1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 19:56:25.19 ID:yJ0SEjj00


ザアアアア・・・


聖來「……いきなり降ってきちゃったねえ」

凛「今日は大丈夫だと思ったんですけど……」

ハナコ「くうん……」ブルブル

凛「ハナコ? どうしたの?」

聖來「! そういえば、ここって…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375008985

引用元: モバP「ここはわんわんののろい」 


 

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-02-25)
売り上げランキング: 38
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 19:58:55.56 ID:yJ0SEjj00
凛「――動物病院跡……?」

聖來「そうそう。特に何かイワク付きって訳じゃあないんだけどね」

凛「ハナコ、やっぱり病院嫌い?」

ハナコ「わふっ!」ピョンッ

凛「あ、ハナコ……!」


タタタ・・・

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:01:33.29 ID:yJ0SEjj00


タタタ・・・


聖來「何々、どうしたの?」

凛「これ…………」

ハナコ「くうん……」

聖來「箱? これって……」

凛「うん、捨てられちゃった犬みたい。でも……」

聖來「う! 死んでるね。それも、かなり前に……」




――ザアアアア・・・

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:07:37.06 ID:yJ0SEjj00
―――数日後


P「のあさん、どうかしたんですか?」

のあ「…………」ヒソヒソ

P「はい、はい……」

のあ「…………」コショコショ

P「はい、ええ…………」

P「そうです、それがユニクロの底力です」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:09:31.79 ID:yJ0SEjj00
P「何なんですか、急に」

のあ「待ちなさい、最後までちゃんと聞いて」

P「はあ、ユニクロがどうしたんですか?」

のあ「今日打ち合わせする筈の小梅がまだ来てないのよ」

P「関係ないじゃねえかちくしょう」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:12:17.42 ID:yJ0SEjj00
P「……にしても、確かに気になりますね。小梅は遅刻なんてしない子なんですが……」

のあ「ええ。そしてあまり迷惑を掛けるような子でもないわ」

P「一応、連絡を取ってみましょうか……」


ガチャ・・・


小梅「あ、あの……」オズオズ

のあ「その必要は無さそうね」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:15:46.64 ID:yJ0SEjj00
P「おう、小梅。どうしたんだ、えらいお……そ……」

小梅(犬耳)「え、えっと……」ビクビク

のあ「あら」


P「…………」

小梅「あの、朝……起きたら、こうなってて……」

P「…………」



P「クラリスさーーーーーーーん!!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:17:25.82 ID:yJ0SEjj00
小梅「っ!」ビクッ

P「天使! 天使が降臨しなすったよ!! 祈りましょう早く!!」

のあ「P、落ち着きなさい」ガスッ

P「」チーン

のあ「で、どうしたと……?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:20:58.17 ID:yJ0SEjj00
小梅「え、えっと……今朝、目が覚めて……頭が、むずむずしたから、鏡を見たら……」

のあ「そうなっていた、と……」

P「あの子は何か知ってなかったか?」ムクッ

のあ「随分早いお目覚めね」

小梅「あ、そうだった……。眠らないから、何か知ってるかも……」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:26:13.59 ID:yJ0SEjj00
小梅「…………」ヒソヒソ・・・


――――

のあ「……驚かせようと付け耳をしたという可能性は無いの?」

P「まさか。そんな事をするのは貴方だけですよ」

のあ「ええ、そうね。まあ、今回はみくも騒がなくて済みそうだわ」


ガチャ


凛「ただいま戻りました」

P「おお、凛お帰り」

のあ「お帰りなさい」

凛「どうしたの? のあさんと2人だけなんて珍しいね」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:29:05.95 ID:yJ0SEjj00
P「いや、小梅もあそこにいるんだけどさ……」

凛「あ、ホントだ。ますますおかしいよ、プロデューサーが小梅ちゃんを放っておくなんて……」

P「……ま、話しておくか。じきに分かることなんだし……」

のあ「そうね、それが賢明よ」

凛「……?」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:32:08.56 ID:yJ0SEjj00
P「でも、ええと……。どう話したらいいもんかね……」

小梅「あ、あの……プロデューサーさん……」ヒョコ

凛「!!?」

のあ「どうやらその必要も無いようね」

凛「かわいい……」ボソ

P「ん、何だ? 驚いたのは分かるが」

凛「! な、何でもない!」プイ

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:36:59.11 ID:yJ0SEjj00
――――


P「――ええと、話を整理すると……」

のあ「犬の怨霊らしきものが、昨日から事務所の周囲を彷徨っていて……」

P「それで、『あの子』が守ってくれたはいいが?」

のあ「波長が合ってしまったらしく、中途半端な呪いを受けて、耳が生えてしまったと……」

小梅「う、うん……」コクリ

凛「それって、ヘタすると丸々犬になってた可能性もあるってこと?」

P「だとすると、この程度で済んで良かったってことか……?」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:42:28.38 ID:yJ0SEjj00
小梅「で、でも……。この子、消えかかってる、から……。呪いは、そう長く持たないみたい……」

小梅「何にしても、持って、1日くらい……」

P「ううむ、今日は安静にしておいた方がいいって事か……」

のあ「事務所の周囲を彷徨っていたのよね? なら極力動かない方がいいのではないかしら?」

小梅「うん……。離れたところから来てるみたい、だから。本当なら、もっと、強力な呪いだったのかも」

のあ「そこに近付いてしまう可能性もあるのね。ならやはり大事を取るべきだわ」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:51:02.59 ID:yJ0SEjj00
小梅「じゃ、じゃあ今日のお仕事は……?」ピコピコ

P(ちょっとづつ動き始めてるな……。呪いが効き始めてるってことか?)

P「かわいい」

小梅「え?」ピコ

P「じゃ、無かった。今日はお休みだな。これじゃ仕事どころじゃないだろ」

小梅「そ、そっか……」ペタン

凛「かわ……じゃないや、プロデューサーはどうするの? このまま小梅ちゃんを見ておく?」

P「ああ、そうしよう。溜まった書類を整理しないといけないから却って好都合だ」

小梅「!」ピコ

のあ「P……。私の打ち合わせは?」

P「あ、それくらいなら済ませられるとは思います。小梅も――」

小梅「あ、えと……」ペタン

P「すいません、また延期ということで……」

のあ「まあ、仕方の無い事ね……」

小梅「そ、そんな……。悪い、です……」ピコピコ♪

P(かわいい)

のあ(かわいい)

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 20:56:34.96 ID:yJ0SEjj00
のあ「自主レッスンにでも向かっておくわ……。途中でみくも拾う」

P「ユニットの練習ですか。精が出ますね」ハハ

のあ「じゃあ、行ってくるわね……」ガチャ

P「……っと、凛はどうする?」

凛「何だか小梅ちゃんに悪いから、私もトレーニングに向かうけど、その前にね……」

P「どうした?」

凛「一つ、心当たりがあったなと思って……」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:02:48.42 ID:yJ0SEjj00
――――


P「捨て犬の、ねえ……」

凛「ひょっとして、私たちが見つけてしまったからかなって……」

P「いや、その行動自体に問題は無いと思うが……」

小梅「で、でも……それで目を付けられた、ってことはあり得る、かも……」

凛「やっぱり、お墓か何か、作ってあげれば良かったのかな」

P「んー……。ま、事が終わったら、俺と小梅でその病院跡とやらに向かってみよう」

小梅「気にしてないよ、って、教えてあげるから……」

凛「ん、そっか。いい子だね」ナデナデ

小梅「……っ」ピコピコ

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:06:16.38 ID:yJ0SEjj00
凛「じゃ、それは任せておこうかな。じゃあ、私も行くから」

P「おう、気をつけてな」

小梅「い、いってらっしゃい……」フリフリ


バタム・・・


P「さて、俺も仕事片づけないとな……」

小梅「わ、私はどうしたらいい……?」

P「ん? しばらく映画でも観ていてくれ。DVD持ち込んでたろ?」

小梅「わ、分かった……。そう、するね……?」ペタン・・・

P(ぐ……我慢だ、我慢……!)

24: >>22画像先輩ありがとうございます 2013/07/28(日) 21:09:43.10 ID:yJ0SEjj00
――――

<・・・~♪

<・・・コレカラ・・・

P(しまった……)カタカタ・・・

P(不協和音で仕事しづらい……!)カタ・・・

P(でも……)チラ

小梅「~♪」ピコピコ

P(あの天使を止められる訳が無い……!)

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:12:59.06 ID:yJ0SEjj00
小梅「……? あ、プロデューサーさん、仕事、終わった……?」ピコピコ♪

P「え!? あ、ああ。もう少しだ……!」カタカタ

小梅「そっか……」ペタン

P(ぐ…………! も、もう1時間もすれば片づくだろ?)

P(それまでの辛抱だ……!)カタカタ・・・

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:15:33.75 ID:yJ0SEjj00
―――30分後


<ギュイイィィィ!! ギャアアァァ!!


P「うわ……」ナデナデ

小梅「~♪」ピコピコ

P「うお……!?」ナデナデ

P「…………」ナデ・・・

小梅「……?」ピコ



P(俺は何をしているんだ!?)

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:19:49.53 ID:yJ0SEjj00
P(仕事はどうした!? もう片づいたっけか!?)・・・ナデナデ

小梅「……~♪」ピコピコ

P(じゃあ、あの書類の山は何なんだ!?)ナデナデ

小梅「あ、終わった……」ピコ

P(ま、しょうがないよな……? 天使いるし)

小梅「え、えへ……。次は、何観る……?」ピコピコ

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:21:48.68 ID:yJ0SEjj00
――――


P「…………」ナデナデ

小梅「~♪」パタパタ

P「…………」ナデナデ

小梅「……きゅううん……♪」パタパタ



P(尻尾生えてる…………)ズーン

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:24:31.83 ID:yJ0SEjj00
P(明らかに呪い進行してないかこれ……)ナデナデ

小梅「~♪」スリスリ

P(どうしようもない僕に天使が降りてきたんだけど……。本当に悪霊かこれ……)ナデナデ

小梅「…………わふー……♪」ピコピコ

P(精神まで飲まれてる気がするし……)

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:27:23.05 ID:yJ0SEjj00
P「…………」ピタ

小梅「……?」パタ・・・

P「…………」ジーッ

小梅「…………?」アソンデクレナイノ?

P(尻尾、どこから生えてるんだこれ……)

小梅「? ……?」ネエネエアソンデヨ

P「ちょっとだけ……」スッ

小梅「きゃうっ!?」ビクンッ

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:30:14.00 ID:yJ0SEjj00
P「あ、悪い悪い」

小梅「…………がる……」フーッ

P(神経通ってるっぽいぞ……)

P「なあ、悪かったって……」ナデ

小梅「わふ……」トロン

P(しばらく下あご撫でておくか……)

小梅「~♪」パタパタ

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:34:57.45 ID:yJ0SEjj00
――――


ガチャ・・・


凛「ごめん、やっぱり気になったからお墓作ってきちゃっ――」

聖來「丁度レッスンに向かうところで遭遇してね! 言葉伝えるだけからちゃんと弔ってからで――」


小梅「わふー!」キャッキャ

P「うりうりー! お腹か! お腹が好きかー!」ナデナデナデナデ


凛「」

聖來「」


P「んー? 今誰、か……」ピタ

小梅「きゅう……?」ハッ

小梅「あ、あれ…………?」キョロキョロ

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:40:08.34 ID:yJ0SEjj00
凛「ふーん…………?」ドドドドドドドド

聖來「ほーう…………?」ゴゴゴゴゴゴゴ


P「っ! た、タンマ! 見ろ! 小梅が戻ったぞ!!」

小梅「…………~~~~~っ///」ボフン

凛「言いたいことはそれだけ……?」ドドドドドドドド

聖來「安心しなよ……。早苗さんは呼ばないから……」ゴゴゴゴゴゴゴ

P「」

小梅「ば、ばかばか……!」ポカポカ

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:43:04.87 ID:yJ0SEjj00
―――翌日


P「――――花、買ってきたぞ」ボロッ

小梅「う、うん……。じゃ、行こっか……?」

P「場所は……。まあ、車で行こうか」

小梅「そ、そうだね……。それと……」



小梅「昨日は、ごめんね……?」

P(……耳なくても天使だったか)


fin

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:46:08.55 ID:yJ0SEjj00
○おまけ

小梅『ぷ、プロデューサーさん……。ど、どうしよう……? な、何だか切なくなって……』スル・・・

P『こ、小梅!? 落ち着け!』


・・・・・・・・

比奈「――動物ネタなら、発情展開って必須だと思うんスけどねえ……」

ちひろ「事務所的に却下で」ニッコリ

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/28(日) 21:47:28.95 ID:yJ0SEjj00
えるしってるか

えすえすのいきぬきにえすえすをかくと

めっちゃめがいたくなる


画像先輩と読んでくれた方々に感謝しつつ終わります