1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 15:44:50.97 ID:8b3skkCb0


P「怒ってるじゃないですか……」

楓「だから怒ってません」ツーン

P「悪いところがあったらならあやまりますから」

楓「………もういいですっ」ガタッ

P「あっ、か、楓さん!」



楓「お疲れ様でした」スタスタ

千川ちひろ「えっ!?あっ、お疲れ様です!」



ガチャッ     バタムッ!!



P「…………」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375512290

引用元: 高垣楓「…………怒ってません」プイッ 


 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 15:45:46.88 ID:8b3skkCb0


――――夜


P「俺が何をしたっていうんだ……」ズーン

ちひろ「さっさと謝ったらどうですかー?」

P「何で俺の所為って決めつけるんですか!」

ちひろ「だって事務所でアイドルの皆を怒らせるのは
    大抵プロデューサーさんじゃないですか」

P「うぐっ………そ、そういわれると何も言い返せないですけど…」

ちひろ「そうでしょ?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 15:51:45.22 ID:8b3skkCb0
P「でっ、でも今回は本当に心当たりがないんですよ!」

ちひろ「本当ですかー?何か余計なことをポロっと言っちゃったとかあるんじゃないですか?」

P「…………朝からまともに口を聞いてくれないのに?」

ちひろ「えっ」

P「会話は仕事上最低限必要なことだけ………目も合わせてくれないし……」

ちひろ「それは……」

P「うう……」シクシク

ちひろ「ああもう泣かないでください!
    それじゃあ、昨日!昨日何かあったんじゃないですか?」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 15:54:38.48 ID:8b3skkCb0
P「昨日………?」

ちひろ「そうです!仕事上でトラブルがあったとか……」

P「あるとおもいますか?」

ちひろ「うっ」

P「仕事しか取り柄のない俺が?」

ちひろ「あー……」

P「よりにもよって楓さんの仕事で?トラブル?」

ちひろ「ない、ですね。確かに……」

ちひろ(寒天みたいなメンタルのくせに仕事はできるんですよね、何故か……)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:02:27.54 ID:8b3skkCb0

P「というか、昨日の夜までは普通に機嫌よかったんですよ!」

ちひろ「確かに、昨日帰るときはニコニコしてましたね」

P「ええ。昨日は上がりの時間が被ったので一緒に帰りました」

ちひろ「そうそう、プロデューサーが送って………ん?一緒に……?」

P「スーパーで2人分の惣菜を買って行って、それから……」

ちひろ「えっ?………えっ??」

P「帰ってソレを食べた後は楓さんの晩酌に付き合ってから、風呂に入って一緒に床に就きましたねえ」

ちひろ「」

9: >>7ありがとうございます!! 2013/08/03(土) 16:07:50.41 ID:8b3skkCb0
P「布団に入るまで何もなかったと思うんだけど……はっ!
  まさか楓さんが寝付いたあとコッソリ起きて仕事進めてたのがバレたんじゃ……!」

ちひろ「」

P「ちひろさん!呆けてないでちひろさんも一緒に原因考えてくださいよ!」

ちひろ「…………ハッ!す、すみません。展開に脳が追い付いてなくて……」

P「はあ?何言ってるんですか?」

ちひろ「えぇー……何コレ私の理解力が悪いんですか……?
    ………もういいや。とにかく、ゆうべ寝るまでは何もなかったんですよね。
    そのあとは?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:11:53.55 ID:8b3skkCb0
P「その後?ああ、そういえば今朝は珍しく2人そろってギリギリだったんですよ。
  朝食は先に起きた方が作るって約束なんですけど、そんな余裕もなくて……」

ちひろ「そういえば朝そんな連絡してきましたね」

P「そうです。俺は凛と幸子のロケに直接向かって、楓さんにはタクシーを呼んでレッスンに行ってもらっ……アレ?」

ちひろ「プロデューサーさん?」

P「………ドアを閉めて、鍵をかける…それから……」ブツブツ

ちひろ「ひょっとして何か思い出し…」








P「…………あぁーーーーーーーーーーっ!!!!」

ちひろ「!」ビクッ

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:16:28.05 ID:8b3skkCb0
P「そうか……そうだったのか……俺は何てバカだったんだ!!」

ちひろ「プロデューサーさん?」

P「ちひろさん!今何時ですか!!」

ちひろ「えっ?今ですか?7時50分過ぎですけど……」

P「今から飛ばせばあそこの酒屋ならまだ開いてる………よし!
すみません、今日は上がります!」ガタッ

ちひろ「えぇっ!?し、仕事は!?」

P「もう終わりました!お疲れ様です!!」ダッシュ!

ちひろ「ちょっと、プロデューサーさん!………本当に終わってる」スゲエ

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:19:42.36 ID:8b3skkCb0


………

……………

……………………


―――――自宅


楓「………」ムスーッ



ガチャッ



楓「!」ピクッ

P「ただいま、楓さん」

楓「………つーん」プイッ

P「……これ、なーんだ?」ゴソッ

楓「!」

楓(あ、あれは……越乃●梅!)

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:27:01.84 ID:8b3skkCb0
P「ほーら、こっちだぞー」ホレホレ

楓「」フラフラ




P「…………捕まえた」ギュッ

楓「あっ……!」

P「ごめんね、楓さん」

楓「……だから怒ってないって言ってるじゃないですk」



チュッ



P「はい、これが今朝の分」

楓「!!!」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:31:26.51 ID:8b3skkCb0

P「今朝は忙しかったからすっかり忘れてた、なんて、何の言い訳にもならないけどね」

楓「うぅ………」

P「でも、それならそうと言ってくれれば……」

楓「…………言える訳、ないじゃないですか。
  





  出がけのチュウを忘れたから怒ってる、なんて」カァァァ

P「…………楓さんはかわいいなあ」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 16:41:31.29 ID:8b3skkCb0

楓「最近は、こうやって朝と夜しか2人になれないのに……」

P「それは申し訳ないと思ってるけど」

楓「ゆうべも夜中にお仕事してましたよね?」

P「うっ!」ギクッ

楓「夜はちゃんと寝るって約束しましたよね?」

P「うぐっ!!」グサッ

楓「……………」

P「………楓さん?」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 17:04:04.26 ID:8b3skkCb0

楓「一緒に帰ったの、久しぶりだったんですよ?」

P「そうですね」

楓「一緒に晩御飯食べたのも」

P「うん」

楓「一緒にお布団に入ったのも」

P「うん……」

楓「……事務所がだんだん大きくなって、新しい子も入ってきて……」

楓「………お互いに、二人の時間も取れないほど忙しくなって…」

P「…………」

楓「やっとゆっくりする時間が取れたのに、
  プロデューサーはお仕事、お仕事で……」





楓「もう、私なんて飽きられちゃったのかな、って……」






P「せいっ」ヨッコイショ

楓「ひあっ!?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 17:23:04.29 ID:8b3skkCb0


――――――寝室

P「おらぁっ」ポイッ

楓「きゃっ」トスッ

P「………」

楓「………プロデューサー?」

P「分かってないよ、楓さん」

楓「何が、ですか?」


ギシッ


P「俺がどれだけ楓さんのことを好きか、ってことさ」

P「飽きる?本気で言ってるの?」

楓「で、でも……」

P「…………今朝のことは謝る。本当にごめん。
  だからその分じっくり教えてあげるよ。楓さんの可愛いところ、全部」

楓「…………Pさん///」

P「……そういうところ」




―――パーフェクト コミュニケーション!

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 17:29:39.34 ID:8b3skkCb0

………

……………

……………………

――――よくじつ!


渋谷凛「あれ?楓さんいつものセーターじゃないんだ」

楓「えっ、ええ。たまには、ね」

凛「そうなんだ。まあいいけど。
  …………めずらしいね、そんなカッチリしたブラウスなんて」

楓「そう、かしら?」ギクッ





P「~~~♪」カタカタ


ちひろ「こいつ………まさか……」



おしまい