1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 10:15:43.01 ID:v39EC7dR0

金剛「今後は距離を置かせてもらいマス」

提督「そうか」カキカキ

金剛「ティータイムにもお誘いしまセン」

提督「うむ」カキカキ

金剛「……出撃の時は、妹たちを通して連絡をお願いしマス」

提督「分かった」カキカキ

金剛「……」

提督「……」カキカキ

金剛「それでは、失礼しまシタ」ガチャ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453857342

引用元: 【艦これ】金剛「もう提督には愛想が尽きまシタ」 


 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 10:37:23.10 ID:v39EC7dR0


――執務室を出て、甘味処『間宮』――


金剛「お、おかしいデス……!」

金剛「この本によれば、『男性はいつもと様子が違う女性にギャップを感じ、知らぬ間に好意を抱き始める』と……」

金剛「好意どころか見向きもされなかったデース!!」バンッ

漣「うお! ど、どうしたんですか金剛さん、荒れてますね?」

金剛「漣! ちょうど良かったデス! 話を聞いてくだサイ!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 11:16:01.09 ID:v39EC7dR0

金剛「――というわけデス!」

漣「なるほど。んー、ご主人様はドンカンでカタブツですからねー」

漣「ちょっとやそっとじゃ、動揺させるのは難しいと思いますよ」

金剛「Oh! さすが秘書艦歴が長いだけありマス!」

漣(……実は漣も挑戦して撃沈した、なんて言えない……ハハ)

漣(……待てよ? ここで金剛さんに協力して、提督の恋愛傾向を客観的に探れれば……)

漣(漣にも攻略のチャンスが!)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 11:57:10.76 ID:v39EC7dR0

漣「金剛さん!」バンッ

金剛「っ!?」ビクッ

漣「私にも協力させてもらえませんか!? ご主人様の鋼鉄の心を、バーニングラブで溶かしてやりましょう!!」

金剛「漣……本当デスか? ありがとうございマス、嬉しいデス」ジーン

金剛「そうと決まればさっそく作戦会議デース!!」

漣(ちょっと後ろめたい。でも、漣だってご主人様を……)

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 12:33:06.72 ID:v39EC7dR0


漣「いいですか? さっきも言った通りご主人様はドンカンカタブツ。付け焼刃の演技は通じません」

金剛「グサッと来まシタ」

漣「やるなら心から演じ、そのものになりきった上で、さらに本物を越えないと」

金剛「本物を越える?」

漣「漣の身近にちょうどいいお手本がいるので、今から観察しに行きましょう!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:59:57.57 ID:v39EC7dR0


――演習場休憩室――


曙「ふぅ、そろそろお昼いこっかな」



漣「彼女がお手本です」

金剛「曙……デスか?」

漣「そうです。今から金剛さんには、『ツンデレ』というものを学んでもらいます」

金剛「ツンデレ! 知ってマース! 『勘違いしないでよネ♪』ってやつデスねー?」

漣「いや、それはちょっと違う……っと、ちょうどいい時に提督が来ましたね」



提督「お疲れ曙。精が出るな」

曙「! な、何よクソ提督。わざわざこんなとこまで来て」

提督「少し急な用事があってな。実は――」



金剛「……曙、相変わらず提督をShit呼ばわりとは……」ワナワナ

漣「落ち着いてください金剛さん! あれはツンデレにとって大事な要素なんです!」

金剛「What?」

漣「はやくしゃがんで! 見てれば分かりますから!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 16:22:56.29 ID:v39EC7dR0

曙「――分かったわ。で、用はそれだけ?」

提督「うむ」

曙「なら早くどっか行って。せっかく集中力を高めてたのに、気が散るわ」

提督「……そろそろ昼食時だが、まだ演習を続けるのか?」

曙「そ、そうよ! 悪い?」

提督「いや、とんでもない。ただ……」

曙「ただ、なによ」


提督「せっかくだから、曙と一緒に昼食でもと考えていたのでな」


曙「えっ?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 16:52:00.49 ID:v39EC7dR0

提督「邪魔をしてすまなかった。気にせず励んでくれ。それじゃ…」

曙「待って!!」

提督「?」

曙「え、えっと、演習も大事だけど、提督との付き合いっていうかコミュニケーションを図るのも同じくらい大事よね」

提督「……」

曙「って前に漣が言ってたのよ! それに私だって提督からの誘いを蹴るのは、ちょっぴり心苦しいし」

曙「だからつまりその、提督がどうしてもって言うなら一緒にお昼を…」

提督「無理をしなくていい曙」

曙「ふぇ?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 17:54:05.90 ID:v39EC7dR0

提督「私には分かる。お前は無理をしている。本当は演習をしたくて仕方ないんだろう?」

曙「は? え、ちがっ」

提督「フッ、見透かされて驚いたか。大丈夫だ。私に気を使わなくていいから、思い切りぶっ放して来い」スタスタ

曙「…………」



金剛「……漣、あれがお手本デスか……?」

漣「いや……」

漣(途中までは上手くいってた。悪いのは曙じゃなくて提督)



漣(……もしかして提督って……生粋のフラグクラッシャー……?)



――5分後の演習場にて――


曙「クソ提督がぁぁぁぁぁぁ!!!!」ドゴーン!! ドゴーン!!


電「はわわ……曙ちゃんが一つの的にひたすら攻撃を浴びせ続けてるのです……」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 21:11:29.19 ID:v39EC7dR0

金剛「で、漣。これからどうするんデス?」

漣「うーん、とりあえずツンデレやってみましょうか」

金剛「What!? さすがに急すぎマス!」

漣「でも曙をみて何となく分かりましたよね? 始めはツンツンして、後にデレる! これが基本です」

金剛「But……漣は言いましたヨネ? 『本物』を越えなければならないと」

金剛「今の私にツンデレよりもツンデレらしく振る舞うことができると思いマスか……?」

漣「できます」キッパリ

金剛「即答!?」

漣「というより、やるしかありません。金剛さんの提督を想う気持ちなら、きっとどんな困難でも乗り越えられますよ!」

金剛「漣……」ジーン

金剛「オーケー! 私がんばりマス! ツンデレになりきり、提督のハートを掴んでみせマース!」

漣(の、乗せやすい)

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 21:29:31.13 ID:v39EC7dR0


――執務室――


コンコン

金剛「失礼しマス」

提督「入ってくれ」カキカキ

提督「……ん? 金剛、さっそく顔を合わせてしまったがいいのか?」

金剛「?」

金剛(あ、そういえば素っ気ない態度とってたの忘れてまシタ……)

金剛「きき気が変わったんデス! 女心は変わりやすいネ!」

提督「そうか」カキカキ

金剛(……なんか、ここまで反応が薄いと挫けそうデス……)

金剛(でも、私は戦いマス!)

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 21:59:05.75 ID:v39EC7dR0

金剛「ヘイ提督ゥ! ちょっと話がありマース!」

提督「なんだ?」カキカキ

金剛(まず初めはツンツンしマス! というか、これは前々から気になってたことなんデスが……)

金剛「どうしていつも私と話す時、書類とにらめっこしてるんデスか!? いい加減目を見てくだサーイ!」

提督「……」ピタッ

金剛(止まりまシタ……!)

提督「……そうだな、すまない。実は仕事が立て込んでいて……というのは、理由にしてはいけないな」

提督「その通りだ。これからは態度を改めよう」ペコリ

金剛「えっ! そんな頭まで下げなくても……」アタフタ

金剛(ハッ!? ダメデス! このままではツンデレが完成しまセン!)

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 22:32:52.10 ID:v39EC7dR0

金剛「ま、まあ分かってくれればいいんだけどネっ!」プイッ

金剛(ワオ! 我ながら上手く返せまシタ!)

金剛(提督の反応は……?)チラッ


提督「……。そうか」

金剛(すごく変なものを見る目デス!?)


提督「それで、話というのは終わりなのか?」

金剛「へ? あ、No! まだ終わってないデス!」

金剛(通じてないみたいネ。こうなったらニターン目!)

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 23:40:44.98 ID:v39EC7dR0

金剛「ヘイ提督ゥ! 提督はなんというか、常に仏頂面デース!」

提督「はっきり言うな」

金剛「はっきり言いマス! 新しく着任した艦娘から『睨まれて怖い』などの苦情も出ていマス!」

提督「……そうか。しかし生まれつきのものだからな、どうしようもない」

金剛「その考え方がダメなんデス!」ビシッ

金剛「たまに見せる笑顔は……その……魅力的なんデスから……もっと毎日を『にこやか』に過ごすべきデス!」

提督「そう褒めてもらえるのは嬉しいが……うむ。分かった、やってみよう」

金剛「……」

提督「……それで?」

金剛「……?」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 00:28:16.58 ID:dQmZGLYR0

金剛「あっ。え、ええと、わ、分かってくれればいいんだけどネっ!」プイッ

提督「……」

金剛(Oh……完全に失敗しまシタ……)

提督「金剛」

金剛「!?」ビクッ

提督「どうかしたのか? さっきから様子がおかしいぞ」

金剛(やっぱり通じてない! って、今のは当然デスが……)

提督「風邪でも引いたか。それとも変な物を食べたか」

金剛「あ!! 私用事を思い出したので、これで失礼しマース!!」

提督「おい金ご……」

提督「……何だったんだ一体」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 00:50:30.00 ID:dQmZGLYR0


――食堂――


金剛「やっぱり私には無理でシタ……」シュン

漣「げ、元気出してください! 漣の分の間宮アイスあげるので!」

漣(……金剛さんには言えないけど、曙とのやり取りをブン投げた時点で予想はついてたんだよね……)

漣(やっぱ強敵だよご主人様は。ツンデレがダメとなれば、あとは……)


赤城「鳳翔さーんっ! 今日のごはんは何ですか?」

鳳翔「カツカレーですよ。ふふ、元気に飛び跳ねて、まるで駆逐艦みたいね」


漣(! ……次はやっぱりあの人かな)

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 01:28:39.01 ID:dQmZGLYR0

漣「金剛さん金剛さん、次はあの人を参考にしてみませんか?」

金剛「What? 赤城デスかー? それとも鳳翔さん?」

漣「いえ、真ん中のあの人です」


加賀「カツカレー。さすがに気分が高揚します」


金剛「……加賀デスか?」

漣「はい。クーデレというのをご存じですか?」

漣「加賀さんはそれに当てはまる性格の持ち主だと思います」

金剛「くーでれ? ツンデレと語感が似てマスね?」

漣「ツンデレの派生ですからね。簡単に言えば……」

漣「普段は冷めた態度をとっているけど、たまに覗かせるデレの部分とのギャップがたまらない! クールとデレを合わせたもの、それがクーデレです」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 11:57:46.48 ID:dQmZGLYR0

金剛「むー、よく分かりませんネ……」

漣「加賀さんを見てみましょう。またいいタイミングで提督が来ました!」



提督「皆お疲れ。ここ座っていいか?」

赤城「提督! どうぞ♪」

加賀「……」モグモグ



金剛「――加賀、受け答えもせず黙々と食べてマス」

漣「冷たい態度ですね」



提督「――ふむ、今日はカツカレーか」

赤城「ほうほうはんのはふはへーは、はいほうへふー♪」
   (鳳翔さんのカツカレーは、最高ですー♪)

提督「食べながら話すのは行儀が悪いぞ赤城。加賀を見習ったらどうだ」

加賀「……」モグモグ

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 12:24:03.11 ID:dQmZGLYR0

赤城「モグモグ……ゴクン。あれ? 加賀さん、いつもは私みたいに口いっぱいに頬張るんですけど」

加賀「……!」

提督「何、そうなのか」

赤城「どうしたんです? お腹の調子が良くないんですか?」

加賀「……いいえ。理由を一つ挙げるのなら」

加賀「提督がいるから食が進まないだけよ」

赤城「ちょ、ちょっと加賀さん!」

提督「はは……変わらず手厳しいな加賀は。席を外した方がいいかな」

赤城「いえいえ大丈夫です! いいですよね加賀さん!?」

加賀「ええ、どちらでも」シレッ



金剛「――何デスか、加賀のあの無礼極まりない……」ブツブツ

漣「抑えてください金剛さん……! ダークなオーラも引っ込めて……!」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 12:39:09.56 ID:dQmZGLYR0

赤城「――んーおいしい♪ おかわりしてきますね!」

提督「ああ」

加賀「……」モグモグ

提督「……、なあ加賀。私と一緒だと食欲が沸かないのか?」

加賀「……」ゴクン

加賀「別に、そうは言ってません」

提督「そうなのか? じゃあ、どうしていつものように食べない?」

加賀「! それは……」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 13:24:23.35 ID:dQmZGLYR0

加賀「提督は、男性です」

提督「うむ」

加賀「……男性の前でがっつくように食べ物を頬張るのは……」

加賀「……恥ずかしい……というか」

提督「……」

提督「なんだ、そんなことか」

加賀「?」

提督「気にしなくていいぞ。むしろ赤城のように自由に豪快に食べる方が、見ていて気持ちがいいし私は好きだ」

加賀「そうなんですか……?」

提督「そうだ。それに普段すましている加賀が、どんな幸せそうな顔をするのかに興味がある」

加賀「!」

提督「きっと可愛いだろうな」

加賀「……っ」カアァァ



金剛「――提督の殺し文句が出まシタ」

漣「あれ、無自覚っぽいから怖いですよね」

漣(っていうか、やっぱ提督ってフラグクラッシャー? 天然ジゴロ?)

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 19:12:34.43 ID:dQmZGLYR0

赤城「――ふんふ~ん♪ ん? 加賀さん顔が真っ赤ですけど、どうしました?」

加賀「……別にどうもしてません」コホン

赤城「?」

提督「赤城、お前まだそんなに食べるのか」

赤城「はい! だってカツカレーですよ! ……あら? 提督のカレー、カツが乗ってませんね?」

提督「ん、ああ。カツにも数量があるだろう」

提督「私よりも艦娘たちにより多く食べてもらいたいから断ったんだ」

加賀「……提督……」

赤城「えー!? ダメ! ダメですよそんなのは! せっかくのカツカレーを堪能しないなんて!」

赤城「ほら、私のカツあげますから口を開けてください!」


加賀・金剛・漣「!!!?」

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 19:39:31.76 ID:dQmZGLYR0

提督「いや本当に私は…」

赤城「はい、あーん! あーーーん!」

提督「……」アーン

提督「パクッ」


加賀・金剛・漣「~~~っ!!!?」


赤城「どうですかっ?」ワクワク

提督「……美味い」モグモグ

赤城「でしょ!? 外はサクサク、中はジューシー! 美味しくないわけがないです! もう一口どうぞ!」

提督「も、もういいから、後は赤城が…」

加賀「提督」

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 19:54:54.34 ID:dQmZGLYR0

提督「ああ、そうだ加賀、お前が代わりに……」

加賀「私のカツも差し上げます」スッ

提督「は?」

赤城「加賀さん……?」

加賀「口を開けてください」

提督「……」

加賀「早く……!」カアァァ

提督「あ、ああ……」アーン


金剛・漣「」

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 20:15:20.21 ID:dQmZGLYR0



大淀「提督! 提督はいらっしゃいますか?」



提督「? どうした大淀」

加賀「!」

大淀「お食事中すみません。実は緊急の案件が……」

提督「分かった、すぐに話を聞こう」

提督「すまないな二人とも、先に失礼する。食事を楽しんでくれ」スタスタ

赤城「は、はい」

加賀「…………」



金剛・漣「……Oh……」

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 20:50:06.45 ID:dQmZGLYR0


――食堂を出て、通路――


漣「……加賀さん、スプーンを差し出したまま固まってましたね」

金剛「同情しマス……。大体、提督のあの回避力は何なんデスか」

漣「あはは、ホントですね」

漣(ただ今回は提督の意志とは関係なかったし)

漣(少しだけど、狼狽えてるように見えた。邪魔さえ入らなければいけるかも?)

漣(ってか、何気に赤城さんが提督を圧してのが気になるなぁ)

漣(見る限りそういう感情は持ってないみたいだけど、何か参考になるかも……)



――その頃、弓道場――



赤城「加賀さんすごい! 全部同じところに当てるなんて!」

加賀「ブツブツ……ブツブツ……」ゴゴゴゴゴ


飛龍・蒼龍(……人型の頭に何本も……)ガタガタ

翔鶴・瑞鶴(……食堂で一体なにが……?)ブルブル

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 22:39:20.88 ID:dQmZGLYR0

漣「じゃ、早速クーデレやりにいきましょう!」

金剛「だから早すぎデース!? まだくーでれの演じ方が…」

漣「始めはクール、後にデレる。これを意識し続ければ大丈夫です!」グッ

漣「それに安心してください! 今度は漣もついていきますよ! 執務室の前で潜んで見守ってますから!」

金剛「……でもやっぱり、不安なものは不安デース……」

漣「……」

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 23:07:14.91 ID:dQmZGLYR0

漣「金剛さん、この言葉を知ってますか?」

漣「『為せば成る、為さねば成らぬ、何事も』」

金剛「……」

漣「どんなことでも強い意志を持って挑戦すれば、必ず成就する、という意味です」

漣「やる気が大切なんですよ! 漣は信じてますから。金剛さんのラブパワーなら、必ずクーデレを演じ切ることができるって」

金剛「漣……」ジーン

金剛「分かりまシタ……! 私、やってみマス!」

金剛「この燃え盛るラブパワーで、くーでれを演じ切り……今度こそ提督のハートを掴んでみせマース!!」

漣(や、やっぱり乗せやすい)

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 23:22:02.08 ID:dQmZGLYR0


――執務室――


コンコン

金剛「失礼しマス」

提督「どうぞ」カキカキ

提督「……む、金剛か」ピタッ

提督「今度は何の用だ? また物申すことがあって来たのか?」

金剛「……イイエ」

提督「……?」

金剛「特に用はないデス」

提督「?? では何故ここに来た」



漣(……扉をちょっとだけ開けて、様子をうかがってるんだけど)

漣(これ誰か来たら即バレるよね)

漣(というか金剛さん、出だしからつまづいてない!?)

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:03:00.36 ID:eHC+3PZ80

金剛「なぜ来たのか? そうデスね……強いて言うなら……」

金剛「提督の顔が見たかったから」

提督「……は?」

漣(……は?)

提督「顔なら毎日見てるだろう」

金剛「ハイ。でも見たかったんデス……できればずーっと見ていたい」

提督「……」


漣(! ……いや……)


金剛「実は私、提督を見てると胸がドキドキするんデス」キュッ

提督「……そうか」


漣(も、もしや)


金剛「でも提督が他の艦娘たちと話してるところを見ると、胸が痛くなる」

提督「……」

金剛「とても、切なくなりマス」


(こ、これは……!)



金剛「どうしてだと思いマスか、提督……?」



(これは、素直クール!?)

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:16:38.95 ID:eHC+3PZ80

漣(クーデレは、クールからデレへ移り変わるそのギャップが相手の心を掴むのに対して)

漣(素直クールは常にクールのまま、デレの感情だけをストレートに相手へぶつける)

漣(意図してやったのか偶然かは分からないけど、日頃から直球勝負をしている金剛さんにとっては……)

漣(きっと素直クールの方が性に合ってるんだ! いけるかもですよ、金剛さん!)


金剛「……提督?」

漣(仕草も艶があっておしとやかだし、キタコレ?)

提督「……金剛」


提督「それは本当に、私のせいなのか?」

金剛「え?」

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:38:31.31 ID:eHC+3PZ80

金剛「ハ、ハイ、間違いないデス」

提督「なるほど。私が視界にいない時はどうだ? 動悸は?」

金剛「……。いえ、しまセン」

提督「では動悸が起きる時のことを詳しく教えてくれ」

提督「『提督を見てると』というのは、私を見てから少し経った後に、という解釈で間違ってないか? それとも見た瞬間?」

金剛「……えっと……見た瞬間キュンってきて、それからドキドキが……」

提督「そうか。なるほど」


漣(……なんか診察室にいるみたい)

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 21:51:13.32 ID:eHC+3PZ80


金剛(マズいデス! これは間違いなく病気だと疑われているパターン)

金剛(このままではまたさっきの二の舞!)

金剛(こうなったら……)


提督「金剛、これは推測にすぎないが、おそらくお前は何かの…」

金剛「提督」ズイッ

提督「!」

金剛「この部屋、少し暑くないデスか……?」ヌギ

提督&漣「!!?」

漣(こ、金剛さん、服をはだけてお色気作戦!? )

漣(でも今は冬ですよ!? 鎮守府の金銭的問題でエアコンも節約中だから、部屋の中といえど寒いはず!)

提督「……」

金剛「ふぅー、暑いデース」ガタガタ

漣(震えてる! やっぱり寒いんだ!)


提督「……これは重症だな」

金剛「What?」ブルブル

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 22:09:10.56 ID:eHC+3PZ80

提督「ついて来い金剛、今すぐ医者に診てもらうぞ」ガシッ

金剛「!! ま、待ってくだサイ、私はどこも悪くないデスから……!」

漣(やば! 隠れないと!)ササッ

提督「嘘をつくな。普段のお前と比較すれば、様子がおかしいことくらいすぐに分かる」スタスタ ガチャッ

金剛「No! No-!」



漣「……なんも言えねぇ……」ボソッ

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 22:37:37.22 ID:eHC+3PZ80


――数十分後、食事処『間宮』――


金剛「」ズーン

漣(そりゃ落ち込むよね……)

漣(決め手になったのは服脱ぎだけど……ドンカンすぎるご主人様もご主人様だよ)

漣「あの、金剛さん。ごめんなさい」ペコリ

漣「ご主人様のドンカン力を侮ってたというか。ギャップの力じゃ落とせないのかも」

金剛「……」

漣「いっそ別の方法で攻めましょうか。例えば……」

金剛「……」

漣「……こ、金剛さん?」

金剛「……漣は、何も悪くないデス」ボソッ

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 23:07:52.27 ID:eHC+3PZ80

漣「え」

金剛「悪いのは、提督デス……私がこんなに頑張っているのに……」ワナワナ

金剛「なんで……なんで……!」ワナワナワナ

漣「ちょ、金剛さ…」

金剛「なんで振り向いてくれないんデスかぁーー!!!!」ガバッ

漣「!?」ビクッ


金剛「直球ラブアタックしても軽くあしらわれテ! 変化球ラブアタックしても気づいてくれナイ!」

金剛「こんなのやりきれないデース!! 一泡吹かせてやりたいデーース!!」

金剛「提督を!! この手で!! メロメロにしてやりたいデーース!!!!」ウォォォォ!

漣(金剛さんが燃えてる! す、すごい迫力)

漣(でもその通り! 私だって色々アピールしてきたのに全部かわされて……)

漣(ここまで来たら、もう落とさなきゃ気が済まない!!)

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 23:45:11.74 ID:eHC+3PZ80

漣(そう……私も色々アピールを……)

漣(……)

金剛「こうなったらとことんやりまショー!! 漣、次はどんな…」

漣「金剛さん!」ガバッ

金剛「な、なんデス?」

漣「私、金剛さんに黙ってたことがあります」

漣「そして謝らないといけません」

漣「……ここだといずれ他の艦娘が来て聞かれちゃうので、歩きながら話しましょう」

金剛「??? わ、分かりまシタ」


スタスタスタ


伊良湖「……今の雄叫び、すごかったですね」アハハ…

間宮「聞かなかったことにしましょ」アハハ…

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:06:26.73 ID:/mN+pJnY0


――鎮守府中庭――


金剛「それで、黙ってたことって何デス?」

漣「はい……実は私も……」

漣「……私も、ご主人様……提督のことが好きなんです」

漣「金剛さんに協力したいって申し出たのは、事の成り行きを密かに観察して、自分がアタックする時の参考にするため」

漣「心のどこかで『金剛さんは提督に振り向かれない』っていう思いがあったから、そんなことができたのかもしれません」

金剛「……」

漣「ホントにごめんなさい」

金剛「……どうしてそれを今、私に打ち明けたんデスか?」

漣「え?」

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:28:37.71 ID:/mN+pJnY0

金剛「今ここで打ち明けずに、私に付き添って観察し続けることもできたはずデス」

漣「それは、その……」

漣「……金剛さんを見てたら、裏でこそこそやってる自分が嫌になってきて」

金剛「つまり、私と一緒に提督へアタックしようと考えたからデス?」

漣「……ハイ。でもそんなこと…」

金剛「オーケー! じゃ、一緒に提督を攻略するネー!」


漣「……へ?」


漣「あの……怒らないんですか」

金剛「?」

漣「いや私、金剛さんのこと酷い扱いしてたんですよ……?」

金剛「でも、漣は正々堂々と戦う決意をしまシタ」

漣「……」

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 00:44:19.24 ID:/mN+pJnY0

金剛「酷い事をしたという自覚を持って、私に謝りまシタ」

金剛「その誠意に免じて許しマース!」

漣「いやいや、あっさりしすぎじゃないですか……」

金剛「……勘違いしないでよねっ」

漣「?」

金剛「別に怒ってないなんて言ってないんだかラ!」ニコッ

漣(ツンデレ風っ!?)ゾクッ

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 01:13:32.70 ID:/mN+pJnY0

金剛「ということで、今後は漣も一緒に殴り込みに行くネー!」ビシッ

漣「一緒にって、二人で○○デレをするんですか?」

金剛「Yes! 交代でラブアタック! 先に提督のハートを掴んだ方が勝利デース!」

漣「なるほど……恨みっこなしですね!」

金剛「ただ私は、クーデレの時に失敗してしまって提督の目が厳しいので、次は漣からお願いしマース!」

漣「え!? い、いきなり大丈夫かな」アセアセ

金剛「『為せば成る、為さねば成らぬ、何事も』」

漣「うっ……」

金剛「それじゃ、次は何を参考にしマスか?」ニコニコ

122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 01:47:39.47 ID:/mN+pJnY0

漣「自分で演じるデレを自分で選ぶとは……」

漣「んーと……。はい、決めました」

金剛「早いデスねー?」

漣「なるようになれです!」

漣「それじゃ早速、参考になる艦娘のところに行きましょうか」


スタスタスタ


???「……ふーん……なるほど……」

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 02:24:40.79 ID:/mN+pJnY0


――艦娘・寮の一室――


多摩「多摩に何か用にゃ?」ゴローン


金剛「……」

漣「はい。と言っても、普段どんな生活をされてるのかを知りたいだけなんですけど」

多摩「にゃ……教えるほど特別な生き方はしてないにゃー」ノビー

金剛「……漣、ちょっといいデス?」

漣「はい?」

金剛「なぜ多摩を参考に選んだんデスか?」ヒソヒソ

漣「ニャンデレっていうものを学ぶためですよ」ヒソヒソ

漣「猫っぽい仕草が特徴のデレです。とにかく猫がキーワードです」ヒソヒソ

金剛「ざっくりした説明デスね……」ヒソヒソ

129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 18:24:28.96 ID:/mN+pJnY0

多摩「いま猫って言ったにゃ? 多摩は猫じゃないにゃ」

漣「そ、そんなこと言ってませんよ!」

金剛(名前も仕草も猫っぽいデス)

漣「コホン……。さっそくですけど、今何をしてたんですか?」

多摩「日向ぼっこにゃ。出撃命令があるまで、こうして日向ぼっこしてるにゃ」

漣「あーちょうど日当たりがいいですもんねここ」

金剛(猫デス)

多摩「あったかい場所にゃ」

多摩「あと弓道場の窓際と、天龍・龍田の部屋、特に天龍のベッドがオススメスポットにゃ」

漣「……だからよく出入りしてるんですね」

金剛(色んな場所で日向ぼっこ。猫の行動デス)

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 18:38:53.69 ID:/mN+pJnY0

多摩「それとは別に落ち着く場所もあるにゃ」

漣「落ち着く場所?」

多摩「鳳翔と提督の膝の上にゃ」

漣「へー、膝の…」

漣・金剛「っ!?」

漣「膝の上ですか!?」

多摩「そうにゃ。たまに膝枕してもらうにゃ」

多摩「ただ二人とも忙しいから、迷惑をかけないように機を見計らうにゃ」

金剛(う、羨ましいデス!!)

漣「……」





131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 19:00:49.24 ID:/mN+pJnY0

漣「聞いても、いいですか……?」

多摩「にゃ?」

漣「そのタイミング……」

金剛(ナイスデス漣!)グッ

多摩「……まさか膝枕してもらう気にゃ?」ジトー

漣「!! ちち違いますよ! ただ純粋に気になったというか何というか!」

多摩「どんな理由でも教えないにゃ」

多摩「教えたらもう一人占めできないにゃ。これは多摩だけの秘密にゃ」ゴロゴロ

漣「うぅ、そうですか」

金剛(……これからはもっと提督の動きに、目を光らせてみマス……)

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 19:34:00.77 ID:/mN+pJnY0


コンコン

提督「多摩、ちょっといいか?」

漣・金剛「!!!?」

多摩「うわさをすれば提督にゃ!」パァァ

多摩「大丈夫……に”ゃっ!?」

金剛「ちょ、ちょっと待つデス……!」ヒソヒソ

金剛「どうしマス漣……!? まさかこんなピンポイントに提督が来るなんテ……!」ヒソヒソ

漣「え、えーと、とりあえず隠れましょう……! そこのクローゼットにでも……!」ヒソヒソ

金剛「了解デス……!」ヒソヒソ

金剛「いいデスか多摩、今から私たちはクローゼットに隠れマス……!」ヒソヒソ

金剛「提督に私たちのことはシークレット、もし喋ったら……」ヒソヒソ

金剛「比叡の特製カレーを一日三食、水なしで食べさせマス……!!」ヒソヒソ

多摩「!?!?」

金剛「分かりまシタね?」

多摩「」コクコクコク

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 20:16:47.06 ID:/mN+pJnY0


提督「失礼する」ガチャッ

提督「ん、一人か。球磨は外出中か?」

多摩「そうにゃ。外出中にゃ」ガタガタ

提督「……どうした、顔が真っ青だぞ」

多摩「だ、大丈夫! 問題にゃい!」

提督「? おかしな奴だ」

提督「まあいい。早速本題に移らせてもらうが、次の出撃の際に――」



金剛「――思ったんデスけど、隠れる必要ありマスか?」

漣「金剛さんは提督の目が厳しい状況ですし、念のためです」

金剛「なるほどネー」

漣「……あの、もうちょっとそっち行けません? 胸が顔に当たって苦しいんですよ……」

漣(精神的にも)

金剛「ソ、ソーリー。でもこれ以上は無理ネ」

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 20:43:58.73 ID:/mN+pJnY0


提督「――という感じだ。頭に入れておいてくれ」

多摩「分かったにゃ」

提督「うむ、頼りにしてるからな」ナデナデ

多摩「! ふにゃ……」トローン


漣「ご主人様、さらっと頭を……」

金剛「目がとろけてマス、あんな多摩みたことないデス」


多摩「……て、提督」

提督「どうした」

多摩「膝枕してほしいにゃ」

漣・金剛「!!」

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 21:10:25.09 ID:/mN+pJnY0

提督「今か?」

多摩「いまにゃ」スリスリ

多摩「いまがいいにゃ……お願いにゃ」スリスリ


漣「めっちゃ甘えてますね多摩さん。なんか本当に猫に見えてきました」

金剛「見せつけてるんデース? いい度胸デス」ワナワナ

漣「いえ、提督に夢中で、私たちのこと完全に忘れてるんだと思います……」

金剛「アウト・オブ・眼中デスか……!?」

漣「わっ、ちょっと動かないで!」


提督「すまないが、これからすぐ用事があるんだ」

提督「また今度に…」

多摩「忙しいのは分かってるにゃ。でも……」

多摩「さ、3分……1分でもいいにゃ」

多摩「ダメにゃ?」ズイッ


金剛「かか、かかか顔が近すぎデース……!!」

漣「金剛さん! 声も動きももっと控えて……!」

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 22:20:27.50 ID:/mN+pJnY0


ガタタッ

提督「――誰かそこにいるのか」

漣・金剛「」ビクッ

多摩「あ……」

提督「……なるほど。多摩、お前が青ざめていた原因はもしや……」スッ

スタスタスタ

金剛(や、やばいデース! こっちに近づいてきマス!)

漣(ど、どうしよう! 逃げ場もなし……一巻の終わり!?)



ガチャッ


???「提督ー! 長門秘書艦が呼んでるよー!」

提督「!」ピタッ

???「なんか急を要するらしいよー!」

提督「何だと? ……分かった、すぐに行く」


スタタタ


漣(………間一髪……)

金剛(……開けられずに済みまシタ……)

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 22:49:43.76 ID:/mN+pJnY0

金剛「よく分からないけど助かったネ」

漣「ですね、とりあえず出ましょうか」


???「……あれ? 二人とも、そんなとこで何やってんの?」

漣「えっ?」

金剛「Oh、誰かと思ったら……北上じゃないデスか」

北上「なになに、かくれんぼ? あたしも混ぜてよー」ヘラヘラ

漣「あははは……いや、これはちょっと色々ありまして」アセアセ

金剛「ち、ちょっと相談事デース!」アタフタ

北上「へー、こんなところでー?」

金剛「そうデース! えと、その……」

北上「クスクス、変なの。ま、詮索はしないよー。じゃね」

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 23:11:06.33 ID:/mN+pJnY0


金剛「…………。とりあえず、場所を移しマスか? 多摩にも悪いデス」

多摩「に、にゃ?」

漣「それもそうですね。ごめんなさい多摩さん、色々と……」

金剛「あ、比叡カレーは冗談デスから安心してくだサイ。さすがに可哀想デスから」

金剛「ただ、このことは他言無用でお願いしマス!」

多摩「わ、分かったにゃ……」


スタスタスタ


多摩「……何だったのにゃ」ボソッ

143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/30(土) 23:52:56.38 ID:/mN+pJnY0


――執務室へ向かう通路――


金剛「さて……」

金剛「漣がどう演じるのか気になりマスねー!」ニコニコ

漣「き、緊張します」ドキドキ

漣「ニャンデレって、語尾に『にゃ』をつければいいんでしょうか?」

金剛「私に聞かれても……」

金剛「でも、そういえば漣、たまに『はにゃー!』って言ってマース」

金剛「そのノリでいけばオーケーじゃないデスか?」

漣「あれはとっさに出た言葉っていうか……」

金剛「……『為せば成る、為さねば…」

漣「あーもう分かりましたから! いちいちやめてください!」ウガー



――その頃、天龍・龍田の部屋――


多摩「……」ガリガリガリ

天龍「おい多摩っ!! 人のベッドで爪を研ぐなっ!!」

球磨「仕方ないクマ、いま多摩はすこぶる機嫌が悪いクマ」

球磨「この不機嫌さは提督に相手にされなかったプラス、何かもう一悶着あったクマ」

天龍「オレと何の関係があるんだよぉぉぉ!!」ウワアアア

160: 再開します 2016/01/31(日) 20:27:17.32 ID:aC1zqjEW0


――執務室――


コンコン

漣「失礼します」

提督「どうぞ」

提督「ああ漣か。どうした?」テキパキ

漣「……今、忙しいかにゃ?」

提督「」ピタッ

提督「……、そうだな。過去の書類を整理している最中だ」テキパキ

提督「手は離せないが、話だけなら聞けるぞ」テキパキ


金剛(すごく怪しまれてマス)

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 20:52:18.98 ID:aC1zqjEW0

漣「そうかにゃ。実はお願いがあるにゃ」スタスタ

提督「何だ?」テキパキ


ピタッ

漣「漣の頭を、撫でてほしいにゃー♪」スリッ

提督「っ!」

漣「ご主人様、お願いにゃー」スリスリ

提督「」

金剛(て、提督が呆気にとられてマス!)グッ

金剛(果たしてあれは、漣のギャップにときめいたせいなのカ!)

金剛(それとも単に驚いただけなのカ!)

提督「……」ジー

金剛(あ、変なものを見る目デス)

金剛(どうやら後者っぽいデスね……)

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 21:14:10.68 ID:aC1zqjEW0

提督「漣」

漣「……?」スリスリ

提督「診察室へ行くぞ」スッ

漣「!?」ガーンッ

金剛(は、判断が早いデース!! 私のせい!?)

漣「待ってにゃー!」ガバッ

提督「うお……!」ドサッ

金剛(Oh、ファインプレーね! 提督を椅子に座らせまシタ!)

金剛(そして……ひ、膝の上に座って身動きを!? 恋敵ながらアッパレデス……!)

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 21:48:25.32 ID:aC1zqjEW0

提督「漣、お前っ」

漣「大丈夫ですにゃ! 漣はどこも悪くないですにゃ!」

提督「……では聞くが、その語尾はなんだ? 多摩をマネているつもりか?」

漣「」ギクッ

金剛(大当たりデス)

漣「そ、そんなことより頭を撫でてほしいにゃー♪」

提督「……」

漣「ちょっとだけでいいにゃー♪」スリスリ

金剛(何が何でも押し通す気デスね)

金剛(でもそのくらいしないと、提督の心の壁を破壊するなんて到底……)



北上「お、金剛さんだー」

金剛「っ!?!?!?」

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 22:01:55.58 ID:aC1zqjEW0

北上「また怪しいことしてるねー」ニヤニヤ

金剛「北上っ! ここここれはあれデス、そそそその…」


ピタッ

北上「しー」

金剛「!」

北上「あんま大きい声出すと、提督にばれちゃうよー?」

金剛「!?」

北上「あたしにも覗かせてよ」ニコニコ

金剛「? ……??」

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 22:16:07.68 ID:aC1zqjEW0

提督「…………はぁ」

提督「仕方ない……」

漣「にゃー?」スリスリ


ナデナデ


漣「……へ?」

提督「ほら、これでいいか?」ナデナデ

漣「あ……え……」

ナデナデ

漣「……っと、その……」カアァァ…

提督「ん? 」ナデナデ

漣「……は……ハイ……」プシュー

ナデナデナデ


北上「あらら、顔が真っ赤っか」

北上「提督ってああいうことするんだねー。普段キッチリしてるから意外だよ」

金剛「そ、そうデスね」

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 22:29:59.02 ID:aC1zqjEW0


ナデナデナデ

漣「……あの」

提督「ん。どうした」ナデナデ

漣「もう、いいです……」

提督「? もういいのか?」

漣「はい……漣はこれで失礼します……」フラフラ

漣「ありがとうございます……」フラフラ

提督「あ、ああ」


ガチャッ

バタン


提督(何だったんだ……。よく分からん奴だ)

提督「さて、続きをするか」テキパキ

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 23:21:49.01 ID:aC1zqjEW0


――鎮守府中庭・ベンチ――


漣「」ポケー

北上「一度退避してここに来たはいいけど」

北上「これ、完全にうわの空だねー」

金剛「……」

北上「提督に撫でられたのがそんなに嬉しかったのかな」

金剛「……北上、どういうことデス?」

北上「え、何がですか?」

金剛「何もかもデス! 一体どこまで私たちの作戦を知ってるんデス?」

北上「作戦?」キョトン

金剛「あ……まさか、そこまでは知らないデス? Oh、私はバカデスっ! とんだ失態を…」

北上「ぷっ、クスクス」

金剛「な! 何がおかしいデース!?」

168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 23:46:04.95 ID:aC1zqjEW0

北上「あはは、ごめんなさい。金剛さんの反応が面白くって、つい……」

北上「んーと、まあ大体は知ってますよ。二人が提督を攻略しようとしてること」

北上「んで。普通に攻めても効果がないから、なんとかデレを使って落とそうと目論んでること」

金剛「……当たってマス」

金剛「い、いつから気づいてたんデスか?」

北上「きっかけはこの中庭ですねー」

北上「散歩してたら偶然、二人の会話を聞いちゃって」

北上「そのままこっそり後を追ってるうちに、色々見えてきた感じです」

金剛「! ということはあの時、多摩の部屋で……」

北上「ああ、あの時ヤバかったですよね。なんか私まで焦っちゃって」

北上「とっさに長門さんが呼んでるーなんて嘘ついちゃて……後で怒られるかなぁ」

金剛「……」

169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 23:57:28.27 ID:aC1zqjEW0

金剛「それで、何が目的デス?」

北上「?」

金剛「私たちに近づいてきたということは、何か目的があってのことデス?」

北上「……ふっふっふっふ」

金剛「!!」

北上「話が早くて助かります、金剛さん」ユラァ…

金剛(黒い笑み! 嫌な予感がしマス!)

金剛(一体何を……!?)



北上「あたしも仲間に入れてくーださい♪」キラリ-ン



金剛「…………ハ?」

173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:19:48.44 ID:15bvB2qS0

金剛(って、What!?)

金剛(ま、まさか北上も提督を……いや、ありえない話ではないデス)

金剛(提督は頭にくるほど鈍感デスが、それでも艦娘の間では人気がありマス)

金剛(ホント……まったく……罪な殿方ネ)フッ


金剛「オーケー分かりました」

北上「あれ、すんなり?」

金剛「拒否なんてしまセーン! よろしくデス北上!」

金剛「これからは恋のライバルとして! 仲間として!」

金剛「一緒に提督のアイアンハートを溶かしてやるネ!!」ビシッ

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:01:34.22 ID:15bvB2qS0



北上「いや、あたし別に提督のことは好きじゃないですよ?」シレッ



金剛「…………。What?」

北上「だから、別に提督のこと――ぐぇっ!?」ガシッ

金剛「ホワーーット!!? 今なんて言いまシタ!? 提督を好きじゃないっ!?」ブンブンブン

金剛「じゃあ何で仲間に入りたいんデース!! 私のライバル宣言を返してくだサーーイ!!」ブンブンブン

北上「ちょ! 脳が揺れる……!! お、落ち着いてぇー!」

金剛「ハァ……ハァ……、では答えるネ」

金剛「北上はなぜ私たちの仲間に……?」ゴゴゴゴ

北上(……あー、この流れマズいなぁ)

北上(本当のこと言ったら殺されかねないよー……)

北上(でも、かと言って嘘をつくのは気が引けるし)

北上(まあ、なるようになるかな?)

195: 再開します 2016/02/01(月) 20:30:42.66 ID:15bvB2qS0

北上「えっと……何ていうかー……」

金剛「……」

北上「暇つぶし?」

金剛「ひまっ――――!!!?」

北上「わ! ちょっと待って!」アセアセ

北上「提督にアタックするチャンスは誰にでも平等にあるはずですよ!?」

北上「暇つぶしといえど、あたしにも…」

金剛「No!! 私たちの心はラブ一色、真剣勝負で提督に挑んでいるネ!」

金剛「暇つぶしで水を差さないでくだサーイ!! 提督にも私たちにも失礼デース!!」

北上「……ほう、聞き捨てなりませんね」

金剛「?」

196: 再開します 2016/02/01(月) 20:47:37.81 ID:15bvB2qS0

北上「あたしだって真剣ですよ」

北上「真剣に暇つぶしをするつもりなんです」

金剛「What? 何を言って……」

北上「とにかくあたしは今、真剣です」

北上「マジです。マジで提督を攻略するつもりです」

北上「もし仮に攻略できたら、ちゃんと誠意をもってお付き合いもしますよ」

金剛「……」

北上「金剛さんたちと一緒に戦いたいんです」

北上「お願いします」

北上「あたしも仲間に入れてください」

金剛「……」

197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 21:00:03.50 ID:15bvB2qS0

北上「金剛さん」

金剛「……」

北上(……あー、やっぱ無理かなーこれ)

北上(さすがにムチャクチャすぎるもんねぇ。仕方ない、さっきみたく影から…)


金剛「今の北上、とてもいい目をしてるネ」

北上「……え?」


金剛「気が変わりまシタ。オーケー、一緒に行動を共にするネ」

北上「……」

北上(マジ?)

199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 21:29:18.47 ID:15bvB2qS0

北上「ホントにいいんですか?」

金剛「理由はどうであれ、北上が本気ということが分かりまシタから」

北上(……あたしって演技派なのかな)

金剛「それに。よーく考えたら……」


金剛「どうせ私が提督のハートを掴みマスから、北上がどういう理由でラブアタックしようがどうでもいいことでシタ!」フフン

北上「」ピクッ


北上「へぇ、すごい自信ですねぇ」

金剛「そもそも、暇つぶしのラブアタックなんて通用するはずありまセン」ドヤァ

北上「……でも、金剛さんのラブアタックも今のとこ通用してませんよね?」

金剛「」ピクッ

200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 22:00:44.49 ID:15bvB2qS0

金剛「言いますネー」バチバチバチ

北上「事実ですしー」バチバチバチ


漣「……あのー」

金剛・北上「!」

金剛「漣! ようやく我に返りましたカ!」

漣「いや、結構前から返ってますよ」

漣「ただ、失敗したことに落ち込んでて……」

漣「ジャブを打ったらカウンター喰らって、テンパっちゃって」

漣「うぬぬ……私のバカー!」ポカポカ

金剛「終わったことは仕方ないデス……またチャレンジするネ!」

202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 22:20:16.96 ID:15bvB2qS0

金剛「Oh、そうデス。漣、今度からは北上も一緒に…」

漣「はい、聞いてたので知ってますよ」

北上「よろしくねー」ニコニコ

漣「……はい」

漣(この屈託のない笑顔、何気に強敵かも)

漣(でも負けない! 暇つぶしの人なんかに負けたくない!)メラメラ

北上(おお……すごい熱気)

金剛「さて、それじゃ次は私の番デース!!」

金剛「ニャンデレで提督をメロメロネー!!」ビシッ

北上「あ、ちょい待ち」

204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 22:33:05.83 ID:15bvB2qS0

金剛「? どうしたんデス?」

北上「同じデレを何回もやるのは、さすがに不審がられると思うなぁ」

北上「ちょっと試しにここでやってみてくださいよ」

金剛「何をデス」

北上「ニャンデレ。漣を提督だと思って」

漣「へ?」

金剛「なっ!?」

北上「一回でいいデスから、ね?」

金剛「……」

金剛「……わ、分かりまシタ」コホン

205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 22:56:59.16 ID:15bvB2qS0

金剛「コンコン」

金剛「失礼しマス」

北上(え、そっから?)

漣「あ……は、入ってくれ」ゴホン

漣「なんだ金剛か。今度は何の用だ?」


金剛「――提督ぅー♪」

スタスタ

漣「どうした」

金剛「私、提督に甘えたいニャー♪」スリスリ

漣「!?」

金剛「撫でてほしいニャー♪ 触ってほしいニャー♪」スリスリ

漣「こ、金剛さんちょっと!」アタフタ

北上「はいストップー」

206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 23:12:05.04 ID:15bvB2qS0

北上「漣が困ってますよー金剛さん」

金剛「はっ! ソ、ソーリー!」

漣「い、いえ……」アハハ

漣(ちょっと怖かった)

北上「うん、やっぱりやめましょうニャンデレ」

金剛「Why!? 上手くできてたのに!」

北上「だって方向性が漣と同じですし」

北上「お前ら何か企んでるのか、って疑われますよ?」

金剛「う……」

207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 23:29:47.33 ID:15bvB2qS0

北上「それにギャップを狙ってるんですよね?」

北上「今のじゃ語尾に『にゃ』をつけた、ただの金剛さんですよー」

金剛「!!」ガーンッ

漣(『ただの』って。でも……)

漣「確かにそうですね」

北上「でしょー? だから、こんなのはどうよ」

北上「あたしたち3人、それぞれ違うデレを演じて提督にアタックする」

北上「そうすれば怪しまれるリスクは減るし、提督に通じるか通じないかがずっと早く分かる」

漣「なるほど」

213: 再開します 2016/02/02(火) 20:40:45.47 ID:a0izb84R0

北上「どうですか金剛さん」

金剛「……グッドアイディアだと思いマス」

北上「なんかあんま乗り気じゃないですねー?」

金剛「そんなことはないデス」

金剛「今度こそ。今度こそ完璧な演技をしてみせマス……!」

北上(ああ……もしかしてあたしが言った事を引きずってる?)

金剛「早速参考になる艦娘のとこに向かうネ!!」スタタタ!

漣「金剛さん!? まだそれは決まってないですよ!!」

北上(……立ち直ったよ。見てて清々しい人だなぁ)

214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 21:42:44.13 ID:a0izb84R0


――食事処『間宮』――


漣「居ましたね」

北上「ちょうど二人だねぇ」

金剛「……」


山城「姉様、アイスを一口交換しませんか?」

扶桑「そうね山城、とてもいい提案だと思うわ」


金剛「――扶桑姉妹デス?」

金剛「あの二人から、一体何を学ぶんデスか?」

北上「鬱デレってやつですよー」

金剛「う、鬱デレ? そんなのあるんデス?」

漣「はは……特殊ですよね」

北上「説明するとー、普段は鬱で心を開かないけど、好意を持った人の前では自分を出してデレる……って感じです」

金剛「……なるほどネ」

216: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 21:56:29.37 ID:a0izb84R0

金剛「でもそれ、ちょっと扶桑姉妹に失礼じゃないデスか?」

北上「そんなこと言い出したら、今まで観察してきた艦娘にもいろいろ失礼してますし」

金剛「そ……それもそうネ」

漣「あっ」

金剛・北上「?」


扶桑「はい山城、あーん」

山城「あーん」

ボタッ

扶桑「あっ」

山城「ああ……落ちてしまいましたね」

扶桑「……」

山城「だ、大丈夫です姉様。私のアイスを半分……」

ボタッ

扶桑・山城「あっ」

217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 22:30:46.40 ID:a0izb84R0

扶桑「……はぁ……空はあんなに青いのに」ハァ…

山城「不幸だわ……」ハァ…


金剛「――相変わらずデス」

金剛「というか冬にアイスとは、なかなかオツデスね」

漣「あれって確か、落ちないよう工夫されてませんでしたか?」

北上「何らかの力が働いてるとしか思えないなぁ……。お、提督が来たよ」



提督「扶桑に山城じゃないか」スタスタ

扶桑「あら提督。休憩ですか?」

提督「うむ、一息つきに来た。それはさて置き、二人で仲良く何を食べ――」

提督「……アイスを落としたのか」

山城「大丈夫です提督。たかがアイスですよ」

扶桑「そうね山城。提督、たかがアイスです」

提督「う、うむ……」

218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 23:10:41.82 ID:a0izb84R0

提督「しかし、食べたいから買ったのであって」

提督「せっかく買ったものが台無しになってしまったら残念だろう」

提督「少し待ってろ」スタスタ

扶桑・山城「……?」


スタスタスタ

提督「同じのを買ってきた」

提督「受け皿も貰ったから、これで心配はない」

扶桑「まあ、わざわざ私たちのために」

山城「……私はいりません」

扶桑「そんな山城、せっかく提督が……」

山城「ありがた迷惑です」

扶桑「山城……。すみません提督」

提督「いや……」

山城「!? ど、どうして姉様が謝るんです?」

219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 23:31:20.34 ID:a0izb84R0

扶桑「どうしてって」

扶桑「せっかくの提督のご厚意を、蔑ろにすることはできないでしょう?」

山城「……」


北上「――ま、提督自身は、あたしたち艦娘の好意を蔑ろにしてるけどねー」

漣(……うまい……)

金剛「シッ、向こうに聞こえるネ」


提督「いいんだ扶桑。勝手な行動をした私が…」

山城「分かりました」

提督「!」

山城「そのアイス、頂きます」

提督「! ……そうか」

扶桑「山城っ」パァァ

220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 23:52:39.61 ID:a0izb84R0

提督「それはよかった……」

山城「勘違いしないでください提督」ペロペロ

提督「?」

山城「私は扶桑姉様に頭を下げさせないため、アイスを頂くことにしたんです」ペロペロ

山城「提督の好意は二の次です」ペロペロ

扶桑「や、山城」ペロペロ

扶桑「なぜそうやって一言余計な…」ペロペロ

扶桑・山城「うっ、頭が」キーン

提督「……そうか」フフッ

提督(二人とも、何だかんだ早く味わいたかったとみえる)

提督「私もなにか頼むとしよう」スタスタ


金剛「――もしかして山城、ツンデレの素質がありマスか?」

北上「あるかもねぇ。鬱デレとツンデレ、略して鬱ンデレ、みたいなー?」

漣(……うまい……)

230: 再開します 2016/02/03(水) 21:20:46.60 ID:opLrwL5u0

扶桑「ところで提督、実は私、最近編み物を始めましたの」

提督「ほう、それはいいな」

扶桑「はい。でもなかなか思うようにいかなくて、苦戦中です」

提督「何を作っているんだ?」

山城(――姉様、提督の前だと心なしか、いつもより素敵なお顔に……)

山城(嬉しいような、寂しいような)

山城(……悔しいような……っ!)ギリギリ

扶桑「あみぐるみです」

提督「? あみぐるみ?」

扶桑「ご存じありませんか? 毛糸などを編んで作った……」

扶桑「あ、待ってください。ちょうど作りかけの物があります」ゴソゴソ

232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 21:57:14.03 ID:opLrwL5u0

扶桑「これです」ジャーン

提督「」

扶桑「ふふ、作りかけと言っても、ほとんど完成はしてるんですけど」


北上「――うわ、怖っ! 呪いの人形かなにか?」

漣(……フォローしようと思ったけど、それにしか見えない)

金剛「提督の顔、引きつってるネ」


扶桑「ちなみに、何だと思います?」

提督「え」

扶桑「制限時間は10秒です」フフッ

提督「なっ!?」

山城(間違えたら許さない)ゴゴゴゴ

提督「………………」

233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 22:25:14.59 ID:opLrwL5u0

提督「……。……サル?」

山城(サっ!?)

扶桑「ああ、残念。ハズレです」

提督「すまない扶桑、決して悪気は……」

扶桑「いえ、いいんです。私から見ても、似てるなんてお世辞でも言えませんし」クスクス

山城(姉様、なんて心が広いの)ジーン

山城(にしてもサルだなんて、提督の目はどうなってるのかしら!)

提督「それで正解は?」

扶桑「正解は、山城です」

山城「……へ?」

236: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 22:48:53.30 ID:opLrwL5u0

山城「わ、私? それ私だったんですか!?」

扶桑「そうよ」ニコリ

山城「知りませんでした……というか、言ってくれればモデルになったのにっ」

扶桑「一度は考えたのだけど、山城も編み物に熱心だったから」

扶桑「邪魔をしてはいけないと思って……」

提督「? なんだ、山城も編み物をするのか」

山城「え、ええ……まあ」

扶桑「私よりも、ずっと編み物が上手なんですよ」

扶桑「そうだわ、確かこの前、お守りにと貰ったあみぐるみが……」ゴソゴソ

237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 23:05:29.94 ID:opLrwL5u0

扶桑「あった。こっちがウサギで、こっちがネコ」ジャーン

提督「ほう、よくできてる」

山城「姉様! 誰にも見せないでとあれほど……!」

扶桑「ごめんなさい、でも見せないともったいないと思うの」

扶桑「こんなに可愛くできてるのに」

提督「うむ、可愛いな」

山城「――っ!」

扶桑「そしてこれがイヌ」

提督「可愛いな」

扶桑「ええ、本当に可愛い」

山城「……」カァァ

239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 23:32:20.33 ID:opLrwL5u0

扶桑「どれも比べようのないくらいに…」

山城「」ガバッ

扶桑「……山城?」

提督「?」


山城「……か、可愛いって……言わないでください……!」プルプル


スタタタッ!

扶桑「山城!? 一体どこへ!」

扶桑「……行ってしまったわ。顔を隠しながら」

提督「よほど恥ずかしかったとみえる」

扶桑「どうしましょう、私、山城に悪いことを」アセアセ

提督「いや、私も悪かった。山城の気持ちを汲んでやれず……」


金剛「……金剛の気持ちも汲んでやれず」ボソッ

漣「……漣の気持ちも汲んでやれず」ボソッ

北上(ここぞとばかりに言うねー)

240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 23:58:51.63 ID:opLrwL5u0

扶桑「すみません提督。私、山城を追いかけます」

提督「気にしないでくれ」

扶桑「では、失礼いたします」スタタッ

扶桑「……そうだわ。忘れるところだった」

扶桑「提督」

提督「ん?」

扶桑「その、私、他に編んでいるものがあって」

扶桑「提督のあみぐるみなのですが……」

扶桑「完成したら、貰っていただけますか?」

提督「ああ、もちろんだ」

扶桑「嬉しい……ありがとうございます!」


スタタタタ


提督「……私のか」

提督「そうか……」

241: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:29:17.16 ID:NJlCWnfW0


漣「――なんか、あんまりギャップというギャップを感じませんでしたね」

金剛「山城がツンデレな態度をとってたくらいデス?」

北上「いや、提督が来てから少しテンションが上がったようにも見えたよ」

北上「ってか、もうちょい観察を続けるべきかもねー」

漣・金剛「?」



――数分後、鎮守府中庭――


扶桑「山城!」スタタッ

山城「……姉様」

扶桑「! どうしたの? ボロボロじゃない」

山城「……前を見ずに走っていたら」

山城「木にぶつかって、尻もちをつき、すぐ近くで寝ていたネコを刺激して」

山城「逃げようとしたら顔を引っかかれたので、地面でのたうち回っていたら、こうなりました」

扶桑「……そう」

山城「あと頭に鳥のフンが…」

扶桑「もういいのよ山城」

242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/04(木) 00:57:22.77 ID:NJlCWnfW0

扶桑「さっきはごめんなさい。勝手にあみぐるみを見せてしまって」

山城「いえ……それはもう別に」


ポタッ

扶桑「」

山城「あ……姉様。頭に鳥の……」

扶桑「……そうね」

山城「?」

扶桑「これで、おそろいね」

山城「……姉様……」



漣「――……いたたまれないですね」

金剛「提督と一緒の時より、テンションダウンはしまシタ」

北上「んー……したというか、させられたというか」

253: 再開します 2016/02/04(木) 20:31:48.17 ID:NJlCWnfW0


漣「で、誰が鬱デレを演じますか?」

金剛「ここはやっぱり、新加入の北上ネー!」

北上「……へぇ、いいんですか?」ニヤリ

漣・金剛「!?」

北上「このスーパー北上様のテクニックでー……」

北上「もしかしたら提督、落ちちゃうかもよー?」

漣・金剛「……」


漣「それはないですね」アッサリ

金剛「Yes、十中八九間違いないデス」アッサリ

北上「!?」


北上「ほ、ほう……言うねぇー二人とも」ピクピク

254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/04(木) 21:22:35.32 ID:NJlCWnfW0

漣「いえ、北上さんがどうとかじゃなくて……あのご主人様ですし」

金剛「幾多の砲撃を物ともしない無敵艦デスよ?」

北上「……なるほど」

北上「でもそれさ、自分で言ってて心に来ない?」

漣「……はい」

金剛「言うんじゃなかったデス」

北上(やっぱちょっと落ち込んでる)

北上(痛感してるからこその言葉、か)

北上「……まあやるだけやってみるよー」

北上「仮に成功しても、恨みっこはなしなんでしょ?」

金剛「も、もちろんデース!」

漣「約束ですから!」

255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/04(木) 22:05:09.25 ID:NJlCWnfW0


――執務室前・通路――


北上「と、意気込んだのはいいんだけど」

漣「いませんね提督」

金剛「ひょっとして、まだ間宮のとこデス?」

北上「休憩って言ってたしねぇ。いっそ間宮さんとこでで作戦決行を…」

漣「でも、外だと他の艦娘がいますし危ないですよ」

北上「それもそっか」

北上「あ、じゃあいっそ、参考にする他の艦娘のとこ行っちゃう?」

北上「ずっと待ってて時間を無駄にするのは勿体ないしさ」

金剛「Oh、それもありネ」グッ

漣「ですね!」

北上「よし、決まりだね。じゃあ誰のとこ行くー?」


スタスタスタ


大井「あれは……北上さん?」キョトン

258: 再開します 2016/02/05(金) 18:29:12.71 ID:uXjnDTdT0


――鎮守府・グラウンド――


天龍「ぜぇっ、ぜぇっ」

龍田「ほらぁ、がんばって天龍ちゃん。あと20周よ~」


北上「うわぁ……」

漣「いま鬼のような一言が聞こえた……」

金剛「次の狙いは龍田デスか?」

漣「はい。サドデレを学ぶつもりです」

漣「サドデレは、ツンデレのツンがパワーアップしたデレです」

金剛「パワーアップ?」

漣「まあ何というか、とにかくドSで……」

漣「たまーにデレても、恥ずかしさ余りにドSな言動で照れ隠しをしてしまうという」

金剛「な、なんだか危ないデスね」

262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:22:26.54 ID:uXjnDTdT0

天龍「おい龍田っ……ホントにこのトレーニングで……!」

天龍「世界水準よりも、さらに上へ行くことができるんだなっ……!?」

龍田「そうね~、天龍ちゃん次第かな~」

天龍「は? どういう意味だよ」

龍田「レベルアップできるかどうかは、天龍ちゃんの気持ち次第よ~」

天龍「……そうか。何だかよく分かんねぇけど、気持ちなら誰にも負けねぇぜ!」スタタタ!

龍田(ふふっ……辛そうな顔も必死な顔も、いいわぁ……♪)


漣「こ、恍惚な表情……こわい」ブルブル

北上「上手く転がされてるねー」

金剛「天龍、難しいこと考えないデスから……」

金剛「……! 二人とも、提督が来たネ!」

263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 19:41:28.67 ID:uXjnDTdT0


スタスタ

提督「天龍の奴、頑張ってるな」

龍田「提督……お疲れ様です~」

提督「うむ、龍田もな」

提督「ところでこれは何の訓練なんだ?」

龍田「ただの持久走ですよ♪」ニコッ

提督「持久走?」

龍田「はい、天龍ちゃんの頑張る姿がじっくりと見れて」

龍田「おまけに天龍ちゃんの体力もつく、とってもいい訓練です」

提督「……そ、そうか」


漣・金剛・北上「…………」

264: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:07:09.45 ID:uXjnDTdT0

提督「龍田は走らないのか?」

龍田「ふふっ、天龍ちゃんのかわいい顔が見れなくなりますから~」

龍田「あ、そうだ。よろしければ提督もどうですか~?」ニコニコ

提督「私か」

龍田「ええ、きっといい表情……じゃなくて、いい運動になりますよ~」

提督「……そうだな。最近デスクワークばかりで体が鈍っているし」

提督「一緒に走ろう――と言いたいところだが」

提督「まだ仕事が残っていてな。そろそろ執務室に戻らなければ」

龍田「あら~、そうですか~……残念……」シュン

提督「また今度付き合うとしよう」

龍田「はい……また今度、必ず……」


漣「めっちゃ残念そう」

金剛(……て、提督の走る姿、ちょっと見てみたいネ)ドキドキ

北上「まごうことなきドSだねぇ」

265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 20:49:22.86 ID:uXjnDTdT0

提督「しかし、天龍は本当に頑張るな」

龍田「頑張りますね~」

提督「うむ。どんな作戦でも必死に挑み」

提督「他の艦娘に危機が迫ったら、自分の身を顧みずに庇おうとして」

提督「結果、ボロボロになって帰ってくる」

提督「頼もしい奴だが……いつか轟沈してしまわないかと不安にさせられる」

龍田「……ですね~」

提督「遠征でも駆逐艦たちを引っ張って」

提督「ちゃんと成功に導いてくれる」

提督「安全な海域でも、何故かボロボロになって帰還するのが不可解だが」

提督「それもあいつらしいと言えばあいつらしいか」

龍田「……」

266: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 21:00:08.61 ID:uXjnDTdT0

提督「まったく、何度も注意しているんだがな。どうして毎度毎度……」

提督「龍田、お前からも言ってやってくれないか?」

提督「無茶をしすぎるな、もっと自分のことも大切にしろと」

龍田「……ふふっ。そうですねぇ」

龍田「ご自分の口から仰ってはどうですか~?」グリグリ

提督「?」グリグリ

提督「……龍田、なぜ足を踏む」グリグリ

龍田「はい~?」グリグリ

龍田「あら~、気がつきませんでした~」パッ

提督「いや、今明らかに…」

龍田「天龍ちゃ~ん、あと10周追加よ~」

天龍「!!?」

268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:06:57.01 ID:uXjnDTdT0

提督「おい、そんなに走って大丈夫か?」

龍田「はい~、天龍ちゃんならこのくらい朝飯前ですから~」

提督「………」

提督「……龍田」

龍田「何ですか~?」

提督「お前も、無茶をしすぎるなよ」ポンッ

龍田「……!」

提督「いつも突っ走る天龍のサポートをしてくれているだろう」ナデナデ

提督「気苦労も絶えないはずだ。そのうち気が緩んで海の底へ……なんてこともあり得る」ナデナデ

提督「限界が来ないうちに、何でもいいからストレスを発散しておけ」ナデナデ

龍田「……」

提督「私でいいなら愚痴も聞く。今度執務室へ来い」

269: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:37:30.01 ID:uXjnDTdT0

北上「おかしいねぇ、普段なら……」

北上「『提督、その撫でている手、切り落としますよ~』」

北上「くらい言うのに」

金剛「まあ話してる内容も内容デスし……」

漣(……ひょっとして……あれって龍田さんのデレ?)


龍田「……ふふ」

提督「?」

龍田「よかったですね~提督」

龍田「あと少し手を離すのが遅かったら……」

龍田「綺麗に無くなってましたよ~?」ニコッ

提督「! す、すまない……つい」

提督「っとマズいな。それじゃ龍田、私はこれで」


スタタタッ


龍田「……ありがとうございます、提督」ボソッ

270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:19:12.43 ID:uXjnDTdT0

金剛「! 今、ちょっとデレたネ?」

漣「デレましたね!」

北上「うん、確実にデレたね」

金剛「でも、漣が言ってたのと違いマスね?」

漣「足をぐりぐりしたくらいですね……」

北上「提督相手だとやりづらいんじゃないかなー」

北上「天龍にはああやって、本性剥き出しだし……」


龍田「あなたたち、さっきからここで何をしてるの~?」


漣・金剛・北上「!!!?」

北上「やば……っ!」

漣「ええっと、あの、その……」

金剛「逃げるネ二人とも!!」スタタッ

北上「逃げ足はやっ!」

漣「ちょっ、待ってください!!」


スタタタタ…


龍田「……」

天龍「はぁ、はぁ、龍田ー……あと何周……?」

271: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:27:49.44 ID:uXjnDTdT0

龍田(これは後で問い詰めないとね~)

天龍「? どうかしたのか?」

龍田「ううん、何でもないわ~」

龍田「それより~、持久走は切り上げて間宮さんのとこ行きましょう」

天龍「えっ、でもまだ……」

龍田「ちゃんと休むことも大切よ~」

天龍「……ずいぶん機嫌がいいな。やっぱ何かあったんだろ?」

龍田「ふふ、ひみつ~」

天龍「んだよ教えろよー」

273: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 00:03:31.61 ID:Aubsf5nu0


――鎮守府・通路――


金剛「こ、ここまで来れば大丈夫デース」

漣「でも、後で絶対質問責めに遭いますよ」

北上「龍田を騙せるような言い訳、考えとかないとねぇ……」


大井「北上さん!」


漣・金剛・北上「!!」ビクッ

北上「……お、大井っち」

大井「あら? その2人と一緒だなんて、珍しい組み合わせですね?」スタスタ

漣(うわー、一難去ってまた……)

金剛「じ、実はさっき間宮で偶然一緒になって……」

金剛「霧島のメガネについて話してるうちに、意気投合したんデース!」

漣・北上(えぇぇぇっ!? 何その言い訳!?)

北上「そっ、そうなんだよー。ね、漣」

漣「はい! すごく楽しかったです!」

大井「へえ、そうなんですか」ニコニコ

279: 再開します 2016/02/06(土) 20:11:27.29 ID:Aubsf5nu0

「あれ、でも変ですねぇ」ニコニコ


「さっき私、グラウンドで3人の姿を見かけたんですけど」


漣・金剛・北上「っっ!!!!」

大井「説明してくれますか?」

大井「私に黙って、3人でこっそり何をしてたんですか」

大井「ねぇ、北上さん」

漣(こえぇぇぇ!)ガクガク

漣(そういや大井さんって、北上さんのこと病的に……)

漣(……はっ!)

北上「あー、あれはねー、そのー、あははー」ブルブル

漣「……金剛さん、ちょっと」ヒソヒソ

金剛「? な、何デスかこんな時に」ヒソヒソ

280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 20:35:35.49 ID:Aubsf5nu0

漣「今の大井さん、ちゃんと見といてください」

漣「たぶんヤンデレってやつに当てはまると思います」

金剛「What!? こんな緊急時に何を言ってるんデス!? そんな余裕ないネ!」

漣「対応しながらでいいので!」

金剛「……むぅ。オーケー、やってみマス……」


北上「えっとねー、あれは間宮さんのとこへ行った後なんだよ」

金剛「そ、そうデス! 食べた分運動しないと、お腹にミートがつくネ!」

大井「運動?」

大井「3人で仲良く? くんずほぐれつ?」

漣「そこまで言ってませんよ!?」


提督「――ん? あいつら……」

281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:12:28.00 ID:Aubsf5nu0


スタスタ

提督「こら、何を騒いでる」


金剛「て、提督!」

大井「提督こそ、本を大量に持って何をしてるんですか?」

提督「執務室へ運んでいる。これから仕事で使うんだ」

大井「そうですか、なら早く行ってください」

大井「私たちの問題は私たちで解決するので」

提督「……そうか」

提督「まあ喧嘩もほどほどにな」

北上「やだなー、喧嘩してるわけじゃないよー」

大井「いいえ。皆さんの返答によっては、それに発展するかも」

大井「北上さんと過ごしていた時間を分刻みで教えて欲しいです」

漣・金剛・北上「!?」

提督「……」

282: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:29:47.47 ID:Aubsf5nu0

提督「大井、前々から思っていたが」

提督「お前は北上にくっつき過ぎじゃないのか」

大井「……まだ居たんですか」

大井「そんなことないですよ、ね? 北上さん」

北上「え? んーと」

北上「生活には支障ないし、ギリセーフかなぁ」

大井「ほら!」

提督「……」

漣(あと一歩踏み出したらアウトってことだよね)

金剛(あと一歩踏み出したらアウトってことネ)

283: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:49:01.20 ID:Aubsf5nu0

提督「なあ大井」

提督「お前が北上のことを好いているというのは、凄く伝わってくる」

提督「しかしな。その好意がやがて、北上の上に重くのしかかり」

提督「身動きをとれなくしてしまう可能性だってあるんだぞ」

大井「大丈夫です、その時は私が責任を持ってお世話します」

漣(う……重い……)

北上「うーん……それはちょっとなー」

大井「!?」

大井「北上さん……今、なんて……?」

金剛(すぐにでもこの場から離れたいネ)

284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:05:55.74 ID:Aubsf5nu0

北上「いやね? 大井っちのことは好きだけど……」

北上「何から何まで制限されて生きるのは、ちょっとやだなーって」

北上「ひょっとしたら大井っちのこと、嫌いになっちゃうかもなー……なんて」

大井「!!!!」ガーンッ

大井「……」ポロポロ

漣・金剛(涙!?)

北上「わっ、泣かないでよ大井っち!」

北上「なるかもって話だから! ね!」

大井「……ごめんなさい」

北上「へ?」

大井「少し1人にしてください」スタタッ

北上「あ……」

286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:30:04.60 ID:Aubsf5nu0

漣「行っちゃいましたね」

北上「嫌い云々は言い過ぎたかなぁ」

提督「……いや、あれでいい」

提督「お互いの為になる。きっといい方向に転ぶはずだ」スタスタ

金剛(……恋愛は鈍感なクセして、こういう時は……)



――鎮守府、執務室へ向かう通路――


漣「さて、そろそろ行きましょうか」

金剛「3つデレがありますけど、誰がどれを演じマスか?」

北上「……」ボー

漣「……北上さん。大井さんのこと心配ですか?」

北上「え。ああ、ごめんごめん……もう大丈夫だよー」

漣「そうですか……。じゃ、気を取り直してどうします?」

287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:52:35.99 ID:Aubsf5nu0

金剛「鬱デレ、サドデレ、ヤンデレ」

北上「なんかヘビィなのばっか揃ってるねぇ」

金剛「……あの」

漣「?」

金剛「私、サドデレやってみたいデス……」

金剛「一度でいいから提督をいじめてみたいネ」フフフ

北上「へー、金剛さんそういう願望あったんですね」

金剛「ち、違いマス! 一回だけデス!」

漣「待ってください! 私もサドデレやってみたいです!」

北上「人気だねぇサドデレ」

北上「んじゃ手っ取り早く、ジャンケンで決めたらー?」

金剛「北上はいいんデスか?」

北上「はい、あたしは残ったのでいいですよ」

289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 23:47:03.90 ID:Aubsf5nu0


北上「……ということで」

北上「あたしが一番手、鬱デレ」

金剛「その次がサドデレの私デス」

漣「漣は最後……ヤンデレですね。大丈夫かなぁ」

北上「なるようになるでしょ」

北上「じゃあ早速行ってくるねー」スタスタ

金剛「北上は気楽デスね」

漣「まあ暇つぶしですし……」



――執務室――


コンコン

北上「失礼しまーす」

提督「どうぞ」カキカキ

提督「……北上か。どうした?」テキパキ

北上「忙しそうですねぇ」

提督「休憩時間を伸ばしすぎてしまってな」カキカキ

提督「手を動かしながらですまない」テキパキ

290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 00:01:46.09 ID:AqNoUTxG0

北上「気にしないでください」

北上「ただ、ちょっと……話を聞いて欲しいだけですから……」


漣「おお、儚げな雰囲気」

金剛「出だしはなかなかデス」


提督「……さっきの大井のことか?」カキカキ

北上「いえ、それとはまた別の……言うなれば相談です」

北上「あの……私、艦隊の役に立ってますか……?」

提督「? ああ、北上と大井には、これ以上ないくらい助けられているぞ」テキパキ

北上「……そうですか」

北上「そう言ってもらえるのは嬉しいです。でも……」

北上「最近自分の力に限界を感じてて……」

提督「……」カキカキ

291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 00:21:30.97 ID:AqNoUTxG0

北上「不安なんですよ……このままじゃ、作戦でうまく動けないかもしれない」

北上「そのうち深海棲艦にやられて……冷たい海の中へ……」


ピタッ

提督「バカを言うな」

提督「そんなことさせはしない。この私がな」

北上「……提督……」

提督「一体どうした北上? いつものお前らしくないじゃないか」

提督「欠伸をしながら出撃し、平然と任務をこなした後、伸びをして帰ってくる」

提督「それがお前だろう」

北上「……」


漣・金剛「……」ゴクリ

292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 00:38:34.06 ID:AqNoUTxG0

北上「……それは、取り繕ってるだけです」

北上「だって提督、一応あたしも女の子ですよ……?」

提督「……!」

北上「怖いものは怖いですよ」

北上「作戦決行の前日は、いつも震えが止まらないんです」


金剛「て、提督に女を意識させたネ!」

漣「やり手ですね北上さん!」


提督「……そうだな、すまない」

北上「いえ……」

北上「はは、考えてたらまた震えてきちゃった……恥ずかしいなーもう……」ブルブル

提督「……」スッ

300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:16:09.91 ID:AqNoUTxG0


スタスタ

提督「安心しろ」ポンッ

提督「さっきも言っただろう。お前たちは沈まない、沈ませはしない」ナデナデ

提督「それに、お前だけじゃないんだ。周りを見てみろ」ナデナデ

提督「傍には必ず皆がいる。お前が皆を助けるように、皆もお前を助けてくれる」ナデナデ

北上「……」

北上「提督……一つだけ、お願いがあるんです」

提督「何だ? 言ってみろ」


北上「……抱きしめて……くれませんか……?」


漣・金剛「~~っ!!!?」

301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 19:25:48.66 ID:AqNoUTxG0

提督「……何?」

北上「提督が抱きしめてくれたら、震えが止まる気がするんです」

北上「お願いします……」

提督「……」


ギュッ


漣・金剛「」


提督「これでいいか?」

北上「……はい……」

北上「あったかい……」

北上「なんでだろ……すごく落ち着くなぁ」

提督「……」

303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:30:34.83 ID:AqNoUTxG0

北上(……ま、まさかここまで上手くいくとは思わなかった)

北上(どうしよう……この後のことまで考えてなかったなぁ)

北上(というか順当に行くなら、もうアレしか……)

北上(……キスする? ……提督と?)


提督「北上」グイッ

北上「!?」

北上(か、顔が近づいて……)


漣・金剛「――――っ!!!!」

306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 21:18:43.50 ID:AqNoUTxG0

北上(これって提督があたしに……好意を……ってこと?)

北上(い、いいのかな、あたしそもそも暇つぶしで参加したんだし)

北上(まさか本当にこうなるとは思ってなかった面があるというか)

北上(2人にも悪い――いや、そういや恨みっこなしって言ったっけ)

北上(でも、それを抜きにしたら結局あたし自身の問題になってくるよね)

北上(細かいこと考えず、ここまで来といて今更だけど――)

北上(――ほ、ホントにいいの? あたし――)ドキドキ


北上「――っ」ドキドキ

提督「よし、とれた」

北上「……?」ドキドキ

提督「ああ、すまない北上。まつ毛に何かついていたから……」

北上「……」

北上「……なるほど。そういうパターンか……」

提督「?」

北上「いえ、こっちの話です……」

308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 21:33:06.54 ID:AqNoUTxG0

漣「――あ、危なかった」

金剛「息が止まったネ」

漣「ご主人様はご主人様でしたね。良い意味でも悪い意味……ん?」


大井「北上さーーん!! 北上さんはどこですかーー!?」ドドドド


漣「大井さんが凄い勢いでこっちに来る!?」

金剛「危険デス! 隠れるネ!」ササッ


ドドドドド


バァン!!

大井「北上さんはここ!?」


北上「あ」

提督「大井?」

大井「」

309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 21:53:18.13 ID:AqNoUTxG0

大井「……2人とも、抱き合って何を……?」ゴゴゴゴ

提督「いや、これは……」

北上「……!」ピーン

北上「グスッ……お、大井っち……」

北上「提督が、無理やりあたしに抱き着いてきて……」

提督「!!?」

大井「へえ、提督が?」

提督「いや、違う、私はそんな…」

大井「下心とは無縁の方だと思ってましたけど」

大井「とうとう本性を現しましたね」

提督「だから……」

大井「心を入れ替え、北上さんに謝るためにここまで来たんですけど」

大井「正解ですね。艦娘の、別の意味で敵になり得る証拠を掴んだんですから」ニコッ

提督「お、落ち着け大井!」


北上(今のうちに脱出ーっと)コソコソ

北上(ごめんね提督。でも、提督も悪いよー)

310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 22:17:00.25 ID:AqNoUTxG0


――鎮守府中庭・ベンチ――


金剛「私、北上に提督をとられたと思いまシタ」

漣「誰が見てもそう思いますよ、あれは」

金剛「あそこまで鈍感レベルが異常だとは……もう呆れてしまいマス……」ハァ…

北上「……」

金剛「北上? どうしたんデスか?」

北上「んー……いやね?」

北上「提督が何であそこまで鈍感なのか、あたしなりに考えてみたんですけどー」

漣「鈍感の理由ですか?」

北上「うん。考えられるのは3つ」

北上「1つ目は、もうすでに心に決めた人がいる」

漣「……なるほど」

金剛「ありえる話しネ……」

金剛「でも、それなら他の艦娘に優しくしないで欲しいデス!」

北上「まあまあ、あくまで予想ですから」

311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 22:30:21.24 ID:AqNoUTxG0

北上「で、2つ目。そもそも恋愛に興味がない」

金剛「興味がない!?」

北上「原因まで予想してたらキリがないですけど、そういう人は結構いますよ」

北上「で、3つ目。提督は男が好き」

漣「……つ、つまり、ホモ?」

金剛「そんな……」

金剛「私たち艦娘では、守備範囲に入らないということデスか」

北上「そうなりますねー」

金剛「……もう諦めるしかないんデス?」

漣「いや、まだそうと決まったわけじゃ……」

313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:11:09.01 ID:AqNoUTxG0

北上「ともかく、もう少し様子を見てみましょう」

北上「金剛さんと漣がアタックしてる間、提督の動向を注意深く観察してますから」

金剛「……なんか北上の話を聞いたら、やっても無駄のような気がしてきまシタ」

漣「き、気持ちは分かりますけど……」

漣「今度こそ上手くいくかもしれないじゃないですか!」

漣「クーデレが失敗に終わった時、金剛さん言いましたよね?」

漣「『提督をメロメロにしてやる』って」

金剛「……」

金剛「……そう、デスね」

金剛「その通りデス。たとえ提督にどんな事情があろうと」

金剛「私は完全燃焼するまで挑みマス」

金剛「頑張ってみマス! 提督を悩殺するつもりで!」

金剛「行ってきマース!!」スタタタッ

北上「……金剛さん、強いね」

漣「色んな意味で強いですね……」アハハ

314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/07(日) 23:39:15.99 ID:AqNoUTxG0


――執務室――

 
提督「よ、ようやく大井を落ち着かせることができた」

提督「しかしなぜ北上はあんなことを…」


コンコン

金剛「失礼しマス」

提督「! どうぞ」

提督「金剛……どうした?」

金剛「……」スタスタ

グイッ

提督「!?」

提督「こ、金剛、胸ぐらを掴んで何を…」

金剛「提督に一つ聞きたいことがありマス」

金剛「ちなみに、黙秘をするとキツイお仕置きが待ってマスから」ニコッ

提督「は?」

315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:24:18.82 ID:UqhCeVnQ0

金剛「大丈夫、答えればいいだけの話ネ」

提督「……」


漣「金剛さん、何を言うつもりなんでしょう」

北上「変なこと聞かなきゃいいけどねぇ」


金剛「ぞれじゃ聞きマス」

金剛「提督は、ホモデスか?」

提督「……」

提督「……?」

金剛「早く答えるネ」

提督「待て。よく聞こえなかったからもう一度言ってくれ」

金剛「What? ……仕方ない、もう一度言いマス」

金剛「提督は、ホモデスか?」

316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:37:12.98 ID:UqhCeVnQ0

提督「あー……聞き返すようで悪いが」

提督「今お前は私に、『ホモなのか』と聞いたのか?」

金剛「何回言わすんデス」グイッ

提督「!?」

提督「分かった! 言うから揺らすな……!」

提督「わ、私はホモではない」


漣「……何のやり取りですかこれ」

北上「あたしが言ったこと気にしてたんだねぇ」

漣「というか思ったんですけど」

北上「?」

漣「サドデレって、相手がM気質じゃないとダメなんじゃないですか?」

北上「ああ、一理あるねぇ」

北上「でも提督、Mかもしんないよー?」

北上「それにMじゃなくても目覚める可能性だってあるし」

漣(……罵倒暴行に喜ぶ提督、あんま見たくないなぁ)

324: 再開します 2016/02/08(月) 21:18:28.49 ID:UqhCeVnQ0

金剛「それは本当デスか?」

提督「本当だ」

金剛「……そうデスか」ホッ

提督「?」

金剛「あっ……そ、それはそうと提督」

金剛「提督は足をグリグリされるの好きデスか?」

提督「???」

提督「金剛、またお前は変な事を…」

金剛「いいから返事をするネ!」グイッ

提督「……。そんなことをされて気分のいい者はいないだろう」


北上「むむ、残念。提督はMじゃないっぽいよ」

漣「期待してたんですか……」

北上「だってあの提督がMだったら、ちょっと面白いじゃん」クスクス

北上「にしても金剛さん、サドデレ合ってないんじゃないの?」

漣「……かもしれませんね」

漣「興味があるからって言ってたけど、金剛さんは基本デレデレですから」

漣「暴言暴力を浴びせ続けることができるかどうか……」

325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 21:34:22.09 ID:UqhCeVnQ0

金剛「そうデスか」

金剛「じゃあ、こんなのはどうデス?」ギュッ

提督「痛っ……!」

提督「な、なぜ手を抓った!?」

金剛「なんとなくデス」

金剛「ふふ……今の痛がる顔、ちょっと可愛かったネ」

提督「……???」

金剛(ちょ、ちょっとやり過ぎましたカ?)

金剛(サドデレって、こんな感じでいいんデス……? よく分からないネ)

326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 21:51:21.70 ID:UqhCeVnQ0

金剛「それで、抓られるのは好きデスか?」

提督「足を踏まれるのと同じだ。好きじゃない」

金剛「それじゃあ、どこを痛めつけられるのが好きデス?」

提督「……」

金剛「提督、早く答えてくだサイ」

金剛「さもないと……」

提督「なあ金剛」

金剛「?」

提督「私はお前に、何か怒らせるようなことをしてしまったのか?」

金剛「! ……」

329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 22:33:36.65 ID:UqhCeVnQ0

提督「これだけ色々なことをしてくるのには、何か理由があるはずだ」

提督「しかし、どうしても思い当たるふしが無くて……」

金剛「……」

提督「ふしが無いということは、無自覚で仕出かしたのかもしれん」

提督「原因が分からず頭を下げるわけにもいかない」

提督「金剛、教えてくれ」

金剛「……提督は、何もしてないネ」

提督「? そうなのか」

提督「じゃあ尚更、どうしてこんなことを」

金剛(……それが……)

金剛(それが素直に言えたら、私もこんなことしないデス……)

提督「金剛?」

金剛「……あ、あははー! そう言えば私、またまた用事を思い出したネ!」

金剛「提督、今のことは忘れてくだサーイ!」スタタッ

提督「おい、金剛!」

330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 22:54:59.25 ID:UqhCeVnQ0


――鎮守府中庭・ベンチ――


金剛「」ズーン

漣(……体育座り……)

北上「まあ……あんなこと言われたら、そうなるよねぇ」

漣「なりますよ。ずるいですよ、あんなこと言われたら……」

北上「……でもさあ」

北上「はっきりズバッと言っちゃうのが、手っ取り早いのは確かなんだよねぇ」

漣「何を言うんですか?」

北上「提督に『異性として好きです』って」

漣「……北上さん」

北上「分かってるよー、それができないか色々試してるんでしょ?」

金剛「……ちなみに」ボソッ

北上「はい?」

331: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:09:25.79 ID:UqhCeVnQ0

金剛「それ、何度も言ってマス」

北上「え……マジですか?」

金剛「『提督、愛してマース!!』」

金剛「とか」

金剛「『提督、大好きデース!!』」

金剛「とか」

北上「あー」

北上「でもそれ、毎日口癖のように叫んでますよね?」

金剛「……Yes」

北上「だから真に受けてもらえなかったんだと思いますよ」

北上「2人きりになれる場所に誘って、真剣な雰囲気を作って」

北上「『提督のことが異性として好きです、私とお付き合いしてください』」

北上「って感じで告白しないと、提督には通じないと思います」

金剛「……なるほど」

332: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:36:10.50 ID:UqhCeVnQ0

漣「あの……とりあえず、私もダメ元でやって来ていいですか?」スッ

北上「おおう、ダメ元って言っちゃったよ」

漣「ははは……、でも本気でやることには変わりないですよ」

漣「こうなりゃヤケっていうか、当たって砕けた後に再生するくらいの気持ちで!」

北上「あんたもなかなか強いねー」

漣「ふふん、だてに秘書艦を長くやってないですよ!」エッヘン

漣「では出撃します!」スタタッ

北上「んじゃ、あたしも見守ってようかな」スッ

北上「金剛さん、どうします? ここにいますか?」

金剛「……いや」

金剛「もちろん私も行きマス」スッ

金剛「漣の勇士を見届けるネ!」スタタッ

北上(ま、まるで何かを倒しに行くような)

北上(あながち間違いでもないか……?)スタスタ

333: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:51:20.88 ID:UqhCeVnQ0


――執務室――


コンコン

漣「失礼します」

提督「……」ボー

漣「……あの、ご主人様?」

提督「! すまない、漣か……入ってくれ」

提督「どうかしたのか?」

漣(……もしかして、金剛さんのこと考えてた?)

漣「はい、少しお話がありまして」

提督「またか。今日は話をしに来る回数が多いな」


金剛「漣はヤンデレを、どうやって展開するつもりネ」

北上「重い感じを出せるかどうかがポイントですね」

337: 再開します 2016/02/09(火) 21:14:31.98 ID:5GFezNWG0

漣「ご主人様は、漣のことどう思ってますか?」

提督「どう思っているか?」

提督「そうだな、いつもふざけてばかりいるが……」

提督「いざという時は頼りになる奴だな」

漣(……嬉しい)

提督「ただ、あまりにもふざけ過ぎて窓ガラスを割ったりと」

提督「子供っぽく、かつ経費がかさむような問題を起こすことがある」

提督「反省してくれ」

漣「……はい」

提督「そうだ。問題といえば……」

漣(あ、マズイ。説教モードに入りそう)

338: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 21:43:39.62 ID:5GFezNWG0

漣「な、なるほど! よく分かりました!」

漣「ご主人様に褒めてもらって、漣はすごく嬉しいです!」

提督「……。まあいい」ハァ…

提督「それで?」

漣「はい。漣もご主人様のこと、頼りになる方だと思ってます」

漣「でも、初めは右も左も分からなくて、焦ることが多い新米でしたよね」クスクス

提督「……そうだな。あの頃はとにかく必死だったな」

漣「漣と一緒に二人三脚で歩き出してから、まずはいろんな知識を頭に詰め込んで」

漣「初めて作戦が成功して、新しい艦娘が増えて」

漣「設備が整っていって、どんどん鎮守府が賑わって」

漣「いつの間にか、漣がいなくても何から何までこなせる提督になってて」

提督「……」

339: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 22:09:21.12 ID:5GFezNWG0

漣「嬉しい半面、ちょっぴり寂しかったりするんですよ」

漣「他の艦娘に指示を出すご主人様を見て、漣は必要のない艦娘なのかなって、ふいに思ったり」

提督「そんなことは…」

漣「……本当に、そう言い切れますか?」

漣「さっき『漣は頼りになる』って、確かに言ってくれました」

漣「嬉しかったですよ、それは事実です。でも、やっぱり少し引っかかって……」

漣「頼りになるのに、何で最近、漣を秘書艦にしてくれないんですか?」


北上「お、来たね」

金剛「来たデス?」

北上「ここからどんどん加速すると思いますよ」

340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 22:24:09.89 ID:5GFezNWG0

提督「秘書艦?」

漣「ずっと長門さんばかりですよね?」

漣「どうしてですか? 少し前まではずっと傍に置いてくれてたのに」

漣「長門さんの方が仕事ができるから? 気が休まるから?」

漣「答えてください」

提督「おい、何をそんなに熱くなっている。ひとまず落ち着け」

漣「落ち着いてなんかいられないです!!」バンッ

提督「!」

漣「やっぱり……」

漣「やっぱりそうなんですね……漣が使えないから……!」

提督「違う。お前はよくやってくれている」

漣「嘘です! それなら漣を秘書艦にしてくれるはずです!」

341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 22:46:09.66 ID:5GFezNWG0

漣「漣なら、漣なら絶対長門さんより上手くやれるのに」

漣「長門さんなんかよりも、ご主人様とずっと息が合うのに!」

提督「いいか、よく聞け漣」

漣「聞きたくない! どうせ長門さんを褒める言葉に決まってます!」

漣「ご主人様の口から他の艦娘の事なんて…」


提督「秘書艦を辞めたいと言いだしたのは、お前だろう」


漣「えっ」


金剛・北上「えっ」


提督「はぁ……まさかもう忘れたのか?」

漣「……」

347: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 23:08:28.36 ID:5GFezNWG0

提督「確か理由は『キツいから』だったな」

漣「……」

提督「『せめて今の仕事を終わらせてからだ』と正しても言うことを聞かず」

提督「こっそり逃げ出したお前を探そうとしたら」

金剛・北上「……」

提督「偶然長門が現れた。で、事情を聞かれたので、その話をしたんだ」

提督「そしたら『私がやろう』と言いだして、そのまま定着して今に至るわけだが」

漣「……」ダラダラ

提督「どうした漣、汗が凄いぞ」

漣「……う……」

漣「うわぁぁぁぁぁぁっ!!」


金剛「とりあえず叫んで誤魔化したネ!?」

北上「あーあ、失敗だねこりゃ……」


漣「もういいです!! 失礼しました!!」スタタッ

提督「こら漣! 逃げるな!」

提督「やれやれ……仕方のない奴だ」

349: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 23:29:19.06 ID:5GFezNWG0


提督「……しかし」

提督「明らかに様子がおかしい……な」

提督「疲れが溜まっている?」

提督「いや、そんな過剰に出撃はさせていないし……分からん」ハァ…

提督「……艦娘のことなら、艦娘に……」スッ

提督「たまには仕事を後回しにしてもいいだろう」スタスタ


――居酒屋『鳳翔』――


ガラガラ

提督「開店前にすまない。鳳翔はいるか?」

鳳翔「あら提督」

鳳翔「どうしました? こんな時間に、珍しいですね」

提督「ちょっと用があってな」

350: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/09(火) 23:57:40.69 ID:5GFezNWG0

鳳翔「用? 私にですか?」

提督「ああ、相談をしたい……んだが、忙しそうだな」

鳳翔「仕込みの時間ですから」

鳳翔「でも、お話だけなら聞けますよ。片手間になってしまいますけど」

鳳翔「それでもいいなら、どうぞ腰かけてください」

提督「……ありがとう。感謝する」スッ


ガラガラ

間宮「鳳翔さん! 例の食材を受け取りに……提督?」キョトン

提督「お疲れ間宮」

間宮「はい、お疲れ様です」

鳳翔「用意してますよ。奥にあるので持って行ってください」

間宮「はい……ありがとうございます」スタスタ

356: 再開します 2016/02/10(水) 21:14:50.91 ID:wGrMr0R00

鳳翔「何かお飲みに?」

提督「夜にとっておこう」

提督「……鳳翔は、艦娘たちのためによく働いてくれているな」

提督「朝と昼は食堂で。夜はここで美味しい料理を作って」

鳳翔「いえ、そんな」

提督「見事なものだよ。艦娘たちの評判も凄くいい」

提督「聞いたところ、食事の時以外でも皆が遊びに来るようだな」

鳳翔「そうですね。他愛のない話だったり、相談だったり」

提督「恐らくどの艦娘とも仲がいいんじゃないのか?」

鳳翔「? ええ、私は仲良くさせて頂いてるつもりですけど……」

357: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 21:29:10.89 ID:wGrMr0R00

提督「そこでなんだが」

提督「金剛、漣、北上」

提督「この三人について、何か思うことはないか?」

鳳翔「思うこと……ですか」

提督「どうも様子がおかしいんだ」

提督「いつもの三人ではないというか、上手くは言えないが……」


間宮(……金剛、漣、北上……)ピクッ

間宮(まさか……?)


鳳翔「様子がおかしい……。具体的に、どのように?」

提督「うむ、まず金剛は――」

358: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 22:00:16.98 ID:wGrMr0R00


――数分後――


提督「――という感じだ」

鳳翔「……はあ……」

提督「どうだ、何か分かることはないか?」

鳳翔「そうですね……」

鳳翔「私と話をしていた時は、特別おかしなところはなかったんですけど」

提督「……分からないか?」

鳳翔「すみません」

提督「……そうか」ハァ…


間宮(やっぱりそうだわ。あの二人が大声で話してたこと)

間宮(提督を振り向かせる作戦……だっけ。事情はなんとなく分かったんだけど)

間宮(間違った伝わり方をしちゃったのね……だから鳳翔さんにも……)

間宮(他人が口を挟むようなことじゃないけど、このままじゃ可哀想よね)

359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 22:13:23.58 ID:wGrMr0R00

間宮「あのー……鳳翔さん」

鳳翔「はい、どうしました?」

間宮「ちょっとこっちへ」チョイチョイ

鳳翔「はい?」

スタスタ

鳳翔「えっと、食材ならそこに…」

間宮「いえ、提督のことです」

間宮「実は私、甘味処で聞いてしまったんですけど」

鳳翔「……?」


間宮「――ということらしいです」

鳳翔「ああ……。ふふ、なるほど。そういうことですか」

間宮「提督、勘違いされてますよね?」

鳳翔「もしその話が本当なら……」

鳳翔「勘違いというよりも、恐るべき鈍感さんですね」

360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 22:24:52.00 ID:wGrMr0R00

提督「弱ったな……」

提督「思い切って事情を聞いてみるか?」

提督「しかしそうすると、また逃げられてしまう可能性も……」


鳳翔「提督」

提督「鳳翔、ああすまない。邪魔になるならもう出て行こう」スッ

鳳翔「まだ終わってませんよ?」

提督「え」

鳳翔「実は私からもお話があるんです」

鳳翔「どうぞ、お座りください」ニコリ

提督「……そうか」スッ

提督「で、話というのは?」

361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 23:04:46.46 ID:wGrMr0R00

鳳翔「……提督」

鳳翔「提督は、恋愛に興味はおありですか?」

提督「恋愛……?」

鳳翔「ご存じで?」

提督「失礼な。もちろん知っている」

鳳翔「ふふ、ごめんなさい」クスクス

提督「……。いや、馬鹿にされても文句は言えんかもしれん」

提督「その言葉を久しく忘れていたよ」

鳳翔「……」

提督「私の頭の中は常に、作戦や運用など、鎮守府のことで埋まりきっている」

提督「ここに来た時からずっとそうだった。私はやらなければという使命感に駆られて」

提督「私情など、全てを捨てる覚悟で職務を全うしてきた」

提督「おかげで早くに成果をあげることができ、その調子で次々に海域を攻略し……」

提督「それに楽しさを覚え、仕事にのめり込んで……」

362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 23:27:40.95 ID:wGrMr0R00

提督「ずっと、その繰り返しだ」

鳳翔「……」

提督「私には、皆を轟沈させないように作戦を成功へ導く責任があると思っている」

提督「提督としての責任だ……自分のことなど後回しでいいんだ」

提督「だから、『興味はない』」

提督「それが質問の答えになるな」

鳳翔「……そうですか」

鳳翔「では提督、今こうして私と話をしているのも、仕事の内ですか?」

提督「! そ、それは違う!」

鳳翔「……艦娘たちのことが心配だから」

鳳翔「だから仕事を投げ出してまで、私に相談しに来たんですよね」

提督「……」

366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 20:44:57.89 ID:qvsE4bGI0

鳳翔「まさか、艦隊の指揮に関わるからだとか、そういう理由ですか?」

提督「……それもあるかもしれん」

提督「が、心配だったのも確かだ」

鳳翔「つまり、提督は捨てたはずの私情を働かせていると」

鳳翔「そういうことになりますよね」

提督「……なるな」

鳳翔「よかった。それなら話は簡単です」

提督「?」

鳳翔「これはもしもの話ですけど」

鳳翔「もしこの鎮守府に、提督のことが好きな艦娘がいたとしたら」

鳳翔「どうします?」

提督「……何?」

367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 21:12:37.62 ID:qvsE4bGI0

提督「それは人として、という意味か?」

鳳翔「「いいえ。異性として」

提督「……、考えたこともなかった」

提督「信頼関係はあれど、そういう目で皆を見たことはないからな……」

鳳翔「どうしますか?」

提督「……」

提督「……分からん……」

鳳翔「え」

提督「恥ずかしい話だが……実は私は」

提督「生まれてこの方、恋愛感情を抱いたことがないんだよ」

鳳翔「……」

368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 21:51:27.54 ID:qvsE4bGI0

鳳翔「失礼ですが、提督はおいくつでしたか?」

提督「今年で28だ」

鳳翔「初恋もされたことが……」

提督「ない」

鳳翔(……なるほど)

鳳翔(これは難敵、皆さんが苦戦するわけですね)


提督「おかしいだろう? 自分でもそう思う」

鳳翔「! い、いえ……」

提督「気を使わなくていい」

提督「興味がないわけではないんだがな……」

371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:30:09.87 ID:qvsE4bGI0

提督「さっきも言ったが、職務を全うすることばかりに努めていたせいだろうか」

提督「そういう方面に鈍感になってしまったようだ」

鳳翔「……提督」

鳳翔「これを機に、私情を表に出し始めてもいいのでは?」

鳳翔「作戦も順調に進んでいますし、ご自身の恋愛に力を入れられてはいかがです」

提督「……恋愛か」

提督「しかしそうは言っても……」

鳳翔「この際ですし、もう喋ってしまいますけど」

鳳翔「提督に想いを寄せている艦娘はいます」

提督「!」

提督「……冗談か?」

鳳翔「本当のことです」

提督「……」

372: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:50:08.33 ID:qvsE4bGI0

提督「そうか……鳳翔が言うなら、本当なんだろうな」

提督「……ちなみに、誰だ?」

鳳翔「そこまではお教えできません」

鳳翔「ですが、今までを振り返れば、自ずとお分かりになるかと」

鳳翔「様子が明らかに変だった娘がいるはずですよ」ニコリ

提督「……!」

鳳翔(ふぅ、ここまで大ヒントを差し上げれば……)

鳳翔(さすがの提督もお気づきになるはず)

提督「まさか……いや……」

鳳翔「提督、そろそろお仕事に戻られては?」

提督「! あ、ああ……そうだな」スッ

提督「長居をし過ぎたな。また夜に来よう」スタスタ

鳳翔「はい、お待ちしてます」

鳳翔(ふふ、これでもう大丈夫ね)

ピタッ

提督「……鳳翔」

375: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:15:20.92 ID:qvsE4bGI0

鳳翔「はい?」

提督「まさかとは思うが、私に好意を持ってくれている艦娘というのは」

提督「お前……ではないよな」

鳳翔「えっ」

鳳翔「あっ、いえ……ええっと……」カァァ…

鳳翔「私はその、提督のことはお好きですけど……それは殿方としてではなくて……っ」モジモジ

提督「いや、すまない。違うならいいんだ」

提督「ただ確認をしておきたかった。それじゃ」

ガラガラ

鳳翔「……」ドキドキ

鳳翔「……わ、私にも……可能性はあったのかしら……」ドキドキ


間宮(……ちょっと出づらい)

377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:34:53.40 ID:qvsE4bGI0


――時は少し戻って、鎮守府中庭・ベンチ――


金剛「漣ぃ……秘書艦を投げ出すなんて、どういうことデース」ゴゴゴゴ

漣「ご、ごめんなさい! 反省してます!」

金剛「私なんてまだ三回しかやったことないのに!!」

金剛「もっとやりたくてもやれない艦娘はいるのにぃぃぃ!!」ガシッ

漣「ぐふぅ!? く、首はやめてぇ!」ブンブンブン

北上「まあまあ落ち着いてー」

北上「とにかくこれで、提督に小手先は通用しないのがわかったよねぇ」

北上「もういっそさー、ドストレートに告っちゃわない?」

北上「さっき言ったけど、誰もいない場所に呼び出してさー」

ピタッ

金剛「……あと一回」

北上「?」

漣「し……死ぬかと思った……」ゲホゲホ

379: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:02:38.11 ID:CIM+DgZp0

金剛「あと一回デレに挑戦しマス」

北上「でも……」

金剛「これがラストチャンスネ」

金剛「次がダメだったら……その時は真正面からアタックデス」

北上(はぁ……無駄だと思うけどなー……)

北上(ま、面白いからいいけど)

金剛「漣、まだ演じてないデレは残ってマスか?」

漣「え? はい、一応……当てはまる艦娘がいるかは微妙ですけど」

金剛「オーケー! 早速向かうネ!」スタタタッ

北上「……燃え尽きないよねぇホント」

漣「ですね」

北上「あんたはどうなのさ? 散々アピールに失敗してるわけだけど」

漣「そりゃ……振り向いてもらえないのは辛いですけど」

漣「でも、何だかんだ好きって気持ちは変わりませんよ」

北上「……そ」


スタスタスタ

387: 再開します 2016/02/12(金) 21:51:04.41 ID:CIM+DgZp0


――鎮守府入渠ドック・脱衣所――


利根「はー……まさか大破してしまうとはの……」


金剛「……利根デス?」

漣「はい、利根さんです」

漣「バカデレの参考になるかと思って」

金剛「バカデレ?」

北上「いつもはバカ、たまにデレ。そんな感じですねー」

金剛「す、すごく雑な説明デスね」

金剛「でもちょっと引っかかりマス……艦隊の中でバカと言ったら」

金剛「川内が一番に思い浮かぶんデスが」

漣「うーん……間違ってはいないですけどね」

北上「バカにも種類があるんですよ」

金剛「種類?」

389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:27:37.79 ID:CIM+DgZp0

北上「川内は、中毒かってくらい頭の中が夜戦一色ですよね」

北上「周りが見えなくなるほど、バカみたいに1つのことに夢中になって突っ走る」

北上「だから、ただのバカじゃなくて○○バカって言われる」

金剛「酷い言われようデスね……」

漣「対して利根さんは、シンプルなバカ。本人はどうか分かりませんけど」

漣「端から見ると何も考えてないような言動をするタイプですね」

金剛「こっちも酷いデス」

漣「せ、説明ですから……」

北上「……にしても」

390: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 22:42:30.48 ID:CIM+DgZp0

利根「すっかりボロボロじゃの……ん?」

利根「し、しまった……スースーすると思ったら、パンツを……!」カァァ

利根「皆にバレておらんじゃろか? 我輩のバカ!」ポカッ


北上「バカというより、抜けてるって言った方がいいかもねぇ」

金剛「ノーパンは頻繁に見かけマスけど、故意じゃなかったんデスね」

漣「あはは……」


川内「あーあ、早く夜にならないかなー!」スタスタ


金剛「せ、川内!?」

北上「噂をすれば何とやら」

漣「隠れ場所を移しましょう!」ササッ

391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:03:38.38 ID:CIM+DgZp0

川内「あれ? 利根さんも入渠?」

利根「川内……うむ、この通りハデにやられてしまってのう」

川内「私もなんですよ、つい油断しちゃって……」

利根「しばらくは一緒みたいじゃの」

川内「ですねー」ヌギヌギ


漣「まさか川内さんも来るとは」

金剛「でもいい機会デス、観察しまショウ」

北上(バカとバカ……どうなるんだろ)


川内「そういえば、利根さんって……」

利根「なんじゃ?」

川内「よくパンツ穿いてないですよね? 何でですか?」

利根「!!」ドキッ

393: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:24:25.55 ID:CIM+DgZp0

利根「ななっ、何を……!」

川内「ほら、この前の出撃だって穿いてなかったし」

利根(バレておったのか!?)

利根「……ほら、あれじゃその……気分転換」ボソッ

利根「そうじゃ、気分転換じゃ! 気分を変えるのは重要じゃぞ!」

利根「身が引き締まる気がするし、心なしか俊敏に動ける気もする!」

川内「へぇ、そうなんだ?」

利根「うむ! パンツを穿いてる時と比べて、戦果も上げられる気がするしな!」

川内「……でも、今日は大破したんですよね?」

川内「パンツ穿いてないのに」ジー

利根「!?」

394: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 23:38:34.58 ID:CIM+DgZp0

利根「ま、まじまじと見るでない!」バッ

利根「今日はパンツを穿いてなくても気分がダメな日だったんじゃ!」


北上「ど、どんな日だよ……」プルプル

金剛「す、凄まじい会話デス」プルプル

漣「二人とも、笑ったら失礼……」プルプル


川内「ふーん……でも、そんなに調子が良くなるなら」

川内「私もパンツ穿かずに出撃してみよっかなー」

利根「!」

利根「そ、それは……やめた方がいいぞ?」

川内「? どうしてですか?」

395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 00:06:59.71 ID:/udNKnWV0

利根「どうしてって……えと……」

利根(なにかテキトーな言い訳を考えねば!)

川内「……あー、でも、そうですね」

川内「やっぱりやめておきます!」

利根「へ?」


川内「だってなんか変態っぽいですし!」

利根「」ガーンッ


川内「じゃ、お先に入渠しますねー」

利根「……ま……待つのじゃ!!」

川内「!?」ビクッ

396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/13(土) 00:27:33.23 ID:/udNKnWV0

川内「ど、どうしました?」

利根「わ、わ、わ……」プルプル

利根「我輩は変態じゃないからなっ!!」ビシッ

川内「えっ!?」

川内(な、なんで涙目?)

利根「いいか! 我輩はノーパンを好んでいるわけではない!」

利根「ノーパンだと動きやすいから、仕方なくノーパンなのじゃ!」

利根「決して性的に興奮などしとらん!!」

川内「……はあ……」


金剛「まだ設定を守ってるネ」

北上「もうパンツ談義はいいよー……提督来ないかなぁ」

漣「さ、さすがにドックには来ないんじゃないですか?」

407: 再開します 2016/02/14(日) 21:18:46.73 ID:wGM4wKU70

川内「でも私、思うんですけど……そんなノーパンの気分効果に頼るより」

川内「演習やトレーニングをやりまくって実力アップを狙った方が、確実なんじゃないですか?」

利根「いや、気分効果も大切じゃぞ! それに鍛錬も怠っておらんわ!」

利根「見よ、この肉体美を!」バッ

川内「……ほう……しなやかでいい体つきですね」

川内「でも!」バッ

川内「私だって負けてませんよ!!」

利根「むっ……確かに、無駄のない見事な……」


金剛「素っ裸で何やってるネ」

北上「バカだねー」

漣「バカですね……ん?」

408: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:37:37.74 ID:wGM4wKU70


スタスタ

提督「様子がおかしな艦娘、か」

提督「金剛、漣、北上……あの三人が私のことを……」

提督「言われてみれば、寄り添ってくるような言動をしていたな」

提督「……いかん、考えすぎて頭が熱くなってきた。脱衣所の洗面台で顔を洗うか」

提督「確か損傷を負った者は……いなかったはずだが……」

スタスタ

北上「どうしかした漣?」

漣「……いえ」

漣(足音がこっちに……まさか?)

409: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:52:38.08 ID:wGM4wKU70

利根「じゃが……我輩の方が、すれんだーで動きやすい体をしとるな!」フフン

川内「」ムッ

川内「私の方がいい体ですよ! 夜戦で結果を残すため努力してますから!」

利根「我輩だって努力はしておる! たぶんお主の倍は!」

川内「見てもないのに断言するんですか!?」

利根「それくらい鍛錬を積んどるんじゃ! 自信を持って断言するぞ!」

川内「じゃあ私だって…」

ガラガラ

提督「ん?」

利根「む?」

川内「え?」


漣・金剛・北上(あ)

410: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 21:59:40.84 ID:wGM4wKU70

提督「……すまん」ガラガラ

ピシャッ

提督(……私としたことが……)

提督(艦娘たちの状況を把握し切れていなかった。提督失格だ)

提督(そして見てしまった。あとでもう一度…)

ガラガラ!

川内「提督、ちょうどいいところに!」

利根「ちょっとこっちへ!」

グイッ

提督「なっ!?」

415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:28:54.25 ID:wGM4wKU70

利根「我輩たちをしっかり見てくれ!」

川内「どっちがいい体してると思う!?」

提督「……」

提督(何を言ってるんだこいつら)

川内「ちゃんと見てよ提督! 目を逸らさないで!」

提督「いや、お前ら……」

利根「絶対に我輩じゃな!」

川内「いいや私です!」

提督「……いいのかお前ら」

利根・川内「何がっ!?」


提督「私は男だぞ」

利根・川内「……」

提督「男に裸を見られて、恥ずかしいという感情は沸かないのか?」

利根・川内「……!」カァァ

416: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 22:56:26.46 ID:wGM4wKU70

利根「た、タオル! タオルはどこじゃ!?」スタタッ

川内「」ササッ

提督「……見なかったことにしよう」ハァ…

スタスタ

川内「ま、待って」

提督「?」ピタッ

川内「私ね?」

川内「……提督になら……見られてもいいかも」

提督「……」

川内「はだか」ボソッ

提督「……風邪を引くぞ。入渠してゆっくり休め」スタスタ


金剛「私だって、提督が望むならいくらでも……!」

漣「……?」

北上「あれ? 今、提督……」

417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:07:59.35 ID:wGM4wKU70

漣「あ……北上さんも気づきましたか」

金剛「どうしまシタ?」

北上「んー、気のせいかもですけど」

北上「顔がちょっと赤くなってたような……」

金剛「What!? て、提督の顔がデスか!?」

漣「はっきりそうとは言えないです」

漣「でも、本当に赤面してたのなら……」

北上「バカデレが通じたか、それとも単純に女の子の裸を見たせいか」

金剛「……つ、つまり」

金剛「裸になってバカデレを演じればいいデス?」

漣・北上(……この人も大概バカかも……)

418: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 00:10:22.69 ID:aXgSPJ0y0


――鎮守府・執務室へ向かう通路――


スタスタ

提督「顔を洗いそびれてしまった」

提督「まあいい……仕事に戻ろう」

提督「……しかし、あれはどういう意味だ」

提督「私になら裸を見られてもいい……?」

提督「信頼関係があるからか? それとも、まさか……」

???「提督」

提督「? 日向か、どうした」

日向「ここらで瑞雲を見なかったか?」

提督「瑞雲?」

日向「整備をしていたら飛んで行ってしまってな」

提督(……なぜ屋内で整備を……)

提督「いや、見てないな」

日向「そうか、ありがとう」

426: 再開します 2016/02/15(月) 21:30:06.11 ID:aXgSPJ0y0

日向「……どうかしたのか」

提督「? 何がだ」

日向「いかにも悩みを抱えているといった表情だ」

日向「顔に出るほどの問題でも起きたのか?」

提督「……私は今、そんな顔をしているのか」

日向「やはり何かあるんだな」

日向「私でよかったら相談に乗るぞ」

提督「瑞雲はどうした?」

日向「妖精さんが乗っているはずだ」

日向「探さなくても、そのうち帰ってくるさ」

提督「整備の途中じゃないのか」

日向「あとは飛んで行った瑞雲だけだから大丈夫だ」

提督「……そうか」

427: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:56:10.57 ID:aXgSPJ0y0

提督「いや、しかしこれは私個人の問題」

提督「これ以上関係のない者を巻き込むわけには……」

日向「そんな悲しいことを言うな」

日向「私たち艦娘と提督の間には、切っても切れない絆があるだろう」

日向「悩みの種が何にしろ、困ったときはお互い様だ」

提督「……」

日向「さあ、話してくれ」

提督「……うむ」



漣「――さて、準備はいいですか?」

北上「基本はバカっぽく振る舞って、ちょっぴりデレ、ですよ」

金剛「うーん……」

北上「あれ……なんか気が進まない感じですね」

金剛「Yes、その通りネ」

428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:21:27.08 ID:aXgSPJ0y0

金剛「バカデレは何となく、私に合ってしまう気がしマス」

金剛「自分で言うのも何デスけど、普段の私とテンションが近いネ」

漣「テンション?」

金剛「バカデレは何となく明るいイメージがあって」

金剛「私もいつもは明るいイメージデス」

金剛「だから、そんなにギャップを狙ってはいないと思いマス」

漣「……なるほど」

漣「言われてみれば、どちらかというと北上さんがやった方がいいかもですね」

北上「あたし? あたしはもういいかなー、見てる方が楽しいし」

漣「私もバカデレと似通った部分があるので……。というか、それじゃつまり金剛さんは」

漣「バカデレ以外の別のやつをやりたいってことですか?」

金剛「今更デスが……そういうことネ」

北上「でもさー、そろそろ日が暮れるし、鎮守府の中に艦娘が集まってくるよね」

北上「提督も執務室に籠るだろうし、早くしないとこっそり観察とかできなくなってくるよー」

429: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:04:11.34 ID:aXgSPJ0y0

漣「それまでに違うデレと、参考になる艦娘を探さないと……」

金剛「……?」

金剛「あそこにいるのは……提督と、日向デス?」

北上「ホントだ、二人で何か話をしてるっぽいね」

漣「……日向さん……ハッ!」ピーン

漣「二人とも、隠れてください!」ササッ

金剛「き、急にどうしまシタ?」

北上「なになに?」

漣「私の考え方が合っていれば……日向さんは参考にできますよ」



日向「――……なるほどな。川内がそんなことを」

提督「どういう意味だと思う?」

日向「そのままの意味だろう」

日向「川内は、提督になら裸を見られてもいいんだよ」

提督「……そ、そうだな」

提督「だから、何故そう発言したのか。その真意を私は知りたいんだよ」

日向「真意か……」

431: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:23:03.19 ID:aXgSPJ0y0

日向(まさか恋愛に関与してくる悩みだとは……いつもの提督らしくないな)

日向(もしここで答えを言ってしまったら)

日向(提督は川内のことを、意識するようになってしまうのだろうか)

日向「……。私が思うに、考えられるのは二つだな」

提督「! ぜひ聞かせてくれ」

日向「一つは、恥ずかしさのあまり気が動転してそんなことを口走ってしまった」

日向「そしてもう一つは……」

提督「もう一つは?」

日向「私の口からは言えない」

提督「なっ……それは何故だ!?」

日向「……それを言ってしまったら」

日向「私にとって、悲しくて辛いことが起きてしまう可能性があるから」

提督「???」

432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:46:27.88 ID:aXgSPJ0y0

提督「何でお前が悲しむんだ」

日向「……。なんてな、今のは冗談だ」

提督「冗談!?」

日向「それより、本当に知りたいのか?」

日向「川内の気持ちを」

提督「う、うむ」

日向「教えてやらないこともないぞ」

提督「……どっちなんだ」

日向「ただし、一つ条件がある」

日向「まず私とジャンケンをして、勝ったらあっち向いてホイをして」

日向「また勝ったら、今度はにらめっこ」

提督「長いな」

日向「それにも勝ったら今度は…」

提督「まだあるのか!?」

日向「今度は乳首当てゲームだ。そして…」

提督「待て、今何と言った?」

433: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:58:27.44 ID:aXgSPJ0y0

日向「乳首当てゲームだ」

提督「……なんだそれは」

日向「そこまでたどり着いたら教える」

日向「そして無事に正解できたら……」

提督(ようやくか……)

日向「私にキスをしてくれ」


漣・金剛「っ!?!?!?」

北上「さらっと言うねー」


提督「……」

提督「……何だと?」

日向「キスだ。場所はどこでもいいぞ」

日向「それら全てをクリアできたら、包み隠さず全て教えよう」

提督「確か、条件は一つと言ったな?」

日向「一つにまとめたじゃないか」

提督「……」

437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:26:32.81 ID:Cbnxig5V0

日向「どうだ? やるか?」

提督「……いいだろう」

日向「ふふ、よっぽど知りたいんだな」

提督「知りたい、というより」

提督「予想を確信に変えたい、と言った方がいいかもしれん」

日向(……なんだ……何となく分かってはいるのか)

日向「よし、さっそく始めよう。まずはジャンケンだ」

日向「最初はグー、ジャンケン……」

ポン

提督「私の勝ちだな」

日向「まだまだここからさ。次はあっち向いてホイだ」

提督「あっち向いて」

ホイ

日向「……やるじゃないか」

提督「運が良い方なんでな」

日向「しかし、次はそうはいかんぞ?」

451: 再開します 2016/02/16(火) 20:38:24.39 ID:Cbnxig5V0

日向「にらめっこだ。笑うと負け……ふふっ」

日向「ああ、負けてしまった。強いな提督」

提督「まだ何もしていないんだが」

提督「日向、お前勝つ気はあるのか?」

日向「今度は乳首当てゲームだ。とうとうここまで来てしまったな」

提督(……聞く耳持たずか……)

提督「で、その乳首当てゲームとは何なんだ?」

日向「今から説明する、そう急かすな」

提督「……」

日向「ルールはとても簡単だ」

日向「人差し指で、相手の乳首だと思う箇所を押すんだ」

提督「!?」

日向「外したら攻守入れ替え。また外したら入れ替え。それを当たるまでずっと繰り返す」

日向「そして、先に相手の乳首を当てた方が勝利だ」

提督「…………」

452: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 21:09:26.32 ID:Cbnxig5V0

提督「意味の分からんゲームだな」

日向「そうだな。でも楽しいぞ」

日向「艦娘の間でもたまにやる、酒を飲んだ時とかに」

提督(……アルコールの力は恐ろしい)

日向「さて、どっちが先攻だ?」

提督「本当にやるのか」

日向「やる。ここまで来たんだぞ、もう引き返せない」

提督「……なぜ決定権がお前にある」

提督「仕方ない……いいだろう。私が先攻だ」

日向「ほう、自信あり気な面構えだな」

提督「自信などない、勝手な解釈はやめろ」

453: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 21:41:45.69 ID:Cbnxig5V0

提督「コホン」

提督「……いくぞ」

日向「いつでも来い」

提督「……」

ムニュッ

日向「んっ」ピクッ

提督「す、すまん」

日向「ふふ……なぜ謝る」

提督「つい何となく……。それで、当たったのか」

日向「ハズレだ」

提督「……そうか」


北上「ただっ広い通路で何やってんだか」

金剛「それをこっそり見てる私たちも私たちネ」

漣「というか、日向さんの考えが謎すぎて……」

454: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:00:45.07 ID:Cbnxig5V0

日向「では私の番だ」

提督「う、うむ」

日向「……ここか」

トン

提督「違う」

日向「む、つまらない反応だな」

提督「私が知ったことではない」

日向「せっかくのゲームだし、もっと楽しまないか?」

提督「……趣旨が変わっているぞ」

日向「ふふふ」

日向「さあ、来い」

提督(しかしゲームとはいえ、心臓に悪いな)

提督(さっさと終わらせてしまいたいが……)

455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:12:15.63 ID:Cbnxig5V0

提督「よし、ここだ」

ムニュッ

日向「んんっ……!」ピクンッ

提督「す、すまない!」

提督「というか変な声を出すな!」

日向「出しているんじゃない、出てしまうんだ」ハァ ハァ

提督「……ゴ、ゴホン! それで? 今度は当たっただろう」

提督(さっきとは違う感触が確かにあったぞ)

日向「ハァ……ハァ……ハズレだ」

提督「なっ!? 馬鹿な!」

456: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:41:03.11 ID:Cbnxig5V0

提督「日向、まさかお前ウソを…」

日向「ハズレと言ったらハズレだ」

提督「……くっ……」

日向「それじゃあ私の番だ」

日向「ふふ……ここだろう」

トン

提督「!」

提督「……ち、違う」

日向「ほう」

日向「それは本当か?」グリグリ

提督「っ!?」

提督「よせ! やめろ!」ガバッ

日向「ふふ、面白い反応だ」

日向「本当はアタリだったんじゃないのか?」

提督(く、くそ……日向の奴……)

458: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:01:12.28 ID:Cbnxig5V0

提督(次は私の番……だが)

提督(仮に当てても、さっきのようにシラを切られる可能性がある)

提督(一体どうすれば……)


提督「もう、これで終わらせるぞ」

日向「できるものならな」

提督「……」

ムニュッ

日向「んんっ……!」

提督(さっきと同じポイント、感触も確か)

提督「当たりだろう日向!」

日向「……い、いや」

日向「ハズレ、だ」

提督(やはりシラを……!)

提督「いいや当たりのはずだ、お前はウソをついている」

461: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:27:01.39 ID:Cbnxig5V0

日向「な、なぜそう思う」

提督「それは……」

日向「直接見たわけでも、ないだろう……」

提督「それはそうだが、しかし感触が…」


大井「提督、何をしてるんですか?」


提督「っ!?」

提督「お、大井?」

大井「……どうして日向さんの胸をつついてるんですか?」

提督「! ち、違うんだ、これは」ササッ

大井「こんな場所で堂々とセクラハですか」

提督「だから違う……訳があって……」アセアセ

469: 再開します 2016/02/17(水) 21:11:09.81 ID:mEPNM92U0

日向「止めるな大井、今白熱しているところなんだ」

大井「白熱……?」

日向「そうだ、乳首当てゲームも佳境を迎えている」

大井「ち、ちく……っ!?」カァァ

提督「ひ、日向お前っ」

大井「……最っ低ですね提督」

大井「そんないかがわしいゲームを艦娘に強要させるなんて」

提督「は? いや、強要など…」

大井「よーーく分かりました。やはりあなたは艦娘の敵になり得る……いえ」

大井「もう既に敵です!」グイッ

提督「痛っ!? お、大井、耳を引っ張るな!」

大井「安心してください日向さん、今からこのスケコマシを説教するので」ニコッ

提督「誤解だ大井! 話を聞いてくれ!」

大井「もちろんそのつもりです」

大井「さあ行きますよ、場所は執務室でいいですか?」グイグイ

日向「……」

470: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 21:43:12.52 ID:mEPNM92U0

日向「……冷静に考えたら……」

日向「まあ、そうなるな」

日向「……弁解をしに行くか」スタスタ


漣「色んな意味ですごいものを見ました」

北上「大井っちは嗅ぎ付けるねー、偶然だろうけど」

金剛「戦艦顔負けの威圧感デスね……」

金剛「ところで漣、日向が参考になるってどういうことデス?」

漣「そ、そうですね……素直シュールっていうのに当てはまると思ったんですけど」

北上「なにそれ、あたしも知らない」

漣「自分の思ったことを素直に、シュールに表現する」

漣「それが素直シュールです」

金剛「うーん……よく分からないデス」

漣「日向さんは、独特なリズムで提督を困らせて、自分のペースに引き込んでましたよね?」

北上「確かに。あの提督が乳首当てゲームなんて、いつもの様子見てたらやりそうもないよね」

473: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 21:59:20.43 ID:mEPNM92U0

漣「素直シュールの特徴の一つです」

漣「突拍子のない言動で主導権を握って、つけ入る隙を与えない」

金剛「Oh……む、難しそうデスね」

北上「でも、これ以上デレを探ってる時間はないしなぁ」

北上「やるしかないよ金剛さん」

金剛「そうデスね……」

漣「どうしても気が乗らないんだったら、バカデレでもいいと思いますよ?」

金剛「……いえ」

金剛「分かりまシタ、私やってみマス」

金剛「このラストチャンス、ものにしてみせるネ」メラメラ

北上(静かな闘志を感じる……)

北上「あ、そういえばさー」

北上「漣はもうやらないの?」

漣「へ?」

475: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 22:16:43.11 ID:mEPNM92U0

北上「デレアタック」

金剛「そういえばそうデス、挑戦しないんデスか?」

漣「私は……」

漣「挑戦しますよ」

漣「ただし、真正面からですけど」

北上「……なるほど。デレはもう使わないってことね」

金剛「オーケー! それじゃあ、まずは私からいかせてもらいマス」

金剛「漣のチャレンジは、その後でもいいデスか?」

漣「こ、心の準備をしておきます」

北上「まだできてなかったのか……」

北上「てか執務室に行くの、もう少し待ちましょうよ」

北上「今頃ひどい修羅場になってそうですし」

金剛「……確かに」

金剛「じゃあ今のうちにシュミレートしておきマス!」

477: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 22:51:55.64 ID:mEPNM92U0


――数十分後・執務室――


提督「……鎮守府内で死を覚悟したのは初めてだ……」グッタリ

提督「日向が口裏を合わせてくれたから助かったが」

提督「……しかし情報のためとはいえ、私はなぜ日向とあんなことを……」

提督「……頭が痛い。が、仕事をせねば……」


コンコン

金剛「失礼しマス」

提督「ん? どうぞ、入ってくれ」

提督「……!」

金剛「提督、ちょっとお話がありマス」

提督(金剛……)

提督(そうだ、そういえば金剛は私のことを……。いや待て、本当にそうなのか?)

提督(私が鳳翔の言っていたことを、間違って解釈している可能性は?)

金剛「提督、どうしたんデスか?」

提督「!」

提督「すまない、ボーっとしていた」

提督「実は今日中に終わらせなければならない仕事が溜まっていてな」

金剛「そ、それは大変デス! 何か手伝えることはないデスか?」

提督「ありがとう、気持ちだけ貰っておこう」

478: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 23:18:12.18 ID:mEPNM92U0

金剛(おっと、いけまセン……つい素が出てしまいまシタ)

金剛(素直にシュールを意識するネ!)


金剛「提督」

提督「何だ?」

金剛「今日はいい天気でしたネ」

金剛「比較的に」

提督「……そうだな」

金剛「でも予報では、明日から雪が降るらしいデス」

提督「む、そうなのか?」

金剛「嘘デス」

提督「……。何故嘘をついた」

金剛「それはそうと提督」

提督(無視か)

479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 23:40:45.62 ID:mEPNM92U0

金剛「提督は女性の体で、どこの部位が好きデスか?」

提督「……どうしてそんなことを聞く?」

金剛「知りたいからデス」

提督(やはり様子がおかしいな)

提督(これも、私に好意を抱いているからこその行動だというのか?)

提督「答えたところで何にもならないだろう」

金剛「そんなことはないデス、私のアタックのレパートリーが増えるネ」

金剛「ざっくり別けると、胸、お尻、太ももデスか?」

提督「……」

金剛「いわゆるフェチってやつデス」

金剛「提督のフェチ、とっても気になりマス」


北上「……ねぇ、あれって素直シュールなの?」

漣「動揺させるって意味ではクリアしてますけど……ここからですね」

486: 再開します 2016/02/18(木) 20:58:17.23 ID:r584rZR50

提督「……フェチか。考えたこともなかったな」

提督「私自身、何に心を揺さぶられるのかが分からない」

金剛「分からないデス? それは攻めあぐねてしまいマスね……」

提督「だが……これがフェチというやつなのかは知らんが」

提督「女性のスラっとしたきめ細やかな手を見ると、しばらく見惚れてしまうだろうな」

金剛「……」

漣「……」

北上(2人ともめっちゃ確認してるし)

金剛「……なるほど、提督は手フェチデスか」

提督「そういうことにしておこう」

金剛「頭にしっかり入れておきマス」

金剛「ちなみに、胸、お尻、太ももの中で、どれが一番好きデスか?」

提督「まだ引っ張るのか」

487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 21:15:24.60 ID:r584rZR50

提督「そうだな。強いて言うなら、太ももだな」

金剛「太もも? ふむふむ……」

金剛「じゃあ、こんなのにドキっとするネ?」チラッ

提督「! ……やめろ金剛」

金剛「ふふ、スカートをちょっと持ち上げただけなのに、提督はシャイデスね」ニコッ

金剛「オーケー、太もももインプットしておきマス」

提督(……何なんだ一体……)

金剛「さて、そろそろ本題に入りマスが」

提督「何? まだ本題じゃなかったのか」

金剛「まだまだここからデス」

489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 21:45:22.48 ID:r584rZR50

金剛「提督、実は私……」

金剛「最近よく、提督の夢を見るんデス」

提督「私の夢?」

金剛「はい、夢の中の提督は艦娘たちをはべらして」

金剛「昼夜問わず、あんなことやこんなことを……」

金剛「それだけならまだしも、提督の底知れぬ性的パワーが本領を発揮して」

金剛「とうとう敵の深海棲艦にまで手を出す始末デス」

提督「……」

金剛「さすがにどうかと思いマス」

提督「……そうだな」

提督「それは夢の中の私に言ってやってくれ」

490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 21:59:56.96 ID:r584rZR50

金剛「でも提督、世の中には正夢という言葉がありマス」

提督「絶対にありえないから安心しろ」

金剛「……」

金剛「そうデスね……現実の提督は」

金剛「とても紳士で、知的で、歩いている艦娘に飛びつくようなことは絶対しまセン」

金剛「というか、たぶんそういう雰囲気になっても飛びついてこないデス」

金剛「それが提督デス」

提督(……今、毒を吐かれたか?)

金剛「私、思うんデス」

金剛「提督はもっと、欲望に忠実になってもいいと思いマス」

金剛「さっきスカートを捲った時だってそうデス。もっとガン見してもよかった、私怒らなかったネ」

提督「……いや、しかしな」

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 22:34:55.02 ID:r584rZR50

金剛「提督は、エロに興味がないんデスか?」

提督「無いことは……無いが……」

金剛「胸の谷間や、パンチラを見ることができたら、嬉しくないデス?」

提督「…………っ」

漣「て、提督の眉間のシワが凄いことに」

北上「困りに困ってるって感じだねー」

提督「……そう、だな」

提督「言い方こそ悪いが……嬉しくないと言えば、嘘になってしまうな」

金剛「つまり?」

提督「……嬉しい……な」

金剛「!」

金剛(ワオ、提督の顔が赤くなりまシタ)

提督「……なあ、金剛」

金剛「What?」

492: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 22:52:27.14 ID:r584rZR50

提督「ゴホン……お前に一つ、聞きたいことがある」

提督「聞いてもいいことなのかどうかは分からないのだが」

提督「私の勘違いなら、笑ってくれて構わない」

金剛「?」

提督「……今日のお前は様子が変だ」

提督「話しがあると言っては不可解な行動をして」

提督「今だって、私にフェチだのエロに興味があるかだの」

提督「よく分からないことを聞いてくる」

金剛「そ……それは……」

提督「何故そういうことをしてくるのか」

提督「私は一つの答えに行き着いた」


提督「もしかしてお前は、私に好意を抱いてくれているのか?」

493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 23:07:45.07 ID:r584rZR50


金剛「っ!!」


漣・北上「!!」

提督「すまない。こんなことを聞いて確かめるなど……無粋だな」

提督「しかし言い訳じゃないが……私は生まれてこの方、恋愛を経験したことがなくてな……」

金剛「っ!?」

漣「なっ……!?」

北上「ま、マジで?」

提督「そのせいか、男女間のやり取りに疎くなってしまった」

提督「だから聞きたい。金剛、お前は私に……」

金剛「……」

提督「金剛?」

金剛「……し、失礼しマス!」スタタタッ

提督「こ、金剛!」

505: 再開します 2016/02/19(金) 20:46:41.58 ID:NnCWP8ZI0

提督「待て、金剛!」スタタタッ

ガシッ

金剛「!」

提督「なぜ逃げようとするんだ」

金剛「……」

提督「金剛」

金剛「……あ、あはは……すみまセン!」

金剛「ちょっとだけ、怖くなってしまったんデス」

提督「怖くなった?」

金剛「だって、今までずーっと振り向いてくれなかったのに……」

金剛「いざこうやって伝わってしまったら、今度は提督の返事を聞かないといけまセン」

提督「! ということは、やはり……」

金剛「もう! 提督は世界一鈍感デス!」

提督「そ……そうなのか……本当に……」

507: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 21:16:38.03 ID:NnCWP8ZI0

金剛「どれだけアタックしても気づいてくれないから」

金剛「何回か心が折れそうになりまシタ」

提督「そうか……それはすまないことをした……」

金剛「全くデス!」

金剛「ふぅ……なんか、気持ちが伝わったら吹っ切れちゃったネ」

金剛「この際デスから、ちゃんと告白してもいいデスか?」

提督「あ、ああ」

金剛「コホン」

金剛「ヘイ提督ゥ!」

金剛「私金剛は、提督のことが……」

金剛「人として! 提督として! そして異性として! とーっても大好きデース!!」

金剛「このバーニングラブ! 受け取ってくだサイ!」

提督「……お前らしい告白の仕方だな……」

508: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 22:00:17.90 ID:NnCWP8ZI0

金剛「心の準備はできてマス」

金剛「返事を聞かせてくだサイ」

提督「……うむ……その……」

提督「う、上手い言葉が見つからないな……」

提督「まず、こんな私に好意を持ってくれてありがとう」スッ

金剛「提督、固いデス」クスクス

提督「大目にみてくれ……。それで、返事なのだが」

金剛「……」

提督「正直な気持ち……まだ頭が混乱している。どうすればいいのか分からないんだ」

提督「今まで恋愛というフィルターを通して見ていなかったせいなのか」

提督「金剛、お前のことを異性としてどうなのか。好きかどうかの判断さえできない状態だ」

金剛「……っ」

提督「情けない話だな」

提督「しかし……これからはそういう私情も大切にして、少しずつ意識していこうと思っている」

509: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 22:47:45.66 ID:NnCWP8ZI0

提督「現時点では恋愛において未熟者だが」

提督「こんな私でよければ、よろしく頼む」スッ

金剛「……」

金剛「……、……What?」

金剛「て、提督、もう一度お願いしマス」

提督「……そうだな。お前が怒るのも無理はない」

提督「好きかどうかも分からないのに、恋愛関係を築こうなどと…」

金剛「怒ってなんかないデス!」

金剛「つまり提督は、オーケーの返事をしたってことデス?」

提督「そ、そうだ。分かりにくかったか……すまない」

提督「その通り……ぐっ!?」

ギュゥゥゥゥ!

金剛「提督ゥ……!! 私、すごく嬉しいデス……! ありがとうございマス!!」ポロポロ

提督「こ、んごう……首が絞まって……!!」

511: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 23:00:19.11 ID:NnCWP8ZI0

金剛「す、すみません」

提督「ゲホゲホ……いや」

提督「だが、いいのか? こんな中途半端な気持ちで…」

金剛「問題ないデス! 徐々に私のことを好きになってくれればいいネ!!」

提督「初めは鈍すぎて気持ちに気づかず、心を傷つけてしまうことも…」

金剛「その時はちゃんと指摘しマス! 一緒にカベを乗り越えるネ!」

提督「そ、そうか……」

金剛「ふふふっ、提督ゥー!」ギュゥゥゥ

提督「こら! だから首を絞めるなと……!」



北上(あーあ……攻略、完了しちゃったかー)

北上(金剛さんボロボロ泣いてる。よっぽど嬉しかったんだねぇ)

北上(そして)

漣「……」ポロポロ

北上(こっちもボロボロ……)

513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 23:22:28.28 ID:NnCWP8ZI0

北上「……まー、あれだよねぇ。なんというかさ」

北上「提督の話を聞いてると、アタックの順番次第で…」

漣「なぐさめは不要です」

北上「え?」

漣「グスッ……初めから、そういう約束でしたから」

漣「どっちが先に提督を落とすか、恨みっこなしの勝負」

漣「結果は見ての通り。漣は負けました」

漣「だから漣は潔く、金剛さんと提督を祝福します」

北上「……そ」

漣「はい……グスッ」

北上(……なんだかなー……)

北上「……お、そろそろ鳳翔さんの店が開くねぇ」

北上「あたしお腹空いてきちゃったなー」

514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/19(金) 23:34:30.62 ID:NnCWP8ZI0

漣「……」

北上「ねぇ漣、ちょっと付き合ってよー」

北上「好きなメニュー驕ったげるからさ」

漣「……いいんですか」

北上「ん?」

漣「今日の漣は……どんな掃除機よりも吸い込みますよ……」

北上「おお、吸い込め吸い込めー」

漣「よし、行きましょう」スッ

北上「今から行けば一番乗りかもねぇ」

北上(はぁ、やれやれ……)


漣「一度全メニューを頼んでみたかったんです」スタスタ

北上「えッ」

北上「ちょ、それは……ちょっと待って漣!」スタタタッ

525: 再開します 2016/02/20(土) 21:13:49.32 ID:ZEl33iJO0

提督「……ん? ドアの前に、誰か居たか?」

金剛「!」

提督「確かに声が……」ガチャッ

提督「……気のせいか」

金剛(漣と北上デス)

金剛(私としたことが、すっかり舞い上がって忘れてしまっていまシタ……)

金剛(そうデス、北上はともかく漣は……)

提督「金剛」

金剛「は、はい!」

提督「色々あった後で申し訳ないのだが……まだ仕事が終わっていなくてな」

提督「しばらく専念させてくれないか?」

金剛「Oh、もちろんオーケーネ!」

金剛「じゃあ私も出歩いてマス!」スタスタ

提督「すまないな」

526: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:26:17.42 ID:ZEl33iJO0

提督「さて、まずは……」

提督「!」

提督(そういえば、様子がおかしかったのは金剛だけではなかったな)

提督(漣と北上も……)


金剛「二人とも、どこへ行ってしまったんデス」

金剛「私一人で舞い上がって……まるで漣に見せつけるように……」

金剛「急いで探しマス! せめて一言声をかけたいデス!」スタタタッ



――居酒屋『鳳翔』――


漣「」ズーン

鳳翔「す、すごい落ち込みようね……何かあったんですか?」

北上「うーん、まあ色々と」

北上(恋が実らなかったーなんて、あたしの口からじゃとても言えない)

528: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:39:07.28 ID:ZEl33iJO0

漣「……聞いてくれますか鳳翔さん」

北上(あれ、話すつもりなの?)

鳳翔「ええ、私でよければ」

漣「う、ううっ……」


――数分後――


鳳翔「そう……それは辛かったですね……」

鳳翔(何となく察してはいたけれど、やっぱり)

漣「グスッ……せめて当たって砕けたかったです」

北上(結局、何から何まで全部話しちゃったなー)

北上(まあ、私たち以外誰も居ないし、別に……)


日向「なるほどな」


北上「っ!?」

529: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 21:52:56.19 ID:ZEl33iJO0

北上「日向さん居たんですか!?」

日向「ああ、ずっと居たぞ」

日向「お前たちの位置からじゃ見えづらいから、気づかないのも無理はないか」

北上「……それじゃあ、まさか今の……」

日向「私と提督のやり取りを観察してくれるとは光栄だ」

北上「すみませんでした」ペコリ

日向「ものすごい早さで謝ったな」

日向「怒ってないから頭を上げてくれ……しかし」

日向「提督も残酷なことをするな。好きではないのに金剛と恋人になるとは」

日向「それじゃあ私が告白したら、私も恋人になれていた、ということじゃないか」

北上「そ……そうですね」


加賀「ええ、本当に酷い話」


北上「っ!?!?」

530: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:14:59.27 ID:ZEl33iJO0

北上「かっ、加賀さん……!」

加賀「こんばんは」

北上「……なぜカウンターの奥から?」

鳳翔「たまに手伝っていただいてるんですよ」

北上「……それじゃあ、やっぱり……」

加賀「全て聞かせてもらいました」

加賀「食事中、何か視線を感じると思ったら……あなたたちだったのね」

北上「いや、その時はあたし居なかった…」

加賀「あなたたちだったのね」ゴゴゴゴ

北上「すみませんでした」ペコリ

加賀「……まあ、そんなに怒ってはいないけれど」

日向「何だ? 加賀も提督にアピールを仕掛けていたクチか?」

加賀「! ち、違うわ……ただ、あくまで第三者の意見を述べたまでよ」

531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 22:39:29.43 ID:ZEl33iJO0

加賀「というか、その物言いからしてあなたは……」

日向「ああ、隠す必要もない。提督に思いを寄せていたよ」

加賀「……ずいぶんすんなり言うのね」

加賀「その潔さを、どうして提督への告白に向けなかったのかしら」

日向「ふふ、言ってくれるな。まあ私も乙女だからな」

日向「アピールはすれど、あと一歩がなかなか踏み出せなかったんだ」

加賀「……」

北上(乙女は乳首当てゲームなんて提案しないと思うけど)

日向「で、話を戻すが」

日向「どうも腑に落ちないな。提督自信が金剛を好きなら、まだ諦めがつくんだが」

加賀「そうね、金剛さんが一方的過ぎるわ」

加賀「諦めきれ……コホン」

加賀「第三者から見て、漣や日向さんがいたたまれないわ」

北上(言い直した)

532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 23:10:39.94 ID:ZEl33iJO0

漣「……でも」

日向・加賀・北上「!」

漣「でももう、終わってしまったことなんですよ?」

漣「金剛さんと提督は恋仲。この事実はもう……」


多摩「略奪すればいいにゃ」


北上「っ!!」

北上「多摩……いつの間に」

多摩「ずっとカウンターの奥の部屋でくつろいでたにゃ」

加賀(そういえば)

日向「怖いことを言うなお前」

多摩「にゃ? でも略奪愛ってやつがあることは確かにゃ」

多摩「足柄の読んでる小説に書いてあったにゃ」

北上(あの人なんて物を読んで……)

漣「多摩さん、あなたも提督のことが好きなんですか?」

多摩「もちろんにゃ」

多摩「提督の膝枕は落ち着くし、伸び伸びできるにゃ」

534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 23:22:39.89 ID:ZEl33iJO0

日向「……なるほど」

日向「多摩の好きは、私たちのとベクトルが違うようだな」

多摩「にゃ?」

日向「しかし、略奪愛か……ふむ」

北上「え? ちょっと、日向さんまさか」

日向「いや、さすがにそんなドロドロした道へは進みたくない」

日向「が、正々堂々と抗議してみるのはありなんじゃないかと思う」

漣「正々堂々と抗議?」

加賀「つまり」

加賀「『私たちもあなたのことが好きだから、チャンスを与えて欲しい』と」

北上「……提督に言うんですか?」

日向「金剛には悪いが、そういうことだな」

535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/20(土) 23:40:59.78 ID:ZEl33iJO0

漣「そんな……今更ですよ!」

漣「それに私、金剛さんと約束したのに……恨みっこなしの勝負って」

漣「抗議なんてしたら、金剛さんと合わせる顔が……」

日向「……それもそうか」


金剛「ちょっと待ってくだサイ」

ガラガラ

漣・北上・加賀・日向「っ!!?」

漣「こ、金剛さん」

金剛「漣、探しまシタ」ニコッ

北上「えっと、いつから……」

金剛「二人が日向と話し始めた辺りからデス」スタスタ

加賀「ということは、話の流れは理解してるようね」

金剛「Yes!」

543: 再開します 2016/02/21(日) 21:09:54.50 ID:QAdQ9zGl0

金剛「皆さんの言い分は分かりマス。私、さっきまでハッピーな気分でシタけど」

金剛「今はちょっと後ろめたいネ」

漣「でも金剛さんは、私たちにできなかった告白をして勝ち取ったわけで……」

金剛「んー……それは違いマス」

金剛「私が思い切って告白をしたのは、提督がアピールに気づいてくれたからデス」

金剛「もし気づいてくれなかったら告白なんてせず、諦めて漣に交代してまシタ」

北上「けどさ、提督にラブアピールしてるって気づかせたのは金剛さんだよね?」

北上「だから何だかんだで、やっぱり金剛さんの功績じゃないのかなー」

日向「……まあ、そうなるな」

加賀「……そうね」

鳳翔(……)

鳳翔「あ、あの……実は……」

全員「?」

544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 21:37:12.93 ID:QAdQ9zGl0


金剛「――……そ、その話、本当デスか?」

鳳翔「ええ」

日向「ということは、提督は自分の力でも金剛の力でもなく」

加賀「鳳翔さんの助言がきっかけでアピールに気づいたと」

金剛「……なんか……」

金剛「……ガッカリしまシタ……」ハァ…

多摩(見事なジェットコースターにゃ)

金剛「知りたくなかった事実デス」

金剛「鳳翔さん、何でもいいのでお酒くだサイ」

鳳翔「は、はい」

鳳翔(言うべきじゃなかったかしら……)

北上「えっと、それで結局どうします? 提督に抗議するんですか?」

日向「そうだな……金剛はどう思う」

金剛「私デス?」

545: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 22:05:17.77 ID:QAdQ9zGl0

日向「っと、すまん。提督の恋人に聞くのは筋違いだな……」

金剛「別にいいデス。今の話を聞いたら」

金剛「私が提督と恋仲になれたのは、完全なラッキーデス」ゴクゴク

加賀「……」

金剛「嬉しさが減ってしまいまシタ」プハー

金剛「好意自体がないとはいえ、多少なりとも私の意志を汲み取って」

金剛「アピールに気づいてくれたんだと思ってまシタから」ゴクゴク

金剛「でも、それすら違っていたとなると……」プハー

漣(お酒が進んでる)

北上「ま、まあ提督も恋愛を意識し始めたんですし」

金剛「そうデスね……」

金剛「……本音を言っていいデス?」

日向「うむ」

546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 22:26:54.66 ID:QAdQ9zGl0

金剛「恋人の座は、誰にも渡したくないデス」

加賀「当然でしょうね」

金剛「でも、皆さんがどうしてもというなら」

金剛「もう一度、違う勝負をしてもいいデス」

北上「違う勝負?」

金剛「Yes、私閃いたネ」


金剛「『誰が一番初めに提督の唇を奪えるか』」


漣・北上「っ!?!?!?」

加賀「なっ……!?」

日向「どうした金剛、早くもアルコールが回ったか」

金剛「さ、さすがにそんな弱くないデス」

金剛「といっても、もちろん条件はありマス」

金剛「無理やりだったり、事故を装って偶然を狙うのはダメ」

金剛「あくまで『その気にさせて』キッスすることが重要デス」

547: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 22:41:30.17 ID:QAdQ9zGl0

金剛「そして、一番初めに口づけを交わした艦娘が」

金剛「提督の正式な恋人になれマス」

漣「い、いいんですか金剛さん。せっかく恋人になれたのに」

日向「……いや待て。これは金剛が飛びぬけて有利な勝負だ」

日向「強引にキスへ持っていくのは誰にでもできる。何なら就寝中を襲えばいいからな」

加賀「その気にさせて、というのが肝ね」

北上「なるほど……恋人でも何でもないあたしたちには、ハードルが高いですね」

金剛「その通りデス」

漣「……」

漣「……ホントに、いいんですね金剛さん」

金剛「?」

548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 22:54:03.98 ID:QAdQ9zGl0

漣「漣は、今まで以上に本気になりますよ」

金剛「望むところデス」

金剛「もしかしたら、明日には勝負がついてるかもしれまセンが」

日向「……後悔しても知らないぞ」

金剛「日向も参戦デス?」

日向「もちろんだ。乗らないわけにはいかないだろう」

金剛「オーケー、勝負デス!」

北上「あー、あたしは遠慮しときます」

北上「もう充分楽しめたんでー」

北上(というのは嘘だけど……影でこっそり見守ろうかな)

多摩「多摩もいいにゃ。膝枕がかかってるなら別だけどにゃ」

金剛「……加賀はどうしマスか?」

加賀「! ……私は……」

549: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 23:09:53.89 ID:QAdQ9zGl0

加賀「……なぜ私を誘うのか、理由を教えて欲しいわね」

加賀「全く関係のない話なのに」

金剛(素直じゃないデスね)

金剛「分かりまシタ」

金剛「でも、勝負の人数なんて制限する意味はないデスし」

金剛「基本誰でも参加していいことにしマス」

加賀「……」

日向「大きく出過ぎじゃないか?」

金剛「いいんデス、何なら鎮守府の艦娘全員に広めてもいいデス」

金剛「私が勝つに決まってマスから!」

北上(フラグにならないといいけどねぇ)

550: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 23:20:12.33 ID:QAdQ9zGl0

金剛「ということで」

金剛「今日は景気づけに飲みまくりマス!」

漣「ってか、勝負っていつからですか?」

日向「明日からでいいだろう。私も飲みたい気分だ」

漣「て、テキトーですね」

北上「んじゃ鳳翔さん、あたし梅酒でー」

多摩「多摩は魚が食べたいにゃ!」

鳳翔「はい、ちょっと待っててくださいね」


ワイワイワイ


青葉「ふふふ……これは、面白そうなことを聞きました」ニヤリ

青葉「さっそく広めちゃおっと!」スタタタッ

552: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 23:36:07.17 ID:QAdQ9zGl0


――翌日・鎮守府内通路――


スタスタ

金剛「うー……ちょっと飲み過ぎたネ」

スタタタッ

漣「こ、金剛さん……大変です」ハァ ハァ

金剛「漣、そんな慌ててどうしたんデス?」

金剛「ま、まさか提督とキッスを!?」

漣「いえ……それはまだですけど、そのことについてです」

漣「私もさっき聞いたんですけど」

金剛「焦らさずに教えてくだサイ」

漣「……ほ」

金剛「ほ?」

漣「本当に広まっちゃいました、勝負のことが」

金剛「……」

漣「提督とキスをした艦娘が恋人になれるって」

漣「その話題で鎮守府内で持ちきりで」

漣「密かに恋心を抱いてた艦娘が、やる気を出してるらしいです」

金剛「……」

金剛「……ま、マジデス?」

553: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 00:01:51.98 ID:5mj7Grww0


曙「クソ……じゃない……て、提督。今日の昼、予定空いてるかしら?」

扶桑「提督、あみぐるみが出来たのですけど」

山城「わ、私も一応手伝いました……」

川内「ねー提督! 夜戦……の前に話があるんだけど!」


提督「……」


雷「司令官! 何か困ったことはない? 人恋しいとか、人恋しいとか」

那智「提督、今日は久々に一杯どうだ?」

羽黒「私もお供したいです……!」

大和「あの、実は相談が……」


提督「……朝から何なんだ、お前らは」

554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 00:14:48.68 ID:5mj7Grww0


金剛「な、なんてことデス」

漣「出所は誰でしょうか……あの場にいて、わざわざ言いふらすような艦娘は…」


金剛「今はそんな場合じゃないデス!」

漣「へ?」


金剛「私も早く行動を起こさないと……」

金剛「ヘイ提督ゥ! あなたの『恋人』の金剛が、朝の挨拶にやって来まシタ!!」スタタタッ

漣「はは……こうなった原因は突き止めなくてもいいんですね……」

漣「って、こうしてる場合じゃない!」

漣「待ってください! 漣も負けませんからぁ!」スタタタッ



――END――