1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:42:39.39 ID:OeQeVaCp0
みちる「フゴフゴー」あとですねー

モバP「うん」

みちる「フゴフゴ、フゴフゴフッ」珍しいと言えば、水虫パンって言うのもあるみたいですよ

P「え、そんなのまであるのか?」

みちる「フゴ。フゴゴッフゴ!」はい。食べた事は、ないんですけどね!あははー!

P「へぇ~…。世の中色んな事を考える人が居るんだなぁ」

みちる「ゴフフッゴ」まさかの発想ですよねー

P「ははっ、本当になぁー」

みちる「フゴゴフッ」パンの世界は奥が深いっ

P「うむうむ。俺も、まだまだ勉強不足だったようだ」



ちひろ「…え」


ちひろ「何で、あれで会話が成立してるんですか…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375198959

引用元: 大原みちる「フゴフゴ! フゴフゴゴ!」 


 

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (4) (電撃コミックスEX)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-02-26)
売り上げランキング: 298
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:44:42.32 ID:OeQeVaCp0
――――
―――
――

ガチャ


アーニャ「どー…、おはよう、ございます」

ちひろ「あら、アーニャちゃん。えーと…どーぶらえうーとら!でしたっけ?」

アーニャ「!」

アーニャ「ハラショー。ばっちり、です。ドーブラエ ウートラ、ちひろ」

ちひろ「ふふ、ありがとう。これで、いつでもロシアに行けるわねっ」

アーニャ「ダー。はい。ぜひ一度は…」キョロキョロ

ちひろ「…?」

ちひろ(…あぁ)」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:48:02.67 ID:OeQeVaCp0
ちひろ「アーニャちゃん」

アーニャ「シトー? あー、えっと、何ですか?」

ちひろ「大したことじゃないんだけど…、あちらにプロデューサーとみちるちゃんも居るから、良かったら顔出してあげて」

アーニャ「!」

アーニャ「ダー。わかりましたっ」

アーニャ「……」クルッ

ちひろ「どうしたの?行かないの?」

アーニャ「ぁー…スパシーバ。ありがとう、ちひろ」

ちひろ「! …いえいえ♪」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:49:59.84 ID:OeQeVaCp0
みちる「フゴゴ、フゴ?」あたしで良ければ、今度作ってきましょうか?

P「え、作れるの?」

みちる「ゴフフゴッフ」はいっ さすがに本物には届きませんけど、ある程度の物でしたら!

P「それでも、十分スゴいだろ…」

みちる「フゴ!フゴゴッゴフゴッ」普段からお世話になってますし。Pさんさえ良ければ、なんて。あははー!

P「おー!嬉しい事言ってくれるなぁ。それじゃあ、時間空いてる時にでも頼むよ」

みちる「ゴフッ!」わっかりましたーっ



アーニャ「???」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:51:33.09 ID:OeQeVaCp0
P「いやぁ、楽しみな事が増えたー……ん」


アーニャ「…」


P「おー、アーニャ。おはよう!今着たとこか?」

アーニャ「っ…、ダー。おはよう、です。プロデューサー、みちる」

みちる「フゴ!フゴゴ!」あ、アーニャ!いただきます!

P「…。みちる、落ち着いて一度飲み込めって」


みちる「フゴ!…んぐんぐっ」ゴクン

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:53:26.77 ID:OeQeVaCp0
みちる「いただ…おはようございます!アーニャ」

P「アーニャは、食べ物じゃないぞ」

みちる「あははー!すいませんっ、まちがえまフゴッ」ムシャムシャ

P「まだ食うか、コイツは…」

みちる「フゴッ!フゴゴフゴ!」当然です!食べることは生きること!ですのでっ

P「うん。まぁ幸せそうで何よりだ」

みちる「フゴゴー!」Pさんと、アーニャも食べますかー?あははー!っパン

みちる「フゴッ」どうぞっ!


アーニャ「……???」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:56:09.65 ID:OeQeVaCp0
アーニャ「…」


P「アーニャ…? ぼーっとして、どうかしたのか?」

アーニャ「ぁー…、イズヴェニーチェ。すみません…。少し、びっくり、です」

P「あー。みちるの食いっぷりに? それは、仕方ない。誰もが通る道だからな」

みちる「フゴフゴ!フゴッ!」え、そんなに美味しそうに食べてますか?あははー!ありがとうございますっ

P「…。ちょっと黙って食べててようなー?」

みちる「フゴ!」はい!ムシャムシャ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:57:13.55 ID:OeQeVaCp0
アーニャ「クルータ…」

P「んー?くるーた?」

アーニャ「プロデューサーは、スゴい、ですね」

P「スゴイって…。みちるじゃなくて……俺が?」

アーニャ「ダー」コクリ

みちる「フゴゴゴフッ!フゴ!」スゴいと言えば、このパンがスゴい美味しいですよ!


P「……」グニグニ

みちる「フッ、フゴ…」ほ、ほっぺた押さないでください。でちゃいます。

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:58:12.39 ID:OeQeVaCp0
アーニャ「プロデューサーは…」

アーニャ「よく、みちるのヤズィク…ええと、言葉がわかりますね」

P「そうか? アーニャも、日本語上手だと思うが」

アーニャ「ぁー、ニェート。違い、ます。日本語の事ではなく、食べているときのヤズィク、です」

みちる「フゴ?フゴフゴ?」えぇ?何のことですかー?

P「あぁ、これのこと?」

アーニャ「ダー」コクリ

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:59:59.15 ID:OeQeVaCp0
P「…そういえばいつの間にか、わかるようになってたな」

アーニャ「どうして、でしょう?」

P「んー……、何故だろう…」

みちる「フゴフゴフゴ」Pさん、Pさん…!

P「今度は、何だ?」

みちる「フゴフゴゴ」あたし、理由知ってますよ

P「…ほー。聞かせてもらおうか」

アーニャ「?」

P「の前に飲み込んでからな」

みちる「フゴ………んくっ」はい!モグモグモグゴクン

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:01:22.35 ID:OeQeVaCp0
みちる「Pさんが、あたしの事をわかる理由(ワケ)」

みちる「それはですねー」

みちる「きっと、あたしとPさんの信頼関係のなせる業だと思うんです! あははー!」


P「……はい?」

アーニャ「!」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:03:22.58 ID:OeQeVaCp0
P「信頼関係って…事務所の新入りが何を」

みちる「確かに新入りですけどー。誰かを信じるのに、時間は関係ありませんよ!あははー!あたしは、Pさんのこと、パンと同じくらい大好きですのでっ」

P「ありがとう。…例えがおかしいのは置いとくして、そう言ってもらえるのは嬉しいよ」


アーニャ「…ドヴェーリイェ。信頼、ですか」

アーニャ(それなら、私も…)

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:06:38.12 ID:OeQeVaCp0
P「アーニャ、あまりみちるの言う事を真に受けない方がいいぞ」

P「正直慣れっていう部分が大きかったとも思うし。みちるとのコミュニケーションは、アレがわからないと始まらないからなー」

みちる「え~」

P「…まぁ、別に信頼関係を否定するわけじゃないが」

みちる「! Pさん、それって…」

P「?」

みちる「…ツンデレってやつですか? あははー!嫌いじゃないですけど、ちょっと古いと思いますよー!」モグモグ

P「……」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:08:19.74 ID:OeQeVaCp0
P「ほーら、これがみちるが好きなツンデレのツンだぞー」ツンツングニグニ

みちる「あっ、やめっ、しょく、じちゅ、う」パシッ

みちる「フゴ、フゴゴ!」食事中にほっぺた押さないでください!こぼれたら、勿体無いじゃないですか!

P「くっくっく」


アーニャ「…」肩ツンツン


P「ん、どし………た!?」

みちる「!?」



アーニャ「もご、…もご」モグモグ

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:10:48.56 ID:OeQeVaCp0
アーニャ「もご、ご」

P「……」

アーニャ「……もぐ、っ…もご?…んくっ」ゴクン

P「………」

アーニャ「どう、でしょうか?」


P「…うん!すごく可愛いかな!!!」


みちる「フゴフゴ」すごく美味しそうです!

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 01:14:48.29 ID:OeQeVaCp0
アーニャ「…す、スパシーバ…//」

P「みちるなんて、敵じゃないな!」

みちる「フゴ、フゴゴフゴ!」いえ!あたしの食べてるパンの味も負けませんよ!


アーニャ「では、なくて…。ヤー、私の…です。わかりましたか?」


P「あぁ~~。おう、勿論だ!!」

アーニャ「ウラー♪(やったー)」パァッ



P「お腹空いたんだろ?」



アーニャ「」ガクッ



おわり