1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 20:57:19.20 ID:9Wqg+qDQ0
小梅「隊長……って、もう隊長はあなたじゃないですか」

エリカ「あ、そうだったわね……どうもまだ慣れないわ……。元隊長にあげるの!」

小梅「はあ……それでなんで私が呼ばれたんですか」

エリカ「だって私チョコの作り方なんて知らないんだもの」

小梅「知らないくせになんでそんな無責任な決意を……」

エリカ「で、あなたは知ってるの? 作り方」

小梅「まあ知ってるけど……」

――――――――――

※ガルパンのバレンタインSSです。目指せ今日中の完結。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455451038

引用元: エリカ「隊長たちに手作りチョコを渡すわ!」 


 

ガールズ&パンツァー 戦車道のよこみち

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-12-23)
売り上げランキング: 61
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:07:14.08 ID:9Wqg+qDQ0
-イオン黒森峰学園艦店-

エリカ「というわけで買い出しに来たわけだけど」

小梅「何ですかその説明的セリフ。今日異様にテンション高いですよね」

小梅「で、どんなチョコ作る予定なんですか?」

エリカ「そうね……やっぱり美味しいやつがいいわね」

小梅「逆に不味いやつ作る選択肢なんて無いでしょ」

エリカ「そう言われたって、どういうチョコを作れるのかすら知らないんだから答えようがないじゃない!」

小梅(面倒だなぁー……)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:24:34.34 ID:9Wqg+qDQ0
小梅「うーん、初心者なら、普通のやつ以外なら生チョコとかトリュフとか……」

エリカ「そうねぇ……でもトリュフって高いんでしょ?」

小梅「え?」

エリカ「いやだって世界三大珍味の」

小梅「……トリュフチョコにはキノコのトリュフは入ってないですよ?」

エリカ「えっ……」

小梅「形が似てるだけで」

エリカ「そんな……トリュフチョコ食べて『ほお……これが世界三大珍味の味……』とか悦に入ってた私はどうなるの……」

小梅「どうなるって言われても……トリュフの味しないじゃないですか」

エリカ「食べたこと無いんだからその味がするのかしないのかわかるわけないじゃない!」

小梅「はいはい、すいませんすいません」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:35:03.37 ID:9Wqg+qDQ0
エリカ「もういいわよ普通ので!」

小梅「分かりました。じゃあ材料のチョコと……型とかラッピング買えばいいですね」

エリカ「そうね」

小梅「…………」

エリカ「何?」

小梅「いや……『え? 材料ってカカオ豆なんじゃないの?』とか言わないのかなーって」

エリカ「そのくらいは知ってるわよ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:44:17.12 ID:9Wqg+qDQ0
エリカ「チョコ溶かして型に入れて固めるんでしょ? さすがに常識よ」

小梅「それで、何人くらいにあげるんですか?」

エリカ「そうね……たいちょ――元隊長へのは特別製として、あとは友達に配る感じだから――」

小梅「じゃあこれくらいでいいですね」ポイポイッ

エリカ「え、ちょっと待って。少なくない? それっぽっち?」

小梅「このくらいで足りるんじゃないかなーと」

エリカ「……それって言外に私が友達少ないって言ってる!?」

小梅「だって隊長が戦車道関係の指示以外で誰かと話してるのあんまり……」

エリカ「やめて! 普通にいるから! そんなこと言って私がボッチだなんて二次創作設定ついたらどうするのよ!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:50:02.93 ID:9Wqg+qDQ0
エリカ「ただでさえこの作者は私を同人作家にしたりしてるんだから! いい迷惑よ!」

小梅「いや知りませんけど……じゃあどのくらい要るんですか」

エリカ「このくらいは余裕で必要よ!」ドサドサッ

小梅「ええっ、こんなに? 隊長、要らぬ見栄は身を滅ぼしますよ」

エリカ「見栄じゃありませんー! 本当にこれだけ居るんですー!」

小梅「Twitterのフォロワーは友達とは言いませんよ?」

エリカ(趣味:ネットサーフィン)「知ってるわよ! もういいでしょ! ほら次行くわよ!」

小梅「はいはい」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:00:52.34 ID:9Wqg+qDQ0
-黒森峰女学園女子寮-

エリカ「さて、準備はOKね」

小梅「じゃあ、とりあえず練習がてら作ってみるけど……大丈夫ですよね?」

エリカ「何がよ」

小梅「なーんか今日の隊長ポンコツだから……色々失敗しまくりそうで……」

エリカ「あのね、さっきから思ってたけど、あなたちょっと私のこと舐めすぎよ」

小梅「じゃあチョコの溶かし方とか知ってます? 直火じゃないですよ?」

エリカ「甘いわね小梅。まるでこのチョコレートのように」フフッ

小梅「ほらそういうところですよ、ポンコツの香り」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:07:54.45 ID:9Wqg+qDQ0
エリカ「あれでしょ、湯煎で溶かすのよね」

小梅「おお」

エリカ「私だって女子よ? その程度の知識くらいあるわ」

小梅「そんなに自慢できることじゃないですけど、まあ安心しました」

エリカ「ふふっ。じゃあ水を入れた鍋を火にかけて……」カチッ ボッ

エリカ「チョコを放り込む、と」ポチャッ

小梅「ちょちょちょ何やってんですか!?」

エリカ「え?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:14:51.30 ID:9Wqg+qDQ0
小梅「湯煎ですよ! ゆ・せ・ん! なにチョコそのまま煮込んでんですか!」

エリカ「え、湯煎ってこういうことじゃないの?」

小梅「違います! ああもうさっそくチョコ無駄にして……」

エリカ「……あー、うん。勘違いしてたわね。ええ。うっかりココアの作り方と間違えてしまったわ」

小梅「隊長は二度と女子を名乗らないでくださいね」

エリカ「女子高に居られなくなっちゃうじゃない」

小梅「同じ『女子』というカテゴリに入れられてるのが不愉快です」

エリカ「そこまで!?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:25:18.76 ID:9Wqg+qDQ0
小梅「いいですか、戦車道ではあなたが隊長ですが、このキッチン内では全て私の指示に従ってもらいます」

エリカ「仕方ないわね……」

小梅「返事は『ヤー!』のみ許可する! 貴様などキッチンにおいては何の役にも立たない新兵である!」

エリカ「さすがにそれは――」

小梅「返事ィ!!」ビシィッ

エリカ「や、ヤー!」

小梅「ではまずチョコを細かく刻むのだ。始め!」

エリカ「ヤー! ……ったく、いい気になって……」もたもた

小梅「口を動かす前に手を動かせ!」ビシィッ

エリカ「や、ヤー!」テキパキ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:37:39.44 ID:9Wqg+qDQ0
その後、エリカは――

小梅「チョコ作りは温度管理が命だ! 湯煎は50℃くらいで――」

エリカ「あ、チョコが沸騰しちゃった……」

小梅「馬鹿者ォ!」ビシッ


悪戦苦闘しながらも――

小梅「このテンパリングをするかしないかで出来が大きく変わってくる!」

エリカ「えーっとあとちょっと冷えたら……またちょっとあっためて……ああいきすぎた。またこっちから……あーもう!! わけわかんない!」

小梅「テンパるんじゃあない!」ビシッビシッ


なんとかチョコづくりを――

エリカ「あ、さっき茹でちゃったチョコ、ミルクを入れればホットチョコとして意外と……」ズズッ

小梅「飲んどる場合か――ッ」バシ


進めていった――

エリカ「プリンが出来たわ」

小梅「何故そうなったァ!」ビシィーッ

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:44:03.33 ID:9Wqg+qDQ0
そして――

小梅「うむ、よくぞここまでたどり着いた、逸見三等兵」

エリカ「赤星隊長のおかげであります……!」

小梅「もう教えることはない。自信をもってバレンタインデーに臨むのだ」

エリカ「ヤー!」

小梅「……うん、もういっかこの設定。飽きたし」

エリカ「そうね」

小梅「でも随分チョコ無駄にしちゃいましたね」

エリカ「大目に買っておいて正解だったわね」

小梅「やっぱり友達の数は見栄張ってたんですね」

エリカ「…………いやでも友達はいるもん! クラスとか! 地元とかいるもん!」

小梅「分かりました。分かりましたから……あんまり言うとかえって嘘っぽくなりますよ」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:55:48.82 ID:9Wqg+qDQ0
-2月14日-

エリカ「たたたいたたいたい隊長!!」

まほ「む、エリカ……だからもう隊長はお前だろう。いつまで私をそう呼ぶつもりだ」

エリカ「す、すみません……」

まほ「で、何の用だ?」

エリカ「そそそその……ばっ、ばれれんたぃんんの……」アセアセ

まほ「え? バレンティン? ヤクルトの?」

エリカ「いえ……バレンタインのチョコをですね……手作りしてみたんですが……」

まほ「エリカが? 手作り? ……ちゃんと可食物が出てくるんだろうな?」

エリカ「もちろんです! 私ってそんなに信用できませんか!?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:00:04.55 ID:9Wqg+qDQ0
まほ「いや、なんかエリカって、湯煎だとか言って得意げにチョコを湯に放り込みそうじゃないか」

エリカ「何言ってるんですか! そんなことするわけないでしょう! 女子ですよ!?」

まほ「ははは、冗談だ」

エリカ「もう……はい、これです。たまたま型を見つけたので、戦車の形にしてみました」

まほ「ああ。ありがとう、大切に食べよう」

エリカ「はいぃ!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:15:03.69 ID:9Wqg+qDQ0
小梅「お、元隊長には渡せたみたいですね」ヒョコッ

エリカ「ええ。本当に何から何までお世話になったわね、赤星隊長」

小梅「あはは……あれっ? でもチョコ2つ残ってますけど……これは誰にあげるやつですか?」

エリカ「ああ……はい、あげる」

小梅「え、私にですか?」

エリカ「お世話になったお礼と……友達でしょ? あなたも」

小梅「えへへ、ありがとうございます。じゃあ、残りの1コは?」

エリカ「これは……いいのよ。ただの余り」

小梅「……それ、確かクマの型で作ったやつでしたよね?」

エリカ「…………」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:21:41.77 ID:9Wqg+qDQ0
小梅「もしかして……」

エリカ「なんでもないって言ってるでしょ!」

小梅「あ……すいません……」

エリカ「……ふふ、あなたの言った通り、私、友達の数見栄張ってたから、余りが出たのよ。それだけよ……」

小梅「隊長……」

エリカ「『隊長』ね……。さて、もう遅いわ。さっさと帰りなさい」

小梅「はい……じゃあ、また明日」

エリカ「ええ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:28:57.00 ID:9Wqg+qDQ0
エリカ(もう代替わりして随分経つけど、私が『隊長』っていうのはいまいち慣れない)

エリカ(それもそのはずよ。だって本当なら、今黒森峰の隊長を務めているはずだったのは――)

ガサゴソ

エリカ(……なんでこんなの作っちゃったのかしら)

エリカ(別に大洗まで渡しに行く気も無いのに……)

エリカ(……こんなものっ!)

ポーイ

カツン

??「痛っ!?」

エリカ「えっ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:32:36.46 ID:9Wqg+qDQ0
エリカ(まさかまだ人が居たなんて!)タタタ

エリカ「すみません! 大丈夫でし――」

みほ「あ、はい。大丈夫です――」

エリカ「」

みほ「あっ、エリ……逸見さん!」

エリカ「あ……あんた、なんでここに……」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:42:50.86 ID:9Wqg+qDQ0
みほ「お母さんとお姉ちゃんにチョコを渡しにきたんです。バレンタインデーだし」

エリカ「バ、バレンタイン? ロッテの元監督?」

みほ「え……?」

エリカ(あ、通じなかった)

エリカ「そ、そんなことの為にわざわざ大洗くんだりから?」

みほ「う、うん……」

――――――――――

まほ『それで、次はいつ帰ってくるんだ? いやこちらとしてはいつでも構わないが――』

まほ『ごほん! げぇーっほげっほバレげほ! ごほンタごほごほインごほん! んんっ! 最近喉の調子が……風邪かな?』

しほ『はぁ……お母さん最近歳のせいか疲れやすくって……』

しほ『そうね……こう甘くて、ちょっとほろ苦くて、とろっととろける感じのものなんかがあるといいな~って』

――――――――――

みほ(2週間前から再三留守電で催促されたことは黙ってよう……)

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:47:48.19 ID:9Wqg+qDQ0
みほ「そういえば、これ、逸見さんのでしょう?」ヒョイ

エリカ「え、あ、その、それ……」

みほ「あっ、ごめんなさい……ふたが開いちゃった」パカ

エリカ「あ……」

ぱき~ん

エリカ(チョコが……縦に真っ二つに割れてる……。私がさっき投げたから――)

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:55:33.09 ID:9Wqg+qDQ0
みほ「これ……」

エリカ(はぁ……バカみたい。1人でから回って……)

みほ「すごーい!」

エリカ「へ?」

みほ「逸見さん! これどうしたの? 誰かからもらったの?」

エリカ「私が作ったやつだけど……」

みほ「逸見さんが作ったの!? 凄いです! 完璧だよ!」

エリカ「な、何が?」

みほ「え? これ、最新作の『ボコ 斧で縦に真っ二つ ver.』がモデルですよね? トドメ刺される前の暴行の跡もあって素晴らしい出来です!」

エリカ(え、何それ……あと暴行の跡っていうか、ただ作りが不器用で上手くいかなかっただけなんだけど……)

エリカ「――そ、そんなに言うなら、あげるわよ、あんたに」

みほ「ええっ!? いいんですか!」パアアアっ

エリカ(……ま、いっか)

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 00:04:58.05 ID:djionyB80
みほ「それにしても、逸見さんがこんなにボコ愛を持ってるなんて知りませんでした!」

エリカ「そうね、私も知らなかったわ」

みほ「今度、一緒に大洗のボコミュージアムに行きましょう! 案内しますから!」手ギュっ

エリカ「えええあえ……わ、分かったわよぉ!」

――――――――――

みほ「――それでね! このスプラッシュボコンテンでは水に落ちる直前で右を見ると3分の1の確率で赤いボコが顔を出すんだけど、でもそっちに気を取られてるだけじゃダメで、その反対の左側をよーく見ると木のウロの形が隠れボコになってて――」

エリカ(誰かタスケテ……)

みほ「あ! キャラクターグリーティングの時間になっちゃう! ほら急ごっ、エリカさん!」ダダダっ

エリカ「……ふふっ、ったく待ちなさいよみほ!」ダダダっ


~おしまい~