2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 09:58:08.27 ID:my0Cm5JK0
福太郎「桜もあんなに咲いとる。もう春ですなァ。」ポケー

こま「春ですナ。」ポケー

福太郎「なんか、前もここで桜見ながらこんな話したような気ぃしますね。ははは。」ポケー

こま「変わらないことは大事ですのナ。日々を無事に重ねられるというのは、喜ばしいことですのナ。」ポケー

福太郎「そういうもんですかねぇ。」ポケー

こま「そういうもんですナ。」ポケー

福太郎「……。」ポケー

こま「……。」ポケー

引用元: 【足洗邸の住人たち。】福太郎「ええ日和ですなあ。」こま「ですナ。」 


 

足洗邸の住人たち。 【完全版】 1巻 (ガムコミックスプラス)
みなぎ 得一
ワニブックス
売り上げランキング: 59,957
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:01:56.29 ID:my0Cm5JK0
福太郎「……管理人ちゃん。」

こま「ナ?」

福太郎「ずっと、気になっとることが有るんやけど。」

こま「どうぞナ。」

福太郎「すごい失礼なこと聞くかも知れんけど、ええ?」

こま「失礼でないかも知れないナ。」

福太郎「うん。……管理人ちゃんて、猫やんな?」

こま「猫又ですナ。」シッポフリフリ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:06:05.15 ID:my0Cm5JK0
福太郎「で、人間の社会で人間と共存するために、人間の姿しとるねんな?」

こま「ですナ。」

福太郎「ネコミミとかシッポとか、めっちゃかわいいけどな。」

こま「ありがとなのナ。」ゴロゴロ

福太郎「うん。せやけど、そない言うたらな。」

こま「ナ?」

福太郎「『人間の耳』は?」

こま「……。」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:10:02.08 ID:my0Cm5JK0
福太郎「普段、髪で隠れとるやろ? せやから、人間やったら耳がついとるトコって、どないなっとんかなー、って。」

こま「……。」

福太郎「ずっと、気になっててん、けど。な……。」

こま「……。」

福太郎「……。」

こま「……。」

福太郎「えーっと。」ドナイシヨ

こま「……。」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:13:46.91 ID:my0Cm5JK0
福太郎「ごめんなさい。」

こま「別に怒ってないナ。」

福太郎「ちょっと、頭温かくなっとったみたいです。」

こま「ほんと違うナ。ただちょっと、珍しいナーって思ってたのナ。」

福太郎「何がです?」

こま「福ちゃんが、そうゆうコト訊くのが、ですナ。」

福太郎「へ?」

こま「福ちゃんが好奇心旺盛なのは、『足洗邸』の住人たちみんなが知ってるナ。それどころかご近所でも有名ナ。」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:17:51.75 ID:my0Cm5JK0
福太郎(褒められとんか貶されとんか。)

こま「でも、基本的に福ちゃんは、みんなのために何かしてくれることは有っても、みんなのことをあまり自分から聞こうとはしなかったはずナ。」

福太郎「あー……そうでしたかね。」

福太郎(あんまり馴染むと、後が辛いと思っとったからな。)

こま「だから、なんだか福ちゃんから「カベ」が消えたような気がして、ちょっと嬉しかったナ。」ニコー

福太郎「『珍しい』やなくて?」

こま「どっちもナ。以前の福ちゃんとは、ちょっと変わったナ?」

福太郎「まぁ確かに、越してきてからいろいろあったしなぁ……。『大召喚』以降、今までの人生で一番濃いぃ時間やったかも知れんな。」

こま「みんなで過ごして、乗り越えてきましたナ。だからこうして、一緒に過ごせる今があるのナ。」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:22:05.62 ID:my0Cm5JK0
福太郎「『信頼』ってヤツですかね。」

こま「ンー、そんな感じですかナ。義鷹だって福ちゃんと馴染むとは思わなかったナ。」

福太郎「総入れ歯、最初は追い出す気でいたらしいですね。奴さんは。俺を。」

こま「住人たちと触れ合うことで福ちゃんが少しずつ変わって、それと一緒にみんな少しずつ変わっていったのナ。「変わらないことは大事」とは言ったケド、変化と成長とは別なのナ。」

福太郎「まァ確かに、物の見方を変える、角度を変えるゆうことを覚えるのは、画家にとっても大切ですからね。」

こま「そゆことですナ。だから福ちゃん。改めて言うナ。」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:25:25.95 ID:my0Cm5JK0





こま「『足洗邸』に、ようこそ。」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:33:28.87 ID:my0Cm5JK0
福太郎「……はい。」

こま「こまたちはあ、家族ナ。これまでと、そしてこれからをともに分かち合っていくのナ。」

福太郎「そうですね。改めて、よろしくお願いします。」

こま「こちらこそ、よろしくなのナ。ふふふ。」

福太郎「ははは。……」


福太郎(はぐらかされてもーた……。)

福太郎(怒ってないとは、家族やからとは言うても、越えてはあかんラインはあるゆう事か。)

福太郎(そらそうよ。馴染みすぎて、距離感測れんよーなったか? 福太郎……。)

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:35:17.93 ID:my0Cm5JK0
こま「……ところで、福ちゃん。福ちゃん?」

福太郎「ふえ!? あ? はい! 福ちゃんですよ!?」

こま「うん。知りたいのナ?」

福太郎「え? 何が……?」

こま「『人間の耳』。」

福太郎「え。」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:43:10.44 ID:my0Cm5JK0
こま「こまの、『人間の耳』。が、どうなってるのか。」

福太郎「あ。」

こま「知りたいのナ?」

福太郎「いや、その。」

こま「さっきも言ったケド、こまは怒ってはいないのナ。」

福太郎「えっと、」

こま「だから、」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:44:58.82 ID:my0Cm5JK0





こま「福ちゃんが見たいなら、こまは別に良いのナ。」





14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:48:30.60 ID:my0Cm5JK0
福太郎「」

こま「でも、こまが『見せたい』わけではないのナ。」

福太郎「」

こま「福ちゃんが『見たい』のだから、見ればいいのナ。」

福太郎「せやけど、あの。」

こま「こまは、何もしないナ。」

福太郎「えと。髪、とか……。」

こま「かき上げれば、見えるナ?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:52:53.24 ID:my0Cm5JK0
福太郎「」

福太郎「あ、ほな、失礼して……。」

こま「はいナ。」

福太郎「い、いきます。」


ドキドキ
福太郎「」オソルオソル
ドキドキドキドキ
福太郎(もうちょいで、手ぇ、届くな。)

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 10:56:56.78 ID:my0Cm5JK0
ドキドキドキドキドキドキドキドキ
福太郎(あ。髪、柔らか……。)フワッ

ドッドッドッドッドッドッドッドッ
こま「ン……。」ピク

ドドドドドドドドドドドドドドドド
福太郎(もうちょい、もうちょいで……。)

ドドドドドドドドドドドドドドドド

ドバンッ

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:00:46.20 ID:my0Cm5JK0
福太郎「へ」


お仙「どりゃあああ!!」ドギャーン


福太郎「アイター!?」ズシャーン


こま「」ビクゥ



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:06:58.77 ID:my0Cm5JK0
福太郎「な、何すんの!? 何すんねん!?」

お仙「福ちゃんこそ何してんのさ!? イタイケなニャンニャン相手に! どんないかがわしい事しようとしてたの!?」

福太郎「いかがわしい事ないわ! 俺はただ、管理人ちゃんの髪を」

お仙「髪!? 髪髪モフモフ!? カリカリモフモフクンカクンカスーハーペロペロ!?」

福太郎「ちゃうわ。髪の下の、耳をな」

お仙「耳!? ちっちゃなニャンニャのお耳をニャンニャン!!?」

福太郎「何言うてんの!? つーかなんで俺飛び蹴りされたん!? アタマ持ってかれるか思たわ!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:10:07.15 ID:my0Cm5JK0
お仙「私はこの邸の家神ですので!」ババーン

福太郎「理由を言え言うとんねん!」

お仙「この邸内のことは何でもオミトオシなんだよ! なんかポヮポヮした空気を感じたので駆け付けた次第!」

福太郎「ポヮポヮて何や!?」

お仙「なんかこう、ポヮポヮした、しゃらくさいポヮポヮした空気を! 略してシャラポワを!」

福太郎「シャラポワ言いたいだけやな!?」

こま「……。」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:11:55.35 ID:my0Cm5JK0
ヤイヤイ
ダイタイフクチャンハネー、ワタシトイウモノガアリナガラー!!
イヤイヤイヤイヤ、ナンモシテヘンヤロ!!
ワタシダッテ、ミミニハチョットジシンアルンダカラ!! ホラ、チョットエルフッポイ
タシカニ、オオ、プニプニシトル
アフン!! ナニサワッテンノヨ!!
ギニャー!!
ヤイヤイ


こま「……いい日和ですのナ。」

こま「……。」

こま「」スピー

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/27(土) 11:13:17.58 ID:my0Cm5JK0
終わりです
ありがとうございました。

帰宅後にでもhtml化依頼します