1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:04:06 ID:ASYsUa0M
アニ「…」


アニは雨の降り続ける窓の外を、ただ静かに眺め続けていた。

彼女の目はどこまでも透明で、感情の色はなく、鏡のように外の風景を映し続けている。

その淡いブルーはどこか儚げで、窓の外と同じく、静かに降り続ける雨を連想させた。


ライナー「…ベルトルト 行くぞ」


促したライナーの後について、僕は食堂を出る。

僕の背中の向こう側で、未だにアニは雨を眺め続けているんだろう。

ただ一人、誰と言葉を交わすこともなく。


その姿を見て、僕もそうは変わらないと思った。

僕らはこの壁の内側に居る限り、何処に居ても、何をしていても、裏切り者だ。

僕ら三人の心の中には、いつからか黒く重い雨雲が居座り続けていて、絶えず雨を降らしている。


僕ら以外の誰かと親しくする必要はない。僕たちはまた、必ず裏切るのだから。

アニを見てそう考えると、僕は辛くもあり、また僅かな安心感も感じていた。 




進撃の巨人 デカキーホルダー ベルトルト
コンテンツシード (2013-08-31)
売り上げランキング: 78,756
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:06:17 ID:ASYsUa0M
__________
_____
_

休日の昼下がり、談話室には僕とライナー以外、誰も居なかった。

僕たちはいつもこうしてテーブルを挟んで座り、その上にチェス盤を置いて話をする。

真剣にチェスを打っているわけではなく、誰かが来た時に自然に見せる為の小細工だった。


ライナー「…アニの事なんだがな」


彼ははそう切り出し、「あのままでいいと思うか?」と続けた。


ベルトルト「あのまま?」

ライナー「ああ… あいつ、ここに来てから誰かと話してる所なんて見たことないだろ?」

ベルトルト「…うん そうだね いつも一人だ」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:08:33 ID:ASYsUa0M
珍しくライナーの表情は曇っていた。

彼は根っからのリーダー気質で、思いやりがあり、情に厚い。

そんな性格だから、アニの孤独を見過ごすことが出来ないんだろう。


ベルトルト「…仕方ないさ 僕にはアニの気持ち、少しわかる気がするよ」

ライナー「しかしだな ああも一人で居られると…」


チェス盤を見つめるライナー。僕には彼の気持ちも理解できていた。

そう、ただ純粋に心配なんだ。昔のアニは、もう少し明るかった。

でも、ここに来てからのアニは、本当に他人との接触を避けている。 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:10:10 ID:ASYsUa0M
ライナー「…俺たちが一緒に居てやる事も出来るが」

ベルトルト「…はは それはアニから願い下げだろうね」

ライナー「…あいつの性格だからな だが、もう少し皆と打ち解けても良いと思わないか?」


ライナーの問いかけを聞いて、僕は言葉に詰まった。


僕らが、彼らと親しくなってもいいのだろうか?


僕たちはすでに多くの人間の生活や夢や命を奪っていて、そしてこの後も奪い続ける。

彼らにとって僕たちは何よりも憎い存在で、僕たちはそれを隠しながら此処での生活を続けていた。


暫くの沈黙を経て、僕は呟く。


ベルトルト「…ライナーは、なんで皆と仲良くできるんだい?」


そう言い放ってから、僕は酷く残酷な質問をした事に気がついた。


窓の外では、昨日からの雨が降り続いていた。 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:12:53 ID:ASYsUa0M
僕の言葉を聞いたライナーの視線はチェス盤から離れ、僕を見ていた。

その視線を感じた時、僕はさっきの質問を酷く後悔した。


ライナーもまた、この悩みからは逃れられない存在だった。

彼の性格は、彼の意思とは関係なく、人を惹きつける魅力を持っている。

どんな場所でも、どんな集団でも、その場に馴染むことが出来る社交性。

そして仲間想いで面倒見の良いその気質は、大きな安心感と存在感を、側にいる人間に感じさせた。

そんな彼が、同世代の集まる訓練兵団で目立たない訳がなかった。

彼の周りには自然と人が集まり、そして彼も、彼を慕う人たちから距離を取るような事はしなかった。


だから、なおさら僕の一言は、重く聞こえたはずだ。


ベルトルト「…すまなかったよ」


溜まらず僕がそう言うと、彼は「いや いいんだ」と呟き、再びチェス盤へと視線を落とした。 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:15:48 ID:ASYsUa0M
雨音が響く沈黙の中で、僕は彼の心の内を想像する。

人を避けるアニや、自分から他人へ干渉しようとしない僕。

それらとはまた違った、凄まじい葛藤を彼も秘めている事は、想像に難くなかった。


ライナー「…お前が言いたいことはわかる ベルトルト」

ライナー「でもな …今は、今だけは仲間なんだ」


ポツリポツリと、ライナーが言葉を漏らす。


ライナー「その時が来たら …俺は変われる いや、変わってみせる」


そう言いながら、ライナーはナイトを動かした。 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:17:28 ID:ASYsUa0M
陣地に深く食い込んだナイトよりも、僕は、ライナーは本当に変われるのだろうかと考えていた。

ライナーは強い。僕なんかよりもずっと強い意志を持っている。

そして、僕なんかよりもずっと優しい心を持っていた。


僕はナイトをクィーンで牽制する事に決めてから、アニの話題へと戻した。


ベルトルト「…アニの話だったね …多分、アニは怖いんだと思うよ」

ベルトルト「僕たちが彼らと戦う事になった時、感情を割り切れなくなるのが怖いんだよ」


ライナーは黙って、チェス盤を眺めている。

外の雨は、未だ降り続いたままだ。 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:20:58 ID:ASYsUa0M
__________
_____
_

その日の夕方、僕は一人で食堂へと向かった。

外は変わらずの空模様で、暗く、そして寒かった。

夕食が終わった食堂に人の気配はなく、薄暗く広いその空間は、静かな雨音に満ちていた。

そこにアニは居た。

また変わらず、涼しげに窓の外を眺めながら。


ベルトルト「…アニ 何をしてるんだい?」


僕がそう言うと、彼女は視線だけを僕へ向けて「何の用?」と呟いた。

僕は答えずに、彼女が肘をついているテーブルへ向かい、正面に座った。

彼女は眉間に少し皺を寄せたが、視線はゆっくりと僕から窓の外へと移っていった。 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:22:12 ID:ASYsUa0M
アニ「…何か話でもあるの?」


窓の外を眺めながら、アニが言う。


ベルトルト「…特にはないよ」

アニ「…話もないのに来たの?」

ベルトルト「そうだね」


次いで出る言葉は互いになく、僕たちを雨音が包んだ。

冷たく、細かく、本当に繊細で、些細に弾け、流れ、染み込んでいく音。

その幾千もの音が響きあい、共鳴して、この薄暗い食堂に満ちていた。 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:23:36 ID:ASYsUa0M
ベルトルト「…寮に帰らないのかい?」


細かい水の音に乗って、僕の声が響く。いつもより大きく聞こえる。

少しの沈黙の後、「関係ないでしょ」という返事が返ってきた。

アニの表情が少し、険しさを見せる。僕を疎ましく思っているんだろう。

僕は構わず、彼女と同じように窓の外を眺めながら呟いた。


ベルトルト「…長い雨だね」


ぽつりと、水が一滴垂れたような呟きだった。

返事は返ってこなかった。 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:25:43 ID:ASYsUa0M
アニ「…用がないなら一人にしてくれない?」


暫く経ってから返ってきた彼女の言葉は、どこか棘があるものだった。


アニ「本当は何か用があるんじゃないの? あるならさっさと言って」

ベルトルト「…アニの事が心配だったんだ ライナーもそう思ってる」

アニ「私の事が心配?」

ベルトルト「うん …いつも一人で、窓の外を眺めているから」


アニは窓から少し視線を下げつつ、「それが何?」と言う。 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:26:55 ID:ASYsUa0M
ベルトルト「…女子で誰か、話し相手はいるかい?」

アニ「…何を言ってるの?」


アニの表情には少しずつ苛立ちが浮かんできており

眉間に皺を寄せ、僕をじっと見つめる。

瞳からは怒りの色が伺えた。

その視線から目を逸らし、言葉を続ける。


ベルトルト「…その、辛くはないのかな …と、思って」


僕の言葉を聞いたアニは立ち上がり、冷たい瞳で僕を睨むと、食堂を出て行った。 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:28:56 ID:ASYsUa0M
一人残された僕は、雨音を聞きながら、何故今日ここまで来たのかと考えていた。

何故、彼女にこんな解りきった事を聞いたのかと。


辛くないわけはなかったんだ。


彼女もまた、ライナーと同じだ。


僕らは戦士であって兵士じゃなく、ただ、目的の為にここに居るだけだ。

でも、ここにいる同期のみんなは本当に優しくて、愉快で、時々、その目的を忘れそうになる。

アニはそれを忘れない為に、そしていつか来る裏切りの時に備えて、他人を避けている。

僕にはそれが解っていたはずだ。 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:33:11 ID:ASYsUa0M
アニもライナーと変わらない。

二人とも、他者との距離の取り方が違うだけで、同じ事で悩んでいる。


僕はどうなんだろうか?


僕は自ら他人へ近づく事もないし、他人を遠ざけることもない。

他者への仲間意識を持つことも、他者への裏切りに怯える事も、二人よりは数段希薄だった。

僕には自分の意思というものがない。だからこそ、二人より冷静に物事を考えられていたはずだ。


じゃあ何故、僕は今日ここまで来て、アニにあんな事を聞いてしまったんだろうか?


…多分、僕はアニに言って欲しかったんだ。

辛くはない、寂しくなどない、と。


僕もまた、心の中で静かな雨が降り始めていた。 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:35:03 ID:ASYsUa0M
二人が戦士と兵士の間で揺れているのを見て、僕も揺らいでいた。

僕らはあの日、沢山の人間を死に至らしめ、困窮させ、絶望させた。

僕がその原因を作った。

ライナーにもアニにも出来る事ではなく、僕だから出来た事だった。


それが僕を苦しめていた。

すべてを始めさせたのは、僕だ。


壁の中の人間たちは僕らにとって、殲滅すべき敵だった。

しかしこの訓練兵団に入って、あの日を境に全てが変わってしまった人たちを見た。

家を、街を、家族を失った人たちを見てしまった。

それは、僕に自責の念を与えるには十分だった。


僕があの日、壁を蹴り崩し、そうした。 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:37:28 ID:ASYsUa0M
そして最も辛かったのは、僕がまた、同じ事を繰り返す事が決まっている事で、

次の裏切りでまた何万という人が死のうと、僕はそれをやらなければいけない。

これが僕の意思なのかと聞かれれば、そうだとも言えるし、そうではないとも言える。

ただ一つ言えるのは、ライナーのように強い心を持たない僕は、虚ろな決心とともに、それをするだろう。

大きな罪の意識だけを感じながら。


だから、アニには辛くないと言ってもらいたかった。

ただ好きで、こうしているだけだと。

次の裏切りでまた幾万の人間が犠牲になろうと、知ったことではないと。


ライナーはもう、そんな事は言ってはくれない。

だから僕は、アニにそう言ってもらいたかったんだ。

そう言ってもらえたら、僕はどんなに救われただろう。

僕の行ってしまった事に、僕のこれから行う事に、そう言ってもらえたなら。 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:39:41 ID:ASYsUa0M
でも、やはりアニは怖がっていて、そしてライナーも迷っている。

そんな二人を見て、僕の儚い安心感は消え、変わりに暗い虚無感を感じていた。


僕らの悩みは、誰にも言えない。

さらに言えば、その悩みは僕ら三人で共有出来る事でもなかった。

もし三人の中の誰かが、その悩みについて他の誰か。

いや、それが僕たちに対してであっても、打ち明けてしまったら。

それは、僕らへの裏切りとなる。

三人とも感じ、戸惑うこの感情を、僕らが戦士である限り、互いに共有する事は出来ない。


強い孤独感を感じながら、僕はアニのように、窓の外を眺め続ける。


外の雨は止まず、次第に激しさを増していた。 


18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:41:44 ID:ASYsUa0M
__________
_____
_

翌日の昼間に、僕はライナーに呼び出され、食堂の裏手へと向かった。

昨夜ほどの勢いではないにしろ、雨は未だに降り続いたままだった。

僕たちは軒下の狭いスペースに入り、雨を避けながら話をした。


ベルトルト「話ってなんだい?」

ライナー「ああ、実はな… ほら、アニの誕生日…近いだろ?」

ベルトルト「…そういえば、そうだね」

ライナー「でな、何か贈り物でもと思ってるんだがな」

ベルトルト「贈り物か… そうだね、何か考えないと」

ライナー「いや、俺たちが送るんじゃないんだ…」

ライナー「俺たち以外の誰かから、あいつに渡してもらおうと思っている」


ライナーはニヤリと笑った。 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:43:10 ID:ASYsUa0M
ベルトルト「…誰かって?」

ライナー「そりゃあ女子がいいだろうな」


僕はなるほどと思った。

誰か女子にアニの誕生日の事を知らせ、祝って貰おうとしているんだ。

ライナーは昨日の話をずっと考えていたんだろう。

アニに友人を作らせるために、アニの誕生日を利用するのは良い考えに思えた。 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:48:02 ID:ASYsUa0M
でも、僕はそれと同時に、昨日の夜のことを思い出した。

アニは人と必要以上に親しくなるのを避けている。


ライナーの考えている事は、本当に彼女にとって嬉しい事なんだろうか?

彼女を苦しめるだけなんじゃないか?


昨日の彼女の瞳は、どこか虚ろで、幻想的で、そして寂しかった。

その痛々しいまでの孤独を、もし一時でも和らげさせる事が出来るのならと思うと、

ライナーの考えを止める気になれなかった。

でも、その後に、今とは比べ物にならないような暗雲が彼女を包むことは明白だ。


僕の肩に雨粒が一滴垂れ落ち、服に染み込んで消えていった。 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:49:22 ID:ASYsUa0M
ライナー「…ベルトルト、どうしたんだ? なんで黙り込んでる?」


ライナーにそう言われ、僕は物思いにふけっていた事に気付く。

結局答えは出ず、僕はライナーに賛成することにした。


ベルトルト「…うん いい考えだと思うよ」

ライナー「だろう? そこで相談なんだが…誰が良いと思う?」

ベルトルト「…そうだね やっぱり人あたりの良さそうな人じゃないと」

ライナー「クリスタなんて良いと思うんだが、どうだ?」


ライナーらしい選択だなと心の中で思いながら、僕はまた賛成した。 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:51:38 ID:ASYsUa0M
__________
_____
_

その日の夜、夕食が終わると僕たちはクリスタに声をかけた。


ベルトルト「やあクリスタ ちょっと話があるんだけど、いいかな」


僕が話しかけると、隣にいたユミルが怪訝な表情で僕たちを睨む。


クリスタ「何? 二人とも、どうしたの?」

ユミル「何だ? ナンパか? もしそうなら諦めな」

ライナー「いや、そういう訳じゃないんだがな」

ベルトルト「ちょっと、相談があってね」

クリスタ「相談?」

ライナー「ああ すこし時間を貰えるか?」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:52:51 ID:ASYsUa0M
食堂にアニの姿は無かった。

恐らくすでに食べ終わり、また何処かで一人、佇んでいるはずだ。

そしてここから人気が無くなってから、彼女はここへ戻り、また外を眺めるのだろう。

儚く感じた。


ライナー「俺たちと同郷の出なんだが、アニって奴がいるのは知ってるか?」

クリスタ「え? アニ? うん… 知ってるよ」


クリスタの返事は、たどたどしい物だった。

恐らく一瞬、アニとは誰だったかを考え込んでいたんだろう。


ユミル「いつも一人でボーっとしてる奴だろ? それがどうしたんだ?」


ユミルの認識はもっともだと思った。

傍から見れば彼女は、ただのやる気のない見習い兵士でしかない。 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:54:39 ID:ASYsUa0M
ライナー「実は、あいつの誕生日が近いんだが… 何かプレゼントでも贈ってもらえたらと思ってな」

クリスタ「え? 私たちが?」


クリスタは驚いていた。


ライナー「ああ、そうだ 俺たちが渡すよりも、クリスタたちから渡して貰った方が喜ぶだろう」

ベルトルト「彼女はちょっと、人付き合いが苦手でね 出来ればそれを期に、親しくしてあげて欲しいんだ」

ライナー「いつも仏頂面ではあるが、悪い奴じゃない 頼む、クリスタ」


そう言いながらライナーは、ポケットから幾らかの貨幣を取り出す。

さっき、僕たちが二人で出し合ったものだった。

決して大金は無いけど、何か気の効いた物を買うには十分な額だと思えたし

そして何よりも、それが僕たちの出せる精一杯の金額だった。 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:56:40 ID:ASYsUa0M
ライナー「少ないかもしれんが、これで何か買ってやってくれ」

ベルトルト「僕たちは女の子が喜びそうな物なんて選べないしね」

クリスタ「っえ? こんなに…?」

ユミル「おいおい… お前ら、こんなに出して大丈夫か? 遊ぶ金なくなっちまうぞ?」

ライナー「いいんだ こっちから頼んでるわけだしな」

ベルトルト「…本当に突然の話で悪いんだけど、頼むよ クリスタ」


クリスタは少しの間黙り込むと「なんで私なの?」と、疑問を返した。

もっともな疑問だと思った。 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:58:05 ID:ASYsUa0M
ライナー「クリスタなら、あいつと良い友達になってくれると思ってな」

ベルトルト「うん 君は優しいし、アニも君の事を気に入るだろうと思って」

ユミル「…ハハッ だとよ、女神さん やってやったらどうだ?」


ユミルの茶化したような後押しが効いたのか、クリスタは少しの思案を経て、「わかった」と返事をくれた。

そして、「でもちょっと、多すぎると思う」と、ライナーの手の中にある貨幣の量を見て呟く。


ライナー「…そうか? なら、何か食べ物でも買って、ちょっとした誕生会でも開いてやってくれ」


僕はライナーの提案に「それはいいね」と相槌を打ち、「アニも多分…喜ぶと思う」と続けた。

心の内で、僅かに否定しながら。 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/24(月) 23:59:39 ID:ASYsUa0M
クリスタ「そう… なら、ライナー達も…」

ライナー「いや、俺たちはいいんだ あいつには新しい友人が必要だ」

ベルトルト「僕らがいたら、アニも気恥ずかしく思うだろうから」

ライナー「…そしてな、この事はあいつには伏せてくれ」

ライナー「俺たちがこんなお節介をしたとバレたら、怒られちまうからな」


クリスタはそれ以上質問することはなく、「わかった」と返事をくれた。

ライナーはクリスタにお金を渡すと、「ありがとう」と言って笑って見せる。

クリスタも笑顔を見せながら「私に任せて」と言った。


僕はそんな二人を見て軽く微笑んでから、窓の外へと視線を移した。

静かに、ただ静かに、雨は降り続けていた。 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:01:02 ID:DljhC03s
__________
_____
_

アニの誕生日の日が来た。


僕たちがクリスタにアニの事を相談した次の休日に、彼女とユミルは街へと出かけていた。

その時にアニへのプレゼントを見繕ったり、パーティの買出しなどもしてくれたんだろう。

彼女たちは今日の朝早くから食堂を片付けたり、なにか飾り物をしたりと準備をしていた。

それを見て、何かあるのかとサシャやコニーなどが集まりだし、アニの誕生パーティーは

僕たちが考えていた小規模なものではなく、随分と賑やかになりそうだった。


僕とライナーはそれを遠目で見てから談話室へ入り、いつものようにチェスを打っている。


ライナー「…大事になってるな」

ベルトルト「…そうだね お金、足りてるのかな?」

ライナー「あの二人、幾らか出してくれているかもしれないぞ」

ベルトルト「…あとで礼を言わないといけないね」

ライナー「…まったくだ」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:02:36 ID:DljhC03s
外は雨こそ降っていないにしろ、薄く雲が覆っていた。

僕たちはそれなりに考え、静かに駒を動かし、チェスを進めた。

互いに無言。そして、互いにアニの事を考えている。

いや、少なくとも僕は考えていた。


アニは、どんな気持ちで自分のパーティに出ているんだろう?

これまで避けてきた人たちに、否応無く呼ばれ、自分の誕生を喜ばれる気持ち。


嬉しいんだろうか? 楽しいんだろうか? 悲しいんだろうか? 辛いんだろうか? 


…怖いんだろうか? 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:04:11 ID:DljhC03s
コニー「おう、お前ら! ここに居たのか!?」


僕の物思いを、コニーの大声が止めた。


ライナー「おう、どうした?」

コニー「クリスタ達がアニの誕生会を開いてんだ、お前らも来いよ!」


僕とライナーは顔を見合わせた。

僕たちはアニの誕生会に出る気は無く、ここでチェスを打ちながら終わるのを待つつもりだった。

僕たちが居れば、アニは心の底からは楽しめないだろう。

目的の事、シガンシナの事、僕たちが裏切り者であるという事を、今だけは感じさせたくはなかった。

ライナーは僕からコニーへ視線を移し、「いや、俺たちはいい 楽しんで来い」と言った。


コニー「それがよ、クリスタに言われてんだ お前らを連れて来いって」


僕たちは再び顔を見合わせた。 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:05:31 ID:DljhC03s
__________
_____
_

誕生会の会場になっていた食堂は、僕たちが予想していたより賑やかだった。

テーブルにはクッキーやパンなんかのちょっとした食べ物が並べられ、

どこからか摘み取られた赤い花が、瓶に入れて飾られていた。

クリスタやユミル以外にも、サシャ、ハンナ、アルミン、マルコなど

幾人かの人たちが集まり、楽しそうに話をしていた。


その中にアニはいた。

どこか緊張したように俯き、顔を赤らめている。

恐らく、どこかへ姿を隠すために出かける仕度をしている所を、ユミルに強引に連れてこられたのだろう。

いつもの様に髪を後ろで纏めておらず、肩まで下ろしたままだった。 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:07:18 ID:DljhC03s
僕とライナーは、それを食堂の扉から眺めていた。

コニーが「早く中へ入ろうぜ」と急かしたが、僕たちは頷かなかった。


今のアニは、本当に嬉しそうだったからだ。


ライナーが急かすコニーに「すまんな やっぱり俺たちは出られん」と告げて、

僕たちは食堂に背を向け、談話室へと歩き出した。

コニーはポカンとした表情で僕たちを見送ったあと、頭をかきながら食堂へと入っていった。


僕らの事、目的の事、その他の様々なしがらみを忘れて、今は楽しんでもらいたい。

僕と、恐らくライナーもそう思っていた。

本当に、心の底から。


見上げると、空を薄く覆っていた雲が僅かに割れ、そこから光があふれ出していた。

長く続いていた雨模様も、ようやく終わるんだろう。 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:08:38 ID:DljhC03s
__________
_____
_

翌日、空は澄み渡っていた。

雨雲はどこか遠くへと流れ、爽やかな風が吹き、長雨でぬかるんでいた地面も、久しぶりの日光で乾き始めている。

ライナーと僕は昼食を終え、午後の座学が行われる教室へ向かう途中だった。

アニは一人、食堂の前に立っていた。

僕とライナーはそれを見て一瞬戸惑い、顔を見合わせてから、彼女に話しかけた。


ライナー「…よう」

ベルトルト「…そんな所で、なにしてるの?」


僕たちが話しかけると、アニは黙ったまま、僕たちをじっと見つめた。

僕は、彼女の髪留めが変わっている事に気がついた。

黒く繊細な鉄細工の上に、小さい緑色の宝石が二つ、センス良く飾り付けられている。 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:10:16 ID:DljhC03s
ライナー「…お、どうしたんだ? その髪留め」

ベルトルト「…そういえば、昨日アニの誕生会が開かれてたんだよね?」

ライナー「…なるほど プレゼントってわけか 良く似合ってるぞ」


実際、アニのプラチナに近い金髪に、その黒い髪留めは良く似合っていた。

流石、女性が選んだプレゼントだと思った。僕達じゃこんな物は選べない。

僕らの白々しい会話を無視して、アニは左手を上げた。

その手首には細いブレスレットが輝いている。

恐らく銀で出来たブレスレットだろう。細く、シンプルでいて、とても上品な造形だ。

アニは僕たちを、その淡いブルーの瞳で睨みながら言う。


アニ「…クリスタたちから貰ったのは、こっち」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:11:30 ID:DljhC03s
僕たちは一瞬、彼女の言葉の意味がわからなかったが、すぐに理解した。

つまり、僕らの企みがバレているという事だった。

恐らくクリスタかユミルが言ったんだろう。


ライナー「…ぬ そ、そうなのか… じゃあその髪留めもそうなんだな」

アニ「…これはあんたたちからでしょ?」

ライナー「…な、何を言ってるんだ、アニ 俺たちはそんな…」


ライナーはこの後に及んでも、下手な猿芝居を続けようとしていた。

恐らくアニは怒っている。よくもいらない世話を焼いてくれたなと。

蹴りの一発や二発くらいなら貰う覚悟を、僕はしはじめていた。 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:14:06 ID:DljhC03s
アニ「…ライナー …ベルトルト 昨日の騒ぎを企画したのは、あんたたちなんだってね?」


ライナーの額に、大粒の汗が浮かび始める。

僕はきつく奥歯を噛み、鋭いローキックの痛みを耐える準備をした。


ライナー「ま、待てアニ! 俺たちはだな…! その…!」

アニ「……二人とも、ありがと」


アニのお礼という予想外の言葉に、ライナーは僕が知る限り、今まで出したことの無い声を出した。

次に来るのはローキックだと考えていた僕にとってもそれは同じで、思わず聞き返してしまう。


ライナー「……ふぁ?」

ベルトルト「……あ、ありがとうって?」

アニ「……言いたいことは …まあ、あるよ でも、取り合えずお礼はする」

アニ「……二人とも……ありがとう」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:16:29 ID:DljhC03s
「ありがとう」と言うアニの目には、この間まであった寂しさを称える色は無かった。

まるでこの青空のような、爽やかなブルーをしていた。

僕は昨日の誕生会を、彼女が心から楽しんでくれたことを確信して、ライナーを見る。

彼もまた、僅かに口元緩めながら、僕を見ていた。

アニは顔を見合わせる僕たちを見て、「…何してるの? 気持ち悪い」と言うと、

スタスタと歩き出し、何処かへ行ってしまった。


ライナー「…はは なんだよ、上手くいってたんじゃないか」


ライナーは額に浮かんだ汗を拭いながら、笑った。

僕も緊張が取れ、静かに笑みを浮かべ、空を見上げる。

とても晴れた日だ。このままずっと、晴れ続けてくれればいい。 


40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:17:42 ID:DljhC03s
恐らく。いや、必ず。

アニにも、ライナーにも、僕にも。

心の中に、とてつもない豪雨が降る事は決まっている。

昨日の事はアニにとって、後に大きな葛藤を生むだろう。

ライナーはこれからも、彼らとの友情と故郷の間で揺れ動き続けるだろう。

僕も気がつけば、誰も居ない暗室にいるような孤独感に襲われるだろう。

でも、今だけは。

少なくとも、次の裏切りまでは。

この快晴が続いて欲しい。

僕はそう願わずにはいられなかった。

         

             おわり