1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:35:20.65 ID:dSe2BU2h0

引用元: まゆ「まゆの運命の人は朋さんだった」 


 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:36:06.80 ID:dSe2BU2h0
まゆ「お邪魔します」

朋「どうぞ」

朋「別に何もない部屋だけど」

まゆ「そんなことないですよぉ」

まゆ「水晶玉とか置いてます」

朋「気にするのはそこなのね」

まゆ「真っ先に目に入りました」

まゆ「ほかの部屋では見ませんから」

朋「まあ、そうよね」

朋「あたしほら、占いとか好きだから」

まゆ「そうですよねぇ」

朋「……」

朋「占ってあげようか?」

まゆ「結構です」

朋「そうよねぇ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:36:36.47 ID:dSe2BU2h0
朋「ま、とりあえず座ってお菓子でも食べましょ」

朋「クッションどうぞ」

まゆ「ありがとうございます」

まゆ「……ふふ」

まゆ「まゆ、こんなにスナック菓子ばっかり買ったのって初めてかもしれません」

朋「そうなの?」

朋「なんか、こう……友達と騒ぐときとかこんな感じだったりしない?」

まゆ「……そういう騒ぎ方はあまりしたことないですねぇ」

朋「……まあ、まゆちゃんらしいわね」

まゆ「どういう意味でしょうか?」

朋「可愛らしいってことよ」

まゆ「うふふ、ありがとうございます」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:37:03.64 ID:dSe2BU2h0
朋「まあ今日はもう……ほら、やけ食いしたい気分だしね」

朋「クッキーばっか食べるよりポテチみたいなのばっかり食べたい気分」

まゆ「……そうですねぇ」

朋「……」

まゆ「……」

朋「……とりあえず、水晶玉どかすわね」

まゆ「そうですね……机の上に広げられないですし」

朋「……」

まゆ「……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:37:49.73 ID:dSe2BU2h0
朋「サイダー注ぐわ」

まゆ「ありがとうございます」

まゆ「……すいません、何から何まで」

朋「いいわよ別に」

朋「あたしが招待したんだから、あたしがもてなすのは当然でしょ」

朋「さ、それじゃ乾杯でもしますか」

まゆ「ええ」

朋「……何に乾杯する?」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……プロデューサーさんに」

朋「空しくなるからやめて」

まゆ「じゃあ、どうするんですか?」

朋「……」

まゆ「……」

朋「運命の人との出会いに」

まゆ「それもちょっと……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:38:18.42 ID:dSe2BU2h0
まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……素敵なお菓子パーティに」

朋「乾杯」

まゆ「乾杯」

朋「んくっ……ぷはぁっ!」

朋「やっぱサイダーっておいしいわね!」

まゆ「そうですねぇ……んくっ」

まゆ「ぷは……ふぅ」

まゆ「なんだか久しぶりにサイダーを飲んだ気がします」

朋「そうなの?」

朋「……でも、確かにそういうイメージあるかも」

まゆ「そうですかぁ?」

朋「というかサイダー飲めなそう」

まゆ「それは馬鹿にしすぎです」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:38:46.01 ID:dSe2BU2h0
まゆ「うふ……ポテチもおいしい」

朋「そうね」

朋「……このペースで食べてたらすぐになくなっちゃいそう」

まゆ「太っちゃいますねぇ」

朋「そうね」

朋「それには気がつきたくなかったわ」

まゆ「大丈夫ですよ」

まゆ「まゆたちいっぱいレッスンしてますから」

まゆ「このくらいのカロリーなんてすぐ消費できますよ」

朋「食べるスピード落ちてるわよ」

まゆ「……」

朋「……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:39:15.25 ID:dSe2BU2h0
朋「でも食べるのよね」

まゆ「食べたいですから」

まゆ「食べないとやってられないですから」

朋「まあ、そうよね」

朋「……」

まゆ「……」

朋「ねぇ、ため息ついていい?」

まゆ「……」

朋「……」

朋「はぁ……」

朋「あー、やっぱいきなり気分を切り替えるなんて無理よ」

朋「あーあ……今頃二人は何してるのかしら」

まゆ「きっと、うまくいってると思いますよ」

まゆ「普段から仲良かったですし」

朋「そうよね」

朋「はぁ……」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「プロデューサーさんには幸せになってほしいですから」

まゆ「ですから、うまくいってほしいです」

朋「そうねぇ……」

まゆ「……」

まゆ「……でも」

まゆ「でも、幸せになったプロデューサーさんの隣にいるのは」

まゆ「……」

まゆ「……まゆであって欲しかった」

朋「……」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:39:47.15 ID:dSe2BU2h0
朋「あたしだってそうよ」

朋「あたしだって……」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「まゆたちはなにがダメだったんでしょうか」

まゆ「顔?」

まゆ「スタイル?」

まゆ「性格?」

まゆ「……」

まゆ「それとも……」

まゆ「まゆが……」

まゆ「……」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:40:28.57 ID:dSe2BU2h0
朋「まゆちゃんに魅力がないわけじゃないわ」

まゆ「……どうして、そういいきれるんですか?」

朋「だって、あたしがまゆちゃん可愛いと思うから」

朋「それじゃあダメかしら?」

まゆ「……いえ」

まゆ「うれしいです……とても」

朋「よかった……ふふ」

まゆ「朋さんも、可愛いと思いますよ?」

朋「ありがとう」

まゆ「本心ですから、礼なんて……」

朋「それでもよ」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……」

朋「……あたしたちは、何がダメだったんだろうね?」

まゆ「……」

朋「……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:40:58.12 ID:dSe2BU2h0
まゆ「もしかして、はじめから決まってたんでしょうか?」

朋「何が?」

まゆ「結ばれる人が」

朋「……」

まゆ「運命の赤い糸が結ぶのは一組だけ」

まゆ「ほかの人はどれだけがんばったってその間に割って入り込むことなんてできなくて」

まゆ「それを見て、神様は面白がって笑ってるんです、きっと」

朋「……」

まゆ「神様の気まぐれで、運命の人は決まって」

まゆ「その結果を覆すことなんてできなくて」

まゆ「……」

まゆ「じゃあ……」

まゆ「じゃあ、どうすればまゆは勝てたんでしょうか……」

まゆ「……」

まゆ「……っ」グスッ

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:41:41.86 ID:dSe2BU2h0
朋「……はい」

朋「ハンカチ」

まゆ「……すいません」

まゆ「お借りします」

朋「いいわよ」

朋「胸を貸してあげる、なんてかっこいいことは言えないけど、このくらいは任せなさい」

朋「あたしだってまゆちゃんよりはお姉ちゃんなんだから」

まゆ「……ありがとうございます」

朋「どういたしまして」

まゆ「プロデューサーさん……」

まゆ「プロデューサーさん……!」

朋「……そりゃ、諦めきれないわよね」

まゆ「だって……だって……!」

まゆ「ずっと、好きで、好きで……大好きで、本当に大好きで……!」

まゆ「なのに……なのにっ……!」

朋「……」

朋(あたしだって……)

朋(あたしだって、好きだったのに)

朋(……)

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:42:16.80 ID:dSe2BU2h0
まゆ「……すいません、落ち着きました」

まゆ「ありがとうございます朋お姉ちゃん」

朋「その呼び方は恥ずかしいからやめて」

まゆ「……うふ」

まゆ「このハンカチは洗って返しますねぇ」

朋「すぐそこに洗濯機があるんだしいいわよ」

まゆ「……そうでした」

朋「ふふ」

まゆ「……」

朋「……運命の人、ねぇ」

朋「まゆちゃんは覚えてる?」

まゆ「何をですか?」

朋「まゆちゃんの運命の人」

まゆ「……朋さんですよね」

朋「あたしの占いだとね」

朋「……まゆちゃんの理論ならさ」

朋「あたしたちの間にも、誰にも割り込めない何かができるのかしら?」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……」

朋「……」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:42:53.12 ID:dSe2BU2h0
まゆ「まゆは、朋さんのことを良く知りません」

朋「そうね、あたしもまゆちゃんのことぜんぜん知らない」

朋「あまり話したこともなかったわよね?」

まゆ「そうですねぇ……」

朋「だから、あたしはまだまゆちゃんの魅力をぜんぜん知らないのよね」

朋「可愛らしい、なんてあいまいな言葉しか浮かばないわ」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……」

朋「なのに、まゆちゃんが運命の人なのよね」

まゆ「はい……神様が決めた、カップルの一つ……まゆたちも」

朋「……」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:43:21.08 ID:dSe2BU2h0
朋「……あたし、まゆちゃんをもっと知りたいわ」

まゆ「……」

朋「もしまゆちゃんが運命の人なら、なおさら今のままじゃダメだし」

朋「そうじゃなくたって、まゆちゃんのこと知りたいわ」

まゆ「……まゆだって」

まゆ「もっと、朋さんのことを知って」

まゆ「知って……」

朋「……」

まゆ「……知った後」

まゆ「まゆたちはどうなるんでしょう?」

朋「……どうなるのかしら」

朋「占ってみる?」

まゆ「……いえ」

朋「……」

まゆ「……」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:43:47.34 ID:dSe2BU2h0
朋「……そろそろ夜も遅いわね」

朋「どうする?」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「まゆ、まだいたいです……」

まゆ「今日は……今日だけは……」

朋「別にいいけど……布団とかはないわよ?」

朋「だから……」

まゆ「……それでも」

まゆ「寂しいから……一人でいたくない……」

まゆ「一人に……なりたくない……」

朋「……」

まゆ「……ダメですかぁ?」

朋「ううん」

朋「今日は一緒に寝ましょうか」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:44:14.57 ID:dSe2BU2h0
朋「……誰かとベッドに入るなんて初めてだわ」

まゆ「まゆもです」

まゆ「あ、でも小さいころはママと一緒に寝てたことはあります」

朋「それはノーカンでしょ……あたしだってそうよ」

まゆ「そうですよねぇ……うふ」

朋「ふふっ」

まゆ「……」

朋「……大丈夫、狭くない?」

まゆ「大丈夫です」

まゆ「……」

まゆ「……いえ」

朋「ん?」

まゆ「もうちょっと、近づいてもいいですか?」

朋「……」

朋「……ええ」

まゆ「手も、握っていいですか?」

朋「いいわよ」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:44:41.97 ID:dSe2BU2h0
朋「まゆちゃんの手、やわらかいわね」

まゆ「そうですかぁ?」

朋「ええ、思わずこねるように握っちゃうくらい」

まゆ「うふ……くすぐったいですよぉ」

まゆ「まゆもお返し……えいっ」

朋「ふふ、本当、くすぐったいわね」

朋「……って、こんなことしてたら寝れないわね」

まゆ「……」

朋「……大丈夫よ、手は握ってるから」

朋「安心して」

まゆ「……ありがとうございます」

朋「いえいえ」

まゆ「それじゃ、おやすみなさい」

朋「ええ、おやすみ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:45:09.85 ID:dSe2BU2h0
まゆ「……すー」

朋「……」

朋(手、強く握られてる)

朋(迷子の子供みたいに)

まゆ「……うぅ」

まゆ「プロ……」

朋(たまに聞こえる寝言はきっとプロデューサーさんを呼んでいるんだろう)

朋(……)

朋(まゆちゃんが、プロデューサーさんに会うためにアイドルになったのはさっきも聞いた

し、知ってる)

朋(……会うため、というより、結ばれるためね)

朋(けど、プロデューサーさんはもう違う人と結ばれてしまった)

朋(きっと、暗闇に一人放置されたような感じなんだろう)

朋(たぶん、その感じはあたしのよりも強い)

まゆ「すー……」

朋(だから……こうして、手を握って、誰かと一緒だ、って安心したい)

朋(そんな気持ちなんだと思う)

朋(……)

朋「……ありがとう、まゆちゃん」

朋「あたしも、今日は一人でいたくなかったの」

まゆ「……すー」

朋「……おやすみ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:45:35.77 ID:dSe2BU2h0
まゆ(……)

まゆ(……あたたかい)

まゆ(なにかに、つつまれてる)

まゆ(ここちいい)

まゆ(……)

まゆ「……」

まゆ「……んっ」

朋「すー……」

まゆ「朋さん……?」

まゆ(ああ……昨日、あのまま朋さんと一緒に寝て……)

まゆ(こんなに……顔が近くに……)

朋「すー……」

まゆ「……きれい」

まゆ「……」

まゆ「……」

朋「……ん……うぅ」

朋「んー……?」

まゆ「あ……おはようございます」

朋「ん、おはよう……」

朋「……もしかして、ずっと見てた?」

まゆ「そんなにずっとってほどではないですけど……」

朋「うわ、恥ずかしい……」

朋「よだれとか垂れてなかったかしら……」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:46:06.21 ID:dSe2BU2h0
朋「……というか、あたしまゆちゃん抱き寄せちゃってるじゃない!」

まゆ「……あ」

まゆ(今、気がつきました)

まゆ(朋さんの腕がまゆの背中に回っています)

朋「記憶にないんだけど……うーん、寝返りでこうなっちゃったのかしら……?」

朋「ごめん、寝づらかったでしょ?」

まゆ「いえ、一回も起きませんでした」

まゆ「それに……温かくて、心地よかったです」

朋「そ、そう」

朋「それはそれで恥ずかしいわね……」

まゆ「……まゆも、言ってて恥ずかしくなりました」

まゆ「でも、安心できたのは本当ですから」

まゆ「……ありがとうございます」

朋「ほんとに無意識だったんだけど……」

朋「ま、いいわ、どういたしまして」

朋「まゆちゃんが安心して眠れたならなによりよ」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/29(月) 02:46:56.94 ID:dSe2BU2h0
まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……動かないんですかぁ?」

朋「実は、まだ朝早すぎるのよね」

朋「いつもおきてる時間までまだ結構あるの」

まゆ「……あ、本当」

朋「だから、もう少しこうしていたいな、って」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「まゆも、こうしていたいです」

まゆ「まゆからも、腕伸ばしていいですか?」

朋「ええ」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「あったかいですね」

朋「そうね」

まゆ「……」

朋「……安心するわね」

まゆ「……はい」

朋「……」

まゆ「……」

朋「……」

まゆ「……」

朋「すー……」

まゆ「すー……」




おしまい


次回 朋「まゆちゃんとユニットを組むかもしれない」