1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 14:04:12.77 ID:t8v3Mcph0
女「私たち、ようやく一緒になれたね」

男「…」

女「大丈夫よ…私がずっとお世話してあげるから」

女「他の女なんてあなたには必要ないの」

女「私だけいればそれでいい」

女「私も、あなたさえいれば他に何もいらないわ」

女「あぁ…なんて幸せなの…」

女「好きよ…永遠にあなただけを愛してる」

男「女…」










男「なんでお前も捕まってるんだよ」

女「ちょっと!はやくこれ解きなさいよ!!」

友「だってぇ…こうしないと女ちゃん逃げちゃうから…」

友「うわーん!!」

女「うわーんじゃないわよこのクソレズ女」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456290252

引用元: ヤンデレズに狙われるノンケヤンデレに狙われる男 


 

ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD 眠れないCDシリーズ Vol.2
イメージ・アルバム 落合祐里香 広橋涼 河原木志穂
EDGE RECORDS (2008-01-11)
売り上げランキング: 10,992
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 14:15:25.05 ID:t8v3Mcph0
男「ていうか、なんで俺は今も拘束されてるんですかね」

友「私だって男くんなんか瞬殺して女ちゃんと二人きりになりたいんだけど…」

女「男と離れるくらいなら舌噛みちぎって死ぬから」

友「とか言うからねぇ…」

友「女ちゃんによる拘束をそのまま使わせてもらうことにしました」

男「…で、俺を拘束した後に女が友に拘束されたと」

男「お前なにやってんだよ」

女「しょうがないじゃない!この子ったらスタンガン使ってきたのよ」

女「あーずるいずるい。背後からいきなりなんて」

男「女が俺にやったことを思い出して謝ってほしい」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 14:32:44.67 ID:t8v3Mcph0
女「そもそもここ私の部屋なのに、なんで自分の部屋で縛りつけられなきゃいけないのよ」

友「女ちゃんも自分の部屋だと落ち着くかと思って」

女「なんで落ち着くと思っちゃったのかしらこの子」

男「それにしても、あの友にこんな秘密があったとは…」

女「はぁ…男には言わなかったけど、友は前から同性として私のこと好きだったのよ」

男「いやいや同性としてってお前」

女「ねぇ、あんたの告白は断ったわよね?」

女「私、彼氏いるから付き合えないって言ったでしょ」

友「ダメだよ。女ちゃんには私以外なんてありえないから」

友「ねぇ、こんなに想ってるのにどうして振り向いてくれないの?」

女「だから!あんたは女の子で私も女の子!」

女「女の子同士で恋愛なんて無理無理無理ぃ!」

友「でも、愛があればなんでもOKって女ちゃん言ってたじゃん」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 14:45:22.81 ID:t8v3Mcph0
女「うぐっ…」

男「愛があれば監禁もOK…ってそんなわけあるか!」

女「大丈夫よ、私たちは愛し合ってるじゃない」

女「真に愛し合っている私と男ならなんだってOKなんだから」

友「じゃあ愛があれば好きな人を監禁して一生独り占めしてOKだよね?」

女「あんたのは一方的な狂愛でしょおぉぉぉぉぉぉ!!」

男「愛し合っていたとしても監禁は犯罪です」

男「通報します」

女「ふふっ、男のケータイなんか私が預かってるに決まってるじゃない」ガサゴソ

女「…あれ、私のケータイ"も"ない」

男「えっ」

友「ふぇぇ…」スッ

女「あ゛あ゛!?なんであんたが持ってんのよ!!」

男「俺のケータイまで持ってるよこの子…」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 14:58:46.06 ID:t8v3Mcph0
友「監禁されてるのバレたら困るんだよね」

女「卑怯よ!せめてそれだけは返しなさい!!」

男「自分のしたことをうんぬんかんぬん」

友「いくら女ちゃんの頼みでもこれだけはちょっとね」

女「ちっ…分かったわ。もうあんたと一生口きかないから」

友「じゃあ私も対抗して女ちゃんの大切な男くんをレイプするね」

女「あー分かった分かったごめんなさい」

友「えへへ、冗談だよ」

友「こんなきったねえやつの相手なんかするわけないからっ」

男「とばっちりな上にひどすぎだろ」

男「おい女、彼氏がきったねえとか言われてるぞ」

女「まあ、友が男に気がないならなんと言おうと構わないわ」

女「そこだけは安心ね」

男「お前ってちょっとズレてるよな…」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 15:19:49.35 ID:t8v3Mcph0
友「とりあえず女ちゃんのケータイチェック」ピピピッ

女「きゃあああああ!ダメダメダメ!」

女「…なーんて、ロックしてあるに決ま」

友「よし、ロック解除♪」

女「うわあああああああああ!!!」

男「だよな。分かってた」

友「…うわ、フォルダに男くんの写真しかない」

友「うわっ…えー…」

女「み、見ないでぇ…」カァァ

男「今さら恥ずかしがられても」

女「い、いやその…結構画像編集とかしてて…」

友「…『初デート!男大好きだ~』だってほら見て」

女「うわわわわそれダメぇ!!」

男「んっ?お、おう…」

女「…もういっそ殺して」プシュー

友「おい男」ギロッ

男「えぇ…」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 15:35:01.06 ID:t8v3Mcph0
友「うーん、これはダメだね」

友「よし、全削除!」ピッ

男「なっ…!」

女「えっ…」

友「私以外の写真なんていらない」

女「そんな…っ」

友「後で私の写真いっぱいあげるからね、女ちゃん」

友「えへ、えへへへへ」

女「う、嘘…男との思い出が…」

女「ひどい…うっ…ひどいよぉ…」ポロポロ

男「っ…友、やりすぎだ!!」

友「はぁ?」

男「好きなやつを苦しめるのがそんなに楽しいか!!」

友「楽しくないよ。でもね」

友「私以外の存在が気にいらないからしょうがないじゃん」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 15:46:48.41 ID:t8v3Mcph0
男「テメェ…後でぶん殴ってやる」

友「こわっ、なんで男くんが怒ってるの?」

友「女ちゃん明らかに演技してるじゃん」

男「えっ」

女「」ギクッ

友「今消した画像もどうせこの端末だけじゃないよね」

友「泣いた演技すれば画像がもうなくなったように思いこませられるって考えたのかな」

女「」ダラダラ

友「私の知る限りパソコンとかにもっとエグい画像が…」

女「あっー!!!あっー!!!!!」

男「おい女」

女「友様なんでもしますんでどうかパソコンのほうは男には…」

友「ほんと!?やったぁ!!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 16:24:10.31 ID:t8v3Mcph0
友「じゃあ…その…キス、して?」

女「無理に決まってるでしょ」

友「はいパソコン起動ー」

女「分かった分かったするする!!」

男「そんなに見られたくないのか…逆に気になる」

友「知りたい?」

男「おう」

友「えっとね…男くんの精」

女「あああああああああああああああああああキスするぞ友おおおおおおおおお!!!」

友「うん、しよしよ~♪」

女「はぁ…お願いだから目閉じててね」

女「男にだけは、他の人とキスしてるところなんて見られたくないから」

男「っ…分かった」ゴクリ

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 18:03:28.93 ID:t8v3Mcph0
友「女ちゃん、キスは初めて?」

女「そんなわけないでしょ。そこのイケメンと1万回は軽くしてるわ」

友「はぁ…ほんと男くんぶっ殺したい」

男「怖すぎだろ」

友「ちなみに私はファーストキスだからね」

女「ああもう、そういう情報いいから!」

女「…なんでそんな大切なキスを自分と同じ女の子にあげちゃうかなぁ」

友「女ちゃん…」ドキドキ

女「じゃあ…い、いくわよ」

友「うん、きて…」ギュッ

女「…んっ」

友「んむぅ…っ」

女「ふぁっ…へろいへんなぁ…じゅるっ…」

ジュルリ…チュッ…チュパッ…

ポタポタ

男「おお、ほおぉぉ…」←ガン見

友「っ…はぁ…はぁ…」

友「女ちゃん…好きぃぃ」ダキッ

女「はぁ…はぁ…よだれやばっ…」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 18:05:10.35 ID:t8v3Mcph0
男「マジかぁ…ほほほぉ…」

女「…み、見んなばかぁ」

男「す、すまん!!」バッ

女「もう終わったし…いいけど…」

友「女ちゃん、すっごく良かったよ」ウットリ

女「キモいこと言わないで」

友「ひどいー」

女「あーあ…とうとう女の子とキスしちゃった」

友「これからキス以上のことするのに女ちゃんたら大げさだね」

女「はああああ!?」

女「これ以上はほんとにもう無理よ!」

友「じゃあ男くんとするね」

女「冗談抜きで殺すぞ」

友「それじゃあ女ちゃんだね」

女「あぁぁ…うーん…それもなぁ…」

友「女ちゃーん♪」ギュウウ

女「はぁ…」

男「完全に二人だけの世界でワロタ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 18:06:25.25 ID:t8v3Mcph0
友「今機嫌いいからなんでも言うこと聞いてあげる~」

女「よし、今すぐこれを解きなさい」

友「それはダメ」

女「なんでも言うこと聞くって言ったじゃない」

友「逃げる系はダメだから」

女「じゃあ別に何も…」

女「…あっ、そうだわ」

女「友、男のケータイ出してもらえるかしら」

男「ちょっ」

友「はい」スッ

女「暗証番号は○△×△よ。今すぐ開いて」

友「オッケー」ピピピッ

男「おいいいいいい!!!なんでお前が知ってんだ!?」

女「私はあなたの全てを知ってるのよ」

女「愛しているから」

男「なんだその理由」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 18:08:08.98 ID:t8v3Mcph0
女「とりあえずフォルダね。どんな画像が増えてるかしら」

男「お、おいお前ら何勝手に…」

友「えーっと…うん、意外と普通…」

友「…うわ、エッチな画像があるよ女ちゃん」

男「おうわあああ!!」ジタバタ

女「見せなさい」

友「ほらこれ」

女「…何よこれは」

男「いや、これはその…」

女「ねえ、なんで私以外の女がいるの?」

女「私だけじゃ満足できない?」

女「こんな女のどこがいいの?」

女「ねえどうして?」

男「と、友達にあげようとした画像なんだよ!」

男「あいつらほんとスケベだからさぁ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 18:10:01.18 ID:t8v3Mcph0
女「友、消しなさい」

友「削除ー」ピッ

男「ぶわあああああ!!」

女「そんなので私をだませるわけないでしょ。いつから男を見てきたと思ってんのよ」

女「スケベなのはあんたよ」

男「うぐっ…」

女「受信履歴も調べてもらえるかしら」

男「えっ」

友「なんで?」

女「男を狙う醜いメスどもの臭いがするのよ」

女「全員潰すから送り主が誰か知りたいの」

男「ちょ待って…!」

友「男くんすごいモテるもんねぇ」

女「彼氏がモテると管理も大変よ」

女「本当、昔っから世話焼けるんだから」

男「そんなの頼んでねぇよォー!!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 22:29:22.23 ID:t8v3Mcph0
友「…あれ?女の子からのメールっぽいものはきてないよ」

女「ん?ちょっと見せて」

女「…連絡先一覧見せてくれる?」

友「えーと…これかな」

友「はいっ」

女「ん、ありがとう」

女「…どういうことよ、まったくないじゃない!」

女「私と友と男のお父さん、お母さん…それに男と仲のいい数人…」

女「な、なんで!?」

男「…もうメールしないって言ったんだよ、みんなに」

女「えっ」

男「それで女が悲しむって分かったからな」

男「きっぱり言うことにしたんだ」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 22:32:52.48 ID:t8v3Mcph0
男「俺には大切な女がいる。だから無意味なメールはしたくないってな」

女「っ…!」

男「俺は今も昔も、お前しか見ていないんだぜ」

女「男…」キュン








友「ていうかLINEにめっちゃあるじゃん。他の女の子の連絡先」

女「」ブチッ

男「あひょぉぉぉぉぉぉ!!!!」

友「見たことない名前…他校の人までいるんじゃないのこれ」

男「おい友やめろ」

女「…はははーん、そういうことね」

女「今はLINEの時代だものねぇ…ふふっ、そんなことだろうと思ったわ」

女「友、今すぐ女の子全員ブロックよ」

女「ついでにブロックする前に二度と話しかけんなって送ってくれたらまたキスしていいわよ」

友「合点承知の助」

男「いやそれはマジでやめてくれ!友もあっさり了解しないで!!」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 22:37:35.67 ID:t8v3Mcph0
女「違う学校の女の子までいくとは流石に思わなかったわ」

女「これ、立派な浮気よね男くん?」ビキビキ

男「理由を聞いてほしい」

女「何の理由があるって言うのよ」

男「別に仲良くなりたくて連絡してるわけじゃなくてな…」

男「ていうか、無意味なメールはしないって言ったばかりじゃねえか」

女「無意味なLINEはするんでしょ」

男「それもしねぇから!」

男「…その子たちはな、俺の友達狙いなんだよ」

男「だから俺に仲を取り持って欲しくて連絡してんの」

男「俺は恋のキューピッド役ってわけ」

女「…どう思う?」

友「会話みたらほとんど男くん狙いじゃん」

友「すっごい分かりやすい」

男「えっ、マジ!?」

女「はい即ブロック」

友「OK」

男「うわああああ俺もうしーらねwwwwww」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 22:40:08.01 ID:t8v3Mcph0
女「はぁ…男にはもう将来を誓い合った許嫁がいるっていうのに」

女「懲りないやつもいたものね」

男「あぁ…明日からなんて言われるのやら…」

男「終わったな俺…ははっ…」ズーン

女「大丈夫…男には私がいるから」

女「ずっと、ずっと二人きりでいようね」

男「あはぁ…」

友「…女ちゃん、終わったよ」

男「」チーン

女「お疲れさま。ありが…っ!!」

ブチュウウウウウ

女「んんんんんっ!!!」

友「女ひゃぁん…んむぅ」

男「…ワァオ」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 22:41:24.33 ID:t8v3Mcph0
女「ぷはぁ…っ…ちょ、ちょっと待ちなさい友!」

女「わ、私、まだ心の準備が…っ」

友「はぁ…はぁ…女ちゃん…」

友「女ちゃんのくちびるって、甘くておいしいね」ニヤァ

女「っ!」ゾクッ

友「ふふっ…さーてと」スッ

女「えっ、そ、それ…」

友「次は女ちゃんのLINEをチェックだね」ピピピッ

友「私以外の女の子、みんな消さなきゃ」

女「ちょ、ちょっと待ちなさい!!」

友「女ちゃんは私だけのものなんだから…」

女「それは本当に困るの!!ねぇってば!!」

女「部員のみんなに業務連絡とかしないといけないのよ!!」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 22:42:43.71 ID:t8v3Mcph0
友「…じゃあそれ以外全部ね」

女「えっ」

友「女ちゃんが仲良くしてるあの子なんて特にいらないよね」

女「ほ、本気でやるつもりなの?」

友「女ちゃんに友達なんて必要ないよ」

友「だって私がいるんだから…そうでしょ?」

女「ははっ…あんた、頭おかしいんじゃないの…」

男「今世界で一番お前が言うなって叫びたいのは間違いなく俺だわ」

女「…もうお手上げ、勝手にしなさいよ」

友「わーい!ひっどいこと言ってブロックすれば二度と関わってこないよね♪」

女「あは、あはは…」

男「フッ、女も俺と一緒に堕ちようぜ」

女「男…あんたと一緒なら私どうなったっていいや」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:27:02.97 ID:T/d0RSH40
友「見て見て、これだけ残したから大丈夫だよね!」

女「うわぁ…はは、少ないなぁ…」

男「あぁ、これはかわいそう」

友「安心して女ちゃん。ずっと私が一緒にいるからね」

女「嫌よ、私は男と一緒にいるんだから」

友「…ああもう、本当に邪魔だね男くん」

男「あぁ?俺たちの仲を邪魔してるのは友じゃねえか」

友「…」

女「…」

男「…」

友「…確かに」

男「えぇ!?お前今まで気づいてなかったのかよ!」

友「ねえ女ちゃん、なんでこんなやつと付き合ってるの?」

女「好きだからよ。他に理由なんてあるのかしら」

友「…チッ」ギロ

男「こわっ」

友「ねえねえ、それじゃあ私は?」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:28:04.79 ID:T/d0RSH40
友「私は女ちゃんのこと大好きだよ!女ちゃんは私のことどう思ってるの?」

女「そうね…友は私の親友だし、友達として大好きだったわ」

友「えへへ、そっかぁ」

女「…でも、最近のあんたは嫌いよ」

友「っ…」ドクン

女「前々から私にベッタリすぎると思っていたわ」

女「もしかしたら…なんて思ってたけど、そんなことあるはずないって自分に言い聞かせてきた」

女「だって、友は私の一番の友達なんだもの」

友「…」

女「そう思ってたのに…あの告白をされた私の気持ちが、あんたに分かるの?」

女「最初はこのことには目をつぶろうって思ったわ。私はなかったことにしたかったから」

女「でも、友は私のことなんか考えないで何度も告白してきて…」

女「私は男といたいのに…男とだけ、いたいのに」

女「告白したあの日から、狂ったように私につきまといやがって…」

男「お、おい女…」

女「私と男の邪魔をする友なんか、死んじゃえばいいのよぉ!!!」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:29:04.76 ID:T/d0RSH40
友「…えへ」ドクンドクン

女「友なんて大嫌い!!二度と顔も見たくないわ!!!」

友「えへへへへ、えへひぃはぁ…」ドクンドクンドクン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友『女ちゃん、私ね』

友『女ちゃんのことが大好きなの』

友『…ううん、たぶん女ちゃんが思ってるのとは違う好き』

友『友達としての好きなんかじゃない』

友『その証拠にね…ほら』

友『私の部屋のクローゼット、見てほしいんだ』

友『えへへ、がんばって集めたんだよ~』

友『私と女ちゃんとの大切な10年間の思い出だからね』

友『…どうしてそんなこと言うの?』

友『私の女ちゃんはそんなこと言わない!!』

友『どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして』

友『こんな…こんなに好きなのに…』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友「…女ちゃんって自分勝手だよね」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:30:15.54 ID:T/d0RSH40
友「自分がされて嫌なことを、他の人にはするんだもん」

女「はぁ?」

友「私、全部知ってるんだよ」

友「女が男くんに対して今までどんなことしてきたか…」

友「男くんに近づく他の人たちをどんな目にあわせてきたか」

女「っ…!」

友「狂ったようにつきまとってるのは女も同じでしょ」

友「女も私と同類なくせに、なんで私だけあんたに見下されなきゃいけないの」

友「そもそも、最初に好きな人を監禁しようとしたのは」

友「他でもない女じゃない…」

女「…」

友「ねえ女」ガシッ

女「うぐっ!」

男「おい!女に手を出すな!」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:31:28.72 ID:T/d0RSH40
友「今のあんたは男くんと付き合う前の女に戻ってるんだよねぇ」

友「嫉妬という感情に身を任せてたときの女に…」

友「男くんと付き合いだしてからすっかり落ち着いちゃって不安だったんだよ」

友「でも、結局は私と一緒だったんだね」

友「独り占めしたいんだよねぇ…ふふっ、よく分かるよ」

女「…」

友「…ねえ、また前の女に戻ってよ」

友「他のやつらみんな取り除いて、男くんを好きなだけ愛すればいいじゃん」

友「そして、その愛を…少し私に分けてくれるだけでいいよ」

友「3人で、ずっと一緒にいようよ」

女「い、嫌よ…私は男と二人きりが…」

友「私も愛してくれるなら、手伝ってあげる」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:33:00.72 ID:T/d0RSH40
女「えっ…」

友「女が嫉妬で苦しまないように、男くんの周りの人間をみんな片づけてあげる」

男「ま、まて!」

友「私も愛してくれるだけでいいの。そうしたら男くんを独り占めさせてあげるからね」

女「男を、独り占め…」

女「…素敵」

男「女!そいつの言うことを聞くな!」

男「お前の大切な友達がどうなってもいいのか!」

女「…いいよ」

男「なっ…!」

女「男と一緒なら他には何もいらない」

女「ふふっ、そうよ…男と一緒なら私…」

男「女…っ」

友「…決まりだね、女ちゃん」

友「男くんもそれでいいよね?」

男「俺は…俺、は…」

友「好きな人を苦しめたくないでしょ?じゃあ、どうすればいいか分かるよね」

男「好きな人…女…」

友「私たちとどこまでも一緒に堕ちようよ」

男「…女の、ため」

友「そう、これは女ちゃんのため」

友「女ちゃんが望んでいることだよ」

男「…分かった」

男「女の幸せのためなら、なんだってしてやる」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:34:39.62 ID:T/d0RSH40
友「ふふっ…ありがとう、男くん」

女「…さっきはひどいこと言ってごめんね、友」

友「えへへ、いいんだよ女ちゃん」

友「仲直りのキス、しよっか」

女「友…」

友「私たち、ずっと一緒だからね」

ーーーーーー
ーーー


それから、私たちは一つになった

「ねえ男、昨日のあれはどういうこと!?」

男「はぁ?なんだお前」

男「二度と俺に話しかけるんじゃねえ」

「えっ…ちょ、ちょっと男!」


みんな、みんな私たちから離れていく

「女!昨日のあれはひどいよ!」

女「…誰だったかしら、あなた」

女「関わりたくないわ。今すぐ消えなさい」

「なっ…もう知らない!」


それでも、まったく苦痛なんかじゃない

「友ちゃん、お昼にしよう」

友「ごめんね、今日はもう約束があるの」

友「あと、うざいからもう一生近寄らないでね」

「そんな…ひどいっ…」


私たちは…昔も今も未来も、ずっと一緒なんだから

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:35:51.96 ID:T/d0RSH40













友「ねえ女ちゃん、私の友達から聞いたんだけど」

友「男くん、最近他の女の子からモテモテなんだって」

友「カッコいいもんね~しょうがないよ」

友「彼女ができてもアタックする子もいるんだね」

友「いっそのこと監禁でもできたら…なんて」

友「え?何を決めたの?」

友「そ、そう…何か知らないけどがんばってね」

友「…」

友「…もしもし」

友「いや、本当なんだって。私たちと男くんは幼馴染だからよく知ってるの」

友「女ちゃんもだけどね」

友「…うん、そうだよ」





友「女ちゃんと男くんは、付き合ってなんかいないんだから」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 13:36:33.03 ID:T/d0RSH40
これにて完結
短いですけど見てくれた方ありがとうございました