1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 17:02:53.73 ID:F39a0eg10

P「なんかすごく便利そうな物だな」

晶葉「その名の通り対象の助手への愛情を変更できるぞ」

P「すごい技術だな!さすがは晶葉!」

P「でもどうやって使うんだ?」

晶葉「ここにタッチパネルがあるだろう?ここのメニューボタンを押すと愛情度変更メニューが出てくるから、ここで設定を変えられるぞ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375171373

引用元: モバP「愛情度変更メーター?」 


 

アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (4) (電撃コミックスEX)

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-02-26)
売り上げランキング: 274
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 17:03:55.68 ID:F39a0eg10
晶葉「愛情:有 だと……」

Lv1:友達
Lv2:恋人
Lv3:夫婦
Lv:4祖母
Lv5:老夫婦
Lv:6母親

晶葉「……の6レベルから選べるぞ!」

P「随分凝ってるなあ……」

晶葉「試しに何人かに実験してデータを集めたいんだ。お願いしてもいいか?」

P「まあ、晶葉にはいつも世話になってるからな。やれる範囲でがんばるよ」

晶葉「頼むぞ、助手!」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 17:04:40.39 ID:F39a0eg10
P「結構面白そうだな……誰からやろうか」

ガチャッ

卯月「おはようございます!」

P「おはよう、卯月。今日も頼むぞ!」

卯月「はい!がんばります!」

P(最初は卯月に試してみようかな)

P(ここで設定して……銃口を向けて……発射!!)

P(試しにLv3でやってみたけど、どうだ?)

卯月「~♪」

P(特に変わった様子はないな……なんかアクションを起こすか)

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 17:06:46.62 ID:F39a0eg10
P「卯月、俺今から会場の下見に行ってくるから事務所の留守番よろしくな」

卯月「はーい!」

卯月「あ、プロデューサーさん!」

P「ん?」

卯月「ネクタイ曲がってますよ」ギュッ

P「ああ、悪いな」

卯月「えへへ♪」

チュッ

P「!?」

卯月「いってらっしゃい♪」

P「……いってきます」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 17:07:43.76 ID:F39a0eg10
P「なかなかにいいものだった……チュウされるのは意外だったけど」

P「よし、もう少し試してみるか!」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 21:16:22.15 ID:F39a0eg10
とりあえず安価

対象>>23

Lv >>27

明日また書き始めます。

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 21:19:10.80 ID:C8pRawD/0
ちゃんみお

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 21:20:41.48 ID:WmSYIqHAO
3

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:51:55.33 ID:hOsqrjvP0
二時間後 事務所

ガチャッ

未央「おはようございまーす!」

P「おはよう、今日も元気だな」

未央「やっぱり元気に挨拶しないとね!」

未央「お茶もらうね!」

P「はいよー」

P(設定をLv3にして……発射!)

P(どうなるかな?)

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:52:58.16 ID:hOsqrjvP0
未央「おまたせー!」

P「ん?このコーヒーは?」

未央「Pさんのだよ。Pさんいつもこの時間は冷たいコーヒー飲んでるでしょう?」

P「まあね」

未央「砂糖はちょっと多めじゃないとイヤなんだよね。子供っぽくてかわいいなあ~」

P「な、何で知ってるんだ?」

P(誰にも教えたこと無いはずだけど……)

未央「この位できないとPさんの奥さんにはなれなかったからね♪」

P(すごいな……もうなったことになってるんだ)

ゴクッ

P「本当に俺の好みだ……」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:53:59.45 ID:hOsqrjvP0
P「未央が奥さんって心地よかったな……」

対象>>35

レベル>>38

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:56:29.20 ID:Qv5rBTNqo
メアリー

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:56:46.35 ID:Bay594yeo

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:01:30.69 ID:0eLHAkwl0
メアリー「ハァーイ!」

P「メアリーか、今日はオフじゃなかったか?」

メアリー「ダーリンに会いたくて来ちゃったのよ」

メアリー「化粧室を借りるワ!」

P「了解」

メアリー「覗いちゃダメよ?」

P「覗きません!」

メアリー「♪」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:02:08.94 ID:0eLHAkwl0
P(メアリーが彼女とか奥さんって何となく想像つくな……お母さんになってもらうか!)

P(設定して……発射!)

P(入っていったな……あとは出てくるまで待つか)

10分後

ガチャッ

メアリー「お待たせ……」

P「zzzzz」

メアリー「こんなところで……体を痛めるワ」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:03:40.79 ID:0eLHAkwl0
メアリー「起きなさい、P」

P「……ん?あれ寝ちゃったか」

メアリー「ダメよP、しっかり寝ないと」

P「ああ、ごめんごめん」

メアリー「しょうがない子ね……」

ポンポン

メアリー「Come on♪」

P「ん?」

メアリー「お膝を貸してあげるワ。好きでしょ、膝枕」

P(そうか、メアリーにはお母さん属性をつけたんだっけ)

メアリー「しなくても大丈夫?」

P「ぜひ!」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:04:56.50 ID:0eLHAkwl0
……

P「はぁ~意外と心地いいな」

メアリー「Pは昔からこれじゃないと寝られないのよネ」ナデナデ

メアリー「ママの添い寝から卒業するのはいつになるのかしら……」ナデナデ

メアリー「Pも早くガールフレンド見つけないとダメよ?ママはいいけど、いつまでも甘えてばかりじゃだめ」ナデナデ

メアリー「いい?」

P「うん……」

P(普段甘えられている子から甘やかされるのって、なんかくすぐったいな)

P(でも気持ちいい……なんか目覚めそうだ)

P(また眠くなってきた……)

メアリー「お休み♪」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:06:38.59 ID:0eLHAkwl0
P(あのあと30分くらい寝ちゃったけど、見つかったのが晶葉で良かった……)

P(年下に膝枕されて甘えていたなんて知られたらまずかったからな……)

次>>53

レベル>>57

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:08:46.17 ID:PE02eNpVo
美嘉

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 00:13:31.24 ID:JZHofDroo
2

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:12:41.07 ID:C14Dugd80
美嘉「こんにちはー★」

P「お、今日はいつもより早いな」

美嘉「家のエアコン壊れちゃったから、早めにきたよ」

P「冷蔵庫にスポーツドリンクあるから飲んでもいいぞ」

美嘉「では遠慮なく★」

P(美嘉は一回恋人にして様子を見てみるか)

P(セットして……発射!)

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:13:25.99 ID:C14Dugd80
美嘉「はいPさんどうぞ★」

P(呼び方が変わったな、名前で呼んでくれたぞ)

P「ありがとな」

ポフッ

P「……なあ美嘉」

美嘉「うん?」

P「どうして俺の膝の上で座ってるんだ?」

美嘉「えへへ~、Pさんの上に座るとなんか落ち着くんだよね」

P「そ、そうか」

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:15:37.12 ID:C14Dugd80
P(ヤバイ!お尻で股間をぐりぐりされて俺のムスコが……)ムクムク

美嘉「ん?」

P(オワタ)

美嘉「え……こ、これって……」

P「落ち着いてくれ美嘉、俺は」

美嘉「……これってあたしが上に座ってたから?」

P「だから」

美嘉「じ、じゃあ……あ、あたしが責任取らないとね/////」カチャカチャ

P「お、おい!美嘉!!」

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:16:14.87 ID:C14Dugd80
P(まずい!俺も押さえきれなくなってきた)

美嘉「……うぅ……」

美嘉「や、やっぱりまだ無理―!!!」

ドスッ

P「オウフ!!」

美嘉「初めてはやっぱり私の……ううん、Pさんの部屋でも////////」

P「」チ―ン

美嘉「あ、何だったら莉嘉の部屋でも////////」

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:18:25.17 ID:C14Dugd80
P「相変わらず余裕がない処女ヶ崎であった」

P「痛い……」

時間が取れそうに無いので、次で最後です。

次の人>>79

レベル>>83

79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:31:53.43 ID:ECs3+E/Ao
岡崎先輩

83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 15:39:48.78 ID:jmFAu61no
5

92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 17:23:55.49 ID:C14Dugd80
泰葉「こんにちは」

P「こんにちは」

泰葉「?Pさん顔が赤いですよ?どうしたんですか?」

P「いや、何でも無いんだ!ちょっと暑かったからさ!」

P(美嘉とのアレがまだ残ってたのか・・・・・・気をつけないと)

P「泰葉、向こうにお茶があるから飲んでもいいぞ」

泰葉「ではいただいてきますね」

P(まだLV5試してなかったな……使ってみよう)

P(発射!)

P(さて、どう変わるか)

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 17:24:55.06 ID:C14Dugd80
泰葉「Pさん、お茶はいりましたよ」

P「うん、ありがとう」ゴクッ

P(俺好みの渋めのお茶だ……ここまでは未央と変わらないな)

泰葉「Pさん、今日はアレがあるのを覚えていますか?」

P「ああ、アレか、ちゃんと覚えてるよ。忘れたりしたらもう使わせてもらえないかもしれないしね」

泰葉「Pさんは昔から忘れっぽいところがありますからね」

P(昔っていつくらいなんだろう?)

P(っていうか今何で「アレ」だけで会話が成立したんだ!?俺泰葉に何も言ってなかったぞ!?)

P「なあ、泰葉……」

泰葉「分かっていますよ、Pさんは何か言いたい時は顔に出ますから。私分かっちゃうんです♪」

P「そうだったのか……」

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 17:26:27.74 ID:C14Dugd80
ストン

P(ん?隣に座ってきたぞ)

泰葉「私はあなたのそんなところが好きなんですよ」

P(何だろう……ストレートな告白なのに恥ずかしくないな。何度も聞いてるような気がするけど、でも安心するというか、素直に嬉しくなるな)

泰葉「初めてこの世界に入った時は、両親のために頑張っていました」

泰葉「でもこの事務所に来てからは、自分のために頑張っていいってPさんが教えてくれたんです」

P「それは……」

泰葉「分かってますよ。私が頑張った結果なんですよね、今の私がここに居るのは」

P(え?俺何にもしゃべってないのに……)

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 17:27:32.73 ID:C14Dugd80
泰葉「これからもよろしくお願いしますね、Pさんと一緒にここに居られるように頑張りますから♪」

P「あ、ああ、よろしくな」

泰葉「ところでPさん、アレはもうできました?」

P「おう、早くしないとちひろさんにどやされるからな!」









P「……あれ?」

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 17:28:22.99 ID:C14Dugd80
P「お互いが声さえかけずに分かり合えるってのが老夫婦なんだな……」

P「軽くホラーだった気がしないでもないけど……」

97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/31(水) 17:30:07.30 ID:C14Dugd80
少なくてすいません。

終わりです。安価を取ってくれてありがとうございました。