1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:49:27.68 ID:aI6ApJbQo
P「……」

P「…なぁ、いおりん」

伊織「いおりん言わないの」

伊織「なぁに?」

P「……」

伊織「……」

P「…すまん、ちょっと呼んでみただけなんだ」

伊織「そうなの?」

P「うん…」

伊織「……」

伊織「そんな悲しそうな顔しないの」

P「えっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455745767

引用元: P「疲れた時でも」伊織「いおりん言わないの」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 05水瀬伊織
水瀬伊織(CV:釘宮理恵)
日本コロムビア (2015-06-03)
売り上げランキング: 5,989
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:50:47.84 ID:aI6ApJbQo
伊織「結構顔に出ちゃうタイプよ、アンタ」

P「そ、そうなのか…?」

伊織「その反応じゃ、やっぱりなにかあったみたいね」

P「うっ…」

P「か、カマをかけたのか…?」

伊織「カマをかけなくたってわかるわよ」

伊織「アンタと私の中にはそれなりに深い絆はあったつもりよ」

P「いおりん…」

伊織「いおりん言わないの」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:51:45.20 ID:aI6ApJbQo
P「…ははっ、伊織には敵わないな」

伊織「そこはいおりん言わないの?」

P「いおりん」

伊織「いおりん言わないの♪」

P「でこちゃん」

伊織「でこちゃん言うな!」

伊織「……」

伊織「…ちょっとは元気出たみたいね」

P「そうかもな…」

P「ありがとな、でこちゃん」

伊織「だーかーらー」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:52:46.51 ID:aI6ApJbQo
P「…すまん」

伊織「謝るぐらいなら最初から言わないの」

P「伊織…」

伊織「いおりん言わないの?」

伊織「でも…元気が無かったのはホントのことよね」

伊織「話ぐらいなら聞くわよ?」

伊織「話したくないなら無理に話さなくても良いけど…」

P「……」

伊織「……」

P「…なぁ、いおりん」

伊織「…いおりん言わないの♪」

P「(かわいい)」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:53:54.97 ID:aI6ApJbQo
伊織「なぁに?」

P「呼んでみただけっていうのは実は本当なんだ」

伊織「そうなの?」

P「ただ…俺、今日ちょっと疲れてるみたいでさ…」

伊織「…うん」

P「上手く言葉に出来ないんだけど、一人でいるとどうしようもなくて…」

P「誰かと話をしたい…」

P「そんな時に真っ先に思い浮かんだのが伊織だった」

伊織「いおりん」

P「えっ?」

伊織「いおりん」

P「…真っ先に思い浮かんだのがいおりんだった」

伊織「いおりん言わないの♪」

P「(ご満悦)」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:55:08.01 ID:aI6ApJbQo
伊織「そうなんだ…」

伊織「……」

伊織「…まぁ、当然よね!」

伊織「つらい時やさみしい時に一緒にいてほしいアイドルといえば、この伊織ちゃんだもの!」

伊織「アンタの気持ちはわからなくは…!」

P「こんなの俺のワガママで、伊織には迷惑にしかならないと思うけど…」

伊織「……」

伊織「迷惑だなんて言わないの」

P「えっ?」

伊織「あと、いおりん言うの」

P「言うの?」

伊織「言うの」

P「いおりん」

伊織「言わないの♪」

P「(かわいい)」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:56:09.71 ID:aI6ApJbQo
伊織「…バカね」

伊織「私、アンタのこと迷惑だなんて一度も思ったことないから」

伊織「アンタは優しいから…ちょっと考え過ぎちゃったのよ」

伊織「それが疲れになって出てきたんだと思う」

P「いおりん…」

伊織「いおりん言わないの」

伊織「良いんじゃない?たまにはワガママ言っちゃっても」

伊織「なにか伊織ちゃんにして欲しいことある?」

伊織「今なら聞いてあげても…!」

P「伊織」

伊織「だから、いおりんって…」

P「抱きしめてもいいか?」

伊織「……」

伊織「…うんっ」

伊織「…特別なんだからね?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:57:02.73 ID:aI6ApJbQo
P「…いおりん」ぎゅっ…

伊織「…こんな時ぐらい伊織って呼んでよ」ぎゅっ…

P「基準がわからん…」

伊織「…もう少し強く抱きしめても許すわよ?」

P「これぐらいか…?」ぎゅっ!

伊織「うん…」

伊織「あったかいわね…」

P「そうだな…」

伊織「……」

P「……」

伊織「ツンデレってなんだろう…」

P「突然どうした…」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:58:13.40 ID:aI6ApJbQo
伊織「私、アンタに対してツンツンしてないなって…」

P「デレてるから良いんじゃないか?」

伊織「だ、誰がアンタにデレデレなんて…!」

P「それだよ、ツンデレ」

伊織「あー…」

伊織「なんとなく思い出してきた…」

P「いや、無理にツンツンしなくて良いんだぞ?」

伊織「うーん…」

伊織「…私がツンツンしないためにはどうすれば良いと思う?」

P「えっ?」

P「……」

伊織「……」

P「なぁ、いおりん」

伊織「…!」

伊織「いおりん言わないのっ♪」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 06:59:48.58 ID:aI6ApJbQo
おわり
もういおりん言わないの