1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 19:44:47 ID:UbHo/Tl.
リヴァイ「いきなりどうした」

エルヴィン「まずリヴァイの前に兵士を立たせます」

エレン「これは何が……」

エルヴィン「リヴァイぶん殴って」

エレン「は?」

リヴァイ「了解した」

ブンッ ゴキャッ

エレン「へぶっ!!」

エルヴィン「これで怪我がすぐ再生したら巨人人間、しなかったら人間!!」

リヴァイ「お前……天才じゃないのか」

エルヴィン「えっへん」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 19:53:17 ID:UbHo/Tl.
ハンジ「……」

エレン「は、歯がああああ」ドタバタ

エルヴィン「エレン黙って!団長命令だぞ!」プンプン

エレン「は、はい……」グスン


エルヴィン「というわけで全兵団員ぶん殴って行こうか!」

リヴァイ「おう」

ハンジ「まてーーーい!」

リヴァイ「なんだよ、人が右ストレートの素振りしてる時に止めんなよ」


ハンジ「……わざと回復させないようにしたらどうすんの?」

エルヴィン「あ」

リヴァイ「お、お前も天才かよ……」 


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:00:03 ID:UbHo/Tl.
エルヴィン「……」

エルヴィン「団長難しいことわかんなーい!せっかく閃いたんだぞ!天才って崇めろよ!」

ハンジ「……発想は悪くないんだろうけど。人間と巨人化を切り替えられるならその可能性がないわけないでしょ」

リヴァイ「……!」

リヴァイ「おいおい……俺も閃いたぞ」

ハンジ「まともなこと?」

リヴァイ「当たり前だろうが。人類最強がふざけたこと考えてるわけないだろう」

エルヴィン「……」ワクワク 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:06:37 ID:UbHo/Tl.
ハンジ「言ってみなよ」

リヴァイ「これは俺の持論だが、スパイ捜しには痛みが必要など思う」

エレン(持論何個あんだよ。歯生えてきたから良いけど)

ハンジ「だから?」

リヴァイ「スパイの奴らでも……子作りくらいすんだろ?」

ハンジ「は?」

リヴァイ「だからよ、金玉半分切り落としたら再生するしかねんじゃね?」

エルヴィン「さすが人類最強!!金玉半分だけなら違っても生きられるしな!」

リヴァイ「へへっ」 




8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:15:08 ID:UbHo/Tl.
ハンジ「だれがそんな暴挙を許すか!調査兵団ぶっ潰されるわ」

リヴァイ「お前否定しか出来ねぇの?そんなんだから性別不明にされんだよ」

ハンジ「あなたこそ名前謎でしょ」

リヴァイ「……」

リヴァイ「まぁ、女には金玉も無いしこの案が無意味なのわかってたけどな」

エレン(意外に馬鹿なんじゃねこの上官達)

リヴァイ「つーか俺リミッター外してフルスイングで殴れば無意識に再生すんじゃね?」

ハンジ「それは……否定できない」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:21:07 ID:UbHo/Tl.
エルヴィン「もうさー面倒くさいからそれで行こうよ」

ハンジ「女の子も殴る気?」

リヴァイ「いんじゃね?どうせ兵士なんて戦場出たら男女問わず巨人に喰われたりしてるし」

エルヴィン「だよな!巨人に喰われるのと比べたらぬるいよな」

リヴァイ「おう」

ハンジ「でもなぁ……」

エルヴィン「うだうだは良くない!思ったらすぐ行動!」

ハンジ「どうなっても知らないよ?」

エルヴィン「とりあえず一番怪しい104期生からぶん殴っていこう!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:29:47 ID:UbHo/Tl.
――当日――

エルヴィン「はーい!104期は男から先に五十音順に並んでね」

アルミン「……」

リヴァイ「緊張しなくて良い。俺に任せとけ」

アルミン「はっ!」

エルヴィン「さーてリヴァイ君行っちゃって!!」

リヴァイ「……シッ!」ビュッ

ゴシャッ

アルミン「ぎゃぴっ!」

エレン「アルミン!?おいアルミン!?」

エルヴィン「あっちゃー中身出ちゃったけど……回復してないからシロで!!」

リヴァイ「チッ、きたねーな」フキフ 

 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:38:55 ID:UbHo/Tl.
リヴァイ「名前が無いモブ何人かぶん殴ったが、逃げ出す奴はいねぇな」

エルヴィン「まぁ、逃げたらスパイだって言ってるようなもんだしね」

エレン(違う……逃げて捕まったらあれ以上のことされるかと思って動けないだけだ)

ライナー「やっべ、まじやべーどうするベルトルト」

ベルトルト「あれは……逃げる?」

ライナー「逃げるほうが良い気がするな……」

リヴァイ「どこに?」

ライナー「どこにって……えっ」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:51:33 ID:UbHo/Tl.
リヴァイ「リヴァイがスパイみーつけた。なんてな」

ライナー「に、逃げ……」

ドゴォン!

ライナー「げべぇ!」

ベルトルト「ライナー!」

ドスン!

ベルトルト「おげっ!!」

リヴァイ「エルヴィン確保ー」

ライナー「」

ベルトルト「」

アニ「……」ガタガタ

エルヴィン「さっすがリヴァイやるーー!!」

リヴァイ「クソメガネさっさと地下に連れてって監禁しろ」

ハンジ「生きてんの!?臓器飛び出してるよ!?」 


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 20:57:01 ID:UbHo/Tl.
――それから――

二人はハンジに解剖されたり色々されながら生きてる。

アニはトラウマになり、戦士だった頃の記憶を無くした。

アルミンは兵士として生きれ無い身体となり、アニの看病からなんかいちゃいちゃチュッチュッして結ばれた。

そして私はエレンと末永く暮らしましたとさ。

おしまい。 


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/21(金) 21:00:59 ID:UbHo/Tl.
ミカサ「という予知夢を見た」

ミカサ「ので」

ミカサ「この歴史は微妙に違う末路を迎えました」

ミカサ「チビとか団長の口調とかが違うのは私がエレンしか興味がないからである」

エレン「お前なに独り言言ってんの?」

ミカサ「エレンは知らなくて良い」


真・終