1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/18(日) 23:55:55.72 ID:ilwe+FJjO
一夏「千冬姉っ!」

ギュッ

千冬「が、学校では織斑先生とー」

一夏「今は誰もいないから…いいだろ?」ジッ

千冬「…し、仕方ない。特別だぞ」ナデナデ

一夏「千冬姉…」モフモフ

千冬「(あぁ…!今の一夏とても可愛いよ!食べちゃいたい!)」ウリウリ

一夏「(千冬姉の香り……とてもいい匂いだよ)」モフモフ 

引用元: 一夏「千冬姉に思いっきり甘えたい」 


 

インフィニット・ストラトス クリアファイル/C 織斑千冬
ムービック
売り上げランキング: 295,640
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 00:30:11.12 ID:fDtbeI5H0
一夏「千冬姉ー!」

千冬「馬鹿者、学園では織斑先生と呼べとあれほ」

ぎゅっ!

千冬「……ど、い、言っていただろう?」

一夏「ああ、ごめん千冬姉」スリスリ

千冬「だ、だから、な? 織斑先生と、その……」

一夏「千冬姉、暖かいなぁ」スリスリ

千冬「……今だけだぞ馬鹿者め」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 00:42:43.51 ID:fDtbeI5H0
一夏「なあ、千冬姉」

千冬「な、なんだ、そんな上目遣いしても小遣いなら」

一夏「今日一緒に寝ない?」

千冬「ッ! ば、馬鹿者っ! なにを言って」一夏「今日だけ! 今日だけだから!」

千冬「すー、はー……なぜそんなことを言い出したんだ?」

一夏「だって……」

千冬「だって?」

一夏「千冬姉に会うのすげぇ久しぶりでさ、正直恋しくて堪らないんだ」

千冬「」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 00:50:38.41 ID:fDtbeI5H0
千冬「こ、恋しいなんてなにを腑抜けたことを! ダメに決まっているだろう!?」

一夏「……わかった」

千冬「わかれば良いんだ、全く貴様という奴は」

一夏「でも今だけ、せめて今だけで良いから千冬姉と触れていたいんだ、それで我慢するから……」

千冬「」

一夏「千冬姉……本当に千冬姉だ、俺だけがIS使えるなんて夢みたいで、夢から覚めたらまた千冬姉がいないんだって思ったら俺、俺……」

千冬「……し、仕方ない、今夜だけだぞ」

一夏「え」

千冬「全く、手のかかる愚弟だ」ナデナデ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 01:02:49.60 ID:fDtbeI5H0
千冬「今夜はあいつとか、ふぅ……む?」

ぐいっ!

千冬「なっ!?」

バタン!

千冬「き、貴様、なんのつもりだ!?」

一夏「風呂、一緒に入りたくて」

千冬「」

一夏「千冬姉、一緒に入ろう?」

千冬「ダメに決まっt」一夏「今日だけだから!」

千冬「……今日だけ、だからな」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 01:11:21.71 ID:fDtbeI5H0
一夏「千冬姉、背中流してやるよ」

千冬「あ、ああ……」

ごしごしごし

千冬(やはり一夏は上手いな、気持ちが良い)

一夏「……」

ぎゅっ

千冬「な、なにをっ!」

一夏「千冬姉……」

千冬「……」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 01:15:26.91 ID:fDtbeI5H0
ちゃぷっ

一夏「はぁ、やっぱり風呂は気持ちいいなあ」

千冬「……一夏」

一夏「どうした千冬姉」

千冬「その、今まで寂しく、辛い思いをさせてたな、すまん」

一夏「そんなの」

ぎゅっ

千冬「ッ!?」

一夏「いま千冬姉がいる、それだけで十分だよ」

千冬「……そうか」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 01:25:59.60 ID:fDtbeI5H0
一夏「なあ、千冬姉」

千冬「なんだ」

一夏「いつか俺が千冬姉を越したらさ」

ぺしっ

一夏「いてっ」

千冬「馬鹿者、いつかなんて仮定ではなく卒業までにとかあるだろう?」

一夏「卒業までにはさすがに厳しいなーなんて」

千冬「……馬鹿者」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 01:40:14.01 ID:fDtbeI5H0
千冬「……上がる」

一夏「ああ」

千冬「今日はさっさと寝るぞ」

一夏「ありがとう千冬姉」

千冬「なっ、別に礼なんか……あっ」

ツルッ

一夏「千冬姉っ!」

ぎゅっ!

一夏「良かったぁ……千冬姉、大丈夫か?」

千冬「……ゴホン、一夏、貴様の手をよく見てみろ」

一夏「手? うわっ、悪い!」

ばっ!

一夏「あ、あぁっ……」

千冬「ばっ、馬鹿者! 人が隠す準備する間もなく離すな!」

一夏「ご、ごめん!」
千冬「ま、全く……」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 03:22:51.95 ID:28pd5PQOO
千冬「……」

一夏「……」

千冬「おい、一夏」

一夏「な、なんd…~~!?」

千冬「……何をしている。舌噛んだな?見せてみろ…………塩はどこだったかな」

一夏「~~!?」

千冬「冗談だ」

一夏「……千冬姉ぇ」

千冬「先程の仕返しだ、ばかもの」

一夏「うぅ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 03:43:00.92 ID:28pd5PQOO
千冬「そんな目で見ないでくれ。度が過ぎたよ」

一夏「いや、その、別に」

千冬「そうか……やはり、お前は優しいな」

一夏「千冬姉の教育の賜物さ」

千冬「……そのせいでこんな鈍感の唐変木に、か」

一夏「な、なんか酷い事言われてる?」

千冬「まぁいい。話は戻るが、今日は……その、なんだ」

一夏「……?」

千冬「……何か作ってはくれてない、のか?」

一夏「……あ、ああ。うん……ちゃんとある、けど……」

千冬「……どうした?」

一夏「今の千冬姉、なんか凄くその、可愛かったなぁ、と思って……あ」

千冬「」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 15:04:05.80 ID:28pd5PQOO
千冬「な、何を、言っているお前は」

一夏「あ、いや、その……いや、でも千冬姉は格好良いし可愛いと思う、うん」

千冬「……からかうな」

一夏「からかってなんかないよ」

千冬「そ、そうか。その、なんだ……この歳になって可愛い、か」

一夏「千冬姉?」

千冬「いや、今まで格好良いとはよく言われていたが……」

一夏「千冬姉、外だとキリッとしてるから」

千冬「そう言うお前は、外でも中でも変わらんな」

一夏「俺はこういう性格だよ」

千冬「ふっ、そうか」

一夏「そうだよ」 

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 15:26:09.03 ID:28pd5PQOO
一夏「はい、千冬姉。今日はコーヒーゼリーにちょっとアレンジしてみた」

千冬「ほぅ、まぁお前の事だ。美味いから大丈夫だな」

一夏「食べる前から、プレッシャーだよ千冬姉」

千冬「別に世辞じゃないんだがな」

一夏「……ありがと。はいスプーン」

千冬「ん」

一夏「………」

千冬「……ん……うむ、やはり美味いじゃないか」

一夏「うん、ならよかったよ」

千冬「……お前、本当はISなんかよりパティシエとかコックとか料理関係の方に進みたかったんじゃないか?」

一夏「へ?……まさか!あくまでも趣味の範囲ないだよ」

千冬「これで趣味の範囲内か?」

一夏「?」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 15:35:41.07 ID:28pd5PQOO

千冬「買って食べるよりお前の方が美味いんだがな?」

一夏「そりゃ、千冬姉の好みに合わせてますからね」

千冬「ふふっ、ならお前の作った方が美味くて当然だな」

一夏「……」

千冬「……どうかしたか、一夏」

一夏「あ、いや……今日は千冬姉、よく笑うな、って思ってさ」

千冬「……なに、私だって楽しかったり嬉しい時は笑うさ」

一夏「……やっぱりISの教官って大変なんだよな」

千冬「気にするな。その疲れはお前の食事で癒してもらっている」

一夏「なら今日の夕飯も腕によりをかけないとな」

千冬「ほどほどにな。私が外で食事出来なくなる」

一夏「ハードル上げすぎだよ、千冬姉」

千冬「ふっ、冗談だよ……ん、美味かったぞ、一夏」

一夏「お粗末様でした。洗い物先に片付けとくよ」

千冬「……主夫か、お前は」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 15:44:22.15 ID:28pd5PQOO
一夏「~♪」

千冬「……一夏」

一夏「何、千冬姉?」

千冬「お前、なんだ、そのエプロン」

一夏「ああ、これ?」

『織斑千冬』千冬の影絵付き

一夏「何か、中学の時の同級生が千冬姉のファンらしくて、作ってみました!ってくれたんだけど」

千冬「……それを馴染む位に使ってるのか、お前は」

一夏「結構使い易いんだよ、これ」

千冬「……一応聞くが、まさか宅配便とかそれ付けて出てないだろうな」

一夏「え、何か問題あった?」

千冬「………」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 15:57:10.56 ID:28pd5PQOO
千冬「あー、いや、うむ、まぁいいか」

一夏「?」

千冬「今度、エプロン買ってやるからそれを使え、いいな」

一夏「う、うん?わかった」

千冬「……まったく、なんでこいつは平然とこんな気恥ずかしいマネを」

一夏「千冬姉、何か言った?」

千冬「独り言だ」

一夏「そうだ、買い物ならついでに千冬姉の下着とコートがそろそろ古くなりかけてるから新しいのも」

千冬「あー、適当に選んでおいてくれ」

一夏「え、いや……千冬姉、下着もなんだけど……」

千冬「一夏が選んだので構わん。見繕っといてくれ」

一夏「……わかった」

千冬「その変わり、エプロンは私が選ぶ」

一夏「ん、楽しみにしとく」

千冬「うむ」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 16:06:05.18 ID:28pd5PQOO
一夏「さて、これで終わり、と」

千冬「終わったか?」

一夏「洗い物だけだけど、ね」

千冬「……まだ、何かあるのか?」

一夏「洗濯物の取り入れと片付けと……今日は廊下の掃除かな、あと風呂の準備か。その後で夕飯の支度だけど、何かあった?」

千冬「あ、いや…………何か手伝うか?」

一夏「いや、千冬姉は普段疲れてるんだから、これは俺の仕事だよ」

千冬「そ、そうか……いつもすまないな」

一夏「何言ってるんだよ、それは俺のセリフだよ」

千冬「そうか。……しかたないのない奴だ」

一夏「千冬姉?」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 16:14:04.36 ID:28pd5PQOO
千冬「休みの時くらい、少しは私に甘えろ一夏」

一夏「でも、千冬姉は今までずっと」

千冬「問答無用だ。洗濯物は私がやるから、別の事をしていろ」

一夏「……でも」

千冬「……あー、なら、終わってからマッサージを頼めるか?」

一夏「……わかった。じゃあ千冬姉、洗濯物お願いするよ」

千冬「任された」

千冬「……」

千冬「………」

千冬「…………何故だ」

千冬「一夏が畳んだもの見たく綺麗に畳めない」

千冬「……なんか凄まじく悔しい」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 16:24:46.60 ID:28pd5PQOO
千冬「」

千冬「とりあえず畳めた、うむ。畳めたから良い」

一夏「千冬姉、終わった?」

千冬「い、一夏!?」

一夏「ど、どうかした?」

千冬「……畳めたには、畳めたのだが、その」

一夏「……あれ、千冬姉アイロンかけ忘れてるんじゃ?」

千冬「……スマン、家事を任せきりだとは思っていたが、情けないな」

一夏「あはは、まぁでも、なんか安心したよ」

千冬「何がだ?」

一夏「千冬姉が完璧超人じゃなくて、何と無くだけどホッとした」

千冬「はぁ、凄まじく複雑だよ、私は」

一夏「あはは、ゴメン。じゃあちょっと片付けちゃうから」

千冬「頼む」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 16:33:17.10 ID:28pd5PQOO
一夏「終わりっと」

千冬「お疲れ様だ、一夏。ほら」

一夏「あ、ありがとう千冬姉」

千冬「……一夏、お前髪伸びたな」

一夏「え、ああ、そろそろ切ろうかな、千冬姉は?」

千冬「任せる」

一夏「うーん、毛先だけ揃えとこうかな……」

千冬「……一夏?」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 16:35:14.13 ID:28pd5PQOO
一夏「やっぱり千冬姉の髪、サラサラで気持ち良いな、と思って」

千冬「そうか、毎朝一応は梳いているからな」

一夏「……んー、どうしようかな」

千冬「……」

一夏「……」

千冬「匂い、嗅ぐなよ?」

一夏「千冬姉?」

千冬「冗談だ、好きにしろ」

一夏「……ん、良い匂い」

千冬「い、一夏!?」

一夏「冗談だよ、千冬姉?」

千冬「……降参だ」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 17:19:29.24 ID:28pd5PQOO
千冬「……言うようになったな、一夏」

一夏「一応、半分は本当だけどね」

千冬「半分?」

一夏「髪だけじゃなくて、千冬姉は良い匂いだから」

千冬「…………」

一夏「ち、千冬姉!?」

千冬「……ふむ、こうしてみると抱き心地いいな、一夏は」

一夏「……千冬姉」

千冬「どうした、一夏」

一夏「やっぱり、良い匂いだと思う」

千冬「大人しくしていろ、こいつめ」

一夏「………ん」

千冬「甘え下手な奴だ」

一夏「……ごめん」

千冬「気にするな」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 17:24:17.94 ID:28pd5PQOO
千冬「……少し前までは」

一夏「……?」

千冬「もっと小さかった気がしていたんだがな」

一夏「………ん」

千冬「……こうやってお前の頭撫でてたのも、ほんの少し前だと思っていた」

一夏「………」

千冬「時の流れは早いものだな」

一夏「うん」

千冬「一夏?」

一夏「だから、今なら」

千冬「!?」

一夏「こうやって千冬姉の頭も撫でられる」

千冬「……ばかもの」

一夏「知ってる」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 17:31:27.79 ID:28pd5PQOO
千冬「さて、もう大丈夫か?」

一夏「ん、ありがとう、千冬姉」

千冬「寂しいならあいつらに少し甘えてみたらどうだ」

一夏「い、いやだって格好悪いだろ、甘えたいなんて」

千冬「そうか?」

一夏「そうなんだ」

千冬「ま、少しくらい格好悪くてもお前なら大丈夫だ」

一夏「?」

千冬「気にするな、まぁまた甘えたくなったら言えばいいさ」

一夏「……ん」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 17:37:17.20 ID:28pd5PQOO
一夏「そ、それはそうと!」

千冬「どうした?」

一夏「千冬姉の髪!」

千冬「あ、ああ。また適当に頼めるか」

一夏「今の内に切っとこうか?」

千冬「ん、任せるよ」

一夏「毛先揃えるだけにしとくから」

千冬「そうか、なら頼むが……短くしようとはしないな」

一夏「……千冬姉の髪、綺麗で好きだから」

千冬「そうか」

一夏「うん」

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 17:42:40.78 ID:28pd5PQOO
一夏「……ん、と……あ、枝毛」

千冬「………」

一夏「………あと、は……こう」

千冬「………」

一夏「こんなもんかな、終わったよ、千冬姉」

千冬「………」

一夏「……千冬姉?」

千冬「……すぅ……すぅ」

一夏「……お疲れ様、千冬姉……じゃあ、よいしょ、と」

千冬「……ん」

一夏「ソファーでゴメンね、千冬姉。あとタオルケット……あ、あった」

千冬「………」

一夏「おやすみ、千冬姉」

千冬「………ん」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 18:46:02.80 ID:28pd5PQOO
かーらーのー、は反則だと思う

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 18:48:35.72 ID:28pd5PQOO
千冬「……?」

一夏「~♪」

千冬「……ん、私は」

一夏「ん、あ、千冬姉、おはよう」

千冬「……寝ていたのか」

一夏「よく休めた?」

千冬「すまないな……ん、良い匂いだ」

一夏「もうすぐ夕飯が出来るから」

千冬「……ん、何か手伝うか?」

一夏「大皿と……小皿を二枚お願い」

千冬「うむ」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 18:50:37.96 ID:28pd5PQOO
一夏「出来た、完成」

千冬「……本当にお前、これが趣味の範囲内か」

一夏「?」

千冬「まぁいい。今夜はお前も飲むか?」

一夏「未成年に飲酒を奨めないでよ」

千冬「仕方ない、一人寂しく飲むとするか」

一夏「………晩酌はするから」

千冬「そうか、ならいい」

一夏「はい、千冬姉」

千冬「ん……ありがとう、一夏」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 18:54:02.88 ID:28pd5PQOO
一夏「いただきます」

千冬「いただきます」

一夏「……ん、いい感じだ」

千冬「んっ、んっ、……はぁ」

一夏「はい、千冬姉」

千冬「ああ」

一夏「どうかな」

千冬「上出来だ。美味いぞ」

一夏「なら、よかった」

千冬「酒が進む、よい味だ」

一夏「嬉しいな、それは」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:00:26.62 ID:28pd5PQOO
千冬「美味かったぞ、ごちそうさま」

一夏「ごちそうさま」

千冬「さて、後片付けは」

一夏「終わったよ、千冬姉」

千冬「………」

一夏「どうかした、千冬姉?」

千冬「いや、なんでも、ない」

一夏「千冬姉、お風呂沸いてるからどうぞ」

千冬「……ふむ、では入ってくる」

一夏「行ってらっしゃい」

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:14:28.23 ID:28pd5PQOO
千冬「……上がったぞ、一夏」

一夏「………ち、千冬……姉…!?」

千冬「どうした、一夏?」

一夏「……なんで下着だけ?」

千冬「いや、マッサージは風呂上がりにと言ったのはお前だろう」

一夏「……あー、そういえば」

千冬「なんだ、忘れてたのか」

一夏「ゴメン、千冬姉」

千冬「いや、別に……良いが」

一夏「なら、始めようか」

千冬「ああ、頼む」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:23:25.16 ID:28pd5PQOO
―――――――

――――

――

千冬「………ふぅ……気持ち良かったぞ、一夏」

一夏「はぁ…はぁ…なら、頑張ったかいがあったよ」

千冬「まったく、そんなに全力で頑張るな」

一夏「あはは、性分だよ」

千冬「ほら、お前も風呂に入ってこい」

一夏「ああ、行ってくるよ……千冬姉も」

千冬「うん?」

一夏「その……早くパジャマ、着なよ」

千冬「あ、ああ。わかった」

一夏「ん、じゃあ……」

千冬「ん、行ってこい」

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:29:19.91 ID:28pd5PQOO
一夏「……ふぁ、さっぱりした」

千冬「一夏」

一夏「ち、ちふっ、千冬姉!?」

千冬「ああ、スマン驚かせた」

一夏「なんで下着のまま!?」

千冬「…………パジャマ、どこだ?」

一夏「あ、あれ…………あ、風呂場にそのまま置きっぱなしだったやつ」

千冬「あぁ、そう言えば。ありがとう、着替えてこよう」

一夏「……今洗濯機に入れて回しちゃった」

千冬「………」

一夏「………」

千冬「……予備は」

一夏「……古いのしかない、ような」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:33:35.27 ID:28pd5PQOO
千冬「……む、やはり小さいな」

一夏「ゴメン、千冬姉」

千冬「気にするな、適当にジャージで良い」

一夏「……クリーニング中じゃなかった?」

千冬「……むぅ、私服は……無いな」

一夏「千冬姉、最近スーツばっかりだったし、古いのは半袖とか、スカート系のしか」

千冬「仕方ない、一夏。適当に何か貸してくれ」

一夏「あ、うん。ちょっと待ってて」

千冬「うむ」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:41:08.33 ID:28pd5PQOO
一夏「どう、千冬姉」

千冬「ふむ、いいな、これ……だが」

一夏「あはは……」

千冬「このパーカーに耳がついているのは、何故だ……猫の耳か、これは?」

一夏「買った、というか……買わされたというか……」

千冬「……よく着るのか、これ」

一夏「ま、まさか!」

千冬「……?まあいい、今晩借りるぞ」

一夏「ああ」

千冬「……ん、ポケットに何か」

一夏「……?」

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:46:38.36 ID:28pd5PQOO
千冬「猫の手?……肉球手袋プニプニくん……?」

一夏「あ」

千冬「…………」

一夏「い、いやそれらは弾の奴が!?」

千冬「……にゃあ」

一夏「」

千冬「………」

一夏「………」

千冬「……ふむ、この肉球、良い出来だ」

一夏「あ、うん……プニプニだし」

千冬「そうだな、プニプニだ」

一夏「うん、プニプニ」

千冬「……忘れろ」

一夏「……はい」

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:51:50.13 ID:28pd5PQOO
千冬「さて、後は寝るだけ、なんだが……」

一夏「何かあった?」

千冬「……パジャマを捜して、だな、その……部屋が」

一夏「…………うわ」

千冬「スマン」

一夏「あー、なら少し片付ける、にしても時間かかりそうだな」

千冬「……面目ない」

一夏「なら千冬姉が俺のベッド使ってよ、俺ソファーで寝るから」

千冬「ふざけるな、そんな訳にはいくか。私がソファーで寝るから毛布運ぶのを手伝ってくれ」

一夏「駄目。千冬姉はベッドで寝てくれ」

千冬「お前の部屋だろうが。お前が寝ろ」

一夏「なら、一緒に寝よう」

千冬「」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 19:59:02.68 ID:28pd5PQOO
一夏「…………」

千冬「…………」

一夏千冬(どうしてこうなった!?)

一夏「ち、千冬姉…?」

千冬「っ……なんだ、一夏」

一夏「その、ちゃんと毛布に入ってる?」

千冬「お前こそ、ちゃんと入ってるんだろうな」

一夏「……俺の事は、別に」

千冬「……一夏」

一夏「なn……千冬姉!?」

千冬「黙って私に抱きしめられて寝ていろ。返事は聞かん」

一夏「……千冬姉」

千冬「…………」

一夏「……おやすみ」

千冬「……ああ、良い夢を」

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19(月) 20:01:52.27 ID:28pd5PQOO
エロスはあれどエロには流れず

後はお任せいたします

織斑姉弟とこのスレ民に幸多かれ



おやすみ