2: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 08:56:34.75 ID:knKDE3O3O
「ねぇ、プロデューサーさん?
私達が初めて行ったデートの場所…覚えてる?」

意識し過ぎたせいかしら

「恥ずかしくって貴方の手も握れなくて、私…上手に話す事も出来なかったのよ。」


良いじゃない。最後くらい感傷に浸らせたてくれても。

私達の関係を終わらせる為とは言え、今日は私の為に時間を作ってくれたんでしょ?

引用元: 【モバマスSS】奏「Rosso&Dry」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 034速水奏
歌、トーク:速水奏(CV:飯田友子)
日本コロムビア (2015-02-04)
売り上げランキング: 806
4: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 12:12:23.51 ID:+YL8D8MYO
「貴方のこと…全部忘れようって思うのに、思い出って中々消せないのね。」

一緒に過ごした時間…思ってるよりも長かったみたいね。

走馬灯の様に、貴方と見た景色が脳裏に蘇るの。

「まるで…貴方の声と一緒に、暗い牢屋に繋がれてるみたい。」

この気持ち…わかってくれる?

5: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 12:24:10.76 ID:+YL8D8MYO
「貴方の教えてくれた曲…毎日聴いてたのよ。」

貴方の事が知りたくて、何時もイヤホンから流れている曲を教えてもらったのよね。

…最初にプロデューサーに会った頃よりも…弱くなっちゃったみたい…。

6: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 12:32:53.98 ID:+YL8D8MYO
貴方が優しくするからよ?

私だって…モナ・リザみたいにいつも笑っていられるわけじゃないの。

「でも、今は聴かない様にしてる…涙が溢れてくるから。」

今の私と同じ様に…

冷たいのに熱い雫が頬を伝ってくるの。

7: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 12:41:34.99 ID:+YL8D8MYO
この涙を止めるには貴方が必要なのよ。

「ねぇ…もう私とは終わりしか見えないの?」



「そうね、あの時確かに言ったわ。」

今思えば…後悔しかないけどね。

11: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 16:49:02.31 ID:+YL8D8MYO
「ハグやキスに意味なんてないわ。」

誰よりも意味を求めてる癖に

「貴方に惚れたりしない。」

そんな風に強がっちゃって

結局、まだまだお子様って事よね。

「言葉なんて要らないの」

貴方の好きなお酒。

その混ざり合ったロッソとドライみたいに

「その瞳で一晩中私を見つめてくれればいいから」

曖昧な言葉で貴方を誘った。

本当は言葉にして欲しいのに。

貴方が大好きなのに。

12: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 19:22:31.02 ID:+YL8D8MYO

「ねぇ…信じて、貴方の足を引っ張ったりしないから」

貴方は答えをはぐらかす。

グラスに浮いた氷のように、ゆらゆらと。


このまま笑顔で立ち去るなんて出来ないのよ。

出会って間もない頃みたいに、振り返らないで貴方から離れるなんて…出来る訳が無いわ。

13: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 19:26:36.91 ID:+YL8D8MYO
貴方のせいで、どんどん私が私じゃなくなってくるの。

自分でもわかってる。らしくないわよね?


ねぇ…あの時優しく言ってくれたじゃない…

奏は俺の天使なんだ。って。

もう私には愛を囁いてくれないの?


14: ◆7lorz0Ih0U 2016/02/17(水) 19:32:05.79 ID:+YL8D8MYO
「ねぇ…プロデューサー…最後にもう一度キスをさせて?」

私の気持ち、伝えるから。

「やり直せるわ、きっと、何とかするから。」

離れたくないの。

涙で滲んで、もうはっきり貴方の姿は見えないけど

とっても格好悪い…等身大の私から

想いを届けるから


「もう一度貴方を愛させて…」



ねぇ…貴方の答えは?





end