1: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:04:46.22 ID:QG8d5hquO
凛「どうしたの、急に?」

さくら「聞いてくださぁい、凛さん!」

亜子「アタシら、普段いずみに甘えてるところあるじゃないですか」

凛「まあ、ニューウェーブのフォロー役が泉だよね」

亜子「そういうわけで、たまにはこっちが甘やかしてあげようとさくらが言いだしたんです」

さくら「そしたら――」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456963486

引用元: 渋谷凛「泉を極限まで甘やかす?」 


 

2: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:07:50.80 ID:QG8d5hquO
昨日


さくら「イズミン、イズミン!」

泉「なに?」

さくら「さあ、さくらお姉ちゃんの胸に飛び込んできて! 優しく抱きしめてあげるからぁ!」ニコニコ

泉「………」

さくら「さあ、さあっ!」キラキラ

泉「え、遠慮しておく……」

さくら「なんでっ!?」

泉「なんか怖い」

さくら「がーん!」




さくら「――みたいな感じでドン引きされちゃいましたぁ」

凛「いきなり満面の笑顔でそんなこと言われたら、私も泉と同じ態度取るよ。なんか怖いし」

さくら「そうですかねぇ……うーん、難しいなぁ」

亜子「普段妹キャラなのに、急にお姉ちゃんぶってもダメってことよ」

凛「ちなみに、亜子はなにかしたの?」

亜子「ええ、まあしましたけど。それが――」

3: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:11:00.93 ID:QG8d5hquO
昨日


亜子「まいどー、いずみ」

泉「おはよう、亜子」

亜子「ところでいずみ、肩凝ってへん?」

泉「肩? そうね……さっきまでパソコンいじってたから、ちょっと凝ってるかも」

亜子「ならアタシが揉んであげる! ほらほら、こっちに座り?」

泉「え? あ、うん……ありがとう」

亜子「ふふふ、では早速!」

亜子「もみもみもみ……どう、結構うまい?」

泉「悪くはないけど……ありすちゃんのほうが上手かな」

亜子「むむっ」

亜子「んー、なら脚や! 脚のマッサージもしてやるわっ」

泉「え、ちょっと。肩もう終わり?」

亜子「いいからそこのソファーにうつぶせになって!」

泉「はい、わかりました……」

亜子「よーし。やってやるでぇ……」ワキワキ

泉「さっきのさくらと同じく、なんか怖い……」

亜子「とりゃーっ」モミモミモミ

亜子「どう! うまい?」

泉「………」

泉「雪美ちゃんの方が上手かな」

亜子「がーん! また年下に負けたー!」




亜子「――みたいな感じでうまくいかず」

さくら「クールアイドルの縦のつながり……すごいっ」

凛「確かに雪美ちゃんはマッサージうまいね。力加減もちょうどいいし」

さくら「凛さんもしてもらったことあるんですか?」

凛「この前、ちょっとね。ありすにはしてもらったことないけど……泉には肩もみしたことあるんだ」

亜子「お、ジェラシー?」キラーン

凛「そういうんじゃないから」

4: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:16:49.35 ID:QG8d5hquO
凛「で、結局マッサージ作戦もダメだったの?」

亜子「ダメだっただけならまだよかったですわ……そのあとに――」




亜子「くっ……アカン! 年下二人よりうまくできん」

亜子「ごめんないずみ。甘いマッサージはできそうにないわ……」

泉「……よくわからないけど、別にいいじゃない。そんなにこだわらなくても」

泉「私は、亜子の気持ちだけでうれしかったから」ニコッ

亜子「」ズキューン



亜子「みたいな! お姉ちゃんみたいな! そーいう態度でアタシを仕留めにきたんです!」

凛「仕留めにきたって……」

さくら「でも、お姉ちゃんみたいに接しようとして、逆にお姉ちゃんみたいな態度をとられるって、一番『しまったぁ!』って感じですし」

凛「……確かに。完全に失敗って感じか」

亜子「そうなんですよー……ほんと、あの笑顔にキュンと来た時点でアタシの負け」

5: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:20:17.29 ID:QG8d5hquO
さくら「そういうわけで、わたしとアコちゃんだと全然うまくいかなかったので……」

亜子「凛さんの力をお借りしたい! というわけですわ」

凛「なんで私?」

亜子「そりゃあもう、クール系の先輩だし」

さくら「イズミンのお姉ちゃんっぽいし!」

凛「お姉ちゃん、ね。正直、自信ないんだけど」

亜子「お願いします!」

さくら「お願いしまぁす!」

亜子「報酬は弾むんで!」

凛「私、別にそういう勘定で動いたりするタイプでもないんだけど……」

亜子「そうなんですか?」

凛「うん」



P「凛ー、ちょっとコンビニにおつかいに行ってきてくれないかー」

凛「えー」

P「お釣りはとっといていいから」

凛「しょうがないな」スクッ



亜子「……勘定で動いてません?」

凛「………」

さくら「でもわかります。わたしも、お釣りもらえるって言われたらウキウキしますし♪」

亜子「うんうん。やっぱり世の中銭よね」

凛「こ、こほんっ。とにかく、おつかい行ってくるから」

6: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:24:17.24 ID:QG8d5hquO
おつかい終了後


凛「ただいま」

さくら「おかえりなさぁい」

亜子「おお、お菓子がたくさん!」

凛「みんなのぶんのお菓子の調達っていうおつかいだった」

凛「ポテチでいい?」

さくら「いただきまーす♪」

亜子「アタシもー」

凛「じゃあ、私はチョコレート」

7: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:27:50.94 ID:QG8d5hquO
さくら「はむはむ」バリボリ

凛「さっきの話だけど……そんなに泉を甘やかしたいの?」

亜子「もちろん」

凛「どうして?」

亜子「いずみの甘えた顔が見たい!」

さくら「絶対かわいいだろうから!」

亜子「普段しっかりしてる子が、こう……無防備な感じで、とろーんと」

さくら「ふわふわっと、キュートになってる姿が見たいんですっ」

凛「………」


凛「……ちょっと、興味あるかも」

亜子「さすが凛さん!」

さくら「それじゃあ、作戦会議しましょう!」

8: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:32:59.55 ID:QG8d5hquO
さくら「やっぱりほーよー力ですよ、ほーよー力!」

凛「しっかり者の泉を包み込めるだけの包容力か……」

亜子「凛さんは学年ひとつ上だし、なんとかいけません?」

凛「包容力、包容力……」

凛「………」

亜子「?」←推定Fカップ

凛「(この子でダメなのに、私で大丈夫なんだろうか……)」←推定C

さくら「凛さん、凛さん」

凛「なに?」

さくら「ほーよー力は、大きさだけじゃ決まりません!」キリッ←推定B

凛「あーそうだねー」

さくら「あー、なんですか! その投げやりな返事はぁ!」プクー

9: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:38:14.18 ID:QG8d5hquO
泉「………」チラチラ

未央「おー、いずみんじゃん。どしたの、そわそわして」

卯月「あっちになにか……あ、凛ちゃんとさくらちゃんと亜子ちゃん」

泉「私が部屋に来る前から、なにやら三人で相談事をしているようで」

未央「ふむ。気になるけど、なんとなく声をかけづらい感じ?」

泉「ですね。なんだかひそひそ話しているみたいだし」

卯月「なにを話しているんでしょう?」

未央「まさかしぶりん、ニュージェネを抜けてニューウェーブに!?」

卯月「ええっ!?」

未央「なんてね、冗談冗談」

卯月「はあ、びっくりしました~」

泉「卯月さん。いちいち未央さんのペースに乗っていたらあっという間に疲れちゃいますよ」

卯月「あはは……わかってはいるんだけど、ね?」

未央「相変わらずいずみんはクールですなー」

泉「クールというほどのものでもないと思いますけど……」

10: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:42:00.79 ID:QG8d5hquO
未央「……よし! 向こうはニューウェーブにしぶりんを足してるから、こっちもニュージェネにいずみんを足しちゃおう!」

卯月「一味違う三人でおしゃべりだね。ふふ、なんだか楽しそう」

泉「……そうですね。たまには、マイナーチェンジな組み合わせもいいかもしれません」

未央「ほほう、いいのかねいずみん? ニュージェネのクールは、ボケとツッコミ両方しなくちゃいけないのだよ」

泉「そんな決まりがあるんですか」

卯月「あと、ニュージェネのクールはカワイイ担当でもありますよね」

未央「いやそれはしまむーの役割だから」

卯月「え、そうなんですか?」

泉「傍から見てても丸わかりなくらいにはそうだと思います」

未央「いずみんはツッコミはバッチリだし、あとはボケだね。ナチュラルに天然ボケが飛び出す感じにできればグッド!」

泉「難しいですね。ボケを意識した時点で天然ボケではなくなりますし……」

卯月「がんばりましょう♪」

泉「頑張ることなのかな……でもとりあえず、郷に入っては郷に従ってみますか」


11: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 09:44:03.71 ID:QG8d5hquO
雪美「………」ピコピコ

ありす「………」

雪美「……ありす……ヒント……」

ありす「ここの部屋の仕掛けは、隅にある爆弾がポイントです」

雪美「爆弾……はっ」

ありす「気づいたようですね。このゲームの攻略法に」

雪美「気づいた……ふふ……」ピコピコ

ありす「この調子で、ダンジョンクリアまでがんばりましょう」

雪美「うん………」ピコピコ

17: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 14:30:15.55 ID:Z340l1/5O
亜子「やっぱりナデナデ攻撃?」

さくら「プロデューサーさんがよくしてくれるやつだね」

さくら「頭をなでられると、なんだか安心するんだよねぇ」

凛「ナデナデか……どういう風にすればいいのかな」

凛「泉とか、かなり自然にありすや雪美ちゃんの頭をなでてるけど」

亜子「あれはお姉ちゃん属性のなせる業だと思う」

凛「そっか。弟いるんだよね、あの子」

さくら「凛さんはひとりっ子でしたっけ?」

凛「うん。だから、お姉ちゃん属性ってやつは持っていないね」

さくら「でもハナコちゃん飼ってるじゃないですか。ナデナデしてますよね?」

凛「犬と同じ感覚で人間に接したら、さすがに失礼じゃない?」

さくら「あー、たしかに」

18: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 14:32:17.35 ID:Z340l1/5O
亜子「凛さん、なんとかお願いしますっ。四姉妹の長女としての意地を見せちゃって!」

さくら「凛さん、イズミン、ありすちゃん、雪美ちゃんのクール四姉妹だねっ」

凛「四姉妹、ねえ……」

亜子「このままだといずみに長女の座を奪われちゃいますよー?」

凛「わりとどうでもいいんだけど」

さくら「そういえば、アコちゃんもよくわたしの頭なでてるよね?」

亜子「え、そうだっけ?」

さくら「やっぱり無意識なんだぁ」

20: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 18:46:21.71 ID:Z340l1/5O
さくら「それと、やっぱり笑顔です! えへへ」

凛「笑顔?」

さくら「笑顔は人を優しい気持ちにさせますからぁ」

さくら「ほら、にこ~っと♪」

亜子「にこ~」

凛「………」

凛「もしかして、私もやる流れなの?」

亜子「まあ、フリですね」

亜子「べつにいずみの目の前でぶっつけ本番でもいいですけど」

さくら「にこにこぉ~♪」

凛「……じゃあ、ぶっつけ本番で」

21: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 18:49:58.73 ID:Z340l1/5O

亜子「いってらっしゃーい」

さくら「がんばってくださぁい!」

凛「(笑顔、笑顔、お姉さん……)」ギコギコ

亜子「(あっ、これアカンやつや)」




卯月「泉ちゃんの私服は、落ち着いたシンプルなものが多いですよね」

未央「派手なのは着たりしないの?」

泉「ステージならともかく、プライベートでそういうのはあまり合わないかな、と」

卯月「そうかな? 泉ちゃんならなんでも似合うと思うけど」

未央「ちょっとエッチなやつとかどうですかい? お嬢さん」

未央「ファッションは計算じゃないんだよ?」キリッ

泉「やめておきます」キッパリ

未央「ありゃりゃ」


凛「いずみー」

泉「凛さん? どうかしました――」


凛「ちょ、ちょっと、私に付き合ってくれないかな? ……かな?」ニゴォ

泉「」

凛「え、えへ、えへへ」ニゴニゴ

泉「あの……私、なにか機嫌を損ねるようなことをしたでしょうか」ササッ

凛「ど、どうして?」

泉「だって」

卯月「凛ちゃん、顔が怖いよ?」

未央「ひきつってるし」

凛「」ガーン

22: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 18:53:57.35 ID:Z340l1/5O
凛「失敗した」

亜子「凛さんにはさくらみたいな満面スマイルは難しいみたいやね」

さくら「ライブだと、よくスマイルしてませんでしたっけ?」

凛「ライブは、ほら……なんだか自然に笑顔になるし。意識して笑うのは得意じゃないんだ」

さくら「なるほどぉ」

亜子「なら、クールな感じでニヒルな笑みを浮かべるのは?」

さくら「『フッ』って笑うやつだね。かっこいい系のお姉さんみたい!」

亜子「そうそう、それで長い髪をふぁさぁってやるやつ!」

凛「クール……」


23: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 18:57:42.06 ID:Z340l1/5O
未央「しぶりんはパンツ穿いてることが多いけど、いずみんはスカートのほうが多いよね」

卯月「ということは、かわいい系のファッションにも興味があるということですねっ」キラキラ

卯月「今度一緒にショッピングにいこう? ねっ」

泉「いいですけど……私を着せ替え人形みたいにするのはいやですよ?」

卯月「ぎく」

未央「あはは、しまむーわかりやすーい」


凛「泉」

泉「凛さん。今度はどうしましたか」

凛「ちょっと、話に付き合ってくれない……かしら」ファサッ

凛「時間はとらせないから……ふふっ」キラーン

泉「………」

凛「………」

泉「なにか、ありました?」

凛「べ、べつに? いつも通りでしょう」

泉「いや、語尾に『かしら』とかつけていなかった気が」

卯月「ぷっ……凛ちゃん、なんか変です」アハハ

未央「な、なんでキメ顔……だ、ダメ、ツボった。あはははっ!」

凛「………」






凛「外野に爆笑された……」

亜子「………」プルプル

さくら「ふふ……」

凛「……アンタ達も笑ってた?」ジトーー

亜子「い、いえっ。決してそんなことは!」

さくら「な、ないです。ないです」

凛「ふーん……まあ、なんでも、いいけど」

亜子「(こ、怖い……)」

24: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:00:57.10 ID:Z340l1/5O
雪美「……この敵……強い」

ありす「ああっ、そっちによけちゃダメです。ハサミ攻撃は前転でかわして敵の懐にもぐりこんでくださいっ」

雪美「ぜ、ぜんてん……あ、わっ……」

雪美「……ゲームオーバー……」ションボリ

ありす「まだ一度負けただけです。リトライしましょう」

雪美「………」コクリ


26: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:03:26.20 ID:Z340l1/5O
未央「ふっふっふ。話は聞かせてもらった!」にゅっ

凛「未央?」

未央「三人で何を相談しているのかと思えば、いずみんを甘やかすための作戦だったとは」

さくら「イズミンには秘密ですよぉ?」

未央「もちろん。こう見えて未央ちゃんは口が堅いことで有名だから」

亜子「本当なんかな……」

さくら「未央さん、なにかいい案ありますか?」

未央「おうともさ!」

凛「なんかテンション高くない?」

未央「だって面白そうだし」ニヤニヤ

亜子「(やっぱりこの人とは波長合いそうやなぁ)」ウンウン

27: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:09:17.64 ID:Z340l1/5O
未央「ズバリ! 私にはいずみんの弱点が見える!」

さくら「なんとぉ!」

凛「弱点って?」

未央「しぶりんと同じ弱点です」

亜子「凛さんと同じ?」

さくら「髪が長い!」

亜子「それのどこが弱点やねん!」

さくら「あ、そっかぁ」

凛「で、なんなの」

未央「そう。それは……」

未央「押しに弱い!」ビシッ

さくら「ああ!」

亜子「なるほど!」

凛「……そうだっけ?」

未央「そうなんです。しぶりんもいずみんも押しに弱い。ついでに言えばありすちゃんも押しに弱い」



ありす「へくちっ」

雪美「風邪………?」

ありす「いえ、違うと思います」




未央「というわけで、しぶりんみたいな背の高いお姉さんが無理やり押せば、必ずいずみんは落ちる。私はそう思う」

未央「特に笑顔がどうとか気にすることないよ。ぐわーっといってがーっとやれば大丈夫!」

凛「そう?」

亜子「確かに、ちょっと小細工に頼りすぎてたかも」

さくら「自然体だね、自然体!」

未央「てことで、GO、しぶりん!」

28: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:12:05.83 ID:Z340l1/5O
卯月「未央ちゃんがあっちに行っちゃいましたね」

泉「いったいなにをしているんでしょう。いい加減気になってきましたけど……」

卯月「あ、また凛ちゃんがこっちに」


凛「泉、ちょっといい?」

泉「また私……」

卯月「私は呼んでくれないのかなあ」


29: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:22:28.63 ID:Z340l1/5O
泉「なんでしょう」

凛「ちょっとじっとしててくれる?」

泉「はあ……いいですけど」

凛「………」

泉「………」

凛「………」ナデナデ

泉「えっ……なぜ私の頭を?」

凛「なんとなく」

泉「なんとなくって」

凛「いいから、動かないで」

泉「は、はい」

凛「………」ナデナデ

泉「………」

凛「髪……きれいだね」

凛「つやがあって、さらさらしてる」

泉「あ、ありがとうございます」

泉「あの……ところで。そんなにじっと見つめられると、恥ずかしいというか」

凛「私は恥ずかしくないから」

泉「うう……」

凛「泉は……あれかな。クールなのとかわいいのと、両方混ざった顔してるよね」

泉「そ、そうですか?」

凛「うん。ちょっとうらやましいかも」フフッ

泉「ど、どうも……」テレリ




さくら「わぁっ、イズミンが照れてる!」

亜子「硬い要塞の門をこじあけた!」

未央「ふふふ……驚くのはまだはやい!」

亜子「なんやて!? まだ作戦に続きがっ」

未央「その通り! そろそろしまむーが……」

30: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:26:25.48 ID:Z340l1/5O
卯月「えいっ♪」ギュッ

泉「う、卯月さん? どうしていきなり背後から抱きついて」

卯月「えへへ。ふたりを見ていたら、私も仲間に入れてほしくなっちゃいました!」

卯月「なでなで~。わ、ほんとに手触りいいですね。泉ちゃんの髪」

凛「でしょ?」

泉「う、卯月さんまで……前方にクール、後方にキュート」

凛「ふふっ」

卯月「えへへ、やっぱりかわいいです!」

泉「あうう……」カアァ




さくら「す、すごい……これがニュージェネの力!」

亜子「まさか、最初からこれを狙って」

未央「計画通り。事前に打ち合わせしなくても、しまむーなら必ずあの場のノリに合わせてくると踏んでいたのだっ」

さくら「さすがチームニュージェネレーションのリーダー!」

亜子「やはり天才か……」

未央「はっはっは、褒めるな褒めるな~」

31: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:33:30.47 ID:Z340l1/5O
未央「これで敵の本丸に突入したも同然。あとは最後の一押しをかけるだけ」

さくら「まだ作戦があるんですかぁ?」

亜子「それはいったい……」

未央「今のいずみんは防具を剥がれて裸同然。これなら一気にたたみかけられる」

未央「君達もそろそろ、見ているだけはつまらないと思い始めたのではないかね?」

亜子「……ほほう」メガネクイッ

さくら「つまり……」ニコニコ

未央「ものども、一斉にかかれーっ!」

さくら・亜子「おおーっ!!」



泉「え、ちょ、なにっ!? さくらに亜子に未央さんまで!」

さくら「いーっぱい甘えていいんだよぉ?」

亜子「おーよしよしよし」ナデリナデリ

未央「ここか? ここがええのんかー?」

卯月「わあ、みんなで仲良くスキンシップだね!」

凛「ふーん。まあ、悪くないかな」

泉「悪くないかどうかを決めるのは私ですーっ!」

泉「わ、ちょっと、ほんとに……きゃああ――!」

32: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:42:50.16 ID:Z340l1/5O
雪美「………っ!」

ありす「がんばってください、あと少し!」

雪美「……必殺……!」ガチャガチャ

ありす「あと一発当てれば勝ちですっ」

雪美「………ふんっ……!」

雪美「………」

雪美「………勝った」

ありす「やりましたっ。ボスを倒してダンジョン制覇です!」


33: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:54:42.59 ID:Z340l1/5O
その後


泉「………」ムスー

亜子「いずみちゃーん。まだ怒ってるー?」

さくら「ちょっとやりすぎちゃったかもって、わたしたちも反省してるからぁ……そろそろ機嫌直してほしいなぁ」エヘヘ

泉「………」

泉「………」ニコッ

さくら「イズミン!」パアァ


泉「一か月間、絶対宿題手伝ってあげない」

さくら「そんなぁ!?」ガーン

亜子「堪忍してや~! アイドルと学業の両立にはいずみの頭脳が欠かせんのに!」

泉「知りません」ツーン

泉「みんなで私を小学生みたいに……もうっ」カアァ


34: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:57:51.88 ID:Z340l1/5O
未央「あはは……ちょっと、全員で悪ノリしすぎたみたいな?」

卯月「みんなで謝らないといけませんね」

凛「そうだね……かわいがりすぎた」



P「………」カタカタカタ

P「よし、終わった」

P「相変わらず仲良くしていて安心だな、みんな」ハハハ

P「(泉も、あれは本気で怒ってる顔じゃなさそうだし)」



さくら「イズミーン」

亜子「許してー」

泉「ぷいっ」

さくら「イズミンったら~」ギューッ

泉「わっ、さくら?」

さくら「なんでもするから許してぇ?」

泉「ちょっと、くすぐったいたら……ふふっ」


35: ◆C2VTzcV58A 2016/03/03(木) 19:59:05.77 ID:Z340l1/5O
雪美「……ゲーム……クリアー」

ありす「やりますね。私の予想よりもかなり早くクリアするなんて」

雪美「……褒めて……くれる?」

ありす「はい。褒めてあげます」

ありす「よくできました」

雪美「………」ジーー

ありす「……雪美さん?」

雪美「……なでなでは……?」

ありす「な、なでなでですか? それは泉さんの専売特許で」

雪美「なでなで………」

ありす「うっ……わ、わかりました」

ありす「こ、こんな感じでいいですか」ナデナデ

雪美「……ふふ……気持ちいい……」

ありす「(か、かわいい……!)」



おしまい