1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:28:32.27 ID:PzjbkWiC0
ホラーマンガ惨劇館とゆるゆりのクロスです。
グロい描写あるので閲覧注意です。
ゆるゆりキャラが殺される描写に拒否反応のある方は、本当にオススメできません。
無理に読んで気分を害されても、責任は取れません。
大丈夫な方のみどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455877711

引用元: 【ゆるゆり×惨劇館】七森中の惨劇【閲覧注意】 


 

ゆるゆり さん☆ハイ! 第3巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-02-17)
売り上げランキング: 420
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:30:14.36 ID:PzjbkWiC0



御茶漬海苔「ようこそ、惨劇館へ」


御茶漬海苔「館の案内人の御茶漬海苔です。どうかよろしく」


御茶漬海苔「今回は、ゆるゆりの舞台となっている七森中についてのお話です」


御茶漬海苔「では、こちらへどうぞ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:31:38.16 ID:PzjbkWiC0




『超能力』




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:33:13.08 ID:PzjbkWiC0


ごらく部部室・・・・・・・・・・・・






ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・







5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:33:49.52 ID:PzjbkWiC0


京子「嫌な雨だねぇー」

結衣「ほんとだよな。こう続くと気分が憂鬱になるよ」

ちなつ「なんか、明るくなるような話しましょうよ」

あかり「昨日のテレビの話とかは?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:35:01.68 ID:PzjbkWiC0


京子「テレビか。そう言えば、超能力の番組やってたよなー」

結衣「そうそう。あれ本当なのかな」

ちなつ「箱の中身透視したり、手使わないで物動かしたりですよね」

あかり「あー、やってたねー」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:35:47.40 ID:PzjbkWiC0


京子「私にも、もしかして超能力あるかもねー」

結衣「京子に?あるわけないだろ」

ちなつ「あったとしても、ロクでもないのしかなさそうですね」

あかり「本当にあったらすごいよぉ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:36:29.34 ID:PzjbkWiC0


京子「ちょっと、試しに・・・うーん。おっ、結衣の心が読めた!」

結衣「ホントか?」

ちなつ「なんて思ってるんですか?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:37:40.31 ID:PzjbkWiC0


京子「私に、ラムレーズン買ってきてあげようって思ってるだろー」

結衣「バカかお前は」

ちなつ「ホントにしょーもない・・・」

あかり「あはは」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:38:17.38 ID:PzjbkWiC0


あかり「・・・じゃあ、あかりも挑戦してみよっかな」

結衣「あかりが?」

京子「透明になるとか?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:39:06.40 ID:PzjbkWiC0


あかり「もう、京子ちゃんてば!」

結衣「あっはっは。京子はひどいな」

京子「にしし・・・」

ちなつ「あかりちゃんがかわいそうですよ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:39:56.82 ID:PzjbkWiC0


あかり「・・・よーし。じゃあこの湯のみを手を使わないで
動かしちゃうんだから!」

京子「おー、出来たらすごいぞー」

ちなつ「ほんとに出来たらテレビに出れますね」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:40:50.65 ID:PzjbkWiC0


あかり「えいっ、えいっ」

結衣「あはは・・・」

京子「あかりー、まだー?」

ちなつ「あかりちゃん、がんばれー」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:41:33.61 ID:PzjbkWiC0


あかり「・・・ふぅ。やっぱり無理だよねぇ」

結衣「諦めるの早いなぁ」

京子「透明になるの試してみたらー?」

ちなつ「もう京子センパイってば」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:42:10.57 ID:PzjbkWiC0


あかり「もーっ、京子ちゃんに、えいっ!」

京子「うわー、やられたぁー」

結衣「おー、出来たじゃん。あははは・・・」

ちなつ「バカな事やってないで。お茶入れなおして来ますね」スク


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:43:01.77 ID:PzjbkWiC0


あかり「やっぱり、そう簡単に超能力なんて出来ないよねぇ・・・」

結衣「テレビのやらせかも知れないよな」

京子「あー、結衣はロマンがないねぇー」

バキッ

ちなつ(え?湯のみが・・・?)


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:44:06.84 ID:PzjbkWiC0






ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・







18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:46:00.91 ID:PzjbkWiC0


京子「どしたのー?」

ちなつ「え、いえ・・・。あかりちゃんの湯のみが割れて・・・」

結衣「え?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:47:04.12 ID:PzjbkWiC0


京子「・・・まさか」

結衣「本当に?」

ちなつ「あかりちゃんに超能力が・・・?」

あかり「え?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:48:14.63 ID:PzjbkWiC0


あかり「そ、そんなただの偶然だよぉ」

結衣「そ、そうだよな。偶然だよな」

京子「あー、心臓に悪いわ」

ちなつ「あ、ゆ、湯のみ新しいのにしますね」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:49:09.94 ID:PzjbkWiC0


ビキッ

京子「痛っ!」

結衣「京子・・・?」

ちなつ「京子センパイ?どうしたんですか?」

あかり「京子ちゃん?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:50:29.48 ID:PzjbkWiC0


京子「あ、足が・・・ぎゃっ!」

ビキッ ビキッ

結衣「お、おい大丈夫か?」

ちなつ「きょ、京子センパイ、足が折れ曲が・・・!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:51:28.15 ID:PzjbkWiC0


京子「いたい、いたいいたいいだいっ!」

ビキッボキッ

京子「ッギャアアアアアアアアッ!」

結衣「お、おいしっかりしろ!」

ちなつ「い、いや・・・。嫌ぁーっ!」

あかり「あ、あ・・・!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:52:42.66 ID:PzjbkWiC0


京子「・・・あ、あかり・・・やめて・・・・・・お願・・・ぐぅえぇっ!」

ボキッ ベキッ ブチッ

結衣「お、おいあかり!止めろ!早く!」

あかり「ち、違うの・・・。あかり、何もしてない!」

ちなつ「あ・・・あ・・・内臓が・・・飛び・・・」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:53:52.09 ID:PzjbkWiC0


ブチィッ ブシュゥ

京子「ゴブッ!おぅえっ・・・・・・・・・ゆ・・・い・・・た・・・・・・す・・・」

結衣「きょ、京子・・・。京子ぉーっ!」

ちなつ「嫌・・・。嫌ぁーっ!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:55:01.93 ID:PzjbkWiC0


バキ・・・グチャ・・・

京子「ぐ・・・ぶ・・・・・・・・・」

京子「・・・・・・・・・・・・・・・」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:56:34.20 ID:PzjbkWiC0


結衣「あ・・・あ・・・」

ちなつ「い、いや・・・」

あかり「京子ちゃん・・・。京子ちゃあーんっ!」










28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:57:25.12 ID:PzjbkWiC0






あかり「死ん・・・じゃったの・・・?」

ちなつ「うっ・・・おうぇっ!・・・うう・・・」

あかり「きゅ、救急車・・・」

結衣「・・・」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:58:31.64 ID:PzjbkWiC0


結衣「・・・あかり」

あかり「な、なに・・・?」

結衣「・・・京子を・・・返せよ」

あかり「え・・・?」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 19:59:51.10 ID:PzjbkWiC0


結衣「京子を・・・返せよ!」

あかり「ゆ、結衣ちゃん?」

結衣「お前がやったんだろ!ちょっとからかわれたくらいで・・・」

あかり「知らない・・・あかり、何もしてない!」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:01:06.70 ID:PzjbkWiC0


結衣「嘘だろ!湯のみが割れたのだって・・・」

ビキッ

結衣「痛っ!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:02:10.40 ID:PzjbkWiC0


あかり「ゆ、結衣ちゃ・・・」

結衣「・・・あかり・・・私達がそんなに憎かっ・・・?」

ビキッ ペキ


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:03:55.75 ID:PzjbkWiC0


あかり「違う・・・違うの・・・!」

結衣「ずっと・・・。仲良しだと思ってた・・・ぐうっ!」

ビキッ ベキッ・・・

ちなつ「あ・・・あ・・・嫌・・・。結衣センパイ・・・」

あかり「ゆ、結衣ちゃん・・・。結衣ちゃん!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:05:10.63 ID:PzjbkWiC0


結衣「あ、あかり、どうし・・・痛い、いたいいたいいたい・・・!」

ベキャッ ボキッ

結衣「ギャァァァァーーッ!」

ちなつ「きゃぁぁー!」

あかり「い、いや・・・いやぁぁっ!」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:06:16.88 ID:PzjbkWiC0


結衣「ギャァァァァッ!痛い・・・痛いよぉ・・・」

ビキ バキッ

ちなつ「あかりちゃん、お願い!やめて!」

あかり「知らない・・・知らないよぉ・・・!」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:07:28.62 ID:PzjbkWiC0


ブチッ ブシュゥ

結衣「ごぶっ・・・・・・ぐ・・・・・・」

ちなつ「いや、嫌ぁ!」

あかり「あっ、あ・・・」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:08:24.44 ID:PzjbkWiC0


ベキ・・・パキ・・・

結衣「あ・・・・・・が・・・・」

結衣「・・・・・・・・・・・・・・」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:10:58.16 ID:PzjbkWiC0








ちなつ「あ・・・」ガチガチガチガチ・・・

あかり「ゆ・・・い・・・ちゃ・・・」

ちなつ「嫌ぁ、結衣センパイ・・・。結衣センパーイっ!」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:14:44.40 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「・・・あかりちゃん」

あかり「え・・・」

ちなつ「私も、殺すの・・・?」

あかり「ち・・・違・・・」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:16:16.01 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「殺さないで・・・」ガチガチガチガチ・・・

あかり「ちなつちゃん、聞いて・・・」

ちなつ「やっ、嫌・・・」ダッ


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:17:32.11 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「来ないで!」

あかり「果物ナイフ・・・!あ、危ないからしまおうよ・・・」

ちなつ「殺さないで、あかりちゃん。お願いだから・・・ね?」

あかり「お・・・落ち着いてよちなつちゃん・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:19:55.23 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「何か、気に障ってたなら・・・謝るからさ・・・」ジリ・・・

あかり「それ、しまおうよ・・・」

ちなつ「・・・私達、友達でしょう・・・?」ジリ・・・

あかり「ちなつちゃん・・・?ナイフを置いて、ね?」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:21:07.08 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「私、まだ死にたくない・・・死にたくないの・・・」ジリ・・・ジリ・・・

あかり「ち、ちなつちゃん・・・」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:22:32.91 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「だから・・・」

ちなつ「殺さないでぇぇぇっ!」バッ

あかり「きゃぁぁぁーっ!」

ザクッ ブシュゥ


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:25:12.27 ID:PzjbkWiC0







ちなつ「ハァ、ハァ・・・」

ちなつ「あ、あかりちゃん・・・?」

ちなつ「あかりちゃん・・・あかりちゃん!」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:27:42.31 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「・・・」

ちなつ「・・・ごめんね、あかりちゃん・・・私、怖くて・・・」

ちなつ「けど・・・許してくれるよね・・・?」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:30:12.68 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「私達・・・友達だよね?」

ちなつ「だから・・・」

ビキッ


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:31:25.98 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「え・・・」

ちなつ「嘘・・・でしょ・・・」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:33:04.86 ID:PzjbkWiC0


ちなつ「やだ・・・やだ・・・!」

バキ ポキッ



ちなつ「やだぁぁぁぁぁぁぁっ!」










50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:34:08.50 ID:PzjbkWiC0








ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・








51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:35:31.61 ID:PzjbkWiC0







あかり「う・・・?」

あかり「痛っ・・・刺された跡・・・」

あかり「・・・そうだ、ちなつちゃ・・・!」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:36:38.65 ID:PzjbkWiC0


あかり「あ・・・」

あかり「・・・いや・・・・・・」

あかり「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」










53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 20:37:41.63 ID:PzjbkWiC0


御茶漬海苔「ひとり彼女を残し、皆は不可解な死を遂げました」

御茶漬海苔「果たして、これは彼女の力だったのでしょうか?」

御茶漬海苔「場面は変わって、生徒会室へと移ります」


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 12:56:10.69 ID:kytjVs3n0




『思い出』





58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 12:57:05.97 ID:kytjVs3n0


生徒会室・・・・・・・・・・・・






ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・







59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 12:58:11.29 ID:kytjVs3n0


向日葵「・・・本当に、嫌な雨ですわね」

向日葵「こんな日は、気分が沈みますわ・・・」

向日葵「・・・そう。今日は特に」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 12:58:57.14 ID:kytjVs3n0


向日葵「・・・」

向日葵「思えば・・・あれはこんな雨の日でしたわね」

向日葵「櫻子が、迷子になっちゃって・・・」

向日葵「必死に探したら」


61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 12:59:51.91 ID:kytjVs3n0


向日葵「結局、隣町の公園で」

向日葵「大泣きしてたわね」

向日葵「その時の櫻子ったら、飛びついて来て・・・フフ」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:00:43.93 ID:kytjVs3n0


向日葵「もう絶対一人にしないで、なんて」

向日葵「そんな事言ってましたわね」


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:02:20.02 ID:kytjVs3n0


向日葵「はぁ・・・。懐かしいですわ」

向日葵「あれから、5年ですか・・・」

向日葵「昨日のことのように思い出しますわ」


64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:03:53.30 ID:kytjVs3n0


向日葵「それから、2人とも中学校に上がって・・・」

向日葵「いつの間にか、ケンカばかりするようになっちゃって」

向日葵「一体、どうしたら良かったんでしょうね」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:05:06.13 ID:kytjVs3n0


向日葵「そう言えば、この前の雨の日も・・・櫻子ったら、傘を持ってきてなくて」

向日葵「一緒に傘に入るの嫌だからと言って」

向日葵「一人、ずぶ濡れで帰っちゃって」


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:06:24.77 ID:kytjVs3n0


向日葵「全く・・・。かわいげのない・・・」

向日葵「それで、結局風邪をひいて」

向日葵「看病、大変でしたわ」


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:07:14.00 ID:kytjVs3n0


向日葵「・・・ハァ。本当に櫻子はいつもいつも」

向日葵「人に迷惑ばっかりかけて・・・」

向日葵「・・・私が言わなければ、宿題の一つもしないで遊んでばかり」


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:08:03.23 ID:kytjVs3n0


向日葵「本当に、困ったものですわ」

向日葵「人の気も知らないで・・・全く」

向日葵「こっちの身にも、なって欲しいものですわ・・・」


69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:10:07.41 ID:kytjVs3n0


向日葵「だいたい、櫻子は」

向日葵「ワガママを言い過ぎです」

向日葵「何かと言えば、すぐにケンカ腰で・・・」


70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:11:02.34 ID:kytjVs3n0


向日葵「大嫌いだ、なんて言うから」

向日葵「・・・」

向日葵「・・・ふぅ」


71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:11:53.82 ID:kytjVs3n0


向日葵「・・・どうして、こうなっちゃったんでしょうね」

向日葵「櫻子」

櫻子「・・・」


72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:13:35.60 ID:kytjVs3n0


向日葵「聞いてますの?」

向日葵「櫻子」








向日葵「櫻子」

ザクッ






向日葵「櫻子」

ザクッ ブシュゥ






向日葵「櫻子」


ザクッ 





ザクッ












向日葵「櫻子」










73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:17:24.01 ID:kytjVs3n0






ガラ
綾乃「あら、電気ついてないわね」パチ

綾乃「え・・・?」


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:18:40.06 ID:kytjVs3n0


向日葵「あら杉浦先輩」

綾乃「古川さん、そのハサミ、それと血・・・ヒィッ!」

向日葵「ああ、これ・・・」


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:19:57.64 ID:kytjVs3n0


向日葵「櫻子が・・・私のこと大嫌いだなんて言うものですから、つい・・・」

綾乃「あ、あ・・・」ガチガチガチガチ・・・


76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:22:04.53 ID:kytjVs3n0


向日葵「・・・櫻子は、一人が嫌でしたわね」

向日葵「ですから、杉浦先輩も・・・ね・・・?」ユラ・・・

綾乃「い、いや・・・」





綾乃「嫌ぁぁぁぁぁっ!」




ザクッ







77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:23:25.55 ID:kytjVs3n0






ガラ
千歳「遅くなってごめんなぁー」

千歳「・・・え?」

ザクッ ブシュゥ


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:25:33.25 ID:kytjVs3n0


屋上・・・・・・・・・・・・





ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・











向日葵「・・・」


79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:27:20.84 ID:kytjVs3n0


向日葵「・・・櫻子」



向日葵「今、行きますわ」



向日葵「一人には・・・しませんわよ・・・」

フラ・・・



















ドチャッ



80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 13:29:34.48 ID:kytjVs3n0


御茶漬海苔「愛情は、深ければ深いほど裏返った時に憎しみへと変わります」

御茶漬海苔「きっと、彼女は心の底から彼女の事を愛していたのでしょう」

御茶漬海苔「場面は変わり、警察署へと移ります」


82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:20:06.77 ID:kytjVs3n0




『目覚め』




83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:21:09.34 ID:kytjVs3n0


取調室





あかり「・・・・・・・・・」






84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:22:58.04 ID:kytjVs3n0


取調室の隣室



刑事「今回の事件の重要参考人が、あの子か」

部下「ええ・・・」

刑事「見た目はかわいらしい女の子にしか見えんが」

部下「そうですね」


85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:24:19.66 ID:kytjVs3n0


刑事「しかし、妙な事件だよなぁ。部活・・・。ごらく部?だっけか。その子達が・・・」

部下「ええ。みんなとても人の仕業とは思えない力で」

刑事「原型を止めないくらいに、グチャグチャか・・・」


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:26:15.14 ID:kytjVs3n0


刑事「本当に、あの子が犯人なのか?」

部下「さぁ・・・」


87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:27:29.90 ID:kytjVs3n0


刑事「で、彼女は何か言ってたか?」

部下「それが・・・何もしてない、何も知らないと泣くばかりで・・・」

刑事「・・・そうか」


88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:29:30.15 ID:kytjVs3n0


刑事「それと、同じ中学校でもう1つ事件があったよな?」

部下「ええ。生徒会室で3人が刺殺され、一人は自殺・・・」

刑事「・・・全く」


89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:31:33.99 ID:kytjVs3n0


刑事「あの中学校で、何が起こってるんだろうな?」

部下「さぁ・・・。近頃の中学生は何を考えてるかわかりませんね」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:32:42.36 ID:kytjVs3n0


刑事「・・・時折起こる、アン・ソルバーブド事件か」

部下「アン・・・?何ですかそれは?」

刑事「君も、少しは勉強したまえ。解決不能な事件の事だ」

部下「す、すいません・・・」


91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:33:59.62 ID:kytjVs3n0


刑事「例えば、1976年に起こった山小屋首切断事件とかな」

部下「それは・・・?」


92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:35:44.35 ID:kytjVs3n0


刑事「ああ。ある山の山小屋での事件なんだが・・・」

刑事「その山小屋に宿泊していた登山客全員が、首を切断されて死んでいた」


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:37:24.46 ID:kytjVs3n0


部下「犯人は・・・?」

刑事「それが・・・ただ切られてたんじゃない」


刑事「首が、ものすごい力で360度ぐるっとねじ切られていたんだ」


94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:40:07.63 ID:kytjVs3n0





部下「・・・」

刑事「これは、解決不能事件として警視庁のファイルに残っている」


95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:41:13.98 ID:kytjVs3n0


刑事「それから、最近だと一家惨殺事件があっただろ?」

部下「ああ、ありましたね」


96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:43:15.55 ID:kytjVs3n0


刑事「あれは、表向き無理心中という事になってるが・・・」

刑事「遺体の傷跡が、どうもおかしい」

部下「というと・・・?」


97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:44:44.85 ID:kytjVs3n0


刑事「まるで、クマか何かに食い荒らされたとしか説明がつかないんだ」

刑事「住宅街の、ど真中でだぞ?」

部下「・・・」


98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:47:00.01 ID:kytjVs3n0


刑事「これらの事件は、一まとめになって警視庁の解決不能事件ファイルに収まっている」

刑事「まぁ、よほどの物好きでないと覗かんだろうがな」


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:48:50.06 ID:kytjVs3n0


部下「今回の事件も、同様のものだと・・・?」

刑事「・・・ああ」


100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:50:26.25 ID:kytjVs3n0


刑事「・・・この仕事をしていると、時折」

刑事「実は、オレ達の信じている常識なんてものは、本当は薄っぺらな紙みたいなもので・・・」

刑事「裏には、はるかに恐ろしい何かが、ずっと昔から存在している・・・」

刑事「そんな気持ちになる時がある」


101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:53:31.83 ID:kytjVs3n0


部下「・・・」

刑事「・・・まぁ、おしゃべりが過ぎたな」


102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:56:27.29 ID:kytjVs3n0


刑事「とにかく、彼女もだいぶ落ち着いたようだし、もう一度話を・・・」

ガチャ

刑事「・・・?」


103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:58:38.62 ID:kytjVs3n0


刑事「君。ここは関係者以外立入り禁」

ドッ

ゴロ・・・


104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:00:56.11 ID:kytjVs3n0


部下「え?刑・・・」

ザクッ

ドサ


105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:02:04.19 ID:kytjVs3n0






あかね「・・・・・・・・・」






106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:05:17.15 ID:kytjVs3n0


ガチャ



あかり「え・・・?」

あかり「お姉ちゃん・・・?」


107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:07:05.47 ID:kytjVs3n0


あかね「・・・」

あかね「・・・」サッ



あかり「ど、どうしたのお姉ちゃん・・・?膝まづいて・・・」


108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:08:40.66 ID:kytjVs3n0


あかね「かねてより、この日をお待ちしておりました」

あかね「ついに、目覚めの時が訪れたですね・・・」


あかり「え・・・?」


109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:10:56.19 ID:kytjVs3n0


あかね「聞いて下さい」

あかね「あなたは、人間ではないのです・・・」

あかり「え・・・」


110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:12:08.23 ID:kytjVs3n0


あかね「あなたは、悪魔の生まれ変わり・・・」

あかね「地上を混乱させるべく、運命づけられた者なのです」

あかり「お、お姉ちゃん?一体、何の話?」


111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:13:24.08 ID:kytjVs3n0


あかね「この頃、残虐な夢を見たことは?」

あかね「身の回りで、凄惨な事件が起こりませんでしたか?」

あかね「そして、不思議な力が発揮されたりは・・・?」

あかり「う・・・」


112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:16:10.07 ID:kytjVs3n0


あかね「そもそも、私はあなたの姉ではありません」

あかね「あなたがその本性に目覚めるまで、そばで見守っていた下僕です」

あかり「嘘・・・」


113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:18:21.12 ID:kytjVs3n0


あかね「嘘ではありません。その証拠に、ほら・・・」

あかね「あなたの腕の先から、だんだん悪魔のものに・・・」

あかり「あ、あ・・・!」


114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:20:46.11 ID:kytjVs3n0


あかり「いや、・・・いや!」

あかね「心配せずとも、人だった記憶はじきになくなります」

あかね「さぁ共に、世界をめちゃめちゃにしてやりましょう・・・」

あかり「いや・・・」








あかり「いやぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」










115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:24:16.30 ID:kytjVs3n0







ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・







116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:26:17.31 ID:kytjVs3n0









あかりの部屋





あかり「嫌っ、嫌ぁ!」

ガチャ

あかね「あかり?」


117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:28:32.03 ID:kytjVs3n0


あかり「いやぁ、やだ!やだよぉ・・・」

あかね「ど、どうしたの?落ち着いて、あかり」


118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:32:23.34 ID:kytjVs3n0


あかり「ひぐっ、えぐ・・・お、お姉ちゃんなの・・・?」

あかね「大丈夫・・・?こんな夜中に大声あげるから、ビックリしたわよ」


119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:35:16.60 ID:kytjVs3n0


あかり「うっ、う・・・みんなが・・・みんなが死んじゃって・・・。あかりが・・・」

あかね「あらあら、怖い夢を見たのね・・・」


120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:37:52.63 ID:kytjVs3n0


あかね「・・・じゃあ、落ち着くまでお姉ちゃんが一緒にいてあげるわ」

あかり「うっ、グス・・・」


121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:39:02.68 ID:kytjVs3n0







ザァァァァァァァァァァァァァァァ・・・・・・







122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:40:21.87 ID:kytjVs3n0


あかね「・・・どう?もう落ち着いた?」

あかり「うん・・・。ありがとう、お姉ちゃん」


123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:41:48.50 ID:kytjVs3n0


あかね「うふふ・・・。いいのよ。じゃあ電気消すわね。お休み、あかり」

あかり「うん・・・」

パチ、ガチャ









124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:43:22.71 ID:kytjVs3n0






あかね(・・・)










あかね(・・・)ニヤリ










125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:47:57.63 ID:kytjVs3n0


御茶漬海苔「これまでの惨劇は、果たしてただの夢だったのでしょうか?」

御茶漬海苔「そして、彼女が最後に残した微笑みの意味は?」

御茶漬海苔「謎を残したままですが、そろそろ閉館の時間となります」



御茶漬海苔「またのご来館を」



御茶漬海苔「お待ちしております」








終り