2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:20:52.53 ID:g4aA35940
光「うん、こんなもんかな!?」

雫「はーい、これで大体だと思いますよー」

ヘレン「まぁ、こんなものよね、世界レベルで言えば少し物足りないけども」

雫「まあまあヘレンさーん」

光「どうする?いったん戻るのか?」

雫「私もう少し買いたいものがあるんですー」

ヘレン「私も少しあるわね」

光「そうか、アタシも少し寄りたいところがあるから一旦解散でいいか?」

ヘレン「そうね、じゃああとで落ち会いましょう」

雫「光ちゃん、迷子にならないでくださいねー」

光「だ、大丈夫だって!じゃああとでな!」

引用元: 南条光「誰かの笑顔のために頑張れるって素敵だろ!」 


 

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (4) (電撃コミックスEX)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-02-26)
売り上げランキング: 294
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:26:29.59 ID:g4aA35940
---レンタルビデオ店---

ウイーン

「いらっしゃいませー」


光「フンフン♪」

光「ドドララドドララ バンドーラっと....」

光「特撮コーナーは.....あった!」

光「えーっと....あれだ、高いな....」

光「いや、ヒーローには試練がつきものだ!負けないぞ!」

光「フンッ!エイッ!」ピョンピョン

光「くっ、なかなか手ごわい....」


スッ


「これが欲しいの?」

光「あ、ありがとう!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:38:30.69 ID:g4aA35940
「そこに踏み台があるから使えばいいのに」

光「ううん!ああいうのに簡単に頼っちゃダメなんだ!まずは何事も自分の力を使わないと!」

「そう....まあ、なんでも、いいんだけど」

光「でも本当にありがとう!お姉さんはいい人だな!」

「別にお礼を言われるようなことはしていないわ」

光「そういう気取らないところも素敵だな!...あれ?」

「どうしたの?」

光「いや、えーっと....」

光(どこかで見たような.....あっ!)

光「如月げ....じゃなかった、千早さん!」

「ええ、そうだけど?」

光「あっ、やっぱりそうだ!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:52:12.10 ID:g4aA35940
光「アタシは南条光!こう見えてもアイドルなんだ!」

千早「あなたも...アイドル?」

光「うん!CGプロのな!」

千早「そうなの...今日はお休み?」

光「ちょっと違うな、買い出しだよ、お祝いパーティーの」

千早「お祝いパーティー?」

光「そうだ、なんのお祝いか聞きたいか?」

千早「そうね、なんのお祝いなの?」

光「プロデューサーからはまだ言うなって言われてるんだけど実は....」ヒソヒソ

光「アタシの映画出演が決まったんだ!」

千早「映画?」

光「そう!日曜の朝にやってる番組の劇場版だ!見たことある?」

千早「....悪いけどないわね」

光「そっか.....まあいいや」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:01:26.68 ID:g4aA35940
光「とにかく!その劇場版にアタシと事務所のほかのアイドルがゲスト出演できることになったんだよ!」

千早「そうなの....」

光「しかもアタシはアクションシーンがあるんだって!あぁ、本物の高岩さんに会えると思うと今からワクワクして....」

千早「それで、買い出しに来たのならどうしてレンタルショップにいるの?」

光「えっとね、特撮作品に出るんだから過去の作品を見て復習しておこうかなって....」

千早「勉強熱心なのね...」

光「千早さんはどうしたんだ?」

千早「ちょっとCDを探しにね」

光「そうなのか、なんてアーティスト?」

千早「それが....金爆っていうんだけど、どこにもなくて....」

光「金爆?」

千早「ええ、さっきから探しているんだけど...」

光「千早さん、それゴールデンボンバーって言うんだよ」

千早「そ、そうなの?」

光「うん、そこのリーダーならアタシも知ってるし」

千早「あ、ありがとう.....真美たちは金爆金爆って言ってたから知らなくて.....」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 23:44:49.46 ID:g4aA35940
光「ケータイとかで調べればいいのに」

千早「それが...あんまりよくわからなくて....」

光「へぇ、なんか意外だな、そういうのバリバリやりそうなイメージあるのに」

千早「はる....知り合いにも教えてもらったんだけど、あんまり...」

光「なんかイメージと違うな....あっ、そうだ!」

光「千早さん、よかったらでいいんだけどこれからアタシとちょっと話をしないか?」

千早「話?」

光「ここで会ったのも何かの縁だし、アタシ千早さんのこと結構尊敬してるんだ!」

千早「そう....いいわよ、少しなら時間あるし」

光「ありがとう千早さん!あと、アタシのことは光でいいぞ!」

千早「ええ、わかったわ南条さん、CDを借りてくるから待ってて」

光「うーん、まぁいっか....」

光「あっ、アタシもDVD借りないと.....」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 11:49:22.50 ID:ew1gL3Af0
---公園---


光「はい、ジュース!」

千早「ありがとう南条さん」

光「いいよ、アタシのほうからお願いしたんだし」

千早「そう、ところでどうして私と話をしたいなんて思ったの?」

光「さっきも言ったけどアタシ千早さんのこと尊敬してるんだ」

千早「私を?」

光「うん、アタシと2つしか違わないのにあんなに心に響く歌を歌えるなんてすごいと思う!」

千早「そんなことないわ、まだ足りないところはたくさんあるし.....」

光「そんなことないよ!アタシ、事務所で765プロのライブのDVDを見てものすごく感動したんだ!」

千早「私たちのライブ?」

光「そう、765プロの人たちが全員で歌って、最後に千早さんが歌うやつ!たしか曲名は.....」

千早「『約束』」

光「そうそう、それそれ!」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 13:29:32.13 ID:ew1gL3Af0
光「あれを見て、この人の歌声はなんて胸の奥に響くんだろう、って感動したんだ!」

光「そして、この人はなんて楽しそうに歌うんだろうって思った!」

千早「そう.....そう思ってくれたならとっても嬉しいわ」

光「あの演出もよかったなぁ、最初一人だったけど曲の途中からだんだんとみんなが集まってくる!とってもよかった!」

千早「.....」

光「あれは千早さんが考えたのか?それとも.....」

千早「あれね、演出じゃないの」

光「えっ?」

千早「私ね、あの直前まで歌えなかったの」

光「歌えなかった?」

千早「声が出なかったのよ」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 18:56:24.94 ID:ew1gL3Af0
光「どういうことだ?病気とか?」

千早「病気....と言えなくもないかもしれないわね」

光「アタシ、あのライブは映像で見た以上のことは知らないんだ、あれってアタシがスカウトされる前のライブだから....」

千早「南条さん、家族は好き?」

光「アタシのか?もちろんだ!」

千早「私ね、弟がいたの」

光「千早さんにか?」

千早「ええ、ずっと前に事故で死んじゃったんだけど....」

光「っ!!」

千早「ちょうどあのライブの時期にそれを記事にされたの、それですごくショックを受けて、それで声が出なくなってしまったの....」

千早「一時は本気でアイドルを辞めようかって考えたわ....」

千早「でも事務所のみんなが私を支えてくれて、そのおかげでまた歌うことが出来たの」

千早「だから、あのライブを見て南条さんの心に響くものがあったのなら、私も嬉しいわ」

千早「私にとっても印象深いライブだったから.....」

光「......」

千早「南条さん?」

光「.....グスッ...ヒック....」ポロポロ

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 21:10:26.24 ID:ew1gL3Af0
千早「ど、どうしたの?」

光「グスッ....ゴメン...そんな事情が....あったなんて知らなくて.....」ポロポロ

光「アタシ....千早さんがどんな気持ちでいたか....ぜんぜん考えずに....」

光「ゴメン....本当にゴメンなさい.....」

千早「大丈夫よ、泣かないで南条さん....」ナデナデ

光「ヒック....ヒ、ヒーローは....みんなに優しくなきゃ....いけないのに.....」

光「うえぇぇぇ.....」

千早「大丈夫、大丈夫だから.....」




光「グスッ....本当にゴメン....」

千早「いいのよ、もう大丈夫?」

光「うん、もう平気だ....」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 00:51:38.08 ID:X6bANXrz0
千早「ビックリしたわ、急に泣き出すんだもの....」

光「ゴメン、アタシが考えなしに千早さんの心を踏みにじるようなことを言ってたのかと思ったら....」

千早「そんなことないわ、気にしなくていいのよ」

光「アタシ、いつも考える前に動いちゃうんだ、よく考えなきゃいけないのに....」

千早「でも南条さんは私がどんな気持ちになってるかを考えて泣いてしまったんでしょう」

千早「それが出来る南条さんはとてもやさしいと思うわ」

光「千早さん.....」

光「やっぱり千早さんはすごいな.....」

千早「そうかしら?」

光「うん、それに強い人だ.....」

千早「そんなことないわ、私プロデューサーにいつも言われるもの、傷つきやすいって」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 19:20:33.69 ID:puUu4Hyq0
光「家族を亡くした時の気持ちか.....アタシには想像もつかないけど.....」

千早「そんなこと考えなくてもいいわ、南条さんはきっとご家族と幸せに過ごせるから....」

光「ありがとう、千早さんは本当に優しいな」

千早「南条さん.....」

光「アタシの好きな特撮の話だけど...」

光「自分の息子を事故で亡くした女の人の話があるんだ....」

光「その人は息子を殺した世界を憎んで魔女になってしまうんだよ」

千早「魔女.....」

光「ところがすっかり子供嫌いになってしまって、子供を標的にした悪いことをするんだ」

光「そしてあとになってから自分の息子が生き返るんだけど、息子は魔女になった母親を嫌って近づこうともしなくなってしまう」

光「でもいろいろあって最後に息子はもう一度死んでしまうんだけど、その時だけお互いの手を取り合えることができたっていう話なんだ」

千早「悲しい話ね....」

光「アタシはその話を見て、自分の家族の死っていうのはその人を変えてしまうほど大きいものだってこと知ったんだよ」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 21:42:19.43 ID:puUu4Hyq0
千早「そうね、今まで一緒にいた人が急にいなくなってしまうというのはとても悲しいわ」

千早「人によってはそれこそ立ち直れなくなってしまうくらいにね」

光「だけど千早さんはそんなことがあったのにしっかりアイドルをやってるじゃないか!」

千早「私は....歌しかないし、それしかできないから....」

千早「それに、仲間がいなかったらとっくに潰れてたわ」

光「そんなことないさ、仲間の助けはあったかもしれないけどやっぱり千早さんが強い心の持ち主だったんだ」

光「そして今は歌でみんなのことを笑顔にしてる」

光「アタシも千早さんの歌からそういう気持を感じ取ったからこそきっとファンになったんだと思う」

光「本当にすごいよ、まさにヒーローだ!」

千早「ふふっ、ヒーローじゃなくてアイドルよ」

光「同じだよ、みんなを笑顔にして希望を与えるんだ!」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 22:37:32.67 ID:puUu4Hyq0
光「あとさ、こういうの知ってる?」グッ

千早「これ?」

光「そう、サムズアップ」

千早「まあ、見たことはあるけど....」

光「古代ローマで満足できる、納得できる行動をした者にだけ与えられる仕草なんだ」

光「千早さんはさみしかったりするかもしれない、時々家族のことを思い出して悲しいかもしれない」

光「でもそんなときこそ千早さんの歌を聞いて笑顔になってくれる人のために頑張ってほしいんだ!」

光「アタシは千早さんにこれが似合う人であってほしい、千早さんの歌にはその力があるんだから!」

光「いつでも誰かの笑顔のために頑張れるって素敵だろ!」

千早「笑顔....」

光「まあ、これもアタシの好きな特撮の話なんだけどさ」

千早「笑顔ね....ふふっ」グッ!

光「うん!」グッ!

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:26:20.22 ID:puUu4Hyq0
雫「あっ、いましたー!」

ヘレン「光、どこに行ってたの?ずいぶん探しちゃったじゃない」

光「ゴメン二人とも、ちょっと話しこんじゃって....」

ヘレン「あら、あなたは....」

雫「もしかして如月千早さんですかー?」

千早「そうですけど....」

光「この二人はウチの事務所のアイドル、アタシと一緒に映画に出演するんだ」

雫「初めましてー♪及川雫と言いますー、千早さんと同じ16歳ですよー」ドタプーン

ヘレン「ヘレンよ、あなたのことはよく聞くわ、いずれ世界レベルの歌手になるかもしれないわね」ドタプーン

千早「......」

光「どうしたんだ千早さん?」

千早「....なんでもないわ」

雫「今度私たち映画に出るんですよー」

ヘレン「私と雫は悪の組織の女幹部役だそうよ、セクシーな衣装を着るんですって」プルン♪

雫「光ちゃんは謎のヒロイン役ですねー」ブルン♪

千早「.....くっ」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:09:12.82 ID:nTH4319V0
ヘレン「光、用件は終わったの?」

光「うん、DVDは借りれたし....」

光「何より千早さんとお話しできたしな!」

千早「ふふっ、そうね...」

雫「そろそろ帰らないとプロデューサーさんが心配しちゃいますねー」

ヘレン「そうね、そろそろ帰らない?」

雫「パーティーの準備もありますよー♪」

光「そうだな、帰ろう!」

千早「ありがとう南条さん、お話できて楽しかったわ」

光「ああ!アタシも楽しかったよ、千早さんも頑張ってくれ!」

千早「ええ、南条さんもね」

光「うん、あとさ....」

千早「なに?」

光「いい加減名前で呼んでくれよ、アタシの方が年下だし名字で呼ばれるのはなんだか照れくさいんだ...」

千早「そ、そう?じゃあ....」

千早「ありがとう、光」

光「うん!それでいい!」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 22:31:36.99 ID:FzochNJG0
雫「なんだか二人とも仲良しみたいですねー」

ヘレン「そうね、なんだかいい感じみたい」

光「じゃあな千早さん!また会おう!」

千早「ええ、きっとね」

光「二人ともお待たせ、さあ行こう!プロデューサーも待ってる!」

雫「なんだか元気ですね光ちゃん♪」

光「うん、千早さんから元気をもらったからさ!」


クルッ


光「千早さーん!」

千早「なーに!?」

光「今日は本当にありがとう!アタシもアイドルがんばるから!だから千早さんもがんばってくれー!」

千早「.....ふふっ♪」

千早「ありがとう光!私もみんなの心に届くような歌が歌えるようにがんばるわ!」

光「うん!またお話しよう!それじゃあ!」




千早「.....ふぅ、それじゃあ私も帰ろうかしら」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 22:45:50.36 ID:FzochNJG0
ガチャッ


光「ただいまー!」

モバP「おかえりみんな、ずいぶんかかったな」

雫「えへへ、いろいろ買いこんでたら遅くなっちゃいましたー」

ヘレン「でも世界レベルのパーティーをするには充分なものが買えたわよ」ドサッ

モバP「世界レベルのパーティーって何だよ.....」

光「大丈夫だプロデューサー、パーティーは物じゃない気持ちだ!」

モバP「まあ確かにな」

光「さあ、祝おうじゃないか!アタシたちの映画出演を!」

ヘレン「本当に元気ね光は.....」

雫「やっぱり光ちゃんの好きな特撮だからでしょうかー?」

光「うん、確かにそれも嬉しいけど、千早さんがアタシに元気をくれたからな!」

モバP「千早さん?千早ってあの如月千早か?」

光「そう、さっき知り合いになったんだ!」

モバP「そうか、ならちょうど良かったかもしれないな」

光「どうしてだ?」

モバP「実はまだ調整中なんだけどな....」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:23:36.98 ID:rBq69C3N0
ガチャッ



千早「お疲れさまです、戻りま.....」



亜美「とりゃー!亜美アタッーク!!」

真美「真美フラーッシュ!」

P「こーら!落ち着けお前たち!」

千早「どうしたんですかプロデューサー?」

P「おう、おかえり千早」

真美「あっ、千早お姉ちゃんおかえりー!」

亜美「金爆さんのCDあったー?」

千早「ええ、ちゃんとあったわ、それよりどうして暴れてるの?」

真美「んっふっふ~、実はね....」

亜美「なんと亜美たち...」



亜美・真美「映画に出る事になったのだー!」



千早「映画?」

P「特撮モノだよ」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 02:39:24.07 ID:rBq69C3N0
亜美「ゲストだよ!ゲスト出演!」

真美「怪人に襲われちゃう人気アイドル、亜美真美ちゃんの役だよー!」

P「これはテレビでやってるの劇場版でな...」

千早「日曜日の朝にやってるやつですよね」

P「ああ、そうだ」

真美「千早お姉ちゃん、知ってるの?」

亜美「なんか意外かも~」

P「確かにな.....俺も絶対知らないと思ったんだけど....」

千早「ふふっ、教えてもらったんです」

P「そうなのか?まぁ、それはともかくとしてだな.....」

千早「なんですか?」

P「まだ返答はしてないんだけどな、千早にその映画の主題歌を担当してくれないかっていう話が来てるんだよ」

千早「私に?」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 03:14:35.55 ID:rBq69C3N0
P「亜美と真美が出演してる関係でな、でもスケジュール的に結構きついし無理しなくても....」

千早「やります」

P「えっ?あっ、そうか...」

真美「千早お姉ちゃん歌ってくれるの?」

千早「ええ、そうするわ」

亜美「やったー!千早お姉ちゃんの歌と亜美真美ちゃんの演技で大ヒット間違いなしだよー!」

真美「うんうん、真美たちガンバらないとね!」

P「いいのか?そんな簡単に決めて.....」

千早「いいんです、ところでプロデューサー、どんな曲にするかはもう決めてありますか?」

P「まだだ、既存の曲にするか新曲を作るか.....」

千早「どちらでも構いません、ただ一つだけお願いがあるんです」

P「お願い?」





千早「ええ、みんなが笑顔になれるような曲でお願いします」





おわり