1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:01:23 ID:JKa4mf..

あるところに集いがあった

一人の男が勝手に始めたそれは

いつしかいろいろな人を集めるようになった

そう…鍋である

そして主催は…

ライナー・ブラウン

彼がどこから食材などを持ってくるかは一切不明

しかし集う人はこういう

「楽しければそれでいいじゃないかと」

そんなわけで

ライナー「ライナーのライナーによるみんなのための鍋パーティ」

ライナー「略してらいなべ、はーじまーりまーす」

ベルトルト「相変わらず唐突だね」

※女性恐怖症エレンの設定は引き継いでいません 





進撃の巨人
進撃の巨人
posted with amazlet at 16.03.01
コーエーテクモゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 58
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:06:20 ID:JKa4mf..


グツグツ

ライナー「そんなわけで何回目か覚えてねえ鍋なわけだが」

ジャン「そんなにやってんのかよ…」

ベルトルト「ジャンは初参戦だったっけ?」

コニー「ていうか俺たちだけか?」

アルミン「たぶんエレンが呼べばミカサあたり来そうだけどね」

エレン「は?いもしねえのに呼んでも来るわけねえだろ」

ライナー「お前ら心配すんな」

一同「?」 



5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:09:42 ID:JKa4mf..
ライナー「女性陣は後から来るそうだ」

一同「おお!」

ライナー「というわけで今はまだ男性陣しかいない」

一同「…」ゴクリ

ライナー「というわけで今しかできない話題をしようじゃないか」ニヤリ

コニー「今しかできない話題ってなんだ?」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:12:35 ID:JKa4mf..
ライナー「というわけで最初の話題」



ライナー「みんなの女性陣の印象をきーきたーいな♪」

ベルトルト(相変わらずのキモさだよライナー…)

ライナー「じゃあまず俺から!!」

ライナー「…と言いたいとこだが…」

ライナー「エレンで!」

エレン「!?」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:17:46 ID:JKa4mf..

グツグツ


エレン「え?印象って?」

アルミン「とりあえず女性陣で思ったことを言ってけばいいんだよ」

エレン「そっか…といってもな」

エレン「じゃあ格闘訓練で組んだ印象とか?」

ジャン「別に死に急ぎ野郎のガキくせえ話なんざ興味ねえからさっさとしろ」

エレン「…なんだと?」

アルミン「エレン!」

コニー「ジャン!!挑発すんな!!」

エレン「…じゃあミカサから」

ジャン「…」ピク 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:22:06 ID:JKa4mf..
~格闘訓練~




ミカサ「私はあの女に負けてないということを証明しようと思う」

エレン「?」

ミカサ「というわけでエレンに私の技を伝授する」

エレン「え?技って?」

ミカサ「とりあえずエレンはならず者をしてほしい」

エレン「…わかった、じゃあ行くぞ」



ミカサ「明日のためにその一」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:26:48 ID:JKa4mf..
ミカサ「攻撃の突破口を開くため、或いは敵の出足を止める為」

ミカサ「肘を脇の下から離さぬ心構えで、やや内角を狙いえぐり込む様に…」

ミカサ「打つべし!!」ビシ


エレン「!?」

ミカサ「打つべし!打つべし!打つべし!打つべし!」ビシビシビシビシ

エレン「ちょ!!タンマ!痛い!ストップ!!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:30:22 ID:JKa4mf..



エレン「…」ボロボロ

ミカサ「ごめんなさいエレン」

ミカサ「つい熱くなってしまった」

エレン「いや、大丈夫だ!」ボロボロ

エレン「俺が未熟なだけでミカサが悪いわけじゃない」

エレン「それよりさっきのやつもっと詳しく教えてくれよ!!」

ミカサ「…エレン」パアァ

ミカサ「わかった、全力で教える」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:44:29 ID:JKa4mf..


グツグツ


エレン「てなことがあってな」

ライナー「いつかの訓練後エレンの顔が2倍になっていたのはそういうことだったのか」

アルミン「でもミカサそんな技どこで習得したんだろ?」

ジャン「ミカサに不可能はねえ!!」

コニー「なんでジャンがそんなこと言えるんだ?」

ジャン「だってミカサだし」

コニー「そっか」



グツグツ 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:46:58 ID:JKa4mf..
エレン「じゃあ次アニな」

ライナー(ん?アニと言えば何か忘れてるような…)




エレン「まあアニと言えば足技って印象もあったんだけどさ…」

アルミン「?」



グツグツ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:51:27 ID:JKa4mf..





エレン「ぐふ!!」

ドサ

アニ「…やる気あるの?」

エレン「ある!!」シュタ

アニ「そうは言っても全然見切れもしないじゃないか」

エレン「くっ…」

アニ「教えるこっちの身にもなってほしいもんだね」ハァ

エレン(こうなったらミカサに教わったあれを…) 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:54:02 ID:JKa4mf..
エレン「なあアニ」

アニ「?」

エレン「ならず者をやってくれないか?」

アニ「…別にいいよ」

エレン(よし!第一関門クリア)

エレン「じゃあかかってきな!」






エレン「打つべし!打つべし!打つべし!打つべし!」スカッスカッスカッスカ

アニ「……」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/25(火) 23:56:32 ID:JKa4mf..
アニ「全然当たってないんだけど」

エレン「…あれ?」

アニ「でもまあ筋はいいね」

アニ「…私からも一つ教えてあげるよ」






アニ「明日のためにその二」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:02:14 ID:edtj.GWE
アニ「左ジャブで敵の体制を崩し、突破口を見出せば、すかさず右ストレートを打つべし」ドゴォ

エレン「ゴフ!!」

アニ「これ基本なり」ドグゥオン

エレン「ゴハ!!」

アニ「右ストレートは、右拳に全体重を乗せ、まっすぐに目標をぶちぬく様に…」

アニ「打つべし!!」ボゴオン

エレン「へぶん!!」

アニ「この際、打ったコースと同じ線上を同じスピードで引き戻す事」

ドサ

アニ「一発でKOを生む必殺パンチなり」


エレン「」きゅ~ 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:06:21 ID:edtj.GWE

グツグツ


エレン「アニはパンチも強い」

アルミン「エレンの印象は強いかそうでないかって感じだね」

ライナー(なんかアニのことですごいことを忘れてる気がする)プルプル

ベルトルト「ライナー?どうしたんだい?」

ジャン「うんこでも行きたいんじゃね?」ホジホジ

コニー「ジャン!!ウンコ食おうとしてる時に鍋の話すんな!!」

アルミン「コニー!!逆!!逆!!」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:09:30 ID:edtj.GWE

グツグツ


エレン「ていうかそろそろ食っていいんじゃないか?」

ライナー「お、そうだな!」

ライナー「じゃあみんな!俺に続け!」

ライナー「おててとおてて、合わせて幸せ」

ライナー「いただきます」

一同(なんだそれ…」

ライナー「この挨拶をしないものは食えないものと思え」

一同「!?」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:15:16 ID:edtj.GWE
グツグツ


エレン「えっと次は…」

ジャン「てめえの話はつまんねえからもういいって」

アルミン(ミカサの話が終わったらこれだよ)

エレン「じゃあジャンが面白い話してみろよ」

ジャン「ああしてやるよ!!てめえなんかよりもっとおもしれえかんな!!」

ジャン「じゃあ俺がミカs ミカサ「気持ち悪い」

ジャン「いやまだなにm ミカサ「ジャンのいうことは大体そう」

ジャン(え?これってミカサが俺のことは大体わかると?)



ライナー(主催は俺なんだけどな…)モッソモッソ 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:21:48 ID:edtj.GWE
グツグツ


ミカサ「ところでみんな何の話を?」

ジャン「え?…いや…その…」

アルミン(エレンが女性陣の印象を話てたなんて話したら…)

ライナー(とりあえずエレンが変なこと言わないことを…)

コニー「うまうま」モグモグ

ミカサ「私の名前を言っていたような気がするけど」

エレン「ああ、ライナーが女性陣の印象を教えてくれって」

アルミン(うん、安定の軽さだ)

ベルトルト(でもこれくらいなら大丈夫じゃない?) 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:26:12 ID:edtj.GWE
ミカサ「私たちの印象?」


エレン「おう!俺がミカサにボコボコにされた話をちょっとな!」


ミカサ「!?」

ライナー(なに言っちゃってんの!?この人)

アルミン(うわでた…流石のエレンクオリティ)


エレン「いや~あれはすごかった!!なんせ俺の顔が…」

エレン「2倍!!」

ミカサ「……」プルプル 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:30:27 ID:edtj.GWE

ミカサ「…今私がこの場で暴れて…みんなの記憶がなくなっても…」

ミカサ「みんなは許してくれるだろう」


エレン「は?何言ってんだミカサ」

ライナー(あ、マズいこれ)

アルミン(理不尽な暴力受けるパターンだ)

ジャン(プルプル震えてるミカサ萌え)

コニー「ほふほふ」モグモグ


ミカサ「みんなはきっとわかってくれる」

ミカサ「これは必要な犠牲だということを」ゴゴゴゴゴ 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:36:01 ID:edtj.GWE

グツグツ




ライナー(まあ肉塊にならなかっただけましか)ボロボロ

アルミン「ここはどこ?私はだれ?」

ジャン「俺…Mに目覚めた」

エレン「なんで俺まで」ボロボロ

ベルトルト(君が言う?)ボロボロ

ミカサ「あれは私にとって黒歴史」

ミカサ「忘れてほしい」

エレン「なんでだよ?せっかく褒めてんのに」

一同「!?」


コニー「はふはふ」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:41:21 ID:edtj.GWE
グツグツ


ライナー「まあミカサも来たことだし次のお題」

ライナー「みんなの将来のゆーめ♪」


ベルトルト(どうやったらそこまでキモくなれるんだ…)


ライナー「じゃあ俺からな!!」

ライナー「俺はクリスタを嫁に貰う!!」

アルミン「あ”!?」

ベルトルト「故郷は!?」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:45:14 ID:edtj.GWE
ミカサ「アルミンの記憶が戻った、よかった」

エレン「ああ…ほんとよかった」


アルミン「おいちょっと待てどういうことだ?」

ベルトルト「故郷はどうした!?故郷は!?」

ジャン「おいうるせえぞてめえら!教官にばれたらどうすんだ!?」

コニー「ああ大丈夫」

ジャン「なんでだよ!?」


キース「やっとるか~?」

コニー「教官もたまに参加するし」

ジャン「!?」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:49:20 ID:edtj.GWE
ジャン「きょきょきょ教官!?」

キース「そう堅苦しくするな、今はキースだ」

ジャン「ででででもばれたら…」

キース「……なんとかなる」キリッ

コニー「教官」

キース「だから今は…」

コニー「飲んでます?」

キース「わりと」ウィック 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 00:55:42 ID:edtj.GWE
ライナー「だからな~クリスタは俺に…」

アルミン「待てコラ」

ベルトルト「どうしたんだライナー…」


エレン「こんなに元気になってアルミン」

ミカサ「この流れのまま私はエレンを…」




コニー「飲みすぎちゃだめじゃないですか気を付けてくださいよ」

ジャン「コニーそんな砕けちゃまずいだろ!!」

キース「ジャンうるさい!走らせちゃうぞ!」

コニー「なに可愛く言おうとしてるんですか無理がありますよ」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 01:02:14 ID:edtj.GWE
ライナー「お前ら羨ましいのはわかるけどな」

ライナー「大体クリスタは俺にぞっk クリスタ「え?聞こえない」

ライナー「……」

クリスタ「もう一回言ってほしいなライナー」

ライナー「だかたクr ユミル「うっせえゴリラ」ゴス

ライナー「…痛い」


ユミル(うっわ結構うじゃうじゃ集まってんな~…)

ユミル(ってハゲ教官いんじゃん大丈夫かよマジで…) 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 01:10:23 ID:edtj.GWE



クリスタ「もう始まってだいぶ経ってるんだよね?」

エレン「ん?まだそんな経ってねえよ」

クリスタ「そうなの?なんかみんな出来あがってるというか…」

エレン「もともとこんなもんだ」

ユミル「オイオイ死に急ぎ野郎は何うちの天使口説こうとしてるんだ?」

ミカサ「本当なの!?エレン!」

エレン「んなわけねえだろ先に話しかけたのはクリスタだ」

クリスタ「そうだよ!(ただ一番壊れてなさそうだから話しただけなのに)」



アルミン(エレンが天使と仲がいい…だと…)

ベルトルト「目は覚めた?ライナー」ゴスッゴス

ライナー「覚めた!覚めたからもう殴らないでくれ!」 


37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:02:06 ID:ZCEo.rqU
グツグツ



ライナー「さて…次は…」

ライナー「ジャン♪」

ライナー「ジャジャジャン♪」

ライナー「ジャジャじゃジャーン♪」

ジャン「え?俺?」

ライナー「いやアルミン」

ジャン「……」

ベルトルト「ジャン…今君が思ってることが手に取るようにわかるよ…」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:06:27 ID:ZCEo.rqU
グツグツ



アルミン「僕の将来の夢は…」チラ

エレン「アルミン、恥ずかしがることはねえだろ」

ミカサ「私は夢を持つアルミンを応援してる」

アルミン「うん」

アルミン「僕の将来の夢は…」

ライナー「何かな何かな♪」

ジャン・ベルトルト(うぜえ)

ユミル(きめえ)




アルミン「ハーレムさ!」

エレン(ん?外の世界は?) 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:12:35 ID:ZCEo.rqU
アルミン「僕だって男さ!」

アルミン「それくらいのことは考える!」

ミカサ「アルミンらしく アルミン「アルミンらしくない?」

アルミン「僕は誰にも縛られない!」

アルミン「アルミンクオリティ…」ドヤァ

エレン「さっきから言ってることが支離滅裂…!?」

エレン「まさか!!」


エレン「誰だアルミンに酒飲ませたのは!?」

キース「私だ」

エレン「!?」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:18:02 ID:ZCEo.rqU
キース「アルレルトは苦労人とか聞いたんでな」

キース「ちょっと楽しみを教えてやろうと」

ミカサ「本音は?」

キース「普段真面目な奴が壊れる様を見て下種笑いしたかった」

ジャン(おおよそ教官の言うことじゃねえな)


ライナー「なんだアルミン壊れてんのか」

ライナー「じゃあコニー」

コニー「え?俺?」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:22:04 ID:ZCEo.rqU
アルミン「ではハーレムの定義から話そうか!」



コニー「俺の将来の夢って言ってもな」

コニー「俺は天才だから夢なんて見なくても叶えられる!」

ジャン「え?誰が天才?」

ユミル「なんか空耳が聞こえたんだけど」ニヤニヤ

コニー「あ?お前ら喧嘩売ってんのか?」

クリスタ「3人とも喧嘩はよくないよ」

ジャン「ああ喧嘩はよくねえな」

ユミル「喧嘩はよくねえよ」

コニー「そっか」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:25:40 ID:ZCEo.rqU
アルミン「そもそもハーレムとはどんなものかというのがだね…」

エレン「アルミン、一回外の空気吸ってこよう」

ミカサ「そうするべき、私も行く」




ライナー「で?結局コニーの夢はなんなんだ?」

コニー「俺の夢は…」





コニー「なんだっけ?」

ベルトルト(やっぱコニーはこうであるべきだ) 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:29:37 ID:ZCEo.rqU
アルミン「やだミン!絶対やだミン!ここで語り明かすんだミン!」

エレン「なんだその語尾は!?」

ミカサ「アルミンが進化した…」





ライナー「やっぱコニーはコニーか」

ライナー「じゃあユミルでいいや~」ホジホジ


ユミル「なんか知らんが思いっきりぶっ殺してえ…」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:35:09 ID:ZCEo.rqU
アルミン「アルミンハーレミンの朝は近い!!」

ミカサ「だめ、私にもどうにもできない…」

エレン「ミカサでもだめだと…」

ジャン「じゃあ俺の出番だ!ガキは引っ込んでろ」






ユミル「私の夢?教えるかばーか!」

ライナー「つまらん!」

ユミル「?」

ライナー「全く持ってつまらん!」

ライナー「というわけでやっぱりクリスタは俺が…」

ユミル「あ?」

クリスタ「え?なんで今私の名前が?」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:40:05 ID:ZCEo.rqU
アルミン「アルレルト体操その一!」バキ

ジャン「」

エレン「ジャンが一撃で…」





ライナー「ん~?どうしたユミルさん?」

ユミル「てめえは何が言いてえんだ?」

クリスタ「なんで殺伐としてるの?」オロオロ




キース「飲むか?」

コニー「いただきます」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:47:54 ID:ZCEo.rqU
アルミン「これが…アルミン・アルレルトさ…」ヌギヌギ

ミカサ「これ以上は危険!今すぐ外に連れてくべき!」

エレン「畜生!お前ほんとにアルミンかよ!!」





ライナー「将来はクリスタの嫁さんか?」

ユミル「ちげえ!!私が嫁に…これもちげえ!!」

クリスタ「???」




キース「飲酒は営倉だ、わかってるな」

コニー「!?」

キース「冗談だ、私は今はただのキースだ」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:55:08 ID:ZCEo.rqU
グツグツ



キース「アルレルト、アッカーマン、イェーガーは一時離脱」

キース「ジャンは寝言でまま~う~うぅ~♪とか唸ってる始末」

キース「そしてすれ違いざまに入ってきたのは…」


サシャ「はぐはぐむしゃむしゃがつがつ!!」


コニー「あっという間に鍋がなくなりそうだ」



ライナー「…なにも殴らなくてもいいジャン」ヒリヒリ

ユミル「なんかお前の顔がムカついた」

クリスタ「え?二人って仲悪いの?」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 01:59:47 ID:ZCEo.rqU
ユミル「そもそもこいつと仲良くした覚えはねえ」

ライナー「連れないこと言・う・な・よ♪」

ユミル「」ゾワワ




クリスタ「え?ライナーってあんなに変だっけ?」

ベルトルト「大体あんな感じだよ」ジトメ





サシャ「ふん!」

コニー「ああ!?俺が育てた野菜たちが…」

キース「この世界は弱肉強食だ!」 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:02:54 ID:ZCEo.rqU




ユミル「」シロメ

ライナー「お?ユミルの反応が無いな」



ライナー「じゃあちょっとトイレトイレ」

ガチャ

アニ「……」

ライナー「……」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:05:41 ID:ZCEo.rqU


アニ「…ライナー?」

ライナー「……はい」

アニ「今何やってんの?」

ライナー「…鍋パです」

アニ「…私聞いてないんだけど」

ライナー「……」

アニ「何か言い残すことは?」

ライナー「…一杯やってく?」




ぎょええええええええええええええええ 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:09:44 ID:ZCEo.rqU
~その頃~



アルミン「アルレルト体操その八!」

エレン「え!?まだあるのかよ!?」

アルミン「僕の体操は108式まである!」

アルミン「僕たちの体操は始まったばかりだ!」



ミカサ「アルミンにお酒は絶対飲ませてはいけない」

ミカサ「いい教訓だった」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:16:22 ID:ZCEo.rqU
~再び鍋パ~




肉塊「」ボロボロ

コニー「誰この肉塊」

サシャ「肉!?どこですか!?肉うぅぅぅぅ!!」


アニ「……」

ベルトルト「ライナー…やっぱり」

肉塊「おう!やっちまったぜ!」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:20:46 ID:ZCEo.rqU



ユミル「…ゴリラが…ゴリラが襲ってくる」

クリスタ「ユミル!?しっかりして!!」


肉塊「さて…気を取り直して」

ライナー「じゃあクリスタの将来の夢を」フッカーツ

ライナー(ま、わかりきってるけどな)


ジャン「…ん?」パチ 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:25:56 ID:ZCEo.rqU
クリスタ「今そんな場合じゃないってば!」

クリスタ「ユミルが!ユミルが!」




ライナー「そっか…」ショボーン

ベルトルト「いや空気読めよ」

アニ(なんなのこのライナーのテンション)





サシャ「あっちはなんか殺伐としてますね」モッチャモッチャ

コニー「こっちは別の意味で殺伐だけどな」モグモグ

キース「弱肉強食うぅぅぅぅ!!」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:32:23 ID:ZCEo.rqU
ライナー「ん?なんかジャンが復活してるな」

ジャン「いや今起きたところでなんも状況把握してねえんだけど」

ライナー「じゃあもうジャンの夢でいっか」

ジャン「なんだよそのついで感!!」

ジャン「いいぜ!そこまで言うってんなら…」

ジャン「俺の超絶いかした将来の夢を語ってやるぜ!!」


アニ「あっそ」

ベルトルト「頑張って」

ライナー「オラワクワクすっぞ!!」

アニ・ベルトルト「!?」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:36:20 ID:ZCEo.rqU
ジャン「あれはな…俺がまだ小さかったころだ」




ライナー「さて、そろそろ次のお題行くか」

アニ「!?」

ベルトルト「アニ、これがライナーだ」





コニー「お、なんか次のお題みたいだ」

サシャ「別になんでもいいですけどね食べられれば」モグモグ

キース「そして鍋の具スッカラカン」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 02:41:34 ID:ZCEo.rqU
ジャン「この時からだったな…俺が…」





ライナー「なあなあベルトルト」

ベルトルト「なんだライナー」

ライナー「次のお題どうしよう」

ベルトルト「は?」

ライナー「俺恋バナ好きなんだ」

アニ「キモ」

ライナー「なんだアニ?俺が恋バナ好きじゃ悪いのか?」

アニ「別に」

ライナー「じゃあアニから語ってもらおかな♪」

アニ「!?」 


64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:26:23 ID:ZCEo.rqU
ジャン「んでな!そんなとき俺はこう言ってやったんだ!」




ライナー「なにかななにかな~♪アニの恋バナきーきたーいな♪」

アニ「…ないんだけど」

ライナー「そんなことないだろ、なんかいるだろ」

ベルトルト(また肉塊になりたいんだねライナー)

アニ「馬鹿馬鹿しい…」

ライナー「んじゃエレンは?」 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:31:19 ID:ZCEo.rqU
ジャン「それからだ!俺がこの夢をもったのは」




アニ「あいつはただ格闘訓練に付き合ってやってるだけ」

ライナー「そこから始まるラブストーリー…」

アニ「そんなのは全くないよ鬱陶しい」

ライナー「じゃあアルミン!」


サシャ「あ、お腹減ってきた」

コニー「え!?もう!?」 


67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:35:41 ID:ZCEo.rqU
ジャン「ここで終わりと思うだろ?違うんだなそれが」




アニ「どこで恋する要素があるのさ」

ライナー「ほら、頭いい男子ってモテるじゃん」

アニ「私は別に好きじゃないよ」

ライナー「じゃあ大穴狙いでミーナ!」





サシャ「マダー?」チンチン

コニー「少しは慎みを覚えろ」

キース「それ私の台詞だ」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:39:40 ID:ZCEo.rqU
ジャン「それからこんなこともあったんだ!」




アニ「ば!!んなわけないでしょ!!」

ライナー「え?」

アニ「大体同性なんて…」

ライナー「まさかのキマシ…」

アニ「だから違う!!」

ライナー「冗談のつもりだったのに…」




サシャ「この鍋の器って食えるんですかね?」

コニー「シラネ」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:44:58 ID:ZCEo.rqU
ジャン「まさかあの時にな…」




アニ「…~~~」カオマッカ

ライナー「……」

ベルトルト「…どうすんのこの空気」

ライナー「…さあ鍋の具材を追加しよう」ソソクサ

ガシ

ライナー「……」アセダラダラ

アニ「…さて…」





ユミル「…はっ!!」

クリスタ「ユミル!」

ユミル「…なんか大量のゴリラに襲われる夢を見た」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:50:01 ID:ZCEo.rqU
ジャン「ってお前ら聞いてるか?ここからいいとこなんだぜ!」





肉片「」ボロボロ

ベルトルト(何もここまでやらなくても…)

アニ「大丈夫ライナーだし」




サシャ「わっほい!!追加ですよ!追加!」

コニー「ちゃんと火通せよ」

キース「コニーがお母さんしてる」

ユミル「なんだったんだあのゴリラ…」

クリスタ「鍋食べて落ち着こ!ユミル」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:53:27 ID:ZCEo.rqU
ジャン「おい!今からジャンがいいこと言うからな!」




ライナー「俺一回外の空気吸ってきます」

アニ「あっそ」

ライナー「ついでにミーナ誘ってくる」

アニ「!?」

ライナー「じゃ」ダッ

アニ「~~~~」カオマッカ

ベルトルト(ライナーはとても性格が悪い) 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:55:27 ID:ZCEo.rqU
~外~





ライナー「そういえばエレン達が遅いな…」

ライナー「探してみるか…ん?」





ライナー「!?」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 14:57:38 ID:ZCEo.rqU


アルミン「アルレルト体操その七十五!!」


エレン「ちょ…マジでやばい…」ゼェゼェ

ミカサ(エレンが満身創痍、なのにアルミンは元気)

ミカサ(…一体何が起こってるの?)





ライナー「…さて…ミーナを誘うか」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:01:46 ID:ZCEo.rqU
~鍋パ~


ジャン「とここまでが俺の夢の話だ!!」

ジャン「どうだ?感動したか?」



サシャ「ガツガツムシャムシャ」

コニー「だから食うのはえーって!!」

キース「食う子は育つ!!」キリッ

クリスタ「はい!ユミル!あ~ん♪」

ユミル「え?今何が起こってるの?」アタフタ



アニ「あのライナーは一体何なの?」

ベルトルト「まあまあアニ落ち着いて」




ジャン「……ぐすん」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:07:38 ID:ZCEo.rqU
~外~




ライナー「この辺でいいか」

ライナー「……」スゥー




ライナー「ミイィナミイィナアアアァァァ♪」

ライナー「ミイィナミイィナミイィナアアァァァアアア♪」


ミーナ「ちょ!!うるさい誰!?」ガラ 


77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:13:03 ID:ZCEo.rqU

ライナー「うっす!」

ミーナ「ライナー!?なんでこんなところに!?」

ライナー「アニは預かった、返してほしくば鍋パに来い」

ミーナ「え?ごめんちょっと状況が読めない」

ライナー「以上」スタスタ

ミーナ「ライナー!?一体なんだったの!?」

ミーナ「待ってよライナー!」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:16:15 ID:ZCEo.rqU



アルミン「アルレルト体操その百!」

エレン「やった!体操数百!」

ミカサ「エレン!目を覚まして!」




ミーナ「ねえエレン達なんであんなことやってるの?」

ライナー「あれに関しては俺も全く知らん」

ミーナ「?」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:22:57 ID:ZCEo.rqU


ライナー「さあ着いたぞ」

ミーナ「え、えっと…お邪魔します?」



ジャン「畜生どうせ俺は道化よ…」

サシャ「おかわりを所望します!」

コニー「食いすぎだ!!」

キース「酒!飲まずにはいられない!」

クリスタ「ねーんねーんこーろりーよ♪」

ユミル「zzzzz」

ベルトルト「あ、ライナーおかえり」

アニ「!?」ボン


ミーナ「何このカオス」

ライナー(あれ?なんかクリスタ見てると涙がでる) 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:28:15 ID:ZCEo.rqU


ライナー「それよりもジャン」

ジャン「んだよ、道化になんか用かよ…」

ライナー「俺はお前の話、聞いてたぞ」

ジャン「嘘だ!じゃあどんなこと言ってたか言ってみろよ!」

ライナー「憲兵団に入って内地で歌うんだろ?」

ベルトルト(そしてライナーは地雷原を広げていくんだ)

ライナー「俺はお前の歌…好きだぜ」

アニ(しーらないっと)

ジャン「……」ブワ

アニ、ベルトルト「!?」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:32:18 ID:ZCEo.rqU

ジャン「お前だけだライナー!」ウルウル

ライナー「ジャン…」

ジャン「ありがとうライナー!!」

ライナー「はっはっはよせよ」キラーン





アニ「あんたほんとに聞いてたの?」

ライナー「いや、まったく」

アニ「は?」

ライナー「全部適当」

ベルトルト(ほんと収集つかなくなったらどうしてたんだよ…) 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:37:31 ID:ZCEo.rqU



サシャ「ライナー!!」

ライナー「どうしたサシャ?」

サシャ「おかわり~」マトワリツキ

ライナー「うわ!!やめろ!!まとわりつくな!!」

サシャ「おかわりくれないと…」

サシャ「ライナー食べちゃいますよ」ペロリ

ライナー「」ゾワワ



キース「なあ」

コニー「なんでしょうか?」

キース「あれはたから見るとエロイな」

コニー「?」

キース「貴様は純粋な心を忘れるなよ」

コニー「はぁ…」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:44:00 ID:ZCEo.rqU

エレン「いや~いい汗かいた!」

アルミン「これからもアルレルトをよろしく!」キリッ

ミカサ(エレンが嬉しそうなのは私も嬉しい)

ミカサ(しかしこれは喜んでいいのだろうか?)

エレン「なあミカサ…」

ミカサ「?」


アニ「あ…あの…その…」

ミーナ「どうしたの?アニ」

ライナー「やめ!離してマジで!」

サシャ「ならさっさと鍋の具ださんかい!」

ベルトルト「そうやって纏わりついてるとライナー動けないって!」



エレン「あのへん何があったんだろうな?」

ミカサ「…ごめんなさい私にもサッパリわからない」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:50:16 ID:ZCEo.rqU

ライナー「エレン!!ちょうどいいところに!!」

エレン「いや状況を説明してくれよ」

ライナー「説明は後だ!!ちょっとこいつを離してほしい!!」

ライナー「ベルトルトでも剥がれないんだ!」

サシャ「鍋の具よこせばどきますよ~」

ベルトルト「んぎぎぎぎぎぎ…」

ライナー「頼む!!このとおり!!」

エレン「いやさっさと鍋の具渡せばよくね?」

ライナー「動けん」

エレン「そっか」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 15:53:47 ID:ZCEo.rqU
サシャ「もうそこまで渋るならライナーいただいちゃいますよ」ガブリ

ライナー「いでええぇぇぇ!!」

サシャ「…マズ…やっぱ鍋の具ほしいです」

ライナー「助けてまじで!!」

エレン「…ミカサ、手伝ってもらっていいか?」

ミカサ「エレンがそういうなら」



アルミン「教官!アルレルト体操を訓練のメニューに!」

キース「考えとく」

コニー、ジャン「!?」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 21:24:56 ID:ZCEo.rqU



ライナー「…おぉ…体中がいてえ…」

エレン「やっとはがれた…」

ベルトルト「ありがとう二人とも…」

ミカサ「礼には及ばない」

サシャ「がつはふもっちゃ!!」


ライナー「あ、そういえば」

ライナー「サシャの恋バナ聞いてねえ!」

サシャ「後にしてもらえます?今食べてるんで」モグモグ

ライナー「わかった」




ライナー「ん?」 


92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 21:28:30 ID:ZCEo.rqU





クリスタ「…zzzz」

ユミル「…zzzz」




ライナー(…スケッチしよ)


題名:女神と悪魔の休息
作:らいなー・ぶらうん


ベルトルト「おいその悪魔ってのはなんだ」

ライナー「だって起床荒っぽいんだもん」 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 21:35:49 ID:ZCEo.rqU





ミーナ「アニ?顔赤いけど大丈夫?」

アニ「…気にしないで、大丈夫だから」

ミーナ「そっか」ニコ

アニ「~~~~」ボン




ジャン「おい着々と百合空間が出来上がってるがどういうことだ?」

コニー「ん?百合って何?」

キース「貴様は知らなくていい、純粋な心を忘れるな」

コニー「はぁ…」 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 21:42:33 ID:ZCEo.rqU




サシャ「いや~中々食べました」ポンポン

ライナー「そうかそうかそれで サシャ「あ、お水いただきますね」ゴク

エレン(ん?あの水)

ミカサ(確かアルミンが飲んでたのがあそこに…)

ベルトルト「ん?どうしたの?二人とも」




アニ「お、お外走ってくる!」ダッ

ミーナ「アニ!?」 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 21:50:24 ID:ZCEo.rqU



サシャ「ん?どうしたんですか?」


エレン「ん?いやなんでもないんだ」

エレン(大丈夫か…?)

ミカサ「気にしなくていい」

ミカサ(どうやら気のせい)


サシャ「……」グス



ライベルエレミカ「!?」 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 21:54:55 ID:ZCEo.rqU


サシャ「あれ?なんか涙出てきました」グス


ライナー「どうした?サシャ」

ベルトルト「何かあったの?」

サシャ「…わからんし…勝手に出てくる」ポロポロ

エレン「これってもしかしなくても…」

ミカサ「だと思う」




アルミン「ここに僕のお酒があったはずだが知らないかい?」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:01:16 ID:ZCEo.rqU
サシャ「みんな好き放題いじめおってからに」ポロポロ

サシャ「あれやし食べもん与えときゃいうこと聞くとか大間違いやし…」グスグス


ライナー「あれだな…」

エレン「泣き上戸ってやつだな」

ベルトルト「……かわいい…」




サシャ「大体好きなんはベルトルトやし…」グス

ベルトルト「!?」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:06:35 ID:ZCEo.rqU


エレン「おい…今さらっと…」

ミカサ「サシャがすごいこといった」

ライナー「えんだああああああああああああああ ミカサ「うるさい」ゴス

ライナー「そ…そこ急所」




ベルトルト「え?…あの…その…」

サシャ「なんや…やっぱ私のことなんか眼中にないんか」グス 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:11:51 ID:ZCEo.rqU
ベルトルト(え?これはどうするべきなの?)

ベルトルト(僕には使命が…)

ベルトルト(でも…)

サシャ「…なんか言わんかい」グス

ベルトルト(正直可愛い…)

ベルトルト「さ…サシャ!」

サシャ「…?」グス 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:23:47 ID:ZCEo.rqU
ベルトルト「僕は…君の気持ちに答えてあげることはできない」

サシャ「…」ブワ

ライナー「おいお前何フッて…」

ベルトルト(何を言ってるライナー、使命があるからだよ…)

ベルトルト「最後まで聞いてほしい」

サシャ「……」ポロポロ

ベルトルト「それは君のことが好きじゃないわけじゃないんだ」

サシャ「何が言いたいんや」グス

ベルトルト「それは言うことはできない」

ベルトルト「僕は公に隠し事をする最低な奴だ」

ベルトルト「そんな僕でいいのかい?」 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:30:08 ID:ZCEo.rqU
サシャ「そんなん訊かんでもわかっとるやろ」グス

ベルトルト「…そこまで言われたら僕も引き下がれないね」

サシャ「女にここまで言わせたんや、責任取らんかい」

ベルトルト「じゃあ…よろしくね」


エレン「えんだあああああああああああああああ」

ジャン「いやああああああああああああああああ」

ライナー「うぃるおおおおるうぇいずらあぶゆうううううぅふあああああ」

アルミン「お?何楽しそうなことやってるんだい?」

ミカサ(ジャンがステルス能力を習得している) 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:42:57 ID:ZCEo.rqU
ベルトルト「ちょっと外野うるさい」

サシャ「……」クイックイ

ベルトルト「?」

サシャ「行きたいとこあるんやけど…」

ベルトルト「ライナー」

ライナー「どうした?」

ベルトルト「ちょっと席外す」ダッ




ライナー「…お前ら」ニヤリ

エレン「…おう」ニヤリ

ジャン「決行だ」ニヤリ


ミカサ「エレンやめなさい何考えてるの?」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 22:52:44 ID:ZCEo.rqU





ユミル「……ん…」パチ

ユミル「あれ?寝てたのか…」

ユミル「……動けない」

クリスタ「…zzzzz」ムギュー

ユミル「…マジかよ」 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 23:02:19 ID:ZCEo.rqU




キース「…青春してるな」

コニー「…でもまさかサシャがベルトルトが好きなんて…」

ユミル「!?」

コニー「ん?起きたのかブス」

ユミル「私はどうでもいい今の話ほんとか?」

コニー「ほんとだけど」

ユミル「で?どうなった?」

コニー「なんかえんだあとか言ってたな」

ユミル「…マジかよ」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 23:08:01 ID:ZCEo.rqU



コニー「お前もしかしてベルトルトのこと好きだったのか?」

ユミル「あ?んなわけねえだろ」

ユミル「ただ面白そうなものを見逃したのが悔しいだけだ」

コニー「そっか」

キース「青春してるな」

コニー「教官さっきから16回くらい同じこといってます」



クリスタ「…ん…」パチ 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 23:19:33 ID:ZCEo.rqU


ライナー「」チーン

ジャン「」チーン

エレン「離せ!!ミカサ!!」ジタバタ

ミカサ「だめ!!離さない!!離したらエレンが遠くに行ってしまう!!」

エレン「行かねえよ」キリッ

ミカサ「!!」

エレン「俺がお前を置いてどっか行くわけねえだろ」

ミカサ「エレン…」

エレン「というわけでミカサも一緒に行こうぜ」ニカッ

ミカサ「ごめんなさいそれは無理」

エレン「離せ!!」ジタバタ




クリスタ「エレン達何やってるの?」

アルミン「青春…かな…」キリッ 


112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:28:50 ID:hCUqAv9c
ミカサ「愛ゆえに」ゴス

エレン「」チーン

ミカサ「エレンそんなに眠かったの?私の膝でよければ貸す」ナデナデ




クリスタ「今ミカサすごいことしなかった?」

アルミン「ははは気のせい気のせい」ゴクゴク

ユミル「オイ、お前何飲んでるんだ?」

アルミン「え?不思議な味の水です」キリッ

コニー「今日の鍋パーティは波乱が多いですね」

キース「楽しければそれでいい」 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:35:46 ID:hCUqAv9c



ライナー「ところでまだ恋バナ話してない人手を上げろ!」

ミカサ「!?」

ライナー「何故ケロッとしているのかという顔をしてるな」

ライナー「それは俺がライナーだからだ」ドヤァ





コニー「俺は別にいないし…」

ユミル「私はクリスタ」

アルミン「じゃあ僕も」

コニー「じゃあ俺も」

キース「じゃあ私も」

クリスタ「!?」

コニー「いや教官はマズいですって」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:38:47 ID:hCUqAv9c
~外~




アニ「……」ゼェ…ゼェ…

ミーナ「お…落ち着いた?」ゼェ…ゼェ…

アニ「…なんとか」

ミーナ「今日のアニって…」

アニ「?」

ミーナ「なんか楽しいね!」ニコ

アニ「」ボン

バタ

ミーナ「アニ!?しっかりして!!」 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:44:08 ID:hCUqAv9c





サシャ「ううううううううう」カオマッカ

ベルトルト「どうしたんだい?サシャ」

サシャ「酔ってたとはいえなんてことを…」

ベルトルト「え…?もしかして僕が嫌だった?」

サシャ「ちちち違うんです!!ベルトルトが好きなのは本心ですがいかんせん勢いでムードもへったくれも無いといいますかその…」

ベルトルト「ははは…」

サシャ「な!?何笑ってるんですか!?」 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:48:39 ID:hCUqAv9c
ベルトルト「サシャでもムードとか考えるんだね」

サシャ「何を言いますか!!私だってうら若き乙女ですよ!!」

ベルトルト「はいはい」

サシャ「う~~意地でも好きって言わせてやりますよ」

ベルトルト「楽しみにしてるよ」

サシャ「覚悟しといてくださいよ!」 


118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:53:29 ID:hCUqAv9c
~鍋パ~




ライナー「クリスタが恋してるのは俺で決まり、諦めろお前ら」

アルミン「あ?」

ユミル「お?」

クリスタ「え?」

ライナー「じゃあそろそろ別のお題いくべ」





コニー「フリーダムですねライナー」

キース「あれが自由の翼だ」

コニー「絶対違います教官」 


120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 00:59:13 ID:hCUqAv9c
ミカサ「エレンの寝顔が見れるのは私だけ」ナデナデ




ライナー「ライナーのお悩み相談室~」パチパチ

クリスタ「え?ライナーにそんなことできるの?」

ライナー「お…おお…お?」




コニー「さらっと毒吐きましたねクリスタ」

キース「あれはグサッと来るな」

ジャン「あれ?俺何してたんだっけ?」 


123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:04:29 ID:hCUqAv9c


コニー「あ、ジャンが起きた」

キース「元気にしてるか?ジャン」

ジャン「言ってる意味がよくわかりません…」

ライナー「お!ジャン起きたか!早速だが…」

ライナー「あれ、見てみ」クイックイ

ジャン「?」






ミカサ「エレンハァハァ」ナデナデ

エレン「」 

124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:10:02 ID:hCUqAv9c
ジャン「!?」

ジャン「うわああああああああああああああああああ」

ジャン「なんてうらやまけしからん!!」チナミダ



ライナー「さてでは早速最初の悩みはだーれかな?」

アルミン「はいはいはい!!」

ライナー「お?元気だなアルミン!」

アルミン「僕の悩み言っていいですか!?」

ライナー「どうぞどうぞ」

ライナー(胃が痛いとかそんな感じだろ?) 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:11:05 ID:hCUqAv9c








アルミン「腋毛が生えてきません!どうしたらいいですか!?」





ライナー「!?」 

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:14:26 ID:hCUqAv9c
ライナー「はあ!?え!?おお!?」

アルミン「教えてくださいライナー先生!」

ライナー「いやそういう問題はお前のほうが詳しいだろ!?」

アルミン「ここはもっさり兄貴にご教授を!」

ライナー「いや俺つるつるなんだけど」

アルミン「ん?」





アルミン「え?」

ライナー「え?」 

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:20:03 ID:hCUqAv9c
ユミル(きめえ…)

クリスタ「なんか二人で反応に困る話をしてるよ…」




コニー「教官はどうなんですか?」

キース「髪の毛以外はばっちりよ」




ミカサ「私はどんなエレンでも大丈夫」 

129 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:27:21 ID:hCUqAv9c
ライナー「まああれだ…まだ大人じゃないんだよアルミンは」

アルミン「やだミンこの前も街で女に間違えられたミン!!」

ライナー「それ毛でどうこうなる問題じゃないな」

アルミン「やっぱり?」

ライナー「うん」

アルミン「じゃあどうすればいい?」

ライナー「裸になって街一周したら男らしくなるんじゃね?」

アルミン「ライナー…天才か…」



コニー「いや馬鹿だろ」

キース「貴様に言われたくはないがな」

ジャン「もう不思議な味の水飲んで忘れよう」ゴク 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:32:29 ID:hCUqAv9c


ライナー「さて続いての迷える子羊は?」

コニー「はい」

ライナー「お?どうしたコニー」

コニー「まあ悩みって程じゃないんだけどさ」

ライナー「言ってみ」

ライナー(まあどうせ馬鹿呼ばわりとかそんなとこだろ) 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:36:33 ID:hCUqAv9c









コニー「実はここの訓練所で霊が見えるんだけどどうしたらいい?」




ライナー(ん?レイ?あやなみ?) 

132 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:41:50 ID:hCUqAv9c
コニー「ああ、霊って言うのは俗に言うゴーストっていうのかな」

コニー「まあ詳しく分けるといろいろ別名あるらしいけどね」

ライナー「あ、うん?」

コニー「まあ特に害はないんだけど寝る前に枕元とかに出たりするとちょっとこわいよね」

ライナー「そうだね?」

コニー「あ、ここにはいないみたいだから心配すんな」

ライナー「……?」チンプンカンプン 

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:45:12 ID:hCUqAv9c
ユミル「ありゃ霊自体なんだかわかってないって顔だな」

クリスタ「ゆ…ゆうれい…こわい…」ガクガクブルブル




エレン「はっ!」ガバ

ミカサ「エレン、おはよう」




アルミン「しかし裸というのは…いやいいのか?」 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:51:57 ID:hCUqAv9c
ライナー「それは追い払ったりできるんだよな?」

コニー「方法はあるらしいけどめんどくさいからやってない」

ライナー「その方法調べて追い払えばいいと思う」

コニー「そっか」

ライナー「うん」

コニー「ありがとな」

ライナー「おう」



キース(まあ訓練で死人出るくらいだしそういうのいてもおかしくないんだけどね) 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:56:00 ID:hCUqAv9c



ライナー「じゃあお次の悩める子羊は…」

ジャン「はい!」

ライナー「ジャンどうぞ」

ライナー(あれだろ?エレンとミカサ絡みだろ?) 

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 01:58:31 ID:hCUqAv9c






ジャン「最近誰かに見られている気がする!」





ライナー(自意識過剰乙) 

137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 02:03:19 ID:hCUqAv9c
ジャン「いやそれがちげえんだよ最近俺のものがなくなったりもするんだ」

ライナー「つまりストーカーか?」

ジャン「たぶん」

ライナー「誰がやってるとか…はわかるわけないよな?」

ジャン「いやわかるぞ」

ライナー「!?」 

138 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/28(金) 02:06:30 ID:hCUqAv9c
ジャン「たぶんだけどマルコだ」

ライナー「はははまさかそんなわけ」





窓ルコ「…」ジー




ライナー「…うん!ジャンの気のせいだ!それで解決!」

ジャン「は!?急にどうしたんだよ!?」 


144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 21:51:14 ID:qB5OPrss
ライナー「さて次の相談者は誰かな誰かな?」

ジャン「おい!聞けよ!無視すんな!」


ミーナ「はいはいはい!」バン

ライナー「お?戻ってきたか、どこ行ってたんだ?」

ミーナ「そんなことどうでもいいの!それよりも…」

ライナー「なんだ言ってみろ」

ライナー(すごい剣幕だ…なんかすごい相談されそう…) 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 21:54:05 ID:qB5OPrss






ミーナ「アニが可愛すぎるんですがどうすればいいですか!?」




ライナー「あ、うん付き合っちゃえばいいと思うよ両想いだし」 

147 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:00:50 ID:qB5OPrss
ジャン(え!?そうなん!?レズなん!?)

ジャン(ていうかさらっとそんなのバラシていいものなのかよ!?)



ミーナ「本当ですか!?」

ライナー「うんほんとほんと頑張って」

ミーナ「ありがとうライナー!」ダッ




コニー「今日はカップルがよく生まれますね」

キース「青春してるな」

コニー「はい青春いただきました~(32回)」 

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:06:34 ID:qB5OPrss



ライナー「さて…続いての迷える子羊「バン!!」」


アニ「……」


ライナー「お?成功したかアニ」

アニ「…やっぱあんたか」ゴゴゴゴゴ


ライナー「ん?なにがうわなにをするやめ」




うっほおおおおおおおおおおおおおおおお





アニ「さらっとばらすとか何してくれてんの?」

アニ「まあお陰でなんとか付き合えたけどさ」

肉「」チーン 

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:18:42 ID:qB5OPrss


エレン「うわああああああああああああああああああああああああああああああ」ガバ

ミカサ「!?」

エレン「あ…夢か…」

ミカサ「エレン、どんな夢を見たの?」

エレン「いやそんなよく覚えてないんだけど恐ろしい夢」

ミカサ「どんなことがあっても私がエレンを守る」

ミカサ「ので、エレンは何も怖がることはない」

エレン「は?違えよ俺がお前守るんだよ」

ミカサ「私が守る、これだけは譲れない」

エレン「いやおかs ジャン「イチャってんじゃねえぞ!!羨ましい!!」

エレン「は!?いきなりなんだよ!服が破けちゃうだろ!!」

ジャン「知るか!服なんて捥げちまえ!!」


ライナー「おいおい神聖な鍋の間で喧嘩はご法度だぞ」

ジャン「うるせえ!!」 

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:25:42 ID:qB5OPrss
ジャン「」チーン



ライナー「悪いが鍋を冒涜するものに手加減はできないんでな」

エレン「悪いライナー、助かった」

ミカサ「私からも礼を言わせてほしい」

ライナー「ミカサに言われると違和感しか残らんな」

ミカサ「それは傷つく、私はか弱き乙女」

ライナー「ん?んん?そっかそうなのか?」

ライナー(アニといい俺とか簡単に投げ飛ばすのはか弱いのか?)


ミカサ「そこで私からも相談がある」

ライナー「おおう?随分唐突だな」


ライナー(まあエレンが~だろうな) 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:33:33 ID:qB5OPrss






ミカサ「最近また体重が増えたどうすればいい?」




ライナー「まず常識から学ぼうかか弱き乙女さん」


ジャン「ミカサの体重!?」ガバ 

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:40:06 ID:qB5OPrss
ジャン「」ハナジブー



ミカサ「常識?」

ライナー「男に体重とか話す乙女はそうそういません」

ミカサ「!?」

ライナー「いやそんなわかんないって顔しないで俺が常識ないみたいじゃん」

一同(いやライナーも相当だろ…)

ライナー「お前ら何不穏なこと考えてんの?」

ミカサ「あまり増えたらエレンにだっこしてもらえない」

ミカサ「それは困る、とても困る」



エレン「俺いる前でそんな話していいのか?」 

153 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:46:41 ID:qB5OPrss
クリスタ「あ…あのねミカサ」

ミカサ「何?クリスタ」

クリスタ「すごく言いにくいんだけど…」

ミカサ「大丈夫どんとこい」

クリスタ「女の子は男子のいる前で体重の話とか…」ゴニョゴニョ

ミカサ「クリスタ?よく聞こえない」

クリスタ「だから!!女の子が体重の話とかはしたないというか恥ずかしくないの!?」

ミカサ「…別にエレンじゃなければとくに」

クリスタ「エレンいるけど」

ミカサ「!!」 

154 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:51:51 ID:qB5OPrss
ミカサ「あ…あぁ…ぁぁぁ…」

エレン「ミ…ミカサ」

ミカサ「」

エレン「俺何も聞いてなかったからな」

ライナー(エレンが普通に同情とかで慰めるってレアな光景)

ミカサ「これは…きつい…」

ミカサ「アルミンのパンツを食べたクリスタに言われるならまだしも…」

クリスタ「何さらっと爆弾発言してるの!?」 

155 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 22:57:03 ID:qB5OPrss




アルミン「ん?今僕のパンツとかなんとか聞こえたけど」

クリスタ「なんでもないから!!なんでもないから!!」

クリスタ「ってなんでアルミン裸なの!?」

アルミン(全裸)「いや街はまだ勇気がないからとりあえず訓練所で言ってみようと」

クリスタ「隠して!!隠して!!」マジマジ


ユミル「…え?クリスタなにしてんの?」

ライナー「アルミンのやつ…本当に実行するのか?」 

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:01:12 ID:qB5OPrss




コニー「いい感じにカオスになってきました」

キース「アルミンは貧弱だ、まるで女の子にちn コニー「言わせねえよ!?」

キース「…タメ口か貴様…」

コニー「あ…いや…その…」

キース「よしでは私と一緒に死ぬまで走るか!」ガシ

コニー「え!?」 

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:07:35 ID:qB5OPrss


ミカサ「私はもう立ち直れない…」

ミカサ「エレンがいるのにこんな話を…」

ミカサ「私ははしたない…とてもはしたない」

エレン「そ…そんなことねえと思うぞ」

ミカサ「ので…」

ミカサ「このままいけるとこまで逝ってしまおうと思う!!」ルパンダーイブ

エレン「うわなにすんだミカサ!!」

ライナー「うわああああああああああああああああああああああああああお前らやめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおここは神聖な鍋の間だあああああああああああああああああああああああああああ」

アルミン「ミカサが暴走した!!みんなで止めるんだ!!」

クリスタ「アルミンは服を着て!!」

ユミル「私の嫁はむっつりスケベ」 

158 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:14:11 ID:qB5OPrss



ジャン「ええ、もうそれはすごい光景でした」

ジャン「俺が起きたらミカサがエレンに襲い掛かってたんです」

ジャン「それだけならまだマシだったかもしれません」

ジャン「もっとすごいのがありましたよ」

ジャン「…アルミンがですね…」

ジャン「全裸だったんです」

ジャン「それでアルミンの股間をマジマジと見るクリスタ」

ジャン「それを見て萌えてるユミル」

ジャン「そして発狂しているライナー」

ジャン「それはもう一種の芸術でしたね」

ジャン「題名…そうですね…」 

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:17:57 ID:qB5OPrss









ジャン「混沌…それにふさわしい光景だ…」






エレン「ジャン!!お前見てねえでミカサ止めるの手伝え!!」

ミカサ「エレン!!誓いの口づけを」ムチュー

エレン「やめ!!やばいやばいやばい誰かマジで助けて!!」 

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:25:50 ID:qB5OPrss






ミカサ「ごめんなさい自分を支配できなかった」セイザ




エレン「危うく女が怖くなるところだった…」ガクガクブルブル

ジャン「」

アルミン「」

ライナー「こうして鍋は守られた」ボロボロ

クリスタ(雑誌でみたのと違う…)ポー

ユミル(野郎の股間ってあんなんだったんだ…) 

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:33:16 ID:qB5OPrss
ライナー「ミカサはもっと周りをみる!!以上!!」

ミカサ「はい」




ライナー「一旦中断して鍋食べるか」

エレン「もう食ってさっきの出来事忘れたい」

ライナー「おう!たーんと食え」

エレン「がつがつむぐ!?」

ライナー「がっつくからだほらこれ飲め!」

エレン「むぐ!!」ゴクゴク





ミカサ(…あの水は…)


ライナー「……」ニヤリ 

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:46:32 ID:qB5OPrss
~外~




アニ「ミーナ…」

ミーナ「アニ…」

アニ「ミーナのその髪…まるで卑弥呼様みたいだよ」

ミーナ「アニのほうこそ…さながらどこかの映画スターみたい」

アニ「その美しい髪に触れてもいいかい?」

ミーナ「…好きなのは髪だけ?」

アニ「そんなわけないじゃないか」

アニ「私はミーナの全てを愛しているよ」

ミーナ「アニ…」 

163 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:49:29 ID:qB5OPrss


アニ「ミーナ…」

ミーナ「アニ…」








エレン「くっせ!!何この空間!?くっせ!!」


アニ「!?」

ミーナ「エレン!?」 

164 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 23:55:16 ID:qB5OPrss
エレン「やっべファブリーズ忘れた!!どうしよ!!」

エレン「そうだ俺のションベン アニ「おい」

エレン「あ~?アニータじゃないっすか!!お疲れっす!!」

アニ「…あんた…人のこと邪魔しといてただで済むと思ってんの?」

ミーナ「ていうかほんとにエレン?」

エレン「そうです私がエレンです!!」

エレン「好きなお酒はイェーガーマイスターです!!」キリッ

アニ「…こいつ殺す」

ミーナ「私もそのほうがよさそうな気がしてきた…」 


166 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:01:35 ID:qMRWZaNM
エレン「え?何二人とも怒ってるん?」

エレン「可愛い顔が台無しだぞ☆」

アニ(え!?なんなのこいつ!?すごくイラッとする)

ミーナ「エレン…」

ミーナ「死ねええええええ」ブン

エレン「おわ!!あっぶねえ危うく成仏するとこだ…」

アニ「…死ね」ブン

エレン「明日のためにコンニャク戦法」ヒョイ

アニ「クソ!!」

エレン「蝶のように舞い~の…」

エレン「蜂の様に…」




エレン「刺さない!!」ダッ

アニ「!?」

ミーナ「逃げた!?」 

167 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:05:23 ID:qMRWZaNM
アニ「え?何あの逃げ足…」

ミーナ「ほんとなんだったの…?」


ライナー「おーーーーーーーーーーーーーーーーい!!」


ライナー「ここにエレンが通らなかったか?」

アニ「通ったけど」

ライナー「ばっかもおおおおんそいつがイェーガーだ!!」

アニ「は?」

ミカサ「私から説明する」

ミーナ「ミカサ!?」 

168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:10:12 ID:qMRWZaNM
~ちょっと前~



エレン「…」ポー


ライナー「いや~間違えて不思議な水のほうを…」

ミカサ「ライナー?何を考えてるの?」

ライナー「いやなんにも」

ライナー「ただ普段駆逐真面目ちゃんなエレンにサービスサーごふっ!!」

ライナー「だから…急所はやめろと…」プルプル


ミカサ「ライナーが悪い」

ミカサ(でも呆けてるエレンマジ萌え…そこだけ感謝) 

169 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:12:47 ID:qMRWZaNM


アルミン「アルミンはミントが好き!!」ガバ

ジャン「俺はジャンボパフェが食べたい!!」ガバ

クリスタ「!?」

ユミル「どんな夢見てるんだよ…」





エレン「……」

エレン「…くわ!!」 

170 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:18:12 ID:qMRWZaNM




クリスタ「エ…エレン…?」


エレン「……」スタスタ


クリスタ(エレン近いよ!どうしたの!?)


エレン「EternalLove~君に会えた~青いこの銀河で♪」

エレン「きっと奇跡は始まる~♪」

エレン「Angelinmyheart~♪」


クリスタ「え?え?」

ユミル「ついに壊れたか?死に急ぎ…」 

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:21:12 ID:qMRWZaNM
エレン「ただAngelって言いたかっただけ」

エレン「それが俺!!」

エレン「あ、本音はクリスタマジ天使結婚して」


ミカサ「エレン!?」

ライナー「馬鹿か!?玉砕!?」


クリスタ「喜んで!!」


アルミン「おい!!僕のパンツ食ったんだろ!?」 

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:26:54 ID:qMRWZaNM
ユミル「おいお前マジでいい加減にしろよ」

エレン「ユミル」ズイ

ユミル「あ?なんだ?そんなに死にたいのか?」

エレン「なんでそんなに荒れてんの?」

ユミル「お前のせいだな」

エレン「マジで?ごめん!!」

ユミル「!?」

エレン「俺、お前の気持ちに気づかなかったよ…」

ユミル「はあ?」

エレン「結婚しよう!!」

クリスタ「は!?」


アルミン「僕と結婚しないなら食ったパンツ吐き出せよ」 

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:32:23 ID:qMRWZaNM
ユミル「おいおいお前のお花畑は頭なのか?」

ジャン(ん?なんかおかしくね?)

エレン「ああ確かに俺のお花畑は頭だ!!」

エレン「でもな!!俺は全力において全てだ!!」

クリスタ「エレン!!どうなるのは私!?」

エレン「ああ!!結婚ともクリスタする!!」


ミカサ「おかしい…何故かエレンの言ってることが本当にわからない」

ライナー「言ってること自体支離滅裂じゃね?」

ジャン「それで会話が成立してるように見えるのがおかしいジャン」



アルミン「パンツは犠牲になったのだ…」 


175 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:38:33 ID:qMRWZaNM
ユミル「いやまず結婚するが認めてないとか私から!」

エレン「いけないんだ何が!?」

ユミル「当たり前だのクラッカー!」

クリスタ「じゃあ結婚と私すればいいね!」

ユミル「認めんいやもそれ」

エレン「認めてくれるどうしたらなら!」



ライナー「言葉が…崩壊していく」

ジャン「人類は言葉を捨てて新たな存在になるの」

ミカサ「そう…言葉は滅びるのよ」


アルミン「ここにパンツの墓を建てよう」 

176 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:48:11 ID:qMRWZaNM
ユミル「ねえだろ何やってもばーか認めるわけ」

エレン「クソ…どうすればクソ!!」

クリスタ「しよエレン駆け落ち!」

エレン「タスリク…」

クリスタ「ンレエ…」


ライナー「ちきしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

エレン「なにをする危ないだろうわ!!」

ライナー「クリスタは渡さん!!」

エレン「逃げるやっべ!!」ダッ

ライナー「待たんかいこらあああああああああああああああああああああ」ダッ


ミカサ「今のライナーが一番強そう」

ジャン「ていうか追ったほうがよくね?」


アルミン「天使とのJIHADに挑んだ英雄パンツここに眠る…」 

177 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:51:05 ID:qMRWZaNM






ミーナ「で現在に至ると…」

ライナー「まあそういうことだ」

アニ「…大体ライナーが悪いってことであってる?」

ミカサ「いえす」

アニ「…覚悟は?」

ライナー「できてるわけねえだろば









あっひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい 

178 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 00:55:52 ID:qMRWZaNM






ベルトルト「…いいのかな?僕の膝なんかで」

サシャ「いいに決まってるじゃないですか♪」

サシャ「むしろベルトルト以外はNo thank youです!」

ベルトルト「はは…嬉しいこと言ってくれるね」

ベルトルト(もうサシャがいれば故郷なんて…)





エレン「あっつ!!なにここあっつ!!」


サシャ「!?」

ベルトルト「…エレン?」 

179 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:01:44 ID:qMRWZaNM
エレン「なんだちみは!!」

エレン「そうだすわたすが変なイェーガーだす!!」

エレン「あ変なイェーガだから変なイェーガ♪」

ベルトルト「…君は本当にエレンなのかい?」

エレン「あん?ベルナルドちゃんはすんずてくれねえってか!?」

ベルトルト「いや僕ベルトルト…」

エレン「いんやちみは鮫団のリーダースペイン人のベルナルドだ!」

ベルトルト「…怒っていいかな?」 

180 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:10:08 ID:qMRWZaNM
エレン「怒っちゃやーよ♪」

ベルトルト「…」ビキビキ

サシャ「いい加減にしてください!!」

エレン「?」

サシャ「大体なんなんですか!?二人の時間邪魔しないでください!!」

エレン「おっとそれはすまなんだ…」

サシャ「わかってくれればいいんです…」

エレン「じゃ!見てるから続けて続けて!」

サシャ「あほか!?」

ベルトルト(こいつマジぶっ殺していい?) 

181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:15:48 ID:qMRWZaNM
エレン「大丈夫わたすのことは携帯電話だと思ってちょ!!」

エレン「サイレントマナー!!お口ミッフィー×」


サシャ「さっきから何言っとるかしらんけどな!!」

サシャ「ほんに邪魔しとっと許さん!!」

エレン「×」

ベルトルト「サシャ」

サシャ「なんね!!止めても無駄やぞ!!」

ベルトルト「いや…僕ももう限界だよ…」

ベルトルト「エレンには悪いけど死んでもらうしかない」

エレン「×」 

182 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:23:49 ID:qMRWZaNM
ベルトルト「僕をここまで怒らせたのは君が初めてだ…」

エレン「×」

ベルトルト「悪いけど…本気でいかせてもらう」シュシュシュシュ

エレン「蒟蒻蒟蒻蒟蒻蒟蒻蒟蒻蒟蒻蒟蒻蒟蒻ぅ!!」ヒョイヒョイヒョイヒョイ

ベルトルト「…こうなったら…」

エレン「あ…やべ喋っちゃったお口ミッフィー×」

サシャ(あれ?ベルトルトなんで指を咥えて…?)



ジャン「見つけたぞこの野郎!!」

エレン「×」ダッ


ベルトルト「あ!逃げた!」

サシャ「!!」 

184 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:28:27 ID:qMRWZaNM
ジャン「畜生また逃がした…」


ベルトルト「…なんだったんだあれは」

ジャン「ああ、実はな…」



カクカクシカジカ



サシャ「そんなことが…」

ベルトルト「つまり…大体ライナーのせいだね」

ジャン「そういうことだ」

ジャン「まああいつのことは俺たちに任せてくれや」

アルミン「そういうことだ!では追うぞジャン!」

ジャン「なんだお前そのテンションそしていきなり出てくんな」

アルミン「パンツの屍を超えた僕に不可能はない!」ドン 

185 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:35:05 ID:qMRWZaNM





コニー「教官…いつまで走れば…」ハァ…ハァ…

キース「私が死にそうになるまで」

コニー「ちょ…マジですか…」

エレン「何を弱音を吐いてるんだ情けないぞ」

キース「そうだイェーガーの言うとおりだ」








キース「ん?」

コニー「え?」


エレン「やあ」サワヤカスマイル 

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:44:38 ID:qMRWZaNM


コニー「な…なんでエレンがここに!?」

キース「なんだ貴様も走りたかったのか」

エレン「俺はね…エレン・イェーガーっていうんだ」キラキラ

コニー「おい人の話聞けよ」

キース「よろしいならば決闘だ」

エレン「君たちも部活?精が出るね」キラキラ

エレン「これは俺も頑張らなくっちゃ」キラキラ

コニー「部活ってなんだ?あと話聞く気ゼロだな」

エレン「頑張る君にご褒美だ」キラキラ

コニー「は?ご褒美?」

かつら(ロン毛)

コニー「いらねえよ!!」 

187 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:48:01 ID:qMRWZaNM
キース「貴様は何がしたい…」ゴゴゴゴゴ

エレン「教官にはこれを」キラキラ

育毛剤

キース「…ありがたく貰っておこう」

コニー「!?」

エレン「じゃあ俺は先に行くから」キラキラ

エレン「二人とも無理をしないようにね!」キラキラ






コニー「…なんだあの速さ」

キース「…このへんにしといてやろう」

コニー「え?」 

188 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:52:07 ID:qMRWZaNM






クリスタ「…エレンと結婚します!」

ユミル「ならん!」

クリスタ「なんで!?」

ユミル「あいつは気にくわん!!」

クリスタ「そんな!!」

ユミル「認めてほしければ私を倒してからだ」


アニ「なにやってんのあんたら」

クリスタ、ユミル「!?」 

189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 01:56:43 ID:qMRWZaNM
クリスタ「あ…これはね…」

ユミル「クリスタに結婚申し込まれた」

アニ「は?」

クリスタ「違うから」

ユミル「…泣くぞ、すぐ泣くぞ、絶対泣くぞ、ほら泣くぞ」

クリスタ「ごめんね」

ユミル「許す」

ミーナ「わーおもしろいー」

クリスタ「……」

ユミル「…チッ」

アニ「で?二人はここで何やってんの?」 

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 02:01:09 ID:qMRWZaNM
ユミル「待ち伏せ」

クリスタ「ここに戻ってくる可能性があるから」

アニ「つまり…戻ってきたところを捕獲ってとこかい?」

クリスタ「そんなとこ」モグモグ

ユミル「まあでも暇だしな」モグモグ

ミーナ「それであの棒読み芝居?」

ユミル「……」モグモグ

アニ「さっきエレンに邪魔されてから物凄く機嫌が悪い」コソコソ

クリスタ「なるほど」 

194 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 11:50:38 ID:qMRWZaNM

グツグツ




クリスタ「……暇だね」モグモグ

ユミル「あ~暇」

ミーナ「ていうかあれ戻ってくんの?」

アニ「まあ戻ってきたら潰すけどね」

ミーナ「いやもう豚小屋で家畜の刑でしょ」






アニ、クリスタ、ユミル(今のミーナなんか怖い)




鍋「」ゴボゴボ 

195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 11:53:19 ID:qMRWZaNM
クリスタ「あれ?鍋噴いてる」

ユミル「あん?沸騰するほど火強くしてねえだろうが」


エレン『』ニタァ



ユミル「……」

クリスタ「……」



ミーナ「なになにどうし…!?」 

196 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 11:55:58 ID:qMRWZaNM
クリスタ「な…鍋の中にエレンが…」

ユミル「いやありえねえまずサイズ的にありえねえ」

ミーナ「ていうか人間じゃねえ!!」

アニ「!?」



ミーナ「でも今が好機!!」

ミーナ「死ねええええええ!!」ズボ





ミーナ「あっつい!!!」 

197 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 11:59:03 ID:qMRWZaNM
アニ「馬鹿!!手突っ込んだら熱いに決まってるじゃないか」ヨシヨシ

ミーナ「うわああああああああああん!!熱いよおおおおおおおおおお!!」




クリスタ「…でも鍋の中にいるなんて…」

ユミル「…!!上だ!!」


ズゴオオオオン 

198 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:01:56 ID:qMRWZaNM
ユミル「やったか?」

ミーナ「それフラグだ熱いよおおおおおおお!!」ジタバタ

アニ「フラグ?」ナデナデ


天井「」シーン



クリスタ「いない!?」


ユミル「じゃあどこに…」 

199 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:02:58 ID:qMRWZaNM







エレン「最後のガラスをぶち破れ!!!」バリイイイイイイイイイイイイン




4人(窓だああああああああああ!!!) 

200 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:09:40 ID:qMRWZaNM





エレン「満を持して戻ってきましたエレン・イェーガーです!!」


ユミル「うんできれば戻ってくんなって思ってたけどな」


ミーナ「出たなエレン!!」

ミーナ「こっちの怒りは沸騰寸前だよ!!」ゴゴゴゴゴ




エレン「おっすオラ家畜以下!!なんだかブヒブヒしてきたぞ!!」


ミーナ「……」ゴゴゴゴゴ


アニ(ミーナの髪型が…すごいことに…) 

201 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:16:13 ID:qMRWZaNM
エレン「なに怒ってるんだよヤマトタケル大王」


クリスタ(誰?)


ミーナ「さてどうしてくれようか…」


エレン「あれ?これマジ切れってやつ?」


クリスタ「当たり前だよ…」

ユミル「ちょっとやりすぎたな…」


エレン「そっかじゃ後よろしく!!」

ミーナ「逃がすか!!」

アニ「えい(金的)」

エレン「はう!!」 

202 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:18:04 ID:qMRWZaNM








エレン「魂がああああああああああああ!!俺の王の力がああああああああああああああ!!」





ユミル「でけえ声で下ネタ言ってんじゃねえ!!」

クリスタ「痛そう…」 

203 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:21:35 ID:qMRWZaNM







エレン(亀甲縛り)「ムグムグ!!」ジタバタ


アニ「捕獲完了」


クリスタ「じゃ…じゃあみんなを呼んでくるね」

ミーナ「いってら~」






ミーナ「覚悟はよろしいか?」ギロ

エレン「?」キョトン 

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:30:08 ID:qMRWZaNM







ライナー「何!?エレンを捕獲した!?」


クリスタ「アニがエレンに金的でみんなで亀甲縛りで…」

ライナー「でかしたぞ!」

ミカサ「亀甲縛りエレンハアハア(早く行かないと逃げてしまうかもしれない)」

アルミン「ミカサ!!逆ネタはもう古ミン!!」

ミカサ「」


ベルトルト「早く行こうよ」バキボキバキボキ

サシャ「グルルルルルルルルルル…」

コニー(ロン毛)「二人が怖い」

キース(E育毛剤)「野生だな」

ジャン「マジであいつ死に急いでんじゃねえか」 

205 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:34:42 ID:qMRWZaNM






ライナー「着いた!!エレン覚悟!!」バーン





エレン「どうしてかな…それはきっと私の背が高いから」

ユミル「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」ゴロゴロ

エレン「でも大丈夫…あなたの瞳は深緑のようで儚いから」

ユミル「うわああああああああああああああああああああああ」ゴロゴロ

ミーナ「」

アニ「」



ライナー「マジで何が起こってんの?」 

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:39:10 ID:qMRWZaNM
アニ「ラ…ライナー…」

ライナー「アニ!!大丈夫か!?」

アニ「わ…私…もう…だめ…」

ライナー「何があったんだ!!」

アニ「今…ユミルが…されている…ようなこと…」

ライナー「は?」




エレン「きっとあなたは来てくれる…翼の生えた白馬に乗って」

ユミル「もうやめてええええええええええええええええええええ」ゴロゴロ




ライナー「は?」 

207 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:43:37 ID:qMRWZaNM
ミーナ「ああやって…人の…恥ずかしい話を…」

ライナー「恥ずかしい話?」

ミーナ「私は…私の所持する…百合同人誌の音読…」

ミーナ「アニは…くまさんパンツやこの前のおねs アニ「やだあああああああああああああああああああ」ゴロゴロ

ライナー「…oh」




ミカサ「エレンが輝いてる…でも止めなきゃ」 

208 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 12:50:48 ID:qMRWZaNM
ミーナ「そして…ユミルは…自作のポエム…」





エレン「胸が苦しい…それはきっとこの残酷な世界に閉じ込められた一輪の花だから」

ユミル「ガハァ!!」トケツ




ジャン「おい!あいつ吐血したぞ!!」

ベルトルト「早く何とかしないと!!」

ライナー「ああ!!鍋は俺たちで守るんだ!!」

コニー「おう!!」

ジャン「ん?」

ライナー「ん?」 

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:00:57 ID:qMRWZaNM
ジャン「今は鍋って言ってる場合じゃねえだろ」

ライナー「は?ここは神聖な鍋の間だ」

ジャン「優先順位ってもんがあんだろうが!!」

ライナー「だから鍋が第一優先だろうが!!」

ギャーギャー


ベルトルト「僕たちでなんとしよう」

コニー「なんかよくわかんないけどわかった」

サシャ「今ならエレンを殺せる気がします」

ミカサ「殺すのはNG」

サシャ「例えですよ例え」 

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:05:22 ID:qMRWZaNM
~数分後~




ジャン「ま…まあ標的は一致してるんだ…」ハァ…ハァ…

ライナー「それで手を打ってやるか」ゼェ…ゼェ…

ジャン「じゃあ行くぞ!!」

ライナー「おう!」


コニー「大変だ!!」

ライナー「どうしたコニー!!」

コニー「それが…」 

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:09:36 ID:qMRWZaNM



ミカサ「え…えれ…え…えええれっれれ…」


ベルトルト「あははははははははははははっはっははっはっはあっは…」


サシャ「びえええええええええええええええええええええん!!」


エレン「そう…そんなこともあったな」キラキラ



ライナー「え?悪化してる?」

コニー「俺にも何がなんだか…」

ジャン「マジかよ…」 

212 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:14:17 ID:qMRWZaNM
アルミン「僕が行こう!」


ジャン「アルミン!」

ライナー「行ってくれるか?」

アルミン「ああ、エレンの親友である僕がエレンを止めてみせる!!」

コニー「でもミカサでもあんな状態なのに…」

アルミン「何…心配することはない」

ライナー「あるんだな?秘策が」

アルミン「これでも座学一位だ!」キリッ

ジャン「そこは関係ねえけどな」

アルミン「じゃあ…いってくる!!」

ライナー「検討を祈る」 

213 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:20:36 ID:qMRWZaNM



アルミン「エレン!!」

エレン「ん?未だに全身の毛が生えてこないアルミンじゃないか」

アルミン「ふ…その情報はカミングアウト済みさ」

エレン「?何言ってんだ?」

アルミン「エレン!こんなことはやめるんだ!」

エレン「え?なにを?」

アルミン「恥ずかしい話カミングアウトをだよ!」

エレン「え?そんなことしてねえけど」

アルミン「え?」

エレン「ただみんなと思い出話に花を咲かせてただけさ」サワヤカスマイル

アルミン「自覚してない…だと…」 

214 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:26:56 ID:qMRWZaNM
アルミン「ならこっちも強硬手段に出るだけだ」

エレン「は?」

アルミン「この胸フェチが!!」

エレン「?」

アルミン「104期の胸を評価してノートでランク付けしてるくせに!!」

エレン「あれ?誰にも言ってなのに」

アルミン「女性どころか男性も評価してるなんて!」

アルミン「それじゃあ胸フェチどころか胸ソムリエじゃないか!!」

アルミン「しかも不動の一位は未だにカルラさんじゃないか!!」

エレン「……」

アルミン「どうだ!?恥ずかしいだろ!?」

エレン「いや全然」

アルミン「!?」 

215 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:32:06 ID:qMRWZaNM
エレン「普通だろこんなの」

アルミン「十分アブノーマルだよ!!」

エレン「なにそんなに怒ってんだ?」

アルミン「親友の性癖に若干引いてるんだよ!!」

エレン「いや104期の一番そそる部分をノートに記してるお前と一緒のようなもんじゃねえか」

アルミン「うわあああああああああああああああああああああああ」



アルミン・アルレルト敗北 

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:36:58 ID:qMRWZaNM
ライナー「うわぁ…」

ジャン「マジ引くわぁ~」


クリスタ「えっと…男子って…大体こんな感じ?」

ライナー「いや俺は違う!」

ジャン「俺も違う!」

コニー「もう俺は考えることをやめた」



キース「次は私が行こう」

3人「教官!!」 

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:43:58 ID:qMRWZaNM
キース「弱みを握られている可能性の低い私なら」

ジャン「エレンを抑え込める」

ライナー「勝てる…勝てるぞ!!」

コニー「よしこういう時の不思議な味の水だ!」ゴクゴク



クリスタ「教官!散っていった仲間たちの敵をとってください!」

キース「うむ」 

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:47:18 ID:qMRWZaNM




エレン「でも俺とかミカサがいるのにあのエア友達ってのはやめたほうがいいと思うぞ」

アルミン「ああああああああああああああああああああああああああああああ」ゴロゴロ

エレン「隣人部(仮)とか」

アルミン「いやあああああああああああああああああああああああああああああ」ゴロゴロ



キース「そのへんにしておけイェーガー」

エレン「あ!元調査兵団団長!」

キース「!?」 

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:54:20 ID:qMRWZaNM
キース「貴様…何故知って エレン「何の成果も得られませんでしたああああああああああああ!!」

キース「……おい エレン「ただいたずらに兵を死なせ!!」


キース「……」

エレン「……」

キース「きさm エレン「奴らの正体を突きとめることができませんでしたあああああああああああああああ!!」



キース「…」ビキビキ

エレン「…」



キース「表でろ」

エレン「嫌です」


キース・シャーディス敗北 

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/01(月) 13:57:52 ID:qMRWZaNM
クリスタ「そんな…教官まで」

ジャン「俺たちには絶望しか残ってねえってのか?」

ライナー「長く続いてきたライなべも…ここで終わりなのか…」



コニー「…あのさ」

ライナー「なんだコニー?」

コニー「普通にほっといて俺たちで鍋パすればよくね?」

ライナー「!?」 


225 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:18:20 ID:UFvKvg7k




ライナー「というわけで思わぬハプニングがありましたが…」

ライナー「ライナーの鍋パーティ略してライなべ再開しまーす♪」

ジャン「あいかわらず変なテンションで始まるなこれ」

コニー「わー」パチパチ

エレン「ううぇえええええええええええええい」

クリスタ(大丈夫私は団子頭を作れば影が薄くなる) 

226 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:21:54 ID:UFvKvg7k




ライナー「じゃあ早速お題のほういってみましょう」

エレン「なんだなんだなんだんご」

ライナー「みんなにライナーから質問たーいむ♪」

ジャン「なんだそりゃ!?」

コニー「俺に質問?」

エレン「俺に質問すると火傷するらしいよ」

クリスタ(クッリリーン!!) 

227 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:23:45 ID:UFvKvg7k

ライナー「じゃあ…まずは…」

エレン「俺だろ?俺なんだろ?」







ライナー「クリスタ!!」

クリスタ「え!?」クッリリーン 

228 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:27:57 ID:UFvKvg7k
ジャン「あのエレンはいつも以上にうぜえ」

コニー「あれは殴りたくなるな」




クリスタ「わ…私に質問?」アワワワ

ライナー「影を薄くしてやり過ごそうなんてそうはいかんぞ」


エレン「なあ!俺に質問は?俺なんでも答えちゃうよ」 

229 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:34:28 ID:UFvKvg7k






ライナー「好きな馬は?」

クリスタ「トウカイテイオー」

ライナー「応援したくなる馬は?」

クリスタ「ハルウララ」

ライナー「こいつはすげえやってなる馬は?」

クリスタ「ナリタブライアン」

ライナー「俺と結婚する?」

クリスタ「No thank you」



ライナー「畜生!!」 

230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:38:11 ID:UFvKvg7k




ライナー「次!ジャン!!」

ジャン「え!?俺!?」

エレン「え?ねえねえ俺は?俺は~?」




ライナー「馬つながりだ」

ジャン「何美味いこと言ったつもりになってんだ!!」

ライナー「お前も腕を上げたな!!」

ジャン「上げてねえ!!」 

231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:44:11 ID:UFvKvg7k




ライナー「ジャンの好きな人は?」

ジャン「言えるわけねえだろ馬鹿!!!」

ライナー「じゃあ好きな腹筋は?」

ジャン「バキバキ!!」

ライナー「好きな髪色」

ジャン「黒!!」

ライナー「ズバリミカサ?」

ジャン「YES!!!」

ジャン「って何特定してんだよふっざけんな!!」


ライナー「ごめんみんな知ってる」

ジャン「畜生!!」 

232 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:47:18 ID:UFvKvg7k





ライナー「次コニー!!」

コニー「え?俺?」


エレン「あれか!!ヒーローは遅れてやってくる的な!!」



ライナー「ちゃんと答えられるか疑問だが…」

コニー「まあなんとかなんじゃね?」

ライナー「事故にならんことを…ラーメン…」 

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 01:55:46 ID:UFvKvg7k






ライナー「コニーなんでかつら被ってんの?」

コニー「もらったから」

ライナー「なんかコニーってたまに覚醒するらしいけど」

コニー「俺はいつも俺である」

ライナー「ぶっちゃけスーパーコニーは無いよね」

コニー「馬鹿にすんなスーパーだぞ!超がつくんだぞ!」

ライナー「オアエリ?」

コニー「殴るぞ」

ライナー「ロンゲ似合ってるよ」

コニー「ほんとか?」

ライナー「嘘」


コニー「畜生!!」 


235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 02:00:50 ID:UFvKvg7k




ライナー「さて…これで一通り終わったのか」

エレン「ライナー?俺!俺!」

ジャン「どうすんだ?次のお題いくか?」

ライナー「それもいいが…」ミヤリ

ライナー「ここに鍋の具がある」

コニー「どんだけあんだよ」

ライナー「こいつと…このぬいぐるみ(限定品)」

ライナー「これらを生贄にささげ眠れる獅子を起こそうではないか」ニヤリ

ジャン「眠れる獅子?」



?「…」キラーン

?「グルルル…」 


240 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 10:36:26 ID:UFvKvg7k



サシャ「グゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ」ピョーン

アニ「グゥオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ」ピョーン



ジャン「きゃあああああああああああああああああああ」


ライナー「やったな…」

コニー「ああ…」 

241 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 10:41:50 ID:UFvKvg7k



サシャ「はぐはぐむしゃむしゃ!!」



ジャン「鍋女はともかく…」

ジャン「お前そのモコモコのぬいぐるみが好きだったのか?」

アニ「モコモコのぬいぐるみじゃない、めーめーちゃんだ!」キリッ

アニ「それに世界地図をばらされた私に恐れるものは無い」ドヤァ



ジャン「世界地図?」



エレン「おれーのなっまえはエッレンイェーガー♪」チェケラ 

242 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 10:51:35 ID:UFvKvg7k




ライナー「じゃあアニ達にも質問しちゃおっかな♪」

サシャ「今食べてるんで後にしてもらえます?」ガツガツ

アニ「今もふもふしてるんで後にして」モフモフ

ライナー「はい」


ジャン「…失敗か?」

コニー「失敗だな」


ライナー「まだだ!!まだやれる!!」

ライナー「次はユミルとベルトルトだ!!」 

243 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 10:57:33 ID:UFvKvg7k
エレン「おれーのもっくてっききょっじんのくっちく♪」チェケラ




ジャン「おい!ユミルはさっき血吐いて倒れたぞ!」

ライナー「大丈夫だよたぶんユミル強い子」

ジャン「はあ!?」

ライナー「これだ」

クリスタブロマイド(盗撮)

クリスタ「!?」


ユミル「うっひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおい」ピョーン 

244 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 11:05:59 ID:UFvKvg7k




コニー「ベルトルトさっきから発狂してるけど」

ライナー「問題ない」ニヤリ

ライナー「サシャ」チョイチョイ

サシャ「だから食べとるから後にって言っとるやろ!!」ゴス

ライナー「予想外の…肘…」プルプル

ライナー「それよりも…ベルトルトなんとかして」



ベルトルト「あははははははははははははっはっははっはっはあっはおええええ」


サシャ「!?」 

245 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 11:16:11 ID:UFvKvg7k
エレン「いえっのちっかしっつひっみつっがあっるあっる♪」チェケラ


アニ「めーめー」モフモフ

ユミル「なかなかいいセンスしてんじゃねえか…盗撮は殺対象だけど」

クリスタ「絶望した!!ライナーに絶望した!!」

ベルトルト「はい、あーん♪」

サシャ「あーん♪」



ジャン「なあ…ライナー」

ライナー「言うな、やつらは自分の世界に入ったんだ」

コニー「もう大人しく鍋食ってようぜ」

ライナー「やだやだああああ!!楽しくわいわいしたいんだい!!」

ジャン「うぜえ」

ライナー「じゃ次ミーナで」 

247 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 11:29:07 ID:UFvKvg7k




ミーナ「わが…生涯に…一杯の…悔いあり…」

ライナー「おーいミーナ」

ミーナ「?」

ライナー「ほれ」

トロスト区で生きぬくための100のこと

ミーナ「なんかもらわなければならない気がした!!」 

248 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 11:38:00 ID:UFvKvg7k
エレン「人にはしっんせっつかっぞくはたっいせつ♪」チェケラ




ライナー「さてミーナにしっつもーん♪」

ミーナ「今生きるか死ぬかの瀬戸際だから後にして!」

ライナー「ぐすん」


コニー「そろそろライナーが可哀相になってきた」

ジャン「俺も」

ライナー「こうなったら本命じゃああああああ!!」 


251 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 12:21:45 ID:UFvKvg7k





ライナー「ミカサ!!」


ミカサ「えれんがえれんのえれんでえれん」


ライナー「エレンがキスしてくれるってよ!!」


ミカサ「!!」クワッ


エレン「俺がキスする?いってないいってない♪」チェケラ


ミカサ「きっとエレンは恥ずかしがってる」


ライナー「一人目」ニヤリ 


253 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 12:27:42 ID:UFvKvg7k




アルミン「でさ!今日はこんなことがあったんだ」

アルミン「うん!そうそう!それでね!」

アルミン「あっはは!違うってば~」

ジャン「だめだ完全に現実逃避してやがる」

コニー「あ~エア友達とかいうやつ?」


ライナー「ジャン!!お前の出番だ!」

ジャン「俺!?」 

254 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 12:35:11 ID:UFvKvg7k
ライナー「お前の歌…聞かせてやれ」

ジャン「いや今歌関係ねえだろ!!」

コニー「心に響く歌聞かせてやれよ」

ジャン「お前らゴリ押しすんな!!」

ライナー「大丈夫お前ならできる」

ジャン「わっけわかんねえよてめえら!!」

コニー「いいから行ってこい」

ジャン「ちょ!!押すな!!」 


256 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 12:45:45 ID:UFvKvg7k


アルミン「ええ~?そんなことがあったんだ~」


ジャン「…ジャン・キルシュタイン…謳います」




ジャン「わらえ わらえ 愚かな夢♪」

ジャン「綺麗ごとなんて 意味がない♪」

ジャン「こわせ こわせ ぶち切れtightrope♪」




ライナー「普通に上手いな」

コニー「でも愚かな夢って自虐…プフ」 

257 :や…やめいミヤリが間違ってんだい!:2013/07/02(火) 12:53:52 ID:UFvKvg7k

ジャン「under the cry!!♪」

ジャン「追い詰められたリアルに しゃがれたような声で叫ぶよ♪」

ジャン「cry!!お前が望むのなら 暗い闇で彷徨ってもいい♪」




コニー「おいどうすんだこの空気」

ライナー「畜生酔いしれてるとこ笑ってやるつもりだったのに…」

コニー「普通に上手いしいつの間にか周り見入ってるし」

ライナー「…やっちまったぜ!!」テヘ 


258 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 12:56:27 ID:UFvKvg7k




ジャン「ありがとうございました~」





シーン



ジャン「」


アルミン「…」ポロポロ


ジャン「!?」 

259 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 13:03:23 ID:UFvKvg7k



ライナー「これで全員だな!!」

コニー「ジャンの歌のお陰で鍋パが再開できるぜ」

ジャン「よせやい」

アルミン「ジャンの歌…僕のsoulに響いたよ!!」

サシャ「ずっとジャンはホルスタインだと思ってました」

ベルトルト「まさかジャンにこんな才能があったなんて」

クリスタ「わーい!クリリ、ジャンの歌だーい好き!」

ユミル「さっきの盗撮写真からクリスタが壊れた」

アニ「めーめーも褒めてるよ」モフモフ

ミーナ「ジャンの歌のお陰でどこまでも生き残れる気がしました」

ミカサ「ほんの少しだけ見直した」

マルコ「だね」


ジャン「お前ら…」ホロリ 

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 13:06:48 ID:UFvKvg7k
エレン「最後によろしくきょっじんをぜったいくっちくちき♪」チェケラ



エレン「thank you」


エレン「お前ら!!俺のsoulrap聞いてくれた?」




一同「わいわいがやがや」




エレン「」


エレン「無視すんなよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」ブワ 

261 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 13:11:23 ID:UFvKvg7k


その後…無事鍋パーティは再開された

ジャンのお陰で鍋は守られたんだ!

エレンは泣き疲れて寝てしまったよ

その後はまたライナーがあの変なテンションになってみんなをいじって肉塊になってたよ

でも今回はカップルが2組も成立した鍋パーティだったんだ

僕もジャンと…いやなんでもないよ

                            マルコ 

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 13:17:12 ID:UFvKvg7k
あれから一日が経った


エレンはあの日のことを覚えてなかったんだって

でも怒りが収まらない女子数名がエレンにお仕置きしようと奮闘してるみたい

でもウォール・ミカサがなかなかそれを許さないんだって

私は別に被害受けなかったから大丈夫だけど…やっぱなんでもない

でも何かすごいショックなことがあってそれからの記憶がないんだけどなにがあったのかな?

次の鍋パーティで聞いてみよっと
                            クリスタ・レンズ 

263 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 13:19:09 ID:UFvKvg7k








キース「あれ?私は?」







ライナー「鍋」

アルミン完? 


271 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 20:56:20 ID:UFvKvg7k




ライナー「というわけで不定期に始まるライなべでーす♪」

ベルトルト「サシャ♪」

サシャ「ベルトルト♪」



ライナー「ツッコみがいない…」

ジャン「しゃーねーな!俺がツッコんでやんよ!」

ライナー「え…?」ドンビキ

ジャン「勘違いしてんじゃねえ!!」 

278 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:13:22 ID:UFvKvg7k




ライナー「ちなみに今回は趣向を変えてこんな感じのものにしてみました」パチン



エレン「おい!明かりが消えたぞ!」

ベルトルト「何考えてるんだライナー!」ムニュ

サシャ「あん♪」



アルミン「これは…闇鍋!?」

ミカサ「アルミン知ってるの?」

アルミン「古い文献に書いてあった…」

アルミン「その昔…明かりを暗くしてみんなで適当な具材を入れる鍋があったと…」 

279 :>>277後でちょっとやってみます:2013/07/02(火) 21:19:01 ID:UFvKvg7k
一同「…」ゴクリ


アルミン「そして恐ろしいのはここからだ」

一同「?」

アルミン「一度取った具材は必ず食べなければならない」

アルミン「しかもゲテモノや食べ物じゃないものまで入ってるという…」

コニー「食べ物じゃないものって大丈夫なのかよ!?」


ライナー「あ~大丈夫大丈夫俺は鍋を粗末にしない」キリッ


ジャン「いやなんかキメ顔してるみたいだが暗くて見えてないからな」

ライナー「しゅん」 

280 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:23:33 ID:UFvKvg7k



ライナー「じゃ…まずは…ジャン!!」


ジャン「こういう時だけ俺かよ!?」

ユミル「ざまあ」

ライナー「んでその次ユミルね♪」

ユミル「」


ジャン「てめえら覚えてろよ…」チャポン


283 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:27:57 ID:UFvKvg7k




ライナー「なにかななにかな~?」

ジャン「へ!!どんなのが来ようと俺の進撃は止まらねえ」ガブ














ジャン「がああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」 

284 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:32:56 ID:UFvKvg7k
ジャン「ひ…ひず…」アセダラダラ

ライナー「ひず?なんだそりゃ?」

クリスタ「もしかして蹄のことかな?」

ユミル「ちげえだろ」

ジャン「あ…あが…が…」

アルミン「一体何を食べたんだい?ジャンがこんなになるなんて…」


ライナー「あ~たぶんハバネロとかいうやつだな」

アルミン「!?」

エレン「知ってるのか?」

アルミン「知ってるなんてもんじゃないよなんてものを入れたんだ!?」

ライナー「いや赤いピーマン的ななにかと思って」

アルミン「見当違いにも程があるよ!!」 

285 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:37:35 ID:UFvKvg7k
ジャン「」


アルミン「唐辛子という実の一種で…それは辛いなんてもんじゃない」

アルミン「もうジャンはしばらく喋れないと思う」

エレン「マジかよ…」

ライナー「悪いことしたな」

ユミル「え?こんな具材いっぱい入ってんの?」

ライナー「お前…胸張って生きろよ」キリッ

ユミル「はぁ!?」

クリスタ「ユミル!頑張って!」

ユミル「ぐっ!しゃーね!やってやらあ!!」チャポン



287 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:46:05 ID:UFvKvg7k
ジャン「」


ユミル「…なんかやわらかいな…」

ライナー「なにかななにかな~?」

ユミル「マジで食べなきゃだめ?」

ライナー「あったりっまえ♪」

ユミル「うぜえ」

クリスタ「ユミル…」

ユミル「畜生こうなりゃやけだ!!」パク




ユミル「あれ?そんな不味くない?」モグモグ 

288 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:48:46 ID:UFvKvg7k
ジャン「」


ユミル「…これたぶん豆腐だ」

ライナー「ちっ…無難なのいきやがった」

ユミル「あ?」

ライナー「なんでもありません」

ユミル「で?次誰にすんだよ」

ライナー「そりゃもちろんミカサ」

ミカサ「!?」 

289 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 21:54:02 ID:UFvKvg7k
ジャン「は!!」




ミカサ「ここで私にふる理由がわからない、理解に苦しむ」

ライナー「んなもんなんとなくだ」

ミカサ「話が通じない、これは削ぐ」

エレン「え?ミカサやんないの?」

ミカサ「!」

エレン「せっかくライナーが楽しんでもらおうと…」ショボーン

ミカサ「わかったやる、だからそんな顔しないで」

エレン「…」ニヤリ

ライナー「…」ニヤリ

アルミン(あかん…こいつら悪魔や…)

ミカサ「…」チャポン


291 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:05:57 ID:UFvKvg7k


ライナー「なにかななにかな~♪」

ミカサ「…食べなければ勝てない」パク

ミカサ「…」モグモグ





ミカサ「弾力がある、そしてだんだん柔らかくなってきた」

エレン「なんだそりゃ?」 

292 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:10:59 ID:UFvKvg7k
ミカサ「味はあまり好みではない」

ミカサ「でも…食べられないことも無い」

エレン「はぁ?」


アルミン「ライナー、何入れたんだい?」

ライナー「たぶんねり消し」

ジャン「はあああああああああああああああああ!?」

アルミン「あ、ジャン復活したんだ」

ジャン「おう!!じゃなくて鍋思いっきり冒涜してんじゃねえか!!!」

ライナー「いやねり消しっていい匂いのやつあるじゃん?」

アルミン「あるけど…」

ライナー「食えると思って」

ジャン「どうしたらそんな考えに行きつく!?」

ミカサ「…」モニュモニュ

ライナー「ミカサ普通に食ってるぞ」

ジャン「!?」 

294 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:17:44 ID:UFvKvg7k
アルミン「あれはミカサだからだよ…」


ライナー「じゃあそろそろ最初のお題いってみるか」

ジャン「あ?」

ユミル「おい」

ミカサ「…」モニュモニュ


アルミン「あ~あライナー人選悪すぎだよ」


ライナー「」アセダラダラ

ミカサ「ライナー、あなたは人を貶めて自分は逃げるの?」

ライナー「…ああ、兵士には引けない状況がある」

ライナー「今がそうだ!」チャポン


298 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:29:53 ID:UFvKvg7k





ライナー(ん?これは…)パク

ライナー「…俺の勝ちだ」モッチャモッチャニヤリ

ライナー(めっちゃ溶けてるけどな)モッチャモッチャ

アルミン「なんだったんだい?」

ライナー「雪見大福だ!」

ジャン「なんだそりゃ?」

ライナー「アイスというものでな、正直鍋に入ってると不味いがねり消しとかよりましだ」

ジャン「やっぱねり消し確信犯じゃねえか!!」 
 

300 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:32:31 ID:UFvKvg7k


ライナー「じゃあ最初のお題入るぞ~」

ユミル「納得いかねえ…」

ミカサ「同じく」

ライナー「みんなの将来の夢が知りたいな~ん♪」

ジャン「そのしゃべり方やめろ!!」




クリスタ「…」コソコソ

クリスタ「えい」チャポン


305 :>>275想像してたのと違ったらごめんね:2013/07/02(火) 22:39:38 ID:UFvKvg7k




ライナー「じゃあここはまずエレンでいってみよう!」

エレン「俺?まあみんな知ってると思うけど…」

エレン「巨人を駆逐して外の世界に行きたいってのは一番だな」

ミカサ「そして私と3LDKの家に住む」

エレン「は?わけわかんねえよ」

エレン「でも外の世界にはミカサとアルミンにも一緒に来てほしいって思うな」

ミカサ、アルミン「エレン…」ホロリ


クリスタ「いったい!!かったい!!」


一同「!?」 


307 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:43:46 ID:UFvKvg7k
クリスタ「なにこれ!?とげとげしてるし固い!!」

アルミン「え!?クリスタどうしたの?」

ライナー「…」アセダラダラ

クリスタ「あ、剥けた」

クリスタ「でも中も固い!!」

アルミン「それは…栗だね」

アルミン「その殻はこうやってヒビを入れて向いて食べるんだ」

クリスタ「クリスタだから栗ってかやかましいわ!!」

ユミル「どうどう」オロオロ 

309 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:46:05 ID:UFvKvg7k
ライナー「…」

ユミル「おい」

アルミン「わかってるよね?」

ライナー「」アセダラダラ









をおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお 

310 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 22:52:38 ID:UFvKvg7k




ライナー「じゃあまだ訊いてない奴にしとくか」ボロボロ

ライナー「じゃあミカサで」ボロボロ

ミカサ「エレンと一緒の墓に入る、以上」





ライナー「…いやぶれないのはわかるんだけどさ…」

ライナー「重い!!」

ライナー「あそこでジャンが血の涙流してるし…」




エレン「なんかクリスタが楽しそうだな」

エレン「俺もいっちょやってみるか」チャポン



313 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:04:47 ID:UFvKvg7k





エレン「…なんかしっとりしてる感じがする…」

エレン「まあせんべい鍋とかって聞いたことがあるしそのたぐいだろ」パク

エレン「……」モグモグ

エレン「…うぇ…まっず…」モグモグ

エレン「なんかべちゃべちゃしてるし甘いのとなんか変なのが…」モグモグ


クリスタ「意外と中身は美味しかった」ホクホク 

314 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:09:03 ID:UFvKvg7k
エレン「あれだ…なんか小麦粉使ったお菓子…」

アルミン「クッキー?」

エレン「それだ!!」


ライナー「次はクリスタの夢訊いちゃおうかな♪」

クリスタ「私!?」ホクホク

ライナー「ま、どうせ俺と クリスタ「それはないから」

ライナー「……」

クリスタ「それはないから」

エレン「じゃあなんなんだ?」

クリスタ「それは…えっと…」


サシャ「ほっ!!」チャポン



318 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:17:11 ID:UFvKvg7k



クリスタ「私は…静かに暮らせればそれでいいかな?」

クリスタ(雰囲気悪くなっちゃうよ…)

ライナー「建前はなしと安価神はおっしゃってるぞ」

アルミン「安価神?」

ユミル「おい」

ライナー「なんだ?」

ユミル「人には言えねえことの一つや二つあんだよ」

ライナー「それもそうか」

エレン「納得早!!」


サシャ「うげええええええええええええええええええええええええええええ」

一同「!?」 

319 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:20:42 ID:UFvKvg7k
サシャ「くっさなにこれくっさ!!!」

サシャ「こんなん食えるわけないやろ!!あほか!?」

サシャ「というか食べもんちゃうしこれ!!」


アルミン「今度は何!?」

ライナー「ああ…出汁だ」

アルミン「はあ?」


サシャ「出汁とかほんにあほか!?これ靴下やろ!!」

一同「!?」


ベルトルト「…なんだって?」 

320 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:24:11 ID:UFvKvg7k
ベルトルト「ライナー…」

ライナー「あ…あのなベルトルト」アセダラダラ

ベルトルト「ちょっと…表出ようか…」

ベルトルト「久しぶりに…キレちまったよ…」ゴゴゴゴゴ

ライナー「ベルトルト…話せばわかる」

ベルトルト「何を話すというんだい?」ガシ

ライナー「おわ!?待て!!俺の話を」




ズガアアアアアアアアアアアアアアアン 

321 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:32:48 ID:UFvKvg7k



ライナー「」チーン

ベルトルト「次こんなことしたらこれだけじゃ済まさないよ」

サシャ「酷い目にあいました」グス

ベルトルト「…」ナデナデ


ジャン「で…ライナーが起きるまでの間どうすんの?」

コニー「おう!なんかここに紙があるな」


誰か一人の良いところと悪いとこを1つずつ無記名で紙に書いて、本人(良いところと悪いとこを書かれた人)が読み上げる 


ジャン「じゃあ起きるまでの間これやっとくか」

アニ「…」バン

一同「!?」

アニ「暗いんだけど何やってんの?」 

322 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:34:58 ID:UFvKvg7k
ジャン「闇鍋パーティ」

アニ「ライナーは?」

エレン「そこでのびてる」

ライナー「」

アニ「……また忘れられた」グス

エレン「え?え?」

ミーナ「あ~泣いちゃった」 

323 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:39:18 ID:UFvKvg7k
ミーナ「私達二人は例のごとく誘いがなかったわけでして」

アニ「こいつ私になんか恨みでもあんの?」グス


エレン「いや、無いと思うぞ」

アルミン「ただいじりたがってるだけで」

アニ「余計にタチが悪い」グス

エレン「あ、そうだアニ」

アニ「?」

ぬいぐるみ(兎)

エレン「よく知らねえけどお前がぬいぐるみ好きだって聞いてな」

エレン「格闘術教わってるお礼にって思ってな」

アニ「……」ポロポロ 

324 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:41:54 ID:UFvKvg7k
エレン「え?違ったか?うわどうしよう…」


アニ「違う!馬鹿!」ポロポロ

ミーナ「よかったね!アニ!」



ミカサ「…」コソコソ


ミカサ「アニ、これ食べて元気出して」

アニ「ミカサ…」



327 :おまえらアニにやさしいな:2013/07/02(火) 23:49:49 ID:UFvKvg7k



アニ「ありがとう」パク


アニ「痛い!!」

アニ「なにこれ!?トゲトゲしてるし!!」

クリスタ「あ…あのねアニ…」

アニ「何!?」

クリスタ「そのくだり…もうやったから」

アニ「そんなのしらないよ!!」 

328 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:54:41 ID:UFvKvg7k
ミカサ「…」ソソクサ

アニ「待ちな!」

ミカサ「なに?」クル

アニ「あんた何考えてんの?」

アニ「これ凶器!!」

アルミン「あ、それはたぶんウニってやつだよ」

アニ「は?」

アルミン「外の世界の文献で読んだんだけど海ってところにいるんだ」

アニ「…で?」

アルミン「その殻をむいて食べるんだよ」

アニ「でも…痛い…」

アルミン「ちょっと僕に貸してみて」


エレン(海にある食材がなんであるんだよ…) 

329 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/02(火) 23:58:08 ID:UFvKvg7k




アニ「おいひい」ウットリ

ミカサ「チッ」




ジャン「でも書かれる奴は誰にするんだ?」

コニー「適当でよくね?」

ジャン「じゃあ…」

337 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:16:01 ID:MMLoc8qE
ジャン「じゃあ最初は試しにコニーで」

コニー「は?」

ジャン「やっぱお前が先陣を切るべきなんだ」

コニー「それもそっか」

ライナー「じゃあ紙配るぞ」

ジャン「あれ!?復活してる!?」

ライナー「俺を誰だと思ってる」

アニ「G並の生命力」

ライナー「傷つくぞアニ…」

アニ「うるさい死ね」 

338 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:19:33 ID:MMLoc8qE
~数分後~



ライナー「回収完了」

コニー「じゃあ読むぞ」

コニー「いいところ、あのジョリジョリあたまにさわりたい」

コニー「悪いところ、馬鹿」

コニー「俺馬鹿じゃねえよ!!」


ミーナ「闇鍋っていうんだこれ」チャポン



342 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:28:00 ID:MMLoc8qE
コニー「次!良いところ、春っぽい」

コニー「悪いところ、馬鹿」

コニー「春っぽいってなんだよ!!それと俺は馬鹿じゃねえ!!」

コニー「次!良いところ、一緒にいて楽しい」

コニー「悪いところ、俺もだけど馬鹿」

コニー「やっとまともな意見キタ!!でも馬鹿はやめて!!」


ミーナ「くっさあああああああああああああああああああああ」


コニー「次!良いところ、コニ×エレ♪コニ×エレ♪」

コニー「悪いところ、エレ×コニ」

コニー「この書いてある文字が理解できないのは俺が馬鹿だからじゃねえよな!?」 

343 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:34:31 ID:MMLoc8qE
コニー「次!いいところ、興味ない」

コニー「悪いところ、興味ない」

コニー「せめてなんか書いて!!」

ミーナ「鼻がひん曲がるうううううううううううううううう」

コニー「次!いいところ、スーパーコニーは好きです」

コニー「悪いところ、でも普段のコニーは馬鹿だと思います」

コニー「スーパーコニーってなんだよ!?」

ミーナ「くさいけど食べれなくもないよおおおおおおおおおおおおおおおおお」

コニー「次!いいところ、不思議な味の水でパワーアップ」

コニー「悪いところ、ロン毛でパワーダウン」

コニー「わけわかんねえよ!!」 

344 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:42:17 ID:MMLoc8qE
コニー「次!いいところ、馬鹿」

コニー「悪いところ、自分を天才とか思ってるとこ」

コニー「俺は天才なんだよ!!」

ミーナ「うげえええええええええええええええええええ」

コニー「次!いいところ、意外と頼りになる」

コニー「悪いところ、僕は目立たないのにどうして君は目立つんだい?」

コニー「知らねえよ!!」

ミーナ「ほげええええええええええええええええええええええええ」

コニー「次!いいところ、結構楽しい」

コニー「悪いところ、ないんじゃないかな」

コニー「天使 降 臨 」

ミーナ「うがあああああああああああああああああああああ」

コニー「次!いいところ、んなもんねえ」

コニー「悪いところ、馬鹿」

コニー「もうやだ!!」 

345 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:48:42 ID:MMLoc8qE
コニー「終わったぞ!!」

ライナー「御苦労自分を見つめなおせ」

コニー「は?何言ってんだ?」

ジャン「お前は馬鹿なんだ」

コニー「は?ちげえし」

ライナー「ジャン」

ジャン「なんだ?」

ライナー「次は誰にするんだ?」

ジャン「じゃあ…次死に急ぎ野郎で」

エレン「は?」

アルミン「コニーこの具材を食べれば頭がよくなるよ」

コニー「ほんとか!?」

348 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:54:09 ID:MMLoc8qE

コニー「いただきます」パク

コニー「…う~んちょっと苦いかもな」

コニー「でもなんか頭良くなってきた!!」

アルミン(単純にも程があるよ…)



ライナー「お前ら書けたか~?回収するぞ~」 

349 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 00:58:33 ID:MMLoc8qE





エレン「なんだ?これ読めばいいのか?」

ライナー「おう!」

エレン「…いいところ、演説がうまい」

エレン「悪いところ、直情的」

エレン「なんだこりゃ?」


コニー「そういえばアルミンなんも食ってないな」

アルミン「」ギク

コニー「遠慮せずに食えよ」ドボドボ

353 :なんちゅーことしてくれたんやw:2013/07/03(水) 01:12:08 ID:MMLoc8qE
エレン「いいところ、意外とやさしい」

エレン「悪いところ、ないとおもうな~」

エレン「これクr ジャン「特定は禁止だ」

アルミン「ちょっと体がムズムズするんだけど」

エレン「…いいところ、私の詩を好きと言ってくれた」

エレン「悪いところ、それを人前で音読した…大声で」

エレン「俺そんなことした覚えないんだけど」

コニー「大丈夫だろ、だって鍋の具だし」

エレン「いいところ、俺の親友であること」

エレン「悪いところ、お前も馬鹿のくせに俺を馬鹿扱いすること」

エレン「…悪かったよ」 


355 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:20:57 ID:MMLoc8qE
エレン「いいところ、幼いころから僕の良き理解者であること」

エレン「悪いところ、危なっかしいのはどうにかしてほしい」

エレン「なんかかたっ苦しいなアr ライナー「見せられないよ」

アルミン「さっき靴下とか入ってたんだよ」ムズムズ

エレン「いいところ、私をあまり馬鹿扱いしないところ」

エレン「悪いところ、あの日邪魔したことは絶対に許しません」

エレン「だからなんのことだよ?」

コニー「アルミンが色っぽくなってる…」

エレン「いいところ、努力家」

エレン「悪いところ、ミカサに付きまとってるところ」

エレン「付きまとってねえし」 


357 :>>354いや楽しいし何の問題も無いよ:2013/07/03(水) 01:30:36 ID:MMLoc8qE
エレン「いいところ、俺のノリについてこれる」

エレン「悪いところ、酒癖が悪い」

エレン「知らねえよ」

アルミン「…なんか胸がきついんだけど」

エレン「いいところ、僕のことをわりと気にかけてる」

エレン「悪いところ、あの日邪魔されたことはわすれない」

エレン「だからなんなんだよ!」

コニー「これは…にょたミン!?」

エレン「いいところ、向上心がある」

エレン「悪いところ、酒癖が悪い」

エレン「だから何処情報だよ」

ミカサ「アルミンどうしたの?」

エレン「いいところ、全て」

エレン「悪いところ、わtミカサの気持ちに気づいてあげてほしい」

エレン「……」 

358 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:35:05 ID:MMLoc8qE
エレン「で?これなんなの?」

ライナー「これを機に自分を見つめなおすんだ」

エレン「本音は?」

ライナー「大体悪いとこ書かれて傷ついてるやつプギャーしたい」

コニー「大変だ!!」

ライナー「どうした?」

コニー「アルミンが…女だった…」

ライナー「な…」

エレン「なんだってーーーー!?」

ライナー(いやまさかあの謎の覆面Hに貰ったあれか?まさかそんな…) 

359 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:40:13 ID:MMLoc8qE





アルミン「あれ?なんで僕のペニミンがないんだい?」

アルミン「代わりにパイミンがあるぞ!」

アルミン「あはははははこれは夢だそうだ夢だ!」

ミカサ「アルミン!!しっかりして!!」

エレン「この不思議な味の水を飲むんだ!!」

ミカサ「!?」

エレン「ライナーがこれを飲めば気分が落ち着くって!」

アルミン「ありがとう」ゴクゴク 

360 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:44:55 ID:MMLoc8qE




クリスタ「…なんか大変なことになってるみたい」

ユミル「でももともと女みてえな奴だったし違和感なさすぎだろ」

サシャ「アルミンは前から女だと思ってました」

ベルトルト「いやそれはないよ」

ジャン「とりあえずあっちも注目されんのは本望じゃねえだろ」

ライナー「続きだ…次は~」


365 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:53:10 ID:MMLoc8qE
ライナー「俺だ俺だ俺だあああああああああああ!!!」




ライナー「あるぇ~?」



ジャン「じゃあライナーの悪いところ書いてくべ」


ライナー「いいところも書いて!!俺意外と繊細なの!!」


サシャ「鍋に自分の靴下入れる奴が繊細とか笑わせますね」

ベルトルト「ほんとだよ」

ライナー「ぐすん」 

366 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 01:57:15 ID:MMLoc8qE





エレン「アルミン…落ち着いたか?」

アルミン「…エレン…」

エレン「どうした?」

アルミン「なんだか体が…熱いんだ…」

エレン「え?」

アルミン「ほら僕のこここんなにドキドキしてる」ムニュ

エレン「!?」

エレン(ひゃっはああああああああああこいつはとんだビッチだぜ!!)



ミカサ「この桃色空間は…何?」 

367 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:01:01 ID:MMLoc8qE




ジャン「回収したぞ、さっさと読め」

ライナー「もっと優しく言って」

ジャン「きめえ」

ライナー「…いいところ、兄貴分」

ライナー「悪いところ、変なノリ」

ライナー「誰だこんなあたりさわりのないようなことを書いたのは…」




アルミン「今なら言える!僕は…」

エレン「え?マジ?」 

368 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:06:16 ID:MMLoc8qE
ライナー「いいところ、強い」

ライナー「悪いところ、基本俺が巻き込まれる」

ライナー「それは違う巻き込まれるんじゃない俺が巻き込むんだ」

アルミン「僕はエレンが!!」

ライナー「いいところ、頼れたところ」

ライナー「悪いところ、昔は戦士だった」

ライナー「は?戦士ってなんのことだよ」

エレン「え?え?」

ライナー「いいところ、鍋くれるところ」

ライナー「悪いところ、それ以外」

ライナー「つまり俺は餌付け係ということか」 

369 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:13:51 ID:MMLoc8qE
ライナー「いいところ、逞しい肉体美」

ライナー「悪いところ、その肉体の使い道が違う」

ライナー「肉体とか知らねえよ」

ミカサ「だめえええええええええええええええええええ」

ライナー「いいところ、サンドバッグ」

ライナー「悪いところ、抵抗する」

ライナー「そりゃするわしなきゃ死ぬわ」

エレン「おわ!!」

ライナー「いいところ、サンドバッグ」

ライナー「悪いところ、私のクリスタに付きまとうところ」

ライナー「お前のじゃねえし~」 

370 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:23:24 ID:MMLoc8qE
ライナー「いいところ、俺の歌を褒めてくれた」

ライナー「悪いところ、ノリ」

ライナー「もうこれ自己紹介してんジャン」

ミカサ「アルミンは男、いくら私達が長い付き合いでもそれは不毛」

ライナー「いいところ、なんだかんだで頼れる」

ライナー「悪いところ、エロ本読みながらご飯食べるのはちょっと」

ライナー「お前にはわからないだろうなそれはお前がまだ俺の域に達してないからだ」

アルミン「今は女だミン!合法だミン!」

ライナー「いいところ、サンドバッグ」

ライナー「悪いところ、懲りないところ」

ライナー「何?サンドバッグネタ流行ってんの?」

エレン「おい!お前らそのへんに…」

ライナー「いいところ、強いところ」

ライナー「悪いところ、ないy ジャン「おい待て!!結婚結婚うるさいところって書いてんじゃねえか!!」

ライナー「ちっ」 

371 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 02:28:42 ID:MMLoc8qE
ライナー「いや~俺いいことしか書いてなかったわ~」

ジャン「サンドバッグだけどな」

コニー「それよりあれどうすんだ?」

ライナー「?」




エレン「なあアルミン元には戻らねえのか?」

アルミン「知らないミン!だって変な肉団子食べたらこのざまだったミン!結婚しよ!」

ミカサ「これは早く元に戻すべき」


ライナー「…しらんな~」 

379 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 11:22:13 ID:MMLoc8qE
エレン「うわ!アルミン酒臭い!!もしかしてこれって酒か!?」

ミカサ「エレン…今まで気づかなかったの?」



ライナー「みんなの将来の夢も気になるところですが…」

ライナー「次のお題逝ってみましょう!!」

ジャン「どうしたらそのテンションになれるのか教えてくれ」

コニー「やべえアルミンを見てると胸がドッキンだ」

ライナー「みんなの秘密(黒歴史や過去)を暴露大会!!」

ジャン「は?」 

380 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 11:28:23 ID:MMLoc8qE
エレン「おい!アルミンどこ行くんだ?」

アルミン「ちょっと…お花を摘みに」キラキラ



ライナー「やっぱパーティの醍醐味といったらこれっしょ」ニヤリ

ジャン「うわものすげえゲス顔だ」

ライナー「じゃあ最初のジャブはミーナで」

ミーナ「私!?」


これ秘密とかって安価したほうがいいのかな? 

381 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 11:59:32 ID:MMLoc8qE
ライナー「どんな秘密が出るかな出るかな~?」


ミーナ「秘密なんてそんなの…」


ライナー「あるんだろ?お兄さんにいってみな?」

ジャン「おっさんの間違いだろ」

ミーナ「じゃあ…一つだけ…」


ミーナ「私ミーナ・カロライナは…」 

382 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:11:43 ID:MMLoc8qE







ミーナ「過去から現在に飛ばされてきました!!」




ライナー「は?」 

383 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:16:29 ID:MMLoc8qE
ミーナ「私のいた時代に壁なんてなかったしましてや巨人なんて…」

ライナー「なんだ中二病か?」

ミーナ「はあ?違うし!ヤマタノオロチとかいたし超かっこいいし」

ジャン「なんだそりゃ?」

ミーナ「あれだし私のいた国黄金の国とか言われてたし」

ミカサ「それは聞き捨てならない」

ミーナ「?」

ミカサ「何故あなたが東洋のことを知っているの?」

ミーナ「東洋?私ジパングってとこから来たんだけど」

ミカサ「!?」

エレン「ミカサ?」 

384 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:23:49 ID:MMLoc8qE
ライナー「まあもし仮に本当だったとしてだ」

ミーナ「だからほんとだし!!」

ジャン「わかったわかった」

ライナー「なんで今壁の中にいるんだ?」

ミーナ「それ知ってたら苦労しないんだけど」

エレン「もしかして壁の外…?」

ミーナ「だからそう言ってんじゃん」

エレン「なあ!!教えてくれ!!海って本当にあるのか!?砂の雪原は!?」


ミーナ「砂の雪原は知らないけど海はあるよ」

エレン「もっと教えてくれ!!」 

385 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:28:19 ID:MMLoc8qE
ミーナ「え~?どうしよっかな~?」

エレン「もったいぶらずに教えてくれよ!!」キラキラ


ミカサ「…」ギリギリ

アニ「…」ギリギリ


ライナー「さてミーナの中二病が発覚したところですが次いってみましょう」

ジャン「次は誰にするんだ?」

ライナー「ジャン…君に決めた!!」

ジャン「は!?」 

386 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:34:45 ID:MMLoc8qE
ジャン「俺なんにもねえぞ!!!」

ライナー「一つくらいあるだろ、男なんだから」

ジャン「いや関係ねえだろ!!」

ライナー「なんだ無いのか?つまらん男だ」

ジャン「はあ!?じゃあてめえ言ってみろよ!!」

ライナー「やだよまだ俺の番じゃないし」

ジャン「ふっざけんな!!」 

388 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:38:55 ID:MMLoc8qE
アルミン「ただいま!エレンいる?」

エレン「おう!どうした?」

アルミン「えっと…」モジモジ



ジャン「ああ言ってやるよ!!」

ライナー「よく言った!ぬしは男じゃ!」

コニー(アルミンが帰ってきた)

ジャン「じゃあ俺の秘密逝くぜ!!」

ジャン「俺、ジャン・キルシュタインは…」 

389 :>>387前向きに検討します:2013/07/03(水) 12:49:07 ID:MMLoc8qE
アルミン「これ!!」

エレン「花冠?本当に花摘んでたのか!?」




ジャン「二つの人格がある!!」





ライナー「は?」 

390 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:53:39 ID:MMLoc8qE
エレン「ありがとな!」ニカ

アルミン「ミイイイイイイイイイイイイイイイン」ハナジブー

エレン「アルミン!?」




ライナー「お前…頭大丈夫か?」

ベルトルト(君が言うか…)

ジャン「ほんとなんだって!!なんか鍋持つと俺じゃない俺が…」

ライナー「あ~わかったわかったお前疲れてんだ」

ジャン「ちげえって!!!マジなんだよ!!」

ライナー「じゃあ鉄鍋持ってくるか」ヨッコイショ 

391 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:55:30 ID:MMLoc8qE
~数分後~













ジャン「カカカカカカカカカカカ」


一同「!?」


ジャン「ケケケケケケケケケケケ」 

392 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 12:58:27 ID:MMLoc8qE









ジャン「はっ!!!俺は何を…」


ライナー「ジャン…」

ジャン「ん?どうしたライナー?」

ライナー「疑って悪かった」

ジャン「え?何があったんだよ」

ミカサ「大丈夫ジャン、あれを見てもあなたの評価は変わらない(どん底)」

ジャン「え?何が!?」 

393 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 13:06:16 ID:MMLoc8qE
エレン「今ミーナに外の世界の話聞いてたんだ!アルミンもどうだ?」

アルミン「聞きたいミン!!」




ライナー「ジャンが秋山ってことが発覚したところで…」

ライナー「次クリスタいってみちゃう?」

クリスタ「え~やだ~」

ライナー「そっかそっか」

ジャン「引き下がるなよ!!」

ライナー「秋山は黙るがいい」

ジャン「なんだよ秋山って!?」 

394 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 13:16:22 ID:MMLoc8qE




ジャン「で?クリスタの秘密ってなんだ言ってみろ」

クリスタ「じゃあ…一つだけ…」


ライナー(ああ、俺の嫁さんってことだろ)


ジャン「あ~ライナーお前が想像してることはたぶん違うからな」

ライナー「秋山…お前死にたいか?」

ジャン「だからいつまでそのネタ引っ張るんだよ!!」


クリスタ「私…クリスタ・レンズは…」 

395 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 13:25:55 ID:MMLoc8qE






クリスタ「空の上から落ちてきました!!!」

ユミル(おいお前妾の子じゃねえの!?)




ライナー「は?」 

396 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 13:28:23 ID:MMLoc8qE
クリスタ「実は私はコウノトリに運ばれてきた子で」

ユミル「ん?」

ライナー「ん?」

クリスタ「背中に翼があったんだって」

ユミル「え?」

ライナー「え?」

クリスタ「でも引きちぎられちゃったんだ~」

ユミル「は?」

ライナー「は?」 

397 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 13:30:11 ID:MMLoc8qE
クリスタ「それからいろいろあって…」

クリスタ「現在に至るって感じです」

クリスタ「あ、パンツは好きです」



ライナー「」ポケー

ユミル「」ポケー


クリスタ「…あれ?」 

398 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 13:39:57 ID:MMLoc8qE




ライナー「え~クリスタマジ天使だったところで次逝ってみたいところですが」

ライナー「一旦休憩入りまーす」

ジャン「え?休憩?」

ライナー「すまん…ちょっと頭冷やしてくる」

ユミル「私も…」

ジャン「お、おう」


アニ「あんたの名前はピョンコちゃんだ」モフモフ


ミカサ「エレン!その女の言ってることはまやかし」

ミーナ「まやかしじゃねーし!!」

コニー「アルミン!」

アルミン「ん?なんだいコニー」 


404 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 22:32:55 ID:MMLoc8qE




ジャン「というわけで主催とポエムがどっかいったわけですが…」

ジャン「これは俺が進行する流れでいいのか?」

ベルトルト「いいと思うよ」

サシャ「そのまま乗っ取ってもいいですよ!」

ジャン「いや別に乗っ取る気はねえけど…」

ジャン「お題どうするかお前らも考えてくれ」



コニー「ご…ご趣味は?」

アルミン「読書です」 

405 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 22:37:40 ID:MMLoc8qE
サシャ「あれでいいんじゃないですか?訓練の愚痴とか」

ジャン「んじゃそれでいくか」

サシャ「わーい!」

ベルトルト「即決だね」

ジャン「いや別になんでもいいし」

ジャン「つーわけでとりあえず最初は俺でいいか」

ジャン「俺はだな…あれだ」

ジャン「訓練関係ねえけどわりと理不尽な理由で走らされるのがうぜえ」


エレン「炎の水は?」

ミーナ「火山というか溶岩のこと?」 

406 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 22:42:21 ID:MMLoc8qE
サシャ「あれはジャンがタイミング悪いのがいけないんです」

ジャン「じゃあどうすりゃいいんだよ?」

サシャ「教官の足音を察知して来る前にことを終わらせればいいんですよ(ゲス顔)」

ジャン「お前えげつねえな」

サシャ「でもエレンはわりと強いですからね」

ベルトルト「もっと平和的な解決はできないのかな?」

ジャン「あいつがミカサに付きまとうのがいけないんだい!!」


アニ「私はピョンコちゃんがいるから嫉妬しない」モフモフ

ミカサ「ぐぬぬ…ミーナ恐るべし」 

407 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 22:47:29 ID:MMLoc8qE
ジャン「まあお悩み相談ってわけでもねえから次行くぞ」

ジャン「ベルトルト!」

ベルトルト「え?僕?」

ジャン「いm…サシャといちゃついてない今がチャンスだと思ってな」

ベルトルト「僕は…そうだな」

ベルトルト「訓練の組決めの時たまに僕の名前が呼ばれないのが頭にくるかな」

ジャン「それ結構深刻じゃねえか…」

サシャ「ベルトルト…」ブワ

ベルトルト「それくらいで泣かないでよもう慣れてるんだから」

サシャ「余計ショックです!」



コニー「普段なにされてるんですか?」

アルミン「勉強かな」 

408 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 22:52:46 ID:MMLoc8qE
ジャン「ていうか訓練兵の名前呼び忘れるって教官としてやばいだろ」

ベルトルト「まあ僕のことはいいから次の人いこうよ」

ジャン「いいのか?じゃあ…」

ジャン「ミカサで!」

ミカサ「あ?」ギロ

ジャン「なんでもありません」

サシャ「ほら引き下がっちゃだめですよ!ファイト!」

ベルトルト「おー!」

ジャン「お前ら人の気もしらないで…」




クリスタ「空飛びたい」

エレン「お前なら飛べるさ」 

409 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 22:58:36 ID:MMLoc8qE
ジャン「ミカサ!ちょっと聞いてくれ!」

ミカサ「忙しいので10文字で」

ジャン「くんれんのぐちかもん」

ミカサ「…愚痴?」

ジャン「YES」

ミカサ「エレンと組めない陰謀説」

ジャン「また死に急ぎ野郎かああああああああああああ ミカサ「うるさい」ゴス

ジャン「…ジャンのジャンがオジャンしそう…」プルプル




ミーナ「もしかして…私オロチの生贄に…?」 

410 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:06:17 ID:MMLoc8qE




ジャン「危なかった…あそこでジャンバルジャンが発動しなかったらどうなってたか…」

ベルトルト「とりあえずわけわかんないこと言ってないで目を覚ますんだ」

ジャン「はっ!!俺は何を!?」

サシャ「ミカサにチ○ポ蹴られて意識とんでたみたいですよ」

ジャン「そうかそいつはしあw…あぶねえところだった…」




アニ「ピョンコちゃんモフモフ」モフモフ 

411 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:10:03 ID:MMLoc8qE
ジャン「じゃあ次アニで」


アニ「もふ!?」


ジャン「もふ?」

サシャ「もふ?」

ベルトルト「もふ?」


アニ「……」ワナワナ




ミカサ「エレン、わたミカサが構ってほしそうに見ている」

エレン「は?何言ってんだ?ミカサ」 

412 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:15:47 ID:MMLoc8qE





アニ「あんたたちは何も聞いていない!いいね!」

ジャン「いやそういうのは暴力ふるまえに言ってくれ」ボロボロ

ベルトルト「久々にアニを垣間見た」ボロボロ

サシャ「私だけお尻ぺんぺんですんで良かったです!」ヒリヒリ


アニ「で?訓練の愚痴?」

ジャン「まあそんなところだ」

アニ「…いっぱいあるよ」



コニー「俺より背が高いな」

アルミン「今だけ身長交換してもいいよ」 

413 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:25:07 ID:MMLoc8qE
アニ「まずめんどい、疲れる」

ジャン「お、おう」

アニ「次に私低血圧だから朝弱いんだけど」

ジャン「お、おう?」

アニ「それで寝ぼけた状態で食堂行ったら氷の女とかネタにされるし」

ジャン「え?あれネタなの?」

アニ「別にクールキャラとか狙ってない、ちょっとシャイなだけ」

ジャン「ん?」




コニー「どうやって交換すんの?」

アルミン「きっとライナーがなんか持ってきてくれるよ」 

414 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:28:57 ID:MMLoc8qE
アニ「くどくど」

ジャン「」ゲッソリ




ミーナ「うわ~…オロチに食われて壁の中とか巨人の中どうなってるんだろ?」

エレン「何言ってんだ?」

クリスタ「この大空に翼を広げ飛んでいきたいよ」

エレン「お?クリスタもポエムか?」

ミカサ「ミカサが仲間に加わった」ガシ

エレン「うわ!!しがみつくなミカサ!!」 

415 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:34:41 ID:MMLoc8qE




ライナー「よし!頭も冷えた!ただいま○こ」

ユミル「いきなり下ネタとか死ね!!この童貞野郎が!!」

ライナー「ふん、クリスタで卒業プランは考えて…ん?」


アニ「すっきり!」

ジャン「」ゲッソリ

ベルトルト「」ゲッソリ

サシャ「」ゲッソリ


ライナー「何があったお前ら!」

ユミル「え?何?殺人事件!?きゃー!」 

416 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:42:12 ID:MMLoc8qE
アニ「でもまだ語り足りないね」

アニ「ピョンコちゃんに聞いてもらおっと」

ピョンコ「え"!?」



ライナー「ジャン!これを食うんだ」

ジャン「」モグモグ

ライナー「ベルトルトも!」

ベルトルト「」モグモグ

ユミル「オラ食え芋女!」

サシャ「」モグモグ

ジャンが食った具材↓1

ベルトルトが食った具材↓2

サシャが食った具材↓3 

419 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/03(水) 23:50:14 ID:kAJj1QeY
ハグリッドがハリーにあげたあんまり美味しくなさそうなバースデーケーキ 

420 :ダドリーがつまみ食いして豚化した奴でいいんだよね?:2013/07/03(水) 23:56:17 ID:MMLoc8qE
ジャン「んぐ!?」

ベルトルト「!?がああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

サシャ「まっず!!なにこれまっず!!べちょべちょしてますけど!!」


ライナー「よしみんな目が覚めた!めでたい!」


ジャン「んぐ!!がっ!!あっ!!」


ユミル「おい!馬面の顔がやばいことに!!」


ライナー「餅をのどに詰まらせたか…っておじいちゃんか!!」

ユミル「ツッコんでる場合じゃねえって!!」 

421 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:02:32 ID:TplaGPfY
ベルトルト「はあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

サシャ「ちょ!!ベルトルトに何したんですか!?」

ライナー「いやジョロキアとかいうのを」

サシャ「ハバネロよりひどいことになってるじゃないですか!!」

ライナー「いやピーマン的ななにかと思って…」

サシャ「ばーか!!ほんとばーか!!」

ライナー「しゅん」


ユミル「おい!!お前ら遊んでる暇あったらこいつ助けろ!!」

ジャン「」ピクピク 


423 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:07:35 ID:TplaGPfY
~数分後~


ジャン「いや今のはマジで死ぬかと思った」

ライナー「はははすまんすまん」

ジャン「笑いごとじゃねえぞ!!」

ユミル「まあ助かったんだよかったじゃねえか」

ジャン「まああれに比べたらな」



ベルトルト「」チーン

サシャ「助けてください!!助けてください!!」


ライナー「ほんと申し訳ないと思ってるやめないけど」

ジャン「タチ悪い」




エレン「」ピクピク

ミカサ「あ、きつく締めすぎた、私たらおっちょこちょい(無表情)」 

424 :いやネタバレになるから耐えたほうがいいかなって:2013/07/04(木) 00:11:17 ID:TplaGPfY




ベルトルト「」ガシ

ライナー「!?」

ベルトルト「」ズルズル


ライナー「おい待て何をする!!」







アルミン「胸がこすれて痛い」

ミーナ「それなりに出てるもんね」 

425 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:14:02 ID:TplaGPfY
~トイレ~


ダズ「ションベンションベン」ジョボオボボボボ



ズシーン


ダズ「んあ!?」


ダズ「なんだ!?地震か!?」





ダズ「!?」 

427 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:17:54 ID:TplaGPfY

その日…訓練所に超大型巨人が出現したという噂が流れた



しかし目撃者はいないのでただのデマだろうという話になった



ただ一人…ダズは目撃した



しかし彼は現実から逃げ出した




ダズ「これはゆmオゲロロロロロロロロロロロロロロロロオロロロロッロッロ」ドバー 

428 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:26:06 ID:TplaGPfY



ライナー「…では再開しようか」

ベルトルト「そうだね」

コニー「今スゲー地震なかった?」

ベルトルト「地震?ないない」

ライナー「じゃあお題のほういくぞ」



436 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:52:28 ID:TplaGPfY
ライナー「やっぱ結婚って言っても練習が必要だと思うんだ」

ジャン「は?」


ライナー「というわけで次のお題!」

ライナー「みんな!!!結婚しよ!!」

一同「!?」


ライナー「このコーナーはぼくのかんがえたけっこんしき!を体現するコーナーだ!」

ユミル「なんだそりゃ?」

ライナー「じゃあ新郎役は…」


439 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 00:58:45 ID:TplaGPfY
ライナー「コニー!!君に決めた!!」

コニー「はあ!?俺!?」


ライナー「俺が言うのもなんだがこの中で下心が無いって言えばお前だ!」

ジャン「馬鹿の間違いだろ」

コニー「あ?鹿はともかく馬はてめえだろ」

ジャン「…」ビキビキ

ライナー「まあ新婦役ってのもあるんだ」

ライナー「じゃあ新婦は…」


448 :>>446おkはあく:2013/07/04(木) 01:16:47 ID:TplaGPfY
ライナー「ユ~ミ~ル♪よ~めさ~んだ♪」


ユミル「はあああああああ!!?お前…はあああああああああ!!?」


ライナー「じゃそういうことで控室にどうぞ!」


コニー「おい!俺こっちでいいのか?」


クリスタ「ユミル!行こ!」

ユミル「ああわかったクリスタじゃなくてなんで私!!?」


ライナー「じゃあ俺たちは準備準備っと」


ユミル「話聞けやあああああああああああああああああああ!!!」


コニー(アルミンがよかった…) 


450 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 01:21:07 ID:TplaGPfY
~数十分後~





ライナー「そろそろ準備もできたころか」

ジャン「こんな結婚式意味あんのかよ」

ライナー「あるよ!このウェディングケーキ代わりの鍋見てみろよ」

ジャン「いやわけわかんねえ」


ライナー「というわけで結婚式には家族も必要」

ジャン「は?」

ライナー「というわけで新郎のいくべ」

454 :>>449大丈夫:2013/07/04(木) 01:33:46 ID:TplaGPfY
ライナー「新郎のパパ!エレン!」

エレン「俺かよ!?」

ライナー「新郎のママ!アルミン!」

アルミン「っしゃあ!!」

ミカサ「何故私じゃないの?」

ライナー「新郎の痛いちょ!まって!弟!だから痛い!ジャン!」

ジャン「おい!ちょ待てよ!」

ライナー「何だ?だからミカサ痛い右ひざを執拗に蹴らないで!」

ライナー「だあああああああああああああ」

ライナー「次!新婦!」


459 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 01:43:28 ID:TplaGPfY
ライナー「新婦ママ!クリスタ!」

クリスタ「私!?」

ライナー「そして新婦パパは…」

ライナー「俺だ俺だ俺だああああああああああああああああああああ!!!」

アニ「うるさい」ゴッ

ライナー「き…綺麗に狙ってくるな…娘よ…」プルプル

アニ「は?娘?」

ライナー「悪いが天の声がそうおっしゃってんだ観念しろ」

アニ「…言ってる意味がわかんないんだけど」

ライナー「つまり新婦の姉妹役はアニとミカサなんだよ!」

アニ、ミカサ「あ?」

アニ「…私のほうが一つお姉ちゃんだからアニお姉ちゃんと呼びな」

ミカサ「……」ゴゴゴゴゴ 

460 :ごめん3姉妹になっちった:2013/07/04(木) 01:48:41 ID:TplaGPfY
マルコ「じゃあ司会進行は僕でいいよね」

ライナー「おう!頼んだぞ!」

ジャン「あれ!?マルコ!?」

キース「神父役は任せろ」

ジャン「また酔ってる!?」



ライナー「では…それぞれの控室へ…」



エレン「アデュー」



ジャン「エレンまでなんだこのテンション!?」


エレン(付け髭)「ジャン!パパと呼びなさい」


ジャン「うぜえ!!」


ミカサ(エレンパパ…萌える!!) 

461 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 01:51:20 ID:TplaGPfY
~ひかえしつさいどこにー~



コニー「結婚式って何すんだ?」

コニー「式って言うくらいだから儀式だろ?」

コニー「この服装になんか意味あんのかよ…」


ガチャ


コニー「!?」 

464 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 01:55:56 ID:TplaGPfY
エレン(付け髭)「鍋つついとるか~?」

アルミン「つついてる~?」

コニー「つついてねえよていうかなんだよその付け髭」

エレン「な!?パパに向かってその口の利き方はなんだ!?」

コニー「は!?パパ!?」

エレン「なんかそうなった」

アルミン「ちなみに僕はママ」

コニー「そっか」

ジャン「納得早!!」

エレン「ほらジャン!お兄ちゃんに挨拶しなさい」

ジャン「ぐっ!!」

コニー「お兄ちゃん?」 

465 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 02:01:41 ID:TplaGPfY
ジャン「お…糞兄貴」

コニー「俺は糞じゃねえぞ」

ジャン「…似合ってんじゃねえか」

コニー「おう!ありがとな!」




エレン「やっぱ兄弟だな」

アルミン「ああ…なんか眩しいな~」

エレン「俺たちも眩しくなっちゃう?」

アルミン「今はダメだよ」

エレン「ほっほ」 

466 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 02:04:28 ID:TplaGPfY
~控室、sideユミル~



ユミル「なんだって私がこんな目に…」

ユミル「あのハゲが私の王子様?ありえねえっつーの」

ユミル「さて…逃げるか」スタスタ




ガチャ


ライナー「……」

ユミル「……」

ライナー「どこへ行こうというのだね?」

ユミル「……チッ」 

467 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 02:09:12 ID:TplaGPfY
ライナー「似合ってるじゃないか」

ユミル(白ドレス)「別に似合いたかねーよ」

クリスタ「こんなに似合ってるのにもったいない」

ユミル「ク、クリスタまで!?」

クリスタ「もう!お母さんを呼び捨て?」プク

ユミル「…mother?」

クリスタ「そうだよ」

ライナー「俺がパパだ」

ライナー「そして妹たちも駆けつけてくれたぞ」

ユミル「!?」

アニ「……」モフモフ

ミカサ「……」


ユミル「は?」 

468 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 02:13:35 ID:TplaGPfY
ユミル「妹?」

アニ「認めたくないけど」

ミカサ「どうやらそうらしい」

ミカサ「私は三女」

アニ「私は次女」

ユミル「…長女?」

ライナー、クリスタ「YES」




ユミル「…クr…母さん」

クリスタ「何?」

ユミル「よくそれが旦那で平気だな」

クリスタ「…それは言わないでほしかったな」


ライナー「ん?なになに?なんの話?」 

470 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 02:18:34 ID:TplaGPfY
~予告~

~~~~~~~~~~~~~~
マルコ「それでは結婚披露宴を…

ついに始まる結婚式
~~~~~~~~~~~~~~
ジャン「サシャが鍋を食い尽くしちまうぞ!!」

波乱の幕開け
~~~~~~~~~~~~~~
ミカサ「相手方のパパに惚れた」

アニ「は?」

エレン(付け髭)「」ゾク
~~~~~~~~~~~~~~

ミカサ「エレンさーーーーーーん」ルパンダーイブ

エレン「ぎゃああああああああああああああ」


結婚式は無事に終わるのか?

嘘予告です 



473 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 10:40:17 ID:TplaGPfY
グツグツ



エレン「で?とりあえず俺たちはここで待ってればいいのか?」

アルミン「新婦側のほうがいろいろ忙しいからね、はい、あ~ん♪」

エレン「もぐもぐ…これって闇鍋の具材じゃねえか?」

アルミン「クッキーだね」

エレン「またかよ…」




ガチャン


キース「……」

コニー「……」


エレン「お、教官とコニー来た」

アルミン「今は神父さんだよ」 

474 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 10:44:08 ID:TplaGPfY


エレン「マルコが仕切ってるな」

アルミン「出番は披露宴からのはずなんだけどね」

ジャン「あれ?さっきまるこいなかったはずなんだけどなあ」



マルコ「新婦、入場」





ユミル「……」カオマッカ

ライナー「…」ニヤニヤ


クリスタ「あ、ユミルとライナー来た」

ミカサ「わーパパー」

アニ「おねーちゃーん」 

475 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 10:49:29 ID:TplaGPfY


クリスタ「エスコートがライナーからコニーに」

ミカサ「プフ…身長差…」

アニ「やばいって…ブフ…」




エレン「コニー緊張しすぎだろ」

アルミン「あなたもそうだったじゃない」

ジャン「お前ら捏造すんな」

エレン「パパに向かってその口の利き方はなんだ」

ジャン「うぜえ」 

476 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:00:36 ID:TplaGPfY
マルコ「讃美歌、美しき残酷なお鍋」
作詞ライナー・ブラウン

その鍋は こころの居場所

生命より 壊れやすきもの

何度でも 食べては追加し

安らかに さあ食せ

脈打つ 衝動に

食欲 増やされ

忘れてしまうほど

また想い出すよ

この美しき残酷な お鍋では

まだ食べていること「何故」と問うばかりで

嗚呼

僕たちはちゃんこ鍋 寄せ鍋

鍋を食べるのだろう

もう理性など 無いならば 

477 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:04:37 ID:TplaGPfY
ベルトルト「なんだこの歌は…」

サシャ「食欲湧いてくるんですけど」




エレン「なあ」

アルミン「まず讃美歌じゃないよ」

ジャン「やりたい放題だなあのゴリラ」




アニ「興味ない」

ミカサ「同じく」

クリスタ「あれ!?讃美歌は!?」 

478 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:15:27 ID:TplaGPfY
マルコ「誓いの言葉」



キース「新郎コニー・スプリンガー」

キース「貴様は新婦ユミル・XXXを妻とすることを望むか」

コニー「は?別にほぐっ!!」

コニー「の…望みます…」プルプル

キース「では病める時も健やかなる時も夫として生涯愛と忠実を尽くすことを誓うか?」

コニー「え?やdゴハぁ!!」

コニー「ち…誓います…」プルプル




ユミル(え?あれやんの?マジで?) 

479 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:22:35 ID:TplaGPfY
キース「では新婦ユミル・XXX」

キース「貴様はあの糞坊主を夫とすることを望むか?」

ユミル「え…?いや…その…」

キース「望むか?」ズイ

ユミル「…望みます」

キース「では病める時も健やかなる時も妻として生涯愛と忠実を尽くすことを誓うか?」

ユミル「……」

キース「誓うかと訊いている!!」ギロ

ユミル「ひぃ!誓います!」

キース「そうか!ならば貴様は今日からユミル・スプリンガーだ!!」

ユミル「!?」

キース「おい!こいつらの結婚が成立したぞ!!」

一同「…あーめん」 

480 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:28:55 ID:TplaGPfY
エレン「きょうk…神父もやりたい放題だな」

ジャン「ここにはフリーダムな奴しかいねえ」




サシャ「あ~もうお腹減ったんですけど」

ベルトルト「僕たちはちゃんとした結婚式あげられるといいね」

サシャ「な!?気が早いにも程がありますよ!」

ベルトルト「ごめんごめん」

サシャ「でもそんなベルトルトも好きです!」




ライナー「おい!あいつらの顔見てみろよ!」

ミカサ「ユミル・スプリンガー」キリッ

アニ「ぶ…ふふ…ふ…ぶふ…」

クリスタ「もう!ミカサもアニもやめなさい!」プク 

481 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:34:28 ID:TplaGPfY
マルコ「じゃ誓いのキス」

ユミル「はあ!!?」

コニー「ちょっとまてや!!」

マルコ「だって進行表に書いてるし」

ユミル「え!?マジでやんの!?」

コニー「誰がこんなそbごふぅ!!」

コニー「」

マルコ「コニー…男だろ?」

ユミル(マルコがコニーを一撃で?)

ユミル(てかあの糞ゴリラは何考えて)チラ




ライナー「……」 

482 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:35:19 ID:TplaGPfY






ライナー「…GO」ニヤリ





ユミル(てめえええええええええええええええええええええええええええええええ) 

483 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:39:47 ID:TplaGPfY
ユミル(え?待って実は私ファーストキスまだなの!)

ユミル(最初は好きな人がいいかな~って)

ユミル(それがこの馬鹿坊主って頭湧いてんのか?)


ユミル「そこだけとばすのは…」

マルコ「……」ニコ


ユミル「マルコ!!」

マルコ「だめ」

ユミル「」 

484 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:46:48 ID:TplaGPfY
エレン「コニーの奴マルコにぶん殴られたな」

アルミン「あらあら元気なんだから」

ジャン「アルミンがそのしゃべり方でも違和感がない不思議!!」

アルミン「ママでしょ?」

ジャン「はい」




ベルトルト「ライナー…どこまで下種になるつもりだ…」

サシャ「私の初めてはベルトルトに…」モジモジ




ミカサ、アニ「きーす!きーす!きーす!きーす!」

キース「呼んだか?」

ミカサ、アニ「呼んでません!」キリッ 

485 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:52:25 ID:TplaGPfY


クリスタ「あのねライナー」

ライナー「ん?どうした?」

クリスタ「流石にキスは可哀相だと思うの」

ライナー「そうか?」

クリスタ「誰でも初めてはいい思い出にしたいんじゃないかな?」

ライナー「え?ユミル初めてなん?」

クリスタ「…うん」

ライナー「そっか悪いことしたな」

ライナー「じゃあ止めてくるわ」

クリスタ「ありがとう」ニコ

ライナー(結婚してよかった) 

486 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 11:57:53 ID:TplaGPfY
マルコ「さあコニー!立つんだ!」

コニー「え?マジで?やんの?」

ユミル「え?あ?い?う?お?」ジワァ

コニー(泣きそうじゃねえか…)

コニー「あのなマルコ」

マルコ「ダメ!さあ早く!」


まてええええええええええええええい


マルコ「?ライナー?」

ライナー「ゴニョゴニョ」

マルコ「な!なんだってー!!?」 

487 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:00:27 ID:TplaGPfY
マルコ「ええ!?つまりユミルは初めてだったのかい!?」

ユミル「だああああああああああああああああおっきい声で言うな!!」

マルコ「それは悪いことしちゃったな、じゃ飛ばしでいいよ」

コニー「軽!!?」

ライナー「じゃそういうことで」スタスタ

ズリ

ライナー「おっと」ガシ

ユミル「へ?」 

488 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:03:29 ID:TplaGPfY
エレン「もうコニーも結婚してジャンも…」

アルミン「時が経つのは早いんだね」

エレン「ああ…」

ジャン「もう完全に入り込んでやがる…」ヤレヤレ



ギャアアアアアアアアアアアアアアアア


エレン「?」 

489 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:04:51 ID:TplaGPfY
ズキュウウウウウウウウウウウウウウウン





エレン「んむ!?む!?」

ユミル「む!?んむむ!?む!!」





アルミン「……NTRだああああああああああああああああああああああああ」 

490 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:07:28 ID:TplaGPfY






ミカサ「いやああああああああああああああああああああああああああ」

アニ「ミカサが発狂した!?」

クリスタ「ユミル…そうだったんだ…」

アニ「いやあれ偶然だからね」


ミカサ「エレンがああああああああああああ私のエレンがああああああああああああああ!!」

アニ「もう役どころじゃないね」ヤレヤレ 

491 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:13:12 ID:TplaGPfY
もうそれからは大変なんてもんじゃなかったよ

ミカサがどこからかブレード持ち出してユミルに襲い掛かったり

もう久々の乱闘パーティだったよ

もちろんこの後の披露宴は中止

カレー鍋やらキムチ鍋?チーズ鍋とか振る舞おうとしていたライナーが発狂してたよ

どうせサシャあたりが食べてくれるんだろうけどね

エレンはわけわからず放心状態だったけどユミルは満更でもないって感じだったね

途中から完全放置なコニーには若干笑えたよ

え?もう時間?しょうがないねまだしゃべり足りないんだけど

じゃあ今度はめーめーちゃんとピョンコちゃんたちに聞いてもらうとするよ

                             アニ 

492 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/04(木) 12:21:25 ID:TplaGPfY





ライナー「というわけで散々な結果になってしまったわけですがほんとごめんなさい>>374」

ジャン「なにに謝ってんだよ」

ライナー「じゃ、次のお題逝ってみますか」

ジャン「切り替え早えな」



500 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:04:32 ID:jHvYfMpw
ミカサ「私のキスで浄化する」ンー

エレン「なんでそうなる!?」

アルミン「じゃあ僕が!」ンー

エレン「やめろ!!」




ライナー「続いての…おーだーい♪」

ジャン「もうツッコまねえぞ」

ライナー「とりあえずこいつを見てくれ」ドスン

ジャン「なんだこれ?」 

501 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:08:24 ID:jHvYfMpw
クリスタ「どうしたの?」

ユミル「ななななんでもねえよ!」




ライナー「こいつは壁外の技術でモニターというやつらしい」

ジャン「使用用途は?」

ライナー「こうする」ピ



ジャン「なんか映った!?」 

502 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:10:59 ID:jHvYfMpw
ミーナ「結婚式私一言も発してないっていうね」

アニ「元気だしなよ」モフモフ




ライナー「このように映像を映すことができる」

ジャン「素直にすげえ」

コニー「ライナーがすげえわけじゃねえけどな」


ライナー「そして今から始まるのはこれだ!!」 

503 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:13:10 ID:jHvYfMpw
ベルトルト「…zzz」

サシャ「zzz」





ライナーが今まで受けた暴力の理不尽ランキング
BGM:ぶらり途中下車の旅




ジャン「なんだこのBGM!?」 

504 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:16:12 ID:jHvYfMpw
マルコ「ささ!どうぞ!」

キース「うむすまんな」




ライナー「大体お前ら俺に暴力振るいすぎなんだ!!」

ライナー「これみて反省しろ!!」



アニ「やだ」

ミカサ「まず反省する要素がない」


ライナー「お前らこれ見てもそんなこと言えんのか!?」ピ 

505 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:23:12 ID:jHvYfMpw
=第十位=





ミカサ「本日はグレイシー柔術というものを教える」

エレン「どうやんの!??どうやんの!?」ワクワク

ミカサ「これに関しては感じろとしか言えない」

ミカサ「というわけでここにサンドバッグがある」

ライナー「!?」

ミカサ「これを見てなんとか覚えてほしい」グイ

ライナー「あが……しまる…やめ…」

ミカサ「そして」

ミカサ「こう」グイ


ライナー「!!!!!!!!(声にならない叫び)」

エレン「すげえ!!」キラキラ 


507 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:26:35 ID:jHvYfMpw
ライナー「なんだよこれ!?俺マジで死ぬとこだったよ!!」


ミカサ「ライナーなら耐えてくれる、私はそう確信した」


ライナー「勝手に確信すんな!人の命!!」


ミカサ「サンドバッグの命じゃなくて?」


ライナー「やめてくれない?俺結構繊細なの」


エレン「ほらミカサ謝っとけ」

ライナー「お前もだよ!!エレン・イェーガー!!」 

508 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:29:29 ID:jHvYfMpw
ライナー「お前見てないで助けろよ!!腕が曲がっちゃいけない方向に曲がってたよ!!」

エレン「悪い悪い」

ライナー「軽い!!」

ミカサ「めんご」

ライナー「お前謝る気ないだろ」

ミカサ「YES」

ライナー「……」

ライナー「次行くか」ピ 

509 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:35:12 ID:jHvYfMpw
=第九位=



エレン「だーーかーーらーー!!」

エレン「ミカサとはそんなんじゃねえって」

コニー「そんなこと言って本当のところは?」

エレン「何回言わせるんだよ」

ジャン「そうだそうだ!!大体ミカサが死に急ぎ野郎のことなんざ好きなわけねえだろ!!」

エレン「ジャンの言うとおりだ」

ジャン「第一こいつが好きなのはあのそばかす女だ!!」

エレン「は?」


ライナー「俺便所いってくるわ」

コニー「いってら~」 

510 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:36:50 ID:jHvYfMpw
ライナー「トイレトイレ…」


ガチャ


ミカサ「……」

ライナー「……」

ミカサ「エレンが好きなのは私でしょ?」

ライナー「はい?」







ひでぶううううううううううううううううううううううう 

511 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:40:53 ID:jHvYfMpw




ライナー「なんだよ俺全く話聞いてなかったよ!!」

ライナー「いきなり現れて暴力とかどこの通り魔だよ!!」

ミカサ「そこにサンドバッグがあったから」キリッ

ライナー「今んところ大体お前にやられてるよ!!」

ミカサ「細かいところ気にしてると女々しい」

ライナー「結構大きいと思うな俺」


ライナー「もういい!次!」ピ 

512 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:43:02 ID:jHvYfMpw
=第八位=




ライナー「ふんふふ~ん♪」


アニ「邪魔」ゴス



ライナー「」 

513 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:45:59 ID:jHvYfMpw





ライナー「なんだよこれ!!なんだよこれ!!」

アニ「そこにライナーがあったから」キリッ

ライナー「せめて理由のある暴力にして!!」

アニ「じゃあ鼻歌ライナーにイラついた」

ライナー「俺に人権無いの!?」

アニ「知らない」

ライナー「もうやだ!次!」ピ 

514 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:51:23 ID:jHvYfMpw
=第七位=



ライナー「……」モグモグ


サシャ「あ!それください!」ゴス


ライナー「!?」

ライナー「おい!返せ!」


サシャ「もうこれは私のものです!!」ゴス






ライナー「くそう…くそう…」 

515 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:53:41 ID:jHvYfMpw




ライナー「俺は静かに飯が食いたい」

サシャ「そこに飯があったから」キリッ

ライナー「だめ!それ人のもの!!」


ベルトルト「まあ僕に免じて許してよ」


ライナー「もう!!今回だけなんだからね!!」ピ 

516 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 01:58:44 ID:jHvYfMpw
=第六位=





クリスタ「よしよし今日も頑張ったね」ナデナデ




ライナー(俺もなでなでされたい)


ユミル「馬が逃げたぞおおおおおおおおおお」


クリスタ「え?」


ユミル「ライナーのほうに向かってるぞおおおおおお」ニヤリ


ライナー「!?」




ぐわあああああああああああああああああああ 

519 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 02:01:22 ID:jHvYfMpw





ライナー「なんだよ俺なんもしてねえじゃん!!」


ユミル「ライナーから邪気を感じたんだろたぶん」

クリスタ「あれはやりすぎだと思う」


ライナー「…ユミル貴様…今度覚えてろ…」ピ


ユミル「!?」 

520 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 02:10:42 ID:jHvYfMpw
=第五位=


エレン「あ!?てめえもっぺん言ってみろや!!」ガタ

ジャン「上等だ!!やってやらあ!!」ガタ

ライナー「おいおいお前ら喧嘩もその辺に」ガシ

ライナー「お?」


ドンガラガッシャーン

ライナー「」


キース「うるさいぞ!!何の音だ!!」

ミカサ「ライナーとジャンが威嚇しあった音です」

アニ「…ぶふ…」

キース「キルシュタイン!!ブラウン!!貴様ら死ぬまで走ってこい!!」

ジャン「はあ!?」

ライナー「」

キース「返事!!」 

521 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 02:15:48 ID:jHvYfMpw




ライナー「俺は知りたい」

ライナー「ミカサ!!なぜおれを投げた!?」

ミカサ「ライナーを投げれば喧嘩が止まる」キリッ

ライナー「止まらんし!!」

ライナー「しかもそのあと走らされるとかどんだけ理不尽なんだよ!」


ミカサ「そうして人は強くなっていく」

ライナー「やだよそんな強さいらない!」ピ 



523 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 02:21:39 ID:jHvYfMpw
=第四位=




アニ「ライナーいる?」


ライナー「ん?どうした?」


アニ「ふん!!」ゴス


ライナー「」 

524 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 02:26:33 ID:jHvYfMpw




ライナー「俺あの時なんで殴られたか未だにわかんないんだけど」

アニ「そこにライナーがあったから」キリッ

ライナー「もういいよそれ!!」

アニ「あああの時はくまたろうくんがいなくなっちゃってイライラしてたんだ」

ライナー「八つ当たりを理由があるようにいうのやめて!!」

アニ「めんご」

ライナー「あああああああイライラする!!」ピ 


527 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 09:54:50 ID:jHvYfMpw






鎧の巨人『遅刻遅刻~』ドスンドスン



一同「!!!」


ベルトルト「!?」

アニ「は!?」



ライナー「あ、間違えたこっちだ」ピ 

528 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:02:21 ID:jHvYfMpw
=第三位=




ミカサ「このままじゃ埒が明かない」

アニ「じゃあどうするんだい?」

ミカサ「ここはライナーをどこまで投げられるかで勝負」

ライナー「!?」

アニ「…いいよ」

ライナー「おいい!?」

サシャ「賞品はパァンですか!!?」

ミカサ「ライナーの夕食全部を進呈しよう」

サシャ「燃えてきました!!!」

ライナー「お前ら何勝手に決めて…




おわあああああああああああああああああああああ 

529 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:04:29 ID:jHvYfMpw





ライナー「大体なんの勝負してるんですか~?」

サシャ「あれはですね~」

サシャ「…なんでしたっけ?」

アニ「さあ?」

ミカサ「過去は振り返らない」

ライナー「理由も無いのに俺投げて遊んでたの!?」

ライナー「ばーか!お前らほんとバーカ!」ピ 

530 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:07:11 ID:jHvYfMpw




超大型巨人『あ~もうやってらんねえよ~…』グデー



一同「!!!」

エレン「超大型巨人…だと…?」ギリッ




アニ「ライナー…あんた…」

ベルトルト「……」


ライナー「やっべこっちだ」ピ 

531 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:12:42 ID:jHvYfMpw
=第二位=



クリスタ「できた!花冠!」



ライナー(あれは俺のためのものか…)


ユミル「蜂だああああああああああああああ」

クリスタ「え?」



ユミル「ライナーのほうに向かってるぞおおおおおおおおおおおお」ミヤリ




ライナー「また!?」




ぎょえええええええええええええええええええええええええ 

532 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:15:17 ID:jHvYfMpw




ライナー「貴様…なんの恨みがある?」

ユミル「主にクリスタのストーカーだから」

ライナー「違う!!クリスタは俺に クr「ごめんなさい」

ライナー「……」

クリスタ「ごめんなさい」




ライナー「さて…次行くか」ピ 

533 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:17:35 ID:jHvYfMpw





女型の巨人『女型の巨人があなたの心にズッキュンハート☆』バキュウウウウン




一同(なんだ!?あの巨人は!?)


ベルトルト(殺されたいのか!?ライナー!!)


アニ「……」


ライナー「おっと動揺したみたいだ」ピ 

534 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:26:49 ID:jHvYfMpw
=第一位=


ライナー「なぜ俺は縛られているんだ」

ミカサ「アルミンが巨人対策に爆弾を開発した」

アニ「アルミンは人に向かってやっちゃダメだって言ってたけど」

サシャ「ライナーなら大丈夫でしょうということで」

ユミル「ま、頑張れや」

ライナー「まて!!何故そこで俺になる!?」

ライナー「アルミンは許可したのか!?」

ミカサ「許可は必要ない」

アニ「必要なのは」

サシャ「結果です!」

ユミル「ま、頑張れや」

ライナー「お前らまt



チュドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオンン 

535 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:30:30 ID:jHvYfMpw





ライナー「ここまで来ると俺なんで生きてるのか不思議になってきた」

ミカサ「ライナーだから」キリッ

アニ「G並の生命力だから」キリッ

サシャ「たぶん慣れてるでしょうから!」キリッ

ユミル「ゴリラだから」キリッ



ライナー「理由になってねえ!!」 

536 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:39:46 ID:jHvYfMpw
ライナー「大体お前らは俺を少しいたわるべきだと思うんだ」


ミカサ「サンドバッグなのに?」

アニ「サンドバッグでしょ?」

サシャ「サンドバッグですね」

ユミル「サンドバッグだな」




ライナー「俺…もうゴールしてもいいよね?」 

537 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:48:51 ID:jHvYfMpw
ライナー「このままだとマジで俺の体が持たねえ…」



コニー「…確かにライナー可哀相だな」

エレン「俺もそう思ってきた」

ミカサ「!?」

アルミン「あの爆弾がそんなことに使われてたなんて…」

ジャン「ライナーじゃなかったら死んでる可能性あるもんな」

ベルトルト「ライナーの自業自得の場合もあるんだろうけど」

マルコ「ちょっとやりすぎ感が否めないよね」 

538 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 10:55:04 ID:jHvYfMpw
ライナー「お前ら…」



エレン「とりあえず謝っとくべきじゃね?」

コニー「ライナーも一応人間だし」

ライナー「一応は余計だ一応は」


クリスタ「ライナーは普段変で手がつけられないような人だけど」

クリスタ「今回はみんなが悪いんじゃないかな?」

ライナー(変って言う字の下の部分変えると恋なんだよな)

ライナー(これはもう結婚間近だな) 


540 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:04:02 ID:jHvYfMpw



ミカサ「ライナー…ごめんなさい」

アニ「悪かったよ」

サシャ「まあやりすぎた感はありましたね」

ユミル「悪うございましたあ」


ライナー「お?急にどうした?」


ミカサ、ユミル「エレンが…」

ミカサ、ユミル「あ″!?」

サシャ「ベルトルトが…」

アニ「ピョンコちゃんが…」


ライナー「アニだけおかしいぞ」 

541 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:06:41 ID:jHvYfMpw
ライナー「まあわかってくれたようで何よりだ」ピ

ライナー「あ」

エレン「!?」

ミカサ「!?」

アルミン「!?」

ジャン「!?」

コニー「?」

ベルトルト「!?」

サシャ「!?」 

542 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:09:24 ID:jHvYfMpw
アニ「…」

クリスタ「!?」

ユミル「!?」

マルコ「!?」

ミーナ「!?」

キース「!?」


ライナー「えっとえっと消すのは~…」 

543 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:14:58 ID:jHvYfMpw
※どんな映像だったかはご想像にお任せします




ミカサ「ライナー…覚悟のほどは」

ライナー「…いや全く」

アニ「そんなに死にたいんだね」

ライナー「生きたいです」

サシャ「……」

ユミル「〆はやっぱこれだよな」

ライナー「ちょっと待ってマジで!!」 

544 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:16:44 ID:jHvYfMpw
ライナー「ゴハぁ!!」





ライナーのライナーによるみんなのための鍋パーティ
STAFF





ライナー「ぐべぇ!!」 

545 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:18:04 ID:jHvYfMpw







主催、鍋奉行、新婦パパ
          ライナー・ブラウン





ライナー「オアマア!!」 

546 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:21:11 ID:jHvYfMpw



酒乱、新郎パパ
        エレン・イェーガー


隣人部部長、恋する乙女
        アルミン・アルレルト


人間凶器、おっちゃん1、新婦妹(三女)
        ミカサ・アッカーマン




ライナー「あべし!!」 

547 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:24:54 ID:jHvYfMpw




天使、新婦ママ
          クリスタ・レンズ


悪魔、新婦
          ユミル


おっちゃん2、新婦妹(次女)
          アニ・レオンハート


ジパング国民
          ミーナ・カロライナ



ライナー「そんなばなな!!」 


549 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:29:17 ID:jHvYfMpw
ツッコみ担当、新郎弟
           ジャン・キルシュタイン


スーパーコニー、新郎
           コニー・スプリンガー


リア充1
           ベルトルト・フーバー


リア充2
           サシャ・ブラウス



ライナー「アビバ!!」 

550 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:34:37 ID:jHvYfMpw




ジャン親衛隊、司会
           マルコ・ボット


教官、神父
           キース・シャーディス


ゲロ担当 
           ダズ



ライナー「エ″ン″!!」 

551 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:37:04 ID:jHvYfMpw










その他大勢の何か(安価担当とかミヤリとか)




ライナー「我が障害に一片の悔いなし!」 

552 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:51:27 ID:jHvYfMpw
EDテーマ「紅蓮のお鍋」

つついた鍋の 名前も知らずに
地に落ちた具材 廃棄を待ちわびる
祈ったところで 何も変わらない
今を変えるのは 横取る覚悟だ

屍踏み越えて 
つつく 鍋を 食べる 豚よ
家畜の安寧 鍋の繁栄
死せる餓狼の自由を

食べられた屈辱は 反撃の嚆矢だ
食材のその彼方 獲物を貪るイェーガー
迸る衝動に その身を灼きながら
黄昏に緋を穿つ 紅蓮のお鍋 


553 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/07/05(金) 11:52:21 ID:jHvYfMpw






ライナー「」チーン












ライナー「鍋」

アルミン完