2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:50:35.52 ID:5MCPQXq+0


 ねぇ、クロノスタシスって知ってる?
 凛がそう言ったから、私は手元でコンビニのレジ袋を少し揺らして、知らないと答えた。

 街灯にはバタバタと蛾やコガネムシが集っていて、私たちは大きく迂回することにした。
 女の子ですもの、虫は得意ではない。

 それでも街灯の光が揺れるのに合わせて、凛の髪が左右に揺れるのに見惚れた私がいた。
 磨いたグラファイトのように光る彼女のストレートヘアは、触れたらどんな感触なんだろう。

 私がロングだった頃はどんな風だったか、もう記憶が曖昧になっている。

 きっと凛ほど綺麗じゃなかったはずで、肩の上あたりで揺れた襟足が、今は気に入っている。


引用元: 速水奏「ゆらゆら揺れて、夢のようで」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 034速水奏
歌、トーク:速水奏(CV:飯田友子)
日本コロムビア (2015-02-04)
売り上げランキング: 1,233
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:51:18.07 ID:5MCPQXq+0

 あたりはとっくに真っ暗。

 最近は日も長くなってきたけれど、凛と待ち合わせるのはいつも日が落ちてからだった。
 今日もいつも通り、月が追いかけてくるのを知らんぷりして家に帰る。

 この前借りたB級映画は久々の当たりだったから、それの続編を私の右手はぶら下げていた。

「奏の家、そろそろだっけ」

「そろそろね」

 最近、凛は私の家にたまに泊まりに来るようになった。

 それは例えば大きなライブのあとであったり、遠くへのロケの直後であったりして、今回は後者だった。

「どうして奈緒や加蓮の家じゃないの?」

 そう何度か聞いたことはあるけれど、そういうとき決まって彼女はバツの悪い顔をして、カフェオレを飲んだ。
 だから私も、そのうち聞くのをやめた。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:52:02.50 ID:5MCPQXq+0

 左に曲がればもうすぐ、白い壁のマンションが見える。

 さして会話もない、いつも通りのコンビニからの帰り道。
 マンションに入ってもそれは変わらなくて、エレベーターの電灯がちらついていたことを軽い会話の種にしたくらいだった。

 玄関を開けたら、家主よりも先に彼女が靴を脱ぎ始めるのも、もう見慣れた光景だ。

 私は少し前から、一人暮らしをしていた。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:53:00.83 ID:5MCPQXq+0

―――――


 リビングについてすぐ、凛はすぐにソファ代わりのベッドに腰掛けた。
 私が飲み物の準備をしている間、彼女はのんびりとファッション誌のページをめくっている。

 マイペースに、なんなら小さくあくびをするのも見えて、どこか猫に似ていた。

 いつもの強い凛は、どこに行ったんだろう。
 ステージの上のダイヤモンドみたいな凛とギャップがあって、泊まりに来るたびにそれを不思議に思う。

「それで、今回のロケはどこに行ったの?」

「札幌だよ。向こうではようやく桜が咲き始めたんだって」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:56:19.83 ID:5MCPQXq+0

 私がインスタントのコーヒーにたっぷりミルクを入れたら、それを見て凛はちょっぴり饒舌になる。

 北海道ではまだまだスキーができることだとか。
 お土産として買ったチョコレートを少しだけ食べてしまったことだとか。

「奏も最近忙しそうだよね」

「凛ほどじゃないけれど、それなりにね」

「映画、見たよ。ラストシーンのドレス……すごく似合ってた。キラキラしてた」

「ふふっ、ありがと。嬉しいわ」

 実際プロデューサーとも監督とも、何度も打ち合わせて決めたドレスだ。
 似合ってくれないと困るくらい。

 黒いウェディングドレスなんて私らしいでしょ? 

 そう冗談めかして言ったら、「ピンクだとかよりはずっと奏らしい」と凛は笑った。

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:58:04.63 ID:5MCPQXq+0

「それでも、夢は白いドレスだよね」

「まぁ、そうよね。女の子だもの」

「私もウェディングドレス着てみたい」

「凛は誰に見せるのかしら?」

「もう!」

 こんなふうに、凛が泊まりに来るときは必ず仕事の話から始めることにしている。

 というか、そこから始めないと凛が次第にむすっとしだす。
 初めて泊まりに来たときにそれを知って、それからは決まりごとになっていた。

 不機嫌な凛をからかうのもきっと楽しいけれど、それをするよりは今のような関係の方が楽な気がする。
 お互いの知らないことを話すのは楽しかったし、子どもっぽく笑う凛は珍しいから。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 17:59:01.80 ID:5MCPQXq+0

「凛はいつか、私と一緒にステージに立ちたいって思う?」

「……思わないかな」

「やっぱり」

 それで仕事の話は終わりになった。

 そのあと凛はずっとモード系のファッション誌を読んでいて、手持ち無沙汰の私はオーディオの再生ボタンを押した。

 お互い好き勝手していて、凛はたぶん、その時間が好きなんだろう。オーディオからはピアノの音が聞こえた。


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:00:12.14 ID:5MCPQXq+0

「この曲誰の歌なの?」

「シガーロスってバンドよ。ほら、映画でも使われてたでしょ」

「ふぅん、だから聞いたことあったんだ。好きだな、この曲」

 間接照明を点けて、リビングのシーリングライトを消したら、部屋が一気に暗くなる。

 凛の隣に腰掛ければ、白い壁に二人分の影がぼんやり浮かび上がって、私はこの時間が好きだった。
 光の中で、凛の影がゆらゆら揺れる。グラファイトのように輝いてるように見えて、そういえばグラファイトって、とっても脆いんだった。

 触れたら崩れてしまうんだろうか。

「ねぇ、触っていい?」

「後でね」

「いけず」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:00:42.87 ID:5MCPQXq+0

 凛はこてんと私の肩に頭を乗せる。
 高い体温が伝わってきて、やっぱり猫みたいだと思った。

 ふふっ、って笑ってしまって、彼女からはジト目が飛んできたけれど、でも犬を飼っている凛が「猫みたいだ」なんて、可笑しいって思わない?

 甘え下手の野良猫によく似てる。

 狭苦しいワンルームに連れ込んだのは誰だっけ。

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:02:27.08 ID:5MCPQXq+0

―――――


 それから私たちはそれぞれシャワーを浴びて、またベッドの上に並んで座った。

 寝巻き代わりの黒猫の着ぐるみを着て、凛は口を尖らせている。
 凛がシャワーを浴びている間に、私が用意したやつだった。

「なんで奏がこんな服持ってるのさ……」

「いいじゃない。似合ってるんだし」

「どこで売ってるの、こんなの」

「さぁ? この間フレちゃんが新品を置いていったのよ」

「フレデリカが?」

「仁奈ちゃんと一緒に買ったって言ってたわ」

「あぁ……」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:03:56.33 ID:5MCPQXq+0

 ちなみに私も鳥の着ぐるみを着ている。
 フードには飾り羽が付いていて、なんていう鳥かフレちゃんに聞いたら「ミミズクだよ!」だそうで。

「ミミズクなんて、奏にはぴったりだよね」

「夜のハンター、なんてね」

「ハンターっていうわりには結構臆病なところとか」

「ちょっと」

「ふふ、冗談だよ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:04:44.11 ID:5MCPQXq+0

 カチコチ時計が鳴っている。もうすぐ十二時だった。
 普通の女子高生のお泊まり会だったら、ここからが本番だったりするのかもしれない。

 でも、私たちの夜会は、だいたい日付が変わる頃にはお開きになる。

 今日も大きなロケが終わってそのまま来たんだろうか。凛は眠そうな目を擦った。

 ダメじゃない。赤くなっちゃうわよ。

「奏って、お姉ちゃんみたい」

「あら、そう? じゃあ凛は手のかかる妹ね」

「面倒くさいってこと? 失礼しちゃうな」

「ふふっ! そうかもね。少し大人ぶっちゃったかも」

「あれ、大人っぽいって言われるの苦手じゃなかったっけ」

「凛にならいいのよ。実際、私の方がお姉さんだもの」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:06:24.38 ID:5MCPQXq+0

 私たちはむぐむぐベッドに潜る。
 彼女が口元まですっぽりタオルケットをかぶったら、三センチだけ背の低い私はつま先が冷えてしまう。

 少し丸まれば、ベッドの上は私たちでいっぱいになった。
 大きめのベッドを買って良かったな。

 時計の音。

 タオルケットの中はとても静かだった。

 凛との夜の会話、時計の針はもうすぐ十二時を指している。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:07:01.35 ID:5MCPQXq+0

「奏はさ」

「なぁに?」

「どうしてあの日、私を泊めたの?」

「今さら聞くなんて、どういう風の吹き回し?」

「はぐらかさないで教えてよ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:09:26.33 ID:5MCPQXq+0

―――――


 凛を最初に泊めたのは、たしか十二月の雪の降った日だった。

 レイトショーを見た帰り道、コンビニの前で大げさなくらいマフラーを巻いた凛を見つけた。
 寒さで顔を赤くした凛に声をかけたのは私の方だった。

 その日も凛は、街灯の下でゆらゆら影を作っていたっけ。

「どうしたの、こんな時間に。もう十時よ」

 私がそう言ったら、いきなり「奏の家に泊めて」なんて答えるものだから面食らったけれど、結局二人で一緒に帰った。

 次の日、凛は私の家からそのまま学校に向かって。

 桜が散って、木々が緑色になった今も、こうして彼女は私の横にいる。

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:10:18.83 ID:5MCPQXq+0

 「どうして凛を泊めたのか」なんて、今まで考えたこともなかったんだ。
 だってあの日の凛はなにかとても疲れていたような気がして、ほっとけなかっただけ。

 もしかしてこの子は私の想像以上に脆いのかもしれない。そう思ってしまったら、そばにいたくなった。

「……心配になったのよ。凛のこと」

「心配……そっか。心配してくれたんだ」

「逆に聞いていいかしら」

「なに?」

「どうして、私なの?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:10:53.36 ID:5MCPQXq+0

 凛には奈緒や加蓮、卯月、未央みたいに、たくさんの友達がいる。
 その中で私を選んだのはどうして?

 初めて泊めた冬の日は、偶然。でも、二度目や三度目は偶然じゃないでしょ?

 そう聞いたら、やっぱり凛はバツの悪い顔をして、タオルケットに鼻先を埋める。

「偶然なんかじゃないよ」

「最初の日も?」

「私、知ってた。奏が一人暮らししてるってこと。あの時間にコンビニに寄るってことも。あの日、私は奏に会いに行ったんだよ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:15:10.10 ID:5MCPQXq+0

 ねぇ、クロノスタシスって知ってる?

 また凛はそう言ったから、私は今度は「教えて?」と答える。

「時計の針が止まって見える現象のことだよ。早い眼球運動のすぐ後に時計を見ると、時計が止まって見えるんだって。奏との時間はそれに似てる。いつまでも続くんじゃないかって、そう思っちゃうんだ」

 凛はまるで、血を吐くみたいに言葉を続けた。

 疲れた、と彼女がぽつりとこぼしたのを聞いたら、全部納得がいった。

 ああ、そうだったんだ。走り続けて、疲れちゃったのね。

 キツいこと言わせちゃって、ごめんね。

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:17:54.96 ID:5MCPQXq+0

 凛はいつだって強くて、キラキラ輝いて、全力で走り続けられるって、てっきり私もそう思い込んでいたんだ。
 
 私はグラファイトの髪を撫でる。
 私が触れても崩れはしなかったけれど、すごくか細く感じる。

 時計の針は十二時をとっくに超えて、彼女はもうダイヤモンドじゃなかった。

 私の前には渋谷凛っていう、脆くて儚い女の子がいるだけだった。

「奏は、私と一緒に走ってはくれないでしょ?」

「そうね。きっと、凛とは一緒に走らない」

「だから良いんだな……落ち着くんだ。奏のいるところは」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:21:15.65 ID:5MCPQXq+0

 彼女の髪に指を通せば、指の間をさらさらと流れる。
 思いっきり甘えてほしかった。

 野良猫に似ているところも、子供っぽいところも、彼女の弱さも知ってしまった私は、彼女の細い髪を撫でて、からだを抱きしめて、それしかできないけれど。

 凛のまぶたが落ちてきたのに合わせて、私は部屋の灯りを暗くする。

 夜が明けたら、凛はまた走り出すんだろう。
 だから、それまでは私の隣で。

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:21:45.60 ID:5MCPQXq+0


 お休み、凛。




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 18:22:37.37 ID:5MCPQXq+0





お わ り