1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:16:31.35 ID:FB70NLgto
店主「どうぞ、当店自慢のラーメンになります」

美食家「うむ」

美食家「……」ズルズルッ

美食家「……」ズズズッ…

店主「……」ゴクッ…

両手を握り締め、緊張の面持ちで美食家の食べる姿を眺める店主。

美食家「!」ピクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456413391

引用元: 美食家「貴様はラーメン屋ではない!」 


 

巷の美食家 (グルメ文庫)
開高 健
角川春樹事務所
売り上げランキング: 113,094
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:19:31.11 ID:FB70NLgto
美食家「ふむ、なかなかの味だ」

店主「……ありがとうございます!」

美食家「しかし」

美食家「貴様はラーメン屋ではない!」

店主「!」ガーン

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:22:03.57 ID:FB70NLgto
店主「なぜです!? 私にはなにが足りないというのです!?」

美食家「たわけが……それを客に聞くか」

美食家「貴様に足りぬもの……それは自分自身で見つけるのだ!」

店主「はい……分かりました……!」

店主(私に……足りないもの……)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:24:33.19 ID:FB70NLgto
店主(私は自分のラーメンこそが最高のラーメンだと、究極のラーメンだと思っていた!)

店主(だが、あの美食家によって、その鼻はポッキリとへし折られた……)

店主(やり直そう……もう一度!)

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:27:09.85 ID:FB70NLgto
店主「まずは……スープ」

店主(スープはラーメンの心臓部ともいえる最重要項目!)

店主(鶏ガラのダシの取り方……今のやり方が本当に最善といえるのだろうか?)

店主(いや、まだ改良の余地はあるはずだ!)

店主(こってりとあっさり……両方を同時に味わえるスープを作ってみせる!)

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:30:05.81 ID:FB70NLgto
店主「次は……麺だ」

店主(これも今のままではダメだ。原材料の小麦粉から見直す必要がある!)

店主(すする時の滑らかさ、噛む時の歯ごたえ、飲み込む時の喉ごし)

店主(全てを最高の水準で満たす麺を目指す!)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:33:16.14 ID:FB70NLgto
店主「具はどうだろうか……」

店主(ウチのラーメンは、チャーシューとほうれん草のみのシンプルなスタイル)

店主(これを変えるつもりはない……が)

店主(今まで私は具を単なるオマケとして認識していた! これではダメだ!)

店主(麺とスープを引き立てる名脇役にしなければ!)

店主(どう具を配置するのがベストか、頭をひねるんだ!)

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:36:09.80 ID:FB70NLgto
店主「そして、どんぶり!」

店主(これも、ただ単に高級品にすればいいというものではない)

店主(私のラーメンをより食欲をそそるものにさせてくれるどんぶりを選ぶんだ……!)

店主(大変だけど、一から出直しだ……!)



…………

………

……

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:39:12.19 ID:FB70NLgto
客A「うめええええ!」

客B「ただでさえおいしかったのに、さらに正当進化したねえ!」

客C「すごい!」

店主「ありがとうございます」

店主(これというのも、美食家さんのおかげだ……)

店主(あとはあの人にこのラーメンを味わってもらわなければ!)

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:42:23.32 ID:FB70NLgto
しばらくして、再び美食家が現れる。

美食家「成長ぶりを見せてもらおう」

店主「お待ちしておりました」

両手を腰につけ、丁寧にお辞儀をする店主。

美食家「!」ピクッ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:45:05.53 ID:FB70NLgto
美食家「駄目だ、食べるまでもない」

店主「な……!?」

美食家「やはり貴様はなにも分かっておらんのだな」

店主「分かりません! 私にはいったいなにが足りないというんです!?」

美食家「よかろう。教えてやろう!」

美食家「貴様にラーメン屋として足りないもの、それは――」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/26(金) 00:47:02.75 ID:FB70NLgto
美食家「腕組みだ」

店主「あああ……私としたことが……!」ガクッ








おわり