1: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:01:23.64 ID:znzn/mpMo


―――


加蓮「…………」ジーッ

P「もぐもぐ」


加蓮「…………」ジーッ

P「もぐもぐ……」


加蓮「…………」ジーッ

P「……もぐ、ごくん」


P「――なんだ、加蓮?」

加蓮「ん? んーん、なんでも。プロデューサー、今年もたくさんチョコもらったんだなって」

P「もぐもぐ……うん、ありがたいこった」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455552083

引用元: 北条加蓮「たくさんの中のひとりでも、」 


 

2: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:06:45.74 ID:znzn/mpMo
加蓮「モテモテだね」ニヤニヤ

P「うーん……素直に喜んでいいのやら。ファンに見られたらなにされるか分かったもんじゃない……」

加蓮「ふふ、だから持ち帰らずに事務所でこっそり食べてるわけか」

P「持ち帰ろうにも多すぎるけどな……とにかく暇見つけて食べないと」

加蓮「お仕事に差し支えないようにしてよね。甘いものばっかりじゃ体に悪いよ?」

P「加蓮に言われたら世話ないな」モグモグ

3: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:09:11.38 ID:znzn/mpMo
加蓮「なにそれ。せっかく心配してあげてるのに」

P「へいへい、ありがとさん」

加蓮「もう……全然気持ちこもってないし」

P「加蓮もジャンクフードばかり食べないで、まともなもの食べなさい」

加蓮「はーいはい。耳にタコができるくらい聞いたよ、それ」

P「何度言っても聞かないからな。せっかく心配してあげてるのに」

加蓮「む、まねっこ」

P「ふふ。悪い」

4: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:12:38.83 ID:znzn/mpMo
加蓮「これでもちゃんと、お店行く回数は減らしてるんだよ? ……週3から週2くらいに」

P「……あまり変わってないけどまぁいいか。努力は認めよう」

加蓮「そりゃどーも。……で、それよりどうするの? この大量のチョコの山」

P「もちろん全部食べるさ。じゃないとみんなに失礼だろ?」

加蓮「はー……。マメだね、プロデューサーって」

P「マメかどうかは分からないけど。みんなそれぞれ、凝ったもの作ってくれてるんだしな」

5: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:16:52.13 ID:znzn/mpMo
加蓮「凝ってるのもそうだけど、誰も彼もチョコあげすぎでしょ。なによプロデューサー用のプレゼントボックスって……」

P「俺だって初めて見たよ……。ま、俺もいつも事務所にいるわけじゃないから、こういう箱はありがたいんだけど」

加蓮「箱いっぱいだね。大人気アイドルかな」

P「やめい」

加蓮「ふふ。あ、そうそう、凛や奈緒のも入ってた?」

P「ん、ああ。取り出した分にあったよ。なかなか美味かった」

6: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:19:46.86 ID:znzn/mpMo
加蓮「良かったねプロデューサー、嫌われてないみたいでさ。ふふっ」

P「だな。手紙も付いてて嬉しかったよ」

加蓮「ふぅん……愛の告白でもされた? ふふふ」

P「はは、バカ言え。……そういや、加蓮のはまだ見てないな。まだ箱に入ってるのかね」

加蓮「そう? ちゃんと入れといたよ。楽しみにしててね、手作りなんだから」

7: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:21:27.80 ID:znzn/mpMo
P「お、ほんとか? じゃあ早速探して――」ゴソゴソ

加蓮「ち、ちょっとちょっと! 本人がいる前でやめてよっ」

P「え、ダメか?」

加蓮「ダメに決まってるでしょ……もー、デリカシーないんだから」

P「ご、ごめんごめん……」

加蓮「私この後レッスンだから。そしたら探して食べて、ね?」

P「ん、了解……って無理だ。俺も打ち合わせがあって、これからすぐ出なきゃいけないんだよ」

8: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:24:59.86 ID:znzn/mpMo
加蓮「あれ、そうだっけ? ――あ、ほんとだ。ホワイトボードに書いてあったね」

P「そういうこと。加蓮はもう少し時間あるだろ? ちひろさんがすぐ帰ってくるはずだから、少しの間留守番頼むよ」

加蓮「うん、分かった。気をつけてね」

P「ああ。それじゃ行ってくる」

加蓮「いってらっしゃーい」


がちゃり ばたんっ


加蓮「……はぁ。行っちゃった」





加蓮「…………」ゴソ

加蓮「……どうしよ、これ」

9: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:28:18.20 ID:znzn/mpMo
加蓮「はぁぁぁ……。2人きりだったのに、せっかく手渡しできるチャンスだったのにぃ……」ズーン…


加蓮「なんで渡せないかなぁ……。ずるずるぐだぐだ、結局バレンタイン過ぎちゃったし……」

加蓮「はぁ……私のバカ。意気地なし……」


加蓮「…………」

加蓮「……り、凛も奈緒も……チョコ、食べてもらったんだよね……」

加蓮「プロデューサー、嬉しそうだったな……」



加蓮(私のでも……喜んでくれる、かな……?)

11: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:30:54.29 ID:znzn/mpMo
加蓮「…………」ウロウロ…

加蓮「…………~~~っ」ウロウロ…



加蓮「よ、よし。いい加減覚悟決めろ、北条加蓮っ」



加蓮「て、手紙……か、書く? っていうかなに書けば……うぅぅ」カァァ


加蓮「――うわ、便箋ないし……。買いに行く暇ないよね……しょーがない、プロデューサー、メモ帳借りるね……」


加蓮「はいけい……拝啓はおかしいでしょ……」ケシケシ


加蓮「んー……うー……むー……」カキカキ…


―――

――


12: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:33:10.17 ID:znzn/mpMo


―――


がちゃ


P「ただいま戻りましたー……っと、誰もいないか」


P「さて、資料を整理したらチョコの続きを――」

P「って、あれ? 机の上に置いといたっけ。見覚えないな……誰からのだ?」


ぴら……


P「ん……手紙、か? えっと――」

13: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:35:56.08 ID:znzn/mpMo


『――プロデューサーへ』



『私のこと、いつも大切にしてくれてありがとう。面と向かって言えないから、手紙で許してね。』


『謝るついでに。ごめんなさい…ウソ、つきました。』


『箱に入れたって言ったけど、ほんとは勇気出せなくて。今までずっと、私のかばんの中で転がってたの。』


『でも、それじゃいけないと思って。今日こそ、あなたに私のチョコをおくります。』


『気持ち、いっぱいいっぱいこめたから、食べてくれたらうれしいな。』


『うん、短いけどこんな感じってことで。あらためて、これからもよろしく。』


『いろんな夢、私に叶えさせてよね♪』



『加蓮より』




『―――――――――――――』

14: ◆5F5enKB7wjS6 2016/02/16(火) 01:37:57.17 ID:znzn/mpMo
P「……加蓮」

P「…………あはは」


P「下敷き挟まないと、消しても下の紙に跡残るんだぞ……まったくもう」





――あなたのことが大好きです。



おわり