1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 10:59:36.26 ID:gExYctHY0
ほむら「え?」

まどか「///」

ほむら(な、なにいきなり・・・?)

ほむら(も、もしかしてこれって遠まわしな告白!?まどかも私の事を!?)

ほむら(う、嬉しい///)

まどか「や、やっぱりへんかな・・・」

ほむら「変じゃないわ!とってもいいと思う!」

まどか「ほ、ホントに!よかった、ほむらちゃんなら分かってくれると思ってたよ!」

ほむら「もちろんよ、まどか」

まどか「いいよね!BL!」

ほむら「・・・え?」

引用元: まどか「ほ、ほむらちゃんっって同性愛ってどう思う・・・?」 


 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:04:46.51 ID:gExYctHY0
まどか「私の最近のブームはⅣ×凌でね、普段は強気のシャーク君が鬼畜なⅣ様に攻められるってシチュがたまらなくて」

ほむら「ちょ、ちょっと待ってまどか!」

まどか「なに?ほむらちゃん」

ほむら「BL?BLって言ったの?」

まどか「言ったよ。ほむらちゃんも好きなんだよね」

ほむら「・・・あり得ないわ」

まどか「BLなんて気持ち悪い。百合の方がいいに決まってるじゃない」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:05:46.42 ID:gExYctHY0
間違ったw一番したほむらで

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:08:58.88 ID:gExYctHY0
まどか「百合って・・・。何言ってるのほむらちゃん」

ほむら「あなたこそ何言ってるのよ。冗談よね?まどかがBLが好きなんて」

まどか「ほむらちゃんこそ百合が好きなんて変なこと言わないでよ!いくら私でも怒るよ!?」

ほむら「そんな・・・まどかがそんな人だったなんて・・・」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:11:47.80 ID:gExYctHY0
ほむら「あなたは女の子が好きなんでしょ・・・?」

まどか「何それ!いつそんな話になったの!?」

ほむら「だってSSではよく私とイチャイチャしてるじゃない!」

まどか「やめてよ!あんな百合豚の妄想だよ!」

ほむら「そんな・・・だったら私は・・・何のために・・・」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:15:01.92 ID:gExYctHY0
まどか「あのねほむらちゃん。BLってすごいいいんだよ」

ほむら「やめて!そんなまどか聞きたくない!おかしいよ」

まどか「おかしいのはほむらちゃんだよ。自分が女の子のくせに百合が好きなんて。頭腐ってるんじゃないの?」

ほむら「腐ってるのはあなたの方でしょう!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:17:00.86 ID:gExYctHY0
まどか「腐ってないよ!ほむらちゃん、ホモが嫌いな女子なんていないんだよ」

ほむら「いるわよここに!ホモなんて汚らしい」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:19:22.51 ID:gExYctHY0
まどか「腐ってないよ!ほむらちゃん、ホモが嫌いな女子なんていないんだよ」

ほむら「いるわよここに!ホモなんて汚らしい!百合は綺麗なのよ!」

まどか「出たよ百合豚のキモイセリフナンバー1。女に夢見すぎなの!女なんて男がいないときは生理の話しかしないんだから!」

ほむら「そんなことないわよ!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:24:47.81 ID:gExYctHY0
ほむら「だいたいそれは腐女子だって同じでしょ!男に夢見すぎなんじゃないの?」

まどか「私たちは夢なんて見てません!おとこは粗暴で野蛮な生き物なの!そんな男同士が愛し合うのが萌えるんじゃん!」

ほむら「なにそれわけわかんない!まどかには女の子が女の子を好きになっちゃった時の繊細な乙女心のよさがわからないの!?」

まどか「そんなこと考えてないくせによく言うよ!百合豚なんて女の子が絡んでればそれでいいと思ってるくせに」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:28:35.11 ID:gExYctHY0
ほむら「あなた達だって同じようなものでしょ!顎のとがったイケメン男子が好きなくせに!」

まどか「違いますー!私は世界一初恋の律君からくそみそテクニックの阿部さんまで全部いけますぅ!」

ほむら「理解できないわ・・・。あなたがそんな人だとは思わなかった!」

まどか「私だってほむらちゃんがそんな人だとは思わなかったよ!絶交だよ!」

ほむら「いいわよ!まどかとなんて口もききたくないわ」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:32:14.18 ID:gExYctHY0
まどか家

まどか「全く・・・。ほむらちゃんがあんな人だとは思わなかったよ!」

まどか「まあいいやあんな人。気にしないで私は今日も自作小説に取りかかろう!」

まどか「ウェヒヒww。待っててねサイトー!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:35:44.69 ID:gExYctHY0
ほむら家

ほむら「全く・・・。まどかがあんな人だとは思わなかったわ」

ほむら「はじめから分かってればまどかなんて助けなかったのに」

ほむら「ま、あんな人はほっておいて今日も百合漫画を読んで過ごしましょう」

ほむら「ああ・・・やっぱりいいわね、百合って///」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:39:38.51 ID:gExYctHY0
学校

ほむら「・・・」

まどか「・・・」

さやか「・・・で、なんでこんな事になってるわけ?」

まどか「さあ?そっちの豚にでも聞いたら?」

ほむら「なんかここ臭いわね。誰かの頭でも腐ってるんじゃないかしら」

まどか「あ!?」

ほむら「なによ!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:42:38.74 ID:gExYctHY0
さやか「待ってストップ!2人ともなんでケンカしてんのさ?」

まどか「聞いてよさやかちゃん!さやかちゃんはこっち側だよね?」

ほむら「美樹さやか、そいつの言葉に耳を傾けてわだめよ」

さやか「だからなんなのさ・・・」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:46:03.49 ID:gExYctHY0
さやか「・・・」

まどか「というわけなんだけど、さやかちゃんは私の味方だよね?親友だもんね」

さやか「・・・ごめんまどか」

まどか「!?」

さやか「私は転校生の側につくわ」

まどか「そんな・・・こんなの絶対おかしいよ!」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:49:37.69 ID:gExYctHY0
ほむら「美樹さやか・・・あなたなら分かってくれると思ってたわ」

まどか「おかしいよ・・・さやかちゃんは恭介君が好きなんでしょ?男が好きなんでしょ?」

さやか「だからBL好きって理論はどうなのよ」

まどか「そうだとしても!だったらヘテロ側じゃん!そっちにつくのはわけわかんないよ!」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:52:31.05 ID:gExYctHY0
さやか「・・・あのね、みんなには内緒にしてたんだけど私仁美と付き合ってるんだ」

まどか「は?」

さやか「仁美と恭介を取り合ってるうちに・・・気付いたら///」

ほむら「分かるわよ美樹さやか。よくあるわよねそういうこと」

まどか「ねーよ!」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:55:56.13 ID:gExYctHY0
まどか「最悪だよ!友達だと思ってた人がレズだったなんて!魔女化しそうだよ!」

マミ「話は聞かせてもらったわ」

ほむら「巴マミ!」

マミ「安心して鹿目さん。私はあなたの味方よ」

まどか「マミさん・・・。私の味方はマミさんだけです!」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 11:59:48.53 ID:gExYctHY0
ほむら「巴マミ・・・あなたという人は!」

マミ「黙りなさい豚ども。私と鹿目さんは今から乙女ロードにいくんだから」

まどか「マミさん・・・!はい!行きましょう!こんなやつらほっといて同人誌買いあさりましょう」

マミ「そうね。ところで最近だとやっぱりタイバニよね」

まどか「分かります!」

マミ「いいわよね、虎×兎」

まどか「・・・は?」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 12:02:25.32 ID:gExYctHY0
まどか「ごめんなさいマミさん。今何て?」

マミ「え?だから虎徹×バーナビーはいいわよねって」

まどか「・・・だろうが」

マミ「え?」

まどか「バーナビー×虎徹に決まってるだろうが!」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 12:08:08.21 ID:gExYctHY0
マミ「何言ってるのよ鹿目さん!虎徹おじさんが人生経験の豊富さで若いバーナビーを攻めるのがいいんじゃない!?」

まどか「マミさんはなにも分かってない!おじさんラブなバーナビーが戸惑うおじさんを攻めるほうがいいに決まってる!」

マミ「なんですって!?」

まどか「なによ!」

ほむら「みなさい美樹さやか。あれが腐女子同士の醜い争いよ」

さやか「うん、あーはなりたくないよね」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 12:12:22.73 ID:gExYctHY0
ほむら「もちろん例外もいるけれど、その点私たち百合好きは受け攻めがどうなんて言う人は少ないから平和なもんよね」

さやか「そうそう、私たち百合好きは仲良く平和に行こうぜ」

杏子「お前ら何の話してるんだ?」

ほむら「あら、佐倉杏子」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 12:15:53.97 ID:gExYctHY0
まどか「杏子ちゃん!?杏子ちゃんは兎×虎派だよね?」

マミ「そんなわけないわよね!?佐倉さん」

ほむら「杏子がBL好きという前提で話を進めるのをやめなさい。これだから腐女子は自己中だって言われるのよ」

杏子「お前らが何言ってるのかわからねーんだけど・・・」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 12:19:50.45 ID:gExYctHY0
マミ「と、いうわけなのよ」

まどか「杏子ちゃんなら分かってくれるよね」

ほむら「いいえ、残念ながら杏子が百合好きなのは確定的に明らかよ。SSでも杏さやは人気だもの」

杏子「いや、ねーだろ」

4人「・・・え?」

杏子「ホモとかレズとか気持ちわりーんだけど」

4人「・・・」

終わり