、相変わらず見事な策士っぷりですね。

俺が畏敬の念をもって、改めてその美しい顔を見やると、彼女はそれに気がついたのか、悪戯っぽく、可愛らしく、それこそ天使のような笑顔で、パチリと片目をつむって返した。


――― あ…もしかして…これも全部、陽乃さんの計算のうちだったとか…?!


やれやれ、どうやら俺たちはまた陽乃さんの掌の上でずっと踊らされていたらしい…。

この人、世が世なら万の軍勢を縦横無尽に操っていたかもしれないな。なにそれどこの海の知将だよ?

そうとも知らずにひとりで勘違いして慌てふためいていた俺ってば、超恥ずかしい。顔から火が出そう。消火器どこだよ。

こんなことくらいで取り乱すなんて、俺もまだまだ修行が足りないみたいだな。この分では、ぼっちの道を極めるのは当分先のようである。


692: 2013/09/21(土) 21:21:12.68 ID:3ijMDGDI0

岩清水「…やれやれ、どうやら僕はフラれてしまったようですね」

俺の前に座った御曹司が、面白くもなさそうに、ボソリと呟くのが聞こえた。

そして、

693: 2013/09/21(土) 21:22:23.38 ID:3ijMDGDI0

「あーあ、私も…かな…」

小さく追随したその声は、誰の耳にも届くことなく宙へと消え去った。

701: 2013/09/21(土) 23:17:54.84 ID:3ijMDGDI0

幕間劇 ~やはりこの兄妹は残念過ぎる~


陽乃「でも、残念だったわねー、雪乃ちゃん。比企谷くんの、ファースト・キスをお姉ちゃんに奪われて」

雪乃「あら、必要ならこの先何度でも上書きしてあげるわよ?」

八幡「え?」///

雪乃「た、例えばの話よ」///

陽乃「あらあら、ふたりとも照れちゃって。かわいいなー」



八幡「あのー…」




陽乃「ん?どうしたの、比企谷くん?」

八幡「あー…実はその件なんだけど」

陽乃&雪乃「え?」

八幡「…よく考えてみたら俺のファースト・キスの相手って」

陽乃&雪乃「?」

八幡「小町だったわ…」



陽乃&雪乃「…は?」

702: 2013/09/21(土) 23:19:16.79 ID:3ijMDGDI0

「あ、お兄ちゃん、今度のお休み、買い物つきあってくんないかなー?」

「やだよ。俺、超忙しいし。ヒマつぶすのに」

「ふーん、そっかー。それは残念だねー、そういえば小町、最近よく街でナンパとかされるんだけどなー…」チラッ

「…ちっ、わーったよ」

「わーい、お兄ちゃん大好きっ、小町ポイントの還元で漏れなくお兄ちゃんのほっぺにチューしてあげちゃうっ!」

「ヤメロ、いらんっ。わかったから、暑いし、ひっつくな…って、うわっ」「ひゃっ」ガタガタガタ

 

 むにゅ



「?!」///

「!?」///

「あわわわわわわわわわ。ま、ま、いっか。よくあることだし。き、兄妹だもんね?」///

「いやいやいやいや、兄妹だからこそまじーんじゃねーのか、これ?」///

703: 2013/09/21(土) 23:20:31.66 ID:3ijMDGDI0

八幡「…と、まぁ、そういうことがあってだな…」
















陽乃&雪乃「……………………シスコン」ボソッ

712: 2013/09/22(日) 20:55:46.89 ID:1Xo07zbH0

妹は正義。異論は認めない。

やはり俺に妹がいないのはまちがっている。


713: 2013/09/22(日) 21:02:28.37 ID:1Xo07zbH0

冗長常套上等!

=== 岩清水静夫の災難 ===


結局、岩清水の勧めで雪ノ下も合流し4人で会食を終えた後、ホテルの外に出ると既に夕刻にさしかかる時刻だった。

腹を割って話すと、岩清水…さんは資産家の御曹子とも思えない人柄と気やすさで、俺は少しばかり後悔と罪悪感を感じていた。

岩清水「比企谷くん、これから修羅場だよ~」うりうりと肘で俺の脇腹を小突く。う、うぜえ。前言撤回。こいつに感じる罪悪感は、ねえっ!



「あ、お兄ちゃん?!」



聞きなれた声に思わず振り向くと、通りの向こうから手を振りながら小町が走り寄ってくる。

714: 2013/09/22(日) 21:05:38.02 ID:1Xo07zbH0

八幡「小町?!なんでここにいんだよ?」

小町「心配だから迎えに来たんだよ?あ、陽乃さん、雪乃さん、やっはろーです。兄がいつもお世話になってます」如才なく挨拶する。

いつの間にか由比ヶ浜のあいさつがじわじわと浸透しているようだな。日本語の乱れとか大丈夫なのかよ?いや、そもそも日本語じゃねえし。

雪乃「あ、あら、小町ちゃん、こんにちは」///

なぜか雪ノ下がうろたえている。

陽乃「小町ちゃん、やっはろー。ううん、相変わらず可愛いわね。持ち帰りたいくなるくらい。ね、小町ちゃんも私の妹にならない?」

小町「そうですねー。もちろん喜んで妹にならせてもらいますよ?手間のかかる兄ですがよろしくしちゃってください」

陽乃「…だって、さ。雪乃ちゃん?」

雪乃「ん、んっ!」///

八幡「あー…、残念ながらうちの小町にはポイント・サービスはあってもテイクアウトまではしてないんでな…」

なに不穏な裏取引とかしてんだよ。

つか、小町…雪ノ下…ん…?

俺が小町と雪ノ下の顔を交互に見ていると、雪ノ下がついと視線を逸らした…ってまさかコイツら…?

715: 2013/09/22(日) 21:06:52.00 ID:1Xo07zbH0

小町「おや?今日は中二さんも一緒だったんですか?…プッ、なんですかそのカッコ。全然似合ってませんよ?」

おっと、小町のヤツ、岩清水さんと材木座を勘違いしてやがるな。ま、誰が見てもそっくりだし、仕方ないか。

八幡「あーコイツは…いや、この人は…」俺は小町を前に硬直した様子の岩清水を示して紹介しかける。

岩清水「ひ、比企谷くん!こ、こちらのお嬢さんは、い、いったい?」

八幡「あー…、妹の小町です…ってまさか、おいっ?」

御曹司は俺を無視して小町に駆け寄ると、迷わずその手を取った。

岩清水「小町さん、僕と、け、結婚してくださいっ!」


陽乃&雪乃&八幡&小町「はあっ?!」

716: 2013/09/22(日) 21:09:26.69 ID:1Xo07zbH0

………こ、こいつというヤツは。節足動物並みに節操なさすぎだろ。


小町「へ?なになになになになに?中二さん、どうしちゃったの?」小町がテンパッって岩清水と俺の顔を交互に見る。

八幡「おい、コラッ、テメェ俺の妹にナニしてくれてんだ?!」

ドスッ

岩清水「ほげらっ」

俺が背中を思い切り蹴りつけた拍子に、御曹司は勢いあまってゴロゴロ転がり、三回転半して壁にぶつかってからやっと止まった。

八幡「いいかよく聞け!小町は俺のもんだ!絶対誰にもやらんっ!」俺は世間体とかを全く気にすることもなく、大声で吠えた。世界の中心で声を大にして愛を叫ぶ。妹に対する。

雪乃「…相変わらず一貫したシスコンっぷりなのね」雪ノ下がため息をつく。

陽乃「あらあら、ライバルは意外なところにもいたのね」陽乃さんは面白がっているようだ。

小町「あわわ、お兄ちゃんたら、もうみんなの前でそんなにハッキリと…でもそれ小町的にはアリっていうかぁ、あ、今の小町的にポイント高いかも」/// モジモジ

小町は小町で顔を真っ赤にしながらテレテレしている。

雪乃「…やっぱり兄妹ね。変なところでよく似ているわ。いえむしろ、変なところがよく似ている、というべきかしら」雪ノ下が呆れたように再度深いため息をついた。

717: 2013/09/22(日) 21:12:47.72 ID:1Xo07zbH0

岩清水「お、お義兄さん、そんなつれないこと言わないで…」

八幡「うるせえよっ!誰がお義兄さんだっ?気持ち悪い呼び方すんじゃねぇっ!兄上とか兄者も却下だからなっ?!」

材木座の例もあるので先手を打っておく。あとブラザーとかも禁止な、黒人みたくなっちゃいそうだから。

岩清水「こ、小町さん、私と結婚すれば、一生お金に不自由させませんよ?!」俺の言葉に耳を貸さず、片膝立ちになって必死にアプローチする。

小町「あー、えーっと…ごめんなさい。それ小町的にというより、生理的にムリっていうかぁ…お友達もちょっと遠慮したいかなって…傍にいるだけで暑苦しいし…」

岩清水「ぐほぉっ」

あ、血を吐いて倒れた。我が妹ながら情け容赦ないヤツだな…。

面倒くさいので地面でピクピクと断末魔の痙攣を起こす岩清水をそのまま放置する。

今度こそ本当に終わりだろう。その場にいた誰もがそう確信した。

しかし…

718: 2013/09/22(日) 21:13:29.70 ID:1Xo07zbH0


「ややっ?!それなるは、もしかして八幡ではないかっ?!これは奇遇!」



720: 2013/09/22(日) 21:15:38.08 ID:1Xo07zbH0


…だーかーらー、今日は一体なんなんだよっ?!



高らかに俺の名を呼ぶ声のする方をイヤイヤ振り仰ぐと、夕日を背にゴミ箱の上で腕を組んでふんぞり帰るデ○の姿が目に映った。

つかおまえ、いつからそこに登って準備してたんだよ?

逆光なので、顔はよく見えないが、その声とシルエットだけで残念ながら見当がついてしまう…誠に遺憾ながらという言葉はこういう時にこそふさわしい。あまりに遺憾すぎていかんともしがたいまである。

陽乃「あらあら」

雪乃「どうやらあなたの本物のお友達が現れちゃったみたいね?」

八幡「…友達じゃねぇし」つか、こいつと友達になるくらいなら俺は迷わず一生ぼっちの道を選ぶ。

小町「ち、中二さんが…ふ、ふたりっ?!」小町が愕然と目を見張る。

「遠からん者は音にも聴け、近くば寄って目にも見よ。やぁやぁ我こそはその名も高き剣豪将軍、材木座義輝であーる!皆の者、頭が高ぁい!控えおろう!」

八幡「………う、うぜぇ」超という言葉をつけただけでは飽き足らないウザさ。ウザさてんこ盛り。ついでにツユだく。野菜盛り増し。おかわり自由。いらねーよ。

雪乃「さすがにあなたのお友達だけのことはあるわね」雪ノ下がさすがにうんざりした様子でため息交じりに呟く。

八幡「だから友達じゃねーっていってんだろ」あんまし友達友達言われるとホントに友達のような気がしてくるから不思議な。でもそれ違うから。

やれやれ、しかしここにきて、真・材木座義輝まで登場しやがった。今日はホントいったいなんなの?仏滅なの?厄日なの?天中殺なの?

721: 2013/09/22(日) 21:17:14.89 ID:1Xo07zbH0

材木座「よもやこのようなところで相見えようとはな。やはりお主と我は天の定めし宿命の友敵(ライバル)。
    幾多の戦場を駆け抜け、数多の矢の下と剣戟の狭間を潜り抜けた輝ける栄光と前世の記憶は…」

ドヤ顔で中二テイスト満載の芝居がかった長ったらしい口上を述べている最中、更に面倒くさいことに、俺の足もとで死んでいたハズの岩清水までが息を吹き返しはじめた。

八幡「…おい、どーすんだよ、これ」

雪乃「知らないわよ。あなたが責任持ってなんとかなさい」

陽乃「じゃ、比企谷くん、あとよろしくー」

雪ノ下姉妹が珍しく肩を揃えて去っていく。そういうとこは息がぴったりなのな。つか、おまえら後で覚えてろよ。

722: 2013/09/22(日) 21:19:48.93 ID:1Xo07zbH0

仕方ねぇな、とりあえず、だ…



八幡「小町ぃ、俺たちも帰るぞ」

小町「そだねぇ」

材木座「な、は、八幡、ちょ、ちょっと待つのだ」

おっかなびっくりのていで、そろそろとゴミ箱から降り始める。恐いなら最初から高いとこ上るなよ。バカは高いところが好きなのな。プライドも高いし頭も高い。

小町「中二さん、超カッコ悪…」

八幡「それがあいつのデフォルトだけどな」まさに材木座クオリティ。

材木座「むははははは、待たせたな、八幡よ」

だから今更立ちポーズきめたって遅いんだよ。だいいち、全然キマッてないだろそれ。

八幡「ちっ、誰も待ってねぇーっつーの。小町、目ぇ合わすんじゃねーぞ」

材木座「ま、待ってよぉ、八幡、お願いだからぁ~」

八幡「うるせぇっ!わかったから俺の足にすがるんじゃねぇよっ!キメェッ!」

ドガッ

材木座「だばはっ」

俺が材木座を蹴り倒すと、丁度目を覚ました岩清水の前に倒れこんだ。

723: 2013/09/22(日) 21:22:17.74 ID:1Xo07zbH0

材木座「ぼふん?」

岩清水「はぽん?」

うわ、二つ並べて見ると、ますますクリソツだな…。近づけたら化学反応とか起こしてバクハツすんじゃね?いやむしろ、しろ。世の中の平和のために。

そのままお互いに見つめ合うこと数秒。おもむろに、

材木座「むっ?!」サッ(左手を上げる)

岩清水「むっ?!」サッ(右手を上げる)

材木座「むむっ?!」サッ(右手を上げる)

岩清水「むむっ?!」サッ(左手を上げる)

材木座「むむむっ?!」サッサッ(両手を振る)

岩清水「むむむっ?!」サッサッ(両手を振る)


小町「あ、なんかふたりでチューチュートレインとか始めてるよ?」

八幡「小町、そっちを見ちゃダメだ」

この産廃みたいなヤツらどうやって収拾つけんだよ?有料でもいいから誰か引き取ってくんねーかな?保健所とか。

727: 2013/09/23(月) 00:42:10.14 ID:Mg7NZnjb0



「…ほう、ここにいたか材木座よ」




728: 2013/09/23(月) 00:48:29.10 ID:Mg7NZnjb0

材木座「ほへ?」


美しいはずの夕陽が急に血の色に染まって見えた。まさにブラッディ・サンセット。逢魔が時の名にふさわしい景色だ。

振り向くと、そこには長い黒髪を無造作に風になびかせた白衣姿。口にしたシガーからは紫煙が漂い、その目には見紛うことなき殺意が宿っている。


(注)歩きタバコは、路上喫煙等の防止に関する条例で禁止されています。


その表情は確かに美しくはあったがそれ以上に全身から滲みだす殺気が強すぎて、岩清水でさえ声の主に背を向けたまま、ただただ恐怖に打ち震える他なかった。

材木座「し、静御前殿?!」ボソッ

729: 2013/09/23(月) 00:50:12.54 ID:Mg7NZnjb0

なにおまえ陰で平塚先生のことそんな風に呼んでたのかよ?どっちかっつーと巴御前って感じだがな。確かに女傑の名がふさわしい。

平塚「四方八方十六方に至るまでおまえを捜したのだが、連絡がつかん…」

平塚先生が訥々と語り始める。

平塚「誰もおまえの居場所はおろか、連絡先すら知らなかったのでな…」

小町「…さすがは中二さん。お兄ちゃんとどっこいのぼっちだけのことはあるんだね…」ボソッ

材木座「あばばば?」

材木座があわててポケットからスマホを取り出して電源を入れた。一瞬仰け反ったかと思うと、その顔がみるみる青ざめていく。リトマス紙みたいだなまるで。

おそらく、着信履歴が怒涛の列をなして画面を埋め尽くし、メールが濁流の如く一気呵成になだれ込んでいるに違いない。

材木座「お、重い。重い過ぎる…」材木座が手にしたスマホのあまりの重さ(主に精神的な)に堪えかねたかのようにガクリと膝を折る。

その気持ち俺にも痛いほど理解できた。俺も前に一度経験したことあるけど、あれ、一種の精神的なブラクラだからな。

730: 2013/09/23(月) 00:51:36.45 ID:Mg7NZnjb0

平塚「唯一の頼みの綱であった比企谷も電源を落としている始末…」ジロリと俺を睨む。

八幡「や、そうだっけ?」

小町「お食事会だからって、気を遣って小町が電源切っておいたんだよ?」ヒソヒソ

なるほど、そういうことか。俺のスマホ、めったに着信ないから全然気がつかなかったぜ。

731: 2013/09/23(月) 00:53:14.00 ID:Mg7NZnjb0

八幡「でも、なんでコイツがここにいるとわかったんです?」

平塚「キミの居場所をつきとめれば、芋づる式だと考えたのでな」

俺、芋かよ?どっちかっつーと、俺妹?確かにシスコンだけど。

小町「はいはーい。お兄ちゃんの居場所は小町が通報しますた」

八幡「…って、やっぱり小町かよ!たぶん雪ノ下の件も、おまえの差し金だろ?」

小町「えへへ~。バ・レ・た?てへぺろ」

ちっ、あまりのバカわゆさに、怒る気にもならねーぜ。

732: 2013/09/23(月) 00:54:26.35 ID:Mg7NZnjb0

八幡「そういや、材木座、おまえ、なんでここにいんだよ?」これ聴くの今日で何度めだろうな。

材木座「いやなにを訊くをやある。これはつまるところ八幡いるところ我ありということの証左に外ならぬではないか」

八幡「それで説明したつもり?つか、目ェ逸らすな!」

材木座「…いや実は…来る途中で小町殿の姿を見かけたのでな、陰働きで護衛をば…」

小町「ひっ?!」小町がドン引きしている。

八幡「…って、もうそれストーカーだろっ!?」間違いなく迷惑条例に抵触してるレベル。つかこいつの場合、存在からして既に違反してるけど。

733: 2013/09/23(月) 00:55:54.06 ID:Mg7NZnjb0

平塚「…ところで材木座よ。キサマ、この間の進路希望調査にまたロクでもないことを書いたそうだな?」

八幡「なにおまえ、またなんかやらかしたの?まぁ大体想像つくけどな。ぷすー」

小町「お兄ちゃんも第一希望に“専業主夫”って書いてダメ出し食らったって言ってなかったっけ?」

八幡「まぁそんなこともあったかもしれないが俺はきれいさっぱり忘れた」

知ってるか?人間の目というのは前を見るために顔の正面についているんだぜ?だから過去を振り返っちゃダメなんだ。得に俺の過去なんて直視できないトラウマばかりだしな。

734: 2013/09/23(月) 00:57:34.59 ID:Mg7NZnjb0

八幡「で、材木座、第一希望なんて書いたの?言ってみ?」

材木座「ふむ、そこは当然、“売れっ子ラノベ作家”であるな」

八幡「…第二希望は?」

材木座「“プロ○ェクトXに出るようなゲームクリエイター”」

八幡「んで、ちなみに第三希望はよ?」超投げやりに聞く。

材木座「“声優さんと結婚したい”」

いやいやいやいやいやいやいやいや、それ、進路希望じゃなくて、ただの妄想じゃん。しかも小学生レベル。

735: 2013/09/23(月) 00:59:37.06 ID:Mg7NZnjb0

平塚「キサマんとこの担任が進路指導に、進路指導が学年主任に泣きついてな。学年主任が教頭に相談して、回りまわって教頭からなぜか私のところへ直々なんとかしろと押し付けられた…いや仰せつけられたというわけだ」

わお、いわゆるたらい回しってヤツだな、スゲェぜ、さすが天下の公務員。仕事しろよ。

平塚「おかげで私は休日出勤だ…なんでも進路希望調査結果を県教委へ報告する期限は、明日の朝イチらしいからな」

…教育委員会って企業じゃないけどブラックだったんですね。しかもかなり濃ゆ目。

平塚「ええええい、考えるだに腹立たしいわっ!このクソ忙しい時にっ!…そんなワケで、材木座、とりあえずキサマ一発、殴らせろっ!」

材木座「へひぃっ?!」材木座がまるで有罪判決を受けたような顔で固まっている。いや違うぞ材木座、実質、死刑判決だからな、それ。

736: 2013/09/23(月) 01:01:52.17 ID:Mg7NZnjb0

平塚「…というのは、まぁ冗談だ」ニヤッ

材木座「そ、そうですよねー。実は、僕もそうじゃないかと思ってましたー」

八幡「おい、材木座、恐怖のあまりしゃべり方が素に戻ってんぞ?」

平塚「…無論、一発で済むわけあるまい?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

材木座「ふべらっ」

うわー…百回死んでもまだお釣りがきそう勢いだな。

材木座の身体がぶよぶよとトコロテンのように波打っている。ふるえてるのかもしれない。

材木座「は、八幡よ、ばさらだー」材木座が身を翻す。

おまえ反権威志向の戦国大名かなんかかよ?もしかして下剋上とかしちゃうわけ?

737: 2013/09/23(月) 01:03:30.51 ID:Mg7NZnjb0

平塚「逃すかっ!」平塚先生がとっさに手にしたケータイを投げつける。


ブンッ ガッ ガッ

材木座「ぶべらっ」

岩清水「ほげれっ」


ものの見事に材木座の後頭部を直撃し、あまりの威力の凄まじさに、跳ね返って岩清水の顔も打ち砕く。今日は災難続きだな、御曹司。いろいろと。

平塚「ふっ」パシッ

再度跳ねかえったケータイを事も無げに片手でキャッチしてみせる。いったいあんたどこの学園都市のレベル5だよ。

738: 2013/09/23(月) 01:06:04.84 ID:Mg7NZnjb0



平塚「…ん?材木座がふたり?同じ顔がふたつ…だと?」



平塚先生は地面に伸びたふたりの男の顔を訝しげに見比べていたが、やがて、



平塚「…ふむ、まぁこの際どちらでもよいか」



いやいやいやいやいや、フツウにいくねーだろ、それ。

しかし、平塚先生はさして気にした風もなく、手近にあった襟首をむんずとつかむ……………………あの、それ、岩清水なんですけど?

岩清水「へ?え?あ?ちょ、ちょっ?」

状況がよく理解できていないらしい御曹司が引きずられながらも戸惑いの声をあげる。

平塚「問答無用!」

平塚先生はそのまま、岩清水の襟をつかんでズルズルと引きずり、やがて夕陽の彼方に消え去ってしまった。

ドナドナド~ナ~ド~ナ~♪





小町「いいの…かな…?」

八幡「いいわけねーだろ…」




そういや確か中央アジアのキルギスという国には目を付けた相手を拉致同然にかっさらって強引に結婚させる「誘拐婚」の風習があるらしいな…。

もしかしたら平塚先生、念願の玉の輿に乗れるかもよ?ぐっじょぶ!平塚先生。そして、ぐっらっく!御曹司。

742: 2013/09/23(月) 11:19:28.45 ID:Mg7NZnjb0

=== そして比企谷八幡はもとの怠惰な生活に立ち戻る ===


翌日の放課後、俺はいつものように特別棟にある奉仕部の部室に向かった。

部室の戸を開くと、そこにはいつものように雪ノ下が椅子にかけ、まるで一幅の絵画のように本を読んでいる見慣れた光景があった。

開け放たれた窓から吹き込む風で、白いレースのカーテンが僅かに揺れて静かに波打つ。

見慣れることあっても見飽きることはない。そしてつい見惚れてしまうのもまたいつものことである。

743: 2013/09/23(月) 11:21:09.26 ID:Mg7NZnjb0

雪乃「なに間抜けな顔をしてぼーっと突っ立っているのかしら。…まぁ、あなたの場合、顔が間抜けなのはいつものことなのだけれど」

俺の姿に気がついた雪ノ下がいつも通り挨拶する。挨拶なのかよそれ。慣れされたのはこの光景だけではないみたいだな。いいのかよ慣れて。

八幡「…ほっとけ」

俺は昨日のことを思い出して、いささかぎこちない返事を返すと、いつもの定位置に座を占める。雪ノ下の反対側。一番離れた場所。


744: 2013/09/23(月) 11:22:37.55 ID:Mg7NZnjb0

雪ノ下はそんな俺を一瞥しただけで、またすぐに手許の文庫本に目を戻しながら、

雪ノ下「…昨日はお疲れ様」まるでひとり言のように呟く。

八幡「ああ。結局、おまえまで巻きこんじまって悪かったな」

雪乃「そうね。でもあれはどちらかというと、私の家の問題にあなたを巻き込んでしまった…という方が正解かしらね」

八幡「いや、それもそうなんだが、その、ほら…」さすがに直接的な表現は恥ずかしいので言葉を濁す。察しろよそれくらい。

雪乃「なにかしら?いつも以上に挙動不審で、正直ものすごく気持ち悪いのだけれど?もしかして眼だけじゃなくて頭も腐りはじめたの?」

八幡「あー…、まぁ、おまえの場合、帰国子女なんだから、その、なんつーか、挨拶代わりみたいなもんなのかもしれねーけど、一応…」

そう言われて雪ノ下の方も、俺が言わんとしてることにやっと気がついたようだ。みるみる頬が赤く染まるのがわかった。

745: 2013/09/23(月) 11:27:08.16 ID:Mg7NZnjb0

雪乃「あ、あれは…そ、その場の勢いというか…」///

八幡「でも、さすがにあれだけ迫真の演技とか見せられたら、誰だって納得しちゃうよな」

雪乃「え?」

八幡「おまえ、マジで女優目指せば?オスカーとか狙えるんじゃね?」

実写版でスノー・ホワイトとかやったら絶対適役だぜ。白雪姫じゃなくて雪女の方な?

雪乃「演技…ね」

八幡「え?違うのか?」

雪乃「…いいえ。それならそれで一向に構わないわ」なぜかあきらめたような顔で溜息をついた。

八幡「ま、演技なんだから、お互い今回のことはノーカンってことで…」

雪乃「ノーカン?」

八幡「そうノーカン」晴れの日はピーカン。デートはワリカン。俺はそんなセコいマネしないけどな。する相手いないし。

雪乃「…そうね。その方がいいかもしれないわね。今はまだ…」

誰にともなくそっと呟く。

746: 2013/09/23(月) 11:29:16.78 ID:Mg7NZnjb0

雪乃「でも、そんなにイヤでもなかったわよ?」

八幡「えっ?」///

雪乃「だって、唾液には滅菌作用があるんでしょ?だったら安心よね、ヒキガヤ菌?」

八幡「だからだれがヒキガヤ菌だよ」

雪乃「あら、そういえば確かヒキガヤ菌にはバリアが効かないんだったかしら?」

八幡「だから俺のトラウマ抉るようなマネすんじゃねーよっ!」じわじわ効いてくるんだぞ、それ。

雪乃「だったら熱湯で煮沸消毒が必要かしらね、あなたごと」

八幡「石川五右衛門かよ」

いつも通りの奉仕部、いつも通りの雪ノ下で俺は安心した。いや、罵詈雑言を浴びせられて安心しちゃっててホントにいいよのかよ、俺。

747: 2013/09/23(月) 11:30:48.48 ID:Mg7NZnjb0

八幡「なぁ、雪ノ下」

雪乃「…」

雪ノ下が何か言いたげな顔で無言のまま俺に視線を寄こす。

八幡「ん?どうかしたのか?」

雪乃「…も、もう名前で呼ぶのはやめたのかしら?わ、私としては別にどうでもいいのだけれど…」

八幡「あ?だって今日はおまえの姉ちゃんいねーだろ。だったらいつも通り、雪の下でいいだろ、別に?」

雪乃「それはそうなのだけど…」

なぜか不服そうな顔をしている。

748: 2013/09/23(月) 11:32:43.72 ID:Mg7NZnjb0

雪乃「それで、いったい何の用なのかしら?」

何恐い顔してんだよ?

八幡「おまえ、由比ヶ浜とは友達なんだろ?」

雪乃「…ええ。そうよ。それがどうかしたの?」

八幡「だったら、さ、俺が由比ヶ浜と友達になれば、必然的に俺はお前の友達ってことになるよな?」

雪乃「…なぜそうなるのかしら?あなたの言ってる言葉の意味がよく理解できないのだけれど?」怪訝そうな顔を俺に向ける。

八幡「あ?だって、友達の友達は友達だろ?」これぞトモダチ作戦。

雪乃「…友達の友達は赤の他人よ」

頭痛でもするかのようにコメカミに手を当てながらキッパリと断言する。

749: 2013/09/23(月) 11:33:53.35 ID:Mg7NZnjb0

雪乃「以前にも言ったと思うけれど、あなたと友達になるなんてことは、絶対にあり得ないわ」

八幡「…だろうな」

おれはあっさりと白旗をあげる。確かにそのとおりなのだろう。雪ノ下雪乃は決して嘘はつかないのだから。演技はするかもしれないけどな。

多少なりとも期待した俺が甘かった。まるでMAXコーヒーのように甘甘だ。しかも練乳増量てんこ盛り。それもう飲み物と言えねえだろ。液体といえるかすらも怪しい。



雪乃「…そうね…でも」




750: 2013/09/23(月) 11:36:20.97 ID:Mg7NZnjb0

八幡「ん?」

いつもはそこで会話が終わるはずなのだが、今日は珍しく雪ノ下から言葉を継いだ。

雪乃「…でも、もし仮に、よ?…友達以外の選択肢があるとするなら…」モジモジ

透き通るような白い頬が赤く見えるのは、差し込む夕日の加減だろうか。
美しい一服の絵画に描かれた美少女に、突然血が通ったかのような違和感を覚える。

先程までの見慣れたはず光景が急に形をかえた。

無意識のうちに今までの彼女の俺に対する不可解な言動が互いにリンクし、それぞれの断片がパズルのピースのように一枚の絵を形作る。


―― そしてその時、俺は唐突に、そう、まさに唐突に雪ノ下が何を言わんとしているかに気がついてしまった。

751: 2013/09/23(月) 11:38:53.00 ID:Mg7NZnjb0

心臓が早鐘のように胸郭を乱打し、呼吸が乱れる。

気が動転してうまくものが考えられない。今日の晩御飯は何にしようかな…って今更現実逃避してどうする。

そうだ、こんな時はアレだ!


…えっとなんだっけ?


って何動揺しまっくてんだよ。とりあえず無理やり言葉を継ぐ、

八幡「ちょ、ちょっと待て。そ、それはつまり…もしかして…?」

雪乃「…」/// 雪ノ下が無言のまま形のいい頤を引く。

八幡「…マジ…なのか?いつもみたいにからかってるとかじゃなくて?」

雪乃「…そうね、そ、そういうことに…なるのかしら…ね」雪ノ下が観念したかのように呟く。

その雪ノ下らしからぬ、弱々しい声音に俺の推測が確信へと変わる。

雪乃「だ、だから、つ、つまり、もし仮に、あ、あなたが…望むのなら…だけれど…」モジモジ

彼女が皆まで言う前に、俺がその言葉の先を引き継いだ。

それは当然俺の男としての義務なのだから ――

752: 2013/09/23(月) 11:40:33.80 ID:Mg7NZnjb0

八幡「……………まさかマジでお前の飼い犬になれとか言うわけ?」



雪乃「そう…そこまで言うなら…か、飼い犬に……………………って、え?」







八幡「え…?」                       

雪乃「…え?」 


753: 2013/09/23(月) 11:42:45.96 ID:Mg7NZnjb0

…違うの?

はっ?もしかしてネコが好きだから飼い猫になれとか?そういえばパンダって確か漢字で書くと大熊猫だよな。そこまでしてやっぱり猫が好きなの?

しかし前々から恐ろしい女だと思っていたが、まさかこれほどまでとは。
あくまでも対等ではなく主従関係を望むとは。こいつそのうち『美しいわらわにひれ伏しなさい』とか言い出すんじゃねえだろうな。どこの王下七武海だよ。

俺がドン引きしていると、なぜか当の雪ノ下はちょっとだけ涙目になって、肩をわなわなと震わせはじめた。



雪乃「………こ、この男は…」



―― 以下自主規制 ――

755: 2013/09/23(月) 11:44:55.99 ID:Mg7NZnjb0


イテテテテ、ひどい目にあったぜ。雪ノ下のヤツ、ヒステリーかっつーの。

手当たり次第物を投げつけやがって。ハサミとかマジやべぇだろ。カッターなんか投げる前にわざわざ刃を引き出してやがったし。

危うくバラバラにされちゃうところだったぜ。ヒキガヤだけにヒキ肉、ぼっちじゃなくてミンチ。

俺は身を守るために、部室から退避せざるを得なくなったが、さすがに雪ノ下も今のところ廊下までは追ってくる様子はない。

念のために部室の扉に呪符でも貼っておいた方がいいかもしれない。黄昏なんとかのナニ夕子さんかよ。


756: 2013/09/23(月) 11:48:19.93 ID:Mg7NZnjb0

カバンを盾にして部室から飛び出したところで、遅れて部活にやってきた由比ヶ浜に出くわした。

そういえばコイツ、休み時間の間、ずっと俺の方見てソワソワしてたっけ?

俺はいつものように机に突っ伏してたから遠慮したみたいだけど。

最近、クラスの風当たりも強いしな。そろそろ台風シーズンか。俺の周りだけ。

結衣「あれ?ヒッキー部活はどうしたの?」

八幡「…俺が聞きたいくらいだよ」

結衣「あ、ところで、昨日はどうだったの?」

八幡「別に…無事役目を終えてお役御免だ」

結衣「ふーん、そうなんだ?」

明らかに安堵した表情になる。

結衣「な、なにもなかったの?」

八幡「まあ、とりたててこれといったことは、な」思わず目が泳ぐ。

結衣「…ホントに?」だから俺を疑いの目で見るな。まあ俺が挙動不審なのはいつものことなんだから、なんとでもごまかせるが。

八幡「言ったろ?俺は嘘はつかない」

こうして嘘に嘘を重ねて、俺はそのうちに本当にのっぴきならないハメに陥るのだろう。地獄に落ちたら閻魔大王に舌を引き抜かれるのかもしれない。2枚あるからいいけど。

それに陽乃さんではないけれど、黙っていることと、嘘をつくことは違う。雄弁が銀であるとすれば沈黙は金である。俺の場合、沈黙オリンピックがあったら間違いなく金メダルだ。話す相手がいないからな。

757: 2013/09/23(月) 11:50:41.21 ID:Mg7NZnjb0

結衣「あ、そういえば私の誕生日プレゼントの件、聞き忘れてたんだけど?」ニコニコと浮かべられた笑顔になぜか鬼気迫るものを感じる。

八幡「え?あ?ちょ、今はそんなこと話てる場合じゃ…」

背後で扉がガラリと開く。 魔 王 降 臨 。

雪乃「…そうね。そう言えば、私もまだ聞きていなかったわね。花火デートの件」

八幡「や、まて、おまえら、話せばわかる…はずだ…」

まさに前門の虎、後門の狼。逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…って逃げ場所ないだろ、これ。

758: 2013/09/23(月) 11:51:17.74 ID:Mg7NZnjb0



「やあやあ、比企谷くん、昨日はおつかれー」





759: 2013/09/23(月) 11:52:54.25 ID:Mg7NZnjb0

雪乃「ね、姉さん?」

振り向くとそこにはいつものように完璧な笑顔を浮かべたあねのんの姿。

陽乃「いやー、実はさー、今度はベンチャー企業の若手社長さんにプロポーズされちゃってー」

八幡&雪乃「はぁ?!」

陽乃「それでまた、比企谷くんに彼氏役をお願いできないかなーって」

八幡「はぁあああああああああああああああ?」

雪乃「ね、姉さん、い、いくらなんでもそれは…」

陽乃「ダイジョブ、ダイジョブ~、ほら、いざとなったら、またブチューっと…」

結衣「えっ?」いやだらこっち見んな。

760: 2013/09/23(月) 11:54:10.02 ID:Mg7NZnjb0

陽乃「そ・れ・と・も…」

陽乃さんが、ずずずずいっと俺に近づく。

陽乃「…お姉さんと、もっといいコトしちゃう?」とんでもないことを俺の耳元でポショリと囁いた。

結衣「ヒッキー!」

雪乃「姉さん!」

八幡「なんだよ?」

陽乃「何かしら?」




雪乃&結衣「近すぎっ!!」



761: 2013/09/23(月) 11:55:22.73 ID:Mg7NZnjb0

俺が目を泳がせながら右往左往していると、廊下の向こうからドタドタと足音が聞こえてきた。今度はなんだよ?

「うわーん、ハチえもーん。聞いてよ~。進路指導の先生ったら酷いんだよ~」

すでに今回の件で散々見飽きた顔、材木座が泣きながら走り寄ってきた。って、おまえ、俺のこと好き過ぎだろ。

762: 2013/09/23(月) 11:56:44.66 ID:Mg7NZnjb0

精神的にも肉体的にも追い詰められた俺は、皆が材木座に気をとられた隙に反対側の通路に向けて逃走する。  

陽乃「あら比企谷くん?!まだ話は終わってないわよ?」

結衣「ヒッキー?まだ話の途中だしっ?」

材木座「八幡よ?!我の相談を聞いてはくれぬのかっ!」

雪乃「比企谷くん、あなた本当に私から逃げ切れると思っているのかしら?」って怖えよマジで。


…だけど俺の答えは決まっている。


八幡「うん、まあ…その…みんなまとめて、そのうちテキトーにな」



763: 2013/09/23(月) 11:58:36.06 ID:Mg7NZnjb0

故人曰く、君子危うきに近寄らば、三十六計逃げるに如かずというじゃろ?

とりあえず、当面の危機は回避した。問題を先送りにしただけの感もあるが、あとは時間が解決してくれるはず…である。たぶんそうあって欲しいと切に願う。

俺の名を叫ぶ四人の声を尻目に、駐輪場に向かって走り出す。もう止まれない。止まったらたぶん死ぬ。ってマグロかなんかかよ?


俺の青春ラブコメ、これで多分、間違っていないはず…だよな?




                 俺ガイルSS『いかにせば比企谷八幡は雪ノ下陽乃の彼氏(偽)足り得るか』 了