1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 19:07:32.47 ID:0CArE/670
美希「ねぇハニー」

美希「ねーハニーってばー!」

P「……」

美希「聞こえてるんでしょ?ハニー!?」

P「あっ、小鳥さん?昨日の領収書出すの忘れてたんだけど」

ピヨ「今出してもらって構いませんよ、プロデューサーさん」

P「はい、これ。じゃあ俺は雪歩迎えに行ってくるから留守番頼みます、小鳥さん」

美希「み、美希もいるのー!」

美希(……美希、ハニー怒らせるようなことしたかな)ウルウル

引用元: P「美希を無視し続けるとどうなるか」 


 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 03 星井美希
星井美希(長谷川明子) 天海春香(中村繪里子) 我那覇響(沼倉愛美)
日本コロムビア (2010-11-03)
売り上げランキング: 51,616
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 19:22:53.98 ID:9QhjT7mNi
春香「プロデューサーさん!今日は久しぶりの写真撮影ですね!」

春香「美希ちゃんと響ちゃんと3人で頑張りますっ!!」

P「おい、そんなにはしゃいでると……」

春香「わっ!」ドンガラガッシャーン

響「大丈夫か?立てるか?」

春香「わわっ!あ、ありがとう響ちゃん」

P「しっかりしないとダメだぞー」
ハハハハ ワイワイ

美希(……)

美希「わっ!なの!」ドンガラガッシャーン ナノ
チラッ
P「みんな準備できたら下に降りて車に乗るんだぞー」テクテク

美希(やっぱりおかしいの……)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 19:54:11.20 ID:GF1DRBr8i
美希(こうなったら強行手段にでるの……!)

美希「ねーハニー!!」ダキツキ

P「……うるさい」

美希「えっ」

P「おーい響!犬美は事務所に置いていかないとダメだぞー」

美希(なんで…なんで美希、嫌われてるの……)ウルッ 

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 20:18:06.53 ID:GF1DRBr8i

美希(結局あの後ハニーと一言も話せなかったの……)

律子「ただいま戻りましたー」

美希「おかえり、なの……」

律子「あれ、美希どうしたの?元気ないじゃない」

美希「……律子、さんは何か知らない?」

律子「えっ、なにが?」

美希「最近ハニーが冷たいの……話しかけても返事してくれないし……」ナミダナミダ

律子「ちょ!ちょっと泣かないでよ……私にはプロデューサーはいつも通りに見えるけど?気のせいじゃないの?」

美希「そうかも、なの……律子、さん。 ありがとうなの……」

美希(つまり、美希以外にはいつも通り、ってことなの……?)

美希(大丈夫、まだ考えはあるの……) 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 20:28:43.76 ID:GF1DRBr8i

美希「ハニーのバカ、っと。これでおっけーなの!!」

美希「今日は全員で撮影の日……こうすればハニーは飛んでくるに違いないの!」




美希「んー……寝ちゃってたの」アフゥ

美希「ハニーから返事きてるかなー……」ナノ


美希「……!春香に真クン、千早さん達からのメールはあっても、ハニーからメールが来てないの……」

美希「ハニー……」グスッ 

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 20:47:33.26 ID:GF1DRBr8i
美希「明日からは、うん、うん、大丈夫なの。ありがとね…!真くん!!」

美希(みんなには、お腹が痛かったって嘘をついたの……)

美希(今日も一言も話してないの……)

四条「お疲れ様です、プロデューサー」
雪歩「お、お疲れ様です……」

P「うん、お疲れ様!雪歩も貴音もバッチリだったな。今日はみんなで飯でも食いにいくか?」

四条「それなら新しく○○に出来たらぁめんを……」

P「うん、良いな!そこにしよう」

美希「結局プロデューサー達についてきちゃったの……」

P「注文は決まったか?」

貴音「私は、このすぺしゃるしおらぁめんを」

雪歩「わ、私はこの、ミニ塩ラーメンで……」

美希「み、美希はこの濃厚し……」

P「すいませーん。スペシャル塩ラーメンと、ミニ塩ラーメンと、あと味噌ラーメン2つ」

美希「……」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 22:06:56.42 ID:ZIKL3/3n0
P「ふぅ…食った食った」

P「雪歩、美味かったか?」

雪歩「はい、美味しかったですぅ」


美希「結局ミキだけ自腹なの…」

貴音「どうしたのですか?美希元気ありませんよ」

美希「なんでもないの…」

貴音「そうですか。何か困ったことがあったらいつでも相談してくださいね」

美希「じゃあ貴音、一つだけいいかな」

美希「ミキ、ハニーに無視されてるみたいなの…」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 22:19:41.19 ID:ZIKL3/3n0
貴音「無視…ですか?」

貴音「私にはそのように見えませんが」

美希「やっぱりミキの勘違いなのかなぁ…」

貴音「一応確認してきます」

美希「えっ!?しなくていいの!」

美希「ミキの勘違いかもしれないし…」

貴音「ですが…、…やはり確認してきます」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 22:33:50.41 ID:ZIKL3/3n0
貴音「あなた様」

P「うぁ!ど…どうした貴音」

貴音「先程美希があなた様に無視されてるのではないかと悲しんでおりました」

貴音「あなた様は本当に美希を無視しているのですか」

P「はぁ!?俺が?ないない」

貴音「そうですか…」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 22:37:02.00 ID:ZIKL3/3n0
美希「ハニーなんて言ってた?」

貴音「無視はしてないと」

美希「そう…やっぱりミキの勘違いだよね」

美希「うん、絶対そうなの!」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 22:43:41.74 ID:ZIKL3/3n0
―翌日―

美希「おはよーございますなの~」

春香「おはよう!美希」

律子「おはよう」

美希「あれ?律子、さんなんでいるの竜宮小町の…」

律子「10時からどうしても外せない用事があるから代わりにプロデューサーに行ってもらってるの」

美希「何時に帰ってくるの?」

律子「そうね、だいたい4時くらいじゃないかしら」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 22:47:58.95 ID:ZIKL3/3n0
美希(4時か~それまで何してようかな)ルンルン

律子「それにしても元気そうね。昨日のことは大丈夫?」

美希「も~まんたいなのー!!」

春香(私は空気…)エアー

小鳥(私も空気…)エアーエアー

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:15:37.90 ID:ZIKL3/3n0
真「おはよーございまーす」

雪歩「おはようございますぅ」

美希「二人ともおはーよーなのー!!!」ルンルン

真「うぁ!!どっ、どうしたの美希!」

美希「なんでもないのーーー!!!」ルンルンルン

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:19:48.66 ID:ZIKL3/3n0
真「お腹の具合はどう?」

美希「へっ…?お腹??」

美希(あっ、そーいえば真君にお腹が痛いって言ったんだ)

美希「No problemなのーーーー!!!」ルンルンルンルン

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:23:26.60 ID:ZIKL3/3n0
律子「じゃあ私行きますね」

春香「私も」

真「ボクたちもいこうか」

雪歩「うん」

小鳥「みんな気をつけてね」

美希「いってらっしゃいなのーーー!!!」ルンルンルンルン

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:27:19.40 ID:ZIKL3/3n0
―夕方―

小鳥「あっ、お茶っ葉切れてる」

小鳥「ちょっと買いに行ってくるから美希ちゃんお留守番お願いね」

美希「はいなの!!」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:38:25.94 ID:ZIKL3/3n0
ガチャ

P「ただいま~、ふぅ、みんなを送るのうわぁ!?」

美希「ハニーーー!!お帰りなさいなのーーー!!!」ギュウ

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:42:14.45 ID:ZIKL3/3n0
P「ぐっ、グルじい…」

美希「ハニーーーーー!!!」ギュウウウ

P「ぅぐっ……」

美希「あ、コーヒー淹れてあげるね♪」ルンルンルンルン

美希「って、わっ!!」スッテンコロリンスットントン

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:44:29.39 ID:ZIKL3/3n0
ガバッ

美希「夢なの…」

美希「小鳥まだ帰ってきてないの。もうひと眠り…」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:50:49.40 ID:ZIKL3/3n0
ガチャ

P「ただいま~、ふぅ、みんなを送るの…!?」

美希「ハニーーー!!お帰りなさいなのーーー!!!」ダッダッダッ

P「」スッ

美希「えっ…、ど、どうして…」

美希「ね、ねえハニー?」

P「…」

美希「…う、ぅっう…」ウルウル

美希「ねえ、ハ、ハニ"ー…?」シクシク

P「…」

美希「ッ…」ダッダッダッ ガチャ

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/14(水) 23:58:11.22 ID:ZIKL3/3n0
美希「ひっく…ぅ……」ダッダッダッ

小鳥「み、美希ちゃん!?」スレチガイー


ガチャ

小鳥「あっ、プロデューサーさん帰ってたんですね」

P「はい」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:03:20.07 ID:QpR9p/nP0
小鳥「美希ちゃん泣いてましたけど、どうしたんですか?」

P「それが…カクカクシカジカ」


小鳥「はぁ、全くプロデューサーさんは乙女心ってものを分かってませんね!」

小鳥「行ってきてあげてください!」

P「」ダッ ガチャ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:07:01.51 ID:QpR9p/nP0
美希「ひっく…ぅ……」テクテク

お前らA「おい、見ろよあいつ星井美希だろ」

お前らB「ぶへ、泣いてる姿もかわいいでござる」

お前らC「写真写真っと」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:10:45.77 ID:QpR9p/nP0
P「美希ー!!美希ーー!!!」ダッダッダッ

美希「ハ、プロデューサー。来ないでほしいのーー!!」ダッダッダッ

P「嫌だ!!!!」ダッダッダッダッダッダッダッダッダッ

美希「こ、来ないでー!!!」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:16:39.69 ID:QpR9p/nP0
P「ハぁ…はァ…つ、掴まえた」

美希「は、放してっ!!」

P「嫌だ!!!」

美希「ミキを無視するプロデューサーなんか大っ嫌いなの!!」

P「ごめん」ドゲザー

美希「へっ…」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:22:03.78 ID:QpR9p/nP0
P「だから、その、無視してごめん!」ドゲザー

美希「い、いきなり謝られても困るの」

美希「それに道の真ん中だよ」

P「関係ない!!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:27:29.53 ID:QpR9p/nP0
P「美希、その、俺の言い訳を聞いてくれないかな」

美希「…」

P「美希、俺なお前のこと振り向かせようと必死だったんだよ」

P「まぁ、プロデューサーとアイドルがそういう関係を持っちゃいけないこと承知の上で」

P「でさ、ある時聞いたんだよ」

P「好きな女の子を落とすには無視しろって」

P「そんで、急に話しかけたら相手はイチコロってさ…」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:31:12.92 ID:QpR9p/nP0
P「だけどな無視しすぎちゃったのかな」

P「美希が悲しんでる姿もう耐えらんなかった」

P「ごめんな美希…本当にごめん」

美希「…」

P「ははっ…、そうだよな許してくれるわけ…」

美希「ハニーはバカなの!」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:35:30.59 ID:QpR9p/nP0
美希「そんなことしなくてもハニーしか見てないの」ポロポロ

美希「ハニーは…鈍感過ぎるの……」

P「み、美希!」ポロポロ

P「本当にごめん。」ギュ

美希「苦しいのハニー」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:42:12.97 ID:QpR9p/nP0
美希「さっきから謝ってばっかなの」ポロポロ

P「うっ…、ひっく……」ポロポロ

美希「ハニー、泣いてるの?」ポロポロ

P「美希だって泣いてるじゃないか、そ、それに俺のは心の汗だ」ポロポロ

P「俺のねじ曲がった心を洗ってくれてんだよ」ポロポロ

美希「そんな顔くしゃくしゃで言ってもカッコ悪いの」ポロポロ









お前らC「動画撮影完了」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:49:12.71 ID:QpR9p/nP0
―帰路―

P「今日は送ってってやるよ」

美希「今日はじゃないでしょ。これから毎日なの」

美希「あっ、もちろん行きも一緒だよ♪」

P「い、行きも?」

美希「な、なんで嫌そうな顔するの?」

P「だって美希起きないんだもん」

美希「ミキだって起きるときは起きるんだからね」プンプン

P「はははー」

美希「わ、笑わないでほしいの―」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:54:59.79 ID:QpR9p/nP0
―美希宅―

P「着いたぞ」

美希「ありがとうなの―」

P「あ、そうだ昨日のラーメン代」

美希「別にいいの。夫婦間での貸し借りはチャラなの♪」

P「…///」

P「じゃ、じゃあまた明日///」

美希「うん、また明日なの」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 00:57:46.67 ID:QpR9p/nP0
P「一時はどうなる事かと思ったけど」

P「許してもらえて良かった」

P「しかも、婚約までできるとは」

P「でも美希をあんな悲しませたくなかったなぁ」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/15(木) 01:05:31.17 ID:QpR9p/nP0
―翌日―

P「おはようございまーす」

美希「おはようございますなのー」

律子「プロデューサー!美希!」

律子「これは一体どういうことなんですか?」イライラ


Cのブログ『美希とメガネ男の熟愛発覚!?』

コメント「殺す」 「何こいつウザい」 「俺の美希が汚された。マジ死ね」etc...


P「いやー。あははは」

美希「大丈夫なの!美希たちの愛の力があればなんとかなるの!!!」



以上で終わりです

最後まで読んでくれてありがとう