1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 21:35:45.33 ID:lY/yfCZoo

P「……」ボタボタ

伊織「えっ……」

P「ほらっオレンジジュースだよ。器の役は甘んじて俺が請け負うよ」ボタボタ

伊織「え、えっ……い、いやちょっと意味分かんない……え?」

P「どうした? 飲まないのか?」ボタボタ

伊織「の、飲むけど……」

P「そうか、なら良いんだ」ニコッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375360545

引用元: 伊織「オレンジジュースはまだなの?」 P「おまたせ」ドバァ 


 

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-06-12)
売り上げランキング: 5,366
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 21:41:26.86 ID:lY/yfCZoo

伊織「う、うん……」

P「……」ボタボタ

伊織「……」

P「飲まないのか?」ポタポタ

伊織「飲む、飲むわよ……」

P「早く飲んだ方が良い、オレンジジュースの滴り具合が弱まってきているからな」ポタポタ

伊織「一つ、聞いていい?」

P「ああ、なんでもいいぞ。どんどん聞いてくれ」

伊織「ど、どうして、アンタはオレンジジュースを頭からかぶったの?」

P「伊織、オレンジジュースを飲みたいって言っただろう?」ポタポタ

伊織「う、うん。言った……」

P「だからだ」ポタポタ

伊織「そう……」

P「おう……」ポタポタ

伊織「……」

P「……」ポタポタ

P「……」ゴクン

P「甘酸っぱいな、これ……なかなか美味いよ」

伊織「で、でしょ? なんといっても私が選んだオレンジジュースなんだからねっ」

P「ああ、流石は伊織ってところだな、ふふ」ポタポタ

伊織「え、ええ、だってこのスーパーアイドルみにゃせ…水瀬伊織ちゃんなんだからねっ……」

P「噛んじゃったな、あはは、焦ってものを言おうとするからだ」ポタポタ

伊織「う、うるさいっ」

P「あははっ、ごめんごめん」ポタポタ

伊織「もう……」

P「……」ポタポタ

伊織「……」

P「……」ポタポタ

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 21:46:16.85 ID:lY/yfCZoo
伊織「って……!」プルプル

P「お?」

伊織「意味分かんないわよ!? 私飲みたいって言ったけど! 確かに言ったけど……!!」プルプル

P「伊織、疲れてるんだな……そんなに情緒不安定になってしまって……」ポタリ…

P「あ、やばい、滴らなくなってきた……もっかいかぶらないと……」スタスタ

伊織「頭からかぶれなんて一言も言ってないわ!! ただコップに注いで持って来てほしかっただけよ!!」

P「紙パック一リットルを頭からかぶる、なんて贅沢なことなんだろう……」パカッ

伊織「ちょっとアンタ!! 聞いてるの!?」

P「……」ドバァ

伊織「なんでまたかぶってるのよ!!??」

P「よしっ」ボタボタ

伊織「よしっじゃないわよ!? なにも良くなっていない! 何一つ!! これっぽっちも!!!」

P「まあまあ、そうかっかしないで。オレンジジュースでも飲んで落ち着け。飲みたかったんだろう?」ボタボタ

伊織「うるさいっ!!」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 22:13:40.86 ID:lY/yfCZoo

伊織「あんた今、正気なの……?」

P「ああ、正気も正気だ。朝から気分も有頂天だよ、はははっ!!」ボタボタ

伊織(この頃暑かったからかしら……)

P「水も滴る良い男……いや、この場合はオレンジジュースか……」ポタポタ

伊織(いや、ひょっとすると寝不足のせいかもしれないわ……)

P「なれているかな、伊織……俺は、そんな男に……」ポタポタ

伊織(それとも全部……?)

P「伊織、どうした? なんだかさっきから上の空だぞ、ちゃんと睡眠はとっているのか?」ポタポタ

伊織「うるさい黙って」

P「すまん……」ポタポタ

伊織「アンタは頭を冷やしてなさい、多分暑さのせいだから。その異常は」

P「あははっ! 頭ならもう冷えてるよ、オレンジジュースのおかげでな!」ポタポタ

伊織「いいから黙ってて!」

P「あ、ああ、分かった」ポタポタ


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 22:31:34.80 ID:lY/yfCZoo

伊織(どうしてプロデューサーは、オレンジジュースをかぶるなんて奇行をしたのだろう……)

P「……」ポタポタ

伊織(考えれば考えるほどわけが分からなくなる……)ジィ

P「うわっ、なんかべたべたしてきた……」ポタポタ

伊織(考えることが嫌になるほどに、プロデューサーの行動を理解しようがない……)

P「なあ伊織」

伊織(いっそ考えることを止めたくなるほどに……)タラ

伊織(……)ダラダラ

伊織「汗が……」ゴシゴシ

伊織「……」ダラダラダラ

伊織「……」ゴシゴシゴシゴシ

伊織(ああもうっ! 今日はほんっと暑いわねー!!)

伊織(私もかぶっちゃおうかしら……いや、だめだめ違う違う違うっ!!)

伊織(そしたら変態の仲間入りだわ! それだけは絶対にごめんなんだから……!)

P「伊織、ちょっと聞きたいんだけど……」

伊織「なに?」

P「飲まないのか?」ポタポタ

伊織「私はコップに注がれたオレンジジュースを飲みたかったの」

P「なら、注がれているじゃないか、コップは俺だ。相違ない」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 22:44:40.80 ID:lY/yfCZoo

伊織「コップ……? アンタが、コップなの……?」

P「さっきも言ったじゃないか。俺は、コップだ、お前のな」ポタポタ

伊織「コップ、私の……コップ……」

P「ああ」ポタリ……

P「くそっ、また滴らなくなった……」

P「まだ滴りが足りない……まだ、まだだ、まだ俺はもっと滴らなければならない……!」スタスタ

伊織(私の……)

伊織(考えてみれば、この異常な状況も……一つのチャンスなのかもしれないわ)

伊織(思えば、プロデューサーの傍にはいつも誰かいる……美希や、美希、他には春香、千早に、美希……それに美希……)

伊織(今、プロデューサーの体を染めているあの柑橘的な黄色も……)

伊織(まるで美希が、プロデューサーを抱きしめているかのよう……)

伊織「……」

伊織(幸い、今のプロデューサーは頭がおかしい。多分、一時的なものなんだろうけど……)

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:02:01.06 ID:lY/yfCZoo

伊織(やるしかないのかもしれない、今を逃せば、もうチャンスはこないのかも……)ダラダラ

伊織「……」ゴシゴシ

伊織(しかし、暑いわね……クーラーつけようかしら?)

P「暑い、しかし今日は暑いなあ……頭の中ももやもやするし……」ドバァ

P「はあ、冷える……しかしどうして水が止まってるんだ、断水か……?」ポタポタ

伊織(やっぱり止めておくわ。暑さに身を任せるのも、たまには良いのかも……)ダラダラ

伊織(オレンジジュースをかぶっている以外は、いたっていつものプロデューサーなのよね……)

伊織(いつもの……そう、いつものプロデューサー)

P「さすがに暑すぎるな、クーラーつけようか、伊織」ポタポタ

伊織「拒否するわ」

P「えぇー……」ポタポタ

伊織(今の変態じみた醜態さえなければ、あの自分の身さえ顧みない、危ういほどに献身的なアイツそのものなのに……)

伊織(ひさしぶりに、二人っきりの場所をとれたのに……)

伊織(どうして……)

伊織「どうして、オレンジジュースなんてかぶってるのよ……ばかぁ……」ジワ

P「伊織……すまん。けど、やむをえなかったんだ……」

伊織「意味分かんないわよっ」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:20:38.55 ID:lY/yfCZoo

P「コップを見ていたらな、実は俺の方がコップにふさわしいんじゃないかって、そう思えてきたんだ」

伊織「黙ってて! 私は、これ以上アンタに失望したくないっ」グスッ

P「そ、そうか……悪い……」

伊織「うぅ……同じ夢を見てくれたプロデューサーが、オレンジジュースを嬉々としてかぶっている姿なんて、見たくもなかったわよ……」ポロポロ

P「伊織……」

P「俺は、知らずお前を傷つけていたのか……そうあってはならないと、自分に言い聞かせてきたつもりなんだけどな……」

P「その結果が、これなのか。なんてざまだ、はは……」

伊織「ホントよ…なんてざまよ、アンタは……」

P「悪い。もっとしゃきっとするよ、俺」キリッ

伊織「い、いきなりそんなにキリっとしないでよっ」

伊織「例えオレンジジュースにまみれていても、そ、その……カッコいいんだからっ」カアァ

P「そ、そうか? 今の俺、甘いマスクを放てているかな?」

伊織「う、うん……甘酸っぱい香りまでする……」

P「そうかっ」パアァ

伊織(無邪気に喜んじゃって、本当にコイツは……もうっ)カアァ

伊織(はあ、顔があっつい。私まで頭がゆだってきたのかも……)

P「ああ、社長の渋さにはまだ負けるかな……でも、いつかは勝ってみせる」

伊織「私の中では圧勝よ、にひひっ♪」

P「伊織……!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:29:44.17 ID:lY/yfCZoo

伊織(なんだか、今のプロデューサー…的確に私の趣向にマッチしてきてるわ)

伊織(大好きなプロデューサーに、大好きなオレンジジュースっ)

伊織(合わさることで、最強になるのねっ)ニコニコ

P「機嫌、直ってきたな。ふふ、俺まで嬉しくなってくるよ」

伊織「うんっ♪ なりなさいなりなさいっ。主の喜びを、下僕は一緒になって喜ぶものなんだからねっ!」

P「あははっ、下僕かぁ…久しぶりに言われたよ」

伊織「ふふんっ。言わないだけで、今だって変わらないわよ」

伊織「アンタはね! 私の下僕! 私がトップアイドルにあがるための階段! そして私の、大切な、プロデューサー……」

伊織「なんだからねっ、ふふっ」ニコッ

P「ああ、甘んじて…いや、全力を尽くすよ」

伊織「……だから、そのことを絶対に、忘れないで…ね?」

P「無論だ」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:50:41.58 ID:lY/yfCZoo

P「すっかり乾いてしまった…なんだろうなこの後悔は……」

伊織(今のプロデューサー、なんだか、全部、良いわ……)

伊織(その黄色くべたついている顔さえも……)

伊織(……舐めたら、もし、なめたなら、どんな味がするのかしら……?)タラリ

伊織(ってなに考えているのよ私!?)フルフル

伊織(ダメよ! ダメダメダメ!! そしたら本当に変態になっちゃうじゃないの!!)

P「伊織」

伊織「なによぅ……柑橘系変態っ」

P「メジャーアイドル、もう、なったな。叶ったんだよ、俺達の夢は」

伊織「いきなり何を言い出してるの?」

P「けど、それで終わるお前じゃない」

P「なあ伊織。次はどんな夢を見ようか?」

伊織「そんなの決まってるわよ。わざとなの?」

P「あははっ、ごめんな。それで、どんな夢だ?」

伊織「トップアイドル」

P「だと思った!」

伊織「でもこれは、私だけが見られる夢じゃないわ……一人で見るには、あんまりにも重いんだもの……」

P「珍しく弱気だな、威勢よく言うのかと思ってたよ。私は絶対にトップアイドルになって見せる、ってな」

伊織「……いじわる。私が一人の力でここまで来たとでも思ってるの?」

P「違うな……」

伊織「この夢は……」

P「俺達の夢、だ」

伊織「うん! そう、私達の夢よ! にひひっ! 分かってるじゃないの!」

P「なんといっても、俺はお前のプロデューサーだからな」

伊織「うん……」

P「じゃあ、飲もうか。すっかり乾いちゃったけど、まだ滴れる」

伊織「それはイヤ」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/01(木) 23:51:53.25 ID:lY/yfCZoo

P「トップアイドルへの道に、この程度の障害はつきものだ」

P「これから先、いつ、何度プロデューサーがオレンジジュースをかぶるか分からないんだぞ?」

P「もしかしたら、それくらいの困難が山のようにあるのかもしれないしな」

P「怖気づくのか? 今、この場で。それとも伊織、そんなものだったのか……? お前は……」

伊織「違う。私は、いつだって、上を目指してきたわ。私の向上への貪欲さ、分かっていないアンタじゃないでしょ?」

P「そう、だな……」

伊織(そうよ! 今、ここで立ち止まっていて、本当に上を目指せるわけがないわ!)

伊織「だから私は……」

伊織(私は、水瀬伊織は、今一歩を踏み出して見せる……!!)

伊織「飲む! オレンジジュースを!」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:01:35.88 ID:1M2qzuojo

二時間後……

千早「萩原さん、さすがにレッスンスタジオに穴を掘るのはいただけないわ」

雪歩「ううぅ、ごめんなさいぃ……」

真「すごいよね、室内なのに土が出たからね、ボクびっくりだよ」

雪歩「私、せっかく千早ちゃんと真ちゃんにレッスン手伝ってもらってたのに」

雪歩「ボーカルレッスンも、ダンスレッスンも失敗してばっかりだったから……」

雪歩「こんなだめだめな自分にコンチクショウって思っちゃって、ついちょいっと掘っちゃった……うぅ」シュン

雪歩「穴掘ってこのままどこかに消え去れたらなって、そう思っちゃって、ね…ふふふ……」グスン

千早「誰だって失敗ぐらいするわよ。そう深く気にすることじゃないと思う」

真「そうだよ!」

雪歩「う、うんっ! だ、だよねっ、誰だって失敗しちゃうよねっ」

雪歩「私もうちょっと前向きに生きてみる!」

真「その意気だ雪歩! 雪歩には誰よりも強い芯がある! 自信もっていこうよ!」

雪歩「えっ、わ、私の芯なんてすぐポキっといっちゃうよ! シャーペンの芯とそう大差ないんだよぅ……」ズーン

千早「先は長いわね」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:12:37.98 ID:1M2qzuojo

真「はあ~やっと事務所に着いたー!」

雪歩「私のど乾いちゃった、お茶入れよっと」

千早「萩原さん、私にもお願いできるかしら?」

雪歩「うんもちろんだよ! 冷やした方が良い?」

千早「いえ、熱いままで大丈夫よ」

雪歩「了解っ、えへへ」ニコニコ

真「あ、ボクちょっとお先にお邪魔するねっ、と」ガチャリ


真「ただいま戻りましたー、うわあっつ!」

真「部屋の中暑すぎですよプロデュ……え?」


伊織「はあ、はあ……」ダラダラ

P「ああ、真。お疲れ様」


真「えへへ、間違えちゃいましたっ、ごめんなさいっ」

P「ちょ」

バタン


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:14:11.84 ID:1M2qzuojo

真「……」

千早「真? また閉じたりして、どうしたの?」

真「はは……」

雪歩「真ちゃん? ど、どうしちゃったの? なんだかニヒルだよ?」

真「ほのかに香るオレンジ、橙色に染まるプロデューサー、紅潮した伊織……」

雪歩「ま、真ちゃん? 本当にどうしちゃったの!?」

真「ボクは、いったい何を見たっていうんだ……あれはなんだろう、えへへ、分かんないやっ」

千早「真、気をしっかり」

真「分からない、分からないよ千早……なんだったんだろうあれ……ボクはなにを見せられたっていうんだ……分からない、はは……」グラ

雪歩「真ちゃん!?」ガシッ

千早「崩れ落ちてしまったわ……いったいあのドアの先にはなにが待ち受けているっていうの……」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:22:42.73 ID:1M2qzuojo

真「見てみれば分かるよ、いや分からないかな。現にボクは分かっていない」

ガチャリ

千早「暑い……むわっとして…え……?」

雪歩「うひゃあ……」

千早「……」


P「ああ、千早と雪歩も一緒か。お疲れ様……しっかし、暑いよな、はあ……」

伊織「もう、残ってないでしょ。ふふ、これで私は…トップ、アイドル……」


雪歩「は、はい。ただいま戻りましたぁ……」

真「とりあえずクーラーつけよっか。ボク、クーラー見張ってるねっ」ピッ

雪歩「真ちゃん、そうまでして現実を見たくないんだね……気持ちは分からなくもないけど……」

千早「……」

雪歩「千早ちゃん?」

千早「いやぁ……」ジワ

雪歩「千早ちゃん!?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:24:02.12 ID:1M2qzuojo

千早「こんなプロデューサー、私見たくない……なんなの、オレンジ色ってなんなのよ……」ウルウル

千早「どうせ染まるのなら青色が良かったわ……」グスッ

雪歩「千早ちゃんがすんごくショック受けてる……ど、どうしよっ、真ちゃん……」

真「千早は人一倍純粋なんだよ、雪歩。だからショックも人一倍大きいんだ……」

真「だってさ、信頼していた人が、事務所で、信頼していた仲間とヘンなことに興じているんだよ? 誰だって哀しむに決まってる」

真「プロデューサーにはこういう一面もあった、そう思うしかないんだ。今のボク達にはそうする他に、手段なんて…ない」

千早「見たくない……見たくないっ!!」ブワッ

真「落ち着きなって千早……これが現実だよ。受け止めるしか、それしか方法はない、ボクの頭じゃそれしか思いつかないよ」

真「はは……ボクはなんて、非力なんだろう……」シュン

雪歩「真ちゃんは諦観に駆られているし……ど、どうしようっ、私はどうなればいいのっ!?」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:38:25.83 ID:1M2qzuojo

伊織「落ち着きなさいアンタ達」

千早「ふぇ……?」グスッ

真「伊織……顔がさ、真っ赤っかの春香色になってるよ」

伊織「こ、これはっ、良いの! 気にすることじゃないわ!」

雪歩「それよりさ、伊織ちゃん。プロデューサーとなにしてたの?」

伊織「愉しいことよ」ニコッ

雪歩「そうなんだ……」

P(あぁ、涼しい、寒気までするぐらいだ……最初っからクーラーつけておけば良かった……)

P(……)

P(何やってたんだろう、俺は……)


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:41:51.00 ID:1M2qzuojo

千早「プロデューサー、なんだか甘い香りがします……それに変色しています」グスッ

P「あ、ああ、オレンジジュースの効能だよ」

千早「そうなんですか……」グスッ

P「千早、泣き止んでくれ……俺、頭が少し茹っちゃってたみたいなんだ、すまない……」

千早「私の涙、拭いてください…」グスッ

P「顔が甘酸っぱくなるぞ?」

千早「それでも、です」グスン

P「あ、ああ、分かった……」ゴシゴシ

千早「……」

ペロ

P「へ?」

千早「ふふ、手まで甘酸っぱくなってますね」ニコ

伊織「ちょっと千早!?」

真「千早…一番、この場の雰囲気に置いてかれてると思ったら、すごい速度で駆け抜けてった……」

雪歩「千早ちゃんすごい……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:57:01.37 ID:1M2qzuojo

真「とにかくさっ、どうしてこうなったのかを、説明してもらいたいんだよボク達は!」

伊織「これは私が逃げなかった結果。トップアイドルから逃げなかったからこうなったのよ」

千早「漠然とし過ぎているわ……」

雪歩「わ、私だってトップアイドル目指してるもんっ」

雪歩「必要ならお茶だってかぶる所存なんだよっ!」

千早「プロデューサーからも何か説明を……うわぁ……」

P(俺はなにをやっていたんだろう、俺はなにをやっていたんだろう……)ズーン

P(なんだあれ、なんなんだあれ……いくら暑かったとはいえ……)ズズーン

P「体中が甘酸っぱい、べったべただ……良かった、ジャケット脱いでて。本当に良かった……でもよくない……」ズズズーン


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 00:58:24.84 ID:1M2qzuojo

P「はあ……」

伊織「ねえ、アンタは後悔してるの……? 私は別にしてないわ、だって、よ、よかったし……」カアァ

雪歩「伊織ちゃん、まだ頭茹ってるよ」

P「オレンジジュースをかぶったことはな、それはもう心の底からしているよ」

伊織「うん……」シュン

P「けど、伊織、お前と話したこと、その内容に後悔なんて一つもない。全て俺の本心だ」

伊織「そう、そうよねっ」パアァ

雪歩「二人とも、まだ暑さが尾を引いちゃってる……」

真「結局なにがなんだか分かんなかったよ」

千早「あとでみんなで締め上げましょう。そのころには二人ともクールダウンしているわ」


P「新しい夢だって、お互いに確認できたんだ…これからトップアイドルに向けて頑張ろうな!」

伊織「もちろん! アンタは私のプロデューサーなんだから、しっかり頑張りなさいよねっ!」



終わり