1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:19:03.60 ID:cBfyk/sL0

2/13

都内スタジオ



P「お疲れさま、伊織! 今日も絶好調だったな!」

伊織「ふんっ、当然じゃない!」

P「よし、それじゃあ事務所に戻るか!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455484743

引用元: 伊織「バレンタイン」 

 

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-06-12)
売り上げランキング: 2,145
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:20:56.86 ID:cBfyk/sL0

───



車内



P「街もすっかりバレンタインムードだなぁ……」

伊織「チョコレート業界に乗せられちゃって、バカみたい」

P「ははっ、うちの業界はイベントとかで大助かりだけどな」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:22:03.71 ID:cBfyk/sL0

伊織「……ねぇ?」

P「ん? どうした?」

伊織「やっぱりアンタも……その……チョコレートが欲しかったりするの?」

P「う~ん、そりゃ貰えたら嬉しいんだろうけど……」

伊織「?」

P「今まで母親からしか貰ったことないんだよなぁ……特に上京してからなんて一度も……」

伊織「……ふ~ん」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:28:39.48 ID:cBfyk/sL0

P「あっ! もしかして伊織がくれるのか?」

伊織「ば、バカ! なんで私がアンタなんかにチョコをあげなきゃいけないのよ! それに明日はオフなんだから、アンタとは会わないじゃない! 」

P「す、すいません」

伊織「ったく……」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:32:12.12 ID:cBfyk/sL0

伊織「……まぁ、気が向いたら今度、アンタが見たこともないような高級チョコレートあげるわよ」

P「おお! 楽しみだなぁ!」

伊織「気が向いたらって言ったでしょ!」



伊織「あっ、ちょっとそこの本屋の前で降ろしてくれる?」

P「ん? なんか欲しいものでもあるのか?」

伊織「そ、その……参考書を買うだけよ」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:35:39.36 ID:cBfyk/sL0

───



P「本当に待ってなくていいのか?」

伊織「新堂を迎えにこさせるから平気よ」

P「そうか。じゃあ、一応バレないように気をつけてな」

伊織「わかったわ」

P「それじゃあ、また明後日」

伊織「ええ。気をつけてね」

P「ははっ、ありがとう」



伊織「行ったわね……」

伊織「えっと……料理コーナーはどこかしら?」



───





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:39:48.20 ID:cBfyk/sL0


水瀬邸 厨房



伊織「えーと……まずはチョコを刻んで湯煎に……」

伊織「きゃあ! み、水が中に!」

伊織「ど、どうすれば!」



パティシエ「お嬢様! 大丈夫ですか!?」

伊織「だ、大丈夫よ! 私ひとりでやるから下がってなさい!」

パティシエ「しかし……」

伊織「うるさいわね! いいからここから出てって!」

パティシエ「は、はい!」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:52:27.23 ID:cBfyk/sL0

伊織「…………」



伊織「よし、もう一度チャレンジよ!」

伊織「今度は丁寧に湯煎を……」

伊織「温度を計りながらゴムベラで……」

伊織「あぁ! 今度は温度が上がり過ぎたわ!」



パティシエ「お嬢様!」

伊織「だから大丈夫よ!」



伊織「次は温度を下げて……」



パティシエ「お嬢様!!」

伊織「しつこいわね!!!!」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:55:39.23 ID:cBfyk/sL0

───



伊織「はぁ……はぁ……で、出来たわ!」

伊織「見た目は……い、一応ハートに見えるわよね……」

伊織「あとはラッピングをして……リボンをかけて……」



伊織「……♪」



─────
───





11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:02:31.17 ID:cBfyk/sL0

2/14

765プロ



P「よし、これで一段落かな」

小鳥「お疲れさまです、プロデューサーさん。 コーヒー淹れたので良かったらどうぞ」

P「ありがとうございます、音無さん」

小鳥「いえいえ。 あと良かったらこれもどうぞ」

P「え? これって」



小鳥「本命ですよ、本命!」



小鳥「……ってのは冗談で、義理チョコなんですが、これが結構な有名店のやつで」



ガチャ!! バタンッ!!



P「ん? 今のって」

小鳥(あっ、不味ったかも……)





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:04:53.19 ID:cBfyk/sL0


──



伊織「シャラララ 素敵にキッス♪」



伊織「ふふっ、アイツどんな顔をするのかしら?」

伊織「お母様からしか貰ったことないって言ってたけど……」

伊織「もしかしたら、びっくりして倒れちゃったりして」

伊織「なーんてね!」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:07:22.90 ID:cBfyk/sL0

……ガチャ



伊織(なぜかこっそり入っちゃったけど……アイツはどこに……いた!)

伊織(小鳥? 何してるのかしら? よく聞き取れないわね)

伊織(あれ? 小鳥が持ってるのって……もしかして……)





『本命ですよ、本命 !』





伊織「……え?」





───




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:10:16.30 ID:cBfyk/sL0

───



公園



伊織「はぁ……はぁ……」



伊織「はぁ……」



伊織「ちょっと待って……なんで私が走ってんのよ……」



伊織「別にアイツが本命チョコを貰ってるからって、私には関係ないじゃないの……」



伊織「そもそも、バレンタインなんてバカらしいって言ったのは私じゃない……」



伊織「そうよ……バカみたい……」



伊織「なにひとりで浮かれてたのかしら……」



伊織「…………」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:14:01.26 ID:cBfyk/sL0

伊織「帰りましょう……」






「──おり」



伊織「…………」



「伊織っ!!」



伊織「え?」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:18:30.29 ID:cBfyk/sL0

P「はぁ……はぁ……探したよ」

伊織「アンタ……なんでここに……」

P「そりゃあ……伊織が事務所を飛び出していくのが見えたからな」

伊織「ふ、ふんっ、アンタには関係ないことよ!」

P「そ、そうか……ははっ……」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:21:03.33 ID:cBfyk/sL0

伊織「…………」

P「少し暖かくなったとはいえ、まだまだ寒いな。このままじゃ風邪引くし事務所に行こうか」

伊織「……そうね」









18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:25:30.48 ID:cBfyk/sL0

P「伊織」

伊織「なによ」

P「その手に持ってるのってさ」

伊織「チョコ」

P「もしかして俺に?」

伊織「そうよ。文句ある?」

P「あるわけないだろ。嬉しいよ」

伊織「ふんっ」




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:28:32.44 ID:cBfyk/sL0

P「食べてもいいか?」

伊織「勝手にすれば? って言いたいところだけど、小鳥に本命チョコを貰ってたじゃない。そっちから食べなさいよ」

P「え? あれは義理って言ってたぞ?」

伊織「へ?」

P「なんか有名店のって言ってた気がするけど」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:30:31.54 ID:cBfyk/sL0

伊織「ちょっと、今なんて」

P「だから義理だって」

伊織「本当に?」

P「本当だよ」

伊織(わ、私としたことが早とちりを……)




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:35:00.33 ID:cBfyk/sL0

P「おお! 手作りか!」

伊織「そ、そうだけど。やっぱり高級店のチョコの方がよかったかしら?」

P「そんなわけないだろ! ってハート型じゃないか! まさかこれって本め……」

伊織「ば、バカな事を言ってんじゃないわよ! こ、これも義理よ! 義理チョコ!」





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:38:14.58 ID:cBfyk/sL0

P「それでは、いただきます!」

伊織「ど、どうかしら?」

P「うん! めちゃくちゃ美味い!」

伊織「本当?」

P「嘘をつく意味がないだろ? 本当に美味しいよ」

伊織「ま、まあ伊織ちゃんの腕にかかれば当然よね!」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:42:28.02 ID:cBfyk/sL0

P「わざわざ俺の為に作ってくれたんだろ? 嬉しいよ」

伊織「べ、別にアンタの為に作ったわけじゃないわよ! アンタの驚く顔が見たかったというか、喜んだ顔が見たかったというか。……じゃなくて! くしゅんっ 」

P「っとそうだった! 早く戻らないと本当に風邪引いちゃうな! ほら、このジャケット羽織って」

伊織「あ、ありがと」



─────
───





24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:46:04.02 ID:cBfyk/sL0

2/15

765プロ



P「……へっくしゅん!」

伊織「結局アンタが風邪を引くなんてね。体調管理がなってないのよ」

P「な!? 元はと言えば伊織が!」

小鳥「ふふっ♪」

伊織「なに笑ってるのよ小鳥! 大体アンタの余計な一言のせいで!」

P「へっくしゅん!! へっくしゅん!!」

伊織「あーもう!! うるさいわよ!!」



伊織(でも案外バレンタインも悪くないかもしれないわね! にひひ♪)






終わり