1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:03:32.85 ID:fClTzcE10
亜美「さあ、パーティの準備だ!」

真美「パーティの料理を作ろう!」

亜美真美「「わー!」」ジュ-ジュ-

可哀想な卵焼き ボロッ

亜美真美「「…」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456376612

引用元: 亜美「今日は千早お姉ちゃんの…」真美「誕生日!」 


 

THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03
ゲーム・ミュージック 如月千早(今井麻美) 我那覇響(沼倉愛美)
コロムビアミュージックエンタテインメント (2009-04-01)
売り上げランキング: 42,202
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:06:23.01 ID:fClTzcE10
やよい「うっうー!今日のためにもやし炒めたくさん作ってきましたー!」

亜美「ま、まぁ、料理はやよいっちが作ってくるって思ってたからね!」

真美「そ、そーだね!プレゼントが被らなくて逆に良かったよ!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:09:17.95 ID:fClTzcE10
亜美「気をとり直して!」

真美「誕生日って言ったらやっぱりケーキだよね!」

亜美「ケーキを作ろう!」

亜美真美「「わー!」」カチャカチャカチャカチャ

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:11:08.84 ID:fClTzcE10
ボンッ

可哀想なケーキ プスプスプス

亜美真美「「…」」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:16:25.72 ID:fClTzcE10
春香「千早ちゃん!バースデーケーキですよ!ケーキ!」

亜美「ま、まぁ、お菓子作りははるるんの数少ない特技だからね!」

真美「そ、そーだね!真美たちははるるんの良さを引き立てるためにワザと失敗しただけだもんね!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:17:45.56 ID:fClTzcE10
亜美「気をとり直して!」

真美「食事、デザートと来たら…」

亜美「やっぱり飲み物だよね!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:20:28.06 ID:fClTzcE10
真美「いつもならファンタとかコーラだけだけど…」

亜美「今日は千早お姉ちゃんの誕生日だかんね!」

真美「豪勢にトロピカーナとかウェルチを飲もう!」

亜美「ピヨちゃん、経費でお願いね!」

亜美真美「「わー!」」マイドアリヤトアシタ-

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:23:37.28 ID:fClTzcE10
亜美「ちょっと味見…ゴクゴク、うん美味ちいね!」

真美「これなら大丈…」

雪歩「お茶を淹れてきましたー」

亜美真美「「…」」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:27:40.65 ID:fClTzcE10
雪歩「今日は千早ちゃんの誕生日だから、家から最高級玉露を持ってきたよ」

亜美「うぇ、ウェルチだって値段的には…」

やよい「うっうー…雪歩さんは高価なお茶を用意してくれたのに…私はもやし…」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:31:42.91 ID:fClTzcE10
雪歩「だ、大丈夫だよ、やよいちゃん!もやしはお茶とよく合うでしょ?」

やよい「本当ですか?」

真美「た、確かに…」

亜美「もやしにジュースは合わないかも…」

真美「甘い物にも渋めのお茶の方がいいし…」

亜美真美「「…」」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:35:05.01 ID:fClTzcE10
亜美「気をとり直して!」

真美「パーティなんだから飾り付けが無いと寂しいよね!」

亜美「んっふっふ〜、のりとハサミに折り紙さえあれば…」

真美「定番のアレができるよぉ!」

亜美真美「「わー!」」チョキチョキペタペタ

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:37:55.65 ID:fClTzcE10
そこそこ綺麗な紙飾り

亜美「初めてちゃんと作れた!」

真美「まぁ、今までもやろうと思えばできたんだけどね!」

亜美「早速飾りに行こー!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:38:56.06 ID:fClTzcE10
あずさ「家にあった飾りを持ってきました〜」

律子「うわぁ!豪華な飾りですね〜」

豪華な飾り ピカピカピカ-

亜美真美「「…」」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:41:56.92 ID:fClTzcE10
あずさ「うふふ、私一人娘だったから、当時両親が張り切って買ったらしいんです。再利用出来て良かったわ〜」

律子「でもこれなら私が実家から持って来た電飾とも合いそうですね」

電飾 ピカピカピカ-

亜美真美「「…」」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:45:52.33 ID:fClTzcE10
亜美 スッ

そこそこ綺麗な紙飾り

真美 フルフル

亜美 ブンッ

そこそこ綺麗な紙飾りだったもの

真美「紙飾りなんてなかった!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:48:49.89 ID:fClTzcE10
亜美「気をとり直して!」

真美「メインはやっぱりプレゼントだよね!」

亜美「こんな時くらいお小遣いパーッと使って豪勢にいかないとね!」

真美「貯金箱を持ってこよう!」

亜美真美「「わー!」」チョキンバコフリフリ

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:51:55.42 ID:fClTzcE10
亜美の貯金箱 256円
真美の貯金箱 597円

亜美真美「「…」」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:53:10.04 ID:fClTzcE10
亜美「なんでこんなことに…」

真美「原因はいったい…」

亜美「マリオメーカーかな…モンハンXかな…ドラクエビルダーズかな…」

真美「くっ…任天堂とCAPCOMとスクウェア・エニックスめ!」

亜美「まんまと罠にハメられた!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:55:27.82 ID:fClTzcE10
真美「諦めちゃいけないよ!800円あれば何かきっといいものが…」

伊織「あ、もしもし?新堂?今度の千早の誕生日プレゼントなんだけど…例の宝石を…えっ?予算超えそう?いくらよ?…はぁ!?たった数十万じゃない!その位追加で出すわよ!一々確認なんて…」

亜美真美「「…」」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 14:59:57.78 ID:fClTzcE10

亜美「ほ、ほら!やっぱりプレゼントって言ったらお金よりも気持ちだよ!」

真美「気持ちと言ったらやっぱ手作りだよね!」

亜美「あっ!真美!今Amamizon見てみたら毛糸が600円で売ってるよ!」

真美「こんだけあったら立派なセーターになるね!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:04:36.10 ID:fClTzcE10
亜美「ポチッとな!」

Amamizon「はいどうぞ!」

真美「流石Amamizon!」

亜美「めちゃんこ早いね!」

真美「じゃあ作ろー!」

亜美真美「「わー!」」アミアミ

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:09:10.32 ID:fClTzcE10
左右バラバラの手袋

亜美真美「「…」」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:10:12.75 ID:fClTzcE10
亜美「Amamizonは早くても…」

真美「真美たちみたいな素人がセーターなんて編める時間はなかった…」

亜美「だから片方ずつ手袋を編んだけど…」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:15:40.49 ID:fClTzcE10
真美が作ったミトンタイプの手袋
亜美が作った指ぬきタイプの手袋

亜美「なんで真美はミトンタイプ作っちゃったのさ!」

真美「亜美こそ!指ぬきタイプなんか作って何考えてんの!?」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:17:03.36 ID:fClTzcE10
亜美「こっちの方がかっこいいじゃん!千早お姉ちゃんはクールビューティだもん!」

真美「ミトンタイプで可愛い方がいいじゃん!指ぬきグローブなんてまこちん位にしか似合わないよ!」

亜美真美「「ぐぬぬぬぬぬぬ!」」

亜美真美「「…」」

亜美「…やめよっか」

真美「うん…」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:17:53.86 ID:fClTzcE10
亜美「なんかごめんね…」

真美「ううん、こっちこそ…」

亜美「で、でも要は気持ちだもんね!」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:19:43.91 ID:fClTzcE10
真美「そ、そうだよ!幸いにも色は一緒だからうまいこと言えばなんとか…」

真「響!ありがとう!セーターの編み方教えてくれて!」

響「ううん、自分も千早にマフラー編むところだったからな!ついでだぞ!」

亜美真美「「…」」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:20:55.06 ID:fClTzcE10
真「いやー、三ヶ月前から準備してて良かったよ」

響「まぁプレゼント用ならそれくらいの時間かかるよな」

亜美「即興で作ったから…」

真美が作ったミトンタイプの手袋のような物
亜美が作った指ぬきタイプの手袋のような物

真美「よく見たらボロボロだ…」

亜美真美「「…」」

亜美「き、気をとり直して!」

真美「もうお金もないし…」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:21:57.29 ID:fClTzcE10
亜美「こうなりゃ出し物だ!亜美たちにはモノマネがある!」

真美「そうだ!モノマネならお金もいらないもんね!」

亜美「鉄板モノマネで大爆笑ですよ!大爆笑!」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:22:40.28 ID:fClTzcE10
貴音「美希?調子はどうですか?」

美希「バッチリなの!貴音は?」

貴音「私もです。美希とのでゅえっとを披露するわけですからね…万全を尽くします!」

亜美真美「「…」」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:23:31.19 ID:fClTzcE10
美希「むぅ!ミキがどうこうじゃなくて、千早さんの誕生日だからでしょ?」

貴音「それもそうですが…この日のために小鳥嬢がピアノを、高木殿がギターを練習していることを考えるとそちらも…」

美希「それはそうなの!そういえばハニーもなんとかベースが間に合ったって言ってたよ!」

貴音「それは良かったです」

亜美「なんか…モノマネが…」

真美「ものすごくショぼく感じる…」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:25:06.62 ID:fClTzcE10
亜美「き、気をとり直して!」

真美「とり直して?」

亜美「…」

真美「?」

亜美「も、もう思いつかないよ…」

真美「うぅぅ…」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:26:01.15 ID:fClTzcE10
亜美「こんなプレゼントじゃ千早お姉ちゃん喜んでくれないだろうし…」

真美「でも、もうお金もないし…」

亜美「うっ…」

真美「うぅっ…」

亜美真美「「うわぁぁぁぁぁぁぁあん!?」」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:26:57.22 ID:fClTzcE10
千早「どうしたの?2人とも?」

亜美「うわぁぁぁぁぁぁぁあん!」

真美「千早お姉ちゃぁぁぁあん!」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:29:19.98 ID:fClTzcE10
千早「ほら、泣かないの。可愛い顔が台無しよ?」フキフキ

亜美「うっぁぁ…ひっぐ…ちは…千早お姉…ひゃ…」

千早「ん?どうしたの?」

真美「ごべ…ごべんな…ごべんなひゃいぃぃぃ!」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:30:01.65 ID:fClTzcE10
千早「何を謝ることがあるの?」

亜美「だってぇ…」

カクカクシカジカトカトカチッチ

千早「なるほどね…」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:33:00.83 ID:fClTzcE10

真美「真美たち…千早お姉ちゃんのこと大好きなのに…」

亜美「それなのに…こんなものしか用意出来ないなんて…」

亜美真美「「うぅぅ…」」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:33:48.01 ID:fClTzcE10
千早「ふふふ、気にすることないわ。全部とっても素敵よ?」

亜美「気を使わなくていいよ…」

真美「そーだよ、真美たちから見てもダメダメだもん…」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:36:36.13 ID:fClTzcE10
千早「そんなことないわ。全部あなたたちが用意してくれた、私のためのプレゼントでしょ?」

亜美「それはそうだけど…」

真美「真美たち…みんなと比べて全然ダメだから…」

千早「そんなことは関係ないわよ、こういうのは気持ちだもの」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:38:15.40 ID:fClTzcE10
真美「…」

千早「真美?」

真美「真美が…もっと大人だったら良かったのに…」

千早「どうして?」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:38:47.45 ID:fClTzcE10
真美「大人だったら…もっと…もっと千早お姉ちゃんのことちゃんと祝えたのに!」

千早「真美…」

亜美「そうだね…大人だったら、料理もケーキも失敗しないし、お小遣いや時間だってもっと考えて使うし、歌だってミキミキたちみたいに上手く歌えたのに…」

千早「亜美…」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:39:44.81 ID:fClTzcE10
亜美「だから…だから…」

真美「うっう…」

千早「亜美、真美…無理して大人になんてならなくていいのよ」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:40:51.66 ID:fClTzcE10
亜美「でもぉ…」

千早「ふふふ、あなたたちって普段は子供なのに変なところで大人よね」

真美「そう?」

千早「そうよ、こういう時こそ、もっと子供になっていいのよ?」

亜美「そうなの?」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:41:51.37 ID:fClTzcE10
千早「えぇ、私たちもあなたたちが大人っぽいからついつい忘れちゃうけれど、あなたたちはまだまだ中学校に上がったばかりの子供なのよ?できないことの方が多くて当たり前よ。私にだってできないんだから」

真美「千早お姉ちゃんも?」

千早「えぇ、そうよ。私に料理やお裁縫ができると思う?」

亜美「それは…」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:42:30.76 ID:fClTzcE10
千早「私の家には飾りなんてないし、お金もそんなに持っていないわ。歌は…歌えるかもしれないけれど、私なんかと一緒に歌ってくれる人はいるかしら…」

亜美「そんなの…」

亜美真美「「亜美(真美)たちが!」」

千早「うふふ、そう、それでいいのよ」

亜美真美「「?」」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:43:21.81 ID:fClTzcE10
千早「その気持ちなの、あなたたちが私を思ってくれるその気持ちが何よりのプレゼントよ」

亜美「本当に?」

真美「そんなのでいいの?」

千早「そうよ、私があなたたちを頼って歌うように、あなたたちもみんなを頼ればいいのよ」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:44:19.05 ID:fClTzcE10
亜美「頼る?」

真美「頼っていいの?」

千早「えぇ、大人になるってことはね、『何でも1人で出来るようになる』ってことじゃないのよ?『上手にみんなに助けてもらえる』ようになることなの」

亜美「上手に…」

真美「みんなに?」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:45:05.90 ID:fClTzcE10
千早「えぇそうよ、まぁ私が言える立場ではないかもしれないけれど…だからこそとでも言うのかしらね…」

亜美「どういうこと?」

千早「それこそ…孤独に打ちひしがれながら…私が辛いと感じていた時間…」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:48:36.52 ID:fClTzcE10
千早「今日の亜美のように一生懸命に…」ナデナデ

亜美「ふわ…」

千早「今日の真美のようにがむしゃらに…」ナデナデ

真美「わふ…」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:50:27.96 ID:fClTzcE10
千早「私は1人で何でもやろうとしていたわ…」

亜美「千早お姉ちゃん…」

千早「だからわかるのよ、あなたたちには必要なの。昔の私には居なかった…いえ、見えていなかった、安心して頼れる大人や仲間が」

真美「千早…お姉ちゃん…」グスッ

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 15:53:59.10 ID:fClTzcE10
千早「私にそれを教えてくれたのは、あなたたちでしょ?」ニコッ

亜美真美「「ぢはやおねぇぢゃぁぁぁぁぁあん!」」ドバァァァァア

千早「ふふふ、結局泣いちゃうのね、あなたたち」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:00:21.02 ID:fClTzcE10
亜美「びぇぇぇぇぇぇぇえん!いいもん!えっぐ!亜美たち子供だもん!」ギュウッ

真美「ふぇぇぇぇぇん!まだまだ千早お姉ちゃんにも甘えるんだもん!」ギュウッ

千早「ふふふ、そうね、それでいいわ」ナデナデ

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:01:01.52 ID:fClTzcE10
千早「あ、でも…」

亜美真美「「?」」

千早「まだ貰ってないものがあったわね…」

亜美真美「「貰ってないもの?」」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:01:49.41 ID:fClTzcE10
千早「モノマネ、してくれるんでしょ?」

亜美真美「「!?」」

千早「ほら、行ってらっしゃい。あなたたちには笑顔の方が似合うわ」

亜美「ひっぐ…うん…」ゴシゴシ

真美「えへへへ…じゃあ真美たち準備に戻るから…」ゴシゴシ

亜美「本番、楽しみにしててね!」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:02:32.71 ID:fClTzcE10
千早「えぇ、とびっきりのモノマネを期待しているわ」

亜美「そうと決まれば小道具の準備だぁ!」

真美「いや、その前にピヨちゃんに頼んで時間を貰って…」

亜美真美 ワイワイガヤガヤ

千早「…」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:03:27.15 ID:fClTzcE10
千早「…もう行っちゃいましたよ?いい加減出てきたらどうです?」

P「あ、バレてた?」ヒョコッ

千早「大丈夫ですよ、あの子たちにはバレてませんでしたから」

P「あいつらが、泣き出したら助けてやるつもりだったんだが…」

千早「ふふふ、残念でしたね」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:04:08.06 ID:fClTzcE10
P「大人として助けるつもりだったんだけどなぁ…」

千早「これでもまた一つ大人になったので♪」フフン

P「大人…ねぇ…なぁ、千早」

千早「何ですか?プロデューサー?」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:04:53.25 ID:fClTzcE10
P「わかってるとは思うけどさ…俺から見たらお前もまだまだ子供だからな?もっと、俺たち大人に頼ってくれてもいいんだぞ?」

千早「えぇ、必要になったらそうします」

P「いや、必要になったらって…」

千早 ギュッ

P「って、千早?」

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:05:34.90 ID:fClTzcE10
千早「だから…今、ちょっとだけ…」

P「…あぁ、そうだな…千早」

千早「はい?」

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 16:06:14.14 ID:fClTzcE10
P「お姉ちゃん、頑張ったな…」ナデナデ

千早「ふふふ、はい、久しぶりに頑張っちゃいました」

P「誕生日、おめでとう」ナデナデ

終わり