2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:00:47.90 ID:KphCtzBg0

――I try to smile but I can't remember how
  (微笑もうとしても、その方法を覚えられない)


瞳子「え……笑顔が固い? す、すみません、もう一度お願いします!」

瞳子「(く……やはり、ブランクはいかんともしがたいわね……)」

瞳子「(昔出来ていたステップも出来なくなっている……はやく……取り戻さないと……!)」


――I don't know PLease tell,how'd I become so jaded?
  (わからない、どうしてこんなに疲れているの? 誰か教えてよ!)

引用元: 服部瞳子「落ち着こう、私」  


 

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-02-25)
売り上げランキング: 38
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:03:32.64 ID:KphCtzBg0

――Sometimes I Feel like I might be dead soon
  (自分はもう死ぬんじゃないかって思う事がある)


瞳子「ゼェー……ハー……(息……苦し……! ここまで衰えてたなんて……!)」

瞳子「(……しっかり、なさい、瞳子! もう……これがラストチャンスなんだから……!)」


――But I know that it gave me something to belive
  (でも、それは信じるために与えられた『何か』なんだ)

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:08:10.36 ID:KphCtzBg0

――Though I don't know how my life will end,
  (自分の人生がどう終わるかなんてわからない)


瞳子「あら……お迎えありがとう、プロデューサーさん」

瞳子「ええ……そうね、まだまだ順調とはいえない……」

瞳子「正直、身体がめちゃくちゃになるって感じてるわ、毎日のように」


――I never wanna be a slave
  (だから、奴隷でなんてありたくない!)


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:11:06.77 ID:KphCtzBg0

――Caune there is alway the chence to change
  (いつだって変わるチャンスはあるんだ)


瞳子「実を言えば、昔デビューしたころは、ここまで過密な特訓をしたことはなかったわ……」

瞳子「ええ……大丈夫、私は昔よりも、もっと力を付ける……」

瞳子「昔の私なんか……軽く越えてやるんだから!」


――I guess it's up to you
  (それはきっと、君次第)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:14:49.14 ID:KphCtzBg0

――I'm trying to be a better pereson I will get on the train
  (もっと素敵な私でありたい! さあ、列車に乗ろう!)


瞳子「こういう仕事苦手だったの、昔」

瞳子「実力の伴ってなかった小娘が、何を偉そうにってことよね……今なら、わかるわ」

瞳子「ええ、大丈夫よ。プロデューサーさん。せっかくだから、思いっきり楽しんでいくわね!」


――I don't wanna become a slave I will live for myself
  (奴隷みたいな生き方なんてゴメンだ、自分の為に生きなくちゃ!)

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:20:18.93 ID:KphCtzBg0

――I'm trying to be another Cause I won't lose my life
  (新しい自分になるんだ、私自身を台無しにしないために!)


瞳子「ふふ……少しずつだけど、仕事も増えてきたわね」

瞳子「良いものね……こうやって成長していく感覚が、しっかりと見えるのは」

瞳子「ええ……お互いに頑張りましょうね、プロデューサーさん!」


――My life will succeed I'll reach my goal
  (私の人生を成功させるために、ゴールに到達するんだ!)

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:32:45.85 ID:KphCtzBg0

――I'm waiting for my dawn I'm dreaming of freedom
  (夜が明けるのを待ち、自由を夢見ている)


瞳子「仕事が押して朝帰り……こんな状況じゃなきゃ、中々色気のある展開なのに……ふふ、冗談よ」

瞳子「……朝焼け、とっても綺麗ね……」

瞳子「……うん、やっぱり不安はあるわ。また夢が叶わなかったらって思うことは……」


――Nobody knows my worries
  (誰も私の不安を知らない)

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:45:47.13 ID:KphCtzBg0

――No need to understand me
  (理解してもらうつもりはないさ)


瞳子「……あははは! プロデューサーさん、今のセリフ、ちょっとくさすぎよ!」

瞳子「……うん、そうね。これはあくまで、私の不安。プロデューサーさんにだって、全部は分からない……」

瞳子「でもね……貴方がそうやって頑張って仕事をしてくれて……」

瞳子「今もこうして、寄り添ってくれているだけで……私の大きな、助けになってるの……」

瞳子「……いけないわね、私のセリフもちょっとくさかったわ。お、お互いに忘れましょう! ね!」


――I wanna get this small freedam Ibreak away my worries
  (ちいさな自由を得るために、そんなものは今に壊して見せるから)

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:49:42.31 ID:KphCtzBg0

――It's time to say goodbye
  (さよならを言わなくては)


瞳子「落ち着きなさい、私……あら、プロデューサーさん」


――I'm not afreaid of you
  (あんたなんか怖くないよ)


瞳子「……これでも緊張してるのよ、もう! ……ええ、もう私は絶対に負けない」


――I need to walk away Cause I don't wanna be aliar
  (もう行かなくちゃ、嘘吐きでありたくないんだ)


瞳子「ふふ、そうね……このステージが終わったら、一緒に温泉にでも行きましょうか」


――If I cannot live my life,
  (自分の人生を生きられないなら)


瞳子「じゃあ、いくわね! プロデューサーさんが目を離せないくらい、魅せてあげる……!」


――I am as good as dead
  (死んだも同然なのだから)

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 19:52:33.42 ID:KphCtzBg0

――途切れないように、消えないように、自分を確かめて


瞳子「(ステージ……輝きの場所……ここに……戻ってこれた……)」

瞳子「ファンの皆、今日は来てくれてありがとう……! 今日は私の新たな一面、魅せてあげるわ!」


――数えきれないほど、傷ついても

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 20:00:16.66 ID:KphCtzBg0

――確かな明日が来るように願って走る


瞳子「(とても不思議な気分……。いつもの私じゃないみたい……。これも……きっと……)」

瞳子「さあ、私の全力LIVE……行くわよ、みんな!」


――二度とない今日を

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 20:02:20.59 ID:KphCtzBg0

瞳子「(ありがとう、プロデューサーさん……私、もっと輝いていくから……!!)」


――途切れないように、消えないように


                                   終わり