2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/22(土) 23:59:12 ID:Yjg6TQnw
①嫌いな食べ物 

【エレンの場合】

訓練兵団に入団して、初めてのニンジンが入ったメニューが出た日

エレン(う……今日の野菜スープ、ニンジンが入ってる……しかも多い)

エレン(何故か、嫌いな食べ物に限って、多く入ってるんだよな)

エレン(アルミン、食べてもらっていいか?)ジ

アルミン(うん、いいよ……タイミングを見計らって僕の皿に移してね)コクン

※目で語り合っています

ミカサ「…」カチャ

エレン(!よし、ミカサが自分の皿を見てる今がチャンス!)

ソーー…… 




進撃の巨人
進撃の巨人
posted with amazlet at 16.02.18
コーエーテクモゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 1
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:00:38 ID:BHTG879U
ミカサ「エレン、アルミン」

エレン アルミン ビク!!

ミカサ「エレン……ちゃんと自分で食べなきゃダメ……あと気配でバレバレ」

エレン「クッ……嫌いな食べ物の一つや二つぐらい、食えなくたって良いじゃねえか」

ミカサ「好き嫌いは良くない。食糧難の時代、きちんと食べないと生産者に失礼」

アルミン「でもミカサ。代わりに僕が食べるわけだから……何も残すわけじゃないから」

ミカサ「アルミン、エレンを甘やかしちゃダメ。好き嫌いが有るままだと、大人になって恥をかく」

ジャン「いいや、今の時点で十分に恥だと思うけどなぁ?」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:02:18 ID:BHTG879U
エレン「な!?いきなり湧いて出てくんじゃねーよ、ジャン!」

ジャン「いやぁ…まさか巨人をぶっ殺すとか大口叩いてるやつが、たかがニンジンが食えないなんて」

ジャン「ホント、お子様だなwwwwww」プギャーー

エレン「この野郎!」

ミカサ「エレン、やめなさい。ジャンの言うとおり。エレンはお子様」

エレン「うっ……ミカサまで……」

ジャン「ほれみろ!ミカサにまで言われるとは、哀れな奴wwwww」

ミカサ「ほら、私が食べさせてあげるから、あーんして」スクッ

ジャン「」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:03:36 ID:BHTG879U
アルミン以外(自分のスプーンで掬った!? というか、無表情のあーんって怖い)

エレン「うぅ……ミカサぁ……」

ミカサ「……………………あ~ん」ジーーーー

エレン「わ、わかったよ。食べりゃいいんだろ!」

パク!

アルミン以外(間接キス!! ) 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:04:34 ID:BHTG879U
ジャン(エレンの野郎、何の疑問も持たず、ミカサのスプーンで食べやがったぁあ!!)

ジャン(関節キスとかうらやましすぎんぞ、こんちくしょぉおおおお!!)

エレン「うげ……やっぱりマズイ……ミカサ、もう勘弁して……」モグモグ

ミカサ「ダメ、全部食べきるまで、食べさせる」

ジャン(これ以上、ミカサの唾液が付いたスプーンを、口にさせるわけにはいかん!)

ジャン「な、なあミカサ、もうエレンも嫌がってることだし、このh」

ミカサ「ジャン、このままだと恥をかくと言ったのは、あなた。余計な口出しは無用」

ジャン「」

一同(ジャン、哀れな) 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:05:17 ID:BHTG879U
ミカサ「ほら、あーんしなさい」

エレン「うぅ、アルミン、助けてくれよぉ……」

ミカサ「アルミン、妨害しようとしたら、後でくすぐりの刑だから」

アルミン「ごめんよ、エレン。助けられそうにない。ミカサのくすぐりは、もはや拷問だから」

エレン「そんなぁ……!」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:06:35 ID:BHTG879U
5分後

エレン「うぇぇ……結局全部食べさせられた……」

アルミン「エレン……ほら、口直しにパン食べて」

エレン「うぅ……ちくしょう……俺はお前の子供でも弟でもないってのに、無理やり食わせやがってぇ……」

ミカサ「私達は家族。家族に好き嫌いがあるのなら、それを無くしてあげるのは当然」 スク パク

一同(エレンが口を付けたスプーンを、これまた何のためらいもなく、口に運んだ)

コニー「おい、さっきから、ジャンが息をしてないぞ!?」

ジャン「」

ワイワイガヤガヤ

サシャ「……」ジィーーー 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:07:27 ID:BHTG879U
サシャ(あのニンジンを食べて上げるって申し出るつもりでしたが、結局無理でしたね)

サシャ(私が言うのもあれですが、エレンは変わり者で、話しかけ辛い雰囲気がありましたが、

    今日の出来事で、イメージが変わりました。意外と可愛いとこがあるのですね)

サシャ(イメージが変わったと言えば、ミカサもです)

サシャ(取っ付きにくいイメージがありましたが、さっきのミカサ、心なしか楽しそうでした)

サシャ(ミカサは、本当は優しい人なのかもしれませんね。今度、色々とお話ししてみたいですね) 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:08:30 ID:BHTG879U
【アルミンの場合】

ニンジンから三日後    

アルミン(うげ……今日は付け合せに、ピーマンのソテーが添えられてる)

アルミン(微妙に量が多い……こんな苦いもの、何で世の中に存在してるんだろ……)

アルミン(今日はミカサは対面に座って、今はサシャと喋りながら食べている……よし、エレン!)チラ

エレン(ああ、分かってる! 隙を見てアルミンのピーマンを食べてやる!)コクン

※相変わらず、目で会話をしています。 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:09:50 ID:BHTG879U
サシャ「というわけで、追い詰められた生き物が、すべてをなげうつ時の声は、要注意…」

ミカサ「サシャ、ちょっと待って……エレン、アルミンのピーマンを食べようとしちゃダメ」

エレン「!!……な、なんのこと…だ?」(まだ何もしていないのに!?)!

アルミン「そ、そうだよ、そんな素振り、一つもしてないよ?」(サシャの方に意識がいってたはずなのに!?)

ミカサ「本当?」ジィ

アルミン「ほ…本当だよ…!」

ミカサ「…………」ジィィィ~~~~~………… 



14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:10:39 ID:BHTG879U
アルミン「う……ごめんなさい……食べて貰おうとしてました」

ミカサ「うん、アルミンは素直でいい子。正直に言えたのはエライ」

アルミン「え、それじゃあ……!?」

ミカサ「でも、それとこれとは別。食べさせてあげるから、お皿貸して」ザクッ

ミカサ「ほら、あーん」

エレン以外(また、間接キス!?)

コニー「おい、またジャンが気を失ってるぞ!?」

ジャン「」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:11:39 ID:BHTG879U
アルミン「や、やだよぉ……ピーマン、こっちに向けないでよぉ……!」

女子一同と一部男子(嫌がってるアルミン、かわいい///)

ミカサ「駄々をこねてはダメ。食べないと大きくなれない。あ~~ん……」グイ

アルミン「それ食べたって、大きくならないよ!……絶対、食べないからね……!」プイ

女子一同と一部男子(あのアルミンが駄々っ子に!?……これはアリ!!)

ミカサ「むぅ、仕方がない……エレン、取り押さえて」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:12:31 ID:BHTG879U
エレン「ミカサ、やめてやれよ!嫌いなもの、無理やり食べさせる必要ないだろ!」

エレン「それに、アルミンは俺の親友だ!親友を裏切るような真似はできn」

ミカサ「エレン、取り押さえなければ、エレンにくすぐりの刑を行う」

エレン「すまん、アルミン」ガシッ

アルミン「うあああぁ!?え、エレン!?」

一同(あっさり、親友を売った!?)

エレン「アレを喰らうぐらいなら、死んだ方がマシ!」

一同(どんだけ凄まじいんだ、くすぐりの刑……)

アルミン「やだぁぁ!エレン、離してよぉ!」ジタバタ

エレン「すまん……スマン!!アルミン……ッ!この世は残酷なんだ。俺を許してくれ!」 


18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:13:26 ID:BHTG879U
5分後

アルミン「うぇぇ……苦いよぉ……マズイよぉ……ミカサなんて大っ嫌い……」グスグス

女子一同及び一部男子(涙目のアルミン、天使///)

エレン「良くやった、アルミン……ほら、口直しにスープ飲め」

アルミン「うん……」ズズ…

ミカサ「アルミン、何時までも苦いのがダメとか言ってたら、大人になれない」

ミカサ「アルミンはとても賢い。いずれこのピーマンの苦みの良さが分かる」

ミカサ「アルミンなら、きっと分かる日が来る」ザク パク

一同(アルミンが口を付けたフォークを、これまた気にせずに口に付けた!?)

コニー「おい、ジャンが、血の涙を流して倒れてるぞ!?」

ジャン「」

アルミン「うぅ……ピーマン食べるぐらいなら、僕は大人になれなくたっていいよぉ……」グス

女子一同及び一部男子(た、確かに今のままでいいかも///)

ワイワイガヤガヤ

クリスタ「……」 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:14:41 ID:BHTG879U
クリスタ(アルミンって普段の様子をみると、顔に似合わず大人びてると思ってたけど)

クリスタ(やっぱり見た目通り、子供らしい一面もあったんだね。というか、カワイイ///)

クリスタ(それにミカサって、エレンばかり気にかけてるかと思ってたけど、

     アルミンのことも大切にしてるんだなぁ)

クリスタ(さっきのミカサは、何だか少し微笑んでいたようにも見えた)

クリスタ(この前の様子も見ると、まるで2人のお母さんみたい)

クリスタ(それにしても、あの3人はもう身よりがいないのに、親がいる私よりも幸せそう……)

クリスタ(幼馴染か……いいなあ、幼馴染って。他愛もないケンカして、そして助け合って……)

クリスタ(私にもああいう友達がいれば、私はいらない子にならずに済んだのかな…?)

クリスタ(……私もそういう関係の友達、欲しかったな)

①嫌いな食べ物 終わり 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:15:55 ID:BHTG879U
②食生活の変化

訓練兵団入団初日

クリスタ(うぅ、今日初めて、家以外の食事を食べるけど)

クリスタ(パンとスープしかない。それに、器が陶磁器じゃないし、盛り付けも大ざっぱ…)

クリスタ(家ではメイドさんや執事が用意してくれてたのに、ここでは自分で取りにいかなくちゃいけない)

クリスタ(ナプキンもない。こぼしたら、何で拭けばいいのかな……)

クリスタ(それにしても、こんな大勢の人と食べるのは初めて…)

ワイワイガヤガヤ
ガチャガチャ
バクバク 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:16:41 ID:BHTG879U
クリスタ(うう、みんな私からみたら、食事作法が悪いなぁ……男の子は特に、食べ方が豪快というか…)

クリスタ(あんな食べ方したら、家じゃ執事やメイドさんに怒られちゃう)

クリスタ(と、とにかく食べよう。えっと、スープの味は……う、あまり美味しくない…)

クリスタ(パンは……固いし少しパサパサしてる……しっとりしたパン、食べたいよぉ……)

クリスタ(……はぁ、私自分が不幸って思ってたけど、こうしてみると結構恵まれてたんだね……)

クリスタ(うぅ……これは慣れるしかないよね)

クリスタ(あ、そうだ、忘れるところだった)

クリスタ(今日お芋の女の子が夕飯取り上げられてたから、何か食べるものを持って行ってあげなきゃ)

クリスタ(パンを一つ隠し持って、後でもって行こっと)ガサゴソ

ユミル「……チッ」イラ 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:17:35 ID:BHTG879U
翌朝

クリスタ(ユミルって何を考えてるか、分からないなぁ)

クリスタ(えっと、今日の朝食は……またパサパサしてそうなパンと、堅そうなスクランブルエッグか)

クリスタ(サクサクのクロワッサンと、ふわふわのスクランブルエッグが食べたいよぉ)グス

ユミル「どうした、クリスタ?早く食っちまわないと、間に合わないぞ?」

クリスタ「う、うん、そうだね!」パク

クリスタ(うぅ、パンは固いし、卵も冷めて固い……美味しくないよぉ……)

サシャ「昨日はまともに食べれてないので、これでやっとまともに食べれます!」ガツガツバクバク

クリスタ(不味いのに、よく美味しそうに食べれるなあ) 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:18:34 ID:BHTG879U
サシャ「ん?どうしたんですか、クリスタ?」

クリスタ「えっ?……あ、その、何でもない。ちょっと食欲なくて」

サシャ「そうですか。どうしても無理なら、私が食べてあげますからね!」

クリスタ「だ、大丈夫……食べないと体力持たないから」

サシャ「そうですか…」シュン

ユミル「……」(…お嬢様だったから、ここの食事は合わんのだろうな) 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:19:27 ID:BHTG879U
その日の夕食

クリスタ(今日は、お肉の入ってないクリームシチュー……)ズズ

クリスタ(とろみが少なくて味が薄い……)

クリスタ(ビーフシチューなんて、もう食べることはできないんだろうなぁ……)

クリスタ(残したいけど、残したら作った人に失礼だし……)

クリスタ(それに食糧難の時代だから、きちんと食べないと生産者にも失礼だもんね)モグ……モグ

サシャ「運動した後だから、何を食べても美味しいです!」ガツガツ

クリスタ(何でも美味しそうに食べるサシャが羨ましい…)

ユミル「……」 


29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:20:56 ID:BHTG879U
次の日の夕食

サシャ「今日のメニューは川魚の、バター焼きみたいですね!」

クリスタ(今日のメニューは川魚か……)

クリスタ(…やっと、まともなのが出そう!)

・・・

クリスタ(うぅ…姿そのまま、丸焼きで出るとは思わなかった)

クリスタ(切り身の姿しか見たことないから…)

クリスタ(お魚さんの白く濁った目が怖いよぉ…)

クリスタ(うう、これどうやって切り分けるのかな……)

クリスタ(男の子はそのままかぶりついてる子もいる…あとサシャも…)

サシャ「私の村じゃ魚は滅多に食べれないので、うれしいです!」ガブ ハグハグ 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:22:16 ID:BHTG879U
クリスタ(家では考えられない食べ方だよ……)

クリスタ(どうやって切り分けたらいいのかな…)オロオロ

ユミル「おい、クリスタ。まさか魚の食べ方が判らないのか?」

クリスタ「えっ!?あ、うん……そ、そうなんだ。お、お母さんが川魚があまり好きじゃなくて

     家では、あまりでなかったんだ。それに出ても、切り身しか買ってこなかったから」

クリスタ(一応、ウソは言ってない……私が元貴族って、バレないよね…?)

ユミル「おいおい、そんなんじゃ大人になって恥かくぞ。いいか、魚はなナイフでこうやって…」

ユミル(やはり貴族の娘だからか、切り分けられた魚しか食べたことないんだな)

クリスタ「えっと……できた。頂きます」パク 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:22:47 ID:BHTG879U
クリスタ(…うぇ……味は悪くないけど、ちょっと生臭い…)

クリスタ(それに小骨が多い。食べるのが大変……)

クリスタ(家の料理人はきちんと骨を取り除いて、臭みも消してくれてたんだね)

クリスタ(お魚ってきちんと料理しようとすると、結構手間隙かかるんだなぁ…)

ユミル(ホントつい最近までお嬢様だったんだな……)

ユミル(ま、慣れるしかないわな……)

クリスタ(ずっと、こんな食事が続くのかな…) 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:23:35 ID:BHTG879U
その次の日の夕食 

クリスタ(うぅ、今日も美味しくないんだろうなぁ……)

クリスタ(今日はコーンクリームスープ…に、ポテトサラダ)

クリスタ(コーンスープは……!これは程よく甘くて美味しい!)

クリスタ(ポテトサラダは……これもお芋がホクホクしてて美味しい!)

クリスタ(なんだ、美味しい料理も出るんだ!)パァァ

サシャ「それにしても、このコーンスープは絶品ですね!」

サシャ「よしこれなら、パンを浸しても…」チャプ

クリスタ(あうぅ……また不作法な食べ方してる)

サシャ「うん、美味しいです!二人もやってみてはどうですか?」

ユミル「お、確かにそうだな…おお、確かに美味いな」チャプ パク

クリスタ(うう、ユミルまで…) 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:24:09 ID:BHTG879U
サシャ「どうしたんですか?クリスタもやってみてはどうですか?」

クリスタ「でも、それってお行儀が悪いような…」

サシャ「大丈夫ですよ、みんなやってますし」

クリスタ「えっ?」

エレン「今日のスープうめぇな! この固いパンを浸すと、いい感じに柔らかくなる」チャプ

アルミン「うん!これだと、口の水分を取られずに済むよね」チャプ

ミカサ「ポテトサラダも美味しい」モグモグ

今日は確かにうめぇ チャプ
兵団の食事もやればできるのね チャプ
今日は作った人が違うんじゃね? チャプ
残ってたら、今日はおかわりしたいな チャプ 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:25:12 ID:BHTG879U
クリスタ(みんな、パンを浸してる…)

サシャ「ほらほら、一度騙されたと思ってやってみて下さい」

クリスタ「そ、それじゃ、やってみるね……」チャプ パク

クリスタ「………パサパサのパン柔らかくなって、食べやすい…!」パァァ

サシャ「そうでしょうそうでしょう!」

クリスタ(まだちょっと抵抗はあるけど…もう私は貴族でないし、いいか)

クリスタ(今後もこんなメニューが出てくれるといいな) 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:26:09 ID:BHTG879U
3ヵ月後

クリスタ(ここに来て3ヶ月、兵団の料理は相変わらず当たりハズレが大きい)

クリスタ(今日は……ハズレ……)

クリスタ(まだ、家の料理にも未練がないと言えば嘘になる。けど…)

サシャ「いやぁ、今日もご飯が美味しいです!」

ユミル「お前何時も美味いっていうよな。バカ舌だろ」

サシャ「む、違いますよ。ほら、よく言うじゃないですか」

サシャ「空腹は最高のスパイスって!」エッヘン ドヤァ

ユミル「単に、食い意地が張ってるだけだろ。あとドヤ顔ウゼェ…」

クリスタ「もう、サシャを苛めないの」

ユミル「へいへい。クリスタは優しいねぇ…ん?あのテーブル、騒がしいな」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:27:13 ID:BHTG879U

エレン「だから、ニンジンぐらい食べられなくったって、いいだろうが~!!」

アルミン「うわ~ん、ピーマンこっちに向けないでよぉ~!」

ミカサ「そう……どうしても食べないというのなら」サッ サッ

ミカサ「二人のパンをサシャにあげるけど、どうする?」

エレン「い、一瞬で……!」

アルミン「ひどいよ、ミカサ~!」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:27:50 ID:BHTG879U
ミカサ「サシャ、まだ食べては駄目。伏せ」

サシャ「ハッハッハッ……」ジュル

ユミル「よだれ垂らしてやがる。汚らしい」

クリスタ「あはは」

ワーワーギャーギャー

クリスタ(まだここの食事には、慣れないけど)

クリスタ(それでも、今では食事の時間がすごく楽しみです)

クリスタ(こうやってみんなで楽しく食事するのって、楽しいって分かったから)


②食生活の変化 終わり 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:29:02 ID:BHTG879U
③少しは慎みを覚えろ

夏 休日の朝 食堂

サシャ「おはようございます……ユミル達のテーブルが埋まっていますね。アルミン、隣良いですか?」

アルミン「うん、いいよ」

サシャ「今日は一段と暑いですね~~」グデ~……

エレン「ああ、今日が訓練でなくてよかったぜ……」

アルミン「うん、訓練中は、夏でも長袖着せられるから参っちゃうよね」

ミカサ「怪我防止のためだから、仕方がない」

エレン「ああ……」

サシャ「……」ジィーー… 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:29:53 ID:BHTG879U
アルミン「?…ど、どうしたの、サシャ。僕の腕をじーっとみたりして」

サシャ「アルミンの腕って綺麗ですねぇ~…。羨ましいです」

アルミン「え……ええっ!?な、何を言い出すの!?」

サシャ「だって男の子なのに、色白できれいなお肌をしています。それにゴツゴツしてませんし」

サシャ「それに…ちょっと腕を上げてもらいますね」ヒョィ

アルミン「うわぁ!?」

サシャ「ちょっと袖の中を拝借……」

サシャ「……ひゃ~。アルミンは男なのに、腋毛も生えていないんですね。きれいな脇で羨ましいです」

アルミン「や、やめてよ、サシャ~。男らしくないのは気にしているんだから~!」

サシャ「褒めているんですから、良いじゃないですか」

アルミン「うぅ~!」プンプン 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:30:58 ID:BHTG879U
サシャ「それにしても、アルミンはムダ毛が全くないんですね」」

サシャ「私は、いつもお手入れするのが大変ですから、羨ましいです」

アルミン「お手入れ?」

サシャ「そうです。何時もムダ毛処理が大変です。……剃るのが」

アルミン「へっ?……剃…る……?」

サシャ「そうです。私は腕毛が生えてて、何時も剃るのが大変です。あ、あと脛毛も!」

シーン 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:32:37 ID:BHTG879U
アルミン(うわぁ、一気に空気が重苦しくなっちゃった)

サシャ「ん、どうしたのですか?」

アルミン「あ、あのさ、サシャ、もうこの話はやめようよ」

サシャ「何でですか?いいじゃないですか。それよりムダ毛処理で一番大変なのは脇です!」

サシャ「わき毛を綺麗に剃るのは、結構手間がかかります」

サシャ「ですから、抜いたらきれいになるんじゃないかと思って、試してみたのですが」

サシャ「滅茶苦茶痛かったです!おまけに、赤くなって余計に汚らしくなってしまいました……」

アルミン「あ……はは……そう」(僕は、どう反応すればいいのかな……) 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:33:34 ID:BHTG879U
ユミル「オイ、サシャ!てめぇはもうちょっと考えて話しやがれ!」

ユミル「仮にも女なんだから、もっと恥じらいを持てよ!」

サシャ「え~、そうですか?別に事実なんだから、気にしなくても良いと思うんですけどね~?」

アルミン(いやいや、気になるから剃るんでしょ!その処理を話すのは気にならないなんておかしいよ!)

アルミン(サシャはやっぱりちょっと変わってるな……)

コニー「オイ、芋女。休日の朝っぱらから、女のムダ毛の処理なんて聞きたかねぇよ」

コニー「見ろ、男子一同が、微妙な雰囲気になっちまったじゃねぇか!」

男達「……」ズーン 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:34:39 ID:BHTG879U
サシャ「ハァ~…男子は女子に幻想を抱きすぎです」

サシャ「ムダ毛処理してるのは、何も私だけではありませんからね!」

ジャン(ミカサはしてないよな…?)

コニー「おい、だから幻想をぶち壊すなって!」

サシャ「やっぱり男子はクリスタみたいな子がいいんですね、まったく!」

コニー「は?……クリスタ?」

クリスタ「ちょ…サシャ!?」

サシャ「クリスタはムダ毛ところか、アソコも全く生えていません!」

サシャ「そんなに毛がない子がいいなら、男子は皆クリスタと結婚すればいいんです!」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:35:47 ID:BHTG879U
ライナー「」ガタッ

多くの男子「」ガタタッ

クリスタ「いやああああああああああぁぁぁぁぁ!!!サシャのバカぁぁぁああああああ!!」

ユミル「サシャぁああああああああああああああぁぁぁぁあああ!!!!!」

男達(あ、アソコに……毛が生えて……いないだとぉ!?)ハァハァ!

ライナー(ぱ、パイパンだというのか……!!)ハァハァハァハァハァ!

クリスタ「皆、こっち見ないでぇえええ~~~!!!」ウワーン!

ユミル「野郎どもぉおおおお!クリスタを変な目で見るんじゃねぇええええ!!!」

サシャ「あわわわわ!く、クリスタ!?なんで泣いているのか分かりませんが、泣かないでください!」

クリスタ「わぁあああああん!うわぁあああああんんん!」ビエーーーンビエーーーン!

アルミン「どうしよう、あんまり騒いじゃうと、教官が来ちゃうよ!」

エレン「アルミン、俺に任せろ」

ミカサ「エレン?」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:36:51 ID:BHTG879U
エレン「大丈夫、任せろって!……泣かないで、ちょっと聞いてくれクリスタ!」

クリスタ「うぁあああ~~ん!!……ぐす!?」

アルミン(エレン、一体どう収めるつもりなんだ!?)

一同「ゴク」シーン……

エレン「クリスタ、その、別に気にすることはない」




















エレン「……アルミンだって、アソコに毛が生えていなんだからな!」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:38:00 ID:BHTG879U
クリスタ「へっ…!?」

アルミン「うわぁああああああああああ!?!?!?!?」

エレン「だから気にすんな!アソコの毛がないのは、お前だけじゃない!!アルミンも仲間だ!!」ニコッ!

エレン(ふーー。これでクリスタも落ち着くはず!)ドヤ!→アルミン達の方を向く

アルミン「え、エレンのバカぁあああぁぁぁぁあぁあぁぁぁ!!!!」ウワーン!!!

アルミン「気にしてることバラすなんて!!エレンなんて大っ嫌いだぁああああああああ!!!!」ウワーンウワーン!

クリスタ「うわぁあああぁあああぁあああああんん!!!」ビエーンビエーン!

ユミル「こんのぉアホがぁああああああ!!!!」

エレン「え、ちょ…!な、何が不味かったんだ……!?」

エレン「クリスタは毛がないことを気にしてるから、仲間がいれば安心すると思ったのに……」

ミカサ「エレン!………とにかくこっちに来なさい!!」

一部女子達(アルミン、生えてないんだ……ちょっと見てみたい///) 


51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:39:18 ID:BHTG879U
5分後

アルミン「うぅ……グスッ……」→ミカサに寄りかかってナデナデされいる

クリスタ「ひっく…ぐすっ……」→ユミルに寄りかかってナデナデされている

エレン「」 サシャ「」 →二人とも正座中

ミカサ「全く。エレン、何度も言うように、貴方は女心が分かっていない」

ミカサ「普通の神経してたら、あんなフォローはしない。……おまけにアルミンの秘密までバラして」

ミカサ「エレンはデリカシーが無いのにも程がある」

ミカサ「だから空気が読めないと言われる。……分かっているの?」ガミガミ

エレン「は、はひ……はんしぇいひてましゅ……」→ミカサに思いっ切り往復ビンタを何発も喰らい、両ホホが腫れている 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:40:10 ID:BHTG879U
ユミル「こんの、芋女がぁああ……!!ここまで常識がないとは思わなかったぞ!!」

ユミル「罰として1週間、夕飯のパンは取り上げだからな!!」

サシャ「そ、そんな!惨い……あまりに惨い仕打ちです!」

ユミル「晩飯全部取り上げないだけでも、有り難いと思えやああぁぁぁぁぁ!!!!」

ライナー「」→イヤラシイ目で見ていた筆頭として、アニに蹴り上げられた

ギャーギャーワーワー

キース「……」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:40:55 ID:BHTG879U
キース(騒いでいるから、罰を与えようと思ったが)

キース(原因となった奴らはすでに罰も与えられたようだし、そのまま去るとしよう)

キース(さすがの私も、身体的特徴のことをまた蒸し返してやるのは、流石にかわいそうで出来ないしな)

キース(…………奴らもまだまだ、思春期の子供なんだな)

③少しは慎みを覚えろ 終わり 


54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:42:17 ID:BHTG879U
④少しは慎みを覚えろ その2

ムダ毛事件から数日後

ワイワイガヤガヤ

サシャ「のわぁ~~~!!!」

バンッ!!

エレン「ん、どうしたんだ、サシャの奴、慌てて?」

サシャ「はぁっ……!はぁっ……!た、大変なことになりました!!!」

アルミン「ど、どうしたの、サシャ!?」

サシャ「ぱ……パンツが……パンツが……!」

アルミン「なっ…!?ま、まさか……盗まれt」

サシャ「パンツが、生理不順で血まみれになってしまいました!!!!!」

アルミン「」

女子「」

男子「」 
 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 08:19:58 ID:BHTG879U

シーン……

アルミン(こういう場合、どう反応すればいいかわかんないや…)

サシャ「医務室行ったら、ナプキン切れてるから誰かに貰えって言われました~!!」

サシャ「だから女子のみなさん、助けて下さい~~!!」

アルミン(うん、それは良いんだけど、こそこそやって欲しかったな……)

サシャ「あ、アニ!持ってませんか~!?」

アニ「ごめん……私はもう今月は終わったから……というか、話しかけないでくれる……」

サシャ「うぁ~~ん!!アニ、酷いですぅ~~!!!」

サシャ「クリスタ~~!持ってませんか~~……って、そうだった」

サシャ「クリスタは初潮はまだだから、持ってなかったんでしたね。うっかりしてました!」テヘッ!

一同「ブッーーーーー!!!!????」


59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:45:03 ID:BHTG879U
クリスタ「いやぁああああああ!!!サシャのバカぁああああぁぁぁっっ~~!!!!」

ユミル「こんの芋おんなぁあああああああ~~~~!!!!別の意味でうっかりすんなやぁあああああ!!!!」

ライナー(まだってことは……中出ししても妊娠しnぶえらぁああ!!!!?」

アニ「顔に出てるよ、変態」

クリスタ「どうせ私は生理がきてない、お子様だよぉ~~~!!」ビエーンビエーーン!」

ユミル「サシャぁああ!!お前はこの前ので懲りてなかったのか~~~!!!」

サシャ「わーーん!ごめなさ~~い!!そ、それよりもパンツが濡れ濡れで被れてアソコが痒いです~~!!!」

ユミル「あああ、もう!!!とにかく、まずは私のくれてやる!兵舎に戻るぞ!!」

ユミル「ほら、クリスタも来い!」

がちゃ、ばたん

シーン…… 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 00:46:08 ID:BHTG879U
エレン「……アルミン、女って大変なんだな」

アルミン「うん……けど、できればサシャはもっと恥じらいを持って欲しいけどね…」

その後サシャは1週間、晩飯のパンをユミルに取り上げられたという。

④少しは慎みを覚えろ その2 終わり 


77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:51:46 ID:BHTG879U

⑤肩を並べたい

水汲み場

アルミン「はぁ……」

ジャン「アルミンの奴が、ため息をついているな」

マルコ「どうしたの、アルミン」

アルミン「ジャン、マルコ……実は」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:52:20 ID:BHTG879U
―――――
――――――――
――――――――――――
アルミン「エレン、格闘技訓練、一緒に組もうよ!」

エレン「あ、悪ぃ、アルミン。アニと組む約束してるんだ」プィ

アルミン「そう……」シューン

エレン「す、すまんな……アルミン」

・・・

アルミン「ミカサ、その一緒に格闘訓練組んで欲しいんだけど」

ミカサ「ごめんなさい……クリスタと組むから………アルミンとは組めない」プイ

アルミン「そうなんだ……ごめんね」シューン

ミカサ「ごめんなさい………アルミン……」
――――――――――――
――――――――
―――― 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:53:56 ID:BHTG879U
マルコ「なるほど、エレンとミカサが格闘訓練で一緒に組んでくれないのか」

アルミン「うん……ほら格闘技訓練は、弱い人は必ず1回は強い人と組むようにしろって言われてるよね」

ジャン「ああ、確か同じようなレベルの奴と組んでも、上達しないからって理由だったよな」

ジャン「ま、別に強制でないけどな。それ以前に格闘技訓練を真面目にしている奴らが少数だけどな」

アルミン「あはは……それで僕は昔いじめられっ子だったから、ちょっとでも強くなりたいと思って、

     二人に頼むんだけど、いつも断られるんだ。」

マルコ「アニやライナーとは組まないの?」

アルミン「アニは最近ようやくエレンと組むようになったぐらいだし、ライナーはいつもエレンかミカサかベルトルトと組んでて

     なかなか組む機会がないんだ」

マルコ「そうなんだ……」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:54:38 ID:BHTG879U
アルミン「それでエレンとミカサは最近では格闘技訓練の時は、あからさまに顔を合わせようとしなくなったんだ…」

マルコ「それは……」

アルミン「あ、でもそれ以外はいつも通りなんだ。格闘技訓練の時だけ、よそよそしくなる」

マルコ「ん~~……これは何かあるのかな?」

ジャン「へっ、単にアルミンが弱すぎるから、組たくないんだろ」

マルコ「ジャン、ちょっとは言葉を選ばないか!」

アルミン「待ってマルコ。ジャンの言うとおりだよ。原因は僕が弱すぎるから」

マルコ「アルミン……」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:55:57 ID:BHTG879U
アルミン「僕は104期生でも最弱。男にしては小柄だし体重も男では一番軽いから、唯でさえ不利だし」

アルミン「多分僕が勝てる相手は、クリスタぐらいかも」

アルミン「そのクリスタも、最近はミカサと組むようになってきて、どんどん強くなってきた」

アルミン「そのうち僕どころかそこそこ強くなるよ、クリスタは……」

アルミン「多分僕と違って、素質はあるんだろうね」

ジャン「……ま、あの死に急ぎ野郎は、なんでも全力で取り組むし、強くなりたいっていう明確な意思があるから、

    弱いお前とは組んでる時間が惜しいんだろうな」 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:56:43 ID:BHTG879U
ジャン「一方でミカサは、アルミンは素質無しとみなしたから、弱くても素質のあるクリスタと組むんだろうな」

アルミン「うん……ジャンの言う通りだと思う」

アルミン「そこまで分かってるし、どうしようもないから、ちょっと自己嫌悪に陥ってて」

ジャン「ま、気にすんなアルミン。別に格闘技訓練なんて点数にもならねぇんだし、弱いままでいいじゃねぇか」

マルコ「でもジャン!アルミンは強くなろうとしてるんだぞ!アルミンの気持ちを蔑ろにするのか?」

ジャン「落ち着け、マルコ。アルミン、素質がない部分を無理に伸ばしたって、時間の無駄だ。」

ジャン「ましてや、得点にならない格闘技に力を入れるなんて、馬鹿げてる」

ジャン「まあ俺は、あの死に急ぎ野郎に一泡吹かせたいから、最近頑張りだしたがな」

マルコ「……」 


84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:58:13 ID:BHTG879U

ジャン「話が逸れたな。それよりもお前は、座学と技巧以外はからっきしなんだから、もっと力を入れるべきものがあるだろ」

ジャン「それこそ立体機動とかな」

アルミン「そう…だよね……」

ジャン「一部の真面目なやつらは、格闘技訓練も一生懸命取り組んでいるようだが、普通の奴らは過酷な訓練の骨休みに使っている」

ジャン「お前みたいな、普通の奴よりも体力のない奴は特にそうするべきだ」

アルミン「うん……分かってはいるんだけど……」

ジャン「……無理して次の大事な訓練に支障をきたすより、今後格闘訓練は骨休みにつかえ。その方が身のためだ」

マルコ「ジャン……」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:58:46 ID:BHTG879U
ジャン「チッ……長々と話しちまったな……アルミン、俺達はもう行くからな」

マルコ「ジャン……!」

ジャン「マルコ、俺たちで何かできると思うか?あれはアルミン自身の問題だ。俺たちが首を突っ込む問題じゃない」

マルコ「けど……!」

アルミン「いいんだ、マルコ。ジャンの言うとおりだ」

アルミン「……ありがとうジャン。正直な意見を聞けてちょっとスッとしたよ」

ジャン「……そいつはどうも。じゃあ、いくぜ。そろそろ水汲みから帰らないと怒られるしな」

アルミン「ありがとう………僕は結局、二人とは肩を並べられないんだね」

ジャン「!……アルミン、あと一つだけおせっかいだ。諦めてないなら、あと1回だけ頼んでみろ」

アルミン「え?」

ジャン「あと1回だけ、エレン達に頼んでみろ。格闘訓練が始まる前にだ。それだけだ。じゃあな」

アルミン「ジャン……?」 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/23(日) 23:59:18 ID:BHTG879U
2日後

アルミン(よし、エレンに頼んでみよう)

アルミン「え、エレン、今日の格闘技訓練、今日こそ一緒に組んでよ」

エレン「あ~……悪い、今日はアニとライナーと組む約束が」

ライナー「いいじゃないか、エレン。一度は組んでやれよ」

アニ「組んで上げれば?あんた、いつも全力だから、毎回アンタと組むのは嫌なんだけど」

アニ「そもそも私は格闘訓練は、楽したいんだけど」

エレン「む……そ、そうは言ってもな……」

ジャン「よせよせ、無駄だよ。こいつは、俺にビビってるから」

エレン「ああ!?……何時俺がおまえにビビっただと!?」

ジャン「この俺がエレンに1回転させられてたときから、俺は真面目に格闘技訓練しだしたからな」

ジャン「だから焦ってるんだろ?……この俺に、格闘技でも抜かれそうになるから」

ジャン「だから、弱いアルミンなんかと組んでる時間が惜しいんだろ?……正直に言えって」ゲラゲラ 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:00:09 ID:C9lBAO02
エレン「このクズ野郎がぁ~~!!!俺のことはいくら言ってもいいけど、アルミンを馬鹿にするのは、絶対に許さねぇぞ!!」

ミカサ「ジャン……今の発言をすぐ取り消しないと……削ぐ……!」

ジャン「いいや、取り消さねぇよ。それにアルミンを馬鹿にしてるのは、お前たち幼馴染の方だろうが」

エレン「な……!?」

ミカサ「えっ…!?」

ジャン「アルミンが組みたいって言ってるのに、なんで組んでやらねぇんだよ」

ジャン「格闘技訓練のルールを知らないとは言わせねぇ。弱い奴は1回は強い奴と組むようにしろって」

ジャン「ミカサはきちんと、か弱いクリスタと組んでる。なのにアルミンとは組まない」

ジャン「クリスタは現に、力を付けてきた。それでもアルミンと組まない理由はただ一つ」

ジャン「アルミンを素質無しって烙印を押したに決まってる」

ミカサ「ち、ちg」

ジャン「まあまて、最後まで話を聞け」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:01:23 ID:C9lBAO02
ジャン「エレンに至っては、自分が強くなるためだけに、強い奴としか組もうとしない。ホント自分勝手な野郎だぜ」

エレン「ち、違う!」

ミカサ「違うの、これには、訳が……」

ジャン「……なら、アルミンに話せよ。組めない訳を。お前たちは幼馴染で、家族も同然なんだろ?」

アルミン「エレン……ミカサ……その、僕と組みたくない理由、話してくれないか……」

エレン「アルミン……」

アルミン「どんな理由でも受け入れる……二人がそっけないのは、格闘技の時間だけだから

     僕たちの仲が壊れたわけじゃないから……その、心配はしてないからさ」

ミカサ「アルミン……ごめんなさい」

エレン「わかった、話すよ……その、俺とミカサが、お前と組まなかった理由は」

エレン「……その、ちょっと恥ずかしんだけど……」モジモジ

一同「……ん?」 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:02:21 ID:C9lBAO02
エレン「ミカサ……やっぱお前が話してくれ!」

ミカサ「エレン……ずるい!!」モジモジ

一同「………んん?」

エレン「う……分かったよ……じゃあ、二人同時ということで

ミカサ「……わかった、それで手を打とう」

エレン「俺が、アルミンと組まなかった理由は……」
ミカサ「私が、アルミンと組まなかった理由は……」

アルミン「ゴク」








エレン「無二の親友であるお前に、暴力なんか奮うなんてできる訳がない!!!!」ドーーン!
ミカサ「可愛い親友のアルミンに、 暴力なんか奮うなんてできる訳がない!!!!」ドーーン! 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:02:55 ID:C9lBAO02
アルミン「……へっ!?」

ジャン「はぁっ!!!?」

一同「ポカーン……」

エレン「アルミンを……アルミンを……ずっと友達がいなかった俺と友達になってくれたアルミンを……」

エレン「子供時代から周りからちょっと浮いてたのに、気にせずに友達になってくれたアルミンを……」

エレン「ミカサが来るまで唯一の友達であったアルミンを…外の世界に興味を持たせてくれたアルミンを……」

エレン「殴ったり蹴ったりするなんて、出来るわけないだろぉおがよぉおおおおおお!!!」

ミカサ「ずっと友達がいなかった私と、すぐ友達になってくれたアルミンを……」

ミカサ「何でも相談に乗ってくれたアルミンを……こんなにも可愛くて愛らしいアルミンを……」

ミカサ「私とエレンの命を救ってくれたアルミンに……訓練とはいえ痛めつけるなんて、できない……!」

アルミン「」

ジャン(……そりゃ、反応に困るわな……) 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:03:44 ID:C9lBAO02
アルミン「え、……えーと……つまるところ、僕に、暴力を振りたくなかった……と?」

エレン コクン
ミカサ コクン

アルミン「あ…はは……そうなんだ……」

エレン「ちょっと付け加えると昔から、アルミンは苛められてたから、痛めつけるような行為は、

    気が引けちまうんだよな。特に俺は力の加減が下手だし。」

ミカサ「同じく……エレンは殴れるけど、アルミンは殴れない」

アルミン「よ……よかった……僕が弱いから……足手まといになるから、組んでくれないのかと……」ポロポロ

エレン「すまなかったな、アルミン。まさか悩ませてしまってたなんてな」

ミカサ「ごめんなさい、アルミン……」

アルミン「いいよ……二人とも、僕の為を思ってくれてのことだったんだから……」

アルミン「それよりも、今日は、僕と組んでくれる?」

エレン「ああ、もちろんだ!」

ミカサ「アルミンを強くしてあげる」 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:04:30 ID:C9lBAO02
アルミン「よろしくね、二人とも!」

アルミン「……ジャン、ありがとね」

ジャン「へっ、何のことだか、さっぱりわからねぇな。第一俺は、エレンの野郎にむかついただけだしな」

エレン「……」

アルミン「ほら、もうすぐ集合時間だから、急ごう!」

エレン「ああ!」

・・・

ライナー「うまく解決したな」

ジャン「ああ、付き合ってもらってスマンな……」

アニ「はぁ、全く。あんたがお願いするなんて、思いもしなかった」

アニ「ま、私もエレンとやりあうのは疲れるから、良かったけどね」

ライナー「本当か~?」ニヤニヤ

アニ ゲシッ!

ライナー「」チーン 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:05:21 ID:C9lBAO02
ジャン「ライナー……余計なことを言わなければ……」

マルコ「それにしても、見直したよ、ジャン!」

ジャン「止せよ。ただの気まぐれだ……それにあの二人が拒んでた理由が、あまりにもバカらしいから

    お節介なんてして損したぜ」

マルコ「でも、当人達にとっては深い悩みだったんだからさ。大目に見てあげようよ」

アニ「さっそく、やってるね」

エレン「遅い!」バキッ

アルミン「うげっ!!」ドカッ

エレン「アルミン、しっかりと受け身を取れ!でないと怪我するぞ!」

アルミン「うう……!」

エレン「よし、ちょっと休憩したら、もう一度やるぞ!」

アルミン「うん!」

アニ「やれやれ、エレンは相変わらず、力の加減がなっちゃいないね」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:06:26 ID:C9lBAO02
10分後

ミカサ「さぁ……アルミンがならず者をやる番……遠慮なく襲い掛かってきて」

アルミン「うん……」ゴク

マルコ「相変わらず、威圧感が凄いねミカサ」

ライナー「だが、俺とやるときよりも、大分抑えられてる」

ミカサ「さぁ、アルミン。今の私は、昔アルミンを虐めていたガキ大将だと思って。だから思いっきり、襲ってきていい」

アルミン「わ、わかった……!」ダッ!

ミカサ「ふっ!」パシ!

アルミン「わっ!?」クルン、ドサ!

アルミン「あいたたた……」

ミカサ「踏み込みが甘い……けど受け身は良くなった」

アルミン「うん…ありがと」

ミカサ「さ、次は私がならず者の番」

アルミン「うん!」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:07:00 ID:C9lBAO02
ジャン「……」

ジャン(肩を並べたい……か……)

ジャン(あんな言葉を聞いちまったら、手を貸すしかねえじゃねぇか……)

ジャン(俺だって、あのエレンに肩を……いやあのエレンを絶対超えてやるんだからな!)

ジャン(だから、エレン。俺は絶対にお前よりも順位を上にいってやるからな!)


⑤肩を並べたい 終わり 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:07:31 ID:C9lBAO02
⑥ニシンは好みじゃない

※訓練兵時代じゃないけど、ご容赦を


ウトガルド城

ライナー「ユミル、何しているんだ?」

ユミル「腹の足しになりそうなもんを探っているのさ」

ユミル「たぶん、これが最後の晩餐になるぜ」

ユミル「…お!こりゃいけそうだ。鰊は好みじゃないが……」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:08:14 ID:C9lBAO02
―――――
――――――――
――――――――――――
ユミル父「さて、保存がそろそろ切れそうな缶詰を処分するか」

ユミル(7)「この缶詰はなに?」

ユミル父「これは鰊の缶詰だ」

ユミル(7)「食べて良い?」

ユミル父「ダメだ。一応まだ食べられるが、やめた方がいい。それに一人では絶対に食べるな」

ユミル母「あなた、そろそろ行かないと会合に遅れますよ」

ユミル父「む、そうか。今から母さんと出かけてくるが、いいかユミル。この鰊の缶詰は、絶対に開けるんじゃないぞ」

ユミル父「とんでもないことになるからな」

ユミル(7)「わかった」

ユミル母「お昼までには戻るから」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:08:56 ID:C9lBAO02
・・・

ユミル(7)「なーんて、素直に聞くもんか。やるなと言われてたら、やりたくなるのが人の心情ってもんだぜ!」

ユミル(7)「それに、せっかくいっぱいあるんだし、一つぐらい無くなってもバレやしないよな!」

ユミル(7)「えーと、鰊の缶詰とか言ってたよな……数の子が美味しんだから、身も美味しいに違いない!」

ユミル(7)「えーと、何々……『しゅーるすとれみんぐ』…って書いてあるのか。商品名なのかな?」

ユミル(7)「それに缶詰がパンパンになってる。これは中身がたくさん入ってるに違いない!」

ユミル(7)「缶切準備よし」

ユミル(7)「なーにが、開けたらとんでもないことになるだよ。自分一人で食べるつもりだったのが、バレバレだっつーの」

ユミル(7)「よ……っと!!」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:09:38 ID:C9lBAO02
パキュ!!ボン!!!ブシュウウウウウウう!!! ビチャ!!

ユミル(7)「ぎゃああぁぁあぁっぁあぁぁっぁあああ~~~~!!く、くっせえぇえぇええぇぇぇっぇぇええ!!!!」

ユミル(7)「く、臭い汁が、鼻に、目ににぃいいいいぃぃぃっっ!!!」

シュールストレミング「ぶしゅう~~っっっ!!!!!!!」ビチャビチャ!

ユミル(7)「目が~~!目がぁぁあっっっ~~~!!いてぇええぇえぇつ~~~!!!」

ユミル(7)「それに鼻が、潰れるぅぅええ……オオエェッ!…うげえぇぇぇ゛っっっ~~~~!!!!」オロロロロ!!

ユミル(7)「だ、だれか、たすけ゛てぇげげぇぇぇ゛ぇっっ~~~おげぇ゛えっえ゛えっ~~~!!!」ドタバタ オロロロロ

ユミル(7) 這う這うの体で家の外に出る

ユミル(7)「だれか、誰かたずけ゛てぇえええ゛え~~~~!!!」

モブ親父A「おい、ユミルがゲロまみれでのた打ち回っているぞ!?」

モブ親父B「この異臭、あの悪ガキ、シュールストレミングを開けたんだ!」

モブ親父C「あの感じじゃ、顔に汁が飛び散ったみたいだな」

モブ親父A「おい、だれか酒もってこい!あの汁の匂いは水じゃ取りきれん!」 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:10:13 ID:C9lBAO02
2時間後
ユミル父「お前はなぜいつも親のいうことを聞かないんだ!このバカ娘め!」お尻バシンバシン!

ユミル父「おまけに、部屋に匂いをこびり付かせおってからに!!あれほど開けるなと言っただろうが!」バシンバシン

ユミル(7)「ご、ごめんなさい!!痛い!!痛い!!もう、反省してますから、許してぇ!!!」
――――――――――――
――――――――
――――
ユミル(あの後、捨てるのも勿体ないからってことで、その日の昼飯で出たんだよな)

ユミル(味はまあまあだったが……匂いがやっぱきつかった……)

ユミル(酒で洗っても、まだ匂いが残るもんな……)

ライナー「ゆ、ユミル……?どうしたんだ……?」

ユミル「ほんと、鰊は好みじゃない……好みじゃないぜ……」涙ツー…… 

⑥ニシンは好みじゃない 終わり 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:10:44 ID:C9lBAO02
⑦アルミン抱き枕

休日の前の夜

クリスタ「アルミン抱き枕?」

ミカサ「そう。シガンシナに居た時お昼寝するときは、いつもアルミンを真ん中にして
    
    アルミンを抱き枕代わりにして、3人で寝てた」

サシャ「へ~。ミカサだと、エレンじゃなきゃ嫌って言うものだと思ってましたけど、違うのですか?」

ミカサ「当然最初はエレンの横が良かった。けどエレンとは夜は一緒に寝てたこともあって、

    エレンに勧められて一度ぐらいはいいかと思って試してみた」

ユミル「へぇ、それでどうだったんだ?」

ミカサ「それがもう、抱き心地が素晴らしい」

ユミル「そんなに良いのか?」 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:11:53 ID:C9lBAO02
ミカサ「温かくて、エレンよりも柔らかい。どんなに抱きしめても、エレンと違って嫌がらず、じっとしてくれる」
    
ミカサ「寝顔が小動物みたいでキュート。カワイイ寝息。あと男の子なのに、良い匂いもする」

サシャ「確かにアルミンは、そこいらの女の子よりも、可愛いですからね~」

ミカサ「その通り。アルミンは天使…とにかく、抱き心地という点に関しては、エレンよりもアルミンの方が正直何倍も上」

クリスタ「そこまでなんだ~」

ミカサ「うん。あの抱き心地を知ってしまえば、もう離れられなくなる」

ミカサ「ここに来てからは、一緒に寝る機会もなくなったので、恋しい」

サシャ「そこまで言われると、興味が湧きますね~!」

クリスタ「うん。一度抱いて寝てみたい」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:12:37 ID:C9lBAO02
サシャ「女装させれば、女子寮に居てもバレないんじゃないですか?」

ミカサ「バレないだろうけど……アルミンはああ見えて、性格はとても男の子してる」

ミカサ「だから本人の前にそれを言っちゃダメ……すごく怒るから」

ユミル「そんなに怒るのか、アイツ」

ミカサ「昔、あまりに可愛いから、女装したらどうなるかと興味本位で私の服を着させようとしたら、本気で怒ってしまった」

ミカサ「1週間、口を聞いてくれなかった。もちろん抱き枕もできなかった…」

ミカサ「あの時は、とても悲しかった」

ユミル「ミカサも、そういった遊び心はあったんだな……」

クリスタ(その気持ちわかる。アルミンは一度女装させて、からかってみたい)

サシャ「む~…ならば、休日に一緒にお昼寝してもらうしか、なさそうですね」

ミカサ「もちろん幼馴染である私が、一番の優先権がある」

ミカサ「もちろんその時はエレンも一緒だろうから……あなた達の番はその後……いつになるか分からない」

サシャ「ミカサ、横暴ですよ!そういって、自分で独占する気でしょう!」

クリスタ「そうよ、ここは味わったことのない私とサシャに譲るべき!」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:13:08 ID:C9lBAO02
ゴーン!ゴーン!

ユミル「消灯時間だな」

ミカサ「この話はこれで終わり。早く寝ないと怒られる」

サシャ「ズルいですよ!ミカサ!」

クリスタ「明日、またお話し聞くからね」

アニ(……アルミン抱き枕か)

アニ(……私も抱いてみたい……)

アニ(皆と距離を空けていたのが、仇になった……) 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:13:38 ID:C9lBAO02
翌日 休日の朝

ミカサ「おはよう。エレン、アルミン……?」

ジャン「ぎゃっはっは!まったくエレンさんは良い歳こいてよぉwwwwwwww」

ジャン「しかも男同士でとかwwwwwwおまえ、そっちの趣味があったのかよwwwww」プギャーーーー!!

エレン「うるせえな!!昔の癖がつい出ただけだよ!」

アルミン「エレン、ジャン。もうやめようよ!」

ミカサ「朝から何を争っているの?」

ジャン「お、ミカサ、聞いてくれよwwwwwwww」

ジャン「エレンの野郎、今日起きてみたら、アルミンを抱いて寝てたんだよwwwww」

ジャン「それで理由を聞いたら、『アルミンは昔から抱き心地がいい』」

ジャン「『つい、昔を思い出して、抱いて寝ちまった』だってよwwwww」

ジャン「いい歳した男がwwwwwそれ以前に男同士で抱き合って寝るとか、マジで気持ち悪いwwwww」

ジャン「な、お前もそう思うよな、ミカサ?」

ジャン(よし、これでミカサのエレンに対する好感度ガタ落ち!!) 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:14:22 ID:C9lBAO02
ミカサ「いや、全然?」

ジャン「へっ…?」

ミカサ「全然思わない」

ジャン「み、ミカサ…?あの……男同士……で、ですよ?」

ミカサ「アルミンは可愛い。アルミンは天使。男同士とか、そういう次元の話を超越する存在」

ミカサ「ジャンは不純。心が汚れているから、そんな発想になる」

ジャン「ゴフッ」

アルミン「み、ミカサ、恥ずかしいからやめてよ~!」

ミカサ「それにアルミンの抱き心地は素晴らしい。至福の時」

ジャン「えっ?……だき…心地?」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:14:54 ID:C9lBAO02
ミカサ「私とエレン昔はよく、アルミンを抱き枕にしてお昼寝してた」

ジャン「ゴバァッ!!」

ジャン(そ、そんな……死に急ぎ野郎だけでなく、アルミンまで羨ましい思いしてたのかああああ!!!?)

サシャ「昨日ちょうど、私たちはその話をしていたんですよね」

クリスタ「うん。一度アルミンを抱き枕にしてみたいって」

ジャン「ゲボォ!」

アルミン「そ、そんな話してたんだ…」

ミカサ「アルミンを抱き枕にしてたから分かる。アルミンの抱き心地は、一言では言い表せないほどのもの」

ミカサ「だから、その抱き心地を知ってるエレンが、昔を思い出して抱きつくのも無理はない話」

ミカサ「私もそろそろアルミンに、またあの頃のように、アルミンを抱いて寝たい」

ジャン「」チーン

一同(ジャン……ご愁傷様) 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:15:32 ID:C9lBAO02
ミカサ「それはそうと、エレン、アルミン……!」

エレン「」ビクッ

アルミン「」ビクッ!

アルミン(いやな予感……)

ミカサ「エレン、アルミンを抱いて寝ただなんて……ズルい!」

ぎゅむぅ~~!!」

エレン「い、いひゃい、ミカしゃ……!ほっぺねるな!」

アルミン「あぅぅ~~!なんで、ぼくまでぇ~~!」

ミカサ「エレンはアルミンを独占して、抱き枕にした。私をハブするなんてズルい」

ミカサ「アルミンは、エレンに抱きつかれるなんて羨ましい」

女子一同(それでも、エレンが一番なんだ…) 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:16:04 ID:C9lBAO02
アルミン「し、しかたがないじゃないか~~!」

サシャ「ほら、あんまり抓るとかわいそうです」

クリスタ「そうだよ。あんまり騒いじゃうと、教官がきちゃうかも」

ミカサ「むぅ、仕方がない」 サ

サシャ(よし、手を離しましたね。クリスタ!)

クリスタ(うん、今がチャンス!) ※目でかたry)

サシャ「アルミン~~!!抱きつかせてくださ~~い!!」ガバッ!

クリスタ「ごめんね!ちょっと我慢するだけでいいから!ガバッ!

アルミン「ひゃああぁぁぁ!!?や、やめてよぉ!!!?」

ミカサ「なっ!?ふ、二人とも…!?は、早く離れて!」

サシャ「うぅ~~ん……!ミカサの言うとおり、柔らかくて、暖かいです~~!」ギュー!

クリスタ「それに、本当にいい匂いがする~!」ギュー!

アルミン「や、やめてよぉ~!む、胸が、当たってるよぉ!!」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:16:34 ID:C9lBAO02
男達「な、何だと!?」

ライナー「アルミン、うらやまけしからん!今すぐそk」ドガァ!

ライナー「」チーン

ミカサ「とりあえず、眠って……それよりも、サシャ、クリスタ……アルミンが嫌がってる」

ユミル「アルミーーン!ゆるさーーーん!!!さっさと離れろぉ!!」

アルミン「わーーーん!」ジタバタ

サシャ「うーん、名残惜しいですが、ここまでのようですね」

クリスタ「これ以上やると、ミカサが怒っちゃうもんね」

アルミン「もう……!僕だって、……男なんだから…その、お、おおお触りするかもしれないだからね!」

サシャ「ん~~?アルミンは真面目だから絶対にそんなこと、しませんよ。」

クリスタ「そうそう。アルミンだから、安心して抱きつけるんだから」

アルミン「うぅ~~……」

男子(アルミン、マジで羨ましい!)

アニ(……私も、抱きついてみたいよぉ……) 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:17:04 ID:C9lBAO02
その日のお昼

大きな木の木陰

アルミン「ふぁぁ……今日は良い天気だね……」

エレン「ああ、そうだな。春だし、心地いい風が吹いてる」

ミカサ「それにしても眠い…」

アルミン「うん……お昼ご飯食べたからね……僕も眠い…」

エレン「……なあ、それなら昔みたいに3人でお昼寝するか?」

ミカサ「!!……やる!アルミンは勿論真ん中で……!」

アルミン「ええ!?……ぼ、僕はやだなぁ……」

エレン「なんでよ?」

アルミン「だって、もう僕たちはいい年なんだよ……?」

エレン「まぁ……今日のジャンの言ったことは、あながち間違いでもねぇけど……」

エレン「せっかくなんだし、昔みたいにさ……一緒に寝たいってのはダメか?」

ミカサ「大丈夫。笑う人間は、もう居ない……それに私たちの年齢ならまだ許される」 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:17:35 ID:C9lBAO02
アルミン「……そうだよね!久々に3人が一緒に水入らずに過ごすんだもんね」

エレン「ああ、そうだ。だから今からお昼寝しよう!」

アルミン「それじゃあ……寝そべって……」

エレン「へへ……こうやって寝るのも久しぶりだな…」

ミカサ「アルミンを抱くのは久々……やはり訓練で筋肉が付いたせいか、ちょっと硬くなった……」ショボーン

アルミン「僕だって強くなりたいんだから」

ミカサ「それでも柔らかい……それに暖かい……いい匂い……」

アルミン「もう寝ちゃった……」

エレン「んん……」

アルミン「エレンまで……」

アルミン「ふぁぁ……そういってるうちに、僕も眠くなっちゃった……」

アルミン「……3人とも、良い夢が見れますように……」zzz 

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:18:06 ID:C9lBAO02
30分後

サシャ「ん、あれはエレン達……あ、アルミンを抱き枕にして寝ていますね!」

クリスタ「ほんとだ……羨ましい…!」

ユミル「ま、起こさないようにな……」

サシャ「こうしてみると、アルミンは可愛い寝顔していますねぇ」

クリスタ「うん、ミカサが虜になるのも分かっちゃう」

アルミン「ムニャムニャ」

ユミル「エレンもミカサも、がっちりアルミンに抱きついているな」

サシャ「そうですね……3人とも幸せそうに寝ています」

クリスタ「本当に、仲がいいんだね……ちょっと羨ましいなぁ…」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:18:38 ID:C9lBAO02
ユミル「クリスタには、私がいるじゃないか」

クリスタ「でも幼馴染じゃない」

ユミル「いいじゃねぇか」

サシャ「それよりも、あまりうるさくしては可哀そうです。大人しく去りましょう」

ユミル「ああ、そうだな」

クリスタ「ふふ、ほんと、仲睦まじいね」

エレン「zzz」

アルミン「zzz」ムニャムニャ

ミカサ「zzz」ウウン……エレン……アルミン……ズット…イッショダカラ…… 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:19:10 ID:C9lBAO02
1時間後

エレン「ふぁあ……よく寝た……そろそろ起きろ、ミカサ、ある……アルミン!!?」

アルミン「」

エレン「おい、ミカサ、今すぐ起きろ!!!アルミンが、青くなってる!」

ミカサ「う~~ん…アルミン……ずっと、抱き枕……」ギューーー!!

アルミン「」ブクブク

エレン「わーーー!!アルミンが泡を吹き始めたぁ~~~!!!」

その後、アルミンは医務室で治療を受けたが、1週間、痣が残った。 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:19:42 ID:C9lBAO02
アルミン「もう、ミカサとは寝ないんだからね!!!」プンプン

エレン「羽目を外しすぎだ、バカ!」

ミカサ「はい……反省してます」シュン

サシャ「アルミーーン!今度の休日は、私と一緒にお昼寝してくださーーい!」

クリスタ「わ、私も、仲間にいれてーー!」

アニ「」モジモジ 


121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 00:20:14 ID:C9lBAO02
アルミン「もういい歳だし、恥ずかしいからヤダ!」

サシャ「そんなことを言わずに~!」

クリスタ「一度だけでいいから~!」

ユミル「アルミン!もう一度クリスタに抱きつかれたら、ゆるさーーん!」

アニ「」モジモジ

ミカサ「そ、それなら、私も仲間に…!」

エレン「お前は、もう少し懲りろ!」

104期生達の平和な日常は今日も過ぎていく
……巨人が進行してくるその時まで……

⑦アルミン抱き枕 終わり

エレン「訓練兵の平和な日常」 終わり