1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 14:54:49.59 ID:VAv37tlSO
女戦士「さっさと殺せやぁ!!」

オーク「えっ?……えっ?」

女戦士「ちゃっちゃと殺さねぇとブッ殺すぞ!!」

オーク「ど…どうなってんだ……おい!!」

子分「へい」

オーク「へい…じゃねぇよ!!」

子分「は?」

オーク「俺は女騎士を拐ってこいって言ったんだよ!!こいつ女戦士じゃん!!」

子分「……ッス」

オーク「俺は気高く美しい女騎士を陵辱したいんだよ!!」

オーク「こんなどこ守ってんだか分かんねぇ鎧モドキつけたヤツじゃねぇんだよ!!」

オーク「何だよビキニアーマーって!!……アメコミのヒロインかよ!!」

子分「……ッス」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456034089

引用元: 女戦士「殺せやぁ!!」オーク「あ……あれ?」 


 

吾輩はオークである。 女騎士はまだいない。 (MF文庫J)
内田俊
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-02-25)
売り上げランキング: 19,182
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 14:56:05.37 ID:VAv37tlSO
女僧侶「ひぃぃ……」ガクガク

オーク「えぇぇ……」

女僧侶「た……助けて……」

子分「どうッスか?」

オーク「どうって……」

子分「陵辱するッスか?」

オーク「……帰してやれよぉ!!」

子分「は?」

オーク「早く帰してやれよぉ!!泣いちゃってんじゃん!!」

子分「……ッス、泣いてるッス」

オーク「可哀想だろぉ!!」

オーク「いいか?俺が求めてんのは女騎士なんだよ!!」

オーク「気が強い女騎士をヒャンヒャン鳴かせる事に意味があるんだよ!!」

子分「……ッス」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 14:57:24.23 ID:VAv37tlSO
女武闘家「……殺せ」

オーク「……」

子分「……ッス、気が強いッス」

オーク「いや…悪くはないよ?」

子分「あざッス」

オーク「方向性は合ってる……合ってるんだけど……」

子分「どうしたッスか?」

オーク「ちょっと…アルソック過ぎるって言うか……」

子分「アルソック?」

オーク「いや、需要はあると思うよ?」

オーク「こう言う逞しい子に締められたいヤツは一定数いると思う」

オーク「ただ、俺の求めてるのとは違うんだよなぁ……」

子分「……ッス」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 14:58:55.61 ID:VAv37tlSO
女魔法使い「あら~、私を捕まえてどうするつもり~?」ボインボイン

オーク「……」

子分「……ッス、アルソックじゃないッス」

オーク「あのさぁ……」

子分「はいッス」

オーク「お前バカかよぉ!!」

オーク「脳ミソの代わりに藁でも詰まってんのかよぉ!!」

子分「いえ、詰まってないッス」

オーク「うるせぇよ!!」

オーク「俺は女騎士を連れてこいって言ってんだよ!!」

オーク「誰がムチムチ姉ちゃん連れてこいって言ったんだよ!!」

子分「……ッス」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:00:22.07 ID:VAv37tlSO
幼女騎士「殺せぇ!!」

オーク「んもぉぉぉぉぉぉぉ!!」

子分「お?牛の真似ッスか?」

オーク「ちげぇよ!!」

子分「……ッス」

オーク「何だよ幼女騎士って!!意味分かんねぇよ!!」

幼女騎士「殺せぇ!!殺せぇ!!」

オーク「よーしよし、オッチャンが飴ちゃんやるからな?少し静かにしててな?」

幼女騎士「……」コロコロ


オーク「……帰してこい」

子分「……ッス」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:01:59.51 ID:VAv37tlSO
女賢者「殺せやコラァ!!」

オーク「またお前かよぉ!!」

子分「……ッス、転職してるッス」

オーク「だから何だよぉ!!さっきの女戦士じゃん!!」

子分「戦士から賢者に転職って凄くないッスか?」

オーク「凄ぇよ?素直に凄ぇと思うよ?」

子分「俺も凄いと思うッス」

オーク「だから何だって言ってんだよ!!」

オーク「いい加減女騎士を連れてこいよぉ!!」

子分「……ッス」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:03:29.45 ID:VAv37tlSO
ババァ騎士「ふぇ……」ヨボヨボ

オーク「お前ぇぇぇぇぇぇぇ!!」

子分「……ッス、元女騎士ッス」

オーク「元とかいらねぇんだよ!!現役の女騎士を連れてこいよ!!」

ババァ騎士「ワシはまだ現役じゃあ……」

オーク「オバァちゃん、無理しちゃダメだぜ?」

ババァ騎士「いつもいつも…すまないねぇ……」

オーク「……」

子分「……ッス」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:04:40.97 ID:VAv37tlSO
女死霊騎士「…………殺…………せ…………」

オーク「ヒイッ!?」

子分「……ッス、現役ッス」

オーク「あっ…あぁっ……」

女死霊騎士「…………早…………く…………」ニタァ

オーク「ギャアァァァァァァァァァ!!」

子分「親分!?大丈夫ッスか!?」

オーク「」

子分「……ッス」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:06:14.98 ID:VAv37tlSO
女侍「貴様…私を捕らえてどうするつもりだ!!」

オーク「おぉっ!?」

女侍「くっ……生き恥を晒すくらいなら……殺せ!!」

オーク「……コレだよコレぇ!!」

オーク「希望とちょっと違うけど、こう言うの待ってたんだよ!!」

子分「……ッス」

オーク「グヘへッ……今からたっぷりと可愛がってやるからなぁ……」

女侍「ふざけるな……慰み物になるくらいなら……」

オーク「ウヒヒッ…どうするって言う……アレ?」

女侍「」

オーク「し…舌噛んでる!?」

子分「えぇっ!?」

オーク「医者だ!!急いで医者を呼べ!!」

子分「ッス!!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:07:50.96 ID:VAv37tlSO
男商人「くっ…殺せ!!」

オーク「……無いわー」

子分「……ッス」

オーク「性別から間違えるとか……無いわー」

男商人「いいか…たとえ俺の体を自由にできたとしても……」

男商人「……心まで自由にできると思うな!!」

オーク「うるせぇ!!女騎士っぽさ出してんじゃねぇ!!」

男商人「……」

子分「……ッス」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:09:13.01 ID:VAv37tlSO
女オーク騎士「殺せぇぇぇぇぇ!!」

オーク「んっ?」

女オーク騎士「はよぉぉぉぉぉぉ!!殺せぇぇぇぇぇぇ!!」

オーク「この子……お前の妹じゃないか?」


子分「……ッス、自慢の妹ッス」

オーク「ダメだよぉ……家族をこう言うのに巻き込んじゃさぁ……」

子分「……ッス」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:10:47.01 ID:VAv37tlSO
女騎士「くっ…殺せ!!」

オーク「……」

女騎士「私は貴様らなんぞに負けたりしない……絶対にだ!!」

オーク「ついに…本物が……」

子分「……ッス、頑張ったッス」

オーク「俺は信じてたよ…お前はやればできる子だって……」

子分「あざッス」

オーク「……飲もう…今夜はお祝いだ!!」

子分「……ッス!!朝まで付き合うッス!!」

女騎士「あ…えっ……」

オーク「もちろんお前にも付き合ってもらうぜ!!」

オーク「いや、お前だけじゃねぇ!!今までの奴ら全員連れてこぉい!!」

子分「……ッス!!連れてくるッス!!」

オーク「宴じゃあ!!子分の成長を祝う宴の始まりじゃぁぁぁぁぁぁ…………」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:11:15.52 ID:VAv37tlSO
おしまい