1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 23:58:48.82 ID:L1USpZEmo

P「おう伊織、おはよう!」キリッ

伊織「…………おはよ」スタスタ

P「お、ソファに座るのか?」ニヤニヤ



伊織「えぇ……なんで事務所の床で仰向けになってるの?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375455528

引用元: 伊織「パンツの日」 


 

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-06-12)
売り上げランキング: 7,631
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/02(金) 23:59:40.27 ID:L1USpZEmo

P「こっちの準備はいつでもOKってことさ!」

伊織「いや、意味が分からない。理解出来ない私が悪いのかしら?」

P「いおりしってるか今日はパンツの日」

伊織「パンツの日……?それがアンタが仰向けで寝てる事と関係があるの?」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:01:09.89 ID:LOH3W6l2o

P「歩いてくれ!」


伊織「はぁ……?」



P「 俺 の 上 を 歩 い て くれ ! 」



伊織「は、はぁ?なんでアンタの上を歩かなきゃいけないのよ!?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:02:43.64 ID:LOH3W6l2o

P「俺の身体の上でモデル歩きしてくれ!」

伊織「話しを聞けっ!」

P「俺の顔に片足を置いてモデルポーズを決めてくれ」

伊織「難易度高過ぎるでしょソレ!?」

P「じゃあいったん……いったん俺の上に立って。パンツが見たいから」

伊織「中学生みたいな発想すんな!する訳無いでしょそんな事っ!」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:09:32.49 ID:1gAl5Kwjo

P「まったく……強情なやつだな。じゃあ、ほら、これで良いだろ?」クルン

伊織「いや、うつ伏せになってもアンタの身体の上は歩かないわよ?」

P「なんと……じゃあ、ちょっと外に行こう」

伊織「行かないわよ」

P「そうだな、非常階段が良い……俺が先に降りるから伊織は後で……」

伊織「だから行かないって言ってるでしょ!?」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:37:10.35 ID:T7MlTv7Fo

P「じゃあ、とりあえずパンツ見せて貰っても?」

伊織「その、パンツにかける情熱を少しはプロデュース業に傾けなさいよ!」

P「これも仕事のうちだろ!」

伊織「はぁ?」

P「プロデュースしてるアイドルがどんな下着を履いてるかチェックしないとな」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:40:05.48 ID:R/P71X+io

伊織「私のプロデューサーは律子よ……?」

P「俺は、みんなのプロデューサーだろ……?」

伊織「アンタ……頭おかしいんじゃない?」

P「少しくらい頭がイカれてないと、この仕事は務まらないよ」

伊織「今、サラっととんでも無いコト言わなかった?」

P「ははは。細かいこと気にしてると、おでこにクるぞ?」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:42:01.94 ID:R/P71X+io

伊織「うっさい。まぁ良いわ。でもお生憎様。このワンピースの下、ショートパンツよ?」

P「なんだと……よし。確認させてもらおうか?」

伊織「なんでわざわざ、確認されなきゃいけないのよ!?」

P「パンツを見せたくないから騙してる可能性がある。プロフィールの詐称はギルティ!」

伊織「好き好んでパンツを見せる女の子なんか居ないし、プロフは関係無いでしょ!」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:44:08.68 ID:R/P71X+io

P「伊織は嘘吐くような子じゃないって思ってたのにな……」

伊織「ぐっ……分かったわよ。別にショーパンくらいなら……ほ、ほらっ////」ピラッ

P「あ、ちょっと、もう少しスカートの裾を下げて?」



伊織「……こう?」ススッ

P「なんという事でしょう。短パンの存在を確認したにも関わらず、この絶妙なたくし上げが俺の妄想を掻き立てる……まるでシュレディンガーの猫……」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:46:18.82 ID:R/P71X+io

伊織「いや、ショートパンツの存在は確定してるから」

P「まだだ! まだ諦めんよ! 私は!」

伊織「いや、諦めなさいよ! 何回スカートを上げ下げしてもショートパンツはそこにあるから!」

P「じゃあ、わかった。ショートパンツを脱いでくれ」

伊織「脱ぐわけないでしょ!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:47:09.78 ID:R/P71X+io
P「じゃあ、わかった。パンツを見せてくれ!」

伊織「だから、見せないって言ってるじゃない!」

P「パンツは見せなくても良いからショートパンツを脱いで、もう一度ギリギリまでスカートをたくし上げてくれ」

伊織「清々しいほど煩悩の塊ね。そんな事するわけないでしょ!」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:48:50.26 ID:R/P71X+io

P「じゃあもう踏んでくれ!」

伊織「もうパンツ関係無いじゃない!」

P「じゃあ、パンツ見せなさいよ!」

伊織「アンタ、どうやら法廷で会いたいようね?」

P「訴えるつもりか? よし、分かった」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:50:41.21 ID:R/P71X+io



P「じゃあ春香に頼む」



伊織「なっ!?」


P「春香なら、私、プロデューサーに言われたら断れないって知ってますよね!? とか言いながらきっと……」

伊織「ぐっ……悔しいけど、否定出来ない……」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:55:20.34 ID:EoP2LTe3o

伊織「アンタ、そんなにパンツ見たいの?」

P「どうしようもなく見たい」


伊織「誰のパンツでも良いの? 私じゃなくても……春香でも……?」



P「伊織のパンツが見たい……ですっ!」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:56:23.41 ID:EoP2LTe3o

伊織「……ふん。仕方無いわね。そこまで言うなら……。ちょっとそこで待ってて」


ガチャ


P「お、おう……?」


ガチャ


伊織「お、お待たせ……はい……これっ////」スッ

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:57:34.94 ID:EoP2LTe3o

P「───っ!? おっ、おいこの温もり……まさかっ……」


伊織「…………//////」カーッ




P「 脱 ぎ た て ホ カ ホ カ パ ン ツ だ と ! ? 」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 01:06:25.60 ID:OvY77p7+o

伊織「み、み、み、見たかったんでしょ!?/////」

P「完全に……思惑の外っ。圧倒的っ! だが……」

伊織「さ、さっさと見なさいよ!穴が開くほど凝視しなさいよ!?////」

P「確かにこれは僥倖。……だけどな?」

伊織「?」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 01:07:56.72 ID:OvY77p7+o

P「そうじゃない!そうじゃないんだよ!?」

伊織「───えっ」

P「伊織はとんでもない勘違いをしてる」


伊織「勘違い……?」


P「伊織の身体から離れた時点でこれは『伊織が履いていたパンツ』なんだよ」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 01:09:26.90 ID:OvY77p7+o

P「もちろん勇気を振り絞ってパンツを脱いでくれた伊織の気持ちは嬉しい」

P「だけど、どんなにホカホカでも……これじゃない」

P「俺は『パンツを履いてる伊織』が見たいんだ……っ!」


伊織「パンツを履いてる……私を……」


P「そう。他の誰でもない。『パンツを履いた水瀬伊織』を、だっ!」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 01:10:21.74 ID:OvY77p7+o

P「結果的に伊織の気持ちを台無しにしてしまったかもしれないけど───」



P「───俺の為に、パンツ履いてくれないか?」





伊織「まったく……仕方……無いわね……にひひっ♪」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 01:11:18.73 ID:OvY77p7+o



伊織「良いわ。私、アンタの為に───」



伊織「───アンタの為だけに、パンツを履くわ! にひひっ♪」



P「ありがとう……ありがとうっ、伊織!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 01:11:58.09 ID:OvY77p7+o

────こうして水瀬伊織は再びパンツを履いた。


このあとプロデューサーは律子にバレて怒られたのは言うまでもなく。


結局パンツを見れたのか?


それは、フタリの秘密─────。


                おしまい。