1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:12:57 ID:13l9wc72

キース「今日の訓練はこれで終了だ、解散しろ…」


ゾロゾロ


サシャ「やっと終わりました…」フラフラ

コニー「月の終わりは堪えるぜ…」

サシャ「さぁて晩御飯の時間です!」シャキン

コニー「切り替え早ぇなぁ」フラフラ

サシャ「コニー、急いで食べに行きましょう!」 




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:14:18 ID:13l9wc72

コニー「知ってるか?飯ってのは逃げねぇんだぞ」

コニー「だから急ぐ必要もねぇよ」

サシャ「…」

サシャ「……私は…」

サシャ「…………もうこれ以上見たくないんですよ…」ボソッ

コニー「は?」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:17:10 ID:13l9wc72

サシャ「いいから早く行きましょう!」グイ

コニー「お、おい!引っ張るな、こっちは疲れてんだよ」

サシャ「コニー!!」

コニー「…………ああうるせぇな、どうしちまったんだ」

サシャ「…どうもしてませんから、ほら」

コニー「わかったよ…」

マルコ「あ、待ってくれよ、僕も一緒に行く!」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:20:08 ID:13l9wc72

ジャン「ふぅ、きつかったな今日は…」

ライナー「大丈夫か?フラついてるようだが」

ジャン「対人格闘訓練に手を抜かないようにしてから体が休まらなくてな、正直ここまできついとは思わなかった」

ライナー「そのようだな。勢いだけでどうこうなるものじゃないからな」

ジャン「そんなことはわかってる、お前に言われなくてもな」

ライナー「そうか。まあそう気張らないことだ、途中で挫折するジャンの姿なんて俺は見たくないからな」

ジャン「…」

ジャン「そうだな…」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:22:55 ID:13l9wc72

ベルトルト「僕もそう思うよ」ズイッ

ジャン「ベルトルト、お前もか」

ベルトルト「ジャンは少し張り切り過ぎだよ。まだ訓練兵として時間はたくさんあるんだからもう少しゆっくりしていい」

ジャン「そういうもんか……?」

ライナー「ああ、そういうもんだ、憲兵団に入るのならもっと抑えてもジャンにとっては十分なくらいだ」

ジャン「憲兵団……」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:28:51 ID:13l9wc72

ライナー「どうした?」

ジャン「いや、俺は本当に憲兵団に入るべきなのかと思ってよ…」

ベルトルト「ジャンは内地で暮らしたいんじゃなかったのかい?」

ジャン「内地…?ああ、そうだな………俺は内地で暮らすんだ……」

ジャン「そうだ…そう憲兵団なんだ、なんで俺が調査兵団なんかに……」

ジャン「俺が選択を誤るなんてことはないんだ……お前らもそう思うよな………?」

ライナー「…」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:37:17 ID:13l9wc72

ライナー「もういいだろジャン、お前は疲れているんだ、今日はもう休め。もうすぐ休暇もある」

ベルトルト「…」

ジャン「なんか悪いな…精神的な面でもお前に支えてもらうなんてよ」

ライナー「気にするな。俺たちも食堂に行くが、来るか?」

ジャン「いや、お前の言う通り、今日はもう休んで寝ることにする」

ライナー「そうか、お疲れさん」

ジャン「じゃあな」

ベルトルト(…悪く思わないでくれよ、ジャン) 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:42:16 ID:13l9wc72

ユミル「おいクリスタ」

クリスタ「」ボーッ

ユミル「おい?」

クリスタ「」ボーッ

ユミル「聞いてんのか?」ユサユサ

クリスタ「あ!ご、ごめん…なに?」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:44:45 ID:13l9wc72

ユミル「ったく、訓練なんて意識が朦朧とするまで本気でやらなくてもいいんだぞ、お前の場合」

クリスタ「だめだよ…私はもっとがんばらなきゃいけないの…」

クリスタ「もっと…もっと…がんばらないと…」

ユミル「……」

ユミル「これ以上がんばったらぶっ倒れてそのうち死ぬぞ」

クリスタ「え!?し、死ぬ?………あ、うん…。でも、それくらいやらないと…」

ユミル「はぁ?私は冗談で言ったつもりだったんだけどな」

クリスタ「……そうだよね、ごめん」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:49:21 ID:13l9wc72

ユミル「ったく、どいつもこいつもなんなんだ…」

ユミル「死ぬのが好きなんて変わった趣味をお持ちなんてな…」

クリスタ「え?」

ユミル「気にすんな、独り言だ」

クリスタ「ユミルまで……?」

ユミル「よせよ、私をあいつと一緒にするな」

クリスタ「うん……」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:53:46 ID:13l9wc72
~食堂~


ミカサ「エレン、隣に座ってもいい?」

エレン「ああ、早く座れよ」

ミカサ「ありがとう」スッ


サシャ「!」

サシャ「あ、私もう食べ終わっちゃいました、えへへ」

コニー「相変わらず食べるのも早ぇのな」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:56:15 ID:13l9wc72

マルコ「僕も、ごちそうさまでした」

コニー「最近はマルコも早いな」

サシャ「コニー、全然食べてないじゃないですか…」

コニー「いや、だってよ…m」

サシャ「疲れているんですよね!?じゃあ私が食べてあげます!」

マルコ「僕も手伝うからさ!」

コニー「なんだよお前ら、別に俺一人で食べ……」

サシャ「……」

サシャ「コニー………」

マルコ「今はサシャの言うことを聞いてあげなよ」 


14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 14:59:23 ID:13l9wc72

コニー「………。」

コニー「……わかった、やるよ」

サシャ「ありがとうございます」モグモグ

マルコ「コニーも食べ終わったことだし、早く出ようよ」

サシャ「はい。ほらコニー、もう寮に帰りましょう」

コニー「ああ…」

コニー(いつまで続くんだよこんなこと……) 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:00:56 ID:13l9wc72

ライナー「ベルトルト、今日の俺の調子はどうだった?」

ベルトルト「いつにも増して良かったんじゃないかな、もう上位は安定してきただろう」

ライナー「いや、訓練のことじゃなくてだな…」

ベルトルト「ああ、そっちか」

ベルトルト「……まだ少し捨て切れてない部分がある気はするけど、以前に比べたら遥かに良くなっているよ」

ライナー「そうか…あれでもまだ意志の弱いところがあったか、すまんな」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:02:04 ID:13l9wc72

ベルトルト「全然かまわないさ、僕も前より冷や汗をかく機会も減ったから」

ライナー「ほう、お前が冗談を言えるくらいになったわけだ」

ライナー「まあ何にせよあのままだったら俺は半端なクソ野郎になっていたことだろう」

ベルトルト「僕たちは兵士でも半端なクソ野郎でもない、戦士だ」

ライナー「そうだ、戦士だ。これでもうおかしくならずに済む」

ベルトルト「ああ、僕たちはこれでいい」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:03:06 ID:13l9wc72

ミカサ「エレン、口元に食べかすがついてる」

エレン「お?」


アルミン(またか………)

アニ(………) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:03:45 ID:13l9wc72

ミカサ「ほら、だらしない」フキフキ

エレン「いつもすまねぇな」

ミカサ「やはりエレンは私がそばにいないとダメ、早死にする恐れがある」

エレン「それとこれとは関係ねぇだろ」

ミカサ「そんなことない。日頃の不注意が災難を招くこともある」

エレン「相変わらず説教くせぇなお前は」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:04:18 ID:13l9wc72

ミカサ「エレンのためだから」

エレン「オレのためっていうならもっとオレが喜びそうなことしてくれよ」

ミカサ「エレンの喜びそうなこと……」

ミカサ「何をしたらエレンは喜ぶの?」

エレン「それを聞いたら意味ないだろ」

ミカサ「でも…本当に思い浮かばなくて」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:05:29 ID:13l9wc72



エレン「そうかぁ…」

エレン「オレが…………喜ぶことか…」

エレン「……………………」

エレン「なあミカサ………」

エレン「オレが今まで生きた中で楽しかったことって………なんだろうな?」




ミカサ「え…?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:06:31 ID:13l9wc72



カランカラン



ミカサ「?」チラッ

ミカサ「さっき言った通り……スプーンを落とすなんてエレンは本当に不注意」

ミカサ「」ヒョイ




アニ「悪いね、ミカサ」グッ

ミカサ「?」グッ 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:07:23 ID:13l9wc72

アニ「え、ちょっと」ググ

ミカサ「アニ…何をしてるの?これはエレンが使っていたもの……放して」ググ

アニ「は?いや、私のなんだけど…」

ミカサ「あなたが何を言っているのかわからない」

アニ「私も………そっくりそのまま返すよ」

ミカサ「早く手を放して」グググ

アニ「そっちがね」グググ 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:08:36 ID:13l9wc72

ミカサ「ほら、エレンも返してくれと言っている」

アニ「…………」

アニ「ミカサ、あんたは…いつまでそうやって…」

ミカサ「これくらいの世話くらいどうってことはないから」

アニ「いや、そうじゃなくて……あんたは……」



アルミン「アニ、やめなよ」スッ

アニ「………」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:09:50 ID:13l9wc72

アニ「………わかってる、わかってるさ」

アニ「悪かったよミカサ、これはエレンのだ」パッ

ミカサ「わかってくれたのならかまわない」

アニ「ん?」

アニ「………ミカサ、泣いてる?」

ミカサ「……なぜ?私が泣く理由なんかない」

アニ「いや………でも涙が………」

ミカサ「え…………?」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:11:55 ID:13l9wc72



アルミン「」フルフル

アルミン「アニ!もういいからミカサのことはほっといてあげてよ!!」

アニ「!」ビクッ

アニ「アルミン………」

アニ「ご、ごめん…本当悪かったよ………」

アルミン「…。」

アルミン「いや、僕の方こそ熱くなり過ぎた…」

アルミン「ミカサがあまりにエレンを気遣うから嫉妬していたみたいだ、あはは」

アニ「だといいね…」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:13:46 ID:13l9wc72

ミカサ「スプーンは取り返した、はいエレ…………………」

ミカサ「?」

ミカサ「エレン……?」キョロキョロ

ミカサ「エレンは…どこ?」キョロキョロ



ミカサ「ねぇアルミン………エレンは?もう帰ってしまったの?」 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:16:56 ID:13l9wc72

アルミン「ミカサ、エレンならもういないよ…………」

アルミン(もうこれを言うのは何回目だ………)

ミカサ「確かに…皿が片づけてある」

アルミン「…!!!」

アルミン「ミカサ!そうじゃないんだ、だって…!」グッ















アルミン「さっきから君の隣には誰も座っていないんだ」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 15:20:29 ID:13l9wc72


きりがいいのでこれで終わります


ありがとうございました