1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:14:59.30 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」

魔王「やはり口調まで変えるべきではなかったか?」

魔王「ふはははは! 我と契りを交わし奴隷となるがよい!!」

勇者「駄目だこいつ……早くなんとかしないと……」

引用元: 魔王「僕と契約して僕になってよ!」 


 

現実主義勇者の王国再建記 1 (オーバーラップ文庫)
どぜう丸
オーバーラップ
売り上げランキング: 13,587
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:16:00.19 ID:/qkAZpMg0
魔王「何がいけなかったのだ?」

勇者「色々と駄目だろ」

勇者「そんな禍々しい鎧着ていて僕とか駄目だろ」

勇者「言い直しておいて僕から奴隷にランクダウンはもっと駄目だろ」

勇者「というか全部ツッコミいれるのが煩わしいくらい駄目だろ」

魔王「総ツッコミならぬ総ダメ出しか……」

勇者「うん、黙れ。意味も違うし」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:17:04.79 ID:/qkAZpMg0
勇者「あのさぁ、お前を殺しに来たんだけど?」

魔王「その程度の力では我には勝てんよ」

勇者「あァ? 何余裕かましてんだ、こら、あ?」

魔王「……いや、どう考えても我の圧勝になるのだが」

勇者「こちとら精霊様のご加護つきなんだぞ、こら、やんのかてめぇ」

魔王「……まあ、そちらがそれで良しとするなら構わんが」


勇者「リベンジャァァゴォォォォ!!」

魔王「ふむ、三時間で戻ってきたか。死んだらどこぞで即蘇生というのは、流石に卑怯だと思うぞ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:18:00.59 ID:/qkAZpMg0
勇者「今日こそはっ!!」

魔王「また懲りずに来たか」

勇者「あたぼうよ!!」

魔王「少しはLv上げをするなりしてくればいいものを」

勇者「うっせぇ! そこは持ち前の技量で補ってやるよ!!」

勇者「うおおぉぉ鳳凰十文字! 大切z」

魔王「爆破魔法・凶」カッ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:19:14.47 ID:/qkAZpMg0
勇者「くそ! くそ!」

勇者「あんな口元だけが開いた変態仮面を付けた奴に勝てないだなんて!」

勇者「変態! 変態!」

魔王「人間の価値観で言われても何の痛みが無いがな」

側近「……イケてると思ってお付けになられていたんですかっ?」

魔王「……」

勇者「いいぞ! もっと言」

魔王「火炎魔法・凶」ゴウッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:20:31.74 ID:/qkAZpMg0
勇者「うおるああぁぁぁぁ!!」

魔王「また……待てなんだその装備は」

勇者「どうにもてめーには魔法で沈められるからな……」

勇者「対物対魔対火炎冷気! 呪い系装備でコーディネートしてやったぞ!!」

魔王「地獄の鎧に死者の盾、死刑囚の兜に暴君の指輪……って指輪は攻撃力が劇的に上がるだけでは?」

勇者「攻めも考えたのさ!」

魔王「呪い盛りだくさんの斬首刀まで……」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:21:47.62 ID:/qkAZpMg0
魔王「だが、果たしてその装備で動けるのだろうか?」

勇者「3ターンに1度は……!!」

魔王「ああ……だから夜になったのか」

勇者「戦闘に時間はかかるが負けないし痛くない!」

魔王「やれやれ……そこで待っておれ」

勇者「……?」


勇者「何で鍋が……?」

魔王「飯も食っておらんだろう。付き合え」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:23:02.28 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ダラー

勇者「っは! いかん! 魔王の寄越す物を食べるなど危険極まりない!!」

勇者「……」グー

勇者「耐えろ! これは精霊様が与えた試練だ!!」

勇者「……」ジー

魔王「ただの鍋だと言うのに……」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:24:20.07 ID:/qkAZpMg0
勇者「」モックモック

魔王「何だかんだで食べるではないか」

勇者「うるさい! うるさい!」モックモック

魔王「叫びながらも箸の進む速さが変わらんとは……」

勇者「」モックモック

勇者「……っは!」

勇者「懐柔か! 篭絡が狙いか!」

魔王「たかが鍋一つで揺らぐのか?!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:25:31.06 ID:/qkAZpMg0
勇者「屈辱だ……鍋食って風呂借りて帰ってきてしまった」

勇者「戦いもせずに……負けた!!」

勇者「……」

勇者「やっぱ少しは鍛えるべきか……」

勇者「うっし、魔王城周辺の森を十周くらいしてくるか」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:26:44.59 ID:/qkAZpMg0
魔王「……そう言えば最近、勇者を見ないな」

側近「恋しいのですか?」

魔王「この変わらない日常には良いスパイスであったからな」

側近「この近辺で魔物が襲撃される事件が起きてますゆえ、恐らくはLv上げかと」

魔王「……どの程度の実力差があるのか理解しておるのだろうか?」

側近「理解できていそうにお見えで?」

魔王「全く」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:28:05.94 ID:/qkAZpMg0
側近「魔王様、城内に侵入者多数との報告がありました」

魔王「大方、国王連中の暗殺者であろう」

魔王「消し炭にして土に巻いておけ」

側近「畏まりました」

魔王「ふむ……おお、一匹抜けて来たか」

魔王「……」

魔王「雷撃魔法・凶」カッ

暗殺者「っ!!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:31:01.73 ID:/qkAZpMg0
勇者「何だ? 魔王の間が荒れてるが何かあったか?」

魔王「少々運動をな」

勇者「ふーん、まあいいか」

勇者「ちったぁ強くなったんだ! 今日こそお前を!」

魔王「真空魔法・凶!」シュバッ

勇者「おぶぁ!!」

魔王「おお、やっと一撃を耐え抜いたか」

勇者「ごふっぐふっ……ど、どうだ」

魔王「デコピン」ビシィ

勇者「おぶっはぁぁ!!」ドサ

魔王「一撃を耐え抜いたところでまだまだ”戦う”レベルではないのだがなぁ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:32:25.53 ID:/qkAZpMg0
勇者「……点いてる照明が少ない?」

勇者(今日はやけに物々しいな……)

勇者(というか魔王城内部が慌しい?)

勇者(ここは少し様子を見るべきか……)


側近「これで侵入者は全て排除できました」

魔王「では総員通常業務に戻れ」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:33:45.10 ID:/qkAZpMg0
勇者(照明がいつも通りに戻った……)

勇者(何があったんだ?)

勇者(ここは忍び込んで情報を得た方がいいかもしれないな……)

勇者(あわよくば魔王の弱点に繋がる出来事であればっ!)


勇者「……っごふ」ドクドク

勇者(こんな所に即死系トラップって、あった、っけ……)

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:35:02.56 ID:/qkAZpMg0
勇者「おらぁ再戦だぁぁ!」

魔王「おお、久しき顔だな」

魔王「ところで数日前に来なかっただろうか?」

勇者「……何の事だよ」

魔王「いやなに、点検の兼ね合いでトラップを起動させていたのだが、付近に大量の血痕があってな」

魔王「もしやお前が引っ掛かったのでは……と心配していたのだ」

勇者「流石にしょっぺえトラップに掛かるほど勇者歴短くねーんだよ」

魔王「ふむ、それもそうだな。魔王を倒す直前であるお前が、下らないトラップに掛かったところ手傷を負う訳もないか」

勇者「あたぼうよ! はは、は……」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:36:14.75 ID:/qkAZpMg0
魔王「さて、気を取り直して始めるとするかね」

勇者「雷撃魔法・強!!」カッ

魔王「雷撃魔法・凶」カッ

勇者「魔法が押し戻され……」

魔王「そして左手からは火球魔法・凶」

勇者「やっぱ人の限界超えた魔法ニ連発は流石に卑怯なんd」ジュッ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:37:30.92 ID:/qkAZpMg0
国王「何時になったら魔王を……」クドクド

勇者(人の気も知らずにうっせぇなぁ)

国王「聞いておるのか?!」

勇者「……大変、申し訳御座いません」


勇者(ああ、くそっ! イライラする!)

「おい見ろよ、勇者様荒れてるぜ」ヒソヒソ
「そりゃあ魔王城に辿り着いてから一ヶ月も経ってるもんな」ヒソヒソ
「本当に倒せるのかねぇ」ヒソヒソ

勇者(馬鹿に……しやがって……!)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:38:46.23 ID:/qkAZpMg0
書物庫
勇者(何か魔王の弱点とか見つからねーかな)ペラペラ

勇者(……人の声? 外からか?)

「一週間後に再度……襲撃を……」
「これ以上……増えるばかりだ……」
「国王は焦っておられ……このままでは……」

勇者(おいおい……穏やかじゃないな)

勇者(変な事件起きたら、魔王の相手している場合じゃなくなるな)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:40:00.47 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ペラ

勇者「……」ペラ

勇者「……」ペラ

勇者「……」ペラ

勇者「っは!」

勇者「昔の勇者の伝記物を読んじまってた!」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:41:15.17 ID:/qkAZpMg0
勇者「くそっ……魔法の研究もしたいが学者連中め」ペラ ペラ

勇者「少しくらい最新の文献を回せってんだ! こっちは何回ぶっ殺されてんだって話だっつーの!」ペラペラ

兵士「おや、勇者さん。調べ物ですか?」

勇者「おうよ。兵士が来るなんて珍しいな」

兵士「いやはや……この書物を奥の書庫に仕舞わないとなりませんので」

勇者「あぁ? 整理も必要だってんなら手伝ってやろーか?」

兵士「よろしいのですか? いやぁ、ここに立ち入るのも初めてなので、一体どれだけ時間がかかる事やらと心配していたんですよー」

勇者「少し中のもん読ませろよ?」ニタリ

兵士「……他言しないで下さいよ?」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:42:33.63 ID:/qkAZpMg0
勇者(あんま目ぼしいモンないなぁ)

勇者「お? なんだこの本」

兵士「ああ、それは古文書らしいですよ」

勇者「ちょっと分厚い程度の手帳サイズなのにか?」

兵士「学者達も解読を諦めたものだそうで」

勇者「ほー……」ペラ

勇者「……」

兵士「読めますか? って流石にそんな訳ないですよねぇ」

勇者「ああ、そうだな。さっぱりだ」パタン

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:43:47.42 ID:/qkAZpMg0
勇者(『本日付けで兵士として配属となった。これより上の階級を目指し)

勇者(内側よりこの国を良くせねばならない。それが私の使命なのだ……』)

勇者(俺の、勇者の一族の間だけで伝えられる勇者語で書かれていたが……)

勇者(せめて、日付だけでも見ときゃあ良かったか……初代勇者より前なのか後なのか? あーくそ、もう読む機会なんてねーだろーな)

勇者「お、何だよ。国の書物庫に物語置いてんのかよ」

兵士「創作物ではあれど、王たるものの志としては高く評価されてますからねぇ」

勇者「俺もよく読んだなぁ。角と翼を持つ魔王の話。チーズが凄い美味い酪農国の」

兵士「あ、新刊が城下町で売られてましたよ」

勇者「これ頼む」バッ

兵士「へ? この本の山どっから、勇者さん? 勇者さぁぁん?!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:45:00.81 ID:/qkAZpMg0
側近「魔王様! あ……」

勇者「何だよ、興が冷めるじゃねーか」

魔王「……ふむ、仕方が無い。我には我の仕事がある」

魔王「勇者は奥の部屋で休んでいろ」

勇者「……っち、しゃーねーな。とっとと片付けてくれよ」

魔王「うむ、手早く片付けよう」


側近「侵入者の数は6。既に2を排除。このままですと残り半数の2がこちらに到達するかと」

魔王「ふむ……音が少ない魔法で済ますとするか」

魔王「……凍結魔法・凶」カッ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:46:16.72 ID:/qkAZpMg0
勇者「何処がとっととだよ」

魔王「いやはや申し訳ないな。ではいくとするか」

勇者「隼斬り!!」ザザン

魔王「ふむ……やるようにはなってきたが、灼熱魔法・凶」

勇者「……自分爆心地にしてまで魔法唱えるの卑ky」ジュッ


勇者「……教会か」ムクリ

勇者「あの部屋……温度が下がっていたな」

勇者「大して物音がなかったし凍結魔法か……?」

勇者「あんにゃろう……何と戦ったっていうんだ?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:47:29.86 ID:/qkAZpMg0
勇者「とりゃあああああ!」バーン

魔王「性懲りも無くきおっ……」

魔王「その貧相な装備はどうしたというのだ?」

勇者「うっせぇな。散財だよ散財。修理費ねーから昔の装備使っているんだよ」

魔王「ま、待て、勇者は国からの援助とかは無いのか?」

勇者「あるけどそれでも足がでちまったんだよ」

魔王「……どのくらいの援助を受けているのだ?」

勇者「ふふん! 聞いて驚け! 月一万Goldだぞ!!」エッヘン

魔王「……」

側近「い、一般の兵士と誤差程度……に低い」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:48:45.02 ID:/qkAZpMg0
魔王「勇者よ……我と契約して働かぬか?」

勇者「てめぇ懲りてねーな」

魔王「真面目な話だ。お前であれば月十万Gold払っても構わないのだぞ?」

勇者「じゅ、十万……!」

勇者「ぐ、だが、その程度で懐柔される事は……懐柔されは……懐柔、されても……」

側近「ゆ、揺らぎまくっている……」

勇者「しかし! ここで折れてはご先祖の勇者に顔向けが出来ん!!」

魔王「なっ、本物の血統の勇者であったのか?」

側近「伝説を覆す弱さですね……」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:50:00.26 ID:/qkAZpMg0
魔王「ならば三食昼寝付きでどうだ! 今の雇用よりよっぽどマシだろう?!」

勇者「ぐぬぬぬぬ! うぐぐぐぐぐぐ!」

側近「酷い戦いだ」

勇者「うおおおぉぉぉぉハラキリィィィィィ!!」ザックン

魔王「なぬ?!」

側近「自決?!」


山奥の滝 ドドドドドドド
勇者「色即是空! 色即是空! 色即是空! 喝っ!!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:51:14.64 ID:/qkAZpMg0
魔王「ふはははは!! 我と契約して騎士にならんか?!」

勇者「仕事内容は?」

魔王「訓練、鍛練を行いながら右腕として魔王の傍に控えるだけの簡単なお仕事です」

勇者「……」ゴクリ

側近「まだやっているのですか……」

勇者「……なんと卑怯な手を」ゴクリ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:52:27.95 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ゴクリ

魔王「して、今日は何用で参った?」

勇者「……なんで分かるんだ。超能力者か?」

魔王「なんだかんだで神妙な顔をしおってよくを言う」

勇者「ちっとさ、聞きたい事があんだよ」

勇者「お前さ。俺以外に誰と戦っているんだ?」

魔王「……」

側近「……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:53:44.92 ID:/qkAZpMg0
魔王「やれやれ、面倒な話を聞きにきおったか」

魔王「勇者を援助する国王お抱えの暗殺者どもだ」

勇者「え?」

魔王「もっとも正確には、あらゆる国の暗殺者なのだがな」

勇者「何で、だよ。勇者は俺だぞ。何で暗殺者なんか出てくるんだ!」

魔王「元々、勇者に魔王討伐を期待していないのだろうな」

勇者「っ!」ビク

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:55:00.33 ID:/qkAZpMg0
魔王「勇者は初代とされる勇者が魔王討伐後、どうなったかは知っているか?」

勇者「……強大な魔力を持ち、神格化され讃えられ、人の寄り付かないところに暮らした、だろ?」

魔王「何故、それだけの力を持っていながらにして、魔王討伐にニ年の歳月を費やしたのだろうなぁ」

勇者「旅の道中、戦いの中でその才能が開花されていったからじゃないのか?」

魔王「それでも神と崇める力の割には地味な戦闘であったのだな」

魔王「元魔王城は勇者記念館とされているそうだが……大規模な修復が必要だったという記録は無いのでないか?」

勇者「……そういえばそうだな」

魔王「で、あれば……魔王撃破後に何かがあったと考えるのが妥当では?」

勇者「暗殺者……」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:56:46.84 ID:/qkAZpMg0
魔王「とまあここまで引っ張っておいてなんだが、ネタバレをするとだな」

勇者「おいこら」

魔王「我々魔王は死ぬと強大な魔石を生み出すのだよ」

勇者「……国王連中垂涎の一品って事か」

魔王「そういう事だ。魔王城までの道を作る程度に勇者を放り込んだのであろう」

勇者「……」

魔王「因みに言うとだな、人間側に危害を与えている魔物達だが、あやつらは我の指揮系統ではないからな」

勇者「さらっと言い訳しやがったな」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:58:09.95 ID:/qkAZpMg0
魔王「我は飽くまで魔族達の王なのだよ……。ここから先の領土は我々魔族達の村や町がある」

魔王「国の象徴であるこの城は、攻め込む人間達との最前線の要塞でもあるのだ」

勇者「ちょっと待て! だったら初代勇者の時に村や町が発見されてもいいんじゃないか?」

魔王「人間側と魔族側で複雑な事情が絡み合っていたのだ」

魔王「あの時は魔族自体が人間に攻撃をしていたからな」

魔王「それ故に、魔王と勇者の間で協定を行い……」

魔王「魔王は死後の魔石を勇者に託し、彼は彼で膨大な魔力を使い」

魔王「人間側と魔族側の世界を一時的に分離させたのだ」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:59:29.24 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」

魔王「時を経て魔石の事を嗅ぎつけて、貪欲な国王どもが今に至り勇者を苦しめている」

魔王「そんなところであろう」

勇者「……んな」

勇者「ふざけんなっ! だったら今までの戦いは、努力は何だったって言うんだ!!」

魔王「勇者よ……」

魔王「我は魔族にとって平穏な世界を作る事を目的に魔王となった」

魔王「人間達の掌握でも何でもない。ただ、ただ平穏な世界だ」


魔王「我の力になってはくれまいか?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:00:41.93 ID:/qkAZpMg0
勇者「具体的にはどうすればお前の言う平穏な世界が訪れる」

魔王「国王達が諦めるくらいの力の差を見せ付ける事。魔物に対する正しい認識を持つ事」

魔王「こちらに向いている戦力が、魔物の討伐に向けば落ち着くだろうな」

勇者「……」

魔王「どうだろうか?」

勇者「役割としては魔物に対するってのか……」

魔王「勇者であれば、ここで鍛練を積めばすぐに前者の役割を担う事ができるだろう」

勇者「煽てても何もでねーよ。自分が弱っちいのは知っているからな……」

魔王「本当に初代の血を継いでいるのであれば様々な可能性がある。これは事実なのだ」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:02:00.44 ID:/qkAZpMg0
勇者『少し考えさせてくれ』


側近「本当に勇者と手を組むおつもりで?」

魔王「当然だ。勇者がいればこれほど心強い事は無い」

魔王「問題は国王達だが……」

側近「ここ数日刺客の存在は確認できておりませんので、恐らく今日の事は気付かれていないかとは」

魔王「勇者の奪取は絶対条件だ。騎士を備えさせておけ」

側近「それは少し早急過ぎるのでは?」

魔王「何も無いところに煙が立つように、ただの壁に耳は生えるものだ」

側近「かしこまりました。失礼致します」


魔王「だが、果たして我の行動の時期は正確であったか否か……」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:03:13.87 ID:/qkAZpMg0
勇者「……こいつじゃないか」パタン

勇者(ここ最近書物庫で調べものしておいて良かったぜ……)ペラ ペラ

勇者(疑われもせず重要度の高い奥の方の出入りが許可されるとは)ペラ ペラ

勇者(これでもその子孫なんだ。多少なりとも話は聞いているさ)ペラ ペラ

勇者(”一般的な話”以外も……おっ)ペラ

勇者(やはり魔王討伐以降の西側……魔王側の土地の開拓が止まっていやがる)ペラ

勇者(魔石でどうのという話は初めて聞いたが、辻褄は合っているな)パタン

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:05:31.35 ID:/qkAZpMg0
勇者(だが、うちの王様は何を考えて俺を魔王討伐に旅立たせた?)

勇者(仮にも勇者の血筋だぞ。本当に魔王を倒してしまう可能性は?)

勇者(そういや、時折つけられてる気はしたが……そうか、使えないと判断されたか?)

勇者(いや、しかしそうなると、とっくに暗殺者連中全員を出撃させるのでは?)

勇者(対魔の血……やはり魔王に抗える力無くば討ち取れない、か?)

勇者(とすれば、俺はまだ泳がされているのか)

勇者(魔王を倒した直後に俺を……あるいは魔王に瀕死のダメージを与え力尽きた所でか……)

勇者「……ふざけやがって」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:06:45.14 ID:/qkAZpMg0
勇者「他に何かねーかな」ペララ

勇者「これは……魔王城への進撃の記録か?」

勇者(まだ対魔の血筋が見つかっていないから軍を出したってところか)

勇者(80年前に大規模な攻撃か……)

勇者(うん? 日和見魔王?)

勇者(大した抵抗が無く、負傷者は多くいたものの死者は出なかった……)

勇者(いや、あいつは攻撃したらしっかり、殺しにかかってくるよな)

勇者(……先代、か?)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:08:21.16 ID:/qkAZpMg0
勇者「流石にこんだけ調べてると疲れるな……」ゴロン

勇者「後は……ご先祖の装備をふぁぁぁ」

勇者(一眠りして……もうちょい調べてからでもいいか……)

勇者(あ……本を片し忘れたな。もっかい書庫には行くんだ。その時でいいか)

勇者「ぐー……」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:09:53.26 ID:/qkAZpMg0
暗殺者A「……」スッ

暗殺者B「……」コクン

暗殺者A「……」サッ

暗殺者B「……」ッザン

暗殺者A「……?」バッ

暗殺者B「……!」カッ


……ォォォン
勇者「くそ、どんだけ広範囲に魔法不可領域を敷いてやがるんだ……」

勇者「逃げ切れるか……?」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:10:59.45 ID:/qkAZpMg0
側近「ま、魔王様! 人間側の領地内で火の手が確認されました!」

魔王「場所は何処だ!」

側近「まだ正確な位置まで……一時間前に初めと思われるものが確認されたとの事!」

側近「ば、場所は勇者が所属する国の城内部……巨大な爆炎との、事……」

魔王「一時間も……?! くそ、通信体制は見直しておくべきだったか!」

側近「以後、断続的に爆発と火の手が確認されている模様!」

側近「三つほどのルートで、一つはこちらに向かって発生しているとの事!」

魔王「明らかににこちらと分かるルートなのか?」

側近「少々お待ちを……はい、途中から真っ直ぐこちらに向かっているようです!」

魔王「……不味い、それは振り切れなかったという意味ではないか!」

魔王「兵士と機動特化の騎士は出撃せよ! 何としても勇者を保護しろ!!」

魔王「しかし、何故……流石に早すぎではないか?」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:12:15.15 ID:/qkAZpMg0
騎士「これは我々の生き残りに関わる作戦である! 総員、死力を尽くして臨め!!」

騎士「最寄の転移魔法で降りれる町、村を押さえろ! 人民に危害は加えるな!!」

兵士「六班、河川周辺まで進行! 勇者、敵影確認できず!」

兵士「五班、暗殺者三名と遭遇! 交戦……既に半数が戦死! 近くに他の班はいないのか!」

騎士「第三部隊、五班の援護に入れ! 五時の方角に駆け下りろ!!」

兵士「三班、ブッシュ地帯で通信途絶! 二班、現在地を……二班応答しろ!」

騎士「第四部隊……くそ、通信途絶! 第七部隊が最寄だ! 注意しろ!」

兵士「七班、二班、第三部隊の援護に入りました! 五班、通信途絶!」

騎士「なんて奴らなんだ。これでは勇者を探すのすら……」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:13:27.32 ID:/qkAZpMg0
側近「こんな……押し切られる……」

魔王「騎士の攻撃部隊を半数出撃させよ」

魔王「残った騎士を全面に押し立て、城への侵入に備えよ!」

側近「この魔力、転移魔法……?」

ヒュォン
騎士「魔王、様……」ドサ
勇者「う……あ……」ドサ

魔王「無事か!?」

側近「何て……酷い傷……」

騎士「この任務……この、命にかえて……っこふ」バタ

側近「……決死での……良く、良くやってくれました……」ジワァ

魔王「勇者の介抱を優先しろ! 彼が繋いでくれたもの、手放してはならん!!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:15:04.47 ID:/qkAZpMg0
勇者「わ、悪い……ヘマ、こいちった……」ドクドク

魔王「喋るな! 何としても持ち堪えて、ここに留まるのだ!」

魔王「勇者が最後に復活した場所に先回れ! 最悪の場合に備えよ!」

勇者「っごふ……はは、それ、意味ないんだわ……」

側近「どういう意味ですか?」

勇者「加護は……魔物や、魔族のみ……人間相手にやられたんじゃ、効果がない、のさ」

魔王「で、では……」

勇者「は、はは……魔族の、魔法じゃ、傷は塞がら……ないか」

勇者「……たくない、死にたく、ない……嫌だ、助、けて」

勇者「一人は、嫌、だ……母さん、父、さん……怖い、よ……」

魔王「一人ではない……我がいる! 我々がいる!」ガシ

勇者「あた、し……死に、たく……」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:16:23.10 ID:/qkAZpMg0
……
魔王「酷い被害だな……」

側近「……多くの者が」

魔王「だからこそ……我々はこの犠牲に報いる結果を出さねばならぬのだ」

側近「……」

魔王「険しい道だ……それにまだ終着点が見定められていない」

側近「それでも、我々は魔王様に仕え共に歩みます」

魔王「……すまないな」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:17:44.64 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ボケー

魔王「実に五日ぶりの目覚めはいかがね?」

勇者「どうりで身体がだるいわけだ……」

勇者「その……なんだ……ありがとうな。それとすまねえ……」

魔王「……」

勇者「俺の所為でお前の部下、だいぶ死なせちまったな……」

魔王「そう思うのであれば、我々の期待に応えてもらえると助かるな」

勇者「今更俺にどうしろって言うんだ? 今頃指名手配されてるだろう」

魔王「どうなっていようと、勇者が我々につけばそうなる事は予測していたさ」

勇者「そっか……」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:19:07.17 ID:/qkAZpMg0
魔王「ああ、それよりもだ。勇者の故郷は何処だ? すぐに騎士を派遣させて家族を……」

勇者「いやそこは構わない」

勇者「ガキの頃にさ、魔物の襲撃でもう……」

魔王「そうか……」

勇者「他にも何人か生き残ったけど、そこら辺は皆どっかに預けられて」

勇者「俺は勇者の血を引いているって事で、国王に引き取られてさ」

勇者「期待に応えようと我武者羅にやってきたけど……この様さ」

魔王「……」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:20:39.88 ID:/qkAZpMg0
魔王「勇者はどうしたいのだ?」

勇者「いや……実際のところどうしたいんだろうなぁ」

魔王「我にはまだどんな終わりを目指すべきか、着地地点を何処に置くべきか、その判断に悩んでいる」

魔王「勇者は……どうしたいと考える?」

>>62
1.復讐したい

2.共存

3.のんびりしたい

4.力が欲しい

5.分かんね

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:21:44.04 ID:znHsowD00

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:23:17.18 ID:/qkAZpMg0
勇者「何とか和解して共存できないもんかねえ」

魔王「現状からすぐにとはいかないだろうな……」

勇者「滅ぼす方が楽?」

魔王「それはそうだ」

勇者「そうかー……」

魔王「なにを早々と滅ぼす方に気が向いておるのだ」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:24:43.87 ID:/qkAZpMg0
勇者「だって、なあ?」

魔王「言いたい事は分からんでもないが……」

勇者「国王連中皆倒したらすんなり話しやすくなるかな」

魔王「それは征服と大差がないのでは?」

勇者「うーん……」

魔王「何にせよある程度は力をつけて貰わねばならぬ」

勇者「え、スパルタ?」

魔王「のんびりやりたいのか?」

勇者「あーそれもそっか……」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:25:59.14 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ゴクリ

魔王「どうしたのだ? 食わぬの……もしや人間にとっては馴染みの無い肉であったか」

勇者「そりゃあ馴染みは……ドラゴンだよな、これ。竜肉なんて……おいおい、俺は幻でも見ているのか?」

魔王「おいそれと食卓に並ぶ物ではないが、今日は祝いの意味を込めても特別だからな」

魔王「遠慮などお前らしくなかろう」

勇者「うぅぅ、そうだな、そうだよなっ! いいんだよなっ!! いぃぃただぁぁきぃまぁぁぁす!!」

勇者「うめぇ! 熱ぅぅ! 超うめぇぇぇ! 噛む度に溢れる肉汁!!」ハフッハフッ

魔王「そして舌を焦がさんばかりのあっつあつなのだよな」

勇者「ぅぅぅ、こんな、こんな美味い物……ううぅぅうぅぅ……ありがとう、ありがとう魔王」ボロッボロッ

魔王「……気持ちは分からんでも無いが、泣かずともよいではないか」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:27:14.31 ID:/qkAZpMg0
勇者「……ぜえ、はあ」ボロッボロ

魔王「今日はこの辺りとするか」

勇者「これから、毎日、こんなか」

魔王「勇者自身が選んだ道ではないか」

勇者「ぐ、そうだな……くっそー、絶対にやってやんぞー」

魔王「そうだな……そしてこれはその為の最低限の準備段階でしかないのだがな」

勇者「うっせー」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:28:13.16 ID:/qkAZpMg0
勇者「うめぇなあおい……お前いつもこんなもん食っているのか」ガッガッ

魔王「そこまで豪華でないと思うが。お前は普段何を食しておるのだ?」

勇者「動物とか携帯食料とか」

勇者「携帯食料はまだ残ってんな。食ってみるか?」

魔王「ふむ、頂くとするか」ハム

魔王「……」

勇者「どうよ?」

魔王「……もっとマシな保存食は無かったのか?」

勇者「栄養価だとそれが、な」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:29:34.99 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ペラ

魔王「ほう……お前でも書物を読むのだな」

勇者「学問が出来るわけじゃねーけども、情報収集くらいはするからな」ペラ

魔王「何か興味深い書物でもあったか?」

勇者「武術に関する本がな」

魔王「……何と言うか、それでも相変わらずなのだな」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:30:35.70 ID:/qkAZpMg0
勇者「……ふぅ、ん」クチュ

勇者「ん……はぁ」クチュクチュ

勇者「……ふ、んんっ」グチュ

勇者「あ、はあ……ん」クチュクチュ

勇者「ん……あっ……ぅん」グチュグチュ

勇者「ぅぅ、ん、あっ……んんっ!!」グチュグチュグチュ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:31:33.47 ID:/qkAZpMg0
側近「……という事がありまして」

魔王「お主な……」

勇者「あ? 側近は鼻血出して何やってんだ? 熱中症か?」

側近「わーーーっ!?」

魔王「勇者の痴情を目撃したそうだ」

側近「あーーーっ!!」

勇者「あっそう。そりゃ何か悪かったな」

側近「えーーーっ!?」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:32:32.09 ID:/qkAZpMg0
側近「あのー何かもうちょっとあれなリアクションがあっても良いのではー?」

勇者「おいおい。今更、女として振舞うつもりはねーよ」

勇者「つっても人間辞めた訳でもねーからな。ムラっと来る事はあるさ」

魔王「相変わらず男らしい発言だな」

側近「それならそれで、抱かれる事にも抵抗なさそうですね」

勇者「いや対人は面倒だからまだ一度もな……。ちょっと共闘しただけで大騒ぎする輩もいるぐらいだし」

側近「ああ……理由はともかく何か安心しました」

勇者「あ、膜はあってもいざって時に痛いだけで邪魔だから、剣の柄を使って破ってあるぞ」

魔王「……少しは自分の身体を大事にしたらどうだ」

勇者「お前はその身体を幾度と無く殺してくれたがな」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:33:37.97 ID:/qkAZpMg0
勇者「うおぉぉ! 氷結魔法・強」カッ

魔王「灼熱魔法・凶!」ゴォ

勇者「雷撃魔法・強!!」ガッ

魔王「ぐ、守護壁魔法・凶!!」ビシン

魔王「驚いたな! まさか魔法で押されるとは!」キィンキン

勇者「へっへへ! 現役勇者をなめんな!」ギィィン

勇者「鳳凰十文字! 大、切、斬!!」ザザン

魔王「ぐぉぉ! 参った!」

勇者「……マジ、で?」

勇者「へ、へへ……やった! やったぞ!! 遂に魔王から一本とってやったぞ!!」

魔王(本気の殺し合いであれば、まだ我にも分があるようだが)

魔王「流石、と言わざるを得まいな……」

勇者「そろそろかねぇ」

魔王「そうだな。ようやっとそれだけ強くなっておれば」

勇者「うぐぐぐぐ」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:34:49.36 ID:/qkAZpMg0
魔王「とは言え、凄まじい勢いでの上達っぷりではあるな」

勇者「だろー! もっと褒めろ讃えろー!」

魔王「飽くまで勇者として我と戦っていた時が嘘のようだ」

勇者「そりゃあどうも……」

魔王「もしかしたら、勇者は格段に強い相手と戦い続ける事で、飛躍的に成長するのやもしれないな」

魔王「スパルタをすればするほど強くなる。恐ろしい血筋だな」

勇者「マゾヒストの極みじゃねーか……頼むぜご先祖様」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:35:30.96 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふう、ふう……」

魔王「お見事」

勇者「案外やれるもんだな」

魔王「……本当に短期間で成長したな」

暗殺者A「」

暗殺者B「」

暗殺者C「」

暗殺者D「」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:36:37.53 ID:/qkAZpMg0
魔王「ここまでくればもう問題なかろう」

勇者「いよいよか……ってちょっと待った。言いだしっぺでなんだが、俺はどうしたらいいんだ?」

魔王「外交を自分でやりたければそれでも構わんが……できやしないだろう?」

勇者「そりゃあな」

魔王「人民に対して求心力は?」

勇者「いやあ……どうだろう」

勇者「道中に助けた村や町からは支持されるかもしれねーが、都市とかだとなぁ」

魔王「……普段、国では何をしていたのだ」

勇者「延々と鍛練」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:37:30.07 ID:/qkAZpMg0
魔王「この和平を結ぶには特に有権者、国の中心地にいる人物の支持が必要となる」

勇者「ふむふむ」

魔王「が、しかしこうも勇者が使えないとは……」

勇者「そりゃ悪かったな」

魔王「ううむ……少しは充てにしていたからな」

勇者「計画練り直しか?」

魔王「そんなところだな」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:39:22.40 ID:/qkAZpMg0
魔王「――」ブツブツ

側近「――」ブツブツ

勇者「やっべぇ、俺完全に空気だな」

勇者「何してるか……どっか外にでも行ってるか」


村人A「おお、勇者様じゃねーか! 指名手配されてっけどどうしたんだ!?」 

村人B「城の宝でもぶっ壊したか? ほとぼり冷めるまで匿ってもいいんだぜ?」

勇者「ま、そんなところだ。別の所で匿ってもらっているから大丈夫だぜ」

勇者「……しがらみばっかの連中以外なら信頼されているんだがなぁ」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:52:27.33 ID:/qkAZpMg0
勇者「んー……信頼を得ていそうな所はだいたいこの辺りか」

勇者「改めて僻地ばっかだなぁ」

勇者「……これじゃあ交渉のカードにはならねーよな」

勇者「もっと俺に力があればなぁ」

勇者「そうすりゃあ、城でもある程度支持が得られていたかもしれないってのに……」

勇者「はぁ……」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:52:59.26 ID:/qkAZpMg0
勇者「なーにやってんだかなぁ……」

魔王「なんだ? 珍しく弱音か?」

勇者「へ? あー、まーそんなところかねぇ」

魔王「付き合おうか?」

勇者「いんや。こんな俺でも王様にはご恩を返したかったが、と思っていただけだ」

勇者「それよかさ。お前のその仮面って何か意味でもあるの?」

魔王「うむ。言うなれば我が力が封じられており、一度外すと……」

勇者「ふーん」カタ

魔王「あ、おい、こらっ」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:56:00.74 ID:/qkAZpMg0
魔王「……」

勇者(え、何この重い空気)

魔王「さっきの話になるが、お前はその国王に裏切られたわけか」

勇者「え? あー……まあ、そうなる、のか?」

魔王「許されざる行為だな……落石魔法」ゴゴ

勇者「え、ちょ」

魔王「狂」ゴゥ

勇者「うおぉぉ本当に唱えやがった! 待て、お前!」

魔王「お前を苦しめる者であるならば、全て俺が屠ってやろう……」

勇者「やべぇ! こいつやべぇ! 仮面、仮面!」カポ 

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:53:58.51 ID:/qkAZpMg0
魔王「……」

勇者「……」バックバック

魔王「馬鹿者! 我の仮面を外したな!!」

勇者「謝る! 本気で謝るしもうしない!」バクバク

魔王「当たり前だ! 全く……我は何をした? 人間側の土地が全て焦土と化していないだろうな?」

勇者「えぇー……あれより酷い事になり得たのかよ」ドキドキ

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:56:58.42 ID:/qkAZpMg0
勇者「つーか何なんだよあれ……二重人格とか左腕がっ! か?」

魔王「似たようなものだ……」

勇者「お前が言葉を濁すって珍しいな」

魔王「我とて色々とあったのだよ」

勇者「ふーん……」

勇者「まあいいさ。話したくない事もある……」

側近「お話のところ失礼します。先ほど、勇者さんがいた国の城に巨大な岩石が振ってきた、という知らせが入りました」

勇者「うおおぉぉぉい、直撃じゃねーーかぁぁ!!」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:58:03.23 ID:/qkAZpMg0
魔王「さて……どうしたらいいものか」

魔王「箱を開けてみたら交渉のカードが武力しかない、というのは如何ともしがたいものだな」

勇者「悪かったな」

魔王「まあ、それ以外を当てにしていた我も悪いのだがな」

側近「いっその事、その辺りをアピールして協定を結ぶのが早そうですね」

魔王「うーむ」

勇者「つーかさ、国王連中の目的って一番は魔王死後の魔石だろ?」

勇者「俺と組むから最強ーって事で諦めては貰えないもんか?」

魔王「それでも策を講じるのが人間だろうに」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 18:59:00.00 ID:/qkAZpMg0
魔王「だが一度、国王と会談を設ける必要はありそうだな」

側近「では上手く手筈を整えておきます」

勇者「どうやってだ?」

側近「国王の予定を調べておき、暇がある時にこちらか転移魔法で移動」

側近「その場で会談を行い、怪しい雲行きになったら即転移魔法で逃げ帰ります」

勇者「なんか煮え切らないやり方だな」

魔王「戦争が目的ではないのだぞ」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:00:05.41 ID:/qkAZpMg0
……
国王「それでこうして来た、と」

勇者「そうそう」

国王「そうか……お前はそちらに行ってしまうのだな」

魔王(我らは蚊帳の外だな)

側近(まあ仕方が無い事ですけどね)

勇者「よくもまあ抜け抜けと」

勇者「俺に暗殺者仕向けたんじゃねーのかよ」

国王「そうだな……」

国王「まさかそれで瀕死の重傷を負うほど弱いとは、思ってもみなかったぞ」

勇者「えっ」

魔王「えっ」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:01:02.05 ID:/qkAZpMg0
勇者「どゆこと、迎撃されると思っていたのか?」

国王「少なくとも私はな。だが、大臣達が収まらなかった故、ああした手を打ったのだ」

勇者「……」

勇者「なあ、もうこんなん止めにしないか?だってよ、ぶっちゃけ得はもうしないんじゃないか?」

国王「そんな事は私が一番知っておるよ。何せこれで魔王が二人……いや何でもない」

国王「兎に角、私としてはもう魔族に対し攻撃する気は無い」

勇者「それが聞けてよかったよ」

側近(色々と引っ掛かりますね)

魔王(うむ……)

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:02:03.32 ID:/qkAZpMg0
勇者「あ、それと王様」

国王「なんだ?」

勇者「……本当に申し訳御座いませんでした」

国王「……何の話だ?」

勇者「城の北側の落石……」

国王「……」

国王「え、お主がやったのか……?」

勇者「俺自身じゃないけど……俺が、原因」

国王「こんな事が言える立場では無いが……頼む、二度としないでくれ」

勇者「……マジごめんなさい」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:03:43.29 ID:/qkAZpMg0
……
勇者「お前らなんか知ってんの?」

魔王「何がだ?」

勇者「王様がよく分かんねー事言っていたじゃんか」

勇者「変に過大評価されていたし、それに魔王が二人って何だよ」

勇者「俺、そんなに腹が出てきていたか?」

側近「いやあ……同じ鎧を着用なさっている以上、それは分からないかと」

魔王「因みに、魔王とは世襲制ではなからな」

勇者「なにそれ初耳」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:04:28.76 ID:/qkAZpMg0
魔王「魔族であれば誰でも成れるのだよ」

勇者「何て夢の無い話だ」

魔王「但し、とある洞窟で命を懸けた試練を乗り越えなければ、魔王としての力を得る事はできない」

勇者「んじゃあ、お前は元々はそこまで強くなかったのか?」

魔王「今にしてみれば、な」

側近「それでも知らぬ者も無し、というくらい有名な騎士ではありましたがね」

勇者「試練を受けるにせよ、素質は必要って事か」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:05:34.86 ID:/qkAZpMg0
勇者「んん? だとしたら魔王が二人ってどういう事だ?」

魔王「我も側近もそれで首を傾げておるのだ」

側近「初代勇者でさえ、その辺りの詳しい事は知らないのですから、彼らが知る由も無いはずですが……」

魔王「彼らは一体、どんな情報を得ているというのだ……」

勇者「どうするんだ? 他の国との和平を取り付けるのか、この事を調査するのか」

魔王「悩むところだな」

側近「相手が謎のカードを持っている以上、迂闊に動きたくは無いですね」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:06:35.43 ID:/qkAZpMg0
魔王「他の国で情報収集はできんのか?」

勇者「他国からしてみれば俺は、欲しくて堪らない魔石を掠め取る存在だぞ」

側近「目の上のコブですね」

勇者「最近まで気付かなかったぜ。道理で今まで他国に良い目で見られる事が無かったんだなぁ」

魔王「ふむ……」

魔王「もう一つ、何処かの国と会談を行う」

勇者「その心は?」

魔王「魔石を巡って、人間の国王同士はあまり仲が良く無いようだ」

魔王「今回の件は飽くまで、勇者の国の長のみの情報かどうかを探るとしよう」

側近「危険な賭けですけどね」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:07:35.49 ID:/qkAZpMg0
国王「そうか……君はそちらに付いたのだな」

勇者「……良く言うぜ。暗殺者の中にこの国の紋章が入った装備している奴がいたんだぞ」

国王「……」

国王「お前は……魔王になってしまったのか?」

魔王「!」

側近「!」

勇者「……どういう意味だ」

国王「……」

国王「いや、何でもない……忘れてくれ。和平には応じよう」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:08:38.55 ID:/qkAZpMg0
……
勇者「……」

魔王「……」

側近「……」

勇者「結構やばい状況か?」

魔王「当然だっ。何だというのだ。彼らは一体何を知っているというのだ!」

側近「……こちらで得ている情報で想定するのであれば」

側近「強い相手と戦えば戦うほど強くなる勇者さんの性質上」

側近「魔王様と共にいる以上、魔王様と戦闘訓練を行っていると国王達は推測」

側近「よって、魔王様に並ぶまでに成長した……と考えているのでしょうか?」

勇者「だけどもよ、それだと魔王に成るとは言わないだろう」

側近「うーん……」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:09:26.32 ID:/qkAZpMg0
魔王「一先ず、今後は使者を出すとしよう」

魔王「いくら向こうの国々が非協力的とは言え、もう二箇所を訪れたのだ」

魔王「魔王と勇者が手を組み、和平を結ぶ会談を行っているのは伝わっているだろう」

魔王「その間、こちらは文献を漁るとしよう」

勇者「具体的にどうに調べるんだ?」

魔王「勇者とは何たるか、魔王とは何たるか、だな」

勇者「うわ、面倒臭そう」

魔王「側近は使者の方を頼む」

側近「こちらの方が厄介なんですけどねぇ」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:10:31.83 ID:/qkAZpMg0
勇者「なんか分かったか?」

魔王「そちらはどうだ?」

勇者「分かる訳ねーだろ」

魔王「だろうな……やはり、完全にこちらが把握していない内容なのだろうな」

勇者「もうちょいヒントがあればなぁ」

魔王「現状、既存の情報のおさらいでしかないからな」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:11:40.89 ID:/qkAZpMg0
側近「魔王様!」

魔王「ふむ、ようやっとか。状況を」

側近「え、あ、はい。まだ和平を結んでいない国より、暗殺者が七名こちらに」

側近「間も無く城内に侵入されるかと思われます」

魔王「兵を引け。我と勇者で迎撃しよう。王の間まで通してやれ」

側近「かしこまりました」

勇者「まあ、予想はしてはいたけどな」

魔王「当然の事態だな」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:12:29.79 ID:/qkAZpMg0
勇者「雷撃魔法・強!」

暗殺者A「対魔障壁魔法・強!」カキィン

魔王「……閃光魔法・凶」

暗殺者B「対魔障壁魔法・強!」カキィン

勇者「こいつら……」

魔王「うむ……お前と同じく勇者の血筋だな」

魔王「単純にお前より魔法が強く、退魔の力で我よりも強いといったところか」

勇者「……接近戦つっても二対八か」

魔王「やるしかなかろう!」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:13:33.81 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」

勇者「閃光魔法・凶」ボソリ


魔王「……」

勇者「……」

魔王「助けられた事には礼を言う」

勇者「どういたしまして」

魔王「……何故、我々魔族側がのみ詠唱できる凶を?」

勇者「い、いや、見よう見まねでと思ったら、本当に成功しちまって俺でもびっくりなんだ」

暗殺者達「」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:15:54.16 ID:/qkAZpMg0
勇者「つーかこれどうするんだよ……」

魔王「何処の国の刺客は分かっておる。送り返してやろう」

勇者「結構惨い事するんだな」

魔王「今は和平を最優先にしたいのだよ。これで少しは大人しくなるであろう」

勇者「和平なのに容赦ねーなぁ」

魔王「全ての国との和平が結ぶ事ができれば、後でどうとでもなるからな」

勇者「悪い意味に聞こえるな」

魔王「掌握などする気はないのだがなぁ」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:16:39.35 ID:/qkAZpMg0
……

…………
勇者「で、一応表向き平和になっちまったな」

魔王「待て。勇者が望んだのに、その反応はなんだ」

勇者「いや、意外とこじれてどうにかなんないかなぁとか思っていたからさ」

魔王「結局は共存させたくなかったと?」

勇者「いや、連中も少しは痛い目みてほしかった」

魔王「お前なぁ……」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:17:27.93 ID:/qkAZpMg0
勇者「結局、例の話も何も分からないしなぁ」

魔王「国王連中も何も話す気がない様子であるからな」

勇者「うーん……」

魔王「それはそうと、これからどうするのだ?」

勇者「雇って」

魔王「良かろう」

勇者「え、マジでいいの?!」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:18:47.57 ID:/qkAZpMg0
魔王「しばらくは人間側の反旗に備えるに越した事はないからな」

魔王「我の専属騎士で良いか?」

勇者「やべえ超待遇いいんじゃね、それ」

魔王「月20万Goldと補給品だ」

勇者「ぶふっ!! そりゃあもう即決だ! なるなる、超なる!」

魔王「……何か懐かしいな」

勇者「そういやあこんなやりとりしたな」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:19:48.41 ID:/qkAZpMg0
騎士「暇ー」

魔王「なんだ? 忙しい方が良いか?」

騎士「いやそういう訳じゃあねーけどさ」

魔王「先月、山賊ごと山を吹き飛ばしたのだ。しばらくは大人しくしておれ」

騎士「魔王級の魔法って加減が難しいんだよ」

側近「それにしても……本当に魔力まで魔王様に似てきましたね」

騎士「本当に謎過ぎる」


その後
勇者は魔王の専属の騎士として、その力を如何なく発揮した。
時にはその膨大な力が暴走し、惨事を引き起こす事もあったようだが、
勇者という枷も外れ、末永く幸せに暮らしたと言われる。

  魔王専属 勇者☆Knight End

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:25:33.44 ID:/qkAZpMg0
>>1-59

魔王「勇者はどうしたいのだ?」

勇者「いや……実際のところどうしたいんだろうなぁ」

魔王「我にはまだどんな終わりを目指すべきか、着地地点を何処に置くべきか、その判断に悩んでいる」

魔王「勇者は……どうしたいと考える?」

>>115
1.復讐したい
2.のんびりしたい
3.力が欲しい
4.分かんね

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:26:21.12 ID:d0UEST/10
1

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:28:13.69 ID:/qkAZpMg0
勇者「……それなら、うーん」

魔王「いきなり決めろと言われても、難しいだろう」

魔王「我とて考え続けて未だに出ぬ答えだ……早急にh」

勇者「復讐だ」

魔王「……なに?」

勇者「国王共に復讐をしたい。流石にここまでされて黙っちゃあいられない」

魔王「いいのか……?」

勇者「本当はさ、薄々気付いていたんだ。でもそれを認めたくなくって、直向に応える事でその気持ちを振り払っていたんだ」

勇者「子供の時の襲撃が……仕組まれていた事を」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:29:44.09 ID:/qkAZpMg0
勇者「とは言え、俺じゃ暗殺者どもすら相手にできやしねえし」

魔王「その気であればできるようになって貰わねば困るな」

勇者「おぉ、スパルタが始まるのかねぇ」

魔王「多少はな。しかし、それ以外にも重要な事がある」

魔王「勇者の中に眠る初代勇者の血を覚醒させる事だ」

勇者「そんな事ができるのか?」

魔王「初代勇者と手を組んだ魔王は、彼の武具……伝説の装備を様々な塔やダンジョンに隠した」

魔王「そこには必然的に、勇者の力を継ぐ者でなければ通れぬ仕掛けもあるという……」

勇者「力技で覚醒させろってか」

魔王「そんなところだ」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:30:28.70 ID:/qkAZpMg0
魔王「もっともそれもまだ先の話だ」

魔王「まずは食事だな。流動食の方が良いか?」

勇者「いや、腹が減っているからがっつり食えるもののがいいな」

魔王「分かった作らせておこう。食事が済んだら準備運動をしておけ」

勇者「……あーマジスパルタ?」

魔王「絞れるだけ絞ってや……いや、その胸元は既に絞れるものも無さそうだな……」

勇者「ぶっころ」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:31:34.89 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ゴクリ

魔王「どうしたのだ? 食わぬの……もしや人間にとっては馴染みの無い肉であったか」

勇者「いやバイソンは……牛肉なんて、本当に食っていいのか?」

魔王「確かに手強い相手ではあるが、獲るのにそこまで難易度がある訳でもないしな」

勇者「くぅぅぅ、いっただきぃまぁぁぁす!!」

勇者「うめぇ! うめぇぇ! なんだこのソース! 超合うぞぉぉ!!」ハフッハフッ

魔王「ふむ、人間側に無いのだろうか? 醤油と呼ばれるものだぞ」

勇者「ううぅぅ、こんな美味い物食ったの……うぅぅぅぅううぅ」ボロッボロッ

魔王「泣くほどっ?!」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:32:44.38 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ボロッボロ

魔王「今日はこの辺りとするか」

魔王「普段よりも気迫があったがどうかしたか?」

勇者「強くなんねー事には何も始まらないからな」

魔王「……てっきり、先の胸の話の怒りかとも思ったが、勇者は何故そうなのか?」

魔王「あの時まで女性だとは全く気付かなかったぞ」

勇者「うっせ。そんなもんとっくに捨ててるわ」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:33:30.32 ID:/qkAZpMg0
勇者「うめぇ……超うめぇ……お前いつもこんなもん食っているのか」

魔王「逆に普段何を食しておるのだ……?」

勇者「野生の動物とか粘土みたいな携帯食料とか」

魔王「この程度で良ければいくらだって食して良いのだぞ」

勇者「くそっ飯で懐柔されたんじゃないからなっ」ハフッハフッ

魔王「説得力がないのう……」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:34:33.44 ID:/qkAZpMg0
勇者「うおおぉぉぉぉ!」ザン

魔王「ぐ、灼熱魔法・凶!」ゴォ

勇者「氷結魔法・強!!」カッ

勇者「あ、ちぃぃぃぃ! 回復魔法・強!」パァ

魔王(一瞬だが押された? なるほど……これが勇者の血かっ!)

魔王「はっ! せい!」

勇者「ぐ! く、うわっ!」ギン ギィン

魔王「勝負有り、だな」シャキン

勇者「うぐぐぐぐ」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:35:34.25 ID:/qkAZpMg0
魔王「とは言え、凄まじい勢いでの上達っぷりだな」

勇者「あーそうか?」

魔王「あの時は一戦一戦の間が長かったし、普通に潰すだけであったからな」

魔王「こうして手合わせをしていると、驚かずにはいられんよ」

勇者「そりゃどーも」

魔王「今度、暗殺者の襲撃があったら出撃してみるか?」

勇者「……腕試しか、いいぜやってやんよ」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:36:35.31 ID:/qkAZpMg0
勇者「ぐ、はあ……はあ……」ドクドク

魔王「ほれ、魔力回復薬だ」

勇者「すまねえ……回復魔法・強」パァ

魔王「にしてもここまでか」

暗殺者A「」

暗殺者B「」

暗殺者C「」

暗殺者Dだった肉塊

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:37:30.66 ID:/qkAZpMg0
魔王「頃合い、か……」

勇者「なにそれ怖い」

勇者「って、あれか。ダンジョン攻略か」

魔王「それだけの力があれば、基本問題は無いだろう」

魔王「後は血筋に眠る力が解放できるか否かといったところだ」

勇者「流石に少し緊張してきたな」

魔王「ちなみに頭も使うからな」

勇者「えっ」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:38:30.38 ID:/qkAZpMg0
勇者「えっなにこのパズル」

勇者「……」


魔王『仕掛けを作ったのは元祖勇者だから、まあ……人並みには解けるものではないだろうか?』


勇者「……」

勇者「やっべぇ……わっかんねぇ」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:39:30.76 ID:/qkAZpMg0
勇者(ま、不味い、まさか初っ端から躓くなんて……)

勇者(考えろー考えろー……)

勇者(……)

勇者「鳳凰十文字! 大切斬!!」ザザン

勇者「……」ゴゴゴ

勇者「よし、ここの扉は斬れるっ!」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:41:07.18 ID:/qkAZpMg0
勇者「最上階まで着ちまったな……」

勇者「流石に必殺技を連発するのはきっついな」

甲冑「……」ギギ

勇者「へっ、やっぱそうなるかい」

勇者「来いよ……こっちは頭脳戦ばっかで飽き飽きしていたところだったんだぜ?」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:41:43.54 ID:/qkAZpMg0
鉄屑「」

勇者「やべっやり過ぎたか?」ガチャン

勇者「奥の扉か? って事は鍵が開いてお宝とご対面か」ギィ

勇者「盾、か……」

勇者「随分と綺麗だな。本当に使っていたのか?」ジャキン

勇者「……この湧き上がる力は本物、か」

勇者「他は剣と鎧と兜あたりか?」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:42:38.26 ID:/qkAZpMg0
勇者「ぐ、この洞窟は戦闘ばっかだなぁおい」キン キキン

甲冑A「……」ヒュン
甲冑B「……」ギィン
甲冑C「……」ガシャン

勇者「ちぃぃ……爆破魔法・強!!」カッ

勇者「ふう……ふう……」

勇者「やべぇ……しんどい」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:43:39.90 ID:/qkAZpMg0
勇者「はふぅ……」ゴロゴロ

魔王「む? もう戻ってきたのか?」

勇者「盾ゲットー」グデーン

魔王「ほほう流石だな」

勇者「もう一箇所行ってきた」ノビー

魔王「して、そちらは?」

勇者「同日には無理だな。魔力切れで死んだ」ダラーン

魔王「昨日の今日で集めなければならんわけでも無いし、落ち着いて進めばよかろう」

魔王「待て、まさか人間側で復活したのか?!」

勇者「精霊様のご加護ってよく分かんねーだよな。事前にこっちの教会で礼拝しといたら、こっちで蘇生されたぞ」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:44:31.42 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふう……ふう……これでこの洞窟は終わりか」

勇者「さあて、ここは一体……これは剣か」

勇者「やべぇ……すげぇ攻撃力高いぞこいつ」

勇者「ちょっとしたチート装備だなぁおい。いいのかよこれ」

勇者「城に戻って試し斬りしてみてぇな」


側近「演習場は修復の為、しばらく使えないとの事です」

魔王「何があった」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:45:32.97 ID:/qkAZpMg0
勇者「何だ……? この甲冑は……」

勇者「それにこいつ……普通じゃない! 攻撃が効いてない!」キィィン

甲冑「……」ガシャン

勇者「まあ普通に考えて、対物耐性だよな」ギィン

勇者「破壊魔法・強!!」カッ

甲冑「……」カキィン

勇者「え、何そのチート」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:46:30.65 ID:/qkAZpMg0
勇者「落石魔法・強!」ゴゴッ

甲冑「……」カキィン

勇者「灼熱魔法・強!」ゴォッ

甲冑「……」カキィン

勇者「……はあ、はあ」

勇者「こいつ、攻撃はしてこないのか」

勇者「つーよりも、この謎障壁をぶっ壊す威力の魔法をぶつけろって事か?」

勇者「くそ……魔力の高さがここの課題か……」

勇者「……ふう」スゥ

勇者「……」

勇者「爆破魔法・強!!!」

甲冑「……」カキィン

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:47:28.20 ID:/qkAZpMg0
勇者「うおおぉぉぉぉ空気読めよおおぉぉぉ!!」

勇者「そこは成功するところだろぉぉぉがぁぁぁぁぁ!!」

甲冑「……」

勇者「ぜえ、ぜえ……」

勇者「くそ、マジでこの上の威力を出せって事かよ」

勇者「やべぇ……できねえ気がしてきた」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:48:30.93 ID:/qkAZpMg0
……一時間後
勇者「……ぐ……ぐぐ」ブチブチ

勇者「があああぁぁぁぁぁぁぁ!!」

甲冑「……」

勇者「ふざっ! けん! なっ!!」

勇者「あああぁぁぁぁぁぁ!!!」

勇者「爆破魔法・狂!!」カッッ


側近「兜が封じられている塔の方角に、巨大な爆炎が発生したとの報告が……」

魔王「おや……もしや勇者め、我を越えたか?」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:49:23.57 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふあぁ……」ゴロリ

魔王「ここ最近、城で見かけるといつもその様子だな」

勇者「全力でやってるんだからだらける事もあるさー」ダラーン

勇者「つーかお前の間が悪ーい」ゴロン

魔王「して何処まで進んだのだ?」

勇者「剣、盾、兜」

勇者「残りは鎧かねえ」

魔王「もう残り一つか……頑張れ、と言っている間にクリアしていそうだな」

勇者「おうよー」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:50:42.08 ID:/qkAZpMg0
勇者「超威力の伝説の剣」シャキン

勇者「炎、吹雪、魔法を跳ね返す伝説の盾」ガチャン

勇者「魔力を大幅に底上げする伝説の兜」ガチャ

勇者「ふ、ふふふ、ふはははははは!」

勇者「もはや臆するものなど殆ど無い!」

勇者「ここも通れば終わる程度のもの!」

勇者「もう何も怖くない!!」カチッ

斬首罠<デストローイ

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:51:29.70 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」

魔王「出発したと思ったが……何を部屋の隅で体育座りしておるのだ?」

勇者「……自分の本当の弱さと向き合えますか?」

魔王「何があった?」

勇者「……浮かれてて即死トラップに突っ込んだ」

魔王「そうか……」

勇者「あたしって、ほんとバカ」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:52:30.24 ID:/qkAZpMg0
魔王「ふぅむ……」

側近「どうかなさいましたか?」

魔王「少し勇者が落ち込み気味でな」

側近「えぇ? あの方が落ち込むだなんて想像できませんね」

魔王「何か元気付けてやれんものかな」

側近「そうですね……少し高級な食材で料理をすればよろしいのでは?」

魔王「あー……それはそれで哀れむものだな」

側近「面白そうだから元に戻る前に見てこよう」

魔王「これ、止めぬか」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:53:28.15 ID:/qkAZpMg0
魔王「勇者よ、夕餉の支度が出来ておるぞ。気が向いたら来るがいい」コンコン

魔王「……これで上手くいくといいのだがなぁ」


勇者「何だよ何だよー、わざわざ完全制覇を祝ってくれるのかー?」

魔王「……」

側近「鎧、しっかり着てらっしゃいますね」

魔王「立ち直った上に攻略してきたのか……」

側近「立ち直り早すぎですね」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:54:39.60 ID:/qkAZpMg0
魔王「さて、久々に手合わせといこうか」

勇者「おお、いいぜ。今日は何だがいい戦いが期待できそうだっ」

魔王「いや、恐らくその武具があろうとなかろうと、我ではもう勝てぬのだろうな」

勇者「いくらなんでも煽てすぎじゃねーか? 元から木は登れるぜ」

魔王「まあなに、一度やってみれば分かるだろう」

勇者「へっへ、煽てられたからって手加減してやらねーからなぁ」


魔王「ぜえ、はあ……降参だ」ボロボロ

勇者「はあ、はあ……マジ?」ボロボロ

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:55:35.53 ID:/qkAZpMg0
勇者「そろそろ行ってみていい頃合いか?」

魔王「むしろ、もうお前一人で世界征服できると思うぞ」

勇者「そんなに?!」

魔王「現状において、対魔の血が無ければ我が最強に属するが」

魔王「それを越えたお前にはそういった弱点がない故」

魔王「根本的にお前を凌ぐ実力者が現れない限り、お前が頂点に立ち続ける事となるだろう」

勇者「おお……じゃあさ、一緒に進撃しy」

側近「ま、魔王様!!」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:56:29.79 ID:/qkAZpMg0
側近「ああ、勇者さんもお帰りで!」

魔王「そのように慌ててどうかしたか?」

側近「人間側より暗殺部隊が接近しています!」

魔王「珍しい事でも無いだろう」

側近「それが……恐らくですが対魔の血を持つ者が数名」

勇者「へえー」

魔王「遂にこの時が来たか……」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:57:40.13 ID:/qkAZpMg0
勇者「んー? 守って欲しいか? ほれ、魔王。守ってくださいと言わねーかぁ?」

魔王「女性に守られるというのも釈然とはせんが……」

魔王「勇者に守られるのでは溜飲が下る話であるな」

勇者「くっくく、そうこなくっちゃあなぁ」

勇者「城の魔族連中は引いておけ。ここまでご招待してやるんだ」

側近「よろしいのですか?」

魔王「構わん。流石に対魔の者が束になって来ては、我にはどうする事もできぬからな」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:58:26.65 ID:/qkAZpMg0
暗殺者A「やはり寝返っていたか……」

勇者「盛大なリストラしてくれた癖によく言うぜ」

暗殺者B「引け……さもなくば」

勇者「……けっ、元から俺も殺すつもりだろう」

暗殺者C「愚かな。お前如きが我々に適うとでも」

暗殺者A「こいつに割く時間は無い。一撃で決めた後、魔王を討つぞ」

暗殺者B「行くぞ……」フッ

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 19:59:36.67 ID:/qkAZpMg0
暗殺者A「……?! 待て! 何か飛んでっ!」

暗殺者C「投擲武器? 避け……これは、血か?」

暗殺者Bだった肉塊

暗殺者A「なっ!」

暗殺者C「馬鹿な……あの勇者が? いや、魔王の力なのか?!」

勇者「ふっ……」ニヤリ

勇者(全力斬りで何でああなるんだぁ!?)

魔王(刀剣の効果もあるだろうが、お主の剣圧も凄まじいという事だ)

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:00:29.84 ID:/qkAZpMg0
勇者「さて、来ないならこちらから行くが?」

暗殺者A「……ぐ」

暗殺者C「……退くぞ」

暗殺者C「……我々の負けだ。何があったかは知らんが、もう勝ち目など……聞いているの……っ!」

暗殺者A「」ゴロリ

勇者(わぁぁぃ直刀で居合い抜きできちゃったぁぁぁぁ首打ち成功しちゃったぁぁぁぁぁぁ)

魔王(シンプル人外シリーズ THE 力技)

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:01:31.25 ID:/qkAZpMg0
暗殺者C「くそっ!!」バッ

魔王「む、逃がすのか?」

勇者「……」

側近「もうあんなに遠く……」

勇者「雷撃魔法・狂!!」グワッ


魔王「周辺の領地を焦土にするのは止めてもらえぬか?」

勇者「わりぃ」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:02:37.43 ID:/qkAZpMg0
勇者「とりあえず隣国から潰していくか」

勇者「いや逃げられると嫌だな。最初に故郷、そして一晩のうちに全部回るか」

魔王「物凄く嬉々としているな」

勇者「そらーなー」

勇者「転移呪文いくぞー」

魔王「うむ、それでは後は任せたぞ」

側近「魔王様、勇者さん……どうかご無事で」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:03:29.47 ID:/qkAZpMg0
勇者「どーもぉ」

騎士「なにっ!」

大臣「ああっ?!」

王様「なっ! お、おお、勇者よ……今まで何処に行って、そちらの者は?」

勇者「俺のダチだから気にしないでくれよー」

勇者「えーと今までだっけ? ちょっとさー武者修行に行っていたんだよねー」

勇者「俺滅茶苦茶強くなったんだよ。だからさ、王様にも見てもらいたいんだよねー」

騎士「……」シャキン

暗殺者A「……」スッ

暗殺者B「……」スッ

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:04:29.37 ID:/qkAZpMg0
勇者「穏やかじゃあねえなぁ」

王様「……」

勇者「ああ、そうだ……俺、攻撃魔法と回復魔法しか覚えていなかったじゃん?」

騎士「……?」

勇者「色々と勉強して他のも覚えたんだよねー」

魔王「何時の間に?」

勇者「ふっふーん」

勇者「毒霧魔法・狂」スァ

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:05:32.67 ID:/qkAZpMg0
魔王「強を越えた魔法の扱いが上手くなったのう」

勇者「まあなあ。才能って奴?」

国王「お、ぐ……ごほっ」

騎士「力が……苦し……」

暗殺者A「うぐ、解毒剤、が……」

勇者「無駄無駄。霧がある以上、そんなもん使ってもすぐに毒に蝕まれるぜ」

国王「やは、り……わしを恨ん、で……」

勇者「……」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:06:35.82 ID:/qkAZpMg0
魔王「強を越えた魔法の扱いが上手くなったのう」

勇者「まあなあ。才能って奴?」

国王「お、ぐ……ごほっ」

騎士「力が……苦し……」

暗殺者A「うぐ、解毒剤、が……」

勇者「無駄無駄。霧がある以上、そんなもん使ってもすぐに毒に蝕まれるぜ」

国王「やは、り……わしを恨ん、で……」

勇者「……」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:07:28.96 ID:/qkAZpMg0
勇者「一つだけ聞かせてくれ」

勇者「俺の村が襲撃されたのは……本当に魔物達の意思によるものだったのか?」

国王「……」

国王「襲撃は……奴らの意思だ、が……そうなる、ように……仕組ませた」

勇者「そっか。やっぱそうだったんだな……」

国王「う、うぅ……許せ……」

勇者「……そうだな、正直に話してくれたんだ」

国王「ゆ、勇者……」

勇者「王様……」


勇者「今、楽にして差し上げます」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:09:08.87 ID:/qkAZpMg0
国王「」

勇者「そういやぁ誰も来ないな……」

魔王「城ごととまではいかぬが、かなりの範囲まで霧が広がっているようだ」

勇者「あー来たくてもこれねーよ、って事か?」

勇者「んじゃまあ、次の国に行くか」

魔王「せっかちな……」

勇者「別れを惜しむ人もいねーからな」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:09:46.00 ID:/qkAZpMg0
国王「おお? そなたは確か隣国の……」

勇者「ええ、勇者でございます」

国王「おおっ、久しいのぉ。元気にしておったか? 流石に一人旅は疲れたか?」

勇者「はは、そんなところです。ところで王様、今日は少々お話がありまして……」

勇者「遂に魔王を倒しましてね……」

国王「なんとっ……」ピク

勇者「……」

勇者「あまりお喜びにならないのですね……まあ、その魔石もこちらにある訳ですが」

国王「……」ピク

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:10:36.46 ID:/qkAZpMg0
勇者「教えて頂きたい事がございます」

国王「……申せ」

勇者「魔王に暗殺者を差し向けた王は他にどれくらいいるのです?」

国王「う、ぐ……まあ、仕方の無い事か」

国王「残念ながら、君のところや私を含め、全ての国王が暗殺者を投入したよ」

勇者「そうですか……」

国王「何としてでも、その魔石を奪われる訳にはいかなかった……」

国王「全員の考えを知っていたわけではない……だがしかし、力のために欲した者も多かっただろう」

勇者「ああ。そういう言い訳はいいですよ」

勇者「暗殺者を送ったところは全部潰すって決めてますので」

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:11:49.94 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふースッキリ」

国王「た……たす……」

勇者「おーしぶといのですね。よっと」ザク

国王「」

魔王「ふむ……」

勇者「どーしたさ?」

魔王「うむ……今更だが、果たしてこの進め方は正しいのだろうか?」

勇者「ぶっちゃけ人間側とかもうどうでもいいわ」

魔王「おーい、それでよいのか現役勇者」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:12:39.47 ID:/qkAZpMg0
勇者「これ終わったら、魔族側にエスケープするだけだし」

勇者「あ、人間の進軍とか教えてくれりゃ、俺が潰しておくよ」

魔王「我の仕事が増える事はどうでもいいのだな……」

勇者「……」

勇者「めんご、めんご~」

魔王「謝る気がさらさら感じられないな」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:13:28.90 ID:/qkAZpMg0
勇者「さあて次次」

魔王「……にしても、よくもまあこんな簡単に割り切れたものだな」

勇者「まあ……きっかけは今まであったからなあ」

勇者「今回の襲撃が引き金になっただけだからな」

勇者「んじゃあ行くぞ」


魔王「おい……」ゴゴゴ

勇者「いやあ、あの国王の態度見てたら、さ」ゴゴ

魔王「ああ……まるでクレーターのように……」

勇者「ま、まあさ、面倒を見る国が一つ無くなって良かったじゃん」

魔王「キチガイを越えるポジティブだな」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:14:31.69 ID:/qkAZpMg0
勇者「さって……これで国王全員とその傍にいた奴ら全員やっつけたな」

魔王「やっつけた、というのは不適切な表現だと思うぞ」

魔王「待て、側近連中がいない場所もあっただろうに」

勇者「転移魔法使う前に、毒を散布しといた」

魔王「もはや虐殺だな」

勇者「何を今更」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:15:59.00 ID:/qkAZpMg0
勇者「それじゃあ俺は魔族側でのんびり暮らすぜ、と思ったが、そっちの方に俺が行って問題ないのか?」

魔王「石頭の人間どもと一緒にするでない。皆、喜んで受け入れてくれるぞ」

勇者「それを聞いて安心したよ。じゃあな」

魔王「うむ、たまには顔を出すのだぞ」

勇者「暇だったらなー」

魔王「転移魔法ですぐ来れるのに暇も忙しいもあるか」

勇者「そりゃーなー」フリフリ

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:18:22.74 ID:/qkAZpMg0
魔王「……」

側近「宜しかったのですか?」

魔王「ふふ、そうだな。あれは繋いでおける代物ではないからな」

魔王「ふう……久方ぶりに晴れ晴れとした気分だ」カタ

側近「か、仮面をっ!」

魔王「心配すんな。どうこうするつもりはない」

魔王「ふー……」

魔王「……」カタ

魔王「さて、これから共存の道への模索が始まるのだ」

魔王「しばらくは地獄の日々となるだろう……ついてきてくれるな?」

側近「私で宜しければ地の果てまで」


その後
十年程の歳月をかけて、魔王は魔王による統治の下、人間と魔族が共存する世界を創りあげた。
一方、勇者は表舞台から姿を消えた後、何をしていたのかは一切記録に残っていない。
だが、ふと誰かが気付いた時にはもう、魔王の隣に剣を携えて控えていたと言う。

  勇者の反旗 End

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:22:06.45 ID:/qkAZpMg0
魔王「勇者はどうしたいのだ?」

勇者「いや……実際のところどうしたいんだろうなぁ」

魔王「我にはまだどんな終わりを目指すべきか、着地地点を何処に置くべきか、その判断に悩んでいる」

魔王「勇者は……どうしたいと考える?」

>>178
1.のんびりしたい
2.力が欲しい
3.分かんね

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:24:11.79 ID:7DYBQh380
3

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:25:50.87 ID:/qkAZpMg0
勇者「正直どうしようかねぇ。どうしたらいいのか分からねーよ……」

魔王「まあ、すぐに答えが出るものでもない」

魔王「どんな形であれ、お前の未来を決める大切な事だ。よく考えるのだよ」

勇者「わーってるよ」

勇者「とは言え、なんだかなぁ」

魔王「まあ、猶予はまだあるからな」

勇者「人間側が攻めて来るまで、か……」

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:27:01.19 ID:/qkAZpMg0
魔王「それでは我は失礼するぞ」

勇者「あ……」

魔王「どうかしたか? 何か必要なら持ってこさせるが」

勇者「いや、さ。できればお前に傍にいて欲しい、かなーなんて」

魔王「別に構わぬがどういう風の吹き回しだ」

勇者「ちっとな。流石に夜が怖い」

魔王「……そうか」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:27:38.14 ID:/qkAZpMg0
魔王「……」

勇者「……」

魔王(き、気まずい……)

勇者「……」ギュッ

魔王(す、裾を掴んで……何て不安げな顔を、いかん、これほどか! ギャップ萌えとはこれほどの威力か!)

勇者「……」ギュウ

魔王(うぐぐ、そんな震えながら……)プツ

魔王「……」ガバ

勇者「うわっ!?」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:28:33.19 ID:/qkAZpMg0
魔王「んん」

勇者「んむ、う……ぷは」

勇者「お、お前な! 人がシリアスになって、うわっ」

魔王「……」ギュウ

勇者「……えーと、魔王?」

魔王「あんな姿を見せられて、手を出さない男がいる訳なかろう」

勇者「ええ? なんかしたか?」

魔王「という訳で、もう我慢ならぬぞ」ガバ

勇者「ちょ、ちょーーー!」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:29:30.81 ID:/qkAZpMg0
勇者「んん、ちょ、本当に待てって」

勇者「こら胸ばっか、ん、揉んでんじゃ」

魔王「意外とあるのだな」フニフニ

勇者「さらし巻いて、あん、ばっかこねくり回んん……」

魔王「随分感度が良いな。なんだもう下も……ううむ、それなりに経験しているか」クニクニ

勇者「ねーよ。ん、まあ、自分でしてたりはしたが……」

魔王「……わざとやっているのか?」クリクリ

勇者「え? んん、何の話だ?」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:30:31.03 ID:/qkAZpMg0
魔王「これだけ濡れていればよさそうだな」

勇者「んく……そーかい」

魔王「抵抗、しないのだな」

勇者「んー? まあ、本気ならまだお前には勝てないしな」

勇者「強いしお前ならいっかなーって」

魔王「……」

勇者「微妙そうな顔すんなって。お前の事、信頼してて受け止めてやるって言ってんだ」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:31:29.84 ID:/qkAZpMg0
魔王「……それでは、痛ければ言うのだぞ」クチュ

勇者「あ、ぅん……うあ、すっご……」

魔王「……」

勇者「あ、待て、動あ、ちょ、凄い擦ふぁん!」

勇者「ひゃんっ! おま……ああん、ゆっく、ひやぁ!」

魔王「お前にそんな声を出されて、興奮しないわけがなかろう」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:32:36.36 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふあっ! ンン……!」

魔王「流石に、これは……」

勇者「いぃっ……! もっとぉ!」

魔王「あまり締め付けてくれるな、もたんぞ」

勇者「無理ぃ! こん、なっ……ンっ声、抑えられ、あン!」

魔王「……すまんがいくぞ」

勇者「えっ、あっ……! ン、来て! 魔王!」

勇者「っく……! イクっ! ……あはああああああっ!」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:33:37.63 ID:/qkAZpMg0
……
勇者「……別に中でも問題ねーのに」

魔王「流石にそれはなー……」

勇者「だいたい、こんな時までその仮面ってどういう神経してんだ」カパ

魔王「あ、こら、止め……」

魔王「……」

勇者「え……えーと、魔王、さん? そんなマジな顔になんなくてもー……」

魔王「お前も馬鹿な奴だな」

勇者「え、何その口調」

魔王「とりあえず、俺にもやらせろ」ガバ

勇者「ちょ、え、んむ……んん……」

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:34:50.46 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふァっ! あァン! こん、な! 激しっ!」

勇者「おねっ! もっと、優っひぁ!」

魔王「こちとら久々なんだ、少しくらいがっつかせろよ」

勇者「あンっ! っまえ! 本当に、あァン!!」

勇者「らめぇ! ああァァあァぁぁっ!」ビクンビクン

魔王「おいおい……もう少し愉しませろよ」

勇者「はぁ……はぁ……少し、待っアァん」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:35:38.79 ID:/qkAZpMg0
……
勇者「……んん、ふぁ」

勇者「どんだけ……寝てたんだ」

魔王「やっと起きたか」

魔王「随分と寝ぼすけな奴だな」

勇者「……ありゃ?」

魔王「ここは……そうだな、我の夢の中のようなものだ」

魔王「実際の時間より流れは遅い。時間なんぞ気にせずに話ができるって訳だ」

勇者「仮面つけてるのとつけてない魔王が二人……」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:36:32.36 ID:/qkAZpMg0
勇者「んで、俺をお前の夢の中に引きずりこんでどうしようってんだ」

仮面「我の仮面を外していなければ、こんな事などしなくて済んでいたのだぞ」

勇者「……どういう事だ?」

魔王「それを説明する為だ。全く、じゃじゃ馬娘が」

勇者「……二重人格?」

仮面「そういった分かり易いものだったら説明も楽なのだがなぁ」

魔王「言っても始まんねーだろ。とは言えどっから話したものか……」

魔王「少し、昔話からにするか」

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:37:41.21 ID:/qkAZpMg0
魔王「俺は元々、先代の魔王の右腕につく騎士だった」

魔王「騎士に昇格した当初は、戦地から戦地の戦いに明け暮れていた」

仮面「その当時は人間も軍を率いて攻め込んできたからな」

魔王「しばらくして戦争も落ち着くと、その功績により魔王の直属部隊へ引き抜かれ」

魔王「常に魔王の傍に控えるようになった」

勇者「なんか、仮面をつけてないお前の性格だと飽きそうだな」

仮面「……はぁ」

魔王「うるせぇなぁ! どうせ俺は斬った張ったしかできねーよ!」

仮面「我は溜息しかついておらぬぞ」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:38:28.26 ID:/qkAZpMg0
魔王「それからしばらくは平和なものだった」

勇者「あくびが出るくらいに?」

仮面「昼寝するくらいに暇があったものだな」

魔王「それまでが戦闘がメインだったからな……訓練以外にする事が無いんだよ」

勇者「魔王の右腕の騎士がそれだけって有りなのか?」

魔王「有りだ」

勇者「あの話マジだったのか。雇用してくれ」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:39:24.19 ID:/qkAZpMg0
魔王「俺は暇を持て余した事で、ある試練を受ける事にした」

勇者「おいこら」

魔王「魔王となる資格を受ける為の恐怖の試練だ」

勇者「……下克上?」

仮面「魔王というもの世襲制ではなく、その試練を乗り越えた者がなるのだ」

魔王「まあ、既に魔王がいる場合、その者が辞任するか死没しない限り魔王になる事はないがな」

勇者「次期魔王って事か?」

仮面「そうなるな」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:40:29.61 ID:/qkAZpMg0
魔王「そして、今から80年前……人間側の大襲撃が行われた」

勇者「……お前、歳いくつだよ」

魔王「……確か、170歳だったか?」

魔王「182歳だ」

勇者「……すげぇな」

仮面「人間とは寿命が違うからな」

魔王「その時に先代は交戦の構えを解いたんだ」

勇者「薙ぎ払っちまえばいーのに」

仮面「長く続いていたからな……先代は自らの命を以って、その戦争を終わらそうとしたのだ」

勇者「……どう考えても終わらねーと思う」

魔王「俺もそう思うが、あの時は平和ボケしていたんだ。それにあの方は元々、人間を殺したくないとさえ考えていたからな」

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:41:31.42 ID:/qkAZpMg0
魔王「先代魔王は討たれ、俺は先代の命令通り先代から産み落とされた魔石を回収をし、軍を率いて撤退をしたんだ」

魔王「この時点で、俺は魔王としての力を得ていたんだが……」

魔王「まあ、当然ながら人間軍は進軍を続けたから、結局俺が薙ぎ払う事になったんだ」

勇者「魔石はどうしたんだ?」

魔王「それがこの事態を引き起こしちまったんだよなぁ」

勇者「……どういう事だ?」

魔王「既に魔王としての力を得ていたのだが、俺は更に魔石の力を自身に注いちまったんだ」

勇者「やばいのか?」

仮面「どう考えても器に収まりきる魔力ではないからな」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:42:34.06 ID:/qkAZpMg0
魔王「力が暴走しちまってな……魔力が暴発しないように力を抑える為に、仮面を作り出したんだ」

勇者「それリミッターだったのか……え、性格違うのはなんでだ?」

魔王「仮面生成には主に溢れる魔石の力で作ったんだ。結果、先代の中身の一部が出てきちまってな」

勇者「えっ! えーじゃあなんだ、仮面の方の魔王は先代なのか?」

魔王「完全にそうだったら、勝てないお前に哀れんで殺されてやってるだろうな」

仮面「先代とこの男の双方を合わせたかたちが我なのだ」

仮面「だからこそ……共存の意思こそあれど、むざむざ命を差し出してやるつもりはない」

魔王「ただ、先代の記憶の一部を引き継いでいるからな」

魔王「統治とかはそっちに丸投げして、基本的に俺は眠ってばかりだ」

仮面「そもそもお前が出てくると、魔力に振り回されて暴走し易いだろう」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:43:27.36 ID:/qkAZpMg0
勇者「……ふーん」

魔王「なんだその反応」

仮面「興味無さそうだな……」

勇者「とりあえず分かったとしか言えねーじゃん」

魔王「……」

仮面「……」

魔王「考えてみたらそうだな……」

仮面「説明が必要だと思っていたのだが……全くそんな事は無かったな」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:44:32.69 ID:/qkAZpMg0
……
勇者「ふあぁ……あー何時だ」

魔王「やっと目覚めたか」

勇者「……」

勇者「その仮面外していいか?」ヒョイ

魔王「我々の話を聞いていたよな?」パシ

勇者「あー……夢じゃねーんだな」

魔王「もう少し良い確かめ方があると思うのだが?」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:46:13.99 ID:/qkAZpMg0
魔王「それで、これからどうするというのだ?」

勇者「……いや、なんかもうどうでもいいかなぁ」

勇者「お前さ、俺がいなかったらどうしようとしてたんだ?」

魔王「魔族側の領土に、攻撃部隊の養成所がある。そこの全部隊をこちらに戻し」

魔王「人間側の暗殺者の部隊を壊滅させ、向こうの戦力を削いでくれようと思っているのだが」

勇者「じゃあそうしちまえよ」

魔王「良いのか?」

勇者「もう俺、こっち側で生活するわ」

魔王「ふぅむ……」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:47:33.88 ID:/qkAZpMg0
……
側近「人間側の全ての国より和平条約が揃いました」

魔王「うむ……結局は力、なのか」

側近「これも一つの結果かと」

魔王「うむ……して」

勇者「おおええぇぇぇぇ」エレエレー

魔王「勇者はどうしたというのだ……?」

勇者「最近、めっちゃ吐き気が……なんだよこれ、こんなん初めてだぞ」

側近「ここで普通に生活しているだけですよね」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:48:26.98 ID:/qkAZpMg0
勇者「あーまた酢の物食いてぇ……晩飯に加えといて」

魔王「また……?」

側近「なにやら、最近酢の物をよく召し上がっているようで」

魔王「……」

勇者「なんなんかなぁこれ……」

魔王「……」

側近「一度、医者に見てもらっては? 城にもいますよ?」

魔王「……」

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:49:38.53 ID:/qkAZpMg0
……
勇者「……」

側近「……」

魔王「……」

側近「ご、御懐妊おめでとうございます……」

勇者「マジ、かよ……」

魔王「ぬおぉぉぉ……」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:50:29.16 ID:/qkAZpMg0
魔王「……すまぬ」

勇者「別に構わねーよ」

勇者「言っただろお前ならいいって」

魔王「……そ、そうか」

側近「魔王様が照れてるキモい」

勇者「そうね……流石に気持ち悪い」

魔王「?!」

側近「?!」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:51:30.91 ID:/qkAZpMg0
勇者「一応、王女になる訳だし前線に出る事もないだろうからね」

勇者「まあ……流石に今までどおりじゃ、この子も可哀相でしょ」サスサス

魔王「う、うむ……」

側近「すごい慣れませんね、こっちが」

勇者「正直、あたしも結構無理してやってる」

側近「お体に障るのでは?」

勇者「生まれた時からあんなんじゃないからね……そのうちあたしも慣れるよ」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:52:30.76 ID:/qkAZpMg0
魔王「まさか……これほど早くに身を固める時が来るとは」

王女「ごめんね。それともう一つごめんね」

王女「あたし、魔王よりもずっと早くに死んじゃうから」

魔王「……それは止むを得ない事だろう。だからこそ、今の時間を大切にするのだ。終わり無き日々も無いのだからな」


その後
平和な日々は続き魔王と王女、そして王妃は幸せに暮らしたとされる。
しかし、実際には幾度か王女と王妃への暗殺が企てられ、その度に魔王は頭を抱えていたという。
何よりの悩みの種であったのは、王妃自身でもその不粋者を蹴散らす事があり、
勇者であった時以上の力であると多くの者を恐れさせると共に、
自ら最前線で剣を振るうようなってしまった事である。

  マッドプリンセス End

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:55:45.40 ID:/qkAZpMg0
>>1-60
勇者「どうするにせよ力が欲しい」

魔王「ならばくれてやる」

勇者「スパルタ?」

魔王「素直に力が欲しいと言われてしまったら、至極当然であろう?」

魔王「それも死ぬほどのスパルタだぞ」

勇者「あ、やっぱり止めておこうかな……」

魔王「我々、魔王として君臨するものが行うものだ」

側近「魔王様……流石にそれは勇者さんが死にます」

魔王「恐らく精霊の加護とやらの範囲内であろうから問題なかろうて」

勇者「どうでもいいが死ぬの確定なのか」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:57:39.41 ID:/qkAZpMg0
魔王「ここだ……」

勇者「禍々しい洞窟だな……」

魔王「当然だ。だが、この試練に耐え抜けた先には、人智を超越した力が手に入るだろう」

勇者「しかもこの扉、開かなくね?」

魔王「ちゃんと開くぞ。中からは開かんがな」

勇者「あーリタイヤ無し、か……」

魔王「ほれ行って来い。時期魔王と目された者ですら命を落とす過酷な試練の始まりだ」

勇者「はっ? そこまで、ちょ、マジ待、あ、こら閉め~~~~~」ドンドンドン

側近「よ、よろしかったのですか?」

魔王「どうせ死に戻ってくるであろう」

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 20:58:41.09 ID:/qkAZpMg0
……
魔王「一ヶ月経った……」

側近「戻ってきませんね……」

魔王「……駄目かもしれんな」

側近「はい?」

魔王「あの内部は瘴気で満たされておる。生きていたとしても発狂し、死ぬ事もできずに彷徨って」

魔王「死んでいるとしたら……加護の範囲外だったのか……」

側近「……。っ!」

側近「ま、魔王様! 暗殺者が多数、こちらに!」

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:00:46.58 ID:/qkAZpMg0
魔王「……どんな者達だ?」

側近「熟練の者の……そんな、全員対魔の血を……?」

魔王「ふむ……この時がきたか」

側近「魔王様……」

魔王「全戦力を投入するぞ。我も出る……ここが正念場だ……」

魔王「……せめて、もう一度勇者と話をしたかったのだがなぁ」

魔王「……いくぞ」カタ

側近「か、仮面を……」

魔王「出し惜しみできない状況だ……全力で叩き潰させてもらおうか」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:01:35.84 ID:/qkAZpMg0
暗殺者A「はあ……はあ……」

暗殺者C「たったの……四人か……」

暗殺者D「早くそれを仕舞え……」

暗殺者B「よし……何時でもいけるぞ」

「なんだー? 魔王のやつ死んじまった?」

暗殺者A「っ!」

勇者「おーお前らがか? 結構やるじゃん」

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:03:58.31 ID:/qkAZpMg0
勇者「ったくよぉ……。あんな所に閉じ込めたお礼くらいしてやろうと思ったのによぉ」

暗殺者D「……本当にあの勇者なのか?」

暗殺者C「この禍々しい雰囲気は……」

勇者「まあいいっかぁ……どーせこの後の事なんて、あたしにはカンケーないしねぇ」

暗殺者A「……あたし?」

勇者「そ、あたし。もー辞めたんだーそーゆーの」

勇者「だってさ。勇者としてのあたしはさ……」

勇者「あの時、あんたらに殺されたじゃん?」

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:05:01.94 ID:/qkAZpMg0
勇者「だから辞ーめ。勇者じゃない、一般ピーポーとしてあたしは生きる事にしたの」

勇者「ま、全然一般じゃあないけどねぇ」ケラケラ

暗殺者B「様子があまりにも変だ……」

暗殺者C「お前は先に行け……我々の目的は魔石を持ち帰る事だ」

暗殺者A「くそ……なんだってこんな事に……」

暗殺者D「……! 勇者が消え……!」

勇者「ふ、ふふふ」

暗殺者B「……っこふ」ガクガク

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:05:38.86 ID:/qkAZpMg0
勇者「折角の的なんだから逃げちゃ困るんだよねぇ」

勇者「あ、この魔石は頂いておくね。バイバーイ」

暗殺者B「」ドサ

勇者「こんなものがあるからいけないんだよねーあーんっ」ゴクン

暗殺者A「なっ……」

暗殺者C「非常事態だ……引くぞ」

勇者「んーこれで何時でも一緒だね……魔王」サスサス

勇者「……あれ、三人ともいなくなっちゃったか」

勇者「爆破魔法」カッ

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:08:19.05 ID:/qkAZpMg0
「や、奴が来ました!!」
「何としてでもここで……」カッ
「隣国で凄まじい光が!」
「逃げろ! もうじき奴がここに来るぞ!」
「何だ? 急に気温が……うわ、うわあぁっ」
「どうにか、どうにかあの化け物を倒せないのか?!」
「もう無駄だ……生まれたのだ……最悪最凶の魔王が……」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:09:28.38 ID:/qkAZpMg0
勇者「あー……すっきりしたなぁ」

勇者「何処を見てもこの荒れ果ての大地に紅い空……」

勇者「ああ……清清しいなぁ」

勇者「もうだーれもいないよ……嫌な事も嫌な人も」

勇者「ふ、ふふ、ふふふふ、あははははははは」

勇者「あーはっはっはっは! あーはっはっはっはっはっはっ!!」

……

…………

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:10:37.83 ID:/qkAZpMg0
………………
「こちらSA3、惑星SRX244に降下する」

「何て荒廃した……やはり、まともに生命体はいなさそうだな」

「発見されてから60年……依然、時が止まったままの惑星、か。一体何が起こったというのだ」

「あ、あれは、人か? 馬鹿な! こんな環境下で?!」

「女性の姿をした生命体を確認! これより接触をはか……何だ手を振って」

「この光は?! う、うあぁぁ!」ザザ ザーーーーー


  災厄の魔王End

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:11:36.73 ID:/qkAZpMg0
>>1-60
勇者「何かもーどーでもいっか」

魔王「む?」

勇者「そこら辺はお前に任せちまって、俺はのんびり暮らしたいな」

魔王「良いのか?」

勇者「もうさ……勇者ってのに疲れちまったんだ」

魔王「ふむ……そうか、では何に転職するのだ?」

勇者「とりあえず、魔族側を旅してみたいから何だって構わねーよ」

魔王「では無職だな」

勇者「何か凄い嫌だな」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:13:01.47 ID:/qkAZpMg0
勇者「さーて、これから何処に行こうかなっと」

勇者(とりあえず山を越えないとか。案外面倒だな)

勇者「そういえば……こっちって魔物は」

山賊A「ヒャッハーーー!」

山賊B「ここを通りたければっ!」

山賊C「有り金全部置いていきなーー!!」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:13:37.26 ID:/qkAZpMg0
山賊A「バイ、ずびばぜんでじだ」

山賊B「もうじまぜん」

山賊C「ぢゅうぜいをぢがいまず」

勇者「何だよ。魔族側は賊がいるのかよ」

山賊A「……? 人間の方ですか?」

勇者「そうだよ」

山賊B「……っえ、じゃあまさか勇者、様で」

山賊C「あばばばば、とてつもない方に喧嘩を」

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:14:28.74 ID:/qkAZpMg0
勇者「とりあえずお前ら俺の下僕な」

山賊A「ははははい、何なりとぉ」

山賊B「それにしても、勇者様が何故こちらに……?」

勇者「あー……まあそういうの辞めたんだよ」

山賊C「そうなのですか?」

勇者「で、こっちを旅してーな、と思ってな」

山賊A「は、はあ……」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:15:27.23 ID:/qkAZpMg0
勇者「ここってどうやって金稼ぐんだ?」

山賊B「そりゃあ……仕事に就いてとか」

勇者「いや旅人だよ。お前らも山賊させねーからな?」

山賊C「えぇぇ……そうなりますと、そうですねぇ」

山賊A「小遣い稼ぎ程度ですが、薬草とか詰んでいくとか」

山賊B「後は街で出されているクエストをこなすぐらいっすかねぇ」

勇者「何じゃそりゃ」

山賊C「個人や団体が不特定に対し仕事を依頼するんですよ」

山賊A「酒場とかによく張り出されてますね」

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:16:40.35 ID:/qkAZpMg0
勇者「例えば、ここの直近の町の警備連中から、山賊討伐の依頼とかか」

山賊B「……え、俺ら売られるんっすか?」

勇者「例えの話だ。地理とかがさっぱりだから、同行者が必要なんだよ」

勇者「で、達成して初めて報酬が得られると」

山賊A「そうなんですが、これも殆どがパシリだったりで、良い儲け話ではありませんねぇ」

山賊C「ある程度有名人だったりすると、信頼や実力が伴う依頼が受けられるそうですけども」

勇者「おいおい、勝手にそういう依頼が見えるようになる、とか訳の分からん話じゃないだろうな」

山賊B「もっと現実的っすね。顔が知られていると酒場の主人に、特別な依頼が掲示されている別室に招かれるんだそうっす」

勇者「それはそれで夢がねーな……」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:17:29.66 ID:/qkAZpMg0
勇者「で、最寄の町までどのくらいだ?」

山賊A「今からですと明日の夜に到着するぐらいですかね」

勇者「魔物とか出んの?」

山賊B「状況は人間側と変わらないっす」

勇者「面倒くせーな。ちゃっちゃと行くぞ」

山賊C「町とか何年ぶりでしょうね……」

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:18:28.88 ID:/qkAZpMg0
勇者「雷撃魔法・強!」

山賊A「すげー……」

山賊C「強が撃てる人、初めて見ました……」

勇者「まあ、人間側でも強はそう多くねーな」

勇者(魔法の熟練度はこっちも同じくれーか)

山賊B「この調子だと明日の昼前に着けそうっすね」

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:19:33.71 ID:/qkAZpMg0
勇者「ほー結構栄えてんじゃねーか」

山賊A「そりゃあ、魔王城最寄の町ですし」

山賊C「城行きの物資の搬入ルートである以上、自然と栄えますからね」

勇者「お前ら……まさか」

山賊B「いやいやいや! そんな物資狙ったら、一発で首が飛んでくっすよ!」

勇者「場所の割にはみみっちく稼いでいたのか」

山賊A「命は惜しいもんで」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:20:28.86 ID:/qkAZpMg0
勇者「っぷはぁーー!」

山賊C「何て良い飲みっぷり」

勇者「まーなー。旅していると色々とあるからなぁ」

山賊B「一通りのクエストを取ってきたっす」

勇者「ほー……何だよ。違う町への物資の輸送とか、アイテム持って来いとかばっかだな」

山賊A「ですから基本パシリなんですって」

勇者「この報酬の補給品とかって何だよ」

山賊C「回復薬だったり、巻物や杖ですね」

勇者「巻物? 杖? なんだよそりゃあ」

山賊A「え”っ?!」

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:21:28.76 ID:/qkAZpMg0
山賊B「……つかぬ事お伺い致しますが、ご存知無いのでしょうか?」

勇者「少なくとも人間側には巻物や杖で有力な物はねーな」

山賊A「こちらでは常識なので意外な話ですね」

山賊C「巻物は読むとその巻物に込められた魔法が放たれます」

山賊C「杖は振れば込められた魔法を、自分や隣接する相手等に放てます」

山賊C「巻物は一回限りで、杖は数回使えますね。使えなくなったらただの杖ですが」

勇者「そんな便利グッズがあんのかよ。羨ましいなぁおい」

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:22:30.74 ID:/qkAZpMg0
勇者「お、これなんか面白そうだな」

山賊A「えーと、模擬試合? あーこいつは止めた方がいいですよ」

山賊B「挑戦者叩き潰して楽しんでる奴っすよね」

勇者「結構額もいいな」

山賊C「それなものでして、事情を知らない犠牲が後を絶たないようでして」

勇者「お前ら町に来るの数年ぶりの癖に詳しいな」

山賊A「そりゃあ……」

勇者「……? え、まさか数年前から?!」

山賊B「そいつ、この町の頭なんっすよ」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:23:28.20 ID:/qkAZpMg0
勇者「つーわけで、一戦頼まぁ」

依頼者「これはこれは随分と若い方が。ですが手加減はできませんよぉ?」

勇者「構わねーよ。ルールは白線範囲内で戦闘。魔法有り、回復薬、杖等の使用は不可でいいんだな?」

依頼者「ええ、ええ。その通りです」

依頼者「それでは……参りますよ?」

勇者「おうよ」


山賊A「うわちゃーマジかよー……」

山賊B「大丈夫っすかねぇ……」

山賊C「まあ大丈夫でしょう」

山賊A「なにその自信」

山賊C「いえね、魔王様と戦っていた方ですから、それなりの実力はあるはずですよ」

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:24:28.71 ID:/qkAZpMg0
依頼者「せいやぁ!」

勇者「よっ」ギィィン

依頼者「今のが捌かれるとは……はぁ! せいっ!」

勇者「ほっ、とうっ」ギィンギィン

勇者「足元が以下略」ゲシ

依頼者「なっ」


山賊A「軽く蹴り入れちゃった」

山賊B「すげーっす! 勇者様かっくぅいぃぃぃ!!」

山賊C「こうなると、あれは魔法を撃つでしょうが……勇者様相手ではねぇ」

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:25:32.43 ID:/qkAZpMg0
依頼者「ふっふふ……仕方有りませんね」

依頼者「剣では負けですが……私の全力の魔法はどうでしょうかねぇ」

依頼者「行きますよ……爆破魔法・中!!」カッ

勇者「爆破魔法・中」カッ


山賊A「……これは」

山賊B「……何て」

山賊C「……恐ろしい」

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:26:32.13 ID:/qkAZpMg0
依頼者「」

勇者「やべぇ……同じ中なのに完全に押し切っちまったよ」ポリポリ

勇者「回復魔法・中」パア

依頼者「っは! わ、私は……」

勇者「まぁ見ての通りだわな」

依頼者「っぐ、このような事など、認め……」

勇者「次、強で行くなー。爆破魔……」

依頼者「こちらが報酬でございます」

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:27:37.37 ID:/qkAZpMg0
勇者「しばらくは気にせずにやっていけるな」

山賊A「本当にしばらく遊んで暮らせる金ですね」

山賊B「勇者様マジパネェっす」

山賊C「して、次はどちらに向かいましょうか?」

勇者「そうだな……お前らから見て、これより良い装備が手に入る町ってあんのか?」

山賊A「それ以上ですか」

山賊C「……うぅむ」

勇者「お、何だ? これそんなに上位の装備か?」

山賊B「……中級過ぎて、大きな町だったらそれ以上はいくらでもあるんっすよね」

勇者「……は?」

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:28:39.22 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ガチャガチャ

山賊A「おお……超お似合いですよ」

勇者「なんだ……この腑に落ちないものは」

山賊C「いや、私達は弱めの装備でいらっしゃるものだと思っておりましたので」

勇者「……そりゃあさ。特注じゃねーけどもよ。俺の財産で買える最高の装備なのによ……」

山賊B「勇者業って結構きっついんすね」

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:29:28.74 ID:/qkAZpMg0
勇者「なんかこっちの魔物はぬるいのばっかだな」

山賊A「そうなんですか?」

勇者「魔法も中とかボンボン撃ってくる連中がいたからなぁ」

山賊C「こちら側としてはぞっとしない話ですね」

勇者「お前ら弱すぎじゃね?」

山賊B「勇者様と比較されても困るっすよ」

勇者「まーなー。これでも俺は……」

勇者 ovz ←暗殺者にボロ負けした事を思い出してる

山賊A「ひ、肘ついて四つん這いになって頭抱えてる」

山賊C「今の会話の何処に何があったというのだろうか……」

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:30:30.90 ID:/qkAZpMg0
勇者「おー結構でかい所だな」

山賊B「ここは城があるっすからね」

勇者「魔王が全領土を統治している訳じゃないのか?」

山賊A「そうですね……一応統治者は魔王様ですが、範囲が広いので各地に代表みたいなのがいますね」

勇者「なるほどなー。人間側は城っつーとそれぞれの国が持っているもんだからなぁ」

勇者「あ、国って概念が分かんねーか」

山賊C「概念だけなら知っていますよ。昔はこちらもそうだったようですが、初代魔王様が形式上一つとしてまとめたのですよ」

勇者「初代ってどんだけ昔だよ……うちのご先祖様より前じゃねーか」

山賊A(数年の付き合いなのに知らなかったが、Cは意外と高学歴じゃないか?)

山賊B(やばいっす。自分、国って分かんないっす)

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:31:39.81 ID:/qkAZpMg0
勇者「図書、館?」

山賊A「人間側にはないんですか?」

勇者「初めて聞いたな。何の施設だよ」

山賊C「一言で言えば書物の保管庫ですね。住民に対して貸し出しも行っていますよ」

勇者「な、マジで?!」

山賊B「自分らは住民じゃないんで借りれないっすけどね」

勇者「つっても中で読んだりはしていいんだろ? すっげえなぁ。こーゆーの公開しねーからなぁ国は」

山賊A「本とかお好きなんですか?」

勇者「色々と調べたりはするからなぁ。よっしゃ行こうぜ」

山賊B「……もしかして勇者様も高学歴なんっすかねぇ」

山賊A「俺ら二人だけ、か……」

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:33:12.75 ID:/qkAZpMg0
……
山賊B「……っ」ビクン

山賊A「う……あ?」

勇者「お、何だお前ら寝てたのか?」

山賊A「ふあ……失礼、しました」

山賊B「いやー……俺ら、あんましこういうのには興味がないっす」

勇者「勿体ねーなぁ」

山賊A「何かいい本でもありましたか」

勇者「おうよ。いやー魔族側最高ー。こんなにしっかりとした魔法の研究書物があるたーな」

山賊C「ついつい議論にも熱が入るというものですね」

勇者「火炎魔法に新しい切り口が見えそうだぜ……次は爆発魔法のエネルギー……」

山賊C「いいですね。後、凍結魔法による気圧操作……」

勇者「じゃあ、火炎魔法の……」

山賊C「それでしたら雷撃魔法における……」

山賊A(ついていけねー)

山賊B(何語っすか? この人達何語っすか?!)

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:35:05.41 ID:/qkAZpMg0
勇者「おらぁ景気付けに飲むぞ!」

山賊A「宿と酒はあれですが、料理は結構豪勢ですね」

山賊B「大部屋で一番安い所に、普通の酒っすもんね」

勇者「なにお前ら、酒とか味が分かんのか」

山賊C「いえ、そういう訳でもないのですが」

山賊A「こういう時って酒も贅沢したくないですか?」

勇者「大して味が分かんねーんならよ、料理を豪華にした方が満足感があるだろ」

勇者「見ろよぉこの肉っ。すっげぇ脂! 超旨そうー!」ハフハフ

勇者「うっめぇぇぇ!」

山賊B「すっごい生き生きとしてるっすね」

山賊A「でも、まあ分からない話でも無いな」

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:36:01.98 ID:/qkAZpMg0
盗賊B「そういえば……魔王様に対し、人間が猛攻撃をし始めたって話らしいっすよ」

勇者「ふーん」

盗賊A「ふーんって興味が無いんですか?」

勇者「いや、あの魔王だったら人間の軍隊なんてさらっと蹴散らせるからな」

勇者「少なくとも、あいつより強い奴は知らん」

盗賊C「……もしも、その軍隊の中に勇者様と同じくその血筋の者がおりましたら?」

勇者「あー……どうだろうな。ま、どうにかなるだろ」

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:37:07.04 ID:/qkAZpMg0
勇者「なあ次の目的地だがよ。ここよりでかいところ行ってみないか?」

山賊C「自由気ままに移動していたのに、急にどうしたのです?」

勇者「図書館いいねぇ。もっと大きいところとか見てみてー」

山賊A「ここからですと……一週間くらいでしょうかね」

山賊B「ああーあそこっすか……金持ちばっかで嫌なんすよねぇ」

山賊C「しかし、特権を片手にブドウ畑で酔うような貴族が少ないのも事実ですがね」

勇者「貴族とかいんのかよ……人間側じゃ何時の時代だよって単語だぞ」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:38:04.74 ID:/qkAZpMg0
勇者「おっひょぉぉぉぉ、うっひょおおぉぉぉぉ!」

山賊C「書物の量質のあまりに、発狂してしまいましたか」

山賊A「俺ら超浮いてるなぁ」

山賊B「しょうがないっすよー」

勇者「やべぇ……俺、もうここで暮らしてぇ」

勇者「ここって空いてる部屋とかねーのかなぁ」

山賊C「ここって……図書館自体ですか?!」

山賊A「流石というべきか……考える事が違いますね」

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:38:57.39 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」ペラ ペラ

山賊A「凄い勢いだな」

山賊C「この間もこんな感じでしたよ」

騎士「そこの方々、少々失礼します」

勇者「……あん? ……」ジロ

山賊B(俺ら何もしてないっすよ?)ビク

山賊A(睨んでる! めっちゃ睨んでる!)

騎士「あ……いや、そういう用件ではないので、身構えていただかなくても」

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:39:59.49 ID:/qkAZpMg0
騎士「もしやあなたは……人間側の勇者様、では?」

勇者「おいおい……俺の顔が割れてるのか?」

騎士「風の噂で勇者様がこちらで旅をしてらっしゃる、と」

山賊C「今時旅人というのも珍しいですからね。特に鎧姿とあれば」

勇者「あー……で、そんな俺に何の用だよ」

騎士「もしも……可能でしたら少々お頼みしたい事がありまして」

騎士「ある方の護衛なのですが……よろしければ詳しい話は城の方で」

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:41:33.84 ID:/qkAZpMg0
勇者「パーティすっけど、姫様の命狙われてるからぼすけて、と」

騎士「ええ、そんなところです」

勇者「暗殺方法が分からねーと対処の仕様がねーんだけどな」

騎士「会場は魔法の詠唱を無力化した空間となっています」

騎士「飲食物は執事に直接運ばせますので、毒物を混入される恐れはないでしょう」

騎士「会場は広いので、敷地外からの弓矢での狙撃もありません」

勇者「会場内での飛び道具か接近して、か」

騎士「はい、それなので勇者様にはお嬢様のお傍に控えて頂きたいと」

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:42:29.80 ID:/qkAZpMg0
盗賊A「それだと護衛って目立って暗殺しないんじゃないか?」

盗賊C「抑止力という意味ではありでしょうね」

騎士「今回、依頼を受けたと思われる暗殺者はかなりの者です」

騎士「この先、何度もお嬢様が狙われる状況を作るわけにもいきません」

盗賊B「じゃあ逆効果じゃないっすか?」

騎士「ですので、勇者様にはパーティ会場に合わせた服装をして頂きます」

勇者「うげ、マジかよ」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:43:00.76 ID:/qkAZpMg0
盗賊A「勇者様のフォーマルか……見てみたいかも」

盗賊B「ビシっとしてて格好良さそうっすね」

騎士「ドレスの様な物が中心となりますが、よろしいでしょうか?」

盗賊A「えっ」

盗賊B「えっ」

盗賊C「えっ」

勇者「おおっ」

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:44:12.42 ID:/qkAZpMg0
騎士「……?? 私の勘違いでしたでしょうか?」

勇者「いやー間違ってねーぜ。だが驚いたなぁ」

勇者「初見で見抜く奴は初めてだぜ。あの魔王でさえ、最初は気付いていなかったようだしな」ケラケラ

盗賊B「え、ええ?! 本当に女性なんっすか?!」

盗賊C「全く気付かなかった……」

盗賊A「髪も短いし……確かに中性的な顔立ちではありますけども」

騎士「共に旅をされているのですよね……?」

盗賊A「普通に風呂にも入っていたし……そりゃあ目の前で脱いだりする事は無かったけども」

勇者「くひーっひっひっ! その顔が面白いから、勇者止めてもこれだけは止められねーんだよなぁ!」

盗賊B「うえぇぇぇ?」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:45:26.17 ID:/qkAZpMg0
盗賊C「うーん……。とは言え彼是、一月以上共にしていますが月ものの様子が一切うかがえないのですが」

勇者「精霊様のご加護だな。そういう不利な部分をどんどん潰していけるんだ」

勇者「よく否定されるが、俺にしてみれば大歓迎な話なんだがな」ケラケラ

盗賊A「完全に女性を捨ててますね……」

盗賊B「普通に格好良いっすもんねぇ……」

勇者「ガキん頃は普通に女の子やってたんだがなぁ」

勇者「色々とあって拾ってくれたお国の為、と切った張ったしかできねー奴にまでなったってのに、こんな所で……」

勇者「……わりぃ。今のはただの愚痴だ。聞き流して忘れろ」

盗賊A「あ……」

盗賊B「勇者様……」

盗賊C「……」

勇者「……忘れろっつったろうがぁ」ギラ

盗賊A「試着室はどちらに?」

盗賊B「わー、早く勇者様のドレス姿見てみたいっすーー」

盗賊C「確かにこれで髪を伸ばせば分からないやもしれませんね」

274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:46:31.15 ID:/qkAZpMg0
勇者「で、まあ着てみたわけだが……かつらつけてっと」ファサァ

盗賊A「……ぉぉ」

盗賊B「すっげ……」

盗賊C「こうしてみると凄い美人ですね」

勇者「そうかぁ? 身体は鍛えているから違和感バリバリになっかと思ってたんだがよぉ」

騎士「隆々と言うよりは、引き締まる形で筋肉が付いているお陰、といった所でしょうか」

盗賊B「細マッチョってやつっすね」

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:47:38.87 ID:/qkAZpMg0
盗賊C「ですが、触れたら一発でアウトですね」サワサワ

勇者「二の腕プニってるとか、もう何年前の話だよってレベルだからなぁ。ほれ、腹触ってみろ」

盗賊A「え? し、失礼しま……うわっめっちゃ割れてる?!」

騎士「露出が少ないタイプのドレスが最適みたいですね」

勇者「だなぁ」

盗賊B「っていうか結構胸あるっすね……普段どうしてたんっすか?」

勇者「さらしで全力巻きだな。だってのに、少しは大きくなっていくから困ったもんだぜ」

勇者「そろそろまな板が通らねーわな」

盗賊C「何故、そのように漢らしく……」

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:48:30.64 ID:/qkAZpMg0
騎士「パーティは明後日となります。それまでの間は城でお寛ぎ下さい」

騎士「おっといけない。一度、お嬢様へお会い頂かなくては……」

盗賊B「俺らどうしたらいいっすかねぇ……」

勇者「お前らも来い。そんでフォーマル来て会場内巡回してろ」

盗賊C「そうなりますよね」

勇者「ついでに姫様の面会もついて来い。身なりを整えりゃ大丈夫だろーが、いざって時にごろつきと勘違いされても困るだろ」

盗賊A「ある意味、確かにごろつきなんですがねぇ」

騎士「今更ですが凄い構成ですね……」

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:49:40.79 ID:/qkAZpMg0
勇者「……という訳でして、この度護衛を務めさせて頂く事となりました勇者と申します」

盗賊A(誰? あれ誰?)

姫「そんな……お顔をお上げ下さい」

勇者「失礼致します」

盗賊B(……。ゴシゴシ。……。ゴシゴシゴシ。……?!)

姫「あの……言葉等も取り繕わず、ご自由にして下さい」

姫「私の様な者の為に尽力をして頂けるというのに、そのように畏まられては申し訳ないばかりで……」

勇者「そー仰るのでしたら、普段通りでいかせてもらうぜ」

盗賊C(おや、元に戻りましたか)

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:51:08.47 ID:/qkAZpMg0
姫「その……話には聞いていましたが、本当に人間の勇者様なのですか?」

勇者「まぁ元、だがね」

姫「こんなお若い方が……魔王様と」

勇者「一応ね。精霊様のご加護を受けてましてね。死んでも直前に礼拝した教会で蘇れるんですよ」

盗賊A「え゛っ! 何ですかそれ初耳!」

勇者「あーお前らにも言ってなかったわな」

盗賊C「因みに今そのご加護は……?」

勇者「こっち来てから死んでないからなぁ。まー多分、蘇生されるとは思うが」

姫「その……それは辛い事ではないのですか? 何度もその苦痛に耐えてきたという事なのでは……?」

勇者「十数回、首刎ねられたり身体を捩じ切られたり魔法で粉々にされると、案外何とかなるもんなんだよなぁ」

盗賊B「さらっと凄い死因があったっすよ?!」

280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:52:05.39 ID:/qkAZpMg0
勇者「いやー。良識的な姫様で良かったぜ」

盗賊A「いいんですか? あの目は完全に異性を見る目でしたよ」

盗賊B「あー……」

勇者「くっく……当日が愉しみで仕方がねーぜ」

盗賊C「そういったところは、本当に性格が悪いですよね……」

盗賊A「口添えすんですか?」

騎士「とても私の口から伝えられませんよ……」

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:52:43.70 ID:/qkAZpMg0
盗賊A「で、あれから部屋に篭りっきりでどうしたんですか?」

勇者「ちょいと魔法の研究をなー」

盗賊B「ちょ、屋外じゃないっすよ! しかもでっかい城の中っすよ?!」

勇者「こいつをこうで……こうして……」

勇者「電流魔法・中!」バリバリ

盗賊C「?!」

盗賊C「まさか……ご自身で?」

勇者「この間の書物の内容からなぁ」

盗賊A「え、新規の魔法開発って物凄い事じゃ……」

盗賊C「いえ、電流魔法自体は既に開発されていますが、あまり有用性が無い為全く普及していないのです」

勇者「あ? こいつの概念自体はもう出来上がってるのか」

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:54:12.93 ID:/qkAZpMg0
盗賊B「でも一から作るって相当な事っすよねぇ」

盗賊C「参考文献があったとは言え、この魔法そのものの記述を無い事を考えた場合」

盗賊C「どのように考えようと偉才と言わざるを得ないでしょうね」

盗賊A「それにしても……それがお姫様護衛の要になるんですか?」

勇者「ちょいと、工夫してだな」バリバリバリ

勇者「おい、B。金属類の装備全て外して、俺の前を通れ」バリバリバリ

盗賊B「は、はぁ……」ガチャガチャ

盗賊B「……勇者様の前、通り過ぎたっすけども何も起こらないっすね」

勇者「そこの盆にフォークとか積んでもっかい通り過ぎろ」バリバリバリ

盗賊B「?? 何ともないっすね」カチャカチャ

284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:55:15.36 ID:/qkAZpMg0
勇者「ラストだ。お前の剣を俺の前に投げろ」バリバリバリ

盗賊B「了解っす」ポイ

勇者「……うん? んー」バリバリバリ

盗賊C「……?」

勇者「もっかいだ」バリバリバリ

盗賊B「は、はあ……」ポイ

勇者「……良し」ジジ バリバリバリバリバリバシン

盗賊A「剣に電流がっ!」

盗賊C「一体、何が……」

盗賊B「あうあー……俺の剣ー……」シュゥー

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:56:16.92 ID:/qkAZpMg0
勇者「一定以上の質量を持つ金属に対し、攻撃するように設定してみた」

盗賊C「せっ……えええぇぇ?!」

盗賊A「そ、そんなに驚く事なのか?」

盗賊C「あ、当たり前です! このような事をできる人物……そもそも設定だなんて概念そのものが……何て方だ」

勇者「まあ、ナイフやフォークより一回り大きいくらいの物、が設定になるだろうが」

盗賊A「暗殺用、ではなく日用品で来られたり、非金属性の物で来られたら……?」

勇者「その為に俺が傍に控えるんだ。お前らもしっかりと周囲を警戒しろよぉ?」

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:57:16.76 ID:/qkAZpMg0
当日
勇者(……どうやら金属類の持込制限は上手く機能していそうだな)

勇者(これで誤射は無くなったが……問題は暗殺者そのもの)

勇者(姫様の周囲に集まらせる人数を制限しているから、人込み紛れてって事はさせねーが)

騎士「……」スッスッ

勇者(お……客人は姫様に触れてはいけない、てのオッケーになったのか)

勇者(案外すんなりいきそうだな)

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:58:13.40 ID:/qkAZpMg0
勇者「ご機嫌麗しゅうお姫様」

姫「え……は、はい」

勇者「あら? 先日お会いしたのに、もうお忘れになられてしまったのですか?」

姫「え、ええと」

姫「えと……ええと……」

勇者「ふふ」

勇者「流石にこのような場では、取り繕わずにいる訳にはいきませんゆえ」

姫「……え? ……えっ! ええ?!」

289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 21:59:20.86 ID:/qkAZpMg0
姫「そんな、ほ、本当に?! ゆ、勇者様っ?」

勇者「ふふ、そうですよ」

勇者「私が傍におりますゆえ、ご安心下さい」ニコニコ

姫「……」


盗賊A「ああしてみると、女性だよなぁ」

盗賊C「それよりもお姫様のあの驚き様……」

盗賊B「美味いっす! 滅茶苦茶美味いっす!」モシャモシャ

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:00:16.94 ID:/qkAZpMg0

勇者(盗賊Bは後でシバいておこう)

姫「女性、だったのですね」

勇者「そういうつもりでの格好ではありますが、よく間違われますよ」

姫「……」ショボーン

勇者「さあ、そろそろ始まりますよ。その様に背筋を丸めてはいけません」

姫「は、はい……」ショボーン

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:01:23.58 ID:/qkAZpMg0
姫「――」ワイワイ

貴族「――」ガヤガヤ

勇者(なんつーか、ふつーだな)

勇者(まあ、それに紛れんのが暗殺者なんだろーが)チラ

盗賊A(入り口周辺 不審人物 無し)スッスッ

勇者(ふむ……)

盗賊B(中央 不審人物 無し)スッスッ

勇者(いそうだな……)

盗賊C(周囲警戒している者 2 盗賊B 傍を通過)スッスッスッスッ

勇者(盗賊B殺す)

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:02:17.41 ID:/qkAZpMg0
勇者(あの男か……?)

勇者(お、こっちに来たっ。どう来る?)ワクワク

勇者(て、おいおい凄い勢いだぞ。自決? 片道切符の暗殺か? 個人的な暗殺ならまだしも……)

勇者(止められる前に討つ気か?! 先手取らねーと!)バッ

勇者「申し訳御座いません、それ以上は……」

紳士「おお、何と御美しい……貴女がこちらの姫君であられますか」スッ

姫「えっ」

勇者「えっ」

盗賊ABC(あっれええぇぇぇ?)

294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:03:23.56 ID:/qkAZpMg0
姫(初見で殿方に見えた方に負けた……)サメザメ

勇者(え、暗殺者違う? いやデコイ、目くらまし? もう一人の不審者何処行った?)

盗賊C(十一時の方角 立食中)スッスッ

勇者(あっれえええぇぇえぇぇぇ? 違うの? 馬鹿なの? 死ねよ!)

紳士「その御美しいお声、もう一度お聞かせ下さい」

勇者「……ッチ」イラ

姫「?!」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:04:26.76 ID:/qkAZpMg0
紳士「し、失礼致しましたー!」バタバタ

姫「あ、ああ! せめて誤解を! この方は違い……聞いていない」

勇者「ごめーん」テヘペロ

姫「あうあうあー……」

勇者「いや、本当に申し訳御座いません」

姫「いえ……貴女からして見れば、暗殺者と思しき人物と警戒していた訳ですから」

姫「至極当然の苛立ちなのでしょうから……」

勇者「えーと、その本当に申し訳御座いません。私達では大した事はできませんが、出来うる限りの謝罪をさせて下さい」

姫「良いのです……こうして守って頂いておりますので」


盗賊A(ガラッガラだけど大丈夫かなぁ)

盗賊B(勇者様、周囲を警戒していないっスよ)

盗賊C(不味い、一人怪しいのが……ここからでは援護が)

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:05:13.96 ID:/qkAZpMg0
男「……」スッ

姫「え、あ……」

勇者「しまっ……!」


盗賊A(っげ、あんのイレギュラーの所為で)

盗賊B(あばばばばばば!)

盗賊C(くそっ……勇者様、どうにかっ)


勇者「逃げねーと!」

姫男「「えっ」」


盗賊ABC「「「えっ」」」

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:06:35.36 ID:/qkAZpMg0
男「ぎゃああああ!!」バリバリバリィ

姫「きゃあああああ!!」

姫「なに?! どうして!? 私から電撃がっええええ?!」

勇者「やれやれ……巻き込まれる所だった」

盗賊B「ど、どどどうなってるんっすか?!」バタバタ

盗賊A「あれって電流魔法……?!」バタバタ

盗賊C「ゆ、勇者様! まさか!」バタバタ

勇者「姫様の周囲にかけて、接触した相手を迎撃するようにしといた」テヘペロ

姫「えっ」

301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:07:30.13 ID:/qkAZpMg0
盗賊C「そうかっ……既に発動している魔法であれば」

盗賊A「仮にもお姫様に魔法を直接かけておくとか……」

姫「ぼ、暴発していたら……?」

勇者「試しで自分にかけて、そのまま寝たら暴発したぐらいだ」

勇者「金属類身に付けていよーが、稽古してよーが問題なかったからな」

盗賊B「え、兵士と稽古していた時っすか?!」

勇者「まあ、あれは俺が撃とうとしない限り、ずっと待機しているものだったがな」

盗賊C「……うん? 昨日の城壁の一部が盛大に破壊されたという話は……」

勇者「ピューピュー♪」

盗賊A「試し撃ち……」

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:08:17.10 ID:/qkAZpMg0
騎士「ええ、と……一先ず迎撃できたと見てよろしいのでしょうか?」

男「」プスプス

勇者「ああ、ギリギリ生きているがどうする?」

盗賊B「黒こげで生きているように見えないっす」

男「」ピクピク

盗賊A「あ、動いた」

勇者「やっちまうか?」

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:08:40.13 ID:/qkAZpMg0
騎士「確保しますので止めを刺さないで下さい」

勇者「そうかい。じゃあ俺らはこれで引き上げていいか?」

騎士「……ええ、依頼を受けた暗殺者で間違いないようですね」

盗賊A「それでは退散しますか」

盗賊B「ええ~~もう終わりっすか?」

盗賊C「飽くまで護衛が目的ですからね」

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:10:24.21 ID:/qkAZpMg0
勇者「ふぃーやっぱ鎧が一番落ち着くぜ」

盗賊B「安定の勇者様っすね」

騎士「こちらが報酬です」ジャラ

盗賊A「……俺、こんな大金初めて触った」

盗賊C「私もですね……」

盗賊B「すごっ! 6万Goldっすよ! すっご!!」

勇者「……」ビク

盗賊A「勇者様?」

勇者「ま、まあ俺クラスだと、人間側にいた時なんてこんな金額、普通だし?」

盗賊B「マジっすか! 勇者様かっけぇぇ!!」

盗賊A(確か金苦しいって話じゃ……?)ヒソ

盗賊C(触らぬ神に祟り無しですよ)ヒソ

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:11:29.69 ID:/qkAZpMg0
騎士「それと……粗末な品ですがこちらをどうぞ」

盗賊A「随分とボロい本ですね」

騎士「勇者様は書物が好きとの事なので、我が国の図書館に寄付されていた古文書です」

盗賊C「それは……物凄い貴重な品なのでは?」

騎士「それが誰も解読できていないのですよ」

盗賊B「それ、単にゴミって事じゃないっすか?」

勇者「はー……」

盗賊A「どうかしましたか?」

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:12:27.00 ID:/qkAZpMg0
勇者「なーんでこんなものがこっち側にあるのかねぇ」

盗賊C「と言いますと?」

勇者「面倒だから省くが俺は読める。し、古文書なんてモンじゃあない」

騎士「……読み聞かせ頂いてもよろしいでしょうか?」

勇者「『我らは一族は北西に住む者。そこより世界を見渡し世界を守りし者』」

勇者「『集えば社会が生まれ秩序が生まれる。我らは歪む秩序を正すのだ』」

騎士「なんと……」

勇者「ったく、とんでもない本引っ張り出しやがって」

盗賊B「ど、どうするんっすか?」

勇者「決まってんだろ。俺のご先祖のルーツを探る」

勇者「進路は北西、確か山岳地帯だったな」

盗賊C「確かにあそこには古より続く種族がいるという話ですが……しかしこんな」

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:13:28.32 ID:/qkAZpMg0
盗賊B「ひぃーー、ひぃーーーー! 休憩にしないっすかーー!!」ゼェゼェ

勇者「おん前なぁ……もうちっと気合を入れろよ」

盗賊A「まあ……休憩と言わずとも、俺も少しきっついんですけどね」ハァハァ

盗賊C「息、乱れていませんね」フゥフゥ

勇者「お前等本当に盗賊かよ……肉体勝負じゃねーのかよ」

盗賊A「自信、あった方なんだけどな」ハァハァ

盗賊C「勇者様が規格外という話、ではないでしょうか?」フゥフゥ

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:14:40.32 ID:/qkAZpMg0
勇者「ほれ、着いたっぽいし、少し休んでいろよ」

盗賊B「ふへーー!」ドサ

男「何をしに来た」ザッ

勇者「あん? お前誰だ?」

男「私はここで番人をしている者だ。お前達は何者で、何用でここにいる」

勇者「俺は人間側の元勇者だ。ここらに俺のご先祖様っぽいのがいたらしいから来てみたんだ」

勇者「が、そんな理由じゃ通しちゃくれねーんだろ?」

男「当然だ」

勇者「さーてどうやって山岳地帯目指すかねぇ」

盗賊C「てっきり戦闘になるかと思いましたが……堅実なんですね」

勇者「無駄に戦う必要は無いだろ」

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:15:37.70 ID:/qkAZpMg0
勇者「んー……地図だと……お?」

勇者「おおぉ?! 何だこの壁画!!」

男「我らの先祖が遺した物だ」

勇者「そういう話じゃねーよ! 勇者語で書かれてるじゃねーか!! え、そういう事か?!」

盗賊B「勇者語……」

盗賊A「えーと……」

盗賊C「……ぅぅむ」

勇者「おいこら引くんじゃねーよ。先祖代々そう伝えられてるんだよ」

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:16:37.43 ID:/qkAZpMg0
男「読める、のか……?」

勇者「『この地は我らの故郷。これを読み解く者の帰る場所。よくぞ戻ってきた』」

勇者「『遠くの地に離れていたであろうとも、我らは歓迎して迎え入れよう』」

男「……人間側の元勇者と言ったな」

勇者「ああ」

男「そうか……向こう側に行った同族は、随分と立派になってしまったのだな」

盗賊B「なにがどうなってるんっすかね」

盗賊C「勇者様は……魔族という事ですかね」

313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:17:49.46 ID:/qkAZpMg0
勇者「俺は飽くまで勇者の末裔としか認識できていないんだが……詳しく話を聞かせてもらっても言いか?」

男「うむ……だがそれでは一体何処から話せば良いものか」

男「一族の力は理解しているか?」

勇者「……」

盗賊A(あ、これは分かっていないんだろうな)

盗賊B(瞬き止まったっす)

盗賊C(微動だにしないとは正にこの事)

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:19:31.08 ID:/qkAZpMg0
男「我らの力は恒常。絶えず流れゆく水の如く、その環境に合わせて変容する」

勇者「……んん? え、まさか、マジで?!」

盗賊B「なんで納得できるんっすか?!」

盗賊A「まあ、本人だから思い当たる節があるんだろうなぁ」

男「簡単な話、強い者と生活を共にすればより強く、弱き者と生活を共にすればより弱く」

男「剣豪と共にすればその太刀は光となりて、魔術師と共にすれば終焉の魔法を会得する」

男「最も、それさえも努力次第であるし、周囲の環境を越えられるかどうかは、才能にも関わるのだがな」

盗賊C「我々といるのは……逆効果なのでしょうか?」

勇者「お前なぁ俺がそんな腑抜けに見えんのか?」

盗賊A「ですよねー」

盗賊C「それどころか、魔力に至っては高まっている気がしますしね」

勇者「人間側に比べると大気中に流れる魔力の量が多いみたいだからな」

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:20:59.39 ID:/qkAZpMg0
男「力を意識し、強さを誇示し、鍛練を怠る事が無ければ凋落する事もないだろう」

男「それともう一つ、最大の力が加護を授かる事ができる」

勇者「ほー精霊様のご加護は種族の特権だったのか」

男「……精霊?」

勇者「……違うのか?」

男「お前の言う加護は何時から授かっていた」

勇者「え?! んー何時からだ……」

男「……話を進めるとだな」

男「我々の加護は我々が崇拝する神の加護」

男「狂戦士の加護なのだよ」

勇者「嫌過ぎる」

盗賊A「されど不思議と納得」

盗賊B「っすよねー」

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:22:23.83 ID:/qkAZpMg0
盗賊AB「」ボッコボコ

男「……加護を授かる条件があって、戦意がある事、戦う覚悟を持つ事である」

勇者「あーなるほど。で、特典は?」

男「戦闘により絶命した場合、教会等のような神を崇拝する場所に蘇る」

勇者「あー……対魔物って訳じゃなかったのか」

盗賊C「単純に聞くと化け物じみた加護ですね」

勇者「否定はしねーよ。だが、俺は狂戦士の神に祈った事はねーぞ」

男「お前の言動により崇拝したのは飽くまで精霊なのだろうな」

男「しかし、教会や神殿というものは神の世界へ架け橋を繋ぐ場である」

男「本来祈るべき対象を間違えていようとも、その祈りは我らの神に届き、剣を掲げるお前を守護してくださったのだろう」

勇者「狂戦士なのに懐広いな。あーりがとーう」

盗賊C「敬っているように見えませんね……」

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:23:39.45 ID:/qkAZpMg0
男「後はお前自身が気付いているだろうが、生理等の身体不調にさせる現象は起きていないはずだ」

盗賊C「?!」

勇者「こっち側凄いな……なんでこんなに分かるんだ?」

男「蛮族と言えばそれまでだが……お前から雌の臭いがする」

盗賊C「……もし鼻が詰まっておいででしたら?」

男「男にしか見えぬ」

勇者「犬かよ。つってもそんな女々しい臭いしてんのか? 嫌だな」クンクン

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:25:27.70 ID:/qkAZpMg0
勇者「で、力は分かったが一体何を企んでいるんだ」

男「その強大な力は世界の為に使う、それが我々の古からの制約」

男「遥か昔、まだ国も無く魔王も存在しない……未開拓という理由により不可侵であった魔族と人間」

男「そんな時代に一族の一部の者は、人間側へと渡り人間側の安寧を守ろうとしたのだ」

勇者「一族である事も使命も忘れ、ただ本能に刻まれた思いだけで生きてきた」

勇者「その象徴が初代勇者か……」

男「の、ようだな」

勇者「だから兵士で上を目指した、か……とんでもない日記帳だったな」ブツブツ

盗賊A「何の話ですか?」

勇者「人間側にも一族の言葉で書かれた本が古文書扱いで残ってんだよ」

勇者「あ、この言語に名称はあんのか?」

男「外で使う事が無いからな……特別は」

勇者「勇者語で書かれた本が残ってんだよ」

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:26:56.15 ID:/qkAZpMg0
男「お前はこれからどうするのだ?」

勇者「あー話聞いちまったしなぁ」

盗賊C「人間側に帰られるんですか……?」

盗賊B「……まじっすか?」

勇者「じゃねーとちっとなぁ」

男「私には強制する事はできん。だが、こうしてわざわざこちらを旅するという事は」

男「人間側はいささか乱れているのだろう」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:29:08.30 ID:/qkAZpMg0
勇者「しゃーねー……一旦、魔王城に戻るとするか」

勇者「まだ人間との戦争は終わっていないんだろ?」

盗賊A「相当手こずっているようですね」

男「やはり帰るか……人間側に」

勇者「俺はその為の子孫なんだろ」

勇者「だったら面倒だが行くしかねーだろ」

325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:31:07.10 ID:/qkAZpMg0
勇者「おらぁキリキリ歩け! 行く以上、急ぐんだぞ!」

盗賊B「お、俺らも行かないと駄目っすか?」

勇者「あん? ……そうか」

盗賊A「考えてみれば、俺らが人間側に行くのって不味いしな」

勇者「お前ら忘れているようだが、俺の下僕だからな?」

盗賊C「二人とも……元から我々に拒否権はないのですよ」

盗賊C「まあ、私は勇者様のような方に仕えられるのであれば、本望ですらありますがね」

勇者「おーやっぱ盗賊Cは話が分かっているな。お前らしばらく冷遇するな」

盗賊A「えー……」

盗賊B「そ、そんな惨いっす……」

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:32:57.98 ID:/qkAZpMg0
盗賊A「しかし、俺らを連れてどうするのです?」

勇者「別にお前らはキーパーソンにするつもりはねーよ。一緒に道連れにするだけだ」

勇者「一先ず魔王軍に加勢し、人間軍を蹴散らす。で、魔王の下で力をつけて人間側に攻め込む」

勇者「後は国王連中に和平なりなんなりさせりゃあいいだろ」

盗賊C「力で抑えるのですか?」

勇者「そこで反発した奴は見せしめにしてやりゃあいいだろう」

盗賊A「大丈夫ですかねぇ」

勇者「力さえありゃあどうにかできるさ。俺は城で育てられたんだ、内情は多少なり知ってんだよ」

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:34:22.32 ID:/qkAZpMg0
盗賊B「え、勇者様、マジで国お抱えの人物なんっすか?」

勇者「だからこそやれる事がある、て訳だ」

勇者「つーわけでとっとと歩かんかい!!」ガッ

盗賊B「ギャーーー!」

盗賊A「あー……地獄行き」

盗賊C「何処へなりともついていきますよ」

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:37:09.75 ID:/qkAZpMg0
兵士A「民間人はここから先への侵入は許されていない」ザ

勇者「そうだったのか?」

盗賊B「行く人はいないといっても禁止はされていないはずっす」

盗賊C「人間との戦争が激化しているのですか?」

兵士A「理由を告げる必要は無い!」

勇者「俺は人間側で勇者をやっていた者だ。話せよ、援軍になってやるぜ」

兵士A「な……」

兵士B「今頃になって何しに戻ってきた! お前の所為で……どれだけ死んだと!」

勇者「人間の勇者、じゃなく俺の血に流れる使命が分かったからだ」ド ガ

兵士A「……ぐぇ」

兵士B「……がっ」

盗賊A「えーー! 普通、話して通してもらうところじゃないんですかー?!」

勇者「いや、なんかもう面倒だし急がないと不味そうだしなぁ」

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:41:04.12 ID:/qkAZpMg0
魔王「ここまでか……」

側近「魔王様……」

魔王「お前は魔石を回収して逃げ延びろ」

側近「……仰せのままに」

暗殺者A「……」ザ

暗殺者B「……」ドサ

勇者「……」

魔王「……勇、者?」

側近「何時の間に……お戻りに」

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:44:00.53 ID:/qkAZpMg0
暗殺者C「貴様、何時の……」シュパ

暗殺者A「くっこれで……」シュパ

暗殺者D「……あいつ、これほどの力が?」

暗殺者E「馬鹿な……一体何が」

勇者「あ、あれ? お前らこんな弱かったのか?」シュパ

側近「……まさか、この部隊でしたら魔王様でも」

魔王「違う……勇者自身が急激に強くなったのだ」

343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:46:35.91 ID:/qkAZpMg0
山賊A「……なんだ、あいつら」

山賊B「勇者様は化け物だけど……あいつ等だって十分におかしいっすよ!」

魔王「お前達は……?」

山賊C「魔族側を旅をされている勇者様に出会い、同行をしている者です」

勇者「うーん」キィィンキィンキィィィン

暗殺者F「くそっ」キィンキン

暗殺者G「こいつ……これほどの力?」キンキイイィィン

暗殺者H「ぐ! こんな、がぁっ!」シュパ

勇者「風矢魔法・強!!」シュバババ

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:49:09.57 ID:/qkAZpMg0
山賊C「お疲れ様です」

勇者「うーん……まっさか、俺がそんな強くなっているとは思わなかった」

魔王「一体何をしてきたのだ?」

勇者「いや、普通に旅をしてご先祖様のルーツを見つけただけなんだがなぁ」

魔王「他には……?」

勇者「いや特別な事は本当にしてねーよ」

山賊C「故郷に帰った事ぐらいですかねぇ」

魔王「話が全く見えてこないな……」

勇者「そういえばお前ですら知らない話だったか。お前ら話すなよ」

山賊A「うえぇ、板ばさみぃ」

魔王「問いただす気は無いから気にするな」

魔王「しかし、勇者は魔族……なのか」

勇者「さーてね」ピュー

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 22:53:10.38 ID:/qkAZpMg0
勇者「とりあえず俺の目的としては、人間側を正そうと思っている」

魔王「正す? どのように?」

勇者「ま、俺は切った張っただけだからな。力でどうにかする」

側近「うわぁ……」

勇者「つっても、流石にこのままじゃどうにもできねえからな。俺を鍛えろ」

魔王「我がか?」

勇者「どうも俺は鍛えれば鍛えるほど強くなれるらしい。んな訳で魔王並、あるいはそれを越えるまで付き合ってもらうぞ」


その後
勇者はその強大な力を人間側の国王達に示し、力により国々をまとめ上げた。
多くの者が反乱を予想をするも、勇者の表裏の無い性格と考えにより、彼女を支持する者は増え、
行政こそ行わなかったが平和と秩序の為、尽力し続けたとし永く後世に名を残す事となった。

  勇者の真なる使命End