1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:37:31.86 ID:w6vbaP2w0


『バトルマンガにありがちな事』


敵「ゴボエハハ・・・さぁ行くぞ虫ケラめ!己の非力さを嘆いて死ね!」

主人公「来いっ!」



ドカッ バキッ ドゴォーン




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456533451

引用元: マンガにありがちな事 

 

このマンガがすごい! 2016

宝島社
売り上げランキング: 36,691
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:38:48.52 ID:w6vbaP2w0


敵「・・・ここまでか。ひと思い殺せ」


主人公「・・・」

主人公「そのペンダントの中の写真、あんたの恋人だろ?」

敵「何だと?貴様には関係ない、さあ殺せ!」

主人公「そんなかわいい娘を悲しませたくはないさ・・・じゃあな」


敵「きっ、貴様ァー、必ず後悔させてやる!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:40:53.92 ID:w6vbaP2w0
ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー



強敵「ヌハハハ、貴様の力はその程度か!」

主人公「くっ・・・!」

敵「ハァッ!」ザシュ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:42:26.85 ID:w6vbaP2w0


強敵「ぐうっ、敵・・・?ば、バカな裏切る気か!」

主人公「お前・・・!」

敵「勘違いするな・・・」


敵「こんなヤツに、キサマを殺させたくないだけだ・・・」

敵「主人公、キサマを殺すのはこの俺だ!」ビシィ





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:45:08.10 ID:w6vbaP2w0


強敵「死ね裏切り者がー!」ドバァーン

敵「ぐわぁぁぁーっ!」

主人公「な、何だって?倒すのにあんなに苦労したあいつがたったの1撃で・・・!」

敵「・・・オレはもうダメだ。強敵の弱点は頭だ・・・ガクッ」


主人公「敵ーっ!わかってんなら自分でやれよ・・・。ううっ・・・」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:47:49.70 ID:w6vbaP2w0

ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


主人公「ふぅ、何だかんだで倒したぞ・・所で・」

主人公「なんで生きてんの」

敵「いいじゃん別に」パクパク


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:49:22.18 ID:w6vbaP2w0


主人公「それで何でオレの飯まで食ってんの」

敵「そんな事よりさぁ、次トーナメント戦開始だから」

主人公「はぁ?何急に?オレは親の敵探して旅してるんだろ?」

主人公「のんびりトーナメントなんか戦ってていいの?」

敵「よくわかんねーよ。テコ入れがどうとかだってさ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:51:31.34 ID:w6vbaP2w0


ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー



主人公「・・・ふぅ。何とかトーナメント優勝したぞ」

主人公「そんで、テコ入れとやらはあとはいいのか?」


敵「・・・」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:52:54.37 ID:w6vbaP2w0



敵「きゃあ!」オッパイポロリ

主人公「オイ!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:53:56.66 ID:w6vbaP2w0


主人公「お前、どー考えても男だっただろ!」

主人公「ペンダントの中、女の子の写真だったんだよ?」

主人公「お前レズなの?」

敵「しょーがないじゃん。細かい事は言わないでよ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:55:27.46 ID:w6vbaP2w0


敵「というわけで、敵対関係から恋仲になるんでヨロシク」

主人公「ゴボエハハ、とか笑う女は嫌だなぁ・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:57:04.91 ID:w6vbaP2w0


敵「・・・あ、そうそうこのセリフ読んで」

主人公「うん?何だこれは」

敵「シメの言葉だってさ」

主人公「わかった」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:58:19.25 ID:w6vbaP2w0



主人公「・・・ごほん。」



主人公「俺たちの戦いは、これからだ!」








14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:00:37.19 ID:w6vbaP2w0


『料理マンガにありがちな事』


審査員「ウマイ!これはウマイぞぉーっ!」ピカァーッ

料理人「ありがとうございます」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:30:47.33 ID:w6vbaP2w0

料理人「これはフランスから取り寄せた最高の食材を、イタリアから取り寄せた
鍋でじっくり煮込んでロシアから取り寄せた食器に盛り付けたものでございます」

審査員「そうか!そんなに金がかかってるからウマイのか!」パクパク

料理人(ふっふっふ、この勝負もらった・・・)


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:36:53.53 ID:w6vbaP2w0


主人公「次はオレの料理だ!」

審査員「これは?」

主人公「近所のスーパーで売ってるカップ麺に、うまい棒とチロルチョコを
入れたものだ!」

料理人「・・・ゴミじゃねーか」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:40:39.13 ID:w6vbaP2w0


審査員「はっはっは。そんな料理がうまいわけないが、どれ・・・」パクリ

審査員「んっ、こ、これは・・・!」

審査員「う、ウマイ!うますぎるぅぅーーっ!」ビカビカァー


料理人「何でだよ!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:45:27.12 ID:w6vbaP2w0


偉そうな人「フォッフォッフォ。どうやら君は、
食材の高級さに溺れて料理の本質を見落としたようだな・・・」

料理人「誰だアンタ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:50:42.00 ID:w6vbaP2w0


審査員「というわけで、優勝は主人公ー!」

主人公「ヘヘッ、料理は心さ!」

偉そうな人「フォッフォッフォ。また腕を上げたようじゃの・・・」


料理人「あんたら、舌腐ってんじゃないの?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:53:43.55 ID:w6vbaP2w0


料理人「・・・」


料理人「納得、いかねぇー・・・」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:55:32.71 ID:w6vbaP2w0


俺「・・・」


俺「納得、いかねぇー・・・」










22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:56:40.97 ID:w6vbaP2w0


『ギャンブルマンガにありがちな事』


敵「『ワンハンド・ポーカー』で勝負だ!」

主人公「『ワンハンド・ポーカー』?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:58:07.69 ID:w6vbaP2w0


敵「ワンハンド・ポーカーとは通常のポーカーとは違い手札を3枚だけ使用し勝負するゲームだ
通常のポーカーは5枚だがそれだけで手をつくる一度できた手は保存してもいいし破棄しても
いいただしその場合はコインを1枚消費する3枚の手札で出来た手を3つ保持しその中でできた
最も強い手で勝負をするそこで特別ルールの存在がありできた手札のなかでシャッフルを行ない
その中でできた手で勝負してもいいただしそれはカードオープン前に宣言しなくてはいけない
さらにコインを1枚消費するそしてこのゲームの最大の特徴だがゲーム中にワンハンド宣言を
することができる」


主人公「ワンハンド宣言だって?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:59:24.26 ID:w6vbaP2w0


敵「ワンハンドとは片手だけでカードを扱うと宣言する事で得点を2倍にすることができる
ただし使用するコインは2倍、負けた時の支払いポイントは2倍となる宣言できる条件は
今日の運勢ラッキー上位3位までの星座のやつに限られるその他の条件としては勝負の奇数回
でしか宣言できないしカードオープン前に宣言をしなくてはいけないそしてここが1番重要な
ポイントだがワンハンドを宣言した場合には撤回はできないさらにどんな手だったとしても
降りることは許されないできた手で絶対勝負しなくてはならない」


主人公「諸刃の剣ってワケか・・・」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:01:53.75 ID:w6vbaP2w0


敵「どうだ?この勝負受けるか?」

主人公「面白い。やってやろうじゃないか!」

仲間「だ、大丈夫かなぁ・・・」





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:03:27.89 ID:w6vbaP2w0




俺「・・・??」



俺「も、もう一回見返すか・・・」





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:07:18.12 ID:w6vbaP2w0


(中略)


主人公「・・・」

敵「フフフ。貴様の手はブタのはず・・・」

敵「私の勝ちだ!」


主人公「・・・そいつはどうかな?(ニヤリ)」パサ

敵「な、なんだと?バカな!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:10:58.47 ID:w6vbaP2w0


仲間「こ、これは一体?確かに、ブタしかできないはずなのに・・・」

仲間「・・・そうか!」

仲間「さっきの手は確かに主人公の負けだったけどあれはブラフ!実は使用できるカードを
限定させて相手の目をごまかすことが目的だったんだ!途中でワンハンド宣言してわざと
負けたのはいわばおとりで本当の目的は最後の最後にスペードのキングを残しておく事!
結果残る手はキングのスリーカードとジャックのワンペア・・・これだけじゃ勝てなかった
けれど2回戦目のときにコインを使ってまでワンペアで勝負に出たのはこういう事だったんだ!」


主人公「ヘヘっ」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:12:12.57 ID:w6vbaP2w0


仲間「決め手は今日のラッキー星座上位3位しかワンハンド宣言できないという事だ確かに
主人公の星座はいて座で今日の運勢11位だこのままじゃワンハンド宣言はできないけれど
・・・日付が変われば今日の運勢も変わる!日付が変わったことによっていて座は今日の運勢
ナンバー2だ逆に敵は今日の運勢10位・・・これで大逆転だ。ワンハンド宣言ができなく
なったワケだからね。あのときわざとカードを見せたのは時間稼ぎだったんだ!つまり
カードが見えてしまったからには敵はぜったい勝負に乗ってくる!そしてカードの落とし方も
スペードがクラブに見えるようにわざと重ねて落したんだ!」


主人公「その通りさ!」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:19:40.28 ID:w6vbaP2w0


敵「・・・見事だ。オレの負けだ」ガクリ

仲間「さすが主人公!」

主人公「オレに負けない!」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:21:03.13 ID:w6vbaP2w0




俺「・・・」





俺「つまり主人公は最初のワンハンド宣言の時に既にワナをはりめぐらしていたわけか考えて
見れば第一回戦の時の手はあれは引き分けだったけれどそこからすでに勝負は始まっていたわけ
だなそして第2回戦の時に負けると分かってる手でコインを使ってまであえて勝負に出たという
のはそうすれば必ずヤツは乗ってこざるをえないという事これで敵は手札を破棄するのと同じ
ことにそして次のワンハンド宣言だが片手でカードを扱うというのはなるほどすごいハンデだ
片手でしかカード使えないんだもんねそうなると・・・・・・」


俺「ってワケわからんわぁー!」ビリィ








32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:25:28.40 ID:w6vbaP2w0


『萌えマンガにありがちな事』


(書店)
俺「グフフ・・・ゆ○ゆりのみんなはかわいいなぁ・・・」

俺「ご○うさのこの子も・・・チョー好み・・・グフッ」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:45:35.71 ID:w6vbaP2w0


俺「さて、購入したいけど・・・」チラ


女店員「・・・」


俺「あのレジの子に、『うわっ、キモ!』って思われるのやだなぁ・・・」

俺「・・・ここは、一つ」(携帯を取り出す)


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:22:34.32 ID:w6vbaP2w0


俺「・・・あー、なに?ゆ○ゆり?ゆ○ゆりでいいの?」(通話のフリ)

俺「それとご○うさも?メンドくせーなー」

俺「全然キョーミないのに、お使いさせやがってバカ弟が」

俺「今度、何かオゴれよ!」(大声)


女店員(・・・?)


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:23:54.63 ID:w6vbaP2w0


俺(グフフ・・・これであの女店員に、俺じゃなくて弟がキモいと思わせる!)

俺(我ながら、策士よのう、フッフッフ・・・)


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:25:51.29 ID:w6vbaP2w0


俺「こんなこっ恥かしいマンガ読むのやめろよ全く!」

俺「そんなんだから、彼女もできねーんだよ!」


弟「あれ兄貴。何やってんの?」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:27:35.19 ID:w6vbaP2w0


俺「と、と、とにかくいいかげんいしろよバカ弟!」(他人のフリ)

俺「兄貴に恥かかせやがって全く!」


弟「その持ってるマンガ・・・うわ兄貴こんなん買うの?」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:30:08.12 ID:w6vbaP2w0


弟「それに、弟って・・・誰と通話してんの?」

弟「弟はオレしかいないじゃん」

俺(コイツ後でブッ殺す)


女店員「・・・?」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:31:31.32 ID:w6vbaP2w0


弟「・・・まぁ、人の趣味にとやかく言わないけどさ」

弟「そんなマンガばっか読んでちゃ彼女もできないよ。じゃあな」

俺(くく・・・)


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:32:09.27 ID:w6vbaP2w0


俺「・・・」

女店員「・・・」



俺「・・・これ下さい」シクシク

女店員「あ、ハイ・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:33:21.49 ID:w6vbaP2w0


女店員「あ、このマンガ・・・」

俺「え?」


女店員「私も、大好きなんです!」

俺「嘘ぉ!?」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:35:17.92 ID:w6vbaP2w0


女店員「お店終わったら、少しお話しませんか?」

俺「マジで?」

女店員「嬉しいなぁ、周りでお話できる人がなかなかいなくて・・・」

女店員「俺さんみたいなステキな人と話し合えるなんて///」

俺「マジ?マジ?何この展開?」











『恋愛マンガにありがちな事』



俺「オイ!」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 12:37:16.15 ID:w6vbaP2w0
以上で本当に終了です。読んでくれた方ありがとうございました。

この話のそもそもの発想は、マンガのお約束を題材にしようと思ったことが

きっかけになりました。文章の至らない点がありましたら申し訳ありません。


次回作は、今度は思い切って長編にチャレンジしたいと思っています。

その時はぜひまた・・・・・・・・・


『あとがきにありがちな事』