9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 20:19:27 ID:O3/MqnIw
エレン「目元とか似てるよな」

サシャ「」

アルミン「うん。あと鼻筋もそっくりだ」

コニー「」

ミカサ「口元もどことなく似てる気がする」

サニー「」

~~~とある海岸~~~

コニー「……」

ザザーン…

サシャ「……」

ザザーン…


コニー「……姉さん……」

サシャ「はい……兄さん……」 





14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:39:41 ID:UyU8tRYQ
サシャ「ねぇコニー」

コニー「ん?どうした」

サシャ「私達、似た者同士らしいですよ」

コニー「えー?どこがだ?」

サシャ「分かりません」

コニー「だよなー」

エレン「…やっぱあいつら似た者同士だよな」

アルミン「そうかもね」

サシャ「コニーと一緒にしないでください」ズイッ

エレン「お、おう」ビクッ

アルミン「ご、ごめん」ビクッ

コニー「どしたーサシャー」

サシャ「いいえ何にもですよー」

コニー「そっかぁ」

サシャ「そうですよー」 


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:44:11 ID:UyU8tRYQ
エレン「ビックリした」

アルミン「何か気に障ったかなぁ?」

エレン「わからん」

アルミン「お似合いだとは思うんだけどね、あの二人」

エレン「そう思う。実際仲良さげだし」

アルミン「うん」

サシャ「相変わらずコニーの頭は触り心地いいですね」ジョリジョリ

コニー「やめろよー」

サシャ「えー、いいじゃないですか」ジョリジョリ 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:48:32 ID:UyU8tRYQ
アルミン「仲が良いのは別に気にならないんだね」

エレン「そうみたいだな」

アルミン「やっぱり仲が良いだけじゃなく、似た者同士っぽい」

エレン「そうだよなぁ」

サシャ「だからコニーと一緒にしないでください」ズズイッ

エレン「す、すまん!」

アルミン「あのさサシャ、無理に答えなくてもいいんだけどさ」

サシャ「はい、何でしょう?」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:52:39 ID:UyU8tRYQ
アルミン「君はコニーと仲が良いみたいだね?」

サシャ「もちろんですとも!」エッヘン

エレン「そこは認めるんだな」

サシャ「それはそうですよ、コニーはいつもご飯を分けてくれる優しい人ですからね!」

アルミン「(半ば強奪に近い気もするけど…)なるほどね。でもさぁサシャ」

サシャ「はい?」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:57:44 ID:UyU8tRYQ
アルミン「どうしてそんな仲の良いコニーと一緒にされたくないの?」

サシャ「」ピクッ

エレン「お、おい…サシャ?」

アルミン「む、無理に答えてくれなくてもいいからね?」

サシャ「…良いでしょう、お答えします」

アルミン「ありがとうサシャ。正直話しては貰えないかと思っていたから」

コニー「おーいサシャー?どうしたー?」ヒラヒラ

サシャ「ちょっと待ってて下さーい」フリフリ

コニー「へーい」

エレン「…で、どういう訳なんだ?」 


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 02:00:09 ID:UyU8tRYQ
サシャ「まずですね…」

アルミン「う、うん」ゴクリ

エレン「おう…」ゴクリ






サシャ「私の頭はあんなにジョリついてません」

アルミン「」

エレン「」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 02:03:19 ID:UyU8tRYQ
サシャ「?…どうかしましたか?」

エレン「いやっ!何でもないぞ!」

アルミン「うん!続けて続けて!」

サシャ「はぁ…それにですね」

サシャ「私はあそこまで小さくありませんよね?」


アルエレ「」

エレン「あ、ああ!そうだな!」

アルミン「う、うん!そうだね!」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 02:09:06 ID:UyU8tRYQ
サシャ「でしょう?全く、それなのに皆さん『お前ら二人は似た者同士だ』なーんて仰るんですから」

エレン「お、おう…」

アルミン「…それで?」

サシャ「いやですからね?見た目が全く似ていないのに『似た者同』だなんて」

サシャ「私にもコニーに対しても失礼じゃないですか」プンスプンス

エレン「(ああアルミン…サシャの奴ってさ…)」ヒソヒソ

アルミン「(うん…どうやら額面通りに『似た者同士』と言う言葉を受け取ってるみたいだね…)」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 02:14:31 ID:UyU8tRYQ
サシャ「全く…どこの世に坊主頭の乙女がいますか…って」

サシャ「お二人共、聞いてるんですか?」プンスプンス

エレン「き、聞いてるって!そうだよな!それは失礼な話だな!」

アルミン「そうだよね!そうとはつゆ知らずごめんね!」

サシャ「いえ、お分かり頂ければいいんですよ」

コニー「サシャー?まだー?」フリフリ

サシャ「あ、ハーイ!今行きますよー」ヒラヒラ

サシャ「それではコニーを待たせているので、これで」

エレン「おう、何かすまなかったな」 


25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 02:20:58 ID:UyU8tRYQ
コニー「何話してたんだ?」

サシャ「いえいえ、大した事ではありませんよ」

コニー「そうか、まぁいいや」

コニー「所でさ、あの雲見てみろよ」

サシャ「あれは…パァンみたいな雲ですね!おいしそうです!」ジュルリ

コニー「だろー?お前が戻ってくる前に流されないか心配だったけど」

コニー「一緒に見れて良かったぜ」ヘヘン 

コニー「それに、やっぱりパンみたいだって言うと思ってたんだよな」

サシャ「えー?何ですかそれは!」ジョリジョリ

コニー「だーかーらーさーわーんーなー」 



27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 02:24:18 ID:UyU8tRYQ
アルミン「ねぇ、エレン」

エレン「あぁアルミン。やっぱりあいつら」




「「似た者同士だな」だね」





サシャ「コニーと一緒にしないでください」ズイッ

ビクッ

おわり