1 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/06/30(日) 23:47:56 ID:pEOS34f6
結構長くなる予定

注意
巨人中延長


進撃!巨人中学校 アニ・レオンハート ボールペン
コンテンツシード (2015-12-20)
売り上げランキング: 226,726
2 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/06/30(日) 23:49:05 ID:pEOS34f6
キーンコーンカーンコーン

ガラッ

エレン「アニいるか?」

アニ「いますいまーす!」

エレン「じゃ、昼飯いくか」

アニ「うん!」 


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:59:39 ID:pEOS34f6
エレン「にしても寒いなぁ」

アニ「そうだね、次に屋上で食べれるのはまた夏ごろになるかなぁ」

エレン「そうだな、また屋上で食べたいな」

アニ「だね」

季節は11月中旬、気温は夏と比べてそれは低く、肌を触る風が痛いと感じるときもある。

昼休み、いつものようにご飯を食べていた屋上は来年まで閉鎖され、代わりに私たちは先生に許可をもらい

使われていない旧理科室でご飯を食べるようになっていた。 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:05:00 ID:ueMKHzBM
エレン「そういえば、あと少しで冬休みだな」

アニ「そうだねー、またどこか行きたいなー」チラッ

エレン「そうだな、宿題が早く終わったらみんなで遊びに行くか」

アニ「はぁー、わかってないなぁ」ヤレヤレ


エレン「えっ?何がだ?」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:07:58 ID:ueMKHzBM
アニ「エレンにはしばらくわからないよ、でもみんなででかけるのも好きだし、行けるといいね!」

エレン「おう、だからさ」

アニ「ん?」

エレン「宿題手伝ってください」ペコッ

アニ「はぁー、そう来ると思ってたよ」ニヤニヤ

エレン「マジで頼むよ」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:11:10 ID:ueMKHzBM
アニ「しかたないなぁ、りょーかい!」

エレン「おぉ、サンキューな!」

アニ「いえいえ!でもミカサとかに教えてもらわなくていいの?」

エレン「もちろんミカサにも頼んであるよ、もしものためにな」ニッ

アニ「む、抜け目ないなぁ」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:13:51 ID:ueMKHzBM
エレン「あとアルミンにも」

アニ「…君はせこい人間だ!」バシバシ

エレン「わ、悪い悪い、けどもしあれなら4人でするのもいいんじゃないか?」

アニ「うーん、アルミンは学年1位だしミカサも私と同じくらいだし。そっちのほうがエレンに教える負担が減るからいいかも」

エレン「バカで悪かったな」

アニ「そう思われたくなきゃしっかり勉強しなきゃね」

エレン「わかってるさ、おっ、着いたぞ」

ガラガラ 


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:15:59 ID:ueMKHzBM
アルミン「やぁ、エレン」

エレン「おっす」

ミカサ「エレン、横開いてる」ポンポン

エレン「さんきゅー」スッ

アニ「私はその横で」スッ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:27:43 ID:ueMKHzBM
アルミン「そういえばサシャとコニーは?」

ライナー「あぁ、なんでも購買にパンを買いにいったらしい」

ベルトルト「チャイムが鳴った瞬間教室から消えたよね」

くりすた「そうなんだ」

ユミル「また先輩に買われて泣いて帰ってくるぞ」ケラケラ 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:30:02 ID:ueMKHzBM
エレン「あいつらも懲りねえからな、つかジャンの奴誘ったのに来なかったし」

アルミン「あれで頑固だからねー」

アニ「付き合ってるマルコが可愛そうだよね」

ミカサ「確かに」

ユミル「あいつは素直じゃねえからな」

クリスタ「ほんとにねー、今度ミカサから言ってあげてよ」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:33:38 ID:ueMKHzBM
ミカサ「えっ、なんで私?」

アニ「それは…」

クリスタ「ねぇ・・」

ミカサ「?」

アルミン「ま、今言えるのはミカサもエレンのことを言えたもんじゃないってことさ」

エレン「待て待て、何の話だ」

ミカサ「私もわからない」 


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:35:18 ID:ueMKHzBM
ユミル「まっ、そのうちわかるだろうさ(エレンも鈍感だが、ジャンの好意に気が付かないこいつもそうとうだな)」

ガラッ

クリスタ「あっ、サシャとコニーだ」

サシャ「た、ただいまです」グタッ

コニー「つ、疲れた」グテー 


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:41:45 ID:ueMKHzBM
エレン「おっ、おかえり」

サシャ「ただいまれふ」

アルミン「その様子を見ると今日もだめだったみたいだね」

ライナー「もうあきらめろよ」

ベルトルト「来年になれば帰るんだし」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:50:06 ID:ueMKHzBM
サシャ「そうですけどー、一年のうちに食べる!てのが大事なんですぅー」

アニ「そこまでパンにこだわる理由がわからない」

コニー「お、俺もだ。今日なんて先輩の群れに投げ入れられたんだぜ」ボロボロ

クリスタ「そういうボロボロのイメージはライナーが似合うと思うな」

ライナー「!?」

ユミル「確かにな!あはははは!」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:55:01 ID:ueMKHzBM
ベルトルト「どんまい」ポンッ

ライナー「…おう」

クリスタ「そういえばさ、そろそろ冬休みだよね」

アルミン「あぁ、そうだね」

クリスタ「みんな予定とかってもうあるの?」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:59:15 ID:ueMKHzBM
ミカサ「私はエレンと宿題」フフン

アニ「…私も!」

アルミン「僕もまぁそんな感じかな」

クリスタ「へぇ、私も混ぜてもらおうかな」

ユミル「なら私もだな」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:01:24 ID:ueMKHzBM
ライナー「なら俺も」

ベルトルト「僕も」

エレン「さすがにそこまで多いのは無理だろ」

クリスタ「入る家がないもんね」

ユミル「でもクリスタの家金持ちだしいんじゃね?」

クリスタ「お母さんがうるさいからねー、多分無理かな」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:07:17 ID:ueMKHzBM
エレン「そっか」

サシャ「私の家も無理ですね、狭いですし」

コニー「俺もだな」

エレン「お前らいつの間に」

クリスタ「いざとなったら図書館ですればいいんじゃないかな?」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:12:09 ID:ueMKHzBM
アルミン「そうだね、確か3時間限定で大きな個室を借りれたし」

ユミル「まっ、もしもの時はそこでって感じだな」

サシャ「そうですね」モグモグ

アルミン「ってそれ僕のおにぎり!」


サシャ「おいしいれふ」モグモグ

アルミン「油断も隙もないな」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:14:12 ID:ueMKHzBM
アニ「みんな、一つ忘れてるよ!」

エレン「おっ、どうしたアニ?」

ミカサ「忘れてる?」

アニ「冬休み最大のイベント、それはクリスマス!」

クリスタ「そういえばあったね!」

ユミル「で、それが何なんだ?」

アニ「ここまで言ってわからないの?」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:15:24 ID:ueMKHzBM
コニー「あぁ、それは俺がバカだからじゃねえよな?」

ライナー「黙っていてくれ、バカ」

ベルトルト「そうだよ」

コニー「」

アニ「はぁ、要するにね」

ミカサ「うん」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:17:23 ID:ueMKHzBM
アニ「クリスマスパーティー!」

クリスタ「クリスマスパーティー?」

アニ「うん!、みんなでしようよ!プレゼント交換したりゲームしたりさ!」

エレン「おぉ、いいかもな!」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:19:18 ID:ueMKHzBM
コニー「楽しそうだな!」

ライナー「(もし王様ゲームとかしたらクリスタと)」

ベルトルト(もし王様以下略)」

アルミン「(以下略)」

クリスタ「へぇ、いいね!やろうよ!」

ユミル「そうだな、王様ゲームとかしたいよな」

ミカサ「…それはいい案かもしれない」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:22:07 ID:ueMKHzBM
アニ「うーん、盛り上がりそうだしいいかもね!ならプレゼント交換と王様ゲームは決まりで!」

ミカサ「うん」

アルラ・ライ・ベル「ぜひそうしよう!」

サシャ「食べ物食べれますかー?」

アニ「女子陣でつくる?」

ミカサ「私は構わない」

クリスタ「私も!」

ユミル「私は味見だな」

サシャ「私もー」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 20:44:24 ID:ueMKHzBM
エレン「クリスマスパーティーか、いいかもな」

アニ「じゃ、決定で!」

クリスタ「おー!」

サシャ「チキン食べたいですチキン!」

ユミル「そういえば場所はどうするんだ?」

アニ「あぁ、それなら私の家でいいよ、クリスマスの日とその前の日は毎年出張でいないから」

ライナー「ならそれできまりだな」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 20:49:35 ID:ueMKHzBM
エレン「ジャンとマルコにも声かけとくか」

アルミン「そうだね、多分来るよ」

ベルトルト「そうだね(ミカサが来るなら絶対くるね)」

エレン「プレゼントか…(ミカサやアニやアルミンにはいつもお世話になってるし、個人的になにかやるか)」

アニ「どしたのエレン?」ヒョコ

エレン「ん、あぁ、何でもねえよ(…バイトするか、心当たりがあるし)」

アニ「そっか、ならいいんだ」

コニー「…宿題早く終わらせとかないとな」

アルミン「よければ手伝うよ」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 20:54:25 ID:ueMKHzBM
コニー「サンキューな!」

アルミン「いえいえ」

ライナー「アルミン、よければ俺も頼む」

ベルトルト「僕も」

アルミン「いいよ、じゃあ男子は男子でする?」

エレン「…(とりあえず今聞いてこようかな)」

アルミン「エレン?」

エレン「ん?」

アルミン「男子は男子で宿題しようって話なんだけど」

エレン「あぁ、いいぞ

アニ・ミカ「ガーン!」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 20:57:51 ID:ueMKHzBM
エレン「あっ、もちろんアルミンが無理な日はお前らに頼むぞ?」

ミカ・アニ「うし!」グッ

エレン「あと、俺今日用事思い出したからちょっと席外すわ」ガタッ

アニ「えー…」ショボン

ミカサ「…」ドヨーン

エレン「んじゃあな」

ガラッ バタン 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:06:13 ID:ueMKHzBM
エレン「えーと、確か3年教室は…」スタスタ


??「あれ?エレン?」


エレン「あっ、ぺトラさん」

ぺトラ「どうしたの?あっ、それより文化祭の時はありがとね」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:09:16 ID:ueMKHzBM
エレン「何かしましたっけ?」キョトン

ぺトラ「ほら、私のいる調理部でメイド喫茶する時さ、アニちゃんとかミカサちゃんとか助っ人に呼んでくれたじゃない」


エレン「あぁ、いやいやお役に立ててよかったです」

ぺトラ「でも以外にエレンって女の子の友達多いよねぇー」ニヤニヤ

エレン「そうですかね?」

ぺトラ「うんうん、でもあの時アニちゃんとかがメイドしてくれたおかげて私たちの部、学校で一番稼いだんだよ」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:11:27 ID:ueMKHzBM
エレン「そうなんですか?すごいですね!」

ぺトラ「まぁ、可愛い子ばかりだったしねー、しかも猫耳のおかげでさらに売り上げupしたし」

エレン「そういえばぺトラさんもしてましたよね」クスクス

ぺトラ「あ、あれは忘れて!」カァァァ// 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:14:17 ID:ueMKHzBM
エレン「でも似合ってましたよ?」

ぺトラ「うぅ・・、あ、ありがと、それよりどうして2年の階に?」

エレン「あぁ、…って、そういえばぺトラさんってリヴァイ部長と同じコンビニで働いてますよね?」

ぺトラ「あぁ、してるけどどうしたの?」

エレン「…バイト募集したりしてませんか?」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:18:18 ID:ueMKHzBM
ぺトラ「バイト?」

エレン「はい、実は来月のクリスマスに、いつもお世話になってる人たちにプレゼントをしようと思うんですけど」

ぺトラ「…お金がないわけか」

エレン「はい…」

ぺトラ「よし!私が部長に聞いてみるよ!」

エレン「ほ、ほんとですか?」

ぺトラ「お姉さんに任せなさい!」ピッピッ プルルルルル ガチャ 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:21:15 ID:ueMKHzBM
リヴァイ『…もしもし』

ぺトラ「あっ、部長ですか?実話が」

リヴァイ『どうした』

ぺトラ「実はエレン君がバイトしたいって」

リヴァイ『ほぅ、あいつがか、ちょうど1人俺らと同じシフトの奴が骨追って1ヵ月くらい休むからな、放課後面接してやるよ」

ぺトラ「ありがとうございます!それじゃあ放課後に」

リヴァイ『あぁ』

ピッ 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:24:26 ID:ueMKHzBM
ぺトラ「今日の放課後空いてる?」

エレン「あっ、はい」

ぺトラ「面接してくれるってさ!」

エレン「あ、ありがとうございます!」


ぺトラ「いえいえ、文化祭の時のお礼だよ」

エレン「じゃあ、また放課後にお願いします」ペコッ

ぺトラ「うん!校門の前で待ってるからね」

エレン「はい!(母さんにはもともとバイトしろって言われてたし、放課後連絡するか)」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:28:05 ID:ueMKHzBM
そして放課後

ミカサ「エレン、一緒に帰ろ」

エレン「悪い!今日は無理だ!」

アルミン「どうしたの?」

エレン「実は…(いやまてよ、こいつらびっくりさせたいし内緒にしておこう)」

ミカサ「何?」

エレン「あぁ、ハンジさんに呼ばれてさ、なんか手伝ってほしいことがあるみたいで」

アルミン「それは大変だね、じゃあミカサと僕は先に帰ってるよ?」

エレン「あぁ、アニにも言っておいてくれ」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:33:41 ID:ueMKHzBM
ミカサ「…分かった、それじゃあねエレン」

エレン「あぁ、二人ともまたな」

ガラッ バタン

エレン「さてと、母さんに電話だ」ピッ プルルルル ガチャ

カルラ『どうしたのエレン?』

エレン「母さん、俺実はバイト始めようと思うんだけど」

カルラ『どこかいいところがあるの?』

エレン「先輩がしてるところでさ、コンビニなんだけどいいかな?」

カルラ『あんたがやりたいなら好きなようにしなさい、でも9時前にはかえって来てね』

エレン「ありがと」

カルラ『そもそも何か欲しいものがあるの?』

エレン「あぁ、クリスマスにさ、いつもお世話になってる人たちに何かプレゼントしたくて…」 


55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:37:43 ID:ueMKHzBM
カルラ『そういうことね、わかったわ、お父さんには私から言っておくから』

エレン「…ありがとう、母さん達にも何かプレゼントするよ」

カルラ『ふふっ、楽しみにしてるわね』

エレン「うん、それじゃあ俺、面接行ってくるよ」

カルラ『がんばってね、それじゃ』ガチャ

エレン「…よし、行くか!」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:39:17 ID:ueMKHzBM
-
--
---

エレン「すいません、遅れました!」

リヴァイ「やっと来たか」

ぺトラ「そんじゃ、行きましょうか」

リヴァイ「詳しいことは歩きながら話してやる」

エレン「お願いします」ペコッ

スタスタスタ 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:43:47 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「…とりあえずお前がもしバイトするのであれば、期間は1ヵ月くらいになるがそれでもいいか?」


エレン「はい、お願いします」


リヴァイ「よし、あとはシフトだが土日は大丈夫か?」

エレン「そうですね、予定がなければ」

リヴァイ「あとは平日だが、学校が終わってから8時頃まで働いてもらう」

ぺトラ「4時半くらいからだから3時間半くらいかな」

エレン「了解です」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:46:12 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「あとの詳しいことは面接しながら話すとするか」

エレン「面接って部長がするんですか?」

リヴァイ「あぁ、あそこのコンビニはうちの親戚がしててな、そういうのは俺に任されてる」

エレン「さすがですね部長」

リヴァイ「それほどでもない、それより着いたぞ」

エレン「(…この面接で合格してやる)」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 21:47:28 ID:ueMKHzBM
-
--
---

ぺトラ「じゃ、私はレジ変わってきますね」

リヴァイ「あぁ、頼んだ」

ぺトラ「はーい!」

ガチャ バタン

リヴァイ「さて、面接だが、やるからにはきっちりするからな」

エレン「は、はい!」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:00:50 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「まず、簡単に自己PRをしてもらう」

エレン「自己PR?」

リヴァイ「あぁ、自分のいいところを言ってくれればいい」

エレン「分かりました」

リヴァイ「ならはじめろ」

エレン「…自分はやると決めたことは最後までまじめに取り組みます。なのでここでの仕事や接客、掃除

すべてに責任を持ってまじめに取り組んで仕事をする自信があります!…こんなところですか?」


リヴァイ「あぁ、お前は根はまじめだからな、よく働いてくれそうだ」 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:02:22 ID:ueMKHzBM
エレン「ありがとうございます」

リヴァイ「次だが、あいさつの練習だ。」

エレン「はい」

リヴァイ「手始めに、いらっしゃいませとありがとうございましたを大きな声で行ってみろ」

エレン「はい!」

リヴァイ「初めていいぞ」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:03:49 ID:ueMKHzBM
スゥッ

エレン「いらっしゃいませ!ありがとうございました!」

<イラッシャイマセ!アリガトウゴザイマシタ!

ぺトラ「ふふっ、エレン頑張ってるなぁ」

ピロピロピローン

ぺトラ「いらっしゃいませー!」 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:09:12 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「ふむ、悪くないな」

エレン「ありがとうございます」

リヴァイ「さて、最後だが…、お前がバイトをしたいと思った理由はなんだ」

エレン「俺が、バイトをしたいと思った理由…」

リヴァイ「おい…、さっさと答えろ、お前がしたいと思った理由はなんだ?」

エレン「…いつもお世話になってる人たちにお返しがしたいからです」グググッ

リヴァイ「ほぅ…、悪くない。認めてやるよ、バイトとして働くことを」

エレン「あ、ありがとうございます!」 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:10:52 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「なら今日から働いてもらう、カードはこれをつかえ」スッ

エレン「はい!」

リヴァイ「4番ロッカーはまだ誰も使ってない、エプロンもそこにあるからそれをつけろ、そしたらぺトラのところに行け」

エレン「分かりました!」 


68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:14:23 ID:ueMKHzBM
-
--
---

エレン「ぺトラさん!」

ぺトラ「おっ、合格したね」

エレン「はい、それでリヴァイ部長からレジを教えてもらえと」

ぺトラ「うん、わかった。ここは夜にならないとあまりお客さん来ないし、しっかり教えて上げるよ」

エレン「お願いします」ペコッ 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:20:04 ID:ueMKHzBM
ぺトラ「まずお客さんが来た時は、いらっしゃい」

エレン「はい」メモメモ

ぺトラ「そしてバーコードをスキャンするの」

エレン「はい」メモメモ

ぺトラ「でね、たまにJANが曲がってると読み込まないときがあるんだ」

エレン「JAN?」

ぺトラ「あぁ、バーコードの下にある数字のことね、で読み込まない時はこの数字を打って、レジにあるJANってとこを押すと

その商品の値段がでてくるんだ」

エレン「へぇー!」メモメモ 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:24:40 ID:ueMKHzBM
ぺトラ「それでね、全部打ち終わったら小計ってところを押して、そうすると全部合わせた値段がでてくるから

それをみた○○円頂戴いたしますって言うとお客さんがお金をだしてくれるの」


エレン「はい」メモメモ

ぺトラ「それでもし400円なら400って打って合計ってところを押せば

レジにおつりが表示されるからレジからその分のお金を渡せばOKよ」

エレン「分かりました」

ぺトラ「あと、お金を渡されたら○○円お預かりいたします。おつりを渡すときは○○円のお返しとレシートのお返しになりますって

言ってね?」

エレン「はい」メモメモ

ぺトラ「あとはクレジットだけど、それはまた来たら教えて上げるわ」

エレン「はい!」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:28:39 ID:ueMKHzBM
ぺトラ「と言ってもあんまりいないんだけどね」

エレン「そうなんですか、ところでお客さんがいない時は何をしてれば?」

ぺトラ「POP作りとか商品の前出しやそうじかな」

エレン「POP?」

ぺトラ「ほら、よく紙とかに○○円!って大きく書いてあるでしょ?」

エレン「はい」

ぺトラ「それを作ってもらうの」

エレン「へぇー、頑張ります。ところで部長は何をしてるんですか?」

ぺトラ「商品の補充とか電話とか」

エレン「へぇー」

ピロピロピローン

ぺトラ「ほら、お客さんだよ」ボソッ

エレン「いらっしゃいませ!」ペコッ

ぺトラ「元気があってよろしい!」 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:30:14 ID:ueMKHzBM
-
--
---
エレン「ありがとうございました!」ペコッ

ぺトラ「エレンもだいぶ慣れたみたいだね」

エレン「まだレジはぎこちないですけどね…」

ぺトラ「私も最初はそうだったし、大丈夫大丈夫」

エレン「そうですかね?」

リヴァイ「おいお前ら」

エレン「あっ、リヴァイ部長」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:31:56 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「引き継ぎの連中が来たから俺らは上がりだ」

ぺトラ「あっ、はーい!じゃあエレン、カード切って」

エレン「あっ、はい」カシャ

ぺトラ「それじゃ事務室で着替えて帰りましょうか」

エレン「分かりました」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:37:29 ID:ueMKHzBM
---エレン「ふぅ」ヌギヌギ

リヴァイ「どうだった?」

エレン「はい、レジとか難しいけれど部長やぺトラさんが教えてくれるおかげで

なんとかやっていけそうです」

ぺトラ「えへへ」

リヴァイ「そうか…、ほら受け取れ」ポイッ

エレン「えっ、あっ」ポスッ 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:40:19 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「今日は疲れただろう、それでも食べろ」

エレン「これはキノコの里…、ありがとうございます!」

ぺトラ「私の時もくれましたよね」クスクス

リヴァイ「…覚えてないな」

ぺトラ「またまたぁ」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:42:03 ID:ueMKHzBM
エレン「ははっ、どうせだしみんなで食べませんか?」

ぺトラ「いいの?」

エレン「はい、部長もどうです?」スッ

リヴァイ「いただこう」パクッ 

リヴァイ「…うまい」

エレン「そうですね」モグモグ 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:43:49 ID:ueMKHzBM
ぺトラ「そうだエレン」モグモグ

エレン「なんですか?」モグモグ

ぺトラ「1ヵ月だけどこれからよろしくね?」

エレン「…」ゴクン

エレン「はい!」

リヴァイ「じゃ、明日からはビシバシ行くぞ」

エレン「うっ、お、お願いします」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:46:17 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「ふっ、それじゃあ帰るか」

ぺトラ「はい!」

エレン「分かりました」

ガチャ スタスタ

リヴァイ「じゃ、引き継ぎ頼んだぞ」

ぺトラ「お先に失礼しまーす」

エレン「お先です」

バイトA「はい、お疲れ様でした」

ピロピロピローン 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:48:36 ID:ueMKHzBM
スタスタスタ

エレン「あっ、それじゃあ俺はここで」

リヴァイ「あぁ、あっ、ちょっとまて」

エレン「えっ、はい」

リヴァイ「俺のメアドと電話番号を渡しておく、何かあれば連絡しろ」

エレン「ありがとうございます!」

ぺトラ「あっ、じゃあついでに私のも」

エレン「はい!んじゃ、俺が送信しますね」

リヴァイ「あぁ」

ぺトラ「お願い」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:49:44 ID:ueMKHzBM
エレン「よし、送信と」ピッ

リヴァイ「来たな」

ぺトラ「私も来たよー」

リヴァイ「なら次は俺が渡そう」

エレン「お願いします」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:51:41 ID:ueMKHzBM
リヴァイ「…」ピッ

エレン「あっ、来ました」

ぺトラ「なら次は私だね」ピッ

エレン「こっちも完了です。2人ともありがとうございました。それじゃあお休みなさい」ペコッ

リヴァイ「あぁ」

ぺトラ「じゃあねー」フリフリ 


85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:54:13 ID:ueMKHzBM
-
--
---
ガチャ

エレン「ただいまー」

カルラ「お帰りなさい、ご飯できてるよ」

エレン「うん、手洗ってくる」

スタスタ ジャー

エレン「これでよしっ」

スタスタ ガチャ 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 22:58:34 ID:ueMKHzBM
グリシャ「お帰りエレン」

エレン「うん、ただいま」

カルラ「バイトはどうだった?」

エレン「難しいこともあったけど、楽しかったよ」

グリシャ「それはいいことだ。いい経験になるだろう」

エレン「うん!」

カルラ「それよりご飯食べちゃいなさい、冷めちゃうわよ?」

エレン「そうだね、いただきます!」パクッ

エレン「うまい!」 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:01:57 ID:ueMKHzBM
次の日放課後

アニ「エーレン!帰ろ?」

エレン「アニ、ここまで来たのか」

アニ「えへへ」

ミカサ「さぁ、エレン早く」

エレン「すまん!しばらくお前らと帰れないんだ」

アルミン「えっ?どうして?」

エレン「…それは秘密だ」 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:04:23 ID:ueMKHzBM
ミカ・アニ「えっ?」

エレン「すまん、けどいつか話すから!」ダッ

ガラッ バタン

ミカ・アニ「…まさか浮気?」

アルミン「いやいや、それはおかしい」 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:08:36 ID:ueMKHzBM
タッタッタ

エレン「ふぅ、クリスマスまでバイトしてるのをばれるわけにはいかんしな」

ぺトラ「あっ、エレン」

リヴァイ「早かったな」

エレン「まぁ、急いできたんで」

リヴァイ「そうか、なら行くか」

エレン「今日もお願いします」ペコッ 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:18:03 ID:ueMKHzBM
それから冬休みが始まるまで、エレンが私たちと帰ることはなく、冬休みが始まりすでに2週間が経過していた。

そしてその間も、私がエレンとあったのは勉強会の2回きりだ。

アニ「クリスマスまであと3日しかないのに…、とりあえず気分転換にでかけてくるか」

ガチャ バタン 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:24:27 ID:ueMKHzBM
-
--
---

アニ「街はすっかりクリスマスムードか」

街はクリスマス間近ということもあり、様々な店でクリスマスフェアが行われていた。

そういえば、まだプレゼント交換のプレゼントを買ってなかったことに気が付き、私は雑貨屋に足を運ぶことにした。

スタスタ ウィーン ピロピロピローン

店員「らっしゃいませー」

アニ「何がいいかな?」キョロキョロ 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:30:03 ID:ueMKHzBM
とりあえず。目につくものを適当にとってはみるのだが、いまいちピンとくるものがない

アニ「うーむ、この際びっくり箱でいいかなー」スッ

私はちょうど目の前にあったびっくり箱を手に取った。値段も1100円となかなか手ごろだ。

アニ「まっ、あんまり高いもの買うよりかはこっちのがいいよね、すいませんこれください」

店員「いらっしゃいません、1100頂戴いたします」

アニ「5000円で、あっ、プレゼント用にラッピングしてもらえますか?」

店員「はい、いいですよ、それではこちら3900円のお返しになります」

アニ「ありがとうございます」

店員「少々お待ちください」ビッビッ 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 23:34:04 ID:ueMKHzBM
数分後

店員「できました」

アニ「ありがとうございました」スッ

ピロピロピローン

店員「ありゃしたー」

アニ「よし!…はぁ、それにしてもエレンは今頃なにしてるのかにゃー」

スタスタ

<---ゴザイマス
<イエイエ

アニ「ん?いまエレンの声がしたような」キョロキョロ 


100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:02:56 ID:59h86Kl.
アニ「えーと…」キョロキョロ

エレン「---」ボソボソ

アニ「いた!エレー…、あれ?」

エレン「ーーー」ボソボソ

ぺトラ「---」クスクス

アニ「えっ?」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:05:38 ID:59h86Kl.
今、私の目には信じられない光景が写っている。ずっと話したかった。会いたかったエレンが

綺麗な女の人と楽しげに話しながら歩いているのだ。

確か文化祭の時に手伝いにいった調理部のぺトラさん?

アニ「…」スタスタ

気が付いたら私はエレン達の後をつけていた。

アニ「まさか…、いや、ありえないよ」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:16:45 ID:59h86Kl.
スタスタスタ ピタッ

しばらくついていくと、2人はある店の前で足を止めた。

アニ「…アクセサリーショップ?」

なんで2人がそんなところに?まさかエレンが私たちと会えなかったのって…

アニ「…うっ、ヒック」ポロポロ

そう考えた瞬間、なぜか涙が流れていた。

アニ「…エレ゛ン」ポロポロ

…もう帰ろう、私は足を止め、もと来た道をトボトボと歩き出した。 


104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:18:32 ID:59h86Kl.
ーーーエレン「すいませんぺトラさん、こんな買い物につき合わせちゃって」

ぺトラ「私でよければいくらでもいいわよ」

エレン「ありがとうございます。じゃ、アニへのプレゼントはこれにしますね」

ぺトラ「エレンも大変だねー、頑張りなよ」

エレン「はい、あっ、買い物はこれで終わりです」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:22:10 ID:59h86Kl.
ぺトラ「そっか、クリスマスパーティー楽しんでね!」

エレン「はい!ちなみにぺトラさんは?」

ぺトラ「ふふふっ!実はリヴァイ部長と映画を見に行っちゃうのです!」

エレン「おぉ、おめでとうございます」

ぺトラ「ありがとー♪」ルンルン 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:25:12 ID:59h86Kl.
エレン「んじゃ、今日はありがとうございました」ペコッ

ぺトラ「いえいえ!あっ、もしまたバイトが必要になったらたのむよ」

エレン「考えときますよ」

ぺトラ「んじゃ、またね」フリフリ タッタッタ

エレン「はい」フリフリ

エレン「…さて、帰るか」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:32:14 ID:59h86Kl.
そしてクリスマスまであと2日の夜

アニ「…はぁ」

ついに明後日に迫ったクリスマスだが、私はクリスマスなんてどうでもよくなっていた。

昨日あの光景を見た時から、すでにもう何百回ため息をついたことか。

アニ「…エレン、ほんとにあの人と」ジワッ

これ以上考えても悲しくなるだけだ。もう寝よう

ゴロッ


アニ「…ん?」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:36:15 ID:59h86Kl.
ふと携帯を見ると、メール着信のマークがでていた。

そういえばバイブレートにしてあったのを忘れていた。

アニ「誰からかな?」パカッ

アニ「…エレン?」

---明日大事な用があるから、昼過ぎに俺の家に来てくれ、それじゃあお休み

用事ってなんだろう…、もしかしてあの人の紹介とかかな

アニ「…はぁ、寝よ」ゴロン

そしてその日、私は胸のドキドキのせいでなかなか寝付けなかった。 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:40:18 ID:59h86Kl.
クリスマス前日

アニ「…はぁ、来るつもりなかったのにな」

私は来るつもりはないのに、なぜかエレンの家の前まで来ていた。

アニ「…」

だが、現実を知るのが怖くて、チャイムを押すことができないでいた。

アニ「…やっぱり帰ろう」

そう思い振り向いたとき、エレンの家からガチャリと扉を開ける音が聞こえた。

カルラ「アニちゃんよね?いらっしゃい」

…なんというタイミング 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:44:09 ID:59h86Kl.
ガチャ

アニ「…お邪魔します」

アルミン「やぁアニ」

ミカサ「遅かったのね」

アニ「いや、ちょっとね…」

エレン「さて、みんな集まったところで大事な話がある」

…来たか、押し入れにでも隠れてるのか、それともベットの下か、もうどうでもよくなってきた。

エレン「実は」

早く終わって


エレン「お前らにプレゼントを用意したんだ!」

アニ「…やっぱり、ってプレゼント?」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:46:45 ID:59h86Kl.
エレン「あぁ!実はお前らに隠してたけどさ、バイトして今日の日のために金をためてたんだ」へへっ

アニ「…えっ!じゃあ昨日ぺトラさんとアクセサリーショップに行ったのは?」

ミカサ「…なにそれ聞いてない」

アルミン「お、落ち着いてミカサ」アセアセ

エレン「な、み、見てたのかお前!あれはな、一人だと何買えばいいかわからんからアドバイスもらってただけだぞ?」 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:48:47 ID:59h86Kl.
アニ「えっ、じゃ、じゃあ今日まであんまり会えなかったのは」

エレン「バイトだよバイト」

…全部私の勘違いだったのか、よかった

アニ「よかったよお゛」ポロポロ

エレン「なっ!なんでアニ泣いてんだ?」

ミカサ「カルラおばさんに言いつけてやろ」

アルミン「エレン、なにしたのさ」 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:51:51 ID:59h86Kl.
アニ「私だって知らないよ゛」ポロポロ

エレン「え、ええと…、ご、ごめんな?」ナデナデ

アニ「うぇええん!」ダキッ

エレン「え、えーと(とりあえず落ち着くまでなでてるか)」ナデナデ

ミカサ「さすがに抱き付くのはずるい、私も抱き付きたい」ダキッ

エレン「く、苦しい!」ジタバタ

アルミン「…これを見せるために僕を呼んだのか、すごいダメージだよエレン、闇に落ちそうだ」

エレン「い、いや違うって!」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:55:21 ID:59h86Kl.
10分後・・

エレン「んで、お前は俺がぺトラさんと付き合ってて、それでお前らと会わなくなったって思ってたのか」

アニ「…う゛ん」グスグス

エレン「はぁ…、んなわけねえだろ、しかももしそんな相手がいたら真っ先に言ってるって」

ミカサ「そんな相手がいるの?」

エレン「だからいねえって!せっかくのサプライズが台無しだよ…、とりあえずほら

お前らにプレゼント」スッ

アルミン「ありがと」

ミカサ「ありがとうエレン」

アニ「あ゛り゛がとお゛」ポロポロ

エレン「だからいい加減泣かないで!」アセアセ 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:57:37 ID:59h86Kl.
アルミン「あ、開けていいのかな?」ドキドキ

エレン「あぁ、けどその前に」

アル・ミカ・アニ「?」

エレン「その…、いつもお前らには世話になりっぱなしだよな」モジモジ

アルミン「そうかな?」

エレン「あぁ・・・、だからそのプレゼントは普段俺が世話になってるお礼だ」

ミカサ「うんうん」 

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:59:09 ID:59h86Kl.
エレン「だからまぁ、これからもよろしくお願いします」カァァァ//

アニ「こっち゛こそお゛」ポロポロ

アルミン「エレン、顔真っ赤だよ?」

ミカサ「りんごみたい」クスクス

エレン「う、うるせえ!」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:03:10 ID:59h86Kl.
アルミン「じゃ、じゃあプレゼント開けてみていいかな?」

エレン「…あぁ」

アルミン「じゃ、じゃあ僕から」ビリビリ

アルミン「こ、これって…!」

アルミンの箱から出てきたものは、4000円以上する高級シャープペンシルだった。

エレン「アルミンさ、よくシャーペンが安物だから書きにくいとかいってたろ?だからさ

いいシャーペンをって思ってさ」

アルミン「で、でもこれってすごく高いんじゃ…」

エレン「たしか4000と少しかな」 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:05:23 ID:59h86Kl.
アルミン「い、いいの?もらっても」

エレン「何言ってんだ。当たり前だろ?」

アルミン「あ、ありがとうエレン…、さっそく何かに書いてみていいかな?」

エレン「あぁ、メモ帳があるぞ」スッ

アルミン「ありがと」サラサラ

アルミン「!!、な、なんてなめらかで書きやすいんだ。これなら手が疲れることなくスイスイ書き続けられるよ!」サラサラ

エレン「…喜んでもらえたか?」

アルミン「もちろん!ありがとうエレン!」

エレン「へへっ、いいっていいって」 


121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:10:46 ID:59h86Kl.
ミカサ「じゃあ次は私が開けていい?」

エレン「あぁ、いいぞ」

ミカサ「楽しみ」ワクワク ビリビリ

ミカサ「これは!」

ミカサの紙袋から出てきたのは、ミカサが持ってるマフラーと色は同じだが

使っている素材が高級なもので、しかも限定30枚のマフラーだった。

エレン「俺が昔に上げたのはもうボロボロだしな」

ミカサ「…エレン」ウルウル

アルミン「しかもこれって確か限定30枚しかない…」

エレン「あぁ、だから朝の2時からならんで1番にゲットしたんだ」

ミカサ「ありがとうエレン、早速巻いてみる」グルグルグル 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:12:58 ID:59h86Kl.
エレン「ど、どうだ?」

ミカサ「…とても暖かい、そしてすごく柔らかい」フカフカ

エレン「喜んでもらえたかな?」

ミカサ「もちろん!本当にありがとうエレン」

エレン「いいって、お礼なんだし」

ミカサ「本当にうれしい」ダキッ

エレン「お、おい…」アタフタ

ミカサ「…ありがとう」

エレン「あ、あぁ//」 


124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:17:02 ID:59h86Kl.
アニ「じゃ、じゃあ最後は私だね!」

エレン「あぁ、開けてくれ」

アニ「う、うん!」ビリビリ

アニ「これは!」

アニの小さな箱から出てきたのは、とても綺麗なネックレスだった。

よく見ると花の形をしている。

エレン「アニって女の子なのにさ、あんまりそういう小物つけてないなって思ってさ」

アニ「…さっそくつけてみる」スッ

アニ「ど、どうかな?」

ミカサ「…悔しいけど似合ってる」

アルミン「そうだね、とても似合ってる」

エレン「すげえ似合ってるぞ」ニッ

アニ「っ」ドキッ 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:19:57 ID:59h86Kl.
アニ「ありがとうエレン」

エレン「いいさ」

アニ「でも、バイト代かなりなくなったんじゃないの?」

エレン「あぁ、母さんと父さんにもプレゼントしたし、部長に映画のチケット2枚あげたし

もうほとんど残ってないな」

アニ「…人のためにそこまでできるエレンって本当に素敵だと思う」

エレン「そうか?」

ミカサ「うん」

アルミン「まっ、普通じゃしないよ」 


127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:22:26 ID:59h86Kl.
アニ「…本当にありがと」ダキッ

エレン「えっ、あっ、あぁ…」ホッペカリカリ

ミカサ「む、ずるい」

アルミン「さっきミカサもしてたじゃないか」

ミカサ「…そうだけど、長い」


アルミン「ははは…」 

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:24:41 ID:59h86Kl.
エレン「そ、そろそろいいだろ?」

アニ「あっ、うん」スッ

エレン「ふぅ、あとは明日のクリスマスだな」

ミカサ「そうね」

アルミン「今からわくわくしてきたよ」

アニ「うん!」

エレン「よし!んじゃあ明日のクリスマスも楽しんでいこうぜ!」

アル・ミカ・アニ「うん!」 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:27:22 ID:59h86Kl.
そしてその夜

エレン「今日は喜んでもらえてよかったな…、あとは父さんと母さんにプレゼントを渡してくるか」ゴソゴソ

ガチャ バタン スタスタスタ

ガチャ

カルラ「あらエレン」

グリシャ「もう寝たのかと思ってたよ」

エレン「あぁ、実は2人に渡したいものがあるんだ」

グリシャ「渡したいもの?」 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:30:14 ID:59h86Kl.
エレン「うん、明日クリスマスだけど、俺いないからさ今のうちに渡したくて」

カルラ「あらあら、何が貰えるのかしらね」

エレン「えっと、父さんにはまずこれ」スッ

グリシャ「これは枕?」

エレン「うん、父さんたまに急患とかで深夜にも関わらず仕事に行くからさ

疲れをとってほしくて、その枕で寝るとすごいよく寝れるらしいよ」

グリシャ「…エレン」ジーン 

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:34:06 ID:59h86Kl.
エレン「母さんにはこれ」スッ

カルラ「あらあら、開けてみていい?」

エレン「うん」

ガサガサ

カルラ「これは、手袋と新しいエプロン?」

エレン「う、うん、母さんのエプロンもうボロボロだし、それに手袋は、この寒さじゃ買い物行くときに寒いかなって

家にある手袋安物だから、少しいいの買ってみたんだ…」

カルラ「…エレン」ジーン 

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:36:18 ID:59h86Kl.
エレン「あとこれは2人に」

グリシャ「これは?」

エレン「…温泉の日帰りチケット、俺のバイト代だと宿泊まで行かなくてさ

けど2人にはゆっくり温泉につかりながら体を休めてほしいんだ」テレテレ

カルラ「…エレン」ギュッ

エレン「あっ、な、なんだよ母さん」

カルラ「ありがとね」ナデナデ

エレン「…うん」ニコッ 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:39:12 ID:59h86Kl.
エレン「じゃあ俺はもう寝るよ」

グリシャ「あぁ、お休みエレン」

カルラ「お休みなさい」

エレン「うん、お休み」

ガチャ バタン

グリシャ「…エレンは本当に自慢の息子だな」

カルラ「えぇ、しかもバイト代ほとんどプレゼントに使ったらしいわよ」

グリシャ「自分が得をするわけでもないのに…、すごいなあの子は」

カルラ「えぇ…、とりあえず私たちも明日は楽しんできましょうか」

グリシャ「だな、今年は今までで一番幸せなクリスマスだよ」

カルラ「私もよ」 

145 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:21:54 ID:59h86Kl.
-
--
---
エレン「よし、明日はプレゼントとお菓子を持っていけばいいな」ゴソゴソ

エレン「携帯は今のうちに充電して…、ん?メールが来てる」パカッ

ーーーリヴァイ部長

エレン「なんだろう」ピッ


---よぉ、起きてるかエレン?まぁ、明日の朝でもいいんだが、改めて礼を言っておく

チケットありがとな、ぺトラもなぜかすごく楽しみにしてるらしい。

今度何か埋め合わせをする。それじゃ、明日は楽しんで来い


エレン「部長…、部長こそ楽しんできてくださいっと」ピッ 

146 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:26:31 ID:59h86Kl.
エレン「よし、明日は朝早くからアニの家で飾り付けだからな、もう寝よう」ゴロン


エレン「・・・zzz」スースー

そのころ

アニ「エレンからのプレゼント♪」ルンルン

アニ「一生大事にしよ!」 

147 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:30:05 ID:59h86Kl.
-
--
----

ピピピピピピッ!

エレン「う…ん」カチッ

エレン「もう朝か、えーと10時にアニの家に行けばいいんだからあと1時間は余裕があるな」

スタスタスタ

ガチャ

エレン「あれ、誰もいないな、…あっ、置手紙がある」


----エレンへ、早速今日、エレンからもらったチケットで温泉に行ってきます。

帰りは遅くなると思うので、先に寝てていいですよ。それじゃあよいクリスマスを

エレン「そうか、そういえば昨日渡したんだっけ」 

148 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:33:46 ID:59h86Kl.
エレン「うーん、飯はパンでも焼けばいいか、とりあえずシャワーを浴びて…」

ピンポーン

エレン「お客さんか、誰だかな?母さんと父さんいないしとりあえず帰ってもらうか」

ガチャ

ミカサ「エレン、おはよう」

アルミン「その様子だと今起きたみたいだね」

エレン「…なんでお前らが?」 

149 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:35:55 ID:59h86Kl.
アルミン「…ミカサに呼ばれてね」

ミカサ「エレンが寝坊すると悪いから迎えにきた」

エレン「いや、まだ時間あるんだけど、まぁ寒いし入れよ」

アルミン「悪いね、おじゃましまーす」

ミカサ「ただいま」

エレン「それはおかしい」

スタスタ ガチャ 

150 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:37:14 ID:59h86Kl.
アルミン「あれ?今日はおじさんとおばさんいないの?」

エレン「あぁ、ちょっと出かけてるんだ」

アルミン「そうなんだ」

ミカサ「エレン、朝ごはんは食べたの?」

エレン「いや、今から食べてシャワーでも浴びようと」

ミカサ「なら先にシャワーを浴びてきて」 

151 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:42:40 ID:59h86Kl.
エレン「えっ?」

ミカサ「朝ごはんなら私が作る!」

エレン「お前料理できたっけ?」

ミカサ「この日のために修行してきたの」フフン

アルミン「毒…、いや、味見してた僕が保証する。ミカサの料理の腕はかなりのもんだよ」

エレン「アルミンがそういうなら本当のことだろうな、んじゃ頼んだよミカサ」

ミカサ「任せて」トン

エレン「材料は冷蔵庫にあるから」

ミカサ「うん」

エレン「じゃ、俺はシャワー行くわ」

ガチャ バタン 

152 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:49:45 ID:59h86Kl.
ミカサ「早速取り掛かる!」

アルミン「頑張れー」

ミカサ「うん、まずは卵焼きを…」

カチカチ パカッ シャカシャカシャカ ジューッ

アルミン「さすが、手慣れたものだね」

ミカサ「うん、これもアルミンのおかげ」ジュージュー

アルミン「僕はただ食べてただけだよ」 

153 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 20:55:19 ID:59h86Kl.
ミカサ「でもアルミンがいなければ私は炭みたいな料理をエレンに食べさせていることになってたと思う」ジュージュー

アルミン「…ははっ(病院行きの味だからな)」

ミカサ「よし、これでよし!あとはご飯と冷蔵庫にあったホッケを焼いてと」テキパキ

-
--
---

ガチャ

エレン「またせた」 

154 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:00:43 ID:59h86Kl.
ミカサ「エレン!」ササッ

ミカサ「温かいうちに食べて!」グイグイ

エレン「わ、わかったから引っ張るなよ」スタスタ スッ

ミカサ「エレンのために頑張った!」フフン

エレン「おっ、すげえうまそうだな!いただきまーす!」パクッ モグモグ


ミカサ「ど、どうかな?」 

155 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:03:08 ID:59h86Kl.
エレン「…すげえうまい、お前こんなに料理できたんだな!」パクパク

ミカサ「!、よしっ!」グッ

アルミン「おめでとミカサ」

ミカサ「うん!」パァァァァ!

エレン「いやー、朝からいいものありがとな」モグモグ

ミカサ「えへへ」モジモジ 

157 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:05:36 ID:59h86Kl.
エレン「・・・・」モグモグ

エレン「ごちそうさまでした」パシッ

アルミン「おっ、完食だね」

ミカサ「…嬉しい」

エレン「はぁー!朝から元気でたぜ!」

アルミン「そりゃよかったところでアニの家には10時に行くんだよね?」

エレン「あぁ、あと30分くらいあるけどどうする?」 

158 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:11:33 ID:59h86Kl.
アルミン「うーん、もう行く?」

エレン「そうだなー、ここにいても暇だしいくか」

ミカサ「分かった。あっ、お皿とか洗わなくていい?」

エレン「いや、俺が帰ったらするよ」

ミカサ「ん」 

159 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:13:27 ID:59h86Kl.
アルミン「じゃ、行こうか」

ミカサ「分かった」スルスル

エレン「あっ、俺が上げたマフラー使ってくれてるのか」

ミカサ「う、うん//」

エレン「ありがとな」ニコッ

ミカサ「えへへ」テレテレ

アルミン「僕も持ち歩いてるよ」スッ

エレン「おっ、嬉しいねぇ」 

160 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:16:26 ID:59h86Kl.
アルミン「へへっ、それじゃ行こうか」

エレン「おう!」

ガチャ バタン

アルミン「にしても寒いねー、そういえば最初は一人1個小さい鍋を持ってきてさ」

エレン「うん」

アルミン「それぞれ食材を持ってきて、鍋バトルとかライナーが言ってたよね」

ミカサ「確か、トランプのジョーカーを引いた人が1番を引いた人の食材をぶちこまれるんだっけ?」


アルミン「そうそう」クスクス

エレン「悪ふざけでやばいの入れてくるのがいるだろうな」

アルミン「だね」 


162 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:20:09 ID:59h86Kl.
10分後

ミカサ「着いた」

エレン「んじゃ、インターホン押してと」ピンポーン

タッタッタ ガチャ

アニ「いらっしゃい!」

アニ「おはよ」

ミカサ「おはよう」

エレン「少し早く来たけど大丈夫か?」

アニ「うん!それに、実はもうクリスタ達が来てるんだよね」 

164 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:21:59 ID:59h86Kl.
アルミン「もう?」

アニ「そうそう、もう料理作り始めてるよ」

ミカサ「私も手伝う」

アニ「うん、エレンとアルミンは飾り付けお願いね!」

エレン「りょーかい」

アルミン「わかった」

スタスタスタ ガチャ 

165 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:26:21 ID:59h86Kl.
サシャ「そのから揚げいただき!」バッ

ユミル「てめえ!これで3個目だろ!」

クリスタ「サシャ!悪い子にしてると鎖で柱に結んじゃうよ!」

サシャ「!?」

クリスタ「もぉ・・・」

エレン「なんだかすごいことになってるな」

アルミン「(鎖…)」 

166 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:28:50 ID:59h86Kl.
クリスタ「あれ?ミカサにアルミンにエレン、もうきたの?」

エレン「あぁ、クリスタ達も早いな」

ユミル「サシャの奴が朝から腹減ったとかうるさくてな」

ミカサ「サシャらしい」

サシャ「えへへ…」モグモグ

クリスタ「あっ、ミカサも手伝ってくれるんだよね?」

ミカサ「あっ、うん」 

167 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:31:30 ID:59h86Kl.
アニ「じゃあ私とミカサはチーハン作ろ!」

ミカサ「エレンの好物…、うん作ろう!」

アルミン「じゃ、僕たちはクリスマスツリーの飾り付けかな」

エレン「そうだな、そういえばライナーとベルトルトとコニーとジャンとマルコはいつ来るんだ?」

アニ「あぁ、ケーキ買ってきてもらうから12時頃かな」

エレン「そっか、一人いくらくらいの割り勘だ?」

アルミン「えーっと確かメモが」ゴソゴソ スッ

アルミン「大体1200円くらいかな」 

168 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:33:09 ID:59h86Kl.
エレン「よし、足りるな」

アニ「ねえねえエレン」グイグイ

エレン「ん?どうした?」

アニ「私見て気が付くことない?」ワクワク

エレン「アニを見て…」ジーッ

アニ「…」ドキドキ キラッ

エレン「あっ、昨日上げたペンダントつけてくれてるのか」

アニ「!、あたり!」 

169 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:36:59 ID:59h86Kl.
エレン「へぇー、ありがとなアニ、嬉しいよ」

アニ「うん!」

クリスタ「へぇー、エレンからもらったんだ」

アニ「いいでしょ!」エヘン

ユミル「にしてもエレンにしてはいいのを選んだな」

サシャ「お花の形ですね」

エレン「いや、それは…」

アルミン「あー!それよりエレン!早く僕たちはクリスマスツリーを作ろうよ!」

エレン「えっ?ま、まぁいいけど」

アルミン「じゃあ僕たちはあっちで作業してるよ!」 

170 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:38:10 ID:59h86Kl.
エレン「えっ、あっ、俺も行くよ」スタスタ

アニ「…ありがとアルミン」

ミカサ「それより早く取り掛かりましょう」

アニ「…うん!」 

171 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:40:02 ID:59h86Kl.
そして12時・・・

ピンポーン 

ガチャ

ライナー「よっ」

ベルトルト「やぁ」

コニー「ここがアニの家か、でけえなー!」

ジャン「おっす」

マルコ「やぁ」

アニ「みんな来たね、入って入って」

「「「「「おじゃましまーす」」」」」 

172 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:43:39 ID:59h86Kl.
スタスタスタ ガチャ

アニ「じゃじゃーん!」

ライ・ベル・コニ・マル・ジャン「おぉ!」

アニがリビングの扉を開けると、2個つなげられた机の上にはクリスタたちの作った様々な料理が、そして

エレンとアルミンが飾り付けをしたクリスマスツリーがキラキラと光っていた。

ライナー「すげえな!」

コニー「うおおおお!なんか腹減っちまったよ!」

ジャン「ど、どれがミカサの作ったやつだ!」ハァハァ

マルコ「落ち着け」

ベルトルト「すごい豪華だね」 

173 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:46:01 ID:59h86Kl.
アニ「まっ、とりあえずみんな座って座って!」

ライナー「あぁ、悪いな(ここはさりげなくクリスタの隣を座ろうとしたらユミルとアルミンがいたでござるのまき)」

ジャン「すまねえ(ここはさりげなくミカサの隣に座ろうとしたらエレンとアルミンが隣に座ってたでござるのまき)」

ライ・ジャン「くそおおお!」


コニー「うるせえなお前ら、ユミルとなりいいか?」

ユミル「あぁ」 

174 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:49:06 ID:59h86Kl.
マルコ「サシャとなりいい?」

サシャ「あっ、はい」

ベルトルト「じゃあ僕はマルコの横に」

ライナー「…はぁ」スッ

ジャン「野郎のとなりかよ」スッ

ライナー「それは俺のセリフだ」

アニ「みんな座ったね、それじゃあ乾杯だけど」

エレン「アニでいいんじゃねえか?もともとアニが企画したんだし」 

176 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:54:15 ID:59h86Kl.
ミカサ「私もそれがいいと思う」

クリスタ「私も私も!」

アニ「わ、私でいいの?」

ユミル「まっ、異論はないな」

アニ「じゃ、じゃあ、その前にまずプレゼント交換だよね!」

アニ以外「ズゴーッ」

アニ「あ、あれ?」 

177 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 21:58:54 ID:59h86Kl.
ユミル「…ま、まぁいいんじゃないか」

ライナー「そ、そうだなじゃあみんなプレゼントを出してくれ」

スッ

アニ「じゃあ音楽を流してストップしたところで止めてね!ミュージックスタート!」

<フマレタハナノー

ベルトルト「…なでこの曲なんだ」スッ

ジャン「いいから回そうぜ」スッ

サシャ「いやぁ、目が回りそうですね」スッ

コニー「あれ?どっちまわりだっけ」スッ

ライナー「お前はほんとにあほだな」スッ 

178 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:04:39 ID:59h86Kl.
ミカサ「エレンのはどれだろ」スッ

アルミン「分からないよそんなの…」スッ

クリスタ「こういうのたのしいね!」スッ

ユミル「ま、たまにはいいかもな」スッ

アニ「どんなのがはいってるかなー」スッ

<エモノヲホフルイェー ブチッ

アニ「ストップ!」 

179 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:07:50 ID:59h86Kl.
ピタッ

アニ「じゃ、誰から開けてく?」

クリスタ「はいはい!私が開けたい!」

アニ「んじゃ、クリスタからで!」

クリスタ「うん!」ビリビリ 

180 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:09:14 ID:59h86Kl.
ちなみに、プレゼントはすでに誰が誰に行くかをルーレットで決めてます。 

181 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:16:54 ID:59h86Kl.
クリスタ「これは…、マラカス?」

コニー「あっ、俺のだ!」

クリスタ「なんでマラカス?」

コニー「なんとなくだな」

ユミル「コニーらしいな」ケラケラ

クリスタ「でも、これで盛り上げれそうだね!」シャカシャカ

クリスタ「んじゃ、次はだれが行く?」 

182 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:19:11 ID:59h86Kl.
ミカサ「なら私が行こう」ビリビリ

ミカサ「…なにこれ?」

ジャン「あっ、俺のだ!」

ミカサ「これは何?」

ジャン「ミニスカサンタの服」キッパリ

ミカサ「は?」

ジャン「サイズはミカサ用にあわせといたぜ!」グッ

ジャン以外「うわぁ…」

ミカサ「・・・・もう次行っていいよ」 

183 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:21:33 ID:59h86Kl.
アニ「じゃあ私が開けるよ!」ビリビリ

アニ「ん、これはアロマキャンドル?」

ベルトルト「あっ、それ僕のだ」

アニ「へえー、今度使わせてもらうよ、ありがと!」

ベルトルト「う、うん//」

アルミン「やっとまともなのがでたね」

アニ「じゃあ次は?」 

184 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:23:31 ID:59h86Kl.
アルミン「僕が行くよ」ガサゴソ

アルミン「えーとこれは…、ダンベル?」

ライナー「あっ、俺のだ」

アルミン「…クリスマスにダンベルとか」

エレン「空気読めよ」

ライナー「ガーン!で、でもアルミンもまっちょに!」

アルミン「いや、ほんとにいいから」

ライナー「」

アルミン「はぁ、次行こう次」 


186 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:27:02 ID:59h86Kl.
マルコ「んじゃ、僕が行くよ」ガサゴソ

マルコ「これはえーと…、ハンカチ?」

ユミル「あっ、それ私のだ。女に当たっても男に当たってもいいようにそれにしたんだが」

マルコ「うん、これなら僕でも使えるよ、ありがと」

ユミル「へっ、いいっていいって」

マルコ「じゃ、次はだれが行く?」 

188 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:31:38 ID:59h86Kl.
ユミル「んじゃ、私だな、やたらでけえけど誰のだ?」

エレン「あっ、俺のだ」

ユミル「何が入ってるんだよ」

エレン「それは開けてからのお楽しみだ」

ユミル「ま、いいけどさ」ガサゴソ

ユミル「これは…、でかいクマちゃんのぬいぐるみ?」 

189 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:32:55 ID:59h86Kl.
エレン「あぁ、雑貨屋で見かけたんだ。かわいいだろ」

ユミル「…いや、かわいいけどお前がこういうのを選ぶのはびっくりした」

エレン「そうか?」

ユミル「あぁ、お前も可愛いところあるな、ハハハッ」ケラケラ

エレン「なんかバカにされてる気がする」ショボン 

190 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:34:47 ID:59h86Kl.
アニ「…いいなぁユミル」

ミカサ「羨ましい」

アルミン「今のところ一番のあたりだね、なんだよダンベルって」

ライナー「いや、マジで悪かった」

ユミル「でもまっ、これは嬉しいな、モフモフしてるし抱き枕によさそうだ」

エレン「そ、そうか!」 

191 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:36:39 ID:59h86Kl.
ユミル「あぁ」モフモフ

クリスタ「私にも触らせてよ!」

ユミル「あぁ、ほれ」スッ

クリスタ「うわぁ、モフモフー!」ダキッ

アルミン「大人気だね」

エレン「あぁ、よかったよかった」 

192 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:38:12 ID:59h86Kl.
ライナー「も、もう次に行こうぜ!」

ベルトルト「自分との差が激しすぎてみるに堪えなくなったのか」

ジャン「その気持ちわかるぜ」

マルコ「いや、君たちのはいろいろずれてるんだよ」 

193 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:40:40 ID:59h86Kl.
コニー「じゃあ俺が次開けるか」ビリビリ

コニー「おっ、これはサボテン?」

ミカサ「それは私の」

コニー「なんでサボテン?」

ミカサ「なんとなく」

コニー「へぇー、でも俺もサボテン好きだし大事にするよ」

ミカサ「ありがとうコニー」

ジャン「…うらやましい」

コニー「じゃ、次行こうぜ」 

194 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:45:19 ID:59h86Kl.
サシャ「あっ、次は私がいいです!」ビリビリ

サシャ「これは…、図書券?」

アルミン「あっ、それは僕のだ。ごめんねサシャ、いいのが浮かばなくてさ…」

サシャ「いえいえいいですよ!ちょうど新しい料理の本が出ますし、大事に使わせてもらいますね!」

アルミン「!、あ、ありがとう!」

サシャ「いえいえー!んじゃ、次行きましょか!」 

195 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:50:26 ID:59h86Kl.
ベルトルト「じゃ、じゃあ僕でいいかな(忘れられそうだし)」

エレン「おう、いいぞ!」

ベルトルト「それじゃお言葉に甘えて」ビリビリ

ベルトルト「これはケーキの引換券?」

サシャ「あっ、それ私ですね!」

ベルトルト「へぇー、でもなんでまた」

サシャ「いやぁー、ケーキはおいしいですから誰かにもそのおいしさを分かってほしくて!」

ミカサ「サシャらしいわね」クスクス

クリスタ「だね」クスクス 

196 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:51:57 ID:59h86Kl.
ベルトルト「じゃあ、早速明日にでも食べてくるよ」

サシャ「はい!」

ベルトルト「えーとあと誰が残ってるの?」

エレン「俺と」

ジャン「俺と」

ライナー「俺だな、じゃあ俺が開けるぞ」ガサゴソ 

197 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:54:05 ID:59h86Kl.
ライナー「おっ、お菓子の詰め合わせだ!」

マルコ「僕のだよ」

ライナー「マルコのか!おっ、俺の好きなタケノコも入ってるぜ!ありがとな!」

マルコ「いえいえ」

エレン「(部長に聞かれたら殺されるな)」

ライナー「…こうしてみると俺のプレゼントってゴミだな、アルミンすまん」

アルミン「ううん…、いいんだライナー、この際僕も筋トレでもしてみるよ」

ライナー「アルミン…」 

198 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:56:59 ID:59h86Kl.
ジャン「じゃ、次は俺が開けるか」ガサゴソ

ライナー「空気読めよ!」

ジャン「…これは箱?」

アニ「あっ、それ私のだ」

ジャン「あぁ、箱の中に入ってるのか」パカッ ビュッ パコン


ジャン「痛!な、なんだこれ!?」

アニ「びっくり箱でした!」

ジャン「…びっくりしたぜ、ざあ最後はエレンか」 

199 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 22:59:35 ID:59h86Kl.
エレン「あぁ、でもこれって残ってるのクリスタのだけだよな?」

ライナー「エレンの奴…」ギリリリリリ

エレン「小さいけどなんだろ」ガサゴソ

エレン「ヘアピン?」

クリスタ「ご、ごめんエレン!どれ選べばいいかわからなくて、私が使ってたやつなんだけど…」

エレンとクリスタ以外「はっ!?」

エレン「そうなのか、でもたまに前髪が目に入るときがあるからぜひ使わせてもらうよ」

クリスタ「うん!」 

200 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:01:13 ID:59h86Kl.
ライナー「エレン、いい値で買おう」

ユミル「いくら欲しいんだ?金ならいくらでもだす」

エレン「お前らどうしたんだ?」

アルミン「(あとで1個分けてもらおう)」

ベルトルト「こいつらもうだめだ…」 

201 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:03:43 ID:59h86Kl.
ライナー「3万までなら出すから!」

ユミル「なら私はそれに5000円+するぞ!」

エレン「いや、いくら積まれてもあげねえよ・・」

ライ・ユミ「くそ!」

アニ「…この2人はほっといて乾杯しようか」

アルミン「だね」 

202 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:05:37 ID:59h86Kl.
アニ「んじゃ、みなさんグラスを持って!」スッ

スッ

アニ「かんぱーい!」

みんな「かんぱーい!」

サシャ「さぁ、食べて食べて食べまくりますよぉ!」

エレン「おし、まずチーハンからだ!」モグモグ

エレン「うっめええええ!」 

203 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:07:28 ID:59h86Kl.
アニ・ミカ「よしっ!」グッ

コニー「このから揚げもうまいな!」

クリスタ「それ私が作ったの!」

ライナー「なんだって!」ガツガツ

ユミル「落ち着けこのくそごりら!」バキッ

ライナー「ぐふっ!」

ベルトルト「当たり前だよ…」 


204 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:09:05 ID:59h86Kl.
ジャン「ミカサが作ったのはこのポテトサラダか?」モグモグ

ジャン「うまい!」

エレン「いや、それは俺とアルミンがつくった」

ジャン「」

マルコ「2人とも料理うまいね」モグモグ 

205 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:11:45 ID:59h86Kl.
アニ「うーん、このグラタンミカサが作ったんだっけ?」

ミカサ「うん」

アニ「おいしいね!」

ミカサ「ありがと、アニの作ったパエリアもおいしい」モグモグ

アニ「ありがと!」

アルミン「いやぁ、こんなに多く食べられるかな?」

エレン「まっ、こんなにいるんだし大丈夫だろう」モグモグ 

206 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:13:22 ID:59h86Kl.
そして30分後…

エレン「ふぅ、結構なくなってきたな」

アルミン「そうだね、あっ、みんなそろそろ王様ゲームでもしない?」

アニ「あっ、やるやる!」

クリスタ「私もやりたい!」

アルミン「んじゃ、決まりだね」 


208 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:16:35 ID:59h86Kl.
ジャン「でも準備はできてるのか?」

アルミン「あぁ、実はさ、今回はこれを使うよ」

コニー「スマホ?」

ライナー「それでどうするんだ?」

ユミル「なんかいいアプリでも見つけたのか?」 

211 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:22:03 ID:59h86Kl.
アルミン「うん、簡単に言うと王様はこのアプリなんだ。それでそのアプリが

○○と○○が何するみたいなのを出すからそれに従えばいいだけ、ちなみに王様の命令は絶対らしいよ」

エレン「へぇー、とりあえず1回してみてくれないか?」

アルミン「うん、まずはこの王様の命令はを押して」ピッ

マルコ「あっ、みんなの名前がランダムでまわってる」

アルミン「それでこの絶対!を押すとね」

ベルトルトがミカサの膝の上に座る

アルミン「まぁ、こんなふうになるんだ」 

212 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:24:25 ID:59h86Kl.
ミカサ「…」ギロッ

ベルトルト「こ、これは例だから実際しないよ!?」

ミカサ「…そっか!」ニコッ

ベルトルト「(…こえええええええ)」

アルミン「こんな感じだけどいいかな?」

アニ「いいと思うよ」

ユミル「まぁ、実際してみようぜ、もちろん命令には逆らうなよ?」 

213 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:26:25 ID:59h86Kl.
エレン「だな、それだとつまらないし、そんなにひどいのはないだろ?」


アルミン「あー…、そうだね(キスとかあるけど)」

ジャン「まぁ、まずは1回してみようぜ」

アルミン「あっ、わかった。じゃあ始めるよ」ピッ


---コニーが


コニー「おっ、俺か」

サシャと抱き合う

サシャ「えっ、ええええええ!」 

215 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:28:46 ID:59h86Kl.
ユミル「そうこなくちゃな!」ケラケラ

クリスタ「こ、こんなのもあるんだ//」

コニー「こ、これって絶対するんだよな?」

ジャン「アルミンのスマホを見てみろ、王様の命令は」

マルコ「絶対!」

コニー「わ、わかったよ、おいサシャ!」

サシャ「は、はい!」 

216 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:30:26 ID:59h86Kl.
コニー「…し、しかたないことなんだ」

サシャ「わ、わかってますよぉ…」モジモジ


ユミル「はやく!はやく!」

クリスタ「コラユミル!」

アニ「…(これはチャンスかもしれない)」

ミカサ「(絶対エレンと)」

コニー「あ、アルミンどのくらいすればいいんだ?」

アルミン「あぁ、5秒くらいでいいよ」 

217 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:33:29 ID:59h86Kl.
コニー「わ、わかった、行くぞサシャ//」

サシャ「は、はい//」

ギュッ

ユミル「来た来た!」パシャ

アルミン「写真だと…」

ライナー「こいつの前では絶対したくないな」

ベルトルト「あぁ…」 

218 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:35:18 ID:59h86Kl.
コニー「あ、アルミン!まだか!」

アルミン「あと2秒、1、0、はいおっけー」

パッ

コニー「わ、悪かったな」

サシャ「い、いえ」モジモジ

ユミル「お似合いだねー!」

コニー「アルミン次だ!こいつにも絶対やらせる!」

サシャ「そ、そうです!その通りです!」 

219 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:37:47 ID:59h86Kl.
アルミン「わ、わかったよ」ピッ 

---ユミルが

ユミル「!?」

コニー「ざまああああ!」

---ユミルがミカサとラップを挟んでキス


ミカサ「は?」 
222 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:42:10 ID:59h86Kl.
アニ「はいラップ!」スッ

ユミル「…これまじですんの?」

アルミン「当たり前だよ、さっきのコニーとサシャみたでしょ?」

ユミル「ぐぬぬぬぬぬ・・、ミカサはいいのかよ!?」

ミカサ「わ、私だってこんなのおかしいと思う!けど王様の命令は」

エレン「…絶対」

クリスタ「さっ、早く早く」スチャ

ライナー「クリスタがカメラを」 

223 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:43:37 ID:59h86Kl.
ベルトルト「…悪魔に変わった」

ジャン「くそ!ざけんなユミル!」

マルコ「君は少し静かに」

コニー「早くしろよユミル!」

ユミル「くっ、う、うるせえな!すればいいんだろすれば!」

アニ「じゃ、ラップ持っててあげる」スッ 

225 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:45:53 ID:59h86Kl.
ミカサ「ユミル、ここは早くしたほうが私のためでありあなたのため」スッ

ユミル「…わかったよ」スッ

・・・・チュッ

アルミン「はい5秒数えます」

ミカ・ユミ「!?」


クリスタ「きゃー!//」パシャパシャパシャ

アルミン「3、2、1、はい終わり」 

226 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:47:56 ID:59h86Kl.
ミカサ「…ぷはっ」

ユミル「ぷはっ…」

サシャ「これで私たちの気持ちがわかりましたか?」

ユミル「…あぁ、なんかすまんかった」

クリスタ「あとでみんなに送ってあげる」

ミカ・ユミ「それはやめて!」

マルコ「…このゲーム、なんだか嫌な予感しかしないよ」

ジャン「…あぁ」 

227 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:49:48 ID:59h86Kl.
ユミル「アルミン、次いけや!」

アルミン「えっ、は、はい!」ピッ 

---ユミルが


ユミル「ざっけんなあああああ!」

----ユミルがマルコと服を交換


マルコ「ええええええええ!」

ジャン「…マルコ、どんまい」

ライナー「お前は戦士だった」

ベルトルト「…あぁ」 

228 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:51:18 ID:59h86Kl.
ユミル「これ誰の趣味なんだ?おい!」ガッ

アルミン「ぼ、僕じゃないよ!僕の友達が勝手に入れたんだ!」

ユミル「…殺すわ」

マルコ「あっ、ゆ、ユミル!パーカーを交換すればよくないか?」

ユミル「!…さすがマルコさんだ」ヌギヌギ 

229 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:53:02 ID:59h86Kl.
マルコ「僕もこれを全国発信はつらいからね」ヌギヌギ ポイッ

ユミル「だな、でも少し大きいか」

マルコ「あぁ、ごめんね」

ユミル「いや、いいんだ、てかとりあえずもう私は来ないよな?」

アニ「それって…」

エレン「ふらぐだな」 

230 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:54:47 ID:59h86Kl.
ユミル「う、うるせえ!アルミン次だ次!」

アルミン「はいはい」ピッ

マルコ「(いい匂いがするな)」スーハー

----アニが

アニ「わ、私!?」

---アニがユミルに膝枕してもらう

ユミル「もういやあああああ!」 

231 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:55:34 ID:59h86Kl.
※本当にランダムです。使ってみればわかりますが、指定はできません 

232 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:57:13 ID:59h86Kl.
アニ「で、でも膝枕だし大丈夫だよ!」

ユミル「…いや、あそこに名前がでるのがもういやなんだって」

アルミン「あっ、ちなみに膝枕は10秒で」

エレン「そんなルールあんのか」

アルミン「いや、なんとなくさ」 

233 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:58:44 ID:59h86Kl.
ユミル「・・・・もういいよ、きな」ポンポン

アニ「じゃ、じゃあおじゃまします」ゴロン

クリスタ「どう?」

アニ「うーん、なかなかいいかも」

サシャ「なんだかユミルがドヨーンとしてますね」

ライナー「3連続だしな」 

234 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/02(火) 23:59:58 ID:59h86Kl.
アルミン「3、2、1、はいいいよー」

アニ「おじゃましましたー」

ユミル「あぁ・・・」

アニ「じゃ、次行こうか!」

ユミル「次こそは頼む!」 

235 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:01:54 ID:3KcIVI02
アルミン「じゃ、行くよ」ピッ

ユミル「頼む頼む頼む!」

---ライナーが


ライナー「お、俺かよ…」

---ライナーがエレンと恋人つなぎ

エレン「は?」

アニ・ミカ「は?」

ライナー「」 

236 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:03:09 ID:3KcIVI02
アルミン「んじゃ、10秒間お願いしまーす」

クリスタ「カメラカメラ」スッ

ライナー「おいまてぇ!なんでエレンとなんだ!?」

アルミン「しらないよ、ランダムなんだもん」

エレン「いいから早くしちまおうぜ」スッ 

238 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:05:40 ID:3KcIVI02
ライナー「ま、まてエレン!心の準備がだな…」

ジャン「そんなんだからホモと間違われるんだよ」

ベルトルト「うんうん」

ライナー「いやいや、ここは普通女子だろ?これはおかしい」

ユミル「下心丸出しだな、早くしろよ、写真とってやるからさ」


ライナー「こいつ・・、自分に火の粉が降りかからないとなるとすぐこれか」ギリリリリ 

239 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:07:24 ID:3KcIVI02
エレン「いつまでも悩んでんじゃねえよ!」ギュッ

ライナー「あっ・・・」

クリスタ「キャー!//」パシャパシャ

ユミル「こりゃ傑作だ!」パシャパシャ


ベルトルト「女子って怖いんだな・・・」

アルミン「あと5秒」 

240 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:10:02 ID:3KcIVI02
ライナー「お、お前恥ずかしくないのか?」

エレン「んなわけねえよ…、けど早終わらしたほうがいいだろ」カァァ

ライナー「え、エレン」キュン

アルミン「はい終わりー」

エレン「ふぅ、やっとか」バッ

ユミル「なかなかいい絵だったぞ」ケラケラ

エレン「お前まじでだれかにみせんなよ」 

242 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:12:59 ID:3KcIVI02
ユミル「分かってるよ、プッ」

エレン「…マジで心配だ。もう次行こう次」


アルミン「あっ、うん」ピッ


----アルミンが

アルミン「!?(つ、ついにきたか)」

---アルミンがエレンと服を交換

アルミン「・・・・まだいいやつだ」

エレン「つかまたおれかよ・・・・」ヌギヌギ 

243 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:14:34 ID:3KcIVI02
アルミン「えっ!?なんでもう脱いでるのさ!」

エレン「いや、俺パーカーとかじゃねえし」

ライナー「ウホっ♂」

ベルトルト「もとに戻れ」バコッ

ライナー「うっ・・・、お、俺は何を」

ジャン「お前病院行け」 

244 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:16:28 ID:3KcIVI02
クリスタ「アルミン、早くしないとエレンが風邪ひくよ?」

アルミン「あっ、ご、ごめん…」

エレン「い、いいから早く」ブルブル

アルミン「悪いけど僕はパーカーを渡すよ」

エレン「あ、あぁサンキュ」スルスル

アルミン「(ごめんエレン、だれしも君みたいに強い心を持ってないんだ)」 

245 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:18:20 ID:3KcIVI02
ユミル「(これは学校の腐女子に売ろ)」

アルミン「…さぁ、次行こうか」ピッ

----エレンが

エレン「またかよ!?」

----エレンがアニに甘える

アニ「!(来たー!)」 

248 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:20:28 ID:3KcIVI02
ミカサ「・・・・」ギリリリリ

エレン「で、でも甘えるってどうすれば?」

クリスタ「あっ、私が決めたいです!」

サシャ「…なんかいい予感がしないですね」

コニー「俺もだ」 

252 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:22:57 ID:3KcIVI02
エレン「…とりあえず聞こう」

クリスタ「えっとねエレンが子供みたいにアニの手を握りながら「アニ~、チーズハンバーグあーんして!」っていうの」

エレン「まてまてまてまて」

アルミン「ここは多数決にしよう、今の意見に賛成の人!」

ミカサ以外「賛成」スッ

アルミン「決まりだね」

エレン「えええええええええ!」 

263 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:34:15 ID:3KcIVI02
アルミン「エレン、王様の命令は…」

ライナー「絶対!」

ベルトルト「エレン!さっきの君は戦士だった!今もそうするばんだ!」

エレン「…まて、クリスタ」

クリスタ「なにかな?」

エレン「まじでそれをするのか?」

クリスタ「うん」ニコニコ 


266 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:38:05 ID:3KcIVI02
ユミル「エレン、大丈夫だ写真はとらない」

エレン「・・ユミル」

ユミル「動画だ」b

エレン「もっとだめじゃねえか!」

クリスタ「エレン、心配しないで」

エレン「…一応聞くけどなにを?」

クリスタ「今日はビデオカメラを持ってきたの」b

エレン「もっとだめじゃねか!」 

269 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:45:00 ID:3KcIVI02
アルミン「…エレンもう心を決めるしかないよ」

エレン「…アルミン」

ジャン「エレン」

エレン「なんだよ」

ジャン「…頑張れ」

エレン「…ジャン、わかった。俺やるよ」

アニ「!」ワクワク

クリスタ「さて録画録画」ピッ

エレン「あ、アニ」 

270 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:47:24 ID:3KcIVI02
アニ「な、なにかな?」ドキドキ

ギュッ

アニ「あっ//」

エレン「あ、アニ~、ち、チーズハンバーグ、あーんして!」スマイル!

アニ「…ぶはっ」キュンキュン

ミカサ「ぶはっ」キュンキュン 


272 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:48:38 ID:3KcIVI02
クリスタ「来た~!」

ユミル「よっ!かわいいぞエレン!」

アルミン「…本当に」

ジャン「俺らじゃなくて」

ライナー「よかった・・」

コニー「…あぁ」

ベルトルト「エレン、君のことはわすれない」 


274 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:50:33 ID:3KcIVI02
アニ「え、エレン」

エレン「ん?」

アニ「はい、あーん」スッ

エレン「えっ?」チラッ

クリスタ「」カキカキ

---子供の演技を続けろ

エレン「…」

アニ「もしかして、いらないの?」シュン 

275 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:51:49 ID:3KcIVI02
エレン「ち、違うよ!欲しい欲しいよぉ!」

アニ「!」パァァァァ!

アニ「はい、じゃああーん」

エレン「あーん」パクッ モグモグ

アニ「どうかな?」 

277 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:53:31 ID:3KcIVI02
エレン「うん、おいちい!」ニコッ

アニ「はぅ//」

ミカサ「か、かわいい//」

クリスタ「ふぅ…、いいのが取れました」マンゾク

ユミル「あぁ…(家に帰って3回みよ)」

エレン「・・・・はっ!」

アルミン「あっ、エレンが演技モードから元に戻った」 

279 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:54:44 ID:3KcIVI02
エレン「俺は何を…」

クリスタ「エレン」チョイチョイ

エレン「ん?」

クリスタ「これ見てこれ」スッ

ライナー「や、やめるんだ!」

ベルトルト「なんでむごい…」

ジャン「さすがの俺も同情するぞ」 

280 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:57:14 ID:3KcIVI02
--エレン『うん、おいちい!』

エレン「」

クリスタ「かわいかったよ」ニコッ

エレン「…ごほっ」ブシャ

アルミン「エレンが血を吐いた!」

ユミル「ケチャップだから」 

281 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 00:59:01 ID:3KcIVI02
サシャ「…なんて恐ろしいゲームなんですかこれは」

ユミル「天国と地獄だな」

アニ「クリスタ。あとでダビングして私にちょいだい!」

ミカサ「私も!」

クリスタ「安心して、絶対に渡すから」b

アニ・ミカ b 

282 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 01:00:04 ID:3KcIVI02
エレン「あ、アルミン…」

アルミン「ど、どうしたエレン!」

エレン「つ、次に行こう…」

アルミン「また君になるかもしれないんだぞ・・」

エレン「それはない…、だから次に」

アルミン「どうなっても知らないぞ」 

283 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 01:01:27 ID:3KcIVI02
エレン「お、俺だけこの悲しみを背負うのは…」

アルミン「そうだね…、無想転生ができるよ今の君には」

エレン「な、なんだそれ」

アルミン「何でもないよ、さぁいこうか」ピッ 

293 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 20:41:43 ID:3KcIVI02
エレン「さすがに俺はもう勘弁だ」

アルミン「あっ、そろそろ止まるよ」

--ジャンが

エレン「よかった・・」

ジャン「お、俺か!(もしかしたらミカサと・・・・)」ゴクリ

---ジャンがサシャと10秒見つめあう

サシャ「また私ですかぁ!?」 

294 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 20:50:28 ID:3KcIVI02
コニー「今日は厄日だな、でも10秒なら簡単じゃねえか?」

アニ「しかも見つめるだけだしね、さっきのエレンみたいにはならないと思うし」

エレン「その話はやめてくれ…」

ベルトルト「君が忘れるようにしててもユミルとクリスタが忘れたころに見せてくるぞ」

クリスタ「いやだなぁー、そこまでひどいことはしないよ!」

ユミル「そうだぞ!」

エレン「2人とも・・・・」 

295 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 20:54:11 ID:3KcIVI02
クリスタ「この動画は今日みたいなパーティーの時にしか流さないよ!」

ユミル「そうだそうだ!」

エレン「」

ライナー「…世界は残酷だな」

コニー「あぁ、それより2人とも早くしちゃってくれよ

ジャン「けっ、しゃあねえな」

サシャ「さっさと終わらせちゃいましょうか」

ジーッ

アルミン「計測開始」 

296 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 20:57:48 ID:3KcIVI02
ジャン「うっ(なんだこれ)」

サシャ「うぅ…(意外と恥ずかしいですね…//)」

コニー「目と目が合うー」

マルコ「少し静かにしてようか」 

298 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:00:22 ID:3KcIVI02
アルミン「3、2、1、よし、いいよー」

スッ

ジャン「…」

サシャ「…」

アニ「2人とも顔が赤いね」

ミカサ「意外と恥ずかしいんだと思う」

ジャン「あぁ、いざ見つめるってなるとなんか恥ずかしい//」

サシャ「で、ですね//」

ベルトルト「中学生かよ!」

ジャン「まあ俺らは終わったしアルミン次頼むわ」 

299 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:03:41 ID:3KcIVI02
アルミン「あっ、オッケー」ピッ

ジャン「てかもうほとんどみんな何かしらしたよな」

クリスタ「私まだ特にしてないと思う」

コニー「よくよく考えてみたらそうだな」

---ベルトルトが

ベルトルト「うわ…」

----ベルトルトがライナーと服を交換


アルミン「…微妙」ボソッ 

300 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:05:08 ID:3KcIVI02
ライナー「…さっさと終わらせるか、上着でいいよな」ヌギヌギ

ベルトルト「そうだね」ヌギヌギ ポイッ

ハキハキ

ライ・ベル「さぁ、次に行こうか」 

301 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:07:55 ID:3KcIVI02
アルミン「だね」ピッ

----コニーが

コニー「またおれか…」

---コニーがミカサと抱き合う

コニー「!?」

ミカサ「」

ジャン「てめえふざけんなよ!」ガシッ 

302 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:09:12 ID:3KcIVI02
コニー「俺だってできれば変わりてえよ!アルミン変わるのはなしなのか!?」

アルミン「だめだね、だって王様の命令は…」

マルコ「…絶対!」

コニー「」

ライナー「逝ったなコニー」

エレン「早くしろよー」 

303 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:11:02 ID:3KcIVI02
ミカサ「…コニー」

コニー「は、はい!」

ミカサ「・・・・早く終わらせよう」

コニー「えーと」ギュッ

ミカサ「アルミン早く数えて!」

アルミン「は、はい!」

ギュウウウウウウウウ メキメキメキ

コニー「お…ごが・・」ブクブク

ユミル「耐えろコニー!

ジャン「くそ!羨ましい…」

ライナー「本気かお前…」 

304 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:12:32 ID:3KcIVI02
エレン「アルミンまだか!」

アルミン「あと2秒、1、終わりだ!」

ミカサ「…」スッ

ドンッ

コニー「う…、こ、腰がぁ」

ベルトルト「生きてるだけよかったじゃないか」

ミカサ「さっ、次に行きましょうか」 

305 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:14:19 ID:3KcIVI02
アルミン「は、はい」ピッ

クリスタ「私来ないなぁー」

---ライナーが

ライナー「またかい!」


----ライナーがエレンをお姫様抱っこする

エレン「またおれかよ…」

クリスタ「さて、撮影撮影」

ライナー「まてえええええ!」 

307 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:16:08 ID:3KcIVI02
アニ「う、うるさ…」

ライナー「なんで俺だけこうも男とだけなんだよ!」


アルミン「僕に聞かれても困るよ、実際驚きすぎて飲んでたコーヒーこぼしたらしいし」

ライナー「だれがだよ」

アルミン「こっちの話」 

308 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:17:57 ID:3KcIVI02
ユミル「ほら、早くしろよ」スッ

ライナー「何ナチュラルにカメラ準備してんだこら」

エレン「いいから早くしようぜ、もうあれ以上のなんてないから俺はどうでもいい」

ライナー「俺がよくないんだよ!」

ベルトルト「いいから早くしなよ」

マルコ「そうだよライナー、王様の命令は」

ジャン「…絶対!」 

309 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:20:12 ID:3KcIVI02
ライナー「わ、わかったよ!持つぞエレン!」

エレン「おう」

ライナー「よいしょ」スッ

エレン「うお」

クリスタ「キャー//」 ●REC

ユミル「よしよし」パシャパシャパシャ

アルミン「これってもはや公開処刑ゲームだよね」

サシャ「ですね」モグモグ 

310 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:21:06 ID:3KcIVI02
アルミン「あっ、もういいよ」

ライナー「あぁ」スッ

エレン「重くなかったか?」

ライナー「いや、軽いほうだったと思う」


エレン「そっか、んじゃ次行こうぜ」 

311 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:23:09 ID:3KcIVI02
アルミン「りょーかい」ピッ

---アニが


アニ「わ、私かぁ」

---アニがユミルに甘える

ユミル「ばっちこい」

アニ「ユミルならまぁいいか・・」 

312 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:27:58 ID:3KcIVI02
ユミル「あっ、ちなみに甘え方だけど「ユミルお姉ちゃーん、頭ナデナデしてぇー!」スリスリ

で頼む」

アルミン「こいつはヘタな男子に行くよりもやばい相手じゃないのか・・」

クリスタ「それ、いただきます」●REC

アニ「…それ本当にするの?」チラッ 

313 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:28:57 ID:3KcIVI02
エレン「俺だってしたんだぜ…」

アニ「…だよね、わかった!」

ユミル「よっしゃ、こい!」 

314 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:31:07 ID:3KcIVI02
アニ「ゆ、ユミルお姉ちゃーん!」スリスリ

ユミル「はぅ・・、ど、どうしたんだいアニ?」

アニ「あ、あのね?ナデナデしてほしいのぉー!」スリスリ

アニ以外「ぶはっ」

ライナー「なんという破壊力だ」

ジャン「…アニもありだな」

マルコ「ジャン、まず無理だ」 

315 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:34:11 ID:3KcIVI02
ユミル「…そんなに撫でてほしいなら撫でてやるよぉー!」ナデナデナデナデ

アニ「ちょ、ら、乱暴すぎ」ジタバタ

ユミル「あぁー、可愛い可愛い」ナデナデナデナデ

アルミン「はいはいそこまで!」

クリスタ「今日はいい日だわー」ウットリ

ユミル「えぇー」

アニ「!」バッ ガシッ 

316 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:36:31 ID:3KcIVI02
エレン「ど、どうしたアニ?」

アニ「…ユミル怖い」ウルウル

エレン「はははっ、大丈夫大丈夫」ナデナデ

アニ「う、うん//」

ユミル「私の時となんか反応が違う」

サシャ「ま、当たり前ですね」

ミカサ「はいはいそこまでそこまで」 

317 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:38:24 ID:3KcIVI02
えっと、いきなりですが。

命令1人用が全然でないので、あと2,3回したら1人用に切り替えてしたいのですがいいですか?

サンタコスやヘソチラ、肩露出などあるんですが 

320 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:44:24 ID:3KcIVI02
アルミン「と、とりあえず(修羅場になるまえに)次行こうか!」ピッ

----エレンが


エレン「…」


---エレンがミカサをお姫様抱っこする

ミカサ「!」 


323 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:47:06 ID:3KcIVI02
エレン「ミカサをお姫様抱っこか」

ユミ・クリ「!」●REC 高画質モード

アルミン「よかったねミカサ」ボソッ

ミカサ「アルミン…」ジワッ

ジャン「くそ!くそ!くそ!」

ライナー「落ち着け」

ベルトルト「無理だ。今のジャンには誰の言葉も届かない」 

324 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:49:14 ID:3KcIVI02
アニ「いいなぁー…」ジーッ

エレン「これならすぐ終わりそうだな」

ミカサ「ま、待ってエレン!こ、心の準備が//」ドキドキ

エレン「えっ、あ、あぁ」

ミカサ「スーハースーハー、・・いいよ//」 

325 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:51:16 ID:3KcIVI02
エレン「おし、持つぞ」

ミカサ「うん//」

スッ

ミカサ「あっ」

エレン「大丈夫か?」

ミカサ「う、うん//重くない?」

エレン「あぁ、全然(いい匂いがする)」

ミカサ「そ、そう//(あぁー、幸せ)」ウットリ

クリスタ「いやぁー、こういうのもいいですねぇ」ウットリ 

326 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:53:58 ID:3KcIVI02
アルミン「…2、1、はい終了」

エレン「ん」

スッ

ミカサ「あっ・・・」


エレン「どうした?」

ミカサ「なんでもない…」ショボーン

アルミン「(ごめんミカサ、本当は空気を呼んで時間を伸ばしてあげたかったけど

そんなことをしたら目の前にいるアニに何かしらの制裁をくらうんだ)」

エレン「うし、んじゃあ次行こうぜ」 

327 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:56:30 ID:3KcIVI02
アルミン「あっ、うん」ピッ

アニ「(こい!こい!)」

---コニー


コニー「俺かよ」

---コニーがユミルの背中に指で字を書く

ユミル「…私か、まぁでも普通だな」

コニー「お互い恥をさらさなくて済みそうだな」 

328 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 21:59:56 ID:3KcIVI02
ライナー「なんて書くんだ?」

クリスタ「普通にコニーでいんじゃない?」

マルコ「(考えるのがめんどくさくなったな)」

コニー「じゃあそれでいいか」 

329 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:01:52 ID:3KcIVI02
ユミル「さっさと書いちまえよ」クルッ

コニー「おう、じゃあ行くぞ」ピトッ

ユミル「ひゃ!」ビクン

ユミル以外「!?」

エレン「い、今のユミルの声か!?」 

330 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:06:26 ID:3KcIVI02
ライナー「…俺の耳はおかしくなったのかな」

アルミン「…僕の耳もだ」

アニ「な、なんて乙女声」

コニー「す、すまん!」

ユミル「だ、大丈夫だ ハァハァ」

ユミル「つ、続きをしようか」 

331 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:08:16 ID:3KcIVI02
マルコ「なんかドキドキするね…」

サシャ「意外な一面ですね」

コニー「じゃ、じゃあまずコから行くぞ」

ユミル「あ、あぁ(耐えろ、耐えるんだ私)」 

332 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:12:02 ID:3KcIVI02
コニー「よし」ピトッ

ユミル「ん」ビクビク

スーッ

ユミル「んっ//あうっ…//」ビクビク

コニー「ま、まずコは終了だ」

ユミル「あ、あぁ、じらさないで早く終わらせてくれよ//」

ジャン「(耐えろ、相手はユミルだぞ!俺のマイサン、落ち着けぇ!)」ググググッ 

334 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:15:37 ID:3KcIVI02
コニー「じゃ、じゃあ次行くぞ」ゴクリ

ユミル「あ、あぁ//」

ピトッ スーッ

ユミル「んっ//ふぐっ//」ハムハム

クリスタ「声が出ないように口を押えてる…」

エレン「これがギャップ萌えか…」ボソッ

ミカ・アニ「!!」 

335 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:18:51 ID:3KcIVI02
コニー「あと少しだ!」

スーッ

ユミル「あっ//ん//くぅうう//」ビクビク

コニー「よ、よし終わった!」

ユミル「お、おそいんだよぉ~」ナミダメ

コニー「ご、ごめん」

ベルトルト「…何かに目覚めた」 

336 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:21:47 ID:3KcIVI02
アルミン「もう次に行こうか(男×男を見ないとマイサンが静まらない)」ピッ

--アルミンが


アルミン「…僕か」


---アルミンがジャンにキック」

ジャン「え、俺?」 


338 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:24:07 ID:3KcIVI02
アルミン「…立ってくれ」

ジャン「すでにたってるんだが」


アルミン「今はそういうのいらないから早く」

ジャン「…すまん」スッ

アルミン「(この胸のドキドキを収めるために、僕は君を蹴る!)」スタスタ

エレン「なんで助走してるんだ?」

ジャン「えっ、助走?」 

339 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:26:24 ID:3KcIVI02
アルミン「うおおおおおお!」タッタッタ ブオッ

ライナー「アルミンが足を大きく振り上げた!」


アルミン「とどけ、栄光のかなたにいいいい!」バッシイイイイイイイイン

ベルトルト「欠にドンピシャだ!」

ジャン「・・・・いってえええええええええええええええええええええええええ!!!!」ゴロゴロ

アルミン「ジャストミート!」グッ 

342 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:29:27 ID:3KcIVI02
クリスタ「いい音だったねー」パチパチ

アニ「80点だね」

アルミン「ふぅ、すっきりしたところで提案なんだけどさ」

ジャン以外「ん?」

ジャン「あう、あう」ゴロゴロ 

343 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:31:47 ID:3KcIVI02
アルミン「もう2人系の命令は出尽くしたからさ、一人用にしたいんだけど」

エレン「そんなこともできるのか?」

アルミン「うん、ちょっと設定するから待っててね」ピッピッ

ジャン「いてえよぉ・・」

ユミル「隣でジャンが転がってるのになんでこんな冷静なんだ」

ライナー「そりゃ、王様の命令は」

コニー「絶対だからな」

アルミン「そゆこと」ピッピッ 


345 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:40:19 ID:3KcIVI02
アルミン「よしできた」

エレン「おっ、見せてくれ」

アルミン「うん、まぁみててよ」ピッ

コニー「今してるのはただのテストだろ?」

アルミン「うん」 

346 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:45:57 ID:3KcIVI02
--ジャンが

エレン「ジャンが?」

---ジャンがキス顔披露

アルミン「…まぁこんな感じだよね」

ライナー「・・・オエッ」


ベルトルト「君はひどい奴だな…、オエッ」

マルコ「君たち、オエッ」 

347 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 22:49:06 ID:3KcIVI02
ユミル「・・・・まぁそうなるよな」

ジャン「」チーン

アルミン「まぁ、今回はテストだし」

エレン「だな、んじゃあ早速してみるか」 

355 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:18:18 ID:3KcIVI02
アルミン「うん分かった。」ピッ

---クリスタが

クリスタ「いきなり私!?」

---クリスタがメイドのまねをする


ライ・ユミ「きたああああああ!」 

356 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:19:37 ID:3KcIVI02
クリスタ「えっ、えーとメイドってことは…」

ユミル「もちろんおかえりなさいませご主人さまだろ」

ライナー「あぁ」

アルミン「それが一番だね」

ユミル「カメラカメラ」ゴソゴソ ●REC 

357 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:22:18 ID:3KcIVI02
クリスタ「あう//こ、こんなことになるなんて…」

ライ・ユミ・アル「はーやーく!はーやーく!」

エレン「こいつらめちゃくちゃ元気になってるな」

ベルトルト「水を得た魚だね」

コニー「ここは俺も乗ったほうがいいのか?」

ジャン「少し黙ってろバカ」ヒリヒリ 

358 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:24:15 ID:3KcIVI02
クリスタ「わ、わかったよ…、お帰りなさいませご主人様!」キラキラ

ユミル「・・・・ぶはっ」

アルミン「なんという・・・」

ライナー「破壊力だ」ボタボタ

クリスタ「も、もう次行くよ次!えい!」ピッ


アルミン「あっ!」 

359 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:26:07 ID:3KcIVI02
---ミカサが

ジャン「おっ!」

---ミカサがサンタのコスプレ

ミカサ「」

ジャン「よっしゃあああああ!」 

360 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:27:45 ID:3KcIVI02
マルコ「…よかったね」

ジャン「あぁ!」

ミカサ「で、でもサンタのコスプレなんて…」

エレン「ジャンが勝ってきたのがあるだろ?」

アニ「そういえばあったね」

ミカサ「…やりたくないんだけど」

クリスタ「…王様の命令は」

ミカサ「…絶対、わかった。アニ部屋を貸して」 

361 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:29:25 ID:3KcIVI02
アニ「うん、2階にある一番最初の部屋が私の部屋だからそこで」


ミカサ「わかった」ガチャ バタン

ジャン「ふふふ」ニヤニヤ

ライナー「じゃんがゲスイ顔してる」

エレン「いつもそんな顔してるだろ」モグモグ

サシャ「ですね、あっ、エレンそこのグラタンください」モグモグ

エレン「はいよ」スッ 

362 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:30:39 ID:3KcIVI02
マルコ「…一応聞くけど、どんな服なの?」

ベルトルト「嫌な予感しかしない」

ジャン「いいから楽しみにしとけよ」ジュルジュル

クリスタ「うわぁ・・・」ドンビキ 

363 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:33:09 ID:3KcIVI02
5分後

コンコン

アニ「あっ、終わったみたいだね」

クリスタ「ミカサー、いいよー!」

・・・・シーン

コニー「…こないな」

ジャン「だな」●REC

クリスタ「それは没収」パッ

ジャン「ちょ!返せよ!」

クリスタ「いやらしい目をしてるからダメ」バキベキ

ジャン「俺のインスタントカメラが・・」 


365 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:36:56 ID:3KcIVI02
ユミル「にしても本当に来ないな、ちょっと開けてみるか」

クリスタ「だね」

ユミル「おーい、どうしたんだミカサー」

ガチャ

ミカサ、ジャン以外「」

ジャン「うほおおおおおおお!」 

366 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:38:58 ID:3KcIVI02
アルミン「・・・ミニスカサンタだと?」

ミカサ「あ、あぅ//」モジモジ

ジャン「ハァハァハァハァ」

ライナー「だれかこいつマジでぶん殴ってくれ」

アニ「ミカサって足綺麗だよねー」

クリスタ「うんうん」●REC

ユミル「なにさりげなくとってんだ」 

367 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:41:36 ID:3KcIVI02
ミカサ「と、とりあえず座っていい?」

サシャ「いやいやいやいや、パンツ見えちゃいますよ」

ミカサ「そ、それは大丈夫」ピラッ

ジャン「ぶほぉー!」ブシャー

マルコ「…ほっとこう」

コニー「だな」

アニ「あれ、それ私のホットパンツ?」

ミカサ「う、うん//ベットの上にあったから…」 

369 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:45:19 ID:3KcIVI02
アニ「いや、いいよいいよ」

ミカサ「ありがと//」スッ モゾモゾ

エレン「大丈夫か?」

ミカサ「な、なんかこの服少し小さいから引っ張ってないとおへそが…」モジモジ

男子「」ドキッ

アルミン「(な、なんだこのドキドキは、でもミニスカ、ヘソチラ、肩露出の恰好で頭にサンタ帽子

をかぶってるミカサ…、かわいすぎる)」ドキドキ

クリスタ「…そこまで調べてたとかジャンってサイテー」

ジャン「うっ」ズキッ

アニ「エレンなら絶対そういうことしない」


ジャン「うわああああ!」ズキズキズキズキ 

370 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:46:32 ID:3KcIVI02
>>368

いえいえ大丈夫ですよb 

一瞬「あ、あれ?」となったけどw 

371 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:48:27 ID:3KcIVI02
ベルトルト「エレンと比べられたのがとどめか」

ライナー「でも間違ったことは言ってないよな」

マルコ「ほんとだよ」

ミカサ「さ、寒い」モジモジ

エレン「アルミン」

アルミン「(くそ!なんでこんな露出の多いものを!)」

エレン「アルミン?」

アルミン「えっ、ど、どうしたのエレン?」 

372 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:50:38 ID:3KcIVI02
エレン「このパーカーミカサに着せてもいいか?」

アルミン「あ、そ、そうだね、大丈夫だよ」

エレン「サンキューな、ほれミカサこれ着ろ」パサッ

ミカサ「エレン・・、ありがとう、アルミンも」ハキハキ

アルミン「じゃあ僕はエレンの服を返すよ、あっ、マルコももういいよ」

マルコ「そういえばそうだった。」ヌギヌギ

マルコ「はいユミル」 

373 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:51:51 ID:3KcIVI02
ユミル「あぁ、私もだな」ポイッ

ミカサ「…暖かい」

エレン「よかったよかった、にしてもジャン」

ジャン「…なんだよ」

エレン「…見損なったぞ」

ジャン「うぐ・・・」ズキズキ 

374 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:53:27 ID:3KcIVI02
アルミン「(エレン・・、これは男のさがだよ)」

ライナー「(ジャンが見てられない状況だし)次行こうぜ次」

アルミン「(ジャンがかわいそうだし)そうだね」 

376 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:56:13 ID:3KcIVI02
エレン「ジャン、もう少し女の子の気持ちを考えようぜ」

エレン以外「(お前がいうな)」

アルミン「ま、次行こうよ」ピッ 

377 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:56:44 ID:3KcIVI02
ミニスカサンタミカサが見たいなぁー チラッ 


378 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/03(水) 23:59:14 ID:3KcIVI02
エレン「そうだな、いいすぎたすまん」

ジャン「いや、いいさ」ハハハ

--サシャが


サシャ「わ、私ですかぁ!」


--サシャが猫耳をつける 

379 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:01:59 ID:rcnQwc5o
サシャ「ね、猫耳!?」

クリスタ「あっ、猫耳ならあるよん」スッ

アニ「…なんでもってるの?」


クリスタ「いやぁ、アルミンに言われてね」

ユミル「てことはこいつはアルミンの趣味か」ジロッ

アルミン「ち、違うよ友達だよ!」

ライナー「はいはい」 

381 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:04:40 ID:rcnQwc5o
ベルトルト「見苦しいよアルミン」

アルミン「だから違うって!」

コニー「でも猫ってあってると思うぞ?」

ユミル「まっ、もともと泥棒猫みたいなもんだったしな」

サシャ「そ、それは認めますけど…」 

382 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:06:59 ID:rcnQwc5o
クリスタ「ならいいじゃん♪」スチャ

サシャ「あっ・・」

エレン「おー」

アルミン「なんかいいね」

ユミル「尻尾もつけてやりたいな」

サシャ「な、何言ってるんですかー!//」セキメン 

383 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:08:58 ID:rcnQwc5o
ライナー「顔真っ赤だな」

マルコ「うん、でもなんかいいね」

ベルトルト「うん」パシャ

ジャン「…何さりげなくとってんだ」パシャ

コニー「…お前もな」 

384 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:10:48 ID:rcnQwc5o
クリスタ「サシャ、お手!」

サシャ「ふえ?そ、それは猫じゃなくて犬ですよ!」

ユミル「いいから早くしろよ、最後のチーハン温めてきてやったから食べてもいいんだぞ?」

エレン「えっ、俺も食いたい」

サシャ「なんなりとご主人様!」サッ

クリスタ「いい子いい子♪」ナデナデ

サシャ「ゴロゴロ」スリスリ 

386 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:13:01 ID:rcnQwc5o
エレン「なんかナデナデしたいな」

アルミン「…うん」

エレン「サシャ、このビーストローフ温めてきてあげるからおいで」


サシャ「!、はい!」バッ

クリスタ「あっ・・」ションボリ 

387 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:16:47 ID:rcnQwc5o
サシャ「ゴロゴロゴロ」スリスリ

エレン「お、おぉ…」ナデナデ

アルミン「可愛いね」ナデナデ

ミカサ「…エレンにすりすりはダメだけど」ナデナデ

アニ「めんこいめんこい」ナデナデ 

388 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:19:10 ID:rcnQwc5o
サシャ「グルグルグル」スリスリ

ライナー「さしゃ、俺のそーせー」

ベルトルト「言わせねえよ!」バコッ 

390 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:22:50 ID:rcnQwc5o
エレン「はぁ、なんか本当に猫みたいだな」ナデナデ

クリスタ「エレン!そろそろ私に交代!」

エレン「ん、あぁ、じゃあ俺はローストビーフ温めてくるからアルミン先始めててくれ」

アルミン「あっ、うん」ピッ 

391 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:25:08 ID:rcnQwc5o
--ベルトルトが

ベルトルト「・・・・来てしまったか」

---ベルトルトがグラビアポーズ

ベルトルト「」

ユミル「ぶはっ!」ケラケラ

ライナー「くっ、くっ・・・」プルプル 

392 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:28:14 ID:rcnQwc5o
コニー「ってことはどんなポーズとるんだ」


アルミン「うーん、前屈みになって笑顔とか?」

ジャン「ぶっ、あっはははは!」

ベルトルト「くううううう//」

ユミル「早くしろよ!ぶはははは」ケラケラ

サシャ「ローストビーフまだですかぁー」スリスリ

クリスタ「もうちょっと待っててね」ナデナデ 

393 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:31:36 ID:rcnQwc5o
ミカサ「早くしなさい」プルプル

アニ「そうそう」プルプル

ベルトルト「…わかったよ」スッ

ベルトルト「きゃ、きゃは!」ウインク

みんな「あはははははは!」

ベルトルト「…死にたい」 

394 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:35:29 ID:rcnQwc5o
エレン「おーい、温めて来たぞって、みんなどうしたんだ?」

サシャ「あっ!来ましたね!」バッ

エレン「あぁ、ほれあーん」

サシャ「あーむ!」モグモグ

サシャ「おいしいです!おいしいです!」

エレン「で、なんだこの騒ぎは」 

395 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:38:19 ID:rcnQwc5o
アルミン「あ、あぁこれだよ」スッ

エレン「ん?」

ベルトルト「まっ!」

ベルトルト『きゃは!』ウインク

エレン「ぶほっ!あはははは!」

ベルトルト「うぅ・・・・//」 

396 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:41:51 ID:rcnQwc5o
数分後

ユミル「ふぅ、やっとましになったな、くくっ・・」

ベルトルト「も、もう次行こうよ次!」

アルミン「クッ…、ふふふふ」ケラケラ

ベルトルト「あ、アルミン!」

アルミン「わ、わかったよ」ピッ 

397 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 00:48:59 ID:rcnQwc5o
---エレンが

エレン「うわっ…」

---エレンがメイド服を着る


エレン「は?はぁああああああああああああ!?」 


412 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:03:30 ID:rcnQwc5o
ミカ・アニ「!」ガタッ

エレン「アルミンなんだこれは!」ガシッ

アルミン「だ、だから僕じゃないよ!」アセアセ

ジャン「おいエレン」

エレン「なんだよ」

ジャン「王様の命令は?」

エレン「…絶対」ションボリ 

413 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:05:28 ID:rcnQwc5o
ライナー「ま、まぁどんまいだエレン」

ベルトルト「そうだよ、エレンならなんとかなるよ」b

コニー「なんとかってなんだよ」

エレン「…まじですんのか」 

414 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:07:52 ID:rcnQwc5o
アルミン「…あ、でもメイド服なんて誰か持ってる人いるのかな?」

エレン「!、そ、そうだな!持ってるやつなんかいるはずねえよ!」

クリスタ「私持ってるけど?」

エレン「」

アルミン「えーと、一応聞くけどなんで?」

クリスタ「いやぁー、雑貨屋で安売りしてたの見つけたからさぁー、面白いかなと思って!」

エレン「…地獄だ」 

415 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:09:25 ID:rcnQwc5o
ジャン「ほらエレン、さっさと行けよ」

エレン「…分かったよ」

クリスタ「えーと」ガサゴソ スッ

クリスタ「はいこれ!」ニコッ

サシャ「なんて嬉しそうな笑顔…」

エレン「アニ、風呂場借りるぞ」

アニ「うん!」キラキラ

ガチャ バタン 

416 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:13:15 ID:rcnQwc5o
10分後…

コンコン 

ミカサ「!、来たか」スッ ●REC

アニ「高画質モードにしてと」スッ ●REC

クリスタ「新しいフィルムもセットできたし」●REC

ユミル「あいつの弱みを…」●REC

ライナー「鬼だ。鬼がいるぞ」

マルコ「エレン…、かわいそうに」

アルミン「まさかエレンに行くなんて…、ごめんエレン」 


418 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:23:21 ID:rcnQwc5o
コニー「にしてもミカサの時みたいになかなか入ってこないな」

ミカサ「ノックは簡単、けどその先は踏み出そうとしてもなかなか踏み出せないの」

サシャ「んじゃ、今度は私が開けましょうかね」

ガチャ

エレン「あっ」

エレン以外「!?」 

419 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:26:20 ID:rcnQwc5o
エレン「さ、サシャ何開けてんだ!」カァァァ//

ライナー「な、なんてこった…」

ベルトルト「普通に似合ってるじゃないか・・」

アニ「か、可愛い!」

ミカサ「さすがエレン」ウットリ 

420 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:27:58 ID:rcnQwc5o
クリスタ「いいよー、エレンいいよー」ジーッ

ユミル「…これは売れるな」ボソッ

サシャ「!?、い、今ユミルのほうから変な言葉が・・・・、気のせいですね」 

421 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:30:00 ID:rcnQwc5o
コニー「俺は気のせいじゃない気がする…」

ジャン「…くそ」

マルコ「どうしたのジャン?」

ジャン「バカにしてやろうかと思ったのにできねえじゃねえかああああ!」

エレン「お、お前そんなことしようとしてたのか!」

アルミン「と、とりあえずエレンは座って座って」

エレン「…あぁ」スッ 

422 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:32:01 ID:rcnQwc5o
アルミン「(サンタミカサとメイドエレンが並んで座ってる。なんという光景だ)」

アニ「エレンメイドさん似合うねー」サワサワ

エレン「さ、さわんな!」バッ


ミカサ「よく似合ってる」サワサワ


エレン「だれか場所かわってくれ…」 

423 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:33:56 ID:rcnQwc5o
アルミン「ははは・・・、でももし誰かがメイドを引いたらその人になるんだしそうなることを

祈ろうよ」

エレン「…だな、続けてくれ」

アルミン「うん」ピッ 

424 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:35:52 ID:rcnQwc5o
---ライナーが

エレン「メイド!メイド!」


ライナー「おい!まじでやめろ!」

----ライナーがキス顔5秒披露


ライナー「」

エレン「ぷっ」クスクス 

425 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:37:25 ID:rcnQwc5o
ジャン「ゴリラのキス顔」ボソッ

ライナー「聞こえてるぞコラぁ!」ガシッ

ジャン「わ、悪かったよ…、ぷっ」プルプル

ベルトルト「落ち着いてよライナー(ゴリラのキス顔…)ぷっ」

ライナー「お、お前まで!」 

426 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:39:16 ID:rcnQwc5o
ユミル「ほら、早くしろよ…、ぶふっ!」

エレン「そうだぞライナー!…っくくく」


ライナー「くそ!わかったよ…」

アルミン「(ゴリラのキス顔とか…)ぶふっ!」クスクス

ライナー「…地獄だ」 

427 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:41:29 ID:rcnQwc5o
コニー「いいからはやくしろよ」

ライナー「…わかったよ」スッ

ライナー「んー」キスガオ

ジャン「奇行種だ!」

ライナー以外「ぶっ!はははははっ!」

ライナー「(もう帰りたい)」

アルミン「ぷっ…、はいあと5秒ー」

ライナー「それはないだろ!」 

428 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:43:08 ID:rcnQwc5o
アルミン「わ、わかってるよ、くくくっ」プルプル

ライナー「も、もういいから次よおおおお!」ピッ

アルミン「あ!」

エレン「どこかで見た絵だな」 

429 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:45:00 ID:rcnQwc5o
--アニが

アニ「わ、私!?」

--アニがヘソチラ

アニ「…アルミン」

アルミン「は、はい!」

アニ「これはどういうことかなぁー」ゴゴゴゴ 


431 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:46:42 ID:rcnQwc5o
アルミン「だ、だから違うんですよ!」


アニ「…あとで覚えておいてね」ニコッ


アルミン「」

エレン「でもヘソチラとかましだろ、俺なんてメイドだぞメイド」

ライナー「そういえばそうだったな、なんかそれが普通な気がしてきた・・・」

コニー「お前大丈夫か?」 

432 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:48:40 ID:rcnQwc5o
アニ「で、でもヘソチラなんて…//」

エレン「でもプールの時は普通に…」

アニ「あ、あれとこれとは違うの!」

クリスタ「もぉー、だからエレンは」ハァー

ユミル「まっ、それがあいつだからなぁー」 

433 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:50:28 ID:rcnQwc5o
ミカサ「アニ」

アニ「な、なに?」

ミカサ「私なんてヘソチラ以外にもう色々なものを露出していたのよ?」

アニ「・・そうだったね、どこかの変態のせいで」ジロッ

ジャン「うぐっ!」ズキズキズキ 

434 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:52:54 ID:rcnQwc5o
アニ「…はぁ、やるしかないのか」

ミカサ「そう、それしかない」

アニ「…男共、ジロジロ見ないでね」

ライナー「あぁ(いやいや無理っすよ)」

ベルトルト「僕達をそんな変態と一緒にしないでくれ!(無理だから)」キリッ

コニー「あぁ、オッケー(見ないようにすればいいんだよな?)」

アルミン「大丈夫だよ(・・・・多分)」 

435 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:55:06 ID:rcnQwc5o
アニ「…じゃあ//」ピラッ

アニ「は、早く数えて!」モジモジ

エレン・コニー以外「(おぉ・・・・、いい!)」

エレン「アニってへそ綺麗なんだな」

アニ「!!」カァァァァァ// 

436 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:57:14 ID:rcnQwc5o
アルミン「…はい、もういいよー」

アニ「!」バッ

アニ「し、死ぬほど恥ずかしかった…//」モジモジ

サシャ「お疲れ様です」モグモグ

アニ「も、もう次行こうよ次!」

アルミン「は、はい!」ピッ 

437 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 21:58:34 ID:rcnQwc5o
---ユミルが


ユミル「やばい、これはやばい」

---ユミルが誰かの秘密を暴露する


アルミン「ラッキーな命令だね」 

438 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:00:07 ID:rcnQwc5o
ユミル「だな、じゃあライナーはホモ、今もメイドエレンを見てハァハァしてる」サラッ

ライナー「まてえええええ!何さらっとすごいこと言ってんの!?」

エレン「ら、ライナー、そんな奴だったのか」

ミカサ「エレンに手は出させない」スッ

ライナー「まて!だから誤解だ!ユミルお前からもなんか言えよ!」 

439 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:02:24 ID:rcnQwc5o
ユミル「てかそろそろこのゲームもあきてきたな」

クリスタ「だねー、もうみんなあらかた何かしたし」

アニ「あっ!じゃあカラオケしない?この前カラオケできるソフト買ったんだ!」

アルミン「いいね!」

エレン「でも時間もあんまないし全員は無理じゃね」

ジャン「ならルーレットで決めるか」 

440 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:03:54 ID:rcnQwc5o
ベルトルト「僕はカラオケ苦手だしやめとくよ」

マルコ「僕もいいや」

コニー「俺はどっちでもいいや」

ミカサ「カラオケ…、何か歌えるのあったっけ?」

サシャ「私は少ししか歌えるの無いですけどそれでいいなら」モグモグ

ライナー「ふっざけんなあああああああ!」 

441 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:06:14 ID:rcnQwc5o
エレン「うるさいぞライナー、てかこれ着替えてきていいか?」

クリスタ「あっ、その前にエレンとミカサちょっと並んで」

ミカサ「?、わかった」スッ

エレン「なにすんだ?」

パシャ

クリスタ「よしおーけー!」

ミカサ「あとで写真頂戴」

エレン「おい待て」 

442 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:08:09 ID:rcnQwc5o
アニ「私もエレンと写真撮る!」サッ

クリスタ「いいよいいよー、エレンと写真撮りたい人並んで並んで」

アルミン「あっ、じゃあ僕も」

コニー「面白そうだから俺も」

サシャ「なら私も」


ライナー「・・・・もういいよホモで、エレン!俺とも写真とらないか?」

エレン「…なんかやだ」

ライナー「」 

443 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:14:18 ID:rcnQwc5o
数十分後

アニ「よし、接続完了!で、歌うのは」

ジャン「ルーレットの結果、俺、エレン、クリスタ、サシャ、ライナーの5人だ」

アニ「りょーかい、んで誰から行く?」

ジャン「…まずは俺だ!(見ててくれミカサ)」チラッ

ミカサ「?」 

444 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:16:13 ID:rcnQwc5o
ジャン「曲はこれだ!」ピッ

---誘惑

アルミン「これはうまく歌えれば相当かっこいいぞ!」

ユミル「だが奴にこの歌がうまく歌えるのか?」

<♪♪

ベルトルト「あっ、始まるよ」 

445 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:19:18 ID:rcnQwc5o
ジャン「時に愛は二人を試してるBecause I love you 」

アルミン「!?」

クリスタ「う、うまい!」

ジャン「(当たり前だ、この曲は俺の十八番だぜ!)」

ジャン「I don't know how to love, don't ask me why 薄情な恋とー♪」

ミカサ「…うまい」 

446 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:21:39 ID:rcnQwc5o
ライナー「そろそろサビだな」

コニー「にしてもこんなうまかったのかこいつ」

ベルトルト「しかもあの構え、相当歌いこんでるな」

ジャン「キスから始まる夜は熱く ミカサ  I love you!」

ミカサ「」

アルミン「あーあ」

マルコ「終わったなジャン」 

448 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:23:33 ID:rcnQwc5o
ユミル「はいはい終了ー」ピッ

ブチッ

ジャン「あっ!なにすんだてめえ!」

ユミル「ミカサの顔見てみろ」クイッ

ジャン「もしかして俺の歌声に!」クルッ

ミカサ「…そういうのやめて」

ジャン「」 

449 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:24:59 ID:rcnQwc5o
ベルトルト「まぁ、当たり前だよね」

ライナー「ジャン、焦りすぎたな」

エレン「じゃあ次は俺…クリスタ「はい!私が行きます!」

エレン「そうか?わかった」

クリスタ「むふふ!実は歌いなれてる曲があるのです!」 

450 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:27:25 ID:rcnQwc5o
アルミン「へぇー」

アニ「なんだろ?」

ミカサ「会いたかったとか?」

クリスタ「んー、惜しい!正解はこれ!」ピッ

---さくらんぼ 

451 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:29:02 ID:rcnQwc5o
ライ・ユミ「!」ガタッ ササッ

ライナー「お前ら少し下がってろ!」

コニー「な、なんだ!」

ユミル「クリスタバックダンサーの出番だ!どけおら!」ゲシッ

マルコ「痛!」

ライナー「これくらいならいいだろう」

ユミル「あぁ、へますんなよ?」

ライナー「お前もな」 

452 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:31:41 ID:rcnQwc5o
クリスタ「愛し合うー、二人幸せの空隣同士あなーたーと!」

ユミ・ライ「あーたしさくらんぼー!っはい!っはい!うー!はいはい!」

エレン「なんかすごいのが始まったぞ」

アルミン「この2人これを初めてするんだよね?」

コニー「なんでこんな完璧なんだよ…」

ベルトルト「面白いから動画とっとこ」●REC 

453 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:35:59 ID:rcnQwc5o
クリスタ「手帳開くともう2年たつなぁって やっぱ実感するね♪なんだか照れたり」

ユミ・ライ「す・る・ね!」ピョン

クリスタ「そういや、ひどいこもされたしひどいこともいったしー♪

中身がいっぱい詰まった。はい!」

ユミ・ライ「甘い、甘い、ものです!はいっ!」

サシャ「…なんか別世界に行っちゃってますね」 

454 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:41:01 ID:rcnQwc5o
ミカサ「…面白いから見てよう」

アニ「あっ、そろそろサビだね」

クリスタ「---だって多いんだもん!」


ユミ・ライ「っはーい!」ピョーン

クリスタ「笑顔さく 君とつながってたい----」


クリスタ「隣同士♪」

ユミ・ライ「俺/私と!」

クリスタ「あーたしさくらんぼー♪」


アルミン「…たしかまだ1番だったよね」

ジャン「…あぁ」

エレン「クリスタより踊ってる2人に目がいっちまう」 

455 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:42:56 ID:rcnQwc5o
-
--
---

クリスタ「あーたしさくらんぼー♪」

ユミ・ライ・アル「もう1回!」ピョン

コニー「そういえばいつの間にかアルミンも交じってるな」

ベルトルト「ノリノリだね」 

456 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:46:59 ID:rcnQwc5o
クリスタ「笑顔咲くー♪」

ユミ・ライ・アル「私/俺/僕!」

クリスタ「と抱き合ってたい♪もし遠い未来を予想するのなら、愛し合うーふたーり

いつの時も、とーなり同士!」

ユミ・ライ・アル「私/俺/僕!」

クリスタ「とあーたしさくらんぼー!」

ピッ

クリスタ「いやぁー、疲れた疲れた」

ライナー「あぁ、いい汗かいたぜ」

ユミル「全くだ」

アルミン「今度はもう少し振り付けを激しいのにしてみよう」

ベルトルト「(さて、某動画サイトに投稿するか)」ピッ 

458 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:48:41 ID:rcnQwc5o
アニ「ていうかこんなのを先にやられたら」

ライナー「あとに歌う俺たちなんてちっぽけなもんだろうな」キリッ

エレン「お前が踊ってたんだろ、まぁいいや、次は俺が行く」

アルミン「何歌うの?」

エレン「あぁ、リヴァイ部長に教えてもらった曲なんだが」ピッ

---ヴァンパイア

アルミン「」 

459 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:53:16 ID:rcnQwc5o
アニ「何この歌?」

クリスタ「さぁ?聞いたことないな」

ジャン「たしかこれって…」

アルミン「ところどころにちょっとあれなワードが…」 

460 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 22:57:20 ID:rcnQwc5o
<♪

ベルトルト「あっ、始まった」

エレン「見た目はタイプちょっと辛口、役立たないインスピレーション」

クリスタ「あっ、結構好きかも」

ミカサ「エレン、上手」 

461 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:01:54 ID:rcnQwc5o
エレン「絡める舌を切り落としてやりたい♪」

エレン「愛撫する指をへし折りたい♪」


ユミル「あれ?なんか急にエロくなったような…」

アルミン「確かホストに遊ばれる女性の歌がどうのこうの」

クリスタ「か、絡める舌//」 

462 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:04:39 ID:rcnQwc5o
エレン「---すべて凍りついて粉々になりそう、すべて吸い取って骨の髄までー♪」

ピッ

エレン「ふぅ」

クリスタ「な、なんかすごい歌詞があったけどいい歌だね!」

エレン「おっ、だろ?いやぁ、部長がこれを歌ったときかっこよくてさ」ハハハッ

ミカサ「…私にだけ歌ってほしい」ボソッ

アニ「…私にも」ボソッ

アルミン「さ、さぁ次はだれが行く?」 

463 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:09:41 ID:rcnQwc5o
サシャ「じゃあ、私が!」ピッ

ライナー「てことは俺が最後か」

アルミン「で、何を入れたんだろ?」ピッ

-- sweets parade

クリスタ「あっ!これってたしかアニメの」

ユミル「確か途中であったEDだよな?」

サシャ「はい!お菓子がたくさん出てくるから大好きなんです!」キラキラ

アルミン「基準はそこなんだ」

<♪

マルコ「あっ、始まった」 

464 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:12:39 ID:rcnQwc5o
サシャ「愛、上、お菓子、下、柿食うっけ?こんなにも 差しすせソフトクリーム

五臓六腑でいこう♪」

エレン「なんかほのぼのするなぁー」

ライナー「しかも猫耳とり外し忘れてるしな」

アニ「なんかふわふわする曲だね!」 

465 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:16:01 ID:rcnQwc5o
サシャ「ワタヌキの甘みと、ワタヌキの苦み、ワタヌキの酸味で好き好きラブコンボ!」

サシャ「終わりです!」

クリスタ「上手だったよぉー」パチパチ

ユミル「歌いながら涎垂らすのはどうかと思うけどな」

サシャ「いやぁ、ショートケーキ食べたいです」ジュル

ライナー「じゃ、次は俺か」

アルミン「何をうたうの?」 

468 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:20:58 ID:rcnQwc5o
ライナー「あぁ、HOWEVERだ」

アルミン「そっか、頑張ってね」

ライナー「あぁ」

<♪

ライナー「やわらかな風が吹く、この場所でー♪」

エレン「おっ」

ジャン「なんていうか」

ユミル「ふつーだな」 

469 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:22:30 ID:rcnQwc5o
ライナー「(と思うだろう?サビに期待しとけ)」ニヤッ

エレン「なんかライナーが笑ってるぞ」

ジャン「思い出し笑いか?」 

470 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:24:50 ID:rcnQwc5o
-
--
----

ライナー「暗闇を駆け抜ける勇気をくれたのはあなたでしたー♪(いくぞ!)」

ライナー「たえーまなくそそぐ愛の名をぉ」

アルミン「あ、あれ?サビでいきなりうまくなった!?」

コニー「しかも声も少し大きめにしてる」

アルミン「まさか最初は普通と思わせておいてサビで一気にびっくりさせる作戦だったのか…」 

471 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:26:57 ID:rcnQwc5o
ライナー「---出会うのが遅すぎたねと、泣き出した夜もあるー♪」

クリスタ「ほんとにうまいねぇー」

ジャン「…以外な才能だ」

ライナー「---言葉ではどうしても伝えることができなかった!やさしさの意味をしるぅー!」

アルミン「ここで一気に声量をあげてきたか!」 

472 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:28:08 ID:rcnQwc5o
ライナー「恋した日の胸騒ぎをー、何気ない週末をー♪」

ミカサ「…エレンよりうまいかもしれない」

アニ「あ、あのミカサがライナーを認めた!?」

エレン「でも俺よりすげえうまいぞ」 

473 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:29:48 ID:rcnQwc5o
ライナー「あなたをいろどるすべてを抱きしめてー!ゆっくりと、歩き出すぅーう!

やわらかな風が吹く、この場所でー♪」

ピッ

ライナー「ふっ」

パチパチ

コニー「うまかったぜライナー!」

ベルトルト「君がこんなにうまいなんてしらなかったよ!」 

474 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:31:17 ID:rcnQwc5o
ライナー「まぁな(一時期1日3時間カラオケに通い詰めたかいがあったぜ)」

エレン「今度俺にも教えてくれよ!」

ライナー「あぁ!もちろんだぜ!」

アルミン「いやー、にしても最後にこんなにいい歌を聴けるとはね」

ユミル「だな、あとは片づけして帰るか」 

475 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:32:27 ID:rcnQwc5o
ライナー「あぁ、そうだな」

そして数十分後

ライナー「んじゃ、俺らは先に帰らせてもらうぞ」

エレン「あぁ、俺とミカサとアルミンはもう少し片づけてから帰るよ」 

476 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:33:26 ID:rcnQwc5o
アルミン「じゃあねみんな」フリフリ

ミカサ「また今度」フリフリ

アニ「まったねー!」フリフリ 

477 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:35:14 ID:rcnQwc5o
<クリスタイエマデオクッテクオ

<ワタシガイクカラオマエハクンナホモゴリラ

<ナッ!ダカラチガウッテ!

<アハハハハハ!

アニ「…じゃ、私達は中に戻ろうか」

エレン「あぁ、そうだな」

アルミン「あと少しで片付けも終わるしね」

ミカサ「そうね」

ガチャ バタン 

478 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:37:27 ID:rcnQwc5o
-
--
---

エレン「にしても楽しかったな」ガサガサ

アルミン「だね、片付けが大変だけど」ガサガサ

アニ「でも来年もう1回したいなー」ガサガサ


ミカサ「それは私も思う」ガサガサ

エレン「なんだか今から来年が楽しみだな」ガサガサ

アルミン「だね」ガサガサ 

479 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:38:53 ID:rcnQwc5o
エレン「さてと…、こんなもんか?」

アニ「うん!元通り綺麗になった!ありがと3人とも!」

ミカサ「これくらい普通」

アルミン「んじゃ、僕たちも帰ろうか」

エレン「だな」

アニ「…」 

480 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:41:22 ID:rcnQwc5o
ガチャ

エレン「うわ!雪が降ってるぞ!」

アルミン「ほんとだ!ホワイトクリスマスだね!」

ミカサ「…綺麗」

エレン「だなぁ、来年も降りますように!」

アルミン「ははっ、エレンは気が早いなぁ」

エレン「い、いいじゃねえか!んじゃ、本当に帰るか」 

481 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:43:20 ID:rcnQwc5o
アルミン「だね、アニ、今日はありがと」

アニ「えっ、ううん、私も楽しかったよ」ニコッ

ミカサ「アニ、また元旦にでも初日の出に行きましょ」

アニ「!、うん!」 

482 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:44:47 ID:rcnQwc5o
エレン「んじゃ、帰るか」スッ

アニ「ま、待ってエレン!」

エレン「ん?なん…」ガバッ

チュッ

アルミン「!?」

ミカサ「!?」 

483 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 23:47:13 ID:qwYpPF4o
えんだああああああ 


484 :タピオカ ◆qZUCpA/gIM:2013/07/04(木) 23:48:41 ID:rcnQwc5o
エレン「!!」

アニ「…ぷはっ!」

エレン「あ、アニ//な、なにを…//」

アニ「えへっ、私からのクリスマスぷ・れ・ぜ・ん・と」コツン

エレン「えっ、あっ//」

ミカサ「あ、アニ!エレン!私とも!」

エレン「ま、待てミカサ!」グググググ

アルミン「…最後の最後でこうなったか」

アルミン「来年までには決着をつけてくれよエレン」