3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:18:31.89 ID:+vkalyjCO

~夏休み始めのある日~



トテトテ……


千歳「綾乃ちゃん、さすがにガチガチになりすぎやで……?」

綾乃「なな、何言ってるのよ千歳!?私はいつも通りの私でしょっ?」ガチガチ

千歳「夏祭りに誘いに行くだけでそんなんなってたら、当日動けんようになってまうよ?」クスクス

綾乃「だ、だだだから、大丈夫だって、い、言ってるじゃないの!」ガチガチ

千歳(夏休みになっても歳納さんと綾乃ちゃんの2人を見られるなんて、うちはなんて幸せモンなんや……!)


引用元: 千歳「片想いのテーマ」 


 

ゆるゆり さん☆ハイ!  公式ファンブック

一迅社
売り上げランキング: 3,950
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:19:27.32 ID:+vkalyjCO

~茶道部部室前~

ドタバタ……

綾乃「なんだか中が騒がしいみたいだけど……」



ガラッ

綾乃「と、歳納京子ーっ!!何を騒いでるのよっ!!」

千歳「おじゃまするでぇー……っ!?」



京子「あ、綾乃ぉ~!助かった~!」ダキッ

綾乃「っ!!///」

千歳「」ブバァッ

綾乃「ななな、なに、なに急に抱き着いてきてるのよっ!!///」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:21:58.17 ID:+vkalyjCO

綾乃「それに……なんなのよ、部屋内のこの異常な暑さは!?」

京子「今、真夏の我慢大会やってて……綾乃が扉を開けてくれなかったら、このままみんな死んでたよぅ……」



綾乃「ば、馬鹿じゃないの!?早く窓開けて換気しなさいよ!!」ガラガラ

千歳「綾乃ちゃん!みんな倒れとるし、救急車呼んだ方がええんちゃう?」

綾乃「千歳、それ血まみれの人間が言う台詞じゃないわよ!?」

結衣「ち……千歳……私たちなら大丈夫だから……」ハァハァ

ちなつ「杉浦先輩……グッジョブです……」グッタリ



あかり「」アッカリーン


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:23:01.09 ID:+vkalyjCO

京子「いやぁー、ほんと助かったわぁー!」

結衣「綾乃と千歳が来てなかったらリアルに大事件だったな……」

ちなつ「これもどれも、全ては京子先輩のせいなんですからねっ!反省してください!」プンスカ

京子「みんなごめんね!えへへ」

千歳「本当に大事にならんでよかったで……はい、お茶」

あかり「あ、ありがとうございます!……っぷはぁ、麦茶が冷たくて美味しいー」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:24:21.14 ID:+vkalyjCO

綾乃「まったくあなたたちは……///」ポー

千歳(綾乃ちゃん……歳納さんに抱き着かれた衝撃がまだ抜けきれんみたいやね……)



京子「あ、綾乃ー、そういえばごらく部に何か用があったの?」

綾乃「えっ!?あ、あの……その……」

千歳(よし!頑張りぃ綾乃ちゃん……!)

綾乃「な、何でもないわよっ!ただ、夏休みだってのに部室を無断使用してるって聞いて、注意しに来ただけよ!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:25:26.77 ID:+vkalyjCO

千歳(えっ!綾乃ちゃん!?)

結衣「まぁ、うちに集まってもよかったんだけど……ごめんね綾乃」

千歳「いや、別にいいんよ?な、綾乃ちゃん?」チラッ

綾乃「……///」プシュー




千歳(綾乃ちゃんももう限界やなぁ……しゃあない、助け船出したるか)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:26:54.22 ID:+vkalyjCO

千歳「そ、そういやぁ、今度の日曜に学校の近くで夏祭りがあるんてね!」

京子「夏祭り!」

結衣「もうそんな時期か……去年はたしか京子と一緒に行って大変だった記憶しかないけど……」

ちなつ「私、結衣先輩と一緒に夏祭り行きたいですー!」キラキラ

あかり「あかりも夏祭り行きたいなぁ」



千歳(このチャンスは決めるんやで、綾乃ちゃん!)チラッ

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:28:15.14 ID:+vkalyjCO

綾乃「……///」モジモジ

綾乃「あ、あの……歳納京子……?///」モジモジ

京子「ん?どしたの綾乃?」

綾乃「あの……その……///」

千歳(行けっ!そこや!)



綾乃「な、夏祭り……///」

京子「夏祭り?綾乃も一緒に行く?」

千歳「!!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:29:21.05 ID:+vkalyjCO

綾乃「ば、ばか!いいい行くわけじゃないっ!!///」

綾乃「夏祭りだからって、はしゃいで羽目を外しすぎないようにしなさいよね!!」

千歳「はぁ……」



千歳(またやってもうた……)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:31:21.48 ID:+vkalyjCO

千歳「綾乃ちゃん……」

綾乃「……」ショボーン

千歳(こうなったらしゃあない……)



千歳「歳納さん、うちらも一緒に夏祭り行ってもいいかなぁ……?」

京子「そりゃもちろん!生徒会もみんな集めて夏祭り行こうよ!」

あかり「わぁー!あかりすごく楽しみだよぉ」

千歳「ありがとうなぁ、歳納さん」ニコッ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:32:46.61 ID:+vkalyjCO

結衣「私と京子は去年浴衣で行ったんだけど、今年はどうしようか?」

京子「お、綾乃と千歳の浴衣姿が見れるのか!これはデジカメ持参しないとな……」ニヨニヨ

綾乃「ばっ///だ、誰が写真を撮らせるもんですかっ!」

ワイワイガヤガヤ



千歳(ふぅ……なんとか誘えたなぁ……)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:34:52.22 ID:+vkalyjCO

……………

~生徒会室~



千歳「綾乃ちゃん……」

綾乃「……」

綾乃「千歳が言いたいことはわかってるわ……いつもごめんなさい……」ションボリ

千歳「いや、別に謝る必要なんてないで?」

綾乃「けど……もしあの場に千歳がいなかったら……」



千歳「綾乃ちゃん、ダメやで?過ぎたことにクヨクヨしちゃ」

千歳「結果的に一緒にお祭り行けるんやから、その時頑張ったらええんよ」

綾乃「千歳……」ウルウル

綾乃「……そうね、千歳の言う通り今更クヨクヨしても仕方ないものね!私頑張る!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:36:25.61 ID:+vkalyjCO

千歳「そうや、その意気やで!綾乃ちゃん!」グッ


綾乃「ふふっ、いつも助けてくれてありがとうね、千歳」ニコッ

千歳(……!)ドキッ

千歳「そ、そりゃ綾乃ちゃんの幸せは、うちの幸せやから……///」

綾乃「私も千歳の頑張りを無駄にしないようにしないとね!」

千歳「そうや!夏祭り気合い入れていこうなっ!」

綾乃「そうねっ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:37:28.16 ID:+vkalyjCO

千歳「……」



千歳(綾乃ちゃんの幸せは、うちの幸せかぁ……)

千歳(うちの幸せは……綾乃ちゃんの幸せ……なんかなぁ……)



綾乃「ん?どうしたの千歳?」

千歳「い、いや、なんでもないよ?」アセッ

綾乃「そう?ならいいけど……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:38:23.70 ID:+vkalyjCO

千歳(うちはこの先もずっと……)

千歳(ちゃんと好きな人の幸せを願えるやろうか……)

千歳(綾乃ちゃんの幸せを……)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:40:03.08 ID:+vkalyjCO

……………

~池田家~



千歳「おばあちゃんただいまぁ」

祖母「あ、ちとちゃん……ちょっとこっちおいで」

千歳「どしたん?おばあちゃん……千鶴まで泣きそうな顔して……何かあったん?」

千鶴「姉さん……」ウルウル


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:41:57.33 ID:+vkalyjCO

祖母「あのねぇ……二人には急な話なんだけど……」

祖母「今度から、関西のおじさんのところに引っ越してもらうことになってねぇ……」



千歳「え……それってどういう……」

千鶴「姉さんと私は……また関西に帰ることになったんだよ……」ポロポロ

千歳「えっ!?そんな……今度っていつなん?」

祖母「今ちょうど夏休みだから、休み明けには向こうの学校に行ってもらうことになるわねぇ……」

千歳「そんな……」

祖母「本当に二人には申し訳なくてね……ごめんねぇ……ちとちゃんちづちゃん……」



千歳「……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:43:46.55 ID:+vkalyjCO

千鶴「私は……行きたく―」ポロポロ

千歳「千鶴……!」

千鶴「!!」ビクッ



千歳「まぁ……しゃあないね……」

千歳「一応関西やし、それはよかったかな……」

千鶴「姉さん……!」

千歳「千鶴、うちも一緒やから、新しいとこでも頑張ろうな」ニコッ

千鶴「うん……」ポロポロ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:45:04.20 ID:+vkalyjCO

千歳「千鶴、綾乃ちゃん達にはこのことは内緒にしといてな……」

千鶴「えっ、ちゃんと言った方がいいんじゃ……」

千歳「そうなんやけど……言いたくなったらうちから言うから大丈夫」

千鶴「そう……」





千鶴「姉さん……」

千歳「ええよ、今日は一緒に寝よか……」

千鶴「うん……///」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:46:33.53 ID:+vkalyjCO

~数日後、茶道部部室~



ガラッ

綾乃「としのーきょーこー!!」

千歳「いつもいつもすんまへんなぁ」

京子「お、綾乃、今日はどんな理由でごらく部に来たんだ?」ニヤニヤ

綾乃「べ、別に理由なんてないわよっ!///」

綾乃(誰かさんに会いに来ただなんて言えないんだから///)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:47:59.05 ID:+vkalyjCO

綾乃「しっかし……あなたたちは夏休みも毎日ここに集まって、何かすることでもあるわけ?」



結衣「え……」

あかり「ははっ……」

ちなつ「……」

京子「綾乃!ごらく部にその言葉は禁句だって!」

綾乃「え……あ、ごめんなさい……」シュン

綾乃(じゃあ何のために集まってるのよ……)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:49:00.60 ID:+vkalyjCO


キマズイチンモクーン……



京子「そ、そうだ!ちょうど綾乃と千歳がいるんだし、今度の夏祭りに何するか考えよう!」

結衣「何するって、祭りを楽しむくらいだろ」

京子「祭りだけじゃすぐ飽きちゃうって!」

ちなつ「それは京子先輩だけですって」



京子「じゃあ、一人ずつ案出してこうぜ!まず、さっきから何か黙ってる千歳!」ビシッ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:50:11.69 ID:+vkalyjCO

千歳「……えっ?」ボンヤリ


京子「おいおいどうした千歳、熱でもあるのか?」

千歳「い、いや、大丈夫よ……ちょっとぼんやりしとったわぁ」アハハ…

綾乃「本当に大丈夫?無理なんてノンノンノートルダムなんだから」

結衣「!!」ブフッ

千歳「いや……ほんと大丈夫やで綾乃ちゃん……それより、話聞いてなくてごめんなぁ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:51:50.04 ID:+vkalyjCO

京子「まぁいいってことよ!それで、私ちょっといい案があるんだけどさ……」

結衣「聞く前から嫌な予感しかしないんだが」

京子「夏祭りの後にさ、みんなで肝試ししようぜ!!」



ちなつ「えーっ!?私怖いのダメなんですよ!?」

京子「だーいじょうぶだって、別に一人で肝試ししようってわけじゃないし」

ちなつ「な……なんだと……?」キリッ

京子「まぁ詳しいことは全然考えてないんだけどさ!」

結衣「お前もう思いつきで事を進めるのやめろよ」ハァ…


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:53:56.80 ID:+vkalyjCO

京子「場所は学校がいいかな……あとは2人組で校内を回る感じで……」

綾乃「ちょっと!勝手に夜の学校に入ったりしたら罰金バッキンガムなんだからねっ!」

京子「そこんとこは生徒会がなんとかしてよー」

綾乃「なっ……そんな身勝手な―」

千歳「綾乃ちゃん!!」

綾乃「!?」ビクッ

千歳「そのへんはうちが何とかしてみるわ!」グッ


綾乃(千歳……さっきまでぼんやりしてたのに……今はやる気に満ちてるというか……目が血走ってて怖いわ)

京子「さすが千歳、話がわかるぅ!」

京子「じゃあ、そんな感じでいいかな?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:56:09.98 ID:+vkalyjCO

千歳「綾乃ちゃん……」コソリ

綾乃「な、何よ?」

千歳「これは歳納さんとの距離を縮める、いいチャンスやで!」グッ

綾乃「そ、そんなぁ……///」



綾乃(千歳にそんな顔されちゃ頑張らないわけにはいかないじゃない…)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:58:02.54 ID:+vkalyjCO

~その日の帰り道~



綾乃「ねぇ、千歳?」

千歳「ん……どしたん?」

綾乃「今日の千歳、何だかいつもと感じが違う気がするんだけど……何かあったの?」

千歳「い、いや、何もあらへんよっ?」アセッ

綾乃「そう……」



綾乃(はぁ……千歳は本当に嘘が下手なんだから……)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 03:59:37.15 ID:+vkalyjCO

千歳「それより、夏祭り楽しみやね!肝試しで歳納さんにアピールできるチャンスやし!」

千歳「綾乃ちゃん、この夏は頑張り時やで!」

千歳「うちは綾乃ちゃんと歳納さんのこと、一生懸命サポートさせてもらうからな!」

綾乃「そんな……せっかくなんだから千歳もちゃんと楽しまなきゃダメよ?」



千歳「……うちはっ!!」

綾乃「!!」ビクッ

千歳「うちは……別に大丈夫やから……」

綾乃(また、ムキになってるみたいに……)



千歳「大丈夫、綾乃ちゃんの幸せがうちの幸せやから」ニコッ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:01:11.95 ID:+vkalyjCO

綾乃(千歳……)

綾乃(いつもこんなダメな私の側にいて、支えてくれる……)

綾乃(本当に大切な人……)



綾乃「千歳、いつもいつも、本当にありがとうね」



綾乃(私は……)

綾乃(本当は千歳のことも……)

綾乃(けど、千歳の幸せと……私の幸せは……)

綾乃(きっと違う……)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:02:40.09 ID:+vkalyjCO

~夏祭り当日~



京子「うおーっ!!今度はあの綿菓子だーっ!!いくぞちっぱいちゃん!!」ダダダッ

櫻子「了解です先輩!!」ダダダッ

京子「今度は金魚すくいで勝負だ!!ちっぱいちゃん!!」ダダダッ

櫻子「やってやるです!!……あとちっぱいちゃん言うの止めてください!!」ダダダッ



結衣「おいおい……もっと落ち着いて楽しめないかなぁ……」ハァー

向日葵「本当ですわね……」

結衣「お互い、あんな幼なじみを持つと苦労するね……」

向日葵「まぁ……楽しんでる姿を見るのは嫌いじゃないですけどね」フフッ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:04:30.46 ID:+vkalyjCO

ちなつ「結衣先輩の浴衣姿……」モンモン

あかり「あ、ちなつちゃん林檎飴食べようよ!」

ちなつ「浴衣先輩のうなじ……!」ハァハァ

あかり「ちなつちゃん、あのクジ引こうよ!……って、あかり無視されてるー!?」


40: しえんありがたいです 2011/12/30(金) 04:06:07.32 ID:+vkalyjCO

綾乃「もうっ!夏祭りだからってみんな浮足立ちすぎなんだからっ!」ソワソワ

千歳「一番フワフワしてるの、綾乃ちゃんやからねー」

綾乃「だ、だって……!お祭りなんて久しぶりだし……///」



京子「おーい綾乃ー!いっぱいヨーヨー取れたから一個やるよ!」

綾乃「え……あ、ありがと///」テレッ

京子「綾乃の浴衣姿、新鮮だな!凄く似合ってる!」

綾乃「ほ、褒めても何もでないんだからねっ///」






千歳「眼福やぁ……」タラー

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:08:15.35 ID:+vkalyjCO

綾乃「あ……千歳、一緒にヤキソバ食べない?」

千歳「ええよー、けど本当は歳納さんと一緒のがええんちゃう?」ニヤニヤ

綾乃「べ、別にそんなこと……私は千歳と一緒に食べたいんだから///」

千歳「そんな照れんでもええのに」ニヤニヤ



千鶴「姉さん……」ヨダラー


綾乃「ち、千鶴さん!よだれよだれ!」

千鶴「よだれなんて垂れてないですから」キリッ

千歳「千鶴も食べたいんやね、ほな一緒に食べよか」

千鶴「いや、私のことは気にしないで……姉さんは杉浦さんと一緒に……」



千鶴(私は幸せそうな姉さんと杉浦さんを見てるだけで、お腹いっぱいだから)

千鶴(あぁ……姉さん幸せそう……)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:09:17.66 ID:+vkalyjCO

……………

~夜の学校・校門前~



京子「……ということで、やってまいりました!夜の学校!」

櫻子「いえーい!」

向日葵「櫻子うるさいですわ」

結衣「京子、近所迷惑だから」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:10:51.03 ID:+vkalyjCO

京子「今回は夜の学校で肝試し、ということで学校側の許可を取るために西垣ちゃんも参加することになりましたー!」ワーワー

西垣「肝試しだなんて楽しそうなこと、参加しないわけないだろう!な、松本」

りせ「……」コクリ

綾乃「会長までこんなことに巻き込んでしまって……すいません」

りせ「……」フルフル

西垣「私も肝試しとか大好きだから参加させてくれてありがとう、だとさ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:12:53.75 ID:+vkalyjCO

京子「えーと、肝試しをするにあたって、2人1組のカップルを作ってもらいます」

ちなつ「結衣先輩、さぁ一緒に行きましょう!!」グイグイ



京子「ここにクジがあるんで、一本ずつ引いて、番号が一緒の人がペアです!」

ちなつ「えーっ!?せっかく怖いの我慢して参加してるのにぃ!」

千歳「割り箸でクジを作っとるから、なんか王様ゲームみたいやねぇ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:14:24.08 ID:+vkalyjCO

ちなつ「結衣先輩来い……結衣先輩来い……」ブツブツ



千歳「綾乃ちゃん綾乃ちゃん……」コソリ

千歳「もしうちが歳納さんと同じ番号引いたら、交換したるからな……!」ニヤニヤ

綾乃「え!べ、別にそんなことしなくてもいいわよっ!///」



千鶴(姉さんも杉浦さんも楽しそう……)ダラー


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:17:07.15 ID:+vkalyjCO

京子「じゃあ全員引いたみたいだから、一斉に番号確認な……せーのっ!」



京子・りせ…1

綾乃・千鶴…2

ひまさく夫婦…3

ちなつ・千歳…4

結衣・西垣…5


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:18:50.43 ID:+vkalyjCO

ちなつ「ノォー!!!」ブワッ

りせ「……」

京子「おぉ……会長とかレアキャラ……」

向日葵「なんでこういう時いつも櫻子と当たるんですのーっ!///」ギャーギャー

櫻子「なんで向日葵なんだよー!ちくしょー!///」テレテレ



綾乃「千鶴さんか……よろしくね」

千鶴「はい……」

千鶴(姉さんと替えてあげようかな……けどあのちなつって子のことあまり知らないからこのままでいいか……)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:19:48.82 ID:+vkalyjCO






あかり「あれっ!?あかり、クジすら引けてないよぉ!?」

京子「あ……西垣ちゃんが肝試し参戦して人数が奇数になっちゃったから、割り箸足りなかったんだ」アチャー

あかり「ええっ!?どうしたらいいの!?」

京子「じゃあラストに一人で」



あかり「」アッカリーン

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:22:18.07 ID:+vkalyjCO

……………

~学校内・廊下~



あかり『1番目の京りせペアは時間の都合上割愛\アッカリーン/』



千鶴「すみません……私なんかがペアで……」

綾乃「そんな、私は千鶴さんでよかったわ……だって一度こうして二人だけで話してみたかったもの」ニコッ

千鶴「私も知らない人とペアになってたらと思うと……杉浦さんでよかったです」



綾乃「ねぇ……私たち同じ学年なんだし、堅苦しいのやめない?あ、別に嫌ならいいんだけど……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:24:03.95 ID:+vkalyjCO

千鶴「いいですけど……ちょっと、はずかしい……///」

千鶴「姉さん以外でこんな風に喋れる人がいなかったから……けど、嫌じゃない……よ?///」

綾乃「そう、じゃあ友達同士、仲良くいきましょう?」ニコニコ

千鶴「うん……///」



千鶴(杉浦さんと一緒で本当によかった……この人なら姉さんを任せられる)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:25:51.51 ID:+vkalyjCO

綾乃「しっかし、理科準備室まで行って帰ってくるだなんて、歳納京子が明らかに何か仕掛けてるわよね……」

千鶴「歳納のことだから、きっとトラップたくさんあると思う……」



千鶴「そういえば、杉浦さんに聞いてみたかったことがあるんだけど……」

綾乃「せっかくだから何でも答えるわよ?」ウフフッ

千鶴「杉浦さんは……その……姉さんのこと、どう思ってる?///」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:27:33.66 ID:+vkalyjCO

綾乃「えっ!?///」

千鶴「普段から凄く仲がいいから……もしかしたらって……///」



綾乃「えーあのーそのー……///」カァー

千鶴「歳納とのことは知ってるんだ!……だけど……姉さんと杉浦さん、凄くお似合いだから……」

綾乃「……///」プシュー



千鶴(杉浦さんにその気がなくても……これで姉さんのことを少しでも意識してくれるようになれば……!)

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:28:42.25 ID:+vkalyjCO

綾乃「あの……あのね……///」

綾乃「ふぅ……」

綾乃「ま、何でも答えるって言っちゃったしね……」アハハ…



綾乃「そうね、私は……歳納京子のことが……その……す、好き……なのかもしれないわね!///」

千鶴(やっぱりか……)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:30:53.90 ID:+vkalyjCO

綾乃「だけどね……」

千鶴「……?」

綾乃「最近、千歳のことが気になっちゃって……///」

千鶴(キタコレ!!)



綾乃「もう最近は気持ちがごちゃごちゃになっちゃって、自分でもよくわからないの……///」

千鶴(これはまさかの……)ダラー

綾乃「ダメよね、こんな曖昧な気持ちじゃ……」ショボーン

千鶴「い、いや!そんなことは……!」ダラー

千鶴(これは私の腕次第で……姉さんの幸せが……!)ダラー


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:34:07.39 ID:+vkalyjCO

千鶴「そ、そうだ!私、本をよく読むんだけど、その中に……」

千鶴「同じ『好き』にも種類があって、相手をどんな風に好きなのかを考えれば、自ずと『真実の愛』が見つかる……って書いてあった」

千鶴「……気がする」



千鶴「杉浦さんは、歳納のどんなところが好きなの……?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:36:27.14 ID:+vkalyjCO
綾乃「歳納京子のこと……私は……」





綾乃「あの子は……いつも元気で明るくて、誰とでも分け隔てなく接することができて、お調子者で……私とは真逆……」

綾乃「私に足りないものを、たくさん持っているわ……」

綾乃「私はそんな彼女を……」

綾乃「そんな歳納京子に……私は心から『憧れ』てるの……」ウルウル


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:40:53.12 ID:+vkalyjCO

綾乃「今まで恥ずかしくってしっかり考えたこともなかったわ……///」

綾乃「そっか……『憧れ』かぁ……なんだかしっくりきすぎて笑えてきちゃう」フフッ

千鶴「杉浦さんは歳納に憧れてるのか……なんか腑に落ちないな……あんな奴に憧れるだなんて」

綾乃「そうね、私もなんだか嘘みたいに思えてきちゃった……本当のことなのに」クスクス



千鶴「じゃあ姉さんは……どんな『好き』なの?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:43:16.67 ID:+vkalyjCO

綾乃「千歳は……」





綾乃「千歳は、引っ込み思案で臆病な私をいつでも優しく引っ張ってくれた……」

綾乃「いつも側で私のことを支えてくれるし、私も千歳を支えてあげたいと思う……」

綾乃「千歳の前でなら、私は素直な自分でいられるわ……」

綾乃「私は……そんな千歳とこれからも……」ウルウル



綾乃「『ずっと一緒にいたい』……」ポロポロ



千鶴(姉さん……よかったな……)

千鶴(けど……まさかこんな展開になるとは……どうしよう……転校の話……)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:45:05.40 ID:+vkalyjCO

千鶴「杉浦さん……ハンカチ使って……」

綾乃「ありがと」ゴシゴシ

千鶴「ごめんなさい……泣かせるようなこと聞いてしまって……」

綾乃「別にいいの、私も今までモヤモヤしてた気持ちがすっきりしたし!」

綾乃「千鶴さんのおかげで、私は自分の本当の気持ちに気付けたわ……ありがとうね」ニコッ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:47:13.58 ID:+vkalyjCO

千鶴「……」

千鶴「あのっ!!」

綾乃「えっ!?ど、どうしたの……急に」ビクッ

千鶴「実は……私たち……杉浦さんに内緒にしていることがあって……」ウルウル



千鶴(姉さんごめんな……私やっぱり黙ってるなんて無理……)



千鶴「杉浦さんの気持ちを聞いたあとなのに……だけど今言わなきゃ絶対後悔すると思うから……」ウルウル

千鶴「姉さんと私……この夏休みが終わったら……転校するんや……」ポロポロ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:48:56.01 ID:+vkalyjCO

綾乃「え……?」



千鶴「杉浦さん本当に……本当にごめんなぁ……」シクシク

千鶴「私も姉さんも……どうしても言えんかったんや……」シクシク

千鶴「けど……杉浦さんの気持ち聞いたら……黙ってるなんてできんかった……」シクシク



綾乃「……」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:51:07.97 ID:+vkalyjCO

綾乃「そっか……」

綾乃「千鶴さんも……千歳も……転校しちゃうのかぁ……」ポロポロ



綾乃「う……うぅ……」ポロポロ

千鶴「本当に……ごべんなぁ……」シクシク




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:53:53.20 ID:+vkalyjCO

綾乃「……」ゴシゴシ

綾乃「よし!もうこれ以上じめじめするのは禁止っ!」

綾乃「せっかくみんなで肝試ししてるんだし、楽しまなきゃ!」

綾乃「……ね?だから……もうそんな悲しい顔しないで?」



千鶴「……わかった」ゴシゴシ

綾乃「それと……千歳に転校の話……させてもらってもいい?」

千鶴「それは……いつかしなきゃいけないことだから……」

千鶴(姉さんごめんな……)



綾乃「じゃあ、もうみんなのところに戻りましょ?どうせ理科準備室なんて行かなくても大丈夫よ」

千鶴「そうだね……」

千鶴「けど、杉浦さん……目真っ赤」フフッ

綾乃「千鶴さんもよ!」アハハッ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:56:49.34 ID:+vkalyjCO

~学校内・校庭~



京子「綾乃と千鶴おっそいなぁ~……」

結衣「お前、何かめんどくさい仕掛けとかしてるんじゃないのか……?」

京子「いやー?なんのことだかぁー?」アセッ

結衣「目を見て話せ」

京子「うぅっ……結衣の眼差しが痛い……」アセアセ



向日葵「あ、先輩方が戻って来られましたわ!」

京子「綾乃ー!千鶴ー!遅いよーもう!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 04:59:24.40 ID:+vkalyjCO

綾乃「ごめんなさい……ちょっと道に迷っちゃって……」

千鶴「……」

綾乃(理由としてはちょっと苦しいかしら……)



京子「あれ~?綾乃も千鶴も涙目じゃなーい?」ニヤニヤ

ちなつ「!!」ガクブル

櫻子「泣くほど怖いとか……ほんと何仕掛けてるんですか歳納先輩!?」



ワイワイガヤガヤ



綾乃「……」

綾乃「千歳、ちょっと今いいかしら……?」

千歳「なぁに?綾乃ちゃん」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:00:49.81 ID:+vkalyjCO

綾乃「千歳、今私に隠してることとかない?」

千歳「な、何もないよー?」アセアセ

綾乃「もう……千歳も千鶴も、本当に嘘つくのが下手なんだから……」フフッ


千歳「……聞いたん?」

綾乃「聞いたわよ」

綾乃「……っていうより、先に私が気づいちゃったから、千鶴さんは悪くないわ」

千歳「そうかぁ……」

綾乃「なんで……転校するって教えてくれなかったの……?」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:02:18.92 ID:+vkalyjCO

千歳「それは……」



綾乃「このままみんなに黙ってれば、最終的にどうなるか……わかってたでしょ……?」ウルウル

千歳「……」

綾乃「私にも何も知らせないで、転校するつもりだったの……?」ウルウル

千歳「……」

綾乃「ねぇ……!答えてよ……っ!」ポロポロ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:04:56.69 ID:+vkalyjCO

千歳「うちかて……綾乃ちゃんにはいの一番に伝えなあかんなってわかってた……」

千歳「けど、どうしても言えんかった……」

千歳「この夏休み……綾乃ちゃんに余計な心配かけたくなかったんよ……」

千歳「せめて……この夏祭りが終わるまでは……!」



千歳「ごめんなぁ……綾乃ちゃん……ごめん……」




綾乃「もう……千歳の馬鹿っ……!」ダキッ




千歳「……!!」

千歳「あ……あやのちゃ」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:07:27.62 ID:+vkalyjCO

綾乃「もうっ!……本っ当に……馬鹿なんだから……っ!」ギュー

綾乃「私たちの関係って……そんな悲しいことも分け合えないような弱いものなの……?」ポロポロ

綾乃「千歳の辛い思いは……私が一緒に支えてあげるから……!!」



千歳「あや……あやのぢゃ……」ポロポロ

綾乃「千歳の幸せは……私の幸せでもあるんだから……!!」

千歳「うっ……うわぁああああん!!」ブワッ

千歳「ごめんなぁ!ごめんなぁ綾乃ちゃぁん!」



綾乃「分かれば……いいのよ……!」ニコッ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:09:06.21 ID:+vkalyjCO

……………



綾乃「あー……多分私、今日一日で今年分の涙を流しきった気がするわ……」

千歳「うちもやで……目が痛い……」ゴシゴシ



綾乃「ねぇ、千歳……?」

綾乃「実はね……私も千歳に言わなきゃいけなかったことがあるの……///」

千歳「……」

綾乃「実は私……」



千歳「綾乃ちゃん……それ以上言ったらあかんよ」ニコッ

綾乃「え……」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:10:30.89 ID:+vkalyjCO

千歳「それ以上、言ったらあかん……」

千歳「だって、うち転校するんやもん……それ言ったら、きっと綾乃ちゃん後悔してまうよ」

綾乃「……」

千歳「綾乃ちゃんには、歳納さんがおるんやから……」







綾乃「……だめよ」ボソッ


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:12:18.16 ID:+vkalyjCO

千歳「ん……?」

綾乃「……後悔なんて、するはずないわ」

綾乃「だって、私決めちゃったもの!」ニコッ









「私、千歳のことが好きなの」

「だから私と、お付き合いしてください……!」




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:14:57.23 ID:+vkalyjCO

千歳「言ったらあかんて……ゆうたのにぃ……!」ブワッ

綾乃「転校するんだったら、尚更気持ち伝えないと……そっちの方が後悔しちゃうわよ」

千歳「もう……綾乃ちゃんはぁ……」ポロポロ





千歳「歳納さんのことはええの……?」

綾乃「千鶴さんに相談したら、吹っ切れちゃったわ!」

千歳「うち……転校するんやで……?」

綾乃「遠距離恋愛だって構わないわ!」

千歳「女の子同士やし……うち鼻血ひどいよ……?」

綾乃「今更何言ってるの!私はそんなの関係ありま温泉よっ!」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:16:34.15 ID:+vkalyjCO

綾乃「さぁ……千歳の答えを聞かせて……?」







「そんなの……おっけーにきまってるやん……!」

「綾乃ちゃん……うちも……うちも綾乃ちゃんのこと……大好きよっ!」ダキッ






綾乃「よかった……」ウルウル

千歳「うちも……よかった……」ギュー!

綾乃「もし千歳にその気がなかったら……私ただのバカだもの……///」

千歳「うちの気持ち、もう綾乃ちゃんにはバレバレやと思うてたわ……」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:18:45.36 ID:+vkalyjCO

綾乃「本当に好きな人と結ばれる瞬間って……こんなに気持ちが晴れやかなのね……!」

千歳「うちも綾乃ちゃんが初恋やったから、こんな気持ちはじめてやわぁ……」

綾乃「千歳……好き……!大好き!もう絶対に離さないんだから!」

千歳「うちも綾乃ちゃんのこと、大好きよ……!」


ギュー!!!





82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:19:47.92 ID:+vkalyjCO





千鶴「うわぁぁぁぁ……」ダラリーン

あかり「うわぁ!?千鶴先輩、なんだか色んな穴から液体が吹き出てて、マーライオンみたいになってるよぉ!?」アセアセ






83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:22:18.83 ID:+vkalyjCO

綾乃「ちーとせっ」ニコニコ

千歳「なぁに?あやのちゃん」ニコニコ

綾乃「キス……して……?///」

千歳「ぐはぁっ!!」ブッシャー!!

綾乃「えっ、千歳!?ちとせーっ!!??」

千歳「さすがに……もう色々と我慢の限界やったわぁ……」ガクッ



京子「おー、あっちでなんだか火山の噴火みたいのが起きてんぞー!」ワクワク

結衣「おい!!誰か救急車っ!!」





千歳「し、しあわせやわぁ……」ドクドク


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:24:30.20 ID:+vkalyjCO

~数週間後・生徒会室~



綾乃「ええっ!?どういうこと!?」

千鶴「シーッ……声が大きいから……」コソコソ

綾乃「だ、だって……それじゃあ……!!」ウルウル

千鶴「姉さんにはまだ伝えてないから……綾乃から伝えてあげて……きっと凄く喜ぶから……」

綾乃「……うんっ!!」パァー

千鶴「じゃ……そろそろ姉さん来るから……」

綾乃「何から何まで、ほんとありがとね……千鶴」ニコッ

千鶴「そんな……綾乃と姉さんの幸せが、私の幸せだから……じゃあね」ニコッ

ガラッ




85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:26:08.90 ID:+vkalyjCO

ガラガラ……



千歳「あら綾乃ちゃん、今日は早いなぁ」

綾乃「ご、ごめんね!ちょ、ちょっと用事があって一緒に学校来れなくて……」アセアセ

千歳「えぇよえぇよ、うちは残り少ない夏休み、綾乃ちゃんの顔が見れるだけで幸せなんやから……」

綾乃「千歳……///」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:27:13.81 ID:+vkalyjCO

綾乃「あ、あのねっ……今日は千歳に伝えなきゃいけない、ビッグニュースがあるの……」

千歳「なんやぁビッグニュースって、なんか緊張してしまうやんか……」ニコニコ

綾乃「実は……」ドキドキ





綾乃「千歳の転校の話、無くなりましたっ!!」ババーン





千歳「へ……?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:29:10.44 ID:+vkalyjCO

千歳「な、なくなる……?転校のはなしをなくしたん……?」

綾乃「だから!千歳は転校しなくてよくなったのよっ!」

千歳「なんやて……!?な、なんで綾乃ちゃんがそんなことを!?え?嘘やろ……?」

綾乃「さっき千鶴から聞いたの……」

綾乃「千鶴、おばあちゃんに『2人とも卒業までどうにかこの学校に通わせてくれ!』って頼み込んだらしいわ……」

千歳「千鶴が……?ほんまに……?」ジワッ

綾乃「私から伝える方が、きっと千歳も喜ぶだろうからって……」

千歳「ほんまか……やった……やったわぁ……!!」ポロポロ

綾乃「何泣いてるのよ、嬉しいビッグニュースじゃない」ウルウル

千歳「よかったぁ……ほんまよかったわぁ……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:31:10.74 ID:+vkalyjCO

~数時間後・茶道部部室~



千歳「というわけで、うちらの転校は白紙になったっちゅうことに……」

綾乃「あと、私と千歳、こないだの夏祭りから付き合いはじめたから」

千歳「みんな、これからもよろしくなぁ!」ニコニコ



結衣「マジか……」

あかり「なんだかサラリと凄い発表されて、頭が全然ついていけてないよぅ……」

ちなつ「まぁ、よかったじゃないですか……いろいろと……」ウラヤマシイ…



京子「……」フルフル


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:34:30.55 ID:+vkalyjCO

綾乃「一応、私はここを卒業したら、船見さんみたいに一人暮らし……いえ、千歳と同棲して、2人で同じ高校に通うつもりでいるわ///」

千歳「船見さんに一人暮らしのコツをいっぱい教えてもらおう思てるからなー」ニコニコ

結衣「まぁ……役に立つかわかんないけど、出来る限り協力するよ」

京子「……!」フルフル



結衣「どうしたんだ京子?さっきから黙って」

京子「なっとく……」ボソッ

綾乃「……なんて言ってるのかわかんないわ」



京子「納得いかぁーん!!!」

結衣「うわっ、どうしたんだよいきなり」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 05:35:32.65 ID:+vkalyjCO

京子「綾乃は私のことが好きだったんじゃなかったのかぁー!?これはれっきとした略奪愛だぁー!!」ウワーン


綾乃「そりゃ歳納京子のことも好きだけど……千歳への『好き』とは違うの///」テレッ

千歳「綾乃ちゃん……///」

綾乃「千歳……///」


チュー








京子「うわああああああああ!!絶対納得いかねええええええ!!」



おしまい