1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 22:57:54.07 ID:2L/n3hqF0
テンテテテテテン テンテンテン

タモリ「こんにちは!」 \コンニチハー!/

タモリ「昨日気づいたら深夜2時だったよ」 \ソーデスネー!/

タモリ「やるの忘れちゃったね」 \ソーデスネー!/

タモリ「そろそろまとめサイトの人たちもめんどくさくなってるよね」 \ソーデスネー!/

タモリ「これいつまで続くんだよってね」 \ソーデスネー!/

タモリ「ざまみろだね!」 \アハハー!/

タモリ「ヒイロ・ユイさんからのご紹介」

タモリ「初登場、ドモン・カッシュさんです!」

ドモン「・・・」 \パチパチパチ!/

引用元: ドモン「テレフォンショッキング」 


 

S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュ (機動武闘伝Gガンダム)
バンダイ (2008-09-27)
売り上げランキング: 61,716
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:03:46.32 ID:2L/n3hqF0
ドモン「はじめまして」

タモリ「はじめまして、こんにちは!」

ドモン「ドモン・カッシュです」

タモリ「知ってるよ
    君知らない人って、たぶんいないと思うよ」 \アハハー/

ドモン「む、そうか
     先日の電話では失礼した」

タモリ「いえいえとんでもない!
    そ~んなこと気にしないでいいのに」

ドモン「いや、非礼は詫びさせてくれ」

タモリ「真面目だな~」 \アハハー/

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:07:56.37 ID:2L/n3hqF0
タモリ「なぜか恒例となってるから
     カメラに向かって決め台詞お願いできるかな?」

ドモン「ああ、予習している」

タモリ「あそ」

ドモン「俺のこの手が真っ赤に燃える!」 \ドヨッ!/

ドモン「勝利を掴めと轟き叫ぶ!」

ドモン 「爆熱!ゴッド・フィンガァァァァァー!!」 \シーン/

タモリ「・・・」

ドモン「ヒートエンド!!」 \シーン/


\シーン/

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:12:55.55 ID:2L/n3hqF0
ドモン「むっ!」

ドモン「まるで明鏡止水のような静けさだ」 \シーン/

タモリ「拍手!」 \パチパチパチパチ!!/

ドモン「俺は何かミスをしましたか?」

タモリ「いや全然!とんでもない!ありがとうございます!」

ドモン「ならいいが・・・」

タモリ「お前ナイーブか?」 \アハハー/

ドモン「そんなことはありません」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:18:13.17 ID:2L/n3hqF0
タモリ「花きてるねー」

ドモン「ああ、事前に友に頼んでおいた」

タモリ「なるほどなるほど」

ドモン「・・・」

タモリ「チボデー・クロケット!」

ドモン「知っているのか?」

タモリ「関根勉が好きなんだよ~」 \アハハー/

ドモン「ふむ」

タモリ「彼が物真似するチボデーは一度見ておいた方がいいね!」

ドモン「はい、いつか拝見させていただきます」

タモリ「基本バーニンバーニン言ってから」 \アハハー/

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:26:07.91 ID:2L/n3hqF0
タモリ「サイ・サイシー!」

ドモン「・・・」

タモリ「彼とも知り合いなんだ」

ドモン「戦友です
     ご存知なんですか?」

タモリ「彼もねぇ、関根勉が好きなんだよ」 \アハハー!/

ドモン「格闘技がお好きな方なんですね」

タモリ「そうだね!格闘技大好きだね!
     チャーハンを作るサイ・サイシーの物真似が面白いよ」 \アハハー/

ドモン「・・・」

タモリ「チョエイッ!!」シュバッ \アハハー!!/

ドモン「似てますね!」

タモリ「コツ教えてもらったんだよ」 \アハハー!/

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:30:47.75 ID:2L/n3hqF0
タモリ「そのポスターは何を持ってきてくれたの?」

ドモン「シャッフル同盟で演舞を披露することになりまして」 \オオー!/

タモリ「へぇ~」

ドモン「その張り紙を」

タモリ「張り紙ってww」 \アハハー!!/

ドモン「・・・?」

タモリ「あ、カッコい!
     見てこれカッコいい」パラッ \オオー!!/

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:35:15.84 ID:2L/n3hqF0
タモリ「これはっといてー!」

アシスタント「」ササッ

タモリ「あ、どうぞ!
    かけてください!」

ドモン「失礼します」

タモリ「前回登場 ヒイロ・ユイさんからのメッセージです
    『半端な動きは死に繋がる 覚えておけ、そこは戦場だ
     知り合いのピエロの言葉だが、肝に銘じておくことだな』」

ドモン「・・・」

タモリ「なんだ、これww」 \アハハー/

ドモン「あいつらしい激励です」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:42:05.09 ID:2L/n3hqF0
タモリ「ネオジャパン代表のガンダムファイターで・・・
     コロニー格闘技の覇者たる証キング・オブ・ハートの紋章を右手に持つ」

ドモン「・・・」

タモリ「へぇ~・・・
     ちなみにその紋章を見せてもらうことは?」

ドモン「あ、見せましょうか?」 \オオッ!!/

タモリ「お願いします!」

ドモン「ふっ!」キィィィィーン \オオオオー!!/

タモリ「おおー、すごいね!
     ちょっと光ったよね!」 \アハハー!/

ドモン「光ります」 \アハハー!/

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:49:00.45 ID:2L/n3hqF0
タモリ「ガンダムファイト優勝後
     師匠である東方不敗に認められ真のキング・オブ・ハートとなる」 \オオー!/

ドモン「はい」

タモリ「その後、デビルガンダムを倒し
     ガンダム・ザ・ガンダムとして地球に凱旋する」 \オオー!/

ドモン「はい」

タモリ「通り名多いなぁ」 \アハハー!/

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:55:19.13 ID:2L/n3hqF0
タモリ「この補足説明ってなんなの?」

ドモン「どれですか?」

タモリ「これこれ、ここに書いてある明鏡止水になると金色になる」 \ゴールド…/

ドモン「なりますよ」 \ブブッ!/

タモリ「なるの?」 \アハハー!!/

ドモン「なりましょうか?」 \ドヨッ!!/

タモリ「ちなみに今なってもらっても?」

ドモン「いいとも」 \アハハー!!/

タモリ「真面目だな~ww」

ドモン「・・・」キィィィィーン \ドヨッ!!/

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 23:58:44.19 ID:2L/n3hqF0
ドモン「なりました」 \ザワザワ/

タモリ「金ピカだね」

ドモン「はい」

タモリ「紋章のときみたいに「はっ!」って言わなかったけど
     言わなくてもなれるもんなんだね~」

ドモン「ええ、明鏡止水は心を落ち着かせるものですから」

タモリ「へぇ~・・・」

ドモン「・・・」

タモリ「俺が落ちつかね」 \アハハー!/

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:04:44.17 ID:2L/n3hqF0
タモリ「ん?心を落ち着かせる?」

ドモン「はい」

タモリ「じゃあ今落ち着いてるわけ?」

ドモン「ええ、緊張していたさっきまでより
     幾分表情が柔らかいかと思います」 \ザワザワ/

タモリ「う~ん・・・さっきまでと変わらないかなぁ」

ドモン「そんなことはないでしょう」

タモリ「いやぁ~ちょっとわかんない」

ドモン「・・・」

タモリ「ちょっと笑ってもらっていいかな?」

ドモン「いいとも」 \アハハ…/

ドモン「フッ」キラッ \キャー!!!/ \カッコイー!!!/ \ベツジーン!!!/

タモリ「お前アレか!
     バンダナでわかりにくいけどイケメンなのか」

ドモン「そうですか?」 \イケメーン!!!/

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:16:35.70 ID:dql+EBP+0
タモリ「顔はいい そうだよね!」 \カッコイー!!/

ドモン「ありがとうございます」 \キャー!!!/ \ギャー!!!/

タモリ「お、すごい
     キラが来たときと同じくらい盛り上がってる」

ドモン「///」

タモリ「独身なの?」

ドモン「いえ、妻がいます」 \アー…/

タモリ「結婚してんの!?」

ドモン「はい」

タモリ「そうなんだ、へぇ~
     それでもアイドルファイターになれるよ」

ドモン「そういうのは苦手なんで」 \カワイー!!/

ドモン「///」

タモリ「確かに苦手そうだね」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:20:33.21 ID:dql+EBP+0
ドモン「・・・」

タモリ「こいつ、刹那と並べてぇ~」 \アハハー!!/

ドモン「並んだことありますよ」 \ドヨッ!!/

タモリ「え、いつ?」

ドモン「Gジェネで何度か」

タモリ「金と銀が並んだの」 \アハハッ!!/

ドモン「はい、金と銀でした」 \アハハッ!!/

タモリ「見たかった」 \ドッww/

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:24:36.17 ID:dql+EBP+0
ドモン「俺の他にも金色になれるやつが四人いまして」 \ドッwwwwwwww/

タモリ「君みたいなのが四人いんの!?」 \ドッwwwwwwwwwww/

タモリ「君含めて五人!?」

ドモン「ええ、一緒に刹那と並びました」 \アハハー!!/

タモリ「金!金!金!銀!金!金!」 \ドッwwwwwwwwwwwww/

ドモン「考えてみると面白いかもしれませんね」 \ドッwwwwwwwww/

タモリ「考えなくても面白いだろぉ~」 \ドッwwwwwwwwwwww/

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:31:30.24 ID:dql+EBP+0
ドモン「そう言われるとあれも面白いかもしれません」 \クスクス/

タモリ「なに?」

ドモン「ソレスタルビーイングのガンダムはピンク色になるんですよ」 \ピンク?/

タモリ「ピンク!?」 \アハハー!!/

ドモン「シャッフル同盟のガンダムは金色になります」 \クスクス/

タモリ「ヘッヘッヘッww」

ドモン「それらが九機並んだことがあります」 \ドッwwwwwwwwww/

タモリ「金!ピンク!金!ピンク!金!ピンク!金!ピンク!金!か!!」 \ワハハwwww/

ドモン「ええ」 \ドッwwwwwwwwwwwwww/

タモリ「ガンダムって凄いんだな」 \ドッwwwwwwwwwwwwww/

ドモン「あとZやZZなんかもピンク色に」 \ドッwwwwwwwww/

タモリ「ピンクだらけか!」 \ドッwwwwwwwwwwww/

タモリ「CMです」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:44:23.81 ID:dql+EBP+0
タモリ「会場100人がスイッチを持っていますので
    1人に該当するアンケートを出しますと私の携帯ストラップ差し上げます」

ドモン(黒)「・・・」

タモリ「アンケート何にする?」

ドモン「前々から悩んでることがあるんです
     それを」

タモリ「悩んでることって何?」

ドモン「最近ガンダムファイターが減少しているんです」

タモリ「そうなんだ」

ドモン「ガンダムに乗るならガンダムファイターではなく
     他のガンダムに乗りたいという若者が増えていまして」

タモリ「そうかー
     カッコいいと思うけどな」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:48:47.91 ID:dql+EBP+0
タモリ「ガンダムファイターになりたいという人?」

ドモン「ではなく」

タモリ「ではないのか」 \アハハー!/

ドモン「俺もそろそろ弟子を取りたいんですが」 \オオー!!/

タモリ「自分の子供じゃダメなの?」

ドモン「なにぶん、ガンダムファイターは厳しい仕事ですから
     師匠が俺にしてくれたことを、自分の子にできるかといわれると
     自信がありません」

タモリ「ふ~ん」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:51:32.06 ID:dql+EBP+0
ドモン「弟子にするならば、やはり熱い男がいいですね」

タモリ「なるほど」

ドモン「俺の弟子になってしごきに耐えられる熱い男」

タモリ「キング・オブ・ハートの弟子になってしごきに耐えられる熱い男
     スイッチオン」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:54:53.91 ID:dql+EBP+0

 00


ドモン「・・・」

タモリ「・・・」

ドモン「いないか・・・」

タモリ「会場女性が多いから」

ドモン「はっ・・・本当ですね!」

タモリ「今気づいたの?」 \アハハー!!/

ドモン「今気づきました」 \ドッwwwwwwwwwww/

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 00:59:14.56 ID:dql+EBP+0
タモリ「君みたいなのがちゃんとメディアに出れば
     ガンダムファイター人口増えると思うけどね」

ドモン「そうでしょうか?」

タモリ「増える増える」 \フエルー!!/

ドモン「演舞のテレビ中継をお願いしたほうがいいですか?」

タモリ「いいんじゃない」

ドモン「そうさせてもらいます」

タモリ「それじゃ、お友達を紹介してください」

ドモン「はい」 \エェー!!/

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 01:03:37.16 ID:dql+EBP+0
ドモン「シン・アスカを」 \オオ!!/

タモリ「シンと友達なの!」

ドモン「前に一度、ゴッドフィンガーのコツを教えてくれと言われまして」

タモリ「コツあんの?」

ドモン「人差し指と中指、薬指と小指を合わせることですね」

タモリ「へぇ~」

ドモン「ですが大切なのは握力です」

タモリ「コツじゃねえ」 \アハハー!!/

アナウンサー「もしもし、こちらフジテレビ笑っていいともですが」

シン『はい!』 \キャー!!/

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 01:10:08.32 ID:dql+EBP+0
ドモン「シンか?」

シン『ドモンさん!お久しぶりです!』 \オオー!!/

ドモン「あれからどうしている?」

シン『教わったことならやってますよ!
    最近小指だけで10キロあがるようになりました!』 \ザワッ!!/

タモリ「意味あんのかな?」 \アハハー!/

ドモン「ぬるい!
     50キロあがるまでは報告するな!!」 \ザワッ!!/

シン『すいません!!
    怒鳴らないでください!!』

タモリ「コエーww」

ドモン「タモリさんにかわるが
     くれぐれも失礼のないようにな」

シン『はい!っていうか、会ったことあります!』

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 01:18:41.45 ID:dql+EBP+0
タモリ「こんにちはタモリです!」

シン『お久しぶりです!シンです!』 \オオー!!/

タモリ「お前のガンダムって握力鍛えて意味あんの?」 \アハハッ!!/

シン『ありますよ!
    心構えの問題です!』

タモリ「だったらいいけど」 \クスクス/

シン『確かに、握力を鍛えるようになってから
    よくトリガーがきかなくなりますけど』

タモリ「いいのかそれww」 \クスクス/

シン『バネ変えてもらったから、たぶん大丈夫です!』 \アハハッ!/

タモリ「そうか!」 \クスクス/

シン『はい!』 \アハハッ!/

タモリ「明日来てくれるかな!?」

シン『いいとも!』


次回 シン「テレフォンショッキング」