1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:59:24 ID:7N/vQL2Q
――空気が凍てついた。

姉は、五年前に祖父が死んだと知らされた時の80000000倍は驚いている表情を見せている。

姉「…………、ど、うして」


ヒキニート(38)「決めたんだ。我輩は、何がなんでも、コンビニへ行く。家を出て三分歩いた所にある信号を渡り、左折、右手にあるパン屋と薬局とよく話しかけてくるオバハンを通過したら見えてくる、あの『セッブンイレブン』に…」


姉「無茶よッ!!」ガタタンッ!

股間が凍てついた。 


 

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 00:59:54 ID:7N/vQL2Q
父「何!!?コンビニだと!」ズガガガンッ!!!

父が腰掛けていた椅子が、どういう作用が働いたのか粉々に砕け散ってしまった。

無理もない。何しろ中学を卒業し高校に進学したものの、あまりの醜悪な容姿に、とてつもないイジメを受け、そして引きこもり、高校を中退。以降、一歩たりとも外に足を踏み出したことのない中卒糞ニートが、外どころか、何とあの『コンビニ』に向かおうとする旨を口にし出したのだから。何の脈絡もなく。

何の、脈絡もなく…?

いや、違う。

全ては五年前から始まっていたのだ。

そう、言うなればこれは『宿命』に他ならない。 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:00:26 ID:7N/vQL2Q
母「コンビニ!!!!!!!?」

キュイーン…――

カッ!!!

ドッゴオオオオ!!!!!!!!!!!

ズゴゴゴゴ……

どういう作用が働いたのか、近くの小学校が吹き飛ぶ音がした。

無理もない。……。いや、え?吹き飛ぶ?

母「じょ、冗談でしょヒキニート。ちょっと最近冷たく接しすぎたかしら…。とにかく、何か悩んでることがあるのなら言いなさい」

ズゴゴゴゴ…

ヒキニート(38)「悩みなんて…。いや、その葛藤を乗り越えるには、尚更行かなきゃいけないんだ。……コンビニへ」

ズゴゴゴゴ…

母「正気なの…」

ピーポーピーボー… 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:01:00 ID:7N/vQL2Q
父「家族会議だ」

リビングにて突如開始された家族会議。

母「ねえ、そろそろ聞かせてくれない?コンビニへ行く理由を」

姉「こいつ、昔から何でも一人で考え込んで一人で決めちゃう、そういうタイプなのよ。それも、大事ほど」

この家族会議も何年振りになるのだろうか。いやに懐かしい。確か祖母が転んで膝を擦りむいたあのとき以来じゃないか。

祖母(545800)「…………」

ヒキニート(38)「皆は、もう忘れちゃったのかよ!五年前を!」

父「……ッ」

姉「!?」

祖母(545800)「!……、ヴぅっふっ、ゴホァ、ゲハッ!ゲハッ、ゴボボォッア!!!……ゼー、ゼー」

ヒキニート(38)「目を背けていたって、前には進めないんだ。長い間に引きこもっていた経験で知ったよ。もう我輩は何がなんでも前に進む」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:01:38 ID:7N/vQL2Q
父「そうか…五年前を思い出して、か…」

ヒキニート(38)「行かせてくれるよな。セッブンイレブンに」

父「…………。よし、いいだろう」

母「お父さん!!」ガタタンッ

キュイーン…――

カッ!

ドッゴオオオオ!!!!!!!!!

母「コンビニへ行かせるなんて、無理よ!それも全く外に出ないヒキニートが!」

母「死にに行かせるようなものじゃない!!!」

ヒキニート(38)「何か爆発したんだけど。ねえ?」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:02:09 ID:7N/vQL2Q

父「そう焦るな。流石に死にはしないだろう」

ズゴゴゴゴ…

母「大怪我なんて確実よ!!」

ピーポーピーポー…

ヒキニート(38)「その怪我人、出たっぽいよ。ねえ?爆発が」

父「何もヒキニート一人で行かせるとは行っていない」

姉「!」

祖母(545800)「グッォォエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ……」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:02:40 ID:7N/vQL2Q

父「俺も行く」

母「ば、馬鹿なっ。寝言もいい加減にしてっ!!今日は日曜日、家族で楽しいピクニックじゃない!」

祖母(545805)「ヒキニートを置いてな」

姉「あ、お婆ちゃんまた勝手に五年も老けて!」

祖母(545805)「」ホジホジ

父「ピクニックか…」

父「そうだな、今日は日曜日。楽しい楽しいピクニック。だった、そのはずだ」

父「だがな」

父「お前も薄々感じていたんじゃないのか…?あの、五年前の『惨劇』を。あの件以来、我が家庭では偽りの日常を過ごすことで、その精神的ダメージから逃げていたんだ。ずっと」

母「偽りの、日常…?」

父「そうだ。嘘の笑顔。建前の会話。過去の封印。俺の靴下」

ヒキニート(38)「ん?」

父「全て。全てが!この五年もの間、まやかしだった!そうだろ!?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:03:12 ID:7N/vQL2Q

母「…………」

ヒキニート「…………」プウッ…

姉「…………」ヘックシッ

祖母(545805)「グガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」ヨロヨロ…

父「……。……、……。まあ、この緊張感の無さは想定外だが…」

父「ともあれ、だ」

父「俺は応援するぞ。お前のコンビニに向かわんとする、その勇姿を。志を。誇りを!」

ヒキニート(38)「早く行こうよ」

父「えっ」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:03:44 ID:7N/vQL2Q

姉「そうね。私も一緒に行くー。私、シュークリーム食べたーい」

祖母(545805)「ワシも行く。じゃがりこ買うわい」

父「えっえっ」

ガタッ ガタッ…

ヒキニート(38)「いっやぁー、久し振りの外出だなあ。靴は何履いていこうかな」

姉「まずアンタ外に出る服がないじゃない」

祖母(545805)「じゃっがりこ!HEY!じゃっがりこ!エキサイティング!YEAH!!」

バタバタ…

父「…………………………………、」

父「おい!!!!!!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:04:24 ID:7N/vQL2Q




















母「本当に、いいのね」

父「……ああ。あいつが決めたことだ」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:05:04 ID:7N/vQL2Q

セッブンイレブン


音速の店員「――――!?」

剛腕の店員「……ドウシタ。キョウワ、レジウチニズイブンミスガオオイジャナイカ…。ナニカアッタノカ」

音速の店員「今…?いや?そのちょっと前から?何か背筋が凍る?その?何と言うか直感というか?第六感?ああ、虫の知らせっていうか?」

剛腕の店員「オマエノシャベリカタワイツモキキトリニクイ」

鉄壁の店員「感じた。俺も。何かが。動き出す。そう。これは。悪い予感」

蠱惑の店員「あれれェーん。もしかしてェ、動き出したんじゃないのォ?」

剛腕の店員「ウゴキダシタトワ……、モシヤ」

――ピンポンピンポン

「「「「いらっしゃいませー」」」」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:05:42 ID:7N/vQL2Q

自宅

ヒキニート(38)「さて…」ジャキン!

姉「うん、様になってるじゃないの。覇剣《ヒキニクノツルギ》」

ヒキニート(38)「何かこの剣の名前から皮肉を感じてならないのは気のせいなのかね」

姉「さあ。名前を付けたのは千年前の人だし。古の剣よ。大事にして」

ヒキニート(38)「千年…。長い間生きてた婆ちゃんなら何か知らない?この覇剣《ヒキニクノツルギ》の由来」

祖母(18)「そんなの知らない」

ヒキニート(38)「あれェ!!!?」

母「お待たせ」

姉「ちょっとお母さん…。そのステッキ…」

母「いいのよ。コンビニに行くにはこれくらい、しっかりした装備は必要不可欠。これさえあれば、レベル60位の魔物なら一瞬にして焼き尽くせるわ」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:06:16 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「我輩は剣士」

母「私は魔術師」

姉「私は銃士」

祖母(18)「わしは召喚師」

父「そしてこの俺…」

ヒキニート(38)「行くか」ガチャリ

姉「シュークリーム売ってるかなあ」

母「私は湿布が欲しいわ」

祖母(18)「じゃがりこは苺味に限るわい」

父「おォい!!!!長年引きこもっといて何だこのアクティブっぷりは!!あ!俺『武闘家』です!……ちょっとお待ちになってください!!」


――こうして、長く険しき旅が幕開けされた。 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:06:46 ID:7N/vQL2Q

ヴァミリーマート

国王「……」

姫「王よ。このままではいけません」

国王「その言葉はもう聞きあきた…いい加減に諦めろ」

姫「いけませんっ。このままでは、ヴァミリーマート、ロソーン、そしてセッブンイレブン、全てが崩壊してしまいますっ」

姫「解決するには。この日本国のどこかに存在すると云われる、かの《伝説の勇者》を探しだし、全ての悪の根源であるセッブンイレブンをグッチャグッチャに叩き潰し……。いえ、成敗し、この国の均衡を保つ。それしかありません!」

国王「セッブンイレブンに負けない商法を考え出せばいい…」

姫「だからそれではいけないと!」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:07:17 ID:7N/vQL2Q

兵士「た、たたた大変ですッ!!」

国王「何事かっ」

兵士「よ、予言者オッパーイ様が目覚めたのです!

姫「!!」

国王「それは誠か!」

兵士「はい。オッパーイ様によると、先ほど『勇者が動き出した』と、そう宣って」

姫「何ですって!!!!」

国王「落ち着け姫よ…」

兵士「い、いかが致しましょう」

国王(このタイミングで勇者が動くか。勇者と言えば、先日に、これは極秘事項だが、国宝ヒキニクノツルギが何者かによって盗み出されたとの一報があったな。何か関係が…)

国王「……ならば、勇者の向かう先は恐らくセッブンイレブンであろう。しかし、セッブンイレブンに存在する、世界最強の『破壊の店長』と相対することになる。もし奴が本気を出すなどの展開になれば」

姫「……、なれば?」

国王「世界滅亡だ」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:07:47 ID:7N/vQL2Q

兵士「…………、」

姫「世界…滅亡…」

国王「これは杞憂であればいいが…。近頃、セッブンイレブンの肉まんが格別に美味いとの情報を小耳に挟む」

姫「馬鹿な!!肉まんにおいては我がヴァミリーマートの」

国王「落ち着かんか。知っての通り、肉まんには魔術エネルギーを一時的に向上させる効用を持つ。その効果は、味の質に比例して増大する」

国王「我がヴァミリーマートの○×店舗の店員Aが、一月ほど前にセッブンイレブンへ偵察へ向かったと聞いた」

姫「! スパイとは。なんと命知らずな…」

国王「その勇敢な店員Aが購入したセッブンイレブンの肉まんを試しに口にしたところ、そのたった一口が魔力を飛躍的に増大させ、あまりの魔力を抑えきれずに四国地方を跡形もなく消し飛ばしてしまったと聞く」

姫「いややべえじゃんそれ」

国王「姫。勇者を助けに行くのだ。奴らは危険過ぎる」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:08:23 ID:7N/vQL2Q

兵士「国王様。お言葉ですが、何も姫にその役目を任せることもないかと。我々、兵士にその役目を一任して下され」

国王「その提案は却下だ」

兵士「なっ、何故」

姫「兵士。私には、特別な力が宿っているのです。それは、かの《伝説の勇者》を真の姿に覚醒させる力」

兵士「真の…姿……」

姫「恐らく、現状、勇者は、その《伝説の勇者》という通り名からは考えもつかないほどのブサイクでチビでハゲでデブ…………、いえ、醜悪な出で立ちをなさっているに違いありません。それは、そう」

姫「呪いなのです」

兵士「呪い……?」

国王「要はその呪いを解かなければ、一口食すことで広範囲を跡形もなく消し飛ばすチート肉まんによって力を蓄えたセッブンイレブンの店員軍団、ましてやそれらを指先ひとつでねじ伏せる《破壊の店長》といった屈強な敵と相対した時、瞬殺されてしまう。勇者はこの国の希望だ。それは避けたい」

国王(せめて《魔女》さえ着いていれば、また話は変わってくるかもしれないのだが…) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:08:54 ID:7N/vQL2Q

兵士「国王。このままでは…」

国王「うむ。皮肉にも、全てを救いに第一歩を踏み出した《伝説の勇者》だが…。その一歩が、かろうじて保ち続けてきた均衡を破ってしまう可能性がある」

国王「戦争が起こってしまう」

姫「戦、争…」

国王「このままでは、日本国はセッブンイレブンに全てを征服されてしまう。それを防ぐには、今の状態を崩壊させるしかない。つまり何らかの形で勝負に出るしかないのだ。戦争が起ころうとも」

国王「だが《破壊の店長》が本気を出せば戦争どころか、世界が滅亡してしまう。そのような事態を招くくらいなら、歯を食い縛り、堪え忍ぶしかないと。そう、思っていた。だが、目覚めてしまったのだ。……勇者が」

国王「そしてその脚先はセッブンイレブンへと向けられている。衝突の始まりだ」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:09:24 ID:7N/vQL2Q

国王「事態を良い方向へ運ぶにはいくつかの方法がある」

国王「ひとつは勇者を止めること」

国王「ひとつは姫の力により勇者を覚醒させ、憎きセッブンイレブンをぶっ潰すこと」

国王「ひとつは、ロソーンと同盟を結び、憎きセッブンイレブンをぶっ潰すこと」

国王「もうひとつは、セッブンイレブンをぶっ潰すこと」

国王「とにかくぶっ潰すこと」

兵士「国王様。ぶっ潰しましょう」

国王「うむ。うむ」

姫「急に好戦的になりましたわね」

姫「……まあ、私を遣うとの言葉を頂いた時点で確信してました。今までの我慢から手段を転じさせ、勝負に出る。その意志を」

姫「私が、勇者を覚醒させます」

国王「念には念だ。ロソーンに同盟締結の話も持ち掛けてみよう。馬と遣いを用意しろ」

兵士「馬?現代に馬?」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:09:58 ID:7N/vQL2Q

~自宅を出て三センチ位の所~

母「コンビニまでの地図は用意した?」

ヒキニート(38)「母さん…。いくら長年引きこもっていたとは言え、我輩をあまり見くびらないでほしい」

ヒキニート(38)「目的地はあの『コンビニ』だよ?自宅から五分かかる場所だ。人間としての最低限の常識を弁えていたら、普通、地図くらいは用意する。常識さ」

姉「聞き苦しいから少し黙れ」

祖母(545800)「大分疲れたのじゃが、今までにどれほど歩いたのかの」

父「母さん。聞いて驚くな」

父「三センチだよ」

祖母(545800)「何とっ。それほど歩いたか」

ヒキニート(38)「ひとまず休憩だな」ゼイゼイ…

姉「……………………。そうね」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:10:28 ID:7N/vQL2Q

『おお、今日は一家揃って。いいですな、どこか出掛けるんかい?』

母「――きたわ!」

ヒキニート(38)「え?」

きんじょのじじいAがあらわれた!

父「敵かっ」スッ

姉「まだいるわ!」

きんじょのじじいBがあらわれた!
きんじょのじじいCがあらわれた!
きんじょのじじいDがあらわれた!

祖母(545800)「まだおるわい」

きんじょのじじいEがあらわれた!
きんじょのじじいFがあらわれた!
きんじょのじじいGがあらわれた!
きんじょのじじいHがあらわれた!
きんじょのじじいIがあらわれた!
        ↓
きんじょのじじいZがあらわれた!

ヒキニート(38)「うわあああああああああああああああああ!」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:11:04 ID:7N/vQL2Q

『どこに出掛けるんじゃ?ピクニックかっ。ピクニックなのか!!?』

『ピクニック!!!?ピクニックと言うと、あ、あのピクニックかっ』

『ワシも連れていけ!さもなくばきな粉もちを右耳にひたすら詰め込んでやるぞ!』

『ピピピピピクニック。ピピピピピピピピピピピピ。ピピピピピピピピピピピピ。ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ』

ヒキニート(38)「うあああああああああアアアアアアアア何だこいつらは!」

父「落ち着け!あれは長年の一人暮らしで孤独感に苛まれた、とにかく誰でもいいから会話を欲している近所のじいさんだ!」

母「会話さえ応じれば、どうということはないわ。ここは私に任せて」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:11:35 ID:7N/vQL2Q

母「こんにちは」

きんじょのじじいA『むむッ!?』

――きんじょのじじいはメテオバーストを発動した!

ドゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!

母「ぐぁアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!」

母:HP
12/50000000000000

母「……ぐッ、」

ヒキニート(38)「おい!!自宅から僅か三センチ地点で強すぎだろ敵!何だよメテオバーストって!」

父「落ち着け。よくある」

ヒキニート(38)「ねえよ!……どうする、このままじゃ勝ちの目はない。一度逃げるか…」

姉「この数を相手に退散は難しいわ」

祖母(545800)「わしが出よう」ザッ

ヒキニート(38)「婆ちゃん!」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:12:06 ID:7N/vQL2Q

――祖母は歩いた!

祖母(545800)「ぐベルぇヌフォォォォォォォッ!ムンッグアアイヤイヤイヤイアアアアアアアアアアアアアアア!ア!ア!グボァフォルァッ!!!!!ヴグァ!!」

ヒキニート(38)「救急車アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」ピポパポ!!!

祖母:HP
000000000.27/3

祖母(545800)「ふう。見たかわしの活躍」

ヒキニート(38)「帰ってくださると比較的嬉しいです」

姉「もうだらしないわね!私が行くわ!」ジャキッ

――姉は焔属性の銃弾を放った!

パァンッ!!

きんじょのじじいM「ふんッ!」バシッ

きんじょのじじいM:HP
∞/∞

ヒキニート(38)「やっぱ帰ろう。我輩が間違ってた」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:12:37 ID:7N/vQL2Q

母「もはや…これまでね…」

姉「旅が始まって今何分?凄い絶望感よ」

祖母(545800)「糞ゲーじゃ!糞ゲー!」

ヒキニート(38)「ぐっ。せっかく、一歩を踏み出せたのに。ようやく、外の世界に出たっていうのに。我輩は…。我輩は、こんなところで死ぬのか……」

父「…………、」

――きんじょのじじいはダーク・メテオバーストの攻撃準備に入った!

きんじょのじじいP『ふおおおおおおおお……』

ズゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!

ヒキニート(38)「やっと…ヒキニートから一般的ニートへと進める、そう思ったのに…」

ズゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!

父「…………、」

ヒキニート(38)「五年前の誓いは…果たせないのかッ!」

父「……、」

父「ヒキニート」

ヒキニート(38)「!」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:13:11 ID:7N/vQL2Q

父「お前はここ数年…俺のことを一度も頼ったりしなかったな」

ヒキニート(38)「な、なんで。今そんなことを…」

父「ヒキニート。この自宅から三センチ地点での凄まじいクライマックス感の中だからこそ、普段は恥ずかしくて口には出せなかったが…。そう、今なら」

父「今なら、言えることがある」

ヒキニート(38)「親父…」

父「父ちゃんはな。お前が、あの時に、顔を腫らし、その痛々しい身体で、立つのもやっとな、あのヨロヨロの状態で、言ったよな。苛められた、どうすればいい。そう言ったよな」

父「俺は、お前が苛めに会ったその事実に衝撃を受けつつも、どこかで安心してしまった自分がいたんだ」

父「お前はいつも独りよがりで、意固地で、誰にも甘えず、だからと言って強いわけでもなく」

父「そんなお前が、初めて、親父である俺を頼ってくれた。あれは、泣きそうになった。涙なんか見せたくなかったから泣かなかったがな」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:13:44 ID:7N/vQL2Q

父「そんなお前が俺を」

――きんじょのじじいはダーク・メテオバーストを発動した!

ドゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!

父「ぴぎゃアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」

父:HP
0/60000

ヒキニート(38)「親父イイイイイイイイイイイイイイイイッ!!!!!!!」

母「お、お父さんが…」

姉「近接戦闘の要が粉々に…」

祖母(545800)「若い癖にわしより先に逝きおってからに…馬鹿息子が……」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:14:15 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「お前らッ…」

ヒキニート(38)「よくも…」ザッ

ヒキニート(38)「お、親父を…」ザッ

きんじょのじじいC「けけけ」

ヒキニート(38)「…………、」

ヒキニート(38)「」ギロリ

きんじょのじじいC「――――!!?」ゾクッ!!!

ヒキニート(38)「」ゴゴゴゴ…

姉「な…に……?」

…………ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!

母「天と地が…怯えてる……」

祖母(545800)「…」

祖母(545800)(こやつ…もしや……)

ヒキニート(38)「遊びは終いだ。クソジジイ共」ジャキッ!

母「! 覇剣、ヒキニクノツルギが…ヒキニートの怒りに呼応するかのように光を……」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:15:02 ID:7N/vQL2Q
ズゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!!!!!!

きんじょのじじいA~Z『ぬ…ぐッ』

ヒキニート(38)「行くぞ…」

ヒキニート(38)「これが、ヒキニクノツルギ!!」

ヒキニート(38)「覇剣の力だああああああああ!!!!!」

――――ヒキニートはヒキニクバーニングを発動した!!!

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

姉「剣の刃先から吹き出た炎が、龍の形になってくわ!」

ヒキニート(38)「食らえ!!!!!!!!!!」

ドッゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

きんじょのじじいA~Z『ぐあああああああああ』

母「しかも全体攻撃よ!」

きんじょのじじいA~Z:HP
∞/∞

ヒキニート(38)「退さあああああああああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアんッ!!!!!!!」

――ヒキニート達は逃げ出した! 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:15:48 ID:7N/vQL2Q
――きんじょのじじいにかこまれた!

ヒキニート(38)「ぐっ…」

姉「もう無理よ!逃げられない!」

祖母(545800)「……、」

母「ヒキニートだけは死なせない!」

――きんじょのじじいはメテオバーストを発動した!

きんじょのじじいF「」ズゴゴゴゴゴゴゴ…

きんじょのじじいF「」カッ!!!!

母「ヒキn」ダッ!!










少女「――――特殊結界、解除」

ドンッ!!!!!!!!!!!!!! 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:16:51 ID:7N/vQL2Q

――ヒキニートに85ダメージ!

――母に5ダメージ!

――祖母は攻撃を回避した!

――姉に20ダメージ!

ヒキニート:HP
3415/3500

母:HP
7/5000000000000

祖母:HP
000000000.27/3

姉:HP
98880/99000


ヒキニート(38)「……。うっ…、ぐ。あれ?」

祖母(545800)「…」スタッ!

姉「あれ?敵の魔法の威力…落ちてない?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:17:31 ID:7N/vQL2Q

母「あの子よっ」

ヒキニート(38)「え?」

――『少女』がパーティーメンバーに加わった!

――少女は≪月夜の弓≫を放った!!!

ヒュヒュヒュヒュ…
ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ…
ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ……!!!

きんじょのじじいA~Z「おおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!」

――ズドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!!

――YOU WIN!!―― 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:18:09 ID:7N/vQL2Q

ロソーン

胸毛の覇者ゼウス「…。同盟、とな」

遣い「はっ。現状、セッブンイレブンに対抗しうる勢力は日本国に存在しません。そしていよいよ、ひとつの地方を消滅させるところまでセッブンイレブンの手が拡大している点から鑑みるに、」

胸毛の覇者ゼウス「ほほほ。あやつは焦っておるのか。となれば、確かにわれらも動かざるを得んな。さては勇者でも目覚めたか。ほほ」

遣い「……」

胸毛の覇者ゼウス「! ……」

胸毛の覇者ゼウス「誠か」

胸毛の覇者ゼウス「なるほど。あの誇り高いヴァミリーマートの国王の側から同盟を持ちかけてきたことにも得心が行った」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:18:59 ID:7N/vQL2Q
胸毛の覇者ゼウス「確信はあるのか」

遣い「預言者オッパーイ様の御言葉に相違ありませぬ。勇者が動き出した、と」

胸毛の覇者ゼウス「となれば≪破壊の店長≫の目的は…」

胸毛の覇者ゼウス「≪終焉の肉まん≫か」

遣い「……、」

裏店長「そいつはちと早計が過ぎるんじゃねえのかクソジジイよ」

胸毛の覇者ゼウス「裏店長!何をしておる、お主はまだ業務時間帯の筈…」

裏店長「くそだりい残業をこなしてる内に面白い情報が舞い込んできたもんでね」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:19:32 ID:7N/vQL2Q

裏店長「そこでこそこそしてるか弱い子猫ちゃんも顔を出したらどうなんだよ」

遣い「…」

遣い「姫」

姫「はい…」

胸毛の覇者ゼウス「何とっ。そなたはヴァミリーマートの王女ではないかっ」

姫「ゼウスよ。わたくしは、勇者を食い止める道を選びました」

姫「勇者を、封印するすべ。それには貴方の力が必要不可欠」

裏店長「はあ?封印?」

胸毛の覇者ゼウス「…」

胸毛の覇者ゼウス「覚醒の道を閉ざす、と」

姫「はい」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:20:05 ID:7N/vQL2Q

裏店長「待てよ。せっかくてめえらの憎きセッブンイレブンの頂に立つ≪破壊の店長≫をぶちのめすチャンスなんじゃねえのかよこれは。何でまたむざむざ言ってみりゃ味方の脚をへし折るような真似すんだよ」

姫「味方…」

姫「そうです。現在の情勢と、かの≪破壊の店長≫の目的から考慮すれば、どう事が転ぼうとも、わたくし達ヴァミリーマート勢、そしてロソーン含め、他のコンビニエンスストアからすれば勇者は、通り名に違わぬ存在として揺るがないでしょう」

胸毛の覇者ゼウス「しかし、だ」

胸毛の覇者ゼウス「勇者の覚醒にはあまりにも大きすぎるリスクが付きまとうのだ」

裏店長「リスク?」

姫「覚醒も封印も、私以外になし得ることはできませんが、その前に、ゼウス。わたくしも貴方の施しなくしては能力の行使は有り得ません」

姫「どうか御力を」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:20:47 ID:7N/vQL2Q

胸毛の覇者ゼウス「…………、」

胸毛の覇者ゼウス「やむをえまい」スッ…

――――シュオッ!!!!!!

姫「!」

姫「……」コオオオオオ…

裏店長「手を軽くかざしただけで王女が光りだした…?」

姫「元々は、永遠に行使されることのないよう、わたくしが幼き頃に国王である父がゼウスに頼んで〝預けた〟能力です」

姫「しかし時は来てしまった。勇者を止めます」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:21:18 ID:7N/vQL2Q

胸毛の覇者ゼウス「裏店長。護衛の任につけ」

裏店長「誰の」

胸毛の覇者ゼウス「王女殿下に決まっておろうが…。たわけがっ」

裏店長「あーはいはい分かりましたっての。だりいなあ」

姫「よろしくお願いします」

裏店長「ひとついいか?」

姫「はい?」

裏店長「生きることは楽しいか」

遣い「?」

胸毛の覇者ゼウス「…」

姫「それは…」

姫「勿論のこと」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:21:48 ID:7N/vQL2Q

セッブンイレブン

剛腕の店員「ウエカラノメイレイガクダサレタ。ユウシャイッコウヲブッツブシニ、スコシミセヲデヨウトオモウ」

音速の店員「今からか?マジかよ?深夜時間帯に一人にしないでくれって?退屈で死んじゃうから?行くなって?」

剛腕の店員「オマエノクチョウハ、イツモキキトリニクイ」

蠱惑の店員「命令じゃあしょうがないわよ。ま、頑張ってねん。せいぜいヘマしないように」

音速の店員「上がりか?お疲れ様?」

蠱惑の店員「あまり遅くまで起きてるとお肌が荒れちゃって困るからお暇させてもらうわん。発注ミス、片付けておいたから」

音速の店員「ありがとう?」

剛腕の店員「ジャア、イッテクル」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:22:21 ID:7N/vQL2Q

~自宅を出て三センチ位の所~

姉「お父さん…」グスッ…

祖母(545800)「大丈夫じゃて。必ず助かる」

姉「だって!!お父さんはもう死んでっ……!」

祖母(545800)「大丈夫、じゃて」

姉「……。グス。お婆、ちゃん…?」

母「…。何にしても、助かったわ。ありがとう。えーと…」

少女「少女で構いません」

母「少女ちゃん、ね。あなたは一体」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:22:58 ID:7N/vQL2Q
少女「…………」

ヒキニート(38)「…? な、何」

少女「勇者…」

ヒキニート(38)「ゆ、勇者ッ?」

祖母(545800)「……」

ヒキニート(38)「ま、参ったなあ。そっかあ。我輩って実は凄い存在だったんだなっ。しかし、そうか、この我輩が」

少女「――遭いたくなかった」

ヒキニート(38)「いやあ…。はっはっはっ……」

ヒキニート(38)「…………は?」

少女「…」

ヒキニート(38)「…」

少女「…」





~ヒキニート・ファンタジー~ 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:23:29 ID:7N/vQL2Q
【第一章】

ヒキニート(38)「遭いたく…なかった?」

少女「あなたは何しにコンビニに向かうつもりなの?」

ヒキニート(38)「それは…。そう、五年前の誓いを果たすため」

少女「迷惑なの」

ヒキニート(38)「!?」

少女「さっきはあなたに死なれちゃ迷惑だから、仕方なしに助けたの。でも、これ以上進むというのなら、今この場であなたを始末する」スッ

母「ちょ、ちょっと!!」

祖母(545800)「……」

姉「誰、なの。あなた…」

少女「引きこもりニートは引きこもりニートらしく、家で大人しくしてて」

少女「メガニートとの誓いなんて、本当、馬鹿馬鹿しい」

ヒキニート(38)「!!?」

ヒキニート(38)「な、んで。祖父ちゃんの名を…」

少女「あなたには関係ない」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:24:12 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「関係。ない? そんな、だったら、我輩に関わるなよ!!」

ヒキニート(38)「そこをどけ! 助けてくれたことは感謝するよ。けどな、理由もなく始末されてたまるか」

ヒキニート(38)「誓いを果たすんだ!だから外に出たんだ!こんな脚ガクブルでも、外の空気に不慣れでも、近所の目線が怖くても、」

ヒキニート(38)「コンビニに行くって、セッブンイレブンに行くって決め」

ドシュウ!!!!!!!!!!!

――ヒキニートに3400ダメージ!

ヒキニート:HP
15/3500

ヒキニート(38)「ッ…、は……」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:24:44 ID:7N/vQL2Q

姉「……ひ、…」

姉「ヒキニートッ!!!」

母「な、何。何が、起きてるの」

少女「次で終わり」スッ

姉「待」

――少女は≪月夜の弓≫を放った!!!




ドシュウ!!!!!!!!!!! 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:25:16 ID:7N/vQL2Q









――――ゴオオオオオオオオオ……




祖母(545800)「あれは…」

姉「え…え?」

母「本当に…ヒキニートなの?」





ヒキニート(炎)「…」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!!!

少女「ヒキニクノツルギとの融合…」

少女「形態≪炎≫」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:25:47 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(炎)「何だ…」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「死なれちゃ困るんじゃなかったのか」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「言ってることとしていることが矛盾しているぞ」ゴゴゴ…

少女「……その引きこもりを演じているつもりなら、空々しいわ、すぐ止めて。私は、覇剣。あなたに用があるの」

少女「ヒキニクノツルギ」

ヒキニート(炎)「…貴様は」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「そうか」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「聖女か」ゴゴゴ… 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:26:21 ID:7N/vQL2Q

少女「あなた何がしたいの?」

ヒキニート(炎)「我は使役される者…目的などない。ただ、使い手の意志に従うのみ」ゴゴゴ…

少女「うそ」

ヒキニート(炎)「ほう…」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「現代の聖女はなかなかどうして、強靭な気質を感じさせる……」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「歴史は繰り返すな。マリアよ」ゴゴゴ…

姉「マリ…ア……?」

母「さっきから、何を話しているの。ヒキニートはどうしちゃったの」

少女「――破壊の店長」

ヒキニート(炎)「!!!?」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「奴は…。あやつは、生きているのか!?」ゴゴゴ… 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:26:52 ID:7N/vQL2Q

少女「なら分かったでしょう? もう家に引き返して。特殊結界すら見抜けずに…。自宅の真ん前でこれほどまで追い詰められて……、本当、馬鹿みたい。このまま歩を進めても待つのは無残な死、それだけよ」

祖母(545800)「じゃがりこ…」

姉「お婆ちゃんはちょっと黙ってて」

祖母(545800)「イチゴ味…」

姉「ちなみにじゃがりこにイチゴ味はありません」

母「と、とりあえず、この子の言う通りにしましょう。一度帰るのよ。外はあまりにも危険すぎたわ」

母「コンビニは、私達には、あまりにも遠い」

母「コンビニになんか、行けなかったのよ」

母「コンビニなんか無理なのよッ!! 所詮、幻の聖域だったのよ!」

母「コンビニを諦めて! ヒキニート!!」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:27:49 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「嫌だ!!!!!!!」ドン!

少女「! ……」

少女(これほど一体化しておきながら覇剣に意思を侵されない? まさか…)

少女「…」

少女「ヒキニクノツルギの言う通り、私は現代における≪聖女≫の役割を果たす者」

ヒキニート()「」ゴウッ

ヒキニート(炎)「役割、と。ふん」ゴゴゴ…

少女「私のするべきことは、過去の過ちを繰り返させないこと」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:28:20 ID:7N/vQL2Q

少女「どうしても行くというのなら…」

少女「私も同行します」

祖母(545800)「いーよ」

姉「軽ッ!!!!!? お婆ちゃん軽い!!!!!!!」

母「……もう、何が、何だか」

ヒキニート(炎)「結局、こうなるのだ。運命には逆らえぬよ、マリアよ」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「現代の勇者の意志は、もしかすると十年前のそれを越えるやもしれぬ。実に興味深きことよ」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「そして現代において尚生き続ける≪破壊の店長≫よ」ゴゴゴ…

ヒキニート(炎)「マリア。面白くなってきたぞ」ゴゴゴ…

姉「誰か収拾付けろこの謎展開に!!!!!!!!!」

少女「パーティは五人以上は不可。空きができて丁度いいわ」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:28:51 ID:7N/vQL2Q

――時間の黒穴を越えて10年前――

メガニート(52)「ちょっとコンビニ行って来る」

妹「…………、ど、うして」


メガニート(52)「決めたんだ。我輩は、何がなんでも、コンビニへ行く。家を出て三分歩いた所にある信号を渡り、左折、右手にあるパン屋と薬局とよく話しかけてくるオバハンを通過したら見えてくる、あの『セッブンイレブン』に…」


妹「無茶よッ!!」ガタタンッ!

股間が凍てついた。 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:29:22 ID:7N/vQL2Q

メガニート(52)「ちょっとコンビニ行って来る」













父「何!!?コンビニだと!」ズガガガンッ!!! 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:29:55 ID:7N/vQL2Q
メガニート(52)「ちょっとコンビニ行って来る」





母「コンビニ!!!!!!!?」

キュイーン…――

カッ!!!

ドッゴオオオオ!!!!!!!!!!!

ズゴゴゴゴ……

母「じょ、冗談でしょメガニート。ちょっと最近冷たく接しすぎたかしら…。とにかく、何か悩んでることがあるのなら言いなさい」

ズゴゴゴゴ…

メガニート(52)「悩みなんて…。いや、その葛藤を乗り越えるには、尚更行かなきゃいけないんだ。……コンビニへ」

ズゴゴゴゴ…

母「正気なの…」

ピーポーピーボー… 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:30:26 ID:7N/vQL2Q

父「家族会議だ」

リビングにて突如開始された家族会議。

母「ねえ、そろそろ聞かせてくれない?コンビニへ行く理由を」

妹「兄ちゃん、昔から何でも一人で考え込んで一人で決めちゃう、そういうタイプなのよ。それも、大事ほど」

この家族会議も何年振りになるのだろうか。いやに懐かしい。確か祖母が転んで膝を擦りむいたあのとき以来じゃないか。

祖母(544790)「…………」

メガニート(52)「皆は、もう忘れちゃったのかよ!五年前を!」

父「……ッ」

妹「!?」

祖母(544790)「!……、ヴぅっふっ、ゴホァ、ゲハッ!ゲハッ、ゴボボォッア!!!……ゼー、ゼー」

メガニート(52)「目を背けていたって、前には進めないんだ。長い間に引きこもっていた経験で知ったよ。もう我輩は何がなんでも前に進む」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:31:04 ID:7N/vQL2Q

ヴァミリーマート




兵士「…………、」

姫「世界…滅亡…」

国王「これは杞憂であればいいが…。近頃、セッブンイレブンの肉まんが格別に美味いとの情報を小耳に挟む」

姫「馬鹿な!!肉まんにおいては我がヴァミリーマートの」

国王「落ち着かんか。知っての通り、肉まんには魔術エネルギーを一時的に向上させる効用を持つ。その効果は、味の質に比例して増大する」

国王「我がヴァミリーマートの○×店舗の店員Aが、一月ほど前にセッブンイレブンへ偵察へ向かったと聞いた」

姫「! スパイとは。なんと命知らずな…」

国王「その勇敢な店員Aが購入したセッブンイレブンの肉まんを試しに口にしたところ、そのたった一口が魔力を飛躍的に増大させ、あまりの魔力を抑えきれずに近畿地方を跡形もなく消し飛ばしてしまったと聞く」

姫「いややべえじゃんそれ」

国王「姫。勇者を止めに行くのだ。奴らは危険過ぎる」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:31:56 ID:7N/vQL2Q
~自宅を出て三センチ位の所~


――きんじょのじじいにかこまれた!

メガニート(52)「ぐっ…」

妹「もう無理!逃げられない!」

祖母(544790)「……、」

母「メガニートだけは死なせない!」

――きんじょのじじいはメテオバーストをはつどうした!

きんじょのじじいF「」ズゴゴゴゴゴゴゴ…

きんじょのじじい「」カッ!!!!

母「メガn」ダッ!!






マリア「――――特殊結界、解除」


ドンッ!!!!!!!!!!!!!! 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:32:27 ID:7N/vQL2Q

――時間の白穴を越えて10年前――

ギガニートZZ(72)「ちょっとコンビニ行って来るわい」

兄「…………、ど、うした」


ギガニートZZ(72)「決めたんだ。ワシは、何がなんでも、コンビニへ行く。家を出て三分歩いた所にある信号を渡り、左折、右手にあるパン屋と薬局とよく話しかけてくるオバハンを通過したら見えてくる、あの『セッブンイレブン』に…」


兄「無茶だッ!!」ガタタンッ!

股間すら凍てつかない。 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:32:57 ID:7N/vQL2Q

ギガニートZZ(72)「ちょっとコンビニ行って来る」














父「な…に……!!?コンビニだと!」ズガガガンッ!!!ヨロヨロ…

父「ふンがあ…」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:33:28 ID:7N/vQL2Q

ギガニートZZ(72)「ちょっとコンビニ行って来るぞい」」



母「コンビニ!!!!!!!?」

キュイーン…――

カッ!!!

ドッゴオオオオ!!!!!!!!!!!

ズゴゴゴゴ……

母「じょ、冗談でしょギガニートZZ。ちょっと最近冷たく接しすぎたかしら…。とにかく、何か悩んでることがあるのなら言いなさい。…ゴホッゴホッ!!」

ズゴゴゴゴ…

ギガニートZZ(72)「悩みなんて…。いや、その葛藤を乗り越えるには、尚更行かなきゃいけないんじゃ。……コンビニへ」

ズゴゴゴゴ…

母「正気なのかえ…」

ピーポーピーボー… 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:34:06 ID:7N/vQL2Q

父「家族会議じゃ…ゴホッ!ン、ンン」フラッ…フラッ…

リビングにて突如開始された家族会議。

母「ねえ、そろそろ聞かせてくれないかえ?コンビニへ行く理由を」ヨロヨロ…

兄「コイツは、昔から何でも一人で考え込んで一人で決めちゃう、そういうタイプなんじゃい。それも、大事ほどのう」

この家族会議も何年振りになるのだろうか。いやに懐かしい。確か祖母が転んで膝を擦りむいたあのとき以来じゃないか。

祖母(544790)「…………」

ギガニートZZ(72)「皆は、もう忘れたのか!五年前を!」

父「……ッ」

兄「!?」

祖母(544790)「!……、ヴぅっふっ、ゴホァ、ゲハッ!ゲハッ、ゴボボォッア!!!……ゼー、ゼー」

ギガニートZZ(72)「目を背けていたって、前には進めないんじゃ。長い間に引きこもっていた経験で知ったよ。もうワシは何がなんでも前に進む」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:34:37 ID:7N/vQL2Q

ヴァミリーマート




兵士「…………、」

姫「世界…滅亡…」

国王「これは杞憂であればいいが…。近頃、セッブンイレブンの肉まんが格別に美味いとの情報を小耳に挟む」

姫「馬鹿な!!肉まんにおいては我がヴァミリーマートの」

国王「落ち着かんか。知っての通り、肉まんには魔術エネルギーを一時的に向上させる効用を持つ。その効果は、味の質に比例して増大する」

国王「我がヴァミリーマートの○×店舗の店員Aが、一月ほど前にセッブンイレブンへ偵察へ向かったと聞いた」

姫「! スパイとは。なんと命知らずな…」

国王「その勇敢な店員Aが購入したセッブンイレブンの肉まんを試しに口にしたところ、そのたった一口が魔力を飛躍的に増大させ、あまりの魔力を抑えきれずに九州地方を跡形もなく消し飛ばしてしまったと聞く」

姫「いややべえじゃんそれ」

国王「姫。勇者を止めに行くのだ。奴らは危険過ぎる」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:35:10 ID:7N/vQL2Q
~自宅を出て三センチ位の所~


――きんじょのじじいにかこまれた!

ギガニートZZ(72)「ぐっ…ぬ」

兄「もう無理じゃ!逃げられん!」

祖母(544790)「……、」

母「ギガニートZZだけは死なせない!」

――きんじょのじじいはメテオバーストをはつどうした!

きんじょのじじいF「」ズゴゴゴゴゴゴゴ…

きんじょのじじい「」カッ!!!!

母「ギガn」ダッ!!







マリア「――――特殊結界、解除」

ドンッ!!!!!!!!!!!!!! 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:35:41 ID:7N/vQL2Q

――現代――

~自宅から2メートル後~

姉「ねえ、お婆ちゃん。これは私の、あくまで、馬鹿馬鹿しい予想に過ぎないんだけど……」

姉「もしかして、お父さんを生き返らせる方法があるんじゃないの?」

祖母(545800)「ある」

姉「……そうだよね。うん、分かってた。私が馬鹿だっ…」

姉「え?」

ヒキニート(38)「あるのか!?」

祖母(545800)「まあ、この旅の行く末次第と言ったところかのう…」

母「お母さんは、何か知ってるんじゃないの?」

祖母(545800)「さてのう…」

母「お母さんッ。家族が死んだのよ!」

祖母(545800)「そんなことは分かっとる。なれば、お前は今、ヒキニートだけを見ていろ。それが、必ずやいい結果に結びつくじゃろうて」

母「………………はあ、」

少女「ねえ」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:36:11 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「……何だ。我輩に話しかけるな。死に際まで追いやった当の相手とは本当なら目すら合わせたくないんだ」

少女「どうしてそこまでメガニーt…祖父のことが大事なの?」

ヒキニート(38)「…」

ヒキニート(38)「……、」

少女「…」ジー

ヒキニート(38)「…………、」

少女「…」ジー

ヒキニート(38)「ぐっ。う……、分かった、話す」

ヒキニート(38)「長くなるから面倒だったんだ」

少女「話して」

ヒキニート(38)「アンタ問答無用だな…」

ヒキニート(38)(……。見てくれがいつも画面越しに見る美少女のそれを圧倒する位なもんだ…。見つめられるとヒキニートとしては精神がとても保たん……)

ヒキニート(38)(それに…)

少女「…」

ヒキニート(38)(何となく…悪いやつじゃない気がする) 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:36:57 ID:7N/vQL2Q
少女「やっぱり話すのは後でいい」

ヒキニート(38)「あれは五年前…って何でだよ!」

少女「だって」

少女「強いのが来たから」


――――ドゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!


姉「きゃああああああああああああ!!!!」

ヒキニート(38)「何だッ!?」

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…………

母「め、目の前の一軒家が…木っ端微塵に……」

祖母(545800)「……」

祖母(545800)「でかいのう」




剛腕の店員「オマエタチヲタオシニキタモノダ」

剛腕の店員「……サア、タタカオウ」 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:37:27 ID:7N/vQL2Q

――時間の狭間――

?『!』

?『始まった…』

?『1000年と10年後の世界に、とてつもなく強大なエネルギーが鬩ぎ合っているのが分かる』

?『おそらくは聖人と…。破壊の店長の手先がぶつかっているのだろう』

?『そうか。マリアは穴を乗り越え転生することに成功したのだな』

?『彼女がいれば当分は大丈夫か…』

?『いや…』

?『……』

?『頼む』

?『僕の転生が終わるまでは、どうにか持ちこたえてくれ』

?『そして現代の勇者の名を継ぎし者よ』

?『彼女を守れるのは、君だけだ』 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:37:57 ID:7N/vQL2Q

――現代――


蠱惑の店員「はあい」

裏店長「ちッ…。早速に面倒なのと遭遇しちまったな」

姫「……!!」ジリッ…

蠱惑の店員「あんた達の目的はお見通しよ。勇者を…」

蠱惑の店員「――封印するのでしょう?」

姫(! ……)

裏店長「あれあれあれれ。おっかしいねえ」

蠱惑の店員「とぼけても無駄よ。おそらく護衛付とはいえ、貴方という一国の王女がほぼ単独で行動しているってことはつまり、その目的を公にはできない形で秘密裏にことを進める、そのため」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:38:28 ID:7N/vQL2Q

蠱惑の店員「ヴァミリーマートの国王様には、さしずめ、破壊の店長率いるセッブンイレブンを討つ為に、勇者を覚醒させる手に打って出る。とでもごまかしておけば、国内の混乱は収まる」

蠱惑の店員「――もうこの世界に希望はない。貴方達のやれるせいぜいのことと言えば、逆に勇者を『封印』することくらい」

裏店長「けけ。ぐちゃぐちゃくっちゃべんのがお好きのようで」

裏店長(意図はバレバレか…)

姫「……、」

裏店長(このお姫様を守りつつどこまで戦えるか)

裏店長(そういうスタイルは苦手だぜ、くそったれが…)

蠱惑の店員「それじゃあ、」

蠱惑の店員「戦いましょうか」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:39:06 ID:7N/vQL2Q

――ゴゥン!!!!!!!!!!!!!!

ゴゴゴゴゴ…

ロソーン


胸毛の覇者ゼウス「来ると思っていたよ」

音速の店員「結局店は、急遽、新人に任せ? そして俺は面倒事に駆り出される?」

音速の店員「あーあー?もうさっさと終わらせたいよね?」

音速の店員「俺は遅いことが何より嫌いなんだ?」

胸毛の覇者ゼウス「奇遇だな」

胸毛の覇者ゼウス「ワシもだよ」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:39:41 ID:7N/vQL2Q

音速の店員「…?」

音速の店員「余裕だね? これから死ぬんだよ? 自覚ないの?」

胸毛の覇者ゼウス「ほほほ」

胸毛の覇者ゼウス「まだまだ若い者には負けておれんわ」カッ!!!!!!!

――グワッ!!!!!!!!!!!!!!!!

音速の店員「!!」

音速の店員「なるほど? あんた≪預かり主≫かあ?」

胸毛の覇者ゼウス「この能力の元の持ち主は強いぞ」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:40:20 ID:7N/vQL2Q

たとえば、夢だ。

たまにその夢に出てくる、あれほど楽しかった、小学生時の記憶。

とうに忘れきっていたはずの、あの頃の友達。今はどこで何をしているかも不明な、友達。

そんな友達に囲まれ、建前のない、その純な笑みで、自分達は日が暮れるまで遊び倒した。

引きこもりの性質は当時から開花させていたのだろうか、既にインドア派であった昔の自分は、流行の定番ゲームで時間を過ごすことが大抵であった。

協力プレーでは、いつも影での引き立て役。ゲーム世界ですら、表舞台に立つことは許されなかったのかもしれない。

それでも良かった。だって、求められていたのだから。 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:40:50 ID:7N/vQL2Q

――――くせえんだよブタ!近寄るな!!!

ああ、人はどうしてこうも変わるのだろう。

――――え?お前まさか、今まで俺のこと『友達』とか思っちゃってた?

止めてくれ。

――――もうお前、来るなよ。学校。

・・・・・・・・・・・・。

――しゃ。

・・・・・・へ?

――勇者

――――遭いたく、なかった

自分は。自分は…

表舞台に立てる器じゃない。一生、脇役。

それが…

「――ヒキニート!!!!!!!!!!!」 


73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:41:24 ID:7N/vQL2Q

ドゴォ!!!!!!!!!!!!!!

ヒキニート(38)「……っ!」

少女「何ボーッとしてるの?」シュタッ!!

母「少女ちゃんが庇わなきゃ…危なかったわ」

ヒキニート(38)「あ…」

少女「早く自分で立って」

ヒキニート(38)「わ、るい」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:41:56 ID:7N/vQL2Q
少女「早く覇剣と融合してっ」

ヒキニート(38)「そ、れが」

ヒキニート(38)「どうやればできるのか、分からないんだ」

少女「使えない。死んで」

ヒキニート(38)「あんまりだ!!」

姉「ふざけてる場合じゃないよ!!!」

剛腕の店員「オシャベリトハヨユウダナ」

――剛腕の店員は地に拳を叩き付けた!

――――――――――――――ッ・・・







ゴバッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:42:50 ID:7N/vQL2Q
――ヒキニートに7800ダメージ!
――母に5500ダメージ!
――姉に4900ダメージ!
――祖母は攻撃を回避した!
――少女に1ダメージ!

ヒキニート:HP
312200/320000

母:HP
49994500/50000000

姉:HP
93100/99000

祖母:HP
3/3

少女:HP
999/1000

ヒキニート「ぐあッ…!」ドシャッ!

母「く……、」タタッ

姉「ううっ」ヨロッ!

祖母(545800)「」シュタ!

少女「ん…」タタッ!! 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:44:20 ID:7N/vQL2Q
母「皆下がって!!!」サッ!

――母は灼熱の雨を降らした!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴウッ!!!!!!!!

剛腕の店員「フン」スッ

――剛腕の店員は拳を振った!

ゴアッ!!!!!!!!!!!!

姉「跳ね返した!!?」

――ヒキニートに1000ダメージ!
――母に1000ダメージ!
――姉に1000ダメージ!
――少女に1ダメージ!

ヒキニート:HP
311200/320000

母:HP
49993500/50000000

姉:HP
92100/99000

少女:HP
998/1000 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:45:07 ID:7N/vQL2Q
姉「炎系が駄目なら…」ジャキン!!!

――姉はイナズマガトリングを放った!

ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ!!!!!!!!!!……

剛腕の店員「ツマラナイナ…」ヒュ…

――剛腕の店員は≪必殺の一撃≫を放った!

少女「避けて!!!!!!!!!!!!!」






グアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



――少女に350ダメージ!

少女:HP
648/1000

姉「…………ッッ、っ、あ、ありがとう…」

少女「う…」フラッ 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:45:44 ID:7N/vQL2Q

ひきにーと(38ちゃい)「な、んだ。今の」

姉「気持ち、分かるけど…気ぃ緩みすぎアンタ」

母「強い…」

剛腕の店員「ドウシタ。ヒトリダケマシナヤツガイルガ…コンナモンカ」

祖母(545800)「綺麗だった町並みが見る影もないのう…。荒々しい奴じゃわい」

少女「町並みなんか、気にしてる場合じゃないのよ」ヨロ…

ヒキニート(38)「この強さの正体は何なんだ…」

少女「ひとつに≪肉まん≫を食していることには間違いないわ」

少女「彼がその気になれば、日本列島を真っ二つに叩き割る力はあるはずなの」

ヒキニート(38)「さっきから無理ゲー過ぎて思考が追いつかないんだが」

少女「あいつ…遊んでる」

剛腕の店員「…」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:46:15 ID:7N/vQL2Q

少女「打つ手がない。何としてでも逃げる」

母「逃げるって…」

姉「その気になれば日本列島を叩き壊すような相手から、どうやって」

少女「いくらなんでもそこまではしないはず。あいつの目的は、あくまで…」チラッ

ヒキニート(38)「わ、、我輩…」

少女「何かの拍子に死なれでもしたら困る筈だから」

ヒキニート(38)「そ、そもそも」

ヒキニート(38)「我輩の、何を目的として襲撃して来るんだ」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:46:47 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「セッブンイレブンは、破壊の店長は、」

ヒキニート(38)「そもそも、何が、目的なんだ…」

剛腕の店員「オシエテヤルギリハナイナ。トニカク、メイレイニシタガイ、オマエヲツレカエル」

ヒキニート(38)「なあっ。お前なら、何か知ってるんじゃないのか」

少女「お前って呼ばないで」

ヒキニート(38)「あ、ああ…。いや、そうじゃなくて」

少女「いい? とにかくあなたは、」

少女「死なないことだけを最優先に考えて」

少女「あなたが死んだら全てが終わる」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:47:17 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「な、んだよ」

ヒキニート(38)「言われなくたって、そりゃ命は最優先にして行動してるさ」

ヒキニート(38)「そうじゃなくて、なんで…」

少女「?」

ヒキニート(38)「なんで、我輩なんだ…」

少女「あなたが現代における≪伝説の勇者≫だから。言ったじゃない」

ヒキニート(38)「だから!!!」

母「ヒキニート…」

ヒキニート(38)「そもそも、どうして我輩が、その勇者ってのに選ばれた」 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:47:47 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「我輩は、そんな器じゃない」

ヒキニート(38)「我輩は、そんな目立つ役じゃない」

ヒキニート(38)「主人公にはなれない。そんな目立つ存在じゃない。我輩は…。我輩は!」

ヒキニート(38)「…………、」

ヒキニート(38)「世間の裏でひっそりと、何の意味も、価値も、生産性もなく、ただ息をするだけのように生きているだけ。何者にもなれない。負だけを撒き散らし、迷惑だけかけ、」

ヒキニート(38)「そう、つまりは…」

ヒキニート(38)「我輩は世界に必要のない、いらない、いない方がいい人間でしかないんだ」

少女「正論ね」

ヒキニート(38)「1ミクロもフォローしねえな!!」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:48:21 ID:7N/vQL2Q
少女「偽善で一時の慰めをするつもりなんかない」

少女「そして理由もない。あなたはあなただから勇者に選ばれたわけじゃない」

少女「ただ、あなたが勇者に選ばれた。たとえそれが当人にとって望ましくない結果として受け取られることになっても」


母「そんなことない!!」
祖母(545800)「果たしてそうかのう」


少女「ッ?」

母「ヒキニートは、人の痛みを知ってる。誰よりも弱いからこそ、その理解者になれる」

祖母(545800)「元来、勇者とは、例えフィクションであろうと現実であろうと、その本質は変わらん。――弱きを助け強気をくじく。それは弱き者の心の内を分かってやれる人にしかできんじゃろうて」

少女「ん…」

祖母(545800)「『前のマリア』は、もっと懸命な判断力や思考力があったんだがの。聖女ともあろう者が、そんなことも分からんか」

少女「え?」

少女「…………あなた、」

剛腕の店員「…ユウシャノソンザイカチナド、ドウダッテイイ。ワレラノネガイヲジツゲンスルベク、」

剛腕の店員「ソロソロホンキデツレテイク。タイクツモスギルシナ」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:48:54 ID:7N/vQL2Q

少女「……分かった」

少女「元々そのつもりだったけど、この際、逃げる方針もなし」

少女「私は私の使命を全うする」

少女「不服だけど、あなたを」

少女「文字通り、命をかけて、守ってみせる」

少女「私は、聖女だから」

少女「何としても、勇者を守り通す」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:49:50 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「………………………………だから、どうして」

ヒキニート(38)「そうなるんだ」

――大丈夫。誰がいじめてきたって、お母さんは絶対にあなたの味方。

――おい、ヒキニート。そのな、父さんな、そう、たまには相談に乗ってやる。男同士で話さないか、酒でも飲みながら。

――お姉ちゃんに任しなさいってのー。本当アンタって無駄にプライド高いんだから。たまには頼りなさいって。

ヒキニート(38)「いつも、いつも、」

ヒキニート(38)「いつも…」 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:50:20 ID:7N/vQL2Q

剛腕の店員「ホカノヨニンハシンデモラウ」スッ!

少女「さっきのがまた来る!!下がって!!!」

ヒキニート(38)「いつも、」

――剛腕の店員は≪必殺の一撃≫を放った!

少女「来た!!!!!!」












グアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:50:56 ID:7N/vQL2Q
――――――ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ガガガガガッガガガガガガガガッガ!!!!!!……

ビリッ…ビビビッ……バチッ



剛腕の店員「……ナ…ニ…?」

母「!!」

姉「わあ…」

祖母(545800)「ほほ」

少女「……!」






ヒキニート(雷)「」ビリッ…ビビビッ……バチッ

ヒキニート(雷)「…」ビリッ…ビビビッ……バチッ

ヒキニート(雷)「ふん」ビリッ…ビビビッ……バチッ 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:51:47 ID:7N/vQL2Q

少女「形態、≪雷≫…」



剛腕の店員「マサカハネカエスドコロカ、スベテケシトバシテシマウトハ……」

剛腕の店員「コレガヒキニクノツルギト、ユウシャノチカラ」



ヒキニート(雷)「違うな」バチッ…バチチッ……!

剛腕の店員「ナニ?」

ヒキニート(雷)「これは、純粋な、人の力…『思い』だ。思いの力だ」バチッ…バチチッ……!

ヒキニート(雷)「≪雷≫は、自己への強い怒りから目覚める属性と云われる」バチッ…バチチッ……! 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:52:17 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(雷)「力なき者が、周囲から護られようという状況へ常に立たされている時」バチッ…バチチッ……!

ヒキニート(雷)「往々にして、人間は、自らに対し、底知れぬ怒りを覚えるものだ」バチッ…バチチッ……!

ヒキニート(雷)「不甲斐無さを自覚し、それでも、泥臭く悩み続け、いつかは悩み切る」バチッ…バチチッ……!

ヒキニート(雷)「人はそれを進歩と呼ぶ。葛藤と成長は、人間に許された前進するための手段だ」バチッ…バチチッ……!

剛腕の店員「フ」

剛腕の店員「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

剛腕の店員「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

剛腕の店員「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:53:10 ID:7N/vQL2Q




剛腕の店員「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

剛腕の店員「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

剛腕の店員「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ヒキニート(雷)「? 気でも狂ったか」バチバチッ…

剛腕の店員「クダラナァイ!!!!!!!!!!!」

――剛腕の店員は≪破滅の一撃≫を放った!!!



ヴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




少女「このエネルギー量…」ビリ…ビリ… 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:53:50 ID:7N/vQL2Q




















ヒキニート(雷)「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」





――――――ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:54:55 ID:7N/vQL2Q

ズズズズズ……

剛腕の店員「グ……ッ」

剛腕の店員「ア」

ズシャ…

剛腕の店員「」



姉「倒した…?」

姉「倒した」

姉「倒した!!!!やったァ!!!!!!!!」

母「凄いわヒキニート!」

祖母(545800)「うむ。うむ」 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:55:25 ID:7N/vQL2Q

少女「…………」

少女「凄い…」

ヒキニート(雷)「」バチッ…バチチチ!

ヒキニート(雷)「少し…疲れた」バ…チ

ヒキニート(雷)「あとを頼む」

祖母(545800)「良い」

ヒキニート()「」フッ…




ドサッ… 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:55:55 ID:7N/vQL2Q

とある場所

国王「四天王の一人が敗れた」

――そうか・・・。勇者の成長ぶりはどうだ。

国王「流石は伝説の勇者の器。既に属性二つを覚醒させている」

――なるほど。

――≪穴≫はどうだ?

国王「少しずつだが弱まりつつある。こうなれば三時系列の統合も」

――不可能とまではいかないところまで来た。 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:56:25 ID:7N/vQL2Q

国王「穴。勇者。終焉の肉まん」

国王「我らの目的を実現するには必要不可欠の鍵」

――そうだ。くれぐれも気を緩ませるようなことをしてくれるな。

――残りの四天王はどうだ。

国王「勇者の覚醒という体で、裏店長と行動する姫と、四天王の一人が現在相対している。ロソーンの厄介な≪預かり主≫にも、その一人が対応している」

――そうか。

――・・・・・・少し、眠い。

国王「後のことは私目にお任せを」

――頼む。 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:56:55 ID:7N/vQL2Q

夜、自宅から5メートル地点

祖母(545800)「焚き火のための薪を拾って来たぞい」

母「こうして火の魔法で…」ヒュッ

ボウッ!

姉「こういう時に魔法って便利ねー」

母「さっきの戦闘で、すっかり見渡す限り瓦礫だらけね」

姉「宿もないし、野宿は仕方なし、かあ。お母さん、今夜はご飯どうするの」

母「ちゃんと家を出る時に食材を持ってきてるから大丈夫。シチューでも作りましょう」

姉「やったっ」

母「お父さんを蘇らせるためにも、コンビニ、絶対に行かなくちゃね。そうでしょう、お母さん」

祖母(545800)「うむ。目的地のコンビニにさえたどり着ければどうにかなるじゃろう」

姉「目的地まで、まだ4分56秒くらいの距離はある。ちゃんと体を休めないと」

母「逆に4秒もの時間をかけて進んできた自分達を褒めてあげたいわ」

姉「そうだね…」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:57:31 ID:7N/vQL2Q





ヒキニート(38)「ありがとうな」

少女「え?」

ヒキニート(38)「いや、命がけで護ってくれるって。あの言葉がなきゃ、多分踏ん切りがつかなくて、覇剣とも融合できずにあのままやられてたかもしれない」

少女「別に…」

少女「私は聖女だから」

ヒキニート(38)「なあ、お前…ああ、えっと」

少女「少女でいい」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:58:07 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「ああ、そう。少女は、どこから来たんだ」

少女「1000年と10年前」

ヒキニート(38)「へ?」

少女「私はこの現代に、1000年と10年前から転生した存在なの」

ヒキニート(38)「聖女としての役割を果たすため、か」

少女「…」

少女「私もあなたと同じ」

ヒキニート(38)「え?」

少女「どうして自分が聖女に選ばれたか、分からないの」 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:58:38 ID:7N/vQL2Q

少女「私にインプットされた情報は、勇者であるあなたを護り、そして破壊の店長の野望を食い止めること」

少女「その他に細かい情報もインプットされているけど…。どれも本質に迫れるものじゃないかもね」

ヒキニート(38)「転生って…。前の記憶は引き継いでないのか」

少女「時々、それらしいものがフラッシュバックみたいに脳裏を掠めることがあるの。あまりいい気分はしない。自分が、自分の中に二人いるみたいで気持ちが悪い」

ヒキニート(38)「そっか…」

ヒキニート(38)「聖女としての重圧というか、責任感も似た感じでインプットされたものなのか。それとも、何かのきっかけで自らその責任を背負う覚悟を決めた、とか」

少女「……。分からない」

少女「だから、思うの」

ヒキニート(38)「何を」

少女「似た境遇に身を置くあなたが、これほどまでに、勇者としての責務に固執する原動となっている、祖父に対しての思い」

少女「それは、どんのものなんだろうって」

少女「そう、思ったの」

ヒキニート(38)「……」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:59:08 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「爺ちゃん…。メガニートのこと、知ってる風だったけど、どこまで知ってるんだ」

少女「それも記憶の断片。1000年と10年前に、メガニートは存在していた。あなたのこともよく話していた」

ヒキニート(38)「ふうん。……ッ!?」

ヒキニート(38)「1000年と10年前って…要は1010年前って解釈でいいのか。それだと、我輩や爺ちゃんは…」

少女「この世界は時間の概念がとても曖昧」

ヒキニート(38)「へ?」

少女「多分、いや、ほぼ確実に、時間の概念を、そう」

少女「≪破壊の店長≫が歪めていることは間違いない」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 01:59:43 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「時間の概念を…歪める……」

少女「秒、分、時間、日、ヶ月、年。そういう単位は、単語として考えたときの上下関係は変わらない。一秒は一分より短いし、一年は一ヶ月よりも長い」

少女「でも体感時間や、時空間が変質していることから、体感は一時間なのに実際は一秒であったり。その逆も然り。何よりも…」

少女「この世界の住人がそれに順応してしまい、違和感の一切が消失してしまっていること。今の状態は危険すぎる。このままでは時空間ごと崩壊してしまう」

ヒキニート(38)「……。全然、気付かなかったし、それを聞いた今でも意味がよく飲み込めない」

少女「そして、それとは別に。時系列が、分散してしまっていること」

少女「ひとつの時空間を複数に分散し、そして≪穴≫をその間に生み出すことで、それぞれが決して触れ合うことのないよう隔絶されてしまっている」

少女「何より疑問なことが、その分散した時空間がまたひとつにまとまろうとしていること」

少女「それが何を引き起こすことに繋がるのかは、情けないことに全く検討もつかない」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 02:00:15 ID:7N/vQL2Q

少女「1000年と10年前って表現はね」

少女「まず、10年前地点に、大きな≪穴≫が二つ存在している」

少女「そして、10年以上前の世界の記憶は、それぞれの≪穴≫ふたつに閉じ込められてしまった」

少女「それも概念としてはパラレルワールドに近くて、その二つの穴は似たような性質としてそこに存在している」

少女「つまり、10年以上前の世界の記憶はふたつの≪穴≫に閉じ込められているけど、それは時間が『分散』したのでなくて、ほぼ似た形で『複製』のようなものとして、そこに収められている」

少女「だから例えば、Aの≪穴≫にあなたの親がいて、Bの≪穴≫にあなたの親の親がいる。という形が成立することになるの」 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 02:00:46 ID:7N/vQL2Q

ヒキニート(38)「…?」

ヒキニート(38)「た、例えば」

ヒキニート(38)「20年間生きている人間は、どこの時空間に存在することになるんだ?」

少女「三つそれぞれね。穴の中に、十歳以降、年を取らない人間AとB。二十歳以降も年を取っていく人間がC。その理屈で言うなら、今私達のいる時空間は穴の外であるC」

少女「意味分かる?」

ヒキニート(38)「全然分からない」

少女「だから馬鹿なのよ」

ヒキニート(38)「やかましい!」 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 02:01:17 ID:7N/vQL2Q

少女「まあ何にしても、コンビニ、セッブンイレブン本店へたどり着き、破壊の店長を倒しさえすれば、そのややこしくなっている時空間の乱れも修復できるかもしれないの」

ヒキニート(38)「なるほどな…」

ヒキニート(38)「そういや、転生したって言ってたけど、やっぱ普通に人間とは違ったりするのか。だって、三つの時空間に存在できる訳なんだから、転生する必要なんてないだろ」

少女「聖女や勇者といった存在は、その人間そのものでなく、言ってみれば少し特殊な魂を示すようなもの。その魂が選んだ器である人間自体は三つに分散してもおかしくないけれど、魂そのものは別々に同時存在することができないの。だから転生する必要がある」

少女「穴の外であるCの世界で何かをたくらむ≪破壊の店長≫を倒すために」

ヒキニート(38)「そういえば、我輩はそういった断片の記憶が一切ないぞ。現在の勇者のはずなんだろ?」

少女「知らない。馬鹿だから思い出せないんでしょ」

ヒキニート(38)「んなふざけた理由で片付けるな」

少女「それにあなた。どうにも呪いにかけられてるみたいだし。何か関係してるんじゃない」

ヒキニート(38)「の、呪い?」

少女「感じる。誰がいつ何のためにかけたのか分からないけど」

ヒキニート(38)「……。分からないことばかりだな」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 02:01:48 ID:7N/vQL2Q

少女「そう。あまりにも分からないことが多すぎる。だからその足りない情報を、前に進みながら探していくしかないの」

少女「それに、あなたには祖父との誓いもあるでしょう」

ヒキニート(38)「ああ。こうなると、もう本当に何が何でもセッブンイレブンに行く他なくなってしまったな」

少女「それで」

ヒキニート(38)「? ああ。話が途中だったな。それも二回も同じ話題で止まってたっけ」

ヒキニート(38)「爺ちゃんの話だったよな。コンビニに行く意志がどうして折れないのかって。どうしてコンビニに行くきっかけを与えてくれたその誓いを結んだ爺ちゃんを、そんなに強く思っているのかって。そんな話だったよな」

少女「話、長くなるんでしょ」

少女「まずは――」

母「二人ともー、夕飯のシチューが出来上がったわよー!」

ヒキニート(38)「……ああ」

少女「あれを食べ終わってからでも、遅くない」


――【序章~一章・終】―― 


110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:26:25 ID:gG9GpXpM
【第二章】

――一年前――

ヴァミリーマート、本店

裏店長「偵察…ねえ。趣味じゃねえな」

裏店長「商品の味は勿論、陳列だの、品揃え、接客姿勢云々…」

裏店長「どうして俺がやらなきゃならねえ」

裏店長「……ち。まあ、入るか」

ピンポンピンポン

「「「「ッシャアアイアセッーッ」」」」

裏店長(今なんつった。いらっしゃいませ? この時点で減点1だな)

裏店長「」ウロウロ

「――何かお探しですか?」

裏店長(何かお探しかって…ここは服売る場所でもねえぞ)

裏店長「…!」

姫「いらっしゃいませ」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:27:15 ID:gG9GpXpM
裏店長(さすがは本店か。店員の見てくれは上等品だな)

裏店長「や。お構いなく」

姫「ごゆっくりご覧くださいませ」

裏店長(店内が広いだけあって店員の人数も随分なもんだが、数いる女性店員でも今のがぶっちぎってるな)

裏店長(とりあえず加点5…と)

裏店長(とにかく適当に商品を選んだら、次はレジ会計の様子でも…)

「何だと!? スパイッ?」

裏店長「ッ!!」

裏店長(もう見つかっただと。バカな。俺の面はここの店員には割れてねえはずだが)

「それで。そいつは捕獲したのか」

「はい。今、事情聴取をしているところのようです」

裏店長(俺のことじゃねえみたいだな) 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:27:45 ID:gG9GpXpM
裏店長(……ん? 待てよ)

裏店長(日本の三大コンビニエンスストアに潜り込もうなんざ考える馬鹿は、他のロソーンかセッブンイレブンの店員が妥当ってとこだろう)

裏店長(下手をするとお仲間が捕まってるかもしれねえ訳か)

裏店長(……面倒だが、一応助けるか? 後々、足を引っ張るような結果を招かれても困るからな)

裏店長「」トコトコ

裏店長「」チラッ

裏店長(あそこが控え室か。まあ順当に考えりゃあそこで取り調べられてると思っていいだろう)

「いらっしゃいませー」

「525円です」

「ビニールはお分けしますか?」

裏店長(比較的にぎやかだが、いかんせんカメラの数が多い)

裏店長(さて…)

裏店長(どうする) 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:28:15 ID:gG9GpXpM
裏店長「すみません」

「はい、いらっしゃいませ」

裏店長「この辺りに銀行はありましたかね」

「ええ、ここを右に出て左手にある信号を渡り…」

裏店長「すみませんが、ここへは越してきたばかりで。おまけに方向音痴なもので、言葉だけじゃ道のりを把握しかねるんですよ」

「は、はあ」

「ではご案内の地図を…」

裏店長「いや」

裏店長「少しだけ店の外に出て、ジェスチャーで方向を示してくれさえすれば、おおよそは分かると思いますんで」

「そうですか。では一度店の前まで」

裏店長「ありがとうございます」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:28:45 ID:gG9GpXpM
ヴァミリーマート本店付近

ドスッ!!

「う……ぐっ」

ドサリ…

裏店長「手荒且つ常套過ぎて使いたくない手段だが…」

裏店長「こいつの服を引っぺがして、それを着用し店員になりすますしかねえな」

裏店長「顔は、魔法で一時的にコイツになっときゃバレやしねえだろ」

裏店長「あまり男前とは言い難い面構えだが…」シュイーン…

裏店長「さあ、忍び込むとするか」 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:29:17 ID:gG9GpXpM
再び店内

「おう。案内ご苦労さん。ちょっと手が回らねえから控え室まで領収書を取ってきてきれないか。多分そっちに置いて来ちまった」

裏店長(さっきの案内を迫られた客の落し物を控え室に置いてくとでも理由付けるつもりだったが…これは都合がいい)

裏店長「分かりました。少し待っていてください」

裏店長(しかし領収書のありかを失念する店員がいるとはな。減点10だな。気構えが足りない)



控え室

裏店長(ここか…)

「どういうつもりだ!? 早く吐け! さもなくば万引きということで警察のご厄介になってもらう」ドンッ!!

ハゲスパイ「……」

ハゲスパイ「だから、何度も言ってるじゃないですか…」

ハゲスパイ「僕はそもそもセッブンイレブンでもロソーンの店員でも、ましてやコンビニエンスストアに勤務する人間ですらない」

「まだしらばっくれるつもりか…」 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:29:48 ID:gG9GpXpM
「うちの者が見ているんだ。ロソーンの×△店舗に、お前と思しき店員を見かけたことがある」

ハゲスパイ「そ、それなら、そっちだってスパイをしているんじゃないのかッ」

「今のは鎌をかけただけだ」

ハゲスパイ「! ……な、ぜ。なら店舗名まで特定できるわけがない」

「そうだな。我らも当然、それも頻繁に他のコンビニエンスストアへの偵察を図っている。そして幾度にも渡り実行し、商品や接客、店作りの姿勢を吸収し、異なる形でアプローチし業績を伸ばしている」

ハゲスパイ「馬鹿な…。あんた、今の言葉が知られれば戦争が起きるぞ」

「そうだな。だからお前はここで始末する」

「我らが他の店に偵察に向かうことは許されても、その逆は許されないのだ」

ハゲスパイ「ふ、ふふふざけるなッ」

裏店長「ちょっと失礼」 

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:30:19 ID:gG9GpXpM
「ん? ……ああ、お前か。どうした、まだ休憩時間に入るには早いだろうに」

裏店長(『お前』……となると、変装対象の人物はこいつより下の立場か)

ハゲスパイ「…、」

ハゲスパイ「!?」

裏店長(分かるだろ?)ジッ…

ハゲスパイ「…」コクリ

裏店長「いえ…。ただ領収書を探しに来ただけで」

「領収書? ああ、確かさっきそこに…」

裏店長「ところでこいつは何者です」

「……それなんだがな。どうやら、」

「おそらくはロソーンから訪れたスパイと思しき者だ。まあ、ほぼ確定的ではあるが」

裏店長「す、スパイ、ですか」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:30:52 ID:gG9GpXpM
「我らの偵察行為も知られてしまったからには、もうこいつは生かして返すことはできない」

「どう始末するかその方法に頭を悩ませていたところさ」

裏店長「なるほど…」

裏店長「…」

裏店長「なら」

裏店長「僕にその役目を任せてはくれませんか」

「お前がか?」

「……まあ、新人がその役目を買って出るのはそうないことだ。誰だって、自分の手は汚したくはないだろうからな」

「お前はなかなか見込みがある。前から思っていたが…」

「よし。任せよう」

裏店長「ありがとうございます…」ニヤリ

――――ピカッ!!!!!! 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 02:31:22 ID:gG9GpXpM
ハゲスパイ「さすが…」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ボー

裏店長「――発動条件は『油断』。俺に対し完全に気を許した時、この能力は初めて発動する。極めて面倒な代物だが、その分、効果は絶大だ」

ハゲスパイ「完全記憶消去能力……。その光を浴びてから遡ること1時間、その対象の記憶を完全に抹消する。しかも能力にあてられてから五分は茫然自失とした、都合のいい人形と化す…」

ハゲスパイ「先輩がスパイの頂点として名を轟かせ、且つ、その顔や本名などの実態は誰も知らない…。通称≪雲≫」

裏店長「君は今から適当な事情で以て他の店員を説得し、何事もなかったかのように帰宅する」

裏店長「いいね?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・ああ。わかった」

「」トコトコ…

裏店長「さて、」チラッ

裏店長「控え室内にはカメラはないな」

裏店長「ずらかるぞ」 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:30:22 ID:gG9GpXpM
街中

裏店長「お前はもうロソーンに帰れ」

裏店長「そもそもお前の技量で本店をスパイなんざ土台無理な話だったんだ。独断か?」

ハゲスパイ「いえ。命令です」

裏店長「誰からの?」

ハゲスパイ「ゼウス様です」

裏店長「あ? あの≪預かり主≫がか?」

裏店長「自分の失態をごまかしたいがために妙なでまかせを言ってるんじゃねえだろうな」

ハゲスパイ「そ、そんな」

裏店長「……、まあそれはねえみたいだな。となると…」

裏店長(先の店員の口ぶりと言い、こんな駆け出しスパイを本店に向かわせる胸毛野郎の判断といい)

裏店長「まさか黒なのか…?」 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:30:52 ID:gG9GpXpM
ハゲスパイ「黒、とは」

裏店長「いいからお前は帰れ。いいか。『知る』ってことはな、時として地獄の泥沼に片脚突っ込む行為になり得るもんだ」

裏店長「お前はその器か?」

ハゲスパイ「か、かか帰らせていただきます」タッ

裏店長「それと」

ハゲスパイ「はいっ」ピタッ

裏店長「あの胸毛野郎に報告しておけ」

裏店長「お前が知りたがってる情報は今日にでも持ち帰る。ありったけの報酬を用意して待ってろってな」

ハゲスパイ「しょ、承知しました」

ハゲスパイ「では」タタタッ

裏店長「…」

裏店長「行くか」 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:31:25 ID:gG9GpXpM
ヴァミリーマート本店、店内二階

裏店長(風貌はまるごと変えてきた。複数回の入店による不信感は有り得ねえ)

裏店長(……)

裏店長(世間では、コンビニエンスストアは、もはや現代における文化的生活からは外せない存在として認識されている)

裏店長(より多くのサービス。手軽さ。現代人が求める様々な要素がそこには集約されているからだ)

裏店長(そんなサービスの提供者らが、いや…小売、接客全般、他もひっくるめ、問題視されている点がある)

「昨日! ここの店で購入したアイスの中身がぐちゃぐちゃになっていた!!!」

「も、申し訳ありません」

「10個だ」

「は、はい?」

「侘びだよ。10個、別のアイスを無償で貰い受ける権利くらいはあるだろう」

「お、お客様。それは」

「あああ!!!!?? 俺は客だぞ!!」

裏店長(――クレーマーの存在だ) 

123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:32:00 ID:gG9GpXpM
裏店長(その手軽さ故か、或いは日本人特有の過度な低姿勢、そして行き着いた考え方がその接客観念であるところの『お客様は神様』論、そういったものが奴等をとことんまで付け上がらせていった)

裏店長(これはとりわけインターネットでも絶えず物議を醸す、日本が抱えたひとつの大きな問題、忘れられないものとしてそこに在り続けている)

裏店長(長きに渡り、当然、世のコンビニエンスストアも打開策を講じるが、そう上手くは事が進まず)

裏店長(そんな中で、クレーマー気質の人間がどんどん増えていった)

裏店長(サービスの提供者は、どんな分野においても、その厄介な存在に常日頃から精神的苦痛を強いられる)

裏店長(職人の世界すらも、昔から『批判姿勢』である人間からは攻撃を受け続けていた)

裏店長(つまりものを創る者。与える者)

裏店長(教育の分野ですら、それらの存在のない見晴らしの良い景色には到底たどり着けない)

裏店長(モンスターペアレント)

裏店長(日本人は兎にも角にも『忍耐』を美徳として、行き過ぎた形で捉えている)

裏店長(ある時、我慢は限界を迎えた)

裏店長(――クレーマー撲滅計画) 

124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:32:33 ID:gG9GpXpM
裏店長(提案者は、一切、不明。風の噂でしかなかった。デマとさえ思われた。所詮、出所はインターネットだったからだ)

裏店長(ところが)

裏店長(その計画の実在を有り得る可能性として認識させる事件が起きた)

裏店長(落書きクレーマー消失事件)

裏店長(特定の店に対し、理不尽で一方的な不満を募らせたクレーマーが、その店の外観を、一夜にして落書きまみれの醜いコンビニに変貌させてしまった)

裏店長(その店舗は24時間体制ではなく、止める店員も存在しなかっただろう)

裏店長(しかし現代のセキュリティは奴等を見逃さなかった)

裏店長(高機能監視カメラ)

裏店長(猿並の知能としか思えない奇行に走る馬鹿でも、一応は顔が見えないようにヘルメットを防備していたらしいが、それも高機能監視カメラの前には無力だった) 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:33:04 ID:gG9GpXpM
裏店長(そのカメラの映像記録に収められた人間は、その翌日に『行方不明』となった。それも集団犯行であった十二人の全てが)

裏店長(事件後、数年もの月日が経つが、依然として犯人らは行方不明)

裏店長(この事件は都市伝説となった)

裏店長(が)

裏店長(その数年、特に大きくなっていったコンビニであるロソーンも、その事件から焦点を外さない日はなかった)

裏店長(真相は尚も闇の中に思えたが…)

裏店長(或いは、今この瞬間が、その闇を照らす光明となる可能性が出てきた)

裏店長(しかし…)

裏店長(実在する計画として発覚するにまで至って、あまりにも簡単すぎる気はしなくもない)

裏店長(俺の変装は確かに完璧だが…。ここはあのヴァミリーマートの、それも本店)

裏店長(誘導、されている…?)

裏店長(如何ともし難いこの俺の存在をおびき寄せるための罠。そうなのか?) 

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:33:34 ID:gG9GpXpM
裏店長(ひとつ、仮説を立ててみる)

裏店長(仮にその事件は、先に目撃した光景のようにして、ヴァミリーマートの人間が働いたものとする)

裏店長(すると、三大コンビニエンスストアの中でも、『愛想の良い接客』として、プラスイメージを定着させてきたヴァミリーマートは、その実、裏で≪クレーマー撲滅計画≫なるものを実行している企業として、『黒』の判断が下される)

裏店長(当然、着目すべきは、その企業のトップになる)

裏店長(この仮説が、もし正しいのであれば…)

裏店長(…………)

裏店長(国王…か……?) 

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:34:08 ID:gG9GpXpM
サイボーグ店員「君――≪雲≫だね?」

裏店長「」バッ!!!

裏店長(麻痺させる雷系統の魔法をッ……!)シュババッ!!!

サイボーグ店員「無駄だ」ヒュオッ!!!!!!!!

裏店長(早い――!?)

ガシッ

サイボーグ店員「つーかーまーえーたー」

サイボーグ店員「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふh」

裏店長「ぐ…」ゾクッ

裏店長「何故…」

サイボーグ店員「」ゥイーン…

裏店長「眼球が…カメラに……」

裏店長「くそ…。これほどの技術力が。見誤ったか…」

サイボーグ店員「連行しよう」 

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:34:39 ID:gG9GpXpM
――現代――

――――――――グオッ!!!!

ドウッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


蠱惑の店員「なかなかの脚じゃないのォ。すばしっこくて攻撃がまるで当たらない」

蠱惑の店員「でも」

蠱惑の店員「避けてばかりの防戦一方じゃアタシは百年経っても倒せないわよんッ!!!!」

ゴバッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒュ――――

シュタッ!!

裏店長「ち…」

姫「裏店長…。やはりわたくしは」

裏店長「いいから黙って護られてろ役立たず!」 

129 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 05:35:10 ID:gG9GpXpM
裏店長「思い出さねえか」タタタタタッ……

姫「はい?」

裏店長「一年前、お前と出会った……。いや、『出遭った』時をだ」

姫「はい……。克明に」

裏店長「そりゃ結構。たった一年前の記憶がぶっ飛ぶほど耄碌する歳でもねえみたいで助かる」

姫「ぶ、無礼なっ。わたくしはまだピチピチの十九…」ジタバタ

裏店長「テメーを抱えながら戦ってやってんだ、暴れんなクソが!!」

姫「一企業の王女に向かってクソ呼ばわりとは――」

蠱惑の店員「お喋りが過ぎるのよ」ヒュ!!!

裏店長「――ちっ、」ダッ!


――――ドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!…………

蠱惑の店員「勇者の覚醒リスクも知ってることだしねえ。早いところ始末したいの。大人しくやられてよ」

蠱惑の店員「お似合いのお二人が仲良く同じ処に逝けるよう葬ってあげるから!!」ギュオ!

――――ドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!………… 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:30:51 ID:BcqwsJBM
楽しい?(^^) 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:38:01 ID:gG9GpXpM
まあ笑えよ煽れよ好きで書いてるんだから 

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:38:53 ID:gG9GpXpM
裏店長「それにしても」

――――ドウッ!!!!!!!!!!!!

裏店長「戦闘たぁね…。つくづく、趣味じゃねえな」シュタッ!!

蠱惑の店員「…、……、………、」

蠱惑の店員「よく、言うわ」

蠱惑の店員「アタシの攻撃が、ただの一度も当たらないなんて」

裏店長「ひとつは、正義の偵察と悪の偵察を分別すること。例えば、俺は悪として考えられる偵察は極力避ける」

蠱惑の店員「? 急に…何?」

裏店長「ひとつは、信用できる人間を作ること。例えば、変装中でも自身を認識してくれるよう、一種の『サイン』を前もってそういった者に伝えておくことで、非常時にも対応できる。これは自身の能力を過信しないことに繋がる」

蠱惑の店員「はァ?」

裏店長「もうひとつは」

裏店長「女とは戦わねえことだ」 

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:39:38 ID:gG9GpXpM
裏店長「おい知ってるかよ」

裏店長「スパイにもな、一流ともなると曲げられない信念のひとつやふたつは出てくるもんだ」

裏店長「悪なる偵察も、孤軍奮闘も、女との戦いも」

裏店長「俺の趣味じゃねえ」

蠱惑の店員「何が信念よ馬鹿馬鹿し――」

蠱惑の店員「……!」

――ゴウッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ドドドドドドドドドドドドドドドドド………

蠱惑の店員「ァ、ぐあああああああああ!!!」ドサッ

姫「!」

姫「風属性の魔法……もしかして」

スタッ!!

表店長「悪ィ! 待たせたぜ!!!!」ビシッ!! 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:40:49 ID:gG9GpXpM
――――ビシャアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ズゴッゴゴゴゴ…


ロソーン

音速の店員「くっ…、は」

胸毛の覇者ゼウス「あのセッブンオレブン本店に属する≪四天王≫の一人ともあろう者が、所詮はこの程度か」

胸毛の覇者ゼウス「つまらんのう…」

音速の店員「今の能力は…まさか…馬鹿な?」

胸毛の覇者ゼウス「気付いたか」

胸毛の覇者ゼウス「かつて≪雷神≫とまで謳われた、雷属性の魔法を極限まで磨き上げた男から『預かった』能力だ」

胸毛の覇者ゼウス「貴様はどうにも速すぎる」

胸毛の覇者ゼウス「捉えるには雷が有効じゃろうて」 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:41:53 ID:gG9GpXpM
音速の店員「預かった…? フン?」

音速の店員「奪った、の間違いではないのか?」

胸毛の覇者ゼウス「さてな」

音速の店員「この世界にヒーローは存在しないんだよ。あまりにも悪で塗れている」

胸毛の覇者ゼウス「……」

音速の店員「同盟だと? 白々しい?」

胸毛の覇者ゼウス「耳が早いな]

音速の店員「ヴァミリーマートの国王が何を意図しているかを知る貴様が上に立つロソーンだ? そんな奴等と「ヴァミリーマートが真に徒党を組むわけがない?」

音速の店員「上っ面の同盟でしかない? ただ、我らセッブンイレブンが邪魔だから、共通の敵を潰したい、それだけでしかない?」

音速の店員「セッブンイレブン。ヴァミリーマート。ロソーン」

音速の店員「正義なんて、どこにも存在しないのさ?」 

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 22:42:45 ID:gG9GpXpM
胸毛の覇者ゼウス「正義か…」

胸毛の覇者ゼウス「すっかり、その言葉も懐かしい響きとして耳をくすぐる」

胸毛の覇者ゼウス「正義が存在しない世界か」

胸毛の覇者ゼウス「そうかもしれんのう…」

胸毛の覇者ゼウス「…、」

胸毛の覇者ゼウス「――クレーマー撲滅計画」

音速の店員「!」

胸毛の覇者ゼウス「ホワイトワールド計画」

音速の店員「!!! 貴様、そこまで…」

胸毛の覇者ゼウス「そして、我らの計画」

胸毛の覇者ゼウス「三者三様の目的…」

胸毛の覇者ゼウス「そしてそんな深淵の闇に覆いつくされた世界で、ただ『正義』に身を委ね、前へ進まんとする者」

胸毛の覇者ゼウス「――勇者。裏店長」 

137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 00:51:23 ID:/qWOK3NA
胸毛の覇者ゼウス「ワシは≪封印派≫の人間ではあるが…」

胸毛の覇者ゼウス「もし」

胸毛の覇者ゼウス「もしも、仮に、二人の主人公がこの腐りきった世界を変えてくれるというのなら」

胸毛の覇者ゼウス「与える者と、与えられる者の関係が『理想』として成り立つ世界を作る道標になるというのであれば」

胸毛の覇者ゼウス「それはどの計画よりも素晴らしいものとなる、ひとつの結果じゃろう」

音速の店員「……そんな日は、」

音速の店員「一生、やってこないよ?」 

138 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 00:52:12 ID:/qWOK3NA
ドゴォ!!!!!!!!!!!!!!

――ヒキニートに300ダメージ!


~自宅から10メートル後~

ヒキニート:HP
5500/350000

ヒキニート(38)「…、はっ、はっ、」

姉「ねえ。やっぱり私達も戦おうよ…」

母「駄目。やっと、ヒキニートが、自分自身の脚で前に進もうと、そう決めたんだから。見守ることは女の役目として大事よ。あんたも覚えておきなさい」 

139 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 00:52:42 ID:/qWOK3NA
姉「と、とっくに。っていうかそんなこと言われる歳じゃないし…」

姉「――私もう19なんだけど」

少女「!?」

少女(歪、み…?)

姉「それにしても、パーティーで動かず、あいつ一人に戦わせるなんてさ…」

――ズドォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒキニート(38)「はあ、はあ…」

少女「……」 

140 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 00:53:21 ID:/qWOK3NA
――いい? これから貴方は私を宿して、勇者を護りに行くの。

――え? あ、あなた誰。

――私は≪聖女≫マリア。

――おそらく、≪伝説の勇者≫を宿し、ヒキニクノツルギを手にした、現代の勇者の器は、誓いを果たすためにセッブンイレブンへ赴くでしょう。

――え? え? さっきから、あなたが何を言っているのかよく分からない。

――これは、夢?

――勇者の器って誰? 誓いって何?

――これは、夢。この夢が覚める頃には、私の記憶の幾らかがあなたに継承されるでしょう。

――でも安心して。人格はあなたのままだし、決して強制もしない。

――あなたは、あなたが決めたとおりに行動するの。

――いい? 

141 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:08:58 ID:HpE5hp2Y
――1ヶ月前――


とある高等学校、文芸部室

後輩「あっ、少女先輩」

少女「…」

後輩「例の作品、完成しました?」

少女「ええ」

少女「賞を取るために書いた作品だったから」

後輩「とうとう応募する気になったんですね」

後輩「大丈夫、先輩なら受賞間違いなしです。才能ありますもん!」

少女「…ありがとう、後輩ちゃん」 

142 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:09:40 ID:HpE5hp2Y
下校時、喫茶店

後輩「先輩、何頼みます? 私はアイスコーヒーで…」

少女「…私も」

後輩「分かりましたっ。すみませーん!」

「はい。ご注文伺います」

後輩「アイスコーヒー二つお願いします」

「アイスコーヒーを二つですね、かしこまりました。少々お待ちください」スタスタ

後輩「この店、接客する店員さんの愛想が凄く良い上に、店の雰囲気も最高なんですよねー」

少女「そうね…」 

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:10:11 ID:HpE5hp2Y




後輩「――それでですねっ」

少女「…」

この子は、私といて、果たして楽しいのだろうか。

どうして私なんかに構うのだろうか。

聞いて、みようか。

怒ったりしないだろうか。

・・・・・・。

後輩「どうしたんですか?」

少女「…ねえ」

後輩「はい?」 

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:10:41 ID:HpE5hp2Y

ど う し て 私 な ん か に 構 う の ?



少女「…、」

後輩「……それは、」

後輩「先輩が、面白いからだと思います」

少女「…面白い? 私が?」

後輩「はいっ」

少女「……どこが?」

後輩「ううん。どこがって具体的に迫られるとまた難しいんですけど…」

後輩「まず、基本的に、少女先輩って媚びませんよね。他人に」

少女「えっ」 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:11:11 ID:HpE5hp2Y

後輩「だって、先輩、ものっすごく可愛いですよねっ。あなた自分を鏡で見たことあります?」

少女「そんな…」

後輩「……。いや、待ってください。分かりますよ」

少女「え?」

後輩「自分の容姿に無頓着なんですね。きっと好きな異性もいないんでしょう。自分を飾る理由がないんです」

後輩「先輩の頭の中は基本的に、寝ても覚めても小説創作のことだけ。それ以外は眼中になし」

少女「そんなっ」

後輩「いえ…。今のは確かに言い過ぎたかもしれませんが」

後輩「物書きを志す人間は、今まで見てきた中じゃ変り種がそりゃ多くて、何と言うか、ずれてるんですよね。大体」

後輩「先輩は、他人に無関心な訳ではない。かと言って、大勢と群れたりすることは苦手」

後輩「超が付くほどの合理主義なんです。コミュニケーションでさえ、物事の優先順位に当てはめて考えてしまう」

後輩「今の先輩は、どういう理由か、小説家になることしか頭にない」 

146 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:11:42 ID:HpE5hp2Y

後輩「どうしてそれほどの目的意識が、まだ学生である先輩を雁字搦めにして放さないのか、私には知るすべはありませんけど…」

後輩「他人に媚びないのは、個としての意志力が強い人なんかに顕著です」

後輩「その代わりに、何でもかんでも自分で背負い込んでしまうタイプ」

後輩「どんなに仲の良い友達相手でも、悩みを打ち明けたりすることは滅多にない。良くも悪くも、自分を表に出さない」

後輩「おまけに寡黙。ときたら、一見、常に自信のないように見えるけれども、目をよく見ると、そこには得体の知れない意志の力が宿っている」

後輩「少女先輩のミステリアスな雰囲気の理由を説明すると、つまりこうです」

少女「……」

少女「そんなに自分を語られたことは、初めて」

後輩「そりゃいつも見てますから」 

147 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:12:23 ID:HpE5hp2Y

後輩「ま、基本、昔に比べて娯楽が増えましたから。他人と接することに固執しなくても、寂寥感に苛まれることは少ないかもしれませんけど。それが現代人のコミュニケーションに対する無関心の表れとなってる要因のひとつですから」

後輩「何か、こう…私みたいに何の努力もしてない人間なんかが軽々しく使って良い言葉じゃないのかもしれないんですけど」

後輩「間違いなく、先輩には『才能』があるんです」

少女「ち、ちが」

後輩「まあこの際『才能』の定義はひとまず置いておくとして」

少女(喋らせてくれない…)

後輩「先輩みたく才能ある人であれば、要するに夢中になれるものを持っていれば、尚のこと、他人に固執する必要がない」

後輩「しかし他人を拒絶することもない。だから、私みたいな、滅多にいない一方的に接触をしてくる相手に対して煙たがることもなく受け入れる」

後輩「……、羨ましいんです」

少女「えっ」 

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:12:54 ID:HpE5hp2Y

後輩「私は、私の生きがいを、個として成り立たせることができないんです」

後輩「私にとっての豊かな人生とは、今こうしているように、誰かと接して楽しく話していること。それだけ」

少女「…それだけ、なんて」

少女「それが普通」

後輩「誰だって、自分にないものを持つ対象を羨望し、時には嫉妬さえする。人間ですから」

後輩「でも怖いんです」

後輩「こうして、私が一方的にコミュニケーションを持ちかけて、それに相手が対応してくれてる間はまだいい」

後輩「私には兄弟もいないし、このまま恋人もできず、結婚もできず、親も死んで、そうして、いつか独りぼっちになってしまったら」

後輩「私は何を見つめて生きていけばいいんだろうって」

後輩「それなりに友達だって、努力して作ってきましたっ。でも私はいつだって寂しい。いつも寂しい」

後輩「いつも胸の奥に穴がぽっかり空いてるみたいで」 

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:13:26 ID:HpE5hp2Y

後輩「私は、常に不安定なんですっ」

後輩「その点、先輩は強い」

後輩「才能とか、そんなことじゃなくて、私は、ただ、純粋に」

後輩「先輩の強さに憧れているんです」

少女「…」

少女「強い…」

後輩「……あっ。すみません。喋りすぎました…」

「アイスコーヒーでございます」カチャ

「どうぞごゆっくり」スタスタ…

少女「…」

後輩「…」

少女「そんなこと言われたの、初めて」カチャ… 

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:14:13 ID:HpE5hp2Y

少女「ねえ後輩ちゃん」

後輩「…はい?」

少女「私は、本当に強い人間なんて、いないんじゃないかと、そう思うの」

後輩「はあ…」

少女「人は誰だって寂しがりや。一人じゃ生きていけない」

少女「一人で生きていける人こそ異常なの。それは強さじゃない」

少女「強そうに見える人は、確固たる意志を持ってる人なんかからそういう印象を受けるかもしれないけど」

少女「例えば私なら、あなたの言うとおり、小説家になることしか、多分、今は頭にないと思うけれど」

少女「それは目的意識に依存してるって言い方もできると思うの」 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:14:49 ID:HpE5hp2Y

少女「本当に強い人間がいるのだとしたら、それは何にも依存することのない人をさす」

少女「そして、人は何かに依存しなければ生きていくことができない」

少女「私は今の依存先を失えば、それこそあっという間。何もかもが崩れ落ちるまで」

少女「私は弱いよ」

後輩「……なるほど」

後輩「勉強になりますっ」カチャ…

後輩「……。ん、美味しい!」

少女「ね。美味しいね」

後輩「…ふふ」

少女「?」

後輩「先輩、今、私、楽しいです」

少女「……私も」 

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:15:23 ID:HpE5hp2Y

サー…

ポツ……ポツ…




後輩「――先、輩…」

少女「後輩ちゃんッ後輩ちゃんッ後輩ちゃんッ…」

少女「ああああああああああ」

後輩「…」

後輩「先輩は…一人じゃ……ない」

少女「え…?」 

153 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:15:56 ID:HpE5hp2Y
後輩「先輩は…もっと、色んなものを……見て、聞いて、」

先輩「いろんな所へ行って…いろんな人と話して……」

先輩「そして、あなただけの…最高の作品を……作ってください」

少女「そんな…今にも……死んじゃうような、そんなこと、言わないで」

先輩「先輩…」

少女「っ、うっ…」

後輩「私は――――」 

154 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:16:26 ID:HpE5hp2Y

――――ガンッ!!!!!!!!!!!!


母「……あ、」

少女「…、」

――少女の『アイスアロー』が9999HITした!

暗黒の野良犬「ガァ…」

暗黒の野良犬「」ドサリ

ヒキニート:HP
8/350000

ヒキニート(38)「わ、るい。助かった…」ゼイゼイ

少女「…」 

155 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:16:57 ID:HpE5hp2Y

ヒキニート(38)「それにしてもここ一帯のエンカウント率は」

少女「――――いい加減にして!!!!!!!!!!!!!!!!」

ヒキニート(38)「ッ…、」

少女「…」

ヒキニート(38)「何、だよ、急に…」

少女「勇者であるあなただって、死ぬときは死ぬの!!!」

少女「自惚れないでって言ってるの!!」 

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:17:28 ID:HpE5hp2Y

少女「楽しいでしょうっ」

少女「そうやって思うがままに戦って、名前は最低だけど格好良い剣で魔物を倒して、見た目も最低だけど勇者のような扱いされて」

少女「痛快でしょうっ。こんな、こんな、こんな…ッ!!!」

――――スパァン!!

少女「…あっ」

ドサッ!

姉「……お、お婆ちゃん…」

祖母(545800)「…」

少女「……。痛い…」

祖母(545800)「今そのまま話し続ければ、きっとお主はもっと痛い目に会ったことじゃろう」

祖母(545800)「もっとも、何のことかは知らんが…」

祖母(545800)「言葉は剣の鋭さに似ておる」

祖母(545800)「一時の感情に身を任せるでない。お主はまだ子供じゃが…」

祖母(545800)「今は子ども扱いできない状況下だからの」 

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:17:59 ID:HpE5hp2Y

姉「そもそも、分からないことが多すぎると思うの」

~自宅から17メートル後~

昼、休憩時


ヒキニート(38)「それを知るためにも、こうしてコンビニに向かってるんだろ」

姉「誓いを果たすため?」

ヒキニート(38)「……ああ。そうだ」

姉「突然現れていきなり仲間入りした少女さんは、もはや選択外として」チラッ

少女「…」

ヒキニート(38)「何の話だよ」

姉「お婆ちゃんよ、お婆ちゃん。何がって、何か知ってそうな、怪しい人よ」

姉「さっきの怒り方も、まるでお婆ちゃんが、少女さんに言われたら都合の悪いことを口封じしたようにしか見えなかった」

ヒキニート(38)「そうか? 何を言いたいかは分からないって」

姉「それを鵜呑みにするようだからアンタはいつまでたっても馬鹿なの」

ヒキニート(38)「今日は我輩罵られてばかりだな…」 

158 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:18:30 ID:HpE5hp2Y

ヒキニート(38)「でも、少女にしたって、事情通だって風には見えなかったけどな」

姉「どこが」

ヒキニート(38)「昨日、飯時に二人で話してたんだが」

姉「アンタ通報するわよ」

ヒキニート(38)「大いなる勘違いをしているぞお前!!!」

ヒキニート(38)「で…。やたらしつこく迫って来るんだよ」

姉「…………………………え?」

ヒキニート(38)「大いなる勘違いをしているぞお前!!!」

ヒキニート(38)「聞かれるんだ。よく。我輩と爺ちゃんの仲について」

姉「ま、アンタにとってお爺ちゃんは特別だからね…」

ヒキニート(38)「…、」

ヒキニート(38)「まあ、何だかんだ、話してないんだが」 

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:19:02 ID:HpE5hp2Y

姉「どうして?」

ヒキニート(38)「どうしてって…。話す前に夕飯のお呼びがかかったり、昨日の夜中も」

姉「夜中…?」

ヒキニート(38)「話の腰をいちいち折るな! 出現しただろうが、魔物が!」

ヒキニート(38)「その後も、今日の朝とか、とにかくしつこいんだよ」

ヒキニート(38)「それにあいつには≪聖女≫が宿ってるらしいが…」

ヒキニート(38)「それにしては、使命感の元だったり、我輩にかかった呪いについてだったり、時空間がひとつにまとまろうとしてることの意味だったり、肝心の破壊の店長とやらの目的だったり、分からないことのオンパレード」

ヒキニート(38)「でも現時空間の状態について詳しかったりするし、何も隠すことなんかないだろ。知ってれば話すだろうし」

姉「…そうかもね」

姉「じゃあ、アンタを誰かに重ねてるとか」 

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:19:33 ID:HpE5hp2Y

ヒキニート(38)「はあ?」

姉「あるいは、どこかからやってきたスパイだとか」

ヒキニート(38)「前者は意味が分からんし、後者は話が飛躍しすぎだ」

姉「十分有り得るって」

姉「だって、会って間もないアンタに、そうして接近しては情報を探り出そうとしてるのって、考えられることはその二つしかないじゃない」

姉「一目惚れは隕石が振ってくる確立より低いし」

ヒキニート(38)「弟の威厳を保つためにそろそろ実力行使に出ていいか」

姉「引きこもりニートが何を威厳にするの?」

ヒキニート(38)「…」

姉「可能性の話よ」

姉「前者は、最近読んだ漫画であった話よ。歳の差から考えて、少女さんから見れば…アンタは、そうね。生き別れた、或いは濃厚な線として死んだ兄に面影を重ねたり」

ヒキニート(38)「そういう目で見られてるようなものは感じ取れないが…。まるっきり的外れかと言われれば、それも疑問だが」 

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:20:10 ID:HpE5hp2Y

姉「ま、そんな胡散臭い話よりは、やっぱりスパイ説よね。可能性大」

ヒキニート(38)「否定はできないが、肯定はそれ以上にしたくない」

姉「じゃあ、本命」

ヒキニート(38)「本命?」

姉「人の本質は、例えば取り乱したときなんかからだと読み取りやすいわけ」

ヒキニート(38)「はあ」

――そうやって思うがままに戦って、名前は最低だけど格好良い剣で魔物を倒して、見た目も最低だけど勇者のような扱いされて

姉「――アンタは、本来、勇者と呼ばれるべき存在じゃない」

ヒキニート(38)「……!」

――遭いたくなかった

ヒキニート(38)「…」 

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:20:45 ID:HpE5hp2Y

姉「本来の勇者が別に存在していて、でも、その本来の勇者に権利か何かを明け渡すには、まずあなたが生きていることが前提」

――あなたに死なれちゃ迷惑なの

ヒキニート(38)「…」

ヒキニート(38)「本当にそうだとしたら、こんな座、さっさと譲ってやりたいよ我輩は」

ヒキニート(38)「我輩はコンビニに行きたいだけなんだ。時空間だとか、破壊の店長だとか、勇者だとか」

ヒキニート(38)「真実であったとしても、我輩には重過ぎる」

姉「…そうね」

姉「ま、結局は憶測よね」

姉「この話は保留ってことで」

ヒキニート(38)「…ああ。我輩たちは、まず何にしても、セッブンイレブンに辿り付く。それだけは絶対的な答えだ」

ヒキニート(38)「親父を蘇らせるためにもだ」

姉「うん」 

163 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:21:20 ID:HpE5hp2Y













ヒキニート(38)(一番の疑問は…)

ヒキニート(38)(あの時に、少女が我輩を攻撃した時だ。死んだら迷惑と言っておいて)

――遭いたくなかった

ヒキニート(38)(憎まれているのかもしれない) 

164 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:21:53 ID:HpE5hp2Y


表店長「兄者!! この俺が来たからにはもう安心だ!!! 安らかに眠れ!!!!」

裏店長「お前の兄になった覚えはねえ。眠る必要性もねえ」

姫「やはり表店長…」

蠱惑の店員「ちっ…」

蠱惑の店員「私達セッブンイレブン勢の計画を邪魔するなあ!!!!」

――蠱惑の店員は『ぱふぱふ』をしかけた!

表店長「ゥァァアアアアアョョィッ!!!!!!!!!!!」

――表店長に1000000000000000000ダメージ!

表店長:HP
0/58000000

裏店長「クソがあああああああああああああああああああああッ!!!!」

姫「な、ななな」カアアアア… 

165 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:22:31 ID:HpE5hp2Y

蠱惑の店員「んふ。所詮は男の子ねえ」

蠱惑の店員「次はあなたの番」

裏店長「」ニヤリ


――ゴウッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ズババババババババババババババババババババババ!!…………


蠱惑の店員「あああああああああああッ!!!」

――表店長の『カマイタチ』がクリティカルヒットした!

――蠱惑の店員に6000×10ダメージ!

蠱惑の店員:HP
380000000/4500000000

蠱惑の店員「ぐ。何が……」

裏店長「コモンライフ。俺と表店長を同時に倒さなければ、回数に限りはあるが蘇ることが可能だ」

表店長「今のは効いたぜ! 少しな!!」

姫「絶大な効果だっただろうが」 

166 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:23:06 ID:HpE5hp2Y

蠱惑の店員「…厄介な……」

裏店長「……お前、計画とか言ったな」

蠱惑の店員「それが何?」

裏店長「お前らの計画は≪覚醒派≫のもので間違いないな」

蠱惑の店員「話す義理がある? スパイなら自分で探ってみればァ?」

裏店長「探りは入れたさ。一年前にはな」

裏店長「ホワイトワールド計画」

裏店長「お前らのやろうとしてることは、これだ」

蠱惑の店員「」ニヤリ

裏店長「ビンゴって訳か…」

蠱惑の店員「ええ。そうね。よく調べてるじゃない。流石は≪雲≫ね。どこで情報を掴んだの?」 

167 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:23:54 ID:HpE5hp2Y

裏店長「一年前のことだ」

裏店長「胸毛野郎の命で、趣味じゃねえがヴァミリーマートに探りを入れた日だ」

蠱惑の店員「そのヴァミリーマートの王女の前で随分な発言ね。あなたロソーン側の人間でしょう?」

裏店長「そうとも。属する居場所はまるっきり違う」

裏店長「今回の同盟は上っ面のものではあるが、実はそうでもなかったって話さ」

蠱惑の店員「…」

蠱惑の店員「ロソーンも封印派というわけね」

蠱惑の店員「――砂時計計画は、実在するものだった」

裏店長「オオいいねえ。腹の探り合いなんざするつもりはねえからな。今ここで、俺らはお前を倒す」

裏店長「これはゲームだ」

裏店長「小出しに情報をあえて与え、そして引き出し、互いの求めるラインを越えた時」

裏店長「口封じの戦いが始まる」

蠱惑の店員「…面白いわね。それ」 

168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:24:26 ID:HpE5hp2Y

サークルK・ザンクス、本店

スキンヘッド店長「セッブンイレブンの≪四天王≫の一人が…な、何の用だ」

リーゼント副店長「我ら中立企業は、覚醒派にも封印派にも属さないという表明を公にした筈だっ」

鉄壁の店員「そう。しかし。お前らは。≪ヒキニクノタテ≫を所持している」

スキンヘッド店長「! ……」

リーゼント副店長「情報が、漏れていたのか」

鉄壁の店員「勇者が。覚醒。するには。姫の能力だけでは。足りない」

鉄壁の店員「ヒキニクノツルギ。ヒキニクノタテ。ヒキニクノヨロイ」

鉄壁の店員「そして。五つの属性の会得」

鉄壁の店員「この状態から。姫の能力を用いることで。ようやく。覚醒は成し遂げられる」

鉄壁の店員「それを。お前らは。知っていた。筈だ」 

169 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:25:07 ID:HpE5hp2Y

リーゼント副店長「……ああそうだ。我らはあくまで中立。どこにも与さないことと同時に、自分達の力でこの現状を打破する、その考えの下での中立だ」

鉄壁の店員「青いな…」

スキンヘッド店長「ああ。そもそも、覚醒も、封印も、どちらにも転がらなくていいのだ」

スキンヘッド店長「もし封印をしてしまえば、可能性が消失したことで、セッブンイレブンは戦争を起こす。覚醒してしまえば、穴が解き放たれてしまう。そうなれば、緩和された世界に再び災厄をもたらす」

スキンヘッド店長「何ものにも頼ることなく、自分達で、この悪意に満ちた世界を変える」

リーゼント副店長「それが! ザンクスの出した答えだ!!」

鉄壁の店員「そのスキンヘッドは。ずばり。ストレスによるものを誤魔化した髪型だな」

スキンヘッド店長「…、」

鉄壁の店員「全ての悪意は。我らのために在り」

鉄壁の店員「ヒキニクノタテを。譲ってもらおう」ズシン…

スキンヘッド店長「ぐっ…」 

170 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:25:38 ID:HpE5hp2Y

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「ほぁぁぁぁァ!!!!」

――クサレ漫画家は『Gペンアタック』を放った!

ドゴォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





ズゴゴゴゴゴゴ…

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「フヒヒ、間に合ったようだな」

リーゼント副店長「クサレ漫画家! よくぞ間に合ってくれた!!」

スキンヘッド店長「時間稼ぎが功を奏したようだな…助かった」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「セッブンイレブンの≪四天王≫を倒すのは伝説の勇者ではない、この僕ちんだヌファハハッ!!! ……あ、今の台詞、次の作品に採用しよう…」

スキンヘッド店長「ヒキニクノタテは、世界の均衡を保つために、我々が守り抜かなければならぬ。今までも、これからもだ」

リーゼント副店長「うむ」 

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:26:10 ID:HpE5hp2Y

鉄壁の店員「――――随分と。でかい口を。叩くな。クサレ漫画家とやら」

――鉄壁の店員に0ダメージ!

鉄壁の店員:HP
10/10

リーゼント副店長「!?」

スキンヘッド店長「馬鹿な…」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「何ィ!? 僕チンのGペンアタックが、通じていない…」

――鉄壁の店員は≪○なるバリア、ミラーフォース≫を放った!

ドォン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




クサレ漫画家(打ち切り7作目)「…………く、は」

――クサレ漫画家に7799ダメージ!!

クサレ漫画家:HP
1/7800

スキンヘッド店長「クサレ漫画家!」 

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:26:40 ID:HpE5hp2Y

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「ぐ…う」ヨロッ

鉄壁の店員「早く。楽になれ」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「何故…分からない……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「サービスの提供者と…与えられる者は…分かり合えるんだ……」

鉄壁の店員「ありえないな。結局、文句を吐く人間は。どうしようもないのだ」

鉄壁の店員「与える者に対しての敬意。そんなものは。既に世界からは消えてなくなってしまっている」

鉄壁の店員「感謝し、感謝される。理想に過ぎない。人間は汚い。醜い。そして愚かしい」

鉄壁の店員「貴様ら店長は。そんな人間を。接客の中で。どれほど目にしてきた」

リーゼント副店長「…、」 

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:27:11 ID:HpE5hp2Y
クサレ漫画家(打ち切り7作目)「僕ちんは…ネット上では、酷評の嵐だ……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「あまりにも無責任な発言…絶え間ない罵詈雑言……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「こいつの漫画は糞。くそ。クソ」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「絵が汚い。ストーリーが書けない。そもそも漫画の才能なし。資源の無駄遣い」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「見なければ…いいものを……。何度…ネットを徘徊しては……悔し涙を流したか…………」 

174 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:27:42 ID:HpE5hp2Y

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「そして…ついに……出版社の人間からも見切られ…」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「僕ちんは…世界の誰からも……相手にされない……空気と同じような…」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「空虚な存在に…成り果てた…………」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「だが…ある日に……唯一…僕ちんに味方をしてくれていた……編集の…人が……贈り物を……寄越した…」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「それは…一通の……手紙…だった…………」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「内容を読み…僕ちんは…………その日、一日中……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「ごみ屋敷のような…ボロアパートの一室で……むせび泣いていた…」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「小学生の…子供から…だった……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「また、先生の作品を……読みたい…と」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「そして…僕ちんは……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「誰かを…喜ばせたい……希望を与えたい気持ちを…持ち続けている限りは……味方はどこかに…必ず存在することを…知った……」 

175 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:28:13 ID:HpE5hp2Y

――ドゴォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

クサレ漫画家:HP
0/7800

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「…………、」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「次の…作品……を…」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「手紙の送り主に…僕ちんの漫画で……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「キ…ボウ…を……」

クサレ漫画家(打ち切り7作目)「」

ドサッ…

鉄壁の店員「才能なき凡人の戯言だな」

リーゼント店長「き。き、」

リーゼント店長「貴様アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 

176 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:28:45 ID:HpE5hp2Y

スキンヘッド店長「アフロ副々店長おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!!!!!!!!!!」

アフロ副々店長「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!」

リーゼント副店長「こいつを!!!!!! 倒す!!!!!!!!!!!!!!!」

鉄壁の店員「雑魚が。いくら群がったところで……」


「「「――――合体ッ!!!!」」」


――店長三人は合体した!!!

ゴールデン店長『はああああああああああああああああああああああああああああああッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

ゴールデン店長:HP
10000000000000000000/10000000000000000000

ゴールデン店長『貴様はァ!! 絶対に許さん!!!!!!!!!』ドシュウッ!!!!!!

鉄壁の店員「ふん…」 

177 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 05:29:15 ID:HpE5hp2Y










ゴールデン店長:HP
0/10000000000000000000

ゴールデン店長『』

鉄壁の店員「ふん」

鉄壁の店員「この悪意ばかりが膨らみ。人の気持ちから余裕が失われていく世界で」

鉄壁の店員「善意など。もはや絶滅の危機なのだ」

鉄壁の店員「何故。それを受け止めない」

鉄壁の店員「……。ヒキニクノタテは。貰い受けるぞ」 

178 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:12:56 ID:jLYIOZCE
ロソーン

胸毛の覇者ゼウス「なかなかどうして…粘りおる……」

音速の店員「ぜえ、ぜえ」

音速の店員「くそ、が」

音速の店員「攻撃を、回避するのが、やっと…」ヨロッ…

胸毛の覇者ゼウス「……まあよい。そろそろ、」

――――そろそろ下がれ、四天王の一人よ

ゴバッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



胸毛の覇者ゼウス「!?」

胸毛の覇者ゼウス「空間に…突然の割れ目が……」

胸毛の覇者ゼウス「…………早い登場だったな」 

179 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:13:45 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「国王よ」

国王「」ビュゴオオオオオオオオオオオオオオ―――…

国王「」ゴゴゴゴゴ…

国王「」スタッ…

音速の店員「ち…もう、来たのか」

国王「満身創痍…。いつもの疑問口調もない。その威勢に様子が伴っておらんな」

国王「下がれ」ギロリ

音速の店員「…。ああ、分かったよ…」

胸毛の覇者ゼウス「……」

胸毛の覇者ゼウス「転移の魔法を会得しているとはな…腕を上げたな……」

国王「ゼウス。預かり主。能力泥棒よ」

国王「遊びは終いだ。≪ヒキニクノヨロイ≫を渡してもらう」 

180 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:14:44 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「ふ。ふ」

胸毛の覇者ゼウス「ははははははははははは!!!」

国王「…」

胸毛の覇者ゼウス「もう、ロソーンとヴァミリーマートの建前上の契りは終いかっ」

胸毛の覇者ゼウス「――何を焦る」

国王「何」

国王「この歳にして、ワシもまだまだ子供ということだ。欲しいものは早くに。ましてや、道筋が見えてきたのであれば、尚のことよ」

胸毛の覇者ゼウス「…」

胸毛の覇者ゼウス「それは…」

胸毛の覇者ゼウス「ザンクスの連中がやられたと受け取ってよいのか?」ギロリ 

181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:15:22 ID:jLYIOZCE
国王「≪封印派≫は、得てして中立企業と親密な関係を築くことが多々ある」

国王「何故ならば、だ。≪伝説の勇者≫の覚醒による反動は≪穴≫を開放し、時空間と同様に分散されていた『クレーマーの悪意』が世界を満たす。封印派…貴様らにしても、結局のところは、世界を乱したくない。乱さず、自らの意向に進みだす」

国王「しかし封印を行えば、≪覚醒派≫の計画を進める企業との対立を余儀なくされる」

国王「言ってしまえば、≪封印派≫とは『好戦的な中立』でしかないのだ」

国王「そうだ。≪封印派≫の計画を進めていたロソーンは、中立であったザンクスと近い距離感にあった」

国王「時折、物資や働き手の相互支援などで助け合いをしていたことだろう」

国王「だが同盟までには行き着かなかった。いくら意見を交し合っても、やはり勇者の存在を如何様にするかという点がどうしてもネックになる」

国王「そんな希薄な関係にあったのだ」

国王「非情なお前のことよ。今更、ザンクス全域を滅ぼされたと知ったところで、微塵の怒りも沸くまい」

国王「そうであろう。ゼウスよ…?」ニヤリ

胸毛の覇者ゼウス「……」 

182 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:16:15 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「≪ヒキニクノヨロイ≫を奪取するべく此処へやってきた時点で、『これまでの建前は全て取り払う』ものと受け取って、構わないのだな」

国王「大いに、結構」

胸毛の覇者ゼウス「やはり、貴様は、≪覚醒派≫の人間…」

国王「一方で、貴様らロソーンの≪砂時計計画≫とは、つまり、『クレーマーも含めた客、そして提供者。この二つの立場を入れ替える』ことにあった」

国王「セッブンイレブン一強の時代が囁かれはするが…」

国王「やはり、腐っても、三大コンビニエンスストアの一角を担う企業だ。それほどまでに業績を伸ばし、店舗を日本中に拡大していくことに成功したコンビニのひとつであるロソーンならば、或いは、その計画が実現する日が来たことかもしれんな」

国王「我らさえ、いなかったのであれば、の話だが…」

胸毛の覇者ゼウス「…」

胸毛の覇者ゼウス「――何故、ヴァミリーマートの国王が裏切りを働き、≪覚醒派≫である計画を進める、≪破壊の店長≫率いるセッブンイレブンに与した」

胸毛の覇者ゼウス「≪ヒキニクノヨロイ≫を必要とする≪覚醒派≫そのものの行動に出た貴様に、もはや隠すことはなかろう」

国王「ふむ」

国王「……そもそも。我は、それほどヴァミリーマートに固執していない」 

183 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:16:51 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「何?」

胸毛の覇者ゼウス「貴様らヴァミリーマートが企てていた≪封印派≫による考えがもとになる『クレーマー撲滅計画』。これは、どうする」

国王「信じられんかもしれんがな」

国王「あれの首謀者は、我ではない」

胸毛の覇者ゼウス「!!?」

胸毛の覇者ゼウス「な、ならば…一体、何者が…」

胸毛の覇者ゼウス「まさか…!」

国王「貴様の予想は、恐らく、当たっておる」

胸毛の覇者ゼウス「何故…」 


184 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:17:32 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「覚醒に転がろうとも、封印に転がろうとも、事態を開始させるために、今回、奴に能力を回帰させたが…」

胸毛の覇者ゼウス「そもそも、何故ワシに能力を預けた」

国王「あやつは、内に、闇を秘めておる」

国王「奴に能力を暴走させてはならなかったからな」

胸毛の覇者ゼウス「暴走…そんなことが…」

――――解決するには。この日本国のどこかに存在すると云われる、かの《伝説の勇者》を探し出し、全ての悪の根源であるセッブンイレブンをグッチャグッチャに叩き潰し……。いえ、成敗し、この国の均衡を保つ。それしかありません!

国王「あやつは相応に賢い。本性をあえて垣間見せ、覚醒派寄りの極端な発言をすることにより、計画を悟られないよう振舞っていた」 

185 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:18:14 ID:jLYIOZCE
――――私が、勇者を覚醒させます

国王「だが撲滅計画は、ロソーンにおける砂時計計画と同様に、≪封印派≫の考えだった。姫は秘密裏に行動していた、ということだ」

胸毛の覇者ゼウス「そして貴様はその覚醒意見にあっさりと合意してみせることで、表向きは、トップに立つ国王自らは、覚醒派にも封印派にもどちらにも拘っていないという印象を与えることで、本当に≪覚醒派≫であることを隠し通している…」

――――とにかくぶっ潰すこと

胸毛の覇者ゼウス「いたちごっこだということか」

胸毛の覇者ゼウス「企業の上方に位置する二人が、双方共に、建前により会話を繰り広げていた。何の意味もない会話だ。そして、あやつはそれに気付けなかった」

――――姫。勇者を助けに行くのだ。奴らは危険過ぎる

国王「万一、覚醒するよりも先に何かの手違いで死なれたら困るからな。そういう意味では、あやつに念のため勇者を止めてほしかったのは、半分本当だったがな。封印の儀に入ったとしても、その直前に食い止めればよいのだ。だがまあ…」

国王「調査の結果、勇者に≪魔女≫が付いていたのだから、それも杞憂だったがな」

胸毛の覇者ゼウス「魔女…」 

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:18:55 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「…」

――――待てよ。せっかくてめえらの憎きセッブンイレブンの頂に立つ≪破壊の店長≫をぶちのめすチャンスなんじゃねえのかよこれは。何でまたむざむざ言ってみりゃ味方の脚をへし折るような真似すんだよ

胸毛の覇者ゼウス(ならば、あの裏店長の演技…全てを知っているあやつが、わざわざ勇者の封印行為に対しての疑問を口にしたのは、姫に対し、ある種の『確認』を取っていた、そういう解釈ができる。撲滅計画は、そもそも勇者の覚醒リスクをふまえた上でなければ、成り立たないからだ)

胸毛の覇者ゼウス(≪雲≫であるあやつが、撲滅計画の首謀者を知らない筈がない)

胸毛の覇者ゼウス(行動を共にしている行為は『偵察』と取っていたが…)

胸毛の覇者ゼウス(仲間であるワシに対して、撲滅計画の首謀者を教えなかったのは、)

胸毛の覇者ゼウス(どう受け取っても、庇っているようにしか思えない)

胸毛の覇者ゼウス(≪雲≫よ…。お前の居場所は、どこに在る……)

胸毛の覇者ゼウス「そして…」

胸毛の覇者ゼウス「貴様らセッブン勢の≪ホワイトワールド計画≫…」 

187 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:19:36 ID:jLYIOZCE
国王「――クレーマーの存在しない、優しい世界だ…」

胸毛の覇者ゼウス「ホワイトワールド計画の…真相……」

胸毛の覇者ゼウス「勇者を覚醒させ、≪穴≫を解き放ち、三つに分散されていた≪悪意≫を再び呼び起こし、」

国王「詳しいじゃないか。≪雲≫は優秀だな」

胸毛の覇者ゼウス「…その悪意を、破壊の店長の魔力により、ひとつにする……」

胸毛の覇者ゼウス「世界の≪悪意≫がひとつになり、それは≪終焉の肉まん≫となる…」

胸毛の覇者ゼウス「ひとつ。どうしても分からぬことがあった」

胸毛の覇者ゼウス「その凄まじい負のエネルギー体である≪終焉の肉まん≫を、どうするつもりだ」 

188 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:20:34 ID:jLYIOZCE
国王「無論、封印するのだ」

胸毛の覇者ゼウス「馬鹿なっ。できる筈がなかろうッ!!!」

国王「破壊の店長であれば、あの方の魔力であれば、それは、いいか。可能なのだ

国王「絶対的に、だ」

胸毛の覇者ゼウス「優しい世界…」

胸毛の覇者ゼウス「今此処で、その計画の核を知り、可能性を感じたのであれば、ワシは、或いは、全てを貴様らに譲るつもりだった。客を支配する必要もなくなるのだからな」

胸毛の覇者ゼウス「だが、案の定、だ」

胸毛の覇者ゼウス「貴様らは無茶苦茶過ぎる」

国王「……………………であるならば、どうする?」

胸毛の覇者ゼウス「決まっている…」 

189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:21:38 ID:jLYIOZCE
胸毛の覇者ゼウス「今、ここで、貴様を」

胸毛の覇者ゼウス「止める」スッ…

胸毛の覇者ゼウス:HP
100000000000000000000000000000000/100000000000000000000000000000000

国王「そうだ…」

国王「所詮、相互理解など、人間には不可能なのだ」スッ…

国王:HP
100000000000000000000000000000000/100000000000000000000000000000000

胸毛の覇者ゼウス(国王が…相手となると……)

胸毛の覇者ゼウス(出し惜しみは…あり得んな)

国王「さあ戦うぞ≪預かり主≫!!!!!!!!」

国王「――我らの計画達成まで、あと少しだ!!!」 

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:22:09 ID:jLYIOZCE
おかん「早く就活始めなさいな」

――数日前――


とある家

おかん「もうアンタも27になるでしょ。失業して以降の空白期間、これ以上はあまり作らないほうがええと思うんよ」

おかん「近所のヒキニートとか言う人も有名で、今や38歳らしいじゃない。アンタも手遅れになる前に」

初級ニート(27)「…」カタカタカタ…

初級ニート(27)「はあ…」

世界に退屈と失望を覚え始めたのは、いつからだろうか。

食べていくためには働かなければならない。

だから人は働く。

だが、働かなくても食べていける人間ならばどうだ?

働かないで、いいんじゃないか。 

191 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:22:45 ID:jLYIOZCE
ところがどうだ。

おかん「あと一年、この状態が続くようであれば、家から追い出すからね」

おかん「いい?」

初級ニート(27)「……」

こんなことを言い出すのだ。

いいじゃないか。

勝手に生んだのはアンタだろうに。

社会は、自分には合わない。

合わさずに生きていける手段としての才能もない。

終わったんだ。

自分の人生は、終わったんだ。 

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:23:28 ID:jLYIOZCE


















――終わったんだ。 

193 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 18:24:19 ID:jLYIOZCE
ヒキニート(38)「…………え?」

~薬局前~

姉「えっ……。あれ?」

母「い、今、あれ?」

祖母(545800)「…」

少女「時空間の歪みが…一層、酷くなってる…」

ヒキニート(38)「さっきまで、まだ自宅が後方に見える距離にいたのに…」

ヒキニート(38)「いつの間にすっ飛んだんだ?」

少女「!!」

フッ…

守護神フリーター「ここまで来たか。勇者一行よ」

守護神セイシャイン「早速で悪いが」

「「死ね」」

――――ズドォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

――【二章・終】―― 

194 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:42:26 ID:hlEVQFiE
【第三章】

――1年前――

ヴァミリーマート本店、地下牢

サイボ-グ店員「≪雲≫が潜り込んでいたとはね」

サイボーグ店員「ゼウスの奴はよほど鼻が効くと見える」

裏店長「…」

サイボーグ店員「おっと。私に油断の隙は生じないし、そもそもサイボーグのため、その完全記憶消去能力自体、役には立たない」

裏店長「ち…」

サイボーグ店員「同盟企業ならばともかく、対立企業であるならば、偵察など、タブーの最たるものだ」

裏店長「表向きはな…」

サイボーグ店員「ふ」

サイボーグ店員「君は知りすぎた」

サイボーグ店員「しばらくそこで大人しくしているといい」スタスタ… 

195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:45:07 ID:hlEVQFiE
裏店長(…)

裏店長(胸毛野郎は焦っていたのか)

裏店長(ハゲスパイを寄越してまで、早々に欲しがっていた情報が此処にはある)

裏店長(その地下で囚われの身たあ…≪雲≫も名ばかりのもんだ)

裏店長「…」チラッ

裏店長(拷問器具なんかも置いてやがるな…)

裏店長(恐らくは、撲滅計画は真実であり、その被害者であるクレーマーは、ここで抹消される。そんなところか)

裏店長(首謀者は、やはり国王と言う線が確実…か……?)

裏店長(いや。奴は、自己の企業に関して無関心だという話を耳にした覚えがある)

裏店長(そんな奴が、企業理念たる計画を、こうまで強行しようと思い立つか? 有り得ねえ)

裏店長(何か…ある……) 

196 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:46:20 ID:hlEVQFiE
――――カツ…

裏店長(! 足音…)

裏店長(誰か来やがるな)

裏店長(気休めだが…姿を変えておくか)シュイーン…

――――カツ…カツ…

――――カツ…カツ…カツ…

――――カツッ

裏店長(…)

裏店長(……ッ!?)



姫「……」 

197 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:46:53 ID:hlEVQFiE
裏店長(あの時の美少女店員…)

姫「…お前」

裏店長(…ん? 『あなた』じゃなく『お前』?)

姫「私は≪雲≫を捕らえたと聞いて来たんだけど…」

姫「何よ写真と全然違うじゃない!」バシッ

裏店長(捨てやがった。写真捨てやがった)

裏店長(…)

裏店長(口だけで…情報が引き出せっかどうか)

裏店長「おい」

姫「黙れ小市民」キッ

裏店長(接客中の態度との差がとんでもねえなこの女) 

198 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:47:25 ID:hlEVQFiE
姫「王女に徒労をさせるとは。あのクソサイボーグ、近日中にスクラップにしてやる…」

裏店長(!)

裏店長(…………こいつ…王女殿下だったのか…)

裏店長(!!)

裏店長(なるほど…。この全身からにじみ出ている悪人オーラ…)

裏店長(こいつか。首謀者…)

裏店長(つうか…≪雲≫の変身能力はサイボーグ野郎にばれてる筈だが…)

姫「」イライラ

裏店長(こいつの性格からして…詳細を聞かずにやって来た訳か) 

199 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:47:55 ID:hlEVQFiE
裏店長(この拘束を解き、尚且つこいつの目から逃れるには…)

裏店長(大胆な手だ。さっきまでと違って死角が作れねえ。カメラがありゃアウト)

裏店長(この牢にはカメラは…ないな)

裏店長「」ボウッ!!!!!!!!!!

姫「!?」

姫「な、何。何が起きたの」

裏店長「びゃあああ!!!!!!!!!!!!!」

姫「こ、子供ッ? どこから湧いて出て」

――――ピカッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

姫「――き、た……の…」

姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ボー…

裏店長「こういう形の『油断』も発動条件に当て嵌まんだよ…」 

200 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:48:31 ID:hlEVQFiE
裏店長(一度子供に化けたことで、拘束からも逃れられた)

裏店長(よし)

裏店長「鍵を寄越せ。ここから出る」

姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・私に命令とは、気に食わない、けど・・・・・・」

姫「・・・・・・・・・・・・はい」チャリン

裏店長「あ、ああ…」

裏店長(何つう自我の強さだ…)

――ガチャン!

裏店長「さて…」

裏店長「このまま、サイボーグの野郎か誰かが来ないうちに脱獄と行きてえところだが…」チラッ

姫「・・・・・・・・・・・・」

裏店長(問題はこいつをどうするかだな) 

201 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:49:23 ID:hlEVQFiE
裏店長(性根がいくらひん曲がってるとは言え、こいつが撲滅計画の首謀者と決め付けるのは早計か…?)

裏店長「…」

姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ボー

裏店長「……お前…」

裏店長「――何か悩んでることでもあるんじゃねえか?」

姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」

裏店長「言ってみろ」

裏店長「言え」

姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

姫「客が。憎い」 

202 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:49:55 ID:hlEVQFiE
裏店長「ほう」

姫「クソオヤジが。他人と触れ合う機会を、接客と言う形で作り、コミュニケーションに慣れろ。と」

姫「王女でありながら。小市民に紛れて…アルバイト……を」

姫「善意でやってることの。何もかもが。裏返しに取られ」

姫「揚げ足を取られ」

姫「理不尽な要求」

姫「ストレスの捌け口」

姫「執拗に携帯番号を迫ってきたり、花束を贈りつけてくる、うざったい男性客」

姫「もう。限界」

姫「奴ら…奴ら……」

姫「ぶっ潰して…やりたい」 

203 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:51:09 ID:hlEVQFiE
裏店長「……」

姫「どうして・・・・・・そんなことを・・・・・・聞くの・・・」

裏店長「…」

裏店長「そうだな…」

裏店長「そりゃ、俺に女を見る目があるからじゃねえのか」

姫「子供の・・・・・・・・・・くせに・・・・・生意気な・・・」

裏店長「…」

裏店長「」ボウッ!!

姫「・・・・・・!?」

裏店長(真)「これが、俺の『本当の姿』だ。そこそこ良い男だろ?」

裏店長(真)「覚えておけ。そして忘れろ」

裏連長(真)「じゃあな…」タタタ…

姫「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ボー 

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:52:06 ID:hlEVQFiE
胸毛の覇者ゼウス「――砂時計計画?」

その夜、ロソーン

裏店長「ああ…」

裏店長「ヴァミリーマートは、…首謀者こそ不明だが、今だその存在を公にしない≪伝説の勇者≫に対して≪封印派≫の考えを見せている」

胸毛の覇者ゼウス「クレーマー撲滅計画は実在するものだった、か。そしてその計画には、≪悪意≫は邪魔なものになる…」

裏店長「現状。三大コンビニエンスストアの中でも、セッブンイレブンがその中で頭ひとつ抜けてきている業績の伸び様だが…」

裏店長「おそらく。セッブン勢はどことも組みはしねえだろう。情報漏洩と利益拡散の防止を徹底している節が見られるからな」

裏店長「となると、事実上トップであるセッブン勢に媚びずに、この競争から引き摺り下ろされねえよう、どんなに格好悪かろうが、無様に、息を荒げながら追いついて行かなきゃならねえ訳だ」

胸毛の覇者ゼウス「それで、ヴァミリーマートに合わせ≪封印派≫の方針を築くことで、距離を縮める――か」

裏店長「共通の敵がいりゃ、それは上っ面だろうが、仲間になり得る。考えとしては悪くねえはずだ」

裏店長「このまま純粋に≪中立派≫を続けていれば、他の中小企業に塗れて堕ちるのは目に見えてる。数年、問題視され続けている客との関係性の革新を図る為にも、勇者に対しての表明を提示し、積極性をアピールすべきだと俺は思う」 

205 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:52:38 ID:hlEVQFiE
裏店長「どこの誰に勇者が封印されようが、接客そのものへの影響は直接的には繋がらねえが、≪覚醒≫を果たされりゃ、膨大な≪悪意≫が再び世界を覆い、こちら側にも当然被害を及ぼす。そうならねえよう、此方も≪覚醒派≫として動き、その≪悪意≫を如何にして利用するかを考える。か、もしくは、対立となる≪封印派≫に付くことで、これを阻止する」

裏店長「誰かが覚醒を阻止してくれるだろうなんざ甘っちょろい考えは足元をすくわれる。勇者に対する扱いの考えは≪悪意≫に対する考えと直結的だ。ライバル企業と対立するなら尚更、この時を我関せずの低姿勢で貫けば、客はその消極性を嗅ぎ取って寄り付かなくなる。」

胸毛の覇者ゼウス「一般市民は、勇者の覚醒リスクによる≪悪意≫の暴発については知る由もないじゃろう」

裏店長「今はな。この世界がとち狂ってる…時間がおかしくなっちまってることに気付いてる奴はごく少数だ」

裏店長「だが仮に時空間が再結合した場合はどうなる」

裏店長「違和感を取り戻した客は、初めて、それまで世界に異変が起きていたことを知り、一斉に事の経緯を探り出すだろう」

裏店長「そして全てを知った一般市民が、勇者に対して無関係を貫いた企業に向ける視線は、どのように変化すると思う?」

胸毛の覇者ゼウス「なるほど。流石はお前だ。先を見ているな…」

裏店長「ちったあお前も企業経営に対しての危機感を持ちやがれ」 

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:53:08 ID:hlEVQFiE
裏店長「俺は表の世界には出られねえ人間だ。砂時計計画の立案者は、ゼウス。お前ということにしておけ」

胸毛の覇者ゼウス「よかろう…」

胸毛の覇者ゼウス「だが、セッブン勢が≪覚醒派≫という根拠は何処にある」

裏店長「根拠?」

胸毛の覇者ゼウス「お主の偵察によって、ヴァミマの計画を確定的なものし、推察によって≪封印派≫と決定したところまではよい」

胸毛の覇者ゼウス「だがセッブン勢が≪覚醒派≫という根拠がなければ、三大コンビニ内においての対立構造は消滅し、結局、ヴァミマとでセッブンを抜く策も崩壊するであろうに」

裏店長「そうだな…」

裏店長「…」

裏店長「『勘』…だな」

裏店長「奴らは危険な臭いがする」

胸毛の覇者ゼウス「勘、か」

胸毛の覇者ゼウス「……信じようぞ。≪雲≫よ」

裏店長「ありがとよ…」 

207 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:53:39 ID:hlEVQFiE
裏店長(これで、表面上では、ヴァミマ・ロソーン対セッブンの構造が成立した)

裏店長(あいつがあのお姫様であるなら、胸毛野郎に、勇者に対しての覚醒・封印能力を預けている人物ということになる。能力の暴走を恐れてのことだろうが…)

裏店長(ロソーンのトップである胸毛野郎と、ヴァミマのお姫様を疎遠関係にしちまえば、覚醒は有り得ず、もう事態は動かなくなる。このままセッブンの一人勝ちだ)

裏店長(セッブンを追い抜かすには、能力をいつでも回帰させられるよう、予めヴァミマとロソーンはある程度は距離感を縮めておく必要がある)

裏店長(何よりも…)

裏店長(その方が、お姫様との接触が容易い)

裏店長(俺は裏の世界で生きてきたから分かる)

裏店長(あのお姫様を、こっちの世界に招き入れるような真似は駄目だ)

裏店長(胸毛野郎にはスパイという体で、極力頻繁にヴァミマへ進入し、お姫様との接触を試みる)

裏店長(猶予期間は一年)

裏店長(それまでにどうにか改心させてやるか)

裏店長(惚れた女だ。それくらいはな…) 

208 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:54:10 ID:hlEVQFiE
数ヵ月後

ヴァミリーマート本店、休憩時間

姫「…また来たんですか」

裏店長「そう言うなって。そら、接客スマイル」

姫「からかわないでっ」

姫「……、…。こんな堂々としたスパイも珍しいですね…」

裏店長「へッ。今はセッブンを抜くために同盟を結んでる仲だろうが。あくまで『参考』だ」

姫「そうですか」

裏店長「そしてお前の偵察でもある」

姫「な、に言ってるの意味分からない死ねッ」

裏店長「素になってんぞ」

姫「今の、は。そう、疲労から来る妄言に過ぎませんわ」

裏店長「そうかい」 

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:54:46 ID:hlEVQFiE
姫「大体、この同盟だって、何度目になることでしょうかっ。結んでは破り、そうして脆い契りを何度繰り返してきたことか」

裏店長「いずれ安定するさ」

姫「それにしたって、セッブンを追い抜いたら、またトップを争って対立でしょう?」

裏店長「違いねえな。でもな…」

姫「?」

裏店長「俺にとっては、猶予期間の一年の間だけ続きゃ、文句はねえからな」

姫「猶予、期間? 何の話ですか?」

裏店長「ところで最近の接客の調子はどうだ?」

姫「聞きなさいッ。無礼な!!」 

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:55:17 ID:hlEVQFiE
裏店長「――どうなんだ?」

姫「……ッ」

姫「どうしてあなたは、真面目な話ほど飄々としているくせに」

姫「こんな他愛ない話の時は深刻な面持ちになるのですか…」

裏店長「心外だな。俺はちゃんと真面目な話の時に真面目になっているさ」

裏店長「俺には企業の事情より、お前の調子の方がよっぽど重要だ」

姫「…………。何なんですか、本当…」

姫「あなたと会って…遭ってから、気持ちが落ち着かなくて……。迷惑も甚だしいです」

裏店長「『遭って』…ねえ。こっちも同じ台詞だ」

裏店長(おかげで駄々っ子の面倒を長い間かけて見る羽目になったんだからな…)

姫「だったらもう来なくて結構です!」

裏店長「そういう訳にもいかねえよ。俺は一流のスパイだからな」 

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:55:55 ID:hlEVQFiE
姫「……。あなたがヴァミマの人間であったなら、容易く強制排除できるというのに」

裏店長「そいつは残念だったな」

裏店長「で。どうなんだ」

姫「…」

姫「……」

姫「今日も、同じです」

姫「やはりまともなお客様という存在は、今の日本にはごく少数です」

姫「今のこの国は、おかしいのです」

姫「…………、」

裏店長「…そうか」 

212 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:56:27 ID:hlEVQFiE
裏店長「そらよ」ヒョイ

姫「わっ。何ですか」パシッ

裏店長「ストレスによく効くドリンクだ。ちなみにウチの商品」

裏店長「効果は折り紙付だ。それでも飲んでじっくり体休めてろ」

姫「誰がロソーンの商品などっ」

裏店長「シフト、次は何日に入ってる?」

姫「誰が教えるものですか」

裏店長「一流のスパイはシフト表も入手してる。……次は火曜の朝からだな」スッ

姫「それを返しなさい!」

裏店長「じゃあな」

バタン 

213 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:57:00 ID:hlEVQFiE
姫「くっ」

姫「いつもいつも…あの胡散臭い、自称一流スパイのペースに流されるがまま…」

姫「……」

姫「…」

姫「」スッ

姫「…」

姫「」カキュッ

姫「」ゴクリ…ゴクリ…

姫「……」

姫「…不味い」 

214 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:57:33 ID:hlEVQFiE
――現代――


裏店長「探りを入れたヴァミマで遭遇したセッブンのスパイをとっ捕まえ、そして取り調べたのさ」

裏店長「その時も、ヴァミマとロソ-ンは同盟を結んでいる状況だったからな」

蠱惑の店員「ふうん…嘘じゃなさそうね」

裏店長「こっちからもひとつ」

裏店長「終焉の肉まんを生成したところで、そいつをどうするつもりだ。封印できなければ、結局また≪悪意≫は暴発するぞ」

蠱惑の店員「だから封印するんじゃない。ウチのボスの魔力でね」

裏店長「…………、」

裏店長(まさか…ホワイトワールド計画ってのは)

蠱惑の店員「まあ、もういいわ」

裏店長「何?」

蠱惑の店員「――いい時間稼ぎになったわ」 

215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 00:58:27 ID:hlEVQFiE
――――ズゴォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

姫「きゃあっ」

表店長「何だッ!!?」

裏店長「……、ちっ」

裏店長(しまった…。数で勝っているんなら、あまりのうのうとゲームに乗せるんじゃなかったか…)

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

鉄壁の店員「遅く。なったな」

蠱惑の店員「悪いわねえ。あいつら、HPを共有してるみたいで、同時に倒さないと限度付きとはいえ、蘇っちゃう面倒な相手なのよ」

鉄壁の店員「なるほど。理解した」

表店長「兄者っ」

裏店長「……。ああ。俺は今来た図体のでかい方をやる」

鉄壁の店員「さあ。戦おう」 

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:28:01 ID:72Ggbvf6
――パシッ

――二十年前――

高校、職員室

ヒキニート(当時18歳)「…」

教師「あのなあお前。この模試の結果のプリントに表記された数字をよーく見てみろ。こんな偏差値でどうやって進学するつもりなんだ。ええ?」

ヒキニート(18)「進学は…しません……」

教師「はあ…」

教師「なら就職でもするか?」

ヒキニート(18)「就職は…分からない、です……」

教師「…」

教師「要するに何も考えてない。考えたくないんだろう? ボーッとしてたらいつの間に成人寸前。やりたいこともなさそうだな。このままじゃあお前…」

教師「ニートまっしぐらだぞ」 

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:28:34 ID:72Ggbvf6
生徒A「――このままじゃニートまっしぐら」

生徒A「だってよ!!!」

ギャハハハハハハハハッハハ!!!!!!!!!!!!!!!!

教室

ヒキニート(18)「……聞いてたのかよ」

生徒B「で。実際お前どうすんの?」

生徒C「一生引きこもってアニメでも観てるんだろ?」

クス…クス……

ヒキニート(18)(それができるなら…したいくらいだ……)

ヒキニート(18)(何て返しても、火に油を注ぐだけ…。ここは沈黙が正解か)スタスタ 

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:29:04 ID:72Ggbvf6
生徒D[おい黙ってんなよ]ゲシッ

ヒキニート(18)「痛っ…」ガシャン!!

生徒E「ねえちょっと流石に可哀想だよ」クスクス

生徒F「こんなクズのために停学になることもねえだろー」クスクス

生徒D「それもそっかあ」

クスクス…クスクス……

ヒキニート(18)「…」

ヒキニート(18)(誰かを貶して、穢して、)

ヒキニート(18)(どうしてそんなことで愉悦を覚えるんだ…。動物的本能ってやつか)

ヒキニート(18)(……まあいいさ)

ヒキニート(18)(卒業まで、もうそんなにないんだから) 

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:29:43 ID:72Ggbvf6
翌日、職員室前

ヒキニート(18)「プリントを貰いに来るのすっかり忘れて――」タタタタ

教師『――陰湿でないだけ、まだマシじゃないか。目に見える軽度の暴力行為に留まっている』

ヒキニート(18)「」ピタリ…

教師『ヒキニート君の件だよ。まあ彼は、精神的なしぶとさにかけては相当のものを持っているからねえ』

教師『このまま、卒業まで耐えてもらうしかない、と』

ヒキニート(18)「…」

教師『いじめについては、幾度となく議論が繰り返されてきた永遠不滅の問題だ』

教師「それでも結局出された答えは、曖昧な当たり障りのない、お飾りの言葉や、綺麗ごと、理想論…」

教師「私のクラスの件についても、正直なところ、どうしようもないよ」

教師『理想じゃ飯は食べていけないよ。廃業覚悟で臨めば、或いは、現状を打開できるかもしれないが…』

教師『そうだよ、私にも生活があるんだ。学園ドラマじゃないんだ、現実を見ろってことだよ』

教師『――彼は、その『現実』による一人の犠牲者なんだ』 

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:30:21 ID:72Ggbvf6
――彼は、その『現実』による一人の犠牲者なんだ

ヒキニート(18)「…何だ……それ」

ヒキニート(18)「我輩が…現実の、犠牲者、だって……?」

――これが現実

ヒキニート(18)(教師ですら、屈するのか。その現実ってやつに)

ヒキニート(18)(長年生きて編み出した大人の出した結論が、それか)

ヒキニート(18)(…………もう、まっぴら、ごめんだ。何も、かもが)

ヒキニート(18)(理想なんか、クソ食らえ……ッ)グッ

ヒキニート(18)(夢も希望もない)

ヒキニート(18)(そんな世界で、我輩は、今まで、何と戦ってきたんだ)

ヒキニート(18)(何を我慢してきた。何のために我慢してきた) 

221 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:30:52 ID:72Ggbvf6
その瞬間、全てがどうでもよくなった。

二十年は、一瞬だった。

理想の存在しない世界。

現実とはこんなものだ。

フィクションとは違う。

夢の見つからない人間は、どうやって生きていけばいいのだろう。

理想に対して盲目である人間は何を道しるべにして歩いていけばいいんだ。

才能なんて贅沢なものはいらない。

ただ、生きる指標となるようなものが欲しかっただけなんだ。

青春などなく。目標もなく。

ただ失望した世界は、異様に色褪せて見えた。 

222 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:31:47 ID:72Ggbvf6
――――ズドォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



~薬局前~

姉「…………ッッ、」

姉「?」

母「あ…」

ヒキニート(雷)「……、」バチ…バチチッ…バチッッ!!!!!

守護神フリーター「雷の…防護壁か……」

守護神セイシャイン「流石の反応速度だな…ヒキニクノツルギ」

祖母(545800)「お主らは…守護者か」

守護神セイシャイン「いかにも。我らは破壊の店長を守護するものなり」

守護神フリーター「……それが≪雷神≫を唯一超越したと云われる、ヒキニクノツルギの形態≪雷≫か…」 

223 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:32:29 ID:72Ggbvf6
少女「……」

ヒキニート(雷)「……オイ」

少女「だって…こんな…有り得ない…何が…まさか……」

ヒキニート(雷)「オイ!!」

少女「!」

少女「な、に」

ヒキニート(雷)「呆けるのは後にしろ。強敵が来てるんだ」

少女「え、ええ…」

少女「今なら…まだ…どうにかなる」

姉「――?」 

224 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:33:00 ID:72Ggbvf6
守護神セイシャイン:HP
55555555555555555555555555555/55555555555555555555555555555

守護神フリーター:HP
55555555555555555555555555555/33333333333333333333333333333


守護神セイシャイン「はあ!!」

――セイシャインは≪大自然の咆哮≫を放った!

グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒキニート(雷)「!?」

姉「コンクリートからいきなり大きい樹木がっ」

少女「!! まずい…」

――ヒキニート(雷)は≪イカズチノコブシ≫を放った!

ヒキニート(雷)「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああああああッッ!!!!」バチィ!!!!!!!!!!!

――――ゴバアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

225 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:33:38 ID:72Ggbvf6
――ヒキニートに600000000ダメージ!

ヒキニート(雷)「……ぐ…ッああ!!」ドサッ!



少女「!」

姉「えっ。どうして!? ……簡単に押し負けた?」

母「あの剛腕の店員を一撃で倒した技だったのに…レベルが違うの?」

少女「……それもあるけど。挙げられる要因として大きいのは、属性の相性よ」

祖母(545800)「大自然は雷をも飲み込んでしまうということじゃ」

守護神フリーター「――所詮、勇者の器と聖女の器の二人以外は雑魚だ」

守護神フリーター「片付けてしまうぞ」

――フリーターは全体攻撃≪森の逆鱗≫を放った!

ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

226 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:34:13 ID:72Ggbvf6
母「大量の大木が降り注いでくる!!!!」

姉「いやあああああああああああ!!!!! 今度こそ死んじゃう!!」

ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒキニート(雷)「…、」

ヒキニート(雷)「――なら、」バチチッ


ヒキニート(炎)「焼き尽くすまでだ!!」ゴウッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


――ヒキニートは≪ヒキニクフレア≫を放った!

――――グァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

姉「やった!」

――セイシャインは≪アクアストーム≫を放った!

ビュゴォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

227 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:34:44 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(炎)「ごああああああああああああああッッ!!!!!!!!!!」

――ヒキニートに600000000ダメージ!

母「ヒキニート!!」

ヒキニート(炎)「く、そ…」ズシャア!

ヒキニート(炎)「次は……水、か…」

祖母(545800)「……。扱う属性の幅が広いのう…」

少女「こっちも、同様に属性の幅を広げて対抗するしかない」

母「でも攻撃の要のヒキニートは炎と雷の二つしか使えないわっ」

姉「それにあいつ…弱い私とお母さんとお婆ちゃんを含めた全体攻撃をヒキニートが庇うことを前提にして、後だしジャンケンの要領で弱点を付く属性攻撃を繰り出してくる…」

祖母(545800)「どうやら足手纏いのようじゃのう」

少女「残念ながら否定はしない」

ヒキニート(炎)「どうする…」 

228 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:35:17 ID:72Ggbvf6
ヒキニート()「」ゴウッ・・・

ヒキニート(38)「はあ、はあ・・・」

守護神フリーター「諦めろ。所詮、これが現実だ」

ヒキニート(38)「」ピク

ヒキニート(38)「……何だって?」

守護神セイシャイン「勇者ごっこも終いということだ」

守護神セイシャイン「計画を遂げるために貴様を連れ帰る」

ヒキニート(38)「…、」

ヒキニート(38)「くそっ。どいつもこいつも計画計画…」

ヒキニート(38)「お前らは計画なくして生きていけねえのか! おい!」 

229 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:36:03 ID:72Ggbvf6
姉「ちょっと…?」

ヒキニート(38)「何となく分かってきたんだよ、属性の意味」ゼイゼイ

姉「へ?」

ヒキニート(38)「」チラッ

少女「…どうしたの」

ヒキニート(38)「こいつらといい、お前といい、何を隠してるか知ったことじゃないが、我輩に死なれたら困ると言う。例えばこいつらなら計画利用のためだとほざく」ゼイゼイ

ヒキニート(38)「そして例えばお前ならどうだっ」ゼイゼイ

少女「今はそんなことどうでもいいでしょ」

ヒキニート(38)「ああそう言うと思ってたさ。だが、」ゼイゼイ

ヒキニート(38)「出会い頭。初っ端に、我輩をHPが切れる直前まで追い込んだ理由は何だっ」ゼイゼイ 

230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:36:36 ID:72Ggbvf6
守護神セイシャイン「……隙を作ってくれるとは有難い…」

――セイシャインは≪嵐の波動≫を放った!

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

母「来たわ!!」

ヒキニート(38)「答えろ!!!」

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

少女「それは…」

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

少女「あなたの目を、覚ますためよ」

ヒキニート(38)「――ああ、そうだろうなっ」ギリッ

――――≪雷≫は、自己への強い怒りから目覚める属性と云われる 

231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:37:23 ID:72Ggbvf6
――――ゴバッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





姉「ヒキニート!!!!!!!!!」

――――パキッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

母「!!」

守護神セイシャイン「……」

守護神セイシャイン「…ちっ」

――――パキキッ……

「そうさ。物事に対しての危機感は≪炎≫」

「そして、自己への強い怒りが≪雷≫」

「そして『現実の肯定』――これこそが」

ヒキニート(氷)「≪氷≫の属性への目覚めだ」ヒュオオオオオオ…… 

232 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:38:16 ID:72Ggbvf6
少女「…」

守護神フリーター「形態≪氷≫…」

ヒキニート(氷)「何の理由もなく、感情的にお前が我輩をぶっ飛ばすなんて、有り得ない」ヒュオオオオオオ……

祖母(545800)(三つの属性を会得したことで属性形態と自我を両立できるようになりおったか)

ヒキニート(氷)「気付いたのは、ほんのさっきの話だ」ヒュオオオオオオ……

ヒキニート(氷)「要するに、ろくに現実の過酷さを知らない奴に『現実』なんて言葉を軽々しく使うことが許せなかったんだ」ヒュオオオオオオ……

姉(引きこもりニートが言えた口じゃないって言いたいところだけど…そのそもそもの原因として、あいつは昔に相当なイジメに遭ったんだもんね…)

ヒキニート(氷)「そして思い出した。昔を」ヒュオオオオオオ……

ヒキニート(氷)「我輩のような駄目人間がまともな人間になろうと思ったら、まずは心理状況から変化させることだ」ヒュオオオオオオ……

ヒキニート(氷)「ひとつに危機感。ひとつに自己への怒り。そして現実の肯定」ヒュオオオオオオ……

ヒキニート(氷)「それが属性に結び付くってところは、感覚的な発見だったけどな…」ヒュオオオオオオ…… 

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:38:54 ID:72Ggbvf6
守護神フリーター「……属性がひとつ増えた程度で…」

――フリーターは≪フルメテオバースト≫を放った!

グオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

少女「ちょっとっ」

ヒキニート(氷)「そして次に覚えるべき感情は、そう」

ヒキニート(氷)「理想の芽生え――だ」スッ






――――カッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

234 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:39:29 ID:72Ggbvf6
守護神セイシャイン「攻撃を…」

守護神フリーター「かき消した……?」





ヒキニート(光)「」コオオオオオ……

少女(連続して、新しい属性を…!)

姉「凄い。凄いよ!」

守護神フリーター「馬鹿な…」

守護神セイシャイン「その属性は…ッ」

祖母(545800)「光の属性を手にしたとなると…」

ヒキニート(光)「ああ…」

ヒキニート(光)「楽勝だ」スッ

――ヒキニートは≪デス・フラッシュ≫を放った! 

235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:40:07 ID:72Ggbvf6

蠱惑の店員「――今のはっ」ヒュッ!!!!!!!!

鉄壁の店員「惜しかった」ズシン!!!

裏店長「……クソがっ…」ズシャア!

表店長「敵さん…タイミングが…合ってきてるぜッ」ザザッ!

姫「もういい! 私は降ろして!」

姫「私は勇者の覚醒に必要不可欠な鍵です! 向こうも私を死なせるような真似はしないはずっ」

裏店長「馬鹿言え! それが向こうの思う壺なんだよ。人質にでも取られりゃお終いだ」

姫「……でもっ」

蠱惑の店員「……ふうん?」 

236 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:40:37 ID:72Ggbvf6
裏店長「あん?」ゼイゼイ

蠱惑の店員「いえ。不思議と思ってねえ」

蠱惑の店員「同じ≪封印派≫とはいえ、そこまでその小娘を庇うなんて…やっぱりアレ? そういうことなのン?」

姫「なっ。この非常時に…」カアアア…

裏店長「…………。ああ、そうだ…」ゼイゼイ

姫「…え?」

裏店長「なあ、お前。こんな時だからこそ、もう一度だけ聞くけどな」ゼイゼイ

裏店長「生きることは、楽しいのかっ」ゼイゼイ

姫「……何故…」

裏店長「俺には嫌というほど分かる。憎しみの先には、良いことなんざ、何もありゃしねえ」

姫「何を…」 

237 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:41:10 ID:72Ggbvf6
裏店長「クレーマー撲滅計画の首謀者は、お姫様、お前だった。そんなことは、とうに知ってることだったんだよ」ゼイゼイ

姫「――――ッ!!?」

蠱惑の店員「へえーえ。初耳」

鉄壁の店員「国王はこちら側にいる。撲滅計画の。首謀者は。ならば。一体誰なのか。兼ねてからの。疑問だったが。そういうことか」

姫「知ってて…ずっと……」

姫「いつ…から……?」

裏店長「――1年前だ」ゼイゼイ

姫「1年…前…」

姫「…………!!」

――――俺にとっては、猶予期間の一年の間だけ続きゃ、文句はねえからな

――――猶予、期間? 何の話ですか? 

238 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:42:38 ID:72Ggbvf6
姫「……………………………………………………、」

裏店長「猶予期間は終いだ」ゼイゼイ

裏店長「俺はずっと、お前の傍らで、いつか改心をしないかと、あらゆる手段で接近を試みたが、お前の悪質な客に対する怨念は本物だった。ついに今まで、どうにもならなかった」ゼイゼイ

裏店長「今がその時だ。俺は」ゼイゼイ

姫「……、」

裏店長「お前が静かに眠れる日まで、全てをかけて戦う」

姫「え……?」

裏店長「いいか。ロソーンの砂時計計画…サービスの提供者と客を入れ替えちまえって話はな。立案したのは胸毛…ゼウスの野郎じゃねえ。俺だ」ゼイゼイ

姫「!」

蠱惑の店員「…」 

239 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:43:17 ID:72Ggbvf6
裏店長「そしてその計画はダミーだ。このことはゼウスすら知らねえ」ゼイゼイ

鉄壁の店員「!」

蠱惑の店員「何ですって?」

裏店長「裏の世界の人間が正義なんざ貫こうと思ったらな。そういうやり方しかねえんだ。味方すら欺く」ゼイゼイ

裏店長「たった一人の女のためにだ」ゼイゼイ

姫「…」

裏店長「ダミーの計画を提示しておくことで、お姫様への接近は勿論、ロソーンの側の行動原理はそれで全て片が付く。そして企業理念たる、その真意は…」ゼイゼイ

裏店長「ザンクスと、同じだ。やはり、企業が落ちようが、何だろうが、」ゼイゼイ

裏店長「――特別なことは何もしねえ」

裏店長「ただし、理想も捨てねえ。腐ったこの現実の中で、客との理想を模索し続けることが、いっとう優れたやり方なんだよ」ゼイゼイ 

240 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:44:01 ID:72Ggbvf6
蠱惑の店員「ぷ」

蠱惑の店員「あはあっはははははっははははっはは!!!!!!」

裏店長「…」

蠱惑の店員「何が模索よ。結局それも理想論じゃない」

裏店長「違うね」ゼイゼイ

蠱惑の店員「はぁ?」

裏店長「さっきも言っただろうが…。特別なことは何もしねえ。優れた奴ほどな、結局のところ、特別なことは何もしてねえんだよ」ゼイゼイ

裏店長「世界には答えのねえことが山ほどある。便利大好き。効率大好き。そんな奴らほど、決まって近道を探すもんだが…」ゼイゼイ

裏店長「遠回りしないように確かな道を見定めることは悪くねえ。だがな、ずるがしこく進める近道なんてものは、世界のどこを探そうが存在しねえし、あったとしても、そこから生まれた結果は希薄なものになる」ゼイゼイ

裏店長「俺やザンクスの出した結論は、理想論じゃねえ。いつだって、理想と現実は同じ処に存在している」ゼイゼイ

裏店長「企業勢力や、勇者の覚醒なんざ、利用する価値はねえ。ただ、現実と向き合いながら、理想を見据え続けること。これこそが、強さだ。人の強さなんだよ」ゼイゼイ 

241 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:44:45 ID:72Ggbvf6
姫「…あなたと、いう人は……」

姫「本当に…」

蠱惑の店員「馬鹿じゃないのォ?」ヒュッ!!!!!!!!


――――ザクッ!……


裏店長「・・・・・・?」

裏店長「・・・!」

裏店長「く、は」


姫「」
表店長「」


鉄壁の店員「…」

鉄壁の店員「背後から。一突き」 

242 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:45:18 ID:72Ggbvf6
姫「――裏店長ッ!!!!!!!!!!!!!」

表店長「兄者!!!!!!!!!!!!!!」

裏店長「」ドサリ

裏店長(何…だ……急に…スピ-ドが…増しやがった…)

裏店長(それに…コモンライフが……機能しねえ…)

蠱惑の店員「馬鹿ねえ」

蠱惑の店員「情報の引き出し合いゲームは、ちょうど今、終わったのよ」

裏店長「…!!」

裏店長(まさか…抑えてやがったのか……今の今まで……)

裏店長(助っ人すら…情報を引き出すための…布石……) 

243 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:45:48 ID:72Ggbvf6
姫「いやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」









――――ヴオァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


裏店長「!?」
表店長「ッ!!」
鉄壁の店員「!」
蠱惑の店員「何ッ!?」 

244 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:46:18 ID:72Ggbvf6
――――シュオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



ヒキニート(38)「よし、勝っ……!?」シュオッ
母「やったわヒキn……あら?」シュオッ
姉「きゃあっ」シュオッ
祖母(545800)(強制ワープ? いや…)シュオッ
少女「え!?」シュオッ



裏店長「!?」

表店長「お前ら、は…」

蠱惑の店員「あらァ?」

鉄壁の店員「勇者一行。じゃないか」

姫「」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ………… 

245 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:46:48 ID:72Ggbvf6
蠱惑の店員「彼女の能力が引き寄せたのね…勇者の器を。ちょっと余計なのも混じってるけど」

鉄壁の店員「何にしても」

鉄壁の店員「――好都合だ」



音速の店員「」シュバッ!!!!!!!
剛腕の店員「」ズン!!!!


ヒキニート(38)「おい何だここどこだ? ……ッ!?」

少女「≪四天王≫が…それにあれは……ヴァミリーマートの…王女殿下?」

姉「そんなっ。剛腕の店員は倒したはずなのに」

祖母(545800)「まあトドメの一撃は入れておらんかったからの…」

母「何が…どうなって……」 

246 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:47:22 ID:72Ggbvf6
音速の店員「信号を受け取った」

剛腕の店員「オレハコイツニタスケラレテキタ」

蠱惑の店員「じゃあ…まずはあの厄介な姫、どうにかしなきゃね」

鉄壁の店員「」ポイッ

カラン――

少女「! それは…」

鉄壁の店員「ヒキニクノタテだ。最も。今は。お前にとっても。お荷物に過ぎないが」

ヒキニート(38)「刻印が…ヒキニクノツルギと同じ…」

蠱惑の店員「じゃあ、クライマックスに向けて…」



「「「「――――合体」」」」

――音速の店員、剛腕の店員、蠱惑の店員、鉄壁の店員は合体した! 

247 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:48:11 ID:72Ggbvf6
ストア・ドラゴン「――――キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」


――――ズオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ヒキニート(38)「ぐあっ…」ビリ…ビリ…
少女「あれは…全ての店を司る伝説の龍……」ビリ…ビリ…
祖母(545800)「…、」ビリ…ビリ…
姉「で、ででででか、い……」ビリ…ビリ…
母「衝撃波だけで…心臓が飛び散りそう……ッ」ビリ…ビリ…


――――ファサッ、ファサッ、ファサッ…

――――ズシンッ!!!!!!!!!!!!


ストア・ドラゴン「――――キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

ストア・ドラゴン:HP
∞/∞ 

248 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:48:53 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(38)「な、何!?」

姉「あは…は…。あの時みたいに、特殊結界が」

少女「そんなものない。あれが正真正銘、本当のHP」

母「じゃ、じゃあ、ヒットポイント無限の相手なんて…どうやって倒すの」

祖母(545800)「ワシが出よう」スッ

少女「――!?」

ヒキニート(38)「ば、馬鹿言えよっ。婆ちゃんは歩くだけでも重傷――」

――祖母は≪火の鳥≫を召喚した!

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…………

火の鳥「――――コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

249 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:50:50 ID:72Ggbvf6
姉「!!? お婆ちゃんッ?」

少女「不死と呼ばれる…伝説級の召喚獣を……」

少女「あなたが…魔女……どうして…」

祖母(545800)「ワシは、本来は戦わん筈じゃった。しかし、今」

祖母(545800)「ワシが戦わねば、もう、その時こそ、お主の筋書き通りには行かなくなり、取り返しが付かなくなる」

少女「あなた…………誰……?」

祖母(545800)「ワシはお前の味方じゃ」




暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

火の鳥「――――コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」

ストア・ドラゴン「――――キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」 

250 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:51:23 ID:72Ggbvf6
――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ロソーン

胸毛の覇者ゼウス「」

――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

国王「」

――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

胸毛の覇者ゼウス「」

――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

国王「」

――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

胸毛の覇者ゼウス「」

――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

国王「」

――――ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド 

251 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:51:57 ID:72Ggbvf6
ズズズン…ズズン…

胸毛の覇者ゼウス「く、ふぅ、はっ、はっ、」

国王「……大地が慟哭しておる」

ズズズン…ズズン…

国王「聖獣クラスの何かが戦っておるな。地形が変わる域を越え、下手をすると大陸が沈むほどのエネルギーだ…」

胸毛の覇者ゼウス「はっ、はっ……」

国王「まあもっとも。我らの勝負も、ぶつかり合っているエネルギー総量では決して負けはしないが?」

ズズズン…ズズン…

国王「だが貴様の方はいよいよ余裕がなくなってきたと見える」

胸毛の覇者ゼウス「はあ、はあ、」

胸毛の覇者ゼウス「どこで…このような力を身に付けた……」

ズズズン…ズズン… 

252 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:52:51 ID:72Ggbvf6
国王「破壊の店長様の、恩恵を受けたのだ」

国王「そして飛躍的なエネルギーの向上を果たした」

国王「ふはははははははは!! 来るのなら来い、我はこの世界で二番目に強いぞ!!!!」

ズズズン…ズズン…

胸毛の覇者ゼウス「ぜえ、ぜえ、」

胸毛の覇者ゼウス「雲の考えは、ついぞ完全な理解には辿りつけなかったが…」

胸毛の覇者ゼウス「目を見れば分かる…。あやつは……正義を秘めて戦っておる…」

胸毛の覇者ゼウス「裏店長よ……。後は…」

胸毛の覇者ゼウス「――託したぞ」

国王「!」

国王「貴様…。まさ…か…」

胸毛の覇者ゼウス「」ギュオオオオオオ…

国王「自爆を……ッ!!?」 

253 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:54:11 ID:72Ggbvf6




















――――――グオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

254 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:55:07 ID:72Ggbvf6
――――ズシン……!!!

姉「きゃっ!」

ヒキニート(38)「何だっ。今…遠くの方で……爆発が」

少女「このエネルギー…」

母「地震!!?」

祖母(545800)「うぬ…これは……」

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

火の鳥「――――コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」

ストア・ドラゴン「――――キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」



裏店長「」

裏店長「あの、馬鹿…」

裏店長「野郎ッ…」 

255 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:56:33 ID:72Ggbvf6
裏店長(真)「俺を見ろ!!! このボンクラ姫ッ!!!!!!!!!」ザッ

暴走姫「? ……」

暴走姫「………………、」

暴走姫「……………………………………!!?」

――――これが、俺の本当の姿だ。そこそこ良い男だろ?

――――覚えておけ。そして忘れろ





暴走姫(ソ……ンナ…)

暴走姫(地下牢デ…アッタ…………アナタガ…)

暴走姫(裏…テン……チョ、う………!?)



暴走姫「オ、オ…」



暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」 

256 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:57:39 ID:72Ggbvf6
裏店長(真)「自我の強いお前のことだ! 俺の能力の理屈なんざすっ飛ばして! 今もお前の記憶のどこかにおぼろげながら残っている筈だ!!!」

裏店長(真)「そいつを思い出せ!!!」

裏店長(真)「そして記憶の点と点を繋ぎとめることで!」

裏店長(真)「自我を取り戻せ!!!!!!!!!!!」

暴走姫「オ、オ…」



暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」





裏店長(真)「――ぐ、う」ビリ…ビリ… 

257 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:59:24 ID:72Ggbvf6
裏店長(真)(一年前……俺の…本当の姿を見せた時に…)

裏店長(真)(お前の我の強さを考慮して…あるコントロール魔法を……かけた…)

裏店長(真)(俺の真の姿を思い出す度に…それ以外の思考で脳内キャパシティを埋めてしまうことで……忘れるとまではいかないまでも…絶対に思い出せないような仕掛けを施したものだ…)

裏店長(真)(そいつの効力が…一年経った今も尚残ってんのなら……)

裏店長(真)(そのキャパを埋めようとする思考が…お前の暴走した能力に持ってかれた自我を取り戻す引き金になる……!)


暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」



裏店長(真)(自我が効けば…勇者側と組んで……この反則級の強さを誇るストア・ドラゴンも倒せるかもしれねえ…)

裏店長(真)(いや…もう……それしかねえ…)

ヒキニート(38)「おい! そこの眼つき悪い重傷のお前!!」 

258 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:00:05 ID:72Ggbvf6
裏店長(真)「…!」

裏店長(真)「もう一人の、主人公とやら、か……」

ヒキニート(38)「はあ? まあ、我輩は不本意ながら勇者やってるが…今はそうじゃなくてっ」

ヒキニート(38)「何か手伝えること、ないのか!?」

裏店長(真)「!」

ヒキニート(38)「言え! 何でもいいから!!」

ヒキニート(38)「早く!!!」

裏店長(真)「…、…、」

裏店長(真)「あのお姫様を覆ってる超高密度エネルギーはな…自我を侵食しようとする『能力の意志』の表れだ」

裏店長(真)「雷系統が使えんのなら…あのエネルギーの殻を」

ヒキニート(38)「麻痺させりゃいいんだな! 分かった!!!」 

259 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:00:53 ID:72Ggbvf6
――火の鳥は≪フェニックス・インフェルノ≫を放った!

ズァオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ストア・ドラゴン「――――キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

――ストア・ドラゴンに99999999999999999999999999999999999999999999999999999999ダメージ!

ストア・ドラゴン:HP
∞/∞

――ストア・ドラゴンは≪コスモ・インパクト≫を放った!

ズゴォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「――――コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」

――火の鳥に99999999999999999999999999999999999999999999999999999999ダメージ!

火の鳥:HP
∞/∞ 

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:01:25 ID:72Ggbvf6
祖母(545800)「ぐ…ぬ……」ビリ…ビリ…

祖母(545800)「流石は伝説級かっ…」





ヒキニート(雷)「――――痺れろ!!!!!!!!!!!!!!」

――ヒキニートは≪ライジング・インフィニィ≫を放った!

バンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」


暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」 

261 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:01:56 ID:72Ggbvf6




















――ピシッ… 

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:02:29 ID:72Ggbvf6






















破壊の店長「――――始まるぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 

263 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:03:31 ID:72Ggbvf6
――――ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!














ヒキニート(雷)「!?」
裏店長(真)「!?」
母「!?」
表店長「!?」
姉「!?」
祖母(545800)「!?」
少女「!?」 

264 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:04:10 ID:72Ggbvf6
祖母(545800)「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、」

姉「……え? お婆、ちゃん…?」

祖母(545800)「しもうた…≪穴≫に、衝撃を、与え、すぎた……」

ヒキニート(雷)「は? それってどういう――」

少女「や」






少女「いやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 

265 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:05:17 ID:72Ggbvf6
母「!!?」

ヒキニート(雷)「おいどうした少女っ。何が、どうなってんだ!!!」
















破壊の店長「――――世界が、現実化するのだよ」 

266 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:06:01 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(雷)「!!!!!?」ゾクッ

――――破壊の店長は≪神の一撃≫を放った!















ゴアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

267 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:06:54 ID:72Ggbvf6
――――ストア・ドラゴンに∞ダメージ!

――――火の鳥に∞ダメージ!

――――暴走姫に∞ダメージ!

――――表店長に∞ダメージ!

――――裏店長に∞ダメージ!


暴走姫「――――オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!」

火の鳥「――――コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」

ストア・ドラゴン「――――キィアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

表店長「不覚……」

裏店長「…」

裏店長「…………姫…」

ドゴオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

268 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:07:49 ID:72Ggbvf6
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…………




少女「」

ヒキニート(雷)「何だよ…これ……」

姉「…」

母「…」

祖母(545800)「…」



破壊の店長「どうだ。この世界は」

破壊の店長「――楽しかったか?」 

269 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:08:41 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(38)「…?」

祖母(545800)「……」

祖母(545800)「前々からおかしいとは思っていたが…」

祖母(545800)「ラスボスである破壊の店長……お前さえも、≪演者≫であったか…」

少女「…………え?」

ヒキニート(38)「お、い。お前、もう気分は平気なのか」

少女「……最悪よ」

祖母(545800)「……勇者の覚醒なしに、穴が解放されたということは、完全にシナリオが書き換えられたということじゃ」

ヒキニート(38)「…は?」 

270 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:09:14 ID:72Ggbvf6
祖母(545800)「ワシが・・・いえ・・・・・・」

祖母(545800)「私が、全て、明かします」

後輩「先輩」バシュウッ……















少女「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」

少女「――――後輩・・・ちゃん・・・・・・・・・?」 

271 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:09:44 ID:72Ggbvf6
――1ヶ月前――

サー…

ポツ……ポツ…




後輩「――先、輩…」

少女「後輩ちゃんッ後輩ちゃんッ後輩ちゃんッ…」

少女「ああああああああああ」

後輩「…」

後輩「先輩は…一人じゃ……ない」

少女「え…?」 

272 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:10:37 ID:72Ggbvf6

後輩「先輩は…もっと、色んなものを……見て、聞いて、」

先輩「いろんな所へ行って…いろんな人と話して……」

先輩「そして、あなただけの…最高の作品を……作ってください」

少女「そんな…今にも……死んじゃうような、そんなこと、言わないで」

先輩「先輩…」

少女「っ、うっ…」

後輩「私は――――」 

273 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:11:07 ID:72Ggbvf6
後輩「――私は、実は、不思議な力を持った、魔法使い…なんです……」


後輩「あなたが一人きりにならないよう…、最後に…魔法を、かけました……」


少女「え……?」


後輩「私、実は、あなたが書いた物語を、知ってるんです」


後輩「今夜、あなたが眠りに落ちた時…、聖女があなたに宿ります……」


後輩「そして、その物語の主人公と出会う時、全てが始まります」


後輩「そうです、先輩が描いた物語が、始まるんです」


少女「何…言ってるのか……分からないよ…」 

274 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:11:51 ID:72Ggbvf6
後輩「今は…そうかも、しれません……。でも、聞いて…ください…」


少女「」コクリ…


後輩「先輩は…、主人公の視点から…、大筋は、その記憶にあるストーリーの通りに……話を進め、そして定められたエンディングに辿り付かなければ…、そのストーリーで起こったことが、そのまま…現実になります…………」


後輩「……死んだ人間は生き返らないし、地球が滅べば…、それも本当に現実化してしまいます。この真実、あるいは…それに結び付くことを……他の登場人物に吹き込むようなことがあれば…、物語は破綻し、その場合でも…現実化します……」


後輩「現実化の…定義は、『主人公の視点から、大筋が作中通りに進まず、異なるエンディングを迎えた場合』になります……」 

275 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:12:24 ID:72Ggbvf6
後輩「あなたの書いた物語は……『完全な一人称』形式のために…、シナリオは…その視点からそのストーリー通りに完結すればいいんです……」


後輩「そしてそれは…同時に、物語を書いた先輩すら知らない部分が…世界に存在するということになります……」


後輩「でも…心配しないで……。そうでなければ…、フィクションがフィクションとして…成り立たないんです……」


少女「…どうしよう……」


少女「後輩ちゃんが…何を言ってるのか……分からないよ…」


後輩「先輩」


後輩「……頑張って、くだ、さい…」


少女「――――後輩ちゃん!!!!!!!!!!」 

276 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:13:22 ID:72Ggbvf6
母「…」

ヒキニート(38)「…」

姉「…」

ヒキニート(38)「つまり…」

ヒキニート(38)「この世界は…少女の書いた……物語世界…だった、と」

――――さっきはあなたに死なれちゃ迷惑だから、仕方なしに助けたの
――――あなたが死んだら全てが終わる

ヒキニート(38)「我輩が…死なない物語だったから……」

――――聖女としての責任感なんて…分かりっこ、ない

ヒキニート(38)「本当は分かってたんだ…。でも、それを言ったら、世界の現実化に繋がる……。一人で、背負ってたのか…全部……」

――――遭いたくなかった

ヒキニート(38)「この物語を…」

ヒキニート(38)「始めたく、なかったのか」 

277 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:13:55 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(38)「!!」

ヒキニート(38)「じゃあ…死んだ親父は…。もう……」

ヒキニート(38)「いや…。それ以前に、我輩たちの存在は…どうなる……?」

後輩「…」

後輩「フィクションクリアを果たせば、全ては元に戻るんです。勿論、死んだ人だって」

――――まあ、この旅の行く末次第と言ったところかのう…

後輩「そしてあなたのお父さんの『死』は、少女先輩が物語世界から、その意志さえも引き返せなくなるよう、予め仕掛けられたものです」

ヒキニート(38)「!?」

少女「そう、だった、の…」

母「…」

――――本当に、いいのね

――――……ああ。あいつが決めたことだ 

278 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:14:26 ID:72Ggbvf6
後輩「お父さんには、その≪演者≫となってもらいました。その妻であるお母さんも、内通者です」

ヒキニート(38)「!!?」

――――そんなことは分かっとる。なれば、お前は今、ヒキニートだけを見ていろ。それが、必ずやいい結果に結びつくじゃろうて

ヒキニート(38)「なら母さんに言ったあの言葉は…≪演者≫としての『台詞』に…過ぎなかったのか……」

母「あの子に頼まれたのよ」

ヒキニート(38)「どうし、て」

後輩「あなたのお父さんは、先輩の物語を知る人間だったからです」

ヒキニート(38)「!」

後輩「お父さんには、自ら死を選んでもらいました。お父さんは、『先輩の投稿作の内容を知る編集者』だったんです」

後輩「それを知る私は、その物語の登場人物の≪演者≫を頼んだんです。こうして私の内通者になりました。妻であるお母さんも当然その一人。これまでのお母さんの言動は演技によるものです」

後輩「ファンタジー要素を除いて、人物情報に設定改変がなされておらず、なおかつ物語の内容を知る、少女先輩以外ではお父さんがその唯一の人物だったため、真実を口にすることで、ファンタジー世界を現実化させてしまう恐れがあった。魔法をかけた当人である私以外に、それを現実化させずに口止めできる人はいなかったんで、何とか頼み込みました」 

279 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:15:03 ID:72Ggbvf6
後輩「つまり、ファンタジー要素を除いて、人物情報に設定改変がなされてない、ヒキニートさん・お姉さん、加えて物語を知る≪演者≫お父さん・お母さん、そして当然書き手の先輩の五人は、実在する人物として間違いありません」

後輩「主人公一行は、実在人物を登場人物に配役させて、心理上のリアリティを追求するためです」

ヒキニート(38)「さっきから何言ってやがる!!!」

ヒキニート(38)「罪悪感はねえのか! 配役が…親父が実際に死んで、そのまま、今こうして世界は≪現実化≫しちまってる!!」

ヒキニート(38)「どうしてこんなことをした!?」

ヒキニート(38)「何が『一人にさせない』だ…」

ヒキニート(38)「余計、あいつは悲しみに暮れる羽目になった…」

ヒキニート(38)「この世界を…どうするつもりだ!?」

後輩「――他に聞きたいことはないんですか?」

ヒキニート(38)「こ、の」 

280 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:15:37 ID:72Ggbvf6
後輩「この世界は既に二度繰り返されています」

ヒキニート(38)「!」

後輩「その二度で、穴には主人公であるヒキニートさんは≪意志≫と≪記憶≫に分散され、残されます。少女先輩は、書き手の性質上、≪意志≫のみが残された」

後輩「そして、前代の勇者・ヒキニクノツルギ、聖女マリアは、それぞれが実はヒキニートさんと、少女さんの≪意志≫です」

――――前のマリア』は、もっと懸命な判断力や思考力があったんだがの。聖女ともあろう者が、そんなことも分からんか

少女「!?」

後輩「世界は今が三度目。既に世界は二度現実化していて、その≪記憶≫は穴の中に消えている。少女先輩の作った設定上、時空間は三つ。そのために、これ異常はやり直しが利かないんです」

後輩「メガニート、ギガニートさんは、フィクションクリアに失敗したヒキニートさん自身の≪記憶≫です。あなたの祖父の存在は、あなたとイコールです。そのため、少女先輩は、主人公の動機となる祖父について、よく知らなかった。主人公の動機に繋がるものまでは、≪未設定≫だったんです。つまり先輩が書いた物語で、未設定だった動機の原動であるメガニートさんについては知る由もなかった。」 

281 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:16:11 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(38)「執拗に爺ちゃんについて迫ってきたのはそれが原因だったのか…」

――メガニートとの誓いなんて、本当、馬鹿馬鹿しい

ヒキニート(38)「じゃあ、誓いや、爺ちゃんの存在を知っていたのは…」

後輩「ただの脚本ですよ?」

ヒキニート(38)「我輩に記憶の断片がフラッシュバックしなかったのは…」

後輩「先輩が書き手。あなたは登場人物。そういうことですよ」 

282 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:16:42 ID:72Ggbvf6
――我は使役される者…目的などない。ただ、使い手の意志に従うのみ

――うそ

――同じ過ちを繰り返させない

――歴史は繰り返すな。マリアよ

――現代の勇者の意志は、もしかすると十年前のそれを越えるやもしれぬ。実に興味深きことよ

――そして現代において尚生き続ける≪破壊の店長≫よ

ヒキニート(38)「何が…脚本の台詞で…何が過去の我輩の≪意志≫なのか…」

後輩「その線引きは、あなたにお任せします」

ヒキニート(38)「……繰り返してない時…そう、一度目の世界では配役に空きが出るんじゃないのか」

後輩「この物語の原作は、完全なる≪主人公の一人称視点≫です。先輩から見たあなたを視点に置いたもの。すると、他の現象は知るところではないけれど、神視点でないということは、書き手の先輩にも知らない世界が存在する。だから繰り返してない世界は、私達からすれば成り立たないんです。しかし、確かに存在はしていた」

後輩「そして」 

283 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:17:26 ID:72Ggbvf6
後輩「そのような世界を、シナリオを書き換えようとする≪演者≫が、他にいた」

後輩「あなたは…一体……」

後輩「何者なの?」






破壊の店長「…………」

後輩「どうして、先輩の物語を知っていたんですか。でなければ、自我を以て、物語に逆らおうとはできないはずです」

破壊の店長「ふ。ふふふふ」

破壊の店長「僕は、そう」

破壊の店長「しがない、ただのニートだ」 

284 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:17:59 ID:72Ggbvf6
破壊の店長「物語を知った経路は、そいつが作品を投稿した出版社の編集長である兄だ」

破壊の店長「≪破壊の店長≫を演じる僕は、建前上ではホワイトワールド計画を図っていたが――」

ヒキニート(38)「!」

破壊の店長「その実、真の狙いは『作品の現実化』だったのさ」

少女「国王は…そのための…コマ……」

破壊の店長「働く気も起きず、腐った現実に飽き飽きし、一時は自殺まで考えた」

破壊の店長「だが、それを実行する前夜、眠りに入ると、違和感に支配され、目が覚めたらフィクションの世界に存在していた」

破壊の店長「夢かとも思ったが、伝え聞いた、兄の出版社に投稿された作品の物語とあまりに酷似しており、設定上の能力である読心術を使い、様々な作中の登場人物を見て回ったところ、少女の存在を知り、そしてこの世界が筋書き通りに行かなければ、現実化することを知った」

破壊の店長「そして、破滅願望を持つ僕は、既定の筋書きから遠ざけるため、表面の目的である『ホワイトワールド計画』とは別に、設定上にある≪終焉の肉まん≫を用いて、本当に世界を消滅させる計画を考えた」

破壊の店長「全ては余興だったのさ」 

285 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:18:39 ID:72Ggbvf6
破壊の店長「ふははははははははははははははははは!!!!!!!!!」















ヒキニート(38)「……違う」

破壊の店長「ははは……」

破壊の店長「んん?」 

286 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:19:22 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(38)「我輩もニートだったからな。世界への失望感、絶望感」

ヒキニート(38)「過酷過ぎる現実」

ヒキニート(38)「痛いほど分かる」

ヒキニート(38)「けどな。お前は、ニートとして、今、この瞬間、決定的に、我輩に敗北した」

破壊の店長「ああ?」

ヒキニート(38)「我輩は、作り物のフィクション世界で、嫌というほど、学んだ」





ヒキニート(38)「――前進する強さをだ」 

287 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:20:01 ID:72Ggbvf6



















――――ヒキニート。まずは外に出るところから始めなさい。家を出て三分歩いた所にある信号を渡り、左折、右手にあるパン屋と薬局とよく話しかけてくるオバハンを通過したら見えてくる、あの『セッブンイレブン』へ行き、アルバイトをしなさい。そこから、始めるんだ。 

288 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:20:35 ID:72Ggbvf6
ヒキニート(38)「爺ちゃんが残してくれた言葉だ」

破壊の店長「祖父はお前自身だったのだろう?」

ヒキニート(38)「いや違う。真相を知った今なら分かる」

ヒキニート(38)「これは現実世界での話しだよ」

ヒキニート(38)「実在したんだ。確かに。誓いも。爺ちゃんも」

ヒキニート(38)「脚本と現実は、一致していたんだ。我輩に関しては」

破壊の店長「ふはははははっははははは!!! そんな馬鹿なことが」

ヒキニート(38)「――在るんだよ。確かに、だ」 


289 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:21:06 ID:72Ggbvf6
破壊の店長「…」

少女「…」

ヒキニート(38)「でも、我輩はな、こんな世界も悪くないと思ってるんだ。あの腐った現実世界よりもずっと、生きてる感覚を味わってる気がする。なあ……、同じニートのお前だったら、分かるだろ?」ジャキ…

ヒキニート:HP
6700000000000000/6700000000000000

破壊の店長「お前………まさか…………」

ヒキニート(38)「ここから物語を書き綴るのは、我輩の役目だ」

ヒキニート(闇)「」ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

後輩(前進への決意が…最後の属性を呼び覚ました……)

ヒキニート()「そうだ…」オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ…………!!!!

ヒキニート(覚醒勇者)「――――戦えばいいのさ」ジャキン!!


――【三章・終→最終章へ】―― 


291 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:31:44 ID:kntWQkK6
【最終章】

破壊の店長「ば、馬鹿な…。属性五つの会得だけでは覚醒には……」

破壊の店長「……!」バッ

国王「――全て、聞かせて、もらった…」ヨロッ

姫「――これが私の最後の役目であるならば、やり通すまでです」

破壊の店長「!!」

破壊の店長「貴様らッ……、フィクション人物の分際で…!!」

姫「暴走エネルギーの殻と…最後の最後で……あの方が庇ってくれたおかげで、何とか生き残りました」

国王「…我はゼウスの自爆寸前で、転移魔法をな…」

ヒキニート(覚醒勇者)「五属性の完全習得。そして鉄壁の店員が持ってきたタテ、国王のヨロイ、このツルギが共鳴し、最後には姫の能力」

ヒキニート(覚醒勇者)「これで覚醒条件は整った。少しはマシな勝負ができると思うけどね」ジャキ!

ヒキニート(覚醒勇者):HP
∞/∞ 

292 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:32:16 ID:kntWQkK6
ヒキニート(覚醒勇者)「…ありがとな」

姫「いえ」

姫「あなた達も、あなた達の世界に還れる様、ご健闘を祈ります」

ヒキニート(覚醒勇者)「ああ……」

ヒキニート(覚醒勇者)「…じゃあ……」

姫「…………はい」キラ…キラ…

姉「! 光って…」

母「世界が現実化を始め、物語の主人公が世界の全てを知った時、フィクション中の人物は…」

後輩「はい…。名残惜しいでしょうが、実在人物を除き、全ては無に帰します」

姫「そこのあなた」キラ…キラ…

少女「!」 

293 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:32:47 ID:kntWQkK6
少女「…私を、憎んでる?」

姫「まさか」キラ…キラ…

姫「むしろ、感謝しています」キラ…キラ…

少女「……どうして」

姫「あの方と…裏店長と引き合わせて下さいました」キラ…キラ…

姫「それはイレギュラーでなく、あなたの書いたシナリオでしょう」キラ…キラ…

少女「そうだけど…」

少女「どうして…そんな顔で…幸せそうに…笑ってるの……?」

姫「決まってるじゃないですか」キラ…キラ…

姫「幸せだからです」キラ…キラ… 

294 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:33:18 ID:kntWQkK6
少女「これから…消えてしまうのに……」

少女「あなた達も、あなた達が歩んできた人生も、全て、私の作り物なのに……」

少女「偽者の自我なのよっ。記憶も、人格も、感情も…全て…私なんかが書いた……くだらない物語の、欠片…」

姫「……」キラ…キラ…

姫「私は、私ですわ」キラ…キラ…

姫「誰だって、自分が本物の自分だということは証明できません」キラ…キラ…

姫「今見つめている世界は、地に足を付け歩んでいる世界は、笑って、泣いて、怒っている世界は、果たして本物なのか。誰にも、証明はできないのです」キラ…キラ…

少女「それでも、あなた達は偽者の存在だということを、私が証明してしまった…」

姫「……」キラ…キラ…

少女「……」 

295 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:33:50 ID:kntWQkK6
姫「では、この世界の神と呼ぶにふさわしい、あなたにお聞きします」

少女「え…?」

姫「今、こうして、あなたとお話している私は、」


姫「――――偽者に、見えますか?」


ヒキニート(覚醒勇者)「…」

姉「…」

母「…」

破壊の店長「…」

後輩「…」 

296 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:34:24 ID:kntWQkK6
















少女「…………見えない…よ……」 

297 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:34:56 ID:kntWQkK6
姫「」ニコリ

姫「なら、良かったです…」

姫「私は私」

姫「あなた、名前は、なんと言うのですか」

少女「…………少女…」

姫「そうですか」

姫「少女さん…」

少女「…」




姫「――――ありがとう」 

298 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:35:27 ID:kntWQkK6
少女「………………………………うん」グスッ











姫「ああ、私がこの意思で愛した男よ…」キラ・・・キラ・・・

姫「――――今、そちらに、逢いに行きます…」シュオオオオ……

姫「では」


バシュウッ――――… 

299 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:35:59 ID:kntWQkK6
国王「お主の名は」

ヒキニート(覚醒勇者)「…ヒキニートだ」

国王「そうか」

国王「お主とは何の縁も無く、ましてや我は作り物の存在であったが……」

ヒキニート(覚醒勇者)「作り物じゃねえだろ」

国王「…」

ヒキニート(覚醒勇者)「あんたは確かに世界に存在していた」

ヒキニート(覚醒勇者)「世界から卒業する形が、他人より少しカッコいいだけだ」

ヒキニート(覚醒勇者)「死より余程、美しいよ。今のあんた」

国王「む…」 

300 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:36:30 ID:kntWQkK6
国王「何にしろ…希薄な関係にあったことは違いない…」

ヒキニート(覚醒勇者)「だろうね。はじめまして、になるもんな」

国王「そのような我からだが、世界から卒業する前に、ひとつ、告げておこう」

国王「貴様…いや……ヒキニート…」キラ…キラ…

ヒキニート(覚醒勇者)「……ああ」

国王「自身を…持て……」シュオオオオオ……

国王「貴様は…弱いが……」

国王「――――故に、強い」

バシュウッ――――…

ヒキニート(覚醒勇者)「…キザな奴だよ……」 

301 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:37:00 ID:kntWQkK6
破壊の店長「本当に…戦うのか…」

ヒキニート(覚醒勇者)「当たり前だ。たかが一人のニートに世界をぶっ壊されてたまるか」

破壊の店長「同じニートでも、こうも分かり合えないとはね」

ヒキニート(覚醒勇者)「全国のニート全員に破滅願望があると思ってんなよ」

破壊の店長「……現実化は始まっている。これを止めることはできない」

破壊の店長「そして! 今!!」

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

母「!」

姉「何?」

破壊の店長「穴が開放され、世界は再統合された! これまで分散されていた≪クレーマーの悪意≫が地上を満たし、そして引かれ合い、ひとつになる!」

破壊の店長「≪終焉の肉まん≫が完成する!」

――――カッ!!!!!!!!! 

302 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:37:30 ID:kntWQkK6
コオオオオオオオ…


破壊の店長「」パシッ

破壊の店長「…これが、≪終焉の肉まん≫だ」スッ

ヒキニート(覚醒勇者)「見た目は…ただの黒い肉まんだが…」

姉「何だか…凄まじい邪気を感じる……」

母「うめき声が聞こえてくるようだわ…」

後輩「ヒキニートさん気を付けて下さい」

ヒキニート(覚醒勇者)「?」

後輩「覚醒を果たしたあなたがあれを口にすることが、世界消滅の鍵になります」

ヒキニート(覚醒勇者)「! ……」 

303 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:38:01 ID:kntWQkK6
ヒキニート(覚醒勇者)「分かった」

後輩「それと」

ヒキニート(覚醒勇者)「まだあるのかっ」

後輩「――あなたにかけた呪いを解きます」

ヒキニート(覚醒勇者)「!」

少女「!」

ヒキニート(覚醒勇者)「そうだ。結局、呪いって、何だったんだ」

後輩「それは……」


後輩「主人公としてのあなたを、封印することです」 

304 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:38:32 ID:kntWQkK6
ヒキニート(覚醒勇者)「っ?」


――――カッ!!!!!!!!!


母「……ッ」

姉「う…」

少女「……!」








主人公(覚醒勇者)「」シュウウウウウウ… 

305 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:39:02 ID:kntWQkK6
破壊の店長「ふんっ。何だ。何も変わっていないじゃないか」

後輩「いえ。今この瞬間、彼は本当の『主人公』として、全ての命運が託されることになりました」

姉「……?」

後輩「物語を生み出す役目です」

少女「!」

後輩「通常の通りにフィクションクリアしていけば、結局、それが一番でした」

後輩「しかし、如何せん物語の世界ですらも、物事とはそう簡単には上手くいかないもの」

破壊の店長「何が言いたい?」

後輩「世界は現実化を開始しました。もうこれはどうにもなりません」

後輩「少女先輩の、物語の書き手による影響の一切が遮断された今。ここから世界を生み出していく役目は、主人公である彼に継承されました」 

306 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:39:32 ID:kntWQkK6
後輩「ヒキニートさんの行く末が、この世界から『答え』として導き出されます」

後輩「頑張ってください、主人公」

後輩「これがラストバトルです」

主人公(覚醒勇者)「……、」

主人公(覚醒勇者)「正直、意味がよく分からないけど…」

主人公(覚醒勇者)「そもそもの話として、お前が大事に思った少女をこんなに辛い目に合わせることを予測できながらこんな世界を創った理由、尚且つ、その世界を、そこにいた存在を、何もかも滅茶苦茶にした責任とか、色々と聞きたいことがあるんだっ」

主人公(覚醒勇者)「その辺、分かってるんだろうなッ?」

後輩「…」

後輩「全ては、エンディングが導いてくれるでしょう」

主人公(覚醒勇者)「…」

主人公(覚醒勇者)「そうかよ」 

307 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:40:03 ID:kntWQkK6
主人公(覚醒勇者)「パーティーメンバーは、我輩一人で十分だ」

主人公(覚醒勇者)「皆はもう下がってろ」

姉「うん…」

母「ヒキニート……」

主人公(覚醒勇者)「ん?」

母「帰ろうね。あの場所へ」

母「そして、進むの」

母「そのために、まず、コンビニに辿り付くんだよ」

主人公(覚醒勇者)「ああ…」

主人公(覚醒勇者)「爺ちゃんは、確かに存在した。そしてその爺ちゃんが死んでから、五年間、我輩は心をそれまでよりも徹底的に塞ぎ込み、家族の皆に迷惑をかけ続けた。我輩一人の存在が、家族全体をぎこちないものにしてしまった」 

308 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:40:33 ID:kntWQkK6
主人公(覚醒勇者)「分かってたんだ」

主人公(覚醒勇者)「母さんの、あの得体の知れない爆発を呼び起こす能力は、きっと、これまでに積もり積もった、怒り、悲しみ…」

主人公(覚醒勇者)「他の誰でもない、この我輩が抱えさせた、負の感情が、このファンタジーな世界観で具現化されたものだったんだ」

母「……ヒキニート、」

主人公(覚醒勇者)「もう、悲しい思いはさせないから…」

主人公(覚醒勇者)「前に進むって、決めたから」

主人公(覚醒勇者)「必ず、帰る」




主人公(覚醒勇者)「あの場所へ」 

309 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:41:04 ID:kntWQkK6
少女「……」

主人公(覚醒勇者)「少女」

少女「ごめんなさい」

主人公(覚醒勇者)「…」

主人公(覚醒勇者)「どうして、謝るんだよ?」

少女「あなたという、確かに存在する人間に、私の書いた物語のせいで、迷惑が…」

主人公(覚醒勇者)「お前は悪くない」

主人公(覚醒勇者)「必死に一人で背負ってくれていたじゃないか。全てを」

少女「…うん」

主人公(覚醒勇者)「お前まだ若いんだろ。我輩と違って。それなのに、そんな強さを持ってて、凄いよ」 

310 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:41:35 ID:kntWQkK6
少女「違うっ」

少女「私は…強くない……」

――私は、本当に強い人間なんて、いないんじゃないかと、そう思うの

――本当に強い人間がいるのだとしたら、それは何にも依存することのない人をさす


――そして、人は何かに依存しなければ生きていくことができない



主人公(覚醒勇者)「いや…いるさ」

少女「……え?」

主人公(覚醒勇者)「依存じゃない…」

主人公(覚醒勇者)「――――生きがい、だ」 

311 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:42:05 ID:kntWQkK6
主人公(覚醒勇者)「友情。恋人。家族。趣味。何でもいい、生きがいを見つけ、」

主人公(覚醒勇者)「…いや、生きがいなんか、たとえ見つからなくたっていいんだ」

少女「…」

主人公(覚醒勇者)「生きる。生き続けていく」

主人公(覚醒勇者)「それができているだけで、人は強いって言えるんだ」

主人公(覚醒勇者)「………………だからな」キッ

破壊の店長「! …」

主人公(覚醒勇者)「こいつみたく、何もかもを道ずれにして世界から逃げ出そうなんて考える甘っちょろくて弱っちいニートに、」



主人公(覚醒勇者)「――――今は前に進みたくて仕方の無い我輩が、負けるわけが無い!!!」ジャキン!!! 

312 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:42:36 ID:kntWQkK6
破壊の店長「…」

破壊の店長「見解の相違だな」

主人公(覚醒勇者)「ああ」

破壊の店長「世界に理想など存在しない! 現実はただひたすらに残酷だ!」

破壊の店長「お前の先の発言である、生き続けるだけで、人は強いという理屈もそれを裏付けているっ」

破壊の店長「善が、正義が、主人公が、必ずしも救われることは有り得ないことを今ここで、」

破壊の店長「――――証明してやろう!!!!!!」

主人公(覚醒勇者)「我輩…いや、俺は」

主人公(覚醒勇者)「明日を取り戻すんだ!!!!!」


破壊の店長:HP
測定不能

主人公(覚醒勇者):HP
∞×∞/∞×∞ 

313 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:43:07 ID:kntWQkK6
主人公(覚醒勇者・光)「食らえ!!」

――主人公は≪サン・フラッシュ≫を放った!


カッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


破壊の店長「ふんっ」

――破壊の店長に3400000000000000000000ダメージ!

破壊の店長:HP
測定不能

主人公(覚醒勇者・光)「く…そッ。測定不能って何なんだよ」

主人公(覚醒勇者・光)「普通の攻撃じゃ倒せないのかっ?」 

314 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:43:38 ID:kntWQkK6
破壊の店長「くたばれ」

――破壊の店長は≪神の一撃≫を放った!

主人公(覚醒勇者・光)「!!」ゾクッ

主人公(覚醒勇者・光)「あの時の…ッ」

主人公(覚醒勇者・光)「!」









ゴアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

315 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:44:09 ID:kntWQkK6
――――ゴボッ











――主人公は≪ブラックホール≫で身を護った!

主人公(覚醒勇者・闇)「…、」

主人公(覚醒勇者):HP
∞×∞/∞×∞

破壊の店長「……ふん。小賢しい」 

316 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:44:40 ID:kntWQkK6
ズズズ!!! ズズズシン……!!!…


母「何か倒す方法は無いのっ?」

後輩「…確かにこの世界を具現化したのは紛れも無く私ですけれどね」

後輩「物語の設定は、先輩によるものです」チラッ

少女「…、」

姉「どうすればいいのっ」

少女「……正攻法じゃ、無理」

少女「HPが測定不能になってるから、単純な物理ダメージじゃ…」 

317 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:45:11 ID:kntWQkK6
姉「…何て設定にしてくれたのよ」

少女「仕方ないじゃないっ。普通、ただ小説を書くだけで、こんなとんでもないことになるなんて思わないっ」

母「今はそんなことを言っていてもしょうがないわ。実際に書いた内容ではどうやって戦ったの」

少女「……。そもそも、主人公とラスボスは戦わせない設定にしたの。改心させる形で完結させたから。極端な勧善懲悪は苦手で…」

姉「なら改心を…無理、ね。あの様子だと…」

後輩「エンディングを見守りましょう」

少女「……エンディング…」

後輩「?」

少女「後輩ちゃん。言ったよね。『ヒキニートさんの行く末が、この世界から『答え』として導き出される』って」

後輩「はい」 

318 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:45:42 ID:kntWQkK6
少女「そしてあいつに、真の主人公として、物語を導く役目としての存在価値を、今の今まで封印していた」

後輩「…」

少女「つまり、後輩ちゃんは、こうなることが分かっていた」

少女「物語の書き手の役目は、『最初から、私とあいつの二人に決めていた』――そうじゃないの?」

後輩「…」

少女「世界から『答え』として導き出される。この答えは、私一人では出せないってことを知ってたから」

少女「つまり、世界の現実化っていうのは…」

後輩「本当ですよ?」

少女「!」 

319 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:46:13 ID:kntWQkK6
後輩「導き出された答えが、現実化するんです」

少女「!!」

少女「……なら…」

少女「破壊の店長の人が…この物語世界に自我を以て≪演者≫としてシナリオを改変しようとすることも、」

後輩「はい。織り込み済みですよ」

母「!?」

姉「ええっ」

後輩「ただし」

後輩「今、この時からどうなるかは私には分かりません」 

320 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:46:44 ID:kntWQkK6
後輩「少女先輩の生き方は、これまでの答えです」

後輩「主人公である彼もまたそのように」

後輩「そして、これからの答え」

後輩「それが、このクライマックスの後にあるんです」

後輩「相反する先輩と主人公の彼の存在が紡ぎ出した物語の答えに、全てがあるんです」

後輩「それが、先輩達のリアルになるんです」

後輩「世界は、自分の信じたように姿かたちを変えていく」

後輩「本質は、フィクション世界も、現実世界も変わりません」

後輩「人はそれを引き寄せの法則と呼びますけどね」

後輩「全ては、思いの力なんです」 

321 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:47:14 ID:kntWQkK6
少女「……後輩ちゃん…」

後輩「ちゃん、なんて。呼ばないでください…」

後輩「私は、『後輩』という存在から生み出された架空情報でしかないんです」

後輩「本当の私は、あの時の事故で、死にました」

少女「…………そん、な」

後輩「どうか悲しまないで下さい」

後輩「ひどく辛い目に合わせてしまってごめんなさい。ヒキニートさんの言うとおり、私はあなたの友達として、とても酷いことをしてしまいました」

後輩「でもそれでも知ってほしかった。あなたが知るべき『答え』を…」

姉「…」

母「…」 

322 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:47:44 ID:kntWQkK6
少女「……うん」

少女「見つけるよ。答えを」

後輩「…はいっ」

姉「そのエンディングに進むにしても、」

母「破壊の店長を倒さないと…」

母「答えを見つけるために…」

少女「でも、どうすれば……」

後輩「先輩は、この物語の原作者です」

少女「う、うん」

後輩「だから、あなたの思うようにすれば、いいんですよ。きっと」

少女「………………」

少女「…!」バッ 

323 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:48:15 ID:kntWQkK6
主人公(覚醒勇者・闇&炎)「あああああああああああッ!!!!!!!!!」

――主人公は≪ダークメテオ・インフィニティ≫を放った!

破壊の店長「まだ分からないのかっ。無駄なんだよ!!!」

破壊の店長「現実を知れ!!! 理想では前には進めないんだよ!」


ズゴァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


――破壊の店長に888883376473648920000000000000000ダメージ!

破壊の店長:HP
測定不能

主人公(覚醒勇者・闇&炎)「く、そ…」ゼイゼイ

主人公(覚醒勇者・闇&炎)「どうすれば…」 

324 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:48:46 ID:kntWQkK6
――少女がパーティーメンバーに加わった!

破壊の店長「!」
主人公(覚醒勇者)「!?」

少女(聖女)「私は…聖女」

少女「現代に生きる、マリアの役目を果たす者っ」

主人公(覚醒勇者)「馬鹿!!!! 何やってんだ、本当に信じまうぞッ!!」

破壊の店長「ふふん」ニヤリ

――少女は≪転生の詠唱≫を始めた!

主人公(覚醒勇者)「!」

――――立ち上がれ。

破壊の店長「? 何をする気かは知らんが」

――――気高く舞え。

破壊の店長「好きにはさせんぞ!!!!!!!!!」 

325 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:49:17 ID:kntWQkK6
――――天命を受けた戦士よ。

破壊の店長は≪神の連撃≫を放った!

主人公(覚醒勇者)「くそッ!!」

主人公(覚醒勇者)「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああッ!!!!!!」

主人公(覚醒勇者・五属性)「」ズオッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

――――明日の平和への礎となれ。

ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

主人公(覚醒勇者・五属性)「間に合え……ッ!!!」ギュオッ! 

326 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:49:47 ID:kntWQkK6
――主人公は≪アルティメット・シールド≫を発動した!

ドゴォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

少女(聖女)「――――」

主人公(覚醒勇者・五属性)「ッぐ……あ…!!」グググ…

姉「ヒキニートが防いだ!」

母「…でも……あのままじゃ保たない…!!」

後輩「……」

ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

主人公(覚醒勇者・五属性)「何…してんだ……早くパーティーから抜けろ…」グググ…

主人公(覚醒勇者・五属性)「庇いきれない! このままじゃ二人とも死ぬぞ!!」グググ… 

327 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:50:18 ID:kntWQkK6
少女(聖女)「――――」

――――天に捧げし命よ。

ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

主人公(覚醒勇者・五属性)「おい!!!!!!!」

――――弱き者の盾となれ。

ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

少女(聖女)(今までに散っていった、そして消えていった、私自身が生み出した皆…!)

少女(聖女)(力を…!)

破壊の店長「終わりだッ!!!!!!!!!」 

328 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:50:49 ID:kntWQkK6



















――――そして世界を導け。 

329 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:51:20 ID:kntWQkK6
――時間の狭間――
















?『待っていたよ。マリア』 

330 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:51:52 ID:kntWQkK6
――――ゴアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




破壊の店長「!!? 何だっ?」

姉「!!」

母「!?」

後輩「……ちょっとカッコいいですよ。先輩」

少女(聖女)「…」





主人公(真・覚醒勇者)「」コオオオオオオオオオオオオオオオオオ………… 

331 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:52:23 ID:kntWQkK6
主人公(真・覚醒勇者)「何だ…これ……」コオオオオオオオオオオオオオオオオオ…………

――はじめまして。

主人公(真・覚醒勇者)「!?」

少女(聖女)「フィクション内の人物は全て消えて行ってしまってたれど……」

少女(聖女)「時間の狭間にいた、『真の勇者の魂』だけは、その存在を保ち続けていたの」

少女(聖女)「今その魂を、あなたの身体に転生させたの」

破壊の店長「馬鹿なッ…そんなことが……」

少女(聖女)「本当は使わず終いの設定で、続編にこの魂は登場する筈だったけど…」

姉「…………これで…」

母「……勝てる」 

332 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:52:53 ID:kntWQkK6
破壊の店長「ふ、ざけるな。使わず終いだった設定、だと…?」

破壊の店長「そんなものの前に、この僕が屈してたまるかああああ!!!!!!!!!」

――破壊の店長は≪神の天罰≫を放った!!







グアッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

333 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:53:23 ID:kntWQkK6
――力を貸すよ。主人公。

主人公(真・覚醒勇者)「! ……」

主人公(真・覚醒勇者)「ああ…!!」





主人公(真・覚醒勇者)「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

――主人公は≪終焉の拳≫を放った!!!




ドンッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

334 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:53:54 ID:kntWQkK6
姉「」

母「」

後輩「」

少女(聖女)「」

主人公(真・覚醒勇者)「……、」







破壊の店長「く、そ…」

破壊の店長「」ドサッ… 

335 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:54:25 ID:kntWQkK6
姉「…」

姉「やったァ!!!!!!!!!!」

少女(聖女)「……ふう」

後輩「」ニコリ

母「ヒキニート!!!!」

主人公(真・覚醒勇者)「…ああ、やったぜ」

主人公(真・覚醒勇者)「…」

主人公(真・覚醒勇者)「サンキュー」

――どういたしまして。



ヒキニート(38)「」フシュウ…… 

336 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:54:56 ID:kntWQkK6
破壊の店長「く、そ…」

ヒキニート(38)「…」

ヒキニート(38)「ニートだって誰だって、前に進もうとする限りは、希望は絶対に残されてる」

ヒキニート(38)「例えそれが現実世界でも、どんなに理想とかけ離れた、絶望に満ち満ちた世界でも、」

ヒキニート(38)「希望は、自分の世界を生まれ変えらせる」

ヒキニート(38)「信じ続ける心こそ、人に残された最後の強さだ」

破壊の店長「……ふん」

破壊の店長「いいさ…」

破壊の店長「逝くのは…僕一人になった。それだけ…さ」 

337 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:55:27 ID:kntWQkK6
破壊の店長「……だが…、せめて…」

破壊の店長「君のように…、絶望を知って尚……、希望を捨てない、人間で在ることが…できるのだと…」

破壊の店長「もう少し早くに…知りたかった……」シュオオオオオオオ…









バシュウッ――――…

ヒキニート(38)「…」 

338 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:55:58 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「…」

ヒキニート(38)「さて」

ヒキニート(38)「ん? あれ?」

少女「…どうしたの」

ヒキニート(38)「いや…お前……」







ヒキニート(38)「――皆は?」 

339 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:56:28 ID:kntWQkK6
少女「……え?」

少女「」バッ!!

少女「!」

ヒキニート(38)「母さんも…姉ちゃんも…お前の後輩も…」

少女「…い、ない……?」






――ウィン!!!

ヒキニート(38)「!」

ヒキニート(38)「メッセージ、ウインドウ…」 

340 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:56:58 ID:kntWQkK6
シュイイイイイイイイイイン――――……


ヒキニート(38)「!」

少女「目の前に…二つの……扉が…」


『――ラストバトルノショウリ、オメデトウゴザイマス』


ヒキニート(38)「…おい……」

少女「…知らない……」

少女「私はこんな設定、考えてない」 

341 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:57:29 ID:kntWQkK6
『――ミギノトビラハ、≪リソウノセカイ≫ニツナガッテイマス』

『――ヒダリノトビラハ、≪ゲンジツノセカイ≫ニツナガッテイマス』

『――エランデクダサイ』

『――ナオ、コノセカイハ、アト5フンで、ショウメツシマス』

『300』カチッ

『299』チッ…

『298』チッ…

『297』チッ…

ヒキニート(38)「…」

少女「…」 

342 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:58:00 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「…どう、する」

少女「…」

少女「……私は、」

少女「理想の世界に行きたい」

ヒキニート(38)「…そっ、か」

ヒキニート(38)「そりゃそうだ」

少女「あなたはどうするの」

ヒキニート(38)「我輩は…」

ヒキニート(38)「…現実の世界、かな」

少女「!」

少女「どうして?」 

343 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:58:31 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「この物語に感化されてさ」

ヒキニート(38)「今一度、戦ってみたくなったんだよ。現実とさ」

少女「辛いことばかりなのに?」

ヒキニート(38)「戦ってこそ、人間なんだよ」

ヒキニート(38)「逃げていたら、生きてるって、言えない」

少女「…」

少女「理想を追い求めることは、逃げじゃない」

ヒキニート(38)「当たり前だ」

ヒキニート(38)「たださ。この二十年間の自分にけじめをつけたいんだよ」 

344 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:59:02 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「失った時間はもう取り戻せない」

ヒキニート(38)「でも、これからどうしていくのかは、いつだって自分自身が決めることができる」

ヒキニート(38)「無駄ってのはな、そこから何も学ばなかった時に、初めて『無駄』になるんだよ」

ヒキニート(38)「我輩は、あの逃げ続けた二十年間を、無駄にしたくない」

ヒキニート(38)「あの二十年間でさえ、自分が生きた証として背負っていきながら、明日を生きていくんだよ」

ヒキニート(38)「そのためには、用意された理想じゃなくて、自分が決めたやり方で理想に向かって行きたいんだ」

ヒキニート(38)「あのあまりにも過酷過ぎる現実世界で、理想を見続けて行きたい。ただし、現実から目をそらさないままに」

ヒキニート(38)「そして家族に、感謝の気持ちを表すんだ」

ヒキニート(38)「我輩は、今を以て、駄目人間を、卒業する」 

345 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:59:32 ID:kntWQkK6
少女「……」

少女「そう…」

少女「なら、ここでお別れね」

ヒキニート(38)「何だよ。寂しいのか?」

少女「寂しくない」

ヒキニート(38)「即答!」

少女「…」

ヒキニート(38)「お互いさ…強く生きようぜ」

ヒキニート(38)「何が強さなのか。何を以て大人なのか。色々偉そうなこと言っておいて、本当は我輩もよく分からないんだが」

ヒキニート(38)「決めるのは、いつだって自分の心だ。そうだろ?」 

346 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:00:03 ID:kntWQkK6
少女「…」

少女「そうかもね」

ヒキニート(38)「お前はお前が決めた道…答えで進め」

ヒキニート(38)「我輩も、我輩が決めた答えを進んでいくよ」

少女「うん」

少女「……あなたの祖父のこと」

ヒキニート(38)「?」

少女「本当に信じてるの?」

少女「現実化に失敗した、ここまで辿りつけなかったあなたの記憶そのものが、祖父との誓いの正体だって、そう言われたじゃない」 

347 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:00:34 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「ああ」

ヒキニート(38)「思うんだけどさ」

ヒキニート(38)「この世界で、お前…少女の書いた通りに進んだことって、あまりなかったろ」

少女「それは破壊の店長もいたから…」

ヒキニート(38)「違う」

ヒキニート(38)「あの後輩は、それも知った上だったと思うんだ」

ヒキニート(38)「この世界で、何が本当で、何が脚本だったかなんて、結局、全ての根源である後輩以外には知りようがないんだ」

少女「…」

ヒキニート(38)「だから、祖父の存在が過去の我輩の記憶のものだって認識していること自体、筋書きに過ぎないかもしれないんだ」

ヒキニート(38)「だって、少女はこの物語の書き手だったけど、既定の通りに進まないことばかり、おまけに世界を具現化したのは後輩だ」 

348 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:01:05 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「いるさ。爺ちゃんは」

ヒキニート(38)「だから、爺ちゃんの存在も、誓いも、嘘じゃない」

少女「…そうね」

ヒキニート(38)「…」

少女「…」

少女「…あと、ごめん」

ヒキニート(38)「え?」

少女「遭いたくなかったって言ったこと。ずっと、引きずってるみたいだったから」

ヒキニート(38)「…ああ、いいよ」 

349 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:01:36 ID:kntWQkK6
ヒキニート(38)「…」

少女「…」

『5』チッ…

ヒキニート(38)「そろそろ、時間だな」

少女「」コクリ

ヒキニート(38)「…」

ヒキニート(38)「それじゃあ、」

少女「うん」



「「――――また会う日まで」」 

350 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:02:06 ID:kntWQkK6
・・・・・・・・・、・・・・、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、・・・・・・・・・。 

351 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:02:37 ID:kntWQkK6
少女宅


少女「念願の賞を取った!」

少女「やった!」

少女「これで晴れて…小説家に……」

少女「……やったよ、お母さん」

少女「お母さんが大好きだった小説を…私……仕事にできたよ」

少女「…見てる? お母さん…」

少女「夢、叶ったよ…」

少女「叶えたんだよ…」

少女「やったよ…」グスッ… 

352 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:03:07 ID:kntWQkK6
数ヶ月後

少女宅

少女「――理想が前面に出過ぎていて現実味がない」

少女「――現実離れしている」

少女「――人物同士の接し方、展開などが綺麗過ぎる。作り物として見てしまう。物事をよく観察せずに現実逃避する作家にありがちな書き方」

少女「…」

少女「そんなこと。言われたって…」

少女「どうすればいの…」

――学生の身分でこの賞を取ったのは凄いし、賞のブランド効果もあって、売上も相当なものになってるけどねえ。

――もう少し、色々な人生経験を積んでから、改めて筆を取ってみるのはどうかな。

――このままじゃ作家の名前ばかりが先行して、その知名度に伴わない内容に飛び交う批評から押し潰されちゃって、二度と筆を握れなくなるかもよ。 

353 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:03:38 ID:kntWQkK6
少女「……」

少女「作るって…何……」

少女「じゃあ、宇宙で戦う話を書く人は、実際に宇宙まで取材に行けってことなの?」

少女「ファンタジー世界を描く人はどうなのよっ」

少女「現実味って…何……」

少女「創作物は理想で当然でしょ。何を、言ってるの……」

少女「どうしたらいいか…もう…分からない……」

少女「……」

少女「…」 

354 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:04:09 ID:kntWQkK6


少女父「ただいまー」

少女「おかえり」

少女「お風呂の掃除済ませて、お湯も沸かしておいたから」

少女父「ああ…。悪いな、いつも」

少女父「特に最近は小説の仕事と学校の勉強で忙しいのに、家事の負担もどんどん…」

少女「いいの」

少女父「ごめんな…」

少女「お父さん」

少女父「何だ?」

少女「話があるの」 

355 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:04:39 ID:kntWQkK6
少女父「――進学の方針に変える?」

少女「うん」

少女父「どうしてっ。小説の仕事に専念したいからと、あれだけ進学を渋っていたのに…」

少女「…」

少女「もっと、いろんな経験をしたいの」

少女「色んな人と接して、色んな所へ行って、」

少女「それには、まだもう少し、学生を続けていたいと思って」

少女父「それにしたってお前、受験勉強は…」

少女「」バッ! 

356 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:05:10 ID:kntWQkK6
少女父「…これは」

少女「……この間の模試の結果」

少女父「…お、おお。凄いじゃないか。いつの間に…」

少女「進学したら、アルバイトも始めようと思うの」

少女「いいよね?」

少女父「あ、ああ。勿論。好きにしたらいい…」

少女「それで、接客にしようと思うの」

少女父「ああ。そうするといい…」 

357 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:05:41 ID:kntWQkK6
少女「もうちょっと、現実を直視しようと思ったの。この目でちゃんと世界を見つめ直そうって思ったの」

少女「そして、現実味のある理想を持った作品を書くの」

少女父「そうか…」

少女父(あれだけ一人を好んでいたこの子が…変わったな……)

少女父(母さん。この子は、しっかりと前に進んでるよ…)

少女「で、早くお風呂入っちゃってよ。ご飯作りたいから」

少女「さっきから足臭いし」

少女父「え!?」

少女「早く!」

少女父「わ、分かった分かった…」 

358 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:06:20 ID:kntWQkK6


フリーター(39)「じゃあ、行ってくるな」

母「行ってらっしゃい。今日も平行して職探すんでしょう? 気を付けてね」

フリーター(39)「ああ、ありがとう」

姉(42)「いてらー」

父「おいフリーター」

フリーター(39)「何だよ今急いでるんだよ」

父「ちゃんと爺ちゃんに挨拶して行きなさい」

フリーター(39)「! ああ、忘れてた…」 

359 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:06:50 ID:kntWQkK6
和室、仏壇前

フリーター(39)「……」

フリーター(39)「爺ちゃん、行ってくるな」

フリーター(39)「…」

フリーター(39)「やっぱこの歳じゃ、選り好みしなくても、職って全然見つからないけど…」

フリーター(39)「悲観しないで、頑張るよ。戦うよ。現実と」

フリーター(39)「やりたいこと…我輩の理想が、もう少しで見つかりそうなんだ」

フリーター(39)「…」

フリーター(39)「爺ちゃん…」

フリーター(39)「行ってきます」 

360 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:07:25 ID:kntWQkK6
セッブンイレブン

普通の店長「おはよう」

フリーター(39)「おはようございます!」

普通の店長「あ、そうだ」

普通の店長「今日、新しい子が面接に来るから。もし見かけたら控え室に通してあげてね」

フリーター(39)「分かりました」

フリーター(39)(最近、人手が不足してたもんな…)

フリーター(39)「さて。今日も、頑張りますか…」 

361 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:07:55 ID:kntWQkK6
とある夢を見た。

登場人物や世界観からして、おそらくは『あの時』の世界だ。

――――何が模索よ。結局それも理想論じゃない

――――違うね

――――はぁ?

――――さっきも言っただろうが…。特別なことは何もしねえ。優れた奴ほどな、結局のところ、特別なことは何もしてねえんだよ

――――世界には答えのねえことが山ほどある。便利大好き。効率大好き。そんな奴らほど、決まって近道を探すもんだが…

――――遠回りしないように確かな道を見定めることは悪くねえ。だがな、ずるがしこく進める近道なんてものは、世界のどこを探そうが存在しねえし、あったとしても、そこから生まれた結果は希薄なものになる

――――俺やザンクスの出した結論は、理想論じゃねえ。いつだって、理想と現実は同じ処に存在している

――――企業勢力や、勇者の覚醒なんざ、利用する価値はねえ。ただ、現実と向き合いながら、理想を見据え続けること。これこそが、強さだ。人の強さなんだよ 

362 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:08:27 ID:kntWQkK6
あれは、何だったのだろうか。

どこか懐かしさを感じた、あの物語世界。

あの世界は、今の自分に何か訴えかけようとしているのだろうか。

ピンポンピンポーン

フリーター(39)「いらっしゃいま……」

フリーター(39)「……あ…」





フリーター(39)「お前……」

――――いつだって、理想と現実は同じ処に存在している 


363 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:08:58 ID:kntWQkK6
少女「あ、あの…今日面接に来た少女と……」

少女「……あ…………」

フリーター(39)「……よう」

少女「…」

少女「何となく、そんな気がしてたの」

フリーター(39)「そっか…」

少女「ずっとお礼を言いたかったの。あなたがあの時にかけてくれた言葉のおかげで、今、前に進めてるから」

少女「ありがとう」

フリーター(39)「……ああ」

少女「――――逢えて、よかった」


完